「自身」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 自身とは

2016-08-28

白状

えー、昨夜こちらの記事を書いた者です。

君の名は。見た。薄気味悪い感動系の駄作

http://anond.hatelabo.jp/20160827142040

先の記事読んで頂いた方々に心からお礼とお詫びを申し上げます

以下、告白というか白状です。

 

記事の私の体験話は100%真っ赤な嘘です。君の名は。初日に胸躍らせながら見に行きました。

感動で泣きました。いろんな人に「この世紀の傑作を見ろ!」と言って回りました。

自身もう何度も映画館に足を運びました。

ハッキリ正体を晒すと、私は以下の記事ブログに書いた者です。お陰様でこちらの記事もいろんな方に読んでいただきまして、先の増田を読んだ人の中にも目にした方がいるのではないかと思います

 

 

 

 

~~あとは飽きたんで省略~~

 

 

 

 

増田記事は「下手につっこまれないように」と、できる限りの注意を払い書いた文章です。その甲斐もあってか、多くのブコメからある程度好意的コメントいただき、流石にここまで気を使えば叩かれることはなくなるのか、と安心しました。しかし一方で「あの映画純粋楽しめないなんて可哀想な人」「この手の人って生きててしんどいだろうなー」など、まるで私の書いた感想を持つような人の人間性に問題があるかのようなコメントを平気でつけていく人も多少散見されました。

また、コメントで指摘されている通り、私の前増田記事に載せた批判意見ほとんどは、既にネット上でも多く話されているものであり、大してオリジナリティのあるものではありません。

しかし平気で多くの人が「君の名は。批判意見にまともなものが無い」などと言います。そんな雑な発言が200も300もRT、Favされています。そんな状況が、私にはとても悲しく、情けなく、腹ただしく感じられました。

 

去年私は実写版進撃の巨人を見に行って、このような記事を書きました。

 

実写版進撃の巨人」が割と最高だった話 - Togetterまとめ

http://togetter.com/li/855283

 

幸いこの時もまとめ記事に直接つけられたコメントブコメには、(一部を除き)そこまで私の感性ごと批判してくるような意見はありませんでしたが、ネット上の進撃の巨人叩き意見の雑さたるや、今炎上している君の名は。批判記事なんて大したことはありませんでした。しかし、それに対し反論する人はごくわずかで、みんな何の気無しに「こんなん誰が得したんだ?」などと平気でつぶやいては、しばらくするとそんな自分発言すら忘れていくようでした。

 

 

いえね、正直に言えば、みんなもっと雑に批判すれば良いんですよ。雑に褒めれば良いんですよ。好きなだけ皆で殴り合って、次の話題作が出た時にはそんなこと忘れてまた握手すれば良い。

増田記事は、君の名はにノレなくってモヤモヤしてて、けど下手につまらなかったとも言えずにいる人たちへのエールです。結局絶賛してる人間が書いてる嘘記事なんだから、そんなんエールになるかよって気もしますが、私なりの心からエールです。

 

君の名は見て、面白くなかった奴、納得いかなかった奴、気に入らなかった奴、面白かったけど正直そこまで…って奴。

大丈夫だよ。てめえらの感性はちっとも間違ってねえよ。自信を持て。自分の感じた気持ちに胸を張れ。あんな下らねえ奴らに負けてんじゃねえ。

 

から言えるのはそのくらいだ。

 

(これ今回ばっかりは自分史史上でも割とトップクラス陰湿な真似した自覚はある)

[]

今回は少年ジャンプ+

読切祭の残り感想

あと、「金未来玉杯」ってのがやっている模様なので、それに絞って感想を書く。

金未来杯」にはエントリーできないけど面白いギャグ漫画を集め、その1番を決定する企画らしい。

金未来杯」じゃなくて、「金未来『玉』杯」ね。

低劣だけれども、キライじゃないよ、そういうの。

SOCIAL GUARDIAN

読切祭の八つ目。

ふぅむ、流行に乗ったテーマではあるけれども、設定を捻るだけでなく盛り上げる展開も含めつつ、ストーリーもそれなりに面白いと思う。

まあ、まあ色々と粗があることも否めないが。

ストーリー構成からテーマを考えるに、バトル部分が本旨ではないのは分かるんだけれども、あっさり気味なのはやっぱり残念かなあ。

あと、セリフ回しが……個人的にはあんまり

まあ、でも読切祭の中では個人的に上位だよ。

さて、読切祭の総括だが、前回含めて色々と粗探しとかしていたけれども、なんだかんだ全体的にレベル高かったと思うよ(玉石混合な世界漫画を読み続けている身としては)。

総合的な漫画力で「ハトコネコ」、テーマに甘えずストーリー構成で魅せてくれた「SOCIAL GUARDIAN」、キャラクター人格気概を感じた「こっち見て片山先生」、面白いコンセプトの「冬春の仕事」あたりが自分の中で印象深いかな。




キングカイザーエンペラー

未来玉杯 エントリーNo.1

キャラの強い主人公で終始引っ張っていくタイプね。

ギャグマンガとしてはセオリーだな。

破天荒主人公言動が、最終的になんだかん人々を引き付けるという構成は好きだけれども、ギャグレベル普通範疇かな。



たちあがらない勇者テンツ

未来玉杯 エントリーNo.2

設定を活かしたギャグストーリー展開をもう少し期待していただけに、それが残念。

ギャグ方向性ときたまズレているというか偏っているというか、天丼ということを考慮してもワンパターンに感じる箇所もあったり。

まあ、でも軽妙なやり取りはノッてて面白いと思った。



ストロングリリィ

未来玉杯 エントリーNo.3

ギャグマンガから、やるからには過剰な言動キャラクターという自覚の塊を持った「ストロングスタイル」という、まあコンセプト自体は悪くないと思う。

だが、ギャグほとんどが唐突尊大というか、いまいちピンとこない。

テーマ曖昧としていて、コンセプトが機能しているか微妙

ネタ選びや、ギャグ一貫性がないのが、そう感じさせる要因だろうね。

作者自身よく分かっていないというか、扱いきれない状態で描いてしまったという印象を受けた。



吸血童貞タナベ

未来玉杯 エントリーNo.4

ノリと絵柄だけならコロコロとかの小学生向けで連載してそうなタイプだね。

けれど「吸血」の定番ともいえるのか、明らかに「アレ」を髣髴とさせる暗喩的な表現も含まれている。

まあ、それがコンセプトともいえるし、それ自体面白いんだけれども、シチュエーションなり登場人物だったりとかを練って、もっと話を転がしたりして面白く描けたんじゃないかという気がする。

終始テーマに沿っているのは好印象だけれども、舞台というかシチュエーションの都合上イマイチ盛り上がりに欠けるってところが難点か。

大喜利ネタの一つくらいの範疇なんだよね。



人間の達人

未来玉杯 エントリーNo.5

ワー、カワイイー。

……ぐらいしか感想書くことないなあ。

動物擬人化ものだとか、萌えだとかの定番アイテムが、それ以上の役割を果たせていない。

ネタ選びもノリも凡庸で、退屈なものが多い。

設定だとかテーマを踏まえると、むしろ及第点以下だと評価してもいいほど活かせていない。



綾樫くんは飼っている

未来玉杯 エントリーNo.6

面白い、というより楽しい漫画といった感じ。

こういうファンタジー的な要素に、それっぽい理屈を付けるのって楽しいからね。

ちゃんと、前編でネタとして提供される設定が後半の展開で活かされている構成なのがよろしい。

総合的に纏まってて、これといって言いたいことはないんだけれども、強いて言うなら構図とか、コマ割とかかなあ。

あと、1コマに人物が占める割合が多めというか。



さて、金未来玉杯の総括。

ギャグマンガに絞った企画だったのだけれども、当初の私が予想していたのとは趣が異なるマンガが多くて、嬉しさとガッカリ半々って感じ。

投票は~……どうしようかな。

総合的なクオリティならば「綾樫くんは飼っている」だけれども、あくまギャグマンガという土台に乗っけて評価するならば、軽妙なやり取りの「たちあがらない勇者テンツ」とか、テーマで紡がれる内容が一貫している「吸血童貞タナベ」、キャラの濃い主人公ガンガンいくオーソドックスタイプの「キングカイザーエンペラー」も捨てがたい。

まあ、後で決めよう。

http://anond.hatelabo.jp/20160828011351

世の中、いろいろ大変なことが多くてしんどいな。

 

自分が変わらきゃ、ってのも正しいし、

そう簡単に変われるか、ってのも正しいし。

 

私の方も似たようなことを考える。

自身プレッシャー掛けすぎても物事は上手くいかないので

変に焦らず、諦めず、投げ出さず、で着実に前に進みたい。

 

心身が壊れない程度に踏ん張って、

疲れたときは、きちんと楽しい時間自分に与えて、

なんとかかんとか笑顔になれるようになるといいよね。

 

最後に、数年前の転職活動での経験を思い出したので、参考まで。

 

何社か面接を受け、自然笑顔になれるような心理状態になった方が、

面接で良い結果がでるのに気づいた。

やっぱり、つらいなーって顔で面接すると大抵ダメだった。

 

そこで、面接の直前には楽しい時間を過ごすことにしたのだが、これは効果があった。

一番大事面接の前は、新宿駅から特急に乗り山梨へ行き、現地でレンタカーを借り、一日中、名所を回り名物を食べたのを覚えている。

道の駅で食べた冷えた桃は最高だった。

 

実は、それまでの人生、旅も美味しいものにも興味なかった。

それ以来、つらい局面では、定期的に自分笑顔になれる時間を作るようにしてる。

 

元増田転職活動、良い結果が出ることを陰ながら応援してる。

議員なのに障害者差別してるのは貴方ではないでしょうか?

昔、24時間テレビ左手不自由小学生プロ選手キャッチボールする企画をやってましたが、その小学生別に右利きだし、特別左手を動かしたい意思は無い訳です。

しかし、某プロ選手が「左手キャッチしろー!」と叫びながら何度もキャッチボールしても、右手キャッチするんです。

最終的には小学生が渋々左手キャッチしてVTRは終了。スタジオ号泣

私は健常者ですが、幼少の頃に興味も無ければやりたくも無いテニスを親戚のおじさんに無理やり教え込まれたことを思い出して不快でした。

これはもう障害者見世物にしている以外の何者でもないでしょう。それを見て以来、24時間テレビが心底嫌いになりましたね。

感動ポルノの件は知っている」とありますが、本当に例のスピーチ理解したのでしょうか。

感動ポルノ問題点とは、ただ障害者見世物にして、安易にお涙頂戴をする点にあります

トラバにも「24時間テレビ障害者ドキュメンタリー」とありましたが、24時間テレビのどこがドキュメンタリーでしょうか。

私はテレビ障害者ドキュメンタリー放送するな、と主張している訳ではありません。

24時間テレビ問題点感動ポルノの件を全く理解していないようなので説明すると、感動ポルノ問題とは「テレビ番組障害者をお涙頂戴の道具として使い捨てすることしか考えていな上に、それを観た健常者は『障害者は頑張っている』という認識しかせず優越感にしか浸らない」ことにあります

障害者の手記が許されるなら24時間テレビも許されるべき」とありますが、そんなこと言ってられるのは感動ポルノについて全く理解していない証拠です。

手記を書いている人が、自分の手記を読んだ健常者が何も考えず24時間テレビのノリでただ「泣いた」とか「障害者も頑張ってる」なんて優越感に浸られるだけだったら憤慨しますよ。

別に「俺で泣いてくれ」と思って手記を書くわけではありません。

また、名前失念しましたが、あるパラリンピック選手は「自分テレビに出るのはお涙頂戴だけ。別に自分は人を泣かせるためにパラリンピックに出るのではない。オリンピック選手同様、普通スポーツ選手として取り上げて欲しい」と語っていました。

パラリンピック選手自身も、自分テレビ感動ポルノ的に消費されているだけと不満を持っているわけです。

障害者も頑張っている」と、健常者が涙する。これこそが、障害者侮蔑していることに他ならないわけで、それが感動ポルノたる所以です。

24時間テレビはそれを無責任に垂れ流しているだけです。障害者ドキュメンタリーやらせたらNHKのほうが何倍も上手です。

NHK障害者ドキュメンタリーを見たことがありますか?NHKはしっかり障害者側に立って、責任ある放送をしています

パラリンピック選手ドキュメンタリーもやってますし、お笑い芸人を目指す障害者普通テレビでは「障害者が頑張ってる」とお涙頂戴的に取り上げることしかできない中、NHKは一端のお笑い芸人として、しっかりネタ放送し、プロ芸人批評させます。今までお涙頂戴的にしかテレビで取り上げられることしかなかった障害者お笑い芸人は、NHKで初めて芸人として扱われたと嬉しがっていましたよ。

障害者テレビで取り上げる以上、視聴率度外視で、ここまで責任を取らなければならない訳です。

24時間テレビがここまでやっているでしょうか。パラリンピック競技とか、障害者お笑い芸人とか、どうせ「視聴率が取れない」なんて言って無視でしょう。これのどこに責任があるでしょうか。

他にも、アニメ声優を目指している人とか、俳優を目指している人とか、障害者でも健常者と同じように表現する仕事を目指している人がたくさんいます。(しかも健常者に引けを取らないクオリティ表現ができる障害者なんて沢山います。)それらを無視して素人障害者ばかり見世物にして何の意味がありますか。

障害者を出演させたチャリティー番組といいながら、しっかり広告も取ってるくせに、本来テレビに出たい障害者や、障害者の主張を無視し、視聴率しか気にしていない24時間テレビは「障害者で金儲けしてる」と批判されて当然でしょう。

24時間テレビは、ウン十年もこういった無責任な内容を毎年毎年垂れ流しているだけです。無責任障害者に誤解を与える内容ばかり垂れ流し、障害者のためになっているでしょうか。

今年は24時間テレビの真裏でNHK感動ポルノについて障害者による生討論番組をぶつけてきたことが話題になっていますが、24時間テレビ問題提起したい障害者が沢山いるということでしょう。

よく「感動ポルノは目立てない障害者が僻んでいるだけ」なんて言えますね。こんなことが言えるのは、あなた障害者差別している何よりの証拠でしょう。こんなことを国会議員が言っているだなんて、ちょっと信じられません。

また、まるで福祉車両寄付しているのは24時間テレビだけみたいな言いっぷりですけど、一番福祉車両で貢献しているのは日本財団です。

っていうか、日本財団福祉車両しか走っているの見たこと無いんですよ。24時間テレビ福祉車両って、一度も走ってるの見たことないなーと思って一度調べたことがあります

まず、公式HPによると日本財団は1年に福祉車両1900台ほど寄付しています。一方、24時間テレビは1年に200台程度。日本財団の他にも、NHK財団やアルソックなど、福祉車両寄付する財団企業は他にも沢山あるんです。

24時間テレビけが特別みたいな言い方してますけど、この結果じゃ24時間テレビがやるほどのことでもないですよね。

友人に福祉施設職員がいるんですが、「我々地方福祉施設24時間テレビ恩恵ほとんど無い。24時間テレビはウチみたいな地方には全く関係いね」と言っていました。

これじゃあ、日本全国から集めた募金首都圏だけで使ってるようなもんじゃないですか。意味ないとまで言いませんが、不公平じゃないですか?

それだったら本来意味通りチャリティーやって、タレントのギャラと協賛企業広告料を自分の懐に入れず寄付に回したほうが、24時間テレビの時だけ募金した総額より何倍もの金ができますし、それを福祉寄付したほうが募金なんかよりよっぽど役に立ちますよね。

24時間テレビは「障害者福祉に貢献してきた」と偉そうに言える立場では無いんですよ。

本当に福祉に役立ちたいのなら、金儲けや視聴率なんて考えず、障害者見世物にせず、黙って寄付だけしてりゃいいんです。

普通企業財団はみんなそうです。

また、募金箱設置してる企業スーパー24時間テレビ放送中に何度も宣伝やってますけど、「テレビ募金箱設置したら客が集まってウチも儲かるから設置させてあげるよ。その代わりウチのこと宣伝してね。テレビ局広告料は払うけど、ウチから寄付はビタ一文無いよ」って言ってるようなもんですよね。こんなムシの良い話があいますか?これが売名じゃなくてなんなんでしょうか。

チャリティー協賛企業本来の姿とは、宣伝せず、広告打たず、招待現さずで寄付するのみです。チャリティーの信念を無視して私服だけ肥やそうちゃ、世界は許しませんよ。これが罷り通る日本おかしいのです。

また、サエコさんの件は募金したことをネットで自慢したからでしょう。普通タレント被災地に多額の寄付をしても秘匿するのが当たり前です。売名だ、自慢だと叩かれるのがわかってるからです。寄付は確かに良い行いですが、それを大っぴらに公表するなど下品なだけです。世界共通認識ですよ。元々女性に嫌われてるタレントですし、反感買って当たり前です。配慮が無いんです。

これじゃあ24時間テレビ障害者見世物にして金儲けしてるだけなんて言われても当然ですよ。

テレビならテレビのできることが、もっと他にいっぱいあるっていうことなんです。

募金募金だと全国の視聴者から掻き集めた微々たる金を首都圏だけで使い果たすより、例えばまだまだ世間に浸透していないパラリンピック競技の楽しみ方を特集するとか。

車椅子ラグビーなんか、別名マーダーボール殺人球技と呼ばれるほど過激スポーツで、車椅子同士激しくガチガチにぶつかり合うんですけど、見てるだけでかなりエキサイトできます。これをもっとテレビで広めれば、世間的にもかなり人気スポーツになりそうです。

他にも、障害者施設でいい物を作っているところは沢山あります。それを24時間テレビ内で紹介・通販したら、福祉施設の売り上げにかなり貢献できると思います

「お前は障害者のために何か役に立ってるのか」なんて、障害者差別しているくせに偉そうに言われちゃいましたが

私は皮膚が弱く、市販シャンプーや洗剤を使うと皮膚が荒れるので石鹸を愛用しています

「ねば塾」という福祉施設がありますスキンケアが好きな女性なら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

私はボディーソープ身体を洗うと皮膚が荒れるので、ねば塾の石鹸で洗っています。ねば塾の石鹸福祉施設で作られたものですが、品質大手メーカー石鹸凌駕します。職人仕事なんです。ねば塾の石鹸なら肌が荒れません。

ねば塾の石鹸品質が良いと口コミ口コミを呼び、現在では東急ハンズドンキホーテなど、全国の大手量販店ドラッグストアでも手軽に購入できるようになり、ついにはアットコスメ石鹸部門大手メーカーを跳ね除け1位を獲得しました。

洗濯洗剤も肌が荒れるので、地元福祉施設で作られている「美々川せっけん」という洗濯石鹸を愛用しています地元スーパーでは手軽に購入でき、リサイクル油で作られた環境を考えた商品で、こちらも品質が優れています地元ラジオ通販でも売り上げトップの人気商品らしく、よく通販番組でも紹介されています

また、近所の福祉施設ではパン屋さんを営業しており、そこでも手作り食器用リサイクル石鹸販売されているので、パンと一緒に購入させてもらっています

考えたら結構福祉施設で作られた商品をかなり購入していますね。パン以外はスーパー量販店で購入しているのでピンと来ませんでしたが、私は結構福祉に貢献している方じゃないでしょうか。

そういった商品や、作っている方々を24時間テレビで紹介したほうがよっぽど役に立つと思いますね。

小学校の頃から学校には障害者の生徒がいましたし、近所にも障害者のお子さんを持つ家庭が3件ほどあります。私は福祉仕事では無いですが、私の担当のお客さんに数件ほど福祉施設があり、仕事柄よく出入りしています。私は昔から特に障害者偏見は無いと思いますが、あなたは本当に偏見は無いのでしょうか。

http://anond.hatelabo.jp/20160827221230

http://anond.hatelabo.jp/20160827210109

児童ポルノ見世物障害者

どちらも、保護すべき人が保護していない、という共通点がある。

それに出演することで、それを見た人間がどう思うか、ということを

本人自身が正しく認識しているのだろうか?

本人がいいと言っているからいいのだ、という論調ちょっと違うと思っている。

そんなことを考える今日この頃

2016-08-27

高畑淳子さんが息子に教えてきたこと

会見で話してた、

「嘘をつかないこと、人様に迷惑をかけないこと、感謝すること」

なんか、自分が主役感がすごい

かけたら謝る、かけられたら助けてあげる じゃないの?

感謝するのも大事だけどまず感謝されることをするのも大事じゃないの?

あと高畑さん自身がやたら感謝しすぎ

うちの裕太を可愛がってもらってどうもありがとうございますありがとうございますって

可愛がられて当然みたいに勘違いちゃうよ息子が

自尊心が高くなりすぎてもっといい自分になろうっていう向上心がなくなるよ

高畑裕太が本当に悪いのだろうか

自分自身で抑えきれないような性欲に動かされてしまったんでしょ?

から彼は加害者になってしまった被害者なんだよ

自分では逆らうことの出来ない欲求に動かされたのなら

彼のことをガヤガヤと責めてもどうしようもないよなあ

だって自身どうしようもできなかったのだから

これは結局脳の問題で今回の事件被害者へのケアと彼への科学的な治療必要ってだけで

最低最悪の人間だ!なんて言葉を投げかけるのは全くもってナンセンス

(話変わってテストステロンの異常な増加で凶暴的な性格になり抑えられぬ暴力的衝動によって殺人を犯したといった事件海外とあったけど

これは殺人犯が本当に悪いのだろうか?大雑把に言えば彼の脳、テストステロン問題があるのであって、彼が悪いのだろうか、彼が悪いと言えるだろうか)

でもやっぱり彼が悪いのかなあ

新海誠作品ターゲット

http://anond.hatelabo.jp/20160827142040



新海誠作品ファンだ。全部観ている。

しかしこの増田に書かれていることもよく分かる。



彼の作品は正直言って浅い。庵野秀明のように戦後すぐの映画作品思想的に吸収しているということもないし、宮崎駿に対する高畑勲のような思想的ブレーンもいない。

映像美とSF要素を取り去ってしまえば高校生恋愛を描いているにすぎない彼が、ポスト宮崎駿であるとは彼自身考えていないだろう。



このような新海作品本来ターゲット層は学生カップルだ(と思う)。恋愛人生価値の大半を占める学生世代にとって、恋愛を大げさに描いて魅せる新海作品ウケるのは当然だ。



しかし、新海作品は、その映像美・SF要素によって何か深淵メッセージが含まれていそうな印象を受ける。

これにつられて大人世代もこれを観てしまう。しかし新海作品は上述したように空っぽだ。そのため大人世代何だか裏切られたような印象を受ける。



おそらく増田もこうした裏切られたと感じた1人なのではないだろうか。

2016-08-26

http://anond.hatelabo.jp/20160826223225

おめでとう

告白した/されたことがあるとかないに関わらず、20代前半まで異性と付き合ったことがない人って自分感覚だと何人かに一人いるし、増田自身友達にも好かれてるみたいだからそんなに過去のことを気にしないで思う存分幸せ時間を過ごしてほしい

ただ、しばらく付き合ってるとケンカしたりお互いの気に入らないところが増えてきたりして好きっていう気持ちに陰りが出てくることがあると思う。それで別れちゃうくらいならもともとその人とはその程度の関係より先はなかったっていうことになるし、それをずっと乗り越えられれば本当に運命出会いだと言えるはず

赤ちゃんが泣いたのを嫌がる人を叩く人に限って、赤ちゃんはその赤ちゃん自身意思でそこに来ている訳ではないという事実無視する。

子供権利を認めていないのはそっちなんだよなあ

http://anond.hatelabo.jp/20151116021414

僕は日本大企業がどんな感じかよく知らないが、中途採用面接していた感じだと、20代で何らかのスキルを身に着けている感じは全くしなかった。

こいつの経歴からいって中途採用にかかわるなんておかしいし、しかITベンダーから人がくるのはありえない。

毎度おなじみの藤沢数希の法螺吹きだが、これはこいつ自身日本企業からノースキル転職したことを意味しているんだろうな。国際証券からアムロへっていう。

2016-08-25

フィクションにおける共感羞恥

共感羞恥話題になっていますね。

私も昔からいかにも考えが足りてなさそうな人物が

これまた明らかに考えが足りてなさそうな行動をして

案の定大きな失敗をしてしまう、というシーンが苦手でした。



そういうシーンを見るたびにいやーな気分になるのですが、

今回、改めて今までを振り返ってみると

この感覚フィクションかつ動画で感じることがほとんどであることに気づきました。

アニメ映画ドラマなどでは感じたことはあっても

現実生活ドキュメンタリーなどでは感じたことはおそらくないです。

マンガ小説でもほとんど無い気がします。



では何故フィクションのみで感じるのか。

おそらく、

・いわゆる現実世界には失敗に至る演出がほぼないこと。明らかにこのあと失敗するぞ!というシーンというか演出現実では見たことがないです

動画かつリアルタイム場合、失敗演出を終わるまで待たなければいけないこと

あたりが理由なのではないかと考えてます



ただ、これだと、何故そんなに失敗演出が嫌いなのかという説明にはなっていません。

Togetterでは自身が恥をかくことを恐れすぎているせいじゃないか、という考察がありましたが

恥をかくのが好きな人はそもそもいないでしょうし、

私自身、現実生活では恥をかくのを恐れて行動ができない、

といったこともあまりないため、この話題は今後も当分気にかけていくんだろうなぁと思っています

俗にいうブラック企業経営者って

残業代自分給料増やそうとする思想労働者視点経営やってるだけで、

結局経営者自身も何かしらに搾取されてんじゃないかなと思う。

共感羞恥ってちょっと前にもそんな感じのがTwitterで盛り上がってたけど、そんなむずかしそうな言葉もできたんだなーって感じがする。



自身は、アンパンマンバイキンマンが悪さしてるシーンとか。

カツオが、のび太が、しんのすけくんが何かやらかす気配を出す度にすぐチャンネルを変えて逃げてた。

うっかりリモコンが遠くてキャラクターが怒られているシーンを見ると、ショックで呆然として味噌汁を落としたり涙ぐんだりするような子だった。

単に怖がりビビリなとこもあるので、ウルトラマンとかゴジラとか仮面ライダーも怖くてダメだった。

セーラームーンも敵が思ったより怖かった。プリキュアも思ってたより反射的にチャンネルを変えてしまうシーンが多かったので観なくなった。

ターミネータージュラシックパークエイリアンはひっきりなしにザッピングながら見てて、ちゃんと見たい親に怒られた記憶がある。

バックトゥザフューチャー主人公がやらかすシーンは逃げ損ねてしまって、ダメージが大きすぎて数日間ビフとセットで夢に見た。

現在上司が急に同僚に声を荒げたりすると、ビクーンとなって椅子の上で跳ねてる。何回か椅子から転げ落ちたりもした。

怒られてる人がいると心拍数が爆上がりしてひどいと頭痛までいくし、仕事どころじゃなくなるから人前で説教するとか大声出すの本当にやめてほしい。

そんなクソザコ小心ビビリマン。



ドッキリはどういうドッキリなのか事前にネバタレされた上で、恥ずかしがらせるタイプと怒られてビビらせるタイプではなくて、

ただ単にびっくり箱的な非日常的な状況をブッ込んでびっくりさせて反応を見るだけの奴なら見れる。

そういうのはびっくりしてビビってるのをみてアハハ恥ずかしい奴め、と笑うようだけど、

びっくりしたら変なリアクションするのは普通だと思うのでそれを見ても恥ずかしいとは思わなくて、単純にすごいリアクションだ!という感じで見るので平気なのかもしれない。

動きがいい人(素早く脅威から距離をとって出入り口に向かうか安全そうなエリアに退避するタイプの人)は好感度が上がる。

あとなんとなく、芸人だったら本当は仕掛けとか求められてるリアクションとか全部わかってやってるんじゃないかと思ってるところがあるので、好んでは見ないけど目にしても大丈夫なこともある。

その辺は結構矛盾してそうな気もするけど、俺はバリバリ人を見た目で判断するしちゃんと平等に人に接するとか決してできないクソみたいな性格なので、共感センサーも割といい加減なんだと思う。

センサーが反応すると見てられなくなるのは確か。



ところでAVでも野外とかどっかの店に行くとか店員やらされるみたいなガチっぽい露出もの羞恥ものはまったくダメなんだけれど、

なぜかゲームに参加という体でバカっぽくていやらしいことをさせられて恥ずかしそうにキャッキャいって笑ってる女優さんたちの映像は最高に刺さる。

罰ゲームと称した絡みのシーンはすごい勢いで萎えから全部スキップしてしまうあたりに、我ながらやや病理を感じるけれど。

社会派漫画エアマスター』を知っているか

ヤングアニマル誌上で90年代後半から10年間にわたって連載し、人気を博した『エアマスター』。

未読の人は、絵からしてギャグと思いがちではあるが、実は違うのだ。

これを機会にきちんと読んでみて欲しい。

以下に若干のネタバレを含みつつ、概要説明する。



主人公相川摩季は女子高校生であるが、複雑な家庭の事情の、一種の不良である

元は体操選手として有望視されていたのだが、母の死をきっかけに体操を辞め、目標最愛の人も失った喪失感から逃れられずにいる。

また女癖の悪く粗暴な父は次々と女を変え、摩季と父はどちらからかは不明だがお互いに距離を取り、摩季は一人暮らしをして生活費だけを父からもらっている。その疎遠さは作中で小学生の異母妹の存在小学生高学年になるまで知らなかった程。

また、摩季は粗暴な父に似て、言葉よりも先に手が出る乱暴な一面もある。



そんな中、摩季は夜な夜な街を徘徊しては適当な男を見つけ、交わると言う退廃的な生活を送っていた。

ある日、摩季は不良少女達の集団と知り合い、仲良くなる。

人並みに楽しみ、イベントを謳歌しつつもやはり夜の徘徊はやめられず、土木作業員オタク同級生など様々な相手関係を持つ。

また、摩季が相手にする男達は女性の摩季に対しても暴力を振るうような粗暴な人間ほとんどで、そのトラブルに友人達が巻き込まれることも多く、不良集団と揉め、友人が拉致される等の事件にも発展したりする。



中盤からは、摩季をカメラを持って追いかける偽名の男〈深道〉と、摩季に執着する本名不詳のストーカー坂本〉が話しの中心になっていく。

深道は、摩季に次々と男(時には女も)をあてがい、その様子を撮影して映像販売するような人間で、彼に報酬提案されるが、摩季は拒否する。

しかし、深道の哲学的な一面に対してか、縁を切りきれずに、終盤でも呼び出して二人で会ったりしている。

一方、摩季をストーキングする坂本は、延々と摩季を追い続ける。終盤で摩季はついに坂本に組み伏せられ強姦されたあげくに妊娠してしまう。



この二人と摩季の関係が後半の見所で、物語自体は、摩季と将来生まれるであろう娘との精神世界での対話で終わる。



結局、摩季は家庭を破綻させた父と距離を取りながら、同じような男達に惹かれ、摩季自身性格に難のある男達に愛される。

彼女幸福になるか、不幸になるかは描かれない。

しかし、この漫画通読すればみんな、なにがしかを考えられずにはいられないだろう。

読んだことの無い人には是非『エアマスター』を読んで欲しい。

http://anond.hatelabo.jp/20160824224811

自身ビアン自覚がおありなら、ビアンの先輩を探して聞いて回るのが一番いいんじゃないかなぁ。

そして、その子を落とすための恋愛指南を受けているつもりが、

つの間にか自分ビアンの先輩に落とされていた…みたいな展開希望

瞑想」について

瞑想」――言葉だけは誰しも聞いたことあると思う。なんとなく、座って目を閉じて心をリフレッシュできるもの?というくらいの一般認識はそこそこ広まっているとしていいのだろうか。

かくいう私も今年になってから始めたのがこの瞑想。寝る前に15分くらい実践している。例として挙げるには恐れ多いけれど、アップルコンピュータ創始者であるスティーブ・ジョブズ氏や、京セラ名誉会長でありJALを再建させたことも記憶に新しい稲盛和夫氏も実践しているらしい。

今やブームになっているとまでは言いがたいが、知っている人はやっている、心身のリフレッシュ方法だ。瞑想はいったい何なのか?その実践方法瞑想による効果について私なりにお伝えしたい。

■「自分思考自分の考え」というのは誤り

細かな歴史や背景については検索すればいっぱい出てくるのでここでは省略するが、発祥はもちろんインド仏教からだ。しかし、現代人の多くが実践している瞑想はそういう宗教的目的ではなくて、強いて分かりやすく言えば、雑然とした頭の中をすっきり整頓させることを目的としてやっている。

まずこの「雑然とした頭の中」について理解するための方法として、あなたにもぜひ試してみてほしいのだが、「10秒間、何も考えないでみる」をやってみてほしい。いかがだろうか。みな、「気づくと何かを考えて」いないだろうか。たった今、自分で何も考えないと決めてかかったにもかかわらず、気づくと何かしら考えているのだ。

まり人間思考というのは一見自分制御しているようで、実際はそうではないことが分かる。あなたに今思い浮かんだその思考は、あなた自身制御によって浮かんだ思考ではない、という点だけはまず基礎知識として知っておいてほしい。

ストレスの源である自我と関わりのない時間もつ

この自らの意思とは無関係自動的に湧いてくる思考のことを自我と呼ぶ。人間ストレス精神的な苦しみはこの自我によってもたらされる。つまり自我自分自身と捉えてしまうことによって、日々嫌な思いや嫌な気持ちを味わってしまっていると理解していただければと思う。

釈迦様ですら、この自我のことを悪魔と呼んだくらい、人間にとって厄介な存在ものなのだ瞑想とはそんな自我と関わりのない時間もつための手段ひとつになる。

基本はリラックスして座る、鼻でゆっくりと呼吸する、呼吸に集中する

瞑想をする理由が分かったらあとは実践あるのみとなる。実践と言っても学校勉強ビジネススキルアップのように小難しいことは一切ない。基本は、

リラックスして座る

鼻でゆっくりと呼吸する

意識を呼吸に集中させる

の3つだけ。本を読んでみるとマントラを唱えるとか色々あるけど、要点としては変わらない。最初のうちは自宅のベッドなど静かな場所でやった方がいいだろう。慣れたら昼休み中のカフェでもできたりするそうだ。

基本はリラックスして座る、鼻でゆっくりと呼吸する、呼吸に集中する

座り方も写真のようないかにもな座り方があるがそれにあまりこだわらなくてもいい。大事なのは自分が本当にラクできる座り方であること。ラクに座れたら、次にゆっくり鼻から息を全部吐く。吸う時は鼻に任せる感じで、またゆっくりと吐く、これを繰り返す。

最後に何より難しい「意識を呼吸に集中させる」だが、自分の呼吸を五感で感じるつもりでスーハーする呼吸音に耳を傾け、肺に入る空気を体で感じる。慣れるまではこの呼吸に集中するのが難しく感じるが、集中してしばらく続けるとコツがつかめるはずだ。

■頭に浮かぶ雑念とは戦わない

無事、瞑想の態勢に入れたあなたに改めて伺いたいが、いかがだろうか。慣れるまでは先ほどの「思考の大群」が頭に押し寄せては来ないだろうか?

私も始めたばかりの頃は、あまりにこの思考邪魔すぎてとても瞑想どころじゃなかった。しかし、ここで超大切なコツをひとつ。その邪魔思考を決して消そうと思ってはいけない。なぜなら、その消そうとしているあなたの思いですら、あなた思考から出てきているものからだ。

非常にややこしく感じるかもしれないが、ここではそういう思考に決して立ち向かってはいけない。ただただ、浮かんでくる思考を、映像を眺めるかのように傍観し続けてほしい。

■まずは1日15分から。何が変わるかは人それぞれ

瞑想はやり過ぎはいけないと言われている。また、非常に集中力を要するものなので、最初タイマーをセットして15分を目安に実践してみるといい。上手くやれれば最初の1回目から効果を感じることができるかもしれない。他にも、実践している人の声として、

集中力記憶力が向上する

まらないことで怒らなくなる

考え方がポジティブになる

熟睡できるようになる

自信がつく

などがある。私も始めてから3~4ヵ月ほどだが、昼間の集中力は明らかに向上した(気がする)。科学的に集中している時間を計ったわけではないので断言はできないが、実感できるレベルにまでは十分向上している。

あなたは何が変わるだろうか?やり過ぎに注意しながらも、楽しみながら実践していただきたい。

母親に掛けられた呪いの話

私の家庭は両親が上手く行っていなかった。殴る、蹴るといった直接的な暴力は少なかったとはいえ、所謂父親から母親DV行為が行われている家庭だった。

何か問題が起きた時、決まって母親から聞かされる言葉があった。「男は馬鹿だ」と。

今となってみればそこには男性のものに対する批判性は少なかったと思うし、母親自身まり異性経験の多い方では無かったそうで父親=男とするのも無理は無かったのかもしれない。

だが、幼い子供からすればそうはいかない。ただただ額面通り言葉として受け取るしか術がなかった。母親への同情と同時に「この世の男は馬鹿クズで、軽蔑すべき対象だ」という刷り込みが行われていった。



私が女性であったならばただ男性差別主義者ミサンドリーとなっていただけだろう(勿論そういった主義を良しとする訳ではないが)。

しかし私は性自認を含め男性であるのだ。女性に生まれたかったと思う事は多々あるが、性自認の話とは別問題だろう。

これは男性に限った事ではないが、自己性別軽蔑するというのは大変生きづらい。

同性同士特有のノリ――異性関係における武勇伝であるとか、男性であるなら風俗ギャンブルの話であるとか、そういうものに対して特別嫌悪感がある。

時にはその嫌悪感は「男性である自分」へまで及ぶ事もある。

女性に恋をする事だってあるし、性欲も人並みにはある。しかし、「馬鹿クズ男性である自分女性に対してアプローチを掛けて良いのか?危害を加える可能性は?そんな事を考えると、男性嫌悪から飛躍して自己嫌悪にまで陥る。

女性への嫌悪を感じる事もある。

男性批判を行う母親はこの文脈におけるところの女性だ。そんな女性に少なから嫌悪感を覚えていたのだろう。

今でも、テレビ番組などで女性タレント男性批判をしている時、嫌悪感と同時にどうしようもない居たたまれなさを覚える。

ここまで来ると男性女性嫌悪している自分は一体何者なのかが判らなくなる。



母親からすれば家庭内の拠り所が子供しか居なかったのだろう。

その事に対しては本当に同情しているし、その時々で思いつく限りはサポートしてきたつもりだ。一般的母子関係よりも仲は良いとすら思う。

それでも、やはりこの刷り込みに対しては負の感情が大きい。これが無ければもう少し人生は変わっていたのだろうかと。



もしもこれから親となる方がこれを読んでいたなら、家庭環境悪化した際にはできる事ならば拠り所は家庭の外に作ってほしい。

最後の手段として子供にそれを求める事になったとしても、性別のもの批判してはならない。

幼い子供は繊細で、あなたの言う事を素直聞いてしまう。その、呪いにも近い言葉大人になっても克服する事が難しい。

2016-08-24

ヨッピーが「ジャーナリスト」ではない理由説明する



ヨッピーYahoo!個人投稿した「PCデポ 高額解除料問題 大炎上の経緯とその背景」という記事が爆発的な勢いで拡散している。Yahoo!個人ページビューに比例して報酬が支払われるから沖縄で一週間過ごしてもお釣りが来る程度の収入になったのではないか

ところが一部のブコメが見るに堪えない。「ヨッピージャーナリストに転身か」などと書いている者が少なからずいる。えっと、取材にかけた労力を上乗せして大甘な評価を付けたとしても、ヨッピージャーナリストはいえないんだよね。大手マスコミ関係者なら誰もが「この記事はアウト」と断言するはずだ。

しかヨッピーは、自身では風俗ライターなどと茶化しているが、以前に書いた記事を見れば有能さは一目瞭然。寝起きのような顔写真は嫌みのないセルフブランディングになっているし、顔アイコンを並べた軽妙なやり取りはいまやネットメディアにおけるパブ記事テンプレと化している。その上で文章にはジャーナリスト的な風味が加えられていてインテリを唸らせる部分もある。個人的にはよくやっていると思う。

しかし、それはあくまで「ジャーナリスト的」なものに過ぎない。大手マスコミで、駆け出しの記者が件の記事のような原稿を書いてしまったらどうなるだろうか? 赤を入れられるどころか、「当事者に肩入れして一方的すぎる」と完全にダメ出しを食らうのが関の山なのだ

ジャーナリストだって人間だ。義憤かられることもある。だが、その視点は常に公正中立ものでなければならない。公正中立とは、悪を断罪するという意味ではない。被害者(と主張する)側だけでなくPCデポ側の意見併記するのはもちろんのこと、悪印象を植え付けるような印象操作炎上を煽るようなことをしてはならない。最終的な判断は読者に委ねるべきなのだ

このあたりで「大手マスコミスポンサー配慮して書けないのだ」といった頭の悪い批判をする者が現れるだろう。だが全く次元が異なる。言っちゃ悪いが、PCデポとき配慮する理由など大手マスコミには欠片もない。記者倫理によりそうした報道はできないというだけだ。

今回、ヨッピー世間の期待に応えようとするあまり勧善懲悪ストーリーを下敷きとしながら、ジャーナリスト的な視点を入れて記事を完成させたのではないだろうか。以前に氏が活躍したバイラルメディア批判からも読み取れるように、心のどこかでジャーナリストに憧れている部分があるのかもしれない(本人は否定するだろうが)が、これに味を占めてはいけない。自身が本当に正しい方角を向いているか、一度振り返ることをおすすめする。

2016-08-23

面倒な友人と連絡を断って3週間ほど

携帯電話の連絡先を拒否リスト登録した。電話メールブロック

やり過ぎかもしれないと思う気持ちもありながらも、解除する気にはならない。

解除してしまえばまた、同じことの繰り返しだからだ。

彼女から一方的な会話、一方的なおしゃべり。

そちらが話せば聞くと彼女は言うが、聞くスキル共感スキル絶望的で話したいとは思えない。

結果、こちらが興味もない彼女趣味の話を聞くばかりになる。

それでも暇で余裕があるときなら、できないことじゃなかった。うるさかったし面倒だったけど、付き合うくらいはできた。

けれどこちらが大変な状況になった時にも彼女の行動は変わらなかった。相変わらずの自分趣味の話。

私の話にねぎらいや慰めを返すでもなく、黙って聞いてくれるでもなく。自身のどうでもいい話を遠慮して話を切り上げてくれるでもなく。

相変わらずの趣味の話を続けようとした。

とても腹立たしく感じるのと同時に、まったく気持ちが伝わらないことが異質で気持ち悪くなった。

嫌いになった、とかではない。

けれどもう彼女と付き合っていけるとは思えない。

憎しみとかそういう感情でなく、友人と縁を切るということがあるんだなと今思う。

他人自殺を止める人の気持ちがわからない

死にたい」という相談には、

死ぬべきではない」「悲しむ人がいる」「生きたくても生きられない人が世の中にはいる」「個人的に死んでほしくない」など、

おおむね自殺しないでほしい、自殺するべきではない、という返信がつく。

もちろん、「死ぬべき」「死にたいなら死んだ方が良い」などという返信もつく。



それらは私には、全てエゴであるように見える。

相談する方もエゴであるからお互い様だと思う。



でも、どうして、そう言うのか知りたい。どうして人の自殺を止めるのか、その動機が知りたい。

エゴである事が問題なのではない。それはどのようなエゴであるのかが知りたい。

認めると自分自殺するべきだと思えてしまう状況にあるからだろうか。

その人の死が社会的損益だと思っているのだろうか。

見殺しはなんとなく気分が悪いかなのだろうか。

また話したいと思うからだろうか。

もっともらしい正義を語る機会だからだろうか。

過去に生死に関して、嫌な経験をしたからだろうか。

どちらかというと、生きていてほしいからだろうか。

止めておいたほうが人間っぽいからだろうか。

不快からだろうか。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



自分死ぬべき人間だと思う。

そう思った時に、次の行動としてとるべきものはどれか?



死ぬべきである証拠を集める

・死なないべきである証拠を集める



私は、自分のことを、死ぬべき人間だと思っているが、自分ではそれを選べている気分にはなれない。



人間、どんな言葉からでも自分の欲しい情報を探そうとするものではないだろうか。

人の言葉で救われる人は、人の言葉に救いを見出す力を持っている人なのではないだろうか。

救われるか、救われないかは、事の当人が既に決めている事で、説得者は、あるいは説得の定型は、本当には無力なのではないか



そうでなければ、鬱になるべくして鬱になる人がいるのではないだろうか。

相手言葉をそのまま受け止めようとする気持ちは、ほどほどのスルー力無しでは維持が不可能だ。

相手言葉をそのまま実行しようと努力する人は、大人数の発言を前に、混乱してしまうがゆえに、憂鬱に陥るのではないか




まり自殺を止める言葉は、説得としては、そのままの意味では、

もし自殺を止められたとしても、発言者意図では、通じていないのではないか

あらゆる言葉は、自殺志願者のかすかな衝動を引きだすだけのものではないのだろうか。

そうならば、自殺をやめろという説得は、いったい何故行われるのだろうか。

自殺を止める人は、自分の説得を、有力だと思っているのだろうか。

結局のところ、成功した説得の大部分は、誤解や語弊、拡大解釈で出来ているのではないだろうか。

だとすれば、人の自殺を止める人は、それを無力に感じないのだろうか。

その無力さは、説得という行為問題にならないのだろうか。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



人間、生きるために、自分を保つために、何かしらの無視をしている。

自分が生きるためのルール発見し、生き延びるために利用できる意味の選定をしている。

その人が放つ言葉意味から逆算して、その人を知る事は、できると思う。



私は、意味の選定の、本当の理由が知りたい。

あなた日常で感じている、生存におけるルール。つまりあなたの生をあなた自身規定したものが、あなた言葉を選定しているはずなのだ




何故あなたは、人の自殺を止めるのか。

自殺をやめてほしいと願うのか。

あなたには何故、人の自殺を止めたいと思う欲望衝動があるのか。

あるいは、ないのか。




多分学問領域では、社会心理学とか、脳科学だとか、文化人類学とか、生物学とか、いろんな方面から自殺について語られた論文があるんだろうと思う。

多分、大方の言動は、何がしか研究に分類されうるものだと思う。

それは面白い。でも、だからどうした、とも思う。

そこにあるものを分類することで、何か進展があるのだろうか。

自ら自己類型化し、分析した上で、死ぬべきではないという結論が、どうして出るだろうか。



そうは思えない。私は今、何を読んでも、自分死ぬべきだと思う。

目に映るもの全てに死ぬべき理由を探している。



自分は、自殺志願者で、人の自殺を止められなかった事がある。その人は未遂に終わったが。

私は衝動的に、他人自殺を止めようとした。今でも、今から自殺をすると連絡が入れば、警察を呼ぶと思う。

なぜ自殺を止めようとしたかは分からない。

自分は、自殺したい、自分自殺しなければならない、と思っている。

自殺という概念は、他者に向けた時、自分に向けた時で、相当意味が違う。

他者自殺自分にとっての不快感であり、自分自殺解放なのだ




しかしなぜ、自分を変えられるからあなたは変われるから死ぬべきではないと言えるのだろうか。

はいったい、何に変わるというのだろう。

死にたくない状態で生きていられる、あなた生存ルールを参考にした身体に変わるのだろうか。




自殺を止めようとしたその人が、死なない事で楽になるなんて、まったく思っていない。

私は、ずるい、お前だけ楽になるなんて許さない、という気持ちで、警察電話したのだろうか。




自分気持ちが分からない。

http://anond.hatelabo.jp/20160823143352

興奮しすぎだろ

ちょっと落ち着け

つーか後から判明したことじゃなくて休眠入った直前と直後からも冷却のためだけじゃない進化段階に入ろうとしてるって疑うのは自然なことだから

だいたい冷却のためだけならまた海に戻ればいいだけで地上で棒立ちする必要なかっただろ。

なんでゴジラあんな地上でジッとしてただけなのを考えろよ。

そもそも寝てるけど迎撃ってのもまず話をおかしくしてる。

背びれレーザーでの迎撃を絵として見せなかったのも視聴者クエスチョンを抱かせる恐れがあるから見せなかった。

まあ、これは脚本問題だが。

こういうところ突っ込まれたら弱いのがシン・ゴジラ

 

とりま負けフラグとか幼稚で抽象的な言葉スルーするとして、

ステルス爆撃機バンカーバスターでの爆撃が与えるダメージとして最大火力なのはそうだが

核以外の大陸間弾道ミサイルを使った飽和攻撃作戦は全く行ってなかっただろ?

日本配慮しての攻撃で最大攻撃を発揮できたのがあの手段なだけであってあれが米軍が取れる最大の攻撃手段というのはただの思い込みですね。

空母の1つも持ってこないで通常兵器はあれだけでおしまいってんなわけないでしょ。

損害による金銭的損害についても核攻撃後の日本への支援金東京消失による世界経済に与える損失考慮したら

米軍作戦資金国連申請した方がはるかに安上がりなんだが?

攻撃を行った際は米軍の3度目の実戦での核使用という汚点が残るどころか放射能被害に対するケツをこの先ずっと行っていかないといけない。

放射能被害にあった人から国連意志であったとしても訴訟を起こされる未来しか見えない。

国際社会的にも例えゴジラ排除できても風当り悪くなることは確実、むしろ通常兵器で倒せただろ文句を言われる可能性がある。

その言い訳としてあの規模の損害では釣り合わない、大統領決断にしても核使用の方がよっぽど重いし普通の神経してたら汚名が残る決断をしたがるわけがない。

同じ補てんを国連に求めるとしたら米軍軍事費についてがまず先であり道理だろ。

米軍としてもあのまま引き下がって核使いましたなんてことになったら国民の信頼は減り今後の予算削減に繋がる。絶対に避けたいところ。

政治的観点からしても以上のようにあの状況で核使用が支持されるのはおかしい。

もし米軍が核使用を考えるなら米軍が自他共に勝ち目がないと諦めてなおかつ合衆国国民からも支持されるタイミングしか有り得ない。

群体うんぬんの話にしたって確証ない段階で決めつけて核なんてできるわけがない。

そう、この世界は未知の存在事象に対してもまるで抵抗なくスポンジのように受け入れているのも違和感丸出し。

リアルさの欠片も無い、ゴジラみたいなのが現実に現れて、そこにいたとしても存在容認できずにパニックになる人間が出てこない。

みんな何故かゴジラを素直に受け入れてるのがナチョラルに狂ってる。

パニック描写すると尺がなくなるから。ここでも脚本都合、だからフィクション子供だまし。

日本はまだまだ捨てたもんじゃない」なんだこいつ?

「志願したときから覚悟しています(笑)」…は?

ゴジラ世界日本人現実日本人根本的に別の人種

まずその認識からすり合わせて欲しい。

 

進化するから休眠中に攻撃しない点に関しても、

攻撃する事自体進化トリガーになってると解釈されるのが理解できない。

というかゴジラ攻撃を受けたか進化したという描写は作中一度しかない。

それがバンカーバスターを受けて致命傷になるかもしれないとゴジラ自身危機を感じて休眠に入ったタイミングだって言ってる。

第一形態から第二形態への進化ゴジラは何も攻撃を受けていないし、

から戻ってきて進化していたとき別にゴジラ攻撃を受けたわけじゃない。

放射能を吐いて爆撃機迎撃したのはあのタイミング進化したのではなくてあの時点でそういうことができる状態だったと考えるのが自然

ヘリの攻撃を受けていたとき攻撃のために進化していた描写は一切なく、

反撃の必要が出たか攻撃に移ったと観るのが自然

あの場面で攻撃を受けたか進化して突然撃てるようになったというほうが不自然

米軍国連日本がそう判断したのが気持ち悪いほどの違和感だが脚本の都合なので仕方ない。

仕方ないが、シン・ゴジラご都合主義が浮き彫りになってる。

これを大傑作扱いするのも当然気持ち悪く違和感がすごいが自分たち評価に酔ってるオタクたちにこの気持ち悪さは感じ取れないんだろうな。

英語ができないという免罪符

上司から英文メール翻訳を頼まれることが多い。

(席が隣だからだ、わたし英語スキルはさほど高くない)



単に連絡のやり取りであれば要約して伝えるだけで楽なのだが、

テクニカルタームが入っているとそれなりに慎重かつ調べてから渡す必要がある。



先日も上司海外の展示会へ視察に行くので概要を私にわたし

見ていくポイントを教えてといわれたので、さすがに断った。

「ご自身で分からないなら、翻訳会社発注してください」と。

わたしにはわたし仕事があるからだ。



英語同様に「◯◯が出来ないから」というノンスキルを逆手にとって、

仕事押し付けてくる者が多い。

エクセルマクロがわからいか

エクセル関数がわからいか

エクセルで集計できないか

エクセルソートができないか

免罪符は際限なく安売りされていき、誰かが押し付けられている。



つい最近まで、メールの返信はできるが転送ができない役員がいて、

メール転送するたびに役員デスクまで誰かが呼ばれていた。



ところで先の上司海外出張には英語の出来る新卒女の子がついていくことになった。

新卒ちゃんは旅行気分で浮かれていたが、

彼女には出張レポート作成必須オフィス系のスキルが致命的に欠けている。

そのことを上司はまだ知らない。

http://anond.hatelabo.jp/20160823095013

そもそもあの女子高生貧困高校生代表としてあの会議に出席したのではない。

高校生代表」として子ども貧困について発言するために出席したのだ

繰り返す。

貧困高校生代表」ではなく「高校生代表」だ

ソース

http://www.asahi.com/articles/ASJ3R6721J3RULOB020.html


彼女高校生徒会長だそうで、こういう活動に熱心だったからこれにも参加した(選ばれた?)のだろう


その会議の中で、

「だが自分は「貧困」に当てはまるのかもしれない-。フォーラムの準備を進める部会に参加して、初めて感じた。」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160819-00011304-kana-l14

のだ。


それが相対的貧困貧困だとは書いてない。彼女は「感じた」のだ。


周りには専門家がいるにも関わらず「確信した」になってないのは確認しなかったんだろう。

彼女は周囲の大人たちや同じ高校生大学生によって「貧困女子高生代表」になってしまった。、記事によればもう1人いた。

その「貧困女子高生」が自身経験を発表している会議マスコミカナロコNHK)が取材した。

NHK彼女相対的貧困の「貧困」だと思い込み、家まで行って取材し、それでストーリーを作り上げ放送した。

家に行けば冷房器具があることはわかったはずだ。使ってなかったのは事実なんだろう。

だがNHKは「冷房はありません」とアナウンサーに語らせた。冷房を使わないことを「冷房はありません」と表現することは

必ずしも間違ってはいいかもしれないが、視聴者の大半はそうは受け取らない。なぜ「冷房は使ってません」じゃなかったのかは

大いなる疑問。

学費問題にしとけば何の問題もなかった(それでも批判するやつはいるにはいるだろうけれど)ことを、NHKミスリード炎上させた。

擁護するやつらも、おかし擁護をするから、逆に燃え上がる

この件はこういうことなんだと思うよ。

http://anond.hatelabo.jp/20160823104315

ヤマカン設立したアニメ制作会社Ordetから、本人が追い出されちゃったんだよね。

この時点でもう彼にアニメ制作仕事が来ることは無くなったに等しいので、

これまでの経験を生かして芸能人として生きるしか道が無かった。



爆弾的な作品を作ってほしいなら、彼のパトロンになってやりなよ。

それが出来ないなら、お前自身経済的貧しさにがっかりしろ