「結論」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 結論とは

2016-07-27

真面目すぎるほど真面目な友達に怒ってしまった

真面目な人は素晴らしいと思う.たまに「真面目すぎる」と言われる人がいて,そういう人は融通が利かなかったり,他の人に不憫な思いをさせてしまうからそう言われるのであって,それは真面目さの度合いが過ぎているのだとは思わない.

そのはずなのに,今日は真面目な友達につい感情的にいろいろ言いすぎてしまった.こんなに理性を失ったのは久しぶりかもしれない.とにかく言いたいことを次々に言いながら,時間も経つのを忘れていたし,自分が話している内容が論理的に正しいかを考える頭もなくなってしまった.だからから考えてみると自分の主張はおかしく思えるかもしれない.それに,他の人から見たら自分の主張は間違っているかもしれない.誹謗中傷を受けたいわけではないけど,もし第三者立場から意見してくれる方がいたらぜひ考えを教えてほしい.

まず初めに登場人物.全員男性

・私

理系研究室学生修士2年(大学院2年目,理系大学ではMaster 2 の略でM2と言う).

・D教授

あと数年で定年退職を迎える.業界ではかなり著名な方らしく,たまにテレビ新聞インタビューされていたりもする.とても温厚で,雰囲気財津和夫に似ている.最近会議や打ち合わせで多忙で,研究室学生とも顔を合わせない日がほとんど.私の指導教員学生時代の恩師で,つまり先生先生」.D教授研究室と共同で研究をしているので,D教授への進捗報告もたまにある.

・S

D教授研究室M2.私とはほとんど同じ研究室のような間柄.私とは居室が同じなので研究の合間によく雑談をしている.いつもおしゃれなファッションに身を包んでいて,ノリのよくて明るい人.友達も多くて,後輩達からも慕われている.

・H

彼が真面目すぎるほど真面目な人.Sと同じD教授研究室M2.かつて私と卒業パーティー幹事を共同で勤めたこともあった.そのときにも自身卒業式の後,友達写真を撮ったり集まったりせずにパーティーの準備に勤しむなど,真面目さがあふれ出ていた.

・R

Hの後輩の学部4年生.この4月から正式研究室メンバーになった留学生.まだ日にちも浅いのでいろいろ不慣れ.


事の発端は先日,D教授がSに

「Sが1年以上前にやっていた実験でもう一度データを取って,その内容をまとめて発表できないか?」

と依頼してきたことだった.

Sは1年前にある実験データを取って,それで卒業論文を書いた.そのあと,Sは違う研究を進めるチームに引き抜かれ,それまでとは全く違う研究担当することになった.私とはどういう関係があるかというと,かつてSが所属していた研究班と,私が所属する研究班は内容がとても似ていて,ほとんど同じような実験をしているという点.しかも,今現在私が使っている実験装置はかつてSが実験をしていた装置で,そのあと細かい変更はあったものの,Sは実験装置のことをよく知っているので,たまに質問に行ったりもする.

そんなSに,D教授がかつてSが実施していた実験をもう一度できないかと依頼してきたのだった.これがどういういきさつなのはよくわからない.ただ,Sが卒業論文を書いただけで,学会投稿する論文などにしていなかったので,一度外に出せる形にしておこうという意図があったのかもしれない.

そこで,Sが,かつての実験をもう一度できないか検討した.その結果,一部の実験装置を借りてきたり購入したりしないといけないものの,基本的には可能だということがわかった.

ただ,一つ問題があった.その実験には「ヒータ」を使わなければならない.でも,もうそ実験は1年以上やっていないので,ヒータはHとRの班がずっと使用していた.そのヒータをHとRが実験使用している最中に壊してしまったらしい.具体的に何があったのかは把握できていないけれど,どうもRの手違いらしい.ちなみにヒータの価格は約20万円.

また,Sは今,自身研究班でテーマを持っているので,かつての実験も同時にもつのは難しい.そこで,今その装置を使っている私が,その実験を引き受けることになった.

このような状況を整理して,SがD教授メールで状況説明をした.その内容はだいたいこのようなものだった.

先生のおっしゃった実験につきまして,実験装置としては可能です.ただ,ヒータをHとRの班が壊してしまったので,新しくヒータを購入しなければなりません.また,現在自分自身もつテーマが忙しくて自分ひとりでは持てないので,今その装置を使っている(私)にも協力してもらおうと思います実験については,(私)にお願いしようと思います.」

論文の締め切りもあり,それがなかなかタイトなので,本当にかつての実験をもう一度やるのかどうかを,D教授判断にゆだねよう,ということになった.

そして上記のメールは,宛先はD教授CCに私,そしてHが入っていた.Hは違う建物にいるので,その場にはいなかった.


SがD教授メールを送ってから数十分後,Sが私に「Hが変なメールを送ってきた」と言ってきた.そのメール転送してもらった私は驚き,奇声を上げてしまった.


そのメールには,こんな文があった.

「ヒータは自分の班で壊しました.なので弁償も仕方ないと考えています.」


なぜ自分から弁償なんていう言葉を出すんだ・・・

その意味が分からない.

確かに,学生の不注意で実験器具を壊してしまったときには教授から「弁償だ!」なんていう声が飛ぶこともある.しかしこれを真に受ける学生は一人もいない.もし本当に実験装置の購入を学生が自費で負担するようなことがあったそんな研究室ブラック中のブラック研究室だ.ニュースになるレベルだと思う.

うちの学科ブラックだと有名になっている研究室でも出張費が出ないとかそのレベルの話であって,数十万円単位の弁償をさせるなんて聞いたことがない)

しかも,その文の続きに,頭が痛くなった.

金額金額なので,両親に相談します.その時間をください」


そんな話を聞いたら,良識のある親なら,「学生実験装置の弁償をさせる研究室なんておかしい」と怒り出すはずだ.D教授を訴えるようなことにもなりかねない.

そしてさらに,少し冷静になってメール全文を初めから読んでみて,あることに気が付いた.

そのメールはSや私に宛てたものではなく,宛先はなんとD教授だった.SはCCに入っているに過ぎなかった.

なんと,あろうことか,HはD教授に「Sと(私)が使う実験装置を弁償します」という旨のメールを送っているのだった.

そして極めつけは,メール最後の文だった.


「R君,君にも負担してもらうことになると思うので,一応両親に話をしておいてください」


なんと,実験装置を弁償するという罰を,後輩であるRにも受けさせようとしているのか!?

もう一度状況を整理しておくと,SがD教授に送った「HとRの班に貸している間にヒータが壊れたので,もう一度購入しなければなりません.」というメールに対して,Hは「自分が弁償します」と言ってきているのだった.

おかしいところがいっぱいあって,どこからつっこんでいいのかわからないけど,そもそもこの場面で「自分が弁償します」と発言すること自体論点がずれてしまっている.当然,SはHに責任があって実験ができないと言っているのではない.それに研究室実験装置学生負担することがありえると思っていることもおかしいし,もしそんなことになるとしても,それを自分から言うのはどういうことなのか.

これはさすがにおかしい,ということでSがHのいる居室に電話をかけた.

Sが問いかける.

「さっきのメールはどういう意味?」

しかし,Hは

「何か変なメールを送ったっけ?」

という反応.そのあとも何やら話しているけどまったく通じないみたい.

そこでSが「電話を代わって」と言ってきたので,私がHと話をした.

「何を考えてるの?本当に弁償する気なの?これを読んでD教授はどう感じると思う?」

と聞くと,Hは

「弁償しろと言われたらする.ただ,このメールを読んでD教授が混乱するかもしれないのはわかってる」

と言う.特に落ち込んでいたり,悩みこんでいる様子でもない.「弁償も仕方ないかな」と言わんばかりだ.

両親に相談するとかの件も,わりと本気でそのつもりらしい.

「弁償なんてあるわけないでしょ」と言っても,「そうなの?」と言ってくる.いくらそんなことはありえないと言っても,話が平行のまま何も進まない.

このあたりから相手の考えを理解して,その考えに対する反論をする.という当たり前のことをするための理性がどこかへいってしまった.



D教授がかつてそんなことを言ったことがあった!?

教授研究室学生に弁償を強要するということがどういうことなのか分かってる!?

そんなつもりは毛頭ないD教授がこのメールを読んでどう感じると思う!?

弁償する可能性があるとしても,それをいきなりD教授に『弁償します』とメールするのはおかしくない!?

ご両親が『実験装置を弁償することになったか金額負担してほしい』なんてことを言われて,D教授のことをどう思う!?

疑い深い親なら研究室かもしくはD教授に直接電話かけてくるよ!?

あるいは詐欺かなにかだと疑うはずだよ!?



感情のままに,Hに電話でたたみかけるように一方的に怒鳴ってしまった.気が付いたら15分近く経っていた.

あんなに理性を失ったのはいつ以来だろう.

今までにも人の言動理解できずに頭に来たことはあったけど,そのたびに「周りの人がみな自分と同じことを考えているわけじゃないんだ」と自分に言い聞かせて,胸の中に渦巻く感情を抑えてきた.

でも,こればかりは,何も言わずはいられなかった.おかしいことを指摘する義務があると思った.


そして,最後に,今までは思うことはあっても,なかなか人には言えなかったことを伝えた.


「どうしてそんなことを考えてるのに,他人相談しないでいきなり行動しちゃうの?Sや私,あるいは研究室の他のメンバー一言相談してくれてもいいんじゃないか?」

彼はしばらく黙っていて,そのあとに「ありがとう」と言った.





明日,D教授からあのメールに対する返信が来るだろう.D教授がなんというかわからないけど,弁償をさせることは絶対にない.もし万が一そんなことがあったら,私は明日から研究室行きたくない.もう毎日が気が気じゃなくて研究どころじゃない.

Hは本当に真面目で,私も彼のような真面目さを見習わないといけないと思う.ただ,こんな場面で自分から「弁償します」と言うのは何かが間違っている.真面目だからこそなのかもしれないけど,その真面目さは何かが歪んでいる.少なくとも,Sがメールで伝えた現状から,「自分が弁償する」という結論を導くのは頭の中の論理にどこかおかしいところがある.

そして,そんなHに対して,私も感情的になってしまって,いつもならできるはずの「自分の主張は相手の話の論点からずれていないか」ということを考える,ということができなくなってしまっていた.

実は今もまだ冷静になりきれていない.明日になれば,もう少し落ち着いて考えられるのかもしれない.事態収束していると思う.でも,このもやもやした感じを原動力にして,はじめてのはてな匿名ダイアリーを書いてみた.明日の冷静になった私に,ここまでの文は書けるとは思えない.そして,あとでこれを振り返って,すごく恥ずかしい気持ちになると思う.なんでこんなことを書いてるんだろう,と.でもそれでもいいと思えた.親友電話でこの話をして共感を求めても,親友に気を使わせてしまうだけかもしれない.

こんなに長い文章最後まで読んでくれる人がいるのかはわからないけど,まだ事態を整理できていない自分に,第三者視点から意見をもえらえたらと思う.

2016-07-26

自然環境保護は、皆の利益になる。

この2週間ほどの間、生物界隈ではとある話題で持ち切りとなっていた。

犬鳴山納涼カーニバル金魚の放流)」と題したイベント話題である

自然の川の中で金魚を放流するという行為に対し、生態系破壊するのではという懸念から問題提訴が起こったのだ。

これは各所に飛び火し、インターネットメディアテレビニュース等で報道されるに至った。

この際に、問題提訴に対してのカウンターで「環境保護人間エゴだ」という言葉が多く見られたので、

これに反論をすべく筆を執った次第である

 

エゴエゴイズム、つまり環境保護利己主義者によるものだ」との弁であるが、

結論から言ってしまえば、この記事題名の通り、

自然環境保護とは、我々人類皆の利益になるものである

 

まず前提として、

自然環境保護動物愛護は別ものであるということをご理解頂きたい。

環境保護とは、生物が生育できる環境の維持が目的であり、その後の利用を含めるが、

環境がどうなろうがとにかく動物を傷つけないように苦しめないようにしよう、というものではない。

 

生態系破壊にまつわる1例である

「ミュニル・ビラニ「私がハゲワシを慕うわけ」」

https://www.ted.com/talks/munir_virani_why_i_love_vultures?language=ja#t-283827 

ハゲワシを駆除して回った結果起きた、様々な悪影響の話。

ハゲワシは分かりやすい例だが、

生態系というものは非常に複雑に絡み合っている。

変化がどのような結末を齎すのかの予測殆ど不可能だ。

それが人類に牙をむいた時は、もう手遅れなのだ

 

生物有効利用にまつわる1例である

カブトガニ血液の利用」

https://www.city.kasaoka.okayama.jp/site/kabutogani/ketueki.html 

カブトガニ血液を、人間医療に用いている話。

「ライ (ハンセン病)( Leprosy)」

http://www.design.kyushu-u.ac.jp/~hoken/Shiori/91Lepra.htm

アルマジロをハンセン病治療の糸口として用いる話。

今利用されている動物も、昔は利用されてはいなかった。

現段階では利用されていない生物も年月が経てば利用される可能性も十分にある。

失ってから、役に立った可能性があると言い出してももう遅いのである

 

遺伝多様性にまつわる1例である

ホタル養殖と放流についての諸問題

http://www.tokyo-hotaru.com/jiten/report12.html

外部のホタル移入することで起こる系統崩壊の話。

ホタルはそれぞれの地域で光りかたが異なることが記されている。

「ここでしか見ることのできないホタルの光」が失われれば、

観光地としては少なからず損をするだろう。

 

これらのものは実際に変化があって初めて浮彫になったものである

そして、変化していない=安全という意味ではない。

それまで運良く変化しなかっただけで、この先どうなるかは誰にもわからない。

環境保護エゴである豪語する者は、どれほど生態系に対する理解と知識があるのだろうか。

エゴだと叫ぶ人のほうが、自分利益がなければ関わらず、利益があるなら動き出すような

エゴイズムの強い人間ではないだろうか?

自分の目先の利益の為だけに、人類全体が損をする可能性のある選択をする人こそが、

利己主義者ではないだろうか?

人間は未だ生物の全てを解明できたわけではない。

解明できていないからこそ、今あるものを残しておくことが人類全体の利益になるのである

絶滅自然の営みなので問題ないはずだ」とする人はそもそも論点がズレている。

人類が損する可能性があることを理解しておきながら選択をし、

それによる不利益を「自然とはそういうもの」と正当化する人間は、

利己主義かどうか以前の破滅主義者と言えよう。

そのような人間の言い分を聞いていては全体が不幸になるだけだ。

結婚してからちょっとモテるようになったすべての男たちへ

結論から言う。

おまえが今モテているのは、おまえの実力ではない。


おまえが今モテているのは、おまえの奥さんがおまえを育ててくれたおかげだ。


おまえの奥さんが、

男一人で入るにはちょっと恥ずかしい店、に一緒に入ってくれたからだ。

興味のない話にも、ちゃんと相槌を打って聞いてくれたからだ。

お前の粗末なモノにも、ちゃんと気持ち良いフリをしてくれたからだ。

結婚という一大イベントを、一緒に乗り切ってくれたからだ。

辛い時も、悲しい時も、おまえの隣にそっと寄り添ってくれたからだ。


数年前まで自信なさげに歩いていたお前が、今こうして堂々と街を歩けるのは、

お前の奥さんがそうやって自信をつけてくれたからだ。


もう一度言う。勘違いするな。それはお前の実力ではない。

目の前のおっぱいに手を出す前に、そこんところを良く考えるのだ。

http://anond.hatelabo.jp/20160726020119

向精神薬精神症状が軽度であれば劇的に効果がある。

重度の人は無意味どころか害悪になる。

でも、軽度の患者精神科に訪れるわけがないので、

結論からすると向精神薬無意味



もっとも、劇的に効果のある薬となると、

成分的に麻薬覚せい剤と似たものになって別の問題を引き起こすので

結局のところ、投薬で精神疾患を治すのはほぼ無理。

http://anond.hatelabo.jp/20160726004415

>行動を始めるきっかはいったい何なんだろう?



あ、それに気付いちゃった?

実は現代科学医学心理学でも解決してない難問なんですよ。

有力な仮説としては、「実は人間意思なんてものはなくて、ただ肉体が物理法則に従って動いているだけ(感情は脳の事後報告に過ぎない)」

ってものだけど、この仮説にも色々と問題あって結局のところ結論からはほど遠いっぽい。

2016-07-25

非難くらい受けろよ

節税駆使し財産、「非国民」の非難…「勉強しただけだ」:朝日新聞デジタル

http://b.hatena.ne.jp/entry/www.asahi.com/articles/ASJ6P7WZNJ6PULFA046.html

言っているヤツらの殆どは、この人程の資産も無い人たちだろう。どうして、好き放題に蓄財して、非難までされたくないとほざけるかなぁ…いいじゃん、批判されるくらい。ゲームに勝ったのはどっちか言うまでもないだろう。

朝日新聞も「グンクツの足音が…」みたいな結論にしようとして、腰砕けになったみたいな記事になっている。

2016-07-24

博士後期に行かない理由

「『博士課程行くの?』と聞かれたと仮定して、絶対行かないよって決めてる人はその理由を一旦紙に書けるだけ書いてみる。そして最後質問を『なんで修士課程行くの?』に変えて、紙をじっと見る」という遊びは危険なので、該当する人はくれぐれも院試勉強中などにやらないように

というつぶやきがあったのでやる.

行かない理由結論としては研究するモチベーションインセンティブもないことである.

依然として僕の価値観としては, 修士に行って博士に行かないことは妥当だと思えた.

博士後期に行かない理由

- 本当に研究したいことなどない (解決したい問題はあるが, それは小学生宇宙飛行士に憧れるのに似ている)

- このネタ論文をかけるかどうかしか考えていないことに嫌気がさす

- 独立した研究者としてやっていけるとは思えない

- 常に研究のことが頭から離れない3年間(B4, M1, 2)につかれた

- さらに3年間は長すぎる

- 労働環境が劣悪

- 十分な業績をあげようと思ったら, 労働時間青天井

- とても月20万(DC1, 2, etc.)だけでやろうとは思わない

- 日本大学機関は衰退していくであろうという僕の想像 (大学教員という職業狭き門であるし, そもそも魅力的ではない)

- 遥かに労働環境のよい企業内定をもらった

修士課程に行った理由

- 就活アピールできるものは「勉強頑張りました」しかなかった

- 業績を稼いでそれをアピールしようと思った

私の大学時代はとても胸をはってよかったと言えるものではない.

- 1 on 1で飲みに行く友人は片手で数えられる

- 彼女などいなかった

- バイトなどはしていない

- 平日は大学と家の往復

- 土日は引きこもる

- 就活アピールできるもの研究しかない

業績は修士としては十分すぎるほど稼いだ.課程博士審査基準をすでに満たしている.

業績だけみると, 僕の分野の修士では日本においてはトップレベルだと思っている.

しかしその業績は僕ひとりで稼いだものではなく, 指導教員の皆様のおかげである.テーマを自ら考えたものでもない.

(さらに言えば, 僕の研究業界へのインパクトもない)

独立した研究者としてやっていけるとはまったく思えない.

研究することのモチベーションは「就活アピールするものがなくてマズイという焦燥感しかなかった.

2016-07-23

こういうやつと一緒に仕事したくないの最上クラス豚まんがほかの人を評価しようとしてるのくっそウケるwww

はじめに書いとくけど、僕は別に

・人様が驚くほど仕事ができる人間でも

就職活動や色んな所からお誘いを受けやす人間

でもない。

はいいとしてなんでそのあとの

・むしろ、「協調性がない、チームワークがないと言われて世の中の隅っこに押しやられているんですが、生きててイイッスか?お偉いさん」って感じです

を小文字で隠したんだよwww 

・僕が嫌なことを思い出すことがあって…かつ、たまにその嫌なやつになっちゃってることがあるから

って書いてるけどたまにwwwたまにってwww  ご自身ツイッターの人気ツイートを振り返って本気でたまにだと思うならマジでこいつに仕事させちゃダメだわwww

こいつに仕事させて後ろ足で砂かけられたLIGさん今どんな気持ち?こんなやつに仕事を紹介して紹介先に迷惑をかけたシロクマさん今どんな気持ち?そういやシロクマはこの時すでに謹慎期間入ってたかもしれんがあの時の総括まだしてないよな。この際だからなんか記事書けよ


酒乱 前科多数。酒に酔ったせいでやら躁うつ病からという言い訳で言っちゃいけない発言を何度も繰り返してる最低の人間

「人の時間を使ってる」という考え方ができてない人だから、いらないことが増えたり、人の痛みや辛さをわかってあげようともしないで「檄を飛ばす」ことだけには熱心な人 頼まれてもいないのに人に絡む記事を書いて人の時間を使わせてるという考え方ができない人だからよく炎上するしかまれ

チームワークはなくてもいいが、仕事してる意識が共有できないのはちょっと… 話も、筋も、道理も通さねー前科多数

要するに「自分のことしか考えてない」/意識顧客に向いてない 前科数すぎて人格レベル普通仕事が向いてない

会社学歴他人の手柄・力量・過去経験/知識を自分のモノだと勘違い 実はFランの割に学歴自慢多いしFランの中でそこそこ優秀だったか世間でも優秀と勘違いしてる発言多い

意識が高い。厳密には「意識けが高い」くせに目の前のことがダメ 完全に自己紹介

身の回りの人を尊敬する力が弱いくせに、大きすぎるものには権威主義 これも完全に自己紹介

結論豚まん自分コンプレックス抱きまくってるから自分に似てるやつが嫌いなだけ

2016-07-22

http://anond.hatelabo.jp/20160721153003

私の父親であった男は自分が既婚者である事を母親が未婚で妊娠するまで隠し、バツイチだと嘘をついていた。

の子供は流れてしまったが、母親バカだったので「別れてくれるなら付き合う」と言って本当にバツイチになって来た男と愚かにも交際継続し、再婚して二人の子供を成し、案の定不倫の病の再発した父親に捨てられた。

独りになっても母親バカだったのでまた既婚者と関係を持ち、怒り狂った本妻が家へ押し掛け、小学生なる子供の前で母親と堂々と不倫相手に関する言い争いをした(注)。

一時期は不倫相手結婚できるならお前なんか捨てても良いと子供本人に向かって言い放つ程頭の狂っていた母親だが、母親がわりであった祖母(私から見て曾祖母)の死を転機として目を覚まし、不倫相手と縁を切って独身男性再婚した。その男性が父となってから実家では概ね平穏な家庭が続いている。

(注:なおこのとき私は不倫相手をパパと呼ばされており、まだ不倫という概念を知らなかった。その言葉を初めて知ったのは、子供たちとの帰宅時に家の前に座り込んでいた本妻を見た母親が泣きながら女友達の家へ駆け込んで通報し、やって来た警察官にその友達が『彼女(母)とその女性旦那さんが不倫関係で』と説明をしていた時の事だった。度重なる本妻の来訪に悩まされての事だろうが自業自得案件に呼びつけられる警官も気の毒な事である



このような家に育った私は、年を経る毎に次第に自分の家に何が起きていたのかを悟るようになり、そして深く不貞というものを憎むようになった。

血のつながった両親はもちろんの事、便所ブラシと肉便器の間に産まれた、母親不倫相手本妻やその子から殺されても仕方がない薄汚れたクソガキである自分自身の血も憎くて仕方がなかった。

丁度インターネット黎明期10代後半であった私は、ネット世界自分と同じ思いをしている子供がいないか子供にそんな思いをさせている親は何を思っている/いたのか、それから何年もかけて探して回るようになった。

そうして20代の私はミソジニーかつミサンドリー煮込みうどんとなった。両親共不貞加害者であった自分には増田のように片方の性を神聖視する選択肢がそもそも無かった。




今は違うが当時の世論ネットも本当に酷いもので、不貞に異議など唱えようものなら男の場合浮気をする甲斐性がある有能な男を妬んでいるモテない駄目男、女なら男をつなぎ止める魅力と寛容さのない裏切られて当然のゴミ女、と罵倒されるのが当たり前の場所だった。要するに男の浮気には異様に甘く女の浮気独身女が既婚の男に股を開くパターン以外の選択肢があり得ない、昭和男尊女卑の一番酷いところを鍋底にこびりつく焦げカスになるまで煮詰めたような場所だった。

増田と同じように私には、不貞などせず縁もなく、普通に生きている人たちの姿は誰ひとり目に入らなかった。この世にはまだ裏切っていない人間と裏切った人間と裏切られた人間の三種類しかいないと本気で思っていた。男も女も皆クズでどうせ裏切り者以外は100%裏切られるのだからモノだけを心のよりどころとしていれば良い、そうすれば傷つかずに済むと20代の前半はずっと考えながら生きていた。



はい日常的に他人攻撃的な言動をとっていた訳ではない。表面上はごく普通に接していた。

(ただ一度もうすぐ結婚するという高校時代女友達が、結婚報告と同時にそれが略奪婚であると明かし、「彼(二股をかけていた便所ブラシ)と一緒に裸でベッドにいる時に元彼女が訪ねて来て凄く怖かったの」とかい寝言を吐き始めたときだけはどうしても取り繕えなかった。裏切られた元彼女は男と同じ職場であったらしく、結婚式の招待状を元彼女にも出そうかと男に尋ねてわざと楽しんでいるという話を聞いた時点で「最低だね」という感想をついに黙っていられず縁を切った)


それ以外はリアル不倫をしている人に会っても概ね知らぬ振りをしていられた。

幸いにも私の周囲には、自分のしている不貞本能からと男は皆不倫して当たり前とかい理由正当化しようとするバカはおらず、私も「でしょうね男はみんな不倫しますよ私の父もそうでした○○さんのお父さんもお祖父さんもひいお祖父さんもみんな不倫して奥さんを泣かせて来たし娘さんも結婚したら旦那さんに不倫されて同じ目に遭いますよね楽しみですね」とか「まあそれはご勝手ですけどお子さん間違いなく股ユルになるかだめんずになるか誰とも付き合えない人間不信メンヘルになるかの三択ですね、よかったですねソースは私と妹です」などと大人げの無い嫌みを言わずに済んだ。

一方ネットはそういうバカを見つけるたびに上記の言葉を投げてやって楽しむ自傷行為日常茶飯事だった。一度「俺の親を侮辱するな」とか言い返して来た客観性という概念を知らないほんまもんバカがいて今風の表現を借りれば大草原不可避であった。




そんな中である2ch浮気不倫板に親に不倫された子供スレというスレを立てた。

スレ立て当初は滅茶苦茶に荒らされまくり、親が不倫したのはお前のせいだ、お前らは捨てられて当然だと書き込まれる事も幾度となくあったが、それでも細々と何スレか続いた。リアルタイムで親の不倫を知って苦しんでいる中高生を慰め、昔親の不倫に苦しんだが今は幸せだという年長者に慰められ、何より「不貞なんかして家族を傷つける奴はクズだ」という意見を誰にも否定されず堂々と言える場ができたことに心のよりどころが生まれた。

(何しろそんな事リアルで言おうものなら「世の中白か黒じゃない、大人になれ」「ご両親も苦しんでいたのだから理解してあげろ」とかい説得力もクソもない思考停止押し付けられる選択肢しか当時はなかったのだ。毒親に苦しむ子供に対して子供を愛さない親はいいから親を許せと平気で言うバカが幅を利かせていた時代なのだから当然と言える)

そうして私は少しずつ立ち直って行った。



気づけば周囲の状況も随分変わっていて、不貞をしている者を見れば男女を問わず咎められる空気が徐々に優勢となっていた。

しかすると初めからそうで、前段に書いた「当時の世間」は一部のバカに惑わされた私の視野の狭さによる思い込みしか無く、ただ私が自分を傷つける意見の方に自ら近寄って行っただけなのかも知れない。「そんな人たちばかりではない、良い人を見つけたら幸せになれる」という声は今も昔も確かにあった。ただ誰がそんな人たちで誰がそうではない人たちなのか明確に見分ける術のない自分には何の救いともならなかっただけだ。

最終的に「クズとそうでない人を見分ける事におびえる必要はない。誰がクズだか分からいから全員を断ち切る必要もない。相手クズとわかったら即座に切ればいいだけ」と自分で出した答えがとりあえずの結論となった。




元増田世界には小学生スマホオナニーを、中学校で公開キス動画を、高校円光大学で数股変態プレイを、会社や家庭で不倫を楽しむ女しかいないのだろう。増田の母も祖父母も妹もそういう女たちなのだろう。男も増田自身を含めてそうした性の乱れた同類ばかりで、そうした人間たちとその価値観を厭わしく思い咎める者は男女問わず誰もいないのだろう。それでいいと思う。

私自身そうしたものには何一つ縁無く生きて来たしそういうものには自他を問わず永久に無縁であってほしいが、増田にそれを証明してやる義理も縁もない。増田にとっては長らく喪女として生きて来た私のような者は女ではなく産廃としてカテゴライズされている可能性も高いことだし。



私の世界には男と女がいて、その中に割合は分からないがクズが混じっている。どこの誰がクズか分からないのは今も同じだが、それを悪として捉え被害者の心に寄り添える人が私の他にも沢山いると知っている。その対処法も彼らから沢山学んで来た。

クズとわかれば捨てれば良い。わからないうちは自分が親しくなりたい人と親しくしていれば良い。自身自身の憎むクズに落ちぶれなければ良い。今はそう思って生きている。

自分と同じ事を思っているのが自分だけではないと知らなかったらきっと私も一生煮込みうどんのままだったろう。

生活保護についての認識が甘すぎる

今朝の朝日新聞で、母子家庭生活保護を受けていたのに息子がバイトをしていたことが福祉事務所に「発覚」(この表現を使った記者むかつく)して、75万円の返還しろと言われて困ってるいう過去朝日新聞記事が昔掲載されたけど、その後それを支援したいという人間が出てきて、その人らが全額肩代わりして返してあげたってのが美談として載ってたけどすごくムカつく

息子は「バイトしたカネで大学入って~みたいな夢描いてたのに借金を背負わされてつらい」みたいにコメントしてたのも、いや違うしと思ったし、

その記事読んだ人が制度の欠陥だとかい意見があったのも違うって今ならわかる

なぜなら、「健康で文化的な最低限度の生活」っていう福祉事務所新人主人公漫画でほぼ同じシチュエーションお話があったから。



その漫画ではバイトとかするんだったらお金さないといけないってのが書かれた契約書みたいな書類に息子もサインしてて、ほらここに書かれてて、あなたサインたから、仕方ないけど返さないといけないのって結論になった

母親が息子に説明してなくてごめんってあやまったりもしてた

主人公めっちゃ悩んだよ

でも決まりでそうなってるんだよ



生活保護がどういう趣旨支給されてるかを考えれば、別におかしくもなんともない

生活保護を何もせずにもらって、バイトしたカネは全部自分のために使うってのは筋違いだし、制度理解してないだけだ

パチに使う人間とかもいるし、支給要件は厳しくなってる

生活保護保証されてるのはあくまでも最低限度の生活なんだよ

それを超えてバイトしたりしたらその分減らされるのは当たり前

被害者ぶらずに自分無知を呪え



つーか生活保護受ける条件に健康で文化的な最低限度の生活漫画読ませろ

最低時給より高いとかいうのが取り沙汰されることもあるけど、生活保護を受けるにあたってあまりにも無知が多すぎる

無知から生活保護受けるハメになったんだとしても、それなら受給するにあたって知ることは必要

本当に必要人間には支給されずにパチで使う人間がいる一方で餓死する人もいる

生活保護役割範囲についてあまりにも無知すぎる人間が多すぎる

貧すれば鈍するなのか?もうどうしようもないのか?

http://anond.hatelabo.jp/20160722082236

原因が母であることがはっきりしているのに、あえて触れる必要があるのか。

会議したところで、他の3名が満足していて多数決も決定している上に最上位職が率先している以上、「薄いのが嫌だったら自分でなんとかしなさい」で結論でるのは目に見えてるだろうが。

クーラーつけっぱなしは電気代が安い

クーラーを1ヵ月つけっぱなしにしていた方が電気代が安い。

もしくは、思っていたより安かった。

『 だから、この夏はクーラーを思う存分つけっぱなしで過ごそう。 』

この結論地球温暖化を考えた場合に良い事なのかが分から実践できない。

電気代が安いということは電力消費が少ないという事なので、節電ひいては発電時のCO2排出を抑えることにつながる。

しかし、室外機から排出によるヒートアイランド現象もある。

これが地球温暖化へと繋がる危険性はないのだろうか?

各家庭がクーラーはつけっぱなしがいいんだと常時稼働させた場合

節電によるCO2排出抑止と室外機の排熱による温暖化、どちらの影響力が出るのだろうか。

クーラーつけっぱなしの電気代が安いという記事を見るたびに、

羨ましく思う反面、この点が気になって実践できないでいる。

ロードバイク喫煙と同じだと仮定していいの?

あるエントリにそう書かれていた。その上kanose村長も「煙草ロードバイクは似ている」とその記事ブコメに書いていた。

ロードバイク喫煙境遇が同じだと仮定すると、ロードバイク乗りは自制が足りないという結論に至ってしまう。

kyoumoeさんのブログには、「「歩きタバコちゃうから喫煙所設置してほしい」といっしょだろ」と書いてあったが、これをロードバイクに当てはめると「路駐ちゃうからバイクラック設置してほしい」になる。

まず、喫煙者が「歩きタバコちゃうから喫煙所設置してほしい」なんてエントリを書いてたら、今の比ではないくらいぶっ叩かれているし擁護する人も一人もいないだろう。

喫煙者喫煙者からこそ、このエントリを書いた人を叩き、「はあ。俺喫煙者だけど、こういう喫煙者いるから困るんだよな。分煙スペースまで我慢しろ」というようなブコメも書かれるだろう。

またその際、「喫煙者は等しく全員死ね」というブコメも書かれるだろうし、喫煙者はそれを甘んじて受け入れるしかないし、反論しないだろう。

それくらいネットにおいて喫煙者の居場所はないし、人権も認められていないという前提がある。

歩きタバコ路駐が同じくらい悪質な行為だと仮定するならば、「路駐も致し方無い状況だからラックを増やしてほしい」なんていう主張は絶対に慎まなければならないし、むしろなんでそんなことが無邪気に言えてしまうのかと疑問に感じてしまうほどだ。そんなこと書いたら確実に叩かれるということがわかって当然のレベル

ロードバイク乗りが喫煙者と同じくらいヘイトを溜めているならば、「喫煙者歩きタバコなんてせずに我慢しろよ」と同じように「ロード乗りは駐輪所やラックのあるところ以外でロード使うの我慢しろよ」と言われても仕方がないし、寧ろロードバイク乗りが率先してそう言うべきだ。

ロードバイク乗りが喫煙者と同じくらいヘイトを溜めているならば、「ラックを設置してほしい」なんてエントリを書く人がいたら、ロードバイク乗りが率先して叩くか擁護もせずスルーするしかない。

ロードバイク乗りが喫煙者と同じくらいヘイトを溜めているならば、喫煙者と同じくらいネットの表舞台には出てきてはいけないし、それが最善策だ。




まり何が言いたいかというと、まだロードバイク乗りは味方がいるし社会に認められているということだ。

味方がいるから、ロード路駐するという迷惑行為地球ロックするという迷惑行為ロード乗りから積極的に叩かれることがないし、スタンドはつけなくてもいい、自制する必要もないらしいし、ラックを設置してくれと言っても賛同されるのだ。

喫煙者ならば、歩きタバコするやつは死ね、お前が我慢しろ喫煙所がほしい?お前が家で吸えと喫煙者たち自身が自制を求めなければいけない場面だ。

kyoumoeさんの例えは違っていて、「歩きタバコちゃうから喫煙所がほしい」なんて言う喫煙者はそもそも出てこないのに対して、ロード乗りは「路駐ちゃうようなロードが使えない状況にあるからラックを増やしてほしい」という主張はまかり通るので積極的に叫ばれているということだ。

まりロードバイク喫煙を同程度に見なすのは違う。少なくとも今はまだ。

ロードバイク乗りは年々世間からヘイトをためているようだが、抗い続けるのだろうか、それとも自制する方向に進むのだろうか。

喫煙の次に目をつけられるのは、あなた趣味かもしれない。

2016-07-21

東京のど真ん中で育った感想

原宿駅から徒歩5分の所に22歳まで住んでいた。

地方東京の話が盛り上がってるみたいなので、東京のど真ん中で育つとどういう感性になるかというのを語ってみる。



流行に憧れなくなる

ファッションカルチャーなど流行に興味がなくなる。

人と比べて恥ずかしいとか、田舎者っぽいとか関係なくなるので、興味ない事にほぼ金を使わなくなる。

雑誌とかでやってる特集とかが、学校ヤンキーとかがやってる格好だったりするので、怖ってかキモって思ってた。



趣味コスト集中的になる

趣味は、余分な移動コストとかかけずに手に入れられるから、どんどんマニアックになる。

自分は当時重度のカードゲームオタクだったから、秋葉原渋谷池袋新宿と1日で巡ってショップハシゴとか毎週のようにしてた。

そしてそれは、オタク趣味だけじゃなく、ありとあらゆる趣味で似たようなことが言える気がする。



マニアな人脈が育つ

とにかく日本中の変なやつが大体東京に集まってくるので、マニアスペースとかでできる友達結構すごいことになる。

日本チャンピオンとか、メーカーの人とか普通に仲良くなる。

当時、一緒に遊んでた同級生大学卒業後そのまま人脈活かしてそちらのメーカー就職してたくらい。



・多重的コミュニティ

人付き合い下手でも、学校以外、家庭以外のコミュニティゴロゴロあるから詰みにくい。

ネットオフ会でもなんでも少し動けば、新しい場所が手に入る。

東京が変な人が生きやすいのは、気の合わない人と無理にいなくても許されるからだと思う。



・実は家賃以外のお金はあまり使わない

いろんなバリエーションファーストフード店ゴロゴロあるので、あんまり飽きない。

うまくやりくりすれば外食でも安く済ませられる。

生鮮は都内高いとか思うかもしれないけど、

中国産とか気にしなければハナマサとか安い八百屋とか安いものはいくらでもある。

高いものも安いものもなんでもあるのが東京



地方の人たちの東京コンプレックスちょっと異常

1回、中規模の地方都市に転勤になったことがあったが、なんだか異常に東京に対抗意識を燃やす地方都市の人たちの話がものすごく嫌だった。

「住むなら東京よりここだろう」とか

東京なんて人の生活する場所じゃない」みたいな事を本当にしつこく何度もされた。

「そうですねー」なんて愛想笑いして過ごしたが、まあロクに行ったことも、生活した事も、生まれ育った事もないやつが、

なんで人の故郷ディスりまくるのか意味不明だった。



まあ結論からすると、東京楽でいいっすよ。ほんと。

結論

街乗りにはママチャリが最強

(そりゃそうだよな、そのために最適化されてるもんな)

昨日の日経産業新聞中国への日本人観光客が年々減ってるってのが載ってた

原因は日中関係悪化食品大気汚染問題だけど、結論が「改善に向けた解決策は見当たらない」ってバッサリ書いててワロタww

まあそうだわな

2016-07-20

http://anond.hatelabo.jp/20160720164707

なんか技術世代ユーザーレセプションの世代をごっちゃにしている印象。個人的にはここでいう第3世代が世の春を謳歌している印象だけども。(以下の4,5,6…はユーザー的には3と同じだと思うが)

ただ、結論として一般的ソフト違法利用が技術進化で無くなったのと同様に、コンテンツもその内そうなると思う=安い対価払ったほうが楽にストリーミング出来る みたいなイメージ

フェミ萌え絵反対論者の気持ちちょっとわかった

女性作家漫画を読んでいると「この主人公はチンポが小さそうだ」「この敵のイチモツは反り上がってるに違いない」とチンコにばかり目がいくことに気がついた。

反対に男性作家漫画ではチンコは気にならずマンコに目がいく。

おそらく女性作家が描く女性キャラにはマンコがついておらず男性作家が描く男性キャラにはチンコはついてない。

ハガレンのウィンリーマンコはついてないし幽遊白書の浦飯にはチンコはついてないのだ。

もちろん例外はある、オレにはテニプリキャラ全員のチンコが手に取るようにわかる。

そしてここからが本題だ。碧志摩メグちゃん、カワイイですね、でも股間にアワビがついてるじゃないですか!!アウトだよアウト!!

サミットやるっつってんのにマンコ描いちゃダメでしょ。消せよ。

漫画雑誌マンコ描く分には良いけどさ。市公認マンコとか狂気でしょ。




結論

イラストレーターの人はTPOに応じて性器をつけたり外したりする術を身につけてほしい。

都知事選投票意思表示するには

鳥越のあまりの酷さに小池増田に手が伸びそうになったが冷静になると二人だって鳥越存在しないものと想定しながら見直せば十分酷い。



意思表示としての投票で、白票棄権の次に愚かしい無駄行為だと思ってるので、どうするべきかよく考えてみた。


結論として、悩ましい選択に思えていたのは、マスコミおよび与野党情報誘導無意識に乗ってしまっているからだと思い至った。



都知事選立候補者はこの3人だけじゃない。

報道だけ見れば錯覚してしまうが、他に18人いる。

もちろん殆どがいわゆる泡沫で、あからさまに不真面目な主張の者も少なくない。しかしその一方、真剣政策を組み立てている候補者もちゃんといる。


少なくとも、政策だけなら鳥越の方がよほど泡沫に値する。



から俺は、マスコミ勝手非民主的な選別をしている残り18人の主張・政策をつぶさに見て、一番マシな候補者に一票投じたいと思う。



どうせどこに入れても(勝ち馬に入れてさえ)色々な意味で死に票になるなら、マスコミ非推薦候補者たちトータルの票数が上がること、またその中でも政策に対して票が付いている状態が、自分の一票の意思表示効果をまだしも最大化できるだろう。

win10へのアップデートでも仕事できますアピールメーンwwwwwww

会社命令でwin10アップデートすることになった。当然今月中にな。無料なので。

で、アップデート状況は全社員のうち20%に満たないようだ。

彼らが口を揃えて言うのは

アップデート業務ソフトが動かなくなるかもしれないから」

確かにそれは一理あるんだが、まあ待てよと。ひとまず一旦深呼吸したら、このマテ茶を飲んでまあ待てよと。

さて、先ほどの件、業務ソフトが動かなくなると言ったな?

それについてだが、まず入れてるソフトはどのPCも一緒だ。

で、業務ソフト10に上げてるメンツが言うには全て問題なく動いてるとのこと。会社が認可したソフトウェア範囲においては全て動作確認済みんsので、動かないソフトがあるとすれば、許可なくインストールしたソフトということなのでアンインストールしろよと。

本当にやばかったらダウングレードしたらいいんだし(しないだろうが)、彼らがそれでも頑なにwin10に上げない理由はなんだろうと考えてみる。

で、俺が出した結論標題のとおり。

彼らは言葉の裏でこう伝えようとしているんだと。

「私は仕事をたくさん抱えていて、アップデートする暇がないほど仕事のできる人間なんです。あー忙しい忙しい」と。

彼らがアップデートできないという時の顔はいつも誇らしげである

常に笑顔で、聞いてもいないのになぜアップデートできないのかを事細かに説明してくれる。それらを要約するとどれも同じ言葉に置換できる。

ああ、彼らはアップデートタイミングを見計らっているんだな。自分への評価最高峰に達したタイミングアップデートをするんだろう。

それが、目に余る。端的に言って死ぬといい。落雷がちょうど彼らの目の白い部分だけを焦がして死ぬといい。

ほんと、誰だろうなオープンレイアウトオフィスなんてもんを考えたやつは。奴らのノイズが聞こえなければ無駄ストレスを貯める必要もないのに。個室勤務がしたい。それができなくてもパーティションのあるオフィスがいい。よし転職しよう。

2016-07-19

フランス語の知識は知識人常識

バゲットとバケットの区別などどうでもよいという反知性主義的な言説が散見されるサービスはてなであるが、この区別重要ものであることは論をまたない。以下にその理由混同の原因を示す。



混同が起こる理由


これはひとえに、フランス語発音英語発音混同することによる。


バゲットはフランス語のbaguette(発音記号:bagɛt)

バケットは英語のbucket(「バケツ」の意 発音記号:bʌ́kət)


両者はまったく意味の異なる単語である

混同が起こるのは、当然のことながら、話者がフランス語を知らないためである




区別必要である理由


たんに恥ずかしいというだけでなく、英語フランス語区別ができない人が発する言説の信ぴょう性に、深刻な疑義を生じる結果となってしまためである

以下に例を示す。



〔……〕4月に入ってからの、《Nuit debout》(ヌイ・デブ:起きている夜)という運動と関連のデモには特に関心をもっていた。

〔……〕《debout》の言葉からすぐに連想されるのは、「デブー!」が耳に残る《L'Internationale》(インターナショナル)の歌である

〔……〕

Debout ! les damnés de la terre !

〔……〕



http://finalvent.cocolog-nifty.com/fareastblog/2016/05/nuit-debout-132.html 《Nuit debout》(ヌイ・デブー)のような運動日本にもあってよいんじゃないかと思った. 強調は引用者による。)



Nuit debout(nɥi dəbu)の正しい発音をあえてカタカナ表記すると、「ニュイ・ドゥブー」となる。

フランス語の"u"(ɥ)は日本語にない母音で、ウの口の形をして、イといおうとしたときの音に近い。「ウ」ではない。

"e"(ə)については、

音節母音で終わる音節のこと)の場合、「」に近い。これをけっして「」と読んではいけないことは、フランス語の初級クラスアルファベットを教える回(つまり初回)に、かならず教える。

deboutを、英語のdebut(dibjúː)から連想して「デブー」と読んでしま気持ちはわかるが、まちがいはまちがいである。




次の例。



戦後レジューム」ではなく「戦後レジームである


レジーム」は「和製英語」ではない。その語源フランス語のrégime(制度体制の意 発音記号:reʒimである

これを「レジューム」と発音してしまうのは、英語のresume(rizjúːm)が念頭にあるためと思われるが、当然のことながら、まったく意味の異なる単語である





結論


どれほど博学を披露し、先鋭的な知的営為を行おうとも、フランス語の初歩的な知識がないだけで、それは一瞬にして瓦解してしまう。

バゲットとバケットの区別ができない人間がなにか立派なことをいおうとしても、それはできないことは明白である

中等教育段階においてのみならず、大学進学後もフランス語を必修科目とし、正確な発音習得につとめることが必要理由がここにある。






追記 質問への回答



b:id:c_shiika

Comment allez-vous? から Comment を抜いた場合は「アレブ」って読めばいいのだろうか

正しい。

用例:


Allez-vous-en. Vous n'avez pas d'aptitude pour passer un temps agréable sur Hatena.

アレヴザン ヴナヴェパ ダプチチュード プール パッセ アン タン アグレアブル シュル ハテナフランス人的には「アテナ」))

和訳出ていきなさい。あなたはてなに向いていない。





b:id:theatrical

フランス語辞書何使ってる?


普段使いは以下のものでこと足りると思う。

https://itunes.apple.com/fr/app/dictionnaire-littre/id301211332?mt=8

http://www.lerobert.com/espace-numerique/telechargement/le-petit-robert-2016-pc.html



より精密に読む場合は、読むものの書かれた時代、調べたい分野にあった辞典を使う。


例:中世ルネサンス場合はAncien françaisやMoyen françaisの辞典がたくさんあるのでそれを使えばよい。

17世紀以降は、テクストが書かれた時代に発行された辞書を引いて、その時代認識されていた単語意味特定する。

[]

今回はぜにょん

トレース 第3話 前編

このテの科学捜査系の話はドラマとかでもやっているから、話の構成としてはそこまで目新しくないのだけれども、読ませるねえ。

さて、今回の事件被疑者の申告もあって、現場の状況から見ても不自然なところはない。

メディアも、他の研究員主人公以外は、既に「そういう事件」として“物語”を固めつつある。

だが、主人公は「ほんとにそうかな」と、「僕は誰の言葉も信用しない」という。

真実が究極の客観ならば、人間はその正反対

から信用しない、と。

そうして念入りに調べた結果、まだ知らない真実がありそう。

なーんか、きな臭い真相が予想されるが、物語から真実を探ろうとするとロクなことにならないということは分かっているので、大人しく次回を待つことにしよう。



タレソカレ 第57話

ペットって人間エゴで飼ってる」という、どうしようもない事実理解している。

からこそ、それ以上のエゴ動物蔑ろにはしたくない、と。

まあ、その事実直視しないようにするか、開き直るという選択肢もあるのかもしれないけれども、ね。

八田くんが不憫に見えるが、まあしゃあない。



織田シナモン信長 23

現代接待ゴルフを、戦国時代鷹狩りに見たてのは実際のところは何ともいえないが、絶妙だと思ってしまった。



真亜ちゃんは今日も家にいたい 第6話

インドア派にサバゲーとは、また難儀なものを……。

今回は特に際立っていたけれども、まあちゃん何だかんだいって運動神経いから、双くんも誘いたくなるんだろうね(双くんが運動神経よくないか相対的にそう見えるだけかもしれないが)。

双くんの先輩は当初感じ悪かったけれども、最後最後にちゃんと相手を認める度量は最低限持ち合わせているあたり、趣味のことになると多少ロールプレイも入れちゃうんだろうかね。



マヤさんの夜ふかし 第9話

出不精な人間にとって、「ちょっとした用のためだけに、ちょっとだけ外に出る」のが嫌なんだよなあ。

それで、「ちょっとだけ外に出るための身なり」で、人に出くわしたくねえという感覚は分かる。

あと、時期とか関係なく他の人が通っている場所修羅場になるのは勘弁してくれ。

そういうのを気にする冷静さがあるなら、そもそも修羅場にならないってのは分かるのだが、あれで一番気まずいのは何の関係もない周りなんだよ。



ワカコ酒 第90話

ビール枝豆って、結構からあった文化らしいけれども、正直そんなに相性よくないよね。

枝豆食っててビールが欲しくなったことがない。

ただ、今回みたいにしっかり味を漬けた場合は話が変わってくるが、だったら枝豆じゃなくてもいいわけで。

私も枝豆は家で茹でて漬けた経験があるが、産毛を取る作業が地味に面倒だったのでそれっきり。

なんというか、こういうのに時間とか手間とかをかけるのが嫌なんだろうね。

現状、私の中で最もコスパのいいツマミ市販キムチという結論になった。

最近は辛くない(というか甘いキムチ)が出てきてムカつくが。

http://anond.hatelabo.jp/20160718081608

ベンチャーから、運良く大企業へ潜り込めて人生ウハウハになった俺が通ります。このままほっとくとこちらの若造人生棒に振りそうなので、俺の見たものを書いといてやるよ。結論からいうと、とにかく行けるいっぱいグレードの高い優良な大企業に入りなさい。ベンチャースタートアップは運悪くあらゆる大企業に入れなかった時の最終手段ということで。もうね、ベンチャー時代と比べると、同じ頑張るなら、絶対大企業で頑張るべきとしかいえないわ。人間ってね、明日の飯に困らない余裕を持ち、かつ、良い物をどれだけ見てきたか、で人生ほぼ決まるので、余裕と良い物が沢山みれる大企業最初から就職するのが日本場合はつくづく鉄板だわー。

教育

大企業

新人教育カリキュラムがかなり整っている。

研修専門の業者も入っていて、1から教えてくれる。

社会人としての基礎知識から業界の専門知識まで身につく。

こちら夢見てるか、勘違いしてる。実際は、「カリキュラムは形だけ用意されている。専門知識も『あとは各自で調べてね!』といった内容にとどまる。実用レベルまで引き上げることができるかは本人の帰宅後のガンバリ次第」かな。ベンチャースタートアップよりは形が整っているように見えるというのが真相かと。結局、大企業であっても、本人の資質と、OJTと、どれだけ良い上司と同僚にめぐまれたかが全て。大企業だって、先輩がクソだったりすると、知識もないのに自分で何でも調べることになり、同僚・先輩は忙しくて教えてくれないとなる。

稼働面

もう成長しきっている。

伸びしろがあまりないので、社内に余裕がある。

悪くいえばダラダラしてしまっている。

残業はある時期はあるが、労働組合などがうるさいので最近は減っている。

一部当たってて、一部はずれている。まず、「もう成長しきっている。」の部分であるがこちらは間違い。大企業は、地球上のどこでもその会社名前が有名になるまでビジネス競争の手を緩めないし、兎にも角にも成長できる方面死ぬ気で探しては攻略しようとしてもがき続けているのが実情。基本的大企業は優秀な人がほうっておいてもやってくる会社なので、社内競争も高いレベルでかつ激しい。なので、本当に成長しきっている分野であれば、そうじゃない部分をすぐに見つけて、成果を出そうと死物狂いでがんばる。そうするとたいてい成長できる部分が見つかるという状況です。「社内に余裕がある。」は、新分野に対しても、つけてくれる予算という意味では余裕があるが、それ以外のリソースベンチャースタートアップ並にカツカツになることが普通。ただ、儲かり始めたとき援護射撃は、ベンチャースタートアップの比ではなく、十分な援助と見返りが得られる。また、当たり前なんだけど、ベンチャースタートアップで腕を磨いた奇跡のような猛者も大企業社員として居る事が多いので、大変勉強になりますベンチャースタートアップで同じレベルの人に出会える確率は実はとても低いです。

給与

大企業

初任給レベルだとたいして多くない。

ただ、30超えてから一気に増える。

35歳くらいで一軒家がローンで買える。

増え方が圧倒的で、人生ウハウハになるのは大企業です。ベンチャースタートアップはよほど運が無いと、まあ同等の給料を手にするのは無理だわな。しかも、ベンチャースタートアップは苦労の割に見返りも少なく、法令遵守した労働なんてやったら会社つぶれちゃうので、社員は安月給でとんでもなくこき使われ、奴隷のような日々を送ることになります。まあ、ベンチャースタートアップで美味しいといえる人は、たまたま上手く行った社長だけだわな。他のスタッフ社長の残りカスの儲けを山分けになるので、どうやっても安月給になるわなー。

将来への独立

あー、独立に対して夢見すぎかな。ベンチャースタートアップを初めて10年生き残れる確率わずか1%程度しかないのよ、統計取ると。なので、どこで学んだかなんて誤差でしかありません。むしろ、色々なコネクションを山ほど作れる大企業の方が、万一独立するはめになっても生き延びるための潰しが効くように見えるぜ。また、余裕のないベンチャースタートアップに在籍してビジネスプラン考えるより、余裕のある大企業に居てビジネスプラン考えた方が、よっぽど良いプランが作れると思うよ。また、ベンチャースタートアップの方が地についたビジネス考えられるという事を言う人がいますが、そんなところで得られる経験やらビジネスアイデアなんて、100番煎じされた後のちょっとしかからないような件を、大変ありがたがって手に入れるという、もう笑うしかないような事になるのよ。自分も含めて想像もしなかった程成長できるのは明らかに大企業環境の方だと思うよ。とにかく金持ちになりたかったら金持ちのそばに居るのが一番金持ちになる近道なので、金いっぱい持っている大企業に居ない方がどうかしてる。

福利厚生

交渉次第で色々でてくるのが大企業。なので、ディズニーランドが安いとかぐらしか引き出せなかったのは、その当人能力がその程度だったということ。頑張れば相当いろいろ引き出せるから大企業で頑張ってみて。あ、ベンチャースタートアップ資源なさすぎなので、どう叩いても何もでてこないよ!