「容姿」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 容姿とは

2016-08-27

容姿を求めても女は怒らないのはなぜ

結局おっぱいの大きい方、可愛い方!と言ってもスルーだよな。

VRよりも風俗美容整形に期待する

VRが凄いとかいう輩がうじゃうじゃいる。

もはやVRをやっている人間の一部は先鋭化して宗教じみている。

VRが大したことがないというと怒り出すのが特徴だ。

そして、それ以外の輩は大したことがない技術であるVRを使ってどうやって上手く金を集めようかと考えている気がしてならない。

まぁ、物事体験してから批判するのが自分セオリーなのでコンシューマー向けVR機器体験会に2つ参加した。

正直、モニター付きゴーグルである

大したことはないと痛感している。

自分が期待していたのは、容姿が醜い者でも体験できないことを体験できるなどといったことだったが正直できそうにない。

エロ目的流行るだとワーワー騒ぐ人がいるが、最初からエロ目的で騒いでいるのは落ち目な気がしてならない。

エロというのは結局はサブだと思っている。

主流の便利な使い方があって、初めてサブのエロが生きるのだ。

ウェブだって文章のやり取りが便利だとかいう前提がある。

最初からVRはエロだとか騒ぐのは、個人的には大したことがないと叫んでいるに等しい行為だと感じてならない。

そして所詮は柔らかさや体温は感じないかセックスが出来ない人間に、出来る人間と等しい体験を与えることは出来ない。

某有名ラノベ小説レベルまでにならないと意味がない。

変にVRに期待するなら、ソープランドオンラインかい題名でVRラノベでも書いたほうがマシではないかと言いたい。

持病の治療薬で酷いニキビ跡が大きな汚い顔にへばりついている自分美容整形を期待したほうがいいのかもしれない。

VRというものは、薬の副作用で顔が血や脂な吹き出物だらけで腫れ上がっていた自分に夢を見せないのだから

貯金は70万円までになった。整形しよう。

ただ、整形でも深い大量のニキビ跡赤身を帯びた脂ぎったどす黒い皮膚や酷いクセ毛や大きな顔はどうにもならないのだろう。

実家がそこそこ高級なマンション移転したが、見てくれのいい女をマンション内で見ると嫉妬で苦しくなる。

容姿がよくなりたい。

2016-08-26

http://anond.hatelabo.jp/20160710081423

男女逆のケースが「良くある」というレスに恐れおののく。増田の多くがそんなブラック職場に努めているとは。

ほんとに、(おそらく容姿にさほど恵まれない)非モテ女性が、飲み会恋愛トークになったとして周囲の男からよってたかって吊し上げとか、

そのうち「お前みたいのが犯罪者になるんだろ!ヤンデレ地雷女警察突き出すぞ!」って言われ出すとか

そんな精神年齢小学校低学年みたいな職場が「よくある」んだ……。



東京怖すぎンゴ。

http://anond.hatelabo.jp/20160821140328

自分がそう見えているってことが他の人にもそう見えていて遍くそうだと思える神経がおかしいよね

その赤だと思ってるものが黄土色だったらどうなのよ

そういう無神経さと自分世界との差を世界側が埋めて来いよって傲慢さがうざいんじゃない?

君はファンタジーもの人外容姿がでてくる意味とかわかんないんでしょう

赤だとおもっているものだどれだけ人と同じ赤にみえいるか説明してもらいたいものだわ

結婚相談所に行ったら高望み女が現実と違った

まず説明を受けた。

東京ではとにかく子供を預けられ無いので、最初から共働き出来るのは運の良い夫婦とのこと。



男性結婚できない高望なのは予想通り低年収

だが女性が違った。

専業主婦狙いの金持ち好き女かと思ったら逆らしい。

実際は仕事をずっと続けたいと思っている、仕事以外で良いところの無い女。



まり東京23区では待機児童になること必須なので子供を生んだら仕事は出来ない。

仕事をしない状況でも選ばれる女性がすぐに結婚出来るらしい。

料理が得意、容姿が綺麗、高コミュ



東京での結婚はいよいよ金持ち特権になってきたな。

段々前時代結婚条件に戻ってきた?

2016-08-24

日本マスコミ強姦被害者を何だと思ってるの?

高畑容疑者強姦致傷40代女性スタイルいい美人

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160824-00000018-nksports-ent

日刊スポーツ 8月24日 7時51分配信

テレビホテル常連客にインタビュー

「(被害女性について)ぱっと聞いてあの人のことだとわかった。街中でであったら振り返るくらいに美人

年齢や容姿を不美を晒しホテルにまで直撃して被害者のことを聞くとか何でこんなことするのか恐怖だ。

犯罪窃盗なら年齢や容姿がどうとか聞かないんだから性犯罪被害者のこういった情報を聞くこと自体性的意図しか感じないんだけど。

2016-08-23

会社の明るい化け物

・生まれつきの容姿はまあまあ良いほう。40人学級のうち上位15人には確実に入る

MARCH以上

首都圏中高一貫校出身

首都圏郊外実家があり、大学職場実家通い

・目がキラキラ、肌のキメが細かくてきれい

髪型がいつもキマっている

清潔感があり、人を不快にさせる所作が無い。「育ちが良い」という印象

服装シンプルでこなれている。高い服を買っているのではなく、センスを磨くために

 服代と時間を費やしてきたのだと思う。組み合わせもフィッティングも上手い。洗練されている

・「人間関係による精神的つらさ」の話題がやたら好き。その割に暗い雰囲気は無い

映画恋人友達を誘う。誘われたい。一人で映画を見るのは残念なことという認識

恋人と長続きしない。三カ月で別れるのが普通。別れても病んだりはしない

体育会系ではない。かといって蔑視されがちなオタクが集まる系文化部でもない。

 弱い吹奏楽部、弱いテニス部などで、スクールカーストと苦労のコスパを追及してきた

自己紹介が好き。笑いを取るのも好き。注目を集めるのが好き

業務中の私語が盛り上がって、盛り上がりが終わって仕事に戻ろうとしたとき

 テンションをあげて喋り続けて盛り上がりを終わらせないように引っ張ろうとする

ちょっとした笑いを取るのが得意。男性場合、妙にゲイネタが好き。

会社学生時代の仲間の話をしたり、スポーツサークルの仲間の話をしたり、別コミュニティの話をするのが好き

職場ミスをして、怒られても繰り返す。怒られたことにへこんでいる様子が無い

企画をたくさん出す。出すが自分で進める気は無い。自分で出した意見もよく忘れている

自分で言ったことをよく忘れる。なんでも忘れる

新人だけど部長クラス以上へのウケがいい意見を言う。高い視野っていうか。俯瞰っていうか

・初対面は圧倒的好印象。面接にもかなり強いと思う。一緒に仕事をすると好感度が下がる

自分で調べない。手を動かさない。聞く、調べてもらう、やってもらう。

 人の時間を好きなだけ自分のために使わせることを当然の権利と思っている

・語彙は一般的社会人レベルだけど、天真爛漫というか、小さい子供のような明るさがある。

 中二病的な自意識過剰さ、卑屈さなどは全く無い

・せっかち。フィードバックの遅さに少しも耐えられない。

 「この案件は重いかフィードバックが遅くても仕方ない」ということが理解できない

・「かしこまりました!」「承知しました!」と明るく言って、指示どおりにしない、納期も守らない

自分ミスの尻拭いを同僚にやらせながら、友達と遊ぶために有休は予定通り取る

・人に尻拭いさせて友達遊んだのが楽しかった話を会社でする

 

赤ちゃんの亜種と思うと愛らしいが、給与をもらっている社会人と思うとぶっ殺したくなる。

圧倒的自己肯定感と、圧倒的自己顕示欲と、底抜けの明るさ。新種の化け物だと感じる。

2016-08-22

恋していることの絶望

私には恋人がいる。

彼は優しくて、頭が良くて、面白くて機知に富んでいて、容姿も素敵で、美しい人。周りにいるすべての人間から尊敬されている、素晴らしい人。

最初は彼からアプローチされて付き合い始めたが、今では私のほうが彼に対して執着している。

好きすぎて苦しいのだ。「このままずっと一緒にいたい、ずっと好きでいてほしい」という気持ちと、「このままこの人に囚われていたら自分ダメになる気がする、解放されたい」という気持ちの両方が存在する。

彼と一緒にいる時が全てだと思ってしまうのだ。彼と別れてしまったら、彼からもう好いてもらえなくなったら、それは私の世界の終わりを意味する。

こんなに好きになってしまうなんて思わなかった。「この人を失いたくない」と涙を流して切望してしまうほど、誰かを好きになってしまうことが、私にとっては恐怖だった。

好きって絶望だと思う。私は彼という、家族でもない一人の他人にとらわれている。それは絶望だと思う。

自分には合わなかった」で済ませられる美徳

これが理解できない人が多すぎるようにみえからネットは醜悪だ。

作品Aを貶す人が作品Bを絶賛していたのを見て、

作品Bなんてクソ作品評価する時点で味音痴」みたいなマウントをする人。

うそれは、作品Aを貶す人と表裏一体、同じ穴のムジナだ。

好き嫌いや美醜の感覚は、正しいとか間違いではない。絶対的評価はない。

そこに多数派少数派という概念が加わっても、一方が正しくなったりはしない。

何かを好ましく受け取る感性は、その人がそれを好ましく思える生き方をしてきた故だ。

その生き方あなた人生とは違うし、想像が及ぶものではない。

からそこで、多様性尊重してデフォルトで敬意を払わなければならない。

それが出来ない人は、おそらくこういう話を無意識矮小化しているのだろう。

生き方の違いは、たんなる「個性の違い」で理解される範囲にとどまらない。

年齢の違い、性別の違い、経済環境の違い、容姿など体質的素地の違い、

特定学問の習熟や分野への理解の違い、

それから来る、特定ジャンルに対する問題意識の高さの違いなど、多岐にわたる。

また、いか日本単一民族国家であれ、いまや

個々の文化的コンテキストはてんでバラバラだ。

それぞれが複雑に差異を抱え、感性を異にしながら人生を紡ぎ上げていく。

その過程で、あるとき作品出会うべくして「出会う」。

その時それは自分にとって「刺さる」作品になる。

もし、それが少年誌系のオモチャ漫画だったりすれば

ぱっと見「刺さる」層――セグメントが他者から見ても分かりやすい。

けれど今の時代映像芸術特に、セグメントがわかりづらくなっている。

しろ、作り手の側も、わざとセグメントを複雑怪奇に設定する。

子ども向けアニメには大人や親を虜にする仕掛けがあり、

幼稚に思われがちなアイドル特撮もの社会派意識高いテーマ内包する。

そして尖った作りを受け止めてもらえる人を探るような野心作がヒットする傾向がある。

から自分には合わない」「思っていたのと違う」作品を鑑賞する機会も多くなっている。

そういう出会いを楽しんで、自分に合わなかった要素を

自分の側が足りなかったんだ」と謙虚に捉え、貪欲に

「楽しむための作法」を吸収していける人ならばなにも不幸はないだろう。

一方で、そうでない人もたくさんいる。

けれども、本稿で述べてきたことに想像が及ぶなら、

安易作品批判自戒しないといけないと分かるはずだ。

そして、次のことも同時に分かるはずだ。

 どんなものであれ作品を貶す言葉は、

 異なる価値観人間、ひいては

 他人人生すら否定することに繋がりかねない。

 その言葉の「重さ」に無自覚であってはならない。

さもなくば、安易作品を「取るに足らないもの」と捉えてしまう。

それは、クリエーターに対してだけでなく、すべての他人に対して「侮る」姿勢だ。

そうやって自分価値観の枠を狭いままで固めていく。

その対価として、小さな自尊心を満たしている――

そんなサイクルに陥っている人が、周囲に当たり前にいる。

そういう状況が、あまりにもネット上で普通になりすぎているのではないか

 

ネットで見られるのは「批評」という皮をかぶせた「作品侮蔑」ばかりだ。

作品評価するには、作品理解しないといけない。

作品理解するには、まず表現者思想に寄り添わないといけない。

なぜなら、作品を出すことは、とりもなおさず思想表現であるからだ。

思想というのが堅苦しく感じるなら、美意識価値観と思ってもいい。

そんな大層なものが込められていなさそうな、フェチの塊みたいな

娯楽作品であっても、そのフェチの詰め込み方などに表現者思想が表れる。

そういうものにまずは理解を示してみる姿勢がなければ、よさを感じ取れるはずがない。

それだけではなく、

表現技術価値制作背景、時代背景なども織り込まないといけない。

映像作品さら特有圧縮のされ方をするので、

視聴者は脳をしぼって意図を汲み取る努力をしなきゃいけない。

莫大なエネルギーと解読時間必要なのが「批評」という作業であるので、

「ふつーに面白さが分からなかった、繋がりが変、あの描写は変」

みたいなレベルの表面的な感想を目にしたときは、

読み手に基礎がない状態であることを疑わなければならない。

それでも、仮に自分がそんなレベルだと自覚していたとしても、

自分ネガティブな受け取り方をネットに排泄したくて仕方ない人がいる。

あるいは、断固として自覚はせず、マウントマウントを重ねて、

作品が好きだからこそ叩く」とか理由をつけて、作品に寄り添う気すらない

「オレ好みの『正しい』展開」的なものを主張し続ける人もいる。

そういった、他人の作ったものに乗っかって文句を言うような人のために

ネットがあるのだろうか?

そんな感情は胸にしまうまでもなく、

スッと「自分には合わなかった」で済まして去ってしまえば、

負の感情連鎖に次々と人が囚われる現象は生まれないのに?

ネットネガティブワードを吐くことをやめられない人は、

ネットのことを勘違いしている。

今のネットは、もう「便所」ではない。

今のネットは、もはやリアルよりも暴言失言が指弾される場だ。

実名肩書き付きでの書き込みは言うまでもなく、

匿名からといって、浅慮な軽口が許容されるわけではない。

ネットで言うこと自体自由だが、

それならまだログの残らないリアルで友人相手に暴論かました方がいい。

そしてネットでは逆に、良識者でいるのが賢い。

ネットからこそ高潔でいられる人の方が、

この先人気をあつめるだろうと思う。

というよりも既に、人気のYoutuberなどを見ると、彼らは例外なく

表面上ははっちゃけているもの

ネガティブ感情を生むような物言いは華麗に巧妙に避けている。大人である

こういうネットディストピアだと思う人もいるかもしれないが、

今のところは、順当な変化だと感じている。

2016-08-21

生きる意味がわからない

頼れる人がいない、夜も寝れない、性格容姿も優れていない、特別に優れた能力もなく、カビゴンみてーにだらけることばかり。

なんで生きているのかわからない。私よりもっと生きるべきなのに死んでいく人だっているのに。

死んで迷惑をかける人がいる以上は死ねないんだけど、どうすればいいのかわからない。

2016-08-20

女性に対する二大差別のうちの一つが年齢差別だというのに(もう一つは容姿差別。若くてもブスは被差別者)、

女子中高生未成年だというだけの理由で無条件に特別扱いするフェミニストの人々がいるのが信じられないのです

からの母への言葉暴力が見てて耐えられない

父は身体障害があり、何をするにも介助が必要だ。

そこで母や私やほかの家族が介助して生活しているのだが、障害を持ってから言葉暴力が酷くなってきた。

元々冗談めいた悪口(男尊女卑とか、クレーマーいたこととか、老害こじらせた感じ)はよく聞いていたが、最近は母への言葉暴力がひどい。

容姿を貶したり、結婚したくなかったとか、母の家族に対する批判とかが酷い。

母は「もう慣れたし、頭がおかしい人だと思えば気にならない」とは言ってはいるが

子供としては気持ちの良いものではない。

暴言に対して私が注意すると「気に入らないなら、相模原犯人みたいに俺を殺せばいい」と逆上する。

母は私が生まれる前から父方の家族から暴言を吐かれていて、

から何度か離婚を考えたことが何度かあるが、私や兄弟のことを考えて離婚せず、30年以上我慢してきた。

から離婚してほしい気もするが、母からすると、離婚したら父の面倒を見る人間がいなくなるのを懸念している。

(こんな性格なので友達ほとんどいない)

そんな感じで離婚する気はさらさらないようだ。

感情論で言うと、父には申し訳ないが

産んでくれたこと以外にあまり感謝することがない。飲み歩いたりパチンコ行ったりで、面倒を見てくれたのは少ない時間だったから。

ほとんど母や兄弟に世話をしてもらった。

自営業から社会に出たこともなく、常識がないか人間としても尊敬できないし本当に申し訳ないが

父がいなければ、母や私達家族がどれだけ気楽な人生を送れるのかなどと考え込んでしまっている。

だけれど現実問題、母は離婚する気はないようだし、殺せるわけがないので

どうにか暴言を止めてもらえる方法がないか、それだけでもどうにかしたい。

かい方法はないでしょうか。

本気で悩んでいます

[]よくある質問

真面目に答えず、出来る限り嘘と虚構を織り交ぜて答えていきたい。

Q.「京都ゴミ大学」って何ですか。

とあるエントリの内容に書かれたワードが由来らしい。

それの印象が強かったのか、このサイトエントリで内容に何らかの共通点があった場合テーマ大学でなくても「京都ゴミ大学」というタグはてブでつけられるようになった。

語られるテーマは様々だが、現代社会に対する絶望感を抱いていたり、筆者の鬱屈としたコンプレックスがあるのが特徴だ(挙げられるコンプレックス容姿が多い模様)。

文体は常体が主のようだな。

現在形骸化が著しく、「どんなテーマでも、無理やりコンプレックスの話をねじ込むネタ」という扱いが成されていることが多い。

最近は「ネタという前提でもクドい」と認識されている向きもあるようだが。

京都ゴミ大学」というタグを誰がつけたかまで調べようと思ったが、どうもキナ臭かったので、回答はここまでで勘弁してくれ。




Q.「角度とか」って何ですか。

元ネタ2chレスらしい。

主に「様々なものは考えて作られている一例」として、ネタ的な意味合いで「角度」が挙げられているようだ。

このサイトとかでは、「物事多角的に見てみよう」という意味合いで使われることもあるな。

主に何らかのエントリに対してトラバで、初めに「(元増田)は○○って知ってる?」と書き、その後○○について薀蓄を傾ける。

そして、その元エントリの内容と結びつけて独自解釈をし、説教っぽい語りをした後に「角度とか」で締めくくられる(尤もらしい解釈説教もあるが、あくまネタとしての範疇で、だ)。

文体特に決まっておらず、筆者や気分によっても変わるようだ。

もちろん、従来の元ネタ通りの用法で使われることも多い。

まあ、このサイトですら「角度とか」で検索すればいくらでもサンプルは出てくるから、私とかに質問するよりも遥かに参考になると思うぞ。

医学的に彼女の作り方考えてみた

 最近は、恋愛工学ってのが増田で話にでる。

 女に出会いまくる(ナンパ街コン)→5分くらい話したりお茶する→連絡先交換→アポイントとって飯に誘う→飯で酒入れて手を握るなり肩を組む(どこまでOKかのチェック)→手を握って歩く→キスする→連れ込んむ→セックス

 こういう風に各流れを分解して、それぞれのテクニックを磨きましょうっていう奴だ。セックスさえすれば女はなし崩し的に男を好きになるから(いわゆるフィルターがかかってイケメンに見えてくるってやつ)、セックスしなきゃ付き合うこともできないってのが論理根底にある。

  

 しかし、俺はこれをやれなかった。ナンパ100人くらいしたが、お茶できたの1回、そもそも連絡先交換は1人も成功しなかった。

 なぜか?俺がチビデブ不細工からだ。

 高身長がやれば成功するかもしれない。チビでもイケメンならいけるかもしれない。

 しかし、俺はAVで出てくるモブくらいの不細工。つまりリアルでは女と関われないかAV男優やってみました的な立ち居地の男達と同じくらいの容姿ということ。

 流石にプロキモメンで売ってる男優ほどではないが、チビということも入れると相当無理ゲー

  

 じゃあ、俺には彼女ができないのか?

 そんなこと無いだろう。よく言う話だが、かなりの不細工でも1000分の1くらいは可能性があるわけだ。

 俺も、道を歩いていて、明らかに不細工を見つけても、「じゃあそいつ絶対彼女いないといいきれるか?」と言われたらたいてい難しい。

 もうよっぽどホームレスで明らかだったり、言葉は悪いが完全に見た目で分かる障害者とかでないと、「おそらくいない」とは言えない。

 相当な不細工コミュ障のおじさんでも普通に左手の薬指に指輪してたりするのは良くみる。

  

 そう、俺に足りないのは、『クライテリア評価基準)』じゃないかと思った。

 医学的には、「これはこの病気じゃないか検査してみようかな?」って迷ったら、『クライテリア』を出す。

 「咳が出ている→+1点、涙が出ている→+1点、耳が痛いらしい→+1点」みたいな感じで、点数を出して、「0点なら確率5%以下、1点なら確率20%、2点なら確率50%」とかが出て、じゃあ1点以上なら検査してみましょうね~とかだ。

 これを彼女作りに当てはめてみよう。

  

収入 → 800以上は+3点、500以上で+2点、300以上は+1点、0は-1点

顔 → イケメンは+5点、フツメンは+1点、ブサメンは-3点

身長 → 180以上は+5点、170以上は+3点、165以上は-1点、165以下は-5点

BMI身長体重割合) → 22以下は+5点、25~22は+2点、25~30は-3点

ファッション → 清潔感あれば+3点、普通なら+1点、不潔なら-3点

髪型 → 似合ってれば+3点、普通なら+0点、乱れてるなら-3点、不潔なら-5点

コミュ力 → 他人に話させられれば+5点、会話をつなげるなら+2点、微妙なら-1点、ダメなら-3点

人望 → ラインが1日10件以上+8点、ラインが1日3件以上+3点、ライン1日無し-3点

社会的地位 → エライ人なら+5点、普通なら+2点、底辺なら-3点

  

42点~-29点までの点数がつく。

このあとが大事だ。

  

42点~30点 → 顔面偏差値 70↑の美女彼女作れる(100人声かけて1人彼女作れる程度)、顔面偏差値60↑の女をセフレにできる(100人声かけて1人セフレにできる程度)

29点~10点 → 顔面偏差値70↑の女は無理(1000人声をかけても無理レベル)、顔面偏差値 60↑の女と彼女なれる、顔面偏差値50↑の女をセフレにできる

9~0点 → 顔面偏差値60↑は無理、顔面偏差値50↑の女と彼女なれる、顔面偏差値45↑の女をセフレにできる

-1~-10点 → 顔面偏差値50↑は無理、顔面偏差値40↑の女と彼女なれる

-11~-29点 → 不可。

  

まあ、テキトウだが、こういう感じの『クライテリア』を作るとする。(適当自分でやってみたら、-5点だった。身長が161しか無いしブサメンからマックスでも+24か)

さらに、顔面偏差値ごとの女をスライドショー形式(あるいは芸能人の顔を1偏差値10人くらいの密度で並べてもいい)にする。

これで、ある程度自分アタックして効果がある女を自覚することができ、ムダに気負う必要がなくなる。

「俺はこのレベルの女に話していけば、100分の1でも効率よくアタックできる。頑張ろう」と合理的に思える。

「俺は今-5点くらいの男だけど、頑張って0点くらいまで点数上げていこう、5点分だけ頑張ろう」と思える

  

こういう感じで、モチベーション確率を出すことが大事じゃないかな。

あと、都市ごとのレベルを作るとか。

たとえば、渋谷では+10点以上じゃないと声かけしても意味無いよとか。

そういう感じでスタディー(論文作るとき調査報告)を増やしていけば、ある程度モチベーションになるんじゃなかろうか。

2016-08-19

腐向けアニメ美少女然の男の子出すの止めて!

ツキウタの涙きゅんとかB-PROJECTの竜持きゅんとかこの辺ホント止めて!

シコキャラなのに普通に上半身裸になったら興奮しなくなるじゃん。

せめて中身は女の子に見える男の子って体を守って!

女の子容姿で中身男って分かる様な事ホント止めて(切実)

あと、明らかに女の子の格好させて女の子女の子させといて後で男の子でした残念!ってやるのも止めて。

シコりたい気持ち萎え萎えになるんだよ。

マジで止めてよね!

専業主婦自由暮らしてると嫉妬を受ける。

なんで、想像する全てを持ち合わせて偉そうにしてると思われるんだろう。

大きな望みを持たないように自分矯正たから満足してる様に見えるだけなのに。

なんとなく選ばれて、逆らわず役割果たしている間だけ与えられる特権で、

いつ不要になって捨てられるかわからないのにね。

仕事はしてもいいけど、それより家で自分の帰りを待っててほしいって希望があるから

能力を伸ばす機会も手放したのに。

仕事社会に認められて、

二股でもセフレでも作り放題で、

人さえ見つかれば子供ももてて、

自分で稼いだお金自由に使える暮らしをしてるのに、

何が不満なの?

自分セックスを楽しむ能力もなくて、

既婚者なのでもう新しい恋もできないし、

容姿はこれからどんなに加工したって劣化する一方で、

手元にあるのだって自分お金じゃないんだよ。

これから連帯保証的な「家族責任」で義理家の介護とかも入ってきて。

ひたすら人の世話をするためだけに雇われた様なものなのに。

今の時点で満足度が高くなければ、

ひたすら不満と劣等感を抱えて生きていくしかないのにさ。

2016-08-18

俺の妹世界一かわいい

長期の休みは、いつも実家帰省する。実家には二歳下の妹がいる。この妹に再会するたびに、ひょっとして俺の妹世界一かわいいんじゃなかろうかと思う。今回も思った。なので、多分、俺の妹世界一かわいい

よく「リアル妹はかわいくない」的なリアル兄たちの声をネットで見る。そんなことはない。少なくとも、俺は妹がかわいい。かわいくてかわいくて仕方ない。むしろ二次元妹を見て「たしかかわいいが、うちの妹の方がかわいい」まである

このかわいい理屈ではない。家族バイアスがかかっているので、妹の容姿客観的にどうなのかは正直わからないけれど、多分良い方だと思う。かわいいというよりは、美人である。一時期あだ名FFルールーだった。そういう美人である。もうぼちぼち三十路を迎える歳だが、いまだに学生の頃とほとんど見た目が変わらない。単純に化粧がうまいという説もある。でも、仮に妹の体重+100されていようが、世間から見て見目良かろうが悪かろうが、多分妹をかわいく思う気持ちは揺るがない気がする。あれが好きとか、ここが好きとか、何か理由のあるかわいいではない。ただただ、妹がかわいい

最初からこうではなかった。小さい頃は喧嘩ばかりしていた。ほぼ毎日喧嘩していた気がする。喧嘩しなかった日は、母がカレンダーに花丸をつけて褒めてくれたくらいだった。もっと歳が離れていれば割り切れて仲良くできたかもしれないが、二歳差だと、こんなものだと思う。

妹がかわいいなと思うようになったのは、妹が中学にあがって反抗期を迎えた頃だと思う。家の中で、喧嘩の対戦カード母親vs妹にシフトした。俺は、家に居場所のない妹が、見ていて不憫だった。なので、妹にやさしくした。それまでの兄妹関係がさんざんだったので、最初はすげなくされたが、ずっとやさしくし続けていたら、だんだん妹もデレてきた。その頃には、すっかり妹がかわいくなっていた。シスコンお兄ちゃんの出来上がりである

(ちなみに、今は反抗期もすっかりおさまり、妹と母親関係は良好である)

お互い大人になった今はそこまででもないが、十代の頃は、妹の方も結構ブラコン入っていた気がする。妹のブラコン疑惑逸話としては、男に告白されると、まず俺に相談してくるという謎のフローがあった。俺が強制したわけではない。自分では判断がつかなくて、泣きながら話を持ってくるのだ。俺は話を聞いて、妹をなぐさめ、場合によって、妹のかわりに相手に会って、おことわりの返事を伝えたりしていた。告白したと思ったら、突然兄が出てくるわけだから相手の男は、さぞ面食らったことだろう。当時を振り返って、少し申し訳なく思ったりする。

(さすがに、最近はそんなこともなくなったので、今の妹には彼氏の一人くらいいるのかもしれない。それはそれで、とても良いと思う。幸せ恋愛をしてほしい)

近頃の俺らの距離感は、おそらく「多少スキンシップの多い仲のよい兄妹」くらいではないかと思う。機嫌がいいと、妹は俺の膝に乗ってくる。最近出てきた俺の腹をぺしぺし叩きながら、謎の鼻歌を歌ったりする。俺も俺で、疲れている時は、妹の膝に頭を乗っけて昼寝したりする。あるいは、妹の髪を梳きながら、頭皮にきびがないか探したりする。背中合わせに座って、お互いにずっと違う漫画を読んだりする。好きな動画を互いに見せ合って、布教しあったりする。

時々、妹が結婚相手を家に連れてくる未来想像する。多分、俺は有給を取って、実家に駆けつけると思う。そして、重々しくもさりげなく、「幸せにな」くらい言ってやりたい。なかなかかっこよい兄っぷりではないか。親が反対するなら、また妹に味方してやってもいい。俺は妹に幸せになってもらいたい。

ただ、いざその時を迎えたら、どんな気持ちがするだろうと考えると、少し切ない。俺にとっての妹は、かわいいだけでなく、俺の半身みたいなところがある。俺が生まれから妹が生まれくるまでの二年間を除けば、今までずっと互いに兄妹をやってきた。結婚してからもその事実は変わらないだろうが、俺はなんだか自分の体が半分になったような喪失感を覚えてしまうんじゃないだろうか。そうしたら、俺は半分に減った体で、この先どう生きていけばいいんだろう。

震災が起こった時も、似たようなことを考えた。一時期家族と連絡がつかず、生死が不明だった。父が、母が、妹がもしも死んでいたら、俺はこれからどう生きていけばいいんだろう。電気のつかない部屋で一人そんなことをぐるぐる考えていた。俺一人生き続けたところで、何の意味があるんだろうか。周囲と連結されない人生孤独だ。

から、生きていてくれるだけで、元気でいてくれるだけで、本当は充分だ。それだけで兄ちゃんはうれしいんだよ。うれしいはずなんだけれど、いざおまえが結婚する時のことを考えると、兄ちゃん、今からこんなに不安になってしまうから人間というのは欲張りなものだね。

そういうわけで、俺の妹世界一かわいいという話でした。

http://anond.hatelabo.jp/20160623152052

その容姿金持ちでもひっかけて結婚すりゃいいじゃんと言ってみた

これサイテーな物言いなのに全然叩かれてなくてイライラする

2016-08-17

靖国神社でのコスプレを見て、コミケコスプレを思い浮かべた

終戦記念日高校時代の唯一のブサイクな友人と靖国神社に行った。

決して2人とも靖国神社が好きだとかそういうわけではない。

ただ午後のVRマシン体験会に参加するための前座のようなものだった。

靖国神社旧日本軍コスプレをしている人間を見たときコミックマーケットコスプレが脳裏に浮かんだ。

日本軍の格好をしている人間は、容姿がいい女だったらコスプレでもして静かに楽しく生きていけたのではないかと思い続けていた。

愛国心だとかそんなの無く、独裁が始まってもセックス笑顔で生きていける存在が一番勝ちだ。

自分だって見てくれがいい女なら、高校時代は楽しくて友人もたくさんいてVRも靖国神社も興味なんか持たない。

カス大学になんか行かないで、日吉の近くのホテルセックスでもしていたとすら思う。

持病の薬の副作用で顔が赤く腫れ上がり、血やら膿やらが吹き出て今でもひどいニキビ跡がべったりとくっつき醜い容姿だ。

とりあえず、去年と違い今年の終戦記念日靖国は予想外に静かだと感じた。

昨年と違い平日だということが関係しているのだろうか。

また、マイクメガフォンと言ったものが目立たなかった。

個人的にうるさいのを期待していたが、拍子抜けした。

仮想現実(VR)が自分を醜い容姿から解放してくれると思ったが、そんなことは微塵もなかった。

靖国神社コスプレをしている人間や、ウェブでロクでもないことを言っているネトウヨとか言われる人たちも解放されなそうだ。

所詮はただのモニター付きゴーグルだった。

貯金が割とたまったが、美容整形にでも期待したほうがいいということを実感させられた一日であった。

自分の酷いくせ毛や持病の治療薬の副作用でついた深いニキビ跡や赤み、大きな顔やらをどうにかしたい。

効果があるかもわからないし、できるかもわからない。

一生醜い容姿なら死んだほうがマシな気がしてならない。

容姿がよくなりたい。

2016-08-16

VRセックスなんかより、風俗美容整形に期待したほうがマシ

最近はVRとアダルトとの融合やらを期待する人間がいる。

しかし、本当にそれが魅力あるものなのかと考えると怪しい。

現状のVRと言うものに、美男美女が楽しんで行うセックスと同等のもの提供することはできない。

正直、コンシューマー向けのVRマシン2種類の体験会に行ったがゴーグル付きディスプレイしかないと感じた。

センサーがついたディスプレイしかない。

自分はVRというものに当初期待していた。

容姿が醜い自分が、獲得できなかった体験ができると。

そんなことはなかった。

ただ、持病の治療薬でできた酷く醜いニキビ跡がべったりとくっついた肌が蒸れただけだ。

体験会の案内の若い女が化け物を扱うような態度だっただけだ。

もし、自分が見てくれがいい女ならVRなんか期待しないで、コミケやらで露出の高いコスプレでもして静かに楽しんでいる。

正直、VRというディスプレイ付きゴーグルというもの自分にとって大したことはない。

そして、大したものではないしインフラになり得る要素も思いつかないので大した需要は見込めないと感じている。

貯金が割とたまったが、美容整形にでも期待したほうがいいのかもしれない。

自分の酷いくせ毛や持病の治療薬の副作用でついた深いニキビ跡、大きな顔やらどうにかしたい。

容姿がよくなりたい。

効果があるか分からない美容整形を調べ始め、どうにもならないのかと泣き出すだけである

恋人の条件結婚の条件

SNS恋人の条件公表したら、差別だなんだのと炎上するかもしれない。例えば容姿、年齢、健康学歴等。それでも、婚活になると

年齢や年収公表しても問題にならない気がする。不思議

ヒス持ちの女の子と別れた男性

タイプ容姿だけどヒス持ちの女の子」と別れた男性、「元カノと同格の容姿ヒス持ちでない女の子」と付き合おうとする。

元カノとの交際開始時と比べて自分社会的地位が上がってない(同年代の中で相対的に下がっている)&自分容姿劣化してることに気付いてない。

 

ヒスにさえ耐えれば社会的地位容姿レベル上げなくても可愛い子と付き合えてお得」と考える男性、何もわかっていない。

メンタルだけでもボコられると意欲が減退して職能を上げる機会逃すし、容姿レベルも下がる。

趣味へのエネルギーすら減退する。全体的に衰えて、貧乏神疫病神みたいな雰囲気になる。生気を吸われそうで関わりたくない人になってしまう。

 

彼女が出来ても、彼女に振られたり彼女死ぬ可能性もあるわけだから、「良い女の子と付き合える自分状態」をキープしようっていう目線重要だと思う。

自分がそういう姿勢で生きてると同性の友達の質も変わるし、貧乏で不健康で僻みっぽい同性の友達スポイルされにくくなる。

社会人にもなって安酒に誘ったり、健康社会的評価を得られる行動を「ダサい大人」「オッサン臭い」と小馬鹿にしてくる友達は大抵スポイラー

VR(仮想現実)が凄い技術だとは思えない

VR(仮想現実)を担ぎ上げている意識高い系科学ライター投資家が目につく。

彼らはVRは魔法だ!とか煽っている。

しかし、本当にそうかというと大分怪しい。

友人とゲーマー向けで一番性能もお値段も高いVR端末の体験に行った。

その前に靖国神社に行った。その時点ではVRには少し期待していた。

VRがもし仮に素晴らしい技術なら、軍服コスプレのおじさんや俗にネトウヨと言われる人間がより幸せになる可能性があると感じた。

彼らが容姿がいい女に生まれていたら、コミックマーケットコスでもして静かに楽しんでいたはずなのだ

酷いニキビ跡やらがべったりくっついた自分も見てくれがいい女なら、靖国神社で色々なものを見ることなく豊かに笑顔毎日が過ごせるのだ。

VRというもので、自分が得ることができないものを得ることができて楽しく生きることができたらどんなに素晴らしいことか。

しかし、現実仮想現実というのはどこまでもショボい。

コンシューマー向けで一番高性能と言われるVRを体験した後でさえモニター付きゴーグルしかないと痛感した。

そして、以前体験したゲーム機向けの某端末もそうだったからどうにもならない。

所詮はキ○○○や3Dプリンターテレビレベルしかない。

某有名ラノベレベルでなければ楽しくないし、それは車が空を飛ぶほど無理なものなのだろう。

どこまでも、自分は得られないままである

とりあえず、VRは買わないで効果があるかは怪しく持病で手術可能かも分からない整形を考えることになるオチである

正直、VRなんかどうでも良くて容姿が良くなりたい。

訂正

テレビ勘違いする人がいるけど、3Dテレビです


追記

記事無断転載されているため 現在削除依頼をおこなっています

再追記

削除依頼を行っていた記事の削除を確認しました。

2016-08-15

壊すつもりがない家庭の罠

夫とはもう3年くらい全く関係がない。

夫は月に1~2回は挨拶のように求めてくるのだが、私がその気になれないのだ。



何故か。


夫はかなりの肥満なのだ



夫は、顔は普通くらいだし、頭ははっきり言って良い。話も合う。

収入も十分で、共働きということもあって都心湾岸部の高層マンションに住むことができている。

子どもも2人いて、幸い、みな保育園に入れることもできている。

世間的にはいわゆる満足すべき配偶者なのだろうし、もちろん、離婚するつもりはない。

この生活は手放せない。




しかし私はデブとは交わりたくないのだ。

別に結婚してからデブになったわけではないので、結婚前そして出産前は普通にしていた。

30過ぎて、結婚を焦っていたという要素もあるだろうが、その時は問題なかったのだ。

が、ある時期からどうしても夫と肌を重ねることが嫌になった。

今では生理的嫌悪感に近いレベル




そんな私であるが、別に性欲がないわけではない。

容姿も多分人並み以上ではあり、保育園保護者行事などでは、子どもを連れたパパからよく話しかけられる。

子どもを2人生んだにしては、スタイルもまだそれなりで、くびれはあるし、胸のカップはE。

30後半に入って少し垂れ始めたし、乳首は濃い茶色になってしまったが需要はある。




なんで需要があると言い切れるかというと、近所のパパ友と親密なお付き合い、いわゆるご近所不倫をしているからだ。

最初に付き合ったのは、同じマンションの低層階に住んでいる東大卒40代。上の子保育園同級生のお父さん。

新しい彼は、お向かいタワーマンションの高層階に住んでいる30代弁護士。下の子の同じく保育園同級生のお父さん。

2人とも無論やせており、しかマッチョである。素晴らしい。




同時進行してて、月に1~2度逢瀬を重ねているが、たぶん関係者皆にバレてない。

それぞれ奥さまとは子どもが生まれて以来ご無沙汰らしく、私との時には体にむしゃぶりついてくる。

会うのは自室。タワーマンション密室性、匿名性は有効だ。

もちろん、茶色くなってしまった乳首も好評だ。可愛い、きれいだと褒めてくれる。

夫と違って、精力は強くないので、一度の逢瀬で一回果てるとおしまい

まかり間違えて妊娠などしないように、ピルは飲んでいるが、相手にも基本ゴムをつけさせている。

時折「安全日だからいいよっ」て言ってあげると満面の笑みで喜ぶのが、男って高学歴でも馬鹿なのねと思わせる。

まあそんなことは、同じくらい高学歴なのにゴム付けない主義者の夫を見てるとつくづくわかることではあるのだが。

病気とか妊娠とかよりも目の前の快楽を優先する頭の悪さと、高いレベルの知性が両立しているのは何かの奇跡とすら思う。





向こうの奥さまもよく知っている。低層階の彼の奥さまも、弁護士の奥さまもどちらも有名大学卒の専門職

ご主人のお仕事が忙しいので仕事セーブされているが、独身の頃は相当稼いでいたと思う。そこは私も同じだが。

お二人ともかなりの美人だが、スタイルはどちらも棒のようなやせっぽちなので、そこが私と違うところ。

そういうお相手から彼氏2人とも奥さまと別れるつもりは全くない。

お互いの家庭を壊すつもりは関係者皆にないので、かえって安心して恋愛ゲームにのめりこめるというものだ。




そんな状況で、夫がこの2~3か月ほど、私を求めてこなくなった。



調べてみたら、ほぼ偶然だろうが、私の不倫相手の奥さま2人と会っているらしい。

探偵から報告書を読んで、怒りで思わず目の前が真っ暗になった。血が頭に上がるってこのことかと思った。

それでも裏付けに、彼女たちの大学同級生のつてをたどって聞いてみた。

それぞれ別々に口をそろえて、ご主人は性欲も薄くやる気がしないが、私の夫は何度も求めてくるので女としての実感があるのだそうだ。

わずデブは性欲が強いんだよっ、と毒づいたが後の祭り

でも主人にも、相手の奥様方にも家庭を壊す動機はない。

変なバランスで、このゆがんだ関係、しばらく続きそうで、きわめて腹立たしい。

あんデブに喜んで股を開く口の軽い売女め、いつか目にもの見せてやる。




でもどうやって?

http://anond.hatelabo.jp/20160815023631

コスプレはいかに男に注目されるかの競争

レイヤーの共有愚痴アカウントを見てると

https://twitter.com/coscamedark

「ブス」「デブ」「ババア」「ガキ」「露出」というキーワードが溢れている

嫉妬劣等感優越感が渦巻くこの世界

女王蜂を目指す彼女たちは女同士敵視し合っている

  

キーワードから分かるように、容姿と年齢という非能力面が評価される

レイヤーに限らず、女性世界にはこのような容姿で決まる競争があり

女性の生きづらさの一因となっている

  

そんな女の世界でも逃げ場所がある

  

趣味世界

受け身の愛され競争から解放される

特に異性ファン不在の趣味では

容姿よりも人間性、能力評価される傾向が強い

女でなく人間でいられる

  

そんな心の安らぎ場にありきたりな女の競争を持ち込みぶち壊すレイヤーども