「ブログ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ブログとは

2016-07-02

苦手なブログあるある

空欄部分にはツイッターアカウント名が入ること場合もある

例)どーも、○○○です 例)どーも、@○○○です

  • 記事冒頭に目次をつける

これはここ数年でものすごく増えた

大抵はFlikcrとかピクスから持ってきてることが多い。著作権法違反なのに、他人サイトから無断使用することも

PV収入生活することだけがブログ目的なので、応対が必要コメント欄など最初からない

tumblrエロ職人

鬱病失業してずっと引き籠ってた。家の中で寝てばかりいた。

太る人もいるらしいけど僕は痩せた。独り暮らしだったか食材を買いに行くのも辛くて。

その内、薬と休養が効いたのか、ネットは見れるようになった。テレビは無理。騒がし過ぎて。あとはラジオAM。おしゃべりが中心だからさな音で流していれば少しは寂しさがまぎれた。

ネットを見ると薬の副作用情報や鬱に対する偏見なんかも見てしまう。落ち込んだりもしたけどやめられなかった。社会開いた窓ネットしかなかったから。

もう少し回復してくると散歩が出来るようになったり、恐る恐る町に出て行くこともできるようになった。駅前まで一人で出かけることができた時は泣いたよ。

同じ頃だったと思うけど、性欲も回復してきた。鬱まっ盛りの時は微塵も感じられなかった欲望が蘇ってきたのは正直嬉しかった。

性欲があってネットがあったらエロ画像ますよね。見てしまますよね。家ですることなんかないんだもん。出掛ける場所用事もないんだもん。そりゃ見ます

匿名SNSで鬱の辛さを吐きだしたりもしたけど鬱陶しいと思われるだけだった。みんなわざわざ暗い話なんか読みたくない。ブログもやったけど誰もアクセスしてこなかった。そんなもんです。

tumblrではエロ画像リブログポストし続けた。こればかりは反応がなくてもやる価値があった。エロ画像スクラップとして。

続けているとtumblrには反応があるようになった。LikeやReblogされるようになった。みんなエロ目的だけど。一日で100とか200の反応があった。沢山フォローされた。反応といったってLikeやReblogだけで何も言葉が返ってくるわけじゃない。でも俺もその画像が好きだという気持ちは感じる。みんなエロだけど、小さな連帯感というか共感みたいなものをそこに感じた。勘違いかも知れないかも知れないけれど僕はそう感じた。

あの頃の僕に反応してくれたのはtumblrエロ職人だけだった。それがどれだけ励みになったかたかエロだけど唯一僕を認めてくれる世界がそこには確かにあったんです。

今は鬱から回復して再就職しました。普通に働いてます

tumblr放置しています。時々思い出して見てみるけどね。

欲しい物リストを載せてる人達

ブログ内でよく見かける

「欲しい物リスト

記事内で

「届きました~」

「貰いました~」

って報告してるけど アレを見る度に

くれくれ乞食しか見えないのは自分だけだろうか?

正直、浅ましいと感じて興ざめする。

http://anond.hatelabo.jp/20160702041156

今読者の多いブログというのは、他人喧嘩を売って不快感をうえつけることで攻撃的な巡回を促進しているものばかり

読者が少ないというのはしごくまともなことしか書いていないということだ。誇ろう

なんで私のブログにはまともな読者が増えないんだろう

大したことを書いてないのは分かってる

ただの日記から

星をくれるのはうれしいけどたぶんあの人は読んでない

他のブログにも星をつけて回ってることを私は知ってる

読者になってくれるのは嬉しいけどたぶん私の書いたことなんて関心ないはず

相互に読者登録してほしいだけだと思う

ほんとうに読んでくれる人が読者になってほしい

2016-07-01

site:go.jp魔法言葉

俺は自分が今食べてるものググるのが好きだ。

栄養成分やそれを摂取することによる体への影響はもちろん、他の調理方法、食べ合わせ、それを食べる動物、輸入量、輸出量、コラム法律事件、とにかく色々調べる。

なぜ好きなのかはよく分からないが。



ただ、だいたいこういうのを調べようとすると、色々なつまらないサイトにぶつかる。

naverまとめはその最たるものだ。

次にクックパッド。悪いサイトではないが、料理に偏りすぎるし素人料理法なんてあまり見たいものではない。

あとはWikipediaだ。

もちろんWikipediaは悪くはない。食事の間の暇つぶし程度なら十分な信用性だ。ただ、文書として書いた人間が何らかの権威に属し、なおかつ世に発表するためにいくら校正を受けていて、ソースもしっかりしてるまともな文書の方を読みたいのが本当のところだ。とは言えサラッと概要を知れる点では重宝している。

その他2ちゃんねるまとめサイトや小規模な話題に特化しているブログのようなサイト

こういうものに埋もれてあまり見たいものが出てこない。



それで自分はいつもググるときに site:go.jp をつけている。

これによって多くの怪しげな情報や過剰に装飾された記事が足切される。

代わりに権威ある機関調査資料プレゼン資料などがゴロゴロ見つかる。



この魔法言葉のおかげで、今日食事を楽しめている。

さっきはメカブ昆布の粘性の違いについての数ページの論文を読んだり、

仏の銀蔵という中学道徳教科書物語を読んだりして楽しんでいた。

vita新品購入して一年に2回もスティック異常でメーカー無料修理に出した、みたいなブログ見ると、いくらやすくてもvita中古リスク高いなあと思っちゃうなー

ブラック研究室には気を付けなよ。

理系学部に、所属している学部であるが、ブラック研究室には気を付けなよ。

自体は、ブラック研究室には所属していないが、友達や知り合いはブラック研究室に入ってしまいえらいことになってる。

よくインターネットなんかで、”ブラック研究室”なんて打つとその実態が生々しくつづられてるブログをみることができる。

自身研究室配属前はそれらの悲惨事実は世の中に存在しうるであろうが、身近に本当に存在するのか疑わしい事実であった。

要は、遠い世界のことだと思っていた。

それでも研究室配属前は、周りのみんなも僕もブラック研究室についてはある程度警戒はしていた。

「あそこの研究室は、ブラックだ。」、「あっちは、ブラックっぽいけど就職いからどうしよう。」などなど。

ブラック研究室”って検索すると、ブラック研究室かどうかを判断する方法がつらつら並べられてたりする。

今思えば、「なるほどー」と思うことはあれど、やっぱり判断つきにくいことはどうしても出てくる。

つの理由としては、情報が錯そうしてしまっていたことだと思う。いくら僕たちが調べても、どうしても周りの情報には嘘がふくまれしまうことはある。

一方では、ブラックと言われててもも、入ってみるとそれほどでもないって友人はふつうにいるし、楽な研究室だと情報収集して入った研究室がじつはえげつかった

なんてふつうにあった。

学年には、普通に優秀なやつらなんていっぱいいた。学年で10人の中にはいるほど優秀なやつらで、それほどきつくない研究室はいって研究就活公務員

勉強しようってやつらだった。当然、成績のいいやつらだから研究室普通に選べるやつらだった。噂では、楽だろうと思われていた研究室そいつらは選んだ。

しかし、入って蓋を開けてみれば、配属されたそいつら全員がブラックだって言ってた。ブラック研究室だって、警戒していたやつらだった。研究室の下調べも、

僕より全然してた。でも、ブラックだった。。。。

そいつらの中には、研究室ほとんど来なくなったやつもいるし、普通に体壊してしまったやつもいる。ほんと、わけわかんないよ。

研究室は、相性ってのはぶっちゃけあってると思う。成績あんま良くないやつらでも、あえて厳しい研究室に行って、がんばってるやつらもふつうにいる。

あんまりしんどい思いしたくないってやつは、もしそこの厳しい研究室に行ったらブラックだって言っちゃうんだろうな。

ホワイト=楽”じゃなくて、”ホワイト自分に合う”だとおもう。”ブラック自分に合わない”だね。

つっても明らかに、だれにも合いそうにないブラック研究室もあったけどね。そういうのって、だいたい誰でもわかる。でもそんなブラック研究室先生が、

アカハラ相談先に指定されてたりするんだから意味わかんないよね。明らかに相談しに行ったら潰されるだろって、普通に思った。

俺は、元々一番行きたい研究室は決まっていた。単純にやってみたいと思った研究室がそこしかなかったから。でも、本当に運がいい。第二希望が、ブラックだったから。

エゴサーチ芸人エゴサ避け芸人ファン

先日アメトーーク!で「エゴサーチ芸人」が放送された。

とても面白く、アメトーーク!の中でも所謂“当たり回”に入ると思う。

(これは出演者たちのエゴ対策ではない。念のため。)

それはそれとして私はエゴサーチする芸能人が嫌いだ。

先に説明をさせてもらうと、芸能人の中でも芸人ファンとの距離が近い方に入ると思う。

それなりに名前の知られた芸人でも、ライブ出待ちをするのはそう難しいことではないし、

送ったファンレターの返事が届いた、出待ちツイッターリプライを繰り返すうちに名前を覚えてもらった…なんて話は珍しくない。

しかしそんなことに興味のない側からすれば思う。

芸人ファン距離が近すぎる。

随分昔のことだけど、主に舞台活躍していた某芸人(以下A)のツイッターは痛いことで有名だった。

Aがエゴサーチをしていることはあまりにも有名だったものの、実害はない(そのあまりの痛さにAの相方辟易していたらしいことを除けば)のでお笑いファン特に気にしてはいなかった。

ただある日、Aは弾けた。

俺の思う主義主張ツイッターで掲げ、飛んでくるリプライ反論

ここまではまあいものことか、と軽く流されていた。

次にAのツイートについて引き気味の感想を呟いた人たちに、Aは軒並み絡み始めた。

そして最終的には、名前を伏せていた(見ればだれか分かるが検索にはかからないように配慮されていた)ツイートにまで絡み始めた。

しか非公式RTで。

ツイッター使用したことのある人であれば理解できると思うが、非公式RTツイートの加工ができてしまうので

恣意的ツイート編集ができてしまうことになる。

実際、Aが意図たかしていないか不明だが、

一部のツイート本来ツイートとは違った意味合いで、Aのタイムラインに流れてしまった。

Aをフォローしているファン全員が非公式RTされた人のホームまで見に行くとは思えない。

未だその人のことをろくでもないファンだと思ったままの人もいるだろう。

それから私のタイムラインでは、誰もAの名前を挙げてツイートすることはなくなった。

あの人が、とか、いつもの、のような、明らかに濁した表現が多くなった。

ツイート数を大幅に減らし、当たり障りのないことをつぶやくばかりになった人もいた。

鍵垢にしたり、そのままいなくなってしまう人もいた。

名前を呼んではいけないあの人”“恐怖政治”という単語が思い浮かんだことを覚えている。

今となっては遠い昔の話で、Aはツイッターをやめてしまったし、Aの名前普通に出してツイートする人も増えてきた。

Aが未だにエゴサを続けているのかは分からないが、個人的には性格上まだ見ているのではないか?と思ってしまっている。

はいえ絡まなくなった今となっては、もうどちらでもいいのだけれど。

古参のAファンは未だに鍵垢や名前を呟かない人が多いのが、なんとなく事件が尾を引いていることを感じさせる。

久々にこんなことを思い出してブログを書いてみた。

私はあれ以降エゴサを公言する人たちは嫌いだし、Aのことも好きにはなれないままだ。

ただエゴサーチ芸人はとても面白かった。

Aがいつか当時の痛さをネタとして昇華してくれて、エゴサーチ芸人に名を連ねてくれるのを待ちわびるばかりだ。



どうでもいい追記をすると

一度だけウーマン村本氏の炎上タイムライン話題になったことがあったけれども

みんなAの事件から異様に当事者を伏せて話をするのが上手になっていたせいか

誰もあの驚異の検索網に引っかからなかったのが面白かった。

(昨日見検索のあまりの細やかさに笑ってしまった)

2016-06-30

http://anond.hatelabo.jp/20160630171436

なんというか かなり攻撃的かもしてません。

有る事無い事も混ぜてるというか、ほとんどいちゃもんですね…

ここでそのブログリンク張ったら問題になるんでしょうか?


※追記

中傷された会社通報しておきましたのでリンク貼りません。

メンヘラは、病気じゃないから薬じゃ治らない

xevra先生が、高齢メンヘラカップルブログに、薬が合ってないのか、とブコメされておられるが、

ブログを読む限り、主治医への相談必要で薬を変えなければいけないほどのうつ症状がある感じはしない(あのブログ精神リスカは通常営業だ)し、

そもそもパーソナリティ障害自体は、神経や脳器質などの生化学的なものというより、他人迷惑になるレベルで著しく性格が悪い人、というだけのことなので、

薬じゃあ治らないし、根気よくカウンセリングなどを続けたところで、あまり効果がない(何しろ著しく性格が悪い人を相手カウンセリングしなきゃいけないから)ことが多い。

パーソナリティ障害には多くの種類があるが、これは、様々なベクトル性格の悪さを、大まかにカテゴリー分けしているだけ、という側面もある。



実体験数が少なく、それに反して情報量が多い今時の若者には、多かれ少なかれパーソナリティ障害的な心の動きが見られる人もいて、それほど珍しいことでもない。

まだ若い人であれば、良い友達や良いパートナーときちんと付き合っていくことで、カウンセリング的な効果を得て、成長と共に

他人迷惑になるレベルで著しく性格が悪い人」から、「ちょっと個性的だけど面白い子だよ」ぐらいまで改善することも少なくない。



まぁ、当該の高齢メンヘラカップルは、もう既にどっちも高齢者で、今までの道のりで見つけられたであろう性格改善ヒントをすべてスルーしてきたという実績に加えて、

道端に落ちてたメンヘラを拾って隙間を埋めてみたけど合わなかったから捨てました、みたいな、

いい年した人間ならとっくに卒業したような(おまけにそれをSNS告白したり、サブイボ級のポエムタッチブログ公表したりの)破壊的な行動を繰り返している輩どもなので、

パーソナリティ障害に係る各種の「生きづらさ」の改善は、期待できないだろう。



「うつ」心の風邪から休養がいちばん、という例えに倣うなら(これは本当によくできている例えだと思う。複合原因または原因不明放置・反復が過ぎると死を招くところまで特徴をよく表してる)、

パーソナリティ障害は「子供の頃から生活習慣ですっかり太った精神デブ」みたいな感じだと思っている。これは自分勝手定義していることではあるが。

彼らのような、パーソナリティ障害に苦しんでいる人たちの持つ共通の原因は「肥大化した自意識」。他者存在を受け入れずに生きてきた結果「自」のフィールドけが肥大化している。心の内臓脂肪理由

これは、遺伝的な体質ももちろんあるけれど、どちらかと言うと、生育環境なども含む生活習慣由来の問題なので、投薬やおざなりカウンセリングなどでは、根本改善するのは難しい。

例えば、長年の運動不足肥満から糖尿を発症した人に対して、糖尿への投薬治療はできるけれど、運動不足由来の肥満を解消させて原因を改善させるのが本当に大変なのと同じような感じ。

そして「適度に食べ、適度に運動し、人生を楽しむ」習慣が身に付けば、収まってしまう(糖尿発症ちゃうと収まっちゃう簡単には言えないけど…)ようなものでもある。

パーソナリティ障害精神科受診すると抗うつ剤を処方されることがあるが、肥満理由の糖尿と、メンヘラ理由うつは、似ていると思う。

そして、肥大した自意識=過剰な内臓脂肪、と例えると、他者筋肉量、という感じである



上の方に記した「良い友達や良いパートナーときちんと付き合っていく」というのが、「適度に食べ、適度に運動し、人生を楽しむ」にあたる部分で、とても大切なことだったりする。

職業カウンセラーでは、そこまで対象者踏み込み、「適切な距離を取った他者」であり続けるのは、時間的にも精神的にも難しいのが現実

一方で、メンヘラではない多くの人は、自分の近くにいる人と適切にコミットしたいと願うのがふつうだ。その方が人生を楽しみやすいし人間関係安全性を確保しやすいから。

ましてや、近づいた意図友情恋愛などの「好意」に基づくものであれば、時間や労力を厭わずに、その相手との適切なコミュニケーションコミットメント方法模索しようと試みる。

メンヘラ傾向があったが色々あって落ち着いた人」というのは、このような友情愛情という機会を、きちんととらえることができた人。

若いうちのメンヘラは恋すれば治る、みたいな側面もあって、良い人と巡り合えば、ケロッと、それこそ憑き物が落ちたかのように普通になっていたりする。

一方で、当該の高齢メンヘラブログを読むと、今まで、改善可能性を感じる「他者」と向き合わうべきタイミングで常に逃避行動を取って生きてきたのだろうということが分かる。

な、著しく性格が悪いだろう。



ちなみに、他者と向き合わなくても、結婚だって離婚だって浮気だってセックスだって、するのは簡単。というか、むしろ他者ときちんと向き合わない方がどれも簡単だったりする。

相手のこと考えずにいる方が、照れや逡巡や羞恥心プライドなんかの、恋愛セックスにまつわる精神的なハードルは超えやすいから。

ただし、他者ときちんと向き合った付き合いの上で行う、結婚生活セックスは、向き合わないまま行う結婚セックスの何千倍も多幸感が強い。まぁ当然の話だが。

「彼ら・彼女ら」が、あれだけ行動的で、発信意欲が強くても、ちーとも幸せそうに見えないのは、これが理由

パズルの合わないパーツを、手前勝手に合わせようとして癇癪起こしてる子供と一緒。

他者と向き合わず精神的な成長を否定して、というのは、大昔は「ピーターパンシンドローム」なんつって流行ったんだ。

まぁあれはあれで、この文章と同様に偏狭な側面が強いものではあったが(なんで男性限定したんだろうなあれ、時代性だろうか)。

まぁ、そんな通俗心理本が出る程度には、一山幾らの、凡庸特に特徴も魅力もないような、特に珍しくもないような、ただの性格の悪さでしかないんだよな。

更新するとすぐブクマする奴

ブログ更新後数分以内で巡回ブクマする奴なんなの

非表示した

NGリスト

今日ホッテントリに上がってきている子育てブログNGリストGO

どうもちょっと登場する娘さんが好きになれない。

意見表明できる人が理解できない

Twitterブログ、果ては実名であるFacebook意見表明してる人が多くいるけど本当に理解できない。匿名じゃない場所意見表明してる人ってリスク管理意識低すぎだと思う。



今の世の中、一度きりの間違いや勘違い発言をするだけで死ぬまでそのことをネタに攻められ続ける。その人がその発言について訂正しようが謝罪しようが関係ない。敵対する人達画像魚拓を持ち出して延々とその点を指摘してくる。どんなにいいことを発言していても「でもあいつ昔こんな間違い発言してるから参考にならないよ」と言われたら終わりだ。北海道男児行方不明事件みたいな二転三転するような事件が起こると、多くの人がポジション取りを間違える。その結果、間違った人達真実側の人たちにマウンティングされ馬鹿にされ続ける。匿名場所ならばいくらでも真実側に寝返って敗者をマウンティングできるのに。



匿名じゃない場所意見表明してもいいことなんて何一つない。匿名じゃない場所意見表明してる人って何が目的なの?

から俺が挙げるものより「意外とありそうでないもの」ってある?

ズッコケ三人組」全作品を詳細レビューしたブログ

2016-06-29

わたしよりはてなスターが少ない人とは結婚できない

と、いうのはまあ釣り文句で、はてなを使ってなくてもすてきな男の人はいるだろうし、わたしはてな歴はそれなりにあってスターをそれなりにもらっているので、絶対数ということではなくて。

 

でもこの間、ちょっといかな?って思える人がいて、その人ははてなをよく知らなかったので教えてあげたことがあって。

 

ブックマークっていうのがあって、みんなでブログとかニュースコメントしたりして面白いサイトなんですよ」みたいな話をしたら、早速登録してくれた。

 

で、コメントのしかたもおしえてあげて、一週間くらいその人のコメントを見てスターを付け合ったりしてた。

 

最初は例の互助会みたいなコメントばっかり(当然だれもスターはつけない)だったんだけど、まあ初心者から仕方ないかなって感じで私だけスターつけてあげたんだけど、

 

でもあるときちょっとダジャレぽいことを書いたら、私以外の人からスターを貰えて、それがすごく嬉しかったみたいだった。

 

で、その喜び方がかわいいなって思ってたんだけど、そのスターが嬉しすぎたのかしらないけど、それ以降どんどん変な方向に進んでいって、サムイコメントばかりするようになってしまった。

 

私もちょっと引きながらもそれに律儀にスターをつけていたんだけど、

ある日、その人のその日のブコメ一覧をみたら、結構な数のコメントをしてるのにスターつけてるの完全に私だけだった。私だって半分いやいやにつけてた。

 

それで一気に醒めた。フェードアウト

  

やっぱり誰にも評価されないような人とは結婚とかしたくないよ。

 

ブコメで鋭い洞察面白い事を書ける人のほうがいいよ。そういう人はリアルでも人間力高いはず。スターってそれの一つの指標じゃないかなあって。

 

 

ちなみにその人はまださむいブコメを続けてて、スターなしでも頑張ってるみたいだ。

寄稿した記事炎上した。初めて炎上して思うこと - ドイツ発 雨宮の迷走ニュース

http://www.amamiyashion.com/entry/2016/06/29/163158


ブコメ非表示にしているので、増田に書きます

標題記事を見て本当にびっくりした。

あ、炎上っていうのは

国際恋愛中のわたしが「日本人男性と付き合いたくない」5つの理由

これね。覚えている人も多いと思う、昨日の話だしね。

読んでもらえばわかる、と言うかタイトルだけでわかるけど、

これで炎上するとは思わなかったって相当の馬鹿しか思えない。

そうでなければ、相当正確の悪いやつだという帰結になるけど、それは後で説明します。


いろいろ言いたいことはあるけども、

あとあれだ。最後に付け加えたオチ

なんやかんや、やっぱりヨーロッパ人はかっこよく見えますしね!(ゝω・)vキャピ

国際恋愛中のわたしが「日本人男性と付き合いたくない」5つの理由 - AI TIME

これだ。これが絶対ダメだったやつだ。

これを見て、本物の馬鹿なのかな?と思ってしまった。

いやいや、そこでこんなに燃えるわけないじゃん。

というか、多分みんなそこにたどり着くまでにギブアップしてるから、その部分読んでないと思うんだ。

俺もバヌアツ氏の改変がなかったら読めてない。


さらに、こんなこともおっしゃる

正当化するつもりはないけど、ヨーロッパ系の人と現地で国際恋愛したことある人なら、共感できる内容だと思います。実際そういうコメントも多かったし。もちろん、みんながそうじゃないけど。

理解してくださる方たちもいました。

理解してくださる人として真っ先に上げてるのがはあちゅう

アッハイ

しか言いようが無い事象に、これは確実に釣りなのだという確信を深めるしかない。誰か助けて


で、ここまでの記事で「炎上しない」と思うのは、よっぽどの馬鹿か、わかっててやってる炎上狙いしかありえないわけですよ。

前者なら前者でいいので、そのまま消し炭になってください、というところです。

でもブコメ欄消してんのな。極めて卑怯である

確信犯ならなおひどくて、それ人のブログでやる?ってことですよ。

人様のブログ記事を書かせていただいている立場からすれば、あまりに心苦しい事態です。わたしのせいであいさんのコメント欄が荒れていると思うと、本当に申し訳ありません。

寄稿というのは、「そのブログ運営一助になれたらいい」「ほかの方のブログを借りて、わたし記事を読んでもらいたい」という2つの気持ちで書いています

なので、わたしに声をかけてくださったせいであいさんにご迷惑をおかけしたと思うと、とても申し訳ない気持ちになります

とか言ってるけど絶対嘘だわ。

まあありうる線としては、炎上の共謀共同正犯といったところですかね。

ネット饒舌な人は現実で我慢してることをよくネット愚痴ってるけど

言えよ。現実で。

今日見たやつだと「どうしても日中眠いから人目を忍んでこっそり寝てます…」というブログだったが。

言えよ。上司に。相談しろ。詳細に。

「眠たいけどなんとなく寝てはいけないと思ってるから我慢してます…。日本社会煙草休憩が許されるのに昼寝ってなんでダメなんですかね?」

そう言えばいいじゃん。周囲に。

昼寝ぐらい言えば許してくれるだろ。なぜ言わない?

ネットで不満を愚痴る人は、現実勝手自分を追い詰めたり縛りプレイをして不満をためていることが多いけど。

で、それを社会全体がーとか主語をでかくして愚痴るんだよネットで。(上のブログは違うけど)

まずお前が周囲をちょっと過ごしやすいように変えればいいじゃん。

なんで何も言わずに我慢してるの?

青二才の二大トラウマ Kanose&本物川

http://anond.hatelabo.jp/20160628002050

 

青二才が事あるごとにKanoseに噛みつくようになったのはこれ

http://togetter.com/li/495914 以来だったように記憶している。

 

内容はいもの青二才テイストで「よく調べもせず適当なことを書き散らす」

だったが、現在記事自体はしれっと消している。

もともとブコメでも盛大に馬鹿にされてたところをKanoseダメ押しされたのと、

内容が言い訳のしようがないほどのデマ(元のソースアンサイクロペディアw)

だったのがよっぽど恥ずかしかった模様。

 

 


本物川のほうはこれ http://togetter.com/li/834557

ほぼ全部ツイ消ししてるが途中に自分でまとめた(?!)ブログ記事魚拓あり。

ちなみにこれもブログごと消滅

これもまたいつものミソジニーによる暴言で本物川にぶっ叩かれまくり

(http://togetter.com/li/835181)ブロックして逃亡。

このまとめでもやり取りした形跡はあるがツイ消ししている。

この時に何か発言した人達を「本物川一派」認定して大量にブロックしたっぽい。

ついでにその後の話(http://togetter.com/li/835863)

実際は本物川一派などという集団ではなく、あまりに酷い主張だったゆえに

個々に批判されていただけだったのだが、あまりの叩かれっぷりに

集団ストーカー被害妄想に陥ったのではないかと推測。


こうして見なおしてみるとブログ記事ツイートよく消してるなw

いかにいい加減なことばかり言ってるかがよくわかる。

 

 

死ねばいいのに(笑)

英語で発信するば世界が広がるんじゃなかったのか

英語必死に学んでいるので英語情報発信をしている。

いろんな英語啓蒙書をみると、発信型の英語重要らしい。

英語だと日本語で発信するよりはるかに多くの人に見てもらえて世界が広がって収入が増えるというじゃないか

なので1年間ぐらいがんばって、100kBぐらいの文章投稿してきた。

ブログだけだと認知されないかもなのでLang8とかの言語SNSにも投稿してきた。

日常的な話題とか疑問とかだ。日本独自情報ということで自分の好きなオタ系ネタとかも書いたりした。

だが結果は散々だ。

まずアクセスがない。レスもない。スパムは増える。いやむしろスパムでも反応があって嬉しいぐらいだ。

日本語でテキトーtwitter投稿するとRTスターがちょこちょこ貰えて、

まれにバズって数千スターを貰えたりするのとは大違いだ。

絵を書いてアップすればチヤホヤされるし、レスのやりとりで楽しい関係を作り出せたりもする。


なんだよー、何年もの英語の訓練、学習に掛けた費用意味ないじゃないかコスパ最低じゃないか

ちょっと最近はてな一部の人過激になってきてない?

具体的にはIkaMaruさんとかG17さんとかscopedogさんとかなんだけど。

あの界隈の人達最近あおり気味のまとめに賛同したり、

別の思想人達に対して積極的手斧投げ始めてるけどちょっとヒートアップしすぎじゃない?

一旦落ち着いた方がいいんじゃないか。

なんか俺が来た時に比べるとどんどん攻撃的になってる。

はてなに来た当初は同じ思想人達ブログで固まって議論したり、指摘する場合もまだもうちょい冷静だった気もするんだけど。


実は参院選とか終わったら落ち着くのかな。

はてな暦そんなに長くないからわかってないのかもしれないけど選挙の時とかは毎回あんな感じなん?

てんかん患者自動車運転を患者立場から考える

私は側頭葉てんかんを25年間患っているイラストレーターです。

てんかん協会患者は、てんかん患者自動車運転の権利を訴えていますが、

私はてんかん患者自動車運転に反対の立場です。

Twitterなどでも言うべきなのでしょうが仕事用のアカウントしかないため、

匿名ブログで書かせて頂きました。



てんかんというと、泡を吹いて痙攣しながらひっくり返るようなイメージを持たれますが、

側頭葉てんかんの複雑部分発作、というのは

主に数秒から数十秒意識がなくなったりする発作が主です。

他にも、自動症など色々あります

自分は発作を起こしている自覚がなく、ずっと先生に「何も変わりはありません」

と言っていました。

親には、ぼーっとしているのは元からそういう性格だと思われており、

「うちの子脳波はまだ波が出てるけど、発作は4歳の頃に発覚した以降、一度も起こしたことがない」

認識していました。



私は小中学生時代に虐められていたため、挙動おかしさもよく指摘されていましたが、

彼らは自動症について言っているのではなく、ありもしないことを言って嫌がらせをしているんだと思い込んでいました。

嫌がらせの一貫だと思い込んでいたので、それはもう大変な被害妄想になり、他人の言うことは全て嘘だと思っていました。

しかし、大学生くらいの頃になって、信頼のおける友人に「君はよく一点を凝視していることがあるよね」

と言われました。

全く自覚がありませんでした。もしかしててんかん発作?」とその時はじめて思い至りました。

自分では気付けないため家族にも協力してもらい、自分の行動の内の不審な点を書き出してもらって、

病院先生のところに持って行くと、やっぱり発作かもしれないね、ということになりました。

また、てんかんとは全く関係ないだろうと勝手に思い込んでいた離人感や、知覚の歪み、幽霊っぽいものが見えるのも、

きちんと自分で調べてみると、関係がある可能性もあるようでした。



運転免許は、元々自動車ゲームがすごく苦手だったので、

現実の運転なんて怖いと思って取得していませんでしたが、

発作らしき行動を指摘される前に免許を取っていた可能性も全くなくはありません。

そうしたら、小学生の列に突っ込んで塀の中暮らしになっていたかもしれません。

だって、4歳の頃にてんかんが発覚していたのに

自分ではたった数秒意識を失ってぼーっとしていたり、自動症が出ていたなんて、大人になるまで気付けなかったのですから



私は、自動車自動ブレーキや運転機能もついていない限りは、

完治していないてんかん患者には絶対に運転して欲しくありません。

てんかん患者事故を起こせば、偏見が深まります

てんかん患者としては大迷惑です。

気軽に運転しないで下さい。自動車がないと不便な田舎暮らしだったとしても、万が一の迷惑を被るのは他人です。

また、本人がてんかんだと申告しているのに、

こんな短時間で発作なんか起きないだろう、ちょっとぐらいやらせても大丈夫だろう、

お前が運転しなければ困るんだと、仕事で運転させるようなことも絶対にさせないで下さい。


わたしは、てんかん患者の人が安心して運転出来るように、

自動車には基本的自動ブレーキや運転機能が搭載されるようになって欲しいです。

飲酒や変な薬、普通の居眠りで暴走する人だっているので、

全ての自動車義務づけて欲しいです。



このブログは、てんかん患者や、一般人の方々、なるべくたくさんの人たちに読んで欲しいなと思うので、

拡散して欲しいと思います

よろしくお願い致します。



追記

「服薬の有無書いてないので未治療のヒト?」というコメントに気付いたので、回答致します。

薬は小さなからテグレトールのみを処方されており、

今は、医師にきちんと症状を報告して、諸症状はてんかんの発作だねということになっており、

薬の量も調整されました。

が、私は今までが無自覚だったので、本当に大丈夫なのかなといつも怖いと思っています

(もし子供の頃に誰かが気付いてくれれば、口をモグモグさせたりする発作の挙動気持ち悪いと馬鹿にされたりして苦しまないですんだのかな…)

他のてんかんについてはあまり知らないので何とも言えないところも確かにありますが、

側頭葉てんかんの複雑部分発作に関しては、脳波以外は誰かが気付かなければ本当に自己申告しかないので、

本人が気付かなければ医者も気付かないし、

私のように「発作なし」と診断をされていた患者はたくさんいると思っています

医療関係の方には、この事実を重く受け止めて欲しいと思っています

疾患や薬剤の作用面白おかしネタにするとは

さきほどツイッターとあるツイートを見かけ、大変驚いたと同時にすごくやるせない気持ちになったので少し書かせてください。

そのツイートというのが、

とある向精神薬(検索避けのため薬品名は伏せます)を服用すると副作用として男性でも母乳が出たり、女性のように胸が膨らんだりします!とても現実味のある方法なので腐女子の皆さんはぜひこのネタで受けにミルクを出させてあげてください!Let's母乳

といった内容でした。

どうでしょうか。正直ドン引きしか言いようがありません。

これをツイートされた方は実際にその薬で治療を行っていてその副作用もご自身経験されたそうですが、

向精神薬というものがどういう状態の人が服用するのか、『副作用』という言葉意味男性の乳汁分泌・女性化乳房がどういう意味を持つのか、この薬を服用していてご自身でその作用を実感されているなら嫌というほどわかっているのではと思うのですがその上でこうしてネタにできるというのは不思議でなりません。

よく創作のための雑学bot~のようなものでも少し医学的な分野に触れた内容は見受けられますが、こういった具体的な疾患や治療、薬剤に関してその作用や症状などを面白おかしく扱うというのはあまりにも倫理観に欠けるのではないでしょうか。

ここでは名前を伏せましたが実際のツイートには薬剤の名前がハッキリと入っており、検索するとその作用や処方状況、服用している方の相談ブログ等も見ることができます

その中でこのようなツイート話題となり、検索結果の上位に上ってきたとしたらどうでしょうか。実際にうつ病等で向精神薬による治療必要となりこの薬を処方された患者さんが、他に使っている人の感想副作用を知りたくて検索をかけてこのツイートに行きついたらどう思うでしょうか。または女性化乳房や突然の乳汁分泌に驚いて、病院に行くのも恥ずかしくてネットで調べようと思った男性がこのツイートを見たら。どう思うでしょうか。

自分病気が、または身体の異常がこのように面白がられてましてや性的コンテンツとして消費されている現実をどう感じるでしょうか。

なにもうつ病向精神薬に限ったことではありません。

いつだか、こちらも女性ツイートで、

前立腺は歳をとると大きくなるって聞いたから、若い人よりもおじさんの○○(キャラクター名)の方がお尻の感度がいいんだ」

といった発言を見かけたことがありますが、こちらも同じですよね。

前立腺は確かに加齢とともに生理的変化として肥大しますがそのせいで排尿に関する問題を抱えて悩む方もたくさんいらっしゃいます

ましてや前立腺癌というもの存在します。おしっこの出が悪いなら前立腺癌ではないかと言われて不安になった方が検索してみてこれが目に入ったらどうでしょうか。

少なくとも私なら、自分病気不安の種をこんな風に面白おかしく書かれ性的コンテンツネタにされていたらいい気分はしません。

今回例として挙げたのはどちらも腐女子男性の体について触れ、ネタとして扱ったものですが、もちろん逆もあるでしょう。

男性女性病気や疾患、体調の変調について興味半分で触れ、性消費のネタとすることも少なくはないと思います

あくまでも今回私が問題と感じたのは『実在する疾患や障害の症状、その治療行為及び薬剤等を面白おかしネタとして扱う』ことに関してです。

信者及び対象となる方の性別や年齢・遍歴・疾患・国籍人種等は問いません。誰が誰のどんな疾患(症状/治療/薬剤…)に対して行っても等しく問題であると思います

自分経験者だから良い、つらさがわかってるから良い、面白がるつもりはなかった…等、どんなことを言っても受け取る患者さんはそうは思いません。

医療者であればこのような発言いか不適切患者の心を傷つけるか、また自身立場を脅かすものであるかわかると思いますが、そうでない方には自分が発する疾患等についての情報の重大性がわからないのも仕方ないのかもしれません。

ですが、他者病気、すなわち困難や苦痛をまるで笑い話のように扱うことが良くないことであるのはわかってほしいと思います

実際に検索をかけてみたところ、当該薬剤の使用経験のある方の「向精神薬飲まなきゃいけないほど精神がまいってる時にこの副作用はつらかった」「かなりうつ病が進行してる状態から性的な欲求は起こらない、それどころではない」といった苦言が見受けられました。ツイートされてからわずか数時間の間に何件もこういった意見が出されています

医療者のように法的な責任を負えとは言いません。教育も受けていなければ免許を持つわけでもないのでその必要はありませんが、ともすればうつ病精神疾患患者団体から訴えられたりしてもおかしくはないと思います

当人は「(疾患や薬剤の効能について)考え方は人ぞれぞれだから仕方ない、私はそう思わなかったからこういうツイートをしてしまったが、自分がこう考えるから他人もこうだというのは無理がある」「私の考えとあなたたちの考えは違う」「文句を言ったりブロックするのは自由だが考えを押し付けるな」と述べられておりますが、この件、すなわち医療に関してばかりはそうもいかないのが難しいところなのだということを、今回このツイートをした御当人にも、そしてこれを読む人にもわかっていただきたいと思います

病気に関しては、当事者の受け取ったことが全てなのです。痛みがその本人にしかからず数値化できないのと同じように、病気障害のつらさやそれをどう受け取るかも確かに人によって違います。ですが、「人によって違うから面白く扱っても許される」ということではないのです。個別性があるなら、大勢に向けて誰か一人の尺度で発信してはいけない、もしするならそれは責任を負わなければならないということです。医療者の常識押し付けるような形となるのは心苦しくもありますが、病気で苦しむ人がいる以上知っておいてほしいとも思います

それがわからないのなら、軽率にこういった医療行為及びそれに関連した物品薬剤企業等に関する発言はしないで頂きたい。責任を取れないのは仕方がないが、だからといって何でも言っていいわけではないということです。

病気は誰でも当事者になる可能性があり、誰にとっても不安苦痛をもたらします。

そのことさえ忘れないで頂ければ、このように疾患や障害治療薬剤やその患者等を面白がって消費するような発言はできないと思います

また、そのような発言拡散する方たちに同じことが言えます。誰かがRTや共有などでその発言を広めることによって、これを不快だと思う方のところに届く確率は間違いなく上昇します。

発信しないことと合わせて、こういった疾患・障害治療に関する不適切発言は広めないこともお願いしたいです。

どうしても発信したい、そういうのが好きな方に教えたいと思うのであれば、せめてアカウントを非公開にするだとか、DMやその他クローズド手段にて個人的にやりとりする程度の配慮はあってもよいのではないでしょうか。

自分発言が誰からアクセス可能ものであるということをきちんと弁えて頂きたく思います

長くなってしまった上、ともすれば特定の一個人を攻撃するような形にはなってしまいましたが、今回あまりにも問題があると思ったため書かせていただきました。

これを機に少しでもそういった発言の減ることをいち医療従事者として切に願っています

いたずらに患者さんの不安を煽ったり、不快にさせるようなことはやめていただきたい。たとえあなた医療者でなく、その疾患に関係がなかったとしても。

病名や障害名、薬剤や治療法が存在する以上、それに苦しめられている方も必ず存在します。そしてインターネットはその患者さんとそれらに関係のないあなたを一瞬で結びつけることのできるツールなのです。どうか、どうかそのことを忘れないで欲しいと思います

ここまでお読みいただきありがとうございました。

4年前青二才ブログ記事に一回軽く駄目だししたせいでいまだに青二才に恨まれて絡まれ続けるゆうきまさみさんかわいそうに・・・・・・青二才こういうところは4年前から全く成長しない。



https://twitter.com/tm2501/status/747727284010881025

そうでしょ。俺の文章って好き嫌い別れるのは「好きな人がとことん好きになるように」しか作ってないからだよね。

たまに「お前の文章大したことないな」とか言う人いるけど、それはお前に合わせてないだけ。みんなに合わせてたら自分の作りたいものなんかできないし


https://twitter.com/tm2501/status/747730038561316864

あー鶉まどかと同じ方向に行くんだ…完全な上位互換だけど / 他4コメント http://b.hatena.ne.jp/entry/toianna.hatenablog.com/entry/2016/06/28/173000 … “オンライン相談所『恋愛障害保健室』を開設します - トイアンナのぐだぐだ”


https://twitter.com/tm2501/status/747730449175318528

まどかなんか人気ブロガーですらないと思ってる雑魚から比較するのもおこがましいと思いながらも「あの路線売れるよね」っていうルートを最も明確に示したのは彼女であり、北条かやさんなのよね…。

ただ、上の2人は社会性というか、戦略運用が下手だったか大成できなかったのよね…


https://twitter.com/tm2501/status/747731167114334208

いや、またkanose周辺の人からミソジニーだ」とか言われそうな話だけど、僕は一貫して「ネットで最強なのは港区OL女性であることを全面的に売りにしていくスタイル現実ネットに持ち込んで、ネットだけの強さをぶん殴っていくスタイルだよ」というスタンスですよ…はい


https://twitter.com/tm2501/status/747731844112736256

で、僕は同時に言ってるわけ。「ネットでも現実でも港区OLか、港区OLの尻を叩いて金儲けしてる人が勝つようになって何が面白いんですか?ネットしか勝てない人の面白さをどんどん拾っていかないと、ネット現実の焼き写しにしかなりませんよ」と。理解されてないけど

https://twitter.com/tm2501/status/747732432363851777

オッサンオタクが大好きなゆうきまさみ氏も「サラリーマンやりながら(基盤をしっかりさせながら)クリエイターしなさいよ」みたいなこと言ってるけど、あの言い分について

サラリーマンできるやつは何をしても成功するんだよバーカ」としか思わないわけですよ。…履き違えてるやつ多すぎ

https://twitter.com/tm2501/status/747733257609973760

トイアンナさんは絶対にしくじらない最強の女性から、今後はネット彼女のような

「そつなくこなす港区OLが、最初だけ偽造して、その後は人間わらしべ長者段取り出版社人間二村ヒトシまで乗り換えて登りつめて行くスタイル

流行るんだろうなぁ…。もっと、前からあったけどさ

https://twitter.com/tm2501/status/747733983086125060

僕が僕のブログノウハウブログを教えて盛りたてるようなことをしてるのは、「ネットネット成功モデルを作っていこうぜ」という僕なりの、時代現実に対するアンチテーゼなんだけど…伝わんないんだよなぁ〜うん。