「支援」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 支援とは

2017-02-23

優しい人であるって?

これまでの人生、優しさというものに疑問を感じずに生きて来た。

自分のび太ADHDというのもあり、いじめられたり、無視されたり、また一度自分と遊ぶ約束をしても、友達が別の子に誘われたらあっさり断られるような存在だった。

当時は自分はどうしていつもこういうポジションなのか、悩んだ。

自分に原因があるのかもと思って、ちゃんとしている子のしていることを見ては、ああしてみたらこうしてみたらと試行錯誤もした。

でも、大人になりADHDと分かり、その特性を知れば知るほど、自分がそういうポジションだった理由がわかった。

今でもいじめではないものの、仲良くしていたはずが、あっさり縁が切れることがあったりする。

自分の取り柄といえば、優しいことだと思っていた。

相手気持ち立場に立って、自分だったらと考え、相手気持ち理解するように努めたり、

自分ADHDからこそ、ちょっと変だと思うことも、相手特性やいろんな環境の違いなども考え、尊重するように努めたりして来た。

友人が困っていたら、話を聞いたり、手を差し伸べたり、そうやって人と人は優しさでしか繋がれないと思って生きて来た。

優しい=いいこと

優しくない=よくないこと

という子供の頃に教えられた、人に優しくしなさいという当たり前の教えを、疑いもぜずに生きて来た。

自分がされて来たことを振り返ると、優しくない人は多いけれど、

それは優しくない側がよくない行為をしたということであって、

優しい人間でありたい、優しいのは良いこと、長所という考え方で当たり前だと思っていた。

しかし、最近になってふと思った。

世の中の優しさというものは、自分メリットがある場合しか使わないのではないか

例えば、誰かに優しくして、その優しさが自分にとって得になる場合は優しくするが、

優しくしたところで、自分にとって得がない場合は、優しくしない方を選ぶのではないか?と。

そう考えると、無視なども、自分にとって得しない相手に対しては邪険に扱っても良く、

自分メリットがある人間に対して、優しさを使って、もっと得をしよう、という考え方なのではないかと。

そうなると、社会的弱者障害者発達障害者など)に対して優しくしてもメリットなどはなく、

現在そういった社会的弱者に優しくする人は、いわゆる建前上実施している社会福祉による収入の得られる者のみであって、

無償で、優しくするのが良いという理由だけでそういったメリットのない相手に対して理解し助けるといった優しさは机上の空論なのではないか

正直者は馬鹿をみる、とか

優しい人間は損をする、というようなものがこの世の本質であり、

人々が多様性を認め、尊重し合うことを良しとするような考え方は所詮理想論であって、不可能ものではないのか?

「人に優しくしよう」

大人子供にそう教えるが、なぜメリットもないのにそんなことを言うのか。

事実、他の子おもちゃを奪う、自分のしたいようにやる子の方が生きやすく、得をする社会であって、

本音ではそれをわかっていながら建前上、一応そういった声かけをしているだけ、と言うことなのだろうか。

もし、メリットのない優しさなど損で不利なものであるとするなら、

自分も得にならない優しさなど捨て去るべきなのだろうか。

相互関係ではない、一方的な優しさだけを持って、

世の中の優しさには期待せずに生きるというのはあまりにも過酷すぎる。

ソクラテスは言った。

人は道徳的でない行いをしている時、実は内心傷ついていると。

メリットのない優しさを切り捨てることは道徳ではない行為ではないのだろうか。

そういう優しさを行使しない分、税金を納めて社会的弱者を守る福祉事業支援しているのだから良いということなのだろうか。

長年信じて来た、優しさというものを捨て去ったら、

自分は一体、何を心の活力として生きていけば良いのだろう。

格差社会で最もワリを喰らうのは貧困以上中間未満

貧困層または社会的弱者障害や老齢)へは支援のため税金が投入される。

同情が向きやすいので政治団体つくし税金目当てにビジネスたかる者もあらわれ利権生まれる。

政治商業ベースの後押しがある結果やや過剰に優遇される。

中間層以上は言うまでもなく格差社会なので自力で勝ちにいける。

取り残されるのは貧困以上中間未満の層。準貧困層とでも言いましょうか。

この準貧困層が「あいつらはCMつきで優遇されすぎ」ということで弱者叩きやヘイトに向かう。

こういう構造はある。

ということで最弱者への支援必要だが、この準貧困層を何とかすることも必要ですよ、と。

必要なのはわかりきったことながら、今のところは公共工事やすみたいなガテン系の策しか有効な手がない。

2017-02-19

ゴリゴリ左翼系のidウヨク擁護っぽいこと言うの

超グッとくる。

逆も然り、右翼id左派擁護やるのも良い。

これはふと、ベジータがいつの間にか悟空の仲間になってるのにグッと来る日本人気質に由来するのかな。

そんなことを思った。

やっぱ敵対する相手のことも受け入れる、

これが日本サブカル真骨頂だと思うのね。

許す、ってんのと違う。

「お前なかなかやるな」って感じの受け入れ方。

又は、

「お前を認めるわけではないが、ここはこうしなければ私としても困る」って感じの許容の仕方。

これが超グッド。

はてブでも、こういうの流行ってくれないかなあ。

腐女子クラスタとかこういう流れを支援してくれないものか。

2017-02-18

http://anond.hatelabo.jp/20170218130938

普段女性解放社会地位向上だなんだと口では支援してくれてるふりしてるはてな民ですら、女叩きをする奴を焼却処分しようとまではしてくれないものね……

むき出しの対抗意識というか悪意

となりの部の♀課長プロマネやってる案件あるんだけど、かるく炎上してて。

うちの部で支援しようか?ってアドバイスしたら、すげーイヤな目すんの。

結局うちのリソース使う事になるんだけど、その課長、俺のことを「おせっかい野郎が」

という態度で感謝言葉一切なし。

時期エース本命とされてた彼女よりも先に俺が昇進して

ポジション奪った事を相当恨んでるんだろうな。

しかも敵である俺の手を借りるってのは相当のむかつきなんだろう。

まあ、その程度だから昇進できないんだけどね。


今や俺にも人事権あることを彼女理解してない。

2017-02-16

起業家に厳しい社会

会社起業して10年以上になりますが、改めて起業家には優しくない社会だと思っています

もちろんメリットも多分にあるのですが、今日はつらいことのみ記載します。

社会

労働者に優しい制度ばかり増えています。働き方改革残業規制賃上げなど、従業員支援は多数作られていますが、雇用を産む経営者支援保護は追求されないのでしょうか。

連帯保証人もしてないサラリーマン経営者の話をとりあげて、あたか社会の正しい姿なんて、余計なお世話です。

ビジネス

とにかくリスクをみんな取りたくない。結果として、リスクを下に、下に。発注元はリスク下請けに。その下請けリスク二次受けに。結局、最後中小企業にくる訳です。

大手残業しないで帰りなさい。ではその仕事は誰がやるんですか?

外注して明日までにやっておいてって言ってます

これが働き方改革でしょうか。

最後は結局、逃げられない中小企業経営者リスクが来ます

▼家庭

男性育児に参加。連帯保証していて、会社の命運と個人の命運が一緒になっている人間に、家庭でも頑張れと。家帰って仕事忘れられるような経営者っているんですか?そんな状態社会で生き残れる会社なんてありますか。

本当にブラック社会です。

こんな世の中にして起業家目指す人なんか増えるわけない。そしたら雇用なんか産まれるわけない。

50際超えて、なかなか職の見つからない皆様、短期的に雇用改善しようとすることは、長期的な利益犠牲になっているわけです。

もう少し、起業家挑戦者に優しい社会しませんか。

難民受け入れない日本難民の受け入れ非難しているみたいに、リスクとったことない、経営したことない人が経営者批判するって、さら起業家なんてやりたくなくなる。

http://d.hatena.ne.jp/shi3z/20170216/1487200968

バグのないプログラムを書くことは理論上は可能である(http://d.hatena.ne.jp/shi3z/20170216/1487200968)

なにいってんだこの人は。ドヤ顔で知性があることをアピールでもしたいのか。

バグのないプログラムを書くことはできないのか?難しいかもしれないが、十分に気を付けていれば防げるのではないか?」

の問に如何に回答するかの話題なのに。

この人はプログラムの分からないおっさん

バグのないプログラムを書くことは理論上は可能である

そのためのツールノウハウもある。

それを定理証明支援言語と呼ぶ。」

かいいんだすんか。

http://anond.hatelabo.jp/20170215111309

個人的にはこの辺の話でコストと折り合いつけて、どのへんにしましょうかって話し合うのが正しいと思う。

理論上は可能とか、ツールもありますよとかいいだしたら、何でそれやらんのってなるじゃん。

んでやらない理由説明するじゃん。

じゃあ無理なんだねってなるじゃん(このときおっさんは無理な理由理解できない)。

でもそれって話を一旦発散させただけじゃん。

おっさんからしたらわけわからんこと言われて、結局なにも解決せず、ただ何もわからなかったが無理なのかってなるだけじゃん。

はっきりいうとこの人は仕事できないと思う。

少なくともプログラムの分からないおっさん定理証明支援言語かいい出すやつは仕事できない。

相手視点に立てていないし、落とし所も考えず、知識をひけらかしてるだけ。

http://anond.hatelabo.jp/20170214114736

 http://d.hatena.ne.jp/shi3z/20170216/1487200968

定理証明支援ができても――、

定理の間違いは正せない。

証明自体プログラムにはできない。

・それ以前に支援プログラム自体の間違いも正せない。

ASプレイ理想的な事を確かめられたとして、ゲームのものを作るのとは全く別、みたいな気がするんだけどどう?(笑)

 仮にAIを使った直感系を応用して定理プログラムのものを構築するとの主張だとしても、それはディープラーニングが100%ではないと自分エクスキューズしてるよね?

CoqもAgdaも前提となる定義存在した上で、そのコーディングや飽く迄も定義の上で成り立つ定理支援しか過ぎない。

 我々は必ず間違うし、間違えないものはそれを正す方法も決して学習しえない、なぁんて思うんだけどなぁ。

2017-02-14

2016.12危機についての報告

昨年12月我が国(うちの家)では、人口増(ママ第2子出産)による政府ママ負担の増加による治安悪化顕在化してきた。

旧宗主国ママ実家)は、人道的支援名目派兵(おばあちゃん)を政府に打診(ママ電話)した。

しかし、以前に行われた派兵では、地域的な隔絶によってしばらく文化的交流が行われていなかったことから原住民(第1子、2歳)との摩擦、エネルギー問題(慣れないキッチン)、廃棄物問題ゴミ分別)等で政府連携がとれない事態がしばしば認められた。

そのため、旧宗主国による援助は、原料(畑の食材)および経済的支援にのみに限定された。

12月末、原住民(第1子、2歳女児)に伝染病風邪)が発覚すると、状況はさら悪化した。

事態を重く見た政府ママ)により非常事態宣言が発令され、軍(パパ)の国外(家の外)からの一時撤退(パパ年末の休暇)を機に、国民家族)の生命に関わる炊事活動権限行政ママ)より軍(パパ)に移行。続いて伝染病を封じ込めるため、感染者の移動の禁止(寝室はママと新生児のみ入室)の命令が下された。

しかしながら、原住民(第1子、2歳女児、待ちに待った弟と関わりたくてしかたない)の度重なる命令無視(寝室への侵入)が認められたため、強制移住リビング区切りそこで生活)および軍(パパ)による監視隔離した場所子供用布団とパパは寝袋)を実施した。

軍(パパ)の疲弊は大きく(炊事大変、寝袋腰痛い)、原住民(第1子、2歳女児キャンプみたいな状態楽しい)の勢力を押さえ込むことができなくなっていた。

また、原住民(第1子、2歳女児、一人ではじっとしていられない)の移動禁止監視が長引くにつれ食料不安がおきつつあったが、原住民活動の低下(お昼寝)を見計らい、ゲリラ的に軍が輸送(パパが買い出し)を行った。

当初、国民全体で祝うはずであった新年行事外遊(パパママ実家へのあいさつなど)は中止となり、政府ママ)の負担は減少したため次第に行政機能を取り戻し、原住民(第1子、2歳女児、やっぱりママとも遊びたいよね)への教育も次第に効果をもたらしたため、治安はほぼ維持される状態となった。

これをうけて、1月に入ると、軍(パパ)の国外駐留年末年始休暇の終了)を機に非常事態宣言は解除され、我が国治安正常化した。



反省

行政能力ママの体力)は人口増(出産)により想定以上に低下した。

連携のとれない派兵(おばあちゃん)の撤退問題国内に留めた点で評価できる。国際問題化を未然に防いだ。

・軍の練度(炊事活動他)は常に維持する必要があることを認識した。

原住民管理重要性(一番忙しいとき風邪をひく)を認識した。

・軍(パパの仕事)に余裕があったのは天佑であった(正月休みでなかったら・・・)。

・食料備蓄重要性(買い出しも負担になる)を認識した。



評価

旧宗主国の援助を受けつつ、挙国一致で平常化に邁進できた。

・軍(パパ):権限委譲され、政府機能が復帰するまで国民安全確保に努めた。

政府ママ):一部権限を軍に委託することで、政府機能回復を最優先とするこができた。

原住民(第1子):伝染病に負けずによく食べた。弟と仲良くね。

・新たな国民新生児):生まれてきてありがとう

2017-02-13

夢は南海トラフ上野女史への反感―

本来、三大命題二つ目を書きたかったところだが、こちらの問題を先に論じさせてもらう。


この論考は以下のURLにたいする一人の若者から反論である

https://togetter.com/li/1080097

以上の新聞記事で、上野女史は「経済犠牲にしてでも、平和国家として衰退すればいい」と主張している。

この主張にたいする批判等は、本職の社会学者に任せるとして、ここでは私の純粋なる反感について述べていきたい。

平和国家という「ファンタジー

上野女史は無邪気にも、戦後日本を「平和国家」としてとらえている。

この考えはまったくの見識違いといわざるをえない。


そもそも、戦後日本社会体制1940年代の「総力戦体制を「経済最優先」の形として再編したものである

扶養控除、源泉徴収終身雇用制、護送船団方式のすべてが元々「戦争を想定して」造られたものだ。


社会実態についても、「平和」と呼ぶにはほど遠い。

1950~60年代には、「高度経済成長」の美称の裏で、世界でも稀にみる学生運動市民運動社会不安が吹き荒れていた。

70~90年代にかけては、家庭や企業社会体制のガタが入り、人々を「死へと誘う」システムへと変貌していった。

これが少年非行いじめ過労死などの狂気的な状況を引き起こした。


戦後日本とは、世界的にも稀にみるただの「ゆたか社会である

まったく「平和」でも「民主的」でも「自由」でもなかった。ただただ「ゆたか」だっただけである

後期近代―不確実な私、国家社会

しかも、「ゆたか社会」は90年代2011年にかけて完全に崩壊した。

まず、政府安全神話が崩れ、

企業身分制保障崩壊し、

最後に、原発事故とともに社会安全神話が吹き飛んでしまった。

この事実について語らない者はすべて、今の時代にたいして不誠実である


では、現在社会とはどのような社会なのか。

それはギデンズやバウマン、ジョッグ・ヤングなどを見てもらえば分かるが「流動的、効率的である

企業におけるセーフティーネットが「生産性自己実現神話」の名のもとに縮小され、

パートフリーターという不安定生活者が生まれた。

政府が担っていた安全保障は「構造改革」の名のもとに縮小され、

監視カメラSNS監視なしに、人々は安心して生きることができない。

不誠実な脳科学認知神経科学AI研究によって人間という「私」の特権性が失われ、

人々は常に失職と人間尊厳消失心配するようになっている。

そして、このような多様な人々が同じ町で同じように暮らしている。


このように、後期近代社会とは

当たり前だったものがすべて崩れ去り、人間永遠の虚無へと投げ出すのである

相対的剥奪感と存在論不安

このような状況では、人々は二つのレベル不安を抱えることになる。

一つは生活レベル不安相対的剥奪感―

もう一つは存在レベル不安存在論不安

である


私たち人生ほとんどを仕事をして、生きている。

しかし、その仕事価値が急速に低下してしまった。

人生の多くを占める活動である仕事にふさわしい「対価」が支払われなくなってしまった。

一方、ただ一日中パソコンを見つめて投資とやらというギャンブルをするだけでも「対価」を得られる人々もいる。

この二極化する現実は人々に

「不当な地位にいる!」

「ふさわしい金額、敬意をもらっていない!」

という相対的剥奪感を抱かせる。


また、後期近代社会はいわゆる「コミュ力」の高い人々が成功する。

軽薄に仕事にたいする敬意なく、強者追従する人々が「評価」され、グローバルエリートとして出世していく。

そして、仕事に真面目ながらも報われない弱者は常に「自己批判」と「変革」を迫られる。

二極化する現実に人々は「私は人間らしい扱いを受けていない」という存在論不安を抱かせる。


しかに、ここであげた例は極論である

しかし、似たような体験をする人は多いだろう。

そして、人々はつねに不平不満をもらすのだ。

「私はこうなれたのに……」

「私もこうしたかった……」

ここでは深く述べないが、この可能性としての私=‹他我›にたいする深い怒りの感情現代社会不安の核心にあるように思う。

上野女史は「みんな貧しくなる」ことによって、この怒りを無くせるなんて無邪気にも思っている。しかし、それは不可能である

この感情こそが永遠の虚無において、私を生きることのできる唯一の鍵だからである

夢は南海トラフ赤木理論の失効―

――常に人々に嫉妬を抱かせながら、その嫉妬を用いて欲望を加速させる。そして、その嫉妬を全身に受ける者は高笑いしつづける。


このような後期近代グロテスクさに最初に抗議をあげたのが赤木智弘だった。

彼はある論考で「夢は戦争」とドゥルーズ的な集団自殺理論を主張した。

しかし、私は「戦争」を夢にはできない。

今や「戦争」こそが「富裕層」を富ませ、「貧困層」を殺すことを知っているからだ。

今や「自殺」ですら「富裕層」を富ませる資本である

加藤智大植松聖などの社会的自殺者は、情報として処理され資本となる。

そして、情報となった「自殺」は「貧困層」による社会転覆不可能性を解き、

「後期近代」の隊列にから逸脱しないことを促進させる。

後期近代において、「自殺」こそが「富裕層」へのもっと積極的な「支援行為なのだ


私の夢は「南海トラフである

防ぎようのない「天災」によって、

嫉妬の中心地である太平洋ベルト東京

ありとあらゆる社会資本が壊され、嫉妬の根源が無化される。

私はベンヤミンのいう「法維持暴力」に立つ者であるが、

この瞬間を心の底から待ち望む。

私はそのとき、心の底から嗤うことができるだろう。

109崩壊し、秋葉原が灰塵に帰し、大手町サーバーがダウンし

白金の御婦人たちが焼け出され、お台場の子どもたちが押しつぶされるとき

後期近代はその柔らかな恥部を表出する。

私は笑顔でその恥部憎悪の限りをぶつけてやり、

後期近代を殺し、末期近代を出現させてやるのだ。


そのときに来るのが、

東のいう変質したファシズムなのか

笠井のいう生存のためのサンディカなのか

佐藤のいう無慈悲アナーキズムなのか

知ったことではない。

私が心の底から嗤いたいのである

相対的剥奪感や存在論不安に晒されることなく嗤いたいのである


そして、私は嗤いながら確信する。

東北の「土」と「血」が正しかったことを

東京の「コンクリート」と「鉄道」が虚妄であったことを


このような自己破滅願望について納得する解答を提示できない上野女史に

後期近代現代社会を語る権利はない。

彼女はせいぜい自らの理念後生大事に背負って、大学瓦礫に押しつぶされて死ぬのがお似合いだ。

pateron使って稼いでるクリエイター凄いなぁ

海外向けかと思ったら登録してる日本人も居るし、金奴隷解放宣言とか無断転載粛々訴えるより

海外向けに絵を描いて適当掲示板に貼って宣伝すればいい。月2ドルでの支援も50人居れば1万円。

あと専門ブログとかやってる人。それを武器にしてる事だからこそアドバイスとか出来るだろうし、

支援者には個別アドバイスしますとかやれば普通に支援する人も居そう。

やっぱりこう考えると英語って大事なんだよなぁ。知識を貯めてもアウトプット日本語じゃその時点で読める人が減っちゃう

日本語/英語ですらすら読み書き出来たら最高だっただろうに…。

2017-02-12

貧困自己責任だと思う

オレオレ詐欺架空請求金融詐欺麻薬製造復讐屋、殺人パスポート免許の偽造、生活保護搾取などなど、学歴や職歴が無くても大金を稼ぐことの出来る仕事なんていくらでもあるじゃん

リスクを取る勇気もない奴が、格差ガーだの貧困ガーだの言ってるのを見るとイライラする。そんなことを言ってる暇があるなら、手段はどうでもいいからさっさと金を稼ぐ努力しろよ。

それをしない貧困者は自己責任だろ。

国には、チャンスがそこら中に転がってるのにつかみ取ろうとしない貧困者への支援なんて無くして、もっとエリートに金を使って欲しいよ。

世界を変えるのはいつもエリートからね。

2017-02-09

http://anond.hatelabo.jp/20170209095327

お前ヒトラーユーゲントが何か全くわかってないだろ。

あれは放課後愛国教育してた青年団だぞ。

ガイジを別の学校に分けて教育すべき」っていう上の増田の話と一ミリ共通性がない。

ヒトラーユーゲントガイジ学級どころか理想的アーリア少年少女を育てようってものだ。




もとはナチス・ユーゲントとか書いてたみたいだし

ナチスのこと全然わからんまましったかぶりで変な言葉持ち出しただけだろ。

そこで書く前に調べてみようって気すらおきない、その習慣のないお前は

間違いなく学習失敗者であり低学歴だろ。

お前みたいな奴を特別支援で救い上げてやろう

っていうのが上の増田の言ってる話だ。

書いてあることはよくわかる。

anond:20170208200842

なぜ「教育困難校」を作ってしまうのだろうか。

高等学校なんだよね。高等学校学習指導要領準拠した授業で学習できない生徒がいるっておかしくない?

彼らは、小学校中学校と進級・卒業できないはずです。普通学級での学習も困難だから特別支援対象じゃないの?

素行不良の矯正精神障害治療学校仕事じゃないでしょ?療育だとしてもそのためのレディネスがない。

区別して適切な指導教育を行うべきじゃないかと考えています

2017-02-08

最近日本すごい!的な番組嫌悪感を抱く人が多いが

確かに多いと感じる、

それに対して「調子に乗るな!」「恥を知れ!」的な発想は、いかにも日本人らしくも感じます

しかしその批判はどれも表面的で、子供感想文の様な稚拙さを感じます



自然と感じるくらいに日本を称賛する番組は増えました。

でも昔からそういう番組があったわけではないです。

いつ頃から増えたか?それは5~6年前だと記憶します。

その時に何があったかと言えば、それは




東日本大震災




日本中に衝撃が走りました、しかしそれは世界中にも衝撃が走りました。

そして日本が驚いた事、それは「何で台湾が一番寄付金が多いの?」でした。

台湾日本がとても尊敬され、とても愛されている事を日本は知りませんでした。

でもその他の多くの国で、多額の寄付や援助、深い祈りを日本に向けて捧げてくれていました。

世界中で著名なスポーツ選手文化人アーティストなども一斉に心配や祈りをささげるメッセージを発してくれました。

日本世界中から尊敬や、愛を受けていました。

その事を連日の報道で見聞きする中で、自分の周りの友人知人の中から少なからず出てきた言葉が、




日本世界から嫌われているのかと思ってた…」でした。





昔、日本戦争世界中迷惑をかけたと、教育でも大人からもそう聞いていました。

バブル期には、アメリカへの自動車の輸出やアメリカ不動産の買い占めからジャパンバッシングが起こり、

その連日の報道はまるで、世界中から日本が嫌われているかのような内容でした。

日本の働き方はアリだと揶揄され、七三分け出っ歯メガネが同じスーツ着て一斉行進、

それがジャパニーズビジネスマンスタイルだと風刺されているという報道

ショックを受けながらも仕方がない、日本からと受け入れ、

天皇万歳は悪い事、日本万歳は悪い事、また昔みたいに迷惑かける国になるから

そんな考えが根底にあるのが普通でした。




でも日本戦後復興経済発展は、世界的に見ても奇跡的で、

多くの国で日本を手本にしようとしている事を知りませんでした。

日本世界中に、いろんな形で寄付や援助を戦後から長くしており、

その事に心から感謝している国も多く存在している事を知りませんでした。

日本終戦後、アジアの国の独立の為に現地に残り、戦い続けた日本兵

何千人もいて、その事に感謝をしている人たちがたくさんいる事を知りませんでした。




嫌われ者日本と思っていたのに、世界中感謝尊敬をしている国がある事、

それが震災の時の寄付支援で、日本がこんなにも世界と繋がっていたことに戦後初めて気が付いた。

そんな時でもあったと感じます




今の「日本はすごいんだ」という番組がもてはやされているのは、

そんな「日本世界嫌われ者」と永く感じながら過ごしてきた、その反動だと感じています

ただ、戦後初めての事なので、世界との距離感がまだつかめていないのも事実でしょう。

なので「日本人馬鹿じゃね?」と世界から思われるのも必然だと思います

そうやって距離感を学んでいくのでしょう。

そして波はいずれ収まります

きっとオリンピックが一つの節目になるでしょう。



それを踏まえて、戦後65年経ってから反動5年、まだ浮かれててもいいんではないでしょうかね。

http://anond.hatelabo.jp/20170208121806

容赦なく公的支援を使い倒したほうがいいんじゃねえか?

自分から言いださないともらえないものばっかりだしな。

怪我、病気が原因で長期休職した時に支給される手当とかもあったはずだが。医療費助成申請とかもしてるよな?

生活保護を頼る前に受けられる支援はたくさんあるから、まずその辺調べてみたらどうだ?もうすでにやってるかもしれんが。

生活保護も、働きながらでももらえるしな。使えるもんは使っとけ。

とりあえず、金持ちになるとか金持ちを羨むとか社会を憎む前に、子供二人を立派に育てなきゃならんのだから、変なところで無理はするなよ。何とか中学高校までなれば、親子でバイトとか始めてもいいだろうしな。俺も高校の時家にお金がなくて、一家四人でバイトに出たよ。家族が明るい雰囲気だったからみじめさはなかったし、今じゃいい思い出になってるよ。

状況が予断を許さないのはわかるが、まずあんたは病気をなんとかする。旦那さんにはちゃんと頼る。増田で吐き出すのもいいけど、やっぱりなんといっても旦那さんと前向きに話をするのが解決への道なんじゃないか社会と金を憎むパワーは一時的な活力になるが、続けると身が持たなくなるぞ。

あんたはよくやってる。旦那さんも理解があるんだろう。ご両親との関係も良好のようだ。だったらそんな変なことにはならねぇんじゃなねえかな。あんたなら子供はちゃんと育つだろうから、無理に自分を追い込むことないぜ。

まぁ何のアドバイスにもなってないが、がんばってくれよな。

2017-02-07

http://anond.hatelabo.jp/20170207195716

話の真偽はともかく根拠が金っていうのはあまり説得力がないな

今の中国って日本でいうニコ生とかユーチューバーみたいなやつのくだらない動画配信に数百万円相当とかの寄付がポンって入ったりするような

日本人からすると本当に金持ちの金の使い道が読めない国なんだから

道楽とか暇つぶし日本左翼支援してるようなやつがいても別に不思議じゃない

日本国内の話に限定したってソシャゲ課金しすぎて生活費がなくなりましたとかツイッターでわめけば

なぜか金を振り込んでくれるような親切な人が意外といるし

左翼構成員の誰かに金を出してくれるツテがあっても別に不思議ではないと思う

沖縄の反基地活動家の日当デマについて

あんネタを信じてはいけない。

今時の左翼組織にそんな金があるはずがない。

左翼親玉社民党家賃が払えないか本部事務所移転するご時世だ。

から下まで左翼組織無能巣窟で金なんか出せないんだよ。

頭も金もない哀れな連中を過大評価したら可哀想だよ。

中国から金が出てるんじゃないか、と疑う向きもあるけど、したたか計算高い

中国あんな何の役にも立たない連中を支援するかね?

KGBベ平連を援助したのとはわけが違うと思う。

電源つけてない自分PCハッキングされたことがある人、必見!

タイトルのような経験をしたことがある人って結構いると思います

https://camp-fire.jp/projects/view/20160

とりあえず、↑のURLの中身を読んでみて胡散臭いと思った人は支援ねがいします。

CAMPFIREってサイト家入一真さんが選挙出馬するときに使ったような使わなかったようなサービスです。あんま覚えていないです!

スパムではないですが、かなりうざいと思うので書き込みあんまりしないようにします。よろしくで~す!

2017-02-06

大好きなセンセのために汚名返上したい

http://anond.hatelabo.jp/20170204214653

私はジョシコーセーなんだけど、まああと1ヶ月でそれも終わるってことは置いといて

この記事書いた元増田先生とあまり話した事が無かったのでは。

正直、先生無能なのは当たり前で、この場合無能っていうのは増田が思い描く未来にどうしたら効率よく到達できるかを教えてくれないという意味での無能

クラスには40人近くの生徒が居て、大学行く人、就職する人、専門学校ほとんどの生徒が目指す場所が違うのに、全体に向けて「Fランでも大学出ないと詰む」とか言ったら問題になるし。

死ぬほど就職したい企業があって、学校がその企業への就職支援が手厚いとか、女の子だったら結婚するつもりだからすぐ就職して結婚して専業主婦だとか。大学に行かなくていい理由なんて探せば死ぬほどあるし、行かなくても幸せなるなんてよゆーな人もいる。

でも増田が思う幸せ、というか理想未来に届くためにはFランでも大学卒業する必要があっただけの話。

で、そこで増田大学出といた方がいいよ!て言うのは、教師というよりも信頼できる大人の方が正しいかなあ、学校という枠組みから出て、国公立合格率とか気にしない、自分に合わせて話をしてくれる自分より人生経験のある大人なら教師でも塾の先生でも親でも先輩でも誰でもいいし、自分から聞こうという意思もないのに教えてくれなかった…と嘆くのはお門違いだと感じる。

あたしの場合それが担任じゃない先生だった。だから教師という職業糾弾するのはあたしのセンセーに免じてやめて欲しいなあと思った。

2017-02-05

ツイッター炎上した人はどうなってしまうのか


去年炎上した、元カレお金を返してもらおうと人間違いで請求してしまい、とっさに相手のせいにしてしまい、そのせいでウソがばれて彼氏と別れてしまったあの子

何万もリツイートされ、アルファツイッタラーアフィブログがこぞって広め、名前トレンド入りしてしまった。

「こいつの人生終わったなwww」と皆が嘲笑った。同情する人は少なかった。

私は泣きそうだった。お金を返してもらえなくて辛かっただろうに、人間違いも、とっさに人のせいにしてしまうことも、嘘をつくことも、確かに良くない。けど、だからといって何故ここまで罰を受けなくてはならない?誰にだって間違いはある。もっと罰されるべき人間はいくらでもいるのに。レイシストもセクシストも盗撮魔もネット中野しなのに。

どうしてここまで、笑いながら何万人もの人間が一人の高校生をけ飛ばすことができる?人生が終わったことを嘲笑える?

彼女人生は本当に終わってしまったのだろうか。

就職も、結婚もできず、日本にいる限り暗い未来しかないのだろうか。

たとえそれが杞憂で、誰もが彼女を忘れてしまうとして――日本中名前が広まってしまった、特定されてしまった恐怖、人生が終わるとささやかれる恐怖は高校生一人が抱えきれるものではないだろう。自殺してもおかしくない

男子トイレに入った女子高生炎上もっとひどかった。

「男女逆だったら許されないのに」

それを大義名分に引き起こされた炎上は男女逆よりはるかに大きかった。

女子トイレ盗撮をしたアカウントはいくつもあるのに。みんな炎上してないのに。第一あの男子トイレには誰もいない様子だったのに。

私がこうして書くことがなおさら人々に思い出させ、傷をえぐるだろう。

だが、本当に彼女たちに救いはないのだろうか。

犯罪者支援する団体センターみたいなものがあるのだからネット炎上した人を支援するものがあってもいいと思う。

http://anond.hatelabo.jp/20170204225930

もうすぐ中学入学の娘がいる。元増田に親しいかも。

私自身は文系院卒という謎の学歴

「なぜ勉強するのか」は、うちも聞かれるだろう。中二病シーズンに入りそうだし。

で、勉強する理由に対する説明は、知識の蓄積量を増やせること、自分考える力の精度を高めること、将来の選択肢

を増やせる可能性があること、程度に言うと思う。

親ができることなんて、子供が選ぶことのできる道を沢山用意し、支援することだけ。


学問権威に服従することではなく、

学問は先人研究者の教えや知見をもとに、新しい発見をするものなんだよ、と伝えたい。

2017-02-04

社会主義国で、つい最近まで事実上カストロ独裁国で、欧米から人権指数が低い」と指摘されたキューバは、

全ての国民医療費無料だよ。

高齢者からじわじわ自己負担率を上げ、子供ばかりに依怙贔屓する日本より、キューバの方がましじゃん。

(にもかからわずマスゴミは「日本高齢者ばかり優遇し、子供への支援が足りない」とほざく)

個人としての子供の人権保障されるべきだしそのための支援必要だと思うけれど、

それを当然のように『女性』の問題に含めないで欲しいんだわ。男女共同参画が何故保育園問題で埋まるのか、理解に苦しむ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん