「企業」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 企業とは

2017-01-23

こんな学生、いりません

就活生の皆さん、お疲れ様です。

もうとっくに始まってる人、決まっちゃった人、最近始めたばかりの人、もっとからだと思ってた人、色々いると思います

はいわゆるクリエイター系の会社で働いている者ですが、自分経験やこれまで出会ってきた学生さんのことを思い出しながら、



こんな学生、いらないです



と思われてしまうケースをいくつか紹介したいと思います



何も作ってない

クリエイター職を目指してるのに、何も成果物がないというのはだいたいその時点でおしまいです。

学生時代社会人になってからに比べ、自分時間が非常に多いのです。

そんな膨大な時間があるのに何の成果物も作れなかった人が、プロで何か作れるなんて思えないわけです。



具体的なビジョンがない

「すごいものを作りたいです」とか言っちゃう人のことです。

「すごいもの」とは何でしょうか。もっと具体的に言えないと何も伝わらないのです。

自分のなりたい道、作りたいもの、それらを具体的にはっきり言える人しか企業としても雇う余裕はないのです。



インプットが足りない

ディズニーで働きたい」という人がウォルト・ディズニーを知らないとか、ミッキーマウスを知らないとか、

任天堂で働きたい」という人がマリオを知らないとか、宮本茂さんを知らないとか、横井軍平さんを知らないとか、

極論で言うとそういう類の話になります

本当に好きなものって、ほっといてもいろいろ調べて、触れて、気がつけば膨大なインプットが溜まっているものなのです。

そして、アウトプットするものは大概、インプットした範囲の中からまれます

インプット量が足りない、質が足りない、そういう人に良いアウトプットを期待できないのです。


実績・経歴を勘違いしている

クラスで一番でした!」「校内の○○で○○賞を取りました!」

どうでもいいです。

あなたクラスレベルも、あなた学校レベルも、そしてその成績や審査基準も、外からではほとんどわかりません。

公的な場でのコンテスト等であれば、全国を相手に勝ち取ったものですから「なるほどすごい」となるのですが、

自分所属している組織の中での受賞だの何だのと言われても、それにどれだけの価値があるのかわからないのです。

言い方が厳しいかもしれませんが、学校の外で実績を上げていないのに学校内の自慢話ばかりされると、「サル山の大将かな?」としか思えないのです。



友人が多いことは良いことだと無条件に信じている

これは上の話とも関係があります

学校で友人が多い、それは良いことだと思われがちですが、

「友人ではなく取り巻きじゃないの?それ」とか、「友達付き合いという言葉で抜け駆けを阻止してる」とか、

まり良い影響になっているとは思えないケースも散見します。

特にこれは、あなたあなたの友人がサル山の大将であると、陥る可能性が高いです。

これは一つの例ですが、サル山の大将だった学生さんに友人を紹介してもらっても、一定レベルを超えられていない方ばかりだった事がありました。

そしてなんとその友人グループは、学校内では上位グループだったというのです。

まり井の中の蛙が集まって、出来るやつを気取っていたという恐ろしい現象が起きていたのでした。



攻める姿勢がない

自分の作ったものを、コンテストに出せるタイミングだったのに出してない、とか

作っている作品は多いのに、外に向かって公開するのは恥ずかしいと言って公開していない、とか

社会人になったら、自分の作ったものを外に出すことでお金をいただくようになるのですから

学生のうちとはいえ過度に躊躇ってしまっているのを見ると、採用して良いものか迷ってしまます

多少作るものクオリティが低くても、突っ込める戦場があると見るや突撃していく人のほうが好感度が高いです。

ちなみに、自分の作ったものを世に出すことを躊躇う人にありがちな言い訳として

「まだ外に出せるレベルじゃないので……」

という言葉はよく聴きますが、大丈夫!そんなことを言う人はだいたい卒業するまで何も外に出さないままです!さようなら



お金をいただく、ということに嫌悪感を持っている

自分の作ったものフリーで配布したことしか無いタイプの人によくあります

学生のうちに自分作品お金を稼いでみる、というのはクリエイターとして大きな経験値になります

しかし、「これはお金を取るために作ってたわけでもないので……」と、お金を取ることに消極的になる人は少なくありません。

もちろん、全部が全部お金を取れと言っているわけではありません。

問題は「創作物の対価としてお金をいただく」という行為ネガティブ気持ちを抱いてしまっていないか、ということです。

そういう人には職業としてのクリエイターは向いていないので、気持ちをちゃんと変えるか、いち趣味にしていくことを決断したほうが良いと思います





最後

正直な話、ここに書いたことをやらかししまっている学生さんでも、夢見ていた業界就職できる人は居ます

たくさん居ます


就職」がゴールであれば、それでハッピーエンドです。


しかし、これらの項目に当てはまり、かつ直さなければいけない部分があると自覚できないまま就職・出社すると、

ほぼ間違いなく大変な社会人生活を送ることになります

そうしてクリエイターとしても再起不能状態業界を去っていく新人さんを、何人も見てきました。

かわいそうだと思いますが、大体は自業自得ですし、社会人になると親身に助けてくれる人も殆ど居ません。

そういう事にはならないでほしいなー、と強く思います

転職ドラフト登録してるエンジニアが期待していること

正直、先にお賃金の話をしたいというのが一番大きい。

なので、カジュアル面談(もしくはその面談後)ぐらいの段階で「これこれこういう経歴でこれをやってるこの人は今いくらいくらもらってる、あなたはこれこれこういう理由でこれくらいの年収で雇いたい」みたいな情報が得られれば、何もあんなに企業側にリスクが大きいサービス指名をしてもらわなくても済むのでは。

あと、面接でのアピールが苦手な人ほど転職ドラフトみたいなサービスはありがたく感じると思う。たいていプログラムを書ける人は文章もそれなりに書けるはずなので、面接よりもレジュメ作成の方が得意であることが多い。

2017-01-22

親と絶縁してる人って少数だよね?

つらつらと愚痴ってみる。

自分スペックは大体こんな感じだけど、これで親と絶縁してるのは

人として冷酷なのかな。。

父:田舎出身非正規年収200万程度、高卒自己破産経験あり。

母:同じく田舎出身パート高卒離婚歴ありで、前夫との間に知的障害の連れ子(義兄)あり

自分:田舎まれ大学から都内国立大大手企業勤めで都内在住。今年で30才

結婚するときには確実にマイナスしかないし、利己的に考えると、

法的に絶縁したいのが本音(法律上できないが。)

父親学歴コンプレックスがあるせいか、「東大卒がり勉なだけで、俺のほうが仕事ができる」といってこっちに学歴コンプレックスまき散らすし、

母親は「あんたの人生から好きにしていいけど、義兄ちゃんはかわいそうだから面倒みなきゃ」と暗に兄弟から

世話をしろと言ってくる。

2人とも、「今まで育ててやったんだから子供のお前が親の面倒を見るのは当然」という態度だけで、

本当に嫌になる。

こんなことをここで愚痴ってるのは、今付き合っている彼女結婚したいんだけど、

こんな不良債権負ってることが分かって引かれたくはないんだよねw

周りの友達見てても、きちんとした家族を持つ者同士が結婚していて、

そういう人と自分を比べると理不尽すぎてマジできつい。

俺と同じ境遇の人ってやっぱそんないないよね。。

http://anond.hatelabo.jp/20170122212257

いや西野最初から無償化宣伝目的だって言ってる上に全ての作品無償化するとは言ってないだろ。なんでそれでダンピングが起こると思うわけ?

クリエイター立場なら宣伝する大切さ知ってるだろ?お前は無償化して宣伝する手法すら否定するわけ?今時「絵本で、映画で、漫画で、音楽で儲ける必要がある人」もネット活用して無料化して宣伝してるよ?

あほか?0か1かでしか思考できないアホなのか?




まあ、こういう考えのやつって最近ネット流行りの「金を払うことは尊い」的な考えに過剰に触発されて、「無料サービス享受すること=悪」という単純思考に陥ってるアホばっかだし、例えばフリーミアムについてもそうだし、この例でいうと、いか広告宣伝を上手くやるかについても一切頭を使ったことがない奴なんだろうな。

広告宣伝にかかる費用効果を一切考慮せず、「無料化は悪だー」という短絡思考ネット活用したしっかりした企業個人無料化を上手く使って上手に宣伝してますけど?お前もネットやってるんならその恩恵に確実に出会ってますけど?っていう。で、対価を払うこと無くコンテンツだけ享受してる場面はネットやってれば往々にしてありますけど?っていう。

「生きるために必要もの」を得るために真剣に考えてる人たちが自分商品宣伝することを疎かにしてると思うか?今時SNSでの告知だけで自分コンテンツ消費者が到達するとでも思ってんのか?

クリエイターが物作ってかるーく宣伝すれば客がほいほい見に来てくれるとでも思ってるんだろうか。コンテンツを先に客に知っておいてもらうことの重要性も知らないんだろうか。こういう人って。

これで「世の中知ってる・現実的な物の見方ができてる労働者ヅラして社会システムについて語ってるのが笑える。

例のお金奴隷開放宣言と金融・決済業界の今後

例の人の発言作品を作って売って生活している人からすりゃあたまったもんじゃないでしょうね。


そりゃお前はお笑い芸人として稼いでいるし、絵本収入がなくなったところで何も問題ないだろうが。

こっちは作品作って、見てもらって、気に入ったら買ってもらって、それで生活してるんだよ。

お前みたいに名前売るためだけに絵本売って、その知名度とか高感度活かして本職の芸人で稼げるヤツとは違うんだよ。

外様勝手にやってきて業界のこと生意気に語ってんじゃねーよこの野郎


……っていうのが、まさに今流行りのFinTechフィンテック)で起こっていることなんだなぁと。


そりゃお前はアプリ広告や購買データ販売ネット通販で稼いでるし、決済手数料がなくなったところで何も問題ないだろうが。

こっちは口座管理して、信用確認して、複数金融・決済会社とつなげるネットワーク作って、それを使ってもらった手数料生活してんだよ。

お前みたいにビッグデータ手に入れるためだけに金融入ってきて、その知名度情報技術活かして本職のネット通販で稼いでるヤツとは違うんだよ。

外様勝手にやってきて業界のこと生意気に語ってんじゃねーよこの野郎


利用者からすりゃ結果がすべてですよ。

「紙の本買わなくても、ネットでタダで読めるんだやったー」だし、

「振込手数料負担しなくても、個人間で資金移動できるんだやったー」ですよ。


外様からできることなんですよ。

絵本で、映画で、漫画で、音楽で儲ける必要がない人たちだから

決済手数料で、個人間送金で儲ける必要がない人たちだから


今の業界に入り込むスキがあるからできることなんですよ。

要は作者~読者を繋げりゃいいんでしょ? じゃあPixivで、ニコニコで、なろうで。基本無料にして、他の儲け方考えるわ。

要は人とお金商品が繋がりゃいいんでしょ? じゃあ個人間送金は無料で、他の儲け方考えるわ。


ってことなんですよ。


ビジネスとして「印税」「手数料」を収益源として見込んでないから。

からお金奴隷解放宣言」、「印税奴隷解放宣言」、「手数料奴隷解放宣言」ができるわけですよ。(開放宣言の人は他の仕事で稼いでいるからですけど。)


から、今回のお金奴隷解放自分の属している業界に置き換えて考えてみるといいと思います


(以下蛇足

とは言え大手の人って「ワシらは長いことかけて築き上げてきた信用と実績があるからな。手数料は信頼代や。外様なんか相手にする必要ねーわ」とFinTech企業相手にしてないところが多いですね。

で、お前の言うその信用ってお前が築いたもんなん? お前はその信用を維持するために何をしてきたん? 先代の築いた信用に居座ってるだけじゃないですよね?

という感じですよ。


でも、創作している人らをバカにしたような発言をしたアイツは許さない。

カネを取ることは悪じゃねーんだよ。生きるために必要ことなんだよ。

作品の人気、作家としての信用は紛れもなくその人自身が築き上げたものなんだよ。あの人らはマジで作品作りを中心に生きているんだよ。

……あなた達はもう少し上手に生きてください。

たとえば俺はキリスト教を信じていないが、

敬虔キリスト教徒経営する企業サービスを受けたら、

キリスト教信者だと見なされ、言いふらされるわけか。

わくわくするね。

http://anond.hatelabo.jp/20170122164242

外交上手で健康なら学歴はどうでもいいよ。

経済学博士を持ってた人が経済担当大臣になって日本をどうしたか、まだ覚えてるからね。

まああの人、汚職話題になった大阪大学だったかダメだったのかもしれないけど。

大阪ハシシタも出すし、企業不正するし、生活保護不正受給するし、ろくでもないからな。

http://anond.hatelabo.jp/20170122142654

なんで関係ない企業のお前のために守衛さんが土日も出なきゃならんのよ

駐車場シェアリングサービスへの要望

試験会場近辺のユーザーを増やしてほしい。

資格試験は土日実施が多い。

大抵の試験会場は駐車禁止で、公共交通機関をご利用くださいって書いてある。

まわりにある、クリニック、歯科医院、企業は土日休み駐車場が開いている。

止めれるじゃん・・・

こっちは、試験のために多くの犠牲を払っているんだし、

金を払ってでも、会場近くの駐車場に止めたいと思っている。

地方だと会場近くに有料の駐車場なんてないんだよ・・・

どの駐車場シェアリングサービスでもいいので

私の願いを叶えてください。

http://anond.hatelabo.jp/20170121222330

転職会議の話だけど、昔いたブラック会社の評判を定点観測してたけど

悪い評判(しかなかった)が消えてた。

企業が依頼したのかユーザーが消したのかはわからないが。

オートサロンかわいい娘へったな

イマドキの若い子は性やかわいさが一般企業でも武器になるとわかってるか、風俗でがっつり稼いでやろという合理性を持ってるからなぁ

半端なサロンに行っても、意味ないとわかってるんだろう

2017-01-21

転職ドラフトについて

転職ドラフト興味本位登録したのですが、自分現在年収 + 250万円の額がいきなり提示されて、驚きました。これまでやってきたことやGithubアカウントなどは公開しているので、やみくもに提示してこられたという感覚はありません。エンジニアとして良い評価を頂けて嬉しいです。

一方、自社でこのような昇給可能か考えると、(これまでの給与改定を踏まえるて考えると)250万円の昇給はあり得ません。100万の昇給でさえ夢のまた夢です。

そもそもの業績が悪く、どうしようもないベンチャー企業なのであれば、しょうがないでしょう。それでも夢を持って頑張るか、素直にオファーに応じて転職するだけです。

しかし、業界での知名度黒字化へそれなりに順調に進んでいるところを見ると、どうしようもないベンチャー企業だとは思えません。転職ドラフトで自社が投げているオファーを眺めていると、自分が受けたオファーと同じような額はもちろん、それ以上の額が、スター級ではないそこそこのエンジニアに対して提示されています。もちろん、外から見える公開情報だけでスター級ではないと判断するのは難しいのですが、そこに書かれた経験を信じるのであれば、私とそれほど変わりありません。

すでに自社で貢献しているはずの私の昇給が難しく、ブログ記事記事分程度のレジュメを公開しているどこかのエンジニアにはまともな給料を出せる。

一方で私も、ブログ記事記事分くらいのレジュメを公開してみれば、いとも簡単にまともな給料オファーがもらえる。

これを読んでいる方には自分に置き換えて考えてほしいです。

まりにも馬鹿馬鹿しくありませんか?

こうなってしまうと、自社での活躍よりも、できるだけ企業を選別しながら転々とすることを考えた方がお金は稼げますエンジニアに求められるのは、そこそこのスキルと、レジュメ作成能力、そして給料を引き上げるための転職を実際に2回も3回もすることです。

私は本当に今の会社が好きです。今の会社からもらえる給料いくらか安くても我慢できます

しかし、自社への貢献が昇給につながらず、自分より後に入ったそれほど優秀でもないエンジニアが高い報酬をもらうようなことになれば、さすがに今の自分待遇には納得できません。

会社社員の労に報いることを忘れていては、会社には金が欲しいだけの傭兵ジョブホッパーばかりになり、それこそWantedlyに書かれているような高らかなビジョン共感する者は一人もいなくなるのではないでしょうか。

転職ドラフト実在サービスですが、フィクションとして読んで下さい(体験談風に書いていますが)。こういったことはたくさん起きているのではないかなという妄想です。

http://anond.hatelabo.jp/20170121171426

就活自体自分に合わない・もしくはブラック企業しか受けてなかったら内定取れてもアウトというクソゲーから

内定複数貰って駄目な方選んじゃってもアウトだし

価格競争が悪なのだろうか?

無料公開」によって市場崩壊する理由解説したイラスト話題に ソシャゲー、ユニクロweb漫画いらすとやダンピングによって壊れる日本

https://togetter.com/li/1072368


記事をまとめると

企業低価格サービス提供すると業界シュリンクする。

そんなことをする企業は悪だ。

選択する側は消費者

この記事内での「低価格サービス提供している企業が」という風潮に違和感を感じました。

政治国民を映す鏡」という言葉があるが、「企業消費者を写す鏡」であると私は思います

大きな企業消費者ニーズを満たすのではなく、消費者ニーズを満たした企業が大きく成長します。決して逆ではありません。

低価格サービス提供する企業けしからん」と言いながら、ユニクロしまむらで服を着て、IKEYAの家具を使い、ディスカウントストアで買い物をし、メルカリ古着を探し、LCC旅行をする。

矛盾しているのではないでしょうか。いつだって選択権は消費者にあり、選択を行っているのは私たち自身なのですから

競争が悪いことなのでしょうか?

ピークを迎えた産業が次に待ち受けるのは、激しい生存競争です。

様々な差別化価格競争で生き残ろうと、企業店舗個人がしのぎを削り合います

そこに対応できなかった者から順に淘汰されていきます

「行き過ぎた競争産業寿命を縮める」というのも事実かもしれないません。

しかしながら、遅かれ早かれ寿命はいつか尽きます。結局のところ「〇〇が業界を壊す」と言うのは淘汰される側の言い分でしかない様に感じます


イラストレーターデザイナーが苦しい根本的な理由

最近アニメ業界デザイン業界のいわゆる中の人の「悲鳴」が取り上げられています

これらの業界は、少し調べたら分かるほど「悲惨」としか言いようがありません。

しかし「不当な評価」「搾取」という言い分は、はたして本当にそうなのでしょうか?

数字が語るこの市場の深層【デザイン市場

http://j-net21.smrj.go.jp/establish/columninterview/column/gyokai/20130108.html

この資料によるとデザイン市場は四半期で140億 その内約半数がグラフィックデザイン市場

まり70億*4=280億が年間グラフィックデザイン市場規模だと考えられます

対して業界就業人数はというと

グラフィックデザイナー人口ってどれくらい?

https://www.d3d.jp/info/archives/531

正確なグラフィックデザイナー人口は算出されておらず、推測の域を出ないのですが、

今回は記事内の書かれていた

デザイン会社従業員32000名

・予想人数10万人

の2つの数字を参考にしてさせてもらいます

まり1人当たりの年間の売上は

就業人数が32,000なら、84万円

100,000人なら、たった27万円です。

気付かれたと思いますが、市場規模に対して就業人数が多すぎます

イラストレーターを苦しめるのは、イラストレーター自身ではないでしょうか。

まれてきてごめんなさいではないが、イラストレーターになってごめんなさい。といったところでしょうか。

この異常な業界を正常に機能させるためには、供給就業人数)を少なくとも半分程度に減らす必要があるのではないでしょうか?

進路が決まら大学卒業した女な訳だが[1]

2年前の3月自分就職が決まらないまま卒業式に臨み、そのままフリータールート突入した。

就職課をはじめとする大学関係者には「某生命保険会社営業内定が出た」と嘘をつくことで、表向きは「社会人生活へ向けて巣立ちを迎えるフレッシュ若者」になりきった。

就職が決まらないということが何より恥ずかしかったし、周りには心配をかけたくなかった。

今思えばそんなクソみたいなプライドで嘘をついた自分の方が恥ずかしいのだけれども。

学生の頃、正直自分はすぐ就職が決まると思っていた。

早くこんなつまらない地方都市から抜け出して、レインボーブリッジシーマ転がす業界人になってやる。

なんて時代錯誤でクソダサい動機を孕みつつ、鼻息荒く就活スタートした。おったまげ。

エントリーシートは通る。筆記試験も通る。しか面接でことごとく玉砕

気づけば残り弾数はゼロ。そして静かにマスコミ就活シーズン収束

就活の良い思い出?履歴書文字が綺麗って褒められたことくらいかな。ファック。

「まあそれでも?どこかには決まるし?ドンウォーリービーハッピー的な?」と楽観的に考えていたのと、内定承諾までの返答期限という事情から、他企業内定を辞退してしまっていた。

その後は流石に「転がすのはライトエースでも小型セダンでも、なんでもいいから、もうシーマなんて言いませんから…助けて…」と、ブットビまくってた理想をかなぐり捨てた。

どこでもいいから拾ってくれと地元中小企業などを血眼で受け続けたが、軒並みお祈り。

自分シーマどころか社用車にも乗れない人間。この事実を認めざるを得なかった。

冬ごろには就活をする気力も、今までの根拠のないプライドも、全て灰燼と化した。ぼくの心を就活は奪い去った。俺は空洞。でかい空洞。

全て残らず就活は奪い去った。

俺は空洞。面白い


全然面白くないです。


さすがにYami Yami Day(※病み病みの日のこと)を送って震えるのは嫌だったので、バイトを詰め込みまくり卒論を夢中で執筆することで現実逃避をしていたら、春なんてすぐだった。瞼閉じればそこに。

こうしてひとり、職無しのまま社会へ放流された死んだ目の若者が完成した。

卒業式後の飲み会で友人とフジファブリックの「若者のすべて」のサビを肩組んで歌った辛すぎる思い出。何年経っても思い出してしまうなあ。

毎晩内定のない人が見るまとめ速報を見て「自分マヂクズだゎ…ッラィ…」とか思いつつ、マンマのご飯はススムくんな、ナンダカンダ健やかなニート生活を続けていたある日。

「金を入れられない人間はこの家を出て行け。とりあえず働け。」

と母に某アルバイト情報誌でアタマシバかれ、ぱみゅぱみゅしてしまった私。渋々実家から激近の某企業アルバイトを始めた。

そこにいた先輩アルバイトのK氏は、大学中退後、様々なバイト転々として、今に至るらしい。「条件がかなり難しいか正社員にはなれないだろうけど、ずっと別にこのままでいい」と言っていた。

確かに仕事は楽だし、地元にしては時給もいいし、定時でしっかり帰れるし、人は優しいし、社食はおいしいし、福利厚生や社割もあるしで、バイト先にしてはマチャアキ文句なしの星3つだった。

しかし、そんなK氏を見ていると「自分はずっとアルバイトという立場でいいのだろうか?」という疑問が首をもたげてきた。

パン酵母か?というくらいに、その疑問は日に日に膨らみ、(マンマのご飯と社食体重も膨らみ)ついにバイトを始めてそう日が経っていない初夏のある日、母にこう言った。

「私、今から金貯めて東京行くわ。」

「は?東京?行ってどうすんの。」

東京行って就活やり直すだ。」

「どうしましょ、どうしましょ、どうしましょったらどうしましょ」


[2]に続かせてください。

反抗期勉強せずに負け組企業に入って勝ち組内需インフラの連中を毎日羨んで生きてる

いやまあ正直言えば死にたいんだけど死ぬのが怖いから生きてる

2017-01-20

エンジニアリブンなんて概念ができる理由

エンジニアビジネスに比べて優秀かと言われればそうでもない。

ビジネスをまともに考えることができるエンジニアなんてそれほどいないし、なんなら算数が得意であるエンジニアもそれほどは多くない。

でもエンジニアリブンなんて言葉が生まれたりするのは一体全体なぜなのか。


私の結論は、ITシステムの都合を一番理解しているから、だ。


今日企業の多くにとって、一番重要ものITシステムだ。企業が何か事業を行うときに、必ずシステムの変更を伴う。

1時代前ならば、それが人によるシステムだっただろう。だが、今はモバイルアプリであり、Webシステムであり、業務システムだ。

ビジネスをするということは、システムを作るをいうことだ。


例えば何か仕入れて売る場合、その成果はコスト分を差し引いてどれだけ利益がでたかで考えるべきだろう。

では、システム変更を伴う企画場合は、コストとしてシステム変更の開発工数も加味されるべきだ。更にいうと、運用メンテナンス工数もだ。

本質的企画評価は、売上だけではなく、開発に関わる工数とのバランスを含めた数字しか評価できない。

1000万売上があがるが、仕入れに2000万かかるのなら、そんなこと誰もやらないだろう。


だがしかし多くの人はこれらのコストや、開発速度はエンジニア責任、及び能力だと思ってしまっている。

システムコストエンジニア責任であり、企画側の責任ではないと思ってしまっている。

なんだったら、うちのエンジニアバグばかり出すし開発が遅く間抜けだともまで思っているだろう。


だが、企業全体の視点で見たときに、システムを動きやすい形に保つことはとても重要なことだ。

メンテナンスできないシステムを持つことは、役に立たない社員を大量に抱えたりすることや、社内政治蔓延してしまうようなことに等しい。

システムクリーンに保つことは、強い組織を作ることと同義だ。人よりもAWSコストは圧倒的に安いのでそれ以上かもしれない。


最高の企画とはシステムの都合を加味したうえでの最適な企画だ。だから両方できる人間が考え作るのが本当は一番良い。


企画エンジニアで分業をする場合企画クオリティはあがるが、往々にして受発注関係になってしまい、システムの開発工数は軽視される。

エンジニアリブンで行う場合は、企画クオリティはさがるが、システム開発効率性はあがる。


どちらの方式メリットデメリットがあり、どちらのスタイルが良いかは、結果としてでた数値が高い方が良いというだけだ。


エンジニアリブンなんて概念ができるのは、

後者スタイルで結果が出た企業が多く存在したということだ。

企業はこんな人材を求めている!

企業はこんな人材を求めている!

近年の人事担当者

「ろくに研修しなくても即戦力になる新卒で、指示しなくても自分判断で行動する従順奴隷

人生の酸いも甘いも噛み分けたフレッシュ若者で、誰とでも仲良くなれる競争心に満ちた人物

バリバリ体育会系だが全く暴力的でなく、家柄が良く上品だがどんな下ネタもつきあえて

どんなに罵倒されてもくじけない粘り強さと肩叩きされたらサッと身を引く潔さを兼ね備え

過労死するほど働かせても健康を崩さず、結婚できないほどの安月給でも人生設計できて

起業できるほどのノウハウを持ちながら無能上司の下で一生うだつがあがらない底辺人生を歩んでくれる

日本中から引く手あまたな希少な逸材が山ほど、将来性のない我が社に喜んで来てくれればいいのに

企業「条件にあう若者がいない。人手不足だ。最近の若者は軟弱で無責任でぜいたく」

政府雇用ミスマッチだ。移民に働かせよう。庶民増税して法人減税しよう」

動画共有サイトB9(中華サイト)について

B9は日本人が数人程度でアップロードされている。

管理人格のdfdfasは約2人で投稿を繰り返している。この人達は自前。

もう一人の投稿者はろさ,wish,Atismataという三つのアカウントもつ人物日本人

動画の多くをμtorrent動画共有サイトひまわり動画から賄っている。

主にこの3人程度がB9の主な投稿者である

そして彼らは動画再生数や投稿数および紹介によってアフィリエイト収入を得ている。

B9は主に動画再生による広告収入によって賄われている。

著作権者許可されていない動画投稿によってアフィリエイト収入を得る事は著作権法第38条に抵触し、

これを根拠として速やかにその営利運営を停止しなければならない。

実はB9は日本のある企業運営しているという説もあり、本社住所を著作権の及ばない中国に置いているといった、

アメリカ本部を置きつつ本当の住所が大阪だったFC2と同じ手口である

日本警察はいつまで彼らを野放しにするのだろうか。是非とも捜査検挙に踏み切って欲しい所である

飲み会悪口ばかりだから廃止しろと言い出した世界の中心マン

私は某企業新入社員サポート係をやっている。



うちの会社男性社員が多く、その殆どが口下手で無口。

自分ロッカー場所や、会社規則自販機場所

そんな細かなことまで、マニュアルに書いてやらないと分からない、同僚や上司に聞けない人間が多い。



新卒で入った彼らにはそこそこの研修費用が掛かっている。

から彼らが入社後すぐに辞めないように、小さな困りごとを解決してやったり、上司や同僚の架け橋役になったり、気軽に声を掛けて居心地を良くしてやるのが私の仕事

なんだけど最近つらい。辞めたくなってきた。

誰かを育てるくらいなら、自分バリバリ働いた方がマシ。



最近は「飲み会廃止してくれ」という要望があった。

自慢じゃないがコミュ障だらけの会社、もともとその手の付き合いはほぼ絶滅している。

さすがに歓迎会送別会くらいはあるものの、それすら自由参加。

歓迎される当事者すら欠席する、という自由っぷり。

今や我が社の飲み会は、酒好きな年寄りと数少ない女性社員癒しの場として存在している。

この人畜無害飲み会を、廃止する意味はあるのか。

そう問いただすと、「だって…」と彼は口を尖らせた。



最近ガチで、口を尖らせたり、にゃんとか言いだす男子存在する。

正直心底キモイ冗談は2次元だけにしてくれ。



だってどうせ俺の悪口で盛り上がるんでしょう?陰湿なんですよ飲み会なんてー!」

はっ?ねえわ。



…一行で否定してしまったが、彼の言い分はこうだった。

自分くしゃみがヘンだったり、アトピーキモかったりする。

そんな僕をヒマな主婦パートたちが給湯室なので嘲笑っている。

飲み会も僕タン悪口でもちきりに違いない。そんな陰湿飲み会廃止すべき!というのが彼の言い分だった。



いやいやいや、絶対にお前の話題なんて一言も出ないし、思い出しもしねーよ。

主婦パートも私も、この会社に長くいるベテランばかり。

から見慣れてんだよ、秋葉にいる程度のキモオタなんざ!



この会社には人知を超えた化け物がゴロゴロしている。

50キロ以下級でも、100キロ超級でもない、床掃いてんだろロングヘアでも、ハエたかるような服を着ている訳でもない彼なんてほんと普通

つか仕事が出来ればゴミ捨て場から掘り出してきたような服着てる人間でも許されるような職場で、アトピーときクスクス笑うだぁ?

会社保育所じゃねーんだぞアホンダラ。そんなクソ甘いイジメがあるか!



彼の脳内ではパートお気楽主婦ども。

人の動作挙動を見ては給湯室で陰湿悪口に盛り上がる…という設定になってたらしい。



あのさ、主婦である私はどっちかと言うとあんたの嫌いなそっちよりの人間なんですけど。

サポート係の前はパートしてたし。

あんたが暇な主婦は…、って言うたびに、私が眉根に寄せるシワ、気が付いてない訳じゃないよね?

もちろん○○さんはあんな奴らとは違いますけど、って私あんた寄りの人間なの?

一緒にすんなクソガキ。



私達は会社仕事しに行ってる。

定時に上がるためには、時間内に仕事を終わらせなくちゃいけないわけ。

そのばたばた忙しい中で、新卒のにーちゃんのくしゃみがヘンだから給湯室で笑ってただぁ?

アトピーで粉ふいてる肌がキモイと影で言ってるだぁ?

誰も見てねーよてめぇのことなんざ!



こういうガキみると、よっぽどチヤホヤされて育ってきたんだろうなって思う。

かまってちゃん被害者意識



もし幻聴が聞こえる系やガチイジメだったら困るから、一応周囲や会社契約してる精神科医先生にも相談したけど、問題は何もナシ、だった。



つか、私はこんな化けもんだらけの会社で、自分悪口対象になる!注目に値する!だなんて無邪気に信じられる彼のお幸せさに軽く嫉妬した。



ちゃんと構われてきたんだよねアンタ。

いいよね、自分世界の中心で。


よく、女の方が世界の中心だろって言う奴もいる。

『女はいいよな、化粧してかわいい服着てるだけでちやほやされて』



あのさ、そんなこと言う奴って大概本当の自分の方が価値があると思ってる傲慢野郎から

自分は男だから化粧やおしゃれが出来ないだけ。それさえクリアすればチヤホヤされる価値があると思ってる。

合コンなんて着飾って見た目だけじゃん、とか言い出す奴も同様。

虚飾を取り払った「本当の自分」にはちゃんと価値があるとか信じてんの。



言っとくけど、見た目やら知能やら、後付けされたもんを全部取っ払った本当の自分なんて言い出したら受精時代に戻るしかいから。

あんキモイもん、カワイイなんて喜んでくれるのはテメエの母ちゃんだけだからな?



いか、女だって化粧してかわいい服着ただけでチヤホヤされる奴はほんの一握り。

大多数はばっちりメイクして、気合入れた服着てるはずなのに、ちゃんとメイクしろよーとかお洒落しろよーとか言われてますから

あんたらの言う『化粧してかわいい服着てるだけで』チヤホヤされてる姫は、たとえブサイクだって男ウケいいメイク勉強したり、頭がヤバいと疑われるような服で町を闊歩したり、常人には出来ねぇ努力をしてるんだよ。


それを女に生まれりゃ人生イージーモードだぁ?

自分に女になればチヤホヤされる価値があると思いこめるテメエの頭が一番イージーだわ。



最近、この手の若い男子を見るだけで反吐が出そう。

ヤバい、本気で病んでる。

仕事辞めたい。


だいだい、いくら仕事が出来るからって生ごみウェア出勤が許されてる当社もおかしいだろ。私のサポートは誰がしてくれんの。

もう人生無理ゲーだわくそったれ。

今更ながら企業太陽光発電より電力自由化に参入すべき

電力自由化太陽光発電よりビジネス面におけるメリットがあります

太陽光発電のデメリットは知っての通り売電価格ですが、電力自由化企業にとって非常に大きなビジネスチャンスになるということを知ってほしいです。

全体で7.5兆〜8兆円という大きなマーケットに、今までは参入できなかった企業も入ってきていいですよ、ということなので、これは新しいビジネスチャンスを狙っている企業にとっては非常に嬉しいことです。

それは必ずしも小売電気事業者として直接、電力事業に参入するということだけではなく、自社の強みを生かして、様々な分野の企業がいろいろな形でこの市場に参入できる可能性が広がっているということです。

すでに、ポイントサービスを行っている会社東京電力関西電力などと提携を始めていたりしますし、家電メーカー大手スーパーなどが電力事業関連のサービス開始を表明したりと、様々な業界で動きが出てきています企業はこれまで培ってきた顧客との接点を活かし、従来の自社サービスに新たに電気販売サービスを組み入れることで、売り上げ拡大の大きなチャンスがあるんです。

また、電力自由化はIT業界にとっても非常に大きな特需になると考えています

今後、電力事業に連動した情報関連サービスがどんどん開発され、それに合わせて様々な分野でのIT化が求められていくでしょう。

電力事業のIT化、デジタル化において最も重要キーワードになってくるのが、「スマートメーター」です。

これまで電力会社による検針は月1回だったのが、今後このスマートメーターの普及によって、毎日、約訓分に1回のペースでデータを集めることが可能になり、それを様々な企業分析活用するという時代になります

電力会社も他分野から新規参入企業も、みなITを駆使して顧客ニーズを調べ、新しいサービス提供するといったことを、否が応にもしていかなければならなくなるので、IT業界には様々なニーズが発生してくるでしょう。

特に多くの顧客とつながりがある会社や、顧客データ分析を得意としている会社には、大きなビジネスチャンスが広がっていくはずです。

電力会社間の競争が激しくなれば、当然、各電力会社は、顧客ニーズを中心とした様々なデータを集めて、それを分析しようということになります

電力会社は、今まではそうした分析をする必要がなかったのですが、今後は顧客情報をできるだけ細かくとってそれぞれの顧客に合ったプランを考えていく必要が出てきます

そうなるとIT業界の中でも、例えば日本オラクル富士通、NEC(日本電気株式会社)や日本IBMといった企業ビジネスチャンスが訪れます

各電力会社がいろいろな情報を集めたいと思えば思うほど、データを保存しておくサーバーデータベースソフトが売れますオラクルやIBM以外にも、集めたデータ分析するシール販売している企業も当然、事業拡大につながるでしょう。

また、多くの会員の情報を持っているカルチュアコンビ一三ンス・クラブ(CCC)や楽天のような会社は、会員の情報と料金プランをマッチングさせていろいろなサービス提案していくかもしれません。

一方、ガス会社不動産住宅関連の企業など、すでに多くの顧客と接点を持っていて、しかも電力事業親和性の高い企業は、電力会社代理店のような形で市場に参入することが可能になります

「うちの商品に追加で、セットで電気もどうですか」という提案ができるようになるからです。

ですから中小企業でも特定の電力会社代理店になることによってこの新しい電力事業市場に参入できる可能性が十分あります

電力自由化によって新しいサービス技術革新、異業種間の連携提携など新しい動きが生まれて、日本経済全体、産業界全体が活性化することが期待されていると思っています

デマ屋の文芸 (25)

小説 水道民営化 (六)

大盛市長直属の特別参与、ただし実体は "市長専属備品修理係" である "ゴムいち" こと近藤夢一。会議室の床にしゃがみ込み、市長の橋爪が真っぷたつに割った会議用テーブルの壊れ具合を確かめていた。

(あーまた派手にブチ壊しやがって)

庁舎に建て替えたとき幹部会議室テーブルも新調したが、そのテーブルは橋爪が就任早々ブチ切れた際に粉砕されてしまった。現在テーブルは二代目である。夢一は密かに "会議用テーブル二号" と名づけている。それも今日たたき壊されて真っぷたつだ。

この怪力男め。次に修理するときは、鉄筋がわりに13mm水道管でも仕込んどいてやろうか、などと思う夢一さんであった。



朝会は終わり、出席していた幹部らは次の仕事へ向けて会議室を後にしていた。会議室の外には、エレベータを待つ幹部たちがたむろし、立ち話をしている。さきほどの朝会では市長橋爪の思いつきから水道バス地下鉄たこ焼きなど、市営企業民営化する方針が突如としてふってわいた。立ち話中の幹部たちもこの民営化話題でもちきりであろう、と思われたが、そこに触れるものは誰もいなかった。

「どうせ夕方になれば方針が変わってる」

という読みらしい。 (つづく)


←その24 | →その26

電子書籍と紙は対立するものだよ

id:eerga 僕の頭が悪いせいなのか、どうも論点が違う(すり替わっている)気がする。もともとは電子書籍を同じクオリティで出し続けろっていう主張ではなく、電子書籍で(も)出版しろっていう主張だったのでは?

id:Kil 「紙をやめて電子に置き換えろ」でなく、「紙と電子自分の好きな方を選べる権利もっと広く多くくれ。そして読者を対等に扱ってくれ」と言いたいだけなんだけどね。前者を主張する人もいて混ざるから荒れるけど。

id:kagerou_ts 「熱心な読者」向けの商売をしすぎたからこうなったのだ、といいたいのかなと思うど、それならその 「熱心な読者」のほうにむしろ絶望まれてるっぽい電子書籍に全力フルコミットしてくれてもよくないです?

いまのところ、電子書籍市場の大きさは紙の書籍市場の1/10以下で、電子書籍設備投資イニシャルコストを、電子書籍利益は全くまかなえてないよ。おおげさに言えば、電子書籍部門は、紙の書籍部門利益を食ってるんだよ。もちろん細部は、出版ジャンル出版社によってちがいはあるよ。でも、マクロ視点で言えば、そうなんだよ。

電子書籍市場は成長中だし、未来への投資だろ? という言説は、たしかにあるよ。それには一定説得力が有る。でも、だとするならば「電子書籍専門の出版社を立ち上げて銀行から融資を受けて運営すればいい」んだよ。社内の別部門(紙の書籍部門)の利益をもちいて新事業を始めているってのは、これと構造はほぼ一緒なんだよ。「社内だから融資相当の)経営資源投入の稟議が、銀行から融資引き出しよりも、ゆるい」って言うだけのことなんだよ。「ゆるくないと電子書籍の推進が出来ない」ということでもある。

出版社がやる場合原稿著作者っていうリソースを共用できてシナジーが得られる(ことになってる)から、緩めの稟議でも推進できる。でも、じゃあ、現状、電子出版部門利益で「作者の発掘」「企画の立ち上げ、進行」「取材や著者との企画協力」「原稿進捗管理」「各種素材の入手管理」「紙面デザイン」「広報」「メディアミックスなどのIP管理」ができるのか? そのスタッフ人件費払えるのか? と問えばそれはNoだよ。

読者は無責任に「電子書籍を読む権利をよこせ」とか言うし、単体著者視点では「ボクの本は両方ででてますし、電子書籍と紙の間に対立はありませんよ」とか言うかもしれないけれど、内部の経営リソースの分配という意味合いにおいて、現在は明確に電子書籍と紙の書籍は、対立するものだよ。対立っていうか「少なくとも現時点、電子書籍は紙の書籍利益スタッフ寄生している」よ。

当然、利益が拡大しないまま電子書籍を増やすっていうのは、紙の書籍利益を圧迫するっていう意味で、紙の書籍に悪影響を与えるよ。紙の書籍利益構造っていうのはもうガチガチに決まっている。印税も%減らすことは出来ないし、印刷も枯れた技術なので旧に値段が下がったりはしない。つまり利益が圧迫されれば、企画のもの扇情的になって内容のない本が増えたり、単価が上がったり、出版点数が減ったり、地方への配本が切り捨てられたりするよ。

そもそも、「ある書籍の読者が2万人」いたとして、これにたいして電子書籍を推進して「紙の書籍読者1万5千人+電子書籍の読者5千人」になったとする。単価的にも、利益率的にも、こうなったとしても現在、ちっとも売上増えてないよ。読者が増えないのだとすれば、電子書籍インフラを作り上げて維持するのは、ただの重荷でしかないっよ。2万人の読者を支えるにあたるコストがただ単純に増大するという、経営視点で見たら愚かな判断だよ。電子書籍は非常に利益率が高いとか(そんなことは現在全くない)、電子書籍版を出すことにより既存読者の外に読者の母数がすごく広がるとか(そんなことは現在全くない)しない限り、「電子書籍化を超加速する」っていうのは、下手をすると利益背任ですらあるかもしれないよ。

もちろん長期的に見れば電子書籍市場無視できないよ。電子書籍の配本システム構築のコストも、長い目で見れば(そして理屈で言えば)、1冊あたりの負担率が低くなるはずだよ。だからいま、大手はどこも、利益が早期に回収できそうなコミックとか技術書を切り口にして、少しずつ電子書籍対応を進めているよ。短期的な損失を我慢しつつ、投資しているよ。

でもその状態に対して「紙の書籍電子書籍のどちらかを選ぶ権利を広くくれ」とか「全部電子書籍で出せないのは無能」とかいうのは、いまこの時点では、ただのモンスターユーザーだと思うよ。

電子書籍への移行がいまのペースなのはなにも手抜きでもないし陰謀が有るからでもなく、既存出版多様性やらノウハウを守りながらソフトランディングしようとしているからだよ。

(だから作家IPを抱えていない非出版社のほうが、ためらいなく新規事業展開できるわけで、非出版社新興企業Amazonなんかのほうが強気改革できるのはごくごく当たり前なんだよ。そっちを応援したほうが、日本全体の出版業界刷新は早くなると思うよ)

もちろんそれも含めてただの利益追求企業活動なんで、ぶっ壊れちまえ、Amazonに滅ぼされちまえって消費者判断し、そういう行動をするのはありなんだけど、現在出版状況が「消費者がどんなにわがままを言ってもぶっ叩いても壊れない、天与の権利」だなんてのは錯覚にすぎないよ。

id:YaSuYuKi音楽業界が衰退していく様相を、再生装置技術的制約から10年以上余裕を持って観察し対応する余裕があったのに、そっくり同じ失敗を繰り返しているのはなぜか」という問には答えられていない

この手の疑問、よくあるんですけど、この国ってバブルの頃から少子化予言されてきて、年金破綻も十年以上前には予言されてて、それでもろくな対策取れてないよね? 政治批判でも出版社擁護でもなく、なにがいいたいかって言うと「それって疑問に思うほど特別じゃない、この国によくある普通に愚かな光景じゃないですか?」ってこと。出版業界神聖視しすぎだなって思うのはこういうところで、普通日本の平均にふさわしく愚かな業界なんだよ。

2017-01-19

×川県××××の△△△△△はバイトパワハラの××××の重傷を負わせた犯罪企業

何なのこのコメント(いちおう伏字はいれておいた)

アパホテルを礼賛しようず

泊まる用事がないから、ホテルバイキングにでもいこうかしら。

これこうこういう思想をもっており、海外から文句いわれようがそれを崩さないとか、当たり前のことなんだけど、それができる日本企業ってなかなかないと思うんだけど。


アパホテルいいじゃん。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん