「幼稚園」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 幼稚園とは

2016-09-25

かめはめ波実在する!念動波の発生、発光、爆発までのメカニズム

男子は一度は妄想する超パワーによる爆発。

これを空想から現実のものとするための理論体系の開発が急ピッチで進んでいる。

恐山イタコ連盟の所長の発表によると、

3年以内に太陽フレアの接近により大規模な電磁波が発生し、

地球上の物理法則一時的に変わるというものだ。

その影響により、血液中のヘモグロビンの移動が大気中に大きな電磁的影響を与え、

まるでビームを撃ったような現象を発生させる可能性があるとされている。

これはあらゆる動物適用されるため、○天堂と○イアンテック社は地球上の動物リアルポケモン化に警鐘を鳴らしている。

地球規模の混乱に対抗するため、各武道団体、霊能団体宗教団体会派による共同研究チームが発足し、

人間が自らの力でビームを発射してその身を守る理論体系の開発が本格化している。

ゆくゆくは幼稚園保育園カリキュラムに取り入れたい考えだと、研究者の一人は明かしてくれた。

2016-09-24

ここから考えられる仮説とは

女の言うぽっちゃり系→男にとってデブ

であるからして女はサイズに関して男が表現するよりも1レベル下の単語を用いてしまうのではないか

まり

女の言うデカチンコ幼稚園児の二の腕くらいの超巨大マラ

女の言う平均チンコ→男にとって巨根

女の言う短小→男にとって平均チンコ

女にとって存在しないチンコ→男の言う短小チンコ

http://anond.hatelabo.jp/20160924165634

http://anond.hatelabo.jp/20160924175132

元増田だけど、俺の勃起時は5センチもないかもしれない。

9センチなんて一般的だよ。十分セックスで満足できる大きさ。

から、俺は幼稚園小学生の頃からとっくにの大きは何も成長してないの。

チンコの大きさ気にしない」っていう女は、一般的サイズを小さいチンコと思ってて

俺ほどの子チンコ存在することなんかそもそも想像もしてないよね。

から俺のチンコ見たときにすっげーガッカリした顔するし、

ぶっちゃけ俺もマンコがガバガバすぎて微塵も気持ちいいとは思わない。

それでも頑張ってしようと思うんだけど、女のほうが先に飽きちゃうんだよね。

俺はどうにか頑張って彼女に満足してもらおうと頑張るんだけど、いくら頑張ろうと最中ずっと顰めっ面されるほど切なくて辛いことはない。

もうこれはどうしようもない。

「据え膳食わぬは男の恥」と言うけど、どうせやったって文句言われるかガッカリされるかのどっちかしか無いんで

「誘えばできそうだな」って雰囲気とか、女の子の方から誘ってきても申し訳ないけどお断りしてる。

「したいのは山々だし、俺だって辛いんだけど俺には問題があるからしないほうが貴女のため。決して貴女に魅力がないとかそういう訳ではない」って。

つらい。

http://anond.hatelabo.jp/20160924003244

幼稚園とき新しいクレヨン使うことをみんな嫌がってた。ずっと新しいままでいてほしいか

その心理は昔の筆の時代にもあったんじゃないかな。うん

2016-09-21

成人の発達障害者でも、発達障害児向けの情報が役に立った話

俺は成人して就職してしばらく頑張ってたんだけど、

ある時二次障害発症して家を出られませんみたいな状況に陥ってから治療過程で色々検査をしてADHDアスペを併発していますねと診断された。



それ自体は、ああ、やっぱり俺はおかしかったのか。と割と素直に受け止めて、それならそれで親からもらった顔や体の特徴みたいなものだし、

そこでゴネても何も変わらないからあるもので何とかやっていかないと仕方ないよねと考えて、自分でも症状について調べたり、自分用の対策を考えて試したりするようにしている。

まあ、うまくハマる方法を見つけるまでは劇的に変化があったりはなかなかしないし、いい変化があってもそれを継続するのは難しいので、

なんだかんだと仕事をクビになりそうだったりならなさそうだったりしながらどうにか日々を凌いでいる感じだ。



ともあれ、自分でも色々と情報を探していたわけだけれど、診断された当初は、とりあえず最近話題の成人の発達障害だとか、発達障害のもの記述ばかり読んでいた。

本も数冊読んだけれど、ネットの方がやっぱり手軽なので手の空いたときにふらふらと検索している。

そして最近になって、発達障害児関連の情報に割と有用ものが多いことに気付いた。



最初は内心「そうは言っても、もう俺成人してるしな……」と思いつつ読んでいたのだけれど、

「こういう部分が理解しづらくてつまづくことがあるので、その場合はこうやって教えていくと理解やすいかも」といった記述を読んで、

そういうことだったの!?それでいいの!?と驚いたり腑に落ちたりすることが、とても多かったのだ。

そこには、幼少期にいくら言い聞かせられても、なぜそうしなければならないのかピンとこなかったようなことについて、

「それならそうと初めから言ってくれればよかったのにー」と言いたくなるような、すんなりと頭に入ってきて自然に受け止められる言葉の数々が並んでいた。



このことから考えると、どうやら自分の発達レベル幼児レベルで早々につまづいていて、

なんとなく腑に落ちないまま表面上だけ誤魔化してきたけど、実際の理解はそのままそこで止まっていたということらしい。

30歳近くなって、自分の発達レベルがところどころ幼児レベルだと思い知らされるのは正直なかなかクるものがあるが、現実なんだから仕方ない。

というか、いくつかの情報を得たときの目の前のモヤが晴れていくような感覚がショックすぎたので、60や70になる前に気付いただけいいじゃないかと開き直って考えている。



この調子で目から鱗がボロボロ落ちていくようだと、俺は自分でも気付いてないだけでまだまだたくさん取りこぼしてきているのだろう。

現在直面している不都合の直接的な解決策ではないけれど、そういった問題が起こる根本の原因として、

どうやら自分はここでつまづいていたようだ、ということが段々わかってくるので随分と助かっている。

夜な夜な一人で幼稚園小学校をやり直しているような気分だ。



というわけで、似た様な状況で、なんとかしたいなーと「発達障害 成人」とかでググってみても「あー、あるある」以上のものがあまりみつからない人は、

発達障害児向けの療育の事例について具体的に書いている記事に触れてみると、俺のように思いがけない発見があるかもしれない。



それにしても、何度かあった療育を受けるチャンスを、親が「ウチの子はまだマシでそこまでする必要はない」と判断せずにいれば、

人生もっと早い段階でこういったことに気付けて習得できていたかもしれないなというのは、少しだけ口惜しい。




(追記)


これだけ書いて一つも例を出さなものアレだなあと思いつつ、

でも誘導とかしたいわけじゃないし、既に長いし、というか正直ちょっと恥ずかしいし……と思っていたのだけれど、

ブコメでも例がないとイメージしづらいという指摘をもらったので、やっぱり一番強烈だったやつを一つだけ追記しておく。



衝動性が強くルールが守れない子にルールを守る大切さを理解させるには、

 衝動を抑えてルールを守ることが、結果的自分利益になる。と利益を強調して伝えてみます。」



こんな一文を読んで、誇張ではなく涙があふれてきた。

うわー!なるほど!なるほど!!確かに考えてみれば利益になる!なってる!うわぁ!そう言われるとめっちゃルール守りたい!!もうルール守る!俺がんばる!!

と泣きながら机をバンバン叩きそうになったけど、夜中だったからハッとなって机を叩くのをギリギリ我慢した。

先生、俺衝動を抑えられたよ……!こうすることで階下の住人からヘイトを集めることが回避できるんだね……!不利益を受けないという利益を!!



いい年したおっさんが何言ってんだとか、そう考えないとルールも守れないのかよ……と引かれるかもしれないが、

俺のようなタイプは本当に「こんなレベルのこと」が「わかってない」まま大人になってしまっている可能性があるのだ、恐ろしいことに



それまで自分にとって法律も含めた他者との間のルールというものは、

「なぜか押し付けられて守らないとやたら怒られるからしょうがないのでよくわかんないけどなるべく守っとくもの

しかなくて、言ってしまえばなにかと我慢を強いられる障害であり敵だった。

ああしろこうしろ。あれはするなこれはするな。本当に窮屈で仕方ない。世紀末はよこい。でも、ルール別に敵じゃなかった。

(中には完全に制約をかける側だけに有利で、制約を受ける側にとって純粋に"敵"なルールも世の中にあるとは思うけど、そういう力関係の不平等さえなければキレてよさそうな案件は一旦おいておく。)



「とにかくルールを守れ!」「ルールとはそういうものだ!」「みんな守っている!」「なぜルールを守れないんだ!」

(怒鳴られる度に、思い出せませんでした!とか、守る意味がわからいからです!と正直に返事をしていたのはいつだったか……)

というようなことだけを何度も何度も言われたから、まあ世の中的にはそんなものなんかな?よくわかんねーな。みんな我慢して守ってるのすげーな、謎だわー。とだけ思って、

なんだったらルール違反を咎められない範囲ギリギリを突いたり、想定外のことをするのに血道を上げる感じで生きてきた。

そうやって、ルールや制約によって我慢を強いられるストレスと、ルールを守れなかった時の不利益ばかりに注目していたけれど、

ルールを守ることで自分にどんないい影響があるかとか、ルールを守ることで何らかのメリット享受できるとか、そんな視点では一度も考えたことがなかったことにこの一文で気付かされた。

そうか、ルールルールから守るとかじゃなくて、内心自分のためってモチベーションでも、ルールを守っていいんだ!!



翌日から俺は、自分意志に反することをルール強制されたときに、そのルールを守ることのメリットについて考えられるようになった。

そうして、昨日まではなかった視点自分生活点検することで、いくつかの問題行動に繋がる心理障壁消滅した。

2016-09-20

楽しいって感情が分からない


まれてきてから何かを楽しいと思ったことがない。

物心ついたときから虐待されてたし両親に。幼稚園の時からアトピーゾンビウイルスのせいで虐められてたし、自己肯定感が全くないか努力するのが怖い。

何かしたら何か恐ろしいもの暴力を振るわれるんじゃないかという恐怖が脳に刷り込まれてる。

自己評価も低いし、自己肯定感もないし、頭の中は他人にされた言動や、同級生からいじめや、両親から虐待でいっぱいだし、アトピーゾンビウイルスとろろのような痒みでつらいし、きもいはだを見るだけでやる気がなくなるし、生きてるだけで疲れる。

愛着障害だし回避性人格障害だし対人恐怖症だし解離性障害だしアトピーゾンビだしで最悪である



楽しいってなんだ?人生楽しい想像できない。人生は辛いことや嫌なことや怖いことや痛いことが百パーでそれ以外のものが入ってくる隙間はないというのがアトピーゾンビの生きている世界だ。

楽しいってなんだろな。人生苦痛だ。

2016-09-19

健常者からお前はアトピー責任転嫁してると言われる

アトピーゾンビウイルスの痒みや醜い肌や痛みのせいで人生に対して無気力になった。もう疲れたよ。アトピーゾンビウイルス感染してなければ人生楽勝だった。

今ごろ、オリンピック金メダルとったり、あらゆる分野の世界大会で優勝して億万長者になっていただろう。

アトピーゾンビウイルスのせいで恋愛はできないし、外には出たくないだって他人馬鹿にされるから勉強かゆいし肌キモイしで集中できないし、親は子供が醜いアトピーゾンビから十数年虐待してたし、殴られるしけられるし首絞められるし投げ飛ばされるし風呂に沈められるしベランダ真冬放置されるし、生まなきゃよかったとか言われるし、さっさと死ねばいいのにとか言われるし、同級生からは肝がられるし、排除されるし、女の子から嫌悪の目で見られるし、先輩には殴られるし、アトピーっていうあだ名つけられるし、首を触った後できもーっていわれるし、なんで生きてんのっていわれるし、お前みたいな人生じゃなくてよかったわって言われるし、クラスキモイ奴ランきんぐ一位を取るし、スクールカーストの最底辺だし、友達いないし、恋人いないし、知り合いいないし、コンビニ店員カップルみたいな人たちからはくすくす馬鹿にされるし、通行人女子大生たちからはさっきのこきもくない?とかいわれるし、ばい菌扱いされるし、飲食店では働けないし、料理人にはなれないし、清潔な恰好しても不潔なゾンビだし、モテ本は健常者のためのノウハウばっかで参考にならないし、恋愛工学は健常用だし、カップルにも馬鹿にされるし、カップル専用の娯楽が健常者ランドにはあふれてるし、ゾンビだ逃げろって小学生に言われるし、女の子とまともに話したことないし、男の子とまともに話したことないし、二人用のゲームはつまらないし、頭の中は嫌な思い出ばかりで苦しいし、治っても人生遅れてるから詰むし、完全には治らないって公式が言ってたし、医者も言ってたし、不治の病なのに何の支援もないし、障碍者扱いしてくれないし、肌がちょっとかゆいだけで大げさって言われるし、痒みを我慢できないのは甘えって言われれるし、甘え病って言われるし、怠けてるから治らないって言われるし、生まれた瞬間に苦しい人生が確定してるし、人生積まんないし、苦痛だし、外注扱いされるし、楽しいイベントはないし、得意なことはないし、才能はないし、胸を張って誇れるものはないし、親はばかだし、糞田舎だし、関東ごみ高校生だし、人生のレールに健常者と一緒に乗ってるけどいつか落ちるだろうし、賞をもらったことはないし、ほめてもらったことはないし、不細工だし、身長167の低身長だし、卒アルは捨てたし、写真写りは悪いし、無教養だし、働いたって健常者になれないし、生きてたっていいことないし、かゆいし、いたいし、肌汚いし、赤いし、きもいし、かさかさしてるし、布団は皮膚落ちるし、シーツ変えてもすぐ汚くなるし、好きなものは食べられないし、好きなことは自由にデキナイシ、血が服についてきもいし、他人から笑われるし、見下されるし、馬鹿にされるし、きもがられるし、旅行は楽しめないし、海は楽しめないし、水着は着れないし、プールには行けないし、メイドからも肝がられるし、風俗入店拒否されるし、一生恋愛負け組道程だし、生きててもいやな気持にしかならないし、生まれてきたくなかったし、どんな屑でも子供産める基地外世界に生まれてきちゃったし、親を選別しないし、遺伝子工学研究進歩は遅いし、遺伝子治療はないし、アトピーゾンビウイルス殲滅する薬はないし、新しい発見って言ってるばっかで何にも現実は変わらないし、期待させられるだけだし、生きててもいいことないし、生まれてきたくなかったし、デザイナーベイビーの時代に生まれてきたかったし、白人に生まれてきたかったし、才能に恵まれ人間になりたかったし、努力しても報われないし、努力評価されないし、落ち着いて何かをすることがアトピーゾンビウイルスの痒みでデキナイシ、いやな気持ちが一日中ついてまわるし、一生治らないし、一生馬鹿にされるし、嘲笑対象になるだけだし、生きてても苦痛だし、美容院で小ばかにされるし、髪型よくても顔キモイし、アトピーゾンビウイルス容姿でおしゃれなところいけないし、対人恐怖症になるし、愛着障害になるし、美少女に生まれたかったし、PTSDにかかるし、回避性人格障害になるし、前頭葉側頭葉が委縮してるし、コミュ障になるし、頭痛がするし、解離性障害になるし、統合失調症のような幻聴が聞こえるし、みんながアトピーゾンビ馬鹿にするし、こっちをみてくすくす笑うし、こそこそ陰口いうし、アーユーゾンビにはなりたくないって言われるし、今の子きもくないっていわれるし、すれ違ったら後ろで笑い声が聞こえるし、みんながアトピーゾンビ馬鹿にして見下してるし、健常者は楽しそうだし、非健常のアトピーゾンビをみて優越感に浸ってるし、生まれてくるか否かを選べないし、治療法は確立されてないし、食事きおつかい無意味だし、運動むいみだし、瞑想無意味だし、野菜無意味だし、アトピーゾンビウイルスが完治することはないし、アトピーゾンビウイルス感染者には社会無理解だし、障害年金もらえないし、金稼げるスキルはたまらないし、文章力はないし、存在するいみはないし、身体障碍者のほうが優遇されるし、同乗されるし、活躍の場を用意されてるし、健常者とおなじフィールドで戦わなくていいし、一日中痒みや容姿の醜さに死にたくなることはないし、アトピーゾンビウイルス殲滅するかわりに足が一本なくなりますと言われたら同意するし、アトピーゾンビウイルスを持っていても得することが何もないし、人生嫌だし、自殺失敗するし、生きるのいやだし、周りは健常者ばかりで楽しそうだし、ストレス記憶飛ぶし、深夜徘徊するし、灰色青春をかかえるし、健常者と同じように生きられないし、障碍者と同じように生きられないし、絵は描けないし、音楽は作れないし、小説は描けないし、ラノベは描けないし、運動プロになれないし、普通になれないし、普通になりたいし、なっても普通じゃなかった今までの時間は帰ってこないし、普通にまれたかったし、普通人生のレールに乗りたかったし、普通に死にたかったし、努力すれば報われる人生がよかったし、笑いの才能はないし、映像の才能はないし、痒みに耐える才能なんて役に立たないし、アトピーゾンビウイルスのおかげで開花した才能なんてないし、選ばれなかったし、神様はいないし、仏もいないし、隣の君はいないし、会いたくて震えないし、二人より添って歩けないし、生きているのは糞だし、キスしてほしくてもだれもキモぞんびにはしてくれないし、恋愛負け組だし、恋愛漫画は健常者専用だし、恋愛家族友達という人生楽しいものを味わえないし、人生ピークのはずなのに苦痛しかないし、将来的にもこんな感じの苦痛を数十年味わうんだろうし、いやだし死ぬ以外の選択肢を与えられてないし、人生ベリーハードモードなのになんの支援もないし、味方はいないし、人生ピークが無常に過ぎていくし、高校中退したいし、中卒ゾンビになりたいし、どこにもいきたくないし、なにもしたくないし、人生くそげーだし、恵まれた健常者が甘えだの努力不足だの努力の結果が今のお前だの健常者フレーズを使って殺しに来るし、たのし青春はないし、今まで生きてて楽しかったことなんてないし、家族旅行に行ったことはないし、誕生日を祝ってもらったことはないし、体に触れられたことがないし、人の体温を知らないし、目を合わせられたことがないし、家はしーんとしてるし、ぴりぴりしてるし、テレビしかないし、漫画雑誌もないし、何か教えてもらったことはないし、糞田舎の糞じじばばが生み出した不幸に無関心だし、きもいかいうし、何もないし、頭も体もからっぽだし、あるのは苦痛と生まれてきた後悔だけだし、金持ちになるための能力はないし、人脈はつくれないし、ウシジマくんのネタにされそうだし、健常者から死ぬまで忌み嫌われるし、人に好かれたことなんてないし、幼稚園先生すら気持ち悪がってたし、小学校先生には虐められるし、掻きまねされるし、周りは爆笑するし、家出しても捜索願出ないし、公園で寝ててもキモゾンビから誰も声かけないし、家にはかぎが掛かってたし、なにも顔の表情が変わらなかったし、健常者美少女だったら優しく声をかけている人がいたんだろうし、世界中の健常者がアトピーゾンビに敵意や悪意を感じていると思うようになったし、びくびく人にするようになったし、人が怖いし、気持ち悪がられてると思うし、あとで笑いものにされてると思うし、人は信用できないし、好きな女の子寝取られるし、部活では活躍デキナイシ、才能あるやつがちやほやされてるし、努力しても健常者に追いつけないし、未開の部族にも嫌われるだろうし、世界中どこにいっても容姿至上主義世界だし、アトピーゾンビはどの国でも嫌われ者だし、健常者は楽しそうだし、生きてて嫌な思いでしか脳にないし、海馬は委縮して物覚え悪くなったし、無気力になるし、HP回復できる家がないし、安心して寝られる場所がないし、バンパイやもアトピーゾンビウイルスが混ざってる血は飲まないだろうし、嫁は二次元にすらいないし、好きになっても好かれないから好きにならなくなったし、可能性はないし、ぜろにかけてもぜろだし、漫画は健常者美男美女人生を楽しんでるものばっかだし、お酒アトピーゾンビウイルスが暴れるから飲めないし、宇宙には行けないし、行けてもアトピーゾンビウイルス苦痛だし、遺伝子問題だし、億万長者になれないし、健常者が甘えとかいいだすし、言い訳するなとかいうしで最悪だし。

http://anond.hatelabo.jp/20160919010014

奥さん側はやんわりと断ってるつもりなんじゃないの

言われたのに直さないなんて、温度調節知らない幼稚園児じゃないんだぜ

大人がやってることなんだから、それなりの理由はあるんだろうよ

そんなに嫌なら一度きっちり言っとけや 相手の考えも分かるだろうし

2016-09-17

アトピーじゃないやつは人生楽でいいよな



まず恋愛

アトピーゾンビは見た目がキモイし肌が汚いしで第一印象恋愛対象から外れる。

もて本には必ず、清潔感大事だと書いてある。アトピーゾンビから清潔感は皆無だ。

から、人から好かれないし肝がられるだけのごみ

恋愛のない人生なんて炭酸の抜けたコーラのようなものだ。

学生恋愛なんて絶対できないし、自転車の後ろに彼女を乗せるような甘酸っぱい体験も一生できないんだろうな。制服デートもできないし、いっしょに放課後帰ることもない。

ずーーーーーーーーーーっと一人で帰ってる。幼稚園の時からだ。友達恋人いたことない。

両親は迎えに来なかったし、最悪だった。アトピーじゃなければ健常者たちと普通に生きてたんだろうな。

見た目がすべてだ。見た目が悪いから人から避けられる。

容姿に優れた人間として生まれてきたら楽しかったんだろうな。



次に勉強

アトピーゾンビウイルスによる日焼けのような痛みととろろをかけたような痒みに襲われながら、s同時に醜い皮膚を自分の目で見ながら勉強することになる。

当然苦痛で全く集中できない。事実勉強する意欲は存分にあったが、あとぴーで勉強に集中できずに見事関東ごみ高校入学

ヤンキーが多いのかと思っていたが、無気力な人のほうが多かった。

貧困だったり病気だったり親に問題がある家の人が多かった。



次に友達

アトピーゾンビは見た目が見にくくきもくて肌が汚くて家に呼びたくないし一緒に歩きたくないゾンビなので友達ができない。

第一印象が最悪なので必然的スクールカースト底辺に押し込まれる。

友達になるには容姿が優れていないといけない。醜いものを視界にいれたくないのがまともな健常者の考えだ。

容姿が優れていれば一瞬で沢山の友達ができて人生に潤いが出ただろう。




次に就職

第一印象が最悪なので落ちまくる。就職の準備もアトピーゾンビウイルスの痒みや皮膚の汚さや痛みで邪魔されてまともにできない。スーツアトピーゾンビウイルスの皮膚が落ちて清潔感皆無になる。

面接官に見た目のことで気味悪がられ、落とされるのだろう。

どんなに優秀な人間でも非健常者醜いってだけでいい会社には入れないし、起業してもうまくいかない。


次に仕事

当然集中できない。アトピーゾンビウイルス邪魔されて。女子社員からは気味悪がられて、嫌がらせを受けるだろう。上司からパワハラを受けるだろう。鬱になって自主退社するだろう。




親。

可愛くて美しい美少女だったら両親も虐待しなかったんだろうな。

殴るける首絞める風呂に沈める、お前は屑だの生まなきゃよかっただのひたすら人格否定する、みたいなことはされなかったんだろうな。

醜いきもい汚い肌のアトピーゾンビから親にも好かれないで嫌われる。

まれ愚痴悪口小言を永遠に聞かされる。アトピーゾンビチャイルドなんてまともな健常親は育てたくないだろう。虐待するのも当然だ。




虐め。

アトピーゾンビじゃなければ虐められることはなかった。これは百ぱーそう。

体を掻く真似を同級生教師にされることもなかったんだろうな。

ひたすら、きもいだの死ねだの言われたり、殴られたりけられたり物隠されたりすることもなかったんだろうな。

容姿に優れた人間として生まれて来たら楽しい学生生活をおくれたんだろうな。

友達恋人もいて充実していて、成人した後も生きる活力として使えるような青春の思い出を沢山心に詰め込めたんだろうな。




アトピーゾンビ街に住んでないやつは人生楽でいいよな。

恋愛勉強部活受験も交友関係就職仕事も全部うまくいく。恵まれた健常者がこの世界多数派から、めぐまれなかった非健常者のアトピーゾンビは甘えだの努力不足だの言われる。





生きる気力をためるような青春期や恋愛友達との楽しい思い出はアトピーゾンビにはない。

いじめ虐待を十数年与えられて無気力無関心になった人生をもったアトピーゾンビを恵まれてきた健常者は容赦なくたたく。

所詮、健常者の星だから、この世は、だから非健常者が生きてても楽しくない。

アトピーゾンビじゃなくて、健常者人間として生まれてきたかっただけの人生だった。

2016-09-15

気になる

30,40代性格きつそうなママさんで、目の周りが白っぽいメイクしてる人多いんだけど、あれは何メイクっていうの?

子が幼稚園に通い始めて、すごく気になったことの一つ。

http://anond.hatelabo.jp/20160910224038

書き手本人です。

皆様ご意見ありがたく拝聴いたしました。心当たりがあるのもあれば、いささかうがちすぎなのでは‥と思ってしまうご意見もありました。うちは概して普通の家だと思います

じつは、うちの息子は見た目がそれほど格好良くないのです。

主人に似て頭もよく運動もそこそこできるのですが、中学生になったのに、彼女の噂も聞きません。休みの日は男子ばかりの部活の仲間と遊びや塾に飛び回っています

幼稚園からママ友の幼馴染たちは、早い子は小学生からお付き合いがありました。

将来の結婚を先走って心配してしまったのはそのせいなのです。

主人は中学生の時には彼女がいたといいます

それで、料理などできたほうが、結婚やすいかと考えてしまったのです。

もちろん、清潔感などには小さいこから気を付けています

しろ男性にお聞きしたいのですが、自分容姿が最高ではないと分かっていた方で既婚の方は、なにか努力をなさった方が多いのではないでしょうか。教えてください。

http://anond.hatelabo.jp/20160915002917

なにこのサボり上等思想

働かないで金欲しいとかないでしょ。


一応アドバイス

まだ0歳、1歳なのに他人預けるとかマジで身が引き裂かれるから

みんな最初はつらいけど、慣れればこんな楽なことなくなるよ。

専業主婦24時間休みないけど、少なくとも保育所に預けてる間は好き勝手にできるからね。

あとよく幼稚園VS保育園みたいな話題になるけど、基本的保育園の子のほうが自立してて賢い。

幼稚園の子はいつまでもママママいってる甘えん坊みたいのが多い。

から最初のさみしささえ乗り切っちゃえば保育園のほうが圧倒的にいいよ♪

2016-09-14

今どきのトイレ事情

当方30代後半。

ふと、出社前にトイレに座りながら思ったんだけど、最近20-30年前と比べて価値観の変化が顕著になってることって割とあって、

例えば夫婦共働きとか、夫の家事とか、女性から男性への告白とか、会社飲み会とか参加しませんとか、入社2-3年で転職しますとかって、今どき珍しく無い考え方じゃん。



そんな感じで、昔だと幼稚園とか学校トイレウンコすることって自殺行為の何物でもなくて、よほどのモテモテくんか端から存在感の薄い奴じゃないかぎり、

スクールカースト真っ逆さまになって、翌日からアダ名がウンモくんになってたりしてたわけよ。

当時LINEとかTwitterがあったとしたら、頭にウンコ乗っけたコラ画像が一瞬にして出回ったり、卒業した後も忘れたころに突然Timelineコラ画像貼られて、

またウンモくんって呼ばれたりするかと思うと寒気がするぐらいで、それだけ学校ウンコって、その人自体汚物認定する行為だったわけじゃん。

で、本題なんだけど、今どきの小学生とか中学生ぐらいってトイレウンコって普通にするの?

しろ個室で座りションだってしてるし、隠れてイチャイチャだってしてるよぐらいの感覚なの?



それならそれで良いんだけど、もしそうだとすると今どきの小中学生っていろいろオトナなんだな~、と個室で思いを馳せました。

出たウンコストレスから来た切れ痔のせいで真っ赤に染まってました。

2016-09-12

http://anond.hatelabo.jp/20160912212832

運が悪かったんだなと今となっては思う。幼稚園時代にそういう系統いじめっ子タゲられてしまって、中学までずっと一緒の学校だったせいで縁が切れなかったのが、拗らせた原因かと。

友人に恵まれれば、女の子女の子してても男気溢れてても別に何の問題もないものなのだなぁと、子供達を見てて思う。

http://anond.hatelabo.jp/20160912212832

運が悪かったんだなと今となっては思う。幼稚園時代にそういう系統いじめっ子タゲられてしまって、中学までずっと一緒の学校だったせいで縁が切れなかったのが、拗らせた原因かと。

友人に恵まれれば、女の子女の子してても男気溢れてても別に何の問題もないものなのだなぁと、子供達を見てて思う。

http://anond.hatelabo.jp/20160911152812

私は子供の頃は見た目もいかにも女の子女子だったし、性格といい口調といいおっとりのんびりだったけど。

ほんとうに小さい頃、親兄弟や親戚の中で育ってる時はそれで別に良かったけど、幼稚園社会人の頃は生きづらかったなぁと、振り返って思う。当時は何で生きづらいのか自分で分かってなかったけど。

アイツはブリッ子だとか男に媚びてズルしてるとか言われたくなくて必死だった。

私が育ったのはそんなに封建的時代でもなかったから、女だからってそう酷く抑圧された訳じゃなかった。

でも、女子コミュニティの中では、ズボンを履き大股開きでどっかり座ってガハハと笑い、「おいテメェふざけんなよ」とか「殺すぞw」とか粗暴な口をきく自由はあっても、ピンクスカート履いて、のんびり語尾を伸ばして喋りうふふ~なんて笑う自由はなかった。

皆にうしろ指指されたくなくて、一生懸命乱暴な言葉や振る舞いを身に付けていきがった。

可愛い女の子アイドルを口汚く罵った。

女だからって差別されたくないとか口では言いながら、私は女を差別しまくってたなぁ。

お残しを許さな学校給食はクソ

外食について、メシを残したっていいだろと書いた増田を見かけて思い出したので書く。

一般論というより、ただの自分語りである。汚い話を含むので、ダメな人は読んではならない。

私は小学生の頃、授業は普通に受けつつもお昼になったら保健室給食を食べる、保健室給食をしていた。

保健室で食べるのは給食だ。普通給食を食べるのと何が違うかというと、そこには私の母がいて、一緒に給食を食べていた。

といっても、母が食べるのは自分で用意した弁当である。お昼の時間、私は教室を出て保健室に行くと、弁当を食べる母とともに給食を食べていた。

なぜ幼い頃の私は皆で給食を食べることを拒否したのか。

それは、配膳される(私にとっては)たくさんの給食を「残さず食べなさい」と言われるのが、限りなく苦痛だったかである

小学校に入りたての頃は、私も普通に給食を食べる生活を送っていた。

給食係というものがあったように、給食を配膳するのは、小学生である自分たち自身だ。

から、ご飯やおかずの量を減らしてもらうには、同級生にかけあわなければならない。私はこれがひどく苦手だった。友達は昔から多い方でなかったからお願いしづらかったのもあるし、嫌いなものをすぐ残そうとする奴、みたいに見られるのが嫌だったからというのもある。

このような理由から、配膳の段階で量を減らしてもらうことは、難しい問題だったのである

そうして手元に配膳された普通量の給食は、私にとっては非常に多いノルマだった。

さらに、先生から発せられる「残さず綺麗に食べましょう」の声。「隣のクラスは、もうすぐ1年間通して残しゼロよ」

「ごちそうさまでした」の後に食べきれなかったものを残せば、それはもちろん「残しもの」になってしまう。だから、配膳されてしまった以上、私は先生の望むとおりにするには全部を平らげなければならなかった。

この「絶対に残しちゃいけない」という思い込みきっかけは、幼稚園の頃まで遡るように思う。当時通っていた幼稚園では各日で給食が出る制度となっていて、それがまた当時の私には憂鬱だった。かなり多い給食を配って、先生は「食べ終わるまで遊びに行っちゃいけません」と言った。私はまた少ない胃袋の容量と、友達と遊びたい気持ちとの間で非常に苦しんだ。


小学校に入りたての頃の私は、先生の言う事を聞かなければならない一心で、泣きそうな思いをしながらも毎日残さず給食を食べていた。

しかし、食べきったその後にも問題はあった。片付けの最中、午後の授業中に突然食べた給食を戻す子供たちである

私は昔から嘔吐恐怖症の気があったので、これが相当堪えた。

よく吐く子が隣の席になってしまったとき絶望感。彼の吐瀉物で汚れる私の机と巾着袋。今でも忘れられない。

私はあんな風に汚いものを吐きたくないし、汚いものと見られたくもない、と強く思っていた。

以上のように、苦しみながらもかろうじて教室給食を食べていた生活は、ある事件(少なくとも、私の中では)をきっかけに急変する。

いつものように胃袋ぎりぎりにまで食べた給食。その日は特にきつかった。嫌いなものがあったかといえばそうでもなかった気がする。ただ、毎日堪えられた給食後の吐き気を、その日だけは、抑えられなかった。

私は給食の片付け中、立って皿を戻している最中に、突然胃の中のものを吐き出してしまった。

汚いものになってしまった。

その後のことはあまり覚えてない。親に何を言ったのかも覚えていない。ただ、気づいたら保健室で母と給食を食べるようになっていた。

母と食べるご飯は楽しかった。今日あったことを話して、多すぎる給食は少し母に手伝ってもらいながら食べていく。もう無理して食べる必要はなかった。

たまに、以上の出来事を振り返ることがある。

けれど未だに、何が悪かったのか?誰が悪いのか?結論が出せないでいる。先生指導?私の心の弱さ?

多分私の受け止め方がよくなかったところもあるんだろうけれど、こうやって苦しんだ経験を考えると、

先生方には「たくさん食べられない子」という個性理解して、食べることを強要するような空気を作って欲しくないと思ってしまう。

たとえ個人に「全部食べなさい」と言うのでなくても、「クラスみんなで残しゼロを目指しましょう」という言葉でさえも、敏感な子供には苦しいんじゃないのかなあ。

2016-09-11

anond:20160911213131

保育所幼稚園うるさい問題は実際うるさくて困ってる人達が多いのに

「お前も子供の頃があっただろ我慢しろ」ていう実際何も論理的反論になってない反論する人たちに似てる。

2016-09-09

http://anond.hatelabo.jp/20160908040358

こいつさぁ、事あるごとに「収入多寡とか社会的地位で人の価値を推し量ることは卑しいことです。わたしカーストゲームになんか乗るつもりはありません。ほんとうの豊かさとは人格の高貴さにあるのです」みたいなこと言うけど、なんつーかそれわざわざ言うのって逆になんかコンプレックス持ってんじゃねえのと思うんよね。

何かを持っていて幸せな人って、その持ってるものを嬉しくて自慢することはあれ、わざわざ自分が持ってないもの比較対象に持ち出してきて、「こんなものより私のもってるもののほうが素晴らしい。やっぱりわたし幸せなんだわ」とかしないと思うんだよね。

口ではカーストゲームから降りる自分のことを自画自賛しつつ、やってることは自分に有利なように新たなカーストゲームルールを定めてるっていう。

なんつーかあれだ、幼稚園とかで自分高所恐怖症で勝てねーからって、高オニ遊びから抜けて積み木遊び始めるんだけど、まぁ積み木遊びだって悪くないけどほんとは別に積み木遊びしたいわけじゃなくて勝てないのが悔しいからそれやってるっていう気持ちが半分ながら遊んでる園児みたいな。









なんでこの人はそんなに高潔人間でありたいんだろう?

なんでこの人はそんなに自分の周囲が悪意に満ち溢れているように見えているのだろう。というかわざわざ自分から悪意に満ちた場所にのこのこ出向くか、悪意が無ければそれをでっち上げて周囲の人間に当てつけてるように見える。

相対的自分立ち位置を上げて、自分正義人間なければならないっていう、ほとんど強迫観念に近い衝動で動いてるように見える。

それとも何か嫌なことがあって、無意識のうちにその原因を周囲に転嫁しようとしているのか。

とにかく周囲が悪人でなければ気が済まない。社会は悪で満ち溢れていなければならない。何故なら私が善良な人間であるためにはそうである必要があるから。そうでなければ私は何も持っていないことになってしまうから









なんにしろ病的なひとだと思う。

はてなってキモい

アイヌがどうとか?

一通り読みましたけど、内容に関しては関知しません。

でも分かるのは、やり取りがキモいということ。

ブコメを含めて参加者全員がキモい

はてな内でやり取りしてる?ゾワゾワ!

今まではてなって、自分で作った弁当オフィス街

路上販売しようとしてる人が集まってるイメージだったけど、

ただ大人数の幼稚園児がおままごとしてるだけだったんだね。

2016-09-07

15歳年下の彼女はおごるべきなのか問題

件のブコメでは「30代後半の男は20代前半の女より収入が高くあるべきであり、奢るべきであり、そうしないのは恥ずべき行動であり、同情されるべき境遇だ」と言ってはばからない人達が意外と多かったですね。こいつは叩いて良いと思ったらぼろくそに叩くのは2chに限らず人間普遍的言動なのかもしれない。

元増田は多分リアルで話したら結構面倒くさかったりする奴なんだろうなーとは思ったけど、それはそれとして「15歳年下の彼女はおごるべきなのか」というのは別の問題ではないでしょうか。

女性総合職として働いて、専業主夫を養って、産休育休時短勤務で子育てするという選択可能である」というのがいわゆるダイバーシティ(のひとつ)で、それについて企業政府による制度面での充実化と同じくらい日本世間様が「そういう選択肢」に対する理解を深める必要があると思います。そういう観点からするとダイバーシティへの道は険しい。

 

僕が言いたいことは、ちょっと長くなりますが、以下のようなことです。

まず、僕自身シングルインカムでひいひい言いながら働いていて(でも最近仕事が落ち着いてきて増田投稿する余裕がある。ばんざい)、子供幼稚園に通わせていて、という昭和のようなライフスタイルなんです。

で、妻経由で幼稚園の話を聞いていると、子供幼稚園に通わせている家庭の専業主婦の奥様方の大半は、明らかに共働き子供保育園に通わせる家庭を見下している感じなんですね。(うちの子供が通っている幼稚園特に金持ちが多いところだってのもあると思うんですけどね)

でもそれはやっぱりおかしいんじゃないかな?と思うわけです。

価値観はいろいろあって、「自分の子供は絶対私立幼稚園に通わせて、塾や習い事もがっつりやって、良い学校、良い会社に入れたい!」というのもひとつ価値観だしそれが可能環境(高所得であるならそれを選べばいいと思います

ただ、他人に対して、「そうできないのは哀れで、不幸せで、かわいそうな人生だ」と言う(あるいは見なす)のは間違っていると思うわけです。自分の望んだような生き方しか許容できないとなると、自分で設定したハードルから落ちたら不幸になっちゃうわけで、子供が通うのが幼稚園でも保育園でも、そもそも子供なしでも未婚でも幸せには成りうるんだし、それを想像できないのはある意味では貧しいと言えるかもしれない。

で、同じように「年下に奢れない奴は哀れな人間だ」っていうのもおかしいんじゃないかなと僕は思うわけです。

「女とか年下とかには奢るのが男の誇りであり、そういう風に振舞いたい!」という人はそれはそれでいいんですけど「そうできない増田は貧しくて惨めだな~」というのは、構造的には「おくさんを働かせるなんてかわいそう、低所得者って哀れ」って言ってる専業主婦と同じことですよ。

そいつはつまり偏見であるとか差別であるとかって類のものですよ。

 

まりですね。そういうのは、改めた方が良い振る舞いだということが僕は言いたいわけです。

映画クラスタ」が嫌い

映画は好きだけど、いわゆる「映画クラスタ」が大嫌いだ。

ツイッターで群れてマッドマックスパシフィックリムや、最近だとシン・ゴジラネタにして大暴れしているような手合いのことなんだけど。彼らはなんであんなに偉そうなのか、理解に苦しむ。

そもそも映画なんか1800円払えば誰でも見られる。黙って2時間椅子に座っていることさえできれば、あとはなんの技量もいらない。

から映画という娯楽はダメだなんて言うつもりはない。むしろ「誰でも参加できる」というのは映画という娯楽の素晴らしい点だと思う。

しか映画クラスタはその誰でもできる至極簡単な「映画を見る」という行為をするだけでめちゃくちゃ偉そうにしている。おれたちは映画の魅力を語れると思い込んでいる。

映画を見た後に気の利いたことを言う」というのが難しいのはわかる。けれども、的確な批評映画を見るという行為を豊かにしてくれる。

しかし、インターネットで見かける、「映画クラスタ」を自認しているノイジーな連中の言うことが面白かった例しはあまりない。

やれレーザーIMAXだと見え方が違うだの興行収入が高いだの低いだの、幼稚園児でも言えるようなことばかりツイッターに垂れ流している。

とにかく言うことが皮相的で浅い、というより、そもそも何も言っていないに等しいのが大半だ。

なかに面白いことを言う人もいるけど、大半は本当に誰でも言えるようなことしか言っていない。どいつもこいつも。

そのくせ立川シネマシティはおれが育てたというような顔をしている。シネマシティだってからなかったら爆音上映なんてやめていると思う。

配給会社が年間に公開するタイトルはあらかじめ決められていて、事態はそのスケジュールに沿って動く。映画ファンの声が事態を動かしたことなんてめったにない。

インターネットツイッターのおかげで、馬鹿が「自分はパワーを持っている」と勘違いしている典型だと思う。

多分この文章を「映画クラスタ」とやらが見ても、「おれたちは好きなことを好きだと言っているだけ」「こいつはなんもわかってない」と言うと思う。

それはそうかもしれない。そうなんでしょうきっと。自分は心が狭いなあと思う。

嫌いなら見なければいいのに、と自分でも思うけど、不幸にも自分が好きなタイトルは割と彼らと被っているのでネット情報収集しようと思うとどうしても避けて通れない。

から、とにかく、お前のそのツイートアウトプットとして面白いかどうか、一回冷静になって考えてみてもいいんではないかと思う。

「アツい」とか「ヤバい」くらいしか言えないなら、何も言っていないのとそう変わらないことに気付いてほしい。

http://anond.hatelabo.jp/20160905220913

xevra総帥の教えは幸せになる唯一の方法

心穏やかに人生を生きるための必須条件だと思う。



彼の域までは達しないものの、運動瞑想睡眠を中心に生活を変化させた。



それ以前のわたし高校いじめられて、自室に引きこもっていた。

昼夜逆転して一日中ネットばかり見ていた。毎日、この時間なると朝日が昇ってて、それを合図に街が騒がしくなるのが苦痛で仕方なかった。

ゴミ収集車メロディも、幼稚園の登下校の声も、夜起きて朝に寝る不登校児にとって騒音しかない。

陽の光の下で誰かを虐めながら生きている人間が許せなくて、夜の暗闇の中で寂しさを紛らわせるためにブラウザ更新ボタンを連打する日々だった。



そんなあるとき、ふとしたきっかけではてなブックマーク、そしてxevra閣下存在を知った。

当時のわたしにとって、xevra様の思想太陽の光と同じくらい憎くて憎くてたまらなかった。

世間には弱い人間だっている。誰も誰かの代わりにはなれない。

にもかかわらず、誰に対しても同じような暴言を軽々しく吐いている彼のキャラクターが憎かった。

運動瞑想睡眠、それが何ひとつ満たされない環境で、明日の陽の光をやり過ごすために生きる人だってこの世界はいる。



からわたしグル思想否定するために、敢えて運動瞑想睡眠を始めた。

もちろん、引きこもりだったから初めは簡単なことからだ。

夜起きたら背伸びをするとか、アイマスクイヤホンをつけて寝る。ネット疲れたら、陽が上ってなくても目を瞑る、など。

そのうち、睡眠リズムが少しずつズレてきて、それに合わせて運動の量も増やしていった。

朝早い時間なら、コンビニにも行けるようになった。

瞑想我流だが、ごく短時間の間、頭を空白にする訓練は間違いなくわたしの心を穏やかにした。



今年に入ってからは、彼の新たな教え、野菜350gを実践している。

キャベツトマトといった取りやす野菜から始めて、最近調理に工夫を加えてもっと美味しく食べようと努めている。

便の切れ味が変わった。肌の脂が減った。朝目覚めたとき自分がどこで何をしている人間が、すぐに意識が戻ってくる。

運動の成果も少しずつ出てきて、今日もこれから走りに行くところだ。

外出距離が伸びたことで家から少し離れたところに、野菜無人販売があることを知った。

カップラーメンと同じ価格でみずみずしい野菜をザルいっぱい持ち帰ることができる。

ランニングのあとのささやかなたのしみだ。



相変わらず社会との接点は失っている。人混みは怖い。

だけど、以前のように漫然とした不安に襲われることは減った。

今ではxevraの教えは、人生の要点を凝縮したシンプルな答えだと、精神と便と夜の眠気によって実感している。

いま彼を批判している人たちにも、いつか分かる時がくるはずだ。

問題は、いつ気づくかだと思う。

わたしはこんなに早く気づくことができて本当に幸せ

いつか美味しい野菜をおすそ分けしたい。

2016-09-06

仕事町田営業に行った妹が、こひつじ幼稚園バスを見かけたと云う。

バスの見た目全く変わってなかったという妹の言葉

そこまで覚えてないわっ!と突っ込みながらも、

大好きだったなーというスタンプにはうん、ってつい自分も頷いてしまった。

自分も大好きだった。



立地が二十年以上変わってないなら、高ケ坂って住所の名前の通り、

幼稚園は今も坂の途中にあるはずだ。

通学のバス亭、あるいはお昼寝の後にサッカーをするために幼稚舎の外を出て、

坂の下の駐車場まで登り降りしたのはなぜか記憶に新しい。

六歳児の自分にはきっつい坂だと思ってたけど、

高校の頃にママチャリで登ろうとしてしんどかったのでやはり急坂だったと思う。



坂を真っ直ぐ行けば幼稚園入り口、途中で左に折れて

さらに登れば町田図書館だったがそこまで行った記憶はない。

この道をもしもあっちへ進んだらその先には何があるのだろう。

あの丘の向こう、なんて憧憬を初めて覚えたのもこの道で。



反対に振り返れば、とても眺めは良かった。

なんてことない、郊外住宅街が続くだけだったけど、

自分暮らしている世界が何倍にも広く大きくいつも感じられた。

幼心に感じた開放感は今も強く覚えている。



逆に、自分はすっかり忘れてしまったのだけれど

親と飲めば、今でも時々この頃の自分にまで話が遡ってからかわれる。

覚えたてだった「地球」をどんなモノの例えにも使ったのでついたあだ名地球少年

地球は廻っている、とどこかの科学者セリフママさん先生の前で発表したら

いたく褒められたのをすごく嬉しがってのことらしい。

とても単純で、でもその後のアレコレに比べたら毒がない話だと思う。



http://m-kohitsuji.xsrv.jp/wp/archives/6128/

そうだ、この変なつぼ。まだ作ってるんだ。デザインも変わらない。

実家が引っ越すまでは少なくともあったっけ。

記憶もモノも、物持ちが良すぎるのはコトだと思う。



計算したら自分がここに通いはじめたとき、母は今の自分と同い年だった。

タラレバ女子を読んで、分かるーとゲラゲラ笑ってる場合じゃないよ!でもまだ

……先のウェブサイトで、保育時間の延長という案内があって

幼稚園でも保育園と同じくらいの時間まで追加料金で

子どもを預かってくれることを知った。

つい、そんなところまで読んでしまう。