「アイデア」を含む日記 RSS

はてなキーワード: アイデアとは

2016-07-25

http://anond.hatelabo.jp/20160725111629

考え方として、嫁さんを男性化させて、欲情対象から外れるようにするというアイデアもある。

2016-07-22

良いエンジニアの条件ってさ・・・

以下の記事を読んでの考察

https://nanapi.com/ja/122917



上記内の記事でもそうだし、

散々いろんな優秀な方々が言ってることだから

良いエンジニアになるのに一番大事なことって


技術が単純に好きなこと」


なのだろう。。。多分。



そこでふと思ったんだけど

この技術が「好き」という想いには

レベル存在しているのではなかろうか。


自分はまだ駆け出しのPGだが、

以下は自分想像した

アプリケーションエンジニアの「好き」レベルである




Level1】:

ネット本屋で新しい技術を目にすると、ざっと確認してしまう習慣がある。

ありがちな言動:「ふむふむ(ほむほむ)」



Level2】:

Level1に加え、自宅でWebサーバを公開したり、アプリ作成している。

またこのレベルからデザインUI/UXDBセキュリティインフラ技術など、興味関心が多分野へ渡りコミットし始める。

ありがちな言動:「今日アクセスが10増えたぞい。ぐふっ」



Level3】:

Level2に加え、休日はしっかりと時間を確保し、技術習得や、OSSへのコミットを楽しんでいる。

ありがちな言動:「今日×コミット×コンプ♪」



Level4】:

Level3に加え、技術面白すぎて、いろんなアイデアが一日中頭の中に浮かび、

気づいたら毎日手を動かして何らかの実装をしている。

ありがちな言動:「フォオオオオオオオオー」



Level5】:

Level4に加え、FWライブラリソース読破し、茶々を入れることに喜びを覚える。

また実際にコミットも行えるLevelに到達。

ありがちな言動:「これはアカン。。」



Level6】:

Level5に加え、言語設計にまで手を伸ばし始める。

現在第2のMatzになるため、世間から隠れたところで日々ハッピーエンジニアリングに勤しむ。

ありがちな言動:「俺が最高の言語、作っちゃる!!!





↑これあってる?

2016-07-19

http://anond.hatelabo.jp/20160718081608

ベンチャーから、運良く大企業へ潜り込めて人生ウハウハになった俺が通ります。このままほっとくとこちらの若造人生棒に振りそうなので、俺の見たものを書いといてやるよ。結論からいうと、とにかく行けるいっぱいグレードの高い優良な大企業に入りなさい。ベンチャースタートアップは運悪くあらゆる大企業に入れなかった時の最終手段ということで。もうね、ベンチャー時代と比べると、同じ頑張るなら、絶対大企業で頑張るべきとしかいえないわ。人間ってね、明日の飯に困らない余裕を持ち、かつ、良い物をどれだけ見てきたか、で人生ほぼ決まるので、余裕と良い物が沢山みれる大企業最初から就職するのが日本場合はつくづく鉄板だわー。

教育

大企業

新人教育カリキュラムがかなり整っている。

研修専門の業者も入っていて、1から教えてくれる。

社会人としての基礎知識から業界の専門知識まで身につく。

こちら夢見てるか、勘違いしてる。実際は、「カリキュラムは形だけ用意されている。専門知識も『あとは各自で調べてね!』といった内容にとどまる。実用レベルまで引き上げることができるかは本人の帰宅後のガンバリ次第」かな。ベンチャースタートアップよりは形が整っているように見えるというのが真相かと。結局、大企業であっても、本人の資質と、OJTと、どれだけ良い上司と同僚にめぐまれたかが全て。大企業だって、先輩がクソだったりすると、知識もないのに自分で何でも調べることになり、同僚・先輩は忙しくて教えてくれないとなる。

稼働面

もう成長しきっている。

伸びしろがあまりないので、社内に余裕がある。

悪くいえばダラダラしてしまっている。

残業はある時期はあるが、労働組合などがうるさいので最近は減っている。

一部当たってて、一部はずれている。まず、「もう成長しきっている。」の部分であるがこちらは間違い。大企業は、地球上のどこでもその会社名前が有名になるまでビジネス競争の手を緩めないし、兎にも角にも成長できる方面死ぬ気で探しては攻略しようとしてもがき続けているのが実情。基本的大企業は優秀な人がほうっておいてもやってくる会社なので、社内競争も高いレベルでかつ激しい。なので、本当に成長しきっている分野であれば、そうじゃない部分をすぐに見つけて、成果を出そうと死物狂いでがんばる。そうするとたいてい成長できる部分が見つかるという状況です。「社内に余裕がある。」は、新分野に対しても、つけてくれる予算という意味では余裕があるが、それ以外のリソースベンチャースタートアップ並にカツカツになることが普通。ただ、儲かり始めたとき援護射撃は、ベンチャースタートアップの比ではなく、十分な援助と見返りが得られる。また、当たり前なんだけど、ベンチャースタートアップで腕を磨いた奇跡のような猛者も大企業社員として居る事が多いので、大変勉強になりますベンチャースタートアップで同じレベルの人に出会える確率は実はとても低いです。

給与

大企業

初任給レベルだとたいして多くない。

ただ、30超えてから一気に増える。

35歳くらいで一軒家がローンで買える。

増え方が圧倒的で、人生ウハウハになるのは大企業です。ベンチャースタートアップはよほど運が無いと、まあ同等の給料を手にするのは無理だわな。しかも、ベンチャースタートアップは苦労の割に見返りも少なく、法令遵守した労働なんてやったら会社つぶれちゃうので、社員は安月給でとんでもなくこき使われ、奴隷のような日々を送ることになります。まあ、ベンチャースタートアップで美味しいといえる人は、たまたま上手く行った社長だけだわな。他のスタッフ社長の残りカスの儲けを山分けになるので、どうやっても安月給になるわなー。

将来への独立

あー、独立に対して夢見すぎかな。ベンチャースタートアップを初めて10年生き残れる確率わずか1%程度しかないのよ、統計取ると。なので、どこで学んだかなんて誤差でしかありません。むしろ、色々なコネクションを山ほど作れる大企業の方が、万一独立するはめになっても生き延びるための潰しが効くように見えるぜ。また、余裕のないベンチャースタートアップに在籍してビジネスプラン考えるより、余裕のある大企業に居てビジネスプラン考えた方が、よっぽど良いプランが作れると思うよ。また、ベンチャースタートアップの方が地についたビジネス考えられるという事を言う人がいますが、そんなところで得られる経験やらビジネスアイデアなんて、100番煎じされた後のちょっとしかからないような件を、大変ありがたがって手に入れるという、もう笑うしかないような事になるのよ。自分も含めて想像もしなかった程成長できるのは明らかに大企業環境の方だと思うよ。とにかく金持ちになりたかったら金持ちのそばに居るのが一番金持ちになる近道なので、金いっぱい持っている大企業に居ない方がどうかしてる。

福利厚生

交渉次第で色々でてくるのが大企業。なので、ディズニーランドが安いとかぐらしか引き出せなかったのは、その当人能力がその程度だったということ。頑張れば相当いろいろ引き出せるから大企業で頑張ってみて。あ、ベンチャースタートアップ資源なさすぎなので、どう叩いても何もでてこないよ!

2016-07-15

ブコメイラついた

最近いろいろ仕事の進め方に悩んでて、アイデアを求めてネットをさまよってたら興味深い記事を見つけた。いわゆる意識高い部類に入るライフハック記事最近話題になってたEvernoteを使って云々みたいな)やつでさ。なかなか面白かったしよし参考にしてみようと思って、ふと右上のGoogleChoromeはてブ拡張機能アイコン見たら四桁くらいブクマがついてるわけ。興味本位クリックしたけど後悔したよ。もうホントブコメボコボコに貶されてやがんの。「参考にならなさすぎる」というブコメに☆がたくさんついてトップ。正直、気分が悪くなったね。

まあ記事自体2011年くらいのものだし、今となっちゃ昔の話なんだろうけどさ。

はらたつな~。

寄ってたかってボコボコにして何が楽しいんだよ。そりゃあ突っ込みどころは多少あるけどさ。でもその記事自体炎上狙いでもなんでもない真面目な記事だったよ。そのひとなりに毎日迫りくる仕事やらなんやらと戦ってて、やり方は多少複雑なれど記事自体は筋が通ってる。それを「複雑すぎwwww」「頭悪いんじゃないの」「参考にならなさすぎる」だのなんなの。批判するならもっと具体的に批判しろよ。そんな煽りみたいなのやめてくれよ。あの記事読んで「よし三連休明けも仕事頑張ろう」って思った俺がバカみたいじゃんか。畜生。以上です。

どうして分数のわり算は気持ち悪いのか

折にふれてはおもひでぽろぽろ引用して出てくる分数の割り算の話題で思ったこと。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/47340

りんご6個を(1/2)人で割ると12個に増える気味の悪い事態が発端であり、

通例的な説得手段は概ね、

りんごや人という離散量を扱うのを諦める

時間や速度など演算結果が別の単位となる例題を使用する

方程式アイデアを利用して帰納的に結果の正しさを言う

の三択になる。だからといって増えるりんご気持ち悪さは拭えない。

そもそもなぜ掛け算が減っても気にしないのに、

割り算結果が増えると気味が悪いのかといえば、

掛け算が分け前の「要求であるのに対して、割り算が「譲歩」であるからであり、

要求しない」ときと「譲歩しない」とき字面数字差異が出るからではなかろうかと思う。

掛け算は一人前の要求が×1であり、半量なども問題なく要求もできる(×1/2)。

要求しない」とは×0のことであり、ない=0が対応して問題ないと思う。

割り算が譲歩であるのは、りんごの総量が決まっていて

一人が全部とってしまうとけんかになるから

みんなで譲歩して一人前を決めましょうということで妥当かと思う。

割る人数が増えれば譲歩の量が大きくなる。

ところが困ったのは、「譲歩しない」が÷1となることである

ない=1自体理解はさほど困難ではないが(競合相手がいない=自分一人)、

1より小さな数で割るときに「ないより小さいもの」を扱わねばならない。

この「無の先」こそが負数や虚数に似た気味の悪さを醸しており、

誤魔化されている感覚を発生させるのではないかと思う。

机上の空論かもしれないが、分数の割り算は結果が増えない演算からはじめると良いように思う。

(仮分数という小学教育でのみ厄介扱いされる存在を扱う必要があるが)

6個のりんごを、大人(=1人)と大人の半量を食べる子供(=1/2人)の3/2人で割る。

大人が4個、子供が2個という結果は不自然でないし、

その為に6÷(3/2)を6×(2/3)という逆数をとる手順を追うことも受け入れられるかと思う。

手順を覚えたあとに6÷(1/2)=12の異常事態に結局のところ直面するであろうが

ひっくり返して逆数を取ることへの嫌悪感は幾分か減るかと思う。

2016-07-14

断言しよう、チャットボットブームは去るし関連ビジネスも失敗するよ

会社名を明かせないが、業界大手ベンチャーキャピタル所属している。

主な出資先は所謂ドルレイターと呼ばれる「成長、拡大期」のベンチャーである

私自身も一回事業立ち上げ、売却した経験を持つ。



さて、そんな私も最近起業前、もしくは新規事業を立ち上げようとしている方にアドバイスをすることが多い。

そしてその中でもここ1ヶ月は会う人の3割がチャットボット系のサービスアイデアを語るのである

「やめたほうが良い」と毎回アドバイスするのだが、毎回伝える3つの点についてここに記したい。



願わくばこの記事が広まり、浅はかな「対話サービス未来」を考えているベンチャーが断念し、より可能性の高いビジネスに切り替えて欲しい。

そしてこの記事を受けても尚、私の予測を上回り成功するチャットボットサービスが出てきてほしいとも思う。



前置きが長くなったが、以下3点がチャットボットが失敗する理由である



1. ユーザーの利用シーンが無い

一番の理由がこれだ。

ここで注意したいのが、 クライアント ではなく ユーザーである点だ。

よくあるチャットボット簡単ECサイトに導入できますサービスを事例に出してみよう。



彼らはこういった切口で法人クライアントに売り込む。



「今まで大変だった顧客対応チャットボット代替できます。」

チャットボット商品アピールをすることで売上が上がります。」



確かに正論に聞こえるし、無料キャンペーンや優先登録などに興味を示すクライアントは多いだろう。

プレスリリースを出せばクライアントの問い合わせは殺到するだろう。



しかし、その先のユーザーのことを考えているだろうか?

ユーザー商品についてわからないことがあった際に、いきなり得体の知れない自動応答システムに話しかけるだろうか?

そもそも埋込み型の顧客問い合わせサービス(zopimやolarkなど)について、ユーザーの利用率が5%未満に過ぎない事例が多いことを知っているだろうか?



私もこれらの問い合わせサービスに関わったことがあるが、日本人性質としてチャットボットにいきなり話しかけるしかも想定された問答を想定通りの言い回しで)例は少ない。

ユーザーが使わなければクライアントも離れる。



無料期間でクライアント数は増えるだろう。

また、少ない額であれば導入する事例も増えるだろう。



しかし、ユーザーチャットボットを使うシーンは少ないだろうし、結果として売上にもコストダウンにも繋がらないケースがほとんどだろう。


厳しい言い方をすると、話を聞くチャットボット関連サービスは現状、ユーザーのことを考えず提供者側の視点しかない マスターベーショナリサービス」

なのである



2. そもそも自然言語処理の精度はそこまで高くない

自然言語処理簡単説明すると、コンピュータが会話を理解し適切な回答を返す処理」である

この技術は現状、正直言ってそこまで高いレベルに達していない。

言い換えるならばユーザー期待値提供できる技術レベルの均衡が取れていない。それどころかユーザーの求める自然対話レベルにはほど遠く失望させるものなのである



よく非技術者創業者流行ものが大好きなコンサルが「Deep Learningの登場で自然言語処理の精度が高まり自然対話を実現できる」とドヤ顔で語るのだが、これは大きな勘違いだ。

画像認識については、「文脈」などその対象以外の外部要因が発生することは少ない。

その為、その特徴量を見出しやすDeep Learningを使用することで精度をかなり高めることが可能である



しかし、「対象のもの」以外にも文脈や発する人間パーソナリティなど様々な外部要因が発生する対話において、特徴量見出しづらい。

特に日本語主語が省略される、漢字の読み方で大きく意味が異なる、「空気」を重視する等のハイコンテクスト文化であり、自然言語処理は難しい。

その為にDeep Learningが自然言語処理を圧倒的に成長させ、機械であることを感じさせない自然な応答」可能にさせることはほぼ不可能なのである



そんな精度をユーザーが求めていないのでは?と思うのは提供者側のエゴだ。

自然対話自分の想定していない回答が続くようであればユーザーサービスから離れてしまうだろう。



3. 対話である必要性が無い

飲食店などの予約がチャットボットでできる」系サービスも良く聞く。

彼らには必ず「それってチャットボットである必要性ってあるんでしたっけ?」質問するのだが、納得のいく回答を得られたことは無い。


対話のほうがかっこ良い、対話でできたら未来っぽい、アメリカ流行っているから、実際にそんな浅はかな考えで通用するほどビジネスは甘くない。

対話によりニーズを深掘りできる」等もよく聞くが、2で挙げた通りそんなに自然言語処理の精度は高くなく、深掘りする以前に離脱してしまうだろう。



「なぜ対話なのか」

「なぜ対話でなくてはいけないのか」

「なぜ対話サービスが従来型のリストサービスを上回るのか」

これらの質問に自信を持って答えられるだろうか。



それができない限りはビジネスは成立しない。

今すぐチャットボット事業を畳み、↑の質問に答えられる別の何かの可能性を考えたほうが良い。


以上である

チャットボットブームは、クライアントが導入した後に「ユーザーに全く使われない」と気づきその悪評が広まる、あと半年寿命といったところだろう。



そんなチャットボットだが、現状で可能性があるとしたらチャネルの1つ」として使う程度だろう。

LineFacebookメッセンジャー組み込み、「既に展開しているサービス広報役割として活用する」、「メディア記事配信させる」役割であれば優秀なツールとなるだろう。



繰り返しとなるが最後にもう一度。



願わくばこの記事が広まり、浅はかな「対話サービス未来」を断念し、より可能性の高いビジネスに切り替えて欲しい。

そしてこの記事を受けても尚、私の予測を上回り成功するチャットボットサービスが出てきてほしいとも思う。




追記


一部コメントについて返信させていただきます



BtoBでの事例

そんなステマ記事をよく反例として書けますね...

導入事例のステマ記事メディアクライアントと内容は詰めている)はこの半年で沢山出てくると思いますが、実際の導入でコストが下がった、売上に繋がったという話は決して多く出ないだろう(むしろネガティブな話ばかりだろう)と私は予測します。



>「二次元アイドルとの会話」みたいな路線なら弾けるとこあると思うよ

これは私もそう思います。ただそのサービスだけでのマネタイズは難しく、記載した通り「チャネルの1つ」としての活用だと思います




>いま成功している企業に対して、過去の時点で成長すると断言できたのかな?

私の担当案件は同僚と比べてROIが高いほうだと自負していますが、それでも100%ではありません。

当然予期できていないものもありますが、ここで挙げた3つの課題クリアできない、もしくは突破できる切口が見つからない限り難しいだろうと考えています

また同時にそのようなサービスが生まれて欲しいという期待もしています



本名で書けばいいのに、VCなら。

君なら知っていると思いますが、VCといってもサラリーマンです。

君みたいなネットタレントでも私は承認欲求が強いわけでもないので、実名で注目されることでのメリットが無いのです。



>概ね合っているとは思うがこの人自然言語処理理解してなさそうだ

私のもともとのバックグラウンドエンジニアで、セキュリティソフト迷惑メールフィルタリングシステムを開発していました。

自然言語処理業務で取り扱ってきましたが、どういった点が自然言語処理理解が足りなそうか教えていただけますか?

まり冗長にならないように書いたのですが、不足している箇所があれば修正したいのでご教示いただければ幸いです。



>1.多くのユーザーは凸る前にカタログやQ&A等を見るでしょ普通ボットはその中間でしょ。2.検索性の悪いQ&Aよりはマシな可能性は? 3.何故に二者択一よ。

カタログやQ&A等を見るでしょ」

これがなぜ対話になるのですか?なぜチャットである必要があるのですか?いきなり不明点を話しかけると思いますか?



検索性の悪いQ&Aよりはマシな可能性は?」

検索性の悪いQ&Aよりはマシレベルのものビジネスとして成立すると思いますか?

チャットボットはゆらぎも含めた大量のインプットデータ必要です。

そのメンテナンス費用考慮すると検索性の悪いQ&Aを直せと言いたいですね。



「3.何故に二者択一よ」

対話システムとしてビジネスをするのであらば、対話である必要があるのか、なぜ対話なのかといった観点必要になると思いますいかがでしょうか?



なかなかご理解していただけないようなので、この質問をさせていただきます

あなたユーザーとしてチャットボット質問しますか?まだ使ったこと無い場合質問ができそうでしょうか?」




>まずもって中身のサービスが素晴らしく、それをチャットUI(また、それが載っているプラットフォーム)をもってレバレッジかけるような感じ

私もこれは完全に同意です。

既存製品の新たなチャネルとして、そのUIがフィットするのであれば良いかなと思っています

ただ、チャットボットですという売り方では難しいと考えています

(実際チャットボットでこれから生きていくみたいなビジネス相談が多いのです。)



>ナゼに増田にとは思うが、社員ならしゃーないとも。

理解いただきありがとうございます立場上、実名発言が難しいのですが、この「チャットボットで俺は生きていく」層が多くそれに警鐘を鳴らしたい、鳴らさなければいけないと感じ増田に書きました。




LOHACOチャットボット人件費削減に成功

ネットメディアの導入事例系はマーケティング的な要素が強く、またあの記事人件費削減の根拠曖昧です。

サービス広報としては優秀だったと思いますが。




ユーザー側が求めてるサービスの質次第なんじゃないかな。未成熟技術分野だからこそ、提供者側が工夫すれば良いだけ。

工夫というのは同意です。

ただ現状、完全自由対話インタフェースを用意すると、ユーザー期待値サービスが超えることは無いと考えています

ある程度選択肢を絞らせる、スタンプを使うなど「工夫」がなければ難しいでしょう。

またその工夫でもこのインタフェースだけでビジネスとして成り立つかというと...我々は慎重に考えています



複数人が入っている部屋での稼動があると思うんだ。

アイデア面白いと思います

趣味Slack上で司会進行的に喋るBotを仲間内で開発しましたが、これは非常に面白かったです。

ただ、やはりビジネスとなり例えば1,000社が有料で導入するレベルのものかというと...



成功しそうなの教えて

そうですね、ポジティブな話もしないとですね。

個人的にはBIツール可能性がまだまだあると考えています

からあるものですが、どうもインタフェース特殊で事例が中小企業規模まで降りてこない。

Google Analyticsの焼き直しや、他の埋込み型トラッキングサービスも伸びています

コンシューマ向けだと、所謂CtoCにはまだ可能性があると思っています

炎上しましたが、個人の写真売買など「今までプロ提供してたけど素人でも提供できる、かつ流通量が多いもの」に可能性はあると思います




更に追記

うご覧になる方はほとんどいないと思いますが、最後の追記です。


予想以上の反響をいただいて驚いています

活用方法や実際の導入の声など、参考になるコメントもたくさんいただけて私自身も勉強になりました。

はてなの方から他のシリーズもやってくれとコメントを頂いたので、IoTやVRなど他のトレンドについての課題も今後「増田で」挙げていこうと思います



これらの意見をいただいても尚、ビジネス化をしていくには難しいだろうと私は考えています

それほど、私が挙げた3つの課題クリアしかビジネスとして回していくことは難しいからです。

そして、同時に未来はどうなるかわからんぞ」といった意見には賛同します。

Webアプリも「こんなもの流行るわけがない」という世論があった中で、ここまでの発展を遂げています



「若くチャレンジしようとする芽を潰すな」という意見もありましたが、そもそもこの意見を聞いて諦めるような起業家ではその先にある苦難に立ち向かえないでしょう。

もともと「チャットボットが新たなインタフェースになるんだ」と確信し強い気持ちを持っている起業家は、こんな意見を聞いても全く諦めようとはしません。


私も実際、起業前の方に「止めておいたほうが良い」と伝えたことは何回もありましたが、それでも彼らは起業サービスローンチしています

私自身もそうでした。みんなに反対される中、当時全く広まっていなかった人工知能系のベンチャーを立ち上げました。



勝手ながら彼らの信念がいつの日か実り、少しでも世の中に良い影響を与えられる存在になってほしいと思っています

VC的にはIPOか売却というゴールを期待してしまます(笑)



私が本当に警鐘を鳴らしたかったのは、どちらかというと「チャットボットが万能だ」、「チャットボットで何でもできるようになる」と伝えるメディアコンサルの方です。

口々にチャットボットだと言って誰にも使われないサービススタートアップを量産しようとしている話を聞くと心が痛みます

過度な期待をしたくなるのはわかりますが、私が挙げた3つの課題はどうしても避けては通れません。

起業家の方々が「周囲の過度な期待」に流されず、これらの課題から目を逸らさず、新しいインタフェース開拓してくださることを期待しています

上から目線のようですみません。ただ立場抜きにして1ユーザーサービス享受する1人の人間としても期待しています



最後

過激表現などを使ってしま申し訳ありませんでした。

多くの方にご覧いただきたいということもあり、こういった表現使用してしまいました。

特にけんすう氏にも良くない表現を使ってしまいました。申し訳ありませんでした。

ここにお詫びいたします。

2016-07-12

http://anond.hatelabo.jp/20160710231517

残念ながら、増田想像するような「戦争」……二国が「我こそ正義」を旗印に敵意を煽り合い、兵器と人命をどかどか消費してお互いの生産の根源である国土を蕩尽する「戦争」なんて、もう無い。

アメリカみたいに、他国内戦への介入によってエネルギー等への権益を維持するために、貧困層をかり出して行う果てしない消耗

その結果、宗教対立人種差別地域間格差経済格差を煽って生み出されるテロ連鎖とその対応

多国籍企業の間で通信経済等において行われる競争サポートするために行われる国家間技術開発競争経済競争

……

「国」という枠組みを超えて、調和協調を基盤とした成長戦略を描ければ、上記のものも含めて「戦争」は必要ない。

それは実際有効アイデアだ。だが、実際にやってみると様々な問題点が生じる。

数百年にわたって殺し合いを続けてきたヨーロッパ内部で、70年近く大きな戦争を避けられているのは、このアイデアのおかげだし、

からといってそれが理想的で何の問題もないとはならないことを、イギリスEU離脱が示した。だが、それが「戦争」というアイデアに逆戻りすることを意味しないことも自明だ。



まあ、なんだ。

「昔はよかった」って爺さんは、いつの時代も必ずいるんだよ。人間ボケるからな。昔の都合悪かったことって全部忘れるしな。

増田の言うのは、それと同じな。

人類オタク)の夢をVRでかなえる!

VR+風俗嬢=VR風俗アニメキャラSEXしたいという夢を現実にするために

人類の「アニメキャラSEXしたい」という欲求は、これまで様々な方法で発露されてきた。一番原始的方法は、マンガエロ同人誌)を描くというものだった。マンガは高度な道具を必要としないため、敷居が低く裾野が広いという特徴があるが全く没入感がないという欠点がある。マンガの発展形として、高性能PCの普及によって3Dアニメが発展した。その中でも、3DCGアニメ調に見せる技術アニメキャラ再現に果たした役割は大きく、それまで全く別物と思われていた3DCGアニメ絵が融合することが可能になったが、画面の中で完結するという本質的問題解決するには至らなかった。

アニメキャラとのSEX視覚ではなく聴覚で捉えようとした分野が音声作品である。とくに、催眠音声は人間無意識に働きかけ五感すべてに完璧に没入させることが可能と思われていたので一過性ブーム引き起こしたが、結果としては催眠術よく訓練された猛者だけが「最悪(社会的に)死ぬ」ことを覚悟したうえで享受できる秘術とされ、誰もが気軽に体験できるものではなかった。音声を使った臨場感あふれる手法として、バイノーラル音声が登場したが耳かきと耳舐め以外の行為では、バイノーラルの強みである臨場感を活かすことができずエロボイスドラマを超えてリアリティを感じることはできなかった。

アニメ現実にしようとするこれらの試みの他にも、現実アニメに近づけようとする試みが有る。最も単純なアイデアであるアニコスアニメコスプレ)と呼ばれるAVジャンルがその典型である。初期のもの女優衣装を着せただけの簡単ものだったが、「コスプレイヤー(コミケでケツ出すお姉さん)」という概念の浸透に伴ってウィッグメイク技術衣装ディティール・小物などアニメキャラになりきってSEXするという技術進歩が見られた。しかし、コスプレはどんなに「リアリティ」を追求しても、(特に顔の造形が)アニメキャラにならず「コスプレイヤー」にしかならないという大きな欠点もつ。この欠点に注目して改良を試みたのが「着ぐるみ」というジャンルであるが、顔だけプラスティックで不気味であることや大きさが不釣り合いになってしまアニメキャラを実現するには至らなかった。顔だけでなく全身が「人工の人間」というアイデア等身大ラブドールダッチワイフ)に見ることができるものの、ダイナミックな動きというSEX本質が欠けているために一部の愛好者(マグロ好、死姦マニア人形愛)以外には受け入れられなかった。



これまでの2つのながれ(アニメキャラ現実現実アニメキャラ)を統一する可能性を秘めているのが、VRである。VRはこれまで問題だった没入感をユーザ与えることができるが、「映像を見る」ことが目的であったために、SEX相手となる対象実在しなかった。これまでVRを用いたアニメキャラとのSEX方法として知られているものは、VR+オナホ(手動or電動)、VR+ラブドール(手動)という原始的方法が主流のようだ。ネット上では五感PC接続してSEX」待望論もあるが、すぐに実現できそうにない。ユーザアニメキャラを感じる「五感」のうち、視覚聴覚を除く三つ(臭覚・触覚・味覚)は「未定義人間のそれならなんでもよい)」であることを仮定すると、実際の人間にVRでアニメキャラを「投影」してSEXすれば既存技術を用いて低コストアニメキャラSEXが実現できそうだといえる。




一言で言うと:風俗嬢を前にして、ユーザはVRヘッドセットかぶり風俗嬢の動きに連動したVR内のアニメキャラセックスする。


想定される技術

ARマーカを風俗嬢の関節等につけて、それをユーザの頭につけたWebカメラで読み取る。欠点は指の動きなど細部とユーザの影になっている部分のマーカがよみとれないこと。

風俗嬢及びユーザ俯瞰できる位置3dセンサを設置して、両者の位置を割り出す。欠点は2名が重なった時の認識不安定になること。利点は「くぱあ」が認識できること。




この技術風俗オプションとして提供されるだろう。そうすれば、VR機材以外の全ては揃っているので小さな投資人類の夢を叶えることができる。






明日早いのでここまで。

童貞&非童貞諸兄の忌憚のないご意見を期待します。










(これで科研費とれね〜かな〜)

2016-07-10

http://anond.hatelabo.jp/20160710232919

文化バイアス掛かり過ぎでなんにも役に立たんクソリストよく持ってくる気になったな。その凡庸アイデア無駄な行動力に脱帽する。

2016-07-09

今日すげぇ冴えてる!って夜

寝るのもったいない

もうちょっとすれば絶対いいアイデア出てくる!!って夜。



絶対出てこないから早く寝な。

2016-07-08

today's good thing

今日の良かったこと

距離自転車通勤できた。しかパンクしなかった。リムテープを高級なタイプに入れ替えてから、一度もパンクしてないわ。

やっぱり自転車タイヤが頻回にパンクするのは、英式バルブとへちゃいリムテープが原因か。

ハンバーグについてのアイデアを思いついた。ハンバーグって肉を大凡100グラム使うけど

それを思うとマクドナルドハンバーガー100円ってのは廉価だなぁ。

USBケーブルってよく半端が出るけど、使い道がなかった。なぜなら細すぎるからあほみたいに

細い。2本ずつ束ねれば

ちっとは、太くできるのでわ?

そんなことを思いついた。

あと、昨日テンソルフローっていうオープンソース活用して手書き数字認識してる

サイト見つけた。これは、すごい。手書きの帳票とか読み取れるじゃん?!

http://anond.hatelabo.jp/20160707220135

男の性欲を抑制するんなら穏便なアイデアだと思うけど?

子種を残す手段を残してやってるんだからさ。

それとも、小学校に入る年に男性器潰してやればいいのかな?

2016-07-07

大学に行かない奴ってなんなんだろうな?

先ず愚痴です。

当方二十五才大卒。従兄弟に同年代高卒がいるんだが事あるごとに突っ掛かって来て鬱陶しい。

やれ、高卒でも経済的成功している奴がいるだの、大学出ていても仕事が出来ない奴がいるだの。今の時代レールに乗っても駄目だの。

知ったことじゃねーーーーーーーよ!!!!!!!!!

下流社会と言う本にヤンキー社会に反発している振りをして極々僅かな成功者を引き合いに出して慰めを言うと書いてあったがそれか?

お前の今の状況と関係あるか?ただのブルーカラーで?将来は自営業になってハイハイハイハイ

田舎はこの手のコンプレックスに溢れていて息苦しい。

徹底して論破するのを助けて欲しい。

※論証ブロック詭弁のガイドラインを作りたいかアイデア募集するよ!!!

よくありがちなコンプレックスに起因する錯誤と反論があったらトラバして欲しい。

例1、大卒にも仕事の出来ない人間はいるが大卒の方が仕事の出来る人間が多く一定以上はほぼ必ず大卒

例2、個人単位で見たら大学に行く事が望ましい。

例3、そもそもお前個人は平均的な大卒より仕事が出来るわけではない。

例4、高卒の方が活力とコミュ力がある(笑)大卒の方が察しと頭の回転が良い。

http://anond.hatelabo.jp/20160707115112

繋がるんじゃねえ。繋げるんだよ。

「全ての道はローマに通ず」だ。どんな場所や物や人も、全て何かと繋がっている。

その繋がりをたどっていけば、関係性の無いようなものの間にも繋がりを見つけることは出来るんだよ。

「繋がらないから間違い」ではなく、「努力が足りないから繋がりを見つけられない」のだ。

アイデアの作り方、って本にも書いてあっただろ。繋がりを見出すことがアイデアなのだと。

増田はまず右手と股間との繋がりを解除して、増田と繋がってくれる別の人の股間を探す作業から始めな。

today's good thing

今日あったいいこと

朝長距離自転車通勤できた。

あるソフト階段○○できた。←これは助かった。

昨日角材を使ったアイデアが浮かんだ!でももしかしたら角材は不要かも。

ちゃんと昨晩のうちに水出しコーヒーの準備ができた

2016-07-05

例のまとめ

こっちにまとめてやるから本家ブクマするなw

大事に育てようぜ。ウォッチはここで。

どう育てるかはこっちにトラバブクマアイデアを出してくれ。

 

タイトル日本未来は暗いと思います

私は会社定年退職して暇をしておりました。

そんな私に孫が、ここでなら好きに書いて良いよと教えてくれたので、初めて書かせて頂きます

ユーチューブという場所で非常に残念なものを見つけました。

https://www.youtube.com/watch?v=yVRDUhROZCE

ここで新型うつ病についてのエヌエイチケーの特集がやっていました。

ここでの討論を見て非常に悲しい気持ちになりました。

私はうつ病は、やはり甘えだと感じてしまうのです。

でもこの新型うつとはなんですか?

若者がこんな事では日本未来は暗いと断言せざるを得ません。

そんな中ganba sinsai氏は今の府抜けた人が多いなか、なかなか見込みがあるなと思っておりました。

でもこのまきおという男はどうでしょうか?

簡単職場うつなどを認めてはいけないというしごく真っ当な意見に、変な理屈を色々つけて言葉巧みにganba sinsai氏を言いくるめてしまったではないですか。

心ある人にご意見を頂きたいのですが、私はこのganba sinsai氏の意見には心から共感します。

今の日本には心を鍛える、という当たり前のことができていない人が多すぎるように思うのです。

私は孫にユーチューブにはまだ書き込んではいけないと言われていますので、どなた様か、どうかこのまきおという屁理屈だけは上手い男を改心させて下さい。

私に日本未来が明るいという事をどうか見せてください。

 

タイトル:失礼なことを言うな!

年長者に対してその言い方はなんですか!

名前を名乗らなくても良いと孫に言われましたが、頭に来ました。

私も孫に相談してから名前と住所を書くのであなたも正々堂々と名乗って下さい!

 

タイトル:そんな事はない!

どうしても名乗りたくなったらハンドルネームをまず使えと教えてもらいました。

私はしげたかと申します。次から指名して下さい。

あなたハンドルネームで良いので教えて下さい。孫が帰ってきてから本名をお互い名乗って正々堂々と討論しましょう!

どうもここは使い方を一通り教えてもらったのですが、なにかゴチャゴチャしていて難しい。

今の人ならもっと使いやすものを作れるはずですので期待しています

さて、日本供給が多いとの事ですが、そんな事はない!と申し上げます

少しはニュースを見て下さい。人手不足なんです。若者がそんな事ではダメだ!

ちょっと病院に胃の検査に行くので返信はまた後でします。

 

タイトル:私の主張はこの男を改心させて欲しいという事です

しげたかです。私の苗字増田ではないので変な決めつけは止めて下さい。

胃の検査明日でした。歳を取るとどうも駄目ですね。昔は日付を間違えるなんて事はなかった。みなさんも気を付けて下さい。

私が言いたいのはこのまきおという男に改心して欲しいの1点のみです。

ganba sinsai氏はこれだけしっかりした考え方の人なのに、この失礼な男に馬鹿にされていて不憫でなりません。

先ほど自民党事務所から電話がかかってきました。

お恥ずかしながら私などが先生などと言われて、少し助言をしに行ってきます

孫には住所を言いたくなったら杉並区だと言えときつく厳命されていたのですが、私は蒲田に住んでいます

なぜ杉並区なんでしょうかね。私の昔の職場に近かったからでしょうか。

家は駅から近いので、この男を言い負かせた方は自宅に招待しますよ。焼肉でもごちそうしますので、よろしくお願いします。

私は政治家とも話ができるので、意見を伝えてあげる事もできます

日本未来が明るい事を見せて下さい。

夕方には帰りますので、期待しています

2016-07-01

http://anond.hatelabo.jp/20160701114951

他人の金で自分アイデアを実現できる」って考え方もあるんだから、そんなに怒るなよ。

2016-06-28

坂本ですが?

となりの関くん

聖☆おにいさん

みたいな作品をひとことで表すことばってないかな?

基本的にワンアイデアで連載されるとキツイやつ。

2016-06-27

世界日本に近づいている?

貿易関連の仕事をしている。

英語中国語もでき、客先もそれらの国なので常にそういった国の

価値観に接し続けて、日本グローバル化を望み続けていた。


でも、最近考えを改め始めている。


もちろんトランプ旋風とイギリス選挙きっかけだ。

グローバル化する事で出てきた多くの問題を、理想カバーし続けるも

もはや流入する移民対応しきれなくなっている国が増えている。

香港シンガポールなどの国も同じ傾向が続くとしたら、どこで

均衡するかを政府は決定できるのだろうか。


ある程度の保護を伴う社会民主主義的な政策が、中国を含めてもほぼ世界的に

デフォルトになりつつある現状、経済動向に依る人口比の急激な変動は

政策にも大きく影響を及ぼす。

そのリスクを考えるなら、今の日本のように移民外国企業の流入障壁

維持する方がむしろ長期的な成長政策も維持しやすい。そもそも貧困層であれ、

富裕層であれ移民メリットによって移動するリスクを取れる人々だ。

イギリストルコ化したら、誰がイギリスに魅力を感じるのだろう。


参入障壁は国=そのエリア個性も維持し、観光産業地政学的なメリット

維持しやすくなる。魅力をいつまでも保ち続けやすくなるのだ。

アイデア世界を移動するが、土地の魅力はそこに居続ける。そうなる方が

グローバルという言葉の魅力はむしろより強まるのではないか


まり世界はより現在日本のようになっていく。


こんな風に今日ふと思ったんだが、どうだろう。

2016-06-22

回文増田メモ目出す間のん烏賊回文

回文良いアイデア浮かんだらと思って

無料メモ帳にたまに断片的にメモしてることがあるの、

で、忘れた頃にそのメモ帳を開いたりすると、

意味不明すぎることが書いてあって、

なにこれ?と最初理解できないんだけど、

3秒くらい経つと

そっか、回文メモかと思い出しホッとします。

おはようございます

そんなおっちょこちょいエピソードも加えながら

今日てへぺろエピソードを惜しげもなく載せるわ。

目指せ回文マスター

ファンタスティック!!!

って違う違う目指すは宇宙海賊

そんな馬鹿!!!

それーっ!だだだだだだだ!

ここ!バハマ!!!

訳わかんねえだろ!

てへ!

イジリー岡田さんばりの高速てへぺろわ!

目指すは増田プロだったわ!

うふふ。




今日朝ご飯リッチスクランブルエッグ

ご機嫌な熱々の焼きたてトースト

バターが良く溶けて美味しいわ。

こうでなくっちゃ!

デトックスウォーター

出来合い青汁を薄めた

青汁ウォーラー、もう訳わかんないわ!




すいすいすいようび!

今日も頑張りましょう!

2016-06-21

音楽家はもうちょっと大人になるべき

http://b.hatena.ne.jp/entry/togetter.com/li/989697

このネタ、定期的にやってくるね。見るたびにほんとクソだなって思う、こういうこと平気で言うアーティストって。

結局、世の中の事象を表面的にしか捉えられない極めて残念な頭脳の持ち主だってのが露見するからこういうのはできるだけ見たくない。

CCCDレーベルゲートCD(以下CCCD統一)は、別に必要が無いのに突然作られたわけじゃない。ビジネスとしてそれが必要だと判断されたから作られた。それが成功か失敗かに関わらず、産業を護るための1つの手法として作られた。

当時、音楽世界を猛烈な勢いで襲ってきたのは、「印刷技術陳腐化」と、「それに伴う経済圏破壊」だ。

音楽が、中世パトロン音楽家が養われていた時代から先に進めたのは「印刷」の技術のおかげだ。楽譜印刷し、アナログレコード印刷し、そしてCD印刷することで音楽お金に変えることに成功した。1つのマスターを大量に印刷し複製すること、その「印刷」が特別技術であったからこそ、そこに金銭的な価値が生まれ音楽を金に変えることに成功した。

マネタイズが上手くいった場合恩恵などいまさら語ることではないと思うが、その金がさらなる設備投資を生み、最高峰音楽スタジオを作っただけでなく、作品多様性文化としての多様性をも生んだ。1作品の売上で1度失敗したらすべてが終わる世界ではなく、大衆に広く伝わる音楽から、極めてマニアックでありながらしかし深く深く誰かの胸に突き刺さるような、採算を考えたら許されるはずのない作品さえも許容できる余裕が生まれた。80年代90年代音楽を見ればそれは一目瞭然であり、多様性こそが文化としての豊かさだというのは誰の目にも明らかだ。それもこれも、マネタイズが上手くいっていたか可能になったことだ。

この辺の「ありがたみ」を、元記事音楽家などはきっと理解していないんだろうと思う。もっとも恵まれ時代活動し、勝手に思うがままにできていた世代特有傲慢さ。プラットフォームを築き上げることがどれだけ大変で、それを維持することがどれだけ重要なことか、まったく理解していないんだろう。いい歳こいてるくせに。

それらの恵まれた状況をもっとも大きく変えたのは、「家庭用パソコンCD-ROMドライブが搭載されるようになった」ことに他ならない。その時点で「印刷」の専売特許が失われ、「印刷」が家庭レベルに落ちた。誰でも印刷ができるようになってしまった。ここでいう印刷とは、CD-Rに焼く行為のみならず、HDDデータを取り込む、そのデータコピーする、これらすべてがつまるところ「印刷」だ。誰でも自由印刷ができるようになった時点で、そこに金銭的な価値を維持できるような専売性は無くなった。

それをいち早く察知したのは、アップルグーグルだ。彼らはしきりに「おまえの持っているCDパソコンに取り込め」とけしかけた。とにかく入れろ入れろとしきりに促した。同時に「その取り込んだデータをどうするかはおまえ次第だから知らないけどな」と、極めて狡猾な態度をとり続けた。スティーブジョブズが本当に音楽家を救いたかったのだとしたら、やるべきことは人々にCDパソコンに入れさせコピーさせることでは無いことは彼も気付いていたはずだ。気付いていながら彼は巧みにポジショントークを繰り返し、自社製品を売り、むしろ自社製品音楽を救うとまで言ってのけた。そして、それに音楽家たちはまんまと騙された。

音楽パソコンにさえ入れさせれば、後はユーザー勝手コピーするなり、ネットにアップするなり、金も法も関係なく勝手にやり始めることを彼らは知っていて、それを積極的に促した。

なぜ彼らはそれができたかといったら、それは「彼らは音楽投資をしていなかったから」に他ならない。制作費やスタジオ設備に一銭も出していないからだ。音楽CDプラットフォームを作ると同時に音楽制作も始めたソニーには、ビジネスを通じて音楽文化を育てる気概があった。対してアップル音楽制作には一切触れようとしない。彼らは単に、はちゃめちゃコピーマシンと、投資はせずに回収だけするプラットフォームを作り上げただけだ。

そうやって彼らが「パソコンにじゃんじゃんCDを入れちゃって~」とやり始めた時、当然、それに抗わなくてはならなかったことを想像もできないようなら、もう一度中学生からやり直した方がいい。

コピーコントロールCDという名前が表すように、コピーコントロール、つまり印刷」をコントロールする必要があった。そうしないと、音楽を育むための全ての経済圏破壊されてしまうからだ。指を咥えて待っているわけにはいかない。対策を講じなければならない。

明らかに不利な立場だった。何もしないと責め立てられ、やろうとすると「考えが古い」と叱責される。アップルグーグルが上手かったのは、いかにも「先進的で素晴らしいパラダイスを目指している」ようなイメージアーティストたちへも擦りこむことに成功していたことだ。その先に実際には何もなくても、イメージさせてしまえば勝ちだ。あの頃のみんなに「10年後、音楽アイドル大人ホストサーカスしか残ってないよ」と教えたらどんな顔をするだろうか。

実際にはCCCD技術はあまり褒められるようなものではなかったし、それは作った側も認めている。技術アイデアが足りなかったのだとは思う。しかし同時に、何もしないわけにはいかなかったこともちょっと理解してやったらどうだ。いい大人なんだから

当時、全てのレーベルCCCDを出していたわけではない。人を「犬」呼ばわりするほどCCCDが嫌なのだったら、違うレーベルからリリースすればよかったではないか契約などのせいでリリースせざるを得なかったのだったら、裁判でもやって争えばよかったではないか制作費をしこたま出して貰って、ワガママもできるだけ聞いてもらいながら制作をしていた人間が、気分でボロクソに言うのって本当に程度が低いと思う。

CCCD正式にはコンパクトディスクでは無い。redbookのCD-DA規格に準拠していないからだ。つまり厳密なことを言えば、CCCD対応していないCDプレーヤーCCCDをぶち込むのは、CDドライブにフロップーディスクをぶち込むのと大して変わらない。

ここで「だからプレーヤーが壊れたのは自己責任」などとは言いたくないし、その辺りは確かにソニーエイベックスのやり方や啓蒙の仕方、技術には問題があった。 だが、何かしらの対策をしないといけないのは明白で、それに対して失敗したからといって上から目線でボロクソに言うのはまったく関心しない。

実際、あれからCCCDは多くの非難を浴びた。ほぼ同時期に、アップルiTunesにまったくもってクソみたいに使いにくいDRMを自ら導入し「ほら、使い辛いでしょ?」とお決まりポジションで言ってのける演出をし、そして業界全体が「コピー禁止DRMはやってはいけない」という風潮になり、まんまとIT屋の餌食になった。 すぐ近所でゲーム映画DVDは「私的複製許可するけど、鍵は外したら怒るよ」というクレバーなやり方を開発し、一定の効果を上げコントロールできているというのに、音楽だけは「複製は許さなくてはならない」という空気に飲み込まれた。そんな馬鹿な話はない。それもこれもアップルグーグルの熱心な啓蒙のおかげだ。

そしてレーベルアーティスト制作費が出せなくなった。 自宅で制作したような貧乏臭い音のショボイ作品しか作れず、過去遺産にしがみつくしかなくなった。若いアーティストたちはどんなに才能があろうと、お金を掛けた制作をさせてもらえずバイトをやめることができなくなった。毎晩、叙々苑弁当を食わせてもらってた上の世代がこぞって「音楽をタダで聞かせればファンが増えてもっとカネになる!」とかいうアホみたいなIT屋の理論鵜呑みにし業界をその方向へ誘ったがために、明らかに業界は縮小し、文化は萎縮し、これから先の若い才能は音楽などやらなくなってしまった。

おまえが良識のある音楽家たちを「犬」呼ばわりするなら、おまえはあいつらのポジショントークセールストークを無邪気に信じこんでお花畑を目指してたIT「犬」だろうが。    mn3

2016-06-19

増田なら息子になんて名前つける?

ヨッピー自分の息子に名前をつけることでいろいろ解決すると言っていたので考えてる

今んとこ「妖怪皮被り」になりそうだけどもっとキュートなのがいい

アイデア求む

2016-06-18

http://anond.hatelabo.jp/20160618133452

動機が不純であれ、そこから技術が発展すればいいじゃない。戦争技術が猛烈に進化するのと同じで。生存とか生殖とか本能に直結するものの方が、開発する側だってモチベーションを維持できるし、アイデア必死にひねり出す。過程において、最初から最後まで高潔だったものってあるの?