「商品」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 商品とは

2017-01-23

ハードルが高くなると努力するインセンティブが減る

コンビニバイト商品レジ打ちだけなら、ニートだってやってみるかと思うはず。

ところが今ではレジひとつ商品惣菜おでん宅配便チケット発行コーヒーてんこもり

しか発注採用まで押しつけられるケースもある。

正社員も、オフィスが使えるのはあたりまえ、電話応対ができるのはあたりまえ、専門分野で仕事に活かせるスキルを持っているのはあたりまえ、とどんどんハードルが上がっている。

頑張ってそれをやるメリットがない。

http://anond.hatelabo.jp/20170123075735

そもそもボーカロイドへの支出って何を指すの?

ボーカロイドソフト対象ならそりゃボカロPしか買わないだろうし、

ボカロ曲や曲関連商品ボカロキャラグッズも含むならちょっと少ないかなあって思うけど

商品サービス抱き合わせ販売がいや。

服を買うと、出口まで持っていってくれるとか。

綺麗な袋に入れてくれるだとか。

商品を袋に詰めてくれるだとか、

笑顔を作ってくれるだとか。

サービスを受けるたびに、コストのことを考えてしまう。

そんな付加価値は要らないんです。

なんか、いらん物を抱き合わせでかわされているようでスッキリしないわあ。

2017-01-22

金の奴隷とは

目の前に金が無くて欲しい商品を買えない子供がいたとする

どんな事情があろうと、子供が金を払わない限り絶対にその商品を与えたりしない

それが金の奴隷



商品を金で売ること自体は金の奴隷ではない

取引の際に金から離れて自由にする選択肢があるかどうか

それが奴隷とそうでない解放された人間の違い



ここ多くの人間が誤解してるとこね

初音ミクオワコンかどうかはともかく、ボーカロイドキャラクタービジネスダメすぎた

もちろんクリプトン社にとっては専門外だからしょうがないんだけど、それにしたって……というのはボカロ厨でも抱く思いだろう。

最も重大な失敗は「初音ミクの次の子」を生み出すのに決定的な間違いを犯してしまったことだ。

ボカロファンらが求めているのは「初音ミクの後輩・妹分」だったことについては議論余地もない。

ところがクリプトン鏡音リン・レンという双子(という明確な設定はないが)のキャラクターにしてしまった。

これは女声と男声の両方を扱えるという技術ありきの設定で、初音ミクに並び立つキャラクターを生み出すという発想ではなかった。

それでも「初音ミクの次」でさえなければ割かしよく出来たキャラクターだった。

その次の巡音ルカは、初音ミクに比べて大人びた印象のキャラクターだが、デザインがあまりにもひどかった。

初音ミクは良い意味でダサくてそれなりにポップで、鏡音リン・レンもその路線を引き継いでいたのだが、

巡音ルカはいかなる層にも刺さらない「間違ったセクシーさ」を全身に帯びたデザインだった。

二次創作によって付けられたイメージを取っ払って改めてオリジナルイラストを見たら誰がどう見たってただのやべぇ女でしかない。

衣装以上にひどいのがへの字に近い口元で、無意味に胸を強調するための腕組みポーズや白すぎる肌と相まって、心を閉ざしたメンヘラしか見えない。

巡音ルカ技術的なウリは英語用のライブラリで、だったら単純にバタくさいキャラクターにでもした方がよっぽど良かっただろう。

まあ、結果的には「やっぱり初音ミク」という状況が生まれたわけで、それが悪かったとは一概には言えない。

また、その後に生まれボーカロイド類似商品キャラクターらも、

少なくともオタクにはちゃんと刺さった結月ゆかりを除けば大概ひどいデザインばかりで、

売れるキャラクターを生み出すことの難しさを感じる。

http://anond.hatelabo.jp/20170122212257

いや西野最初から無償化宣伝目的だって言ってる上に全ての作品無償化するとは言ってないだろ。なんでそれでダンピングが起こると思うわけ?

クリエイター立場なら宣伝する大切さ知ってるだろ?お前は無償化して宣伝する手法すら否定するわけ?今時「絵本で、映画で、漫画で、音楽で儲ける必要がある人」もネット活用して無料化して宣伝してるよ?

あほか?0か1かでしか思考できないアホなのか?




まあ、こういう考えのやつって最近ネット流行りの「金を払うことは尊い」的な考えに過剰に触発されて、「無料サービス享受すること=悪」という単純思考に陥ってるアホばっかだし、例えばフリーミアムについてもそうだし、この例でいうと、いか広告宣伝を上手くやるかについても一切頭を使ったことがない奴なんだろうな。

広告宣伝にかかる費用効果を一切考慮せず、「無料化は悪だー」という短絡思考ネット活用したしっかりした企業個人無料化を上手く使って上手に宣伝してますけど?お前もネットやってるんならその恩恵に確実に出会ってますけど?っていう。で、対価を払うこと無くコンテンツだけ享受してる場面はネットやってれば往々にしてありますけど?っていう。

「生きるために必要もの」を得るために真剣に考えてる人たちが自分商品宣伝することを疎かにしてると思うか?今時SNSでの告知だけで自分コンテンツ消費者が到達するとでも思ってんのか?

クリエイターが物作ってかるーく宣伝すれば客がほいほい見に来てくれるとでも思ってるんだろうか。コンテンツを先に客に知っておいてもらうことの重要性も知らないんだろうか。こういう人って。

これで「世の中知ってる・現実的な物の見方ができてる労働者ヅラして社会システムについて語ってるのが笑える。

例のお金奴隷開放宣言と金融・決済業界の今後

例の人の発言作品を作って売って生活している人からすりゃあたまったもんじゃないでしょうね。


そりゃお前はお笑い芸人として稼いでいるし、絵本収入がなくなったところで何も問題ないだろうが。

こっちは作品作って、見てもらって、気に入ったら買ってもらって、それで生活してるんだよ。

お前みたいに名前売るためだけに絵本売って、その知名度とか高感度活かして本職の芸人で稼げるヤツとは違うんだよ。

外様勝手にやってきて業界のこと生意気に語ってんじゃねーよこの野郎


……っていうのが、まさに今流行りのFinTechフィンテック)で起こっていることなんだなぁと。


そりゃお前はアプリ広告や購買データ販売ネット通販で稼いでるし、決済手数料がなくなったところで何も問題ないだろうが。

こっちは口座管理して、信用確認して、複数金融・決済会社とつなげるネットワーク作って、それを使ってもらった手数料生活してんだよ。

お前みたいにビッグデータ手に入れるためだけに金融入ってきて、その知名度情報技術活かして本職のネット通販で稼いでるヤツとは違うんだよ。

外様勝手にやってきて業界のこと生意気に語ってんじゃねーよこの野郎


利用者からすりゃ結果がすべてですよ。

「紙の本買わなくても、ネットでタダで読めるんだやったー」だし、

「振込手数料負担しなくても、個人間で資金移動できるんだやったー」ですよ。


外様からできることなんですよ。

絵本で、映画で、漫画で、音楽で儲ける必要がない人たちだから

決済手数料で、個人間送金で儲ける必要がない人たちだから


今の業界に入り込むスキがあるからできることなんですよ。

要は作者~読者を繋げりゃいいんでしょ? じゃあPixivで、ニコニコで、なろうで。基本無料にして、他の儲け方考えるわ。

要は人とお金商品が繋がりゃいいんでしょ? じゃあ個人間送金は無料で、他の儲け方考えるわ。


ってことなんですよ。


ビジネスとして「印税」「手数料」を収益源として見込んでないから。

からお金奴隷解放宣言」、「印税奴隷解放宣言」、「手数料奴隷解放宣言」ができるわけですよ。(開放宣言の人は他の仕事で稼いでいるからですけど。)


から、今回のお金奴隷解放自分の属している業界に置き換えて考えてみるといいと思います


(以下蛇足

とは言え大手の人って「ワシらは長いことかけて築き上げてきた信用と実績があるからな。手数料は信頼代や。外様なんか相手にする必要ねーわ」とFinTech企業相手にしてないところが多いですね。

で、お前の言うその信用ってお前が築いたもんなん? お前はその信用を維持するために何をしてきたん? 先代の築いた信用に居座ってるだけじゃないですよね?

という感じですよ。


でも、創作している人らをバカにしたような発言をしたアイツは許さない。

カネを取ることは悪じゃねーんだよ。生きるために必要ことなんだよ。

作品の人気、作家としての信用は紛れもなくその人自身が築き上げたものなんだよ。あの人らはマジで作品作りを中心に生きているんだよ。

……あなた達はもう少し上手に生きてください。

2017-01-21

ビールを飲むのにビアバーを進める理由

ボトルを買い込んで家で写真とともに載せている人をよく見かけるが、ビールを本当に楽しみたいならば、ビールを専門にしたバーに行くべきだ。

理由を大きい順に書く。

一つ目は「店は人脈の代わりになる」こと。

このビールはどんなビールですか、こんなビールが好きなのですがおすすめありますか、など質問できるのはもちろん、お店でイベントをやっていたり、またはビール関係のチラシやフリーペーパーがあったりして情報が得られる。ただしある程度空気を読む必要がある。

二つ目は、飲食店向けの樽でしか提供されないビールは意外と多いということ。

海外ビールでも樽生のみという商品はたまに見かける(これは、瓶よりも飲食店向けの樽生の方が捌けやすいという理由なのではないかと思う)が、国内クラフトビールメーカーでも大半は瓶詰め設備を持っていないため、樽での流通が大半となる(ちなみに瓶詰めを委託しているメーカーも多い)。

また、今やスーパーでもよく見かけるコエドでも、樽のみの商品はかなり多い。

その他レアケースでは、マニアック飲食店が自店専用に醸造または輸入しているものもある。


三つ目。全てが全てではないが、流通において、ビールの扱いはあまり良いとはいえないことがある。

特に「要冷蔵」の表記がついていない海外ビールは、日本に着いてから野ざらしだったり、店でも常温で陳列されたり、ひどい場合日光さらされていることもある。

ビールにこだわりのある店であれば、仕入れ、保管、提供まで一定の質をキープしていることが多い。

あくまで傾向というか経験則なので、補足的な理由という程度で認識して欲しい。


以上。

蛇足だが、おいしいビールを飲むには金を惜しんではいけない。一杯千円なら安い方。そしてなるべくいろんなビールを飲んでみて、自分の好きなビールを見つけて欲しいと思う。

カイシャの評判とかいクチコミ()サイト

「カイシャの評判」っていうクチコミサイトがあるんだけど、みんな知ってるかな?


「エン転職」の運営元(エン・ジャパン)が運営している、転職クチコミサイトだ。


転職したい人が勤務してる会社クチコミ書けば、転職したい会社クチコミ見れるってやつ。


そういうサイトって他にVorkersとか転職会議とかキャリコネとかあるんだけど、少なくともカイシャの評判のクチコミは信用しないほうが良いよ。(他のサイトクチコミは信用できるって言ってるわけではない)


カイシャの評判ってSEOすごい強いらしく、何も知らない友人がSEOで出てきたカイシャの評判の情報信じて転職したら、内情が全然違ってひどい目にあったらしい。実はカイシャの評判がクソな理由ってのが明確にあって、こういう被害者増えたら良くねぇなと思ったので、匿名の形だけど俺なりに世の中に警鐘を鳴らしていきたいと思う。


俺が知っている限り、カイシャの評判使わないほうがいい理由が2つあって、一つは「クラウドソーシングでのクチコミ収集」、もう一つは「エン転職お金払ってる企業優遇」だ。


以下、1つづつ詳しく書いていく。


1. クラウドソーシングによるクチコミ収集

まずひとつ目はWE◎Qとかでも話題になったクラウドソーシング関係する話だ。


クラウドソーシングっていうと分からない人もいるかもだけど、ネット上で1文字1円とかで記事募集できるクラウドワークスとかランサーズっていうサイトのことだ。


実はカイシャの評判はオープンする前の2014年の末頃からランサーズクチコミ収集していた。収集に使っていたアカウントは以下の2つだ。(他にもあるかもしれない)


大胆なことに今でも依頼履歴隠蔽とかはしてなくて、ランサーズ上でちょっと調べれば大量に過去依頼履歴が出てくる。以下に3つぐらい抜粋する。


クチコミクラウドソーシング収集するってのは良くあるんだけど、大企業がやるときって、エステとか通販商品とか、まぁそれ信じて失敗してもその人の人生を左右するわけじゃない程度のもの収集するのが普通なのよ。いわゆるモラルってやつね。


ところがどっこい、そのへん、エン・ジャパンさんの「カイシャの評判」先輩がワイルドなわけですよ。


何が問題って、転職クチコミサイトってさ、転職しようかどうか迷ってる人が藁にもすがる思いで使うわけよ。そういうユーザーが見るクチコミ()コンテンツ



ってどうなのよ?アフィカスが作る転職エージェント比較サイト()とかのクチコミならまだしも、上場企業が大規模にやるもんじゃなくね?


上場企業が作るサイトコンテンツって普通の人は一定信頼するわけじゃん?金に目がくらんだクラウドワーカーが鼻くそほじりながらてきとーに書いたクチコミと知らずに信じるわけじゃん?それで転職決意するユーザーもいるわけじゃん?もし転職失敗してみなよ?人生狂う人とか出てくるわけよ?そのユーザー家族とかも不幸になるかもじゃん?そういう人たちが苦しみ感じるかもしれないとか考えないのかな?わからないのかな?どうでもいいのかな?


今はクラウドソーシングでのクチコミ収集やってないみたいだけど、人のココロなんてどうでもいい運営者が運営しているサイトってこったろうね。


なんてこったい。


2. 「エン転職」の求人掲載時のインタビュー内容をもとにした収集

クラウドソーシングでのクチコミ()の収集は今はやってないみたいだから、百歩譲って、サイト立ち上げの際に魔が差してやってしまたかもしれないとして、ここは一旦許すとしよう。


ところがだ。


ところがですよ。


ここからが大切なところなんですよ。


かなりやばい話なので念のため但し書きをしておくと、これは俺が複数取引先の複数の人に聞いたことで、自分が明確な証拠を握っているわけでもない。が、信頼できる方々が同じような内容をおっしゃっていたのでほぼ確実な事実だと思う。


というわけで本題。


カイシャの評判が今でもマジでふざけてるのは、エン転職お金払って求人掲載すれば、カイシャの評判に載ってる企業にとって都合の悪いクチコミを消し去ってくれたり、求人掲載するためのインタビュー内容をもとにしてクチコミ捏造してくれたりするらしい。それが所謂ブラック企業であったりしても同様とのことだ。


にわかには信じがたいことで、最初聞いたときは「エン・ジャパンほどの企業がそんなことしないでしょww」って耳を疑ったんだけど、どうやら本当らしい。なんとなく思ってたんだけど、カイシャの評判って、Vorkersとかキャリコネとかに比べたら、いわゆるブラック企業でもあん悪口かかれてなかったりするんよね。それって多分、まぁ、上記のようなことをやってるからなんでしょう。


なんてこったい。


お金を払ってくれた企業は最大限優遇する、っていうのは営利企業として当然なのかもしれない。


けど、今の職場では過労死しそうだったり、何か絶望的な状況に追い込まれていたり、はたまたキャリアで成し遂げたいことがあったりして、転職を志すユーザーが、藁にもすがる思いで情報収集をしているときに目にする情報を捻じ曲げて、捏造して、もしくはブラック企業隠蔽したい不都合情報とかを握りつぶしてまで、その目標を達成したいんだろうか?


WE◎Q問題ときも思ったんだけど、KPIとか売上を追い求めるあまりWebサイトを利用するユーザーにはそのユーザー家族人生があることを忘れ、ユーザーの様々な悩みにつけこんで、その人達から搾取してまでKPIとか売上っていう無機質な数値を伸ばすことに執着するのってなぜなんだろう。


もし、エン・ジャパンのカイシャの評判担当の人がこの投稿を見ることがあったら、今からでも遅くないと思うので、ユーザーに誠実に向き合って、正しい情報を正しく伝える、真っ当で健全運営をしてほしい。


まぁ無理だろうけど。


参考: ランサーズ上に残ってた依頼履歴

今でも40件ぐらい依頼履歴残ってたので別記事リスト化しておく。

http://anond.hatelabo.jp/20170121223230

http://anond.hatelabo.jp/20170121121247

ズバリお答えしますと、処方箋の厳密なチェックや処方記録の作成過去の処方記録との照合、処方する薬を複数観点から確認、を行っています

コンビニのように棚から商品を取って渡すだけじゃ済まないんです。


参考)

http://yakuzaishiharowa.com/pharmacy/pharm_work.html

2017-01-20

今、起きた。消費者金輸5社240万、友人二人に15万、会社の同僚二人に10万、後輩に7万、兄に25万借りてる。

金曜日担当店舗から集金した週締めの商品代の金29万・・・

会社にはトラブルが有って退社時間までに帰社出来ないとウソを言い月曜日に計上すると約束をした。(これはよくある事)

スロッた・・呑まれた・・ヤケになって飲んで風俗逝った・・・今手許に4万6千円しかない・・

会社逝けねーよ。  家賃二ヶ月はらってねーよ  車の任意保険払ってねーよ 携帯いつ止まってもおかしくねーよ

月末だよ、どーすんだよ 誰かなんとかしろ

イオンネットスーパー使いにくすぎ

家族が全員インフルにやられた。

食料はつきて子供は苦い薬を拒む、足元はフラフラして外出もままならないのに大ピンチだ。

お薬のめたねとまとまった冷凍食品にうがい薬にヴィップスヴェポラップも欲しい。

そうだこんな時こそイオンネットスーパーを利用すべきではと登録してやってみたのだが、薬をどこで売ってるのか探し、検索「お薬のめたね0件」「おくすりのめたね0件」「おくすり飲めたね0件」何で出ないん?どうせーっちゅーんじゃー!!!

もーやだアマゾンに頼むーほら一発で出るし「プライムお客様専用商品です」プライムじゃない雑魚でさーせん!!!

絶望した!もう脳を使えないので明日回復に期待して寝る!!!

キンコン西野みたいに無料でやってよ」といわれた時に読ませる記事

話題に乗じてほいほい書くよ。元ネタこれね。

 

キングコング 西野 公式ブログ - お金奴隷解放宣言。 - Powered by LINE

http://lineblog.me/nishino/archives/9256089.html

 

作家さんはじめとしたクリエイション活動でお代をいただいている人が

依頼主さまや消費者さまたちに

「あのさー、ネットニュースで見たけど、有名な芸人さんが自著を無料公開したんでしょ?

 あんたもそれ真似してこれタダにしてくんない?」

と言われたときに、拒否できるようになる(かもしれない)話をこれから書きます

 

自分でいうのが面倒だったら「これ読んでください」と印刷するかURL送りつけるかしていいよ。

 

なお増田小売業者の平社員です。本文くそ長くてごめん。あと敬称略です。

 

 

 

キンコン西野のやり方は「作り手は収入をもらわない」ではない

 

たぶんここが最大の勘違いポイントだとおも。

あの施策は「自著全文をネット経由で無償で読めるようにしました報告」であって、

「作り手としてお金をいただかない宣言」ではないよ。

 

以下「>」はブログから引用

 

お金を払って買って読みたい人は、買って、

無料で読みたい人は、インターネット最後のページまで無料で見れるようにします。

 

実際翌日にはAmazon1位になったと報告していたように、本の販売停止したわけではないの。

もし「本から収入を得ないようにしました」なら、本の販売を全部停止してから公開するよね?

 

この施策の全てにいえることだけど

読者が直接お金を払わなくても読める手段『も』用意した話しなのであって、

商品を売ることで生じる利益生産者が拒絶した話ではないよ。

 

 

 

■読者からお金をもらわないことと、協力者に労働対価をもらわないことは全然別の話

 

これは前項の言い方を変えただけでもあるんだが。

 

一部無償公開をはじめたキンコン西野さんですが、

スタッフお金を出してないわけじゃないよ。

 

制作スタッフには最初の段階ですでに給料が支払われています

 

払ってる! キンコン西野さえ協力者に労働対価を渡してる!!!

 

というわけで、

キンコン西野の事例を盾にロハで依頼できるぞ~」

「俺も後で無料で公開するつもりだから、依頼料を安くしてもらうぞ~」

と考えていた依頼者は猛省してください。

 

個別報酬相場作業量に見合ったものか、

依頼主と受注側が満足できる額か、

ちゃんとお互いに説明しあって交渉して納得の上で決めてください。

 

 

 

無料公開すれば、絶対により多くの人に手にとってもらえるか?

 

これは難しい話で。自分仕事ともろかぶりなのでより長くなるすまん。

 

まず、「存在を知ってもらうために、内容を無料公開する」という手段はいまは全然新しくない。

 

最近電子書籍ストアでも「新刊発売するので既刊を無料公開します!」というキャンペーンは珍しくないよね。

ウェブ雑誌で連載して、あとで単行本にして回収するモデルもも普通だよね。

そもそもページ単価の安い紙雑誌で連載して、あとで単行本(ry という従来の出版モデル(ry

 

宣材資料として無料公開し、有料商材に誘導するするってもうやりつくされてる手法なわけですよ。

出版に限らず、健康商材や化粧品サンプル配り、テレビアニメ円盤商法もそれでしょ。

メディア業界も超えて散々やりつくされる手法なの。

 

その上で、そうやって無料公開された商材全てが儲かってるって、みんな本当に思ってる?

ウェブで連載していた作品単行本で出しなおしたら大ヒット!は確かに普通になった。

でも、この世の中のウェブ雑誌掲載された無数の作品たちが「全て」ペイできてると、みんな本当に思う?

 

ネット黎明期ウェブコミックとかなら、ただあるだけで珍しさから注目を集められたかもしれない。

今は無理。無料という武器を持ってるライバルが多すぎる。

たとえば、ぱっとした実績のない新人処女作

なんのアピールもなく無料公開したところで、有料商材に誘導できる力はないです。

 

そこはもう、

こつこつ地道に活動して腕を上げたり、

ファンを集めて評価を積み上げたり、

あっといわせるアイデアを組み込んだり、

がんばって宣伝して耳目を集めるしかない。

 

無料公開は確かに目にするまでのハードルをぐっと下げるけど

全ての人の目の前に突きつけることができる手段ではないんですよ。

 

現実的に考えると、

耳目を集めてペイまで持っていける集客力をつけるとか、

賭けに勝つまで無償でも生活できる余力があるとか、

別にここで勝たなくても他で勝ってるるから大丈夫環境があるとか、

そういう「これならイケる」を用意した上で「無料やらない?」と交渉かけてくださいね

  

それか、

「長年芸能界の一線で活躍し、知名度も高く、ファンも多い芸能人」か

「すでに20万部の売り上げ実績のあるヒット商品」など

超絶スタートダッシュを期待できるアピール要素を予め用意してください。

 

 

 

休み終わったからここで終わり。

帰るまでにブクマついてたら「キンコン西野のやり方は何が良くて悪いのか?」を書くかもね。

今更ながら企業太陽光発電より電力自由化に参入すべき

電力自由化太陽光発電よりビジネス面におけるメリットがあります

太陽光発電のデメリットは知っての通り売電価格ですが、電力自由化企業にとって非常に大きなビジネスチャンスになるということを知ってほしいです。

全体で7.5兆〜8兆円という大きなマーケットに、今までは参入できなかった企業も入ってきていいですよ、ということなので、これは新しいビジネスチャンスを狙っている企業にとっては非常に嬉しいことです。

それは必ずしも小売電気事業者として直接、電力事業に参入するということだけではなく、自社の強みを生かして、様々な分野の企業がいろいろな形でこの市場に参入できる可能性が広がっているということです。

すでに、ポイントサービスを行っている会社東京電力関西電力などと提携を始めていたりしますし、家電メーカー大手スーパーなどが電力事業関連のサービス開始を表明したりと、様々な業界で動きが出てきています企業はこれまで培ってきた顧客との接点を活かし、従来の自社サービスに新たに電気販売サービスを組み入れることで、売り上げ拡大の大きなチャンスがあるんです。

また、電力自由化はIT業界にとっても非常に大きな特需になると考えています

今後、電力事業に連動した情報関連サービスがどんどん開発され、それに合わせて様々な分野でのIT化が求められていくでしょう。

電力事業のIT化、デジタル化において最も重要キーワードになってくるのが、「スマートメーター」です。

これまで電力会社による検針は月1回だったのが、今後このスマートメーターの普及によって、毎日、約訓分に1回のペースでデータを集めることが可能になり、それを様々な企業分析活用するという時代になります

電力会社も他分野から新規参入企業も、みなITを駆使して顧客ニーズを調べ、新しいサービス提供するといったことを、否が応にもしていかなければならなくなるので、IT業界には様々なニーズが発生してくるでしょう。

特に多くの顧客とつながりがある会社や、顧客データ分析を得意としている会社には、大きなビジネスチャンスが広がっていくはずです。

電力会社間の競争が激しくなれば、当然、各電力会社は、顧客ニーズを中心とした様々なデータを集めて、それを分析しようということになります

電力会社は、今まではそうした分析をする必要がなかったのですが、今後は顧客情報をできるだけ細かくとってそれぞれの顧客に合ったプランを考えていく必要が出てきます

そうなるとIT業界の中でも、例えば日本オラクル富士通、NEC(日本電気株式会社)や日本IBMといった企業ビジネスチャンスが訪れます

各電力会社がいろいろな情報を集めたいと思えば思うほど、データを保存しておくサーバーデータベースソフトが売れますオラクルやIBM以外にも、集めたデータ分析するシール販売している企業も当然、事業拡大につながるでしょう。

また、多くの会員の情報を持っているカルチュアコンビ一三ンス・クラブ(CCC)や楽天のような会社は、会員の情報と料金プランをマッチングさせていろいろなサービス提案していくかもしれません。

一方、ガス会社不動産住宅関連の企業など、すでに多くの顧客と接点を持っていて、しかも電力事業親和性の高い企業は、電力会社代理店のような形で市場に参入することが可能になります

「うちの商品に追加で、セットで電気もどうですか」という提案ができるようになるからです。

ですから中小企業でも特定の電力会社代理店になることによってこの新しい電力事業市場に参入できる可能性が十分あります

電力自由化によって新しいサービス技術革新、異業種間の連携提携など新しい動きが生まれて、日本経済全体、産業界全体が活性化することが期待されていると思っています

任天堂ガチャとか言ってる奴らは長文が読めない

2012年4月27日(金)

任天堂は、ゲームビジネスを取り巻く環境の変化に対応するために、デジタルビジネスを本格的に展開しようとしています

過去には、環境が整わず、幅広いお客様にご提案することが必ずしも適切とは言えなかったことが、例えば、インターネット一般家庭への普及や、ゲーム機ネット接続率の向上などによって、ご提案できるようになってきました。

過去デジタルビジネスについて、私たちが申し上げてきたことは、すべて当社ホームページIR情報に書かれていますが、誤解されている方もおられるようですので、もう一度改めて整理してお伝えしますと、「追加コンテンツ販売意識するあまりパッケージとして未完成と受け止められるような商品任天堂としてご提案するつもりはない」、「ネットワークを通じてコンテンツ配信することで、さらお客様に長く、深く遊んでいただくために、追加コンテンツ販売を行っていくが、この際には、あくまお客様提供するクリエイティブコンテンツ制作したことに対する対価として、お客様お金を支払っていただけるようにする」、すなわち「構造的に射幸心煽り、高額課金を誘発するガチャ課金型のビジネスは、仮に一時的に高い収益性が得られたとしても、お客様との関係が長続きするとは考えていないので、今後とも行うつもりはまったくない」ということです。これらのことをご理解いただければ、「『どうぶつの森』は、アイテム課金ゲームになるのではないか?」というような誤解をされることもなくなると思います

このことを基本原則としてみなさまにご理解いただいたうえで、これから任天堂デジタルビジネスへの取り組みが長期にわたって発展していくことを証明できるように、最大限努力してまいります

、すなわち「構造的に射幸心煽り、高額課金を誘発するガチャ課金型のビジネスは、仮に一時的に高い収益性が得られたとしても、お客様との関係が長続きするとは考えていないので、今後とも行うつもりはまったくない」ということです。


構造的に射幸心煽り、高額課金を誘発するガチャ課金型のビジネス」は「今後とも行うつもりはまったくない」

 です。

ガチャ課金型のビジネス」=「構造的に射幸心煽り、高額課金を誘発する」と、読むのは間違いで、すべてのガチャ課金型のビジネスをやらないとは言ってないです。問題にしているのは高額課金を誘発することです。

 これについては2年前にも追加で言及されてまして。


2015年6月26日(金)

スマートデバイス向けのゲームアプリ販売方式はどうなるのか。ワンショット(売り切り型)の課金をするのか、あるいはダウンロード無料アイテム課金のようなことで収益を上げるのか。また、ターゲットとする年齢層はどこか。

 に対して。

 ご質問にあった課金方式について申しあげますと、(スマートデバイス向けのゲームアプリには)「売り切り型」そして「アイテム課金型」と呼ばれるものがあります。「アイテム課金型」については、世の中では「Free to Play」という言葉一般的に使われています。これは「タダで遊べる」という意味ですが、「Free to Play」という言葉は、「ゲームというもの価値を感じていただき、その価値をなるべく高く維持したい」と考えている当社としてはあまりよい言葉ではないと思い、「始めるのはタダ」という意味で「Free to Start」と呼ぶようにしていますスマートデバイス向けの課金では、「売り切り型」のものは実はあまりうまくいっていません。これは、スマートデバイス向けアプリはあまりにも競争相手が多いために過当競争が起こってしまっており、みなさんが値下げ競争をされた結果、ゲーム専用機向けソフトに比べて非常に安価に売られているためです。「キャンペーンで9割引」といったものスマートデバイスショップでご覧になったことがある方もいらっしゃると思います。確かに(ソフトは)デジタル商品ですから固定費輸送費がかかるわけでもないので、売れないよりは(安価でも)売れた方がよいのですが、ソフト価値というのは一度下がると元に戻らなくなってしまます。したがって、ソフト価値大事にしたい当社としては、値段を安くすることには限界があると考えています。その値段で世の中のスマートデバイス向けのほかのアプリと比べられることを考えますと、もちろんゲームの種類にもよりますから一概には申しあげられませんが、販売方式を「売り切り型」だけに限ることはするべきではないと思っています

 先ほど申しあげた「Free to Start」というのは、始めるときはタダなのですが、「これ以上遊ぶときはこれだけ払ってください」とか「ゲームを有利に進めるにはこのアイテムを買ってください」といった仕組みです。極端な例では、非常にレアアイテムが手に入るとお客様心理的エキサイトするようなゲーム設計をして、お客様がついついボタンを押すと決済に進んでしまい、課金をしてしまうというようなものもあり、一部社会問題になっていると認識しています。ちなみに日本では、非常に収益性が高いと言われているスマートデバイス向けアプリでは、「Free to Start」で遊ばれている人たちの中で実際にお金を支払っている人の割合は非常に小さく、その非常に小さい割合の方がものすごくたくさんお金を払っています。それこそゲーム専用機ハードを何台も買えるような金額を払っているお客様もいらっしゃるぐらいだとお聞きしており、それが収益性の高い理由でもあります。一方で、日本以外の地域ビジネスが成立している例を見ますと、必ずしもそのやり方はうまくいっていません。海外成功されているスマートデバイス向けのゲームアプリでは、むしろ幅広い層の方々からちょっとずつ払っていただくというモデル成功されているものが多くなっています。このように、狭い範囲から徹底してお金をいただくというスタイルで(ゲームアプリを)つくっていけば、日本ではひょっとしたら高い収益性を実現できるかもしれませんが、それが世界中で受け入れられるとは思っていません。したがって、簡単な道ではないことは承知の上ですが、任天堂スマートデバイス向けのアプリをつくる以上は、必ずしも特定年代の方だけではなく、任天堂が従来アピールしてきた幅広い年齢層、あるいはゲーム経験が長く上手な方から初心者の方、もちろん性別、そして大変重要な点として文化国籍言語も問わず楽しんでいただけるようなものをつくり、世界中でヒットと呼ばれるものをできるだけ早く、複数つくりたいと考えています

 ご質問にあった「ターゲット層」ということに関して申しあげれば、「幅広い層の方々に受け入れられるものをつくり、幅広い方から広く薄くお金を支払っていただいて、それらが全体として大きな規模で非常に収益性が上がる」というような姿を目指したいと思っています。今のご質問はおそらく「任天堂も少数の人からものすごく集中的にお金をもらう商売シフトするのではないか、そうなったらブランドは傷つかないか」というご心配もあってのご質問かと思いますが、任天堂なりのあり方を考えてご提案していきたいと思います



販売方式を「売り切り型」だけに限ることはするべきではないと思っています

 まず。ワンショット限定しないことを述べてます


 次に、2012年4月27日発言リンクするのですが

極端な例では、非常にレアアイテムが手に入るとお客様心理的エキサイトするようなゲーム設計をして、お客様がついついボタンを押すと決済に進んでしまい、課金をしてしまうというようなものもあり、一部社会問題になっていると認識しています。ちなみに日本では、非常に収益性が高いと言われているスマートデバイス向けアプリでは、「Free to Start」で遊ばれている人たちの中で実際にお金を支払っている人の割合は非常に小さく、その非常に小さい割合の方がものすごくたくさんお金を払っています。それこそゲーム専用機ハードを何台も買えるような金額を払っているお客様もいらっしゃるぐらいだとお聞きしており、それが収益性の高い理由でもあります。一方で、日本以外の地域ビジネスが成立している例を見ますと、必ずしもそのやり方はうまくいっていません。海外成功されているスマートデバイス向けのゲームアプリでは、むしろ幅広い層の方々からちょっとずつ払っていただくというモデル成功されているものが多くなっています。このように、狭い範囲から徹底してお金をいただくというスタイルで(ゲームアプリを)つくっていけば、日本ではひょっとしたら高い収益性を実現できるかもしれませんが、それが世界中で受け入れられるとは思っていません。したがって、簡単な道ではないことは承知の上ですが、任天堂スマートデバイス向けのアプリをつくる以上は、必ずしも特定年代の方だけではなく、任天堂が従来アピールしてきた幅広い年齢層、あるいはゲーム経験が長く上手な方から初心者の方、もちろん性別、そして大変重要な点として文化国籍言語も問わず楽しんでいただけるようなものをつくり、世界中でヒットと呼ばれるものをできるだけ早く、複数つくりたいと考えています

 ご質問にあった「ターゲット層」ということに関して申しあげれば、「幅広い層の方々に受け入れられるものをつくり、幅広い方から広く薄くお金を支払っていただいて、それらが全体として大きな規模で非常に収益性が上がる」というような姿を目指したいと思っています。今のご質問はおそらく「任天堂も少数の人からものすごく集中的にお金をもらう商売シフトするのではないか、そうなったらブランドは傷つかないか」というご心配もあってのご質問かと思いますが、任天堂なりのあり方を考えてご提案していきたいと思います

 そして今回のアプリ配信国を見てみましょう

配信

現在配信国は以下のとおりです。


以下の国以外では、ご利用いただけません。



配信国は追加される場合があります

アイルランド

アメリカ合衆国

イギリス

イタリア

エストニア

オーストラリア

オーストリア

オランダ

カナダ

キプロス

ギリシャ

クロアチア

スイス

スウェーデン

スペイン

スロバキア

スロベニア

チェコ

デンマーク

ドイツ

ニュージーランド

ノルウェー

ハンガリー

フィンランド

ブラジル

フランス

ブルガリア

ベルギー

ポーランド

ポルトガル

マルタ

メキシコ

ラトビア

リトアニア

ルーマニア

ルクセンブルク

ロシア

南アフリカ

日本

 最初から世界展開ですね。


 以上、話は筋が通ったまま繋がっています、今のところは。スマホについては、高額課金を前提としたビジネスはしない、と言うことで。



 あとはリリースされてみて、どんだけ渋い排出率になっているのかを楽しみにしています。結局他のアプリと大差ないのであれば、数万突っ込む課金兵で維持されるモデルであるのなら、そこで本当に終わってしまう話です。



 私個人の予想を述べると、結局は他のアプリと大差ない渋さで「無料で遊ぶ奴らがほとんど、一部の重課金兵に支えられる」という構造に仕上がっていると思っています。ただ、現物を見るまでは、まだ判断は保留です。



 そんなことよりも、GBA以降のすべての作品がクソで、特にDSリメイクなんてどんな判断あんゴミを作ったのかを問い詰めたいし、そのせいでEchoesも期待できる気がしないし、特に覚醒以降はシナリオからキャラの掘り下げまで全部クソいというか、無駄人間関係自由度を上げて駄テキストを量産するのをやめてほしいし、あのテンションスマホ版作られるのだとするとかなり厳しいし……

http://anond.hatelabo.jp/20170120030012

ヤフオク場合、値下げは無いけど事前に商品について質問してくる奴は十中八九入札すらしないという法則があった

質問で出た条件をクリアしている場合ですら入札しないからな

メルカリ便利だけど・・・

ここ数ヶ月、出品の手軽さが気に入りメルカリを使い始めたが値下げ交渉する奴らが酷すぎる

値下げ交渉自体はそんなに気にしていないし、そういうもんだと思ってるんだけど、なぜだか値下げ交渉してくる輩に限って購入後の態度が非常に悪い

値下するまでは頻繁に値下げ交渉商品に関しての質問コメントを送ってくるのに、

購入後は一切メッセージなし、商品を受け取らない、到着しているはずなのに中々評価しない、受け取り評価無視し続けてシステム強制評価になるまで放置などなど。。。

そのままの値段で購入してくれる人は購入後も「よろしくお願いします」系のメッセージ、到着後の即評価などしてくれて大体気持ちの良い取引ができる。

使いやすさはそのままにもっとマナーの良いフリマアプリはないか・・・

2017-01-18

プログラミングって「得体がしれない」よな

プログラミングって、これから始めてみようっていうとき、なんだか「得体のしれない行為」っていう感覚がありませんか?


ぼく自身は、プログラムを書いてる側の人間で、いまでこそ少しはプログラミング本質的な難しさをわかってる気になってます。でもつい数年前までは、プログラミングは難しくはないけど得体がわからない、という感じでした。

そのへんのコードを組み合わせて動くものはできるけど、何がどうなっているのかは知らんし、ググって分からないものはできない、という方向で、「プログラミングは難しい」と思ってました。


最近になって、プログラミング義務教育必修化の話題とか、コピペプログラマー話題とかを目にするたびに、かつて自分プログラミングに対して抱いていた「得体のしれない行為」という感覚が思い出されてしまい、少しざわざわした気持ちになったので、ちょっとここに書きなぐらせてください。


だいたいが個人的な話なので、そういうのがうっとうしい人は無視してください。


ぼくが世の中にパソコンという道具があることを知ったのは、たぶん中学生ときです。30年くらい前。当時、電気屋の売り場ではけっこうな床面積を使ってワープロ文章入力する専用マシン)が陳列されてました。文章を書くのは好きだったけど、字を書くのが死ぬほどめんどくさかった自分は、ワープロさえあれば自分小説とか書くのになあと思いながら指をくわえて電気屋の店内をうろうろしてました。しかし、ファミコンすら買ってもらえなかった家計ではワープロなんぞ買ってもらえるわけもありません。そのうち巡回してた電気からワープロが消え、それに代わってパソコンのコーナーが広がっていきました。このパソコンというのは、よくわからないけどワープロとして使えるっぽいし、どうやらファミコンを持っていない僕にもゲームができるらしい、おれに必要なのはこれだ、というわけで、中学生だった自分パソコンという存在に興味を抱くようになったのでした。


はいえ、だからといってパソコンを買ってもらえるような家計ではなかったわけなので、カタログを熱心に眺めるだけの毎日が続きました。その当時の自分にとって、パソコンが欲しいといったら、それはNECを買うかエプソンを買うかという選択でした。冨士通からパソコンが出ていることは知りませんでした。マッキントッシュっていうやつもあって、このPerformaっていうやつはなぜか安いとか、よくわからないけどシャープとかソニー独自パソコンを作っているぞとか、そういう情報パソコンに対する認識のすべてでした。当時の自分にとってのパソコンは、電気メーカーから発売されている商品一種であり、ラジカセとかテレビと同列の存在でした。


なんでこんな話がプログラミングにつながるかというと、ひょっとして自分プログラミングにずっと感じていた「得体のしれなさ」の源泉の一つは、こんなふうにパソコン電化製品として見ていた当時の感覚の延長だったのかもなあと思ってるからです。


ラジカセなら、CDだのテープだのを入れて再生タンを押せば、そのハードウェア機能物理的に体感できます。それに対してパソコンは、プログラミングちょっとやってみても、その行為と、そのハードウェアとが、感覚的に結びつきません。もちろん、プログラミングというのは、物理的なデバイスに結びつけて考えなければできない行為ではありません。しかし、パソコンを「カタログ商品」として見るところから入ってるばかりに、そこでやるプログラミングという行為ハードウェアとの結びつきが見えにくい状態に、なんとなく居心地の悪さを感じていたように思うのです。


もし自分スタート地点が、パソコンを使って文筆やゲームをするところだったら、パソコンは文筆やゲームのための箱だったでしょう。その後でプログラミングを始めていたなら、プログラミングという行為を、文筆やゲームに関連した創造的な活動として学べたかもしれません。


ところが実際には、自分はつい数年前まで、パソコンという電化製品に対する漠然とした行為としてプログラミングを捉えてた気がします。


プログラミングを始めたのは、高校生になって誰も使わないFM77が部室に置いてあったので立ち上げてみたらF-BASICインタプリタが起動したからでした。とくに何をプログラミングすればいいかもわからなかったので、教科書雑誌コードを転記したり、ループで線画を書いたりして遊んでいました。大学に入ってからも、授業でFORTRANとかLispをやらされたけど、基本的自分目的をもってプログラミングするのは数値計算くらいのものでした。そのころになると、本で情報を探して(まだインターネット検索は使い物にならなかった)適当コードをつなぎ合わせるのがプログラミングだと思ってました。そんなん面白くないなあ、とも思ってました。


この感覚、完全に、いま揶揄されているコピペプログラマーのそれだったと思いますちょっと話はそれますが、ブロック遊びとか砂場遊びって、ほとんどの人はわりとコピペプログラミングと似たような感覚でやってるんじゃないでしょうか。パーツを勘で組み合わせたり、とにかく砂を盛っていったりすれば、家みたいなのができるよね、という感覚プログラミングは、自分にとってそれに近い作業でした。学生のころは、内心、自分にもパソコンサンプルコードさえあれば何かすごいものを作れるかもなあ、くらいに思っていたふしもあります


自分バカでした。パソコンがあるとかないとか、関係ないのです。パソコンさえあれば、なんて思う者に、本当のプログラミングがわかるはずがありません。


そんなこんなで、自分はまともにプログラミング経験しないまま社会人になったわけですが、幸いにもプログラミングに対するこの感覚は、仕事パソコンを日々使うようになってから徐々に変わっていきました。

具体的には、パソコンが、自分の中で「カタログ商品から武器」へと変わりました。それと同時に、プログラミングという行為が、武器開発という位置づけになりました。

武器というのは言い過ぎだとしても、ちょっとしたプログラミングは確かに業務上課題を打開しました。それなりに計算機科学教科書を読んで勉強をしたこともあって、いつのまにかプログラミングに対する「得体のしれなさ」も解消してました。


結局のところ、自分にとっては、プログラミングという行為の「得体のしれなさ」から解放されるまでにずいぶん長い時間必要だったことになります自分がそうだったからといって他人もそうだとは限らないですが、たとえば小学校で形だけプログラミングを教わっても、分かるとかわからないとか、好きとか嫌いとか以前に、なんかモヤモヤした気持ちになるだけの子もも少なくないんだろうなあ。それは不憫だなあ。


かといって、自分がいまプログラミングで少しは戦えてるのは、そのむかしパソコンに憧れがあって、得体がしれないなりにプログラミングをする機会が若いときたまたまあったからでもあるので、そういう機会になるなら小学校で形だけでも教えるほうがいいのかなあとも思います


オチがないので、このへんで。

黒字化した方法を考えてみた

負債11億円… 老舗書店を21歳で継いだ三代目、黒字へ転換させた才覚 - ライブドアニュース

21歳で引き継いですぐに黒字化を達成したことは素直に素晴らしいと思う。

その引継ぎ初年度の黒字について売上、経費について具体的な話しが出てこないので、恐らくだが単純に経営成績改善した、という話しではないと思われる。そこで方法を考えてみた。

・そもそも役員報酬赤字の原因だった。

社長なんだから年間2400万円の報酬を受け取ってくれ』という部分から社長はその金額を、その他役員赤字企業としては相当高額な役員報酬を受け取っていたと思われる。

売上高が分からないが規模的には中小零細程度かと推測されるので、役員退職させ、自身報酬を手取12万にしたことから千万円の経費が削減できたことになる。いわゆる身の丈に合った役員報酬にすることで黒字化したことが予想される。

親族個人貸付

法人側では役員借入金ということになるが、この部分を債権放棄させたのではないだろうか。

親族役員が同一人物であるかが記載がないが、同族企業役員法人お金を入れることはよくある話しである

中には責任を感じた役員いるかもしれない。毎期赤字額を少し上回る借入金放棄してもらうことで債務免除益が立てられ、しばらくは毎期黒字にできる。営業、経常は赤字だが、黒字決算には違いはない。

又は多少の退職金と引き換えに債権放棄を依頼したのかもしれない。赤字法人破産して何ももらえないよりはいいだろう。

棚卸評価方法を変える。

最終仕入原価法によりア〇マ企画、ス〇カトロなど単価の高い商品仕入価額を全体に適用する。粉飾だから無いな。

ほかに何か思いついたら追記するかも。

同じくらい好きになれなかった

とある作品を勧められた。

勧められたときは凄くいいなと思った。

ただ私には他にも結構お金時間を使う趣味があり、そちらを優先しているうちに熱が冷めてしまった。

友人の熱は冷めない。その作品の話をしているときの友人の顔は物凄く輝いている。他の他愛もない話の何倍もキラキラしている。

しかし、申し訳ないのだけど私は飽きてしまった。

一度好きになったものだし、嫌いにはなっていない。

普通に「好き」と言って問題ない程度には好きだと思う。ただ、好きの度合いが友人とかけ離れてしまっている。

例えば、関連の商品が出たとする。当然買うという前提で話が進んでいくが、私は買うつもりがない。こういう話になったときどう返したらいいのか分からなくなる。

普通に買わない、と言っていいのだろうか?

確かに好きになったばかりの頃は同じくらいの温度感で好きだったけれど、今はそうじゃない。

他の趣味お金を使い過ぎちゃって買えない…仕事が忙しくてイベントには参加できない…など頭の中で言い訳を考えていたが、疲れてしまった。

こんな中学生の悩みみたいなことでグダグダ悩んでいるのが嫌になりここに書いた。

疎外感を味わいたくないんだろうし、友人に気に入られたいんだと思う。

なんとなくだが飽きているのは伝わっている気もするけれど、同じくらいハマれなくてごめん。

2017-01-17

身に覚えのない荷物が届く恐怖

 今朝、注文した覚えのない商品amazonから届いた。




 私には注文した覚えがないのだけれど、注文したのは私になっている。訝しさと不気味さが全身を支配する。静かな恐怖と言ってもいい。もしやアカウント乗っ取り…?急いでAmazonアプリを立ち上げる。購入履歴を見る。購入履歴には…昨日自分で購入した履歴が記されていた。えっ。まじで。ぜんぜん記憶に無い。


 記憶をたどると確か昨日の夕方に、スマートフォンを机に伏せて置いていたらやたらとアプリが起動されていた、という現象があったことを思い出した。机に水滴がついていたのだ。それが偶然amazonアプリタップし、偶然「再度注文する」に表示されている赤ちゃんのおしりふき(ウェットティッシュ)をタップし、偶然「1-Click注文」のボタンを押したということだろうか。正直、Amazonは非常に高頻度で利用するので、クレカ情報登録しているしパスワード不要だ。今回はそれがアダになったのかもしれない。


 しかし、それにしても昨日注文した内容に気づかないまま半日が経ってしまった(そして届いてしまった)、というのは恐ろしい。今回はウェットティッシュだったから良かったものの、これが大型商品だったりしたらとても面倒くさいことになる。Amazonへは返品できても、こちらの都合による返品は送料が必要だ。


 普通Amazonで注文したら確認メールくらい届くだろう。妻からは、Amazonから確認メールをOffにしたのでは?と指摘を受けたがそんな設定をした覚えはない。メールは一応確認するほうだし…と思い、まさかと思ってGmailアプリを開いて迷惑メールフォルダ確認したら、Amazonからメールが大量にそこにいた。Amazonで頻繁に買い物するということは、Amazonから頻繁にメールが届くということで、しか自分で買った意識のある場合はそのメールを開かないことも多い。それで最近自動的迷惑メール扱いになったようだ。


 そんなこんなで、Amazonカンタンな注文UIと、Gmailの便利なメールフィルタ機能によって、晴れて本人の気付かぬままに、Amazonから荷物が届く事態となってしまった。最近迷惑メール扱いになったことと、水滴による偶然の誤作動が原因とは言え便利な世の中というのは静かな危険とも背中合わせなのだなぁと改めて思い知らされるできごとだった。






 というわけで、この話を聞いてちょっと心配になってAmazonGmailの設定を見なおしていただけたら、私の失敗も少しは世界の役に立つのだろう、と思って筆を執った次第である

次の元号は「暗黒」とか「耐乏」にするべき

元号買えてから消費税を一気に20%にしろ

8%とか10とかちまちまあげてんじゃねえよカス

金持ちから消費税をふんだくれよ。

タバコ税商品の倍にすればOK.ニコチン厨はそんな簡単タバコなんてやめないから。



後な、医療費金持ちからもっとふんだくれよ。

自己負担限度額80100円、月収50万で年収600万の場合医療費負担率80100/(500000*12)=0.01335

月収83万の人なら252600/(830000*12)=0.0253614458

月収28万の人なら80100/(280000*12)=0.0238392857

あれ?あれれれれれれれ

平均より上の収入がある月収50万の人が負担が軽いね

月収28万の人は月収83万の人と対して変わらないね

電子書籍で飯は食えない

知ったかぶりの人です。

  

ここ最近電子書籍についての話題が増えてるので書いてみようと思った。

  

出版物最初印刷する部数を決めて実際に刷って全国に配本する。このとき委託するとお金をがぼっともらえる。

  

取次から国書店に配本された後、売れ残った本は返品される。ここで売れなかった商品分のお金を返金する。

  

巨額のお金が動く中で著者への印税なども支払われる。

  

電子書籍場合はどうなのか?

  

取次を通し各電子書店配信されるという形は似ている。

  

ただあくまデータのやり取りだ。一万部の商品を預けるわけではない。したがって一万部の入金もなければ返品もない。

  

電子書籍は売れた分だけ入金される。

  

ここで実際の販売数だが、出版物は年々売れなくなってる。ほとんど売れず返品される書籍は山のようにある。

  

だけど不思議なことに紙の場合、刷った部数の入金はあるので一時的お金が増える。そこから社員のお給料を払える。

  

翌月には売れなかった書籍の返金をしなければいけない。お給料を出したかお金がない。またたくさん刷って入金を貰う。

  

これが自転車操業と呼ばれるもの(厳密には違うけど)。

  

電子書籍だとこの自転車操業ができなくなる。売れた分は翌月以降に振込だから給料払えない。

  

それに実売分の売上しか入らないとなると、そこから払われる著者への印税も低くなる。著者がご飯食えない。

  

今のシステムは一応、売れっ子でも新人でもわりと大きなお金をもらえる(実際は差があるけど)

  

こうした業界独自システム出版、取次、書店が生き残ってる。

  

電子書籍だけで飯を食う世の中になるには、どうしたらいいだろう?

  

全部電子化すれば書店や取次はいなくなり、弱小出版は潰れ、売れない作家さんは止めていく。

  

まぁ本の数が多すぎるとよく言われるから、この際は減らしてもいいかもしれない。

  

作家さんも売れっ子になるまでは我慢してもらうかバイトしてもらう(アニメーターみたいだ)。

  

業界電子書籍化を進められないのは「今のような多種多様出版物に溢れた世界」を維持できる見込みが無いから。

  

諦めるのか、何か別のシステムを作るか(出版社以外で)。

  

今はほんとに改編期なんだろうと思う

Nintendo Switchアンチネガキャン的外れなので思うことを述べてみた

悲報ニンテンドースイッチバッテリー時間ですか?3時間ほど保ちますね☝(カタログスペックから実働時間はそれ以下)」

本当にゴミワロタwwwハードメーカーやめちまえよ。 pic.twitter.com/FiS9jnvdAN

https://tweetsave.com/namazurx/status/789827888593768449

据え置き機として使うユーザーにはバッテリーは完全に不要だし、携帯機として使うにしても本体にクソデカバッテリー付けられるよりモバイルバッテリーから給電する方がマシ。

朗報ニンテンドースイッチ問題無く遊ぶ為の構成

合計 180,219 円 +オンライン有料

これ半分、デスクトップゲーミングPCだろ(・_・)

https://tweetsave.com/namazurx/status/819836525705773061

https://tweetsave.com/namazurx/status/819836607830233089

https://tweetsave.com/namazurx/status/819836717964197888

https://tweetsave.com/namazurx/status/819836899917328384

もしかして周辺機器のページ(https://www.nintendo.co.jp/hardware/switch/accessories/index.html)に書いてあった金額全部列挙して足してみたのかな?足し算できて凄いね(・_・)

内容の検証をしてみよう。

本体に含まれている周辺機器について

そもそも、switch本体にproコン、充電グリップストラップJoy-Con (L)/(R)、Joy-Conストラップドックセット(「Nintendo Switchドック」と「Nintendo Switch ACアダプター」、「HDMIケーブル(1.5m)」を含む)が同梱してるんだが?

https://www.nintendo.co.jp/hardware/switch/lineup/index.html

品性を疑われるから書き込む前に確認したほうがいいよ(・_・)

SDXCカードについて

SDXCカード必要なのは完全に同意するが、512GB/87298円という商品が見つけられなかった。

外付けハードディスク買うならSDXCカードは普及帯の製品で十分だろうという判断により、Transcend製、128GB/7580円の製品を使うと仮定する。

ちなみに、外付けハードディスクについては4TB必要か疑問が残るが、1タイトル辺りの容量も判明していなので本検証ではそのままとする。

オンライン有料について

今までのゲームタイトルでは、オンラインプレイを行うためのサーバー費用ソフトの代金に含まれていた。しかし、Nintendo Switchシステムではオンラインプレイを一切行わないプレイヤーはその分の節約が出来る。

プレイヤーからしたら従来方式に比べてメリットこそあれど、デメリットはないのではなかろうか。

ここで、上に挙げられたうち不要ものを除くと。

合計 64,021円

約三分の一になっちゃったよ。アンチさん、価格水増しに精が出るね(・_・)

実際、proコン、Joy-Conハンドル、有線LANアダプタは無くても問題ないだろうから、5万5千円あれば周辺機器込みで何不自由なく遊べるだろう。

おまけ

PS4を貶める気は一切ないが、比較のためにPS4周辺機器を1つだけ買った場合の値段を併記してみよう。

合計 約107,000円。約1.6倍だったとさ。

へ…へー…、任天堂スイッチステアリングコントローラー凄いなぁ〜…。

一方、ナマズんは…。 pic.twitter.com/TpQle13cGf

https://tweetsave.com/namazurx/status/819925503981195264

へ…へー…、ナマズんの部屋凄いなぁ〜…。憧れちゃうわぁ〜…。PS4買うとレーシングシートやベッドが付いてくるのかなぁ〜…?(・_・)

悲報任天堂の新型ゲームハードが完全にダウン症の犬。 pic.twitter.com/Y3GeCQN3gH

https://tweetsave.com/namazurx/status/789231463367516160

悲報アンチが顔真っ赤。ゲームハード貶めるのが趣味人間普通に気持ち悪いし近寄りたくないわ。鍵垢で引きこもっててくれ(・_・)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん