「2010年」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 2010年とは

2017-03-26

本当にあったゲーム2chまとめサイトの怖い情報統制

(1)

2ちゃんねるで「【朗報次世代ポータブル機開発の求人Vita後継機の発売が濃厚にwwwww [無断転載禁止2ch.net」というスレが建つ。Joblinkという求人サイトに「☆ミ☆☆次世代携帯カーナビファームウエア開発・有識者☆☆彡(http://www.joblink.co.jp/jobinfo/detail/5649658?ad=005)」という求人があり、その中に

==

案件ですが、下記のようなお仕事も同時に募集しておりますので、見合う方がいらっしゃれば、是非エントリーを!

ゲーム機メーカー/次世代ポータブル機の開発業務

Windows/C++

SE

==

という記述があることが指摘される。現状、任天堂以外で携帯ゲーム機を作るメーカーソニー(SIE)だけなので、PS Vitaの後継機なのではという推測だ。

さら2chスレ内で「PS Vitaが出る前の2010年に出された『【品川次世代ポータブルゲーム機』という求人がそっくりだ」という指摘がされる。

これをゲーム2chまとめサイトゲーム迷惑サイト拡散する。


(2)

しかし、ここで少し疑問が生じる。

・一部上場企業戸塚メーカー求人には書いてあるのだが、ソニー(SIE)に戸塚関連会社はあるのか?

2chスレ内でPS Vita求人とそっくりだと指摘された「2010年求人」は画像アーカイブのみでリンクが貼ってない(求人サイトリンク募集終了後に消えることはあるのだろうか?)

2chまとめサイト個人ブログばかりで取り上げられ、一般ゲームメディアアングラ情報も取り扱うメディアも含む)がまったくこの求人に関する噂・話題記事にしない。「ソース2ch状態だが一応今回の求人実在するサイトのものであるから真っ赤な嘘ではないし、かなりのスクープになる筈なのだが。日本よりもアングラ記事掲載する傾向にある欧米メディアもまったく取り扱う様子がない。

海外大手匿名掲示板の一つ4chanでは件の求人リンクが貼られているレスが一つあったものの、いずれにせよ大きな話題となっていない。


(3)

この増田で何が言いたかったのかというと

情報の流れがあまりに不自然すぎる

情報を発信したモノ、情報を流したモノ、情報を流さなかったモノ、すべてが暗闇の中でPV数だけが回っている。


私はてっきりねとらぼあたりが記事にするかと思ったがそんな様子もないし、欧米ゲームゴシップメディアKotakuも取り上げる様子がないし、何が何だかからない。

2017-03-24

http://anond.hatelabo.jp/20170324195137

2010年記事に俺の言いたいことがそのまま記載されているのでのっけとく。

ていうかこれ俺が書いたんじゃないのか? ってくらい同感だな(文体が似てるし、書いたの忘れただけかもしれない)

http://anond.hatelabo.jp/20101109094629

2017-03-21

やっとネットフラットになってきた

2000年中ごろや2010年前後2ch的、ネトウヨネット世界でもなく、その頃やそれ以前からオタク一強の時代でもなく、全体的に一色に染まった傾向など無くなりつつある。

ネットがようやく現実世界と対等になってきた証だろう。

このような傾向を「つまらない」と腐す人も多いが、その人たちはただの内輪感が好きなだけであり、メインストリームが内輪じゃないと気が済まない人たちなだけである

探せば君たちの好きだった濃いネットはまだ普通にある。それなのになぜ不満なのか。それは彼らが、「俺たちの世界であったネット」という一体感、内輪感に価値見出していたかである

色々なもの、様々な人に巡り合えるのがネットの良さなのではなかったのか?それならば、現状のような多様性こそ歓迎されるべきなのだ

2017-03-16

http://anond.hatelabo.jp/20170316120309

例えば 天文学で用いる「光年」という距離は約9兆4600億kmで、日常的に使う数字とは桁がかけ離れています

そこから天文学的確率」とは桁外れに低い確率のことを意味します。


少なくとも2010年には、秋元康作詞の歌で使われてるようです。

2017-03-11

私自身の転機になった日

[日記]

私自身の転機になった日はいくつもあるが、2010年代に絞って言えば6つある。


2010年1月

今よりずっと景気の悪い時代に何千万もの印税(両親の書いたもの)を家族が手にするようになる。

この両親に嫉妬するようになり、ギャンブルに足を運ぶようになった。



2011年3月11日

私はもともと車はおろかバイクに対しても抵抗感を抱いていた。嫌々取得したと言う言葉が似合うので、免許取得後も当分はほとんど使い道がなかった。

しかし、この日に起きた大震災交通機関が使い物にならないために何をするにも困っていたときに、高校時代の知人が買い替えでいらなくなった二輪車を譲り受けたが、乗ったところ使い勝手の良さを気に入ったので、以降それを使い続けている。

公共交通信頼性を疑うきっかけになった最初事件がこの大災害ではないだろうか?



2013年9月

私は幼少期から鉄道が好き(正確に言えば小学生時代から)だが、耳と目を疑うような事件があった。言うまでもなく観光列車蔓延である

同時期に北海道では公共交通トラブル社会問題になったこともあり、この年から鉄道とは距離を置くようにしている。



2014年3月

2009年からギャンブルを続けていてそれまで平均で何百万も勝利してきたが、たまたま2億~4億ぐらい当たったのが両親にばれてしまい、お金と代わりに家を追い出される。

現在は1LDKか3LDK格安マンションに一人で暮らしているが、なんだかんだで満足している。



2016年4月

totoやlotoの当選トンズラで家を追われて2年たって憂鬱になった私に追い討ちをかける事件があった。熊本大地震列車脱線した。

この時ニュースで知ったことは、公共交通公共資産でなく企業運営遊園地と化していたという実態だった。

この日以降私はオートバイバスJR公営鉄道飛行機での移動が多くなったほか、私鉄を極端に利用しなくなった。また、鉄道好きを隠し通すようになった。



今は執筆原稿料印税totoやlotoや宝くじお金でなんとか地位を立てているが、正直憂鬱状態だ。

2017-03-06

昔、新宿駅で誰もいないホームに出たことがあったんだが

ググってもそういうホームありそうにないんだよね。

しか2007年から2010年の間くらい。

地上に出たかったんだけど、階段登ったら誰もいない明らかに使われてないホームに出て、

かいホーム普通に人がいて、みんな電車待ちながらこっち見てたので、恥ずかしい思いをした。

使ってないなら階段封鎖しとけよと思った記憶がある。

記憶曖昧だが天井があった気がするから地下鉄のはず。

何か知ってる人おりませぬか?

「〜み」用例Twitter漁り

「ねむみ」

2007年9月24日

ねむみー。。。

2007年12月14日

満足感満点ながら眠みは倍増なお昼下がり。

2008年6月7日

そろそろねむみ

2008年10月28日

ねむみ。はらへり。

2009年1月14日

ごはんたべたらねむみ

「やばみ」

2009年12月7日

よぅ見たらこDVD付きや!やばみ~(やばいの意)

2009年12月17日

Tシャツがどれも可愛すぎる!やばみ!!

2009年12月26日

睡魔がやばみ。

2010年1月12日

ウニやばみ。

「ねむたみ」

2010年4月11日

ねむたみ

2010年6月22日

「痛い」→「痛さ」「痛み」となるのに、「眠たい」には「眠たさ」しかないのは何故?「眠たみ」、もしくは「眠み」ってあっても良さそうなのに。

2010年6月26日

急激にねむたみが!寝たらとっても幸せだろうけど寝たくない!

2010年6月27日

眠たみ……眠民……魚民みたいに眠民……

「つらみ」

2010年6月22日

アッ どっちも分かんなかったつらみ

2010年6月25日

寝ようとした瞬間にゴキブリ死体見つけるとかさぁまじやめてくんないつらみ

2010年6月25日

頭痛いwwwwwwwwほんとwwwwwwwwwwwwつらみwwwww

「良さみ」

2011年5月30日

Twitter アカウント、ないほうが良さみ

2012年4月19日

その良さみ何故誰も気がつかない・・・!何故わからん!

2012年5月9日

実名批判されているのはよく知った二人だ。どうでも良さみがやばいけど。

2012年9月20日

○○さんのつらみの二乗がぼくの気分良さみになります

2012年10月3日

ありがたみとか面白みとかカッコ良さみとか幸せみとか好きみとかの方向で

ミ語法 - Wikipedia

https://www.princeton.edu/pjpf/2008proPDF/8%20Fujii_PJPF08.pdf

「つらみ」の分析 - それより牛丼の話しようぜ!

小沢健二ファン蔓延する奇妙な健忘症

小沢健二新曲を発表したことで何やらタイムラインが騒がしい。

メディアの発表によると、「19年ぶり」の新作だという。「小沢健二が帰ってきた」とかつてのファンが喜んでいる。

さて、奇妙なのは、実はこういう状況というのはここ10年ほど、定期的に繰り返されているのだ。その度にファンは「小沢健二が帰ってきた」と騒ぐのである

小沢健二は「ずっと沈黙」していた音楽家ではない。むしろ活動はずっと続けている。

2002年アルバム2006年にもアルバム2010年ライブツアー新曲音楽配信2012年ライブツアーライブCD2014年ライブCDの再発売、2016年ライブツアー

こうやって並べると数年に一回は必ず新曲を出しているし、ライブも行っている。こんなに活動しているのになぜ毎回「帰ってきた」と言われるのだろうか?

特にアルバムは『Eclectic』と『毎日環境学』はほとんどなかったものとしてされている。『Eclectic』なんて彼が作詞作曲した最新のアルバムなのに!(今回のシングルが「文学的」という評価がされているが、それは『Eclectic』でも徹底されている。なのに、なかったことにされている)

要するに小沢健二に何か動きがあるたびにファンは『LIFE』のような楽曲活動を求めるのだが、それは叶えられない。

なので、しばらくすると小沢健二活動していたことを忘れてしまうのだ。だから、何かあるたびに「LIFEのころの小沢健二よ、戻ってきてくれ」という意味を込めて「帰ってきた」と騒ぎ立てる。

だが、小沢健二はずっと活動している。曲を作っているし、ライブもしている。それなのに、ファンは忘れてしまう。

この作家をめぐる状況はひどく悲劇的だ。

2017-03-04

自分がどれくらいホットエントリブックマークしていたか

ホットエントリの内何パーセントブクマしていたか

ホットエントリブクマ
2005 0.11%
2006 0.17%
2007 0.61%
2008 1.73%
2009 1.95%
2010 1.30%
2011 0.81%
2012 0.24%
2013 0.05%
2014 0.11%
2015 0.03%
2016 0.06%
2017 0.24%

はてなブックマーク2007年に初めて手を出した。2005、2006は後日のブクマ

http://anond.hatelabo.jp/20170219233955 と同じデータを使った。但し書きは同じ。

ブクマ頻度はどう推移したか

徐々にハマって鳩山政権が終わったあたり、震災のあたりから距離をおきはじめた。

ブクマ中何%を行ったか
2007 9.4%
2008 17.6%
2009 19.3%
2010 20.3%
2011 12.5%
2012 5.9%
2013 4.2%
2014 3.7%
2015 1.8%
2016 4.2%
2017 1.1%

ホットエントリを追っていたか

最初の年はよそで見つけた気になったページをブクマしていたが、2,3年目はホットエントリを追いかけるようになってしまった。2010年以降、徐々に飽き始めてよそで見つけたページをブクマするスタイルに戻ったらしい。

自分ブクマホットエントリだった率
2007 25%
2008 49%
2009 52%
2010 32%
2011 28%
2012 21%
2013 9%
2014 17%
2015 6%
2016 7%
2017 19%

2017-02-28

まとめサイト」という単語意味が分からなくなってきた

http://anond.hatelabo.jp/20170224131743

  1. 2ちゃんねるレスを引っ張ってきてまとめたブログ ←かつては主にこれが「まとめサイト」と呼ばれていた気がする
  2. NaverまとめTogetter等 ←2010年ごろから
  3. DeNAなどがやっている他のサイトコンテンツをパクってきたサイト ←近頃マスコミによってこれに「まとめサイト」の名が被せられた
  4. 本来キュレーションを行っている個人ブログなど ←上記に巻き込まれて「まとめサイト」に

一体どれを指してるんだろう

2017-02-24

育児家事女性仕事と誰が決めた? Byイクメンという言葉が嫌い

2010年 流行語大賞 イクメン

私はその年に初めて子供を産んだ。


そもそも何でイクメンなんていう言葉

流行語になったんだろう?



何でを考えると日本が見えてくる。

悲しい事に我が家では今でこそ数少なくなったが

パパとよく喧嘩する。



家事育児

家事育児女性がやるべきなんて誰が決めたんだ?

復職とともに大ゲンカする回数も増えた。

些細な事で大きな喧嘩になるのだが、

根本男性家事育児自分がやるべき仕事として

全く認識してない事が原因。

自分の子供なのに…まるで赤の他人事のように言う。



冷凍食品いちゃもんもつけられる。

私は冷凍食品だって時間を割いて厳選した食材

詳細を見て選んでいる。

時間という労力をかけているのだ!

家族健康の為によりよい製品を選ぶ!



いったい日本女性はいつまで耐えるのだろう?



日本教育やマスメディアの過ちが全てのガンを産んだ!


長時間労働というガンを産んだのも、

家庭を顧みない男性が働く人間象徴のように

もてはやされてきた事が今の歪みの原因〜。

過労死なんてほんと馬鹿げている!

こんな事が当たり前なんて絶対にイカレた社会



貧困家庭母子家庭が多いのも、

結婚仕事を辞める=キャリア捨てる。

離婚した → 再就職給料激減=貧困

結婚とともに働かなくてお気楽専業主婦

なんて考えが貧困を産んでいる。

子供にとって家庭円満こそが一番!だけど、

離婚しても豊かな家庭環境は大切だよね。



歪んだ思想が産んだ産物



子供社会にとって宝なのに。

子供が主とならない日本社会構造は最悪。

いつか日本は無くなってしまうかも。

保育園問題はいつまで続くのかな?



家庭円満共働きライフスタイル

いつになったら日本では当たり前になるのか?

まらない夫婦喧嘩なんてしたくはない。



イクメンてなんか偉そうな感じに聞こえるのは

私だけなのかしら?

そもそも当たり前の事をしているだけなのに

ほんと不愉快言葉



日本人思想のものが変わらない限りは

歪んだ構造のままなんでしょうね。

ああ悲しきニッポン

2017-02-22

補足)はてなブックマーカーはどれくらい継続して使っているのか

http://anond.hatelabo.jp/20170222191540 の詳細なデータ。他の年の情報も追加した。

アクティブはてなブックマーカーのうち2005年からいる人はおおよそ0.8%、2007年からいる人は7.2%らしい。2015年にいたユーザーも半分くらいの割合はてな文化が移り変わっていくのも納得できる。

3つめの表はやめていった人たちの割合。表を作っているうちに慣れてきてこんなものなんだろうと思えてきたけど、計算してる最中は入れ替わりの多さに驚いた。

スパム目的で作られたID使い捨てられているのかもしれないが、かつても2,3年で半減を繰り返していたようなので自然ことなのかもしれない。

共通するID数\古参ユーザー比率

2005年3月 2007年3月 2010年3月 2015年3月 2017年1月
2005年3月 919\ 3.0% 2.0% 0.9% 0.8%
2007年3月 496 8,147\ 19.8% 8.6% 7.2%
2010年3月 392 3,958 20,011\ 24.0% 19.7%
2015年3月 243 2,308 6,401 26,692\ 44.2%
2017年1月 231 2,194 5,991 13,453 30,431\

いなくなったID数\増えたID

2005年3月 2007年3月 2010年3月 2015年3月 2017年1月
2005年3月 7,651 19,619 26,449 30,200
2007年3月 423 16,053 24,384 28,237
2010年3月 527 4,189 20,291 24,440
2015年3月 676 5,839 13,610 16,978
2017年1月 688 5,953 14,020 13,239

共通するID数\継続割合

(※アカウントごと消してやめた可能性もあるのでこっちは信頼性の低い数字)

2005年3月 2007年3月 2010年3月 2015年3月 2017年1月
2005年3月 919\ 54.0% 42.7% 26.4% 25.1%
2007年3月 496 8,147\ 48.6% 28.3% 26.9%
2010年3月 392 3,958 20,011\ 32.0% 29.9%
2015年3月 243 2,308 6,401 26,692\ 50.4%
2017年1月 231 2,194 5,991 13,453 30,431\

当月内に当月のホットエントリブックマークを付けたユーザーのみの統計

ホットエントリブックマークを付ける層のみが対象となる

アカウントに切り替えた人は追跡できない

アカウントを消してやめた人は追跡できない

非公開ブックマークをしている人は追跡できない

追記

2017年1月は8,250IDが月間1ブクマ2015年3月は7,597IDが月間1ブクマ、ここらへんの人が0か1かくらいの値を行き来しているとすると、そのオーダーの誤差が含まれている可能性がある。

2017年1月に1ブクマしかしていないユーザー2010年ブクマしていたユーザーは1,122ID2007年ブクマしていたユーザーは400IDいた。

2007年3月の1ブクマユーザー1,887ID中で2017年継続して使っているのが確認できるのは295ID

アクティブはてなブックマーカーのうち2010年からいる人は20%

当月内に当月のホットエントリブックマークを付けたユーザーのみの統計

2010年3月2017年1月ブックマークを行った 5,991 ID

2010年3月ブックマークしてたがもう居ない 14,020 ID

2010年3月には居なかったご新規さん 24,440 ID



アクティブはてなブックマーカーのうち2010年3月からいる人は 19.7%

2010年3月にいたユーザーで今もまだ活動しているのは 29.9% (※アカウントごと消してやめた可能性もあるのでこっちは信頼性の低い数字)



ホットエントリブックマークを付ける層のみ対象とした統計

ここと同じデータを使ったエントリー http://anond.hatelabo.jp/20170219233955

細かな但し書きは同じ

2017-02-21

はてなブックマーク毎日何時に行われるのか

http://anond.hatelabo.jp/20170221213144 の続き

はてブホットエントリ毎日何時にブックマークされるのか、全エントリは追えないのでホットエントリに付いた公開ブックマークのみから情報です。2010年データも一緒に。

ライフハック記事が効いたのか、はてなブックマーカーは7年経ってめちゃくちゃ早寝早起きになっているのが笑える。

水曜日(平日)にホットエントリに付いた公開ブックマーク時間毎の割合

休みごろに最大のピークがある。

それを除くと、朝8時、9時が最もブックマークされる時間帯。そこから終業時間にかけて緩やかに比率が下がっていく。

終業後と思われる時間帯にはまたブクマ数が増えるが、朝のレベルを超えることはない。

深夜は4時台のボトムを目指してだんだんブクマ数が減っていく。

グラフ http://imgur.com/C8EwA15

2010年3月 2017年1月
0 4.97% 3.77%
1 4.44% 2.88%
2 2.78% 1.99%
3 1.41% 1.38%
4 1.10% 0.81%
5 0.98% 1.01%
6 1.47% 2.00%
7 2.28% 4.29%
8 3.82% 5.98%
9 5.70% 6.18%
10 6.20% 5.58%
11 6.11% 5.34%
12 7.73% 7.26%
13 5.86% 5.04%
14 4.98% 4.57%
15 4.44% 4.32%
16 4.29% 3.98%
17 3.96% 4.12%
18 3.98% 4.83%
19 4.17% 4.81%
20 4.07% 5.01%
21 4.90% 4.88%
22 5.15% 4.94%
23 5.23% 5.03%

日曜日ホットエントリに付いた公開ブックマーク時間毎の割合

午前の10時台、11時台にピークが来る。

日中似たようなペースでブックマークが付き続ける。

全体数は水曜日より少ない。2017年1月データでは日曜1日平均は9,988ブクマ、水曜1日平均は13,504ブクマ

グラフ http://imgur.com/llRa0au

2010年3月 2017年1月
0 6.48% 4.34%
1 4.90% 3.63%
2 3.31% 2.60%
3 2.61% 2.08%
4 1.51% 1.41%
5 1.35% 1.08%
6 1.38% 1.62%
7 1.63% 3.08%
8 2.32% 4.20%
9 3.48% 5.06%
10 4.25% 5.58%
11 4.78% 6.04%
12 4.76% 5.12%
13 5.17% 4.72%
14 4.40% 4.78%
15 4.49% 4.57%
16 4.52% 4.45%
17 4.58% 5.01%
18 4.95% 5.26%
19 4.72% 4.62%
20 5.13% 5.00%
21 5.64% 5.28%
22 6.18% 5.19%
23 7.45% 5.29%

2017-02-20

ホットエントリ)ライブドアブログはてなダイアリー等をより細かく

http://anond.hatelabo.jp/20170220005414 の補足。

エントリでは複数ブログ単一ドメインに収めているサービスの内訳までは分からなかったのでそのあたりの補足をする。ライブドアブログの人気が上下してもダンコーガイのおかげか痛いニュースのおかげか分からなかったものを追跡できるようにした。

王朝の盛衰を記した歴史年表のようにも見える。

毎年3月の主要ブログサービス下のブログホットエントリ入り回数

ドメイン 2005-03 2006-03 2007-03 2008-03 2009-03 2010-03 2011-03 2012-03 2013-03 2014-03 2015-03 2016-03 合計
blog.livedoor.jp/dqnplus   3 24 49 60 44 26 7 28 2 23 48 314
blog.livedoor.jp/dankogai   17 34 33 7 9 7 2 1 2     112
blog.livedoor.jp/kinisoku             3 16 5 8 17 15 64
blog.livedoor.jp/insidears 4     1   18 17 15 1       56
blog.livedoor.jp/nwknews               6 12 10 10 10 48
blog.livedoor.jp/goldennews           1 8 3 6 5 2 1 26
blog.livedoor.jp/himasoku123           12 12 2         26
blog.livedoor.jp/news23vip           8 12 2   1 2   25
blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa     2 1 2 5 4 3 1     1 19
blog.livedoor.jp/lalha   3 10       3 2   1     19
blog.livedoor.jp/ld_directors       4 1 1 4 4 2       16
blog.livedoor.jp/kensuu     2 1   2 2   6 1     14
blog.livedoor.jp/chihhylove             3 7 1 2     13
blog.livedoor.jp/itsoku                   4 5 2 11
blog.livedoor.jp/hisabisaniwarota           9             9
blog.livedoor.jp/darkm               2 6       8
blog.livedoor.jp/vitaminw       1 1   1   3 1 1   8
ドメイン 2005-03 2006-03 2007-03 2008-03 2009-03 2010-03 2011-03 2012-03 2013-03 2014-03 2015-03 2016-03 合計
d.hatena.ne.jp/Chikirin         15 12 10 6 3       46
d.hatena.ne.jp/umedamochio 5 9 11 4 3               32
d.hatena.ne.jp/fromdusktildawn   8 1 19                 28
d.hatena.ne.jp/naoya   6 5 8   2   1 3 1     26
d.hatena.ne.jp/sirouto2   1 22 3                 26
d.hatena.ne.jp/finalvent   11 2   9   1   1       24
d.hatena.ne.jp/kotorikotoriko   1 5 5 7 1 3           22
d.hatena.ne.jp/shi3z       3 9       4   1 5 22
d.hatena.ne.jp/nakamurabashi         7 3 4 3         17
d.hatena.ne.jp/amachang   4 1 10 1               16
d.hatena.ne.jp/Hamachiya2   5   4 1     3 1       14
d.hatena.ne.jp/kanose 3 6   3       1     1   14
d.hatena.ne.jp/TomoMachi   6 2 2 1   2 1         14
d.hatena.ne.jp/repon       12                 12
d.hatena.ne.jp/essa   3 1 5 1         1     11
d.hatena.ne.jp/kaien     4 2 2   2 1         11
d.hatena.ne.jp/mkusunok   3   5 1 2             11
d.hatena.ne.jp/NATROM     1 1 4 1 1 2     1   11
d.hatena.ne.jp/adgt           7   2         9
d.hatena.ne.jp/reikon   6   1 2               9
d.hatena.ne.jp/ryozo18       9                 9
d.hatena.ne.jp/seijotcp   1   2 1   3 2         9
d.hatena.ne.jp/ululun   6 2 1                 9
d.hatena.ne.jp/y_arim       7 2               9
d.hatena.ne.jp/higayasuo       3   3 2           8
d.hatena.ne.jp/muffdiving       6 2               8
d.hatena.ne.jp/rx7         1 1 3 1 1 1     8
d.hatena.ne.jp/wa-ren   1 2 2 3               8
d.hatena.ne.jp/FUKAMACHI       1 2   4           7
d.hatena.ne.jp/gotanda6 2 2 1   2               7
d.hatena.ne.jp/hagex   5         2           7
d.hatena.ne.jp/kibashiri     4 2           1     7
d.hatena.ne.jp/mala         2   2 3         7
d.hatena.ne.jp/tsumiyama           5 2           7
d.hatena.ne.jp/wetfootdog 2 4   1                 7
d.hatena.ne.jp/yaneurao     1   3     1   2     7
d.hatena.ne.jp/yukatti 7                       7
d.hatena.ne.jp/Dr-Seton         2   2 1 1       6
d.hatena.ne.jp/elm200           6             6
d.hatena.ne.jp/good2nd     1 5                 6
d.hatena.ne.jp/guri_2       6                 6
d.hatena.ne.jp/hatenadiary 1   2 2 1               6
d.hatena.ne.jp/hyoshiok         2 2       2     6
d.hatena.ne.jp/lionfan   3         3           6
d.hatena.ne.jp/lovelovedog 1   3 1 1               6
d.hatena.ne.jp/nishiohirokazu             1 4 1       6
d.hatena.ne.jp/pal-9999   1 1     1   3         6
d.hatena.ne.jp/takerunba       4 2               6
d.hatena.ne.jp/thir       6                 6
d.hatena.ne.jp/zoot32   1   3 2               6
ドメイン 2005-03 2006-03 2007-03 2008-03 2009-03 2010-03 2011-03 2012-03 2013-03 2014-03 2015-03 2016-03 合計
jkondo.hatenablog.com 1 12 1 7         3       24
p-shirokuma.hatenadiary.com   2 3 2 2     1 3 1 1 1 16
delete-all.hatenablog.com         2 4 1 1 1 1 1 2 13
hagex.hatenadiary.jp         1     1 3 3   5 13
fujipon.hatenadiary.com   3 1 4     2 2         12
asmodeus-db.hatenablog.com           9 2           11
cards.hateblo.jp                   7   3 10
dennou-kurage.hatenablog.com                 6 4     10
paiza.hatenablog.com                     6 4 10
rootport.hateblo.jp               4 2 3 1   10
tangerine.hateblo.jp     10                   10
teruyastar.hatenablog.com       2   3   2 2   1   10
orecipe.hatenablog.com                   2 7   9
dobonkai.hatenablog.com                   4 3 1 8
kiyotakakubo.hatenablog.com         8               8
littleboy.hatenablog.com   1   2 3       1 1     8
next49.hatenadiary.jp         1 2 3     1   1 8
sadadad54.hateblo.jp             6   2       8
topisyu.hatenablog.com                   3   5 8
azanaerunawano5to4.hatenablog.com                 3 1   3 7
mereco.hatenadiary.com       3 4               7
yukawasa.hatenablog.com   3     1 3             7
gothedistance.hatenadiary.jp         2   2 1 1       6
hase0831.hatenablog.jp                 5 1     6
ktdisk.hatenablog.com   1   4           1     6
orangestar.hatenadiary.jp         2           4   6
pha.hateblo.jp             1 2 2   1   6
ドメイン 2005-03 2006-03 2007-03 2008-03 2009-03 2010-03 2011-03 2012-03 2013-03 2014-03 2015-03 2016-03 合計
e0166.blog89.fc2.com     7 18 11 14 12 5 1       68
readingmonkey.blog45.fc2.com           16   3 8 3     30
urasoku.blog106.fc2.com       14 15               29
news020.blog13.fc2.com           4 15 5         24
workingnews.blog117.fc2.com       6 5 10             21
mudainodqnment.blog35.fc2.com       1 7 11             19
kosstyle.blog16.fc2.com           1 3 6 3 1 4   18
news23vip.blog109.fc2.com       7 10               17
tokuna.blog40.fc2.com       2 8 7             17
kanasoku.blog82.fc2.com         8 4 4           16
2log.blog9.fc2.com     14                   14
weboook.blog22.fc2.com             6 5 2 1     14
himasoku123.blog61.fc2.com         11               11
waranote.blog76.fc2.com       3 2 5             10
dochikushow.blog3.fc2.com       2 1 4     1 1     9
newsteam.blog95.fc2.com         9               9
nicovip2ch.blog44.fc2.com         4 4             8
wsoku.blog44.fc2.com       8                 8
yaraon.blog109.fc2.com             6   1   1   8
oekakigakusyuu.blog97.fc2.com               1 4 2     7
ekken.blog1.fc2.com   4   1     1           6
netanabe.blog78.fc2.com     1 5                 6
ドメイン 2005-03 2006-03 2007-03 2008-03 2009-03 2010-03 2011-03 2012-03 2013-03 2014-03 2015-03 2016-03 合計
dain.cocolog-nifty.com 5 3 5 5 3 5   3 1 2 2   34
finalvent.cocolog-nifty.com 9 1 2 6 4 3 1 3   1     30
takekuma.cocolog-nifty.com 4 4 1 1 3 5             18
iori3.cocolog-nifty.com     1 1   2       2     6
ドメイン 2005-03 2006-03 2007-03 2008-03 2009-03 2010-03 2011-03 2012-03 2013-03 2014-03 2015-03 2016-03 合計
blog.goo.ne.jp/ikedanobuo   1 9 7 4               21
blog.goo.ne.jp/mit_sloan           8             8
blog.goo.ne.jp/tararan192122               7         7
ドメイン 2005-03 2006-03 2007-03 2008-03 2009-03 2010-03 2011-03 2012-03 2013-03 2014-03 2015-03 2016-03 合計
nippondanji.blogspot.com         7 3 1           11
googlejapan.blogspot.com   3   1   2 1   1       8
cpplover.blogspot.com                 1 2 1 2 6
ドメイン 2005-03 2006-03 2007-03 2008-03 2009-03 2010-03 2011-03 2012-03 2013-03 2014-03 2015-03 2016-03 合計

毎年3月の全ホットエントリhttp://b.hatena.ne.jp/hotentry/20050210 から取得。タイルレイアウトで取得したので1日49件×31日で月間合計1519件弱のデータを基にしている。重複はuniqで取り除いてある。

2010年以前からはてなブログブックマークが付いているのは、はてなダイアリーからはてなブログに切り替えた時にダイアリーの被ブックマークも書き換えられているんだろうか?

Twitterには3回以上ホットエントリ入りしたユーザーがいない。アメブロでもホリエモン入れて5回が2人。

補足)はてなブックマークホットエントリ入りしたドメイン2009年2012年

http://anond.hatelabo.jp/20170220005414 の1年間隔のデータ

はてなブックマークホットエントリ入りしたドメイン 2009年2012年

2009年3月 2010年3月 2011年3月 2012年3月
291ドメイン 319ドメイン 383ドメイン 372ドメイン
d.hatena.ne.jp(138) blog.livedoor.jp(103) blog.livedoor.jp(89) matome.naver.jp(102)
blog.livedoor.jp(67) d.hatena.ne.jp(75) d.hatena.ne.jp(73) blog.livedoor.jp(67)
anond.hatelabo.jp(50) hatenanews.com(27) togetter.com(40) d.hatena.ne.jp(53)
gigazine.net(39) www.lifehacker.jp(27) www.asahi.com(32) cookpad.com(47)
alfalfa.livedoor.biz(30) gigazine.net(26) gigazine.net(27) www.lifehacker.jp(32)
www.asahi.com(29) togetter.com(25) anond.hatelabo.jp(25) gigazine.net(24)
www.itmedia.co.jp(24) hamusoku.com(24) www.lifehacker.jp(23) togetter.com(22)
coliss.com(21) alfalfalfa.com(23) www.yomiuri.co.jp(19) coliss.com(15)
sankei.jp.msn.com(21) www.asahi.com(22) www.youtube.com(18) www.yomiuri.co.jp(15)
www.ideaxidea.com(19) anond.hatelabo.jp(19) jp.techcrunch.com(17) wol.nikkeibp.co.jp(12)
www.yomiuri.co.jp(17) business.nikkeibp.co.jp(16) sankei.jp.msn.com(15) photoshopvip.net(11)
news4vip.livedoor.biz(16) sankei.jp.msn.com(15) twitpic.com(15) anond.hatelabo.jp(9)
phpspot.org(16) www.itmedia.co.jp(15) ameblo.jp(14) jp.techcrunch.com(9)
www.lifehacker.jp(15) jp.techcrunch.com(14) hamusoku.com(14) www.gizmodo.jp(8)
japan.cnet.com(11) www.yomiuri.co.jp(12) alfalfalfa.com(12) www.moneyhuck.com(8)
itpro.nikkeibp.co.jp(10) news4vip.livedoor.biz(11) coliss.com(12) alfalfalfa.com(7)
urasoku.blog106.fc2.com(10) japanese.engadget.com(10) news020.blog13.fc2.com(12) bukupe.com(7)
ameblo.jp(9) kirik.tea-nifty.com(10) news4vip.livedoor.biz(11) hatenanews.com(7)
portal.nifty.com(9) phpspot.org(10) phpspot.org(11) kirik.tea-nifty.com(7)
www.atmarkit.co.jp(9) r.nanapi.jp(10) hatenanews.com(10) labaq.com(7)
business.nikkeibp.co.jp(8) www.ideaxidea.com(10) www.gizmodo.jp(9) news.mynavi.jp(7)
e0166.blog89.fc2.com(8) readingmonkey.blog45.fc2.com(9) www.itmedia.co.jp(9) w3q.jp(7)
headlines.yahoo.co.jp(8) coliss.com(8) e0166.blog89.fc2.com(8) www.asahi.com(7)
techblog.yahoo.co.jp(8) diamond.jp(7) matome.naver.jp(8) ameblo.jp(6)
himasoku123.blog61.fc2.com(7) e0166.blog89.fc2.com(7) www.publickey1.jp(8) kachibito.net(6)
japanese.engadget.com(7) kachibito.net(7) blog.goo.ne.jp(7) www.danshihack.com(6)
news23vip.blog109.fc2.com(7) photoshopvip.net(7) i.2chblog.jp(7) www.itmedia.co.jp(6)
wiredvision.jp(7) workingnews.blog117.fc2.com(7) mainichi.jp(7) www.publickey1.jp(6)
kanasoku.blog82.fc2.com(6) www.appbank.net(7) www.nikkei.com(7) www.slideshare.net(6)
www.100shiki.com(6) japan.cnet.com(6) www.jiji.com(6) business.nikkeibp.co.jp(5)
www.gizmodo.jp(6) journal.mycom.co.jp(6) yaraon.blog109.fc2.com(6) chaos2ch.com(5)
www.moongift.jp(6) mudainodqnment.blog35.fc2.com(6) japanese.engadget.com(5) hamusoku.com(5)
blog.goo.ne.jp(5) satoshi.blogs.com(6) kirik.tea-nifty.com(5) karapaia.livedoor.biz(5)
jp.techcrunch.com(5) www.gizmodo.jp(6) twitter.com(5) kyoko-np.net(5)
labaq.com(5) www.oshiete-kun.net(6) umashika-news.jp(5) mainichi.jp(5)
newsteam.blog95.fc2.com(5) blog.goo.ne.jp(5) agora-web.jp(4) mudainodqnment.ldblog.jp(5)
www.nicovideo.jp(5) blogs.itmedia.co.jp(5) dailynewsagency.com(4) www.lastday.jp(5)
ascii.jp(4) burusoku-vip.com(5) designaholic.cc(4) www.nikkei.com(5)
blog.creamu.com(4) headlines.yahoo.co.jp(5) imonoblog.com(4) yusukebe.com(5)
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp(4) mainichi.jp(5) kachibito.net(4) ascii.jp(4)
diamond.jp(4) takagi-hiromitsu.jp(5) mamesoku.com(4) blog.goo.ne.jp(4)
finalvent.cocolog-nifty.com(4) waranote.blog76.fc2.com(5) photoshopvip.net(4) diamond.jp(4)
jibun.atmarkit.co.jp(4) www.atmarkit.co.jp(5) portal.nifty.com(4) itpro.nikkeibp.co.jp(4)
mozilla-remix.seesaa.net(4) www.publickey1.jp(5) rocketnews24.com(4) japanese.engadget.com(4)
mudainodqnment.blog35.fc2.com(4) digimaga.net(4) www.47news.jp(4) portal.nifty.com(4)
nippondanji.blogspot.com(4) ikedanobuo.livedoor.biz(4) www.atmarkit.co.jp(4) waiwaienglish.com(4)
workingnews.blog117.fc2.com(4) kanasoku.blog82.fc2.com(4) www.wakatta-blog.com(4) blog.omiyageya-san.com(3)
www.designwalker.com(4) labaq.com(4) 20kaido.com(3) blogos.com(3)
www.j-cast.com(4) mojix.org(4) 2r.ldblog.jp(3) blogs.bizmakoto.jp(3)
bb.watch.impress.co.jp(3) newsteam.livedoor.biz(4) atmc.jp(3) e0166.blog89.fc2.com(3)
blog.64p.org(3) portal.nifty.com(4) getnews.jp(3) fta7.jp(3)
cyblog.jp(3) twitpic.com(4) hatena.fut573.com(3) internet.watch.impress.co.jp(3)
guideline.livedoor.biz(3) twitter.com(4) ikedanobuo.livedoor.biz(3) japan.cnet.com(3)
it.nikkei.co.jp(3) www.publickey.jp(4) itpro.nikkeibp.co.jp(3) kanchigai.blog.shinobi.jp(3)
journal.mycom.co.jp(3)   japan.cnet.com(3) kazoo1837.blog23.fc2.com(3)
lifehacking.jp(3)   jbpress.ismedia.jp(3) kosstyle.blog16.fc2.com(3)
markezine.jp(3)   kyoumoe.hatenablog.com(3) maka-veli.com(3)
mereco.hatenadiary.com(3)   news.livedoor.com(3) michaelsan.livedoor.biz(3)
monojin.com(3)   ottyanko.at.webry.info(3) neetetsu.com(3)
plusd.itmedia.co.jp(3)   php6.jp(3) news020.blog13.fc2.com(3)
q.hatena.ne.jp(3)   sadadad54.hateblo.jp(3) rootport.hateblo.jp(3)
slashdot.jp(3)   sites.google.com(3) wired.jp(3)
tokuna.blog40.fc2.com(3)   weboook.blog22.fc2.com(3) www.aoky.net(3)
twitter.g.hatena.ne.jp(3)   www.earthinus.com(3) www.koibook.info(3)
www.akiyan.com(3)   www.taro.org(3) www.landerblue.co.jp(3)
www.nikkei.co.jp(3)   www.tokyo-np.co.jp(3) www.moongift.jp(3)
www.yukawanet.com(3)   www.webcreatorbox.com(3) www.negisoku.com(3)
      www.youtube.com(3)
      youpouch.com(3)
      zasshi.news.yahoo.co.jp(3)

(※カッコ内は回数)

毎年3月の全ホットエントリhttp://b.hatena.ne.jp/hotentry/20050215 から取得。タイルレイアウトで取得したので1日49件×31日で月間合計1519件弱のデータを基にしている。重複はuniqで取り除いてある。

モンスターハンターの売上とゲーム機における対立煽りについて思ったこと

ナンバリング作品ポータブルシリーズのみ調べた。(後半はほぼポエムだ)

売上はカプコン公式サイトにある「ミリオンセールスタイトル一覧(http://www.capcom.co.jp/ir/finance/million.html)」を参考にした。

ミリオン未満のものはVGChartzを参考にした。あくまで参考程度に。

ちなみに日本だけでなく海外売上も含む。

(VGChartzは出荷数であって販売数ではないため正確ではないとの指摘もある。実際カプコン公式ミリオンセールスデータとかなり食い違う)


据置機におけるモンスターハンター

2004年モンスターハンター」 (PS2) 50万本

2005年モンスターハンターG」(PS2) 23万本

2006年モンスターハンター2」(PS2) 63万本

2009年モンスターハンターG」(Wii) 25万本

2009年モンスターハンター3」(Wii) 190万本

2011年モンスターハンターポータブル3rd HD Ver.」(PS3) 50万本

2012年モンスターハンター3 HD Ver.」(WiiU) 69万本


携帯機におけるモンスターハンター

2005年モンスターハンターポータブル」(PSP) 130万本

2007年モンスターハンターポータブル2nd」(PSP) 240万本

2008年モンスターハンターポータブル2ndG」(PSP) 380万本

2010年モンスターハンターポータブル3rd」(PSP) 480万本

2011年モンスターハンター3G」(3DS) 260万本

2013年モンスターハンター4」(3DS)410万本

2014年モンスターハンター4G」(3DS)410万本

2015年モンスターハンターX」(3DS) 420万本

2017年モンスターハンターXX」(3DS) 3月発売予定



(※これ以降ポエム


…うむ。

やはり日本ゲーム機市場のまさにモンスタータイトルに相応しい記録だ。

(数値並べただけで調査もクソもないというツッコミNG


モンハンはやっぱり携帯ゲーム機を愛す日本ゲーム市場象徴的な存在なのかなあと私はしみじみと感じる。



そもそもモンハンシリーズの売り上げを調べたのは、ここ最近に「モンハンPSに返せ!」と主張する人をツイッターで見かけたのがきっかけだった。

モンハンPSOライクなPS2オンラインゲームから始まったわけで、当時はPSPからモンハンを始めたキッズを嫌がるPS2ユーザーもいたかもしれない。

モンハンP2Gから始めた小学生中学生になった時期にちょうどモンハン3DSへの移行が発表されて「何で任天堂なんかに!?」と憤慨していたりして。というか僕がその世代なのでそういう人を目の前で見てきた。高校生になっても「モンハンはやっぱりPSPだと思う」とか言う人はいた。僕の世代小学校中学校時代ゲームプレイする男子は少なくとも半分以上がモンハン経験者だった筈である。(僕は実質未経験者です)

中にはPSPからPSVitaへ移行し、ゴッドイーターソウルサクリファイス(他にも討鬼伝ラグナロクオデッセイフリーダムォーズ(?))などのモンハンライクなゲームに移行した人もいるし、かえって本来の源流であるPSO2Vitaから入った人もいたような。もちろん3DSモンハンを購入した人もいたし、3DSVitaのどちらも持っていた人も少なからずいた。


まあ、みんなが楽しめればそれでよいのです。ゲーム機ゲームソフトの種類に関わらずそれぞれが楽しめればよいのです。それがプレイヤー精神の血となり肉となるのです。

ただ他人の楽しみ方を否定するのがよろしくないのです。人間には他人が決して立ち入ってはいけない心の聖域があるのです。


話はモンハンに戻るが、今年中にニンテンドースイッチ向けにモンハンXXのHD版(移植)が発表されて、2~3年以内にニンテンドースイッチ向けにモンハンの完全新作が出ることになるだろう(素人予想だけど、多分当たる)。そしたら多分「3DSユーザーを見捨てるのか」みたいな声が出てくる。キッズだけではなく大人でも言う人がいるかもしれない。

振り返ってみれば3DSが発売されたのも2011年2月のことである。もう6年以上も前のことだ。3DSからモンハンを始めたキッズも成長して中学生から高校生ぐらいにはなっていることだろう。ネット上でゲームまとめサイト及びゲーム迷惑サイト(実質フェイニュース)で得た生半可な知識披露していきがっているかもしれない。(PSVitaだって6年前に発売されたのだ。PSVitaへのリリース希望するのはさすがに論外だ。少し考えれば無理な話だとわかる筈。)ゲームテクノロジーは毎年進化するのだから、いい加減開発者にとっても性能的に力不足だろうからゲーム機世代交代に則るのも当然の話である(少しばかりは任天堂から要請もあるかもしれない)。


ニンテンドースイッチで発売されればようやくモンハンユーザー念願の「テレビで一人でじっくり遊ぶ」と「携帯機をみんなで持ち寄って遊ぶ」を両立できることだろう。スイッチは「任天堂機は性能のせいでグラがしょぼい」と主張する人間を黙らせる程度の性能は持ち合わせている。

もちろん恩恵を受けるのはモンハンだけではない。スプラトゥーン2マインクラフトなどのキッズに人気のあるタイトルもそういった需要を満たすものだ。そもそもキッズに人気のあるタイトルキッズのみならず大人の間でも人気なものである


まあ、2017年とは言わずとも2018年にはニンテンドースイッチPS4も両方売れて盛り上がって、2007年以降下がりっぱなしの家庭用ゲーム機ゲームソフト市場規模回復してほしいものだなあと思ふ。

皆で幸せになろうよ

はてなブックマークホットエントリー入りしたドメイン 2005,2010,2015,20

関連 http://anond.hatelabo.jp/20170219233955

2005年3月 2010年3月 2015年3月 2017年1月
386ドメイン 319ドメイン 556ドメイン 498ドメイン
www.itmedia.co.jp(165) blog.livedoor.jp(103) anond.hatelabo.jp(86) anond.hatelabo.jp(147)
japan.cnet.com(66) d.hatena.ne.jp(75) togetter.com(69) togetter.com(110)
d.hatena.ne.jp(36) hatenanews.com(27) blog.livedoor.jp(65) www3.nhk.or.jp(54)
internet.watch.impress.co.jp(34) www.lifehacker.jp(27) headlines.yahoo.co.jp(31) www.asahi.com(48)
hotwired.goo.ne.jp(32) gigazine.net(26) www.asahi.com(31) qiita.com(38)
headlines.yahoo.co.jp(28) togetter.com(25) www.slideshare.net(30) headlines.yahoo.co.jp(28)
www.asahi.com(28) hamusoku.com(24) gigazine.net(29) www.buzzfeed.com(27)
itpro.nikkeibp.co.jp(26) alfalfalfa.com(23) d.hatena.ne.jp(25) gigazine.net(25)
pc.watch.impress.co.jp(21) www.asahi.com(22) www.lifehacker.jp(23) blog.livedoor.jp(22)
pcweb.mycom.co.jp(21) anond.hatelabo.jp(19) www.welluneednt.com(23) bylines.news.yahoo.co.jp(20)
blog.livedoor.jp(20) business.nikkeibp.co.jp(16) www3.nhk.or.jp(22) d.hatena.ne.jp(20)
www.watch.impress.co.jp(17) sankei.jp.msn.com(15) qiita.com(21) twitter.com(16)
www.ringolab.com(15) www.itmedia.co.jp(15) nlab.itmedia.co.jp(19) www.nikkei.com(16)
nikkeibp.jp(14) jp.techcrunch.com(14) himasoku.com(17) portal.nifty.com(13)
www.atmarkit.co.jp(13) www.yomiuri.co.jp(12) www.47news.jp(16) www.publickey1.jp(13)
www.forest.impress.co.jp(13) news4vip.livedoor.biz(11) speakerdeck.com(15) www.sankei.com(12)
shinta.tea-nifty.com(12) japanese.engadget.com(10) karapaia.livedoor.biz(13) toyokeizai.net(11)
www.geocities.jp(11) kirik.tea-nifty.com(10) alfalfalfa.com(12) kabumatome.doorblog.jp(10)
www.hatena.ne.jp(10) phpspot.org(10) news.livedoor.com(12) nlab.itmedia.co.jp(10)
slashdot.jp(9) r.nanapi.jp(10) bylines.news.yahoo.co.jp(11) www.afpbb.com(10)
finalvent.cocolog-nifty.com(8) www.ideaxidea.com(10) weekly.ascii.jp(11) business.nikkeibp.co.jp(9)
japan.internet.com(8) readingmonkey.blog45.fc2.com(9) www.sankei.com(11) www.huffingtonpost.jp(9)
www.mainichi-msn.co.jp(8) coliss.com(8) tabi-labo.com(10) www.slideshare.net(9)
allabout.co.jp(7) diamond.jp(7) wired.jp(10) lineblog.me(8)
bb.watch.impress.co.jp(7) e0166.blog89.fc2.com(7) business.nikkeibp.co.jp(9) medium.com(8)
blog.bulknews.net(7) kachibito.net(7) kabumatome.doorblog.jp(9) note.mu(8)
blog.japan.cnet.com(7) photoshopvip.net(7) matome.naver.jp(9) pipipipipi-www.hatenablog.com(8)
kiri.jblog.org(7) workingnews.blog117.fc2.com(7) allabout.co.jp(8) speakerdeck.com(8)
naoya.dyndns.org(7) www.appbank.net(7) mainichi.jp(8) blog.tinect.jp(7)
www.excite.co.jp(7) japan.cnet.com(6) r.gnavi.co.jp(8) cards.hateblo.jp(6)
www.future-planning.net(7) journal.mycom.co.jp(6) www.huffingtonpost.jp(8) japanese.engadget.com(6)
www.nikkansports.com(6) mudainodqnment.blog35.fc2.com(6) www.itmedia.co.jp(8) paiza.hatenablog.com(6)
www.yomiuri.co.jp(6) satoshi.blogs.com(6) japanese.engadget.com(7) www.yomiuri.co.jp(6)
antipop.zapto.org(5) www.gizmodo.jp(6) www.gizmodo.jp(7) www.youtube.com(6)
blog.goo.ne.jp(5) www.oshiete-kun.net(6) www.nikkei.com(7) www.yutorism.jp(6)
blog.tatsuru.com(5) blog.goo.ne.jp(5) blogos.com(6) zasshi.news.yahoo.co.jp(6)
k-tai.impress.co.jp(5) blogs.itmedia.co.jp(5) macaro-ni.jp(6) gendai.ismedia.jp(5)
www.cnn.co.jp(5) burusoku-vip.com(5) paiza.hatenablog.com(6) jp.techcrunch.com(5)
www.nikkei.co.jp(5) headlines.yahoo.co.jp(5) www.j-cast.com(6) mainichi.jp(5)
artifact-jp.com(4) mainichi.jp(5) www.publickey1.jp(6) mantan-web.jp(5)
hail2u.net(4) takagi-hiromitsu.jp(5) hatenanews.com(5) news.livedoor.com(5)
homepage.mac.com(4) waranote.blog76.fc2.com(5) jp.techcrunch.com(5) this.kiji.is(5)
kengo.preston-net.com(4) www.atmarkit.co.jp(5) natalie.mu(5) www.cnn.co.jp(5)
takekuma.cocolog-nifty.com(4) www.publickey1.jp(5) orecipe.hatenablog.com(5) www.itmedia.co.jp(5)
www.100shiki.com(4)   techlife.cookpad.com(5) www.newsweekjapan.jp(5)
www.geocities.co.jp(4)   toyokeizai.net(5)  
www.sem-research.jp(4)   twitter.com(5)  
    www.youtube.com(5)  

(※カッコ内は回数)

2017-02-19

はてなブックマークホットエントリーの統計 2005,2010,2015,2017

http://b.hatena.ne.jp/hotentry/年月日 のデータより

2017年2月19日現在の全ブクマを集計(当月以降に追加されたブクマ込みの数)

  2005年3月 2010年3月 2015年3月 2017年1月
ホットエントリー数 1,142 1,033 1,446 1,400
合計ブクマ回数 69,195 401,117 424,871 508,138
公開ブクマ回数 45,057 281,848 311,510 405,446
公開ブクマID 17,748 32,698 31,497 31,362
非公開ブクマ数(ブクマカ都合) 24,136 117,086 112,778 101,851
非公開ブクマ数(サイト都合) 2 2,183 583 841
非公開ブクマ50%超えエントリー 75 1 5 0
あとで読むタグ 310 13,345 25,045 47,613
1エントリー最大ブクマ 4,698 5,607 2,525 5,169
1エントリー平均ブクマ 61 388 294 363

ホットエントリーは1日50件、1月31日で合計最大1,550件生まれる。この数が少ないということは同じエントリーが数日に渡ってホットエントリー入りし続けたということを示す。以前と比べて入れ替わりが激しくなっていることが伺える。(※ホットエントリリストレイアウトでは50件表示されるが、タイルレイアウトでは49件しか表示されない。今回のデータタイルレイアウトで取得したので1日49件、月間合計1,519件のデータに基づく集計です。)

2005年ごろは今のようなSNS一種としてだけ認識されていたわけではなく、個人ブックマーククラウドに置いただけというイメージで使っていたユーザーもいるようで非公開ブクマが多い。非公開ブクマが多いエントリーにはポルノサイトなども含まれている。有名サイトトップページへのブクマも多い。

上記の集計方法ではホットエントリーに入った当時の雰囲気が分からないので、ブクマされた日付で当月以前に行われたブクマ限定して数えてみる。

当月以前に行われたブクマに限る

  2005年3月 2010年3月 2015年3月 2017年1月
公開ブクマ回数 11,909 243,074 293,169 400,495
公開ブクマID 1,036 21,584 28,152 30,854
あとで読むタグ 0 11,594 22,953 47,105

古いブックマークアカウントごと消して引退されたり、読み終わって消されたりしている場合もあるはずで、現在見られる古いブクマは当時よりは減っていると思われる。

[あとで読む]タグが増えているのはそれをつける人が増えたのか、読み終えて消されたのか、判別は付かない。

2017-02-09

2011年津波で何人もなくなったけど

2010年には自殺者年間3万人突破してたんだよなぁ。

2009年にも自殺者年間3万人突破してたんだよねぇ。

2016年自殺者やっぱり3万人前後を推移してそうだよね。



なぜか自殺者は平成以降年間3万人強で一定なんだけど、それは置いといても、年間3万人が非業の死選択してるっとことで。

2017-02-07

Twitterよりも時期的には早く、お絵かき機能までついていたのにスパムに埋もれさせているハイクって一体何だろう。

吉田戦車まで利用していたというのに。ハックルにも「はてなサービス大事にしないことで有名」などとニコニコで言われたり。

まあぶっちゃけ2010年付近にやめてるけどな。今やスパムだらけでびっくりだよ。

2017-02-02

http://anond.hatelabo.jp/20170202123257

確かに中国のほうが梅毒が増えたのは先である

だが、時期が日本よりも5年くらいずれている。日本2011年から中国2006年から

20062010年にかけて中国人訪日者数は約2倍になった。http://www.jnto.go.jp/jpn/statistics/since2003_tourists.pdf

しかし、同時期の日本では梅毒は減っている。2010年が最小値だ。

したがって、中国のせいにするのは統計データ上かなり無理がある。

ここまで言っても中国のせいであるというのなら、根拠となるデータを示してほしい。ただの印象論を振りかざす人は去ってくれ。

梅毒激増の本当の理由ホストクラブ枕営業蔓延

梅毒が激増してるというニュースが流れると、日本人悪者にしたくない層の連中が決まって「中国人爆買いのせいだ」と騒ぎ出す。

しかし、ちょっとデータを調べればそうとは言えないことが分かる。急増が始まったのは2011年からから中国人爆買いの時期とは3年ずれているし、また爆買いの影響であれば、それに陰りが出た去年は減ってなければおかしいのだ。

また、増えてるのは梅毒だけであるHIV新規感染者数は横這いだし、淋病クラミジアも横這い以下。嘘だと思うなら厚労省サイトデータ公表されているので確認されたい。

その原因をいろいろ仮説立てて検証した結果、「2010年を境にホストクラブ枕営業蔓延するようになったため」という結論けが行き残った。

以下、根拠

2010年ホスト業界環境変化

ヤングジャンプに7年連載され、テレビドラマ化もされた、ホストを題材にした人気漫画夜王」が連載終了したのがこの年だ。この作品ホスト業界一般化に多大な貢献をし、業界の拡大に寄与した。

その作品の中で、枕営業をするのは邪道という流れが最後まであったため、2000年代ホスト業界枕営業をするホストは少なかった。居なかったわけではないが、そういうホストは「枕ホスト」と呼ばれ、下の下とされた。安易に枕に走らず、太客に対してごくたまに枕を共にするくらい、の営業一般的だった。これは当時から存在している水商売掲示板サイトホストラブ」において、2000年代のうちはホスト枕営業のたれ込みが殆どないことからもわかる。(キャバ嬢の枕に関する話は沢山あった)

ちなみにホストラブは月間ユニークユーザーが240万人いる超巨大掲示板サイトである。この数は、Yahooニュースの実利用者数とされる200万人よりも多い。

しかし、夜王が終わると、枕営業ブレーキ役が居なくなり、枕に走るホストが急増。次第に「枕ホスト」という隠語業界から出てこなくなり、今では、「担当」「本営」「趣味彼」などのフレーズに現れるが、一人の女性客に複数ホスト枕営業し、ホスト複数女性客に枕するのがデフォルトとなっている。今やホストラブの掲示板はこの手の話題が大半だ。

またホストクラブの客層の世界では「枕されない客は最下層」という考え方がここ数年で一般化した。余程醜く無い限り枕されるはずという考え方から来ている。女性カーストの下には居たくない生き物であるので、脱出条件である枕の実践にかなりの力を注ぎ込むようになった。

ホストの客の大半は風俗嬢なので、風俗から梅毒を移された風俗嬢ホストと枕して移し、その翌日に同じホストが別人の風俗嬢に枕して移し、その風俗嬢が別のホスト風俗客に…という媒介ルートが出来上がってしまったのだ。

梅毒だけ増えた理由

これは梅毒の症状の性質と、今時のホスト毎日のように枕営業することと、その内容に起因する。

まず、ホスト枕営業では、ほぼ確実にゴムをつける。育てようとしている客を妊娠させてしまったら元も子もないからだ。これでHIVが増えない理由説明がつく。オーラセックスは生だが、オーラルでHIV感染するのは極めて稀だ。

次に、潜伏期間の違いと、治療難易度

クラミジア淋病オーラルでも感染するが、潜伏期間が数日と短いので、数人と枕した段階ですぐ気づける。一方、梅毒第一期と呼ばれる初期症状が出るまで3週間もある。人によっては第一期は無症状なので、その場合は第二期の症状が出始める3か月後まで待たないとならない。つまり症状が出るまで2桁人数の女と枕出来てしまう。

それでも淋病クラミジア梅毒ほどではなくても増えてるはずだが、これは病院に行かずに抗生物質をオオサカ堂あたりで個人輸入して病院に行かずに治してしまう人が増えたからだ。この二つは、抗生物質を1週間飲み続ければ確実に治る。病院に行かないと感染者としてカウントされない。

また、クラミジアは男の半分、女の8割が感染しても無症状なので、感染に気づかないまま何年も経過することが多いのもある。この場合感染者数にカウントされない。

そして、近年は咽頭クラミジアも増えていると言われているが、これは厚労省性病として集計していない。つまりカウント対象外

一方、梅毒第一期でもペニシリンを二週間以上飲まないといけないし、完治しない間に勝手に症状だけ収まって再潜伏して3カ月後に第二期移行、という事態が珍しくない。第二期になると病院に行かないと治せない。そこで梅毒感染者とカウントされる。梅毒感染者を見つけたら厚労省に報告が義務づけられているので、カウントしないわけにはいかないのだ。

まり梅毒けが増える環境が、ホスト枕営業蔓延によって整ってしまった。これが、2010年代梅毒パンデミックになっている本当の理由である梅毒の根源は中国ではなく歌舞伎町なのである

追記

もちろんホストクラブけが急増の原因だとは思っていない。学生風俗嬢の増加や外国人旅行者の増加も影響としてはあるだろう。ただ、この二つが主要因ならば、梅毒だけ増えるという事象につながらない。

ホストクラブ主要因説も弱いところがあるのは否めない。「ホストの誰々に梅毒移された」という告発が今でも少ないのだ。風俗嬢の誰々に~、ならよくあるが。

ただ、決定的な否定要素にまではならない。ホストが1日に枕できる人数と風俗嬢が1日に相手できる人数が大幅に違うので、ホスト梅毒を移されたと告発すること自体、かなりの特定リスクを伴うし、風俗嬢ホストと枕する前に相手した風俗から移された場合と見分けがつかないので、ホストから移されたことに気付き難いためだ。

ホスト業界も今さら禁止というわけにはいかないだろうが、試しに「三回指名されるまでは枕しない」というレベル自主規制をやってみてはどうか。歌舞伎町ホストクラブ協力会が音頭を取って。きっと、有意抑制効果が出るはずだ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん