「ます」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ますとは

2017-01-24

仕事ができない新卒1年目

だいぶぼやかして書きます

昨年春に新卒大手メーカー就職しました。

そろそろ1年が経ちます

私の部署本社から出向してきた若手社員が多く、経験を積んで本社に帰るというのが一般的なのです。

仕事の多くは、コスト削減を考えたり、安全対策をしたり。

そのため、試算をして本社提案したり、設備の改造をしたり、ひとつひとつ仕事が長いし重い。

そんな仕事の進め方がわからなくてとても苦しくて辛い。

自分より年齢も経験も遥かに上の人たちを巻き込んで仕事をしていかなければならない。

そもそもどういう問題なのか?

どうやって人を集めるのか?

こんな資料でいいのか?

打ち合わせ後はどうしたらいいのか?

なにひとつからない。

もちろん先輩は聞けば教えてくれる。

でも忙しそうでいつもイライラしているように見えて話しかけづらい。

聞けばいい、聞けば話は進むのに、聞けない。

そんな私は仕事をやっているふりをして何とか時間を潰している。

何もかも自分が悪いのは分かっている。

そもそもそんなに頭が良くないし、行動力もないし、ミスが怖いし、めんどくさがりだ。

仕事がないときはどうしたらいいのか?

先輩に仕事くださいと聞けばいいのか?

そんなもん自分で考えろ、自分で探せと言われるのが怖い。

やり方や進め方を教えてくれればしっかり仕事をやる自信はある。

でも教えてくださいが言えない。

若いうちから大きな仕事ができると聞いていたが、自分には向いていなかったのかもしれない。

でもやり直すこともできない。

入社してから成長したかもわからない。

次の新入社員になにも教えられる自信がない。

でもやるしかいか明日から頑張ろうと思う。

仕事ありますかって聞いてみようと思う。

ベッドから適当に書いたし推敲もしてないからぐちゃぐちゃだ。

おやすみ

特報

Long ago (遠い昔⏤⏤)

In this Land of Masuda (このマスダの地に⏤⏤)

There was a bloodiest battle nobody's ever seen (かつてない血みどろの戦いがあった)

And they expelled the Intruders (侵略者は追い払われ⏤⏤)

They recovered peace (平和がよみがえった)

They enjoyed lives (彼らは暮らしを楽しみ⏤⏤)

The heroes became history (英雄の名は歴史となり⏤⏤)

The battle went into oblivion (戦いの記憶は失われた)

Until the Intruders are back... (侵入者が⏤⏤)

with more power, more evil, more toughness. (より凶悪となって再来するまで)

And they remembered (奴らは決して⏤⏤)

that the Intruders were alive... (死に絶えてはいなかったのだ)



"Boom!!!"

"Wosho Wosho!!!" (を書を書)
"Kiwo Kiwo!!!" (記を記を)

"Gosh, they're faster than record!" (前より速くなってるぞ!)

"Twenty pages full occupied!" (もう20ページ全滅だ!)

"Tena Kiho Ga" (てな記法が)

"Scroll...scroll...scroll...Shit! Drop it!" (クルクルクル…くそっここもダメだ!)

"Emasu" (えます)

"Mayday, mayday, they're still coming!" (メーデーメーデー、敵が止まらない!)

"Noooooooooo!!!!!"






S P A M


C O M I N G  S O O N

http://anond.hatelabo.jp/20170123041742

あなたの熱意は大変よく伝わりましたが、それはファンとしての熱意ですので今後ともごひいきを賜りますようお願いいたします」なエントリーは実際毎年来るからなあ。

熊谷 俊人さんへ

https://www.facebook.com/toshihito.kumagai/posts/1265747763494729

何十億の人間がいて、それぞれに違いがある時、どういう社会を目指すべきか、というのは自明ではございません。にもかかわらず、あるべき社会像について、簡単に答えを出しすぎていませんか?


もしも人間経済性を追求するならば、各人の属性容姿性別、年齢、出身地国籍資産、職歴、病歴)によって、誰が何をすべきかを決めることで、リスクを最小化し、利益を最大化することになります。実際に、企業採用や、保険クレジットカード等はそういう仕組みと思います。一方で、一切の個体差を無かったことにする社会を目指すのであれば、もはや結婚相手すらもランダム選択しなくてはいけません。経済性(個人利益)と差別区別)はトレードオフ関係です。利益があるから差別をするのです。


また、差別撤廃すると、強者が得をし、弱者が損をするという側面があります。例えば、サッカーという競技で、男女の区別禁止すれば、女性にとっては何ら面白くないでしょう。それはまるで、レスリング柔道ボクシングから階級を取り除くようなものです。差別区別弱者を守るという利点もございます。例えば、海外では、娘と父親が一緒にお風呂に入ってはいけないそうです。子供を守るためのボーダーライン設計重要と思います


暴力犯罪雇用既得権)、貧富の差世代間格差障害者等、平等に関する課題は山積しております。ぜひ、より広い視野で御検討願えればと思います


ちなみに勘ですが、私は以下のように考えています

1)保育士不足は、保育士給料を増やせば解消する。

2)男性保育士看護師になりにくいのは、ニーズがないからであり、一種市場原理であるイケメン美女しかアイドルになっても儲からないのと同じである)。ここに無理やり、何かをするのはGDP減少につながる。

3)保育に税金を投入する理由は、女性社会進出目的であって、GDPは増えないどころか、むしろ減る(そして、 女性社会進出効果があるかも不明)。

4)男性女性適材適所仕事をすることがGDPを最大化し、平等という理念市場原理に逆らうと、GDPが減少する。

5)女性男性労働者では、所得が年100万円程度異なり、この不平等を解消するには女性手当を100万円/年くらい配るのが、GDPを最大化する点で有効であり、逆に無理して女性役員に登用したりするとGDPが減少する。

6)男女に限らず、属性によって経済的な差が生じる場合は、属性間の平均所得資産が同じになるように、税金を配るのがGDPを最大化かつ、経済差を無くす唯一の方法

熊谷千葉市長による男性保育士に関する議論保護者男性保育士

https://togetter.com/li/1073168

まとめを読んだ印象では、市長の考えは非論理的に見えた。そこで、本エントリーでは、市長発言のどこに「論理的問題」かを分析しながら、筆を進めたいと思う。

以下では、市長発言引用表記で示し、それに対する「論理的問題点」を指摘する。

千葉市男性保育士活躍推進プラン策定しました。女性活躍を推進する一方、本来ダイバーシティ多様性)を考えると男性が少ない保育現場などでは男性活躍を推進する必要があります更衣室が無い、女児保護者の「うちの子を着替えさせないで」要望が通ってきた等の課題が背景にあります

「推進する必要がある」と言っているのに、「必要理由」が明記されていない。理由を書かず、「〜べき、〜必要がある」という場合は、何らかの前提が置かれており、それが勝手思い込みだったりする場合があるので、注意が必要

女性なら社会問題になる事案です。保護者とのトラブル回避から性差による不当な対応をしないよう各保育所に指示、4月からの入所申込みにあたっては「市立保育所性別に関わらない保育を実施する」ことを明記しました。質の高い保育、職場環境、両面から見て男性役割を高めていくことは重要です。

男性役割を高めていくことは重要です」と言い切っているが、やはり重要である理由が明記されていない。もしもこれが市長個人的な想いであれば、「重要だと思います」と書いた方が誤解は避けられる。

千葉市男性活躍推進プランに対するご意見を見ても、男性保育士に対する性差別認識せず「差別ではない区別だ」とする人が多くはないもの一定数居ることが分かります女性場合と異なる基準になっていることをご本人も気づかない状況に、男女共同参画の真の理念社会が共有すべきと感じます

まず、自称「真の理念」を他人押し付けはいけない。また、「共有すべき」の理由が明確ではない。

男性保育士女児を世話することに嫌悪感を感じ、区別を求める多くが女性という点が面白いですね。今まで差別不利益を被ってきた多くが女性側であったこともあり、女性側に男性不利益に関してまだ意識が十分でないこと、特に性に関することについては女性側の男性への不信も根強いことも分かります

最後の「分かります」というのは、市長共感できるという意味なのか、それとも、データから科学的な真実がわかった、という意味かが判断できなかった。なお、「面白いですね」というのは、何が面白いのかよくわからず、嘲笑と誤解されないだろうかと思った。

男性教員女生徒性的いたずらをする事案が世間であるからの子ものクラス男性教員にするな」と保護者が言って、その通りにする学校はありませんよね。少数派であるがゆえに保育の現場ではまかり通ってきた実態があります

発言の前半では、「現状=正しい」と勝手仮定しているが、その仮定の正しさは不明である。つまり、保育の現場が正しくて、学校が異常という可能性も考えられる。特に学校の場は、義務教育等の事情によって、競争で淘汰されないのが現状であり、もしも、自由競争であった場合にどうなるかについては、よくわからない。

娘を男性保育士に着替えさせたくないと言う人は、同様に息子を女性保育士に着替えさせるべきではないわけですが、そんな人は見たことがありません。社会考慮するに足る理由無しに性による区別をすることは差別です。女性活躍を進める中だからこそ、真剣日本社会議論し、乗り越えるべき課題です

「同様に・・・べきではない」の根拠がない。

男女に有意差がある可能性も示されていますが、女性保育士10倍以上居ますので発生確率女性が上になります

発生確率定義をせずに使うことに問題がある。

保育士による小児性愛事件という全体から見れば極めて小さな確率の事例において性区別を許容する、それは女性LGBT外国人にも同様なのですね。性差によるリスク不利益蓋然性が高く、人権職業選択侵害しても許容される場合を除いては現代社会では許容されませんよね。

この発言意味がわからない。特に最後は「許容される場合を除いては、・・・許容されません」というトートロジー

その確率は一体率にして何%ですか?気持ちは分かりますが、保育士性的不祥事の発生確率区別を許容すると、肉体的に優位でない職場において女性配置転換されること、犯罪率の高い層(所得国籍等)での区別等が許容されます。ご自身二重基準をご認識下さ

保育士性的不祥事の発生確率区別を許容すると、肉体的に優位でない職場において女性配置転換されること、犯罪率の高い層(所得国籍等)での区別等が許容されます。」について、まったくもって根拠不明である。この発言をわかりやすく言い換えれば、「結婚相手は、物理的制約考慮し、地球上の人とランダムに組み合わせるべきだ」となる。だから区別がまったくない状況は現実的ではなく、どの区別を許容し、どの区別を許容しないか多数決やら、何やらで決める必要があるのだろう。また、大雑把には、利益があるから区別をしているのだから利益区別トレードオフ関係にある。このように、まずはKPIの選定が大事


心配することを否定していません。報道等も含めて心配になることはある程度理解できることです。問題心配によって目の前の保育士区別し、配置転換要求する行為であり、それ以上に保育士業務への理解を求めずトラブル回避から要求を受容する保育所側です。

問題・・・だ」という書き方が問題。指摘の点は社会的問題(というか課題)の一つだが、その一方で、性犯罪等も問題解決したい課題)だろう。そして、複数問題があるにもかかわらず、一つの問題だけに着目すると、視野が狭くなることから、間違いにつながるリスクがある。そこで、一つの問題だけに着目するのではなく、まずは、どんな問題があるのかを把握し、それを分析し、解決法を考案することが大事


男性教員男性医師にも同様に「娘を担当させるな」と言うでしょうか?その職場男性優位か少数であるかの違いで保護者特に女性)は無意識ダブルスタンダード対応をしている現実があります

根拠データがないので、「現実があります」というのは、言い方が強すぎる。


漠然とした懸念レベルで目の前の保育士差別するのは適切ではありません。逆の理由女性担当から外して良いのですね?

漠然とした懸念レベルで目の前の顧客ニーズを切り捨てるのは、適切ではない。なお、「ニーズがあれば、女性担当から外して良いのでは?(何が問題なんだろう?)」という人が一定数いるという認識市長が持てば、本件は解決するのだろう。


男性保育士への理解促進が進めば当然保育士のなり手は増えることになり、その観点から男性保育士活躍推進は必要です。

経済学によれば、給料が増えた場合に限り、保育士のなり手が増える。また、給料が増えるのは供給が減るか、需要が増える場合に限る。このため、消費者の声を無視したビジネス成功するのは難しい。

密室男性保育士けが居るわけではありませんし、子供たちのためにこの道を選んだ男性保育士保護者の一抹の不安のために差別することは許されません。子供を思う気持ち理解しますが、保育所保育士にその旨を言うことは明確に性差別であることはご認識下さい。

「許されない」根拠がない。「明確に性差別である」と断言しているが、根拠がない。親の気持ちや、保育のサービスを受ける子ども気持ち無視して、「俺の正義」を押し付けることは疑問。

きつい言い方をして大変申し訳ありません。「真面目な保育士が居るのも確か」ではなく、一部の例を除いて全ての男性女性保育士が真面目なのです。密室で一人で着替えをさせない(女性も含め)等、当然配慮した中で預かっていきますので、ご理解をお願いします。

「真面目な保育士が居る」のと「一部の例を除いて全ての保育士が真面目」というのは、同じことなので、「「真面目な保育士が居るのも確か」ではなく」という発言は誤り。

では男性保育士が居る保育所では、男児の着替えは女性保育士を外さないといけませんね。ダブルスタンダードダメなんですよ。

これも根拠がない。自分ルール押し付けダメなんじゃなかろうか?

声優が間違ったことをするわけないか

明坂聡美は悪くないことは確定してる。

西野が全て悪い。

と、ちょぼと不倫してそうな男ランキング1位のお笑い芸人が言ってたから、声優が今まで行ってきた正しい行為を書きます



料理本がミリオンセラー

利き水ができる

太陽にほえろ脚本を書いた

タバコ大好きおばあさん

アフレコ遅刻してきた上に、道中で寄り道して買ってきたバッグを自慢する

アルカノイドが上手

実は1も2も作中作

ドラえもんのものまねしまーす、と言って水田わさびモノマネをするふーりんを殴った

​ 生まれてはじめて葬式にいってきた

この間、生まれて初めて葬式に行ってきたのだけど色々初めての新鮮な経験をしたので、思ったところをなんのとりとめもなくつらつらと書き連ねてみたいと思う。

初めての葬式は母方の祖父葬式だった。まあ葬式といってもそんな盛大なものではなくて、近い者たちだけで行う火葬式だった。祖父半年前ほどに末期ガン寿命宣告を受けていて、その死自体には何の驚きもなく、正直「やっとか……」という感じだった。というのも、祖父は数年前からいわゆるボケが始まっていて、祖母やたまに家を訪ねた母ともケンカばかりしていた。そして更にガンを患って入退院を繰り返し、同居して介護していた祖母疲弊しきっていた。素直に死を嘆き悲しむ事ができるような祖父は、はるか記憶の彼方に埋もれていた。そんな状況だったから、なんだかとても薄情に聞こえるかもしれないが、自分にとってはその死の報せで特に悲しむということもなく、「これでやっとみんな楽になるんだな」という感想が一番だった。

そんなわけで、大した感慨とある種の現実味もないまま葬儀当日を迎えた。車で数十分の距離にある市営の小奇麗な火葬場は小高い丘の上にあった。火葬場に着くと早々に祖父の棺が運ばれてきた。自分達は炉の前で「最期のお別れ」をすることとなった。母が用意した白い薔薇と今朝書いたばかりの祖父への手紙を棺に入れた。狭い棺のなかで花に囲まれ祖父はまるでただ眠っているだけで、今にも起き出しそうに見えた。いよいよ炉の扉が開かれ祖父の棺がほの暗いその中へと消えていった。炉の扉が閉ざされて火が入ると付き添っていた僧侶木魚を叩きながら経を唱え始めた。その瞬間、いきなり涙が溢れそうになり必死でこらえた。自分でも何故こうなったかからなかった。ただその場の雰囲気に飲まれたのか、何か自分の奥底に眠っていた感情とやらが溢れたのかもしれない。その後、亡骸を焼ききるには一時間ほどかかるらしく、待合室で数少ない親戚との久々のささやかな会話をしながらその終わりを待っていた。

その間に先程の経を唱えた僧侶が来て祖父戒名説明をしていた。ちなみにこの僧侶へは、式全体のパック料金には含まれないお布施を直接渡すことになっていた。そのお布施の額も決まっていて、値段によって僧侶の人数だのが明確に決められていた。旧来の檀家制度に比べてみればある意味良心的なのかもしれないが、「ビジネスだなぁ……」としみじみ感じてしまった。しか僧侶というのは大したもので、丁寧に戒名の由来を説明する姿や祖母や母の質問相談真摯に答える姿は、金銭の授受によって成立し提供されている一種の「サービスであることを一切感じさせず、その清い心の底から自分達に同情と共感を向けてくれているように思えた。自分はここで初めて本当の意味での宗教存在意義見出したのかもしれない。ミッション系の大学に通っているので、講義宗教必要性重要さ(キリスト教に関わらず)は訥々と説かれていたはずなのだが、懐疑的なところもあった。しかし、渡された戒名を眺めながら言った「これでじいちゃんもきっと向こうで喜んでるね」という祖母のありきたりのようにも思える台詞は、その疑念を実感を伴って払拭するような体験としては十分だった。

そして放送祖父名前が呼ばれ時が来たことを知らせた。その時自分は緊張していた。それはある叔父言葉きっかけだった。「じゃあお前たち、骨を拾うのも初めてってことだな」。それは自分達姉弟が葬儀に出席するのが初めてという話題に端を発し知らせられた衝撃の事実自分にとっては)だった。その時は、骨は焼かれた後は影も形もないほど粉々になり、そのまま骨壷へ収められていくものだと勝手勘違いしていていたので、まさか形が残っている骨を自らの手で拾わなくてはいけないとは夢にも思っていなかった。「あんまり形が残ってたらやだなあ……」などと考えながらいよいよ先程の炉の前に着いた。炉が開き、台車ゆっくりとこちらに向かってくる。その台車の上には軽石のような、なにか鉱石のようにも見える白い物体が載っていた。半ば逸らしていた目を向けよく見てみると、たしかに人の骨格をうっすらと思い起こさせる形をしていた。初めて人骨を目にしたが思ったより衝撃はなかった。二人一組になっていよいよ骨を拾い骨壷に入れる。自分の番になり、姉と一緒に恐る恐る遺骨を長い鉄製の箸でつかみ骨壷に入れた。一斉に骨を離した瞬間、骨壷のなかから乾いた音がした。もちろん骨はいくつもあるので、残りは火葬場の職員が手慣れた手つきで骨壷に収めていく。その時に「こちらは大腿骨です」とか骨の部位をいちいち説明してくるのだが、「そんなん言われても『へえ、これが大腿骨なんだ! 』以外どう思えっちゅうねん」と心のなかでツッコミを入れていたところ、母が「こんなに丈夫そうで、骨格は立派だったんだね」などと言い出し祖母もそれに同調し、「まさかこんな形で故人を偲ぶイベント葬式にあるとは……」と少し興味深く感じてしまった。その後も骨は骨壷に収められ着々と骨壷の中身はかさを増していくのだが、途中で「どう考えても骨が骨壷に収まりきらないぞ……」とその場に居た皆が感づき始めた頃、不意に、「このままでは収まりきらないのでお骨を少し砕きますね」という声がかかった。その刹那、その職員は箸でバリバリと骨を砕き始めた。それはもう容赦なくだった。粉になった遺骨をさらさらと骨壷に収めていくぐらいだろうと考えていた自分にとっては、かなり印象的な光景になった。一緒に骨を入れた姉と終わった後に「あんなにバリバリ砕くとはねえ~」と少し笑いあった。式を終えた帰りの車内で骨壷を抱えながら「お父さんもこんな中に収まっちゃった」という祖母の気が抜けたような言葉には、何とも言えない寂寥の念を感じさせた。

なんだかんだ書いてきたけど、結局人が身近な人の死をどう認識して受け入れていくのか、そのプロセスのために何が必要なのか、とかそういったことが伝統的な儀式の中には組み込まれてるんだな、という当たり前のことを認識させられた。戒名とかそのために何万も金払うのとか無駄だろwとか思ってなくもなかったけど、単なる損得勘定では考えられないこともあるということも分かった。そして終わってみるといろんなことを学んだ気がした。どうでもいいけど遺骨はさらさらの粉になって出てくるって勘違い、小さい子供が魚は切り身で海を泳いでると思う勘違いと似てるなって思った。ほんとにどうでもいいな。おわり。

2017-01-23

http://anond.hatelabo.jp/20170123191325

漫画返してくれないのは、お気持ち

わかります。嫌ですよね。

私の場合ですが、もう、貸さないことにしました。

http://anond.hatelabo.jp/20170123230642

さつま揚げを肴にして飲むのが鉄板

知らなかった、これ、ぜひ試してみます

さつまいもを食べるようにして飲む、ですか

レンチンして塩とか振ってみたら案外いけたりしないかな?

試してみよう

フリーター、いりません

http://anond.hatelabo.jp/20170123041742

採用学歴年齢不問としてますが、とうぜん学歴ますし、年齢も見ます

成果があれば採用しますが、フリーターって大抵、9割以上、成果もないんですよね。

ですので、応募しないでください、端的に言って迷惑です。

募集が誰にでも開かれてるからと言って都合のいいような解釈しないでください。

いらないんですよ、フリーターって。

邪魔なんで、諦めてずっとフリーターしてそのまま入院保険も払えず往生してください。

無能はそれだけで社会迷惑なんですよ。

ぜんぜん違う分野の学問勉強したい

大学化学勉強しています

化学面白いです。どういった反応を起こせば何が生成するのか考えたり、どういった反応がどのくらいのスピードで起きるのか考えたり、生成したものがどのような物質である分析する手法を学んだり、化学物質が生体中でどのような働きをするのか学んだり、工業的に大量生産するにはどうすれば効率よく反応を起こせるのか学んだり・・・化学はとにかく様々な自然科学知識要求される学問だと思います化学という学問は、新しい知識がそのまま視野を広げてくれるような少し特殊学問だと思います

話は変わりますが、去年、気まぐれで簿記勉強しました。簿記という学問は、商取引を厳密に記述するための細かな工夫がたくさんあって、非常にロジカルに作られている学問だと思いました(義務教育で教えても良いくらいだと思います)。特に私は、理系からなのかわかりませんが、工業簿記面白いと感じました。問題を解いていって最終的に製品が完成して、それが売れて、利益が出るという仕訳をやっていると、紙面上の架空取引であっても、なぜか自分ものづくりをしているかのような充実感がありますよね。

最近はと言いますと、教養の科目で考古学講義に出ています講義を聞くまで考古学なんて興味の欠片も無かったのですが、いざ学習してみると非常に興味深い学問だということがわかりました。骨の状態や同時に出土した装飾品などから、その人間の年齢や性別はもちろん、埋葬されたとき状態や、当時の文化まで詳細に考察することが出来るということには驚きました。発掘や考察手法が極めて論理的で大変興味深いのは言うまでもないですが、それ以上に太古の世界ロマンのようなもの理解できた気がします。

・・・・・・・・

いろいろな種類の学問を学ぶことは視野を広げるという点で大変重要なことで、変化し続ける時代を生き抜く上で必要不可欠な・・・といったようなことはどうでも良くて、私は、今まで知らなかったような価値観学問を学ぶことが楽しくて仕方がありません。

しかし、どのような学問面白いのか自分には検討もつきません。次は何を勉強するべきでしょうか?自然科学でも構いませんし、簿記のように資格がとれるような学問である必要もありません。ただ独学で勉強やすものが良いです。アドバイスをいただければと思います

この新宿の片隅で

「ぼく!ぼく!できたよ!」

意識の中の限りになく奥で聞こえる、かすかな声。

徐々にクリアになる視界とサウンドを感じながら、現在の状況を呼び戻す。

スリープ状態から復旧する時のいつもの作業だ。

ああ、俺の義体ジャパニーズボーイだったけ?

視界に流れてきたのは、白髪の主人。

ここの店主だろうか?

見た目だけで「ぼく」呼ばわりなんて、ポリティカル・コレクトネスという言葉を知らないのだろうか?

義体が普及した現代で、見た目だけで中身を決めつけられて話されるのは不愉快しかない。

少しイラつきながらも、状況を整理する。

ああ、そうだった。

トランプタワーから逃げ出して、イーストジャパンに流れ込んだのが災難の始まりだった。

トーホーティを訪れたまでは良かったんだ。

トーホーティと言えばガッジーラの聖地

男なら一度は必ず訪れるべき場所。今は無くともだ。

一帯に広がる未認可の義体ショップ

その多くで扱われるガッジーラの義体

素直にガッジーラの義体にしておけばよかったのだが、その中で一際目を引いた義体があった。

日系で1112歳ぐらいのボーイのフォルムだろうか。

別に俺はショタ趣味があるわけじゃない。

俺の祖国義体実年齢の差には厳しかたから、単なる興味本位だ。

年齢制限がこんなに緩いなんて、さすがジャパンだ。

狂っているとしかいいようがない。

気付けば俺はもうサインをしようとしていた。

イエローシャツを来た義体士が色々と説明しているが、

まだ言語パックのダウンロードが完全でなかった俺には半分も理解できない。

とりあえず理解できたのは燃費が悪いから気を付けろということらしい。

半分も理解できないままサインをして、そのままシモキタクロークに送ってもらったが、これが失敗だった。

トーホーティ義体はガッジーラとウルトラマン以外はロクでもないと聞いていたが、その通りだった。

まさかこの義体あんな罠があったなんて、誰が想像できただろうか?

まったくこの国はクレイジーと言わざるを得ない。


翌日シモキタクローク義体を交換した私は、オダキュウ跡を伝いながら、ネオシンジュクを目指すことにした。

義体の慣らしと散歩を兼ねて、歩いて行こうとしたのだ。

だが、数十分歩いたところで異変に気付く。

何かを猛烈に欲しているのだ。

何だこの欲求は?

ヤサイヤサイヤサイ

ヤサイが瞬時に理解できなかったが、Vegetableだ。

何故だかは分からないが、猛烈に野菜が食べたい。

他にもいくつか欲しているものがあるが、

現在言語パックでは理解できない。

空腹が進むのも感じる。

昨日義体を購入した店にコールしてみる。

イエローの服を着た義体士曰く、この義体燃費が悪いだけでなく、

カネシを切らすと義体と神経構造が強く結びついてしまい、

義体交換ができなくなってしまうらしい。

なんてこったい。

早速教えてもらった音声コマンド入力する。

ニンニクイレマスカ?」

すると、AR領域にカネシが切れるまで時間が表示される。

残り40分少し。

カネシはラーメンジロウというヌードルショップ補給できるらしい。

急いで近隣店舗を探す。

あった、ニューダイタだ。

ガッデム!

休んでやがる。

次に近いのはネオシンジュクか!

俺は走った。走った。

今思えばUberを呼べば良かったのだが、そんなことが思いつかないほど焦っていた。

ようやく店に入った頃には、カネシが切れる直前だった。

時間帯が良かったのか、幸いにも並ばずに入ることができた。

少しでも時間が短縮できるようにカタメをコール

ゆでている間のカネシ切れを防ぐため、スリープモードに移行したわけだ。

どうやらこの義体、ドージンキングが趣味で作らせた特注品らしい。

ショタ趣味ジロリアンだったらしいが、とんでもなくクレイジー野郎だ。

危うくギルティーな生活から抜け出せないところだった。

そう言えばあの義体士、イエローシャツチャイニーズキャラクターが二文字書いてあったけ?

あれは何て読むのだろうか?

この言語パックでは解析できないようだ。

そうして、目の前の白髪の主人と向き合う。

ニンニク入れますか?」

転職活動中にバックれるやつが多すぎる

100人応募が来たら20人くらいバックれ、音信不通になる。

社会人として頭おかしい。バイトじゃないんだからバイトでも人としてどうかと思うけど。

"連絡に気付きませんでした、選考日程忘れてました、他社内定が出ました、理由は言えませんが辞退します、やっぱり今の仕事を続けます"

そんな簡単な連絡くらい、できないのかなあ。

自分本位事なかれ主義他人への関心がない。卑怯だよ〜


そういう心持ちの人は、その要素が次の職場での失敗の要因になるゾ( ^ω^ )

死ね、じゃなくて、勝手に自滅して社会的死ぬことになると思うよ!胸熱( ^ω^ )!

http://anond.hatelabo.jp/20170123205649

転売禁止宣言しているにも関わらず転売していたら、それは立派なマナー違反だと思いますよ。

逆に転売禁止とうたっていないモノに関しては、転売は何の問題も無いと思う。

任天堂戦略の下手さってなんだろうね

switchをかたくなに据え置きハードだと言い張る理由は29980円にしたいからだろう

3DSの教訓としてそうしたのはまぁいい

ただまぁ、建前というか京都的というか性能から考えて、WiiUの後継機を想定していないのは明らかで

だったらFE echosはswitch向けにして準備しとくとか、もっというとポケモンサンムーンswitchにしとくべきだったんじゃないのか

まり3DSもふくめて移行を準備しておく思い切りの良さをするべきだったなと感じる

レガシーな現世代機といつまでもかかわって次世代がおろそかになるパターンを何回やるんだろうね

割り切りの下手さとかそういうのをいつも感じる

wiiUアーキテクチャからリモコンヌンチャクと、なにからなにまで切り捨てられずにこんなことになった

さすがに失敗しすぎてwiiU問答無用の切り捨て移行ができたけど

3DSへの未練から察するに任天堂反省してないんだなと感じる



貧乏性なのかね

もちろん切り捨てなくても十分タイトル用意してますよとかならまだわかるが

それもせずにタイトル不足だとまた叩かれる

何回やるの?

KOMTRAXは最高のIoTと、電子書籍が普及しない理由

いつもお世話になっております

標記の件、ツイッターに流れてきた下記のサイトを見ました。

電子書籍が普及しない理由は、これではないかと思いましたので

確認願います

http://kabumatome.doorblog.jp/archives/65798933.html

どうぞご査収下さい。

お金奴隷解放宣言』そこまで悪いか

まず、私は西野氏のファンじゃないので特に肩入れはしていません。

しろ、氏の作品はまさに商業主義ラッセン彷彿とさせるので好んで鑑賞はしないと思います

ただ、氏の発言の一部(の切り取り)が沢山の方々の逆鱗に触れたようなので、こういう考えかただったんじゃないかな?という別の視点提案をする記事です。




まず、問題URLhttp://lineblog.me/nishino/archives/9256089.html)をどうぞ。

そこまで長くないのでサッと読めるはずです。

どうですか?この気取った文章。なんだかムカつきますね〜。



>「お金が無い人には見せませーん」ってナンダ

>糞ダセー。



ここが特にみんなの堪忍袋の緒専用カッターとなっているようですね。



最初からいきましょう。

西野氏が2000円で絵本えんとつ町のプペル』を販売してしばらく経った頃、小学生に高くて買えんわと意見を貰ったらしいところから本題ですね。

確かに、2000円は小学生にとってはお高めの値段設定。

そのお金遊戯王カード10パック以上買えますからね。

そこで氏はこう思うわけです。



>《自分は『えんとつ町のプペル』を子供にも届けたいのに、たった「お金」という理由で、受けとりたくても受けとれない子がいる。》



せやな



>双方が求めているのに、『お金』なんかに「ちょっと待った!」をかけられているのです。

お金を持っている人は見ることができて、

お金を持っていない人は見ることができない。



うーん?「ちょっと待った!」はこっちがかけたいもんですがもう少し。



>「なんで、人間幸せになる為に発明した『お金』に、支配され、格差が生まれてんの?」

と思いました。

>そして、『お金』にペースを握られていることが当たり前になっていることに猛烈な気持ち悪さを覚えました。

>「お金が無い人には見せませーん」ってナンダ

>糞ダセー。



あ、ダメだこの人。自分が伝えたいことを伝える能力が完全に欠如してる。

西野氏は言わずもがな芸人炎上代名詞です。

その理由の大きなところがこの引用した文章からハッキリと見えますね。



>……いや、モノによっては、そういうモノがあってもいいのかもしれません(←ここ大事ニュースになると切り取られる部分ね)。



この一文もなんだかハッキリせず、微妙な印象。

噛み砕かず要約するとこう。



お金なんかより大切なことがある!」



うーん。チープ。

お金労働の対価の一つで、生活必要不可欠、そして評価基準です。

お金なんか」と簡単蔑ろにしていい訳はありません。

しかし、これは西野目線なのです。そう思えば彼の考えるところが伝わりやすくなります



クリエイター生産者生活がかかってるから無料にできないよ〜」



これは至極当たり前で、西野氏も(言いかたが悪すぎてそう読めるだけで直接)ダサいとは言ってませんね。

そこが、



>……いや、モノによっては、そういうモノがあってもいいのかもしれません(←ここ大事ニュースになると切り取られる部分ね)。



ここから読み取れるはずです。



西野氏は、お金持ってます本業芸人です。しかも売れてます。そして、絵本からすれば外様です。絵本がなくても生活できます

そんな氏が、「小供にも届けたい」絵本を出して、お金がなくて子供が買えない!と訴えを目の当たりにしたわけです。

からすると、生活もかかってないのに「お金が無い人には、見せませーん」はこの上なくダサく見えるんでしょう。自分が。

まり、これは西野氏が西野氏に対する発言ではないか叱咤激励なのでは?

私にはそう読めました。



ここからお金奴隷解放宣言」まで妙に長いので要約。



お金じゃなくて、恩で回る人生があっても良いのでは?本ならそれができる可能性がある。この本を無料化してお金は貰えなくなるけどみんなに読んでほしいからやるで!お金奴隷解放宣言や!」



うーん、西野さん。それつまり投げ銭や。

「恩で回る」というのは、消費側が生産側に対して自分の払いたい価値を払うということだよね?



>それに、「西野君、こないだはありがとね」と夜ご飯ぐらいご馳走してもらえるんじゃねぇかな、と思っています



夜ご飯をご馳走するのだってお金や労力はかかるはず。

結局、氏が言いたいことは『お金だけ』の社会否定であって、『対価』の否定ではないんですね。

まりこれは投げ銭制です。

西野さんアンタけっこうかっこいいよ。労力かかってるもの相手に委ねるっていうのはお金持ってても中々できないことだと思います。超口下手で誤解させまくってるけど。

あとできれば2000円という選択肢だけじゃなくて、サイト自分で値段を決めて支払えたら便利だしもっといいと思いました。


>…てなワケで俺は無料にするけど、その代わり他のクリエイターに「西野はタダにしたんだからおまえもしろ」なんて絶対言っちゃダメよ。



絶対言っちゃダメよ。

http://anond.hatelabo.jp/20170123191537

あの物語の中で、「えんとつ町」というのはむしろ「狭い世界」です。

言葉遊びはしなくていい

狭い世界で大きい面ができているのならともかく、主人公二人は迫害されるマイノリティ



少ないページ数だからこそ、同じような絵柄のページが続くのがもったいないと思います

おまえがそういう感想を抱いたのは結構だが、それが絵本として致命的かどうかという根拠には全くなっていない



作品には描かれていないことでも、作品周辺情報(作者の考えや制作過程など)をもとに作品を読み解くのは、いたって普通批評方法ですよ。ご存知ないですか?

勿論、「君の名は」を見て「監督高校時代楽しい恋愛をしたことがない」と喝破するのも一つの評論

が、あくま評論であって「正しい読解」ではないことには要注意な

いったいどうやったらこれ読んでご存じないとか思うんだろう



君の名は。」に対する「監督高校時代楽しい恋愛をしたことがない」の解釈が駄目なのは、それは事実と反するからです。

何を根拠事実と反するって言ってるんだ?

ソース出せよw



「ルビッチ西野氏」と読み解いた根拠は、私は二つの事実」(作者の好む服装煙突掃除夫の制服)を挙げています

もし、それが私の読み違いだというのなら、その根拠提示してください。

お前は勝手自分見立てた「主人公西野」という前提に、あろうことかさらに「自分の実力以上に、上から目線物言いをするから西野は叩かれる」というもはや絵本と完全に関係が無い「自分主観」のみの評価を重ねて、作品否定してしまっている

主人公西野という見立てまではいいよ

ちゃんと根拠がある

作品しか見ない読者にとっては知ったことではない見立てだがなw つまり作品単体への評価にはなんの影響も無い)

自分の実力以上に、上から目線物言いをするから西野は叩かれる」

これはなんだ?

根拠無いんですけど

まさかオリラジ中田という個人見解根拠なのか?w

中田発言が完全に正しい絶対神かなにか?w

西野専門の研究者ですらないよな



作中で主人公二人はだいそれた発言などしていない

ただ臭くて汚いか迫害されている

主人公が姿形だけでなく言動まで西野のものだったら自己正当化の謗りを認めてもいいが、問題のある言動を何もしていないキャラを捕まえて「こいつは見た目が西野に似ているから本当は不潔さでなく言動によって叩かれているはず(この時点で支離滅裂)。よって夢をかなえるのもおかしい」

なんて、作品現実がぐちゃぐちゃに混ざってる評論ゴミしか言いようが無いな

anond:20170123184929

作者が叩かれていることは、もちろん留意しています

そのこと自体作品の主要テーマの一つになっているからです。


でも、私のこの作品に対する批評は、作者に対する世間風向きがどうであれ、変わることはありません。


作者や作品に対する評判が悪くても、私が良いと思ったらそのように書くし、

作者や作品に対する評判が良くても、私が悪いと思ったらそのように書きます


当たり前でしょう?

anond:20170123184949

作業量」と「作品の質」は、本質的には関係ないと思います

1ヶ月で創り上げた傑作もあれば、5年がかりで作った駄作もあります

http://anond.hatelabo.jp/20170123191325

メンヘラと関わると人生がクソになります

今回の漫画はそのための授業料だと思ってあきらめましょう

漫画一冊のためにメンヘラとの関係を拗らせてあなたが刺されるよりはマシです

メンヘラと関わると人生がクソになることを胸に刻み二度とメンヘラと関わらないようにしましょう

anond:20170123154315

世界に対する人間の小ささを表現しているとも解釈

あの物語の中で、「えんとつ町」というのはむしろ「狭い世界」です。

井の中の蛙」の「井戸」と同じです。

から、その解釈は難しいと思います


絵本程度のページ数で飽きてくる

このわずかなページ数の本を読むのがつらくなってくる、ということではなくて、

少ないページ数だからこそ、同じような絵柄のページが続くのがもったいないと思います


作品内で描かれていないもの根拠作品を評している

作品には描かれていないことでも、作品周辺情報(作者の考えや制作過程など)をもとに作品を読み解くのは、いたって普通批評方法ですよ。ご存知ないですか?


君の名は。」に対する「監督高校時代楽しい恋愛をしたことがない」の解釈が駄目なのは、それは事実と反するからです。


「ルビッチ西野氏」と読み解いた根拠は、私は二つの事実」(作者の好む服装煙突掃除夫の制服)を挙げています

もし、それが私の読み違いだというのなら、その根拠提示してください。

そして、ルビッチはどのような人物なのか、あなた解釈を示してください。


それもなしに私の評に対する評をしても、ただの難癖でしかなく、私の評は何らダメージを受けていません。


念のために言っておきますが、この物語に対する私の批評は、「私の解釈」の域をまだ出ていません。

ただし、あとがきで述べているような「作者自身の言説」、上記に挙げたような二つの客観的事実などを根拠に、批評を組み立てています

「私の好み」や「私の主観」を元に論じていません。


「私の批評絶対正しい」などという自信があるわけではありませんが、

少なくともあなたから反論は、私の解釈に対する反証に全くなっていません。

増田太字とか下線とか付けてるやつ見ると、なんかもう、ゾワゾワする

匿名日記なのに「自分文章のここが重要ですよ、読む価値がありますよ」って主張してる感じ、とても気持ち悪い

anond:20170123184453

出資者名前は、作品にとって何の価値もない情報だと思います

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん