「真実」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 真実とは

2016-12-11

[]人

最初にこの動画を見つけたんだけど

自己紹介self-introduction 嗚呼、眞鍋かをり、佐藤寛子の渦巻きの下の方 - YouTube

英語ペラペラっぽい。

突然サンドバッグを殴りだしてビビる

チャンネル

超現実チャンネル嘘かほんとか、多分真実・・ - YouTube

【カリスマ】eigobinさんを応援するスレ【トレーニー】

2ch局所的なところではすでに少しだけ知られてたらしい。でもここだけで完結してるっぽい。

eigoの超現実日記

超現実 NEWS

ブログも濃い。

荒らす人とのバトルを見ると、荒らす側もオールドタイプの人っぽくて歴史が止まっているように感じる。使ってる顔文字とか。

今アレな人をおもちゃにしてる界隈の手は及んでないっぽい。良いことだと思う。

まあわりとよくいる人かな?

2chによると今年から精神的な病気が肉体にも及んでるらしいのでそっとしておいてあげたい。

でもこの人をみつけた衝撃をメモしておきたい。

2016-12-09

G○○gle検索エンジンはただの集金ボックス

SEO対策意味が無い淘汰される

ガッツリ影響しています

対策意味が無いと言えるのは対策存在しないアルゴリズムGoogleが用意していないと成立しない

けど実際は対策があってそれをすることで上位に食い込むことができる

完全に大嘘

単にSEO対策されるとユーザビリティ下がるのでこういって無知情弱予防線貼っていただけ

その状況で

 

本当に価値のあるコンテンツさえ作っていれば自然評価される

されません

あんたらは自然に淘汰されるような設計で作っていません

自分らが一番分かってるのにトップが平気でこういう嘘をつく

その結果生まれたのがキュレーションサイトです

キュレーションサイト絶対になくなりません

姿形を変えて第二、第三のキュレーションサイトが必ずや現れるだろう

 

ぶっちゃけ広告を貼れる大手けが理解して得すればいいし、分かってない金持ってない情弱個人サイトことなんてどうだっていいわ、金さえ集まればどうでもいいんだよ。お前らに真実情報とか不要でこっちはカモとしてしかみてないから。でもカモを信者にしておいたほうが都合がいいからこういうわ(笑)「本当に価値のあるコンテンツ評価する」)

これが真実

自分らが用意したSEO対策さえ紐解けない金持ってない層は最初から相手にしてないし

情報価値なんてどうだっていいとすら思っている

対策しないという事実意思表示のもの

いつも対策したといっても取り繕ってるだけの中身の無い対応

結局用意した問題を解かれたら新たなSEOが開始されるだけ

まり時間稼ぎでしかない

GoGo検索エンジンはただの集金ボックス

これまでのやってきたことを振り返ればそう結論づけざるを得ない

小保方晴子村田マリ、あと規範意識について

時の人である村田マリ氏については、会ったこともなければ分野もぜんぜん違うのですが、小保方氏とは分野も近いし所属的にも近いです。

ある記事ブコメに、村田マリは小保方と近いのではないかとありました。なるほどその観点はわかりやすい。

小保方氏が結局何をしていたかというと、ミーティングなどでのボスの反応を基準としてプレゼンテーション作成し続けていたということ。だから、直属のボスには非常に評判が良い。ボスの反応がよくなるような材料を作るためには、サイエンス規範に逸脱することを厭わない。だからボス以外の同僚からは評判が悪いし、論文としての科学界での評価は最悪です。最終的に彼女の才能は、国民の反応をポジティブにするような記者会見で最大限発揮されたものの、サイエンス相手にしたというのは彼女にとって分が悪い勝負でした。サイエンスを敵に回すというのは、世界を敵に回すのと同じことですから

それで、ギガジンとかの村田マリ氏への罵詈雑言めいているが一面の真実を含んだ記事などを見て、かつ上記ブコメを参考にすると、要するに村田マリ氏はPVとかの反応だけに合わせてwebメディアを作ったということでいいのですかね。メディアとしての規範無視して。盗作など法律的問題もいろいろ騒がれているけど、結局のところ最大の問題は、「一部上場企業が、医療などの情報について誤った記事を、PVを稼げるからというだけで作成してよいのか」という、やっぱり規範意識問題だと思います

さて、サイエンスとの勝負で小保方氏は敗北を喫したが、メディアとの勝負村田マリ氏の勝負はどのように決着するか、注目しています

ところでやはりこの両者に通じるのは、端的に、規範意識の欠如ですよね。高度に発達した社会であり、犯罪率も極めて低い日本のような国において、相対的貧困などと同じように、やや見えにくいが確実に社会ダメージを与えているような事柄なのだと思います

そしてこれは、確かにこれまで学校教育において規範意識教育、これはあまりなされていないと思います。では新しい道徳教育はこれに一石を投じることはできるのか?リベラルサイエンティストである私は、不安を感じるところが大きいのが確かですが、しかしなにもしないというのは、第二の小保方、第二の村田マリが今後も出現し続ける未来意味するのであって、それはあまり私の期待する社会ではないです。

2016-12-08

何が真実か分からなくなったら飯の種について考えろ

金を基軸にして考えろ

2016-12-07

あの雲を超えた先に君の住む街が見えるだろう

平和真実と限らぬと

昇る月が囁く

胸騒ぎ

情報に対価を払わない時代

21歳。大学生

俺は平成生まれインターネット育ち 面白そうな情報はだいたいインターネット経由。

そんな世代だ。

人によっては違うだろうが、ニュースに興味を持つようになったのは2chまとめサイト経由だった。

今となっては黒歴史だが、ネトウヨだった時期もある。

小・中学生時代、〇いニュースをよく見ていた。恥ずかしい。




さて、ここ数日キュレーションメディア世間で騒がれている。

様々な問題が指摘されているが、なぜこのようなキュレーションメディアが生まれ流行してしまったのかという点はあまり指摘されていないように思われる。


思うに、そもそもの問題は、情報に対価を払おうとしないことではないだろうか。

キュレーションメディアを受信する側は、できるだけ情報に金を払いたくない。

知りたい情報はググって、無料で見れるところを探す。その信ぴょう性についてはあまり意識するところはない。

とにかく、タダでかつ簡易に情報を手に入れられるという点に重きを置いているような印象がある。

発信する側も、情報価値認識していない。(あるいは収益性の面から敢えて無視している)

できるだけ金をかけたくないあまりに、できるだけ情報をローコストに抑え、時にはタダで情報コピペする(意識としては借りているつもりではあるが、盗用ということになるだろう)。

ネット情報はタダだという意識があるのではないか


双方とも根っこの部分には情報に対価を払いたくないという考え方があるのではないか

無論、広告を見せられるという点で、対価を払っているという見方もできるかもしれないが受信する側としてはただのノイズしかない。

実際、金は払っていない。

(たまに気になる広告があり、クリックすることはあるかもしれないが)


以上は、少なくとも若い世代の話である

私の観測範囲では、同世代新聞テレビニュースも見ない。

必要情報ネットで拾う。そんな意識だ。




しかし、これは若い世代だけの話なのだろうか。

日本、ひいては世界全体の問題のようにも思われる。

例えば、post-truthという言葉イギリスかどっかで流行っているとか。

情報のものには価値がなく、「自分が信じたい、あるいは自分主義・考え方にとって心地よい」情報価値見出している人も少なくないのではないだろうか。

公平性真実性の欠けている情報価値は非常に危ういと私は思うのだが、どうも世間はそういった感じではなくなってきている。


キュレーションメディアのようなネットニューメディアに対するのはオールドメディアということになると思う。

テレビ新聞。どちらも元気がなく、副業で儲けようとしている印象。

NHK受信料を払えとうるさいが、払いたがらない人が多数である

新聞は、日本購読者が多い国だといわれているが、しかしそれでも部数は減り続けている。

ネットにも手をだしているようだが、有料だと誰も入りたがらない。

(ただ、無料では割と利用する人はいると思う。Twitterを見ている限りでは。しかし、気になる情報しか見ない)

私たち世代(私の属している範囲がアレだというのもあるかもしれないが)では、新聞を読んでいるというだけで、「意識が高い」とみなされる。

こういったオールドメディアを信用できないという意見理解できる。実際、偏っていたり、間違ったことを報道することもある。

しかし、私にとってはネットニューメディアよりは、まだマシかなという印象があるので新聞もとっているし、テレビ報道番組もみている。NHKにもお金を払っている。

ある種の意地とかひねくれかもしれない。あまりにもネットで叩かれているので。

ネットはこういったオールドメディアに冷たすぎるきらいがあるように思われる。




有料でも情報に金を払うという文化が残っているように見えるのは、専門性の高い分野だろうか。

スポーツ科学アニメとかアイドルなんかもそうか。

嵐がでているというだけで雑誌を買う女の子なんかよく見る。

こういった特定趣味などにかかわるものに金をだす人はいる。

しかし、人数が少ないのでメディア側としてはあまりからなさそうだ。

流行語大賞ひとつも知らないとか紅白歌手を知らないというように、みんな同じものに興味を持つという時代は終わってきて、各自が別の特定の分野にしか目を向けないようになったという点も大きな影響を与えているのかな。

それ自体は悪いとは思わないけれど。




昔を知らないので、情報への対し方というのが昔からこうだったのかは残念ながら私にはわからない。

しかし、今のこの状況は大変まずいのではないのだろうか?そんな気がしている。

2016-12-06

ある歳末

ある歳末

昨日来た新聞に、年末期は、オレオレ詐欺、振り込み詐欺等の特殊詐欺犯罪一年で一番多い月であると書いてあった。私の経験では次に奴らが活発に活動するのは8月のお盆前の頃。詐欺集団会社経営から中間決算年末決算をやるらしい。

7、8年前に、友人から聞いた話。ネットチャリティークリスマス会のような催しがあると聴いて、善良な市民が出掛ける事にする。指定された駅に行くと、会場までの貸し切りバスが待っていた。その行き先表示窓には、主催団体名称記載されていた。「天華の救済」と書いてあったそうだ。善良な市民は、バスには乗らずに帰っていた。代わりに警察刑事さんのような印象の男性が一人で乗り込んで行ったという話だった。

今年は九州熊本震災があって大変であったが、カルト宗教熊本不動産問題裁判沙汰を起こしているのは有名で、カルト宗教不動産物件というのは、到るところにあるから、注意が必要な、社会鍋の歳末でした。

うそつき自分自身うそつきから真実インチキ区別自分自身がつかない。それとも、ウソ真実区別を見分ける真っ当な正しい目を産まれながらに持っていないから、詐欺師になるのか、ニワトリが先か、卵が先に存在たかの論争のようだが、平気でウソをつく人種がいるってことさね。可哀想にね…。

2016-12-05

産経新聞朴槿恵は男とやってた。」と書き、情報源は「市場で聞いた」と記者会見で言い放ち、ドヤ顔

産経新聞ソウル支局長加藤が「韓国セウォル号沈没の時に朴クネが男とやってた・・・・」書いたら安倍総理は大絶賛。しか情報源は?と問われた加藤記者は「市場朴槿恵は男とやってた聞いた。だからセウォル号沈没の時に朴槿恵は男とやってた。間違いない。自信をもって書いた記事だ。」会見でコメント

へ~~~、市場で聞いたら、絶対真実なんだ。

だったら、私も産経新聞取材方法で書きます安倍総理熊本地震で高市総務大臣とやってた。間違いない。

安倍加藤記者産経新聞記者1000人を官邸へ呼んでパーティしたんだろ。

また税金で高級料理だろ。産経加藤に3200万円のカツカレーか。

だとすると3200万×1000=320億円の税金が吹っ飛んだわけだ。

破たん国家日本

産経新聞朴槿恵は男とやってた。」と書き、情報源は「市場で聞いた」と記者会見で言い放ち、ドヤ顔

産経新聞ソウル支局長加藤が「韓国セウォル号沈没の時に朴クネが男とやってた・・・・」書いたら安倍総理は大絶賛。しか情報源は?と問われた加藤記者は「市場朴槿恵は男とやってた聞いた。だからセウォル号沈没の時に朴槿恵は男とやってた。間違いない。自信をもって書いた記事だ。」会見でコメント

へ~~~、市場で聞いたら、絶対真実なんだ。

だったら、私も産経新聞取材方法で書きます安倍総理熊本地震で高市総務大臣とやってた。間違いない。

安倍加藤記者産経新聞記者1000人を官邸へ呼んでパーティしたんだろ。

また税金で高級料理だろ。産経加藤に3200万円のカツカレーか。

だとすると3200万×1000=320億円の税金が吹っ飛んだわけだ。

破たん国家日本

産経新聞朴槿恵は男とやってた。情報源市場で聞いた」と書いてドヤ顔

産経新聞ソウル支局長加藤が「韓国セウォル号沈没の時に朴クネが男とやってた・・・・」書いたら安倍総理は大絶賛。しか情報源は?と問われた加藤記者は「市場朴槿恵は男とやってた聞いた。だからセウォル号沈没の時に朴槿恵は男とやってた。間違いない。自信をもって書いた記事だ。」会見でコメント

へ~~~、市場で聞いたら、絶対真実なんだ。

だったら、私も産経新聞取材方法で書きます安倍総理熊本地震で高市総務大臣とやってた。間違いない。

安倍加藤記者産経新聞記者1000人を官邸へ呼んでパーティしたんだろ。

また税金で高級料理だろ。産経加藤に3200万円のカツカレーか。

だとすると3200万×1000=320億円の税金が吹っ飛んだわけだ。

破たん国家日本

産経新聞ソウル支局長加藤が「韓国セウォル号沈没の時に朴クネが男とやってた・・・・」書いたら安倍総理は大絶賛。しか情報源は?と問われた加藤記者は「市場朴槿恵は男とやってた聞いた。だからセウォル号沈没の時に朴槿恵は男とやってた。間違いない。自信をもって書いた記事だ。」

産経新聞ソウル支局長加藤が「韓国セウォル号沈没の時に朴クネが男とやってた・・・・」書いたら安倍総理は大絶賛。しか情報源は?と問われた加藤記者は「市場朴槿恵は男とやってた聞いた。だからセウォル号沈没の時に朴槿恵は男とやってた。間違いない。自信をもって書いた記事だ。」会見でコメント

へ~~~、市場で聞いたら、絶対真実なんだ。

だったら、私も産経新聞取材方法で書きます安倍総理熊本地震で高市総務大臣とやってた。間違いない。

安倍加藤記者産経新聞記者1000人を官邸へ呼んでパーティしたんだろ。

また税金で高級料理だろ。産経加藤に3200万円のカツカレーか。

だとすると3200万×1000=320億円の税金が吹っ飛んだわけだ。

破たん国家日本

2016-12-04

真面目は無能最後の拠所

真面目な人=無能ではない

無能で真面目な人間は真面目である事で無能さを帳消しにしようとする

彼らのいいたい事はいつもこうである


人のいう事をちゃんと聞いてきたじゃないか

迷惑をかけなかったじゃないか

法律をしっかり守ってきたじゃないか

”だから自分には良い結果がでるべきだ”


真面目な事はただ息をしているだけなのと変わらない

プラスでもなければマイナスでもない

ただのゼロしかないのだ。よって良い結果等も出ようがない。


結局無能が真面目を拠所にして自分正当化しているだけなのだ

一刻も早く世界不条理である事に気づくことをおススメする


不条理とは基本的概念であり最初真実なのだ

アルベール・カミュ

http://anond.hatelabo.jp/20161203200232

http://anond.hatelabo.jp/20161204091317

はてなリベ的に何書いてもいい権利はあるけど、何反論してもいいとか思ってんだろうな。

リベならそれが真実のあり方だし。実際権利という話ならそれで大筋は間違ってはいない。

連れを「君の名は。」に連れて行った。

連れを「君の名は。」に連れて行った。



ワイドショーなどを通じて、ヒット作であることは知っていた。

しかし、如何せんアニメが苦手である萌え絵は嫌いである。



11月4日金曜ロードSHOW!で「となりのトトロ」を見せたが、

前半は「話が進まない、眠い」とこぼしていた。

後半はそれなりに見てはいたが……。



ただ、RADWINPSの曲は好きだという。

そして、映画を見ないままオーケストラ編曲を聞いたこともきっかけになり、

なんとか「君の名は。」に連れて行った。



映画が終わり、自分は満足して余韻にひたっていた。

だが、連れの方を見ると、表情がよろしくない。



「絵は確かにきれいだったし、曲も場面にあっていた。

 でも、途中で意味が分からなくなった。

 ストーリーがまったく把握できなくなって、場面場面の連続になった。

 あれは何?どちらかが空想?だったら私には無理。疲れた。1000円損した。」



そんなことを言った。



不満をなだめていたときに、引っかかったポイントがいくつかあったので、書き留めてみる。



・あの場所実在するの?

 →飛騨地方までははっきり表現しているが、その後は知らない、おそらく架空と思う、と答えた。



・瀧、三葉はどうやって連絡をとっていたのか?メールしていたのか?

 →お互いがアプリ日記、顔を使って記録を残していたことを説明すると、一応納得したようだった。



・どちらかは空想なの?空想ならちゃんと「ここは空想」のように表現してほしい。

 →これに答えるのは難しかった。



 初見の私の一応の理解として、以下のようなことを話した。

 「どちらかが“空想”というわけではないんだ」



 「2016年東京を生きる瀧の世界では、2013年に糸守村は壊滅したことになっていたが、

 実は以前の上京した三葉と瀧の間につながりができていて(※)、

 その後、2013年の糸守・三葉と2016年東京・瀧が入れ替わるようになったが、

 瀧が真実を知った瞬間、いったん二人を繋ぐものはなくなった」



 「それでも、違う時間を生きる人間同士が出会える、一瞬の黄昏に二人は再会し、

 2013年に三葉達が死なない世界が生まれた」



 「1つしかない世界歴史が変わったのか、

 三葉が死んでしま世界と生き残る世界の2つがあるのかは映画からはわからない」



 実際にはもっとつっかえつっかえ話したこともあり、納得はしていないようだった。

 (※)どの時点の三葉がどの時点の瀧に会ったのか、あえて検索せずにずっと考えているが、私にも分からない。



 そもそも「体の入れ替わり」という表現自体を受け入れない、というほど頑なではないようだが、

 時間軸と視点シャッフル表現に慣れてなかったり、

 「時空を超えた平行世界」的なお話、考え方に一度も触れたことがなかったりすると、

 「君の名は。」は理解できないのだろうか。



 逆に、観客の多くはそれなりに理解できたのだろうか。

 雰囲気で感動しているのだろうか。

 理解できた人の共通素養は何だろうか。


 

 たとえば、マンガを読むときルールに「吹き出しの形で台詞モノローグ区別するし、背景に稲妻が走っても本当に天候が悪いわけではない」というのがある。

 http://ddnavi.com/news/215595/a/

 「君の名は。」を鑑賞するには、どういったルール理解必要だったのだろうか。


 

 今連れは「中国でもヒット?信じられん。ホントに分かって見てるの?」と言っている。



 「この世界の片隅に」を待つべきだったかとも思うが、おそらく劇場に行くきっかけがまれなかっただろう。



 今後アニメを一緒に見ることは、難しいかもしれない。

2016-12-03

http://anond.hatelabo.jp/20161203123508

どのへんが?

だいたい真実だと思うけど?

[] #8-2「おにぎりの具」

「……ということなんだ」

「あまり気にしたことはなかったけど、確かに不思議だ。あいつら昆布はいつも何食わぬ顔でそこに佇んでいる」

「何かあるわね」

オーマイコンブ!」

一度、弟たちが興味を持てばしめたものだ。

魔法少女の正体すら暴くような行動力を持つ弟たちにかかれば、「昆布の謎」解明は時間問題だった。




まず、頭脳派のミミセンが情報を整理、考えられる可能性を洗い出す。

今回は耳当てもつけているあたり、本気であることがうかがえる。

「もう一度、近くの店を調べなおしたほうがいいかもしれない」

兄貴が既に昆布需要については調べているぞ」

「それは事実であって、真実ではない」

「どういうこと?」

問題相対的価値なんだ。他に好きな具があるのにも関わらず、なぜ昆布が選ばれ、しかも残りがちということになるのか」

昆布需要のものではなく、問題本質のものを直接調べるのか。

ここで最終的な決定と、作戦を決めるのは弟だ。

「よし、調べてみよう。だが散らばって、じゃない。もしものことを考えて、みんなで行動するんだ」

弟の真意は俺ですら図れないことがあるが、無意味にそんな非合理なことをするわけではないことは皆知っていた。

(#8-3へ続く)

2016-12-01

http://anond.hatelabo.jp/20161130090016

メジャーな話だから特別もったいぶるような、すごい話のようなことを言うつもりはないんだけど、Key前身であるチームが作ったエロゲーONE輝く季節へ~」についての有力な解釈として、物語主人公が「えいえん」に行ってしまった時点から始まってると。「えいえん」から、実世界を眺めてて、「過去の」自分がここまでに実世界で生身の女の子とどれほど心を繋げられたか、思いを残せたか、を「みずか」と一緒にずっと眺めてると。

割とこの解釈には参ってしまって、正しいのかどうかわからないんだけど、俺はすごく好きだし、心情的にはこれが真実だと思ってる。

から、こういう大胆な「違う」解釈というか、「実は死んでて物語の大半は夢」みたいな発送のは興味深くて好き。トトロ解釈とかポニョとかも結構ありだと思ってる。

2016-11-30

http://anond.hatelabo.jp/20161130183728

感じたままの真実を書いて何が問題なのです?

人のために怒ったことある

俺はない。

よく聞く怒るのは君のためを思ってというの、どれぐらい真実なんでしょう

ちょまどを炎上させてる犯人

http://www.utali.io/entry/2016/11/29/182019

こういう姫的な扱いをされてる女性ってのは本当に叩かれやすい。

例えばオタサーの姫なら、可愛くもないのにチヤホヤされてウザイ

会社ならば実力もないのに女というゲタを履いて評価されてズルい、

おまけにそれを自分の実力と思い込んでて愚かだ、

政治世界でも女は当選やすいから不当だ。

 

こういう流れで、まあ叩かれる。

よく言われるのは「美人はブスに嫉妬されてブスに叩かれてかわいそうだ」という主張。

だが、実態として、アンチ内の男女比率は1:1、もしくは男性の方が若干多いのだ。

 

女性容姿子供彼氏のことで女性嫉妬するが、男性仕事地位に関することで男女関係なく嫉妬するなんて言われている。

例え優秀な女性であっても、すごく回りくどい方法で取るに足らない人物に仕立て上げようとしたり、

女性であるがゆえに不適格だというレッテルを貼るのに必死男性は少なくない。

オタサーの姫にしても、実はあまり女性は叩いていない。

ああなりたくはないとは思い見下していても、自分から話題にあげ、わざわざ殴りに行くようなことはしない。

 

女性チヤホヤされたい願望を抱いている人は多いが、実は男性でもそういう人は少なくない。

そんな願望が満たされない男性が、チヤホヤされている人物嫉妬し、関係ない分野に足を運び攻撃をする。

彼らの中では公平性を達成するためという大義名分があり、正義感でやっているつもりであっても、

その行動の燃料となる部分では嫉妬の炎が渦巻いていたりする。

 

こういう女性特に美人)が叩かれている案件をみていると、まるで男性無関係でブスの嫉妬で終わらせようとする流れがある。

だが、真実はそうではなく、男女ともに批判していて、男女ともに醜い嫉妬にとらわれているのだ。

自分の中の醜い感情理解し、それを制するように働きかけることができる人が増えることを願う。

2016-11-29

自担結婚した

自担結婚する。

なんの予兆もなく突然突き付けられた現実だった。



私が彼をいわゆる「自担」としジャニオタの道を歩み始めたのはつい2年ほど前のことだ。

そんな「新規」の私が彼について語るなどおこがましいという意見があるのは重々承知している。

それでも私自身の気持ちの整理のためにもどうかここで私の思いを吐き出させてほしい。



私は幼い頃から今に至るまで、二次元を主としたオタクでありアイドルというもの嫌悪感すら抱いたこともある。

そんな私が初めて好きになったアイドル

みるみるうちに私がのめり込んだことは想像に難くないだろう。

過去CDDVDをはじめテレビラジオ雑誌などありとあらゆるメディア情報を集め、自担だけでなく他のメンバー舞台ミュージカルにも赴いた。

一時期は冗談抜きにバイト代ほとんど全て彼らのために使ったほどだった。



私が初めにその情報を目にしたのはTwitter上でのことだった。

いつも通りの起床時間にいつも通り朝食を食べいつも通り家を出て電車に乗った。

そしてTwitterを開いた時にはもう皆が驚きと祝いの言葉を並べていた。



月並み表現だが、頭が真っ白になった。



想像したことがなかった訳では無い。

相手がいるという噂を聞いたこともあったし、年齢的にもそろそろ落ち着いてもいいのではないかと友人と語ったことすらあった。

その時が来たら私は心から彼の幸せを祝えると思っていたのだ。

現実での私はただ唖然とし情報源必死に探すことしか出来なかった。

確証のない情報に踊らされたくなかったという気持ちももちろんあったが、何より信じられなかった。

信じたくなかったのだ。

調べてみるとすぐに情報源ファンクラブ会員に郵送されて来た会報であることがわかった。

写真を載せることができない会報情報源なら、この目で見るまで確証は得られない。

続々と周りのフォロワー会報を受け取り情報真実である歓喜あるいは落胆を滲ませ呟く中、それでもまだ認めたくない自分がいた。



帰宅後、まるで死刑宣告を待つような気分で自宅のポストを覗いた。



そして死刑は告げられた。



大げさだと思われるかもしれない。

しかしあの時私に訪れたショックはあまりに大きく、私自身そのことに驚いた。

彼のことを恋愛感情として好きで、結婚することを夢見ていたのかという問にははっきりと否定を示しておく。

彼とその相手はお似合いだと思うし、そこに私が取って代われるとは到底思えない。



しかし私は確かに思ったのだ、「裏切られた」と。

まり一方的で身勝手感情だと我ながら思った。

きっと私は心のどこかでファンのことを考えたらアイドルは決して誰か一人のものになるべきではないし彼はそういうアイドルだと思っていたのだ。

もちろんこれは決して既婚者であるアイドルファン蔑ろにしているという意味ではなく、ただ私はきっと彼が他のアイドルとは違うと信じたかったのだろう。



もちろん彼が自分幸せを見つけ新たな道を歩み出すことはとても喜ばしいことだしファンとして素直に応援したいと思える。



しかし私は彼の幸せ結婚であっては欲しくなかったのだ。



ただ、彼からの一番の報告が他でもないファンにだけ届けられる会報でされたこと、それも籍を入れるその日に日付指定ファンに伝えてくれたこと、どこの週刊誌にもすっぱ抜かれる前に真っ先に自分言葉ファンに伝えてくれたことが嬉しかった。

そしてデビュー以来恋愛報道はたったの1度だけ、その相手との結婚であることに気付いてやっぱりあぁこの人が好きだなと素直に思った。

今回のことは私に様々なことを考えさせることとなり、まだ整理し切れていない部分もあるが結局私はまたこれからもずっと彼だけを「自担」として応援し続けるのだろう。

2016-11-26

今の教育は、学問じゃなくてゲームだと思う

「教えたとおりに答えないと不正解」っていうのはゲームに近いと思う

スポーツでもいい

ある一定ルールがあって、それに合っているかを照らし合わせる方式

 

真実に合っているかより、ルールに合っているかを重視する教育」というのは、たしかに実社会で生きる時には有効かもしれない

ルールを読み解き吸収し、応用するスキルを磨くわけだ

 

そういうふうに子どもたちを教育し、学歴により序列を作り、社会がそれを参考に学生を登用する

私も学生の頃からそういうものだと思っていた 

からこそ、「こんな知識一生役に立たないだろうな」という物も受け入れられた

 

ただ、そういったルールベース教育を小中高の12年間やらせるのは非常に疑問がある

もう少し、学問よりに寄せてもよいのではないだろうか?

どれだけルールを吸収できるか(学校教育)より、より役立つ知識効率よく学んでいく方向へ

でないと、国際競争力が落ちてしまうのではないか

2016-11-25

http://anond.hatelabo.jp/20161124064919

僕はクリスチャン信仰は良いものだと思います

なので信仰者としての立場を極力排してなぜ胡散臭いのか、本当はどうなのかを考えてみます

なぜ胡散臭いのか

最初からいいますが、僕は新興宗教自体胡散臭いとは考えていません。

身も蓋もない言い方ですが、キリスト教ユダヤ教新興宗教ですし、仏教日蓮宗浄土宗臨済宗密教系とは重要教義が異なっています

私はカソリックですが、米大統領選でも注目されるモルモン教福音派などのプロテスタントは明らかに新興だと言えます

基本的なことですが、この点をまず明らかにしておきたいと思います

ではなにが胡散臭いのかというと、相当分がみなさんと宗教の接点ですれ違いが起こっていることになります

そして悲しいことですが、本気で胡散臭い活動も当然ながらあります

布教のやりかた

宗教からみなさんへの第一の接点は布教活動になると思います

僕が通っていた大学でも注意書きが掲示されていましたが、家に押し掛けてくるのは胡散臭さレベルが高いので敬遠するのに越したことはないでしょう。

商売と一緒で「売ってくれ」とお客さんが来るのが最高の営業ですが、現代日本ではこれはほとんど期待できないでしょう。

ではどのように新しい信者を獲得するかというと、団体としての活動宗教活動を通じてということになります

お金の使い方

代表的新興宗教には宗教活動以外にも莫大なお金をつぎ込んでいるものがあります

PL教団花火大会や、米ソルトレークシティモルモン教大寺院などはその代表的ものです。

このような活動には伝統的な宗教も古くから関与してきました。宗教伝統的に文化芸能活動庇護者であったのです。

長い歴史の中ではそれに対する反発もありましたが、現代日本でもその恩恵に多く与ることができます

例えば東京観光京都観光には寺社仏閣がつきものですが、その観光価値一般の方には庭園天井画や襖絵、建造物にあるのが現実だと思います

そのような文化活動信者と、一般の方の両方に働きかけるもので、難解な教義を介さない身近な存在として宗教を感じてもらうことができるのだと思います

新興宗教には巨大、特徴的な寺院を建造するところが多くあると思いますがこの理由ちょっとわかりません。

ただこのような建造物を建てたからと言って、教主や教団幹部の懐に直接お金が入るわけではないということは留意しなければならないでしょう。

教義の難しさ

教義信仰者にとっても難しいものです。カソリックでは洗礼を受けるにはちゃんと勉強をして認められなければなりません。

本来ならばどの宗教でも教父にあたる方に接するのが第一歩になるでしょう。

ただ、いきなり相手ホームグラウンドに行くのは恐いですから興味のあるお寺(教会)に電話してみるのはいかがでしょうか?

自分の考えていることを吐露してそれで答えが受け入れられないものであれば、それは相手方の落ち度でしょう。

元増田アプローチは、まず文字に当たるということですが、どの宗教でもその本質活動です。

wikipediaは参考文献に含まれない」とはよく言ったもので少なくとも宗教で学ぶというのは不適当ではあると思います

完全に新興の宗教は別として、多くの新興宗教既存宗教派生です。なのでそれぞれの教義には数百年単位の積み重ねがあり、

一人でそれを理解しようというのはだれにとっても不可能でしょう。ただしその本質というものシンプルで良いものであると私は信じています

宗教政治

長い人類歴史の中では宗教歴史が分離されていたことの方が少ないでしょう。

それはさておき、宗教政治無視できないのは宗教が人の本質アプローチするものからです。

人の生活に直結する政治とはどうしても重なる部分があるということが宗教政治に関わっていく要因でしょう。

宗教非科学的か

波動」や「飛行」というのを聞いたときの胡散臭さは相当リアルに感じます

それはそれとして一歩引いてみれば仏教用語因果因縁、「宇」や「宙」というのは非科学的な概念ではないでしょうか。

これらを科学的に検証することはできませんが、明らかに科学矛盾するものとしてキリスト教進化論地動説否定があります

私自身は技術者として生計をたてていて、人は猿から進化して、地球太陽の周りを回っていると思います

しかしその部分がどの程度まで宗教本質を損なうでしょうか。

非科学的ということが宗教を損なうのはその真実性を損なうからだと思います

これはどこの宗教もつものだと思います検証不可能なことは証明できませんし聖典多面的な読み方ができるため科学的な検証には向いていません。

聖典が正しければ寺院教会)・教義は正しい」そして「寺院教会)・教義は正しければ聖典は正しい」というような循環論法に陥りがちです。

これに対しては僕が言えるのは「あなた自身の考えて」という月並みものです。あなたが一歩を踏み出してよい教えに導いてもらえることをお祈りしています

2016-11-24

Google検索順位判断ユーザ評価も盛り込むべき

健康関連情報サイトの内容は正しいか最近目立つ無責任なWELQ「ココロとカラダ」徹底チェック(怒)!!

という記事を読んだ


沢山のアフィリサイトが作られ、ネット上の情報が爆発的に増えていった

当然、アフィリエイト商材に関連した情報ほど増えていっているわけだ


サイト作成者利益を上げることが一番の目的なのだから

情報の正しさとか、責任とかは二の次になるし、

今回のような自分利益しか考えない無責任サイトも出てくるだろうと予想していた


世の中からゴキブリがいなくならないのと同じで

そんな輩もいなくならないか


本当に問題なのはアフィリエイターSEO技術Google技術を上回っている、ということだと思う


そもそも人間が読んでも専門家でなければ真実ウソかわからないような書かれ方をしているのだから検索エンジンにそれを見抜けというのは難しい話だ

もし見抜けるとしたら、それは検索エンジン人間の読解力を超えてからの話

さらに言えば、仮に検索エンジンの読解力が人間を超えたとしても、

そのころには人間ライティング力を超えたも人工知能も開発されてるだろう

そうなれば文章を書いたのが人間なのか人工知能なのかは原理的に判断ができない


人工知能なんて待たなくても、国家レベルで数万人でサイトを作りまくれば

国に都合の良い情報検索上位を独占することもできるだろう

(もしかしたら実際にやっている国があるかもしれない)



近い未来に必ずそうなる

ネットの中の情報だけでは信頼性のある文章かどうかが判断できなくなる

リアル世界情報を取り込む必要が出てくる



リアル世界情報


すなわち生きてる人間からフィードバック

検索結果に表示されたサイトが 良い か 悪い かを投稿できる機能必要


もう一度言う

Google検索アルゴリズムユーザフィードバック情報も組み込むべきだ