「課金」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 課金とは

2017-01-18

[]1月18日

○朝食:ヨーグルト

○昼食:トンカツ定食

○夕食:パック寿司唐揚げ



調子

はややー。

会議が延期になって、何もすることがなくなったので、隣の人のお手伝いとかをしてた。

手を動かすだけ系はミスがないように努力したけど、頭使う系はいきなり振られても、とりあえず僕の気持ちでえいや! とこなしただけって感じなので、たたき台にでもしてもらえればいいかなあ。

(と消極的な態度ではいものの、今までの経験からすると、このまま通りそうで怖いっちゃ怖い)



何週遅れの話題だよって話だけど、Netflix水曜どうでしょうを見始めた。

あー、これは人気でるのわかるわ。

(どうでもいいけど、パロディ大喜利どうでしょう、を先に見てたから、ポロロッカ現象楽しい

ポロロッカ現象?)



3DS

すれちがいMii広場

持っていくの忘れたので今日は未プレイ

よく考えると、スイッチが発売しだすと、さすがに3DSのすれ違いもできなくなりそうだなあ、今でも1日3人程度しかすれ違えないし。

うーむ、若干、手を出すのが遅かったな。

バッジとれ〜るセンター

ノリで1プレイだけ課金

エンテイって妙に格好いいな、あんまり対戦で何やれるか知らないけど、ちょっと興味が出た。

ポケとる

セレビィレベル27)

セレビィの50を目指してプレイ中。



iPhone

ポケモンコマスター

ログボのみ。

2017-01-17

ソシャゲをやめた

先日、それまで夢中になっていたソシャゲをやめた。

それまで私は某ソシャゲ中心の生活を送っていた気がする。毎日ログインしてログインボーナスを回収する。時間が経つと体力が回復するので、

その度にログインして体力を使い切って、時間経過でまたゲームができる時間になればまたログインする。それの繰り返し。イベントがあれば一日中張り付いていたような気がする。

私が好きだったのは、課金が当たり前のゲームだった。

イベントで上位報酬を獲りたいならまず課金をしなければ、ランキング上位なんて夢のまた夢だし、

効率的ゲームを進めるにはレアリティの高いカード必要になってくるのだけれども

それを引くにもゲーム内で貯められるアイテムだけでは限界がある。

レアリティの高いキャラクターを引きたくば課金、欲しいキャラクターカードがあれば課金

という人が何人も何人もいるのだ。それに打ち勝たなければランキング上位にいることは不可能なのだ

そしてゲームイベントとは何でも一緒だと思うのだけれども

課金しただけではランキングは高くならないのだ。長い時間沢山遊ぶためのアイテムを金で買って、ひたすらひたすら時間をかけて画面を叩いて、ランキングを上げる。

お金をかけてプライベート時間を費やして、そしてひたすらひたすら、画面を叩く。

それでも高いランキング順位が取れれば嬉しかったし、欲しいカードが取れたときガチャレアリティの高いものが引ければ飛び上がって喜んだ。

やめるきっかけになったのは皮肉なことに推しイベだった。自分の一番好きなキャラクターカードイベント報酬になっているイベントのことである

やっぱり私はひたすらひたすら、画面を叩いていたのだけど。

前述した通り、それなりのランキング順位に載る人は大抵、お金を注ぎ込んで、時間を注ぎ込んで、ゲームをしている。

その時は人気のキャラクター報酬だったこともあって、層が厚くて、所謂ボーダーが高いイベントだった。

運の悪いことに丁度忙しい時期で、それでも合間を縫って画面を叩いていたけれど、順位が上がらない。むしろ順位が下がっていく。

こんなに時間をかけているのに。こんなに頑張っているのに。

焦りと悔しさで必死になって、イベント中頃に、急にふっと力が抜けた。もうどうせ無理だと悟ったからだ。

プライベート時間犠牲にしてもお金をかけてもおそらく目的は達成できないままなんじゃないかと、そう考えた瞬間、急に疲れ切ってしまった。

生活でかなりストレスが溜まっていたのもあって、やけになって、もう嫌だ、どうせ取れないし、今回はもう無理だ、今回っていうかもう頑張れない、と、勢いのままに大好きだったゲームアンインストールした。

そうしたら、フッと楽になった。

今まで時計を見るたびあと何時間で体力が全回復するからまた叩かなければ、と考えていたし、

イベント期間に用事がある時や人と会うときもどこかでイベントがあるのに今も順位が下がっていくのに、と焦っていたし、

順位一喜一憂して、ああまた今度もダメだやっぱりお金時間もある人には勝てないんだーと投げ捨てそうになったことも何度もあった。

それが急に無くなった。無理してたんだなあとようやく気づいた。

確かにゲームには楽しさも嬉しさも沢山あったけれど、私はどうしても、あのイベント義務感と焦燥感に耐えられなかったのだ。

一緒にゲームを楽しんでいた友人にはもう辞めてしまったことを言えてなくて、今でもそっと話を合わせている。

でも多分、私生活ちょっと余裕ができたとしても、あのイベントのために全てを投げ打つ生活には戻れないだろうな、と思う。

2017-01-16

AIを使ってない農産物

これからはそう表記された食品が売れる。

無農薬農薬を使ってない

有機:化学肥料を使ってない

遺伝子組換えを使ってない:遺伝子組換えを使ってない

AIを使ってない:AIを使ってない

露地:ハウスを使ってない

機械機械を使ってない

棚田:平地を使ってない

無老人:老人を使ってない

課金補助金を使ってない

『THE OA』って海外ドラマが神だった。

ネットフリックスっていう課金制の映画視聴サイトがあるんだけど。

そこで視れるんだけど。

かなり面白かった。

  

俺は子供のころは文学にかぶれてたんだけど。

医者さんになってみると、「精神病」ってのを疾患として理解できてしまって、

私小説とか、メンヘラ的な小説への感慨みたいなのが一気にそがれてしまっていた。

  

文豪神経症を見ても、「この時代は薬がなかったからねー」とか、「あ~これは典型的貧困妄想ですねー」とか。

パターンとしてしか見れなくなっていた。

そりゃ、書かれた時代は治らない病気から問題だけど。

現代では、治るっていうか、超絶重い状態精神病ってのが滅茶苦茶レアになってしまった。

  

で、そういうのをもう一度手に入れさせてくれたわ。

主人公精神病設定なんだけど。

「本当に精神病なのか?」という疑いを持てるぐらい説得力があるんだよね話に。

ストーリー展開も神がかっていて。『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』的に2つの話が行ったり来たりして、最終的につながるっていう。

更に素晴らしいのが、登場人物たちの人間性やどうしようもなさが伝わってくる。

  

まあドラマ自体のできがすごいってのはあるんだけど。

文学的意味合いとして、「臨死体験精神病を繋いだ」というのがうまいと思った。

現代では宗教的オカルト的なものは一笑にふされちゃうんだけど。

臨死体験は確かにオカルトとしても異質。

実際に臨死体験を経て超絶能力得てるとかあるから、謎な部分とかは確かにあるんだよね。

ここを結び付けてきたのがうまい

精神病奇跡だの神秘だのでごまかさずに書いてたり、周りの人の空気感ごまかさずに書いているのに。

それなのに、奇跡を書けるってのがすごい。

  

物語のしめかたも上手すぎてびっくりした。

完成度が異常に高い作品だった。

2017-01-15

障害持ちの悩み

父親母親にだけ精神DV

母親→躁鬱、障害者年金

私→回避性人格障害解離性障害障害者年金

小さい頃から父親母親に辛く当たるのを見てきて、気づいた頃には不眠症

今は全く働けず、月あたり6万5000円ほどの障害者年金受給してなんとか生きている。

が、最近ストレスが増えて辛い…。


母親ゲームにハマり、課金の嵐。

払えない額の請求が来てしまったので、もう二度とクレジットカードを使って課金しないという念書を書いてもらい貸した。

…これを2、3回繰り返した。

貸したお金は一応返してくれるから、まだいいんだけども。


私は自分の買いたいものを抑えてお金を貸してる。

けど、母親は「足りなくなったらまた◯◯に借りればいいか」って感じで

気軽に「今月1万貸してねー。」と宣う。


え、いや、私にもお金使う予定あるんだけど…


普通に働いてて普通にお金があるのならまだ分かる。

毎月同じ額をもらっていて、なぜ私に借りようと思うのだろう。

私がちまちま貯金して大きな買い物をすると「お金持ちだねぇ」

いや、課金しなければ二ヶ月、三ヶ月で買えるよ???

月2万の課金とか、そっちの方が俄然リッチな遊びだと思う。

足りなくなったらまた貸りればいいし??

勘弁してくれよ…。

まず数ヶ月貸っぱなしの4万返してくれよ…。


父親母親あんまりお金を渡さないのも問題だと思うんだけれども。

少なから家計費への持ち出しはあると思う。

「うちは貧乏から…」が口癖の父親

しかし父、2、3年に一回ある同窓会にはお金を惜しまない。

おいおいおいおい…。その金どこにあったんだよ!!貸してくれよ!!!



お金に振り回されるのも疲れたけど、この家族にも疲れ始めた。

母がかわいそうだからこの家に居るけれど、実際一家離散してる様なもの

出来ることな作業所とかで働きたい。

少しでも家から離れたい…。


もういい加減疲れた…。消えたい。

パートナーに求める条件

当方彼女いない歴=年齢の♂。

既婚の人の話を聞いてて思ったパートナーに求める条件。

2017-01-14

スマホ婚活物語

呼んでもいないのに、また誕生日がやってきた。32歳になった。その時を大宮あたりにある自宅のワンルームアパートで俺は迎えた。

仕事公務員。俺は一浪で、とある無名大学入学し、一留卒業し、さら卒業後に一年公務員試験勉強をして入庁した。運良くストレートで入庁までたどり着いた奴らと比べると、3年余分に時間を食ったことになる。くそ、と思うことはいつもであるが、それでも、出身大学レベルからすれば随分立派な就職先に入れたのでその点は誇りに思っている。なんと言っても公務員は安定している。

まあ、どこかの国も破綻しかけたし、うちの国でもメロンの有名な某自治体破綻したりして、果たして将来も安定か?というツッコミどころもあるが、なんだかんだ自分の定年ぐらいまでは大丈夫だろう。

だべってばかりで働かない職員モンスターなんちゃらに囲まれての仕事は決して楽しくないが、生きていくためだ仕方がない。

ちなみに、一浪した時は、実家があまり裕福ではなかったので新聞奨学生をやりながら、予備校に通った。しかし、この新聞奨学生というのがひどいもので、配達作業時間のせいで十分に勉強時間がとれないという代物だった。今思えば、少し無理をして自宅浪人でもしてれば、早稲田筑波ぐらいならいけたかもしれない。本当に後悔している。

容姿は良い方だと思う。中学時代はそれなりにモテ記憶があるし、男友達からも、良い方だろうという客観的評価をもらっている。

だが、恋愛は不調だ。これまでの人生で一度だけ付き合った彼女美人で、スタイルもよかったし、若かったし(当時23歳だったか)、あっちの方も抜群だったが、いろいろいい加減な子だったので半年ほどで別れた。結婚も考えねばという年齢だったのでそれでは厳しい。その女との出会いは、数年前から流行りの街コン。当時は友達街コン婚活パーティーに出かけて出会いを求めていたが、そこで一度だけうまくいったのがその女だった。

と、それが二年ほど前の話。そう。今、俺の心を占めているのは結婚への焦りであり、結果として婚活自分プライベート時間の多くを占めるに至っている。婚活もいろいろやり方があると思うが、今の主戦場スマホ婚活アプリだ。

婚活アプリでは、それぞれ自分PRするプロフィール写真文章登録し、男女共々、異性のそれを見ることができる。気に入った相手がいれば「いいね」する。「いいね」されると、された相手には通知がいき、運良く相手も気にいって、「いいね」を返してくれたら、晴れてチャットができるようになる。あとはいかにうまく口説いて、「面接」に持ち込めるかだ。

面接」というのは婚活用語である婚活アプリでは、チャットいくらか続けたあとに、アポをとりつけて相手食事に誘い、そこではじめて相手と対面する。そして相手容姿や、学歴職業コミュニケーション能力などを見る。これがさながら企業における採用などの面接に似ているから「面接」などと呼ばれるのだろう。採用活動における面接ではおおむね企業側が一方的に見るものだろうが、婚活における「面接」では、お互いがお互いの値踏みをする。従って、当然ながら、「面接」に望む時の洋服には十分気をつけなければいけないし、会話を弾ませるよう自分の話術を最大限駆使する必要がある。そうでなければ、二次面接」、三次面接」には進むことが出来ない。お祈りメールを待つのである

俺が将来の伴侶に求める点は大きく、1)友達が羨ましがる容姿、2)自分よりも高学歴、3)結婚してもちゃんと働いてくれる人、4)性格がまとも、5)年齢は31歳まで。若いなら若いだけ良い、の5点である特に1)2)5)は重要だ。なぜかって?それは他人に羨ましがられる嫁が欲しいからだ。俺は正直に言って、自分に誇れるものがない。大学へは小学生時代から続けていたスポーツを極めたくて入学したが、結局自分には才能がないことを痛感した。プロなんて夢のまた夢だ。誇れることは、せいぜい、公務員になれたことぐらいである。これがなかったら、ぶっちゃけ、ただのクズなんじゃないかとすら思う。だからこそ、婚活では一発逆転したい。

実際、俺はかなり婚活に入れ込んでいる。中毒といってもいいかもしれない。平均で週に2回程度は「面接」をしているし。婚活アプリも4つ程度を同時並行で利用している。

金もかかる。課金額は月にそれぞれ5000円程度だ。「面接」にだって金はかかる。飲み屋でディナーとなれば、安くても一回4000円は飛ぶ。もちろん支払いは男持ちだ。男女平等が叫ばれる昨今であるが、婚活では関係ないらしい。交通費だって地味に痛い。

トータルで「面接」した人数は50人はくだらないと思う。しかし、未だに婚活は終わっていない。

俺が求めるレベルの女には、一次「面接」で切られてしまう。そのレベルに達していない場合だと、付き合うところまでいけそうということも何度かあったが、どうしても本気になれず、最後まで続かない。

もう本格的に婚活をはじめて3年になる。最近は、周りの友人なども結婚しているやつが多くを占めてきたし、子供ができたというのもFBなどでよく見かける。そういうのを見ると、自分は何をやっているんだろうと思う。俺はちゃんとした家庭を持つことが幸せ重要な要素だと考えているので、何のために生きているのだろうという思いにかられることもある。「面接」がうまくいかないのはコミュニケーション能力が低いせいもあるのだろう。そういえば、うちの親はどちらもコミュニケーション能力に乏しい。遺伝なのか育った環境問題なのか。くそ

しかし、あきらめない。絶対にいい女を捕まえてみせる。

仲の良い友人の1人はそこそこの女で妥協した。しかし、俺はそんな情けないことはしない。

そう思いながら、今日スマホで女の写真を眺めては、取り憑かれたように「いいね」をしている。

2017-01-12

http://anond.hatelabo.jp/20170112122039

モンスト最近の高難易度クエストガチャ限前提なのは

もうサービス初めて3年以上経ってるし、ここまでやってたら完全無課金でもそれなりにガチャ限持ってるでしょ?みたいなところから来てると思った

(覇者の塔とかで石配りまくってるしね)

怪盗ロワイヤルからソシャゲユーザーだがソシャゲもかなりまともに

今は、デレステグラブル、FGO、モンストハース、シャドバをやっている。

昔のソシャゲっていうのは、強いカードガチャで手に入れて編成して数字が大きい方が勝ちという課金=力だったが、今のソシャゲはだいぶマシになった。

あえて昔のソシャゲ駆け引きがあるとするなら、基本的には最高レアリティ運用方法かな。モバマスなんかの進化制は2枚手に入れればいいんだけど、ほとんどのシステムは同じで絵が違うゲームは4進化制を採っていて、最高攻撃力を目指すか、手早くそこそこの攻撃力を目指すかっていうのを決める。でも、結局は金の力だ。

 

それに比べて、デレステ(内容は違うけど、スクフェスも)は音ゲーがメインだからクリアスコア課金力は影響するものの単純にノーミスクリアを目指す場合は金は影響しにくい。完全に影響しないとは言えない。カードスキルなんかにミスを減らせるようなカードがあったり、スタミナ制を採用してるから練習回数を増やすために課金アイテムを使うことがあったり。それでも、課金ゲームのうまさに直結することは無い。まぁ、当然スコアには影響されるが。

 

モンストパズドラ中高生に人気なのは、無課金でもそこそこ行けるという部分にあった。パズドラはそんなにやってないので割愛モンスト場合は、1匹目に強いキャラを引くリセマラをするわけだけど、そこから課金キャラ並の性能を持ったキャラを取りに行ったり、課金キャラよりは少し劣るものの、集めることで「運極」という報酬アイテムを増やす能力をもったキャラを作ることで、どんだけ課金キャラをもっているかではなくどんだけ運極キャラを持ってるかが重要になっていた。

過去形なのは最近露骨課金キャラ優遇するようなクエスト実装したり、課金キャラしか対応できない仕掛けを作ったりしてるからパズドラも同じように課金キャラじゃないと越せないような仕掛けをつくったりしてるとは聞いたことがある。まぁ、自分課金者は優遇されるべきと考えているのでそれは良いと思っている。

ハースとシャドバは、まぁ、実際のTCGをやっていた身からするとTCG演ること事態継続的課金をすることと同意味なので変わらない。カード整理が楽なのと、無料でパックもらえるのがマシかな。まぁ、中古で掘り出し物見つけたり、トレードしたりっていうバトル以外の部分の楽しみはないが。

 

グラブルとFGOは少し毛色が違う。ひたすらの作業ゲーム。言ってしまえばアクションじゃないモンハンみたいなもんなんだけど、とにかく課金たからといって作業が格段に楽になるわけではない。基本的に周回前提のゲームになっている。最高レアが無くても戦えるが、その戦えるようになるまでに時間を多くつかう。どちらかというと一昔前のMMORPGで、そのMMORPGにもガチャがあるタイプ金も時間もかかるタイプ

言いたいのは、「金」だけじゃ解決しないようになってるのと、「時間」もしっかり使わせるようになってる。

例えば、無課金ニートが3000時間やったデータを100万ぐらい課金しただけのデータで抜かせるような作りではない。

これは、実はコンシューマーゲームもそうなりつつある。例えば、腕が一番出るFPSなんかも、ガチャがあるものは多い。今のは基本的ガチャから出た武器のほうが強いとかはなかったけど、COD:AWとかいうやつはガチャから出る武器で性能が違っていて一部は持っているだけで強くなるような武器もあった。FPSやってるやつならわかるけど、威力距離減衰が変わらず発射レートが早くなった武器なんかが普通にあった。今は大体操キャラクターの外見が変わるものが多いかな。これは当然課金で回せるようになってる。

あとは、PS4アイマス。これも実際はガチャ制を採用している。普通にプレイしていく分には課金は不必要アイマスは今まで課金ソフト価格より高いことが有名だったが、さらガチャも入った。内容としては、ライブが終わった後にファンからプレゼントがもらえるのだがその内容がランダムだ。ここまでなら別にガチャとまではいえない。モンハンだって報酬ランダムだしな。ただのランダム報酬だ。ただ、このファンからプレゼントが不確定要素で結構来る確率が低いし、それを確定させるPドロップというアイテム(消費アイテムリアルタイムの期限付き)が課金アイテムとして売っている。そのせいで完全なガチャはいえないもののグレーなガチャになっている。

そして、なによりも昔は「アンロック課金」として悪名高かったバンナムも、ガチャのせいで「アンロック課金のほうがマシ」と言われているような状況。

結構いまはどんなゲームDLCがあるように思えるし、DLCを待ち望む声のほうが多いように感じる。

 

任天堂ゲームはしらない。WiiUもってないから。そういう点で、あんまり課金の話を聞かず、スマホゲーでは良心的な1200円を求められただけで炎上するマリオランを見ている感じ、任天堂ががんばってゲーム業界をひっぱっていってくれないかなぁとは思っている。

正直な話、コンシューマーゲーム結構危ないところに来ている。それだけははっきりと真実を伝えたかった。

クラッシュ・ロワイヤルおもしろいよ

金かけなくても強くなれるし、でも課金したくなるよ。

2017-01-11

ソシャゲ炎上なんて誰も気にしてない

FGOの課金トラブル。誰が気にしてんの?

Shadowverseの生放送炎上。そんなこともあったね。

グラブルガチャ炎上。もう遠い昔のことのように思える。

結局、どれだけ炎上しようがブランド力とそれでも続ける信者が居れば全く問題無いんだよ。ちょっと炎上しても飴を与えれば黙るし。むしろ餌欲しさに騒いでるだけでしょ?

それにやってないゲーム炎上なんて正直どうでもいい。他のゲームでどんな酷いことがあったとしても対岸の火事から

今もどれだけ金注ぎ込んだとか、挙げ句爆死自慢なんてやってる奴も居る。

バカ相手商売はやめられない。

http://anond.hatelabo.jp/20170111125105

あなたの読解力がないだけ

http://anond.hatelabo.jp/20170111121729

元増田無尽蔵に課金させられたくない」

トラバ「そういう事言うからガチャが生まれた」



???

話が全く繋がってない。

しろ真逆

これが言葉の通じない人って奴ね

http://anond.hatelabo.jp/20170111122209

わかってないな。

ソシャゲ(というか、今純粋ソシャゲ流行ってないので、スマホゲー)のガチャ課金する人は、ギャンブルだと思って回してるわけじゃない。

いやガチャギャンブルではあるんだけど、事前に無料ゲーム自体に感動や楽しさの体験を貰ってるからサービスに対して後払いのお布施チップを渡してる感覚なんだよ。まあお布施の量はその人の経済感覚によるし、限度はあるけど。

ぶっちゃけ今やってるガチャで狙い目のものが引けなくたって、十分これからも楽しんでいける確信は得られてて、その上で回してるわけ。

そうじゃない類の、これ持ってない奴はハブられる的なモノ出してくるゲーム流行らないからね。

課金するぐらいなら辞める

サービスに対価を払えという意見があるがチマチマとアンロック式で対価を払わせるサービスに金を落とし続けるぐらいなら俺はそのサービスを抜ける。

買い切りでないサービスは信用できない。

ダラダラと相手が金を垂れ流すのを狙ったサービスなんて本質ソフトバンクと何の違いもない。

2017-01-10

ガチャに興味がなくなった

オッサンだが3年前に某ソシャゲを始めた。


それまではPCゲーやらコンシューマメインで、怪盗ロワイヤルだとかデレマスだとかのソシャゲに○万つっこんだとか○十万突っ込んだとかとか聞いてとんでもないキチガイ世間には一杯いるんだなぁと半ば自由に使えるお金の多さに嫉妬し、半ば馬鹿にもしていた。


紆余曲折あってそのソシャゲ引退した。そのソシャゲきっかけでフォローしたツイッターのフォロワはまだそのソシャゲをやっていたり、他のソシャゲをやってガチャSSをTLに流したりしている。


引退して暫くはそれもウザくは感じなかったのだが、近頃無性にイライラしてソシャゲ以外につながりのない人のフォローを全部解除してしまった。


興味ない事へのツイート邪魔しか感じない。

ジャニーズに興味ないのにジャニーズアイドルについてのツイートばかりされるとウンザリ

サッカーに興味ないのにJリーグツイートばかりされてもウンザリ

アニメに興味ないのにアニメツイートばかりされてもウンザリ

すごく当たり前の事である


ソシャゲ引退してからもひきずっていた何かを捨てられてものすごくスッキリしたので、健全生活をおくれそうだ。





以下、ソシャゲをやってた時の心境の変化。


ロンチと同時に始めたソシャゲは若干競争要素はあるものの、まぁ大体はソロポチポチするゲームで、複垢使ったり時間つぎ込めば無課金でもそれなりについて行けるものだった。昨今のソシャゲ常套手段で、無料石を貯めればたまーにガチャも回せて最高レアガチャキャラも手に入る。


最初はどうやれば効率よく(ガチャ以外で)強くなれるかもあまり分かっておらず、すぐにスタミナが尽きるので拘束時間もたいした事なかった。イベントのたびにキャラが配布され、少しずつ戦力が整っていくのがたのしかった。ゲーム内で知り合った人たちをTwitterフォローしまくったりして、ガチャ更新のたびにその人たちが最高レアSSをあげるのをTLで見て羨ましく思っていた。


最初の1年は本当に楽しかった。絵も音楽も良くて、システムはまぁ不満点だらけだったけども。ガチャ更新のたびに盛り上がるTL、それにおめでとうとか死ね!とかリプ飛ばして。丁度艦これもその時期で、武蔵取るくらいまではプレイして、ソシャゲ・ブラゲもなかなか楽しいなと思うようになった。


だが、アップデートは次第にプレイ回数・時間要求する方向へ加速度的に突き進み、場合によっては(勿論アイテム不要ならやらないでいいが)日に数時間以上のプレイを強いられる場面が増えてきた。何をやるにもまず何の危険もないミッション馬鹿みたいな回数こなさないといけない。


ソシャゲをやってる人なら分かるだろうが、ソシャゲは基本薄いコンテンツを周回させてコンテンツの引き伸ばしを計る。それなりに緊張感のある周回ならまだやっていても面白みがあるのだが、強くなれば強くなるほどただのポチポチ作業になり、面白みも何もなくなっていく。



こういった面白みのない作業モチベーションガンガン削られてきたところで、期間限定ガチャにて全てのキャラ過去にする能力を持ったキャラ実装される。デザイナーは「使い方は是非研究してみてください」などとふざけたことを言うのだが研究するも何も使い方は明白で小学生でも3秒で分かる。


勿論そのキャラを活かすにはその他の条件も満たさなければならないのだが、全てのキャラ

過去にするレベルの強さを「研究してください」と出されて、「あぁ、運営って(悪い意味で)馬鹿なんだなぁ」と気づいたところで引退する決心ができた。


気がついたら最初は好きだった絵もありがちなアニメ絵に近くなり、好きだったテイストが薄くなってのっぺりした魅力が感じられないものになっていた。


辞めてから考えると、使いたい一つのアビリティのために期待値数万円のガチャを引かないとやりたい事がやれない金満ゲームだったなぁと今更思うのであった。FF5でたとえれば、「にとうりゅう」と「みだれうち」を覚えるのに合わせて10万円かかりますと言われてるようなものでやっぱりキチガイじみてる。


全てを過去にするキャラ実装からもう辞めたいと半年以上思っていたが、ズルズルと続けてしまった理由ツイッターなどでの繋がりが理由の9割以上を占める。皆も続けているし、せっかく仲良くなった人との共通点がなくなるのももったいないと感じた。基本ネット越しの付き合いしかない(リアルソシャゲやってるとか言えない)のにこれだから小中学生でもやりたくないけどやめられない人はかなり多いのではないかと。

2017-01-09

FGO課金トラブルの件

返金要求メールテンプレメール返信が3回くらい続いててキレそうなんだけど、消費生活センター相談もしてるし、返金された人も出てきたみたいだからちょっと希望が湧いてきた。

根気よくメールを投げつけつつ一旦休憩。

 

それはそれとしてだな、ツイのフォローフォロワーでかなり腹が立った発言を挙げていく。

 

・「エラー出てるのに連打する奴が間抜けでしょ」系の被害にあった人の知性をバカにして笑うマン

 →間違って複数回課金したトラブルの大きな原因は「購入はキャンセルされました」というメッセージなので10:0ではないにせよ8:2くらい運営が悪い(断言)のを知ってか知らずかスルーして被害者を冷笑する、今回一番ムカついたクズ

 

・「数万円の損失で生活が揺らぐような奴はゲーム課金するな」系のありがたい説教を展開するマン

 →それ自体正論かもしれないが、運営の過失の問題にケジメがついてない段階でそこから話題すり替えてわざわざ言うことかよメーン

 

・「石付与されてるし将来分の課金と思えばいいでしょ」系の違うそうじゃないマン

 →当たり前の話として誤った誘導課金したお金は返せと言ったら返す必要がある。自分が石付与で不満ないからと言って他人に寛容になることを押し付けるな

 

・「過剰に返金返金言ってると被害者詐称した乞食が湧いてくるおそれがある」系の明後日の方向を心配してるマン

 →仮にその手の輩が出てきて運営からお金を掠め取ったとしてもそれは運営自業自得

 「乞食発生なし-救済漏れ被害者あり」と「乞食発生あり-救済漏れ被害者なし」なら議論余地なく後者の方がいいに決まってるから被害者はどんどん声を上げるべき

 

 

 

上に書いたようなことを目に見える範囲で言ってた奴らは""""覚えた""""からな。夜道気をつけろよ。

リアルマネートラブルに巻き込まれてる者はナイーブになってるから、そっちは何気ないツイートかもしれないがこっちはある意味運営より怨み骨髄に入ったし絶対に忘れんぞ。

2017-01-07

オナネタを消化したい

まだ見ぬエロ漫画

まだ見ぬAV

増えてきた3Dアニメ

エロゲ

イメージビデオ

インディーズ物の怪しい動画

これから増えてくるVR

 

正直ちんぽが追いつかない

1日2発が限度だ

1発あたり消化できるのは、AV5本とか、漫画2冊とか、そのくらいだ(全部見るわけではない)

 

これじゃ全く追いつかない

いや追いつく必要のないことは分かっている

でもなんか、もったいないよね

 

今日も、月額課金制のサイトから制限を受けない範囲で全力でダウンロード

やがてプログラムを書き始め、HDDを圧迫し、整理を放棄

溜まった100個くらいの動画の内4本くらい見た時点で果てていく

 

早くエロコンテンツ消化して、風俗とかそっちも攻めないと

忙しいなあ

ガチャ楽しいんじゃなくて

課金した1万円が一瞬で溶けてくのを見るのが楽しいんだと最近気づいた

何の成果もなかったとき喪失感がたまらない

COJPツマンネ

シャドウバース倒すんじゃなかったのかよお前全然ダメじゃねーか。

つうか余りにも課金ゲーすぎだろそりゃお前新規増えねーよ。

課金乞食じゃ手に入るパックに制限があるのは流石にやりすぎだろ。

生成しろとか言われても乞食パック砕いてかき集めたポイントで作れる量じゃねえよ高すぎんだろ。

アケみたいに戦ってポイント貯めれば乞食でもまともなパック開けられるようにしろや。

つうかアケで集めたカード使えねえとかふざけんなよ。

俺は毎日ゲーセンに通うのダルかったのがこれで無くなると思って期待してたのになんだこれは。

金払う気ない奴は引き続き毎日ゲーセンに通ってゲーセンで何度もaimカード入れ替えて遊んでくださいってかよ。

面倒くせーよ。

から俺たち乞食引退して今筐体の前過疎りまくってんだろうが。

もっと乞食に気を使えや。

課金勢、おみくじでも大吉が出るまで引き続ける説

ラブライブ映画

ラブライブ映画を見た。1/3にNHKでやっていた。

相変わらずテレビアニメ版と同じ感想だった。

キーワードを挙げると

意味不明

支離滅裂

荒唐無稽

・腑に落ちない。

・雑

コピペ

・つぎはぎ

・取ってつけた感

脈絡のなさ



ふつう物語があって起承転結するわけで、それに沿って必然性のある演出、展開、エピソードがある。だから腑に落ちる。

なんだけど、ラブライブは、経緯、エピソード演出情緒、といったものがクソ。

キャラクターと歌自体はまぁまぁだとは思うが、???が多すぎてそれらが全部吹っ飛んでる。自分の中で。

意味不明すぎてうまく言語化できていない。すごくモヤモヤして、腑に落ちなさだけが残る作品だった。


言いたいことや違和感の詳細は、だいたいこの批判記事に書かれていて腑に落ちた

 劇場版ラブライブ!批判考察http://anond.hatelabo.jp/20160221211019

 劇場版ラブライブ! 見てきたけどマジでソ映画だった:オタクマガジン黒歴史の向こう側へ~ - ブロマガ http://ch.nicovideo.jp/hirasawa_yui/blomaga/ar811153


たとえば、ニチアサ戦隊モノプリキュアっていうのはアタマカラッポにして楽しむことができる。無意味なシーンやエピソードがない。子供と遊ぶような、それはそれでロールプレイして楽しむことができる。ラブライブはそういった類の楽しみ方もできない。


たとえばインドの踊りまくる映画とか、ハリウッドのB級映画とかの「考えるな、感じろ」系の作品は、たしかに同じ馬鹿なら踊らにゃソンソン!的なノリで見れば楽しむことはできるんだが、ラブライブはそういう楽しみ方もできない。一貫したものがないから。

けいおん!あずにゃんが出てきたあたりで視聴挫折している。甘ったるい間延びした空気感に耐えられなくなって、視聴モチベーションの灯火が消えた感じ。

ラブライブを楽しめている人ってどういうノリなのか?わからん・・。楽しみ方の作法を教えてほしい。というかワイはアイドルアニメ音楽部活アニメに向いてないのだろうか。ワイも老害になったのだろうか。

このブコメが腑に落ちた:

 ラブライブ基本的には好きだけど、一貫性のある物語精緻人物描写の「力」を信じている人には、それがなくてもあんなに売れちゃうんだーみたいな絶望感のある作品だと思う - heavenward のコメント / はてなブックマーク http://b.hatena.ne.jp/entry/257185110/comment/heavenward

ワイは、整合性が取れていないものに対して敏感に嫌悪を催すタイプなのか。脳内コンパイルエラーを起こすから整合が取れていないもの発言したり受け入れたりする人が生理的に受け付けられないなぁ・・。



でもアイマスアニメは、まぁまぁ全部みて楽しめたなぁ。あれはちゃんと「完成」されている。王者の安定感がある。単なる「記号」ではなく「人格」としてのキャラ立ち個性表現されていて、困難と努力リアリティがあり、これぞアイドルプロデュースといったところ。ただ重課金ビジネスは嫌い。ラブライブは「人格」が弱い・・。

アイマス信者でもない。アニメやってたから見ただけ。ゲームやったこともない。


艦これテレビアニメ版も、シリアスにしたいのかギャグにしたいのか支離滅裂意味不明最後作戦蛇足すぎたし、かなりのクソだったが、ラブライブはそれよりもさらに下を行くクソさ。

※ただ、艦これ映画シリアス一辺倒路線吹雪編(?)の締めをしていて、それはそれでまとまった作品になっていたので、評価は上がった。



仮に俺がお金を握っている立場だったら、脚本家演出家給料を出したくない。

でも悲しいけどこれってビジネスなのよね。売れればいい。それだけだ。

から色んな作品に出てるんだね・・。



ちなみに、ラブライブ サンシャイン のほうは未視聴です。

2017-01-06

http://anond.hatelabo.jp/20170106111917

課金ユーザ役割は、口コミ面白さを皆に伝える広告宣伝になることでしょ。

から、無課金ユーザに掛かる費用広告宣伝費と考えるべき。

課金に優しくしろ理論破綻

課金サーバーサポートに負荷をかけるだけの不良債権だという視点が完全に抜け落ちている。

人口が半分になって1人当たりの利益が倍になった場合サービス運営固定費用に当たる部分だけが減り利益は伸びる。

そんなことも分からないのだろうか

2016年ソシャゲ課金

2016年の収支をまとめた。

ソシャゲへの課金額は約50万円だった。

多いのか少ないのかわからないけど、2年前くらいまでは年間100万円以上課金していたので、だいぶ減った。

課金額が減ったのは、

ガチャを回さなくなったから(我慢してる)

イベント走る回数を減らしたから(忙しくなった)


最近ガチャギャンブルから規制すべし論調結構あるが、まぁ一理あるだろうと思う。

しかし、競馬パチンコなどのギャンブルはやったことがないのだが、ガチャギャンブルで大きく違うと思うことがある。

それは、リアルお金が稼げないところ。

ギャンブルは勝ったらリアルお金がもらえる。だから、これさえ勝てば〜〜〜〜!て気持ちとか、一発逆転を狙ってのめり込んでいく気がする。

ソシャゲは、イベント走って○○位に入って嬉しいとか、欲しいものが引けて嬉しいけど、それだけ。

課金する前から分かっている。お金をかけても現実世界では全く儲からないことを。

そんなことにお金をかけるのが下らないかどうかはさておき、この違いは結構大きいと自分では思っている。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん