「先進国」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 先進国とは

2016-12-07

http://anond.hatelabo.jp/20161207144641

この元増田もどうせ非童貞だろ?性経験が無いやつは安全などという考えは、先進国(非童貞)が後進国童貞)をナチュラルに下に見て都合の良いように使役しているのと同義。いわば搾取童貞だって女にアプローチする権利ぐらいある。自分たちだけ好き勝手セックスしておいて、なぜ童貞にそれを許さない?我々は都合のいい家畜ではない。

2016-12-06

問題人口動態だよ、馬鹿者?

http://d.hatena.ne.jp/himaginary/20161024/Its_the_demography_stupid



このエントリーにあるように人口動態は自然利子率に影響を与える。人口動態で自然利子率が下がってしまと金政策効果に制約が掛かるのでこれは大きな問題である



日本デフレはその結果であり、藻谷浩介勝利・・・ということなのだろうか?どこの国においても人口動態は自然利子率に影響を与えるにしても、先進国の中でも特に人口動態の問題が深刻な日本では自然利子率への影響が巨大だったのだろうか。



日本では1990年2000年デフレに嵌まり込み、そこからの脱却に苦労している。このような状況は日本だけである自然利子率が大きく下がったのもこの時期だと考えられている*1。では、この間の日本人口動態は他に類を見ないほどの大きな影響を自然利子率に与えたのだろうか。





そこで、実際のデータを見てみよう。



まず元のエントリーの2.依存人口比率である生産年齢以外の人口生産年齢人口で割った依存率は1990年に43.5%だったのが2000年に46.9%と上がっている*2。65歳以上の人口生産年齢人口で割った場合1990年17.3%から2000年の25.5%までもっと顕著に上がっている。依存人口比率が高くなると経済の貯蓄率が下がり、自然利子率は上昇することになる。



次に3.平均寿命を見ると年々安定的に上がっている。このことは長い老後に備えての貯蓄が増えるので、経済の貯蓄率が上がり、自然利子率は下落することになる。



この2.依存人口比率と3.平均寿命効果はどちらも貯蓄を通じたものである。そこで家計貯蓄率のデータを見ると1990年から2000年にかけて日本では下がっている*3。家計貯蓄率が低下した人口以外の理由もあるだろうがその下落が大きいことからすると、2.と3.の効果を合わせたものでは自然利子率は上昇している可能性が高い。



まり人口動態が自然利子率を下げてしまったという場合、1.労働供給の伸び率の効果がとても大きく2.と3.を合わせたもの以上になっている必要がある。



では生産年齢人口はどうであったか1990年86,140千人、2000年86,380千人である*2。増えている。つまり生産年齢人口の変化は自然利子率にプラスに働いていた。



よって1.2.3.トータルで人口動態は自然利子率にプラスに働いていた、マル、終了。藻谷浩介残念!











・・・とは、もちろんならない。



確かに人口動態は1990-2000年にかけて自然利子率にプラスに働いていた可能性は高いものの、それ以前の人口動態がもっと大きなプラスに働いていれば、その大きなプラス効果が剥げ落ちてしまった分だけ自然利子率は低下する。



では何を見れば良いのか?それは、1.については1990年から2000年にかけて15-64歳人口が増えたか減ったかではなく、15-64歳人口の増加率が高まったか低くなったかである人口が何%変化したかではなく人口増加率が何%ポイント変化したかである



たとえば生産年齢人口が年10%で増えていたのが年3%にまで増え方が下がった人口増加社会ではそれが理由自然利子率は下がるが、年1%での生産年齢人口減少が続く人口減少社会ではそれだけなら自然利子率は下がらないのである



では人口増加率のデータを見てみよう。



1980-1990年の間の15-64歳人口の平均増加率は年0.88%であったのが1990-2000年にはこれが年0.06%となっている*4。増加率は0.82%ポイントも下がっている。これが他で類を見ないほど大きな低下であれば、15-64歳人口の動きによって日本では他の国よりも自然利子率が大幅に低下し、日本けがデフレに嵌まった可能性が高まる藻谷浩介勝利なるか?




さっそく他の国の15-64歳人口の平均増加率を見てみよう。




おお、これらの国と比べると日本比較にならないほど急速に劇的に人口動態が悪化していると言えそうだ。やはり藻谷浩介勝利か?



ところが、




と増加率の変化幅で見れば日本以外にも劇的な人口動態の悪化が見られる国がある。しかし、これらの国ではこの間にデフレにはなっていない。



しかも、何もこの時期だけが人口動態でデフレになるわけではないだろう。日本デフレになったときと同じ程度の劇的な人口動態の悪化があればデフレになるのであれば、他の時期に人口動態が悪化した国ではその時期にデフレになっている可能性が高い。ところが、15-64歳人口の増加率が0.5ポイント以上という劇的に低下する経験をした国は数多くあるのである




先進国に限らなければ




かように人口増加率が低下して自然利子率を引き下げたケースは多数あり、その規模も日本けが急速に劇的に悪化したとは言えないものである



2.依存人口比率の上昇は日本が劇的であると言えるがこれは元のエントリーにあるように自然利子率を引き上げるものであり、3.平均寿命はどの国でも長くなっていて日本けが特徴的な動きはしていない。



まり人口動態は、こと自然利子率への影響という点においては、日本けが特に急速で劇的なわけではなく問題が深刻なわけではない。なのに日本けがデフレに長く嵌まり込んでしまった。



これはデフレの原因として、人口動態の悪化が決定的な要因であったわけではないということである藻谷浩介残念!






*1日本自然利子率

http://www.jcer.or.jp/j-fcontents/report.aspx?id=10KYE8ASWCENXJDAI8125N3CI51I8NV1

*2日本人口

http://www.stat.go.jp/data/jinsui/2014np/pdf/gaiyou2.pdf

*3家計貯蓄率

http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4520.html

*4世界人口

https://esa.un.org/unpd/wpp/DVD/Files/1_Indicators%20(Standard)/EXCEL_FILES/1_Population/WPP2015_POP_F15_1_ANNUAL_POPULATION_BY_AGE_BOTH_SEXES.XLS

2016-12-02

http://anond.hatelabo.jp/20161201224205

俺はペーペーの頃にゲーム屋に鞍替えしたけど手取り三倍になって機材も段違いに良くなった経験があるのでその人がウキウキする気持ちはわかる。なんていうか途上国から先進国に連れてこられたような感じなんだよマジで

2016-12-01

先進国で生きてる時点で後進国人間搾取しているのに

メイドくらいでいまさら一体何をぴーぴー言ってるのだろう

  

お前らの生活経済格差によって支えられているのに

  

何の疑問もなく享受しているのに

  

お前らのブコメ搾取結晶なんだよ

2016-11-29

よそはよそ?欧米の後追い、猿マネでできた大麻取締法

海外では~、欧米では禁止されてるから~、って何も考えずにホイホイ言われるがままできた法律大麻取締法です。

そのころ麻薬取り締まりを主導していた先進国最近になって「あれ?大麻にそんなにひどい害なくね?」って法を改正していってるわけですが。

日本大麻取締法正当性裏付けエビデンスは持ってないのです。

まともに研究してないし、海外の最新の研究成果を参照しようという気もない。

日本日本他所他所大麻合法化する人達って胡散臭くてダメ - b:id:CGAコメント / はてなブックマーク

http://b.hatena.ne.jp/entry/310297382/comment/CGA


離島や限界集落で大麻を吸って、誰が迷惑するの?

2016-11-27

ヨナラニッポン(※フィクションです)

2016年日本で働いていた。

日本に行けばお金が稼げる。そのうえ先進国技能技術知識を身に着け、故郷凱旋して自国の発展に貢献できる」

そう聞いて、幼い頃からの憧れだった日本に行けるならと、あまり深く考えずに多額の借金をして日本へ飛び込んだ。アジアのなかで欧米列強に肩を並べるほどの豊かな国を築くほど優秀で、かつ、未曾有の天災が起きても一致団結できるモラルの高い日本の人びとに、最親日国の友として色んなことを学びたいと思っていた。

そんな思いでやってきた自分が置かれた状況は、予想だにしなかったものだった。

彼ら日本人は、私達のパスポートを取り上げて「言うことを聞かないと強制送還だ」と言い、技能技術知識のまったく身につかないキツい労働を半ば強制的押し付け最低賃金を下回る報酬しか払おうとせず(未払いやサービス残業も横行)、「外泊は直ちに強制帰国、違約金50万円」や「恋愛は警告。聞き入れない場合は違約金20万円」などという独自ルールを作り、私達の人としての権利を縛った。

この状況に愕然とした。日本の人びとは日本人同士で助け合うものの、外国人途上国限定)を人として扱ってくれなかった。彼らを友だと思っていたのは自分だけで、彼らからすれば農耕馬かなにかと同じ感覚だったのだ。

騙された。

いや、正直安い労働力として期待されていることは承知していたが、人として接してもらえないとはゆめゆめ思わなかった。

もちろんなかに制度趣旨理解して高い技能を伝播してくださった企業や、友として接してくれた人びともいたようだが、それはほんの一握りで、日本国際社会国連国際労働機関から再三の是正勧告を受けてもなおこの人権侵害労働強制を続けていった。

知っていたら絶対にこんなところに来なかった。

そんな過酷環境に耐えきれず、失踪する者があとを絶たなかった。失踪者たちはパスポート労働許可もないまま窃盗などの犯罪グループに加わった。かばうつもりはないが、彼らには借金があり、もはやそこしか逃げ場がなかったのだ(※日本に来るためにブローカーなどに借金をするが、その額は母国で何十年働いても返せる額ではない)。

年々我が同胞犯罪検挙数が増えていくとともに、日本人の私達に対する態度や扱いはますます厳しいものになり、ますます失踪が増え・・、という憎しみのスパイラルに陥っていった(※2016年国籍別で中国を抜いてトップ犯罪検挙数・検挙率となった)。

そんな両国関係悪化していく状況のなか、犯罪に走ること無く三年間の労働期間を終えて母国に帰った自分に残されていたのは、人を罵る日本語バカヤロー、オマエナンカ死ンジマエ」、それだけ。結局、金も技能もなにも残らなかった。朝から晩まで会話を必要としない農作業で、宿舎と言う名のブタ小屋共同生活同胞だけの暮らしだったので語学を学ぶ機会はなかった。それに、好きになれない国の言葉積極的には覚えようとはしないだろう。

いま思えば、人生いちばん伸び盛りの時期に、なんて無駄時間を過ごしてしまったのだろう。どうしてあのとき日本になんか行ってしまったんだろう、そう深く後悔したものだ。

それから10年、我が国経済成長5〜7%前後を毎年キープし、安定的な発展を遂げた。多くの人々が一家に一台自家用車を持ち、家電嗜好品を買い求めるようになった。運良くこの成長の波に上手く乗った私は、不動産で財を成して国内トップ20に入る資産を築いた。政府関係者とも太いパイプを持つことができ、国政にも多少の影響力を持つようになった。

この一億総中流の消費市場で躍動しているのは、中国韓国、そして欧米各国の企業だ。クールジャパン実態はただの冷徹日本人だったことがわかり、ASEAN諸国からの「憧れ」を失った日本ブランドは各国で輝きを失い、次第にシェアを落としていった。

日本企業自国市場が縮小していくなか、アジアの成長する市場でモノを売っていくしか生き残る道がないことを誰もが分かっていたはずなのに、あのとき私達を隷属させた代償として自らのブランドを毀損し、その機会を逸してしまったのかもしれない。

新聞でチラッと読んだが、高齢化がより一層進んだ日本では社会保障やら国防やら国政の課題もさることながら、屋台骨だった自動車産業米国IT関連企業に食われるなど、経済もいろいろ大変らしいがそんなのどうでもいい。

日本と聞いただけで、あの奴隷主のように振る舞う日本人を思い出して気分が悪くなる。もう二度と行くこともないし、とにかく日本にも日本人にも関わりたくない。日本プロダクトは一生買わない。

ヨナラニッポン。

バカヤロー、オマエナンカ死ンジマエ。


2016/11/29 はてブから

たくさんのはてブありがとうございます

興味を持って頂いてとても嬉しいです。

日本にもこういう皆さんがいることを、あの国の人びとに伝えたいと思います

ベトナム人刑法犯が中国人抜く」中国人件費上昇等諸々の事情外国人技能実習制度対象中国からベトナムに変わった結果。私たちベトナム人申し訳ないことをして、彼らを犯罪に追い込んでいるのだ

ほんとおっしゃる通りで、世界で最も親日国(97%親日である国の人々をわざわざ追い込んで反日を量産している状態です。

ずいぶんとアホだなと思いますし、日本未来(=若い人たちのこと)を全然考えていないですね。

途上国工場でやっていたことが、労働者を招くことで実態が見えやすくなったのだろうね。オチ日本的奴隷労働自国民をこき使う経営者になっていたがよかったかも <<

2016年11月現在ですと、これほど過酷現場だとさっさと辞めますので成り立ちませんね。

人材流動性めっちゃ高いですし、何より残業より家族との食事を大切にする民族ですゆえ。

借金をさせた上にパスポートを奪って流動させないところが日本業者さんのあくどいところですね。

からこそ反発も大きいです。

技能実習制度で学んだ「技能」が母国でどれだけ活かされているか政府が成果を全然アピールしない時点でお察し。

お察しの通り、今まで会った方で「役に立った」と言ったひとは0人です。

日雇いやってるから実際の現場で見る光景は壮絶だよ。若い女の子日本語学習の機会すら与えられずに機械の隙間から噴出するスチーム浴び続けて顔面水疱塗れにして毎日12時間以上5000円の日当で働いてた。

そういうことを見聞きした同国民はすごく怒るんです。

日本人よりも人と人との距離が近くて、血のつながっていない他人なのに親戚の子みたいな感覚で怒ります

また、仰る通り大抵の現場が「日本語学習の機会すら与えられず」なんですよね。

これも結果的に「日本に行った意味はなかった」になる要因です。

>もろノンフィクションやん。 大丈夫だよ、あと数年で 日本人九州の大噴火で 大半死ぬから

いやいやいや。死なないでください。

>これだけ日本語が書けたら金になる

ありがとうございます

もっと上手く書けるよう精進してまいります

さよならニッポン、また来てジャポン

重めのエントリー一服の清涼剤をありがとうございます

>シン・ニホンシネ

もったいない言葉です。

でも、日本に死んでほしくないので書いている向きもあります

2016-11-23

103万の壁とかさ

iOSニュースフィードに流れてたか何の気なしに読んでたんだけどさ



配偶者控除103万円の壁」が崩れる巨大衝撃 | 政策 | 東洋経済オンライン | 経済ニュース新基準

http://toyokeizai.net/articles/comment/146151



これ、壁があるんなら壁をなくして、シームレス課税曲線を描くようにすればいいだけでしょ。

グラフを思い描いてもらえばいい。

ガクンとなる箇所があるから、それを避けようと変な調整をして得しようという心理が出てくるわけ。

結局150万だかに壁の位置をずらしたところで、根本的な問題解決しない。

このIT化が進んだ時代に、なめらかな課税が難しい訳がないでしょ。

どういう曲線を描くかを政治が決めて、市民は何も考えず正直に申告すれば一番いい、そういうスマートシステムにしなきゃいけない。

なのに有力案も大概だし、記事に寄せられているコメントだって

生活保護者に働かせろ」だの「女性さらに苦しめるのか」みたいな、しょうもない発想ばかりで。

本当にこの国は、先進国たる素質が全く無いんじゃないかと。

2016-11-22

おれをNG登録してくれ

表に出ては人を傷つけてばかり(視覚的に)

本来なら生きていい人間じゃない

先進国じゃなければとっくに虐められて殺されている

アメリカに生きても、脇が甘いとかいって殺されてる(臭いがね…)

頭…あたま良かった。それだけだった。

こんなこと、言わなきゃいいのに。

自分を頭いいと言って好意抱く人なんて、ほとんどいないよ。

同感してくれたとしても、その人よりも頭、いいんだよね。困ったことに。

2016-11-18

http://anond.hatelabo.jp/20161118231852

差別が間違っているというのも先進国理屈の押しつけで教えられただけなんだから

死ぬくらいなら別に個人差別的な態度で生きたっていいと思うよ

ただマークされて社会的に殺されないように気を付ける必要はあるけど

2016-11-16

出羽守が言うような欧米しぐさなんかなかったんや。

移民は多すぎるし犯罪者同然だから追い返すのが欧米しぐさ

必要なら万里の長城よろしく壁を作るのが欧米しぐさ

イスラム教徒の服なんか公共の場で着るのを禁止してしまえっていうのが欧米しぐさ

PCなんて馬鹿馬鹿しいっていうのがこれからの米しぐさ

すばらしい思想を持った先進国欧米後進国日本なんてどこにもなかったんや

ケツめっちゃ自然に掘りあってた江戸のほうがゲイ差別が根強い欧米なんかより遥かに先進的だったんや

遅れた思想を懸命に取り入れてきたのがとても愚かなことだったのだよ、わかったか出羽守

2016-11-09

俺はリベラルが嫌いだったんだ、やっと気づいた。

大統領選挙を朝から張り付いて確認していた。そのために休みも取った。

しかしたらあり得るんじゃないかと思っていた結果だった。

自分リベラルだと思っている。

同性結婚別にいいと思っているし、夫婦別姓もかまわないだろう。

ヘイトスピーチ規制も良いことだと思う。

そういう価値観からtwitterとかでもリベラルタイプフォローしている。

選挙が終わって結果が出たら、普段からエスブリッシュだったり

金のないおっさんたちが吹き上がっていたようだ。

自分はそれを見て、「そうだろうな、アメリカのお前らがヒラリーを倒したんだ」

って同意していたんだ。

だけどツイッタでフォローしているリベラルな連中は決してそうは言わなかったんだ。

色んな人達が反エスタブの勝利負け犬おっさん勝利みたいなことを言っていたのに苛ついたのか

一人のリベラル垢がいった。

「そんなもんに根拠なんかあるか」

他の人がそれに食いついて

「でも反ポリコレ野郎が勝ったじゃん」と

そしたら

「それがなんの根拠になるのか、いくらだって他にあるだろう」

「金のないことをいつも嘆いているおっさんが、トランプ勝利にのっかって

吐く言葉になんの意味があるんだ」と

「金のないおっさんポリコレうんざりしている人を見てなんとも思わないのか」

と尋ねられると

日本人日本語で考えてものを言っている連中はアメリカことなんてなんにも知らないだろう。

今回のアメリカ選挙結果を見て、なんでそんな連中の意見が参考になるんだ」

大雑把な感じになったけど、↑みたいなやり取りがあった。

やり取り内容は正確に同じには書いてないけど。

俺はその時、自分リベラルを嫌っていてトランプに勝って欲しいと思っていたことに気づいた。

リベラル垢の言うことはいつでもそうなんだけど

データがあるか、統計があるか、専門家意見か、理論的かなどの尺度解釈することがほとんどだ。

↑のやりとりのリベラル垢の言うことは一見正論

アメリカ人でもなく、アメリカ文化の専門学位もなく、一定観測期間や論文もないのに

そんな意見を言うのは間違っている」ということだ。

自分は「負け組おじさんや反ポリコレ先進国である程度共通している問題日本人アメリカ人でも一致しているところがある」

と思っていて、それで日本の反ポリコレ垢達の咆哮が理解できる。

「そんなもんお前の思い込みだ、どのぐらい研究して統計を取ったんだ」と言われれば反論できない。

だけど今回はさんざっぱら研究者や頭のいい予想屋達の見識は外れた。

数日前までリベラル垢も一連のスキャンダルの影響でトランプはまず勝てないと断言していた。

それでも頭のいい人達の予想は外れた。

そんな時でも、「今回の予想外のヒラリー敗北は半年ぐらいして専門家分析しなければわからない」

という意見がいくつかあった。

「すぐに個別見解を述べず我慢している識者は偉い」的な意見もあった。

冗談だろ。

それは「脊髄反射意見している反ポリコレ野郎や、負け犬おじさん」たちに対する侮辱だろうよ。

頭のいい人たちがじっくり1年以上もかけて大統領予備選から予測を外し続けたのが今回の選挙じゃないか

あと半年したら「正しい理由」を見つけて、披露してくれるんだろう。

だけどお前らのその見解果たして正しいのだろうか?

だってトランプが負けるって言い続けたじゃないか

彼らにしてみれば外そうが外すまいが「データしかものを考えない」

それができないのはポンコツ的扱いなんだ。

そういうふうにリアクションを取られると、Brexitトランプ大統領も最高の結果に思えたんだ。

ニューズウィーク誌がトランプ当確後すぐさま記事を出した。

世論調査は何を間違えたのか?トランプのような人間を認めたくない傲慢さが原因の一つだった」

ウォール・ストリート・ジャーナルも出した。

トランプ氏を勝たせた嘆かわしい人々。

嘆かわしい人々とは、もちろんクリントン氏がトランプ氏の支持者を侮辱した言葉だ。

その嘆かわしい人々が立ち上がり、世界を揺さぶった」

この2つの雑誌はさんざんトランプ批判しただろうが

やはり謙虚さとでも言うべき物があるんじゃないか

だがTwitterで転がっている個別野良リベラルはクソの山だ。

2016-11-08

日本の文化である大家族制度破壊目的 今もアメリカ植民地

戦前には無かったマンション団地)。

今や、マンションだらけの日本日本マンション建設を促進した組織がある。

GHQクズたちである

特に沢山作ったのが、2LDKマンションである

目的は何か?それは

祖父母と住居を分離し。核家族化を計ることである。すなわち、日本の文化である大家族制度破壊目的なのだ



そういえば、日本女性が大好きなイギリスフランスではアメリカなどでは法律高層マンションに対して、何らかの規制が設けられています

例えば、イギリスでは、育児をしている世帯は4階以上に住まないように法規制されており、「高層病」という病気存在すら認知されていない日本とは、かなり大きな差があると言えるでしょう

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-1072.html




実は先進国の中でタワーマンションで暮らすことに憧れを抱くのは日本ぐらいで、海外ではもっぱら健康的に良くないというのが人々に浸透している

http://spotlight-media.jp/article/232370079949586963




工作は未だに続いている。マスコミは、姑を異様に汚い生き物として面白話にし、「核家族が一番」という洗脳実施している。

これにより、家族の絆以上に、個人成功人生の充足が重要であるという洗脳も行っているのである戦前自分母親に「ババー」などという子供は一人もいなかったと言ってよいだろう。

特攻隊遺書を見ると、例外無く「母上、育てて頂きましてありがとうございます。」

 

ときちんとした文章で、尊敬の念を母親にみんなが込めている。

まり終戦からこの国がどれだけアメリカ占領政策に毒されているかわかるだろう。

我々は今もアメリカ植民地なのだ

 




http://anond.hatelabo.jp/20161108114650

2016-11-07

先進国なるものが一時の夢に過ぎなかったってことだろ

やがて数の力でヒンドゥーイスラムに負けて彼らの時代がくる

2016-11-04

http://anond.hatelabo.jp/20161104170307

日本だと、オッサン同士がつるむにしても金がかかるんだよ。

ドルヲタカメヲタゴルフ釣り競馬などなど。。。

しろ家庭から疎外されたオッサン孤独と寂しさが市場によってマネタイズされるのが先進国なんだと思う。

発展途上国に学ぶキモくて金のないオッサン問題

貧しい国見てると、キモくて金のないオッサンって、オッサン同士でつるんで遊んでるんだよな。

安い酒飲んだり、わずかに金かけてバクチしたりしてワイワイやってる。中国田舎なんかでもそうだよな。

日本というか、先進国特殊なのはとにかくオッサン同士がつるまない。つるむのは恥みたいなところすらある。

一緒にいるのは女じゃなきゃいけないとばかりに、金もないのにキャバクラ行ったりする。

もっとオッサン同士でグダグダとヒマつぶしする文化が復権してもいいと思う。

もはや先進国ではない

日本はもはや先進国ではないのではないか

先端技術や低コスト化はアメリカ中国ドイツに負けている。

一人あたりGDPは低く、生産性が悪すぎる。

GDP=消費+投資+政府支出+純輸出

マクロ経済学の基本だが、何一つ増える気がしない。

少子化の結果、消費は減少し、

企業バブル崩壊の教訓から開発投資をせず、内部留保を行い、

国の借金の増大の結果、公共事業もできない。

円安政策で、輸出が増え、輸入が減る?

日本は小資源国という事を忘れてないか

ほとんどの場合、なにかを製造するためには、

原材料を輸入しなければならない。

円安だと原材料は高騰する。

価格を変えないのであれば、1つあたりの利益は減少し、

ドルベースで変えないのであれば、

結局の所、ドル単位での利益は変わらず、

企業円安に伴う実質賃金の低下で利益を叩き出しているだけだ。

また、円は安全資産かといえば、そんなことはない。

確かに世界的に景気が悪くなると円高になる。

でもな、そんなのはマイナス金利なんて言った超低金利政策が長期に続いた結果だ。

キャリートレードといって、円で借り、外貨に交換し、外貨運用している投資家が多いんだよ。

世界的に景気が悪くなると、ロスカットのために手仕舞する。

そうすると、返済のために円が買われ、結果円高となるだけだ。

円は決して安全資産ではなく、

GDPも上がらず、

技術的にも劣った我が国は、

どう考えても先進国ではない。

2016-11-01

幸福のための最大公約数を探る

・飢えずに飯が食える

やはり飢えによる死は恐ろしく辛いので食える方がいいだろう。

・住む場所がある、屋根のあるところで寝れる

寒さで寝れないのは辛いことだ。暖かく雨風のしのげるところで眠れるのはより人間らしい生き方だろう。

自由恋愛ができる

まれ差別偏見自由恋愛できないのは不幸だろう。特にLGBT問題で影響を受けて恋愛できないのは辛いだろう

 

まず3大欲求に触れるところから見てみたが、これをクリアできてれば先進国以外では幸福に当てはまるのではないだろうか?

次に先進国向けの幸福欲求について。

 

子どもが作れる

子どもを育てることのハードルが高すぎない。2人くらいを大学までは奨学金を使わずに行かせられる。

・たまに贅沢な外食、高い素材の食事ができる

イベント等でたまに贅沢な食事をして思い出を作ることができる。ホームパーティなど。

自分趣味を持てる

趣味を持つことができて、なおかつ他者侵害されずに自由に楽しむことができる。

・向いている仕事orしていて楽しい仕事or楽しくなくても給与保障されている

仕事で暗いネガティブ感情が産まれないようポジ選択やすいか、もしくは生活保障がされている

最先端医療が受けられる

病気全般に対して最先端医療が受けられる、また難病治療に国が積極的

宗教自由だが政治不干渉

自由だが政治に影響させない、また他宗教干渉しない、基本的にお互い不干渉約束する

 

一気にハードル上がった気がする。

全体的にお金に絡む要素が増えたなという感想

子ども外食趣味医療など個人で使えるお金で増減するところだ。

仕事宗教に関しては個人スペックと関わってくるし、やはりこれもお金が関わってくる。

高度な幸福欲求お金と深く関わってくる。

これだけでも経済幸福度に影響していると考えられる。

ではお金の要らない幸福は何だろうか?

 

・生きているという事実だけで幸せを実感する

先進国でこれを常日頃感じていたらちょっと危ない人間しか思えないし大多数にこれは不可能だろう。

家族がいるだけで幸せ

結婚子どもも金が前提になった社会でこれは無償でもなんでもない。

ボランティア活動

仕事疲れた人間余暇にこれをする余裕があるのだろうか。

運動瞑想

答え出ちゃったよ。

2016-10-29

問題人口動態だよ、馬鹿者?

http://d.hatena.ne.jp/himaginary/20161024/Its_the_demography_stupid



このエントリーにあるように人口動態は自然利子率に影響を与える。人口動態で自然利子率が下がってしまと金政策効果に制約が掛かるのでこれは大きな問題である



日本デフレはその結果であり、藻谷浩介勝利・・・ということなのだろうか?どこの国においても人口動態は自然利子率に影響を与えるにしても、先進国の中でも特に人口動態の問題が深刻な日本では自然利子率への影響が巨大だったのだろうか。



日本では1990年2000年デフレに嵌まり込み、そこからの脱却に苦労している。このような状況は日本だけである自然利子率が大きく下がったのもこの時期だと考えられている*1。では、この間の日本人口動態は他に類を見ないほどの大きな影響を自然利子率に与えたのだろうか。





そこで、実際のデータを見てみよう。



まず元のエントリーの2.依存人口比率である生産年齢以外の人口生産年齢人口で割った依存率は1990年に43.5%だったのが2000年に46.9%と上がっている*2。65歳以上の人口生産年齢人口で割った場合1990年17.3%から2000年の25.5%までもっと顕著に上がっている。依存人口比率が高くなると経済の貯蓄率が下がり、自然利子率は上昇することになる。



次に3.平均寿命を見ると年々安定的に上がっている。このことは長い老後に備えての貯蓄が増えるので、経済の貯蓄率が上がり、自然利子率は下落することになる。



この2.依存人口比率と3.平均寿命効果はどちらも貯蓄を通じたものである。そこで家計貯蓄率のデータを見ると1990年から2000年にかけて日本では下がっている*3。家計貯蓄率が低下した人口以外の理由もあるだろうがその下落が大きいことからすると、2.と3.の効果を合わせたものでは自然利子率は上昇している可能性が高い。



まり人口動態が自然利子率を下げてしまったという場合、1.労働供給の伸び率の効果がとても大きく2.と3.を合わせたもの以上になっている必要がある。



では生産年齢人口はどうであったか1990年86,140千人、2000年86,380千人である*2。増えている。つまり生産年齢人口の変化は自然利子率にプラスに働いていた。



よって1.2.3.トータルで人口動態は自然利子率にプラスに働いていた、マル、終了。藻谷浩介残念!











・・・とは、もちろんならない。



確かに人口動態は1990-2000年にかけて自然利子率にプラスに働いていた可能性は高いものの、それ以前の人口動態がもっと大きなプラスに働いていれば、その大きなプラス効果が剥げ落ちてしまった分だけ自然利子率は低下する。



では何を見れば良いのか?それは、1.については1990年から2000年にかけて15-64歳人口が増えたか減ったかではなく、15-64歳人口の増加率が高まったか低くなったかである人口が何%変化したかではなく人口増加率が何%ポイント変化したかである



たとえば生産年齢人口が年10%で増えていたのが年3%にまで増え方が下がった人口増加社会ではそれが理由自然利子率は下がるが、年1%での生産年齢人口減少が続く人口減少社会ではそれだけなら自然利子率は下がらないのである



では人口増加率のデータを見てみよう。



1980-1990年の間の15-64歳人口の平均増加率は年0.88%であったのが1990-2000年にはこれが年0.06%となっている*4。増加率は0.82%ポイントも下がっている。これが他で類を見ないほど大きな低下であれば、15-64歳人口の動きによって日本では他の国よりも自然利子率が大幅に低下し、日本けがデフレに嵌まった可能性が高まる藻谷浩介勝利なるか?




さっそく他の国の15-64歳人口の平均増加率を見てみよう。




おお、これらの国と比べると日本比較にならないほど急速に劇的に人口動態が悪化していると言えそうだ。やはり藻谷浩介勝利か?



ところが、




と増加率の変化幅で見れば日本以外にも劇的な人口動態の悪化が見られる国がある。しかし、これらの国ではこの間にデフレにはなっていない。



しかも、何もこの時期だけが人口動態でデフレになるわけではないだろう。日本デフレになったときと同じ程度の劇的な人口動態の悪化があればデフレになるのであれば、他の時期に人口動態が悪化した国ではその時期にデフレになっている可能性が高い。ところが、15-64歳人口の増加率が0.5ポイント以上という劇的に低下する経験をした国は数多くあるのである




先進国に限らなければ




かように人口増加率が低下して自然利子率を引き下げたケースは多数あり、その規模も日本けが急速に劇的に悪化したとは言えないものである



2.依存人口比率の上昇は日本が劇的であると言えるがこれは元のエントリーにあるように自然利子率を引き上げるものであり、3.平均寿命はどの国でも長くなっていて日本けが特徴的な動きはしていない。



まり人口動態は、こと自然利子率への影響という点においては、日本けが特に急速で劇的なわけではなく問題が深刻なわけではない。なのに日本けがデフレに長く嵌まり込んでしまった。



これはデフレの原因として、人口動態の悪化が決定的な要因であったわけではないということである藻谷浩介残念!






*1日本自然利子率

http://www.jcer.or.jp/j-fcontents/report.aspx?id=10KYE8ASWCENXJDAI8125N3CI51I8NV1

*2日本人口

http://www.stat.go.jp/data/jinsui/2014np/pdf/gaiyou2.pdf

*3家計貯蓄率

http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4520.html

*4世界人口

https://esa.un.org/unpd/wpp/DVD/Files/1_Indicators%20(Standard)/EXCEL_FILES/1_Population/WPP2015_POP_F15_1_ANNUAL_POPULATION_BY_AGE_BOTH_SEXES.XLS

はやく人間になりたーいとか呟いてるバカにはつける薬がない。

頭が悪すぎて、憲法上の基本的人権普通人間という幻想混同しているんだろうな。おまえらには前者はあるが後者は無いのに。

天才秀才がずっと努力して学び続け、意識的に掴み取ったポジションを、ほんとは俺がそこに座るはずだったのにと愚痴る以外にお前は何をした?

この国の土地バブルが弾け、債権バブルが弾け、ITバブルが弾け、国内中間層が軒並み底辺層に落ちていく激流の中で、滝に挑む鯉のようにあがきまわったことが一度としてあるのか?

2ch向けに3行にしてやろう。

この国は先進国でも発展途上国でもない。既に衰退国だ。

普通なんてものは、天才秀才努力して勝ち取るものになってしまったんだ。

さあ壊れた頭で必死で考えろ。考えろ考えろ考えろ。

2016-10-27

スタバのカップゴミいい加減にしろ!!!!!!

ペットボトル・ビン・カンゴミ箱に突っ込んでんじゃねえよクソゴミどもが!!!

しかも飲み残しと氷も一緒にいれやがってよ死ね!!!

おまけにまだゴミ箱が空いててもてめえが突っ込んだクソスタバクソカスカップが途中で引っかかって投入口を塞ぐんだよ、

そうするとゴミどもがゴミ箱の周りにビンカンペットのゴミをバラマキやがるてめえらのせいだクソスタバラーどもが!!!!!!

コジャレたふいんき出したつもりでゴミ一つまともに捨てられねえのかゴミクズどもが!!!

死ね!死にさらせ!!

あまつさえゴミ箱どころか平気で道端に捨てるゴミもいやがる、地獄に落ちろ!!!



スタバホント死ね

何がフェアトレードだ、

出したそばから現地に届かないうちに9割は先進国の諸経費で蒸発するようなエセ偽善行為ドヤ顔キメてんじゃねえ、

てめえの排出したクソみてえなゴミカップの処理を先になんとかしろ!!!!!

売上の半分を全国津々浦々の清掃局に寄附するまでは経営から従業員までコーヒー豆の頭陀袋に封印されて二度とシャバに出てくんじゃねえ!!!!!!!!!

スタバは滅びろ!

スタバラー地獄に落ちろ!!!!!!!!!!!!

2016-10-26

http://anond.hatelabo.jp/20161026225045

50年後の日本はどうなってるんだろうか。

とりあえず人口動態的に終わっていることは確定しているが。

http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h26/html/nc141210.html

↑の統計には元増田のような「先進国中国に嫁ぐ日本人妻」は考慮されていないと思われるので、更なる下振れも懸念される。

2016-10-25

>アジア新興国との競争も激化している

日本に優位がある製造業に限って見ても、もう発展が限界までされているような先進国の中でさえ生産性のバラツキは大きく、



その中で日本生産性は高くない。逆に言えばモーレツなんてなくても生産性改善余地は大きいということ。



モーレツアジア中進国との競争に面しているとしたって、モーレツで立ち向かう必要性はない。



しろ(その国の所得水準が上がるにつれ)頭打ちがあるモーレツ勝負をかけられているのは日本にとって楽な話だ。





結局、問題国内のこと。



ただ、そのためには国内一社が働き方を変えただけではどうにもならない。だから労基署仕事しろ人増やせ」とか



安倍政権への働き方改革方針へ繋がったロビー活動とか、国内一社ではなく国の制度設計に声が向かっている。



一社だけフライングでやって上手くいかなかったといって文句ぶーたれても仕方がない。



なお電通の件のように法律違反があった場合は、それ以前の問題である


http://anond.hatelabo.jp/20161018005338

http://anond.hatelabo.jp/20161025021816

実は、大学学費完全無料にするのはそんなに費用からないのよ。

消費税2~3%(年間5兆円前後)でいけるらしい。これは確か私立大も含んでいたと思う。

年間にかかる高齢3経費(年金医療介護)に比べたら遥かに負担は少ない。

今の文科省全体の予算が5兆強らしいから、10兆というのはほぼ倍増だけど、

これでもOECDGCP比の教育水準では中位くらいだってさ。



でも、国民の大多数は大学無料にするためだけに消費税をあげようとはしないはず。

ということで、現実政治世界提案されることはないのだけれども。

日本ってある意味すごいよな。

教育予算は絞りまくってるのに、先進国中では最高ランク教育レベルだし。

2016-10-22

電通自殺事件素人による科学考察

シカトされるかボコボコ批判されるのを承知で(だから増田で)書く。むしろ論理的批判は歓迎だ。あと、この件について学問的に素人であることを最初告白する。その上、これを書くための調査に要した時間たかだか時間程度であり、材料が偏っている可能性がある。だが科学思考はできるつもりだ。

今広く報道される例の事件は、電通労働事情問題であるかどうかについては検討余地があると思う。

日本一年間の自殺件数は2万人台で(https://www.npa.go.jp/safetylife/seianki/jisatsu/H26/H26_jisatunojoukyou_01.pdf)、ざっくり考えると一日50人以上自殺している。世界的には、40秒に一人、誰かが自殺している(http://apps.who.int/iris/bitstream/10665/131056/5/9789241564779_jpn.pdf 以下、「WHO報告」と呼ぶ)。これほど数が多い場合統計学的考察有用だ。個々のエピソードで語るのは、思考を歪ませてしまう。

今、報道ネットで大きく議論されているのは、電通での長時間労働が非常に悪かったのではないかということである。だがそれは真だろうか。私が疑問を持つのは、労働時間が短いことで有名なフランスでも自殺率は低くないじゃないか、ということがあるからだ。詳しく見よう。日本自殺率23.1/10万人に対して、フランスで15.8/10万人、というデータがある(http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2770.html)。フランスは週35時間労働であり、超過勤務については法的制裁を含む強い規制がかけられている。アメリカでは13.7/10万人。条件を揃えるためには先進国比較するのがよかろう。労働時間については、この3ヶ国では予想通りフランスが最短、次が日本、最長がアメリカとあるhttp://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/3100.html)。自殺率とは相関していないように見える。

「過労によって自殺した」という場合統計学的には、超過労働時間自殺率とのトレンドが、各種因子、例えば男女・年齢・社会経済状況、を補正したのちにも見られないといけない。ちなみに男性自殺率女性の3倍だ(WHO報告)。だから、上に述べた国別比較は、参考にはなるが、あくまで参考であるネットで調べた限り(http://www.econ.hit-u.ac.jp/~kawaguch/class/seminar_undergrad/ugthesis2013/fujimoto_thesis.pdf)少なくとも日本で、超過労働時間自殺率関係に関する先行論文はないように見える。そしてこの参照先PDFには、「所定外労働時間(中略)については自 殺率を減少させていることが分かった。」と結論しているのだ。もちろんこの一件で全ての結論を出してはいけない。同じデータの違う解析や、独立したデータでの再現確認などが必要だ。

しかし、「超過労働が明らかに自殺率を増加させる」ということについての、社会経済学根拠が私には見つけられなかった。

医学的には自殺関係するものとしてのは精神疾患特にうつ病が挙げられるだろう。ならば、「超過労働うつ病発生率を増加させる」→「うつ病自殺率を増加させる」という因果関係にある可能性はあるか。これも短時間調べた限りだが、これまた「労働時間うつ抑うつなどの精神負担との関連について,一致した結果は認められなかった。」とする報告がある(http://joh.sanei.or.jp/pdf/J48/J48_4_01.pdf)。

労働時間をどんなにすることよりも、もしかするとそれとは関係なく発症しているうつ病を早期に検知し、投薬を含むメンタルカウンセリングへのアクセスをよくすることの方が、自殺防止にははるか重要だったりしないか

我が子を自殺から守るためにするべきことは何か。考えている次第である



もちろん、日本の超過労働しか効率の悪い)は是正されるべきだ。しかしこれは、例えば妻や子供といる時間を増やしてより豊かな家庭生活を送ることとか、余暇を増やしてレジャーによってより経済産業を回すこととか、そういったことが目的であるだろう(これも学問検討必要だが、「家族といる時間が増える」ことについてはほぼ明らかと言えよう)。その上さらに、労働時間を減らせば自殺率は減るのか?自殺率を減らすために労働時間を減らすのか?本文で参照した論文によれば、自殺率失業率は強く相関するとのことだ。労働時間を減らすと、少なくとも今の日本労働慣行のままでは、経済悪化すると思われる(これは将来的には労働慣行のものを変えるべきだろう)。それで経済悪化することで失業率が高まり却って自殺率は高まらいか

もしそうなら、その時政治必要決断は、労働時間を減らすことにより一時的自殺率が増える可能性があり、メンタルヘルスケアを強化する、ということが必要になるだろう。これは、「労働時間を減らせば自然自殺率は減る」と思っていたら起きない発想ということになる。

からその意味でも、この件を学問的に検討することは有用だと思われる。

2016-10-18

http://anond.hatelabo.jp/20161018221525

先進国でも日本一極集中度合いは異常だからなー。

省庁も大学も全産業も集中してるしな。地震火山もある国でこれだけよく集中できたもんだ。