「新入社員」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 新入社員とは

2016-12-05

女だけどセクハラが難しい

酔っ払いの多少の下ネタを笑って流せる程度の、ある意味でおおらかな、ある意味で毒された感覚は持っている。

くじらを立てるほどでもないから、不愉快不愉快だけれど笑って流せる。

酔っ払った上司が言う「ディープキスする?」という類の冗談は、正直どこの職場でもあり得そうな気がしているし、そんなの親戚のおじさんにだって言われてきた。

接待帰りの帰り道、「寒いから手を繋ぎたくなってきちゃったな」と言って、上司が私の手を掴む。

私はその手を払いのけて「あ、それは別料金なんで!」と冗談にしてしまう。

いつもそうやって誤魔化している。不愉快だけど、相手も酔っ払っているし、本気なわけはないんだし、強く言うと面倒臭そうだし……。

そうしてへらへらかわし続けている。

一瞬のことだ。その瞬間、とてつもなく不愉快なだけで、仕事をしているだけなら普通にいい人たちだ。

騒ぎ立てるほどのことでもない。

そう思いながら、今までやってきていた。

1週間前、新入社員女の子と、セクハラおじさんたちと一緒に飲む機会があった。

セクハラおじさんたちは例の如く、お酒冗談を巧みに持ち込んで、セクハラじみた言動を重ねる。

私の正面に座っていた新入社員女の子は、私と同じように笑いながら、ときに諌めながら、セクハラおじさんたちをかわし続けていた。

いつも自分がやっていることを、はじめて客観的に見た。

彼女は嫌そうな素振りも見せず上手く笑いに変えていて、なんだか場が盛り上がっているようにすら見えた。

彼女不愉快じゃないのだろうか?

みんなこれくらいのことは当たり前にかわせるのだろうか?

それとも私みたいに不愉快さを抱えながらも、かわしているのだろうか?

元気に笑う新入社員を見ながら、申し訳ない気持ちになった。

もし彼女不愉快さを抱えながらも、貼り付けた笑顔でこの場をしのいでいるのだとしたら。

もしそうなのだとしたら、その責任は私にもある気がした。

へらへら笑いながらかわし続けていたせいで、「ここまでは大丈夫」というラインを作ってしまったんじゃないか唐突に怖くなった。

いちいち騒ぐのは面倒くさいし、かわせるならかわし続けて適当にしておきたい。

でも面倒くさがってへらへら笑っていたせいで、私のサボりのせいで、誰かを困らせる日もそう遠くないように思われる。

騒ぎ立てるほどのことでもないけれど、うまくやりすぎても駄目な気がする。

仕事に影響が出るのは嫌だけれど、これが当たり前の対応と思ってもらっちゃ困る。

加減が分からない。

本当にセクハラが難しい。

2016-12-04

新入社員が覚えるべき最初の事

大丈夫?」と聞かれたら

大丈夫です」と答えてはいけない。

これを聞きに来る人間は、

心配してあげたけど大丈夫と言われたから」

と、お前の家族裁判で争う時に証言する。

そのための証拠作りに聞いているだけだ。

別にお前のためにとか考えてない。

そいつらはお前が過労死したあと言いたい放題言うぞ。

大丈夫?」と聞かれたら

「もう無理です…。」

と一笑もせず余裕なさそうに言え。

少なくともお前が死んだあとの裁判ではまだ家族有利だ。

2016-12-03

会社巨乳新入社員がやってきた話

僕がプロジェクトマネージャーをやってた時の昔話。



会社巨乳新入社員がやってきた。

ここで残念な話だが、みんなが思い描くようなアイドルみたいな美女ではない。

そうだな、あえて分かりやすくいうならパイパイでかみって芸人もっと不細工にした感じだ。

ついでに言えば、28歳ぐらいの中途社員だ。



だがしかしプロジェクトはすこぶる順調になった。

なぜでしょう?

2016-11-23

ご多分に漏れ

今年入社新入社員



五月病をずるずると引っ張り続け、もう12月にも入ろうという時期だがあいもかわらず仕事にたいして熱意を持つことができず、だらだらとつまらなく生きている

採用面接では自分がどれだけその仕事に就きたいか熱意の言葉を並び立ててのこの体たらく



新入社員ほとんどが3年以内に仕事を辞めてしまうと位う話はよく聞くが自分もまさにその一人というわけだ

自分ことながら情けなくも感じるが、よくわからないモヤモヤしたこの感じに悩まされる人間自分だけではないだろうという事実にはちょっと励まされる



ただ、気になるのはその仕事を3年足らずで辞めてしまわれた先輩方のその後だ

すぐに仕事をやめてしま若者の話は聞くが、そのあとどうなったまでかはなかなか耳に入ってこない

案外、次の仕事をすぐに見つけられて、おまけにその仕事がすごく熱意をもてる対象になってたりするケースが多い…なんてことはなさそうから、やはり次の仕事を見つけるのにも、あるいは見つけた仕事を続けるのにも四苦八苦しているのだろうか



この先自分もどうなるかわからないが、いまの仕事を続けるにしてもしないにしても、どちらのみちの先にも行き止まりの壁しか見えなさそうだ

http://anond.hatelabo.jp/20161123194036

何の参考にもならないかも知れないが、当方女性で男8女2の職場仕事してて明らかに非効率仕事方法がまかり通ってたので、それに付き合うのが嫌で一度はっきり進言したら後日。

増田さんそんなに怒んないでよ~。今度の新入社員イケメン採ってアシスタントにしてあげるからさ」

かいうことをヘラヘラ普通に上司に言われたことがある。

イケメンはべらせとけば女は機嫌が良くなると本気で思ってたことがわかってものすごくムカついた。

そういうのも広義のセクハラなんだって言いたい。

まあ、元増田職場も本当にあってもおかしくないところなんで、実際イケメンがいればどうでもいいと思ってる女もたくさんいるんだろう。

2016-11-18

仕事論理的な話し方を強いられるのが辛い

他人意思疎通を行うとき、話にロジック必要なのは分かっている。

いくら酒の場であっても論理的破綻している話を聞かされるのは苦痛だ。

それが仕事の場であれば、正確な意思疎通を行わなければならないし、

ロジックに基づいた話し方が求められるのは当然のことだ。それはわかる。

しかし、私がプライベートの際にロジック意識して話すかと言えば、そんなことはない。

かと言って論理が全く破綻した会話しているわけでもない。

要は、自然な会話ではある程度の論理のズレや飛躍を許容して話をするのである

聞き手が話の論理欠陥を補っていると言ってもいい。

この時、厳密に正確な意思疎通はできていない。

行き過ぎると、話が違うということになってしまうのだろう。

仕事では特に困るから話のロジックについて厳密であるべきだという話はわかる。

特に私の職場理系の人が多いから、そういう傾向が強いのかも知れない。

しかし私にとってはそれが苦痛だ。

頭を使うため、疲労感が半端ではない。

下手なことを言えない、と神経も使うからストレスたまる

頭が痛い。胃が痛い

雑談であっても適当なことを言うと、鋭い指摘がすぐ飛んでくる。

グチグチとしつこく話の論理的おかしさについて責められる。

本屋論理的な話し方みたいな本を見るだけで吐き気がする。

私は今年入社新入社員だが、こういった問題のため、会社に行くのがとても辛い。

追記

ストレス会社に行くのが辛いというよりかは

自分社会不適合性を直視してしまって辛いと言った方が正確かもしれない。

人が無意識でできることを私はできないのだから

2016-11-17

http://anond.hatelabo.jp/20161116152814

何ンゴか知らんが本人が降臨して説明してみんな溜飲下げたみたいだけど、あれは自作自演だよ?


本人も「否定的な反応だろうというのは事前から予想」「放送されると炎上するだろうというのも予想」と書いてるけど、

何をどう出せば、どういう反応があるか、とか、

ここで自分がどう動けばどう返ってくるか、とか、

分かんないはずないでしょ。どう考えても彼はそんな阿呆ではないよね。バイトだの新入社員だのじゃないんだし。(あ、バイトだっけ?)


取材が入ることが分かってる。手持ちのカードCG作品)は恣意的に選ぶことが出来る。恣意的に。爺の人間性は把握している。否定的な反応と予想と、彼自身書いている。「いい画」が撮れれば取材者側はそれを使いたいことが分かっている。そして何より彼自身が、使うことを了承している。


計算完了、ですよ。

炎上上等、ですよ。


使うことを了承したあたりで、あー炎上したら事の経緯を増田に書くかーくらいまで完璧に想定できてるよね。(まあ、結局、分かる奴にしか分かんないと思うけど。どうトボければいいか、なんて、普通人間の知るところではないから。)

あんな美味しい映像」って何よって。爺の爺っぷりが余すところなく表現されるような場面でしょ。いい加減爺も爺だから、下々の物はあるていど爺用に加減した物を出すように、どうしても自然にそうなっちゃう訳よ普通は。


要するに彼は、爺を怒らせようとして怒らせて、怒ってる爺を放映、表現、伝えたかったはずなんだよね。「なんの得もない。」ってね。あるよね得。在るが儘の爺が。爺に惚れてあそこ通ってるんだもん。


爺の人間を伝えたいんでしょ。自分ちょっとした犠牲になってでも。学生時代のアダ名はピエロ川上だったもんね。


自サゲ爺アゲで伝えたいものがあるのは分かるけど、あんアカラサマなのを口開けて見てる馬鹿ばっかりで驚いた。おまいらな、眉に唾つけ刮目せぇよ。


と、終わりにしようと思ったんだけど、元のを読み直したらさ、

本当にあったことをそのまま」

「そこにあったのは本物の僕自身であったと」

「本当に困ってしまって」

「全て、本当の僕が映って」

「本当のありのまま自分が映し出された」

「本当の僕を見てそう思ったんだから

「本当の僕を見て嫌う人間に、嘘の僕を見せて好感を持ってもらいたいとは思わない。」

本当本当本当と本当に五月蝿え奴だ。どんだけ~


こういうのは、ヤラセたんだとバレるのが一番マズい。ヤラセだなんてあり得ないと思われるに決まってるし証拠とかないし一笑に付してほしい。でもね少なくとも20年前の自分には、これがアレだぞって伝えておかなきゃって思ったんだよね。何が真実かなんて分からなくていい。嘘が嘘だとだけ分かりさえすればいい。なんて、ホントかどうかは知らんけど。

2016-11-08

平成28(2016)年11月8日 東朝新聞コラム

電通強制捜査─喝采してほんとうに大丈夫

 広告代理店大手電通新入社員女性が過労のために自殺した問題などをめぐり違法長時間労働をさせていたとして11月7日

厚生労働省が、本社と3支社の強制捜査に乗り出した。

この報道に対し、『異常な長時間労働労働の末端ではなく上流取り締まるべきである』『ブラック企業には鉄槌を下すべき』

などとして拍手喝采する意見が多いが、私は不安で仕方がない。

 電通の首根っこを押さえたら事実上日本のほぼ全てのマスメディアを押さえたも同然になる。

労働問題を口実に電通の弱みを握り、自らに有利な報道をするように間接的な圧力行使したいという

アベ政権の隠れた意図を感じるのは私だけだろうか。

2016-11-06

派遣いらん。

派遣会社っていつの間にこんなに増えたのw


転職活動してるけど、雇用形態が派遣って多すぎじゃない?


電通新入社員自殺したけど、こりゃあやめらないよ。

正社員やめると派遣契約しかないような社会もの

阿部首相労働時間云々を言う前に、派遣もっと減らすように動けよ。

どうして、論点派遣を取り入れないだろう。

派遣なくせば、正社員労働時間も減るからその分過労死する人も減るし、

仕事責任を持つから正社員負担もかなり減るしね。

正社員になりたい派遣社員もとても多いはずだ。


派遣社員って真面目にやらんし、ちょっとした雑用をお願いするだけで、すぐに”契約外です”で

仕事断るもん。新卒派遣しかいたことないやつは、仕事を真面目にしない印象が強い。


日本産業って派遣社員が多いけども、派遣社員って責任感ないんだよね。マナー悪い人も多いから一緒にあまり仕事したくない。

いやだとすぐに現場変れるし。


派遣会社を減らして派遣社員も少なくしないと日本終わるよ?

2016-11-02

新入社員研修と称して路上名刺交換をさせること

法律禁止しよう。

1.やられる側からしてウザい、迷惑

2.やってる新入社員可哀想 今日もこの寒い八重洲一生懸命やってたよ

3.やらせてる会社側にも別にメリットない

誰も得しないよね?

それとも俺が知らないだけでやらせてる会社側に何らかのメリットがあるのか?

不思議なのはやってる新入社員がすげぇいい笑顔で充実感に満たされてる感じなんだよね。

やってる新入社員同士で「今日は何枚集めたぜー」みたいなのをキャピキャピしてやってるを見るから別に営業スマイルって感じでもない。

これが洗脳というものなのか。

この世の闇は深い。

会社休職しました

家に一人でいると涙が出てくるので医者に行った、を書いたものです。

http://anond.hatelabo.jp/20160910195752



最初会社に通いながら直そうと思いましたが、悪化したので休職中です。

理由はいくつかありますが、当時の病状が悪化したためです。

休職前に、上司に私の体調不良で1年延期になっていた資格の取得について白紙に戻すよう要求しました。

強制するなら受験料と勉強時間会社負担にするよう要求しました。それがないなら取得しないことを主張しました。

その際に、他社で受験料を負担するようなところはないこと、とって損はないかもっと柔軟に考えて欲しいといわれたりしました。

そもそも他社ではその資格の取得を推奨することはあっても強制はしないので、それは当然だと思います

柔軟って何でしょうね。世代が違ったりするので考え方の違いがあるのはある程度当たり前だと思うのですが、あまりにも都合のいい言葉だと思います



以前からうすうす感じていたことですが、新入社員が15万もの資格費用負担することが大変だという意識が、全くといっていいほどないようです。



資格試験で私が負担していた分は返してもらえることになりました。

会社としては大きく譲歩しているそうです。



病状はだいぶ安定しました。

お薬を飲み忘れると嫌なことが頭を駆け巡りますが、それさえなければ家の中では普通にすごせます

カウンセラーの方とお話していて、

からなかったらどうしようとか勉強のものが大変という気持ちはもちろんあるけれど、

資格取得の要求にたいして、お金スケジュールがあまりに厳しくてできないと、理由をつけて断っているのに

それを完全に無視されて、最初は何にめちゃくちゃなこといってるんだろうこの人たちって思ったけど、

断ったりいろいろしているうちに、成績を張り出すと脅されたり、資格を受けて当然みたいな態度を取られて、

まるで自分のほうがおかしいかのような気持ちになってきて、それが一番しんどかったと思うと伝えました。



カウンセラーの人に、自尊心をどんどん踏みつけられて、それがつらかったのですね、といわれました。



そうこうしているうちに、事務手続きのことで上司から連絡がありました。

そのなかに、帰ってきたら忙しくなると思うので、しっかり休んで完全復活してくださいね、という一言がありました。

それを見て思わず笑ってしまった自分がいました。



たぶん一生あの部署には戻れないと思います

あの上司に悪意はないです。周囲からの評判もいいです

今までの態度からも、善意でいろいろ行っていると感じています

今もそれは変わりません



ももうあそこには戻りたくないです

2016-10-28

日本人残業が増えたのは電子化が原因

日本仕事効率が悪いって言われることについて思ってることを殴り書きしてみた

紙での処理をデジタルに置き換えただけの電子化

これはよく言われることだけど普通の国なら電子化によって効率化して仕事量は減る

ところが日本電子化によって仕事量が増えた

単に紙でやっていた作業電子化しただけなので

作業量はほぼ変わらずに習熟のコストけが上がった

Excel方眼紙PDFだらけのシステムはそのせい

本当なら電子化するときに紙では必要だったけど本質的必要じゃ無いものは削ったり

電子化することで自動化できる部分に関しては省略したりする必要があった

ただ特に大企業人間は「もしかしたら必要かもしれない」という恐怖心に勝つことができず

成功はないけれど失敗もない「ただ紙でやってた業務デジタル化した」だけに留めてしまった

中途半端電子化ルールの非明文化

さんざん議論して効率化するために導入したはずなのに大半の大企業は完全に電子化されてなくて

一部は印刷して手書きサイン必要だったり領収書原本を貼り付けないといけなかったり

別に法律で決まってないけど念のため紙で印刷して保存してたりする

日本人ハイコンテクストで会話するもんだからそういうルールは明文化されていなかったりして

新しい作業をするときに何をすればいいのかを調べるのことに凄く時間がかかる

Excel方眼紙PDFによる様式ファイル

紙でやってた処理をデジタル化しただけなので

本来デジタル的に入力させる項目もExcel入力させてそれを電子ファイルとして保存するというアホなことをやってる

Excel場合入力するときセルをはみ出ないか気にしたり入力値が間違ってないか別のファイルを参照にしながら確認したりして

紙に書くより時間がかかってるのでは?ということもある

PDF印刷して手書きで書いてスキャンして保存もよくある

様式ファイルを探すのも一苦労

管理していた頃は棚を探せば紙が出てきたけど

電子化によって共有ファイルサーバに格納を始めると

フォルダの奥底にある場合があってそうそ発見できないので逆に時間がかかる

部署毎にコピーを持ってたり過去データから様式を持って来たりすると

実は様式が変わってたりして二度手間になってまた余計な時間がかかる

社内技能の蓄積が難しい

「慣れてくれば早い」

という日本の古来からある謎の文化のせいで時間が経てば職人的になって効率も上がってくるんだけど

一方で人事異動システムは残ってるからその職人もいずれいなくなる

そして異動先では別のシステムファイルサーバが動いていたりしてレベルからやり直し

異動元では職人がいなくなったことで効率が下がり無駄な稼動が発生する

パワポ文化と長引く会議

これらに加えて海外企業特にIT系)やベンチャー系は電子化に強いので

プレゼン説明資料を大変綺麗・分かりやすく作ってくる

日本特に大企業の偉い人はそういうのが大変好きなので

「うちもあれぐらいのクオリティ資料作ってこんかい!」

という感じになってみんなひたすらパワポと睨めっこ

練りに練って情報量満載の資料を作って

プロジェクターで大写しにして会議するもんだから

そりゃみんな細かいところに突っ込んだり議論が二転三転したりして全然終わらない

偉い人の時間を潰すことは問題なので

偉い人の会議にかける前に事前チェックをする会議を開いてそこでチェックをする

その会議にかけるために(以下,2~3回のループ

セキュリティ対策とやめられないメール

標的型攻撃を初めとして近年のセキュリティ対策として

特に大企業暗号化リモートアクセス化が顕著

暗号化ネットワーク越しのせいで一つ一つの作業ストレスが溜まるし

リモートアクセスの端末がだいたいノートPCのせいで

画面が小さくて作業がしにくくまたストレスが溜まる

そのせいでしょーもないミスが起きると二度手間だし

再発防止の対策とか言い出して二重・三重のチェックをやりだす

メールがこれだけ危ないって言われてるのに他のメッセンジャーアプリは導入できず

結局メールを使ってコミュニケーションを取るんだけど

送信防止のための変なシステムが入ったり

ファイル暗号化してパスワード別に送るという謎セキュリティのせいで

いちいちコミュニケーション取るだけでやたら時間がかかる


コンプライアンス重視

そんな雑務を高い給料払ってる正社員にさせるのはもったいないので

派遣を雇って作業させたり手伝わせたりしてたら

コンプライアンスとか請負法とか言い出してそっちの管理をするために余計な稼動が発生

残業が増えてくると組合が五月蠅く言ってきたり

どっかのバカ違法なことを平気でやったりするから

再発防止の水平展開とか言い出して二重・三重のチェックをやりだす

電子化をやり直す!

だいたい大企業中の人はこのことに気付いてて

電子化をやり直すために新しいシステムを入れようとするんだけど

前述の通り日本人ハイコンテクストで会話するから本当に必要業務っていうのを抽出しにくくて

だいたい新しいシステムは何かが足りなかったりする

結局二重運用されたり運用対処(紙ベース)とかされたりして

効率全然変わらないのがオチ

だったらDevOps

最近言い出したのが

「社内システムはDevOps!」

って奴で要は内製とかもして自分たちで良くしていこうっていう動き

はいプログラム書けるやつは大企業に見切りをつけて外資ベンチャーに移ってるし

まともに書ける人間が残ってるとは思えないからこれも上手く行かないと思う

やるなら新入社員に美味い餌をぶら下げてプログラム書ける奴をバンバン採用するとこからじゃないか

来てくれるかどうか分かんないけど

2016-10-27

初めて上司になって1年が経った

30歳の若造なのに部署トップになってしまい、今まで下っ端営業マンだった自分が数人の部下を持ってからもうすぐ1年。有給はい特にやることがないので、この1年でやったことを書いていく。



・細かいところまでとことん効率

10年前のやり方が化石のように現存していた部署だったので、毎日のように徹底的に効率化に励んだ。アナログで書いたり打ったりしていた書類を、せめてエクエルでと関数マクロを組んでその人が理解するまで家庭教師みたいに一緒にやった。パソコン関係ではなく、細かい手順やルールまで「そもそもコレなんのために必要?」を毎回やって、徹底的に無駄を省いた。


・定時退社おばけになった

定時がくると「定時ですよ~定時ですよ~」とフラフラ部署を歩き回るおばけになった。残って仕事をしている人には簡単に何をやってるのか説明してもらって、明日でも大丈夫そうだと自分判断したものは「明日明日!」と言いながら退社を催促した。上に書いた効率化も、ひとつひとつ作業が十数分早くなるだけだけど、地道にいくつも積み上げていくと、慢性残業部署だったのに今では定時退社が当たり前になった。


雑談積極的にした

仕事差し支えない程度で、雑談をふりまくった。その代り、その人が仕事に集中している時は話しかけないように細心の注意を払った。


・お礼を心掛けた

仕事をやってくれた皆さんに「ありがとう!」「ありがとうございます!」「助かりました!」を絶対に欠かさないようにした。


クレームは受けるのも発するのも自分に集中させた

客先からクレームは全部自分に繋いでもらうようにお願いし、逆に、客に一言モノ申したい時や、他部署への申し入れも、自分に一本化した。でも、処理の進捗や細かいニュアンスは、可能な限り発端の担当者には伝えた。


有給おばけになった

上の定時退社と一緒で、有給の取得率を上げるために「有給有給~」と意識して声掛けをした。雑談で得た皆さんの家庭状況等を覚えておいて、例えば子供さんの行事の時期に「有給使いません?」と話しかけることを習慣づけた。


仕事をお願いする時は必ずその前後を伝えた

「これやって」「あれやって」ではなく、例えばデータの集約なら、それが誰からどうやって集めたデータで、集約した後にどんな場面で活きるのか、それを全部伝えてからお願いした。締切日は、自分が一旦頭に浮かんだ日付より3日ほど前に設定するようにした。


・必ず最後に帰った

定時退社おばけをしていると必然的にそうなるけど、家の事情や外せない酒席以外は、必ず最後まで残るようにした。1対1になるとポロリ本音を語ってくれる人がいたりする。


飲み会企画した

これは人によってはウザいかもしれないけど、無理に誘った形にならないように注意しながら、数ヶ月に一度のペースで皆で飲みに行った。行くお店は、一人一人交代で好きに候補を挙げてもらった。若造なので奢ったりはできなかったけど、可能な限りで少し多めに払った。


自分仕事絶対妥協しない

上司自分仕事をおろそかにしながら部下にお願いをするのは人道的にルール違反だと思うので、絶対に期限より早めに仕上げながら、質の妥協も無いように心がけた。



これらを意識してやってきて1年間。定時退社をしながら業績は昨年の1.5倍になった。おかげさまで来年新卒新入社員を配属させてくれるらしいけど、何かまだまだやれるような気がしてならない。よかったら、はてなの皆さんの「実録!尊敬する上司」を教えてください。

部長「新事業の案を出して」

部員A(優秀)「こんな案を作りました

部長「それやってどうするの?顧客そんなもの欲しがってないでしょ」

部員B(嫌われてる)「こんな案を作りました

部長「そんな案持ってきて何考えてんだお前、○○○がダメだって事も解らないのか?お前らのチーム能力足りないなぁ?あぁ?」



部長「で、ほかに案は?」

部員「……………」

部長おまえら本当にやる気あんのか?休みの日に休みからって怠けてるんじゃねーぞ、本読め、本」




こんなボロクソ言われて提案なんかするわけ無いだろ。

っていうか新事業提案とか、なんで平社員がやらないとダメなんですかね。

自分就職活動してたときは「ビジネスモデル」がバズワードで、「新しいビジネスモデルを構築できる新入社員が欲しい」って言われてた。

当時はわからなかったけど、それを新人やらせるなら、偉い人達は高い給料を貰って何やってるの?

2016-10-26

ホワイト企業ブラック部署だった

入社1年目、世間的には超優良企業とされている会社で開発職。

残業月100時間以上は研修明けの7月から10月も同じペース。

ていうか月〜土曜日まで関連の製造会社出張して試作。土曜て。

代休はなぜかない。

でも残業は40時間までしか記録していない。その他は自己研鑽

だって新人は皆そうしてるって上司が言ったから。

でも仕事楽しいし、新人なんだから頑張らなきゃって思ってやれていた。

で、昨日今日新入社員が集められる研修に来た。

そしたら何ですか。

残業延長申請してもらって残業代満額貰ってるか、残業全然いかどっちかって言うじゃないですか。

拠点じゃない地方研究所配属で同期が少なかったから、俺が異常だって気付けなかった。

皆楽しそうだった。

ちなみに昨日は上司から仕事に行って欲しいか研修切り上げて帰ってきて」と連絡があった。

人事部に言ったら人事部から上司に連絡がいったみたいで行かなくていいってなった。

ももう心折れた。

月100時間くらい耐えられると思ってたけど、俺だけ残業代貰えてないって知ってしまったらもう駄目だ。

何でだよ。悔しいよ。俺の夏はなんだったんだよ。

人事部の人には毎月サービス残業60〜80時間してますってぶっちゃけてきてしまった。

明日から職場行くのが怖い。

2016-10-21

クライアントにこたえないといけない仕事の人がどうやって休みを確保するか

電通に限らず、クライアントにこたえなければならない仕事というのはたくさんある。

教育産業もその一つだ。学生保護者マスコミなどに対応しないといけない。

多くの大学では、学生を学外で何かさせるとき学生危機管理、何か事故が起こった時の対策とかしている。海外テロが起こったり、地震津波が起こった時に備えていろいろ対策を立てているしお金も払っている。

学生に何かあれば保護者から責められるだろう。マスコミ責任を問うような報道をするだろう。文科省から予算が減らされるかもしれない、そんな理由から土日も盆も正月もなく教職員が働いているところもある。

そういう環境仕事を始めた人はそれが当たり前だと思うだろう。学生のため、大学ブランドのために必死に働くのは当然だと主張するだろう。電通社員のように。古い体質のところであれば、残業休日出勤をすることを評価する上司もいて、こういうことを積極的にやろうとする教員評価するからさら仕事は増えていく。

ただ、そういう大学ばかりではない。

学生自分意思で行きたいということで学外の活動をしている。危機管理健康管理自分でやる。教員はそこで出た成果を見るだけ(場合によってはまだ努力が足りないやり直せと突き返す)。腹を据えてある意味学生を信じてほおりだす。そうすることで学生自力でいろいろなことができるようになる。失敗しながら学んでいく。

大学側が手厚く保護する体制にあれば、学生は何かあったら教職員が何とかしてくれると思うから自分で調べて自分の身を守ろうとしなくなる。相手とうまくやらなければとも思わないから、紹介されたホームステイ先の人と合わないから、別を紹介しろと言ってくる。親も同じように、要求がどんどんエスカレートする。自分責任をもって行動しようとせずすべて人任せで、本人たちは成長しない、むしろ悪質なクレーマーとなっていく。

自主性を重んじる方の大学でも学生問題を起こせば一応なんちゃら委員会先生マスコミの前で頭を下げる。ただ、それだからって年中マスコミを恐れてびくびくしているわけではない。東大でも京大でも慶應でもレイプ事件みたいなのは起こる。大きな災害が起これば学生が巻き込まれることもある。どうしたって一部はそういう学生がでる。教員努力したところでそれを完全になくせるだろうか。

まり、ある種の自信をもって、自分はこういう姿勢仕事をする、というのを示す必要があるということだと思う。そうでなければ保護者学生マスコミ文科省や、いろいろな取り巻くアクターの都合に振り回されて、その人達要求エスカレートしてという形でどんどん仕事が増えていく。周りに振り回される側が評価されるかというとそうとも限らない。「うちの会社はこういうポリシー会社です」というのをはっきり示すことで会社評価が上がる場合もある。自分が働いていた大学の中では、ポリシーがはっきりしていて学生自主性を重んじる大学の方が偏差値が高く、そうでないほうが偏差値が低く、学生集めに苦心していた。新入社員には難しいけれど、経営者側が「うちはこういう企業です」というのをはっきり示す、というのは信頼につながる。今回のニュース広告代理店の評判はだいぶ下がったと思う。それを挽回するためには、(伊藤忠じゃないけど)経営者側がどれだけ改革たかを見せる必要があるんじゃないか。たぶんそうでもしないと一つの昭和の優良企業としてマスコミ家電メーカーと同様、沈んでいくしかなくなるだろう。

2016-10-18

死にたくないという陳情

社会人三年目、人生終わる前に今思うことをまとめておきます

私は論文が書けません。能力が低くてすみません

PhD取得時に学振に落ち続け、論文を一報それもしょぼいのしか書いていないことが負い目になっています

Yさんに入社一年目に研究者に向いていないと言われたことが呪いのように頭の中に常に流れておりますが、それは間違っていないように思います

何を書いても怒られる未来しか予測できず、筆が進まず、提出ができず、また催促され怒られ、とてもつらいです。この環境で頑張っておられるグループの皆様を尊敬しておりますし今後とも応援しておりますグループの皆様の、あいつよりはまし、あいつよりは自分はできるという気持ちのはけ口として役に立っていたら幸いです。

世渡りが下手なのか、地雷を踏んでばかりだと皆様に言われますが、踏みたくて踏んでるわけではないのです。

最善を尽くす元気も最近はなくなってきている気がします。

嫌われているから怒られているのかと思いだすと、怒られている要点がよくわからなくなってきている状況が非常によくないと感じています

会社ストレスチェックも正直に答えたらとても悪い結果になってしまい開示しようか悩みましたが、人事にこのデータが行くことが自分社会人人生に明らかに悪影響を与えることが推察されたので開示しませんでした。

入社一年目の終わりは会社に行きたくなくて、毎日おなかが痛くてつらくてつらくて仕方がありませんでした。

その時は未来自分への期待から耐え(られ)ました。

今はその時よりは業務的には楽なのですが、自分未来が期待されていないことが一年目よりもわかってきて、その分仕事は楽でも精神はつらくなった気がします。

いろいろ言われたままだと癪なので、そんな風に腹は立っているうちはまだ大丈夫だと思っているのですが、怒られ続けている状態が定常化すると、自分に期待されていないことが客観的に感じられてとてもつらいですし、普段集中力思考力も低下してきているように感じます

頭に靄がかかっているのはいからでしょうか。

人一倍承認欲求自己愛が強すぎるのが問題なのかもしれません。

自分に期待をしなくなればもう少し楽になれるのなら、もっと頭に靄がかかった方がよいかとも思いますが、仕事に支障が出そうなので、もっとしっかりしないとと強く思います

親友達には心配はかけたくないですし、向精神薬は飲みたくありません。

Yさんと相性が悪かったのは事実ですし、新入社員のころから仕事で成果もあげられず、他者比較すると自分がみじめになることが多いです。

優秀な同期や先輩後輩たちをうらやましく思うことが多いですし、本心では負けてないと思っているのに行動が伴っていない、そんな自分が情けないです。

遅くまで残業されている皆様を見ていると自分全然頑張っていないのにつらい気持ちでいっぱいになっているのがとっても情けない気持ちでいっぱいです。

電通社員の方がなくなられた件で長期労働パワハラの件でニュースになっており、それも心が痛いです。自分と状況を比較すると、論文が書けないくらいで困難から逃げているだけの自分が甘えているといわれていても仕方がないかとも思います


公私ともに順調に人生を歩まれている皆様にエールを送ります

お体にはお気をつけて頑張ってください。

私も幸せになりたかったです。

でも未練はいっぱいあるので、死にたくないので、もうちょっと頑張ります

転職や異動が一番前向きな選択なのかもしれません。

駆け込み乗車を許そうと思った

毎朝毎朝、通勤ラッシュ時に駆け込み乗車をする人をよく見かける。

その度に「迷惑だな〜」とか「もっと時間に余裕を持って駆け込み乗車しないようにしなよw」とか思ってた。

しかし驚くべきことに、なんと朝の通勤ラッシュ時だけでなく夜の帰宅ラッシュの時にも駆け込み乗車をする人がいるのだ。

もう仕事が終わってこれから帰宅している時間なのに何故急ぐ必要があるのだろう、とずっと不思議に思っていたが、こないだの「電通新入社員過労自殺」の件で何となくわかってしまった。

彼らは、19時、20時過ぎでもまだ仕事があるのだ。

私が仕事終わって帰っている時でも、彼らにとっては「まだ仕事はこれから」。電車に乗ってこれから得意先の所へ行くのかもしれない。だから駆け込み乗車をしてでも「なる早」で目的地へ着く必要があるのだろう。

私は彼らを許そうと思った。

過労死ラインギリギリでも働く彼らの姿を見ると、とても悲しい。悲しくなる。

どうか死なないで欲しい、と「帰宅ラッシュ時の駆け込み乗車」を見ながら私は思うのであった。

新人電話出るもんだよね

サービス業新入社員なんだけどさ。

こないだ電話対応できるだけの業務内容の説明を受けたんだ。

でもさ、入社してから電話対応を教わるまでの2週間、一度も電話に出たことがないんだよ。

動作ひとつとっても守らなきゃいけない形式がある。

ごくわずかな取り違えで顧客を失うかもしれない。

そういう説明をされてて、怖くて電話が取れなかった。

私「あっ電話上司「俺出る(ダッシュ)」ていう状態だったしなあ。

今考えれば「担当の者と代わります」なんつって出れたんだよなあ。

ミスも増えてきたし辞めろって思われてませんように。

2016-10-16

気まぐれコンセプトクロニクル その1

ブラックジョーク集なので本気にしていいのかどうか悩むやつ。

とにかく下ネタネタパワハラネタナンパネタなんかが多いけど、あっけからんと描いている。

えぐいけど、こういうえぐい環境を楽しめる特殊な強さを持った人たちが広告業界で生き残れるのかもしれませんね。


p11 広告マンがみんなでSMクラブにいった場合 「○○○を飲むのは新入社員仕事

p14 テレビ局人間接待で「服を脱ぎ○○○を燃やすのは基本中の基本」

p15 細菌拘束

p36 48歳の人間が過労で何十歳も年を食って見える。そして死ぬ

p38 モデルオーディションによるセクハラ面接

p39 お客様へのお詫びの際に、どれだけえぐいリンチを行ったかを競う

p52 おもちゃメーカータイアップしたTV曲の人間エクストリームな○○○をやらされる

p69 違法とばくで検挙された時の関係者発言

p79 女性の品定めは日常茶飯

p80 違法行為を指示。見つかった時に会社とは関係ありませんと述べさせる練習をさせる

p86 契約を取るために当たり屋のまねごとをさせられて入院

p93- コネ濫用ではあるが、広告マンが本気を出した時の力の強さを見せている。

   今ならプロブロガー人気タレントツイート一つで解決できる話だろうけれどね。

   サイバーエージェント美人を集めたり、芸能人ステマに手を染めるのもわかるわ。

2016-10-15

http://anond.hatelabo.jp/20161015214545

副作用の程度まで調べないで、使わないと決めるのは意味不明

それなら最初から調べる必要ほとんどない

同じ有効成分を使ってれば、あとは濃度の違いでどれも一緒というのも大間違い

商品開発舐めてんの?

新入社員の方が検索力は上だな

新入社員に教えたい!情報強者になるためのたった一つの検索スキル

新入社員教育担当になってから半年が過ぎた。

彼女は未経験SEになったので正直戦力としてはまだカウントできないけど、

素直でまじめで一生懸命なので評判はなかなか良い。

しかし、一つだけ残念だなーと思うところがある。



それは、理解するスピード遅いこと

新しいことを学ぶのがとにかくヘタクソなのだ



何か原因があるはずと思って観察していると

ヒントは彼女の口癖にあった。

課題を与えてそれについて調べさせる、ということを良くやるのだが



「調べたんですけど答えが見つからなかったです」



と答える彼女



いや、ネットに答えがあるわけじゃないよ。自分で考えるんだよ。

と思わず突っ込みをいれたくなるが、彼女の成長が遅い原因がこれで分かってきた。



情報弱者の過ち

彼女を観察していると次の3つの過ちを犯していることに気づいた。

これはこの子だけではなく、すべての情報弱者に当てはまると思う。


1.ネットに”答え”があると思ってる

2.調べたいことを”そのまま”検索している

3.情報の取捨選択ができない






情報強者になるための検索テクニック


情報強者はどうやって調べるのか?

それは

答えを探すのではなく、判断材料を集める


これに尽きる。





言い換えると、

情報弱者他人意見に振り回され、

情報強者事実から判断する。


とも言える。



どういうことかは

次のケーススタディを見ていただきたい。







意見に振り回される人の調べ方


説明するよりもケーススタディを一緒にするのが分かりやすいだろうと思い、

一緒のテーマをそれぞれ調べてみることにした。



予備知識が全くない調べ物の方がよいので

「良い脱毛クリーム」を探してみることにした。

単純に僕が髭脱毛したいなーと思っていたのでこのテーマにしてみたw



お分かりだと思うけど、最終的にどの製品を選ぶかはどうでもよくて、

その結論に至ったプロセス、そしてその根拠論理的かどうかがポイントになる。





彼女が選んだのは「メンズ脱毛クリーム NULL」

メンズとあるように、どんな剛毛でもつるんつるんになるんだとか。




彼女の調べ方を横で見ていると

「良い脱毛クリーム

脱毛クリーム ランキング

脱毛クリーム 髭 おすすめ

「NULL 口コミ

といったワードでググって、




検索結果の1~3位の内容を読んで、




「毛深い男性でも除毛できて、低刺激って謳われているし、口コミでも評判いいですよ。

髭は太いし多いいからこれいいんじゃないですか」

という結論を出した。





うーん

100点満点中、、、、




5点




非常に残念な調べ方だ、、、


なぜか??




それはこれらの検索ワードはすべて”意見を調べている”に過ぎないからだ。



ランキング、も

おすすめ、も

口コミ、も



すべて誰かの意見しかない。



その誰かは事実を元におすすめしてるのかもしれないけど、

それでも意見であることに違いはない。

なぜなら僕の髭脱毛に最適な脱毛クリームおすすめをしているわけではないのだから




でもこれって彼女の調べ方が特別に下手ってわけではなくて、

おそらくネットユーザの90%はこういう調べ方をしてるんじゃないかな?



今回のお題である「良い脱毛クリーム」をそのままググったのは笑っちまったけど、

単語に区切らず文そのままで検索するっていうのも一般人だと珍しくない検索方法なんだよね。




あと、検索1位のサイト信憑性がある、っていう無意識思い込みがあるようでこれは結構怖いことだとだ。





事実から判断する人

では情報強者の僕(笑)がどうやってリサーチしていったのか。

順を追って解説していこう。



1.問題設定

2.脱毛クリームメカニズム

3.Amazonで除毛成分の種類を検索

4.チオグリコール酸の毒性は?

5.youtube脱毛クリーム効果確認





1.問題設定

調べ始める前にまず、改めて問題設定をする。

問題が明確になっていないとそもそも何を調べるのかぼやけてしまうので大切なステップだ。



「良い脱毛クリーム」をもう少し嚙み砕くと、

僕にとって”良い”とは



 しっかり脱毛できること。

 身体に悪くないこと。



の2点だ。



どんな手段であれ身体にあるものを取り除くのだから

デメリット副作用心配だ。

から身体安全であることが必須だ。




2.脱毛クリームメカニズム

そもそも脱毛クリーム脱毛できる原理を知らなかったので

まずはその仕組みを調べることにした。



どうやら、タンパク質を溶かす成分が入っていて、

クリームを肌に塗ると毛が溶けて千切れてツルツルになる、という仕組みらしい。



あと、毛穴に埋まっている毛や毛根は取れないので、

脱毛”ではなく正確には除毛クリームというらしい。





3.Amazonで除毛成分の種類を検索

いくつかのサイトでは”チオグリコールカルシウム”で毛を溶かすと解説されていたが

それ以外にも有効成分があるのかどうかが分からなかった。



そこでAmazonを利用する。



ほとんどの脱毛クリーム商品説明欄に原材料や成分が記載されており、

そこを見ればどんな成分が含まれいるか知ることができる。



試しに”除毛クリーム”で検索すると695件ヒットした。

さらブランドごとに絞り込むと1つブランドから1~2種類の除毛クリーム販売されていて、

すべてリストアップしても20個程度だった。



20個なら1つ1つ調べても時間はそれほどかからない。

(容量の違いなどのため商品点数は多いがクリームの種類はこの程度)




すると、含まれる除毛成分は

 チオグリコール

 チオグリコールカルシウム

のいづれかであることが分かった。



どうやら日本販売されている除毛クリーム

オグリコール酸系のみのようだ。



このことから

メンズ用やら敏感肌用やらいろいろな商品があるけど、

除毛成分の”濃度の違い”だけでどれもほとんど一緒だろうという推測が立つ。





4.チオグリコール酸の毒性は?

これはググればすぐにわかる。



オグリコール

→ 刺激が強く、頭皮や頭、耳のむくみや発赤などを起こす



オグリコールカルシウム

→ 皮膚を刺激し、激しいアレルギー反応を起こす



(; ̄Д ̄)だめじゃん!!







5.youtube脱毛クリーム効果確認

youtubeで除毛クリームレビュー動画を見てみる。



これはレビュー内容(意見)を知りたいのではなく、

実際にどれくらい除毛できるのか確認するためだ。



いくつかの動画をチェックしてみたが、

髭はキレイさっぱりなくなってツルツルになっているが、

やはりヒリヒリするようだ。



商品の注意書きにも顔やデリケートな部位には使用しないようにと記載されているらしい。





と、ここでリサーチを終了した。




振り返り


新入社員彼女と違って、

僕が行った2~4ステップはすべて

事実を調べていることがわかると思う。



2.脱毛クリームメカニズム

3.Amazonで除毛成分の種類を検索

4.チオグリコール酸の毒性は?

5.youtube脱毛クリーム効果確認




こうやって判断材料を集めて

自分にとって良い除毛クリームを探していけばいい。





で、どのクリームおすすめなのかって???




除毛クリームは使わないことにしました

だって肌に悪いもんw(←これも意見

広告代理店の中から見る、異常な勤務実態是正方法

http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20161014/3505981.html

電通労働局調査が入ったようだ。メディアが立ち入りと同時にニュースリリース電通の友人に聞くと特に社員にはアナウンスもなかったようだから、おそらくこの調査自体は抜き打ちでも何でもない。今後、どう対応していくかということだろう。


さて、広告代理店おかし勤務形態是正するために、どうすれば良いか中の人として率直なことを言おう。3つの問題解決される必要がある。


企業文化問題

この問題が、一番是正可能問題と考える。

十年、二十年前と違って広告代理店も「フツウの会社」になってきているといいつつも、様々な場所で指摘されている通り、日本的企業の悪いところを極端にして集めたような企業文化であることが、広告代理店残業が果てしなく増えていく大きな原因となっている。

例えば、徹夜をして時間をかければかけただけ、質が上がると無邪気に信じていること、あるいは、社内の宴会の出し物のために若手社員を初めとして残業して取り組むことが是とされていること、リスクヘッジのためと称した無駄作業オーバークオリティをするのが誠意と考えているということなど。ある種、「普通にやるべきこと」を超えて「そこまでやらなくてもいい」レベルまでやることが当然という文化が、電通でなくても少なから大手広告代理店にはある。

そしてこれが純粋に求められている仕事に対するクオリティではなく、依頼するクライアントからすれば不必要ものをやって悦に入っている。そうした自己満足的な仕事を取りやめることで、大きく心理的負担作業量が減るはずだ。


評価体系・報酬体系の問題

この問題は急に手が入ることは難しいだろうが、既に取り組まれ始めており、ここが解決することで大きく是正するだろう。

大手広告代理店は、日本的企業文化が強いこともあり、昇進の体系、評価体系において年功が強く重視される。電通の亡くなった新入社員Twitterを見た人はご存知かもしれないが、ほとんどの大手広告代理店において年次は絶対価値観で、仕事ができるからといって上司よりも昇進が早い、なんてことはあまりない。博報堂はやや年功序列が緩んでいるが、それでも一部の非常に目立つ社員に限られる。電通は数千人の社員がいるが、早期昇格する人は十数人程度とのこと。

ではこれだけ年功序列だとすると給料はどう決まるのか?答えは簡単残業時間の量によって決まる。そう、残業しなければお金が稼げないというシステムなのだ。(博報堂は多くの社員年俸制になったそうなのでこの限りではない)その人が優秀か否かは関係ない。会社にいれば、お金が稼げる。だからこそ、残業常態化するのである。密接に仕事評価と結びついた評価報酬体系、あるいは年俸制にすれば大きく残業時間の「見た目の量」は減ると思われる。


・受注産業であることの構造問題

しかし上記2点は本質的問題ではない。広告代理店ビジネスモデルは受注産業であり、広告代理店残業問題解決するには、この「発注側」の協力が不可欠である。自社がどれだけ制度を変えても絶対に「本当の残業量」は変わらない。年俸制にしたところで、ヤミ残業が増え、むしろ報酬体系と見合わなくなり、自殺する人が生まれるだけのはずだ。

この問題は、前述の「企業文化問題」とも結びついている。受注産業として広告代理店が競合しているため、発注する企業側としては「どれだけウチのためにやってくれるか」というのが評価基準になる。結果、オーバークオリティが当然となり、「クライアントファースト」を錦の御旗としてすべての時間を注ぎ込む、どれだけ尽くせるかが問われる。発注企業担当者もそれが当然と思っており、結果として忠誠を確かめるために無理難題を言い始める。「明日来年キャンペーン企画をすべて考えて持ってこい」というような無茶な依頼である。これは実際にその企画がどうというよりも、「仕事がほしいなら汗をかいてこい」という関係性によるものだ。結果、仕事の内容よりも、どれだけつらい思いができたか?ということが、社外的にも、社内的にも評価基準となってしまい、結果として仕事量は増える。また一番分かりやすい「汗のかき方」は時間をかけることなので、長時間残業がむしろ推奨されるというおかし空気が生まれしまっているのだ。

インターネットにおいて広告代理店は嫌われており、特に電通博報堂はすべてを裏から操る悪の枢軸と、ある意味評価”されているが、受注産業なので実際は立場発注企業よりも下。クライアントに対してNOを言わないのが、広告代理店的の(無意味な)美学である


これを是正するためには、双方が考えを改める必要がある。

・無茶な要求にはNOと言い、かけた時間仕事関係ない誠意をクオリティとして評価せず、純粋に納品物で勝負するという広告代理店側の変化

・無茶な要求で試したり、丸投げするようなことはせず、適切な金額スケジュール発注し、誠意や時間といったことでは評価せず純粋に納品物を評価するクライアント側の変化


ただ、この構造問題をどれだけの人が理解しているだろうか。電通に立ち入り調査が入ったが、もし労基がただ残業時間を減らせ、と電通に厳命すればおそらくさらなる自殺者が出るだろう。ヤミ残業が横行し、かつ給料も大きく下がるからだ。

私は広告代理店社員として、今回大きく社会問題化したことは非常に好意的にとらえている。これだけ社会的問題として広告代理店の異常さが取り上げられれば、一般の反応はともかくとして多くのクライアント企業が自社の発注のやり方に関して少しでも疑問を持ってくれるのではないかと期待しているかである電通経営陣もそう思っているかもしれない。これだけ社会問題化すれば、残業時間是正、働き方改革という旗のもとに、クライアント企業側に仕事のやり方を変えるようお願いしやすいかである。そして電通が変われば、そこに続く博報堂以下の企業も同じように追随できる。

私自身は、広告代理店企業文化、あるいは遅れた評価報酬体系に関して大いに不満がある一方で、広告代理店仕事自体は(理解してもらえないかもしれないが)好きだし、もっと本質的クライアント企業に貢献したいと考えている。これを契機として変わってほしいという願いを込めて。

2016-10-12

電通新入社員自殺 広告業界蔓延するクソ長時間労働根深実態を書いておく」とやら

http://jnakagawa.blog.jp/archives/1061586847.html

15年前にH辞めた奴が、したり顔で業界の慣習を語るとか便乗にも程があるのだが。

とりあえず一つだけまず突っ込んどくと

■打ち合わせは、素晴らしいアイディアのためには必要もの。全員出席を求め悶絶8時間マラソン!

これ昔からHだけだから。初めて聞いた時びっくりしたわ。

こんな非効率ローカルルール業界共通なような話すんなよ。

2016-10-10

電通過労死自殺した人の記事を読みました

とても暗い気持ちになりました

彼女が感じていたであろう絶望もそうですが、ひとつ間違えたら自分もああなっていたと思いました



私は今、抑うつ状態と診断されながら会社に行っています

2週間に一度精神科医に会いますし、投薬も受けていますし、カウンセリングにも通っています



私が抑うつになった原因は彼女のような過労ではなく、無茶な資格取得の強制が原因でした。

から彼女がどれほど大変だったかはわからないですが、でも、ひとつだけわかることがあります



それは、人間は、疲れすぎると考えることができなくて、とりあえずそれまでと同じ行動をするということです

私は、相談ダイヤルに始めて自分の現状を説明する一週間以上前から、家ではずっと泣いていました

家に帰って何も悲しいことがなくても泣いていました。

おいしいご飯を作るために、台所にたったときにも泣きましたし、夕ご飯を食べながらも泣きました

そんなおかしな状況でも、自分がよくわからなくなってとりあえず仕事に行きました

ある日会社に案内されていた相談ダイヤルの人に電話しました。

そこでやっと、電話越しでもおかしい状況だと全くの他人からうつることがわかりました。



私は人に愚痴ったりすることで、最初ストレスを解消していました。

それが駄目になってきて、結局涙でストレスを解消していました。

涙にはストレス解消の意味があるそうです。だから、つらいときは泣いたほうがいいのだそうです



彼女ツイッター自分の状況をつぶやいて、ストレス解消をしていました。その気持ちはとてもわかります

誰かにいわないとやっていけないです。

でも、だれかにいってもやっていけないときはあります

個人差は誰にでもあります

女性は体力が低いから、余計に残業があると大変だと思います

私がまだ元気だった頃でも、8時ぐらいまで残業すると頭がぼうっとするのを感じていました。

私は今年は行ったばかりの新入社員です。

新入社員は右も左もわからいから、まあこんなもんかなあと思って毎日過ごしています

彼女もきっとおんなじだったんじゃないかなあと思います

とりあえず上の人の言うことを聞いて、無理をして、時にはできませんといっても、聞いてもらえなくて。



今日は、心配してくれた友達がご飯に誘ってくれました。

とても楽しみですけど、今も泣きながらこれを書いています

私の周りはみんな優しいけど、それでもつらい気持ちはあります

昨日も家族食事しました。家族は優しくて楽しかったです。でも家では泣きました。



過労でも何でも、つらい気持ちの人にはみんな誰か友達家族がいてやさしくしているはずです

もつらいときはあります

しんどいときは、助けてくださいって言うエネルギーすらないです

私は気が付いたらそれぐらいしんどくなっていました。

周りの人も気がついていませんでした。私が自覚して、会社を休んだりするようになって初めて気がつきました

だんだんかきたいことがわからなくなってきたけど、つらいときはつらいです