「ブログ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ブログとは

2016-08-25

オタクが語尾にねぇ~ってつけてしゃべるの超気持ち悪い

実際はモテナイ男オタクアニメ風のアイコンという時点でキモイさらに口調までねぇ~だなんて生きてて恥ずかしくないのか




https://twitter.com/tm2501/status/768415473884995588

今月はDLsiteうまくいかないだろうなぁ〜と思ってたら、おそらくすごい勢いで買ったであろう一人のせいでかなりいい線いってる。

オタクってこれがあるからオタク系アフィって、収入が読めない。極稀にDVDマンガをまとめ買いすることもあるし、10人いても500円しか使わない時も…

まなめかーずアキバブログみたいな老舗で信用度の高いサイトって、アニメイトとらのあなで万札を撃ちまくるタイプオタクを味方につけてそうだから、その辺で強いんだよなぁ〜。

フリーゲームマンガをやるようになってからそういう人が僕のところも見てくれるようになったけど…まだまだね


オタクブログって儲からないんじゃなくて…確率が悪いんだと思うんだよねぇ〜

コアなオタク情報源になれば、それなりにいい収入になりうると思うけど、そういうサイトって時代とともにフェードアウトしていくから新しい人を巻き込むのが難しい。

新しい人を入れようとすると大量消費がない


最近、悩んでるのはそこなんだよねぇ〜

青二才読んでる人はオタク。8割がアニメアイコン」ではあるけど、今ってオタクサイトが色んな意味限界に来てるのよね。

コアなもの特集すると時流から離れるし、時流を追うとコアなファンがほしい情報はほぼ見つからない。…うーん。

今、はてな話題オタクサイトが「根室記念館」(元ネタウテナ)であり、僕のサイトが「かくいう私も」という攻殻機動隊セリフから来てるのが象徴的なんだよねぇ〜。一番新しくても「ヒトデ祭り」なのよ?

オタクブログ界隈はまだ2010年にきっちりと乗っかってないのよねぇ〜

実験意味も込めて「ご一緒にこちらの動画いかがでしょうか?」という動画文化紹介サイトを作ろうとした事があったけど…これも、元ネタけいおんムギちゃんなんだよねぇ〜

そりゃまぁ

http://anond.hatelabo.jp/20160825141122

増田とお前のブログの閲覧者の差しかないだろうよ。

お前さんのブログアクセスが増えれば100や200のブックマークなんか簡単さ。

100人くらいにまともに評価されたいなら、SNSでとりあえず1000人とつながればいいんじゃないか?

SEOキモくても、SNSでの交流キモくないだろ。

そりゃ、意識高い系の奴らと交流してたんじゃキモいが、そうじゃない人はたくさんいるからな。

俺もお前と同じく、増田で500ブクマとかは普通に狙えるけど自分ブログ閑古鳥って口だったよ。

で、とりあえずSNSで1000人と繋がったらまぁそれなりに読まれるようになってきたぞ。

で、俺の経験だけど、増田で書くことができる文章と、ブログなりSNSで書く文章って結構違うんだよね。

増田ブクマもそうだけど、「ブクマスターが付く書き方」ってあるよな。ご存知の通り。でもそれをブログSNSに持ち出すと上手くいかないんだよな。

ブログはてな系列から切り離した方が俺は上手くいったよ。

http://anond.hatelabo.jp/20160825133018

記者報道機関方針疑義を呈してるってのが話のスタートだろ

自分の好みで記事を書きたいんなら記者なんてやめてブログで書いとけってことだよ糞ザコナメクジ

http://anond.hatelabo.jp/20160825132637

ごめん、トラバ先間違えた。



しがない一般人ブログなんか書いても誰も読んでくれないけど

増田ならあなた方が読んでくれるし反応ももらえるし、

って結論出てなかった?



ブログでやれ、なんて返しはほんと意味価値も無いよ

http://anond.hatelabo.jp/20160825132433

自分にとって価値あるかないか判断したいなら自分ブログでやっとけって言ってんだろ糞ザコナメクジ

フェイク・ファーのこもかぶり

はてなブログにある

社会派とかOLとか美大生をなのる女性書き手と称するブログをよく読む。あと連動するtwitterとか。或る時は、会社経理の話が書いてあった。荒唐無稽な語り口だった。東京駅から金沢までの交通手段話題にする書き込みがあった。鉄道や航空、バスなどを使わないで行く方法をたずねていた。防犯カメラにでも残るのが嫌なのだろうかと色々妄想した。妄想妄想を呼んだ。

精神衛生境界例言葉に「妄想」「念慮」の軽い違いが出てくるけど、推測が現実ってことも世の中にはあるだろうな。

血液型なに型?

ネット社会面ニュースで、埼玉県オウム真理教がいる町の隣町で車が炎上して女性が死んだ記事を読んだ。被害関連づけ妄想って言葉もあるが、暇人のアームチェア推理ももう飽きた。

驚愕荒野だろ!

まあ、概ね俺には関係ない。

ブラック企業じゃなくて、正規会社代理人を騙るフェイ企業振り込め詐欺同様の電話もたぶんもうすぐ終わるだろう。フェイクは会社の体をなしてないんだよ。フェイク=ニセモノ。偽物。

偽物ブログ

http://anond.hatelabo.jp/20160825102505

職業柄、ブログでやると特定されやすくて、職を失う危険も多いから難しいんだよね。雑魚なのは認めるよ。

http://anond.hatelabo.jp/20160825102340

自分がどう思うかで書きたいならブログでやれ糞ザコナメクジ

id:nekora って中身スカスカのアホだよね

例のエントリーに便乗っつーわけじゃないんだけどさ。偉そうなこと言うわりにブログを覗いてみるとエセ科学的な誤謬にハマってたりするし、ただ単に報われない日常鬱憤ネット上にヘイトとして撒き散らしてる大脳が壊れて人間になり損ねた精神病患者だよね。

2016-08-24

若者マスメディアへの信用離れ

昨今の若者テレビ新聞といったマスメディアを信用することから離れているように感じる

昔であればテレビ新聞公表された情報は精査せず鵜呑みにし

たとえ嘘の情報であったとしても何も考えず大多数の人は信用していたはずである

それを信用できないとはなんとも嘆かわしいことである

このままではいずれ世の中がまとまら不安定な情勢になるではないか

最近ではインターネット上に情報錯綜

ブログTwitterFacebookなどのソーシャルメディアによって

テレビ新聞やらせ偏向報道などが公開される始末

少数ではあると思うが

少しずつでもこのような自体が明るみに広がってくれば

ますます新聞テレビといったマスメディアの信用が堕ちてしま

昔であれば人経由で少しは広がっていたことかもしれないが

基本的には一部のコミュニティまでで収まっていたはずである

しかしながら昨今では瞬きの間に爆発的に広がってしま

それも長期間に渡って消えずにだ!

これもそれも一般人間が誰でも気軽に情報を発信できるようになった

インターネットのせいであると私は考える

このままいくとテレビ新聞存在価値が遠からずして

減少していく一途を辿る事になると思われるので

これ以上マスメディアにとって不利益情報拡散させないためにも

一般人が閲覧、発信できる情報規制をかけるべきだ

それに伴い新聞テレビを見る事を義務化するべきではないか

良識と見識のある責任感のある大人たちの賛同を求む

釣りクマー

互助会とか言われるあれだけどさ

人のブログに☆をつけて回ったり

ブコメをつけて回ったりして

自分ブログを何とか見てもらおうとするアレ

今度からブログ営業」って呼ばね?

子どもの前で、信号無視して横断歩道を渡る大人がいたんですよ~」

「なぁにぃ~!!やっちまったな!!」



「男は黙って・・・」 「ブログ愚痴る!!」

「男は黙って・・・」 「ブログ愚痴る!!」



「みみっちすぎるよ~」

マイクロソフト牛尾氏によるはてブスパム行為

はてブスパムを許して良いのか?いい加減、さらします。」に関連して。

http://anond.hatelabo.jp/20160819153835

意外な著名人もこれをやっているのでさらしておこう。

一部のIT界隈の人達に人気のマイクロソフト牛尾剛氏だ。

一例

例えば、はてブ件数650を超えた「衝撃的な効率性~最高の DevOps チームは「知っている事」で構成されていた~」という記事

http://b.hatena.ne.jp/entry/simplearchitect.hatenablog.com/entry/2016/08/22/080010

最初のほうにあるアカウントブックマーク歴が酷い。1件目は牛尾氏本人のセルクマなので良いとして、3件目と4件目のアカウント牛尾氏の「メソッド屋のブログ記事しか過去ブクマしていない、明確なスパムアカウント。2件目のアカウント牛尾氏と同じMS社員であることがプロフィールをたどってFacebookにまで行くと書かれている。この人は業務上のつながりか何かでブクマしたのだろう。5件目のアカウント特に怪しいところはないが、6件目のアカウントは2・4件目と同じ「メソッド屋のブログだけブクマしている」アカウント

セルクマ1件+スパムブクマ3件+知り合いブクマの5件、これで新着入りは確実だ。この後はめんどくさくて追ってないが、ブクマ数の割にコメント数が少なく、星の数も少ない。コメント数の割合ブクマ数の10%以下の記事経験上怪しい。そのコメントも「いいなあ」「すごい」「良い」などの短文の割合が多い。これもブクマスパムによくある傾向だ。

他の記事も同様なのか見てみたが、ブックマーク数440の「ソフトウェア納期見積もりは、星占いレベルのものであると思う」のブックマークも似たような傾向だった。

http://simplearchitect.hatenablog.com/entry/2016/07/07/080250

ブクマ数3桁超えの記事ばかりではないので、この牛尾氏は、バズらせたい時にブクマスパム行為を常習しているのだろう。一度や二度ではなさそうだ。今年度DevOps関連製品を沢山売らないと首が寒くなるのは分かるが、セコイなあ・・・というのが正直な感想

彼の信奉者は自分の勤務先にも何人かいるし、ネット上には結構いっぱいいるみたいだけど、彼のブクマスパム信仰しているのだろうか。誰か教えて。

2016-08-23

cocos2d-xって作者は中国人じゃなかったっけ?

他にも色々ある気がする

中国国家自体はアレだが、レベル高い人は多い

宇宙関係とか

github漁ってても中国人面白い人は多い

韓国人ロシア人

nettyは韓国アップル社員だった気がする

ロシア人websocketjavaコードは参考になった

コンピュータ関係なく、ググってブログ自動翻訳で読みたくなる文はある

中国語フランス語ロシアドイツ韓国

INRIAでフランス語の文ってのもあった気がする

英語公用語戦勝国だし妥協で認めるが

Luaweb周り書いてた人は中国系アメリカ人だった気がする

中国系アメリカ人優れた人多いよね

1日のPV10以下のゴミみたいなブログ書いてるんだけど、毎回ブコメはてなスター10個くらいつけて行く人がいて対応に困る。

読んでくれてるのは嬉しいのだが、毎回毎回BOTみたいにつけられてるとなんかありがたみが薄れるというか互助会っぽいからやめてほしい。

なんでWeb界隈のエンジニアって、どこどこに入社しました、どこどこを退社しました。

ってブログで自慢すんの?

そんな経緯を意識高い言葉で書かれてもだれも興味なくない?

意識高いと興味でるの?

LGBT関連の炎上案件が多発するなか『ラブデスター』がこの先生きのこ

ラブデスターとは

ジャンプ+にラブデスターという漫画が連載されている。

作者は榊健滋週刊少年ジャンプで連載経験もあるので、ご存知の方も多いかと思う。

セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』、『ピューと吹く!ジャガー』で知られる、うすた京介の妻という点でも有名かもしれない。

LGBT炎上案件

さて、世界的な近年LGBT人権意識の高まりもあってか、国内でも最近立て続けにLGBT差別問題話題になった。

このような世間意識の変化を受けて、大手企業ではどうしても敏感にならざるをえないようで、

人々が自身性別自由に変更出来る近未来舞台にした『境界のないセカイ』(幾夜大黒堂)は、

作中の表現について講談社同性愛差別にあたるという懸念から打ち切られることになった。

作者のブログで経緯が説明されている。

講談社さんが危惧した部分は作中で"男女の性にもとづく役割を強調している"部分で、「男は男らしく女は女らしくするべき」というメッセージが断定的に読み取れることだと伺っています

…中略…

これが顕著にみられるのは本作第5話で、バーチャルリアリティ空間内で女性化した主人公に対して男性恋人があてがわれ、オペレータが「女性恋人男性であることが当然である」ように語るシーンがあります

このオペレータ台詞が同姓を愛する方々にとっては酷いことを言っている、という認識はありました。

だったらなぜそれを言わせたのか。

…中略…

物語が進む中で主人公ヒロインをはじめとして性の越境を行った人に触れる中で、こうした無関心から来る考え方にすこしづつ疑問を抱いていき、最終的には多様な生き方に寛容な考えを持たせていくつもりでおりました。

ここの描写は背景世界説明の一部であり、主人公の変化を描く過程の一部でした。

問題となった描写作品世界内の個人発言しか無いこともあるし、それが現実世界において好ましくない意見だとしてもいずれ作品総体としては否定されていく意見であるので、最終的には問題なくなると判断していたのです。

なお、LGBT団体レインボーアクションはこの打ち切り騒動について、

「この作品の性に関する描写に、他の作品と比べて特段の問題があるとは思われ」ず、むしろ打ち切りは「表現の自由を抑圧するものだろう」との声明を発表している。

ラブデスターでの同性愛

そして、やたらと前置きが長くなったが、ラブデスターにも同性愛者のキャラクターが登場する。

まずラブデスターのあらすじをAmazonレビューから引用したい。

 廃墟のような実験都市連行隔離された月代中学校の三年生140名。彼らの前に試験官と

称して現れたファウスト(1.st)は「真実の愛を示せ」と命じる。誰かが誰かに告白、左腕にはめ

られた装置ハート)がカップル成立と判定すればその二人は解放される。だが失敗して拒絶され

れば告白した側がその場で死亡、期限の一ヶ月が過ぎた時に残っていた者も同じ運命

恋愛事に興味のない生徒会会長・若殿ミクニは反発し、何とか皆をまとめて生還の道を探るが…。

真実の愛を示せ」と言った理由は「ファウストにとって理解できない愛を理解するため」と言いながら

そのファウストカップル愛情の真偽を判定してるのはどういうことだ、とか色々と突っ込みどころはあれど、

詰めの甘さは前作から引き継いだ作風なのでここでは取り上げない。

140人もいれば当然、人口比で5%とも10%ともいわれる同性愛者も存在する、ということで、

本作にも男性同性愛である姫川』と女性同性愛である蝶野』というキャラクターが登場する。

しか特に姫川の扱いが天下の集英社が連載するタイトルとは思えないほど酷い。

真実の愛を持ち得ない同性愛

姫川好意を寄せているのは主人公で、ことあるごとにアピールしていくのだが、

ノンケである主人公からは当然のように拒否されるばかりでなく、

なんとゲーム裁定であるファウストからもその感情ごと全否定されてしまう。

前提としてこれは命をかけたデスゲームであり、よくある少年漫画のように

ゲイキャラクターギャグ要員として入れているわけではないことに留意されたい。

(一般論としてゲイギャグ扱いすることについてはここでは触れない)

挙げだすとキリがないが、これらの、一貫してこの作品からは、

同性愛真実の愛ではあり得ない」という主張が見える。

集英社も当然チェックした上で70話近く連載を続けているのだから、このメッセージ問題と思っていないのは明らかである

異性愛至上主義世界観で登場させられた同性愛者の姫川および蝶野がどんな結末を迎えるにしても、

くらいしか思いつかないのが辛いところである

手品先輩の作者アズ先生ツイート全削除

8月27日19時頃、過去変態ツイート淫夢語録が発掘され本スレに投下される

http://i.imgur.com/BLM09dW.jpg

http://i.imgur.com/p9mWWjj.jpg

21時頃ツイート削除、その後ブログで「4月ごろからツイート削除を希望していた。単行本を出したことで許可下りたので消した」と説明

http://i.imgur.com/gLMoaZN.jpg

2016-08-22

白状

えー、昨夜こちらの記事を書いた者です。

シン・ゴジラそんなに言うほど面白いかあ??

http://anond.hatelabo.jp/20160821212820

先の記事読んで頂いた方々に心からお礼とお詫びを申し上げます

以下、告白というか白状です。

 

記事の私の体験話は100%真っ赤な嘘です。シン・ゴジラ初日に胸躍らせながら見に行きました。

感動で泣きました。いろんな人に「この世紀の傑作を見ろ!」と言って回りました。

自身もう何度も映画館に足を運びました。

ハッキリ正体を晒すと、私は以下の記事ブログに書いた者です。お陰様でこちらの記事もいろんな方に読んでいただきまして、先の増田を読んだ人の中にも目にした方がいるのではないかと思います

 

シン・ゴジラ感想ネタバレ極力無し) 昭和29年と2016年の「今この瞬間」 - 銀河孤児

http://d.hatena.ne.jp/adenoi_today/20160731/1469941620

 

 

さてでは何故そんな私があのような増田記事を書くことに至ったのか。

それは、シン・ゴジラを巡るもろもろの論争が、あまりに私にとって居心地の悪いものだったからです。

 

例えば「半減期20日間というのは福島の現状を思うと都合が良すぎる」という意見がありました。そうした不満を持つのは至極まっとうなことであろうと思うのですが、「フィクションだろ? 現実区別つけろよ」という雑な(嘲笑混じりの)反論を何度も見ました。

 

例えばこちらの記事です。

シン・ゴジラ』、ゴジラがあまりにかわいそう。(花田紀凱) - Y!ニュース

http://bylines.news.yahoo.co.jp/hanadakazuyoshi/20160812-00061061/

批評的に価値ある記事とは思いませんが、注意深く読めばあくまで「個人的感想」の範疇に収まる言葉遣いがされていることが分かりますしかしこんな文章ネットでは袋叩きにあっており、その光景は率直に言って醜悪なものでした。

 

例えば先日の漫画家藤島じゅん氏の例の1ページ漫画です。

確かに彼女漫画内のセリフ問題があったのは確かでしょう。「どんなに映画に不満があっても、それを楽しんでいるファン感性まで馬鹿にすべきでない」という真っ当な批判がありましたが、一方でそう口にする人々が同じ口で「あれをただ動いてるだけとしか感じられないなんてクリエイターとして感性問題が…」などと言っているのをいくつか見ました。「感性まで馬鹿すべきでない」とは何だったのか

さらには彼女が挙げた「面白かった映画」まで腐していくようなリアクションも多く見られました。そうした発言は以下のようにまとめられていますが、こうした批判側に同じ穴のムジナが大量に存在した事への言及は極々局所的にしかされませんでした。

 

「粟や稗しかなかったのはこれまでの邦画」「いま、会いにゆきますが中トロって感性が死んでる」という話や日本映画ファンの反発 - Togetterまとめ

http://togetter.com/li/1014983

 

シン・ゴジラ賞賛する意見の中には、ついでのように「最近邦画」を雑に腐していく意見が非常に多く見られました。そうしたツイートRTして拡散している人たちは、とても普段邦画なんてちっとも見てそうにない人たちばかりでした。中には「シン・ゴジラがヒットすることで映画界の人々が過ちに気付いてくれることを祈る」とまで言う人までいました。

私も邦画はあまり見る方ではありませんが、今年であれば「殿、利息でござる」は無理な恋愛要素も歪なキャスティングも無い極めて良質な映画だったと思います

彼らは自分発言を「あくま邦画界への批判であり、邦画をよく見に行って楽しんでいる人たちのことまで馬鹿にしたつもりはない」とでも思っているのでしょうか? 正直「何も考えていない」としか思えませんでした。

 

 

増田記事は「下手につっこまれないように」と、できる限りの注意を払い書いた文章です。その甲斐もあってか、多くのブコメからある程度好意的コメントいただき、流石にここまで気を使えば叩かれることはなくなるのか、と安心しました。しかし一方で「あの映画純粋楽しめないなんて可哀想な人」「この手の人って生きててしんどいだろうなー」など、まるで私の書いた感想を持つような人の人間性に問題があるかのようなコメントを平気でつけていく人も多少散見されました。

また、コメントで指摘されている通り、私の前増田記事に載せた批判意見ほとんどは、既にネット上でも多く話されているものであり、大してオリジナリティのあるものではありません。

しかし平気で多くの人が「シンゴジラ批判意見にまともなものが無い」などと言います。そんな雑な発言が200も300もRT、Favされています。そんな状況が、私にはとても悲しく、情けなく、腹ただしく感じられました。

 

去年私は実写版進撃の巨人を見に行って、このような記事を書きました。

 

実写版進撃の巨人」が割と最高だった話 - Togetterまとめ

http://togetter.com/li/855283

 

幸いこの時もまとめ記事に直接つけられたコメントブコメには、(一部を除き)そこまで私の感性ごと批判してくるような意見はありませんでしたが、ネット上の進撃の巨人叩き意見の雑さたるや、今炎上しているシンゴジラ批判記事なんて大したことはありませんでした。しかし、それに対し反論する人はごくわずかで、みんな何の気無しに「こんなん誰が得したんだ?」などと平気でつぶやいては、しばらくするとそんな自分発言すら忘れていくようでした。

 

 

いえね、正直に言えば、みんなもっと雑に批判すれば良いんですよ。雑に褒めれば良いんですよ。好きなだけ皆で殴り合って、次の話題作が出た時にはそんなこと忘れてまた握手すれば良い。

増田記事は、シン・ゴジラにノレなくってモヤモヤしてて、けど下手につまらなかったとも言えずにいる人たちへのエールです。結局絶賛してる人間が書いてる嘘記事なんだから、そんなんエールになるかよって気もしますが、私なりの心からエールです。

 

シン・ゴジラ見て、面白くなかった奴、納得いかなかった奴、気に入らなかった奴、面白かったけど正直そこまで…って奴。

大丈夫だよ。てめえらの感性はちっとも間違ってねえよ。自信を持て。自分の感じた気持ちに胸を張れ。あんな下らねえ奴らに負けてんじゃねえ。

 

から言えるのはそのくらいだ。

 

(これ今回ばっかりは自分史史上でも割とトップクラス陰湿な真似した自覚はある)

通り魔に切られて日本すごいと思った話

先日、道端で通り魔に腕を切られたときの話をします。

(※サマーランド事件とは別件です)


まりに突然なことだったのでもちろん驚きましたし、

犯人への怒りの感情もありますが、

なによりこの件で一番強く思ったのが、

日本すごい」

ということです。

わたしの語彙力のなさはさておき、

ネット上ではアンチ日本的記事が目立つ中、

日本は良いところもあるよ、ということをまとめたくてこのブログを書き始めました。



【その1】警察すごい

まず事件当日

詳しくは伏せますが、とにかく道端で知らない人に包丁で腕を切られました。

犯人から逃げつつ、警察電話しつつ、場所や状況などを説明しつつ…

と、電話をして2〜3分経ったところで後方から

警察24時でお馴染みのパトカーの音が聞こえてきました。

まりの早さに、

わたし事件とは無関係たまたまパトカーが通りがかっただけかと思いました。

しかパトカーはすぐに近くに止まり

別方向から自転車で来た警察官と共に犯人を捕まえてくれました。

もしあの時、すぐに来てくれなかったら

第2、第3の被害者が出てもおかしくありませんでした。

また、警察官は、刃物を持っている犯人に対しても怯むことな

しっかりと取り抑えてくれました。

一般人にはなかなかできないことです。

本当にすごいです。



【その2】救急すごい

犯人が捕まりほっと一安心

間もなく救急車も到着し、

救急隊員がすぐにわたしの腕を何かで包んでくれました。

その時のわたしは呑気に、

「とりあえずなんか包んでくれたし、病院行かなくても良いんじゃないかな」

なんて思っていたのですが、

周りの人達必死に受け入れ病院を探してくれているので

余計なことは言わず大人しくしていました。

何件かの病院に断られ、

やっと受け入れてくれる病院外科先生が不在とのこと。

とりあえず診てもらえるだけありがたいので、そこにお願いすることにしました。

後になって分かることですが、わたしの傷はそれなりの深さがあったため

縫わないと血が止まらないような状況だったそうです。

救急の方がそこまで分かってくれていたかどうかは分かりませんが、

わたしはただぼーっとしていただけで、

色んな病院電話して必死に受け入れ先を探してくださったり、

本当にすごいと思いました。

また、病院へ向かう最中に、同乗した救急隊員がわたしの気を紛らわせようと

色々と話しかけてくださり、それもとてもありがたかったです。



【その3】受け入れ病院すごい

病院へ到着すると、内科先生

自分は専門ではないので、明日また専門の先生に診てもらってください」

と前置きした上で、診てくれました。

とりあえず止血しようとしたようですが、

血が止まらないので縫うことになりました。

今まで体を縫ったことがないわたしは驚きましたが、

なにより先生自身が、覚悟を決めたような雰囲気を出していたので

わたしは「先生がんばれ」とだけ思って静かにしていました。

先生は、慣れていないのがわたしでも分かるぐらい

一生懸命に、丁寧に、一針一針確認しながら縫ってくれました。

時間ほど経ち、なんとか縫い終わって

誰よりも安心しているのは先生のように見えました。

慣れないながらもしっかり対処してくれた先生すごい。

そして、終始汗だくで目が泳いでいたわたしに、優しく話しかけてくれた看護師さんすごい。



【その4】再び警察すごい

治療が終わり、今度は警察へ移動し事情聴取です。

みんなが想像するあの取調室。

カツ丼を食べるところです(違います)。

担当警察官が、事件の様子を細かく文章でまとめてくれます

時々質問されるので、できるだけ的確に答えます

(こんなことを言うのも何ですが)

基本的被害者は暇です。

でももし警察官がいなかったら?

自分自分の状況を、矛盾がないようにまとめるのはとても難しいですよね。

およそ4時間かかり、まとめられた文章証拠写真たちは

事件概要が的確に抑えてあり、

第三者が見ても状況がわかるものとなりました。

詳しくはよく分かりませんが、この証拠たちをもとに

今後、犯人の罪を裁いていくことになるようです。

犯人を捕まえ、事実関係を明らかにし、罪を裁くことまでやってくれる

警察すごい。本当にすごい。



【その5】形成外科すごい

翌日、紹介された形成外科先生がいる病院へ行きました。

先生は傷口を見てすぐ、

「縫い直しだね」とおっしゃっていて

せっかく前日に一針一針一生懸命縫ってくれた糸を切るのは申し訳ない気もしましたが

専門の先生が言うことなので素直に従いました。

そして形成外科先生は、さすが専門なだけあって

こちらが心配する暇もなく、手際よく縫っていきます

結果的に、先生曰く「数えきれないぐらい」縫ってくれました。

内側も縫った(しかも内側の糸は数ヶ月で溶けるらしい)

ので、傷口はおそらくほぼ残らないだろうとのことでした。

前日の内科先生には充分感謝しつつも、

やっぱり専門の先生はすごい。



【その6】東京都すごい

以上のように、たくさんの方々、たくさんの日本の仕組みによって

わたし事件以外の不満を感じずに、傷を塞ぐことができましたが

1つ気がかりなのが、治療費についてです。

犯人へは怒りもありますが、

わたしは死んだり障害が残ったりした訳でもないので

そこまでの恨みはありません。

ただ、もう、本当に大した額ではないのですが

治療費ぐらいは払って欲しい…と思っていました。

すると、そのことを話した訳ではないのですが、

警察の方から

わたし治療費東京都が払ってくれるという話を聞きました。

どういう流れでそうなるのかは不明ですが、

(また、その条件など色々あるようですが)

こちらに全く否がないのに一方的にケガをさせられて

治療費まで被害者が払うのはおかしい、ということで払ってくれるそうです。

そんな仕組みがあることは全く知りませんでしたし、

そんな仕組みがなければ本当に被害者は損ばかりです。

僅かなお金ですが、そのおかげでわたしの心は大分軽くなりました。

東京都すごい。

そしてそんなお金があるのはもちろん、

普段税金を払ってくださっている国民の皆様のおかげです。

本当にありがとうございます



普段生活していると気付かないことばかりですが、

日本にはこんなにたくさんの仕組みがあり、うまく機能しています

中には問題があることもあるかもしれない、それでもなんとかうまくいくように

今日自分の知らないところで誰かががんばってくれている。

そう思うと、日本ってすごい。

はてなー田舎を憎む「シン」理由(完全最終決定版)

今まで増田でこういう事象考察が数多く行われてきた、田舎ヤンキーに恨みがあるとか、娯楽がないからだとか、同調圧力が嫌だとか

それも少なくはないかもしれないが真の理由は別のところにある

本当の理由イケダハヤトのせいだ

あいつが高知age東京に後ろ足で砂かけたのが全ての元凶だ

もし彼がブログ趣旨を全く逆で書いてたらはてなには田舎擁護東京disがかなりの割合で言われてただろうと俺は思ってる

はてなは確かにそれ以前も田舎否定的論調はあったがそれはあくまで「東京age」の方向で発露していたように思う

相対的地方を下げることはあっても積極的田舎を悪く言うことは少なかった

だがイケダハヤト高知移住してから彼らの田舎への感情は憎しみに変わったのだ

まり彼らは田舎に対しイケダハヤト代理として憎悪をぶつけているにすぎない

ヤンキー云々同調圧力云々はその過程で改めて発見というか再確認された事象しかない

まり「都会vs田舎論争」は皮肉にも「はてな村」と揶揄される一種の「田舎根性持ち同士(イケハヤ!てめーも含むんだぞ!)」の代理戦争に過ぎない

それを見誤って義憤燃える、またはマジレス田舎叩きを全力でしてしま新参ユーザー諸君は頭に叩き込んでおいてほしい

ここはネット田舎はてな村なのだから

2016-08-21

貧困JKの件で怒り爆発しそう

アクセス数しか関心のないクソなまとめサイトに取り上げられ、片山さつき議員ツイートされ、住所特定から電凸する輩まで現れた。なんだこれ。自分JKだったら普通にメンタルやられますね。で、メンタルやられて自殺したとしても、再びクソまとめサイトに取り上げられるだけ。誰も反省しませんよ。なんなのこの無責任社会

今回の件で、貧困者はますます声をあげにくくなるよね。インターネッツには「貧困マイスター」がたくさんいて、そいつのみこころにちょっとでもかなわないと「これは貧困とは言えませんね。真の貧困というものを教えてあげますよ」とか言ってくるわけでしょ。怖すぎ。彼らには貧困という社会問題解決するつもりはない。

多くの人が指摘しているところだけど、ここでも繰り返そう。日本人はどういうわけか、貧困者は貧困者らしく、障害者障害者らしく、弱者弱者らしくしていなければならないという規範が強い。これが「正義」になっている。貧困者が高価な品物を持っていれば叩く、白い杖をついている人がちょっとでも見えていれば叩く、自動保護施設寿司の出前がくれば叩く(というツイートもあったね)。なぜそんなことが平然とできるのか。それを正義だと信じているからだろ。「叩く材料」とはつまり自分正義でいられる材料なんだよ。

でもな、そんなのは少しも正義じゃない。そんなの正義について少しでも考えたことあるならわかるだろ。貧困JKの住所特定することに正義があると本気で思うのかよ。もしかしたら貧困JK貧困じゃなかったのかもしれない。たとえそうだとしても住所特定おかしいだろ。どこに正義があるんだよ。

から良識あるブックマーカーさんたちにお願いします。もうこの件を扱うまとめサイトブクマするのはやめましょう。片山さつき議員奇行に異議を唱えましょう。貧困JKネタアフィリエイトネタにするブログ名前記憶しておきましょう。

これは呼びかけです。匿名しか書けない気の小さい増田より。