「言動」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 言動とは

2017-04-23

[]

今回は少年ジャンプ+

ファイアパンチ 49話

ここでトガタに語らせることによって、妹のセリフ真意を数十話越しに、遠まわしに描く構成は悪くないと思う。

まあ、立場や状況も違うから再現ってわけではないのかもしれないけれども。

そこからは怒涛の展開といった具合だが、これまで丁寧にやるべき箇所をかなぐり捨てて、作者が見せたいところだけクドいくらいに見せて、そしてこのタイミングでも本筋をああいった風に描写されると咀嚼に難儀するなあ。




すすめ!ジャンプへっぽこ探検隊! 3話

企画自体は興味深いし、様々なしがらみを気にしない前提で感想を述べるならば、面白かったと思う。

特に4枚目の発想は恐れ入った。

そこを切り取るのか、という。

しかし、基本ジャンプ男子向けだとはいえ、野郎どもだけで女子トイレマークデザイン考えるという構図のマズさは気になる。

このノリは例えるならアレだ、学校休み時間に同性が集まってする猥談のノリに近いと感じた。

その規模を人様向けに、大人たちがやった結果、本質的問題がより浮き彫りになってしまったという印象。

少年ジャンプ+編集フットワークが良くも悪くも軽くて、それが功を奏するケースもあるんだけれども、今回はそういったのが悪目立ちしているケースだなあ。

ジャンプ+では『おかずサイト』っていう読み切り作品があるんだけれども、あれを読んだときも「大丈夫か、コレ?」って思ったもんなあ。




ROUTE END 7話

殺人鬼動機として芸術だとかそういった理由は、個人的辟易しているんだよなあ。

ただ、まあその後語られる持論そのものは分かりやす理屈を述べているのは良いと思う。

「とりあえず支離滅裂な、狂っている言動やらせとけばいいだろ」みたいに描かれるサイコキャラ陳腐しかないので、そういうところでクレバーさを表現することは大事

相手がどう動くかが何となく分かっているのに、その上でタイミングに怯え、取り返しのつかない事態になってもおかしくないという緊張感も上手く描けていると思う。

これは主人公にも言えることで、後半の向こう見ずな行動はハラハラさせてくれる。

他人に止められるまで気づかないとか、かなり頭に血が上っていたことが分かる。

事件の謎もそうだけど、こういった登場人物たちがどう行動し、どのような結果に繋がるかっていうのも気になるところだ。

2017-04-22

プログラマは話ができない

今時どんな仕事に就いていようが、誰とも話さないで成り立つ仕事など存在しないだろう。

コミュ障だらけのプログラマにあっても、仕様設計実装テストについて議論ができることは必須だし、実際どんなにコミュ障プログラマでも、これだけはまともにこなせたりする。

問題は、そうした技術的な議論しかできない人が殆どであるということだ。


勘違いしないで欲しいのだが、そのような議論だけできても、「話ができる」ことにはならない。

仕事において「話ができる」というのは、「些細な言動から相手が求めている言葉を推測し、自分が言いたいことと勘案の上、適切な発言を行う」ことである

更にそのような会話を通じて、ステークホルダの求めるアウトプットを、求められるタイミングで示すことができて一人前なのである

そしてこれができないがため、プログラマは「技術はあっても半人前」と、非プログラマ仕事人からはみなされるケースが多い。

まあ確かにプログラマは、プログラミングという極めて特殊作業に振り回されまくる仕事ではあるのだが、プログラマ自身特殊な人になることは誰からも求められていないわけで。

てか、技術者技術を備えているのは当たり前だし、その上で仕事力がどれくらいあるかが問題なのだ

あと、日本組織会社だろうが役所だろうが、メンバーシップ給料のうちという意味でも、話ができないことは減点対象だ。

結局、プログラマプログラミングとそれを効率良くこなすために特化した議論しかできないため、プログラミング以外の仕事を振られると、大抵行き詰まって爆死してしまう。


逆に、きちんと話ができる数少ないプログラマはそれだけで超優秀と評価され、チームリーダーSEコンサルに昇格したりする。

敢えて「昇格」と書いたが、半人前集団プログラマから抜け出て一人前になるのだから、これは正しく昇格と言っていい。

そう考えると、プログラマはなんとも罪作りな職業だと思う。

サヨクって世界系だよね

自分の子供っぽい鬱屈をそうとは認められず

世界構造問題にして大騒ぎしようとする。

自分のちっぽけさと直に向き合えないから。




何もかもが権力に媚びている気がしてならない。

経営カルチャーと言った表現、あたりまえだが大衆である

権力世間空気に逆らう新しい風が吹くことを期待したいが、それも怪しい。

現在大学生というのを見ると、絶望せざる得ない。

周りをバカにして世界転覆夢想するくせに

その転覆の地道な部分を自分でやる気もない。

見下し対象である周囲にそれらの仕事を期待してる。

転覆のための「叛乱」について、自分現場で汗を流したり傷付いたりする役ではなく

指揮をして利得を得る立場だと思ってる。




根には自己愛妄想があるだけなので

別に世間一般より能力があるわけでも賢いわけでもなく

にもかかわらず周囲を見下して自分利益のために扇動できると思ってる。

素朴な意味自分他者区別がついてない、発達心理学的な幼児

世界系の精神たる嫌な意味でのガキっぽさ。




何よりの問題

向き合うべき個人的問題社会問題大義に摩り替えるので

人を非難する活動(心の中での悪態から実際に路上に出る政治運動まで)に没頭して何も解決しなくなること。

この人もでかい顔や汚い顔について、治る部分は医学アプローチで治すことを考えるべきだし、

治らない部分についてはさっさと受け入れて勉強にでも打ち込むのが幸せになる道なのに

そこから逃げ続けて他人自分妄想押し付け非難することに血道を上げてる。




自分の顔を気にしてるのは自分で、他人ルッキズムの有無じゃないということに向き合わない。

ほんとの問題に向き合わないための装置としてサヨクっぽい思考言動ものすごいパフォーマンスを示す。

今の大学生やら若者の大半は、中身なんかないのだ。

表面を取り繕うことばかり考えているだろう。

自分が通う頭のわるい大学を歩けば、セックスアピールをしようとしている奴らばかりだ。

容姿至上主義なのだ

そして、ただ空気を読むだけだ。

思想なんか殆ど無さそうだ。

人と深く付き合うこともせず遠くから観察しても自分内面を強化する答えしかでない。

自分脳内勝手アテレコつけてるんだからそりゃそうだ。

サヨク風味の現実逃避マジで10年20年、下手すりゃ一生という時間をすっ飛ばししまう。



コミュニケーションと言っても、相互理解ではない。

美男美女が絡み合う猿みたいなものしかない。

その上、世間がそんな人材を求めるのだから益々拍車がかかるだろう。

それが、未来においていい影響を与えるとは到底思えない。

空気読みと容姿だけな世界なのだから、そっちのほうが楽しくなれそうだ。

自分コミュニケーションをしてるのかと。

大学に通ってるのにろくな友達もいない。

顔面の出ないネットですら一方的コラムを書き散らすだけで会話できない。




そして、容姿がいいと自由だ。

自分容姿が醜くて、その場の空気不快にさせる。

容姿が良くなりたいのだ。

ただ、酷く深い大量のニキビ跡や大きな顔がきれいになるのだろうか。

持病の薬のせいで整形もでき無さそうだが、出来るのと信じたい。

結局、顔が良くて従順な奴が幸せなのだ

汚い顔が治らなかったら一生そうやってそれを言い訳に生きていく気なのか。

それも自由だけど、自分が変わらなければ時間は何も解決しない。

ほんとに今の子供っぽいくだらない精神を抱えたまま30歳や40歳になる。

幼稚で他人を恨みながらまともな会話もしたことなおっさんになる。

そんなおっさんゴロゴロ居るのでほんとに高確率でそうなる。

大学でそのままなら社会に出てから変われる可能性は更に低い。

危機感が足りないと思う。




サヨクダメゼッタイ

世界系、ダメゼッタイ

貴重なあなた自身人生を腐らせるから

http://anond.hatelabo.jp/20170422010737

2017-04-21

[] #22-4「大炎上時代

河川敷に着くと、そこには意外な姿があった。

「カジマ、お前もここに来ていたのか」

「……っす」

だが、カジマは妙によそよそしい。

要領を得なかったが、すぐに理由は分かった。

「カジマ、お前がやったのか」

近くにあった火元、そしてカジマのもつ道具がそれを物語っていた。

まさか、民家の火事も……」

「い、いや、それは全くの無関係っす!」

「『それは』ってことは、ここの河川敷でのボヤ騒ぎはお前がやったって認めるんだな」

カジマは否定肯定もしなかったが、この状況でのその反応は、ほぼ答えを言っている様なものだった。

「なぜそんなことを?」

「……自分でも、上手く言葉には出来ないっす」

弟たちには分からないだろうが、カジマを知る俺とタイナイは何となく分かっていた。

火の流行に感化され、自分でそれを起こしてやろうだとか、その自分が起こした火に群がる人間を見たかったのだろう。

カジマはこういった、大して心にもないことを言ったりやったりすることに快感を覚える。

更にはその言動による他人の反応を窺いたがる悪癖があるのだ。

俺たちはそれに慣れているとはいえ、さすがに今回の一件は些か性質が悪い。

いくら注目させたいからって、自分で火を起こして、しかもそれを天災みたいに言うのはどうかと思うぞ」

「でも……ほら、『火のないところに煙は立たぬ』って」

「火を起こしているのお前だろ」

「カジマ。嘘や冗談ってのは必ず暴かれて、かつ遺恨を残さないようフォローしてやっと許されるんだ。それで人心を弄んではいけない」

「な、なにさ、みんな楽しんで、面白がってたじゃないか

「それはお前の免罪符にはならない」

タイナイだってブログネタにしてたでしょ」

「カジマと違って、選別はしている」

「……」

しばらくカジマは沈黙していた。

すると突然、俺たちのいる場所と逆方向に走り出す。

「あ、逃げた!」

『煙を焚く』ってわけか。

俺たちは呆れて追う気にもならなかった。

だが、その時である




「あっっっつちゃー!」

すさまじく雑味のある高音が大きく響く。

その音の主はカジマだった。

どうやら服が燃えているようで、パニックを起こして躍り上がっていた。

持っていた発火具を誤作動させてしまったのだろうか。

「あ、あの辺りって、あの人が前に火を起こしていた場所だよ」

逃げるのに必死でそのことを忘れ、服に引火したのか。

よもや火の後始末すらちゃんとしていなかったとは。

「……助ける?」

気乗りはしないが、放っておくのも寝覚めが悪い。

その程度の情はある。

「助けよう」

「じゃあ、タオナケ。引火した服を、超能力破壊して」

「私、超能力者だけど、普通に消火した方が確実で早いと思うの」

「そうか」

俺たちはカジマのもとへ駆け寄った。

(#22-5へ続く)

2017-04-19

パワハラ上司

現在上司パワハラに悩んでる。

私の勤務態度が気にくわないようで、何かにつけて社内メール

もっと明るく挨拶しろもっと愛嬌良くしろとお小言を言ってくる。

同じオフィス仕事をしているのに直接言わず、社内メールで言ってくるというのが気持ち悪い。

朝出勤して新着の社内メール確認して上司からのものと思われるメールがあると

あ、またか…とげんなりする。

どうせいつものお小言だと思い、読むのも億劫なので最近は読まずにゴミ箱行きにしている。

そんな上司を私は心の中で男お局と呼んでいる。

元々自分はそんなに明るい性格ではないし、愛嬌があるわけでもない。

それでも電話口ではあるがお客様からの問い合わせを受けたりする仕事なので

なるべく明るく話すようにしている。

しかし、たまに忙しくて自分仕事パンクしている状態の時に社内の人間話かけられると

荒っぽい言動になってしまうことがあるのでそこは自分でも注意しなくてはと心がけている。

が、上司はそこが気にくわないらしい。

業務上、私には判断する権限が無い問い合わせが来ると上に判断を仰ぐ必要が出て来るのだが

上司に話かけると、なんでいちいち俺に聞いてくるんだと言わんばかりの

不機嫌オーラ&ぶすっとした表情で塩返答しか返ってこないので

話かけなきゃよかった…といつも泣きそうになる。

(でも仕事なので話かけないワケにもいかない)

反面、本社業務(女子)から電話に対してはすごく嬉しそうに

鼻の下を伸びまくりのデレッデレな態度で会話をしている。

どんな時に電話をかけても愛嬌良く会話してくれるし

仕事を頼んでも嫌な態度もなく引き受けてくれるからお気に入りのようだ。

(電話からならいくらでも取り繕えるだと思うのだが…)

それに上司普段からオフィス内で

お客様や同じ職場自分が気に入らないセールス文句腰巾着セールスにベラベラと喋っている。

そんな態度の上司を見ているとメールが来ても説得力が無いし、

自分こそその態度改善すればいいのにとつくづく思う。

もうすぐ新人入社するということもあり

社内環境改善という建前で躍起になっているようだが

自分が一番職場環境を悪くしていることを早く気づいて欲しい。

2017-04-18

推定無罪って濫用されすぎじゃね?

公的機関容疑者無罪として取り扱うだけであって一般市民民間企業の行動を制限するものではないはずなんだが

マスコミ容疑者報道したら推定無罪がどうのと批判するやつって判決だけ報じて逮捕起訴は一切報じないような世の中が理想なのか?

いつどこで誰がどういう容疑で逮捕起訴されたのか知ることができなければ判決出るまで冤罪かどうかも含め警察検察活動が適正か判断できなくなる

判決出てから公開すればいいとか言ったら冤罪逮捕起訴された人は判決出るまで放置されることになる

そもそも裁判は公開が原則なのにその前段階の報道を非公開にさせる法的根拠あるのか?

私刑けしからんと言いたいのかもしれんが有罪確定でも私刑ダメなんだから私刑批判のために推定無罪根拠に出すのはただの無知

報道するのは良いが批判的なものダメだということかもしれんが犯罪ですらそこまで言論の自由制限されれば森友のような違法かどうかわからんような疑惑合法で非倫理的言動なら一層批判しにくくなる

犯罪以外でも批判されていいのは政治家のような公人だけということな私人ブログツイッターで変なことかいても一切批判してはいけないのか?それって言論の自由なくなってね?

推定無罪って現行犯でも当てはまるわけだが有罪判決の出てない容疑者批判してはならないと思い込んでる人っていきなり殴られても一切批判も反撃もしないのか?

2017-04-17

http://b.hatena.ne.jp/entry/332122548/comment/locust0138

党派性に縛られた人間には世界は見たいようにしか見えない。「ニセ科学批判者はエア御用ネトウヨ自民党支持」みたいなことを言い出したのは誰だろうか。」

ほうほう、そうですね。おっとこんなところにおもしろブクマコメントが。

http://b.hatena.ne.jp/entry/315597197/comment/locust0138

活動家慰安婦問題が飯の種なので解決を望んでいない」

へええ、locus0138なる人物は、いったいどういう党派性に縛られて、世界を見ているんでしょうね。

真面目なことをいうと、ニセ科学批判の大物勢についてはそれほど言動問題のある人はいなくて(キクマコはわりに例外)、その周囲を取り巻いている人間ウヨ度・クズ度が高いというか、「ニセ科学批判持ちネタひとつにしてるネットチンピラ」がいろんな評判を落としているんじゃないかというのが個人的見立てなのだが。

2017-04-16

私はアイドルに恋をしている。

私は、アイドルに恋をしている。



決して叶わないと分かっていて、それでも恋をしている。

自分では、もうどうしようもない感情で、「誰かを好きになる時理由なんかは必要ないの」と曲の歌詞にこれ程共感することはないだろうと思う。

痛い、とは分かっているから、どうか私の話を聞いてほしい。

痛いと分かってるからこそ、誰にも言えないから





私は彼を高校1年生の時から一方的に愛している。

友人の勧めで画面越しの彼に出会ってしまった時、何もかもどうでも良くなるくらい彼に惹かれた。

ひたむきに、でもファンを見つめる目をキュッと細めて幸せそうに微笑んでいた。

あぁ、なんて素敵な人なんだろう。


それから彼に関する全てを収集した。もっと知りたい。もっと彼のことを知りたい。

私がそれまでなんとなく知っていた彼よりも、彼はもっと男気があって芯が通っていて凛とした人でした。



普通女の子青春時代に味わう淡い恋も、すべて彼に気持ちが向いてしまいました。

もちろん誰にも言えず心の中だけで、誰にもこの恋の事を言いませんでした。

彼氏もいましたし、成績も学年順位1桁を争っていましたから、傍から見たらとても充実した日々を送っていたように見えたでしょう。

けれど、勉強を頑張っていたのは彼の行った大学に行きたかたから。

彼氏キスも、目を閉じた私の瞼の下には、大好きな大好きな想い人の姿が浮かんでいました。

最低でしょうか。

からこそ、彼氏とは「それ以上」ができなかった。





それでも、彼が大好きでした。

テレビの向こうでキラキラ笑顔を向けながら、無理難題にも果敢にチャレンジしていく姿がどうしようもなく好きで、どうしようもなく愛おしかったのです。






進学した私は彼への気持ち意図的に押し殺しました。

このままではいけない、と思ったのです。

このまま画面の中の人ステージの上の人に淡い恋をしていたって、何にもならないのだから



別の趣味を見つけ、徐々に彼を避けるようになりました。

進学先で辛いことがあった時は彼に縋りたくなったけど、それではいけないと強く言い聞かせて。





人生で一番の大失恋




背けていた現実に目を向けて、大切に大切にしていたコレクションも全部売り払いました。

どうしても捨てられないものだけを残して。

たくさんの彼で埋め尽くされていた私の部屋はがらんとしてしまいました。



私の部屋、こんなに広かったっけ。



ひとしきり泣いて、それから捨てられなかったものを2度と思い出すことがないように奥深くに仕舞いこみました。







彼への興味をいよいよ失った頃、友人からの誘いで再び彼の所属するグループコンサートへ出向くことになりました。

この時の私はもう、あの涙はなんだったんだというくらい彼への恋心をすっかり失っていましたから、絶対大丈夫だと思ったのです。

いま、今の自分なら、ただただ普通にコンサートを楽しめるはずだと。










そんなの、無理だった。

大好きな彼が私の目の前のステージから出てきた瞬間、もうダメだと思った。

どうしようもなくその細いのに男らしい背中に抱きついて、あなたが好きだと言いたい衝動に駆られた。

勿論、そんな事は実際出来っこないけど。

大好きだった彼の声、大好きだった彼の姿。

私はやっぱり彼の全てが大好きで、それはきっと形を変えても永遠に残る美しい恋なんだと。









社会人になったらさ。

こんな気持ちだって自然に薄れてくと思ってたの。



全然ダメだよ。大好きなんだもん。



でも言えないから。

から普通ファンの振りして、今日も楽しく昨夜のテレビ番組でのあなたの事を職場の人と話す。


あなたコンサートで「可愛い」「大好きだよ」「心から愛してる」「俺の命だよ」って言ってくれる。

から

あなたが「長い髪の子が好き」って言ったから、髪はロングだし毎日手入れも欠かさない。

あなたが、「美意識の高い子が好き」って言うから、だらしない生活に鞭打って食生活から振る舞いまで気を付けてる。

あなたが、「フリフリとかパステルカラーの服が好き」って言うから、日頃からスカートを履いて、女性らしい格好をしてる。

あなたの「自慢の彼女」で居るために、あなたに「可愛い」と言われて恥じないように。

例えあなたが私のことを知らなくても、私はあなたの為を思えばなんでも頑張れるんだよ。



そうやって私の言動ひとつひとつに、あなたの「好き」が詰まったまんま。

今日仕事疲れたら、パソコンの中で儚げに歌うあなたの横顔を見て、もう少し頑張ろうって思うんだよ。

一日頑張った身体を引きずって帰ってきたら、またあなた香水を身に纏って、あなたの柔らかな歌声を聴きながら、あなたサラサラの金糸を頬に感じながらただ愛される夢に深く沈み込むのでした。





そうして私は6年間、片想いをしている。








そんな私の想い人は、

手越祐也といいます

http://anond.hatelabo.jp/20170416152445

仰る通りだと思います

ツイッターなどの言動を見ればオタク精神構造の幼稚な人間が多いことは一目瞭然。

そういう人達現実創作物は違う、分別があるなどと言っても全く説得力がない。

やはり何らかの表現規制と、オタクを更生させる取り組みが必要だと痛感しております

安倍総理松戸少女殺害を指令か

 安倍総理松戸少女殺害を指令か

 千葉県松戸市の9歳の少女殺害事件

 利根川付近発見されたが、犯人しか知りえない「用水路」という書き込みが事前にあったという。

そこで、その書き込みを見てみると。以前からいろいろなところで書き込んでいる安倍総理自民党ネットサポーターであることが分かった。

安倍総理を支持し、安倍批判している人物には差別的言動を繰り返し書き込んでいた。

この人物YAHOO番組感想欄のtom=rik=tai=miy=san=の書き込みと考え方がとても似通っている。

なぜか殺害されたベトナム人少女の住所の付近について以前から多くの書き込みをしていた人物(達)のようである

 捕まった容疑者関係しているどうかは定かではないが、気になるところであるが、黙秘しているとも伝えられているのは安倍総理忖度してのことだろうか。

2017-04-14

あたしンちの娘

日曜日、朝刊におまけのように付いてくる日曜版に掲載されていた「あたしンち」を読むのが好きだった。

あたしンちは、どこにでも在るような父母と姉弟の何気ない家族の話しだ。

どこにでも、というには立花家のお母さんの性格個性的だけれど、「両親と2人の子供」という家庭は、ごくありふれたものだろう。ありふれたものだと、世間知らずの子供だった私はそう思っていた。

あれから20年近くが経ったけれど、私にはまだ子供がいない。将来的にもいないままな気がする。結婚したら、子供は産まれ母親になるものだと思っていたけれど、そういうものでもなかったらしい。

今になって思えば、何故「結婚したら子供が産まれ母親になる」と思い込んでいたのだろうと首を傾げてしまうのだが、確かに「あたしンち」を読んでいた頃の私はそう思っていたのだ。

子供は産まれない。子供が産まれいから、母親にはなれない。

養子という手もあるけれど、健康的な理由子供が育てられないのだから養子を育てるのも難しい。

それを悲しいと思うことはあまりないのだけれど、時折、言い表しようもない虚無感に襲われることがある。


友人や知人が子供の話をするのを聞くのは好きだ。

育っていく子供たちが健やかなのは嬉しい。予想もしないような言動も、聞いていて楽しい。苦労を分かち合うことは出来ないけらど、話を聞くのは好きだから、どんどん話して欲しいとは思う。

けれど、やはりどこか他人事だ。育児エッセイを読んでるようなそんな気分。

ああ、私はあたしンちの娘のまま、あたしンちのお母さんになれなかったんだなと、「あたしンち」の漫画を久しぶりに読んで思ったのであった。

その漫画は「お花見」の話で、相変わらず立花家のお母さんは楽しそうだった。

BL女性サークルは男ファンから感想を言われるのが嫌か嬉しいか

みたいなアンケートがあって、昔自ジャンルに居た大人しそうなサークルを狙ってスペース前にべったりくっついて一日マシンガントークし続けるキモオタを思い出して嫌に投票した。

べつにかまわないんだけど常識があって下心がなく容姿言動普通なファンに限るみたいな項目ないんかな。

差別区別差別なのか?

差別とはその対象構成する何らかの身体的特徴,性格出自思想,その他肉体/精神を問わない何らかに対しそれをあげつらうことだとする。

一方,区別はその対象は同じだが,そこに線引きをする,ということに差別との違いがある。

たとえば,遊園地におけるアトラクション身長制限安全上の「区別」であり,これを「差別」と捉える人はまず居ないだろう。

また,男女でトイレを分けることも,身体的特徴からくる排泄行為の違い,及び盗撮などの各種犯罪行為抑制するための「区別」と捉えることができる。


しかし,差別区別を分ける本質的な線引きは存在しない。なぜなら,何らかの発言措置をどう捉えるかは個人によって大きく異なるからである

たとえば,(文脈にも依存するが)「バカ」と言われて喜ぶ人もいれば,烈火の如く怒る人もいる。電車バスにおいて席を譲るにしても,

「私がそんな年寄りに見えるか!」と怒る人は少なから存在する。

では,なぜ男女でトイレを分けることが「区別」で,人種によってトイレを分けることが「差別」とおそらく一般には広く認識されているかと言えば,

それは圧倒的多くの人,つまり世間がそう考えているからに過ぎない。世間時代が変わればその境界は大きく揺らぐだろう。

たとえば低身長でも完全に安全アトラクションが導入されたとして,そのアトラクションに対し「120cm未満の身長のお子様はお乗りになれません」という

ルールがあれば,119cmの兄は121cmの弟を逆恨みし,これは差別だと断じるだろう。


ここで重要なのは,ある発言を「差別」と受け取るか,「区別」と受け取るかはそれを言われた本人にしか決定できない,ということにある。

まり,「ヘイトスピーチ」が世間構成する人の殆ど差別的だと捉えたとしても,「ヘイトスピーチを行う人は差別主義である」という発言

ヘイトスピーチを行う人がその発言差別だと認識する限りにおいて,「差別は常に行うべきでない」という前提があるのであれば,

ヘイトスピーチを行う人は差別的」だからと言ってそれを「差別」することはできなくなる.ここにパラドックスが生じる。


これらから導かれる1つの思想は,「他者危害を加えない限りにおいて,あらゆる思想言動は許されるべきである」という自由主義的発想である

この思想に従えば,「他者危害を加えない限り」ヘイトスピーチも,反ヘイトスピーチも共に許容されるべきである

ここで,「他者危害を加える」ということがどこまで含むかをよく考える必要がある。

仮に,「反感を覚える」ことまでも「危害を加えられた」と定義する場合,反感を覚えるかはやはり主観によるため,

原理的にあらゆる思想言動規制することが可能となる。従って,ノイローゼになったとか,躁鬱病になったといったような

より別の基準を設ける必要があると考えられる。ここにはまだ議論余地がある。


そもそも,なぜ議論必要かというと,人間の発想・思想は不完全であり真理ではない,という理由が挙げられる。

従って,あらゆる批判相互に許し,良いところは伸ばし,悪いところは修正を図ることで真理に近づくことができる,というのが

自由主義の考え方であるしかし,自由批判を行うためには論理的思考能力,互いの尊重感情的発言の極限までの抑制などが

必要となる。それらの能力はどこでどのように身に付けるべきなのか。


義務教育において教え込むことで,非常に長期的視野に経てば数世代交代する頃には「大多数」がそのような能力を身に付けることが

可能になると考えられるが,そもそも,論理的思考能力を身に付けるべきというこの自由主義的発想そのものも常に正しいと言えるのか,

批判対象でなければならない.そのような対象義務教育によりある意味では洗脳のように教え込むことは,所詮多数派による

体制の維持に繋がる行為であり,自らその必要性を強く感じ,そのような能力を獲得することが望ましい。

しかし,その必要性を感じるには,論理的思考能力必要である。それはどこで身に付けるのか。


最近,このようなことをずっと考えている。


2017/04/14 10:52 Typo修正劣化ミルというよりも完全にミルの考えそのもの


2017/04/14 10:52 ミルは『自由論』において多数派小数派を多数決で圧殺することを無効化するため,

立場によらず,是々非々相互批判可能にするために「他人危害を加えない範囲であればどのような自由も許される」という原則提示している。

ただし,この前提として「分別がある」ということを挙げ,子供発展途上国はその例外から教え込むしかないと言っており,

この前提はたしか現実的な前提ではあるものの,私は懐疑的立場を取っている。

分別」はどこで付くのか.たしか小学校の頃はないとしても,大学生ならついていると言えるのか。高校生はどうか?

また,この自由主義が「多数派」にもしなったとき教育によりその体制を維持するというのは自由主義による「圧政」ではないのか?


2017/04/15

追記した。またね

http://anond.hatelabo.jp/20170415091825

http://anond.hatelabo.jp/20170414084250

結局この増田が何を言いたいのか全くわからなかった

口先だけで仕事できないアンディが昇進して自分は下っ端のままなのが気に入らないのか、

単にアンディの言動が鬱陶しいだけなのか

ツイッターで見た場面

ツイッターオフで男と二人でネットカフェの部屋に入った女性が「この男に無理やりキスされかかりました」とツイッターで発信

「男と二人きりになったんだからお前が悪い」と男女問わず非難殺到

晒された男性は「向こうから抱きついたり誘うような言動をしてきた」と発信。同情される

やがて女性ツイートを消した

2017-04-13

ある男の末路

あるネットサイトで不可解な言動をする人物がいた。

彼は絵描きだった。画風は典型的萌え絵で、内容は時事が中心だった。

彼は最初、その特徴的な内容から注目されていたが徐々に飽きられていった。構われなくなった彼は過激になっていき荒らし始めるようになる。

これは彼が描いた絵の一部だ。

http://i.imgur.com/ue3V1GC.jpg

http://i.imgur.com/hYvurUG.jpg

http://i.imgur.com/k8JflMX.jpg

http://i.imgur.com/9CvFUEV.jpg

http://i.imgur.com/RI8zuSW.jpg

こういった絵を毎日渡り、100枚以上投下し続けた。

スタイルは単純だ。何か事件が起こるたびに被害者(!)を罵倒し続けた。

一例として『女子高生コンクリート詰め殺人事件』の被害者について

勝手に衰弱死したんだから 殺人じゃなくて単なる傷害致死だろwこれだから感情論厳罰厳罰と叫ぶ低学歴ジャップは… 」

などと書き込んだりしていた。


そんな彼はある日あるミスを犯す。本当に些細なミスだ。

彼は本名、住所、顔写真学歴、年齢、趣味など、ほとんどすべての個人情報を暴かれてしまった。

もちろんそれでは終わらなかった。今まで彼に侮辱された人々が、復讐だと言わんばかりに彼が今まで描いた100枚以上の絵を彼の個人情報と紐付けて彼の両親や所属している組織に送りつけたのだ。

彼がネットで陰口を叩き続けていた人々すべてに彼の書いた絵が送られたのだ。


それ以来、彼は現れていない。今もネットの片隅で毒を吐き続けているのかもしれないし、改心したのかもしれない。

2017-04-12

はじめて揉めてしまった

フリーランス5年目だけど、はじめてクライアントトラブルを起こしてしまった。

普段はなるべく穏便に進めようと調整するので、揉めたりすることがほとんどない。とても人に恵まれていたのだと思います

日常でも怒ることはほとんど無い。



問題プロジェクトは前任者が炎上させて消し炭になった状態リリース直前で何もできていなくて、みんな困っていたのを、

数ヶ月間、数日しか休まずに色々頑張ってなんとか形した。お世話になっている人たちだったから、なるべく良くしてあげたかった。

でも、やっぱり急造だったので、リリース後も不具合も多いんだ。




で、クライアント担当者が変わったんだ。その担当とは一回しか会って打ち合わせしていない。

でも、その担当の態度や言動・行動すべてが私の中の一線を超えてしまっている気がしたんだ。



数ヶ月ずっーと作業していたので、不満も溜まっていたのだろう。

打ち合わせ後のグループチャットのやり取りでブチ切れてしまいました。怒り慣れていなので加減がわからず、

全部契約破棄してしまった。引き継ぎも何もしていない。チャットメール電話拒否した。

でもきっと不具合は続くだろう。



大人としてだめなことをしたのはわかっている。私にも非はあるのはわかっている。

でも、どうしてもあの担当の態度や言動や行動が許せなかったんだよ。

後悔はしていない。



そんな初体験をした今日このごろ。ドキドキして眠れそうに無いです。

怒って辞める人ってメンタルいね。私には無理だ。

この春から情報大学生になった者たちへ。

まずは入学おめでとう。

希望どおりの大学に進んだ人ばかりではないかもしれないが、それも何かの運命と思って頑張ることをおすすめする。

月並みだが、思っても見なかった発見があるのも大学の良いところだと思う。

それでは本題。

情報系の学部で学ぶことは、他の学部とは違って大学や大きな企業しかないような専門の機材も要らなければ、高価な実験器具薬品も使わないものが多い。(もちろん情報系の学部にも高価な器具を使う必要のある実験なども存在する。)

それ故か、入学した時点で大学1年や2年で習うような基礎的な部分は出来上がってる人というのが少なからずどこの大学にも存在する。下手したら、大学卒業した先輩たちより力を持っている、なんて人もいたりする。ほかはどうか知らないが、この業界では珍しいことでもないように思う。

コレを書いてる私は、とある情報系の大学に通う学生だが、今年もそのような新入生を5人以上はもう見た気がする。きっと氷山の一角

もちろん、様々な知識技術を持っていることや、興味を持つことはこれから先学んでいく上で大きなアドバンテージになるだろう。

ところがコレを、謙遜して「プログラミングできません」とか「OS?わかりません…」とか言う輩がいる。もっとひどいと、講義や演習で知ったことを習うだけで「クソ講義」などと言いふらし、周りのやる気や学習意欲を徹底的に奪っていくのだ。

日本人である以上、多少の謙遜は遺伝子にでも組み込まれているのだろうから仕方ないだろうが、やりすぎてる新入生を見ると心の底からやめてほしいと思うのである

大学は新しいことを学びに来る場所であって、いろいろなレベル人間がいる。レベルが低い人にあわせて講義が行われるのは当然のことであるのに、知ってて常識という態度を取ることで周りの空気を悪くするのは、やっている本人からすれば気分の良い行為なんだろうが、新しいことを学ぼうと意気揚々大学に通う新入生の芽を摘む行為になっているということを認識してほしいと思う。

知識技術を持っているなら、それを共有して、高め合うのが正しい姿なのではなかろうか。

新入生を見ていて、少し気分が悪くなったものの、吐き出す場所がなかったのでここに書いてみた。

もちろん、どんな言動をしようとその人の自由だし、大学勉強のできる人が優秀でそうでない人は優秀ではないという評価を受ける場所であって、他人がどうなろうが当人には関係ないのも事実ではある。

しかし、ちょっとでもこの日記を見た情報大学生が気をつけるだけで、周りも気分良く大学生活を送ることができるならそれに越したことはないのではないかな、と思う。

かいことが気になってしまうのは悪い癖です。ごめんなさい。

2017-04-09

自己顕示欲に負けそう

負けたー。

皆さんは、自己顕示欲に負けそうになったら、どうしますか?

友達がTLでなんか真面目なこと言い出した。

有名人言動がバズってる。

俺も、私も、何か言いたい! うずうず!

そんなとき、どうしますか?

http://anond.hatelabo.jp/20170408091727

今の世代祖母である人たちの中に、その行動言動エピソードを聞くに、どう考えても軽度知的障害じゃないかと思う人が結構いる。

発達障害とかじゃない。明らかにIQが80未満の人たち。

朗らかに笑って楽しい人生ならいいと思うし、周りのサポートに不足がないのならいいと思う。

けれど、正直今回の蜂蜜の件の母親は、これに該当するんじゃないかと思っている。

母親母子手帳に書いてあるような蜂蜜のことを知らない人っていうのは考えられない。

定期検診にも行っているはずだし。

知能が普通の人より足りないのなら、周りのサポート絶対必要だと思う。

Twitterで人気絵師になる方法を教えよう

自分では上手くかけたのにどうしてRTされないんだろう、いいね付けてもらえないんだろうと悩んでいる人はそれなりに居るんじゃないだろうか。

それは、大抵の場合かいた絵が自分で思っているよりも他人から見たらヘタクソだからだ。

いいねどころかRTする価値もないのである

どこに「鎖骨におっぱいがくっついてる」絵をRTする奴がいるのだろうか。

そんな絵から目を惹くものを見いだす方が至難の業だ。

ましてそんな絵しかかけないくせに他人アドバイスするなど愚の骨頂である。見てる方が恥ずかしい。

あれほど著名な方々が「デッサン力は大事」と言ってきたのに練習もせず、素人様が宣った「好きな物を描き続けることが大事」というありがたいお言葉妄信した結果なのであろう。

そう、君らは騙されたのである

ここまで読んで思い当たる節がある者は回れ右してさっさとデッサン練習しろ。君はこの記事対象外だ。

まずはリンゴでもミカンでもいい。静物からだ。

しかったらやれ。ネットにアップした自分の絵をバカにされたくなかったらやれ。今すぐだ。

ここまで言って何様?とか、なんでこんなに上から目線なの?という者もいるだろう。

結構。そういった意見は私にとって養分だ。思う存分叩くがいい。

さて、ここからが本題だ。

自分の絵が他人に見せても恥ずかしくないものであるが、いまいち人気がでない。もっとチヤホヤされたいといった欲深い者だけが実践するといい。

もっとも、自分の絵に自信があれば、の話だが…

はじめに まずはテクニック以前の話だ

Twitter(他のSNSでも)では絶対聖人君子を「装え」

以前、絵をかくのに絵師個人人間性必要なく、ただ絵が上手ければいいといった意見を目にしたが、なるほど一理ある。

だが、これを鵜呑みにして不遜な態度をとっていると思わぬところで足をすくわれ、少なからず「敵」ができる。

まあどんなに清く正しく(笑)生きようと、敵は必ずできるものだが、そういった者共はあの手この手で君を陥れようとしてくる。

もしそういった敵から不愉快言動を向けられたとしても大人対応で受け流せ。

絵に対する批判であれば「もしよかったら今後のために変な部分を教えていただけますか?」くらい相手に言え。

指摘されたら「ありがとうございます。今後の参考にさせていただきます。」だ。(この手の輩にwは使うな)

何故か。それは、「相手に対する対応第三者は見ている」からである

暴力的言動暴力的言葉で返していては、折角できたファンに「ああこの人もおっかない人なんだ」という印象をもたれてしまう。そういった印象を抑止力として使う者もいると思うが、マイナス面の方が大きいことを理解するべきだ。

逆に、こういった対応ができない、したくない、する自信がない、噛み付かれたらすぐやり返したくなるのであれば、君は作品ネットで公開することに向いていない。

人生の限りある時間無駄遣いだ。何かもっと金になることに目を向けた方がいい。

ただ、こういう不愉快言動を向けてくる輩の心理は「ちょっとでもムカついた奴を叩いて鬱憤をはらしたい」が本当のところであるため、まともに付き合う必要はない。やりとりがあって2週間後〜1ヶ月後くらいにはブロックしておくことをすすめる。

すぐブロックしては感づかれ、さらに怒りをかうだけなので、気づかれないように、こっそりと、だ。

その際は通報もお忘れなく。

復讐したいなら絶対第三者から見えないところでやれ。ネット上にはその方法も多い。あくまで表ツラは「聖人君子」だ。

そして、政治宗教に関する言及や、他人を叩くような言動NGだ。右だ左だ赤だ、とネガティブレッテルを貼られる。これはとても損なことだ。

まして他の絵師を叩くようなマネ絶対にやってはいけない。同業の味方がいなくなるぞ。

どうしてもこういった発言をしたかったら、別垢作ってそっちで垂れ流せ。バレないようにな。

テクニック

Twitterや他のSNSを見ていると、目を惹くものがあるのに何故かRTいいねも少ない絵を見かけることがある。

それはずばり「作者の知名度が低い」からである

誰も君の事を知らないのである

この知名度を上げるにはより多くのフォロワーを獲得することが重要である

おっと、自分プロフィールには「絵をかいてる」ことを明記し、実際に過去現在絵を公開していることが前提だ。

第1段階 フォロワーを獲得する。

1. まずは気になるアニメゲームタグを見に行き、RTいいね数が多い絵を探す。

2. その絵をRTいいねする。

  これは、自分もその絵や絵師ファンであると見せかけ、本当の狙いを周りに悟らせないためである

  先達の利用できるものはどんどん利用していこう。

3. その絵をRTしているユーザを片っ端からフォローしていく。

  PCツイッターだとRTしたユーザを全部表示しきれないので、スマホ版でやるといいだろう。

  これは、絵をRTするユーザ自分の絵に対してもRTを行なう確率が多少なりとも存在するためである

実験した結果では、大体15人に1人フォローバックされる。

これを3,000フォロワー程度を目標に繰り返す。

毎日コツコツとだ。

この段階では、フォロー数>フォロワー数になっても気にしない。

どんどんやれ。

ただし、ある程度フォロワー数を稼がないと5,000人までしかフォローできないので、制限に到達しそうならフォローバックしてくれないユーザリムーブする。

第2段階

「そのジャンルで」3,000フォロワー程度たまれば、自分の絵がRTされる確率も大きくあがる。

あるジャンルでためたフォロワーが3,000なら、そのジャンルに絵を投下した場合、500RTくらいは狙える。

大体6分の1くらいだ。これは私の過去統計からだが、人によってはもっと狙えるだろう。

このくらいRTされると、FFからRTいいね散見されるようになる。

ここで「自分の絵をRTしてくれたFF外のユーザフォロー」していく。

これも最初のうちは片っ端からなう

(ただし、ツイート数が0とか極端に少ないユーザフォローしてはいけない)

大体自分統計だと、10人に1人はフォローバックしてくれる。

実はこの「自分の絵をRTしてくれたFF外のユーザ」が最も重要である

彼らを離さないように、彼らとコミュニケーションをとっていこう。

もちろん、人によってはもっと多いだろう。

当然、フォローありがとうございます、とツイートされたら君もお礼を返すんだ。一人一人にだ。

先に述べた通り、聖人君子仮面を保て。

絵を投下する度にこれを行なっていくわけだが、この段階で「フォロー数>フォロワー数」になっている場合は、フォローバックしてくれないユーザリムーブし、「フォロー数<フォロワー数」に調整する。

大体1ヶ月に1回はこの棚卸し作業を行い、「フォロー数<フォロワー数」を保つようにする。

(1ヶ月に1回でいい。遅れてフォローバックしてくれるユーザいるからだ)

やはりフォロー数<フォロワー数の方が信頼感が得られるようで、これを保つ事によりフォローバックの確率が上がるようだ。

自分体感である統計はとっていない)

以上の行動を「ジャンル毎」に行なうわけだが、最初のうちはジャンルは絞った方がいいだろう。

まり頻繁にジャンルを変えては、折角根付いたファンが去ってしまう恐れがあるためだ。

Tips

絵を投稿する場合は必ずタグを付ける。

ただし、過剰に付けすぎてはいけない。多くても3つまで。

多く付けすぎると「ただの人気取り」とか「かまってちゃん」という印象を持たれる。

少なくともよい印象をもつはいない。

また、R18絵をアップする場合タグを付けない方がいい。より多くの人の目にとまる反面、通報され凍結される確率が上がる。

というかエロ絵アップしたいなら今のtwitterではやめた方がいい。昔よりもすぐに凍結されるようになった。

絵を投稿する時間

基本的にはアクティブユーザが多い時間帯に投稿する。その時間は平日なら21時、休日なら22時と言われている。

しかしながら、通勤時間である朝7時〜9時、昼休み12時〜13時の時間帯も見過ごせない。

もし昼に投稿するならば、12きっかりではなく、12時40分〜13時をお勧めする。

それは、12きっかりだと一般的会社員は、定食屋に行ったりコンビニへ行ったりなど移動に使っており、インフルエンサーが見落とす可能性がある。12時40分くらいだと昼飯も食べ終え、わりとネットしながらダラダラしている時間であるためである

また、24時以降もできれば避けたい。

インターゲットとなる層が深夜アニメに集中し、ツイートを見逃す恐れがあるためだ。

自分投稿した絵に対して自発RTを繰り返してはいけない

自発RTは1回までにとどめる。理由は単純にウザいからだ。上記時間帯のここぞというときに行なうのが基本。

気持ちは判るが焦るな。

同人書いてる人は同人誌宣伝はほどほどに

だってRTされねーだろ?なんでか判るか?

アフィが叩かれる理由と一緒だ。大半の連中は金儲けの宣伝されるのが嫌いなんだよ。

RTが1万以上いってる奴でも同人誌宣伝ツイート100RTとかザラだ。

だが気持ちは判る。RTされなくともせめてトップ固定にとどめておけ。見てる奴は見てるから。焦るな。

ガツガツしすぎると折角のファンを無くすぞ。

旬を逃すな

ソシャゲ系のタグのぞくと、ソシャゲ内でやってるイベントに関連した絵が多く上がってると思う。

最初のうちはこれに乗っかるのもいいだろう。通常よりも多くRTいいねされる傾向がある。

あと、twitterではキレイな絵よりもネタに走った絵の方がRTいいねされる傾向が強いので、まずはネタ絵でRTを稼ぎ、フォロワーも稼ぐというやり方もよいだろう。

最後

ここまで読んで絵の腕磨いた方が早いと思う者もいると思うが、それはそれで進めればいいだろう。

商売に喩えると、たとえ良い品を作っても置いておくだけでは買ってもらえない。セールスプロモーションとセットで考える必要がある。これはそのプロモーションの話だ。

絵を見てもらうということは想像以上に難しいのだよ。

http://b.hatena.ne.jp/entry/twitter.com/konishihiroyuki/status/850600623250616320

一応はてサの部類に入ると思う俺だけど、これ小西が言ってるだけだよね。

普段から異常な言動で左側の足引っ張りまくってる小西から

エビデンスゼロ状態でこんなに支持できないわ。

よくブーメランビビらずこの時点でブクマできるな。

[] #21-1「未来ガイド

メディアリテラシーは、「あらゆるものを疑え」っていう意味じゃない。

もちろん「情報の真偽を瞬時に正確に見分けられる」という能力でもない。

俺のクラスメートには、そういった解釈で振舞おうとする人もいるが。

騙されたとき嫌悪感や、騙されたくないという思いが、そういった過敏さに繋がるのかもしれない。

「単に横文字に弱いだけじゃ」って弟は言うけどな。




少し前に起きた、不思議人間との出来事を話そう。

いや、俺自身不思議出来事だとは思っていないが。

まあ、聞いてくれ。

そいつの、第一印象は最悪だった。

まるでセールスマンのような距離感の取り方で、家に押しかけてきたからだ。

いや、そいつ女性のようだったので、セールスウーマンか?

まあ、どっちでもいい。

いずれにしろ時代錯誤だ。

「やあ、マスダ。ボクの名前ガイド。ここよりも遥か未来からやってきたんだ」

しかも開口一番が“コレ”である

つくづく時代錯誤だ。

「ふぅん、未来人にしては随分と普通の登場の仕方だな」

物理的にありえない場所から登場しようとも思ったんだけれども、大騒ぎになったので今回は慎重に行こうと思ってね」

未来法律がどうなっているかは知らないが、国や地域によって文化が違うことがあるのだから時代によってルールも違うことは当然踏まえておくべき事柄だ。

どうやら、このガイドと名乗る奴は、そういった常軌を持ち合わせていないらしい。

「それで今回ボクが来たのは、とある使命のためなんだけど……」

しかも、勝手に話を進めていく。

なにやら色々と説明していたが、元からこんな人間の話を真面目に聞く気にはなれないので、話の内容は記憶にない。

未来人はどいつも“こんな”なのか、それともこの未来人が特別異常なのか。

いずれにしろ、こんな不躾な人間タイムスリップさせるあたり、未来の法はまともに整備されていないようである

説明が数分経ったとき、さすがに俺の訝しげな態度に気づいたようだ。

「あれ……もしかして、ボクの話を信じていない?」

「そもそも、どこの誰かも分からない人間の話を、無条件で信じる方がおかしいと思うんだが」

「いや、『どこの誰か』って。ボクの名前ガイド、そして未来から来たって……」

「だから、それが嘘か本当か俺には分からいから、信じるに値しないって言っているんだ」

しろ信じる方が難しいというものだ。

ガイドと名乗るその女は、如何にも考えていますといったような仕草オーバーにしてみせる。

すると、腰についたポーチからおもむろに珍妙オブジェを取り出した。

言動が、いちいち癇に障る。

「じゃあ、見ててよ」

そう言ってガイドはそのオブジェを使って見せた。

(#21-2へ続く)

2017-04-08

そりゃ彼女できないよと思った話

先日、ネット上で婚活の成果がなかなか出ないことに嘆いている男性に会ってみたところ、その言動にそりゃ彼女できなくて当然だよと心底思ってしまったのでその話を書く。

私はアラサーオタク女性相手アラサーオタク男性ブログ同人活動趣味だという。

彼のブログ婚活苦労話エントリたまたま検索に引っかかり、地域的にも近かった(あと、どうにも昔の知人に性格が似ていて他人事のような気がしなかった)ので、『今はとにかく交流を広げたいので気軽に声をかけてください』と書かれていたのでこちらから連絡を取った。

初対面での外見の印象は別に悪くなかった(30代男性の英字プリントTシャツ個人的にはモテに遠いと思うが、別に個人の服の趣味なら仕方ないし)

が、店に入って席につき、15分もしないうちに『これはおかしい』と思った。

まず、顔を合わせて早々に彼氏のありなしチェックが入る。

『今はいないですよ〜』と無難な答えをして別の話題に移ろうとしたところ、『今はってことは彼氏はいたことあるんですね? それはいつまでいたんですか?』とガツガツ踏み込んでこられ、この時点であっこれはちょっと距離感おかしいなと思う。

しかし嘘をつくのもな〜と思い、『この間まで付き合っていたのは女性です。でも男性交際したこともありますし、別にどちらでも気にならないですね〜……そんなに違うと思わないので……』と返しつつ『そうなんだ』くらいでもう終わらせてくれよというオーラを出していたつもりだったのに、彼はさらに『それって性欲とか湧くんですか? セックスとかどうやるんですか? できなくないですか?』(本当にこう言った)と返してきたので呆気に取られてしまった。

そ、それって初対面で15分も経ってない人間に聞く……?

いや、疑問として思い浮かんだり、頭の中で考えたり、百歩譲って仲良くなってからそういう話になった時に尋ねるならまだしも、いまこのタイミングで(そしてそれなりに混んでる昼のお店で)聞くのは普通に考えておかしくないか……?

という思いが抑えられなくなり、『そういうこと初対面で聞くのってすごく失礼だし一般的じゃないと思うんですけど……』と何とか絞りだしたら、

『俺はそういうことを聞かれても気にならないし、嫌なら単純に答えなければいい。それに私に興味がある・私のことを知ろうとしてくれてるんだ、と思う女性もいる。聞かれて嫌だと思うのはあなたの都合であって、それを普通だの常識だのに結びつけて一般論のように語るのは違うと思います』と言われ、あまり理解のできなさに愕然としてしまった。

そりゃ彼女彼女候補もできなくて当然だわ。強烈すぎるもん。

この後も彼は『人間としての好感と男性的魅力は別。事実はいつもいい人どまりだ』(これはある程度わかる)『だから俺はもう好感ではなく、初回から女性男性的魅力を感じさせたい。そのふたつは全然別だからいくら人間的に好感を稼いでも意味がないから』(???)(好感を持たない人に魅力を感じるほうが無いと思うんだけど……)などの持論・主張を展開してたけど、私はことごとく同意できなかった。

ダメ出ししてくれる友達かいないのかなあ……いや、いてもそれはお前がそうだっただけでしょ? って無下にしてるのかな。きっとそうなんだろうなー。

まあ世界は広いので、ひょっとしたらそんな彼に付き合ってあげられる女神のような女性いるかもしれないけど、この調子では出会う前に寿命が来てしまいそうだなーと思いました。

どっとはらい

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん