「生活」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 生活とは

2016-08-24

虚飾に満ちた生活を送っております

今日聖書を読む読む

出エジプト記の続き。



パン自由か」「絢爛たる奴隷生活平穏無事な軛よりも、苦難にみちた自由をこそ選ぼうではないか」という問いがこの時点で出てるのは面白い

2016-08-23

http://anond.hatelabo.jp/20160823230616

大丈夫だ、安心しろ日本大企業は、仕事ができないという理由では人は切れないのだよ。ただ、いろいろ所属部署が変わるかもしれないが、最後はらくちんな部門にたどり着き、悠々自適生活保証されるさ!そうなるためにも勤怠はきっちりな!無遅刻無欠勤だけは死守できれば、活路は開ける!

シンゴジラ官僚職業意識

あれってどの程度リアルなんですか?

一般零細企業勤めからすると給料以上のことをやってやるぜ!ってなることはないかシンゴジラの面々の仕事に対する熱意にかなりおどろいた。責務が重く人々の生活に大きく影響する現場って、ああいうふうな熱意で仕事してるんだろうか?

http://anond.hatelabo.jp/20160823102131

俺も似たようなこと思った

 

生活に困るような貧困者(生活保護もらう層)と (A)

人生設計に支障が出るくらいの貧困者 (B)

それと特に子供場合、老人の場合

 

で分けて考えられればいいんだよね

貧困」ってパワーワードすぎるから

みんなが想像するのは絶対的貧困者の方だし、変なNPOとか引き寄せてしま

 

今回あからさまにJK叩きしてる人たちも

「お前はBだろ、Aだと偽ってんじゃねーよ。俺らBはもっと苦しいんだ」

みたいな人が多そうだし、そこら辺は無駄な諍いが生まれてる

 

炎上きっかけに「貧困とは何か」が改めて整備されたらいいけどなー(まー無理だろうけど)

貯蓄に回して何が悪い

会社が潰れても他でやっていけるように

手に職を身につけてやってきたが

それでも将来に不安を感じて

もらった給料基本的に貯蓄に回す

 

外に出るとお金がなくなるし

家の中でやりたいことができるってのもあるから

基本的に外出はしない

 

昔の人のように先を考えず

借金やローン、分割払いなんてとんでもない

 

本当に欲しいものが出てきた時だけ

生活に余裕がある分貯蓄がある前提で

現金クレジットで一括払い

 

貯蓄が趣味ってわけじゃないけれど

本当に必要な時にお金がないと困るから貯蓄に回しているだけ

 

から無責任に人に散財しろ散財しろと言わないで欲しい

本当に欲しいものが出たから50万ほど使ったが

それを素晴らしいと言う周りの人はどうなんだろう

 

周りがどう勧めようが無駄に高い車や高級腕時計などは絶対買わん

人生迷ってる

35歳 男

東京で粘る

実家戻る

海外生活考える

現実的判断した方がいいんだろうな

貧困JKの話

「みんなが当たり前に持っているもの自分の家にはない。みんなが普通にできることが、自分の家ではとても困難。自分貧困なのかもしれないと思った」

というやつ、確かに希望の進路を金銭的な理由で諦めなければいけないのは辛いと思う

でもその進路先がアニメ専門学校と聞くと急に印象が変わってしまう。

アニメ専門学校に進学したあとの未来が開けているとは思えない。

アニメーターになる条件で一番大事なのは都内実家住まいであることとか実家が裕福であることなんて言われるくらい、

卒業して望みの職に就いたとしても厳しい生活が待っている。

まともに芽が出ないでドロップアウトする人間大勢いる。

歪な業界ではあると思うので改善して欲しい気持ちはあるがそれが本題ではないのでさておき。

そういう進路を選ぶにあたり、親がお金を出すかどうかっていうのは、

貧困かどうかというよりも裕福かどうかの話なのではないだろうか。

子供の望む進路を叶えてやるのが親の務めという綺麗事もあるけれど、そこで踏み切れる親ってどのくらいいるんだろう。

http://anond.hatelabo.jp/20160823095013

二人世帯貧困線は173万だ(2012年

こっちに書いた

http://anond.hatelabo.jp/20160823081358

ソース

国民生活基礎調査では、1人世帯手取り所得が年間約122万円、2人世帯で約173万円、3人世帯で約211万円未満が相対的貧困に該当します。」

http://child-poverty-summit.jp/4.html

この所得で、あの家の家賃考えたら散財できる可能性はほぼ無い

究極の貧乏生活して、身体リガリ、髪の毛ボサボサ、服はボロボロだったら、それに使う金で贅沢したんだなって納得できるかできないかレベル

貧困女子高生経済事情

この議論をみて思うけど、ちゃんと計算してる人いるの?


子どもの6人に1人が貧困状態」この場合貧困とは「あの子貧困みえる」みたいな感覚的なものじゃなくてちゃんと基準がある。

彼女場合母1人子1人世帯から可処分所得約173万以下。念のため言っとくけど女子高生バイトしてるんならそれも含めてだからね。

2012年数字から今は少しは増えてるはずだが大きくは変わってない。12割れば月14.41万円。

具体的な地名は控えるけどK県K市Kの家賃相場は1ルームでも5万以上はする。動画を見ると彼女自分の部屋があるように見えるので

家賃6~8万はするかもしれない。6万だとして8.41万。管理費4000円くらいするのできりのいいところで8万円。

母子手当2万+で10万円

ここから2人の生活必要な食費・電気・ガス・水道料金をやり繰りする。服も買わなきゃいけないし美容院にもいかなければならない。

Y市にある高校までの通学定期代も払わなければならない。私鉄JR乗り継ぎで片道450円くらいかかる。定期で1か月約1万。

学校行事の積立金も必要じゃないかな?ツイッターやってるから格安だとしてもスマホ代もかかるよね。

貧乏人ほど散財するというけどそんな金がどこにあるのかな?

冷房の替りに保冷剤でひねり出せるのかな?

ニュースでやらなかったけど、普段食事パンの耳とか、風呂は何日に1度しか入らないとかなのかな?

それなら、そういうのこそ貧困実態を訴える格好のネタになるはずだけどね。


散財は無理じゃないかと思うけど、できると思うんなら、そこんとこ解説してほしいですね。

生活保護受けてると思ってる人もいるけど根拠ないよね。受けてたらニュースで言うと思うけどね。


しかしたら彼女は6人に1人の貧困には入らないとしても貧しいことにかわりない。というんならそれでもいいけど

その場合NHKは誤認させる報道したんだから批判されるべきだよね。

左派反原発の謎

左派って一応は共産主義というか労働者貧乏人の味方と思っていたから、左派反原発の図式が成り立つの不思議でならない。原発止めたら電気代が高くなって貧乏人にしわ寄せが来るというのに、何故公然反原発を主張してるのか。昔から言われてたことだけど、結局は左翼金持ち道楽なんだろうな。政治活動なんて生活に余裕なきゃできないもんな。

豊かであること

1.楽しいこと

 生活がほどよく楽しいこと。果てしない快楽のことを意味しているわけではなく、ほどよい楽しさのこと。


2.空虚でないこと。ないしは、空虚を忘れられる何かがあること

 仕事であれ、趣味であれ、コミュニケーションであれ、何であれ、空虚を感じさせないようなものがあること。


3.余裕があること

 時間的余裕、経済的余裕、身体的余裕(健康さ)、精神的余裕――などなどがあること。


番外編

4.目的があること

 目的に向かって進んでいる自覚があること。

 これはあってもなくてもいいな、と思ったのだけれど、一応。

2016-08-22

2つの経験について書く

1つめの経験は、同性から告白

前に勤めていた会社で、同性の先輩Aから告白されたことがある。社内で使っているMessengerで、「ずっと好きだった」と伝えられた。結論からいうと、それはいたずらだった。別の先輩Bがふざけて書いたメッセージで、先輩Bは間もなく「騙された?」と笑いながら私の席に来た。先輩Aも先輩Bの後ろで「もう!人のPC使ってなにやってんだか」と笑っていた。私も「うわー!びっくりしましたよ」とかなんとか返しながら笑った。

先輩Bが先輩AのPCでなにか作業をしている最中に、わたしのMessenngerが立ち上がったらしかった。先輩Bがなぜそんないたずらをしたのか経緯は知らない。その場限りで軽く笑って済んだ話だった。先輩Aと先輩Bは今も同じ会社で働いている。

告白された時、私はとりあえず困惑した。本当かな、本気かな、と思った。同時に、傷つけないようにしなきゃとも思った。相手が異性でも同じことを思ったかはわからない。告白メッセージへの返事は、「突然でびっくりしました」くらいの、そのとき考え得る極力穏当な文章を送ったと思う。もうずいぶん前の話なので履歴確認できない。もしからしたらもっと「えーーーー!!!本気ですか???」みたいなトーンで返信していたかもしれない。そうは思いたくないけれど、可能性はある。

2つめの経験は、障害者とおぼしき人物との接触。

当時通勤に使っていた電車沿線障害者施設があるらしいことはなんとなく知っていたが、特に気にしたことはなかった。

その日は多分いつもより早めに帰ったのだと思う。寒い季節で、少なくとも電車を降りたときには完全に外は暗かった。いつも通りの経路で帰りの電車に乗り、それほど混んでいない車内でドア横のくぼみに立っていた。途中駅で乗客の出入りがあっても特に気に留めていなかった。ふと気がつくと、近くに青白くやせ細った男性が虚ろな様子でふらふらしながら立っていた。ふらふらしながら、歩くともいえない様子で無言でこちらに近寄ってきた。彼の目の焦点は合っていなかった。口は半開きだった。私ははっとした。怖かった。不気味だと思った。倒れかかるようにいよいよこちらに迫ってきた男性の身をかわし、他の車輌に移った。振り返ると、私が立っていたドア横のくぼみにその男性がほとんど半分倒れるようにして立っていた。具合が悪かったのかもしれない。周辺には私以外の乗客もいたはずだが、一切記憶にない。

何が起こったのかよくわからないまま、自宅の最寄駅で電車を降りた。ずっと動悸がして指先が震えていた。早歩きで駅から出たところで、誰かとぶつかった。ベージュトレンチを着た年配のサラリーマンだった。「大丈夫?」と聞かれた。「大丈夫です、すみません」と答えながら、少し安心した。戻ってきた、と思った。その後、間もなく引っ越した。

LGBT差別一橋大学アウティングの件について見聞すれば、なんとなく経験1を思い出す。相模原障害者施設事件について見聞すれば、なんとなく経験2を思い出す。

この2つの経験があるが故に、私は、アウティングヘイトクライムについて「それをしたのは私だったかもしれない」という漠然とした思いがある。あの時、困惑たから。とても怖かったから。環境タイミング、条件によっては、混乱や恐怖を克服する手段として、私はアウティングする側になるだろうし、ヘイトを撒き散らす側になると思う。

多分、私を含めて多くの人は、原初状態というか初期状態では、結構ナチュラルにひどい差別をして、自分と異なるサイドを排斥し、保身を図ろうとするのだと思う。それ自体は、まあそういうものだよね、という感じで、よくも悪くもない。ただ、今さら私達が裸体で竪穴式住居に住まないように、原初の素朴な差別意識を脱する必要はある。それには結構愚直で具体的な学習というか訓練が必要なはずなのに、普通に生活していると圧倒的に不足していると感じる。

なんてことのないもう10年近く前の2つの記憶が今も私を苛む。

37歳実家住みだけど親に金入れてない

親には1円も入れてない。そのかわり光熱費固定電話インターネットの代金は全部払ってる。

食事生活雑貨などは全部自分で買ってる。やってもらってるのは、キッチンゴミ箱ゴミを捨てたのを一緒に出してもらうくらい。

家庭内別居みたいな感じ。



これって大人としてダメなやつだろうか?

親に少しは金払ったほうが良いか

ちなみに、俺が親に金を出すと、その金はパチンコタバコに消える。

今日イオンクレジットカードから請求が来てたので、借金返済かもしれんが。

NHK報道した貧困JKに関する件。

一応それ関連の記事などは一通り読んだつもりですが、報道内容や該当JKツイッターなどから「本当にその生活貧困なのか」というような部分に火がついているのだろうと。

まれた家庭の経済面他人比較したことがないですから相対的自分の家が貧困だったかは分かりませんが、うちは非課税世帯だったので裕福ではなかったとは思ってます

そういう家庭で育っているので、うららさんが言っているように将来の進路を選択する時には「金」の問題が常についてきました。入学金の多少、学費の多少、生活費の工面、奨学金などの制度。進路の選択には偏差値などの学力に関する問題と併せて「金」に関しても考えないといけなかった。

しかしこのことについては、よっぽど裕福な家庭に産まれでもしない限り「みんな」同じように考える問題だと思います。こども自信が考えるのか、親だけが考えるのか、考えた結果、選択可能な進路はどれくらいに絞られるのかが違うだけで。そしてこの最終結果となる選択可能性については、特に親の将来設計で大きく変わるのはことは知っています

そして当事者である子ども本人です。うららさんは「みんなが当たり前にできることが自分だけできない」「夢を持っているのに目指せない自分は不幸」と言っています。この考え方なんですが、自分自身が進路で悩んでいる時と同じなので強くは責められないし、責める資格もないと思う。しかしまぁ、同じようなことを考えていた人だけに何か書かずにはいられないもので。

まず「夢を持っているのに目指せない」ではなく「実現しようとしていない」だけだと思います。確かに親が自分の将来の学費をどれだけ貯めているか貧乏か裕福かで「進路選択時」だけ切り取れば一見かわいそうな自分が見えてくると思う。でもそれは、そもそも自分が裕福な家庭に育っておらず、将来やりたいことのためにはどれだけのお金がかかるのかを早くから認知していればいくらだって対処法はある。うららさんの言う「夢」はいから叶えたいものとして彼女の中に湧いたのか、叶えたいものとしてどれくらいの重みがあるのか分からないですけど、本当にやりたいことであれば真剣に考えていれば方法は見えてくるはずだし、見つかるまで考える。

それから、「みんなが当たり前にできること」なんて実はないです。学校なんかで集団生活を送っていると、ほんとうは個人単位で見た時にはそれぞれ出来ない部分があるのに、ある程度おおきな集団の一部になると一部の出来ないものは見えづらくなって「みんな出来る」ものに見えてしまものです。これは今回のような貧困もそうだし、たとえば自転車運転、なわとび、計算の速さ、記憶力の違いなんかもそうです。

ほんとうは個人個人身体的な障害なんかの非常に見えやすい違いを除けば、それぞれが自分の出来なさを克服しながら前に進んでいて、それぞれがそれぞれの苦しさを抱えていると思います

人は産まれ持つ能力を選べません。自分の将来設計をする上で、たとえば夢を語る時に「才能がないから」という理由簡単に諦めるような夢ならば語らない方が良い。人より体格が劣っているかメジャーリーガーの夢を諦めていたなら今のイチロー存在しない。夢を実現させたかったら人との差、足りなさを埋める努力をしなければいけない。

まれ持つ能力を選べないように、産まれる家の財力も選べません。これも言い替えれば「才能」のようなものです。自分に備わってないものは何かしらの手段で埋めるしかありません。

100メートル走で一番になりたいという夢があったとして、その夢はボルトと同じ身体能力を持って生まれ、同じ環境で育つというフィールドが整わないと夢の実現の可能性がないのか。

今回の場合、うららさんがやりたいことはキャラクターデザイン勉強なのか、それとも「お金」がかかるから実現できない(と思っている)専門学校に行くことなのか。

日本は5〜6人に1人(正確じゃなくすみませんの子どもが貧困層らしいです。ひとクラス40人なら7〜8人が貧困層であって、珍しい存在ではありません。ただ実際問題学校生活貧困などが問題として表出するのは義務教育以降です。

貧困層の子どもはたいてい学力が低いので、高校に行かないか、行っても同じような貧困層学校構成します。なので数字上は珍しくもない貧困の子どもが認知されにくいんだと思います

貧困から将来の選択肢が狭まるというのはある意味正しいと思うのです。だから子ども貧困について知らない人に知らせるというのも大切だとも思います

でも、もっと大切なことがあると思います

自分貧困だということに早く気づくこと、現実を受け入れること。子どもに対して伝えたくない事実だとは思うけど、親がきちんと伝えること。そして現状を知ったら解決に向けて何が出来るのかを調べること、考えること。

貧困から叶わない夢って、まぁ金がなきゃ叶わない夢も当然ありますけど、たいていは貧困から「楽には」叶わない夢なんじゃないでしょうか。

夢見る貧困という闇

ストレート物言いをすると、貧困の原因は最終的には知能レベルに落ち着いてしまうのだ。

一時的貧困経験(そのまま息絶えるパターンも当然あるが)してしまう知能レベルが低くない人間もいるが、ある程度の知能レベルがあれば貧困自力解決できる問題だ。

私の身近にある貧困は本当にひどい。

自分では全く何をしようともせずに、周りの人間努力して勝ち得た幸せを引き合いに出して、自分にも幸せになる権利があるという。

その結果、その矛先は身近な人間に向かうから親族からも忌み嫌われるのだが、何がひどいといえばその子どもたちに振りかかる不幸がひどい。

素直で親思いな娘は自らをせめて自殺未遂するし、大した教育も受けないままに金を稼いで来いと言われた息子は勤務先で何年もいいように使われた挙句、要らなくなったらあっさり首を着られる始末。

教育がろくになりたっていないので子どもたちだって表通りでは働くことさえできない。

それなのにその親はまだ子どもたちに金を持って来いと言い、子どもたちがしっかりしないか自分はいつまでたっても不幸だという呪詛を撒き散らしている。



そういう人間に限って、自分には幸せになる権利があると信じて疑わないかお金の使い方がおかしいのだ。

貧困JKの話を見たが、あれをねつ造だと考える人は身近に現代社会における本当の貧困の闇を抱えた人間がいないのだろう。

彼らは貧困じゃないから高い買い物や高級なランチを食べるわけではない。

逆だ。高い買い物をしてしまったり高級なランチを食べてしまうから貧困なのだ

その実、生活バランス崩壊しているので、かたや例えばガスが止まっていることを厭わなかったり、例えば下着を半月くらいなら平気で着続けていたりするのだ。

彼らにそのことを批判するのは無意味だ。

なぜならそういう贅沢を当然の権利だと信じて疑わないし、むしろ普段生活に比べればそれをご褒美くらいに思っているのだろう。

一般的生活水準を満たすことより先に、自らが叶えたいことからお金を使ってしまう、いわば現代特有貧困がそこにあるといっていいだろう。



はじめに知能レベルという言い方をしたのはつまりそういうことであり、彼らには正しい物事判断不可能なのだ

正しい手順で物事解決できるということが理解できず、他人他人と割りきれず、自らの欲求を制御することもできず、借金や世の中の闇に手を染めることに対しても警戒心が欠如している。

問題は、そういう人間から搾取できてしまう世の中の仕組みにある。

現金主義の時は借りられる金額も限りがあったが、今はそれこそ切り売りできないものがないような世の中だ。

貧困JKは誰でも幸せになれる権利があるなどという幻想を見させておいて、その実搾取される側でしか生きていけない人間がいるという世の中に生じた歪が生み出した不幸だ。

昔のように冬を越せなかった貧困は姿を変え、死ぬ間際まで騙されていることに気付かずに周囲を巻き込みながら搾取され続ける貧困が始まっているのだ。

通り魔に切られて日本すごいと思った話

先日、道端で通り魔に腕を切られたときの話をします。

(※サマーランド事件とは別件です)


まりに突然なことだったのでもちろん驚きましたし、

犯人への怒りの感情もありますが、

なによりこの件で一番強く思ったのが、

日本すごい」

ということです。

わたしの語彙力のなさはさておき、

ネット上ではアンチ日本的記事が目立つ中、

日本は良いところもあるよ、ということをまとめたくてこのブログを書き始めました。



【その1】警察すごい

まず事件当日

詳しくは伏せますが、とにかく道端で知らない人に包丁で腕を切られました。

犯人から逃げつつ、警察電話しつつ、場所や状況などを説明しつつ…

と、電話をして2〜3分経ったところで後方から

警察24時でお馴染みのパトカーの音が聞こえてきました。

まりの早さに、

わたし事件とは無関係たまたまパトカーが通りがかっただけかと思いました。

しかパトカーはすぐに近くに止まり

別方向から自転車で来た警察官と共に犯人を捕まえてくれました。

もしあの時、すぐに来てくれなかったら

第2、第3の被害者が出てもおかしくありませんでした。

また、警察官は、刃物を持っている犯人に対しても怯むことな

しっかりと取り抑えてくれました。

一般人にはなかなかできないことです。

本当にすごいです。



【その2】救急すごい

犯人が捕まりほっと一安心

間もなく救急車も到着し、

救急隊員がすぐにわたしの腕を何かで包んでくれました。

その時のわたしは呑気に、

「とりあえずなんか包んでくれたし、病院行かなくても良いんじゃないかな」

なんて思っていたのですが、

周りの人達必死に受け入れ病院を探してくれているので

余計なことは言わず大人しくしていました。

何件かの病院に断られ、

やっと受け入れてくれる病院外科先生が不在とのこと。

とりあえず診てもらえるだけありがたいので、そこにお願いすることにしました。

後になって分かることですが、わたしの傷はそれなりの深さがあったため

縫わないと血が止まらないような状況だったそうです。

救急の方がそこまで分かってくれていたかどうかは分かりませんが、

わたしはただぼーっとしていただけで、

色んな病院電話して必死に受け入れ先を探してくださったり、

本当にすごいと思いました。

また、病院へ向かう最中に、同乗した救急隊員がわたしの気を紛らわせようと

色々と話しかけてくださり、それもとてもありがたかったです。



【その3】受け入れ病院すごい

病院へ到着すると、内科先生

自分は専門ではないので、明日また専門の先生に診てもらってください」

と前置きした上で、診てくれました。

とりあえず止血しようとしたようですが、

血が止まらないので縫うことになりました。

今まで体を縫ったことがないわたしは驚きましたが、

なにより先生自身が、覚悟を決めたような雰囲気を出していたので

わたしは「先生がんばれ」とだけ思って静かにしていました。

先生は、慣れていないのがわたしでも分かるぐらい

一生懸命に、丁寧に、一針一針確認しながら縫ってくれました。

時間ほど経ち、なんとか縫い終わって

誰よりも安心しているのは先生のように見えました。

慣れないながらもしっかり対処してくれた先生すごい。

そして、終始汗だくで目が泳いでいたわたしに、優しく話しかけてくれた看護師さんすごい。



【その4】再び警察すごい

治療が終わり、今度は警察へ移動し事情聴取です。

みんなが想像するあの取調室。

カツ丼を食べるところです(違います)。

担当警察官が、事件の様子を細かく文章でまとめてくれます

時々質問されるので、できるだけ的確に答えます

(こんなことを言うのも何ですが)

基本的被害者は暇です。

でももし警察官がいなかったら?

自分自分の状況を、矛盾がないようにまとめるのはとても難しいですよね。

およそ4時間かかり、まとめられた文章証拠写真たちは

事件概要が的確に抑えてあり、

第三者が見ても状況がわかるものとなりました。

詳しくはよく分かりませんが、この証拠たちをもとに

今後、犯人の罪を裁いていくことになるようです。

犯人を捕まえ、事実関係を明らかにし、罪を裁くことまでやってくれる

警察すごい。本当にすごい。



【その5】形成外科すごい

翌日、紹介された形成外科先生がいる病院へ行きました。

先生は傷口を見てすぐ、

「縫い直しだね」とおっしゃっていて

せっかく前日に一針一針一生懸命縫ってくれた糸を切るのは申し訳ない気もしましたが

専門の先生が言うことなので素直に従いました。

そして形成外科先生は、さすが専門なだけあって

こちらが心配する暇もなく、手際よく縫っていきます

結果的に、先生曰く「数えきれないぐらい」縫ってくれました。

内側も縫った(しかも内側の糸は数ヶ月で溶けるらしい)

ので、傷口はおそらくほぼ残らないだろうとのことでした。

前日の内科先生には充分感謝しつつも、

やっぱり専門の先生はすごい。



【その6】東京都すごい

以上のように、たくさんの方々、たくさんの日本の仕組みによって

わたし事件以外の不満を感じずに、傷を塞ぐことができましたが

1つ気がかりなのが、治療費についてです。

犯人へは怒りもありますが、

わたしは死んだり障害が残ったりした訳でもないので

そこまでの恨みはありません。

ただ、もう、本当に大した額ではないのですが

治療費ぐらいは払って欲しい…と思っていました。

すると、そのことを話した訳ではないのですが、

警察の方から

わたし治療費東京都が払ってくれるという話を聞きました。

どういう流れでそうなるのかは不明ですが、

(また、その条件など色々あるようですが)

こちらに全く否がないのに一方的にケガをさせられて

治療費まで被害者が払うのはおかしい、ということで払ってくれるそうです。

そんな仕組みがあることは全く知りませんでしたし、

そんな仕組みがなければ本当に被害者は損ばかりです。

僅かなお金ですが、そのおかげでわたしの心は大分軽くなりました。

東京都すごい。

そしてそんなお金があるのはもちろん、

普段税金を払ってくださっている国民の皆様のおかげです。

本当にありがとうございます



普段生活していると気付かないことばかりですが、

日本にはこんなにたくさんの仕組みがあり、うまく機能しています

中には問題があることもあるかもしれない、それでもなんとかうまくいくように

今日自分の知らないところで誰かががんばってくれている。

そう思うと、日本ってすごい。

http://anond.hatelabo.jp/20160822142804

ムリ。マルクス自身も『資本論』で資本主義体制は非資本主義体制を圧倒するって書いてる。

新体制が成立したとしても、自由競争原理で力を付けた資本主義体制には負けちゃうってことだな。

あり得るとしたら鎖国して、成長より、貧しいながらも平等を優先する国民が集まって社会を構築するしかないだろうな。

ちなみにタイ僧侶が作っている社会はこういうものらしい。貧しいながら模範的生活を送る僧侶に、国民お布施をして生活が成り立っている。

案外ポスト資本主義宗教かもしれない。

初めてオナホを使ったが死にたくなった

http://anond.hatelabo.jp/20160818013029 の続きです。

最近の尼は発送が遅くなってきたのに、今回は即日発送して翌日には到着しました。なんでこんな時だけ早いんだよ。でもちょっとしかった。死にたい

ちゃんと調教しないとフェラは歯が当たる・喉まで使えない等あまり気持ちよくはない。

これ絶対言う人がいると思った。同種に「パイズリは気持ちよくない」ってやつがある。「え、キャビア?あれってそんなに美味しくないよ~(苦笑)」みたいな台詞だという実感がないのだろうか。ただ好きなんだから、実際にどうだったかなんて関係ないし別に知りたくもないです。死にたい

何買ったの? 「真実の口」とか?

はい、一発で当てないでください。真実の口と言えば嘘つきが手を入れると抜けないというあの口です。上手いネーミングですね。ついでに尼にお勧めされた、真実の唾液ってローションも一緒に買いました。死にたい

手で触った感触は、デブ親父の三段腹でもここまでではないだろうという程にぶよぶよとした感触で、率直に言うとやや気持ち悪い(シリコンってもっと硬いもの想像していた)。これをベヘリットとか言った奴は一生オナホで抜けない呪いに掛かれば良いと思う。お陰でベヘリットが思い浮かんでしまって物凄く辛くなった。死にたい

とりあえず気になる口周りの造形、先述の通り、自然に空いた口元は真正からでも真横からでも大きな破綻はなく、見た目としては非常に良い。恐る恐る指を入れてみるとすぐ歯と舌に当たるわけだが、この上下の歯に挟まれ感触が口腔内を強く意識させるアクセントとなっていてなかなか馬鹿にできない。見た目だけかと思ったが、これはリアルと言って良いのではないか。ただし人体模型を見て思うリアルの方だと思う。死にたい

これは存外に期待が持てると確信し、キスも試してみたが想像力が足りないのか魔法使いとしての経験不足なのか何かが違う気がする。舌が短いから?いやそういう問題でも無いだろう。油臭さといったもの特に感じなかったし、外観及び内部の造形は確かに人体を模しているはずなのに、だ。こんなものなんだろうか。とりあえずファーストキスの味はシリコンの味でした。これはかなり死にたい




慎重に慎重を重ねるべく下調べした結果、最初風呂場で使うことを決めていた。これは次の二つの理由による。まず、温めて使う方が良いらしいということ。カツ丼弁当は冷めたままでも美味いが、温めればさらに美味くなるのと同じ原理だ。次に、勝手の分からない最初特にローションを多めに使う方が良いらしいということ。これはそういうものなのか、と先人の知恵に倣う。ここでふと冷静になると何を真面目に調べてるんだと正気に戻りそうになる。死にたい

尚、一応の葛藤として、ここまで守り通した童貞を失って良いのかということについても悩んだ。今この瞬間はまだ、ただの童貞でいられるが、使ってしまったが最後人間童貞になってしまう。人間に対する童貞ってただの童貞よりずっと恥ずかしいのではなかろうか。死にたい

道徳教育の場に於いて、人という字は人と人が支え合う姿を示すと言われる。しかし肉親を除く誰にも支えられず、また支えるべき人を持てなかった自分にもはや人としての幸せなど望むべくもない。人でないなら人に対する童貞など何も不自然ではない。この手が他の誰かの手を取ることをできないなら、もうこの手にはオナホさえあれば良いじゃないか死にたい




風呂場ですべきことを終え、湯で人肌程度に温め、ローションをたっぷりと注入し、さあ準備が整いいざ鎌倉といったところで時間が止まった。何かを忘れていた気がしていたが、立つべものが立たない。何もおかずが無い。そりゃそうだ、風呂場なんだから。むしろリラックスして萎える場だ。予想外の事態に少々戸惑ってしまったが、最初はお試し、練習のようなものだと割り切って想像力で半立ち程度にしてとりあえず入れてみる。感触としては違和感、としか言いようが無い。そもそも包まれるという感覚自体違和感なので仕方ないのだけど。死にたい

気持ちいい…?と呼んで良いのかも微妙で、確かに、まあ、知らない感覚なんだとは思う。刺激があるわけでもないし、気持ちいいわけでもないし、本当に何とも言えない感覚だ。ああいや、半立ちだったのがちゃんと立つ程度には刺激はあるのだと思うが、多分それは文字通り刺激に対する生物的な反応であって精神的な感応にまでは至っていない。動かすとまた違うのかとも思ったが、特に差は無い。いや、上下の歯で削られてるような感覚がある。痛いと言うほどでは無いが、痛覚に近いものなのでこれが苦手な人はいるのは理解した。とはいえ、これが良い刺激なのかともいうとよくわからない。全くこれだから童貞ってやつは。死にたい

ただ、横向きにしたときビジュアルについては造形の良さもあって非常に良い。また抜いた瞬間には、ちゅぱっという感じのリアルな音が自然と出るのも悪くなく、このビジュアルと音については充分、リアルと呼べるのではなかろうか。どのぐらいリアルかって言えば、コイン投入即天和スーパーリアル麻雀ぐらいのリアルさだろうか。死にたい




だらだらと微妙感触を楽しむのも微妙なので、さくっと致すことにしたがやはり何というか。悪くは無いと思うんだけど良くもない。一応、当該商品名誉のために補足すると自分の側に問題があるのだと思われる。よくよく考えてみれば、恐らく一般的と思われる上下運動による致し方を普段していないのでその動きの刺激に対する感覚がない。また面倒なことに、寒がりの愚息は分厚い皮ジャンを着込んでおり全く脱いだことがないので刺激に対して極めて鈍感であることが容易に想像される。つまり自分は、道具で致すことすら満足にできない不出来な存在だったということだ。死にたい

水洗いについては案外、早々に滑りが取れたこともあって虚しさを覚える前に終えることができた。問題はむしろ乾燥だ。逆さまにしてもさすがに奥には水気が残る。数日置けばそこそこに乾燥はするようだが、それでもまだ奥には水気が残っている気がする。ひとまず黴の発生は避けたいので、ドラム洗濯機で低濃度オゾン殺菌を行うことにした。白物家電の何とかイオン系は居住空間に於ける効果は全く信頼に値しないが、密閉空間に於ける(何とかイオンと同時発生する)低濃度オゾンによる殺菌効果であればそれなりに信じられなくもない。まさか家電メーカーオナホの殺菌に使われるとは夢にも思わないだろう。死にたい



今後の課題。ローションを使ったこともあり、風呂場以外でやらなくて良かったと思う程度には手足含む周囲が酷い有様になったわけだが、世間ではどうやってこの問題解決してるのだろうか。やはりタオルやら何やらを敷いてやってるんだろうか。もっとカジュアルに使ってるイメージだったのだが。カジュアルオナホを使う生活って最低ですね。死にたい

またアトム

NHK23日に放送するドキュメンタリーの予告を見た。ロボットが家庭に入ってきて人間と一緒に生活する未来を描くらしい。で、「アトムと暮らす日」らしい。またアトムか。というかこういう論調久しぶりに見た気がする。なんで日本テレビが人型ロボットや家庭用ロボットの話をするとアトムを引き合いにだすんだろう。アトム生活したい!と思ってる視聴者ロボット開発者ってそんな多いの?

これ、2004年頃にASIMOが走ったりして世間をにぎわしてた頃によく見たなぁ。あの時代の夜のニュースとかで取り上げられるとき(ニュース23NEWSステーションとか)、ほぼ必ずVTRの冒頭にアトムアニメの曲が流れてナレーションが「鉄腕アトム・・・」で始まる。単純にテレビ制作側がその世代おっさんばっかだからそうなのだと思ってた。その後その世代が一線から去ったら引き合いに出すのは何でもガンダムだった気がするけど、それだけにNHK2016年にもなって作る番組番宣が「アトム生活する時代が近づいてます」とか、アナクロニズムとなつかしさを感じたわ。

2016-08-21

汚客様主義日本氏ね

と、一時期流行ったフレーズ風に書きました。

主に仕事いや、仕事愚痴をここにたまに書きに行こうかな。周りに言っても否定されるし。

ちなみに私は、清掃員。仕方なくしてる。精神病やらなんやら患ってて、接客無理だからホテルの清掃員をしてる。もともと清掃員って若い子がするもんじゃないと思うのよ。なんか惨めに感じるな、と周りやら何よりも汚客の使い方見て思う。働けない、本当に生活が苦しいなら仕方ないけど、働けるのにナマポで楽してるひとらが羨ましいって思う、正直働きたくないもん。

だってラブホではなく普通ホテルなのに、今日コンドームの袋置いてるというか大量に撒き散らした部屋見て、最悪だったし泣きそうだった。いくら仕事でも嫌だわ、ましてやラブホじゃないのに。

それは中国人観光客ね、ホント中国人って動物だなって思う。パクるナマポ貰う、部屋汚す、爆買いしてお金支払うことしか能がない、しか臭い。もちろん全ての中国人ではないですけど、まぁ今回に限らず、部屋も散らかしひどい。。ホントお金を支払う動物だわ。そんな人が多いかな。

なんか「中国人 嫌い」って検索したら、なんかお花畑記事ヒットして、中国人嫌いな人は見てください的なヤツ?、中国人メリットだけしか書いてないし、むしろお前の知り合いの話だろうがと思った。子ども大事にしてるとかw大事にしてるのは結構だけど、しつけろよって。だから大人になると、あーなるんだよ。

もう鎖国してくれ、中国人は客じゃねぇわ。習きんぺーがあーなんだからキチガイが多いんだわ。せめてマナーを身につけてから来てください。日本中国人に頼りすぎ!あんなんいても、報われるのは一部の人だけ!!

もう一つは日本人中国人みたいに撒き散らしはしないけど、袋捨てない輩がいる。流石に中身は、上記のキチガイ中国人でも捨ててたが、まぁティッシュに包まれなくて気分メッチャ悪かったけど!!怒、日本人もそんなんいるけどもさ。何より腹立つのは、なぜ袋だけではなく、使用済みやら開封済みのをベット横に置くのかね?そんなにセク口スアピールしたいのか??笑

ごめん、私彼氏ます\( ˆoˆ )/だから嫉妬はしてないの、ただ気持ち悪いのよ。まじ。なんで彼氏には、ちゃんとゴミ箱捨てろと言いますよー。

その人たちって、片付ける人のこと想像できないのかな?そんなの誰が見ても気持ち悪い。気持ち悪くないのは、お前らだけだ。何でゴミ箱捨てられないの??自分ちでは出来るのに、なんか子供みたいなお金だけ持ってる大人が多いと、最近改めて思う。そういうやつらに限って、中国人とは別に部屋散らかすしね。そんなにセク口スしたければ、ラブホ行けや!!逆にラブホ嫌だという人もいるけど、そーいう嫌がらせじみたことをするくらいなら行けよ、迷惑。あと処女なんか知らんけどシーツに血を汚すのも止めろ!!!そんな慣れてなければ、ラブホなり家で慣れてから来いや。お金払えば、何でもしてもいいって勘違いしてる人多くて笑える。。

もともとお客様神様って、全然違う意味なのに勘違いしたバカのせいで、とっくに亡くなったのに、三波春夫さんのホームページ掲載されてるくらいだし。

http://anond.hatelabo.jp/20160821185646

言ってる意味はわかってるつもり

「喜べ!感謝しろ!」って強制させることが教育であり奴隷のためでもあるとかそういうの

それもふまえて「それをマジで嬉々として喜んでる変態ドMマゾ奴隷」がいるとは思わないでしょってこと

ボロ長屋貧困生活してる底辺家族はなにかしら下衆い喜びで満足してるわけで

奴隷のように付き従うことと単純で低賃金労働を楽しみにしてるわけじゃないってことで

これは明らかに私の構文が足りなかったけれども

しかこれを思考した人がいたとしたら

あなたが「マジ本気で虐げられる事自体が大好きな奴隷がいるはずだ」と

思ってる人だと 評価する人がでてこないようにのための後付け


もしあなたが超セレブで飼ってる奴隷どもに教育してきて

「やつら本気で打たれる事によろこんでやがった豚どもが」

と思っているのだとしたら それは相互理解のある関係性ではないという可能性を

否定できないところにあると進言したいけど

どの言葉もとどかなかったら 忘れて

たぶん、根本的に考え方が違うと思う。


人間社会成熟して、科学技術で作られた道具が肉体を凌駕し、マスの心理科学で操れる時代に、必要能力は見極められつつ有ると考える。

基本的に「論理的思考力」と「コミュニケーション能力」と「自制心」の3つが、人間社会必須とされる能力で、異なる文明が有ったとしても変わらないと考えている。

センター試験大学受験は、上記能力を持った者なら容易に突破出来る設定だが、勉強に特化しても突破可能からセンター試験は役に立たないと言われる事になる。

ただし、選別方法としてこれ以上の物を提示出来ないので、まさに「それに代わる明確な測定方法を示しえているわけでもない。」というわけだ。



折しもオリンピックが開催中で、超人たちの祭典を見ているが、彼らの身体能力オリンピックという舞台有ってこそいきる物だ。

戦国時代なら重宝されたかもしれないが、もうそ時代に戻る事は無い。



そして、歴史上の偉人を振り返った時、上記3つの能力の全てか特化したいくつかを持っている事に気付くはずだ。

時代を超えて、人類誕生から必要とされてきた能力に、説明がついたのが今の時代だと考えている。



幕藩体制能力有る者が下級武士に甘んじていた件については、すでに明治政府から改善が始まっている。彼ら自身が、身に沁みて理解していたから。

現代では能力が有ると証明する機会は豊富に用意され、ある意味過剰なほどだ。AO入試世間を騒がせた某塾のような、制度を逆手に取る輩が現れるほどに。



そして最も重要な事なのだが、あなたの指摘通り多様性の確保という観点福祉を行った場合飼い殺しが最適解になる。

さない程度、最低限に与えておけば後はご自由にと。

そこまで割り切る事が俺には出来ないので、3つの能力が劣った者も、多少なりとも普通生活が出来れば良いと考えている。

もちろん、出来る範囲でだが。

http://anond.hatelabo.jp/20160821172148