「おかし」を含む日記 RSS

はてなキーワード: おかしとは

2017-01-19

技術のタダ売り

気持ち的には、よくもやりやがったなって感じ。

俺は、技術のタダ売りって好きじゃなくて、つまり今回のNさんの件も凄い不愉快なんだけど、彼は現時点でもかなりの収益を算出しているし、実のところ広告収入とかで収入は途絶えないだろうし、さも「自分収入なんかどうでもいい!本が読みたくても読めない子どもたちの為に無料公開するよ!」という雰囲気を醸し出しておきながら「金の奴隷解放宣言」が笑えちゃうくらい今後も収益が出る事が尚更不愉快にさせる。偽善とはこのことだろうかと思わずにいられない。

確か、あの絵本は、自分が発案者だか発起人だかで、他の人の名前は出さないとかで、当時結構揉めてたんだよね。気のせいだっけ。曰く、「映画だって、何人もの人で作っているけど、監督名前しか出ない」とかそういう理由で、自分以外の名前は書かないと宣言してた気がするけど。

それでも、クリエイターは集まっているわけでしょ?まぁ、現時点までの収益で、彼らへの賃金は支払われているだろうけど、それにしても、なんというか、納得のいかない話だなと思う。

発売されたのが、3ヶ月前。世間ではクリスマス正月も過ぎているのに、こどもが本当に欲しがる2000円の本が手に入れられないってある?

の子の親は、子供に本を買い与えないタイプなのかな。それとも子供が、親がそれを買い与えるのを渋るほどの悪ガキなのかな。

まぁ、各家庭に様々な事情があるでしょう。で、買えなかったとしてさ。んなら図書館行けやって思っちゃうのは、俺がおかしいのかねぇ。

「本が高くて買えない」→「んじゃあ無料にするわ」って、いくらなんでもクリエイターとしては酷すぎる思考回路だと思うんだけど。

それって結局、その界隈の質そのものを下げるよね。

第三者の助言で「他のクリエイターに「タダにしろ」とか言うなよ」みたいなコメント追加したらしいけど、それを直接的に言わなくても、そうする事で確実に彼らは一部の非常識人間からそれを求められる事になると思うんだけど。

自分が作った作品であれ、何であれ、無償提供するとか、お前、金持ち道楽かよ。

技術のタダ売りが出来るほど、金に困らない生活してみたいもんだね。

金があっても、俺は技術のタダ売りは絶対しないけどね。

http://anond.hatelabo.jp/20170119191803

増田ではガチ発達障害が何年にもわたって暴れ続けてるから

ちょっとおかしい程度では普通にしか見えない

友達とギクシャクするのがつらい

精神的にまいっていた時。

仲が良い友達LINE

最近まいっている、会いたい」

という旨を伝えたら、

「そういうのは家族恋人に言うことであって、友達に言うことではない。来月会うんだからそれで我慢して欲しい」

と返されました。

人に頼ることが苦手で、家族恋人には言えないけど今回勇気を出して友達に言ってみたので、この返答はショックでした。

友達は私が人に頼れない性格であることは知っています

つらい時に友達に会いたいと思うのはおかしことなのでしょうか。かなり落ち込んだのですが、SOSを出せただけでも良かった、期待した返答は得られなかったがそれは仕方がない。そう思うようにしました。



そこまでは良かったのですが、予定通り次の月に会った時、とてもギクシャクした雰囲気になってしまいました。

お互いそうだったのか、私自身がそうなってしまっていたのかはわかりません。

頼ってしまったことで嫌われたのかと思いましたが、そうではなさそうです。(自信はありません)

あの日以降LINEのやりとりはしていませんが、また顔を合わせる機会があります

どうしたらいいのか、ずっと悩んでいます

また元の仲良い関係に戻りたいと思う反面、この人と友達を続けていたらまた傷つくのではないかと思ってしまう面もあります

こんないい歳になっても人間関係は難しいです。わからなくなってきました

新しいパートさんのミスです。システムのせいです。

勤務先がお願いしている社労士事務所の弁。

役所に提出した給与支払報告書、数値が間違ってて住民税の額が倍以上になってた。

自分だけでなく、従業員の半分近く。まあ中小企業からそんなにいないけど。

で、それについて社長が問い合わせたら、パートさんが変わってそれでミスしたと。

うちの社内で気づいた人がいなかったらどうしてたんだろう?

年末調整書類経理社労士事務所?の書き方見本が間違ってて、お金を数万円払うように昨日言われた。

どっちのミスかよくわからないけど、経理勘違いしてました、と言い、社労士事務所システムおかしいのでって。

非正規システムミスにするのってラクなんだね。

私が怒っている理由

なぜ、今回私がここまで怒っているのか。

あなたもわからないだろうし、私自身も整理しないと理解できていない点があるためこの文章を書くことにした。

事の発端として、私はその日に自分史上最悪の生理痛に襲われており、彼氏であるあなたに朝から体調が悪い旨を伝えていたが特に体調の心配の返信などはなかった。日頃から特段私の話に反応してくれないあなたに慣れているため、相変わらず寂しいなぁ、と思うくらいであった。

しかし怒りの極めつけとなった点として、LINE電話ガチャ切りがあげられる。私は22時半頃、早く就寝しようとしたがあまりの痛さに寝られず少し甘えようとあなたLINE電話をかけた。どうやらあなた寝落ちしてしまっていたようで、電話で起こしてしまった上に恐らく寝落ちしてしまった自分に苛立ちも感じていただろうことは私も察した。私は電話でこの痛みの辛さを伝え、ただ慰めてほしかったのだが(完全なる甘えであるしか彼女なのだからこんなときくらいいいじゃないか!)あなたから慰めの言葉などはなかった。

あなたは面倒くささゆえか、こう怒鳴って電話を切った。

「じゃあなんで病院行かなかったんだよ!」

通話時間は2分半ほどであった。

最初、私は間違えて電話を切った、あるいは切れてしまったのかと思った。そのため一度は「ごめん…」と一方的お腹が痛いことを喚いたことを詫びるLINEを送り、体調も悪かったためそのまま寝た。

翌日の朝、こんなLINEがきた。

「ごめん、眠かったから」

電話を切ったのは意図的だったのだ。

感情に任せた捨て台詞を吐いて、電話一方的に切る、こんな幼稚なことをする大人がいていいのか。私はそんな人と今後一緒にいられる気がしないし、いる気もない。

電話一方的に切るということを行い、それに対して自ら反省意思もないということは悪いことをしたという自覚がないのだ。非常識すぎる。

眠かったら一方的電話を切っていいのか?いい訳ないだろう。せめて「悪いけど眠いから今日は寝かせて。暖かくして寝てね。」くらい言えるだろう、私が何をしたっていうのだ。

もちろん、私にだって落ち度はあった。しつこく体調の辛さを訴えたことと、はっきりと「生理痛だ」と言わずに「お腹が痛い」と言っていたこと。(でもそれは電話で伝えたかったのだ。結局そんな雰囲気ではなかったけれども。)だから病院行けよとあなたは怒ったのかもしれない。

さらに、3日経ってもなお私の怒りが収まっていない点としては、その後私は初めて2日連続会社を休むほど重症だったかである。これほど重い症状にうなされていたのにも関わらず、いたわりの言葉もなく、誠意を感じる謝罪もないのだ!

おかしいではないか

体調が悪い人がいたら嘘でも優しい言葉をかけるべきではなかろうか。あなた上司であれ、友だちであれ、このような対応をしているのか?違うだろう。ましてや私はあなた彼女だ。

大丈夫?」その一言だけでよかったのである。私は前にもただ共感してほしい、話を促す相槌だけで良いと伝えたことがある。

あなたには前にも伝えたことがあるけれども、他人にやらないことを私にするな、と。

友だちとの約束二日酔いからドタキャンしないのであれば、私にもするな、と。

同僚の真剣な話を「くだらない」と鼻で笑わないのなら、私のも笑うな、と。

私は毎回言わないが、いつも深く傷ついているのだよ。電話を切ったあとに何回泣いたことがあるか知らないでしょう。顔が見えないからこそ棘のように刺さる言葉もある。

脱線したので話を戻す。つまるところ、私が怒っている理由は下記の3点に集約される。

一番大きい理由は②である

 ①体調が悪いのに心配言葉をかけてくれなかった

 ②電話ガチャ切りした

 ③きちんとした謝罪言葉がない

こうやって書き出してみると今回の一件は日頃の怒りの爆発のきっかけにしか過ぎなかったような気もしている。

でも今回ばかりは私からさないし、謝らない。いつも私が折れて、そのたびに上下関係がよりはっきりとしたものになってきているのは私自身のせいであると思うからだ。こんなことで別れるお付き合いなら、お互いそんなものだったんだって諦めがつく気がする。

以上が私が怒っている理由文章化したものである

まず、あなはた私が怒り心頭に発していることに気付いていないようですが、無視が続いている=怒っているということに早く気付いてください。この鈍感野郎

外見の年齢差別

21歳が酒を飲むCMが、未成年飲酒がどーたらで差し止められたという話を聞いた。氷結の件だ。

この国では確か、お酒は20歳からだったと思うので、21歳が酒を飲む描写がどうおかしいかからないし、自分は、そもそも二次元キャラクタが酒を飲む描写が、仮にその主体未成年であっても、それを規制する無理があるのではないかという立場だ。殺人描写と同じで、違法であっても二次元の、物語の中の描写なら問題ないと思う。



さて、年齢はきちんと超えているはずなのになぜか文句を言われるというと、前にも増田に書いたが、自分は低身長男子であるが、「ある年齢以上であるべき場で、そう見えない人間はふさわしくないから出てくるな」という趣旨文句を言われてとても傷ついた経験がある。別に故意に「高校生らしい外見」とやらで無い状況にあったわけでもないのに。よくよく考えたら、昨今の18歳未満に「見える」女性AVなどに出る権利制限しようとする動きも、似たようなものなのではないかと思っていた。



そう思った時、今回の件との何らかの共通性を感じた。21歳が酒を飲むのすら、未成年飲酒助長どうこうと文句をつけられる。これはその二次元キャラクタが、「20未満に見える」からではないか



じゃあ、20歳未満に見えたら実際に成人していても酒を飲んではいけないかと言ったら、そんなことはないはずだ。しかし、前記の例のように、「見える」ことを矢鱈と重視する人もいるのだ。私はここに、「外見の年齢差別」を見出した。よくよく考えたら、今まで低身長であることを理由に、「幼く見えるから」と、いろいろと不適当な扱いを受けてきた気がするし、低身長仲間の友人なども男女問わずそういう傾向にあった。



それを考えれば、実際には20を超えているのに、というような例を放置しておけば、そのうち現実人間でも、どういう年齢で「見える」かによって人権制限されるのではないかという恐怖感を抱いた。というか、女性エロ方面活動では既にこういう動きがあるのだ。エスカレートすれば、そのうち18歳未満に見えるから選挙権が得られない、免許が取れない、などといた人権蹂躙に繋がるのではないか



外見が悪いことで差別を受けるのは、今まで所詮人間私的な取扱にとどまっていた。しかし、今の社会風潮だと、社会制度として、童顔だったり低身長だったりするものが、不利益を被る方向に悪化してしまうのではないか、と思った。



私は現在19歳であり、酒は当然飲まない。しかし、次の誕生日には20歳になり、法律的には飲めるようになる。しかしながら、では20歳になった瞬間に成人に「見える」ようになるかと言えば疑問である。もしかしたら、「見えない」から酒を売ってもらえないのかもしれない。そう感じさせる面が、件のCM撤回騒動にはあると感じられたのだ。今はまだ身分証明書があれば、「見えなく」ても成人は酒を買えるが、「見えない」人間が酒を飲む様がケシカランと思う人が増えて、社会的圧力をかけるようになれば、買えなくなるような社会が来ても可笑しくないような気はした。



勿論、未成年の戯言であり、大人の方々からしたらどういう心配だと言われそうだが、当事者若者としてはこう思った、ということである

ヒトラー安倍総理に媚びるテレ朝

ヒトラー安倍総理に媚びるテレ朝


オリバーストーン監督インタビュー安倍総理への批判がないのはおかしい。意図的に切られたのではないか。他局ではちゃんと安倍総理への批判をしている。「安倍総理憲法9条をなくそうとしたり、共謀罪を通そうとしている」としていたのに、ワイドスクランブルではそこはない。意図的カットしたのではないか

2017・1・19今日もまた安倍総理自民党による不正株価つり上げか。不景気なのに株価が上がるのはおかしい。

2017・1・19今日もまた安倍総理自民党による不正株価つり上げか。不景気なのに株価が上がるのはおかしい。

早野龍五のアウトリーチとやらはどちらかと言うとニセ科学である

http://anond.hatelabo.jp/20170109214808 のつづき

増田マークダウンに対応してほしい…。書きづらい…。

はじめに

前回の記事を書いて、数日はセルクマ+netcraft3さんのブクマだけだったので、うーんはてなでもこういうの受けが悪いのかと思っていたのだけれど、久しぶりに見たら結構伸びていた。どうせ批判コメしか本質関係ない、放射能アレルギー的なもの)にあふれていると思ったが、意外や意外、肯定意見建設的な批判が大半で、まだまだ日本インターネッツも捨てたものではないななどと思ったりした。

その中でも、common批判と、その他目についたコメントに対する返信をしたい。


また、以下の返信については、あくまでもコメントに対する返信であって、コメントをした人に対する(人格攻撃のつもりは一切ない。そう見えたのなら私の文章力問題だし、そもそもミスリーディング文章を書いたのが問題だろうと言われたらそれまでである。すいません。

(これだけ書いても多分ある程度の人は攻撃されたと感じてしまうのだと思う。文章力のせいだろうか。ちょっと申し訳ない)

Disclaimer

この文章は、あくまでも彼の主張の問題をつくだけのものである福島安全かどうかというのは全く別の問題であり、ここではそれに関する議論は一切しない。

これでも噛みつかれそうなので一応書いておくが、別に私自身は特に何かを避けているとかはない。単に面倒だからだ。

と書いたら、id:reijikanさんから『「単に面倒だからだ」ということだけれども、早野さんはその面倒なことをやっている。』というコメントを頂いてなるほど書き方が悪かったなと思った。

単に(面倒くさくてw)一言で面倒と言ってしまった私が悪いのだが、これは後半でも書いているように、「私は私の責任でもって積極的には気にしない」という選択肢を取っているということである。したがって、例えば乳幼児の親が放射能汚染に敏感になっていることを批判することは私には決してできない。そもそも上で挙げた資料には、誤差すら書いてないので原理的に批判はできないのであるが…。

また、早野氏がどれだけ何をしていようと、(これも語弊を招くかもしれないが)私には一切関係ない。また、彼の行っているその「アウトリーチ活動」とやらは科学世界と一切関係のないものであるというのが先の文章の主張である

TOC

科学者政治をしてはいかんのか

これは一番星を集めていたid:IkaMaruさんやid:njamotaさん、また「牧野さん政治発言繰り返してるじゃん…」とのトラバなど、結構たくさん頂いた指摘である

結論から言うと、もちろん科学者政治をするのはまこと結構なことである有馬氏など、日本科学行政にも科学者あがりの人は実際に何人かいる。政治発言にしたって、牧野さんが政治発言tweetするのも結構だし、M川さんが天皇制に反対するのも結構だし、xxさんが毛沢東と会って公安監視下に置かれたのもどうぞお好きにやってもらえればいいとしか言えない。外国でも例えばロシアのサハロフさんなんかは大変有名である(こう書くと業界極左ばっかのようだが、まぁそんなことはない) 。

というかそもそもよく考えたら私のこの文章だって見ようによっては部分的には政治的であると言えなくもないかもしれない。



私が問題だと思うのは、「科学発言の皮をかぶった政治発言である。そりゃあ(直接面識もないのにこんなに例に出しまくって申し訳ないが)牧野さんが集団的自衛権に反対しているのを見て「あぁなるほど天文学的には日本国9条を保持すべきなのか」と思う奴はこの世にいないだろう。こんなのは誰がどう見たって個人思想信条発言したに過ぎないと思うわけである。翻って見るに早野さんが「躊躇なくイエス」「どこにもない」「自信を持って言える」「間違っている」と繰り返したらどうか。(あぁ、http://bzfd.it/2jkl8zc からコピペしてめまいがしてきた…。)これを見て政治的発言だと思うやつは相当ひねくれているか科学知識を持っているかのどちらかである

もっと別の例を出そうか。いわゆるニセ科学、例えばなんとか水やなんとか菌のたぐいであるが、これにはほぼ必ずと言っていいほど「~博士」「~名誉教授」の肩書を持った人のコメントが寄せられている、ような気がする。人は一般に、そのような肩書があれば科学的に中立発言としてそのコメントを見てしまうということの証左であろう。「水素水で若返りました(65歳男性)」とは発言の重さが違うのだ。



(どうでもいいが、改めて上の記事を読んでみたがこれは本当にとんでもない記事である。『その批判、一部は当たっているんですよね。「あなたたちは、全員を測ったわけではないでしょう」「安全な人だけ選別しているのではないか。きっとどこかで高い人がいる」という点は特に当たっている。その通りだと思いました。』なんてバイアスがあるって言われただけなのにあたかも「とんでもないいちゃもんつけられたのに真摯対応するワタクシ!」みたいな感じに読めるし(というか下の論文読むまでこの文章が何言ってるかわからなかった)、そもそも「思想を語っているわけじゃない」とまで断言している。早野さんはサイコパスなんじゃないだろうか。正直言って恐怖を覚えた。)



私も、早野さんが(65歳男性)として発言する、あるいは「これはあくまでも政治的発言ですが」と断って発言するならば一切何も言わない。どうぞ好きにやってくれればいい。しかし、「科学者」の肩書を使って「絶対」というような非常に強い政治的発言を繰り返すのは看過できない科学者として発言するならば科学言葉を使わなければならない。



以上のような早野さんの言動は、日本インターネット界にいわば「放射脳叩き」をもたらした。そのせいで、親が我が子を心配するといったような基本的権利ですら危機に瀕している。少なくとも今私がここに書くくらい、公の場で福島関連を言うことははばかられるようになってしまった。このような恐ろしい事実鑑みるに、やはり私には早野さんの政治スタンスを認めることはできない。

論文を読むべき、バズフィードだけ見るなよ

私が前の記事で言いたかったのはあくまでも「アウトリーチ」としてのあり方なので、論文には言及しなかった。もちろんなにか「動物のふしぎ」だとか「宇宙のふしぎ」みたいな啓蒙書に対して統計要求するのは流石にやりすぎであるしかし、福島のような問題に対しては、アウトリーチですらも科学立脚した発言でなければならないと私は思っている。なぜなら、目に見えない不安に対抗する術として人類が編み出した方法こそが科学に他ならないかである。まずは、自然100%はないことから理解しなければ中世から進まない。



ところでid:njamotaさんが挙げてくださった論文 https://www.jstage.jst.go.jp/article/pjab/89/4/89_PJA8904B-01/_pdfせっかくだからとさっと見てみたが、どうやらこれはあくまでも生データをそのまま載せた論文であるようで、そこから先の議論はなかった。正直これで論文になるのかというのは私も少し驚いた(おそらく、やはり前回の予想通り、疫学調査では統計議論できるほど数がないからであろう。別に分野が違うから驚いただけで、ケチをつける意図はない)が、それ以前にそもそもSrに関してはmentionすらされていない。アンダーコントロール汚染水を垂れ流している以上、チェルノブイリ基準では問題ない、という結論で良いのかどうかはわからない。



(ただやっぱりFig.3, 5, 7にエラーバーがないのは絶対おかしいと思う。早野さんだって東大理物の学生実験でこんなグラフ見せられたら突き返すと思うよ…)



このレベル調査絶対安全という結論を導き出すのは、私には不可能である。ググったところこの論文聖典のように扱われているが、正直一体何がどうなっているんだ…という感じが拭えない。(しつこいが危ないと言っているわけではない。ただわからないと言っているだけである。)もっとも私は疫学など露とも知らないので、まあこれがどこまで確からいかconcludeすることはできないのだが、少なくともある種の統計分布仮定して有意性を出す、という(少なくとも私にとっての)conventionalな科学の枠内では捉えられなかった。有識者意見を聞きたい。

匿名で言うのはヤジにすぎない

おっしゃる通りだと思うが、私は牧野さんや押川さんほど社会的地位も無ければメンタルも強くないし、早野さんやそのゆかいな仲間たちほど厚顔無恥ではない。

おわりに

idコールしてごめんね。増田埋もれちゃうんで…。

あと日本語の読解間違ってたらすいません。やさしく教えてください。

他にも何かご意見感想あればブクマトラバで教えてね。

キングコング西野絵本を公開しそれに対する反応の件

キングコング西野絵本無料で公開しそれが話題になってるが、それに対する反応がどうもおかしい気がする…

クリエイター仕事価値・値段が相対的に下がるから正当な料金を請求しろという人が多いが、大前提としてクリエイターにたいして〇〇は無料で書いてくれたか無料で描けとかごねをこねて安くしろだとか言うユーザー問答無用で糞だと思うが

ただ、クリエイターが作った作品クリエイター自身が値段を決めるのであり、それが今回の場合無料にするなとごねをこねてるだけにしか見えない。ある種特大ブーメランを投げているようにしか見えないのだ

それに別に本や漫画イラスト素材に対しての需要がないわけではなく、ただ単に今までの人の上位互換が現れてるようにも見える。

西野の件に関して言及するのであれば、lineblogで他の製作者に対しての影響はなさそうだし、なおさらなぜここまで叩かれてるのかわからない

結局PokemonGoの規制と同じで一部ユーザー無料で描けとかいうやつ)が糞だから無料で公開してるやつ全部批判するみたいなように思えるのだが…

まとめとして結局、クリエイターが定めた値段に関して無料であろが有料であろうがその人はその人なりの価値観があるんだから格段言及すべきでないと思うのだが。

2017・1・19今日もまた安倍総理自民党による不正株価つり上げか。不景気なのに株価が上がるのはおかしい。

2017・1・19今日もまた安倍総理自民党による不正株価つり上げか。不景気なのに株価が上がるのはおかしい。

ヒトラー安倍総理に媚びるテレ朝

オリバーストーン監督インタビュー安倍総理への批判がないのはおかしい。意図的に切られたのではないかTBSNEWS23ではちゃんと安倍総理への批判をしている。「安倍総理憲法9条をなくそうとしたり、共謀罪を通そうとしている」としていたのに、ワイドスクランブルではそこはない。意図的カットしたのではないか

拝啓 校長先生 「これおかしくないですか?」

私一人では消化ができない事だったので増田で吐き出す。増田があってよかった。


テーマ

小学校ブラスバンド演奏会において「未就学児NG」問題について


増田プロフィール

現在、小6、小3、小1、年中の4人の子供と、子煩悩の夫と妻である私の6人家族

夫婦ともにフルタイム勤務。気性は、夫が温厚で私が喜怒哀楽がはっきりしているタイプ

現在、夫に不満はない。育児家事もとてもよく主体性をもって対応をしてくれている。

そのおかげもあり、夫婦の両親は遠方且つ高齢で頼る事はできないが、なんとかなっている。

夫婦音楽が好きで、ファミリー向けのコンサート家族で行く事もある。

夫は中高とブラバンアルトサックスをしていた。私は3歳からピアノエレクトーン声楽をしていた。

現在、小1・年中の子は、ピアノを習っている。

そして小3・6の子は、小学校ブラスバンド所属楽器演奏している。

ブラスバンド保護者活動は、メインが夫でサブが私という役割分担でしている。


ブラスバンドについて

うちの子が通う公立小学校では、小3からブラスバンドへの入会ができる。

小学校内の演奏会には入会児童の全員で演奏をするが、他校も出演するようなホールでの演奏会には高学年のみで演奏となる。

以前は毎年のようにコンクールに出場した入賞常連校だった。

しかし、現在指導者になってからは、年度初めのアンケートで出欠場を決定する事になった。直近3年はコンクールには出場していない。


テーマの経緯

近々ブラスバンドの大きな大きな演奏会がある。

そのチケット購入の際のやり取りがきっかけでこの匿名ダイアリーを書くに至っている。

この演奏会というのが、県の代表として1校だけが出演できる名誉ある演奏会らしい。

全国ではないらしいが、近隣の都道府県から数校が呼ばれているそうだ。

「らしい」というのは、そのような演奏会存在している事をまったく知らず、この度の出演が決まり初めてその存在知ったからだ。

オープンにされていない演奏会なのか、私が小学校ブラスバンド事情に疎いからなのかはわからない。とにかく初耳だった。

小学校最後の思い出として、この名誉ある演奏会へ出演ができるととても喜んでいる小6の子は、厳しい練習にも喜んで楽しく取り組んでいる。

そして演奏会には、家族みんなで鑑賞しにきて欲しいと自らお願いをしてきた程である。どれだけ楽しみにしているかがわかる。

小3の子は、小6の子の出場をうらやましがり、自分がまだ3年生で出演できない事を悔やんでいる。

仕方がない事だから、客席から家族みんなでそろって小6の子応援しようとなだめたりした。兎に角家族で楽しみにしている。

ここで少し話は飛ぶが。

クラシックなどのコンサートでは「未就学児はご遠慮ください」と規定されている事が多いのはご存じだろうか?

もちろん、私も知っている。演奏邪魔になる騒音を立てしまい、素晴らしい演奏台無しにしてはいけないからだ。

こんなのはあたりまえだ。誰だって知っている。一般常識といっても差し支えいかもしれない。

長い、長い前置きだった。

ここからが本題だ。


■本題

今回の名誉ある演奏会チケットは、出演校の関係者しか入手ができないシステムとなっている。

ブラスバンド顧問である音楽先生が主となって、ブラスバンド保護者会長が取りまとめを行いチケットを購入することとなった。


チケット購入用紙

 ・高校生以下 いくら  必要枚数記入

 ・大人    いくら  必要枚数記入

 ・合計    いくら    枚数  (未就学児はご遠慮ください)


そこで私は、客席から鑑賞をする家族分を用紙に記入して提出をした。

高校生以下3人、大人2人、出演者1人。未就学児である年中の子の分もチケット枚数に加えた。

その数日後、会長から私宛にメールが届いた。

私の主観で受け取ったメールを意訳すると「未就学児は不可ですが、チケット枚数に間違いはないですか?」というものだ。

私は、いくら名誉ある演奏会だと言っても小学生ブラスバンド行事である

世界に名を轟かすヴァイオリニスト演奏を聴きに行くA席やS席が1万円を超えるような格式のものでもない。

要は、騒ぐような子供は遠慮してねという事だと解釈した。

県や市の演奏会にも同様の記載が見受けられたが特に厳しく取り締まっているような事もない。

いつも通り、常識範囲で我が子の乳幼児が騒ぎそうであればロビーに退散し、ホールから漏れ聞こえる演奏くらいは聞くことができたからだ。

いつもの演奏会とは違うと言っても、優劣を競うコンクールでもない。

県の代表として恥ずかしくない演奏となるよう努力しているといっても、コンクールの金賞を勝ち取ったからこそ出演できるという類のものでもない。

からすれば、最高ランクコンサートホール演奏させて頂ける良い記念に残る程度の演奏会である

そして何より、幸いにも今年の開催ホールが近場であったという事である

記念なのだから小学校ブラスバンド活動の延長線上にあるものなのだから、当然、家族で鑑賞の権利があると解釈をしていた。

それが、だ。

いくつかのメールのやり取りを意訳すると「全国コンクール級の格式あるコンサートなので出演校どこも同条件で、未就学児は会場には入れません」という事だった。

これに対し、チケットの購入の締切もある事だし、減数するにもどういう組合せで鑑賞するのか等、今すぐの結論も出ないので、無駄になってもいいのでこの枚数でと申し込みをした。


結論

今回のこの未就学児NGというのは、あまりにも残酷に思える。

夫婦揃っての我が子の活躍生演奏で鑑賞できません。どちらかじゃんけんでお決めください。」

という事に他ならないと受け取れた。私自身がショックすぎて、小6の子にも伝えるにも言葉がなく、しばらくこの事実を伝えることができなかった。

開催地が遠方であれば、移動・宿泊費の問題もあり諦めもつくところなのかもしれない。

私自身の中で、幸いにもホールが近場であった事がより消化できない思いへと膨らんだことも理解しているつもりだ。

しかし、我が子の演奏を年齢という動かしようのない事情により家族そろって出向けない事に、私は疑問符をつけたい。

小6と言ってもまだまだ子である

晴れ舞台家族みんなに見てもらいたいと思うのは自然な事だと思う。

そして、忘れてはいけないのは年中の子の心情だ。

年齢ただ一つの為に家族活躍を見れないだけではなく、両親の片方に残念な思いをさせてしまうという事実だ。

仮に預け先を手配できたとしても、ひとり演奏を聴きに行けなかった事に対し悲しみが残るようにも思うのだ。

年中の子は、小6の子を慕っており、いつも演奏会を楽しみにしている。キラキラ光る大きな楽器をもって演奏している姿がカッコいいと誇らしく思っている。

からこそ親としても、いつも以上の活躍をしている小6の子の姿を年中の子にも見せてあげたかった。

小学校ブラスバンド演奏会において「未就学児NG」は本当に必要ルールなのかを問題提起したい。

ご一読、有難うございました。


(追記:2017.01.19夕方

書くだけ書いてスッキリしていたので、たくさんの反響をもらえて驚いている。有難うございます

厳しい批判が多いのは想定通りです。有意義なご意見、有難うございます

皆さんご存知の通り、コンサート会場にはチケットがないと入れません。

コンサート会場にさえ入れれば、ロビーホールで別れています

乳幼児が騒ぐ場合ロビーで過ごすのは、どのレベル演奏会でも厳守している事です。

ロビーで騒いでも、ホールでの演奏には大きな影響はありません。

また、騒ぎ方が度を超す場合は、いつもの小学校演奏会場合チケットがあれば再入場もできるように配慮をされています

ですので、コンサート会場を出て気分転換し、落ち着いたらまた戻ることも可能です。

子供の機嫌は、その時にならなければわかりません。

大人しい子も、落ち着きがない子も、その場に行くと、予想よりシッカリすることもあれば、異常なテンションになって騒ぎだすこともあります

保護者によっては、ホールに入れずにロビーにいるのが確定だからチケット代が無駄になるので、はなから諦めている方もいらっしゃいます

乳幼児は常に想定通りにはいかないものなので、その時々で、今回はずっとロビーにいて演奏は聞けなかったなと諦めもつます

今回は、そのチケットすら手に入らなかった事に憤りを感じたわけです。


しかし、皆さんのご意見を読ませて頂き、いくも反省しました。

有難うございました。

いわゆる南京大虐殺論争について

アパホテルやらかした。

っていうか、中国人観光客激増中でアパホテルに限らずよく今までに問題にならなかったもんだと思う。でも、韓国人だって従軍慰安婦などの問題があっても日本にたくさん観光に来てるから、多くの人にはあんまり関係ないのかもね。

 

南京大虐殺は、むかーし、個人的にかなり調べ上げてネットでよく議論してた経験がある。当時はよしりんだった。「戦争論」って著書がベストセラーになって、確か「新しい教科書つくる会」が世間を賑わせていた時期だったように思うけど、南京事件問題もかなり2ちゃんねるなどでヒートアップしていた。それ以前も、1980年代から教科書問題で幾度も議論を巻き起こしてきた問題である。なので、そのたびに議論が深まったかというと実はそんなことはあまりなくて、同じ議論蒸し返しのほうが圧倒的に多かったりする。今現在ですらも「当時南京市民は20万人しかいなかったのにどうして30万人も殺せるんだ?」みたいな事を言う人がなくならないって言うのがその象徴だろう。

 

からか、Wikipediaでも論争の内容や論争史がまとめられている項目なんかあったりする。

南京事件論争

南京事件論争史

 

発火点は日本からというのが定番で、南京事件については本格的には上のページにもあるとおり教科書誤報事件から始まっており、今回もまたか・・・って感じなのである。いわゆる保守右翼人達って、常に刺激を追い求めてでもいるんだろうか?と疑いを持ちたくなる。

 

ところで、南京事件論争って、やってみると分かるがそう簡単ではない。自分でも論争してた当時、様々な一般書籍を買ったり、図書館へ足繁く通い、資料を他の図書館から取り寄せたり、高い資料本を古書店を通じて仕入れたりと、結構な手間だった。流石に外国語資料までは手が出せなかったが、写真捏造疑惑を調べる為に1930年代アサヒグラフ図書館に無理言ってカラーコピーしてもらったのが懐かしい。ネット議論する為にスキャナまで買ったw OCR原稿読み取って長々と手修正加えたりしてたのが懐かしい。何れにしても、歴史問題を本格的にやろうと思ったら大変なんである

 

で、ほぼ大抵の場合右派はそんな手間はかけないんだな、これが。せいぜい市販本を鵜呑みにしてくる程度。当然のことながら、滅多な事で彼らはいわゆるサヨク側の本なんて読みもしないから(右派の本の1/10にも満たないだろうしね)、自身思想に都合のいい事だけが書いてある本などしか見てないか簡単に騙されてしまっている。あの当時何度「せめて中公文庫の秦先生の本くらい読めよ」って思ったことだろうか。その、近現代史で有名なあの秦先生ですらもおかしなことを言うくらい(秦郁彦氏の「スマイス調査(修正)」について)、南京事件議論ってば難しいのにね。

 

・・・とかつらつら思ってたら、「人工透析患者は殺せ!」で仕事失ったあの人まで参戦してきたみたいだね。どうしても一部の人は刺激に飢えているようで、困ったもんですね(やまもといちろうみたいな締めだなw)。

anond:20170119022623

存在理由も何も、元々はそういう箸にも棒にも掛からないつぶやきを吐き出すためのものでしょう

おもしろいことを言ってたくさん拡散されなきゃ意味がないなんて認識のほうがおかし

慶応大正・ショウワから伝統を考えてみた

昭和時代元号選択肢慶応まれはいなかったのか?

60年代から70年代まで慶応前生まれの人はかなりいた。にもかかわらず、生年の選択肢は「明・大・昭」のいずれかを選ぶことを強制していた。

そういったケースで慶応まれの人々はどれだけ不便を強いられたのだろうか。

雁垂ふたつを書いてなかにラテン文字でKOと書かされたのか、単にKとだけ書いていたのか今となっては確かめようがない。

ただ「普通の人」扱いでなかったことは容易に推察される。

明治以前/以後

なぜか同じ元号でも慶応以前と明治以降の扱いは格段に異なる。

公共放送において慶応以前には西暦を付すが、明治以降西暦換算を視聴者強要する。

これはおかしい。なぜなら、戸籍謄本には文政だの天保だの安政だのが当たり前に出てくるからだ。

伝統」を重んじる立場からは、戸籍同様和暦統一すべしとの異論が頻出するはずだからである

明治以前・以後で元号差別があってはならない。「伝統」を軽視しているとのそしりを免れないであろう。

今後某公共放送には和暦を使うのなら、和暦のみ(もちろん南朝年号北朝年号記載通り使用する)にするか、

西暦に絞るかのいずれか選択することを求める。

必然的に大化以前については「推古4年」のように表記することが「伝統」を重んじる立場からは望まれるはずである

考古学時代については持論は持ち合わせていないのであしからず

なお、宇宙関連の同じニュースの中で海外ロケット打ち上げ年を西暦で、

日本のそれを和暦で伝えるので時系列がわからなくなる点も指摘しておきたい。

意地悪なだけかもしれないが。

さらに細かいところを指摘するとその局の統計には昭和64年数字存在しない。

1989年数字平成元年に紛れ込ませているのだ。

昭和64年平成元年1989年であるが、この命題の逆は真ではない。

これを些末というなら、昭和平成の違いをことさらあげつらうこと自体否定することになり、

ひいては元号制の否定に繋がる。

元号制とは実にセンシティブ制度なのである


大正タイセイ

16世紀ベトナムにて大正という元号が使われていた。読み方は「タイセイとあるしかし、これはベトナム語発音ではあるまい。

ベトナムはもともと漢字圏に属していた。しかフランス植民地支配後はラテン文字使用するようになった。

これはロシア革命後にソビエトの「衛星国」と揶揄されたモンゴルが、モンゴル文字からキリル文字に切り替えた事例と似ている。

同じ漢字である大正」は二番煎じだったともいえよう。

ショウワ

「ショウワ」と読む元号は「正和」と「昭和」のふたつが存在する。漢字は同じものを使わないのが政府方針だそうだが、

読みについての規準はかなりゆるいようだ。したがって「タイカ」だろうが「メイジ」だろうが「ヘイセイ」だろうが字を変えればよいという向きも当然あると思う。

2010年代では「ヨウロウ」はやめた方がよいし「メイワ」は9年になると「迷惑年」になるのではずした方がよかろう。

文化の日」を「明治の日」にすべし、という意見もあるようだが、文化という年号歴史から抹消する意図がわからない。

応仁・文明の乱があるように「文明」も印象がよろしくない。

神武ベトナム使用済みである


おわりに

元号中国古典からある一節を抜き出し、そこから漢語となる二文字構成される。

明和昭和の出典は同じ一節であるが、選ばれた文字の組み合わせを変えたようだ

2017年1月19日現在日本企業が相次いで炎上している。その原因は東アジア近代史に関する認識の違いにあるようだ。

したがって漢籍から漢語を選ぶという作業にご納得いかぬ向きも少なからずいると思う。

前例にとらわれず、日本固有の「伝統」を重視する立場からは、当然日本古典から大和言葉元号とすべし、という意見も出てくるだろう。

個人としては、メートル法尺貫法が混在しているようで、頭の切り替えができないし、

時系列ニュースで混在していると大きな負荷がかかる。

元号方式システム障害を引き起こすリスクを、さらコストをかけて積極的にかかえる点で、合理的でないし、将来に禍根を残すだろう。cf.Y2K

かつて旧厚生省日本の将来人口予測する統計作成されたことがある。

そこに「昭和200年」という記載があった。

100歳を優に超える天皇10人程度(その頃の平均寿命20~30歳)いたのだから

20世紀天皇200歳を超えてまで健在と考えたのも無理からぬことであろう。

さらにいえば、元号制の実態西暦にもとづいたカレンダー和暦という装いを施した体裁だけのものともいえる。

昔、日本は最大のコスト(人的資本)をかけて、最小の便益を得るという経済原理にしたがって戦争を戦っていた。

元号もまたコストの最大化と便益の最小化という原理にしたがっている。

選択と集中を日々唱える方々もこの点では宗旨替えされているようだ。

西暦1年がキリスト生誕の年ではないことも、クリスマスイエス誕生日でないことも今や周知の事実である

宗教色が薄れた上、西暦共通言語である英語公用語化というならこちらにもご配慮いただきたいものである

官公庁においても生年の選択肢は「明治大正昭和平成西暦から選べる時代だ。

外務省発行の公文書たる旅券和暦記載は一切ない。

和暦西暦混同で、昨年渡航先で入国拒否されたとも聞く。

こうした不幸な事故を防ぐ意味でも「伝統」に拘泥するのはいかがなものだろうか。

90年代日本文書の規格がB5版からA4版に変わったことがあった。

B版は和紙の規格からまれ伝統であったにもかかわらず、国際標準のA版に合わせるためだった。

この動きに、伝統を重んじる立場から反対したという話はいまだ聞かない。


おまけ

そういえば前都知事が泊まったホテル領収書は印字されたもの西暦手書きのもの元号記載されていない和暦のものだった。

互助会はいると抜けるのが大変

明確な形で互助会に入ったつもりはなくて、最初目立ってるブログ肯定的コメントつけてただけなんだけど、その界隈の人からはすっかり仲間と思われてるからなにかとからまれる。

こっそりフェイドアウトしようとしても、Twitterと連動してたせいで垢バレてて、こんにちは最近ブコメしてないけど大丈夫?みたいな感じで絡まれる。あなたブログブクマしてないだけですよとは言いにくい。見ればわかるはずなのにそう思ってないのだから怖い。


医師恫喝してたブログ互助会的なコメントつけてる人批判されてて、私も気持ち悪いとは思うけど、同じように賛同コメントつけなかったら恫喝されるかも、という潜在的な恐怖心があって当たり障りのないコメントつけてても全く不思議ではないなと思う。

ブコメの人たち気軽にコメント書いてるけど、ここまでやばめ人相手だと、迂闊なコメントは控えた方が良いのではないだろうか。誰がターゲットになってもおかしくはない。私はブコメですら関わり合いになりたくない

http://anond.hatelabo.jp/20170119000305

インフレを最も必要としているのは国家肥大化させようとする人たちですよね

最小国家主義者規制緩和観点から国家肥大化抑制観点からも、

最低賃金の無理な上昇を批判するのは、頭がおかしいと言われるほど論理破綻していないと思います



まぁ、言いたいのは「最小国家主義者は頭がおかしい」なんでしょうが

それはこのエントリ趣旨からは外れていきますし、もう夜も遅いのでまたどこかで

[]

闇の公子を読んだ。愛と憎しみが織りなす、絢爛たる勧善懲悪物語だった。出てくる人物美男美女オンパレードだったかちょっとお腹いっぱい。

大別して三章からなる今作。それぞれの章なり部で主要な登場人物は移り変わっていくんだけど、物語全体を通しての主人公はやっぱり闇の公子たるアズュラーンなんだと思う。

地底の都を統べる妖魔の王たる人物なんだけど、少々いたずらが過ぎる。たびたび地上に出てきては国を傾けたり、呪物を差し向けて混乱を引き起こしたりして、大勢の人の生を翻弄結果的殺戮して回ってる。

神にも等しい力を有しているのに、夢から地底に迷い込んできた魂を相手に狩りを行ったり、とある人間女性を誘惑しようとして三回失敗した挙句彼女と夫と子供たちをしつこく呪ったりする。

やんごとなき御方なんだけど、しょうもないところが多い人物でもあると思った。

でも天上の神々と比べたり、とある吟遊詩人予言じみた唄を聞いて不安垣間見せたり、なんか格好つけた自己犠牲世界を救っちゃったりするのを見せつけられると、憎めなくなる。

小説最後なんか、アズュラーンの復活により束の間の平穏享受していた世界に再び嵐が生じる兆しが描かれてるんだけど、行間からにおい立つ何とも言えない爽やかさのせいで読んでてニヤニヤしてしまった。

カジールとフェラジンの恋路を邪魔したり、ビネス一家に辛苦を味合わせたりした場面では眉間にしわが寄ってしまったけど、自らが蒔いた悪事の種が芽吹いたせいで愛する世界が壊れそうになった時に見せた姿とか、滑稽すぎて愛着が湧いてきてしまった。

本当にしょうもない人だと思う。とんでもない御仁なんだけど。

公子以外にも素敵な登場人物はたくさんいて、先にも挙げたカジールとフェラジンのその後とかほのぼのしていそうでほっこりする。シザエルとドリザエルの二人も、魂の平穏を得たことで幸せに暮せたんだろうなあと思いたい。

つの章の構成について。どれも悪が負ける物語になっているんだけど、アズュラーンの視点から見ると、第一章では自分自身主体になった悪が負けていた。

第二章では自らが蒔いた悪がどのように人々の間を渡り歩くかを描いていて、第三章では自分面白おかしくまき散らしてまわった悪によって手を噛まれるっていう展開が描かれていたように思う。

それぞれ悪の捉え方や切り取り方が違っていて面白かった。アズュラーンの狡猾さや執念深さ、冷酷さを際立たせるとともに、彼に立ち向かう人々の輝きをうまく描いていた。

人々の生き様に関してだと特に二章が印象的だった。魔性女王ゾラヤスは、最後に結局悪として敗れてしまうのだけれど、彼女の憎しみや悲しみ自体には理解できるところがあるのがほろ苦かった。

彼女が死に負けるまで、ありとあらゆるものに勝ち続けなければならない人生を歩く羽目になってしまったのは、はたして運命だったのかどうか。

優しさがうまく機能しなかったり、色んなことのタイミングが悪かったりした十代のころ、彼女のもとにアズュラーンは現れなかったことを考えるとなんかいろいろ胸に迫る。

文章としては重厚かつ絢爛で耽美文章がずしんと腹にくる小説でした。性愛に関する大らかな受容性と、こってりした文章に慣れることができればがんがん読み進められる物語だと思う。

ただ、たて続けに二冊はつらいかなあ。死の王はまた今度にしようと思う。

http://anond.hatelabo.jp/20170118234026

はぁ?その挙句の果てが、今のデフレ賞賛ってか。

おかしいんじゃねぇの?

2017-01-18

明日部下を一人クビにせなならん

あー嫌だ嫌だ

俺は人に何かキツイ事を言うのは苦手なんだよ

どっか他の部署の人が拾ってくれねーかなと思ったんだけど無理だった

体力あるけど頭悪いし視野が狭いし

なんかこれだと思いこんだら一人で手遅れになるところまで勝手に進むからクビにするしかないんだけどさー

いつも客に勝手にいらんことして進むんだから退職届とか勝手に書いて持って来てくれないかな?

いらんことはするくせにこっちに都合の良いことは勝手にはやらないっておかしいだろ?

いつもみたいに確認せず黙って勝手に動けよ

黙って勝手退職届書いて俺の机に置いて消えてくれ

お前のせいで始末書を8回書いたし客を二回失ったし業務変えも3回もしてやったよな?

しかもお前がやりたいって言った仕事を割り振ってやったよな

俺は今までどれだけてめーの為に動いてやったんだ

俺の結婚式とかも呼んでやったしフットサルとかベーゴマとか教えてやったじゃん

最後くらい俺のためになる事して消えてくれ

生活保護仕事をなめんなよ

http://nariblog.com/seikatsuhogo-namennna/

現役のケースワーカー(※生活保護担当職員のこと。受給者支援保護給付します)です。

眠いので、細かな数字とかは割愛して、書きたいことだけ書きます。乱筆乱文本当に失礼します。

後日余裕があったら、細かなエビデンスとかを挙げます文体も訂正するかもです。


上記の論点は、1.「不正需給を許さない」という主張は正しいか問題ない、2.ジャンパーに至った経緯(切り付け事件)を考慮しないのはおかしい、であります


1については、「不正受給を許さない」ということは当たり前なので、言うまでもないことです。ですが、何もそれを日常業務特に受給世帯の方々と接するときに)にあえて前面に主張する必要もないでしょう。

2についてもマスコミ報道が背景に迫らず、現象だけを追っている批判妥当だとは思います

ですが、「切り付け」られた→なめんなジャンパーというのは短絡的すぎませんかね?


私が一番に違和感を感じるのは、この主張に保護受給者の心情とケースワーカー行政)の立場関係性が抜け落ちている点です。


良いですか?もしも、あなた生活に困って支援を求め、保護受給した立場だったら?

ジャンバーに①「不正受給は許さない」と書かれたケースワーカーと、②「あなたを精一杯に助けます」と書かれたケースワーカがいたとして、どちらを信頼しますか?①のようなケースワーカー自分のことを正直に話して、アドバイスを受けて、素直に従う気持ちになれますか?


ケースワーカー仕事受給者の方との信頼関係を構築することが求められます

これは非常に重要です。これがなかったら仕事になりません。信頼関係が気づけなかったら、支援なんてできません。誰だって信頼できない人の意見を素直によく聞こうなんて思わないでしょ。


不正受給と言いますが、全体の保護費総額のコンマ数%の世界です。さら不正受給の多くは、面倒くさがって(あわよくばという気持ちもあるとは思いますが。。)収入の申告を怠っていたくらいのもので、悪質と言えるものさらに僅かなものになります。(不正受給が良いと言っているわけではありません。)

ちょっと解説しますと、生活保護は足りない部分を補う制度なので、収入があったら申告してもらい、その分保護費を減額する必要があります


私の意見ですが、今回の事件の何が一番不適切かということ、受給者の方を委縮させ、信頼関係を損ねるようなことをして、ケースワーカー自らが自分仕事をやりづらくしているということです。

自分の首を絞めていることに福祉事務所の誰も気づかないなんて、「ばか」ですよね。


彼らに言いたいです。

生活保護仕事をなめんなよ。」

フランス人から見て日本の女がどうこうとかいう話

フランス人から見たら日本女性不思議だ」

http://toyokeizai.net/articles/-/153455



今日フランス人に聞いてみた。

雑談のついでに振った話なので超ざっくりだが、面白い話があったのでメモ



まず

結婚をしなくても、ただ単にカップルでいるというステータス法律で認められており「Concubinage(コンクビナージュ)」と呼ばれている

これは嘘っぽい。

法律的に認められているのは2ページで語られているパックス普通結婚のみで、

「Concubinage(コンクビナージュ)」は日本の「内縁」や「同棲」とおなじとのこと。

うっわ、やっぱ嘘かよ。こういうこと平気でやるから出羽守は胡散臭えんだよ。

そこから記事の内容を一頻り説明したところで彼らから結論

"Ça dépend"(人による)

とのこと。

一概にフランス人からこうだというのはナンセンスだという話になった。

まあ主語が大きいってやつだな。

こういうところで、出羽守たかが知れるもんだわなあ。



ただ話していくうちに面白い話になった。

日本女子高生神話はあり得ない、キモい、という話だ。



「まあ確かに女子高生高校生女子ってのは毎朝通勤途中に見かけるけど、初々しいし"KAWAÏÏ"ね。

 だけどカワイイってだけだろ。子どもだぜ?援助交際?ッッブーーーーー!!!おならの口マネみたいな音)

 日本人女性には魅力的な人が大勢いるのに、なんだって女子高生ばっかりが価値があるってなるの?意味カンネ!!」




大意だが、そんな感じの話でゲラゲラ笑ってたわ。

で、30過ぎたらオバサン(femme périmé=賞味期限切れの女)とかお前ら日本人は大概だな、とも言われた。



今日の話を私の考えて個人的にまとめると、

日本人は「若ければ若いほど良い」という考え方が、日本人おかしな点ではないかということ。

まあこれもN=3の話なので主語巨大化は厳禁だが。

ただ、日本人は軽く"pédophile"(ペドフィリア)入ってるよね、というありがたいご指摘を頂いたことはここにご報告申し上げたい。

現場からは以上です。

はてブ若者がいないって言われた

はてブ話題になってたと言っても、え?とか、ん?とかの表情をされる。

これがよく分からない。はてブってもっと知られてるよね?

特に若い人にはてブの話をすると、なにそれ?って反応ばかり。

まるで、はてブを見てるのが時代遅れみたいな反応があるんだけど、

それは、はてブを知らないほうがおかしいと思ってる。

こう思ってしまうのが、時代遅れはてブにしがみつくしかない古い世代とか?

それは、悲しいことだと思うんだけど。

時代の変わり目ってのは、旧世代が変わることを意気地になって認めないもの

言われてしまったらどうしようという気もある。

悲報はてなアイドル「ヒトデ祭り」がお金のために「ステマ祭り

もはやはてな随一といってもいい100万PV収益100万over超人ブロガーヒトデ氏。

私も拝読させて頂き陰ながら応援していたのだが最近少々様子がおかしいようで。

直近に公開された2記事はどちらも「マンガワン」というスマホアプリに関するもの

http://megalodon.jp/2017-0118-2134-07/www.hitode-festival.com/entry/2017/01/13/223917 ←サツリクルートという漫画の紹介記事

http://megalodon.jp/2017-0118-2132-38/www.hitode-festival.com/entry/2017/01/18/202053圧勝という漫画の紹介記事

昨今の無断転載キュレーション問題意識してか「"画像使用許可を頂いている"」と明言しており、それは健全で素晴らしいことのように思える。

しか

1."画像使用許可を得ている"なら作者だけでなく小学館とも繋がっているはずであり、

2.マンガワンアプリDLボタンには当然のようにアフィリンクがついているのに

3."ちなみに僕はマンガワンの回し物ではございません;; 連発してごめんち"

というのは無理がないだろうか。

アフィ自体が悪いとは思わないが、

ヒトデ氏はつい先日も実写化咲-saki-」について”アマゾンプライムなら無料で見られる"という謎理論を展開したりと

アフィ収入のためなら手段を選ばないアフィカス化が進行しているように思う。

文章書くのが楽しいといって皆を楽しませてくれたあの頃のヒトデ氏が帰ってくることを一ファンとして心より願っている。

追伸

"サツリクルート以外にも面白い漫画マジで大量にあるし、「うしじま君」とか「MAJOR」みたいな有名所も読めるんでマジでイチオシです"

と書いているが、マンガワンのMAJORは去年で掲載が終了している。

その程度の認識のヒトデ氏にアプリステマを依頼するマンガワンにも問題はあるのかもしれない

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん