「いか」を含む日記 RSS

はてなキーワード: いかとは

2017-01-22

http://anond.hatelabo.jp/20170121203857

10代でやった当時は面白かったけど、今やるとエミヤ共感できないかも。

anond:20170122031116

らしいね

別に興味ないから読む気もないのだけど、元増田が「西野の絵」と書いててひょっとしたら西野氏本人が描いてると思っているのではないかと思えたので遠回しにこういうトラバにした。

西野氏の絵本の絵」という意味であればいいのだけど。

美人コスプレイヤー写真の公開をやめろ

コミケカメコに囲まれているコスプレイヤーの"画像"を見るととても安心する、精神が安らぐ

それがどんなに美人であっても、その"画像"からその人物承認欲求が読み取れる

普段相手にもしないであろう下層たるカメコに、その人数や熱気にあてられコスプレしてしまっている美人、という搾取が感じられる

ローアングルからの下卑た眼差しを受けている愚かなコスプレイヤーという構図は本当に肴になる

それは"画像"で画面の向こう側の出来事で、それは俺に笑われるだけの"画像"でしかない


さっきツイッターリツイートで某アイドルコンテンツコスプレを見かけた

ものすごく上手な絵師が描いた美少女の絵がリツイートで流れてくるように

ポートレートとでも呼ぶのだろうか、被写体の他に余計なものが写っていないもの

髪型再現度からキャラクターへのリスペクトが感じられた

コスプレ元のキャラ同様なんだか品のよさが伝わってくる、鼻も高いしものすごく美人

その人のアカウントに飛んで数分間、他にも公開しているコスプレを見漁った

これが同じ人間なのか、というぐらい顔の造りから違い美しい

背景や構図なんかも素敵でため息が出る


プロフから察するに良くわからないが本職は別にありコスプレがメインじゃないらしい

そんな風に漁っていくうちに熱が引いていきだんだん冷めていった

キャラへのリスペクトも感じ取れるし、流行ものにだけ乗っかっているとかそういう感じもない

コスプレへの態度がしっかりしているほど、公開されているものの美しさに目を奪われるほど、負の感情が溢れていく


この人はコスプレに執着しているわけでもない、本職もある

まれ持った顔の美しさで上からこちらをぶん殴ってくるコスプレ

上等な暮らしをしている人が片手間に楽しんでいるであろうコスプレ

そこにコスプレイヤーへの搾取などない

この人が公開しているのは作品であって、俺が肴にするようなコスプレ"画像"ではない

あくまで俺はその作品を見せていただいている四畳半で暮らす下流オタクで、俺がこのコスプレイヤー搾取することなど到底出来ない

その事実認識するばするほど情けないやらなんやら腹が立ってくる



ツイッターリアルから切り離された場所である電脳世界万歳自分身分も忘れられる!そう思いたかった

フェイスブックのようなリアル自慢、充実アピール大会が行われない場所でないと思っていた

そういうリア充を目にすることなく過ごせる所だと思いたかった


そのはずが、こんな完璧人間が住む世界と地続きになっていただなんて

それも男性向けオタクコンテンツコスプレでそれを見るだなんて

不意打ち、だまし討ち

最悪だ

そんな人間がこんな所に無造作になんで居るんだよ


上級国民辺境の地に来るのをやめろ

復讐として腹いせとして、搾取構造を守りたい俺は欲望のはけ口にしてやろうかとも思ったがそれも出来ない

ただただ美しく関心するしかないコスプレ写真作品

その美しさに腹が立つだけでオカズにもできないから、もっと露出の多いコスプレを公開してくれ、と切に思う

でもきっと、そんなサービスをされたとしても俺はその作品オカズにすることも出来やしないんだろうな

恋愛って金がかかる

風俗を利用したことがある。

というより、好きだった。

デリヘルというやつ、あれは基本本番がある。

利用したことがない男性や、女性のために説明すると、出張してエッチサービスをしてくれる。

手と口で射精に導いてくれることになってるんだが、密室で2人きりだからなのか、そのほうが楽だからかなのか、10人中6人くらいが、自分からゴム着けて入れてと言い、残る4人のうち2人くらいは、5千円で本番しない?と持ちかけてくる。

本当に手と口だけなのは10人中2人くらいかと思う。

いろんな土地に移り住んだが、だいたいそうだった。

さて、重要なことは2万円も出せばセックスは出来る現実があることだ。

セックスがこんなに安くていいのかって思ったりもするのだが、1度ユニクロに慣れると高い服が買えなくなるのと同じで、やっぱりそのくらいの値段で納めたくなるもので。

最近ひさかたぶりに彼女が出来た。

ぶっちゃけセックスの頻度やコストは、月に1度で2万円、そのラインを守りたい。

考えるに、女の性欲は男より強いのではないだろうか。

男より性欲がなさそうだが、最初にそういう関係になるまでがガードが堅いだけで、一度一線を越えると女のほうから誘ってくることのほうが圧倒的に多いような気がする。

付き合った人数が少ないので、主観だけど。

http://anond.hatelabo.jp/20170122014542

やる気のない人のありがちな嫉妬や足の引っ張り合いなんてよく聞くからなあ。

なんとなく就職よけのためにはいった人と、やる気のある元増田の違いじゃないか

あと、ここはやる気がなくそのくせ文句は言う連中が異様に多いので、あんまし覗かないほうがテンションは維持できるよ。

足引っ張ることだけは上手い人らが多いから。

ゲーム専門学校について

やっとクソみたいな専門学校から

卒業なので

この事を書こうと思う。

高校卒業してから僕は

ゲーム専門学校入学した。

僕が入学した専門学校

「確実就職」をうたっており、

小学生からゲームクリエイター

憧れた僕はそれに釣られて入学してしまった。

1年目は気の合う友人ができ、

放課後ゲーセンとかで遊び呆けてた。

2年で

学校カリキュラムで某ゲームイベントにチームで作ったゲーム出展ができるカリキュラムがある。

結果的にはゲームを作ってゲームを展示をするのだが、

そのゲーム作りで

闇的な部分を見るはめになる。

僕は企画者兼プロジェクトリーダー

「仲の良い友人だけでチームを組んだ」

最初は各役職に指示を出したり、

仕様書発注を書いていたりした。

最初の1ヶ月ぐらいは順調にすすんでいたが、

事件はその後に起きる。

アニメーション担当の友人が

リグ入れとウェイト付けだけで1ヶ月。

スケジュールに大きく影響し、僕はその場で怒ったら...

ジョイント一つ入れるだけでも大変なんだからしょうがないでしょ!!!

(なお、組むリグは標準的な人型)

逆ギレされた。

当時は3D知識が無い自分にも非があると思い、そこから3D勉強を始めることにした。

その数週間後に学校先生に呼ばれ

どうやら友人(デザイナー)

二人がチームから抜けたみたいだ。

理由

「(著者が)怒ったりするのでチームを抜けます。」

初めての体験で「えぇ...」としか声が出なかった。

その二人が抜けた後、残りのリグやアニメーションは僕が担当

残ってくれた一人の友人(デザイナー) が代わりに3Dモデル全てを作ってくれ、

優秀な先輩と友人のプログラムのおかげでなんとかそのゲームは完成した。

イベント後、他の人達が僕を避けているのがわかった。

どうやら抜けたチームの人間

元々僕を悪く思ってた人間がこそこそと

僕の悪口を言いふらして、それが学校中に広まったらしい。

聞いた内容が

仕様書を書かない」「自分はちゃんと納期を守った」「自分は悪くない、悪いのはあいつ」「あいつら実力はあるけど人間性は無い」

しかも、一つ上の先輩達も一緒になって言ってたのが驚愕

根拠の無い悪口でも

噂は信じられるもんなんだなあ、

とは思ってたけど

今思えば

それは生徒の質が低すぎるゲーム系の専門学校ぐらいかも。

 

その後、僕はゲーム会社アルバイトをし4月頃には内定を頂きゲーム会社通い。

最後まで一緒に居てくれた友人や先輩も大手ゲーム会社就職が決まった。

抜けた二人、悪口言ってた奴らはどうなったかしらん。

匿名でこんなことを主観的

書く僕も僕だが卒業だし書いておく。

ゲーム専門学校入学を考えてる人へ

1.某掲示板で書かれてることは事実

少なくとも8割は大体ゴミクズ

2.ゲーム専門学校行くなら、大学行け

3.どうしても行きたいなら、前年度の大手就職とかみるべき。

因みに無い場合業界へのコネクションが少ないと考えたほうがいい。


他にも色んな闇とかを見てきたが書くのがめんどいのでこれでおしまい

年収貯金目標やす

年収のめやす

年齢×12万円

ぐらいが平均年収に近いって覚えておくといい。

30歳は360万円、40歳は480万円、50歳は600万円。

なのでこれを超えることを目標にするといい。


貯金のめやす

現在の年齢の二乗 - 働き出した年齢の二乗

ぐらいを貯金目標にしてほしい。

22歳から働きだした場合23歳で45万円、24歳は92万、25歳は141万、30歳は416万、40歳は1116万、50歳は2016万、60歳は3116万になる。

だいたい年齢×2万円を毎年貯金していく計算になる。

3116万あると、60歳から85歳まで生きるとしてだいたい毎月10万円使える。定年が何歳なのか、年金果たしてどれだけもらえるのかわからないが、それでもなんとかなりそうな金額がこのあたり。



もちろん、突然の出費など思い通りにいかないことも多いだろうけど、とりあえずめやすとしてとらえてもらいたい。

http://anond.hatelabo.jp/20170122010620

いい名前つけて整理してほしいんだけどなかなかそういう動きってないよね

あとニューだのオールドだのポストだのオルタナだの相対的な形容詞をつけられてもさっぱり内実と関連性がなくてわからいか

そういうのもできればやめてほしい

非公式RT発言削るのはダメ ←わかる

エゴサして噛み付くのはダメ ←わからない



Twitterって自身発言ネットに公開する場所だよね?

意見を表明したならそれについて発言主は責任を負うし、当然反論される可能性もあるよね?

このエゴサ反論についてネットでは、意見言いっぱなしで当事者反論されたら「必死だなw」で済まそうとしてるけど、これってすげえ一個人としての責任放棄してる気がするんだけど、そういう指摘の仕方でいいの?ネットって。

いやもちろん、言いっぱなしで反論がきても無視するのも自由だろうし、責任持って最後まで相手するのも自由だろうけど、前者のような態度でほんとにいいのか?

Twitterというオープン場所特定人物事象について批判的に言及したら反論されるのもしかたないのではないか

エゴサ気持ち悪いという感情論は知らん。



あとさ、これ



明坂「無料で公開するとダンピングが起きる」(語られていること:ダンピングについて)

西野PVとかどうなんですか?」(語られていること:ダンピングについて)

明坂「PV広告も兼ねてる。子供とかかわいそう」(語られていること:ダンピングについて・子供の事を考えるならば図書館に寄贈すれば?)

西野PV一曲丸々上げてますよ」(語られていること:ダンピングについて)

明坂「子どもたちのことを考えたら図書館いいんじゃないですか?」(語られていること:子供の事を考えるならば図書館に寄贈すれば?)

↓(ここで子供云々を省く)

西野アニメ無料で公開してますよね?」(語られていること:ダンピングについて)

明坂「なんか特攻された(笑)」(ここで話を終わらせる)

西野ブログ反論



ダンピングが起こるかどうかの議論は置いとくけど、(この場合西野宣伝も兼ねていると最初から言ってるので宣伝も兼ねたものだと仮定すると、個人的にはダンピングが起こるとは到底思えないけど)

これって双方アレに見えるんだけど何か明坂さんは完璧に正しいみたいに認識されてるよね。

こういうすれ違いは増田でもよく見るけど、ちゃんと意見を発信するなら一貫して主張する必要あるし(ここだと子供に話を移さずダンピングならダンピングについて語るとか)、議論させようと思うなら、非公式RT文字数使ってないで、言葉を丁寧に書いて説明するべきでしょ。



まあ、今回は西野は叩かれてしかるべきなダサい行動と憎らしい態度だったけど、西野憎しでなんか色々な物事を雑に踏み倒してきてる気がするんだよね。

例えば、「無料だとほんと子供教育に良くないよね」とか「西野の行動はダンピングの原因になるよね」とかさ、本当にそうか?そこ雑に定義して叩きの道具にしちゃっていいの?

この件のtogetterコメント欄とかやばいよ。もう頭とか全く使って無さそうで冷静さの欠片もない。

せめてはてなぐらいは怒るときも冷静さを保っていてほしい。

会社員などの給与所得者は黙って取られるしかいからな。トーゴサンピンって言葉税金にもあるけど、年金も似たようなものだと思う。

http://anond.hatelabo.jp/20170122005902

セックスレスされている夫として

http://anond.hatelabo.jp/20170119001539

セックスレスされている夫としての意見を書いてみます



セックスがなくて一番つらいのは性欲の処理する場所がないこと。

元増田の家が風俗OKだったり、よその女性と性行しても良いよというルールならこれは問題いかもしれない。

あるいは夫さんがひたすら自分で処理をするのか。

我が家では自己処理だけど、とにかく虚しい



次いでつらいのは、単純性欲ではなく、

妻(=愛する女性)とセックスしたいという欲が叶えられないこと。

これはレスられている以上、他に代替機能がない(おそらく背中掻きでは代替できない)のでとてもつらい

本当につらい。



で、↑の愛情に基づく性欲をなんとか満たせないか、どうにかセックスできないか

レスられている側はたまに勇気をもって拒否している側を誘ってみたりするのだけれど、

そこであらためて拒否をされると、これはおそらく拒否している側が想像している以上に傷つく

大げさではなく、人としての尊厳を傷つけられた感覚に陥る

生きている意味がないんじゃないかと思えるぐらいにつらい



そこから先は人によって違うだろうけれど、かわいさ余って憎さ100倍になる人もいれば、

外に相手を求めてこっそり不倫する人もいるだろうし、ただただ鬱になる人もいるだろう



セックスレス離婚事由になる夫婦があるぐらいなので、セックスレス

特に拒否されている側にとっては非常に大きな問題なのです。



セックスのないことを夫さんが納得しているならば、レスでも良いのかもしれないけれど、

我慢しているのであれば、なんとか、恋人同士の頃のように、

できる関係を取り戻せるように話し合ってあげてほしい。余計なお世話かもしれないけれど。

ヒトカラの季節

ヒトカラという趣味を見つけてからもうすでに15年以上は過ぎた。

もともと歌を歌うのは好きなので、同僚たちと二次会でご相伴することはあったが、高音域になる度に鶏を絞め殺したような声になり笑いを買うのに嫌気がさし、1人で行くことを思い立った。

それがヒトカラを始めたキッカケだった。

だが当時はカラオケは皆でワイワイやるものというのが常識時代。まだまだ他の客の視線は痛かった。

気兼ねなくマイナーな曲を与えることや、あくま雰囲気だけだが歌手勝手になりきる快感を覚えてからヒトカラは週末の夜の習慣になった。

それとともに、痛い視線にも慣れる鈍感力を身につけた。

1人で通っても、やはり一晩に何羽もの鶏をつぶす日々だったが、あるとき音程コントロールする機能を知ってから犠牲になる鶏は減った。

それから研究を重ね、曲のバリエーションを格段に増やしていった。

いまは、人前で歌うときは出来るだけ皆が知っていてノリやすもの、かつ短いものにしている。少なくとも間奏や前奏があるものは、極力避けるようにしている。

インストゥルメンタルが長いと間が持たないし、無駄に気を遣わせてしまう。ぎこちない踊りを見せるのもそれはそれでアイスブレイクにはなるが、長過ぎはダレてしまう。

ゴダイゴ銀河鉄道のようなサビをしつこく繰り返す曲も、気心知れた面子でないと選びにくい。リズミカルに盛り上がってサクッと終わる曲が無難だ。


時間ぶっ通しで歌える程度にはレパートリーがあるので、チョイスに季節感を織り込んだりもする。

もちろんメジャー流行曲も織りまぜる。星野源の恋は、皆ダンスに気を取られているせいか、平均点が異様に低く、自分のような凡庸素人でも相当上位に食い込めるのは意外だった。



それでも、やっぱりヒトカラが一番落ち着く。

自分ちょっとクサい歌が好き。ゆず嗚呼青春の日々とか、ケミストリーのUsとか最高だ。

ミスチルの I'll be の中の

人生フリースタイル 孤独でも忍耐 笑いたがる人にはキスを」

という歌詞には何度救われたか知れない。

でも野狐禅ボーカルの人の、若いのを呼びつけるみたいな歌を同僚が半狂乱で絶唱していたときは少し引いてしまったし、やっぱり人前で説教ソングは頂けない。



甲斐もなくマジ恋をして失恋したときはそれテーマの曲でも歌えば気が紛れるかと思ったが全く逆効果で、失恋ソングというものはその体験最中にいる者に向けたものではなく、恋に恋焦がれるものへのお遊びでしか無いのだと実感し、マイクを通して作曲家に泣きながら怨嗟を送ったものだ。

その時は嵐のTrablemakerが抜群にメンタル復調に効果を発揮し、同じ曲を振付も交えヘビロテしてやり過ごした。あの曲の歌詞には人のテンションを上げる工夫が随所に織り込まれていて素晴らしい。失恋特効薬と言って良い。


最近は、ガイドボーカル入りがお気に入りだ。エアーデュエットハーモニーパート開拓に余念がない。

曲のチョイスももっぱら履歴から選ぶようにし、時代に乗り遅れないようにもしているが、全く未知のアニソンが多勢を占める現状には潮目の変化も感じている。何より、自分のような内気者の暗い趣味であったヒトカラがここまで市民権を得てしまった時代の変遷に戸惑いも覚えている。


はいえ歌うことは大好きだ。いずれ妻をめとるまで、当面やめるつもりはない。

2017-01-21

キンコン西野がまた女性を名指しで吊し上げてるらしいけど

彼について言及した他のブログや、はてブコメントを見たけどいまいち腑に落ちるものがないのでここに書いてみる。

彼のことは昔からまり好きではなかったのだが、10年ほど前のある事件きっかけにはっきり嫌いになった。とあるAV女優が寝た芸能人名前週刊誌暴露して、その中に確か彼も含まれていた。それに怒った彼はそのAV女優を罵った。もともと品性下劣な彼は単に吐き捨てた程度の軽い気持ちだったかもしれないが、彼のファンが暴徒と化してAV女優攻撃した。結果的彼女自殺した、と聞いている。

この事件倫理的にはまずいかも知れないが、刑事訴追されるほどのものではない。彼が直接殺したわけでもないし、執拗にそのAV女優攻撃したのも彼本人ではない。彼は単に想像力が足りなくて、自分立場でそういうことを言えばどうなるか推測できなかっただけだ。彼のファンは彼のファンなりに好戦的な人が多かったのかもしれない。また炎上しても必ずしも自殺するわけでもない。人によってはAV女優メンタルが弱かったと批難するかもしれない。

これは過去の話で、個人的に彼はそういうやつなんだ程度に思っていた。

今回の話で腹立たしいのはまた彼がある女性声優を名指しで吊し上げたことである。彼は過去自分発言が何をもたらしたか全く学んでいないのか、一時はAV女優自殺結構話題になったので、彼の耳にも入っているとは思う。どう感じたかはわからないが。

人はそれぞれ持っている力が違う。一定数のファンを持っている芸能人特定個人を吊し上げたら、相手も対等の力を持っていない限りは一方的にいたぶることになる。10年前は彼も血の気の多い若者ってことで多めに見られたかも知れないけど、いい年したおっさん過去自分やらかしたことを学ばずまた同じようなことを繰り返しているのは危機感を感じる。この先、彼は何人の人を吊し上げていくのだろうか。

ビールを飲むのにビアバーを進める理由

ボトルを買い込んで家で写真とともに載せている人をよく見かけるが、ビールを本当に楽しみたいならば、ビールを専門にしたバーに行くべきだ。

理由を大きい順に書く。

一つ目は「店は人脈の代わりになる」こと。

このビールはどんなビールですか、こんなビールが好きなのですがおすすめありますか、など質問できるのはもちろん、お店でイベントをやっていたり、またはビール関係のチラシやフリーペーパーがあったりして情報が得られる。ただしある程度空気を読む必要がある。

二つ目は、飲食店向けの樽でしか提供されないビールは意外と多いということ。

海外ビールでも樽生のみという商品はたまに見かける(これは、瓶よりも飲食店向けの樽生の方が捌けやすいという理由なのではないかと思う)が、国内クラフトビールメーカーでも大半は瓶詰め設備を持っていないため、樽での流通が大半となる(ちなみに瓶詰めを委託しているメーカーも多い)。

また、今やスーパーでもよく見かけるコエドでも、樽のみの商品はかなり多い。

その他レアケースでは、マニアック飲食店が自店専用に醸造または輸入しているものもある。


三つ目。全てが全てではないが、流通において、ビールの扱いはあまり良いとはいえないことがある。

特に「要冷蔵」の表記がついていない海外ビールは、日本に着いてから野ざらしだったり、店でも常温で陳列されたり、ひどい場合日光さらされていることもある。

ビールにこだわりのある店であれば、仕入れ、保管、提供まで一定の質をキープしていることが多い。

あくまで傾向というか経験則なので、補足的な理由という程度で認識して欲しい。


以上。

蛇足だが、おいしいビールを飲むには金を惜しんではいけない。一杯千円なら安い方。そしてなるべくいろんなビールを飲んでみて、自分の好きなビールを見つけて欲しいと思う。

俺氏 川上未映子という奴が心底嫌い [多分]

【第1回】わたしは「ソバアレルギー。食べたら死ぬかも。言葉もっと大切に!

 

この記事川上未映子 「主人」という言葉が心底嫌い [PR] | 川上未映子のびんづめ日記2 | 日経DUALについての話なんだけど、

初めて名前を知ったけど俺こいつ嫌いだ。

言葉を大切にとか言ってるくせにアレルギーを食い物嫌いの類語程度に扱いやがった!

 

アレルギー好き嫌いとは無関係に原因物質免疫が過剰に反応して各種の炎症反応を誘発し、

軽ければ花粉症的症状やかゆみや腫れを引き起こす程度だが、酷ければショック症状で死に至ることがある。

なのに世間にはアレルギー好き嫌い程度に考えてる人がまだいるじゃないか

芥川賞作家かい権威背負ってる人でもそういう言葉の使い方するんだから困ったものだ。

はてなブックマーカーもそういうところ指摘してほしい。

 

 

あとは些細なことなだけど…

次の一文から無知の知から来る謙虚さがないなーと思いました。事情も考え方も人それぞれ。まずは話し合ってみなよ。

たとえば自分の妻のことを嬉しそうに「嫁」と言った瞬間、わたしのなかでその男作家の知性は最低ランクさらに枠外に落ちて、金輪際、まともに話を聞く気も失せる

知的権威がこういう勝手判断基準で格付けやら断罪をするんだからたまったもんじゃいね

そりゃこういうのに嫌気がさしてネトウヨがのさばったりトランプが勝つわけだよ。

配慮の足りない人だけど若いなら仕方ないなーと思ってプロフィールみたら40歳やないか…。

 

他にも次の一文からこの人やばいなーと思いました。

「ある言葉」を耳にすると眉間に皺が寄り、体じゅうにかっと血がめぐり、のち死んだ魚の目になって脱力する、という具合になってきて、どうしたものかと今日もフレシネを飲みながら考えた。

文学的な過剰表現と言うやつかもしれんけど、これブコメによく書かれてるあれだろ?

プリントアウトしてお医者さんに持ってけってやつ。

 

そういえば引用元記事はフレシネかいワイン広告なんだよね。

そのシチュエーションだと凄く酒が不味くなると思うんですけど…。

こんな広告を許しちゃうサントリーの懐の大きさ(?)に乾杯

精神不安定な人がヤケ酒に走ってからアルコール依存とか想像した自分が考えすぎなだけだ。多分。

 

なんか書いたらすっきりした。ゴメン訂正する。

心底嫌いというほどじゃないや。多分一週間もしたら忘れる。

よしもとばななの域には達していないと思う。

ふたりくらい十分すれ違えるくらいの通路に、ど真ん中にでかいリュック背負って突っ立ってるおっさんがいてだな。

近づいても気付かずに道塞いでるから背中からすり抜けたら、軽くリュックをこする感じで触れた。

そしたら、通り抜ける背中を押し出すみたいにリュックで押してきた上に、「おまえすいませんの一言くらいいえんのかぁ」とか怒鳴ってて。



なんだろう、見くびられるタチなのかな。こういう悪態やら下らない嫌がらせやらをよく受ける。

道でスマホ取り出した途端に、歩きスマホへの私的制裁のつもりか、向こうから歩いてきたのが明らかに向き変えて肩ぶつけてくるとか。(出しながら端に寄って立ち止まってからロック解除して操作、としてるから、本当に出した瞬間にぶつけに来てるし、そうしてることをこっちもはっきり見てる)

おっさんに限らず女性相手でも、メイドカフェの呼び込みを通り過ぎたら「はい無視ー」とか、30秒でできるアンケートだといって寄ってきたのを手を振って断ったら「30秒くらいできないんですかー」とか、あの語尾伸ばしに悪意込めたような厭な言い方で捨て台詞吐かれたりもする。

仕事バイトでも、同僚に延々と嫌がらせされるとか、上司からパワハラとか、ほとんど初対面の時から仕掛けてこられる。



実際、考えないと言葉が出ないタイプから口論とかできない。

悪態つかれても、まずびっくりして、それからそんな悪態になにか理があるのかとか考えて、確かにこっちが悪いと思う時は謝るとして、相手側の非はどうかと考えて、相手が悪いならどう悪いか考えた上で、どういう悪態を突き返すべきかセリフを整理して、さあ言い返そう、と思ったら完全に遅れてる。

頭の回転がひどく遅い。

通りすがり一言くらいならスルーして終わりだけど、詰めてこられると本当に辛いものがある。

後でゆっくり考えたら、相手の言うことが自分棚上げやら自己矛盾やら、無茶苦茶なことがわかってくるけど、その場で言い返せなくて一方的にやられる。

自分相手と同じくらい雑なことを言い返すのも、どうもうまくいかない。



自分みたいな、悪態ついてもやり返せそうにない奴、というのは、見た目とか雰囲気でわかるもんなのかな。

それともああいうのは誰彼構わずやってるだけで、自分がやられたことをいちいち覚えていすぎるのか。



見た目でいったら、身長180センチちょっとで痩せ型でもなく、高校大学の頃はラグビーやらアメフトやらの勧誘をしつこく受けたような体格なんだけどな。

気が小さいし、殴る前に本当に殴っていいのかとか考えてしまうから、本当に殴り合いになったりしたらまず負けると思うけど、それもわかるのかな。

舐めた口きいたら殴り倒すぞコラ、みたいな表情で歩いていればいいだろうのか。

筋肉でも付けたら違うのかな。

そもそもリアルの交友関係で「オタクを毛嫌いしている女」とやらを見ないし、女子らも普通に美少女気持ち悪いぐらい愛でているのだが、これも「分断」ってやつなのか?

逆にオタクとしてのレベルが低いからという理由文句を言ってきた女もいたぐらいだぞ。この筋金入りのオタクに向かって。でもそういう言葉を言う権利があるぐらいには深いオタクだったなそいつも。

ハムハムって擬態語を考えた奴は天才だと思う

いかにもハムを食ってる感

イケハヤとか西野とか見て不思議に思うのは

炎上してても応援する人いるんだよなぁ。

10%の人は何をしても応援してくれる説あるけどさぁ、自分は全く応援されなかったよ。

いや昔、まだYahooカテゴリ全盛期に、カテゴリに乗る趣味サイト作ってたのよ。

当時はブログなんて無いから、掲示板よ、掲示板

それはもう、クズとかカスとか死ねとか散々書かれたね。

たまに違うの書いてくる人いたと思ったらマウントだしさ。

まりに辛くなって辞めたんだけど、応援するほうも炎上して平気なほうも、どういう思考回路でそうなってるのか真面目に知りたい。

ゆうメンタルクリニック漫画に出てこないかな。

anond:20170120191138

ストーリー

 ほんとにメインストリーに沿って行く感じなのかな

 ゲームではかったるくてスキップしたりしてたからおさらいできるのはありがたい

 時々テンポが悪く感じるところがあったのが気になる



キャラデザ

 絵は良く動いてたように見えた

 エンディングのルリアの髪の毛が流れるところすごい

 あの質をキープするの大変そう 崩れると厳しくなりそう



HRT名前クレジットされていなかったように見えた



元増田ランク分けだとCくらいかなあ

テイルズチェンクロと並べるとそこまで目立たないようにも思えてしま

ゲームBGMが使われるのはいいけど、アニメ用にタイミングを合わせたりするようなアレンジまではされていなかったように感じた

2話の最後のところ、いまいち「空の青さ」が広がる感動が弱かった気がしたんだけど何が悪かったんだろう

http://anond.hatelabo.jp/20170121110933

マジレスすっと、リア充とかパリピの間ではマジョリティ価値観が疑問なく常識化されてるんで

仮にデートDVとかあったとしても「まぢありえない」案件思考停止するから打っても響く感じがしないんでしょ。

「○○は女の敵!死すべき!」とか言ってもされてる女が「べつにー」くらいで深く考えないから味方がつくどころかウザいこと言うやつとして煙たがられてFOになる。

その点オタク些細な反論に過剰に反応して罵倒し合える仲間だから打てば打つだけ大音響で響いていく。

楽しい方を選んでんでしょ。

島本理生の本

中学の時に初めて『ナラタージュ』を読んで、物凄くつまらなくてびっくりした

でも、「まだ私は恋愛ってどんなものか分かってないから!」「もう少し大人になったら面白く読めるのかも!」と思って、もう少ししたらまた読み返そうと思った

それから毎年一回は島本理生の本を手に取って読むけど毎回毎回ほとんど挫折。それも4分の3くらいのところで挫折。ゴール見えてるのに。

もはや恒例行事になった「今年の島本理生」、選んだのは(映画化するしという安易理由で)『ナラタージュ』、今年も挫折

もっと手酷い失恋とかすれば読めるようになるのか…?と思い本を返した私、また来年島本理生の本を読むんだろうなあ…。

少女漫画が好きなこともあって『クローバー』は唯一最後まで読みました。)

転職ドラフトについて

転職ドラフト興味本位登録したのですが、自分現在年収 + 250万円の額がいきなり提示されて、驚きました。これまでやってきたことやGithubアカウントなどは公開しているので、やみくもに提示してこられたという感覚はありません。エンジニアとして良い評価を頂けて嬉しいです。

一方、自社でこのような昇給可能か考えると、(これまでの給与改定を踏まえるて考えると)250万円の昇給はあり得ません。100万の昇給でさえ夢のまた夢です。

そもそもの業績が悪く、どうしようもないベンチャー企業なのであれば、しょうがないでしょう。それでも夢を持って頑張るか、素直にオファーに応じて転職するだけです。

しかし、業界での知名度黒字化へそれなりに順調に進んでいるところを見ると、どうしようもないベンチャー企業だとは思えません。転職ドラフトで自社が投げているオファーを眺めていると、自分が受けたオファーと同じような額はもちろん、それ以上の額が、スター級ではないそこそこのエンジニアに対して提示されています。もちろん、外から見える公開情報だけでスター級ではないと判断するのは難しいのですが、そこに書かれた経験を信じるのであれば、私とそれほど変わりありません。

すでに自社で貢献しているはずの私の昇給が難しく、ブログ記事記事分程度のレジュメを公開しているどこかのエンジニアにはまともな給料を出せる。

一方で私も、ブログ記事記事分くらいのレジュメを公開してみれば、いとも簡単にまともな給料オファーがもらえる。

これを読んでいる方には自分に置き換えて考えてほしいです。

まりにも馬鹿馬鹿しくありませんか?

こうなってしまうと、自社での活躍よりも、できるだけ企業を選別しながら転々とすることを考えた方がお金は稼げますエンジニアに求められるのは、そこそこのスキルと、レジュメ作成能力、そして給料を引き上げるための転職を実際に2回も3回もすることです。

私は本当に今の会社が好きです。今の会社からもらえる給料いくらか安くても我慢できます

しかし、自社への貢献が昇給につながらず、自分より後に入ったそれほど優秀でもないエンジニアが高い報酬をもらうようなことになれば、さすがに今の自分待遇には納得できません。

会社社員の貢献に還元することを忘れていては、会社には金が欲しいだけの傭兵ジョブホッパーばかりになり、それこそWantedlyに書かれているような高らかなビジョン共感する者は一人もいなくなるのではないでしょうか。

転職ドラフト実在サービスですが、フィクションとして読んで下さい(体験談風に書いていますが)。こういったことはたくさん起きているのではないかなという妄想です。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん