「コミュ障」を含む日記 RSS

はてなキーワード: コミュ障とは

2016-05-25

飲み屋で2週連続出会った人と同僚の3人で2軒目に流れて人生スナック体験してきた。

その人とは同僚に主に喋ってもらっていたのだが、1軒目で飲みすぎた同僚がスナックで早々に寝てしまって、

コミュニケーションを取らざるをえなくなって必死になってたら疲れたらしく、翌朝から38度越えの熱出して日・月・火と丸3日寝込んで今日ようやく復活した。

スナックで寝た後外で吐いてた同僚と、全部終わってから3日寝込む自分だと自分の方が恐らくタチが悪い。



初めてのスナックは、なんとなくわかってたけど、おいしいものマミにしながら飲みたい派を自覚していて、

女の人との会話もやっぱり別にありがたみを感じなかった人間にはやはりただ高いだけに感じた。

まあ、今回は連れてってくれた人が奢ってくれたので値段をとやかく言うのもどうかなーとは思うけど、ちょっと申し訳なさすらある。



前回は義弟(かなり親しい)が数日泊まりに来た後に2日間ダウン。

今回はあまり親しくない人と6時間ほど一緒にいて3日ダウン。

ということから、今後ほぼ初対面レベルで親しくない人とコミュニケーションを取るのは、揺り戻しを考えると長くても2~3時間ぐらいにとどめた方が安全そう。

うーん……不自由な体だなあ……。

会話ができないわけじゃないけど、会話してると後から倒れるから会話を避けるのって、なんていうかコミュ障の亜種って感じがする。

2016-05-24

http://anond.hatelabo.jp/20160524104642

昔、すごく不思議に思ってたんだけど、子どもクラスみんなと仲良くして、元気よく遊ぶことがよしとされてるのに

親とか見てると、そんなに友達と遊びにいくとかないし、たいていの週末は家にいるわけよ。

会社のことにしても「仕事してたらこんな困ったやつがいた」って話がメインで「会社のだれそれと飲みに行ってこんな話した」なんて楽しい話はでない。

たまに社交的な親もいるかもしれないけど、普通、たいがいどこの親もそうじゃん?

それが大人スタンダードなんだと思う。でも、それをいちいち「ぼっち」だの「友達いない」だの言わない。

いまみんなが「ぼっち」だの「コミュ障」だの言うのは、集団圧力が強い小中高校時代友達いなかったってのがトラウマになってて、それで自分ぼっち属性与えてるだけでは。

大人になったら、そういうのはコミュ障でもぼっちでもない。

2016-05-23

コミュ障改善本によく書いてあることを通じて知った俺のコミュ障本質

よく「相手方共通点を探して親密度を高めましょう」みたいなこと書かれているけど、

あなるほど、だから俺は人とつながれないんだなと気づいた。



とにかく、色んな個人的な関心事がマイノリティコミュニティに属している。

日本の)ネットで探してもコミュニティほとんどない分野ばかり関心があるので

当然ながらリアル身の回りにいる人たちと共通点ほとんどない。

ようは「変わった趣味を持つ俺カコイイ」という中二病メンタルが治らないからなんだ。




まあ、世界有数の大都市たる東京に逝けば別なんだろうが、俺は北陸地方都市にいるわけで

ここではやっぱり恥ずかしいほどメジャー物事に感心を持ったほうが生きやすいと思う。



ただ、雪かきするときだけは地域と繋がれているような気がするよ(ほっこり

米国研究によるとコミュ障遺伝子有意に減ってきているらしい

現代心理学で最も信頼性が高いとされている性格分析に「ビッグファイブ理論」というものあって、

人間性格を「神経症的傾向」「外向性」「経験への開放性」「協調性」「誠実性」の5つの因子で分析する。



この理論でここ20年(あれ、10年だったか?)で生まれてくる子ども達の特性分析したところ、

年々「神経症的傾向」を持つ子ども達が明らかに減ってきているらしい。



神経症的傾向っていうのは、情緒不安定性とも言い換えられて、外界からの刺激への反応のしやすさの度合いのことだ。

これは不安や鬱のなりやすさとも関係しているし、「恥ずかしがり度」とも解釈できるし、

当然ながら人間関係コミュニケーション問題を生じやすいため、「コミュ障の度合い」とも捉えていいだろう。



現代社会人間関係が過剰なほど流動化し、経済構造の変化からリスクを取らなければサバイバルしにくい世の中になっている。

そのせいかリスクを取ることを過剰に恐れたり、小さな失敗で大きく傷つくような性格の人々には生きにくい。

そもそも、現代自由恋愛の世の中では、積極的リスクを取り、悪く言えば「恥知らず」にならなければ、

結婚出産以前にカップリングすら成立できなくなってしまった。



そうなると、必然的に「神経症的傾向」を持つ人々は、恋愛結婚、その先にある子育ての機会に恵まれなくなっていく。

そうした傾向が続いていった結果として、米国調査では年々「神経症的傾向」を持つ子ども割合が減ってきているようだ。



日本はいまだ「空気を読む」文化があり、ある意味で「恥知らず」が不利益を被ることも多いため、

米国のように鮮やかに「神経症的傾向」の子どもが減るという傾向が生じているのかどうかは不明だが、

昨今の「キス動画」のブームや、若い女性が性に対して主体的にふるまう現象をかんがみると、

日本でも「神経症的傾向」を持つ子どもたちの割合が減少傾向にあるのかもしれない。



これは古典的生物学で言うところの「性淘汰」の典型例であり、

この傾向が続いていけば、30年後には元AV女優総理大臣になる美しい国日本になっているかもしれない。

http://anond.hatelabo.jp/20160523002907

前の職場がこういう宴飲み会をしているところで、エンジニアが多くコミュ障もいたけど、

周りは助け舟を出したり、他の人がコミュ障さんって普段、なにか趣味ある?と、人に対して興味を持っていたので楽しかった。

自分コミュ障ではないが、普段自分のことを話さなコミュ障さんのことが気になっていたので話を聞けるのが楽しかったし、

コミュ障さんも苦手ながらいろいろ話してくれて嬉しかった。

自分だけじゃない、他の人たちもそうだったので、パーリナイだった。

同人作家感想伝えたけどないがしろにされてキレる奴

意味がわからない。

Twitterでよく見かける「同人作家さんに好きですって感想伝えたらそっけなくされた、もう買わない^^」「絵師さんに直接感想伝えたら冷たく返事された。感想言われるの嫌な人なのかな…」みたいな。

なんなんだろ。

こいつらの感情が一切理解できない。

もう、好きです~って感想が伝えたくてしょうがないの?それで何なの?承認されたいの?

こういうこと言うとこいつらは「違う!ただ純粋気持ちを伝えたいだけ!」って怒るけどさ、じゃあそれでいいじゃん。伝えられたんならいいじゃん。

メールでもネットでもなんでも使って間接的に伝えればいいのにさ。お礼や気持ちなんて手紙メールで慎ましやかに送っとけよ。

直接会って一方的に溜めた個人的感情を乱暴にぶつけるなよ。コミュ障か?

こういう奴らからは身勝手しか感じられない。

しかしたら緊張しないタイプなのかも

就活をやっていて気づいたこと。

自分コミュ障だし言葉がどもるしあがり症だし発表と名のつくものが嫌いで嫌いでいつも緊張して、逃げていた。

主にトイレとかにね。

はいえ、華の就活生。面接に逃げるわけにはいかない。

あいざと面接を受けているんだけど、何故か緊張しない。

いや、緊張はしている。うまくいかなかったらとドキドキして眠れないし、何度も何度も繰り返し練習しないと不安で死にたくなる。

でも実際面接室に入ると、いつもの自分になる。どもってしまうけど、「ああああ、あの、あの、そのぉ」みたいにはならない。

面接中は、私が自分を見下ろしているような感覚になる。もう一人の自分がなんか必死に回答していて、それを眺めている気分になる。

からなのかどの面接でも「落ち着いてるね」「やりやすいよ」と言われ通りやすい。

なんだろうこれ。

http://anond.hatelabo.jp/20160522234915

この中にちょっとコミュ障の気のある奴が混じると

余計にそれが強調されて「なんだあいつは」という雰囲気になる可能性高そう

学生ノリになってるから下手したらスケープゴートにしだしたり

2016-05-21

世の中おもしろいな

知人、旦那がすごく料理上手でサラリーマン友達多いほう。

奥さんは料理普通、ややコミュ障

ごはん旦那さんと奥さんで半々くらいで作ってる

なんであんないい旦那があの奥さんと…と思っていたんだけど、

旦那すごいコレクター癖があって

タバコのラベルやらキップやらを2部屋分くらいコレクションしてるらしい

そりゃ確かになんというか人を選ぶのが分かるというか

2016-05-20

コミュ障でも今からできるコミュ力アップ法①

過去その相手発言したワード自分も会話の中に組み込め

話の一部分から全体を把握するのは、相当知的作業なのだろうな。


全貌を把握するとは?

http://anond.hatelabo.jp/20160514172217

  

■文旨と違うところに噛みつくタイプは、わざとやってるか全容を把握する能力がない。

http://anond.hatelabo.jp/20131209192747

  

コミュ障とは、人が桃太郎の話してて犬を仲間に入れたくだりで「犬っていえば友達が昔飼っててさあ」と遮る人のこと。

話の全貌が見えていないし自分の話優先で人の話を聞かない。

https://twitter.com/yumemityounoshi/status/732488987261034496

2016-05-18

コミュ障上司間の空気を探る

上司同士が同期であっても・権限が同等であっても・つきあいが長そうでも仲がいいとは限らない(自分実証

直属上司の指示で申請書類デリバリで出そうとしてたら、別の上司(直属上司と同等)が

「ああ、○○の申請?□□さんに?じゃあ預かっとくよ」と言った

直属上司の指示を曲げて他の上司の指示に従ったと連絡するのもアレだし

だいたい、上司間の関係もよくわからないし

と思いながら、「申請書を別上司さんに預けました」メールをTO直属上司CC上司で書いた

妙に時間にかかった

2016-05-16

人生上手くいかいかポエム書く

自分に自信が全く持てない。コミュ障自意識をこじらせてしまった。

何も自分のためになることをしたいと思えない。そんな自分のためになることすべてが、自分のような気持ち悪い人間にとってはおこがましいと思ってしまう。

自主性などこんな自分には必要ないし、他人も私のことを認識しないでいるだろう。

もっと要領よく生活できるようになっていたならもっと頭がよければ。もっと自信があれば。もっと自分人生に関心を持ってればと他人を見ては嫉妬してしまうがもうすべてがダメだ。

できるならひっそりと、しかし早急に自分は消えるべきなんだろう。けどそんなことは自分はできないということも知っている。

自分嫌いでしかたがない。けど解決法がわからない。

枕狐

枕狐のアレまだ続いとんのかよw

いつまで遊んでるんだ。普通飽きるぞ。

相手の男も最初ストーカーみたいな独り言(俺はドン引きだわ)は最悪だったし、なにより相手が○○○○で絡むと厄介な事も分からんかったのかと。

コミュ障同士なんて絶対うまく行かないんだから、どっちかが、折れとけ。

とっちが悪いかはどうでもいい。折れておけ。

エアリプについての愚痴

エアリプっていうと聞こえはいいかもしれないけど、それって結局はただの独り言じゃん?

悪意のある場合は完全に陰口・悪口だし、

そんな事でしかコミュニケーションできない困った人たちは頼むから滅んでくれ

そういう奴らに限って「エアリプをやめろ」と言ったら逆ギレしてこっちをコミュ障扱いしてくるから困るよな

2016-05-12

まんこの使い方を何故もっと教育しないのか

女がまんこ使いこなすことをいやらしいとか劣ってるとか卑怯かいう風に咎めたりタブー化したりするのは

女にまんこ使うだけの存在になっとけって言っちゃうのと同じぐらい極端で非生産的で抑圧的な言論だと思う




そうやってグッドノウハウを共有したり教育したりしないか

使いこなそうと決意した女も悲愴感を持って1から自分危険トライアンドエラーをするしかなく

負担が多すぎてバランスを崩して人生が躓いたりしていく

(それをかいま見ていた別の女が「やっぱりまんこなんかに頼るからバチが当たったんだ」と間違った学びを得る)




実際増田でもすごいコミュ障だとかブスだとか友達0人だとかい自分語り女がそれでも彼氏配偶者は持ってる

レベルで男だったら絶対パートナーがいない

差は何かと言ったらまんこのパワーに他ならない

明らかにまんこ人生を切り開いた




まんこだけで人生を渡ろうというピーキー戦略がまずいのであって、

人柄とか知性とか学歴とか職能とか話術とかいろんなパラメーターの中の一つとしてのまんこ

ときに凄い威力を発揮するパラメータであるまんこ

そういう風に理解すればこの使い方も適切に学んで伸ばそうと思えるはず




一ツ橋ニートの人ならわかってくれると思う

あの人はいろんなパラメータを頑張って高めたけど

激務で欝になって転んでしまって、ステータス異常本来能力が発揮できなくなった

そこで頼りになるはずのパートナーの男に捨てられたらしい

薄情な酷い男だとも思うし、完全ダウンしたメンヘルを支えるのは結構重いとも思う

2人のことなのでなんとも言えない




ただご本人もそのようなことを言ってたから遠慮せず言うけど

一ツ橋の人はまんこ力をおろそかにしていたようだ

たとえばもっと信用できる適切な男に、もしくはもっと適切にまんこ提供していれば

よい信頼関係愛着関係が築かれたパートナーがいて、

完全にダウンしてしまったときでも支えてもらえたかもしれない




まんこ別に動物的なファクターではなく

しろどんなにまんこだけ張り切っても人柄が最悪ならどんな男も離れていってしまうし

人柄・知性とまんこは両輪の存在




逆に言えば相手ニーズを見抜く知性を持ってちょっと気の効いたまんこ提供を行えば

相手の長年抱えている目に見えない欠乏を満たしたりすることもある

初めて出来た恋人や嫁を大事にする為にやたら張り切って働き始める男は珍しくない




まんこ使うというとすぐ援助交際とか風俗とか最終段階までぶっ飛んでしまうけれども

そういう換金型の使い方はもっとレバレッジの効かない使い方だ

信頼できる長期的人間関係の構築の為にこそ賢くまんこを使うべきであって

これを上手く出来るかどうかでものすごく人生が変わってしま

有能でタフで自分1人で楽々生きていける女性ですら積み増し分としてこの上手い下手で大きな差がつくので

これは男尊女卑とか男にぶら下がるとかいう話とは関係ないことだ




せっかくついてるハイパワー資産全然使わないとか、

逆に制御できずパワーに振り回されてメルトダウン原発みたいになるとか、

パワーに味をしめすぎて他のパラメーターを省みなくなったりするのが不味いのであって、

能動的に自律的まんこを使いこなせる女が増えることは誰のことも不幸にしない




ただまあ

この話は現代世間ではまだラジカルすぎるように受け止められるだろう

自明の理が受け入れられて教育体制が作られ始めるまでにあと20年はかかるだろう

これは必然の流れの予言として書いているに過ぎない

20年後にはてなのサービスが残ってるかはともかく

2016-05-10

Fラン辛い

うっひゃああwFラン辛れーwwww

もう通い始めて二年も経つのに、辛すぎわろたwww

(俺からみて)すさまじく要領悪いし、日本語が通じない人ばかりだからグループワークは地獄すなぁw

普通だったら30分くらいで終わりそうな作業に2時間くらいかけてるしwwwwwwwwww

その要領の悪さを指摘しようにも、ちょっと難しい話は全然通じないし地獄www指摘無理www

ちょっと難しい話を噛み砕いて易しく話すつっても限度があるわww

そんな話し方をするのも毎回毎回となると流石に無理wwww俺のキャパ考えろっつーのwwwwww

ははwwwww、はははっ……。

試験前にノートレジュメを借りようとしても、周りは授業は真面目に出ても教員の話は全く聞いてない奴ばっかww

から真面目に授業に出るしかないwwwたまにサボるけどwwww

教員が話したことをノートに全くとってない奴多すぎwww

たまにしか板書されない授業なのに、板書されたことしかノートに書かない奴多すぎwwww

ちゃんと授業を聞いてる奴もいるにはいるんだろうけど、俺の周りにはいないwwwコミュ障辛いwww

授業の話やちょっと抽象的な話をすると、すぐに難しそうな顔されるのも辛すぎwww

別にレポートに書くようなことを話したいってわけじゃないのにwww

それと音楽の話も大学で一切したことないwww

大学に居場所が全くない。

辛い。

いい加減、大学カウンセラー相談した方がいいのだろうか。

踏ん切りがつかない。

2016-05-09

性欲さん勘弁してください

2X歳、♂。

高校生の時は毎日オナニーする(一日二回以上する時もあった)くらい性欲が旺盛だった。でもチキンコミュ障だったので彼女はできず。大学でもそれは変わらず。向いてないと考え、逃避することにした。

まず好きだったパソコンを極めた。これは趣味となり、特技にもなって、今では仕事になっている。それから趣味でも色々手を出した。おかげで一生退屈しない程度の娯楽と、平均よりは見栄えも機能も優れている身体を手に入れた。できれば風俗も行きたかったけど、苦学生だったので無理だった。肝心の逃避は、できなかった。

社会人になった。お小遣いが激増した。早速風俗に行った。……は? こんなものなの? 正直幻滅した。何だよあれ、ただの身体接触、粘膜接触じゃねーか。

僕はその嬢が悪いんだと思った。違う嬢にした。結果は同じだった。ふざけるな。

次も、その次も……結果は変わらなかった。

から本腰を入れた。色々調べた。貧乳から巨乳、剛毛から●イパン若いから熟女美人から不細工まで色んな女と遊んだ。攻め方攻められ方も色々試した(マニアックプレイはしてない。適性が無かったもよう)。実体験だけじゃない。エロコンテンツについても、健全アニメ美少女キャラ妄想コンボから露骨エロアニメ、はては官能小説まで貪った。それでも僕は満足できなかった。

賢者タイムから時間も過ぎれば、もう女の子に目がいっている。顔を、おっぱいを、おしりを生足を目で追ってしまう。どんな体をしてるんだろ、プレイしたらどんな風に喘ぐんだろ、どんなシチュでどう遊ぶのかいいかな、などと妄想してしまう。

ラムラする。というより、している。会社では先輩や後輩に。自宅では妹に。外出先では数多の女の子に。で、我慢できなくなって、オナニーするか風俗に行って……幻滅して。

その繰り返し。無限ループかってくらい繰り返した。

辛い。いいかげん僕を満足させてくれ、解放してくれ、性欲さんよぅ。。。

2016-05-08

感想いらない人

※ただし女性向けに限る

同人イベントや、その後での本の感想いらない人だけど、すごく表明しづらいよね

感想いらない」って言った瞬間に、togetterでもコメント欄に「何のために同人してるの?」「金儲けなの?」って言われてて、うっせーんじゃボケてなる

描きたいかマンガ描いて、本って形態が好きだから印刷して、欲しいと思ってくれた人に行き渡ってるのを見るのが楽しい

立ち読み表紙買いの反応を見て、「あの本は表紙キャッチーに作れたな」とか「あの本はコンセプトが甘かったから手にとってもらいづらいのかな」とか考えてる

本になった瞬間にもう原稿描いてる時の事は過去になって、どういう本が読んでもらいやすいのか、ひっかかってもらえるのか、次の新刊は何描こうか考えてたりする



感想いらない派の人でも、表向きは感想もらったら人並みの応対してる人が多いんじゃないかと思ってる

自分はそうで、感想いらないって言った瞬間に、こう言う風に元ツイの人のいるジャンルから対象が察せてしまうかも知れないネガティブツイをされたり、内輪で「あの人ちょっと冷たくない?」ってある程度の規模がある女性向けジャンルなら、言われるだろう事が予想が付くし



ツイッターで本当に何度も描き手には感想を送ろう!って提唱するツイが定期的に回ってくるけど、感想いらない人間からすると「そういう人もいるよね。でも、いらない人もいるんだよ!!!」って叫びたくなっている

不意にこみ上げた萌えをらくがきにしてツイッターに上げたら「すごい萌えました!」「かわいいですね!」というリプへ、どんな語彙で毎日毎日毎日感謝を込めて返せばいいのかってなっています

これは確かに傲慢かも知れないけど、例えば1日1枚、そこまで力を入れてないらくがきをアップして、10からリプが届く生活毎日続くのを想像して欲しい

リプを送ってくれた人が誰なのかを思い出して、以前どんな内容に反応してくれたのか、前にした会話はなんだったっけ…、そういう事を全部思い出してリプを全員に返すのを毎日毎日毎日繰り返すのしんどい

それと、認知して欲しいタイプ感想を送る方は、裏切られたと思ったときの豹変がこわいのも知っているので、扱いがこわい

萌えで癒やされたくて自給してるはずなのになぜコミュ障は家に帰ってまで苦しむのか。嘘がつけないし、その場のノリで気の利いた事は言えないし、そして何よりもめんどくさい



差し入れも私は微妙に困るけど、表明しづらい事の一つだと思う

既にやり取りがある人から差し入れならお歳暮みたいな物と思えるけど、名乗らない人の差し入れは本当に困る

名乗らない人から差し入れが本当に多い。甘い物好きじゃないのもあるけど、差し入れ頂いて「(差し入れを買いに行く手間掛けて、喜んでくれるだろうと思っているだろうし)ありがとうございますすみません、お名前聞いてもいいですか?」「いえいえ、名乗るほどの者じゃないです…!」っていうお決まりの会話をされると、照れは分かるけども、受け取る側は、誰とも知らない人に渡されたお菓子段ボール箱に詰めて、場合によっては差し入れだけで段ボール1箱分の嵩になって、スペース離れて新しく段ボール買ってきて詰めて、クロネコゆうパックの長蛇の列に並んでまで宅配搬出して自宅へ着払いで送付しないといけないの?なんで?と言う気持ちになる

http://anond.hatelabo.jp/20160508140039

コミュニケーションってするものじゃなくてされるものなんだよ

いか自分相手情報を得ているかってのは自分以外の何物も一切はかることができない

もともとコミュニケーションが取れているかどうかというのは測定方法存在しないんだ




アイドルがみんなに向けてメッセージを送って笑顔を見せてくれてるのは

コミュニケーションたりえるけど

それについてお返事しなきゃって考えるのはコミュニケーションじゃない

ファンのみんなの気持ちしっかり受け取ってるよー」と発言するのはコミュニケーションたりえるけど

僕の愛を受け取ってと投げつけるのはコミュニケーションじゃない




相互理解連携が成立している距離状態のことをコミュニケーションというんだ




なにかしないと伝わらない 伝えたい伝えなきゃというのをコミュニケーションだと思っているのは

コミュ障

さすがコミュ障、なんらコミュニケーション本質理解していない

交流による相互理解という名目で、自他の快・不快に徹底的に従属させる/することをコミュニケーション勘違いしているただのクズ

これが行き着く先はナチス・ドイツアウシュヴィッツ

すべての人と仲良くなろうとするがために自他を誰かの道具と化すことは善でもなんでもない。

理解できない・されないまま、陰口を叩きあう状態のままで、それぞれが自分人生をより良くする方が、社会全体にとって有益

みんなでお手手をつなごうというお花畑脳のバカには一生理解できないだろうけどな。

http://anond.hatelabo.jp/20160508140039

コミュ障コミュニケーションについてまとめてみた

コミュニケーションとは

コミュニケーションとは、自分相手との知覚器官を通じて情報を交換しあうものである


コミュニケーションに対する誤解

コミュニケーション情報を交換しあうものなので、話している内容のみに依存するわけではない。

出会った場所出会ったタイミング、顔のバランス、二重か一重か、鼻の高さ、唇の大きさ、歯が出っ歯か、歯が綺麗か、表情、姿勢、歩き方、立ち方、ファッション髪型、髪は綺麗か、眉は整ってるか

からまり

聞き取りやすいか、どもっていないか、声の高低、話す速さ、声の抑揚、ぶりっこしていないか鼻声か、今どういう話の流れなのか……などを経てようやく「言葉による情報交換」がスタートするのである

これは意識して行っているわけではなく、その人間が今までの人生で得た経験本能などをもとに、1秒未満で人を分類しているだけに過ぎない。



「そんなの嫌だ、見た目で判断するな」と思うのは人の勝手だけれど、これはどうあがいても覆らない事実であるので、時代が変わらなければ変わらない。

嫌なら自分時代を変えろ。大抵の場合自分を変える方が楽だ。



それはともかくとして……したがって、話している内容は見た目に比べるとかなり重要度が下がる。

この見た目というやつは、イケメンだとか美人だとかそういうことではなくて、もっと汎用性のある、『好感が持てるかどうか』というもので、イケメンじゃないからどうだとかそういうもの関係ない。

有り体にいうと、この段階で「好き」「嫌い」のどちらかに分類される。

「好き」に分類された場合

コミュニケーションイージーモードになる。相手が寄ってくることで、自分は受け入れらていると安心することができて、そうして落ち着いた言動を取ることができる。

あとはこの「好き」を増幅していくといったノリ。

「嫌い」に分類された場合

不幸にも「嫌い」に分類された場合は、コミュニケーション難易度高まる一般的な人は「やや嫌い」ゾーンから始まるので大抵難易度が高い。

そうして長期間コミュニケーションによって「好き」だの「やや好き」だの「嫌い」だの「死ね」だのに分類されていく。

「嫌い」に分類されるとコミュニケーションが本当に難しい。

なぜなら心を開いてくれないので、どう話しかけても、何をしても、余計嫌われるだけだからだ。こうなっては誰にも止められない。

もっとメタな、間接的なコミュニケーションによって好感度を地道に上げていくしかない。


心が開いているかどうか

人間に対して心が開いているかどうかというのは、ものすごく重要である

結局「どこまで心を開かせるか」というのが最終的な目標である

これは「好き」とか「嫌い」とかそういう次元を超越したもので、「いないと死ぬ」という究極の依存である。要は相手脳内自分という麻薬をどれだけ注入できるかということに近い。

悪く言えば、犯罪ではない精神操作である


心の開きによる対応の変化

「好き」に分類されると、相手は心を開きやすくなる。

一般的に、心を開いてる(ように見える)人間は、顔がどうであれ好かれる傾向にある。

「いい天気だよね」「今日こんなことがあったよ」「いま散歩してる」「見てこの景色綺麗じゃない?」「ご飯作ったから撮った!」などという発言は良い傾向である



たとえば「ご飯作ったから撮った!」というのは、「あなたわたしがご飯作ったっていうわたし生活状態の一部を見る権限があるよ。そしてそれを見てなんらかのリアクションわたしは求めているよ」の省略表現である

「おいしそうじゃない?笑」は「おいしく作れたと思うんだけど、あなたはどう思いますか?肯定を望んでいるけれど」の省略表現である

なので全然親しくない人間に対して、こういうことをする人は少ない。

もし親しくない人間にされたら間違いなくこう思うはずだ。「で?知るか。死ねよ」と。

親しい人間からされたからこそ「おー!すごい!おいしそう!」とか「可愛いしか料理できるとか。嫁にしたい」とか思うわけ。



余談だがここから一般人のくせに生活状態パブリック晒しまくる女は、簡単にヤレる。そしてメンヘラである」と導出可能

個人的パブリカビッチ呼称している。



心の開き具合が違いすぎるとどうなるか

心の開き具合が違いすぎると、コミュニケーションギャップが生じてくる。

「ご飯作ったから撮った!」「で?知るか。死ねよ」というのはまさにそれだ。

コミュニケーションを円滑にするためには、相手の心の開き具合を見極めて、そうしてその少し上ぐらいを自分が開くことで、良いスパイラルを生み出すことができる。



コミュ障の1つの指標として、『これを知ってるかどうか』というのがあると思う。



基本的無意味に開きすぎると、「キモい」「死ぬほど嫌い」と思われる。


心の開き方

こんにちは」一つで好きか嫌いかが別れる

こんにちは……」

「こんにっちわー!」

「ちーす!」

「ちわわーす!」

「ちわわーん!」

「こんちわ!

こんにちは!」

「こーんーにーちーわー!」

こんにちは。」

こんにちわ〜」

「こ…こんにちは……」

と、文字だけでもこれだけの表現の違いがある。つまり、話の内容よりも、話し方の方がよっぽど大事なのだ

こんにちは……」なんて、どう頑張っても好印象にはならない。たった2文字余分についただけなのにだ!

相手が超イケメンでも、これのせいで「は?根暗かよ」と、好感度がかなり急降下する。その後はもうひたすらdisる箇所を見つけられていって、最終的にあぼーんするだけだ。



言葉が同じだからといって、意味や想いまで同じだと、思うなよ。



こんにちは」だけで惚れさせる気合でいく

少し前にあいさつの魔法かいうのがはやったけど、ほんとうにこれは魔法的な効果があるものだ。

元気いっぱいにこんにちは!というだけで、「あ、この人はいい人なのかも」と思わせることができる。そうして勝手に心が開かれる。

現代人は基本的に元気がないので、元気がある人はレアキャラなのである

みんなレアは好きだ。しかも元気をもらえるような気がするからなおさらだ



ただこれは存外難しい。なにせ、自分はそんなキャラではないから、とてつもなく恥ずかしいし、あいつどうしたんだなんて思われたくもないからだ。

そして継続するのはもっと難しい。なにせ元気ではないからだ。

ひとまず、普通に挨拶すれば、好感度が下がることはない。

もし下がったとしたら、それは相手が歪んでいるので、心配することはない。これはもう徐々に変えていくしかない。


自分が心を開く(ように見せかける)方法

ぼくはコミュ障だったので、心を開くとかいもの意味がわからなかった。

お菓子の交換」とかも、全く意味がわからなかった。

「食べたいなら自分で買えばいいじゃん。なんでシェアするんだ。あほなの?」と思っていた。



だがあれはリア充による『友情確認システム』の一環である

お菓子の交換」は「お菓子食べたいから」ではなく、「お菓子を交換しあうことができるぐらいの仲の良さを確認し合うコミュニケーションフレームワーク」なのである

から「ガムいる?」は「俺おまえとちょっと仲良くなりたいって思ってるよ」という意思を示しているわけだ。

だって、嫌いな相手にガムなんて渡すか??!!



なので「いやいいよ笑 今はガム食べたい気分じゃないし」などと拒絶すると

「拒絶された!」と思われて、相手自分に対する心の開き具合がかなり緩やかになるわけである

ガムがほしくなかった場合は、「いやガムはいいや。グミだったらもらったけど笑」と言えば、「お菓子の交換を拒否されたわけではない」と思われて、軋轢を生まないのだ。

実際のところどうなのかは、とんと知らんがね!!!



こういった、リア充先天的に獲得していて自然に行っているハイレベルコミュニケーションは、後天的に獲得したコミュ障にとっては、ものすごく難しいものである

それはコミュ障をジェネレートするような家庭に育った自分を嘆く他ないが、コミュ障になってしまったものはしかたがない。



ただ知ってしまって身につけてしまえば、そのリア充よりも上をいくことになる。

リア充は拒絶されるとただ傷つくだけだが、後天的に身につけた人は「あ、今そのレベル了解です」と思うことができるからだ。


信頼関係構築システム

そもそもなんで信頼関係を築くのか

信頼というのは、極めて重要だ。

なにを成すにしても、相手を疑っていてはキリがないからだろう。

横断歩道で青になったから渡ろう」というのは、「今ここにいる車を運転している人は、少なくとも赤信号ときは止まってくれるだろう」という信頼の上に作られた強固な信念である



ぼくは人なんて大体信じていないので、車の運転手の顔と仕草、車のスピードを必ず確認する。

道行く人のこともこれっぽっちも信じていないので、いつ刺されるのか戦々恐々としている。もうこれは病気の域なので許してほしい。

ただそんなぼくでも、状況によっては信じていることもあるので、もうなんか、毎日波乱万丈で命がけめいた生活を送っている。

これはこれでアドベンチャーめいて悪くはない。

信頼がなければ何もできない

さっき書いたみたいに信頼がなければ何もできないので、人と人とで信頼関係を結ぶのだ。

結局そこが重要だ。

人は他人に対して「自分人生を預けられる人か」「全部委ねても問題のない人か」というのを求めているわけ。



ぼくはそれは大嫌いだ。自分人生を人に委ねるな。お前のことはお前が決めろと思う。嫌なら俺に食われろと。代わりにぼくはきみに愛をあげるから

コミュニケーションほとんどの場合かなり難しい。

特に万人受けするようなコミュニケーション手法はない。ある人にはバシッと一致したやり方が、別の人には全くヒットしないことも数多ある。

整形したけど好きな人には見向きもされなかったということもあるだろう。おもしろ悲劇だ。

でも一般的にはすべてのコミュニケーションは、この上に書いたような概念で成り立っているとぼくは思っている。

かなり抽象的なものだが、この概念を体得することによってコミュ障コミュ障でなくなれると信じている。



ぼくはこれらの上に書いたことを自分人生経験によって後天的に獲得したけれど、未だ極致には及んでいないと思っている。



でもそれでも、昔のぼくみたいに、コミュ障で苦しみ抜いている人の、何か手助けになれば嬉しいと思います



ではでは(`・ω・´)

あ、あと彼女募集中です

追記

1

最初に言いたいのは、ぼくが書いたことは、かなり難しい概念であり、なおかつ多くの人間はこれを獲得できていないので概念的に新しく、サラッと読んだだけで理解できるとは思っていない、ということだ。

にも関わらず、読み易くしてしまったことは失敗だと思っている。

換言すれば、ぼくは、この記事対象読者の設定を、あまりにも高く見積もりすぎていたというだけの話だ。

そのような読者はとんでもなく少数だというのに、ぼくはかなり愚かだった。

これは猛省すべき点だ。



無知蒙昧な輩にとってぼくの文章は、ところどころに書いた「嫌なら俺に食われろ」とか「犯罪ではない精神操作」とか「そしてメンヘラである」とかそういった文言が持つ極めて暴力的な響きしか伝わっていないのだと思う。

ぼくの文体は、終始人を見下すような調子で一貫されているけれど、それはその通り受け取ってもらって構わない。おめでとうそれは真実だ。事実ぼくはあなたを見下しているのだから

ぼくにとって、この記事は「色んなひとに知っておいてもらいたいもの」ではなくて「愚鈍貴様に、俺様が授けてやろうと言っているんだ」くらいの気持ちで生成されたものだ。

したがって、ぼくが追記で言いたいことは「ありがたくこれを受け取ってお前の糧としろである。ぼくの文章は「ぼくがかんがえたさいきょうのコミュニケーション」という生易しいものではない。

この追記そのものも、やはり無知蒙昧な輩にかかれば、ただ見下されている不快文章として扱われるだろう。それは無知蒙昧なのだから、仕方ないことである

ぼくはかなり排他的だが、悪魔的ではない。それどころか紳士淑女的で優しく慈愛を持つ人間だと自負している。

したがって、まぁそんな輩はさておいて、けれど凡人においても、ぼくの言葉理解し難い点はいくつかあると思うので、それについては平易な表現言葉を言い換えて、以下3点、解説をしようと思う。

これらは慈悲深い猶予にすぎない。



2-1

ぼくの文章の多くは、人々にとって「読んでいても当たり前にしか聞こえない」ようなことがつらつら書いてあるように思われるのだろう、とぼくは考えている。

ただしぼくは、全く当たり前のことを書いていたつもりはない。

それはぼくにとっては呆れるほど自明なことだが、愚鈍に毛が生えたものにとってぼくは匿名の筆者であるということを考えれば、まずあなたがぼくのことを「価値のあることを言う人物だ」とみなす材料がないのだから、傾聴しようと(愚かにも)努力しないことは当然だとも思っている。



たとえば、

お菓子の交換」は「お菓子食べたいから」ではなく、「お菓子を交換しあうことができるぐらいの仲の良さを確認し合うコミュニケーションフレームワーク」なのである

から「ガムいる?」は「俺おまえとちょっと仲良くなりたいって思ってるよ」という意思を示しているわけだ。

だって、嫌いな相手にガムなんて渡すか??!!

という文章は、至極当たり前のように見えるだろうが、これは「ガムいる?」という表現は、「仲良くなりたい」という表現をするためのガムを媒介としているにすぎないというもので、

「ガムいる?」から開始されるコミュニケーションにおいて、『「ガム」が「必要か否か」』という概念は全く重要ではないことを示唆している。

「ガムいる?」が最初にあって、それが仲良くなりたいという表現なんだよということではない。

「仲良くなりたい」が最初にある。ガムは別に無い。ガムは媒介である

そしてこれはすべてにおいて適合する。ぼくは「お菓子の交換」とはこういうものだと、そんなことを大真面目に論じているわけではない。

お菓子の交換」の話は、依然として抽象度が低い。それぐらいは、たとえどれだけの馬鹿でもわかってほしいものだ。



やはりこの「たとえば〜」から始まって「〜ほしいものだ」で終わる文章も、読み易くなっているのが原因だろう、おそらく「ふーん」と読み流してしまうことができる。

それは、「知っている」から読み流しているのではなく、「よくわからいから読み流している」のだ。言葉の一語一語に再三注意して、かつ十分に日本語文法解析能力を発揮して、意図を汲み取ることがあなたがするべき仕事だ。


2-2

ぼくが書いたことは大変難しいので、あぁ、それはタイトルだけを見て脊髄反射的に「コミュニケーションってこういうものだよ」とあなたの考えを論ずるのは、それはあなた人生の数瞬なのだからどう使おうが勝手にしてほしいのだが、やはりもし少しでも聞く耳があるのなら(おそらく無いだろうが)、ぼくの書いた節ごとにあなたの考えを論ずることは上徳であろう。

何もぼくも、ぼくは完璧だと主張するつもりはない。ぼくは真摯意見には敬意を払う。なんならぼくの間違いを指摘してくれても構わない。ぼくはそれを受け入れる。

ぼくが予測しえなかったぼくの誤謬を暴けるほど優れた人々は素晴らしい人々だ。

2-3

彼女募集中について。

これはぼくが女であると見抜けなった間抜けを炙り出すための装置だった。


3

ぼくが自身コミュ障だと呼称したのは、謙虚さの発露だったというのに、それを論ってマウンティングするような人間には絶句しかない。

一度自らの愚鈍さと真摯に向き合ったほうがいいだろう(ただ可哀想に。向き合えることはない)



最後に思うことは、ぼくが最初謙虚に書きすぎたせいで、信じられないくら傲慢人間を引き寄せてしまったこともかなり失敗だった、ということだ。

それはやはりぼくが完璧ではないと書いたことにも繋がるが、その点に限っては今後も精進していきたいと思っている。



そしてぼくは、これらがあなたコミュニケーションの助けになりますように、と切に願っているだろうか。

2016-05-07

ズートピアはジュディに女友達全然出て来ないのが気になる

唯一名前つきの幼なじみが狐の男だし

ジュディはぼっちコミュ障キャラじゃなくて普通に明るくて前向きなキャラなだけに

女友達いな過ぎなのが気になる

ドラえもんのしずかちゃんやハリポタハーマイオニーなんかは「のび太ハリー視点から省かれてるんだ」とも考えられるけど

ズートピアは女主人公から余計気になる

そういえばアナ雪の時にも海外意見で「アナと絡むのは男ばっかり」、って言われるのを見て確かにそう思ったなあ

メイン姉妹の二人以外のキャラは男ばかりだよね

オラフ女の子タイプ雪だるまにした方が自然だったと思う

2016-05-06

http://anond.hatelabo.jp/20160506042300

景勝地写真なんてwebで見られるからぼっち旅行景勝地訪問はあまり意味ないような。

多分ぼっちコミュ障には都会の方が楽しいと思うので、台北香港あたりがおすすめ

国内じゃどこに行ってもさほど変わらないけど、海外なら飛行機を降りた途端に色々違うから面白いよ。