「井戸端会議」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 井戸端会議とは

2017-05-09

ネット刹那的かつ存続する理由

日本インターネット流行歴史を見てると、つくづく腰を据えて何かをする、じっくり読み解く文化親和性がないと感じる。

逆に言えば、流行りに乗っかることで延々と存続する刹那的空間がよく維持できたというか。

インターネット未来想像できた形はいくつかあったと思う。一つは業者ばかりが利用するインターネット

あるいはメールなどインフラとしての価値はあるけど、それ以上の意味をなさなインターネット

もっともこの方向はケータイ付近の状況からしてもありえない。

明治大正主婦たちは洗濯板で井戸端会議に勤しんだが、そこでかわされる情報は投げ捨てられるものだった。

投げ捨てられる情報はその場で終わればよいが、拡散して蓄積される場所に載せられると文化として残ってしまう。

しかしそれは前の性質を受け継ぎ(ミームなどと格好をつけるやつが嫌いだ)、刹那連続形成された。

延々と続く井戸端会議サーバにあるHDDテープメディアけが握ってるような気がしている。

仮にDRAMのように毎日記録がリセットされるインターネットならどうだっただろう。

SNS掲示板の殻だけが残る場所において、井戸端会議的で小規模なはやりが形成され、消えるだけだったのではないか

2017-04-30

PTAへようこそ

日本各地には非効率を良しとする悪の組織PTAが存在する。

4月初め、かわいい我が子と幼稚園の門をくぐったならそのまま「保護者の方はこちらへ」と

小さくてかわいい椅子を円く並べた教室誘導されるだろう。

そして、前会長PTAとして幼稚園と関わる素晴らしさを一通り語ると、

この役とこの役と…これを決めてください!と教室の扉の前には前年度委員が仁王立ちし、

決まるまで決して帰れない保護者同士の我慢大会が始まるのだ。

の子どもがいて内容を把握されている方の立候補が一通り終われば、残りの保護者PT役員から逃れようと下を向き続ける。

PTAの多くが女性構成され、働いていようがいまいが協力を要請される。

この我慢大会には前委員からの「なぜPTAをやらないのかわからない!!」とひそひそ聞こえるプレッシャーに耐えなくてはいけないのだ。

時間無駄になってしまう…このまま決まらないのなら私が…なんて仏心を出したら最後、聞いていた以上の仕事が降ってくる。

(私はここで失敗した。今後この我慢大会に参加される方にはご注意願いたい。)

この役決めに関しては、特定場所に閉じ込めるという意味では「監禁」、

仕事内容に関しては当初受けていた説明と違うという意味で「詐欺」と私は言いたい。

ちなみに当方時短で働く兼業主婦家事育児仕事も…あきらめたくはない。

からこそ限られた時間効率的有意義に使いたいのだ。

仕事内容は〇〇だから、働いていてもできるよ~。補佐の協力委員数名いるし平日出られなくても大丈夫!」と確かに私は言われた。

が、現実は違った。(ボイスレコーダーを仕込むべきだったと今では後悔している。)

送り迎えの後の井戸端会議に、PTエッセンスプラスしたプチ会議物事は決まる。

「どーしよー?」「どう思う??」の発言が良しとされ、前に進ませようもんなら、要点つかない返答が返ってくる。

グループLINEへの加入を促され、必要事項のホウレンソウはないまま「う~ん、どうしよ?」が繰り返される。

そして「こんなのやりましたよ(内容はたいしたことない。)」のアピールの場となるのだ。

そしてびっくりなのはPTAには謎の親玉運営本部があることだ。

つい数週間前に我慢大会の末にババを引いただけかと思いきや、この時点で運営本部の手下となっていたのだ。

幼稚園をよくするために!!と前会長はおっしゃった。

から、ただ役員を引き受けた保護者子どもたちのために!と同じベクトルを向いて活動するだけだと勝手解釈していた。

が、私はバカだった。

PTAはブラック組織だ。

ほぼ強制的時間的拘束とウダウダグダグダの足並みを乱すことは決して許されない。

そして女性特有粘着質な会話を絶えず意識しながら、子ども人質に取られ親は1年の任期を耐え忍ばなくてはいけないのだ。

効率の塊、それがPTであることは間違いない。

あぁ、そうか。

安倍首相の言っていた女性社会進出の「社会」とはPTAのことだったのか!!

働き方改革生産性革命とは、PTAの改革のことだったのか!!!

・・・

私は決して兼業主婦専業主婦と考えているわけでない.

働いていない人がPTAをやればいいとも思わない。

が、仕事持っていたら現実PT活動は無理なのだ

ベルマークの集計のためにお仕事休めるかな?」って…旦那さんにも同じことが言えるのだろうか?

働いている人もPT活動に参加すべき!と言われる方、

是非、稼ぎ頭である旦那さんに「明日PT活動から仕事休んで」と言ってみてほしいもである

IT化で作業効率向上やタスクを激減させることができる世の中に、些細な仕事大勢で取り組むのを良しとするPT

いや、100歩譲って、教育現場への保護者の関わりが多少必要であったとしよう。

なぜこの組織ボランティアなのだろうか?

人がやりたがらない仕事こそ価値がある!ならばアウトソースすれば?と思うのは私だけなのだろうか?

予算がない?

やりたがらない保護者から徴収すればいいし、作業をこなした人への謝礼として支払えばいいだけではないだろうか?

この国には「PTA」が存在する。

PTA」聞いた事ある組織だが、その中身をしる人は経験した人のみだ。

からいう。今後、私のような犠牲者をださないために。

役員決めでは下を向け!時間無駄に過ぎ去っているのではない。無駄時間を耐えることにこそ意味がある!

しかし、一年後は私も言うかもしれない。

PTAへようこそ。あなたもこの素晴らしい仕事をやってみませんか?」


余談

PTAに関連して。

私の主人はベルマーク否定的だった。

子ども学校での活動費になる」と、小さいこからベルマークを集める事を良しとされてきた私は

「なんで(ベルマークのついた袋を)捨てるの?」と怒ったことがある。

ベルマークパッケージ掲載している企業は「なんとなくいいこと」している企業と思い込んでいた。

実際私は同じ商品ならベルマークのついた商品を選んでいた。

が、そのベルマーク集計のために、保護者PTからボランティアという名の強制労働を強いられるのだ。

ブラックシステム元凶である企業に、「なんかいいことしている気がする」というイメージだけで、私は利益に貢献してしまっていた。

非常に恥ずかしい。

さいこから学校という教育現場ベルマークを集めるという行為こそPTA主管のもとおこなわれる洗脳教育であり、

これこそが、PTAの資金なのだ

本日、主人に謝罪すると共に、今後ベルマークのついた商品を好んで買う事はしないだろうと誓った。

H29年度 PT役員

2017-04-12

BBA呪い

腐女子

twitter歴8年

始めたばかりの頃は同じ萌え話ばかりできて楽しかったし

ジャンルが移動しても、同じ傾向の人がオタク活動に勤しんでる様子を眺めるのは楽しかった。

でも昨今

TLを見るのが疲れる。

年上のフォロワーとの年齢差を感じるようになった。

不意にこぼれる日常ツイート共感ができなくなってきてしまった。もとい、共感どころか反感を覚えるようになってしまった。

具体的には、日常ツイートにおけるテンションの低さ、他人社会に対する不満、「〜が当たり前だよね」に代表される常識感覚など

端的に言えば価値観が合わなくなってきた。

8年もいれば卒業するし就職するし結婚するし子供生まれる。

でも仕事も変わらず結婚もしない人もいる。

有職無職既婚未婚関係なく、その人の環境の変化あるなしに関わらず

長くフォローしてる人のうち、年上の40%くらいの人と合わなくなってきた。

一番近い感覚は一回り歳の違う会社のお局様が給湯室でやってる井戸端会議が丸聞こえの状態みたいな。

しんどい

彼女らの物差しが固定されているのが見え見えなのかしんどい

きっと向こうが加齢によって価値観が固定されてきたのと同様に

私も価値観が固定され、他人価値観を受け入れがたくなっているのだろう。

これが老いか

これがBBA

しんどい

http://anond.hatelabo.jp/20170412205237

近隣のおばさまたちとの井戸端会議

「うちの息子は○○に就職してますのよ。オッホッホ」

と自慢しちゃったりしてたら、そりゃ、○○でなくなるのは大ショックなんでしょう。。

2017-03-20

ネット上の適当な書きなぐりに論文としては不適格であるからという理由

鬼の首を取ったように文章がなってないって叩いて悦に入ってる高学歴って

実際リアルでそれやってたらだいぶ引かれると思うんだけど高学歴の世界では

例えば他愛のない井戸端会議でも「論文体」が普通なの?

2017-02-19

将来の増田は老人の井戸端会議場になるか、老人がいなくなってガキのはしゃぐ場所になるかどっちか。中間は多分ない。

2017-01-31

ほ、本当に私でもコック長になれるんですか!?

ベシャメルソースって聞いて井戸端会議イメージする私でも!?

2017-01-14

ジャニーズジュニアヲタク世界

 誰にも明かしたことがないが、つい数年前デビューしたグループファンをほそぼそとやっている

といっても別にコンサートに行くわけでもなく、グループメンバーが載っている雑誌を買ったり

出ているテレビ番組を見て楽しむ程度のいわゆる「茶の間である

数年テレビ雑誌を見ていれば、応援しているグループ以外のジャニーズのことも少しずつ分かってくる

そういう流れで、バックで踊るジャニーズジュニアにも興味が湧いたのである

 少年倶楽部というジャニーズが出ている番組で私はあるジュニアに興味を惹かれた

それからジュニアのことも途端に色々知りたくなった 

ジュニアが出ている番組殆ど録画たし、雑誌で読むコーナーも増えた

しかし、茶の間にとってジュニア情報量想像以上に少なかった

デビューしたグループならば週1回は確実にテレビで見れるし、

雑誌にも数ページ分はコーナーが確保されているため、これまでの私は情報欲求が満たされないことは殆どなかった

情報不足になった私はジュニア情報ネットで探し、「タレコミ」という掲示板2ちゃんねるなども見るようになった

 いろいろな掲示板を見て思ったが、ジュニア掲示板はかなり荒れている

どの掲示板でも殆ど平和に語られているスレ存在しない かならず誹謗中傷存在している

とくにジャニーズヲタクにとって僻みの対象となるのが「推され」である

新人ジャニーズが突然テレビで出番を獲得したり良いポジションをもらうとたちまちのうちに「推され・ゴリ推し」認定をされる

こうなってしまうとどんなにそのジュニア能力が高くて推されに値する人物だったとしても、そのジュニア自体評価してもらえない

私がファンになったジュニアもいわゆる推されであり、読んで気分の悪くなるような悪口しか書かれなかった

( 私には推されどうこうの区切りがよくわからなかった 実力・人気以上に出番が多いジュニアなんていくらでもいる

それなのになぜだか「ゴリ推し」認定をされない人材がいくつかい

法則として ①一度デビュー漏れなどの「辛そうな」思いをしている ②デビューしてから一定期間露出が少ない ③雑誌で「人気」投票順位が高い

④色白 ⑤飛び抜けて顔が整っているわけではない ⑥最初に組んだユニットセンターではなくサイドやバックについている

こういう人材は何故か能力以上の出番を貰っても誹謗中傷されることが少ない)

 しかし、それ以上に驚いたことは、ジャニーズジュニアとそのファン実態

この情報化社会現代においても相等ローカル世界ジャニーズジュニア世界には存在している

1番最初に驚いたのが「れつ」と呼ばれている出待ち概念

詳しくは分からないが、コンサートなどのでたジャニーズは、その後、会場近くで列を組んで出待ちしているファンのために

その列に向かい軽いコミュニケーションファンとの間に交わすようだ

そこでジュニアによってはこっそりと次の自分の出番の話をしたり、あるいは高価な貢物を貰ったり、ファンとの連絡先の交換をする

(よくジャニーズスタバドリンクを飲んでいるイメージがあるが、あれはどうやらファンスタバカードを貢いでいる影響もあるようだ)

そして、そのような情報ツイッターなどのSNSで限られた相手との間でのみ流通する

(ファン同士で秘密パスワードを付けた掲示板を作る。私もツイッターに入り込んで情報を得たりした。)

信じられないことに、ファンの中にはそのような「現場でのつながり」によってジュニアとの交友関係を獲得するものや、

果ては肉体関係を獲得するものもいるようだ

(別に私はジャニーズからといって性欲真っ盛りの期間に鬱憤を一人で発散したりホモに走ったりするのもどうかと思うので否定はしないが)

 私はジュニアのことを詳しく知るまでは、ジャニーズジュニアはほんの一握りの出番の中で、ファンを獲得するために奔走するレアキャラ

露出が少ない彼らのファンなど存在しないと思っていた 彼らは貧乏プライベートを捨てて必死ダンス歌を練習する苦学生のような想像をしていた

しかし、彼らはスタバカードでタダでドリンクを飲む 貢ぎとジュニアとしての稼ぎで高級ブランドを身にまとう

各々に濃いファンがいて彼らと直接の交流を交わす 可愛い女の子が見つかればちょっと恋愛をしてみたりもできる おもったより華やかな世界

 そしてファンデビュージャニーズよりももっと近い距離で彼らを応援する コンサートには出待ちし、奥様の井戸端会議の様に

SNSタレコミ情報を交換する お金自分を貢いで彼らを豊かにさせる

 そんな実態を知って私は掲示板の荒れように妙に納得する 自分彼氏・息子のように近い存在が狭き狭きデビューの門を争っている

そりゃあ新人面白くない 自分彼氏・息子が1番で出番なんて誰にも取られたくない 自分けが詳しく知っている存在でありたい

私はそんなジュニアとそのヲタク世界を知り「茶の間自分にはテレビ雑誌露出の多いデビュー組以外無理だ」と悟った

私の生活は元に戻った。今日も録画番組をみて、雑誌を読み満足する。

しかし、一つだけ日課が増えた。ふと思い出して、タレコミを覗く。

今日も荒れてるな」 茶の間の私は今日もほくそ笑む。

2016-12-29

http://anond.hatelabo.jp/20161229185745

悪い意味で、巨大匿名掲示板風に言うなら便所の落書き的なインターネット井戸端会議的なインターネットになったなあと思う

親近感が強くなった反面、ムラ社会感も強くなってしまった

2016-11-07

http://anond.hatelabo.jp/20161107012315

何か勘違いしてないかブコメあくまブクマカ同士で褒め合ったり村意識確認し合うだけのためのツールで、ブコメする対象自体に本気でアドバイスしようとか議論しようというツールではないぞ。ブコメ対象あくまで話の種に使われるだけの井戸端会議

2016-11-05

anond:20161104152326

まず人間の味覚は均一にできてないという事実がある。

たとえばブロッコリーに苦味を感じる遺伝子を持つ人間とそうでない人間がいる。

わかりやすソースはこの辺 http://blog.goo.ne.jp/itokin_of_joy_toy/e/17fb9c0d20c7593f82e7960a27416f17

で、米もはっきり品種や処理がわかる舌とそうでない舌が存在し得る。

けれどこの記事は「同じ○○という品種単一米で、無洗米普通の米とで味を比べました。自分は違いを感じなかった」とまで正確に検証したことを書いていない。

お金にこだわると無洗米だけ複数混合米にして比べてしまうこともある。

(そりゃだれが比べたって味が変わるだろうという条件の一例です。)

 

まり記事の書き方に最低でも情報後出しという手落ちがある。

この先どういう話にもっていくつもりかわからないが、

・わざと書き落として後出しして男女の対立を煽るタイプ煽り記事メーカー

・わざとあとでなかなおりしましたとのろける

などの劇場愚痴記事メーカーさんである疑いが高い。

 

これらの情報を踏まえてなお言えることがあるとすれば、

婚姻年齢に達した男女が同意の上」結婚したんだから

食卓の好みにせよ、家事分担にせよ、十分協議しろ一方的ネット愚痴を持ち込むな、承認に飢えすぎ。

というごく当たり前の結論です。

そこらのおばちゃん同士の井戸端会議でも大体おんなじことを(言葉は少しやんわりとですが)言われるだろうとおもいますよ。

 

味と体調については、保温できる炊飯器を二台買って夫婦がそれぞれ自分のを使うことにしてるお宅も知っています

体調上、片方が全玄米、片方が白米しか食べられないという理由を聞けば合理的対処だとおもいます

 

また、家事負担については、ちょっとソースが見当たらないのですが、

自炊するようになって母に冷たい水で米研いでくれてありがとうといったら、

泡立て器で研いでたから全く寒くなかったと返答がきて、

自分もそういう大人になりたいとおもいました」というツイッターもありました。

炊飯器の内釜で米を研いだり泡立器を使うと早く傷むのでやってはいけません)

 

愛情とは、不必要な苦労を背負って相手に恩を売ることではありません。

サトウのごはんでいいならそれでもいい、質を落とさずに楽に家事をできる道は必ずあるということ。

工夫してだれも苦労しない生活をすることのほうが愛情いっぱいな家庭です。

(その中では無洗米を買ってみること自体はいトライだったといえるでしょう)

60、80歳になればたいていのご夫婦はそれぞれ違う病気を患います

これから先もどんどん違う価値観、違う体質、違う感覚が露わになるばかりで、同一人物になりきることはできません。

最後まで添い遂げられる結婚には協議が不可欠です。

=====

そのあと「それだめ大百科」とやらのテレビで、「ドライ研ぎ」と「水多め」とかテクニックやってた

まさかこの元益田テレビネタ釣りだったんですかね。

2016-10-26

ゴリラキラキラスイーツ(笑)社会への適応日記

まずはじめに、とんだ場違い愚痴であることを謝罪させてくれ。

愚痴垢は所持しているものの、「やだ…知らない人たちに私の恥ずかしいとこ見られちゃってる…っ!」な気分を味わいたいだけだ。

ほんとただそれだけだから、この時点で「こいつ無理だわ」と思ったらブラウザバック→スルー推奨。

これだから女は…な男もとりあえずブラウザバックしてオナニーして寝とけ。




ツイッターで今まさに経験していることなのだが、

私はそこらへんにいる一介のゴリラだ。

そんなゴリラが、好きな洋服ブランドが同じという繋がりで、キラキラスイーツ(笑)ツイッタラーたちと繋がることとなった。

相手左手の薬指にリングをつけている。こっちは推しの陰茎の根元に射精管理用のリングをつける日々を送っている。

もう本当に文明が違う。生きてきた環境が違う。


そして感じたのだが、ゴリラスイーツ(笑)たちとはツイッターの使い方の認識がはなから違うらしい。

スイーツ(笑)たちのノリにゴリラはついていけねえ。

ぽつり…と呟いた独り言ツイートにも「わかる!私は○○で〜…」などと聞いてもいないのに自分の話をし始める。

お静かに願います黄色バナナの内側には入らないでください。幅50mくらい引き伸ばしておきますね。

50のいいねより1のリプライの方が大切らしい。うるせえいいねがつくだけありがてえと思え。

常に誰かと誰かが社交辞令丸出しの長文リプライ飛ばしあっている。TL埋まるやめろ。

旦那」「相方」「彼氏さん」うるせえこちとら喪女ゴリラなんだよ!!!


スイーツ(笑)は、常に誰かと絡んでいたい馴れ合い巣窟みたいなツイッターの使い方をしているようだ。

馴れ合いなら顔本いけよ。ツイッターは呟くところだ全部独り言だ。用事があるならリプ飛ばすわ。

というか常に誰かとお喋りしてないと落ち着けないこいつらなんなんだ。マダム井戸端会議か。小学生連れションか。

ジャングルで生きてきたゴリラは、リプライを送る=部屋のドアにノック くらいの感覚だと思っていた。

今や常に誰かから

トントントントン!ヒノノニトン!じゃあね!バタン!

トントントントンワシントン!じゃあね!バタン!

とクソノックを繰り返される日々だ。(当然だが例えだ。これくらい内容がないようなんだ)

感覚の差なのか、やめてくれ。

ゴリラも一応社会適応する技術練習中なので、送られてきたクソリプを無下にすることもできず、

「そうですね✧‎\\ ٩( 'ω' )و //✧」とスイーツ(笑)擬態しながらリプを返すのである

もう疲れたゴリラ適応できない。バナナ食う。美味しい。




そうだ、ミュートしよう。アカウントを分けよう。そうしよう。

2016-10-05

ふと疑問に思ったんだけど、いらすとやってどうしてこんなに広まったんだろう

ネットに入り浸ってる人、とくにはてなブックマークなんかやってる人ならホッテントリで見かけてたからわりとなじみ深いけど、

あんまりネットを触らないような個人商店のおじさんおばさんみたいな人たちとか町内会回覧板とかでも使ってたりするわけじゃん

そういう人たちが、インターネッツいらすとやというサイトにある素材なら無料で使えるらしいよ、なんて情報をどこから仕入れたんだろう

井戸端会議的な口コミ情報網だけでこんなに広まるものなのだろうか

2016-09-10

まさかブコメを書いて世の中が良くなるなんて思っていないだろうな

話題になった記事にははてブが付く。

やれ「こうしたほうがいい」だの「この考えは間違っている」だの、あらゆる角度から精査吟味したコメントが山ほど付く。

こういうコメント日常的に付けている「お前」に聞きたい。

なぜ、はてブコメントを書いているのか。

自分気持ちよくなるために決まってんだろカス

返ってくるのがこんな回答なら自分は満足だ。

「なぜオナニーするのか?」と訊かれたときと同じなら何も文句はない。

しかし、「お前」はそうは答えない。「間違っていることを間違っていると指摘するのは当然…」みたいな、ゴニョゴニョしたことを言う。

世の中の間違いを正し、正しい考え方を伝えたいなら、なぜはてなブックマークコメント機能なんか使う? まさかそれが自分意見を伝える最適な手段だと思っているのか?

はてなブックマーカーのxevraという人はこんなコメントを書いている。

「棘があるのはそうしないと相手に届かないから仕方ないんですね。私のブクマ活動目的社会をより良くする事なので少しでも役に立てばうれしいです。」



こんな記事も書いている。

http://xevra.hatenablog.com/entry/2014/05/03/165034


要約すると、自分はてブコメントを書く、しかも強烈に棘のある言葉で書くのは多くの人に強い印象を残すためであり、これを継続すれば社会が良くなっていくのだそうだ。

「もちろん、極微々たるものではあるが、こうやって毎日毎日メッセージを発信し続ける事で社会がほんの少しでも良くなれば、より住みよい社会になって私の人生も楽しくなる。

から今後もこのスタンスは変えないし、日々、社会が良くなるにはどうしたらいいか考え続け、メッセージを工夫して発信し続けたいと思う。」



寝言は寝て言え、と思う。こんなことを1万年続けたって社会は良くならない。よしんば良くなるとしても、xevra氏自身の言うようにその効果は「極微々たるもの」だ。

なぜわざわざ「はてブ」を選び、そんな非効率的なことを続けるのか? なぜ微々たる効果に甘んじているのか? お手軽だからだ。似たような考えの人に安定して指示されるからだ。平均値よりそこそこ高い知能を利用すれば高確率で勝てるジャンケンゲームからだ。気持ちよくなれるからだ。

特に最近のxevra氏は「先生」などと呼ばれて、一定キャラクター確立している。「同じことばっか書いてて頭おかしいけどちょっと憎めないよね」みたいな。「なんだかんだで言ってることは正論だよね。僕も野菜350グラム食べるようになりました」みたいな。これは閉じたコミュニティの中で生活するなら喉から手が出るほど欲しいポジションだ。何を言っても周囲が今までのキャラクター性と照合して解釈してくれるし、間違ったこと、人を傷つけることを言っても「まああの人はそういうキャラから」というエクスキューズが成立する。自分専用の席が用意された世界ほど居心地のいい場所はない。

しかしそのコミュニティは閉じている。

矛先がxevra氏に向いたのでこれを読んでいるxevra氏以外の人は安心たかもしれないが、問題は似たようなことを毎日やっている「お前」だ。自分がこれを「おまえら」としないのは、「でも、そうでない人も中にはいるし」という逃げを打たれるからだ。はてなブックマーカーという群体ではない「お前」の話をしている。

お前が毎日いろいろなネット記事正論を貼り付けているのは、間違った考えの人たちに考えを改めて欲しいと思っているからなのか? それともただの楽しい井戸端会議のつもりなのか? もし前者だと少しでも思っているなら、もっと効率のいい方法はいくらでもある。文字数制限された1行コメントで変えられるほど世界は小さくない。「正しさ」を手札にしたゲームにのめり込めばのめり込むほど、数えきれない多くの問題をはらんだ世界リアルさを忘れる。人ひとりが世の中に対して働きかけられることなんて微々たるものだが、だからといって1行のコメントを書き込むだけで「少しだけだが今日も善いことをしたな」と満足しないでほしい。もしブコメ以上に手間のかかることなんてしたくないと思うのなら、もう正しさを大切にしているかのような素振りを見せるのはやめてほしい。自分気持ちよくなりたいという衝動に従っているだけだと自覚してほしい。

以上の文章はもちろん、増田自分にも向けられている。なんでこんなこと書いたのか? やっぱり気持ちよくなりたいだけなのかもしれない。だってこれを書くことではてブ以上の何かをやり始める人なんてただの一人もいないだろうし、明日からもいろんな記事に同じようなコメントがつき続けるだろうから。正直こんな状況いやだと思っているが、これ以上の行動に移るのは、自分にはめんどくさい。




【追記】

自分気持ちよくなるために決まってんだろカス



あらかじめ用意した選択肢を選んでくれる人が現れて安心した。

でも正直言って、「自分気持ちよくなるためだけに」世の中の出来事をダシに使えるのも実はかなり下品だと思うんだ。まあ下品なのは別にいいんだけど、それを自覚しないのは良くない、とも思う。ワイドショー夢中で見てる人たちと心性はまったく同じですよ。こう書くと「そんなこともわかってなかったの?」と先回り系のコメントがつくんだろうけど。

あと、「増田に書いて世の中が変わるとでも?」とか「ブーメラン」とか書いてる人が山のようにいたけれど、全然おもしろくない。こっちがそれくらいの反応を予期せずに書いているわけない。「相手側の論理を使って華麗にカウンターパンチ」みたいなのをはてブの人はすごく好むが、まさにそんなお手軽テクニックを使いこなす醜さへの嫌悪がこの増田を書いた動機の一つでもある。

大喜利会場じゃないの?



こういうコメントも。2chが元気だった頃からお馴染みの「しょせんチラ裏なんだから本気にすんなwww」の延長にある対応。本当に問題だと思っているのは、この「チラ裏」と「社会を憂う者たちの社交場」の二面を器用にクルクル使い分けて何の責任も取らずに適当なことを書きまくれる空気を確保する立ち回り方だったりする。あ、でもこういう言い方をすると、誰かがコメントしていた「内心の自由制限するようなことはよくない」という指摘にモロ引っかかってしまうか。

自分はそんなことを言いたいんじゃなく、ある個人ネットでなんか書くときに内心で渦巻いているだろう打算と戦略キタナさを憎んでいる。だからこそ、読んだ人にはこの内容を上から目線命令だと思ってほしくなかったし、喧嘩を買ってさら俯瞰で眺めてほしくはなかった。自分のこととして考えてほしかった。

ブコメでの正義など電車で席を譲るくらいの意味しかない。だが席を譲る人を私は賞賛したい。



ブコメでの正義果たして電車で席を譲るほどの意味を持つのかは別として、たしかブコメが何かしら社会に影響を与えるということはかなりある。「日本死ね」の件もそうだし。

自分ブコメのもの無意味だと言いたいわけではなかった(そこははっきりと、自分が書き方を誤った)。むしろネット上の場としての影響力はすごいと思っている。でも、たとえばキンコン西野ブログブコメを開いて皮肉コメントにズラーっと星が並んでいる現状を見ると、やべー、みんな病んでるって感じる。スズメバチ熱死させるミツバチの群れに進んでなりにいく人がこんなに多いのか……と恐怖を覚える。

ブコメがなぜ世の中に影響を与えられるか。たくさんのつぶやきが連結して巨大な世論みたいなもの形成するからだ。それを手放しに良いことだとは思えない。結果的集団個人を叩き潰す構図も無数に生まれているということへの反省が少なすぎる。こんなに大雑把にしか世論を動かせないのにブコメを選ぶ人が多い理由は「コミュニティとしての居心地よさ」という、正義とは無関係のものだ。ブクマ無駄だとはまったく思わないが、妥当手段だとも思えない。







こんなにブクマが付いたのは初めてだ。ずっと変な汗が止まらなかったし心臓バクバク鳴ってた。自分ひとりの文章に対してコメントが400くらい来ている。こんな疲れる目には二度と遭いたくない。ブコメで1行だけ何か言うのは手軽だし、人の意見を見た上で乗っかれるしでいいことづくめだと痛感した。

自分がやろうとしたことは「はてなブックマーカー」というコミュニティの中に潜んでいる一部の人間の卑しい心性を指摘することだった。思った通り、指摘はかなり難しい。何か言うたびに無数の「当てはまらない人たち」が立ちはだかる。「そんなことを考えているのはお前だけだよ」と笑われる。彼らは別にいいのだ。自身を振り返ってみて「全く当てはまらない」と思えたのなら、変なこと言ってゴメンねとしか言えない。でも自分は、自分の胸の中にもいる醜いあいつがあの群れの中にもいると直感している。「当てはまらない人たち」の中にも潜んでいると思う。そのことを伝えかったが叶わなかった。それとも中には通じた人もいるんでしょうか?

「ほら増田、こんなにブクマが数百個もついてホットエントリーになると興奮するだろ。何回もリロードしちゃっただろ。それと同じだよ。自分の書いた言葉大勢の人に注目されるのって気持ちいいんだよ。いい経験したな」

このコメントはてブが作ってきた空気の醜さが詰まっていて、自分に似ている。もし「まさかブコメを~」を書いたのが他人だったら、自分はこんな感じのコメントを付けていたような気がする。嫌だったのはこの処理のこなれ方だ。

2016-09-09

あなたはどっち?

仕事からこそ無意味な会話も許せる(上司取引先のくだらない話に合わせて超無意味な会話も付き合える)

・家庭だからこそ無意味な会話も許せる(妻の昼間の井戸端会議の話も延々とつきあえる)

どうやら、この2種類の会話のどちらかを許せるかどうかで、仕事でうまくいく人、家庭でうまくいく人、が分けられそうだ。

両方許せる奴は心が広い。

2016-08-02

http://anond.hatelabo.jp/20160802141842

内容はともかく、スペースと改行でそろえるとレイアウトが崩れるから表組み記法かいなさい

スポーツ新聞何故か社会的重要問題を報じる位置づけに。スポーツ誌故記事の並びは特殊だがそれなりにしっかりしてきたか
大手新聞読売朝日産経毎日を入れるかどうか。週刊誌とどっこい。もとより週刊誌よりはまし程度だったのが最近週刊誌の頑張りでどっこい程度になった感じ。Webの発展により糞な事は糞だと指摘される時代が故か。新聞勧誘記者傲慢とかすぐに伝わるしね。
週刊誌乗りに乗ってる。文春を筆頭にまさに報道してる感じ。おときたの例を見てもまだ脇が甘い気がするがそれでも。
まとめブログ及びSNS嘗てのゴシップ誌の立ち位置キャッチーさと見出しの派手さを競う感じ。信用度なんて二の次
日経新聞東スポ一歩手前
はてな斧はもったか
2chオープン等の掲示板まとめ系の養殖場。もしくは井戸端会議Web会場。
TVシェアは大きい。けど言うほど日本国民TVみてない。全体で視聴率60%だとすると10人に4人はみていない計算番組単位10%だとすると10人に9人はみていない。
ラジオ距離運転のお供。もしくは災害時の有用情報源

メディアの信用度

スポーツ新聞→何故か社会的重要問題を報じる位置づけに。

       スポーツ誌故記事の並びは特殊だがそれなりにしっかりしてきたか

大手新聞  →読売朝日産経毎日を入れるかどうか。

       週刊誌とどっこい。

       もとより週刊誌よりはまし程度だったのが最近週刊誌の頑張りで

       どっこい程度になった感じ。

       Webの発展により糞な事は糞だと指摘される時代が故か。

       新聞勧誘記者傲慢とかすぐに伝わるしね。

週刊誌   →乗りに乗ってる。

       文春を筆頭にまさに報道してる感じ。

       おときたの例を見てもまだ脇が甘い気がするがそれでも。

まとめブログ→嘗てのゴシップ誌の立ち位置

及びSNS  キャッチーさと見出しの派手さを競う感じ。

       信用度なんて二の次

日経新聞  →東スポ一歩手前

はてな   →斧はもったか

2chや    →まとめ系の養殖場

オープン等の もしくは井戸端会議Web会場。

掲示板

TV     →シェアは大きい。

       けど言うほど日本国民TVみてない。

       全体で視聴率60%だとすると10人に4人はみていない計算

       番組単位10%だとすると10人に9人はみていない。

ラジオ   →長距離運転のお供。

       もしくは災害時の有用情報源

ぐらいに考えてるのだけど実際どうなんだろうねぇ。

2016-07-22

http://anond.hatelabo.jp/20160722124118

井戸端会議の女たちが悪口を言っていたのは、まさに嫉妬ゆえだとは思うんだけど、それとは別に職場での「胸チラリズム」には気をつけた方がいいと思うよ。セクハラになりかねないから。女の胸元は性の象徴(の一つ)で、それを見た男女が「職場性的ものを見たくない」と感じたらセクハラ案件になる可能性が高いので。

職場に元モデル入社した

職場に元モデル美人さんが転職してきた。

性格も見た目もすごく素敵で、仕事もできるし、尊敬してる。

(私よりちょっと年上だから友達みたいな感じではないけど、たまに2人でランチいくほどのいい距離感だし、同僚として今後も仲良くしたいなーというかんじ。ちょっと憧れも入ってる)

昨日会社パーティーみたいなのがあったから、会場の隅っこで会社女性陣と井戸端会議みたいなことしてた。(彼女はそこにいなかった)そしたら、みんな結構彼女悪口言うんだよね。胸元開いた服着てる、とかでも胸元に割と年齢が出てるよねとか、彼女モデルだった頃のブログ読んだけどなんか凄いよ、消せばいいのに、とか(入社からそのブログが影で回ってたみたい)

なんていうか、本当にびっくりした。びっくりしたのは

1.その井戸端会議にいた女性陣はみんな結構さっぱりしてて、そんな嫉妬から悪口言うようなキャラじゃないと思ってた(嫉妬ですよね?)

2.胸元開いた服きてることは女性から悪口言われる対象なの!?私は眼福眼福〜としか感じない(別にレズじゃないけど単純に美しい人の美しいボディラインは綺麗)し、自分自身も胸元あいた服が好き。(胸がDカップあるから首元が詰まった服は太って見えることがある。)あ、ちゃんとブラが見えないように下にインナー着てるよ。ちなみに彼女も着てた。ブラは見えないけど谷間がチラリズム。ぐらいの感じだった。

その場でいやそれは別によくない?とは言えず、帰ってからもうーんあれはなんだったんだろうという感じ。

人はそれぞれ感性が違うんだね。胸元の開いた服、あんまり着ないようにしようかな。

2016-07-16

悪口が少なくなって、インターネット真実が減った。近所の世間話のほうが役に立つ

インターネット悪口誹謗中傷で溢れていた。

しかしいまや、訴訟クレーム回避するために、業者褒め言葉ばかり並べるために、それらは消えてきている。

しかし、言いたいのも、聞きたいのも、クレームや不満のほうが多いのだ。

ある商品はどこが駄目とか、この医者はどこが駄目とかそっちのほうが役に立つ。

どの店も美辞麗句ばかり並べられたところでは宣伝しか思えない

例えば、デンターネットという歯医者に関する口コミサイトがある

ここは改善要望レベル文句以外、例えば保険診療を選ぶと対応が悪い、治療ミスなどの口コミ

ブラックでんリスト、という通常の口コミ以外の場所に並び、都道府県名以外の歯科医院名などは隠されてしまう。

なので、歯医者検索すると、どこも褒め言葉口コミ以外は残っていない。という仕組みである

これではまるで役に立たない

このサイトはまだ苦情の山が確認できるものの、誹謗中傷クレームのような口コミ個人的トラブルに関する口コミは削除するとうたっているサイトも多い

アマゾンカカクコムではある程度的確な苦情や不満を見ることができるが、全体としては減ってきているのが実情だ

これでは、病院などの情報は近所の井戸端会議に回答を求めたほうがマシになってしまった

きちんと悪い店良い店の話が聞ける。悪い店の不満を言える。

歯に衣着せぬ意見散見される素晴らしいメディアだったインターネット

今は誰もが炎上クレームを気にして、自主規制や、検閲をかけている

業者が絶え間なく、褒め言葉投稿し、インターネットを汚している

インターネット劣化してしまったなあ

2016-07-14

団地ともおエピソード思い出した

基本的はいたずらっこともおの面白おかしい日々を描いてる漫画だけど、

こないだ母親が小さいともおの子育てについて苦労している話があって、興味深く読んだ

主人公母親

まだ小さいともおが電車の中でぐずる

母親ビニールをクシャクシャする音をきかせてともおを落ち着かせる

そばにいた見知らぬばーさんに「子育てを手抜きしている」とイヤミを言われて、心にもやもやをかかえる

またあるとき、ともおがすぐ走ってどっかに行ってしまうのでリードをつけていると、ママ友虐待だなんだと言われる

虐待じゃないということを証明するために、リードをはずして「ほら走ってどっかに行っちゃうでしょ」というのを見せようとするけど、そーゆーときに限ってともおは静かにしていて、気まずい思いをする

しかし、井戸端会議のおかーさんたちがいなくなっていざリードをはずすとやっぱり走ってどっかに行こうとする

まり理不尽さに家に帰って祖母に泣きついてしま母親

 ※ともおに八つ当たりしないところはすごくよかった

祖母母親に、気にしなくていいと声をかける

その後母親がともおの様子を観察していると、リードがなくても静かにしている理由が判明した

近くに若い女性がいるときリードを外しても静かにしていた・・・まり、かっこつけていたのだ

合点がいった母親の顔に笑顔が生まれ

それは、子育て全体に対しても余裕が生まれた瞬間だった

・・・という感じ

すっごくいい子育て漫画だったよその回は

こないだ連載で見たばっかだからまだ単行本化されてないと思うけど、多分次の巻に載ると思うから

子育てで疲れてる人は読む価値あるわあれは

http://anond.hatelabo.jp/20160708081215

2016-06-23

道路族うるせーよ

ほんと、頭きた。

から住宅密集地できゃーきゃー、ぎゃーぎゃー子供の奇声、うるせーよ

こっちは窓も開けられないんだよ!朝、週末だからゆっくり寝ていることもできない

朝8時から、庭がない戸建て組は駐車スペースにでっかいビニールプール広げて

下は未就学時から上は高学年の子供たちで奇声あげながらはしゃぎまわる。

声は家々にこだましてるの、知らないの?

子供からしょうがないとか、敷地内だから何やってもいいだとか

勝手な行動はいいかげんにしろ!!

ストライダーキックボードサッカーに、バスケに、奇声をあげたおにごっこ。

ここは、公園か?

じじばばの井戸端会議のがはるかにまし

犬の鳴き声はうるさい、BBQ臭いからダメだとか勝手なことばかりいいやがって

こっちは朝から開けたくても開けられない窓を閉め切って、エアコンつけて

子供の声ちらとでも聞くと腹立たしいかテレビの音ぎりぎりまで大きくつけて

私、なにやってんだろ。ばかみたい

未来日本を背負った子供たちが元気がないと不安ない?

あなた子供のころうるさかったんでしょ?

こういう勝手なことばかりいう親、周りにいろんな人たちが住んていることも想像できない

残念な親。モラルマナーも教えられないようじゃ、それこそおしまいだね

外で子供たちを遊ばせてその傍らで一緒に立ってる親たち、

いかげんにしてよ

子供じゃなくて、あんたたち親が一番の元凶なんだよ

子供の奇声がするだけで動悸がして倒れそうだ

もう5年我慢している

もう限界

誰か助けて

2016-05-23

近所付き合いが嫌いな自分家族晒し物にする連中と出会った

近所付き合いが嫌いだ。田舎に帰るとよく言われるだれそれが結婚したとか、あそこの家の息子はロクデナシだとかどうでもいい。

他所の家の事情なんてどうでもいい。金にもならないのによくそんなどうでもいい話題考える暇があるなと思う。

そんな自分が見ている投稿サービスで「ストリエ」というのがある。

スマホ意識しての「縦読み」に特化したUIで一部の人が見ると爆笑するか胸が痛くなるかもしれない。自分後者だ。

基本はユーザー投稿だが、ライトノベルレーベル提携して無料配信しているがやっぱり苦戦しているらしい。

最近露骨勧誘をしているようでアメブロやらライブドアやらtwitterやらなんでもかんでも引っ張っている。

残念ながらはてなユーザーは見つからなかった。

その中に家族を題材にしたブロガー連中がいた。どうも大量に引きいれたらしくエッセイ特集と銘打ち取り上げまくっている。

最初に書いた通りでそういったものも嫌いだが大衆に受けているのだから何かしら面白いところがあるのだろうと思って挑戦してみた。

一人目

自閉症の子供を育てているらしい。そこそこ読めたが別にドラマチックな展開も無いので2つくらい読んで飽きた。

調べたらそれなりにアンチがついているらしく炎上していた。

障害持ちの子供を晒し上げにするからこうなる。

二人目

二世住宅暮らしてる嫁のブログの再掲。やっぱり調べたら姑がボケたり死んだりしてた。

そんな状態人間使ってよくマンガ描いたりできるなと思った。

三人目

普通の子育て日記子供が喋ったとかどうとかで記事書いてる。それだけ。

四人目

同上。年の差兄妹なのが特徴らしい。一三歳と五歳くらいでそこまで言うほどのものなのだろうか。

五人目

海外で嫁いでる女の記事。夫が金持ちらしくひけらかしてんのかと腹がたった。

適当に読んでいたが五人目で心が折れた。何が楽しいのかさっぱりわからなかった。

○○ちゃんかわいいですね!じゃねーよ。ペット感覚か。

家族出来事とか世界中見世物にして何が楽しいんだ?ついでに障害持ちでもなんでもない家の様子とか見て楽しいか?

ビックダディもいないぞ?

それも大体コメントを見た見てないとかでヲチサイトとか出来てるんだよな。

ワールドワイド井戸端会議とか何考えてるんだよ。

意味がわからない。

2016-05-20

悪口が止まらない私。批判しか承認欲求を満たせない私。

もっと言うと、それしか特技がない。それをようやく受け入れて認識したのはつい最近の事で舛添氏の公金問題が出た時に何故彼があそこまで歪んでいるのか、下世話な事を考えていた瞬間だった。

私は、怒り・もどかしい気持ちを抱いた人間に対して、無意識脳内で「あーだこーだ」考えてしまう。もっと言うと、自分が「この人って卑しい人間だな」と感じる対象にのみ考えてしまうのだ。褒められた話では全くないけれど、唯一他人世間から認められたりする事が、そういう悪口にも似た批判の内容だ。

他の事は丸っきりダメだけれども、唯一どんな人とも相応以上に会話が成立して「増田を呼んで、増田意見も聞いてみよう」と呼ばれたりする。けれども政治経済文学音楽、数理関連の話や抽象的な会話を投げられても、ちんぷんかんぷんで。あくま自分が関心のある卑しい人間に対する悪口しか、話せないのだ。

全国紙の各新聞社の論説記者達や学者有識者が集まる機会に(舛添氏ではない)某人物の話題が出た。自分自身も某人物に対して日ごろ思う所があったり、正直言って「卑しい」と思う対象だったので、つい話してしまった。皆、一様に「鋭い」と言っていた。中には「ああ~!」とか「あっそれだ!」とか言われたり、大笑いしていた人も居れば、思いに耽りながら「僕もこう思ってるんだけど、こういう所は?」と話を繋いだり、とにかくハイスペック人達と唯一渡り合える武器が「悪口」になってしまってる。実を言うと、自分定型発達ではあるがグレーゾーンスペクトラムだ。つまり発達障害者で、手帳は持っていないけれど、今まで生きにくさを度々経験してきた。唯一人並み以上の事が出来るのが「悪口」。

それから、これは自分では思っていないのだけれども「話を引き出すのが上手い」と度々言われる。けれど、これはその時の相手との相性にもよると思っていて。それがどんな時・どんな相手なら、上手くいくのかは自分でも把握できない。うまく行く時はいくけど、そうでないときは全く…といった具合。自分の傾聴力が、どんな人に対してなら合うのかなって問題なだけな気がする。

「卑しい人間に対する悪口批判」。これが活かせる仕事って何なの?というか人としてどうなの?と自己嫌悪で一杯で。その一方で、「優秀なんだな」とか「健常者」に見られるのが、そう言った悪口で「あーだこーだ」言ってる姿なので、承認欲求が満たされているというか…そう言う矛盾した気持ち自分の中で抱えてる。

母は昔から自分を「あんた、批評家ね…」と言っていたり、学校悪口に華を咲かせていてもいわゆる「よくある井戸端会議」なんだろう位に思ってた。

彼・彼女人生のどの段階で躓いたのか、何がキッカケだったのか、成育過程は?生まれ育った出身地は?元々どういう性格人間だったのか…「卑しい人間」の正体や原因を知りたいというか、人に対して悪意を抱きたくない、理解したい、という気持ちや悪や汚れへの好奇心さえ抱いている。

自分はよく、極端な人間と言われる。能年玲奈じゃあないけれど、「生ごみか、リスペクトな奴か」の二つで、悪口を言っている時の自分後者らしい。それ以外は、その場の環境に左右されて、その時によって生ごみの度合いが違う程度。でも、自分でも共感できる悪口対象になると、本当に環境に左右される性格なのだろうか、と思うほど、「それなりの」人間でいられる。

こんな自分が出来る仕事って何なんだろうって、本当に悩む。

犯罪心理学領域なのだろうか…。臨床心理士さん?

長々と書いてしまってごめん。ここまで読んでくれて、どうもありがとう

2016-05-10

ネット話題なんて所詮ゴシップレベルの域を出ないので情報としての価値は低い

ババア井戸端会議を目指すなら話は別だけど

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん