「20代」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 20代とは

2016-07-23

なぜマイルドヤンキーほど運転マナーが悪いのか

毎年、市内で死亡事故を起こすのは20代男で中古車改造車スピード違反で捕まるのは決まって窓をスモークにしてるかステッカーを貼った軽自動車

一方、アクアフィットを乗る若者は重大事故起こさないし、プリウスノートに乗った中高年がマナーが悪いということはあまりない。やはり所得文化資本関係しているのだろうか。

面接の結果がそろそろ届くんだけども

いよいよ近日中就職出来るか否かのお知らせが、あるいはお祈りが届く。こんな時だけ間違いなく祈りというのは届くのだから、なんだか皮肉な話にも思える。

そして今は収入がない。来月生きていくのが精一杯。公共料金は滞納するだろうし、それでもギリギリなくらいだ。こんな懐事情になると、余裕がなくなってくる。あまり愚痴も言わないタイプで中に溜め込むタイプだし、周りの人間にも冷たく当たってしまっている。余裕のない他人にさえ、いつも分け与えられていた気遣いや優しさも与えられない。そんな自分自己嫌悪してさら状態は悪くなっていく。負のサイクル。お金が使えないか毎日起きては料理して人と会う予定が無ければ通信制限のスマホで暇を就寝まで不愉快に過ごすだけだ(だけど増田は重くないからいい)。

そんな日々の中でとうとう、今日は一睡も出来なかった。別に予定がある訳ではないから白昼堂々寝てやればいいのだけれど、動揺が大きい。なんとか寝る為にいずれも少なくはない酒をやりタバコをやりカモミールティーまで試して寝付けるよう試みたが、眠れない。なんなら通知が届くであろう日の占いを見て安心しようとさえした(7位だったろうか。新たな決意の日。今取り組んでいることとは別の事へのチャレンジになるでしょう、なんて書いてあった。合格するってことだし職場活躍する自分プランニングするぞ!と自分に言い聞かせられるほどの余裕はなかった)。今は5時30分くらいだが、逆に目が冴えている。はてな的に言えば大脳が壊れてしまったメンヘルなのだろうか。

面接を受けた求人は変わらず募集し続けている。まだいい人材を求めていますということだから自分は弾かれたのだろうかとまた不安になる。


動揺してる。もちろん、落ちたらとりあえずはバイトでもいい訳だし、そのままハローワークに通いまた新たな仕事を探せばいい。20代なんてまだまだ何でも出来る歳だ。取り返すのにたくさん時間はある。不幸自慢をしたい訳じゃない。こんなスッカラカンな内容だけれど、書き残さずにはいられない気持ちだった。動揺してる。泣きじゃくる訳でもなく、怒りに満ちてる訳でもない。どこにも駆り立てられない焦燥だけが自分支配している。それを自分ではどうしようも出来ず困っている、という話だ。だけど、ここに書いて少しは気持ちが楽になった。上記のどんな寝付く方法(酒タバコカモミール)よりも落ち着いた。ありがとう増田。もしここまで読んで下さった増田諸兄がいるのであれば、まずお目を汚して申し訳なかった。心配して下さる奇特な方がいらっしゃったなら、感謝と共にそのお気持ちをありがたく頂戴したい。糞だと思った方はただただ申し訳なく思う。全く興味なかったという方は、せめてもの償いで次の言葉を送らせて欲しい。ポケモンGO

2016-07-22

http://anond.hatelabo.jp/20160721153003

私の父親であった男は自分が既婚者である事を母親が未婚で妊娠するまで隠し、バツイチだと嘘をついていた。

の子供は流れてしまったが、母親バカだったので「別れてくれるなら付き合う」と言って本当にバツイチになって来た男と愚かにも交際継続し、再婚して二人の子供を成し、案の定不倫の病の再発した父親に捨てられた。

独りになっても母親バカだったのでまた既婚者と関係を持ち、怒り狂った本妻が家へ押し掛け、小学生なる子供の前で母親と堂々と不倫相手に関する言い争いをした(注)。

一時期は不倫相手結婚できるならお前なんか捨てても良いと子供本人に向かって言い放つ程頭の狂っていた母親だが、母親がわりであった祖母(私から見て曾祖母)の死を転機として目を覚まし、不倫相手と縁を切って独身男性再婚した。その男性が父となってから実家では概ね平穏な家庭が続いている。

(注:なおこのとき私は不倫相手をパパと呼ばされており、まだ不倫という概念を知らなかった。その言葉を初めて知ったのは、子供たちとの帰宅時に家の前に座り込んでいた本妻を見た母親が泣きながら女友達の家へ駆け込んで通報し、やって来た警察官にその友達が『彼女(母)とその女性旦那さんが不倫関係で』と説明をしていた時の事だった。度重なる本妻の来訪に悩まされての事だろうが自業自得案件に呼びつけられる警官も気の毒な事である



このような家に育った私は、年を経る毎に次第に自分の家に何が起きていたのかを悟るようになり、そして深く不貞というものを憎むようになった。

血のつながった両親はもちろんの事、便所ブラシと肉便器の間に産まれた、母親不倫相手本妻やその子から殺されても仕方がない薄汚れたクソガキである自分自身の血も憎くて仕方がなかった。

丁度インターネット黎明期10代後半であった私は、ネット世界自分と同じ思いをしている子供がいないか子供にそんな思いをさせている親は何を思っている/いたのか、それから何年もかけて探して回るようになった。

そうして20代の私はミソジニーかつミサンドリー煮込みうどんとなった。両親共不貞加害者であった自分には増田のように片方の性を神聖視する選択肢がそもそも無かった。




今は違うが当時の世論ネットも本当に酷いもので、不貞に異議など唱えようものなら男の場合浮気をする甲斐性がある有能な男を妬んでいるモテない駄目男、女なら男をつなぎ止める魅力と寛容さのない裏切られて当然のゴミ女、と罵倒されるのが当たり前の場所だった。要するに男の浮気には異様に甘く女の浮気独身女が既婚の男に股を開くパターン以外の選択肢があり得ない、昭和男尊女卑の一番酷いところを鍋底にこびりつく焦げカスになるまで煮詰めたような場所だった。

増田と同じように私には、不貞などせず縁もなく、普通に生きている人たちの姿は誰ひとり目に入らなかった。この世にはまだ裏切っていない人間と裏切った人間と裏切られた人間の三種類しかいないと本気で思っていた。男も女も皆クズでどうせ裏切り者以外は100%裏切られるのだからモノだけを心のよりどころとしていれば良い、そうすれば傷つかずに済むと20代の前半はずっと考えながら生きていた。



はい日常的に他人攻撃的な言動をとっていた訳ではない。表面上はごく普通に接していた。

(ただ一度もうすぐ結婚するという高校時代女友達が、結婚報告と同時にそれが略奪婚であると明かし、「彼(二股をかけていた便所ブラシ)と一緒に裸でベッドにいる時に元彼女が訪ねて来て凄く怖かったの」とかい寝言を吐き始めたときだけはどうしても取り繕えなかった。裏切られた元彼女は男と同じ職場であったらしく、結婚式の招待状を元彼女にも出そうかと男に尋ねてわざと楽しんでいるという話を聞いた時点で「最低だね」という感想をついに黙っていられず縁を切った)


それ以外はリアル不倫をしている人に会っても概ね知らぬ振りをしていられた。

幸いにも私の周囲には、自分のしている不貞本能からと男は皆不倫して当たり前とかい理由正当化しようとするバカはおらず、私も「でしょうね男はみんな不倫しますよ私の父もそうでした○○さんのお父さんもお祖父さんもひいお祖父さんもみんな不倫して奥さんを泣かせて来たし娘さんも結婚したら旦那さんに不倫されて同じ目に遭いますよね楽しみですね」とか「まあそれはご勝手ですけどお子さん間違いなく股ユルになるかだめんずになるか誰とも付き合えない人間不信メンヘルになるかの三択ですね、よかったですねソースは私と妹です」などと大人げの無い嫌みを言わずに済んだ。

一方ネットはそういうバカを見つけるたびに上記の言葉を投げてやって楽しむ自傷行為日常茶飯事だった。一度「俺の親を侮辱するな」とか言い返して来た客観性という概念を知らないほんまもんバカがいて今風の表現を借りれば大草原不可避であった。




そんな中である2ch浮気不倫板に親に不倫された子供スレというスレを立てた。

スレ立て当初は滅茶苦茶に荒らされまくり、親が不倫したのはお前のせいだ、お前らは捨てられて当然だと書き込まれる事も幾度となくあったが、それでも細々と何スレか続いた。リアルタイムで親の不倫を知って苦しんでいる中高生を慰め、昔親の不倫に苦しんだが今は幸せだという年長者に慰められ、何より「不貞なんかして家族を傷つける奴はクズだ」という意見を誰にも否定されず堂々と言える場ができたことに心のよりどころが生まれた。

(何しろそんな事リアルで言おうものなら「世の中白か黒じゃない、大人になれ」「ご両親も苦しんでいたのだから理解してあげろ」とかい説得力もクソもない思考停止押し付けられる選択肢しか当時はなかったのだ。毒親に苦しむ子供に対して子供を愛さない親はいいから親を許せと平気で言うバカが幅を利かせていた時代なのだから当然と言える)

そうして私は少しずつ立ち直って行った。



気づけば周囲の状況も随分変わっていて、不貞をしている者を見れば男女を問わず咎められる空気が徐々に優勢となっていた。

しかすると初めからそうで、前段に書いた「当時の世間」は一部のバカに惑わされた私の視野の狭さによる思い込みしか無く、ただ私が自分を傷つける意見の方に自ら近寄って行っただけなのかも知れない。「そんな人たちばかりではない、良い人を見つけたら幸せになれる」という声は今も昔も確かにあった。ただ誰がそんな人たちで誰がそうではない人たちなのか明確に見分ける術のない自分には何の救いともならなかっただけだ。

最終的に「クズとそうでない人を見分ける事におびえる必要はない。誰がクズだか分からいから全員を断ち切る必要もない。相手クズとわかったら即座に切ればいいだけ」と自分で出した答えがとりあえずの結論となった。




元増田世界には小学生スマホオナニーを、中学校で公開キス動画を、高校円光大学で数股変態プレイを、会社や家庭で不倫を楽しむ女しかいないのだろう。増田の母も祖父母も妹もそういう女たちなのだろう。男も増田自身を含めてそうした性の乱れた同類ばかりで、そうした人間たちとその価値観を厭わしく思い咎める者は男女問わず誰もいないのだろう。それでいいと思う。

私自身そうしたものには何一つ縁無く生きて来たしそういうものには自他を問わず永久に無縁であってほしいが、増田にそれを証明してやる義理も縁もない。増田にとっては長らく喪女として生きて来た私のような者は女ではなく産廃としてカテゴライズされている可能性も高いことだし。



私の世界には男と女がいて、その中に割合は分からないがクズが混じっている。どこの誰がクズか分からないのは今も同じだが、それを悪として捉え被害者の心に寄り添える人が私の他にも沢山いると知っている。その対処法も彼らから沢山学んで来た。

クズとわかれば捨てれば良い。わからないうちは自分が親しくなりたい人と親しくしていれば良い。自身自身の憎むクズに落ちぶれなければ良い。今はそう思って生きている。

自分と同じ事を思っているのが自分だけではないと知らなかったらきっと私も一生煮込みうどんのままだったろう。

2016-07-21

http://anond.hatelabo.jp/20160721195537

ゲーム好きとしては、ある時期(20代半ば?くらい)から主人公自己投影するのをやめて、純粋ゲーム性を楽しむ方向にシフトした。

その意味ではRPG系はゲーム性が拙いのであまりプレイしなくなったが。

2016-07-20

芸能人若い時に撮ったヌード写真を極秘に厳重保管する仕事

ってないのかね?

その芸能人落ち目になったら一世一代ヌード解禁でぼろ儲けできるし

芸能人側も保険として結構乗り気になるんじゃないかと思うんだよね。

逆にその芸能人が一流になったら、プレミア価値青天井さらにぼろ儲けできる。

30代や40代ヌード出しても売れないよ。

20代もしくは10代の頃にヌード写真撮り貯めとこうぜ!



問題セキュリティ信頼性だよな。

これ、事務所契約すると、事務所が好き勝手にできるからね…

絶対に外には流出させません!」って言っても信頼してくれないし

怖いよなー



出版するより芸能スクープに出したほうが儲かったりして…

ってか週刊誌って出版社じゃねえか

やっぱ無理か

2016-07-19

僕はペニスをしごいたことがないしAVも観たことがない

これはネタではなく本当の話です

10代は別の部分を使って自慰をしていました

20代前半で鬱病に伴い性欲がなくなりそれすらもなくなりました

から未だに包茎であり童貞です

性欲が少ないので性犯罪ニュースを聞くととても驚きます

永遠旅行者



先週、実家用事があったので帰省した。

明大前の自宅を出てすぐタクシーを拾った。

品川駅港南口までお願いします」

運転手は道順について私に確認してきた。

が、適当にあしらった。

松濤付近渋滞に捕まり、束の間の車内の沈黙は終わった。

「どこ行くの?大阪?」

わたしも30年位前に住んでたよ」

運転手は語りだした。

返還前の沖縄出身高校生の頃に東京に出てきたらしい。

大学に入ったら学生運動でね。沖縄出身からっていう理由で駆り出されたよ」

ほどなく大学中退フリーターの走りになった。

「じゃあ20代は色々なところにいたんですね」

そう尋ねると運転手は大きく頷き続けた。

「そのあと東京に戻ってきてね。日本はもういいやって。パリに行ったんだよ。フランス語勉強して。ロンドンにもいたよ。最後NYに行って。ウォーホールかい時代だよ。そして40歳手前で東京に戻ってきた。そのあと結婚してね。でも3年くらいしか続かなかったな」

私は焦燥感かられた。

まるで未来自分を見ているかのようだったから。

わず私は運転手に尋ねてみた。

運転手さん、ぼくに1つ言葉をください」

すると彼は私の目を見つめてこう言った。

「命掛けで生きてください。また会いましょう」


運転手握手を交わし永遠の別れについた。

2016-07-18

オタクってどの分野も一緒なんだな

今日空港で、海外旅行からの帰り道らしい女3人に遭遇した。

年の頃は微妙。化粧っけがなく40代にも見えるし、日焼けした老け顔の20代と言われればそれもまた納得できる。

いかにも海外旅行慣れしていますって感じのラフな格好でこんな会話をしていた。

A「B氏のパスポートのハンコは綺麗ですね」

B「いやいや、実際に行った国はA氏のほうが多いのでは?」

C「私も(よく聞こえなかった)で諦めなければ、もっとたくさんハンコが押されているはずなんですけどね」

A「私もです、あと9カ国くらいは押されてましたよ、フヒヒ」

C「その手間を惜しまないがゆえの勲章ですよねデュフフ

B「しかし今回はコインを残してしまいました。迂闊でしたよ」

A「おやB氏ともあろうお方が」

C「今回は時間が少なかったですからね」



というような会話をしていて、

早口言い回しちょっとしたマウントデュフフ笑い

どこのジャンルでもオタクって共通なんだなとしみじみ思ったわ。うぜぇ。

性に興味がない20代30代が増えている→だからヌードデッサンをしよう


ってなんだそれ 意味が分からない


ヌードデッサンって性的気持ちでやるもんじゃないだろうし大勢デッサンしてるときに興奮しちゃったら気まずいだろうし


それならもうガールズバーとか男女混合の趣味かなんかの集まりとかで異性と会話する経験を積んだほうがいいんじゃない


と思ったけど会社飲み会とかをそういう目的でやってほしくないし入社する女性が既婚だからどうこうみたいなのにかなりイラッとしたこと思い出したし


なんだどうしたらいいんだこれもううわあああもうやだやだやだ


なんだろうねもう とにかく給料余暇が増えれば多少いいんじゃない


そんで街コンの更にゆるーいやつとかを低い参加ハードルで開催したりとか



ところで女性男性モデルヌードデッサン会やるんだろうか?

2016-07-17

120歳まで生きたい

本当は死にたくないけど、控えめに120歳までと言っておく。

まだ10代か20代だったら、将来医療とかバイオの発達で500歳くらいまで生きられるようになるかもしれんけど、オレは50歳だしもう間に合わんよな。

まれるのが50年早かった。

社畜からお稽古事は、がんばっても1つなんだ

いま料理教室行きたい。

料理教室英語の二択なら、料理教室のほうがコスパがよいというのが20代結論だった。

海外旅行一年に一回も行かないけど、料理は一日三回やるから

2016-07-16

すべてを他人のせいにしたい

なんかさーーー今の自分ってダメダメなわけでさーーー

やりたいこともっとあるのに実力がついてこなくて、それは自分努力が足りてないってのはわかってるんよーーー

でもさーーーいまの環境になかなか恵まれてないと思っててーーー

それを変えるのも自分次第なわけじゃんーーー

いま自分が頑張れないのは環境が悪いからっていいわけしたくなっちゃうんだけどーーー

多分これってーーー俺の中に「やる気は出さない・努力をしない」という結論が既にあって、これを肯定させるために「環境が悪い」という現状を後付しているに他ならない。

金もなく実力もなく友達も多くはなく、心の底から悩み事を話せる人もいない。

すべてを人のせいにしたい。俺は悪く無い。いやしかしこれは言い訳なだけだ。

若干20代前半にして甘え癖をつけてはいけぬのだ。

今がもがく時。

そうは、そうは分かってはいれども、やる気がついて来ぬ。

打破、打破せねばならぬ。どうしたらこ逆境を、我が心を、我自身を越えられるのか。

今の精神状況はとても吝かではない。己自身で、日常生活にすら支障をきたしかけている。

心の警報が鳴り響いておる、「今変わらずしていつ変わる」と──



ってのはわかってるんだけどーーー

心を支える「ナニか」って必要だと思うんだよねーーー

みんなが辛い時、自分を支えてくれる「ナニか」ってある???

2016-07-15

http://anond.hatelabo.jp/20160715135437

まさしくそブログの人のような感じだ。

年でそうなるのか。俺まだ20代だぜ?



包茎泌尿器科でいいんだ、と思って地元にある泌尿器科を調べてみたんだが、

包茎手術」と書かれている病院が近隣にない。

最寄りのそういう病院は車で3、4時間かかるし通えないなあ。

入院できるわけでもないから、俺もその人みたいに高須クリニックかどこかで手術を受けたほうがいいのかな。

仕事を休んで通院・入院することを考えたら、案外12万+東京への交通費って安いのかもしれない。

見知らぬブログの人が既に経験者って安心も少しあるし。



ちょっと考えてみよう。ありがとう

35歳以上で子供を持つということ

子供立場からちょっと思うことなんだけど。

「なんでもっと早く産んでくれなかったの」ってこと。

子供なんて早く産むにこしたことないんだって

親の老いに、子供の心は追いつかない。

人ってさ、割と長い期間、心が子供なんだよね。だから、親の老いが子供の成長より先に来るって本当、両者にとって不幸でしかない。

親ってずっとヒーローだと思ってた。頼りになって、守ってくれて、いつだって自分の味方。

なのに、高齢出産で生まれ子どもの親は老いがくるスピードが早いから、子どもの心が成長しきってない段階でヒーローであることに疲れるよね。

体力が落ちたり、仕事を辞める年齢になったり、身体的であったり精神的であったり理由はどうあれ、子どもヒーローでいつづける前に、「老人」になってしまう。

そうなるとすごく混乱するの。頼れる両親だったのに、早々と「老人」になる。ちょっと待ってよ、まだ私成長しきってないってば。

なのに「老人」ってさ、すごく甘えるよね。「もう疲れた、もうこれ以上頑張れない」って。それは仕方ないことなんだけどね。歳はとるし、体は老いるのは止められないし。

でもさ、すごく不公平に思える。20代で産んでもらった親の子どもたちはさ、30歳になっても、40歳になっても、まだ親は若いでしょ。

30歳の時に親が50代、40代の時に親が60代って、すごく羨ましい。

親が年老いているから、早く成長しなくちゃいけない。結婚も、子ども産むのも。両親なんて気にするなって言われても無理。

どうしたって大切なんだから。親がいるだけマシとか言われる。でも、そういうことを言ってるんじゃないんだってば。しんどいのよ。

世代が違いすぎて、子育てもひと昔前のやり方になるだろうし、感性20代で産んだ人より違ったものになる。

いろんな人を見てきたけど、親が高齢出産だった子は、どこか変わったところがあった。面白い人が多かったけれど、その面白さって、本来必要じゃなかったものだと今になって思う。持たざるを得なかった面白さというか、仕方なく身につけた感性だったんだと思う。

受け入れるしかないけれど、受け入れるってなんだよって感じ。落ち込んで、受け止めて悲しくなって、怒りが湧いて、でも仕方なくて。

これ見てる20代の人いたら、産みたいなら早く産んであげてね。結果的に、絶対、よかった、ってなるよ。

晩婚化晩婚化っていうけどさ、やっぱり間違ってる。

あなたたちは駆け込みで産めてよかったかもしれないけど、子どもは不幸だよ。

かわいそうで母には言えない。でももう少し、覚悟してほしかった。

2016-07-14

子育てなんて激務は20代前半ぐらいまでしかとてもじゃないけどできないんじゃないの。

お互い30代ぐらいで子供産んで、体力も落ちてきて、もちろん徹夜なんてできないのに仕事子育てもなんてできるわけがない。

二人三人なんてとても無理。



人間はそういう風に出来てない。

人生変な奴に関わると大変だな

20代から長く付き合ってきてそれを破局させようなんて悪魔しか思えない

2016-07-13

姉がブラックバイト呪縛から解放された


姉は20代後半、専門学校卒。個人経営店でアルバイトをしていた。

職場は犬のトリミング専門店。犬・猫のシャンプートリミングペットグッズの販売ペットホテルサービスを行ってる。



ブラックだったと思う点

  • 人員が足りていないのに、飛び込みの依頼も受け付けているため、残業が多い(下手すると1日12時間以上働いていることもある)

店の現状

ペット理容業界についてよく知っているわけではないが、この店については、

カット代、シャンプー代が他店に比べると安い→多くの頭数を捌いていかないと店がまわらない→少ない人数でキャパオーバー件数を受け付ける(繁忙期の初夏、年末アルバイト3、4人で1日20~30頭受け入れることもある)→自転車操業状態

という悪循環から抜け出せない、もしくは抜け出そうとしていないことが原因だと思っていた。

しかし、最近姉貴から店長が「パチンコ行って勝った」とか「○○県に旅行に行ってきた」という話をしていたと聞いたので、そこまで厳しい財政状況ではないと思われる。



姉の現状

店側から金銭的な余裕の無さから正社員にすることはできないと言われていた(現在勤めているスタッフ店長以外全てアルバイト契約社員)。

このような生活をこれからも続けていくのは無理だ。体力的にもたないし、手取りから国民年金などの税金も差っ引かれるからお金が貯まらない。

最低賃金以下なのに夜遅くまで働かされていること、湿布を貼っても筋肉痛で痛そうにしている様子を見て、明らかにこれはおかしいと感じていた。


辞めることを勧めたが、地方のため、トリマーとして募集していた店舗がここしかないこと、少ない給与で働かされるのは自分能力が低いかしょうがないことだと姉自身が思っていたこから、ここ数年は「頑張って続けてみる」と頑なだった。(今思うと、店長から洗脳されていたんじゃないかと思う。常々、「店番を一人で任せられるレベルになったら給料を上げることも考える」と言われていたそうだ)


それが最近、劣悪な雇用条件に加えて、客の前で叱る、一人だけ夜遅くまで残業をさせる等、店長の態度がパワハラ染みてきたことから、とうとう我慢が臨界点に達したらしい。辞めて、ハローワークに行って別な仕事を探すことになった。

本当に良かったと思う。

2016-07-12

20代おまえらへ愛を込めて

まだ20代のおまえが「会社のため」とか「組織のため」なんて考えるなよ。とにかく「社会のため」と考えろ。そのためにもっともっと勉強しろ若いのに、狭めんなよ、おまえの可能性を。大人になってからすんなよ、誰かのせいに。

家帰ってテレビつけてさ、世界の裏側の凄惨事件問題がやってるじゃん。チャンネルえんなよ。少しは胸痛ませろよ。そんなの見ても会社の売上が上がるわけじゃないとか言うなよ。社会のこともよく知らない時点でそんな思い込みすんなよ。それでさ、布団にくるまって、職場人間関係で悩むなよ。そんなのに悩んでる暇はおまえには1秒もないんだよ。狭めんなよ、おまえの可能性を。まだまだ若ぇんだよ。30になって結婚して子供できて家買って定住したらいやでも狭められるんだから、今のうち見とけよ、おまえを取り巻く社会を。世界の果てまで。行ってくる必要はないけど思いをめぐらせろよ。

おまえに「会社へ恩返し」とか言われなくても大丈夫だよ。うれしいけどさ。10年後でいいよ。てか返さなくてもいいよ。「あ!おまえ、あの時のおまえかー!でっかくなったな。」って。10年以内におまえが会社に返せることはないよ。その前に社会に返せよ。親に返せよ。間違っても、狭めんなよ、おまえの可能性を。まだまだまだ。成長やめんなよ。おい、だから成長だけはやめんなって。まじで。本当これはまじで。もっと調べてみろ、考えてみろ、社会のことを。

社会問題を知って、自ら解決しようとしろ。そしたらなんと自然にこの会社もでかくなってるからさ。そういうカラクリだ。でも20代のおまえは、そのカラクリを知らなくていい。証明しようとしなくていい。でもそうなってるから

間違っても狭めんなよ、おまえの可能性。下方修正すんなよ、おまえという人間の将来を。生涯を通してギーリギリ叶うか叶わないかデカイ夢を持て。今はデカイ夢に向かって進め。そして、挑め。失敗しろとは思ってないけど、失敗しても諦めんな。

20代の君たちの成功を祈ってる。

2016-07-11

ピンサロがすごいことになっている。

やばい。すごくやばい。完全にハマった。こんなにすごいことになってるとは思わなかった。

ピンサロのことだ。ピンクサロン簡単説明しておくと、射精風俗の一形態なんだが、他の業種との大きな違いは、個室ではないということ。ちょっとした仕切りはあるけれど、あくまでもボックス席なので、プレイしている自分たちの姿が他の客から見えてしまうこともあるし、店内を巡回している店員からは丸見えだ。

そしてシャワーも無いので、局部おしぼりで拭くだけで、プレイとなる。基本的にはフェラで抜いてもらう。

値段は安い。だいたい一万円しない。3千円なんて店もある。

70年代からある老舗風俗ではあるが、風俗の中では底辺位置づけられているといってもいいだろう。

安かろう、悪かろう。

私も昔、ハマったこともあったが、その時も単に安いからという理由だった。何より落ち着かないし、サービスも甘い。女の子は、おばさんばかりというイメージとは違い、意外に若くて素人っぽい子が多いのだが、それでもどうせなら、もう少し出して、個室でゆっくりプレイした方がいい。そんな風に考えていた。

それが数ヶ月前に、大きな間違いであることに気づいた。ピンサロは大きく変わっていたのだ。

私は、性行為の中でもキスが好きだ。ディープキスをしながらイチャイチャするのが好きなのである。本番至上主義ではない。もちろん嫌いなわけではないが、挿入が無くても、それほど困らない。むしろフィニッシュシックスナインで、という方が好みかもしれない。そんなわけでフェラも好きだが、サオや亀頭だけを激しくジュボジュボされるだけとういうのでは、あまり満足できない。もう少し広範囲に色々舐めて欲しい。

ディープキス多めでイチャイチャしながらお互いの身体さわりっこしたり、舐めあったりする濃密なセックス理想なのだ。どんなにテクニックがあっても、イチャイチャ感がなく、お仕事的にこなされると、冷めてしまう。

そんな欲が今のピンサロでは満たされるのだ。もちろんサービス女の子によるのだが、ここ数ヶ月で行きまくったところ、半分以上の女の子がこってりとした濃厚なキスをしてくれる。かなりラブラブムードプレイしてくれる。しか若い。今のところ、だいたいが20代前半。19歳だという子もいた。自己申告だから本当のところはわからないが、肌の弾力から見て、かなり若いことは間違いなさそうだった。

基本はディープキスフェラチオだが、下を触ることもできるし(女の子によっては嫌がる場合もある)、店によってはお互い全裸になりシックスナインまで出来る。中には、ゴックンをしてくれたり、アナル舐めまでしてくれる子もいる。ただし、どうも、同じ女の子でも客によってサービスの内容を変えているらしい。つまり女の子に気に入ってもらえれば、濃いサービスが受けられるということだ。この辺りの不確実性も楽しみのひとつなのだ

そして何より、安い。お店のメールマガジンを購読しているとメルマガ割引が適用される。これが千円から二千円くらいあって、がっつりと引いてくれるのだ。うまく利用すると、早い時間なら(ピンサロ入店時刻によって値段が変わる。遅くなるにつれ高くなる)、3000円台で遊ぶこともできるのだ。

私は、だいたい5千円くらいで遊ぶのを目安にしている。しかし、5千円で、こんなにいい思いをさせてもらって、本当にいいのか、と感じることがほとんどだ。1万~3万くらいで他の風俗で遊んでも、だいたいは「まぁ、こんなもんだよなぁ」と寂しい気持ちになるものだが、ピンサロでは値段を遥かに超える満足度がある。不満は、時々巡回に来る店員に恥ずかしい姿を見られて、落ち着かないことくらいだが、これも慣れた(笑)

もちろん、本番などはないので、本番至上主義の人にはダメだろうが、私のように本番よりもラブラブキスを重視する人間には、こちらの方がずっとよかったりする。

問題は、安すぎるので、ついすぐに行きたくなってしまうことだ(笑)。この数ヶ月、かなりの金額ピンサロで散財している。でも、後悔はない。

女の子の質がこんなに上がったのは、いつ頃からなのだろうか。もうちょっと前に気づいていれば、という後悔はある。

2016-07-10

逃した魚の大きさを思う

手に入らなかったものばかりに思いを馳せてしまうのは、もうどうしようもない人間の性なのかもしれない。

学生時代、私に好意を寄せてくれていた人がいた。

気が合うというか、物事に対する考え方はもちろん、趣味ファッションセンスまでもが似ていたし、自分の持つ雰囲気と彼の持つそれとはとてもよく似ていたと思う。

けれどそれではもの足りなかった。

私は自分と似ている人ではなく、自分とは違うものを持っている人が好きだった。

彼といる時間は、穏やかで、心地よいものだったけれど、一瞬が輝くような、このまま時が止まればいいと思うような、そんな楽しさはなかった。

好きな人と話すときは、その人のことが愛おしくて、自然と顔がほころんでしまう。

彼に対してはそれがなかった。

もちろん笑いはするけれど、それは彼に対する愛おしさからくるものではなかった。

その頃私が周囲によく漏らしていたのが、「彼は結婚するにはとても良い相手だと思うけど、恋愛対象としてはもの足りない」という旨のことだった。

今思えば何だこのスーパー上から目線物言いは。

浅はかな恋愛経験でよくそんなことが言えたものだと当時の自分をぶん殴りたくなるけれど、その頃はまだ20歳そこそこで、根拠のない自信に満ち溢れていたから、全く救いようがない。

アラサーと呼ばれるようになった今の私からすると結婚に適している、そんな相手は喉から手が出るほど欲しいというのに。

出会いのが20歳の頃でなく20代後半となった今だったら、きっと結果は違っていただろう。

いや、もしこのタイミング出会ったとしても、彼は私のことを好きにはならないかもしれない。


何回もデートをしたけれど、結局、彼は何も言ってこなかった。

私も私で彼に全く好意サインを示さなかったし、なんとなくで付き合ってだめにして結果的に彼の時間を奪うようなことはしたくなかったので、牽制もたくさんした。

それでもなお、と言ってくれなければ付き合う気もなかった。


彼とはもう長い間連絡はとっていないが、立派な会社に勤めて、傍目から順風満帆でいるらしい。

逃した魚は大きかったかもしれない。

見えない20代向け投票メリット

http://b.hatena.ne.jp/entry/293836213/comment/gomaberry

漫画アニメ表現を守る党?みたいなのが(たぶん)1人議員を出すだけで、

「ほんまに漫画アニメ表現の自由を望んでる人がおるんやな」って日本社会広範に伝わってるわけだから、ほんとに投票大事インパクトあるのは分かるけどさ、



別に今「若者メリットある党」とかはっきりしたのないやん

(いや、徴兵制がどうのとかもあるけど、今の主要4党やそこらじゃ他のテーマとごっちゃなってはっきりせえへんやん)



ブクマは「20代投票率上がると20代向け施策入れなあかんくなって20代生活が良くなる」とか言うてるけど、それ肝心の投票てへん20代の人らに伝わってへんで(マスメディアの圧倒的伝達力の強さを、ひしひしと感じる)



要するに、20代投票行かない君でももし勝ったらはっきりとメリット感じられる党が欲しいねゆうこ



あんたらブクマカ20代投票率上げたい言うても口だけで、別に若者投票先も作らなければ、「投票行ったら20代施策もその次の選挙から入り始めてよくなるで」ゆうことをマスメディアに打ち勝つ強さで広範にも伝えてないやないか



本当に若者のためになるなら、是非とも若者のための党「若者実現党」を立ち上げしたいもの

2016-07-09

嫁の実家で元彼との写真発見した件

http://www.move-wife.com/entry/goldrush

タイトルだけでトラウマが復活して体がガクガク震えて止まらなかったじゃねーか。


責任とれや。謝罪と賠償を求める。



俺も嫁の実家で元彼との写真を見つけてしまったんだよ。



嫁はお前んとこのと違って大変出来が良い。

部屋はきれいに片づけているし、料理は上手だし、残業全くない仕事年収700万だし。

おっぱいEカップだし、繁華街を一緒に歩いていると100mに一人ぐらい振り返るレベル美人だし。

結婚前の男性経験は2人だけ(自己申告)だし、浮気とか絶対しなさそうな性格だし。

子供が2歳の男の子で、2人目妊娠中。



最初の子が生まれて、いよいよ実家の部屋を片付けるということで手伝いに行ったと思ってくれ。

で、どこで何を見つけたかというと、嫁が独身の時に使ってたパソコン用のCDな。

何枚も出てきたんで、まとめて捨てるってことでゴミ袋に入ってたんだけど、4~5枚だけマル秘って書いてあって、それが嫁の字ではないの。

なんだか怪しく思って、それだけ抜いて黙って持って帰って中身を見たら、元彼との行為中の写真だったのよ。

しかも超おっさん。たぶん不倫



20代の嫁、すっごい綺麗なんだけど、正視に耐えなかったね。



まあ別にこっちだってそれなりに過去はあるんで、別に嫌いにはならなかったし2人目も仕込む程度にはそういうこともやってるけど、でもあれだけは思い出すと胃がむかむかする。



嫁には言ってない。墓場まで持ち込む秘密にするつもりだったけど耐えられん。

増田から書く。

http://anond.hatelabo.jp/20160709160138

そいつ投票に行ったところで20代投票率は0.000008%しかあがらないので誰も気にせず無意味はい論破

このバカ投票に行くべきたった1つの理由

参院選】「俺は俺でやる。だから投票に行かない」 棄権する20代の声を聞く

https://www.buzzfeed.com/keigoisashi/saninsen

> 20歳代が32.58%。最も高い60歳代は68.28%で、倍以上の開きがある。

年金医療費憲法税制…どれも老い先短いジジイババア投票率が高いから、老害どもに聞こえの良い政策の話しか出てこない。

1020代投票率が高ければ、政治家当選するためには1020代意識するようになる。

からこのバカは不信感なんて言葉で片付けないで投票に行くべき。

選挙合理的無知自意識過剰

選挙権年齢が引き下げられ、今回の参院選から18歳以上が投票できるようになりました。

自分の一票が選挙に与える影響と投票に行く手間を考えたら、合理的判断投票に行かないという選択をするというのが「合理的無知」といいます簡単に言えば、「行ってもムダ」という考えですね。

そんな合理的判断をする割には、「私は雨女から」や「私が応援すると負ける」とは発言して、どんだけ影響力をもってると思ってるだか・・・、そんな人ほど「私なんかが行っていいのか」と思わず、その根拠なき影響力をもって投票すべきである

民主党政権をとった時に、ついに私たちの声が政治を動かしたんだと思った人はたくさんいたんだ、まー結果的に失敗だったけど・・・

イギリスEU離脱も多くの国民がどうせ残留と思って、懲らしめるために離脱票に入れたら、本当に離脱票が残留票を上回ってしまった。こういう二択選挙だと一票も重みが増すのだろう。

投票に行くのが面倒というのはある、インターネット投票できるのであれば、

どこにいても投票できるのに。インターネット投票はとりわけセキュリティ上の理由からなかなか進まない。

開票時間の大幅な短縮や人件費の削減、疑問票や無効票が出ない、自分で書くのがむずかしい障害者も代筆なしで投票できるなどのメリットは大きい。

日本地方選挙では電子投票端末を使った選挙を行われたことがあるが電子投票端末は投票所に置いてあるので、そこに行く手間がある。

インターネット投票は、エストニア(ヨーロッパの北東端にある小国)で国民デジタルIDカードを配布してあり、2,048ビットデジタル暗号化ソフトを通して、市民自分の家の広間で快適に座ったまま投票を行うことが可能だ。日本マイナンバー制度により、出来る準備の下地はできつつある。

頑張って投票所に行ったとして、周りも見渡せば投票するのはじいさん、ばあさんばかり見ることになる。2014年選挙では70代が72%、20代は29%なのだからそうなるであろう。(今回の選挙年齢は18歳に引き下げも若者投票率アップが目的)

政治家は票になる高齢者への政策を充実させるようになり、票にならない若者への政策は後回しにされやすくなる。「保育園落ちた日本死ね記事話題にはなったが、若者政策は反映し難いのが現行の選挙制度上なのである

これから少子高齢化社会では有権者全体に占める高齢者割合が大きくなり、逆に若者割合は小さくなる。これが世代間格差助長させる要因となり、年金などの社会保障問題は先送りされ、将来の財政上の負担はかさむことになる。つまり現在選挙制度のままでは将来世代に不利な状況を生んでしま構造が出来てしまっているわけだ。

では、年齢階層選挙区のようなのを採用して「20歳未満の子供をもつ親に2票を与える」「一つの選挙区を『老年区』『中年区』『若年区』にわけてそれぞれ同数の定数を配分し、投票率の差をなくす。20歳未満の『子供区』を設け、この分の選挙権を親が行使」というように差をなくせばいいと考える人達も出てくるわけですね。

しかし、民主制では自然法の下、権利平等保障されていて一人一票もその一環として保障されている。一人が一票しか無く誰かが2票3票何て有ったら平等民主主義概念存在しなく成るんだよね。

から格差をつけるってことは差別になってしまうんだ。

自分達の世代にとっての利権だけでなく、将来を担う世代にとっても、利益になる政策が考えられる仕組みをつくることが必要だよね。