「ブログ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ブログとは

2016-05-26

俺の読書感想文1 「そして誰もいなくなった

ネット(fujiponさんのブログ)でオススメされてたから読んだぜ!!

最初登場人物がたくさん紹介されるところですげー混乱したぜ!!

俺は日頃から小説を読まないから辛いぜ!!

初めてコピー用紙に人物名を書いて整理したぜ!!

馬鹿だぜ!!



登場人物が島に集合するまではすげーつまらなかったぜ!!

でもよ、最初の一人が死んでから面白さ爆上がりだぜ!!

寝転んで読んでたせいで、読み終わったときに体が痛くて痛くて大変だったぜ!!



どんどん人が死んでくぜ!!

読みながら誰が犯人か足りない頭で考えたぜ!!

「こいつ怪しいぜ」ってやつから死んでくもんで、お手上げアゲアゲだぜ!!

登場人物では、ロンバードが一番好きだぜ!ヴェラと対峙した場面は最高に痺れたぜ!!

一番嫌いなのはブレントのババアだぜ!!マジ堅物は勘弁だぜ。でも、朝食作ってくれてありだとーだぜ!!


ミステリーって面白いぜ!!

次も面白ミステリーを読みたいぜ!!簡単ものオススメしてくれるとサンキューだぜ!!

次は、あざなわさんがオススメしていた春季限定いちごタルトにするぜ!!

炎上ブロガーというより、記事をバズらせたいあまり物事単純化して語る人があまり好きになれない

むりやり自分がわかろうとしたりとか、面白ければそれでいいとかいって問題自分理解できる単純なかたちに切りとろうとしたり、逆に自分感覚にあわせていろんな味付けをしたがるクソブロガーはどの口で「テレビは信用できない」とか言ってるのかと思う。

ネットって個々人による拡散連鎖に頼ってるから、そういう「シャアやすい」「間違ってても面白い」みたいなやつのほうがバズりやすいらしいけど、そういう意味では一番バズってるゾーンはほんとにバカ暇人のものなんだろうなと思いますまがりなりにも規制があるテレビのほうがまし。 炎上ブロガーとかバイラル系の記事書いてるブロガーのほうがくず。

ブログは「他人迷惑をかけない限り」何を書いてもいいというのが建前ではあるけれど、こういう人には健康問題教育問題など、明らかに難しい上に迷惑をかける話については語ってほしくないなとついつい思ってしまう。お前らはおとなしく身の丈に合ったはてな村話題とかグルメマンガフリーゲームの話だけやってろみたいな乱暴な気持ちになってしまときすらある。(何様だよ自分

http://anond.hatelabo.jp/20160525202301

たとえばですよ、「美人プロブロガー」がいたとします。

自分アイドル的な写真ブログにに上げて、それに吸い寄せられてきたひとと親密なやり取りをする、



ありえないですよね。もし、そんな人がいたら、みんな「危ないからやめとけ」って言うんじゃないですかね。

被害者の人がやってたのはそういうことなんですよ。

それに対して「アイドルじゃなくてシンガーソングライター」みたいなこと言って、それになんか意味があるんですか。



もっと言えば、「アイドル的な写真ネットに多数アップしてファンと親密なやり取りをする」というのは、二十歳の女の子が何のサポートもなく一人でできることではない。

普通の人はそんなことできないんですよ。どう考えても、彼女サポートしている大人がいたはずなんです。その大人たちのリスク認識が甘かった。

それが今回の事件本質です。

いわゆる「Youtuber」や、ニコ生に腐るほどいる「生主」は「アイドル」と見なしていいんだろうか。

動画ネットに上げて親密なやりとりをしてる人が現に存在してて、それを「危ないからやめとけ」と言うどころか、

世界大企業であるGoogleや、カドカワかい東証一部上場積極的に推奨している現状で、「リスク認識が甘かった」と言うのは結果論しかないのではないか

薬局スタッフブログより転載

ステロイドやらかしブログhttp://www.turukaranoosirase.jp/スタッフ-ブログ/)きれいになってたのでGoogle先生キャッシュより

 松居一代さんから本を頂きました            2014/10/07



松居一代さんは、女優でありながら商売道具の顔が顔面神経麻痺となり針灸治療の間、息子さんと遊んでいた

懐かしい思い出が蘇ってきます

アトピーの子を抱えながら、全国を講演で飛び回り、料理掃除、下着にまでアイロンがけ。

風呂に入りながら歯ブラシ掃除するという一秒たりとも無駄にしない ≪ながら掃除≫も教わりました。

達筆でいらして、たくさんのお手紙を書いてくださりました。封緘には常に≪感謝 ・心をこめて≫と

心配りの素敵な方でいらっしゃいます

スタッフ一同、ますますのご活躍をお祈り申し上げます

感謝

なんでWEB媒体は流し読みしてしまうのか

炎上したブログを叩くだけのブログなくなってほしい

どこかのブログ炎上すると、毎回それを引用してエラそうに言及してホッテントリするブログがあるんだけど、本当に不愉快

ポリシーとして「自分の書きたい事を書くのがブログ」みたいな事を主張してるみたいだけど、やってる事は炎上ブログに便乗してるだけにしか見えない。

いかアクセス数を稼ぐか」みたいなブログを叩いておいて、自分炎上ブログを叩く内容の記事を書いて何枚もペタペタとアフィ貼ってるんだもん。

誰も違和感を覚えないのか、それとも逆らっちゃいけないような凄く偉い人なんですかね。

2016-05-25

http://anond.hatelabo.jp/20160525213232

バグがあって、ストリームに変な値が入った時、どこがバグなのか、追跡するのが困難でしょ?

第一に、それは、ストリームFRPの値の定義)の問題であって、ユニットテストすれば良い。もしくは単にFRPログを取れば良い。

グローバル変数ではそういうことはできない。FRPでは、岡部氏のFRPライブラリ特にそうだけど、基本的ミュータブルな値同士が関数リアクティブ連携されて常に整合性を保っているのだからグローバル変数の、各所で更新されたそれぞれの値によって全体の整合性が損なわれないように気を配らなければいけないという(テスト自体困難な)問題は発生しない。それがFRPの唯一とも言えるメリットだとも言える。

使用する関数問題じゃないし、「印」として引数に加えても別に構わないと思うが、君のいうグローバル変数問題と一緒というのはまったく違う。

岡部氏との争いって「OCamlGUIアプリ純粋関数型(状態渡し)で簡潔に書けるか」ってところじゃないよね?

いや、それがそもそもの発端であるブログの経緯には書かれている。説明されている方式GUIアプリまで書けるのか?と疑念が呈されたことがきっかけ。

岡部氏はFRP状態関数の外部に持ってても純粋関数型だ、と言ってて、そこで争ってるんだよね?

この論点は聞いたことがない。岡部氏がこだわっているのは非手続き型の宣言型で、純粋がどうとか議論はされてないように思う。

あと、OCamlGUI状態渡しで書いたら簡潔で無いのを「書けない」、「不可能」って言ってるのはわざと印象操作しようとしてるよね?

原理的に可能かという議論ではなく、実用的な範疇か?という議論。反対派ブログで出てきたコードは、本人が認めるように普通のやり方ではなく、実用的なコードだとは思えない。あと、FRP状態渡しは同じ複雑さだという主張も崩されている。そこが重要

Haskellで書けて、OCaml冗長になっても、書けるなら「書ける」、「可能」だよね?

段階を踏んだ上で、非FRPHaskellのIOモナドコードを誰かが書いたらいんじゃない?当面、最初OCamlの話だったのに、いきなりHaskellやElmのコードで書いて、そういうのがごちゃまぜに、何がどの言語でできるのかできないのか、誤魔化しがあると見做されたか制限されたんでしょ。実際には、OCaml関数型では冗長しか書けないと実証されたけど、そういうのがバレないように、別の言語を利用していたと看破されて当然の状況だと俺は思うね。

俺の書き込み他人といきなり結び付けられたから、電波だな、と思ったの。

俺1人か、とか、らくだや住井が含まれてない根拠とか、関係無いよね。

関係ある。君ひとりは、そうじゃない、と君ひとりが言ってもそれが本当だとは確認のしようがないし、

書き込みをみれば、君以外の書き込みもすべて、その一派ではない、とでも言いたそうだ。

I am Masuda

増田にちょくちょく投稿して、それなりにブクマを集めてるから

じゃあ今度は自分ブログに書いてみると、全然ブクマも付かなければ、そもそも読まれない。

書いてあることの質は変わらないのに、増田だと読まれ自分ブログだと読まれないのが悲しい。

でもなんで自分ブログにこだわるかっていうことを考えてみると、自分署名と紐付いてほしいからで、

なんつーかそれは、ただのエゴっていうか名声欲なのかもしれない。

こんなことを考えていたある日、悟りがきて、増田で読まれる俺は増田なんだということに気がついた。

から自分ブログはもう消した。必要ないんだもの。俺は増田なんだから

そう、I am Masuda.

昨日デビューした新人メンヘラはてなアイドルブログで顔出ししてるというので見に行って、お茶吹いた

あのビジュアルで…ようやるわ。

承認欲求を満たしたい

人気者になれなくてもいい。ちょっと反応がある程度でいい。認めて欲しい。

イラスト小説ブログアプリ。なんでもいいから何かを産みだして周りから見てもらいたい。

でもできません。

なんでーーーーーーー?

なんにも思いつかないからでーす!

書きたいことなんてりませ―ーーーん作りたいものなんてありませ――ーーーん

さよなら

自分で楽しめないブログ

http://mubou.seesaa.net/s/article/438251943.html

この記事を読んで、本当にそうだな、自分が読みたいと思えるものを書かなければブログなんてつまらないなって改めて思ったので、書いてみた。

はてなブログを何ヶ月かやっている。

分類的には「主婦ブログ」ってやつ。

動機は、ここのところはてブ議論になっているブログ収入アドセンスamazonアフィリエイト。もう何がきっかけでブログ飯やはてなに行き着いたのか忘れてしまったのだけど、暇な時間に何か書いて月数万儲かるならお小遣いになるのでいいなくらいの感じで始めた。


元々文章を書くのは好きで、ブログサービス渡り歩きながら日記みたいなものを書いていた。そんなに読者がいるわけではないのだけれど、ネット歴だけは長いので、当初はブログ、ここ何年かはTwitterフォローしあったりしつつ、なんとなく好きなテイストの人たちとゆるく繋がり続けることができていて、まあ満足だった。

はてなブログは、この日常垂れ流し的なものではなく、お金を稼ぐならターゲットを絞ろうと思い、主婦的な分野の中の、あるテーマネタを持っていたので、それに沿った記事作成から始めた。でもとんとPV収益とやらは増えなかった。


他のはてなブログを観察していると、はてな界隈で見られるようになるには、どうも、

鉄板的なテーマがあること(ブログ論、PV収益報告、自分が選んだ〇〇ベストX選+アフィリエイト、食レポ+アフィリエイトノウハウアフィリエイトなど)

はてなブログ巡回し、スターなりブクマをつけて顔を売るのが必要であること

がなんとなくわかってきた。


まず手軽そうな②からやってみた。これはものすごく面倒くさかった。

スターなら読まずに適当に連打すればいいのだが、正直あまり効果はない。

ブクマ場合は、割といい確率で向こうもブクマを返してくれ、PVにつながるようになってきた。でもブクマはそこそこ読んで内容に言及する必要があるので、正直興味がなかったり話が合わなそうなブログにそれを続けることがあまりにも苦痛で、途中で挫折した。

ちなみに、最終手段として、中身をほとんど読まずタイトルだけで判断して、「参考になりました!」「そんな方法があるんですね、私もやってみます!」みたいなテンプレコメントを貼り続けるのもありではあったが、それをやる勇気はなかった。


続いて①をやってみた。テーマからブレるのはちょっと嫌だし、薄いというか、自分検索していて当たると舌打ちしたくなるようなキュレーションメディアの記事みたいで嫌だなと思ったのだが…これが効果があった。

ホッテントリというほどではないが、二桁のブクマがついて、それまでの数倍のアクセスが来たのだ。

②をやっていて、多少、ブクマの初動をつけてくれる人がいたというのもあったからかもしれない。

そうやってPVが増えると、それまで、これ壊れてるのかな?と思うくらいクリックがなかったアドセンスにも収入が入るようになった。とはいえ一日最大数百円程度だったけど、それでもそれまで閑古鳥だったので、ものすごいことに思えた。


それで、①を続けることにした。


が…これまた途中で苦痛になってきた。

自分検索で当たると舌打ちしていた、キュレーションメディアみたいな根拠に乏しい薄い記事

はてなブックマークホッテントリに入ってきて、読んでみたもののつまらなくて「読んで損した!」と思うような記事

そういうのをまさに自分が書いているのだ。

自分の素の文章日記が、他の人が読んで面白いというようなほどものとは全く思っていない。

けれど、自分が楽しんで書いているか…罪悪感なく書いているか自分が読みたいと思って書いているかがこんなにモチベーションとか、自分ブログを好きになれるかどうかに関わってくるとは思わなかった。


そしてそれを月に数千円のためにやるのもなんだかバカバカしくなってきた。主婦が片手間でやる程度のブログなんてこんなもんだ。文章の才能があるか、文章クオリティを上げるか互助会頑張るかとかのなんらかのよほどの労力をかけない限り、ブログなんかでは儲からない。痛感した。


最近はてなブログ更新頻度は落ちている。

でも、時々、日常生活の中で、あ、これはネタになるかも、アフィリエイト貼れるかも、と思うと、なんというか一度その道にハマってしまった因果を感じ、また自己嫌悪に陥っている。

はてなブックマーク技術ブログのところの記事って、本当に役に立つのかしら。

確かに面白い記事が多いのだけれど、現場で使うのにはいろいろ無理がある情報ばっかりな気がするよ。

http://anond.hatelabo.jp/20160525004218

うちの子可愛い幸せブログ、ほぼ毎日ウザいくらホッテントリ入りしてんじゃん

そういうのをあえて読まずに、子連れ叩きみたいなのばっかり好んで読んでるんだろ

http://mubou.seesaa.net/article/438251943.html

これ読んだ後に自分ブログ読み返したら結構面白かったわ

俺にしか書けないかどうかは置いといて、文章や取り上げる題材が俺好みだった

さすが俺

人来ないけどな

人来ないけどな

アンカツのせいで競馬界隈における接続詞中京ナイズが進行中

日本ダービーが始まるで競馬の深い魅力と面白さを熱く語りたい」

というブログエントリ見て思ったんですけどね。

http://anond.hatelabo.jp/20160525015123

最近ブログが楽しくなってきた

に見えて、ほんわかエントリかなと思って開いた俺のときめきトゥナイト

http://anond.hatelabo.jp/20160525144615

初期というほどじゃないけど、Readme!が元気だった2000年台前半のブログが登場する前のテキストサイト時代のこととかちょこちょこ書いていったほうがいいのだろうなあ。

特に自分がやっていた分野のはなしとか、もう言わないとわからないだろうからなあ

ブログに何かを書くハードルが高い

互助会ブログの内容は薄い」

これがはてな民の総意であったが、じゃあブログって何書けばいいんだろう?

学術的にも資料的にも価値のあるブログが書ければいいんだろうが、そんなのほとんどの人には無理だ。

例えば、カトゆーさんが書いているレベルのものが書ければ理想である

ちゃんといくつものソースに当たって資料を集め、一つの知見を提示する形だ。

これは有用からネットほとんどの人に頷かれるような内容だろう。

でも、それと比べると凡百のブログの内容の薄さに目眩がしてしまう。

最近はてブを見ていても、100ブクマ以上ついている記事でも、このレベルに達しているものわずかで、

そのブログに書かれたたった一つのセンテンスのみで、バズっているだけである

得られるものは何一つないし、ただ雑談のためにブクマがついているだけである

とにかく、もう有用性が見出だせないブログを書くのが恐ろしい。

おすすめランキングってもう見飽きたけど、あれも何か情報提供しようというブロガーなりの試行錯誤の一つのなのだろう。

しかし、たいていのブロガーにはそんな提供できるような知見など何一つないのだ。

ブログを書くハードルは高い。

ブログ理想




…めんどくさ!!

特定ウェブサイト毎日チェックするという行為

ここ数年、ブックマークに入れて特定ウェブサイト毎日チェックするという行為をしていないですね。

定期的に見たいと思うブログサイトがないのかな。

誰か、追いかけたくなるウェブサイトを教えておくれ。

http://anond.hatelabo.jp/20160525015123

よく理解できないんだけど、

あの手の「今月はアクセス数○万いきましたー」とか「○円もうかりましたー」やらの記事は、

なんであんバズるんだ?

自分ブログやってるなら確かに嫌でも気になって見ちゃうのは分かるんだけど、

そんな皆が皆ブログやってるわけでもないだろうに。

しかしたらブログで儲けられるかも、始めたいかも、って人が大量に居るからなのかな?


なんにせよ、そういう題名を見たら一切反応しないように自分を鍛えていくしかないんじゃない?

無駄正義感から「こういったブログには俺が正しくブコメツッコミを入れないと被害者が」とか言う

アホな奴が居るせいでさらバズる訳で。

からそういった情弱を騙して金を搾取する方法ってのはいくらでもあったわけで、

今はそれがちょっと前の情報商材からセコンドライフのおじちゃんとかその辺辺りから妙にブログ搾取するようになり始めた感じ。


ただ、結局古典的方法ねずみ講みたいなことしたり、セミナーとかそれこそ典型的情弱搾取法を使ってるだけだけどね。

もう無視する以外にないと思うよ。

はてブ汚染されて、と言っても、そもそもはてブのなかで自分が本当に興味あるのなんて10に一つとかそれくらいだろうから

それらの題名を見たい誘惑をなんとか排除して快適なネットライフを送ろうよ。

ブログなどに書込む

批判が来る

別にみて欲しいから書いてるわけじゃない!←?????

2chまとめブログの古臭さ

あじゃじゃしたーかいまとめブログ最近見ないな、潰れたか?」と思ったらまだ更新してた。

多少有名なサイトで昔よく見かけた気がしたが、久しぶりに見たらなんか古臭い印象だった。

今時まとめブログなんて時代遅れだもんなぁ。

2chフォーマットもだいぶ時代に取り残された感じがしてきたし。

まぁ、固定客がいるか更新し続ける意味はあるのか?

でも、まとめブログって一週間も見てれば飽きるしなぁ。

俺もまとめブログ最初に触れた時少しハマったけど、せいぜい3日とかだったし。

まとめブログ毎日読んでコメントまで書いてる人ってどんな人なんだろ。

最近はじめてネットを見た子どもか、じゃなきゃもう時代に取り残された人なんだろうな。




あー、あと書き込まれてる内容がほぼ一緒ってのも大きいな。

十年以上前から言われてることを飽きもせず何度もまとめてるし。

例えば、自転車とかタバコとか酒とか少年犯罪とかその他娯楽や知識系も話題が何順もしてる。

おすすめアニメおすすめ漫画おすすめ映画歴史上のヤバイ事件、すごい放送事故、怖い未解決事件………こういうのも全部一緒で何も変わってない。

あと、まとめサイト特性意見も偏りやすくて、まとめブログの読者やネット民にウケが良い意見ばかり目にする機会が多い。

偏った意見ばっか見てても単調で飽きるんだよね。

新しいニュース話題なのに、それ前にも見たって書き込みばっかりだし、タイトル見ただけでだいたい書いてある内容が予測できる。

そもそもまとめブログ管理人やまとめてる人間自体が、情報アップデートしてない時間が止まった人間が多いんだろうなって感じる。

アンテナも低そうだし、読者ウケを狙えばそれだけありきたりで保守的凡庸意見をまとめることになる。

そんなの毎日見てまとめてたら馬鹿になりそう。

まぁ、おんなじ話題が循環してるのはネットのどの界隈でもありがちだけど、まとめブログ、というか2ch特に酷い。

まり、何年も前から同じフォーマット意見話題を繰り返しリサイクルしてる構造で何の進歩もしてないんだな、まとめブログって。

そりゃ古臭いわ。




追記:

「新しいニュースの話題なのに、それ前にも見たって書き込みばっかりだし、タイトル見ただけでだいたい書いてある内容が予測できる」はてブdisかな。 - hungchang のコメント / はてなブックマーク

はてブも大概話題が循環してるけど、まだ個人ごとアンテナを高くして情報アップデートしようとしている人が多いから、意見や取り上げられる話題多様性はあるね。

まぁ、ブコメ欄に限って言えば、スターのつきやすコメントはやっぱ保守的安心感のあるコメントなので、人気コメントにはそういう意見が登ってきやすいと感じる。

あと、定期的に同じ話題を扱ったサイトブログがバズってブコメ欄で同じことを語ってるのは見る。

ゴミブログかどうか見分ける方法

バズった記事の後に、

「昨日バズりました!」「バズって気づいたこと!」「PVヤバイww」

とか書くブログ

二度とアクセスしなくていいよ。

あ、でも

「バズって考えさせられたこと」「各方面から反響に応えたいと思います」「様々な意見いただきました」

みたいなのは良いブログだよ。

http://anond.hatelabo.jp/20160525101430

反撃方法

1. 「おちんちんびろーん」とかなんでもいいので適当プレースホルダーを増田投稿する。

2. ターゲットブログウォッチし、伸びそうな記事が出るまで待つ。

3. 伸びそうな記事に5ブクマくらいついた時点で内容をまるまるコピペし、1.を編集して差し替える。

4. コピペを載せた1.の増田ブクマして互助会で伸ばす。

5. オリジナルの方を増田パクリとして糾弾する。