「はてな界隈」を含む日記 RSS

はてなキーワード: はてな界隈とは

2017-03-18

http://anond.hatelabo.jp/20170317223826

ネット特にはてな界隈では

JR職員=3K労働パワハラ横行のブラック社員

男子高校生=世の中を舐めている。見ていてムカつく

というイメージが染み付いているか

こういう捉え方になってしまうのだと思う

まりこれははてなー限界

2017-02-20

Myはてなブックマークオブザイヤー2016発表!

こんにちは2016年Myはてなブックマークオブザイヤーが決まりましたので、その前の3年分と合わせて発表いたします。



2013年大賞

ネット依存について思うこと | blog.yuco.net

http://blog.yuco.net/2012/10/net-addiction/



ネットを全くやめてしまうわけにもいかず、さりとてやりすぎは避けたいというネットユーザーには馴染みのある悩み。

はてな界隈で見ていたyucoさんがネット利用を制限している様子が自省的に書かれており、何度も思い返すことになりました。

今改めて見るとサラッと出てくる「その代わりに本を読んでいる。」という一文も刺ささり、読書の愉しみについて前より意識的になりました。




2014年大賞 非公表(アグレッシブ表現を含むため)



2015年大賞

「いい歳して美人嫉妬する私」 雨宮まみの“穴の底でお待ちしています” 第12

http://cocoloni.jp/culture/49213/

大人になる=処女喪失が怖い」 雨宮まみの“穴の底でお待ちしています” 第13回

http://cocoloni.jp/culture/51530/



人の悩みにここまで寄り添えるものかと感嘆したのを憶えています

雨宮まみさんは昨年亡くなられました。書籍版を何度か読み返したらTwitter感想を伝えたいと思っていました。言葉を届ける機会はあまりにも突然失われてしまます




そして、2016年大賞!


ドコドコドコドコドコ ドン



グーグルが突きとめた!社員の「生産性」を高める唯一の方法はこうだ(小林 雅一) | 現代ビジネス | 講談社

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48137



Googleが、チームをエフェクティブにするものは何かを調べた結果、一番上に来るのが心理的安全性というものでした。心理的安全性が低い状態では、チームのメンバーは他のメンバーに責められたり低く評価されることを恐れてミスをしないよう常に気をつけており、他方、心理的安全性が高い状態では仕事用ではない本来自分を出すことが出来てリスクをとれるのだとか(詳しくは検索してみてください)。職場後者のように過ごせたら素敵ですね。心理的安全性、なんて良い響きでしょう。



上記記事は読むために会員登録要求されたことがあったので別の優れた記事も示しておきます

Google完璧なチーム

https://www.infoq.com/jp/news/2016/10/google-perfect-team



そして、心理的安全性といま流行りのけものフレンズを結びつけているのが次の記事です。職場にいるのがサーバルちゃんだったら、安心して自分を出すことができそうです。

技術フェローが「すごーい」「そうなんだー」「たのしーしか言わなくなった件 - Misoca開発ブログ

http://tech.misoca.jp/entry/2017/02/10/113003




2017年も良い記事出会ますように。

2017-02-17

名古屋の森友学園は無関係

安倍晋三記念小学校の疑獄やら、保護者ヘイト文書を配布した塚本幼稚園やらではてな界隈でもホット学校法人ですが、

Google検索で「森友学園」と検索して出てくる中に下記のサイトが上位に表示されます

学校法人森友学園認可保育所 エンゼルキッズ押切

http://www.shinseiwadai.ed.jp/angel-o/sp/concept.html

自分だけではないと思いますが、単に名前が似てるだけの別物なんじゃないかな、と思っています


理由は2つ。

まず理事長名前が違う。

大阪の学園は 理事長 籠池靖憲 となっていますが、

名古屋の方は理事長 森友 潔 となっています

そして、お互いのサイト組織構成に、どちらも入っていない。両者のサイト確認すればわかります

なるほど確かにそういう観点サイト見直してみると、明らかに毛色が違います

大阪の方は政治家挨拶が載っていたり、いかにも日本の伝統礼讃なメッセージに溢れている。サイトの造りも凝ってて、お金をかけてる感じです。

一方、名古屋の方はそういった内容が一切なく、ちょこっとずつ可愛らしいアイコンを使ってあるなど、サイトの造りも全く違う。

要は至って普通保育所なのだろうな、と。


以上、繰り返しになります名古屋の「学校法人森友学園認可保育所」というところは、安倍晋三記念小学校とか塚本幼稚園とかとは無関係と思われます


ひょっとすると誤解した「良識ある市民」の皆さんが正義感かられて電凸やらなんやらしてしまうんじゃないか、そうしたら子ども達も職員さんもかわいそうだな、と老婆心ながら心配しまして、このようなエントリーをしたためた次第です。

2017-02-09

ADHD発達障害)の、つまずきながらも終わらずに生きられた半生

ADHD診断済の者です。

ここ最近借金玉氏のブログhttp://syakkin-dama.hatenablog.com/)が立ち上がったり、そこでの記事話題を呼ぶのを見て、にわかはてな界隈でも発達障害に関する話題が盛り上がっているのかなと思っていた所、

http://anond.hatelabo.jp/20170206102543

↑こちらの中学受験の話と、それに付いていたブクマコメントが、あまりにも「そうッ!」という思いだったため、少し乗り遅れた感ありますが思わずキーを叩いてしまっています

そのコメントとは、id:Outfielder 氏の

知能に遅れのない高機能発達障児は、中学で内申が出ないか高校受験で詰んでしま人生終了がほぼ確定してしまうから少々無理してでも中学受験すべき、という体験談は聞いたことある

というもので、まさに自分がそれだった、その通りや…と瞠目してしまいました。

自分がそれ、と言っても結局中学公立に進んだのですが、幸いなことに人生終了は(おそらく)しておらず、今は自分にとっては環境面・経済面でも充分有難い場所で働かせてもらっています

でもそれはたまたま、運が良かっただけという気がしていて、振り返るとこれまでの人生の中で、ADHDのせいとは一概には言えないけれど、幾つかの「挫折ポイント」があったので、もしこれからの進路にお悩みの発達障害傾向のあるお子さんを持つ方などが居たら、参考になればと思いつつ振り返ってみます

(多分あんまり参考にはならないですし、それよりも自分が整理して書き出してみたいというADHD衝動によるもの本心です)


小学生時代中学受験でつまずく)

子供の時から自分は周りとは違う人間だ、という自覚は多少なりともありましたが、それは割とポジティブに捉えていました。運動は苦手だけど、勉強はわりといいところ、そして休み時間や家ではマンガを書くこと、それを披露することでクラスで固有のポジションを得ていた覚えがあります

絵師の皆さんなどもどこかで記憶のあるような体験なのではないでしょうか)

問題ポイントが、中学受験。親の方針もあり、自分もなんとなく説得され特に断る理由もなかったので(通学が遠くなるのはめんどくさいなあくらい)小4くらいか中学受験に向けた塾通いをするようになります

しかし、それがだんだんキツくなり、小6のいつ頃だったか、日曜も朝から夕方まで模擬試験しか提携してる友達も居ない知らない塾まで通っての体制になり、多分その環境自分ストレス耐性がピークに達してしまった気がします。

と同時に、なぜ今の小学校友達と離れてまで、遠い中学に通わなきゃいけないのか、さっぱり意味がわからないと涙ながらの突然の抵抗。自分が覚えている限りの自我の芽生えその1です。

結局、これ以上は無理と親も理解したらしく、中学受験は断念、塾も同じ塾内の進学コースから普通コースに移動しました。この時の迎えてくれた友達安心感たるや今でも思い出します。


中学生時代(内申でつまずく)

この公立中学地域圏内では割と悪評の高い、まあいわゆる「荒れてる」と言われるような学校だったようなのですが、幸いなことに僕が入学する直前辺りから目立って悪い行いは無くなっていったようで、中学の3年間は気の合う(ヲタクな)友達も狭い付き合いながらも出来、全体的には、例えばいじめに遭うなどという特段嫌な思い出もなく平和に過ごせました…

が、

心境的には、中学2年辺りから周囲との違和感を強く感じ始めていました。

まぁこれは、誰にでもある思春期の訪れだとも思うのですが、良くないことに同時期に、インターネット桃源郷見出ししまいました。

テレホタイムは親のPCでこそこそチャット掲示板に入り浸り…(なんとなくこれで年齢が分かりますね)

今思えば、このあたりもADHD衝動性、過集中にフィットしてしまい、その後にやってくる虚脱によって学校を休むことが増え、やがて内申はどんどん悪くなっていきました。。


高校時代公立高校でつまずく)

はい。ここで2度めのポイント、そして最大の「人生終了」感を味わいました。

中学での内申に引っ張られ、「お前はここにしか行けない」という公立校にヒィヒィ言いながら入りました。(試験の点数だけで言えば中の上レベルの人たちと張ってたのに…と今でも悔やむことがありますが、まあしょうがない)

そして、1年ももたずその高校を辞めました。

なんで辞めたのか。今でも正直言ってこれといった理由言葉に出来ないのですが、幾人かの「いやなタイプ」の人の顔、そして、排外的雰囲気、それに合わせることの絶対できない自分の中の何か。

気づいたら高校に行けなくなっていました。僕みたいな人間は、居心地が良くないとマジで死ぬんだなあ、ということが身に沁みてわかりました。

多分この時ほど親は、上記のコメントと同じことを思ったことは他にないでしょう「少々無理してでも中学受験すべきだった・・・

その後、半年ほど引きこもりをしてから、今度は底辺私立校一年から入り直すことになります

ぶっちゃけ誰でも入れるような所で、周りを見渡せば一目瞭然の発達障害ヤンキー、そしてほぼ知的障害とも言えそうな人まで、ワケアリな人種ばかりが揃った愉快な空間でした。

それでも、そんな所に高いお金を払って再チャレンジさせてくれた親には大変感謝しているし、また学校行けなくなるのではという恐怖も乗り越え再びやり直すことを決めた当時の自分も、割とがんばってたと思います。(引きこもってた時分は外に出るだけで怖かったです)

そしてこの私立校が、思いのほか自分には合い、割と気ままに過ごすことが出来、大人になった今でもLINEでくだらないことを言い合うような親友も出来ました。

特にその学校ではPCを使った授業に力を入れていて、もともとネットにハマってたくらいなのでPCに触ることは自然だったのですが、その中で自分特性に合ったジャンル先生見出してくれて、「大学受験してみないか?」という運びになります


大学時代ADHD完熟期)

その高校での先生たちの手厚いサポートのおかげで、(あの悪評高い)AO入試制度を使い大学への入学を果たします。

2ちゃん等ではFランと呼ばれるランクしょうが世間的にはそこそこ名だけは知られているところでした。

そして自分学生時代を見返してみても、この大学時代が一番輝いていたように思います

興味のある授業内容、自由雰囲気キャンパス、そしてどことな普通じゃない人達の集まる文化系サークル出会い、居場所と夢中になれることの両方が目の前に広がり、自分人生が本格的に始まった感じがしました。

色々あったけど、特にここで語るべきことはこれ以上ありません。

就活は例に漏れ苦痛でしたが、それでも思ったよりあっけなく、自分に合いそうな所に内定を得ることが出来ました。


社会人のはじまり(つまずき続けつつそして現在

そして、光に満ちた4年間が終わり、ここから暗く長い旅の始まりです・・・

といっても、第3のポイントは1年目序盤にあっさりと訪れます会社に数日行けなくなりました。

体が動きません。会社メールも見れません。連絡したくありません。何もかもから逃げ出すことしか考えられなくなりました。

それでもなんとか数日休んで、這うような思いで出社し、耐え、またしばらくすると行けなくなる、を繰り返しました。

メンタルクリニックにも行き、「抑うつ状態」の診断書を突きつけたりもしつつ、それでも時には自分に合った業務に携われる期間もあり、何より会社の人が良い人だったので、なんとか辞めたり休職したりはせずに、自分の心と身体を騙し騙し、一つの仕事に人より何倍も時間を浪費しながらも、続けられていました。

ADHD的に特にしかったのは、やはり外部とのコミュニケーションスケジュール管理企画書作成といったところでしょうか。

これらを、自分を無理に奮い立たせながら乗り切っていたため、やがてそういった業務をすればするほど、図太くなるどころか気づいた時にはストレス耐性が全く無くなり、再びしょっちゅう休むようになりました。

それがここ1年ほどのことです。

再びクリニック通いを再開し、軽うつ対応するような薬を飲みつつも、相変わらず同様の環境仕事を続けており、このままじゃどんどんダメになるのではという漠然とした不安と焦りが募っていました。

そして約半年前、同じクリニック内で医師が代わり、その医師の診断方針もあり状況を見直した所、「ADHD」という判断を受けました。

それまでもネットで色々情報は見ていたため、あ~やっぱり、という感じでした。

その後、自分ADHDであり、こういう業務はどうしても脳の形状的に難しいのだと諦めがつくようになり、まずは環境を変えなければどうしようもないと思い、同じ社内ではありますが異動を相談したところ、あっさり通り、そして始めのほうに記したような、落ち着きつつある現在の状況があります


振り返ると

中学受験高校社会人と何度も「周囲との違和感」「やってみてはダメになる」「周りと同じような適応は出来ない」を繰り返してしまっていたのですが、それでも、親や教師理解サポートたまたま巡り会えた環境に恵まれ、なんとか人生終了せずに、今は地道に日々の幸福度回復させていけるようになりました。

中学受験成功していれば全てが上手くいった、とは思わず、結局はどこかで周囲とのギャップ、そして挫折経験していたと思いますが、それでももっと早くADHDという認識を与えられ、それに対応した生活見直しや進路を定められていたら、もうちょっと楽に歩むことが出来たんじゃないかなと思います

一歩間違えれば人生終了待ったなしだった気がするので、それを回避するためにも、もし自分が、そして自分の子供がちょっとあやしいなと思ったら、診断を受けてみたり歩み方を普通の人とは変える、認識を良くも悪くも諦めるようなタイミングが、必要なんじゃないかなと思うのでした。

まぁ、今はどこのクリニックも発達障害の診断で激混みという話も聞きますけど…

空前の発達障害ブーム(?)に備えた人生設計の、一つの参考例にでもなれば幸いです。

2017-02-07

はてな界隈における甘えの病理

http://b.hatena.ne.jp/entry/blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1913845.html

kusorurosuk 家賃生活費通信費込みの仕送り13万程度でこういう反応が集まるの、本当にインターネット炎上って貧困層がメインなんだなと思わざるを得ない

13万程度の仕送り炎上しているのではない

仕送り受けておきながら「誰かに甘えることができない環境」とかほざいてる糞ガキの甘えが炎上している

はてなーってこういう議論すり替えが本当に得意だな

擁護するなら「13万の仕送りなんてはした金だから甘えたことにはならない」くらいのことは言え

まあ言えないか議論すり替えて誤魔化してるんだろうが




結局はてなーって甘ったれ知識バカなんだよ

がんばっているのにうまくいかない人間に対するセーフティーネット必要だが、

まったく頑張る努力もしないで甘えを甘えとも思わないような激甘の甘ったれなんかに誰がセーフティーネットなぞ用意するかって話




甘えてるくせに甘えている自覚もなく偉そうなこと言ってるバカが今のネットで最も炎上するもの

そういう意味はてなーは格好の可燃性燃料なのだが、

本人に甘えた自覚はなく、それどころか異常にプライドが高く上から目線なので、

この炎上は途切れることなく更に加熱していく

アメリカも似たような構造大炎上している

日本もこの傾向は加速こそすれ、収束することはないだろう

2017-02-03

「安い電気に替えるか、稼ぎのいい旦那に替えるか」のCM

なんではてな界隈だとぜんぜん炎上してないんだろう

やっぱりフェミが多いからなんだろうか

男女逆だったらぜってーうるさいだろうに

2017-01-31

ロメスペシャル批判について思うこと

はてな界隈でもその他ニュースサイトでも話題になっていますね。

スカートはい女性署員にプロレスつり天井固め」 長浜署懇親会…滋賀県警セクハラ可能調査

http://www.sankei.com/west/news/170127/wst1701270037-n1.html

ロメスペシャルは嫌がる相手に掛けられない - 聞きかじり、たれながし

http://www.cloudsalon.net/entry/harassment20170122

どちらの記事も、ブコメは散々たるもの

ロメスペシャルなんて無用の長物トラブルの温床、諸悪の根源、なくしてしまえばいい?


ロメスペシャルは技にかかる人の協力がなければ、形が完成しない。

膝を曲げて足をからめることも、掛け手の合図で、手を後ろに差し出すことも、

後方回転で吊られるとき嫌がらないことも受け手の協力が必要になるはずです。

こんな風に、さらっと書くとさらっと技をかけたように聞こえるかもしれないけれど心身ともに本当に消耗しました。

それが長浜署の懇親会にとって必要だと思うからこそ、男性署員たちも、

ロメスペシャルの力をかりて女性署員に豊かな経験をさせたいと思っているんです。

それを警察の怠慢、セクハラに対する意識おかしいというのはちょっと違うと思う。


志をもって

プロレス技を変えよう、安全な技にしよう、時代ニーズにあった活動にしよう、不要ものは切り捨てよう、改革をしよう

そう行動を起こす人は署内部にいます

からこそ

知りもしないのに

世論に便乗して

ロメスペシャルに対する偏見助長するのはやめてほしいんです。


ロメスペシャルを変えるためには

まず知ることからなんじゃないですか?

知りもしないで

知ろうともしないで

かつての私のように、警察署員さんたちを斜に構えた目で見るのはやめてあげてほしい。

ロメスペシャルがどんな存在か知りもしないで

イメージだけでいらんとか悪害とかいうのやめてほしい。

2017-01-27

http://anond.hatelabo.jp/20170127191733

いじめを訴えるようなトピックが出てくると

大体はてな界隈は「逃げろ」とか言うやつで溢れかえるけど

逃げた先でそいついじめに遭わないかどうかなんて誰も関心を払っていないと思うが?

目先の偽善のための無責任発言

http://anond.hatelabo.jp/20170126211950

ショートショート専門の増田作家だけど、別に作家を目指してるわけじゃないんだな。

ニュースとか日常生活で思いついた、

こういう世界もあり得るんじゃないか

こう物語を膨らませたら面白いんじゃないか?

というネタを元に、創作意欲のままに書いてるだけ。


社会風刺っぽい作風から増田投稿したほうが反響あるだろうという感じ。

はてな界隈にはショートショート好きなやつが多いらしく、少なくとも数十のブコメはつく。1000超えるとめちゃくちゃ嬉しい。

そうやって承認欲求を満たしたり、設定の甘さを突っ込まれ反省したり、調査不足だった情報を得られたりする。

あと自分が作った世界観の上でマジレスされたり大喜利されてるのがとても面白い

からこれからも、気の赴くまま書き続ける増田作家でやっていくよ。

2017-01-11

なんで西暦ではなく、元号をつかう役所に、多くの人が文句を言わないのだろう。

未来も、過去も分かりにくい和暦がなんで役所で使われ続けているのだろう。はてな界隈では和暦の不便さが聞こえてくるが、リアルではあまり文句の話を聞かない。世間では「和暦」が好きな人の方が多数なのかな?

2017-01-03

大人教育大事

最近労働者が知らず知らず、労働時間賃金に関して教育されている。

自分のことだから熱も入る。



昔は我慢忠誠心などが教育されていたように思う。

個人主義にのっとった昨今ではそういうのは流行らないのだろう。




同時に、教育しないといけないのは給与の発生の仕方について。

現状、その部分は故意か心的なもの教育されていないように思う。



はてな界隈共産主義にどんどん傾倒しているので、見ていて面白い

理想正論は甘美だよね。

ルール資本主義なので、国としては落ちていくだけなのだろう。

全員が生活もままならなくなって、当時を懐かしむ日がくるんだろうな。

2016-12-29

http://anond.hatelabo.jp/20161228170808

主軸は能力による暴力と、暴力を振るえる側の理屈をほぼ洗脳的に教え込むエリートイズムに対する危惧、みたいなものに見えた。

こういうことを言っても通用しないのはなぜなんだとはてな界隈で考えていたが、

頭が回る一般的な人々は自分たち理屈自分たち以外にとって理不尽である、という感情が想起されない。

結果的に「社会全体が回るんだからお前たちは俺達に殴られていたほうが効率が良かろう? 違うか?」

という官僚型の言い分になってくる。創価でもいいかもしれない。腐敗しているが無いと困るだろう、という圧倒的な暴力

こうした大枠の部分の個別に注目すると元増田の言う暴力理不尽さが個別にもはっきり適用されている、という理屈になる。

その時代の正しさは誰かが得をするから正しいこととして成り立っている。そしてそれはマイノリティにとっての欺瞞だろう。

年収1000万プレーヤーの息子なのだ

まっっったく裕福じゃないんだけどなんで??

1000万プレーヤーの子供って車買ってもらったり、いいマンション住んだり、ブランドの服着たりしてるんじゃないの?

なんで俺は車も買ってもらってないし、家賃3万のボロアパートに住んでるし、ユニクロの服着てたりしてるわけ?

なんで学費納めるために奨学金借りてんの?

なんで仕送り3万で生活してんの?

なんで壊れたPCを修理する金もなくスマホ増田書いてんの?

いや別にさ、車買えとか家賃10万出せとか言ってるわけじゃない、というか大学行かせてもらえたのは感謝してるけどさ、これって年収1000万プレーヤーの子供の生活らしくなくないですか?

大学の友人の中でもかなり下のランク生活なんですけど

それなりに忙しいし料理好きでもないのに毎食自炊して、多少の病気と怪我しても病院も行けなくて、壊れた家電家具も買い替えできないって一般的大学生生活レベルですらないような気がするのですが

はてな界隈年収1000万プレーヤーの子供のみなさんはどんな生活してるんでしょうか?

2016-12-28

[]増田に生息する文章と絵に自信を持っている人について

こうの史代の絵について疑問を書いてる人

1.こうの史代巧い論がわからない

2.こうの史代が巧い論、少しわかった

3.こうの史代巧い論がわからない

4.こうの史代がうまいというはてな界隈の意見

この時、トラバツッコミが入り、そのトラバ主とこのエントリ投稿者はかなりレス応酬しており、またエアトラバなども多用していた。

などということがわかる。



文章についての知見

自身分析する「ネットにおいての文章とは」的な話 (追記で特定ブクマカid:hungchangへの煽りを書いており、煽り返しているようである

http://archive.is/nfMhl

書いたと自称している忍者についてのネタ文章

anond:20161227035507

それについての自身による感想

http://archive.is/zUcdi

自身による分析

http://anond.hatelabo.jp/20161228121253



自分言及するブクマカには厳しさを見せる (言及元:http://b.hatena.ne.jp/entry/anond.hatelabo.jp/20161228113858

ttp://archive.is/UzpHl

ttp://archive.is/zfc8o

ネタ系のコメントトラバに点数表記で「100点中◯◯点」と評価する増田がたまにいるのだが、この人がやっているのかもしれない



この絵について自信がある人と文章について自信がある人が同じである根拠としてあげられるもの

文章についての知見にツッコミが入った後、そのトラバid:hungchang仕業であると食いかかる (ブクマカに相変わらず厳しい)

その直後に投稿された「やたら粘着質な増田がいるよな」という増田に、「だったらスルーすれば?」というトラバが即付き、それがこうの史代巧い論の人と同一人物だと判明する (http://archive.is/gpLZI

この絵についてやたら自信を持っている人と文章についてやたら自信を持っている人は同一人物である可能性が高い




年齢層などもわかりそうだが、そこまではしないでおこうと思う。

ちなみに私は昼間や深夜に見かけた。

2016-12-22

JAFニュースサイトを立ち上げてライター募集中なんだが

JAFがパークブログというニュースコラムメディアサイトをやってて、現在ライター募集中だ。

http://jafmate.jp/blog/campaign/park-blog-article-campaign.html

会員向けに毎月JAF Mateという冊子を配ってて、そこで連載しているコラム記事JAFからのお知らせを掲載するサイトなのだが、

この度オリジナルコンテンツを強化したいのか、プロアマわず原稿募集しだした。

採用されると、掲載されてから2ヶ月で5000pvを達成すれば1pv=1ポイント換算でAmazonギフト券が貰え、5000pv以下なら1000円分のクオカードが頂けるそうだ。

記事の内容もクルマに限らず

食・ファッション趣味ノンジャンル募集するようだし、

増田で度々ホッテントリ入りした俺なら、ちょっとした小遣い稼ぎになるかなぁ、と思ったのだが

応募に関する注意事項を見るとキュレーションメディアバイラルメディア無断転載パクリ記事が絶賛炎上中の昨今、そのパクリに関する注意が一切されていない。

現在プロ作家ライター

よる署名記事ばかりで、さすがJAFというべきかお堅い記事ばかりが並ぶ優良メディアといったところで、だからこそエンタメ色を増やそうと外部ライター募集しているのだろうが

素人から原稿募集するなら

そこを一番注意しなければならないのではないか

署名記事で公開されるとはいえ、絶対外部からコピペ・語尾を変えただけの丸パクリ記事を寄越す輩が絶対出てくるだろう。

JAF編集部側もチェックするだろうが、素人ライターを使うからには今だからこそ要注意しなければならないところだ。

そのトラブルを見越してか、

掲載によりなんらかの紛争損害賠償問題などが発生した場合

(株)JAFメディアワークスは一切の責を負いません。」

との一文が添えられているが、要は「外部のライター勝手にやったことで、ウチの編集部は知りませーん」ってことだろ。

この対応って他のキュレーションメディアと全く同じで、無責任すぎやしないかなぁ。

まあ、パクリさえしなければ、自分の腕を試せるので

増田はてな界隈からここに掲載される人が現れたら面白いとは思う。

ほとんど誰にも知られていないメディア自分記事が載ったところで2ヶ月5000pvなんて絶対無理だと思うけどな!!

2016-12-03

http://anond.hatelabo.jp/20161203145936

はてな界隈ではな

結局おたく寄りの40以下の人間以外には馴染みないんじゃね?

団塊スポーツ新聞読むようなおっさん言葉以下の存在感しかいか

2016-12-01

http://anond.hatelabo.jp/20161201151706

はてな界隈ではそうなだけで、普通に見てるのは女の方が多いだろ

星野源話題になってるだけかな、最近は珍しい草食童貞ヒーロー

はてな界隈話題になるオタク受けのいい女子を囲む会について

リアル社会におけるカースト上部の方々はこういうの知らないし、そもそも興味もない。そこをまず理解してほしい。

でも、謎のリア充アピールをしがち。ちょっと痛いのですが……となる。これはなんだろうなーと思って、思い出したのが、リチャードリンクレイターが何年かに1回息抜きを兼ねてバカアメリカ学生物語ストーリーに大きな意味はない)の映画を撮る。そんな彼が20年近く前に撮った『バッドチューニング』という映画に出てくる真面目系クズな3人組(男2、女1)に似ているだった。本質的にはウェーイな友人に混じりたいのに、素直にアピールできない。だから同じカーストの連中で集まって、こういうようなコミュニティーを作ってしまう。それで俺が持てないの社会のせいみたいになってる

2016-11-29

しいたけ

はてな界隈では、しいたけの飾り切りは十字ってことになってるみたいだけど俺は「*」派だからそこんとこヨロシク。

十字傷っていうのはな、歴戦の勇者の悲しみの傷なんだよ。しいたけときには与えられねーわ。

2016-11-28

http://anond.hatelabo.jp/20161128121132

わかる

でもそれやると長くなるよね

はてな界隈では拾ってもらえるけど、2chとかだと長文死ねって言われるw

SIer による SIer 評が聞きたい

はてな界隈SIer の話をするときに登場するのは

ほとんどで、 SIer で働いてる人や、 SIer で働いていたが辞めた人というのはあまりでてこない。下請けとき労働環境が劣悪なのは当然だし、下請けの下級労働者がその業界について語っていてもそこにあまり意味のある情報はない。

結構よくて理想現実についていろいろと触れられていた(が id:ryoasaiSIer 出身なのか、下請け出身なのかは俺はよく知らん、記事の内容的に SIer 側の人だとなんとなく思っている)。

これはわりと直球であろうか。ちなみにこの記事従業員8000 人ぐらいとあるのは 7000 人の勘違いないし誤記でこの方は http://www.slideshare.net/devsumi/201413d2-html5si-31559002 などからわかるように NTT コムウェア出身である

では現に SIer 所属者が SIer について何か言ってる記事があるかというと、あまり見ないと思う。固いところが多く所属を公開しながら話をできないという人は多いのだろう。せっかくの匿名ダイアリーなので SIer の人の SIer の話が聞きたい。それとも、 SIer従業員というような人はそもそもあまりはてなにいないのだろうか。

2016-11-18

http://anond.hatelabo.jp/20161118222458

中卒ってはてな界隈で言うところの”低学歴層”じゃなくない?

中卒はアンタッチャブルでしょ

2016-11-13

「極端な例を持ち出して全体を叩くのはアンフェアメソッドの致命的弱点

党派争いしてる奴らが自分に都合の良いように使い分けするための道具にたやすく利用されてしまうこと。



今回のトランプ関係の例で言えば、

トランプ支持派の暴動が起きると「支持者の極端な例を持ち出して全体を叩くのはアンフェア!」とはいうが、

トランプ派の暴動がおきると「それ見たことか」みたいな反応を示す、又は無視してアンフェアだとか何とかは言わない。



逆も然りで、

トランプ派の暴動が起きると「反対派の極端な例を持ち出して全体を叩くのはアンフェア!」とはいうが、

トランプ支持派の暴動がおきると「それ見たことか」みたいな反応を示す、又は無視してアンフェアだとか何とかは言わない。



はてな界隈妖怪どっちもどっちが嫌われるのはこういうことするから

所詮人間党派に分かれる生き物。

無理して自称中立などとコウモリみたいなこと言ってるくらいなら、

俺はウヨクだ、私はサヨクだと開き直った方がまだ健全なのではないだろうか。

2016-11-10

はてな界隈の狭さもすごい

はしごさんと斎藤さんの話とか

あれ、ジャンル違い(だと思ってた)な有名キャラたちがいきなりそんな話になっちゃうの?と思ってしまった

と言っても実は同ジャンルだったのかもしれない

そんな村づきあいのごくごく浅い村民A

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん