「戦争」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 戦争とは

2016-08-29

鯖華玲って最近見ないけど涙目敗走したの?

ようやく増田と鯖の2年戦争終結かな

今日は朝から札幌中すごくうるさかった

ドグォォォォン!! とか ズズズズゥウウン… とか ドッガーン!! とかって

最初地震!? って思ったけど、揺れ自体全然なくて頭や身体にブルブル重低音が響く感じ

次に隣で工事してるのか!? って思ったけど、それにしてはうるさすぎだし工事してないし

そして運動会!? って思ったけど、響き過ぎだし今までの記憶とはかけ離れた規模の轟音だった



しばらく続いていたが鳴らなくなって、何だったんだろと思いつつも普通に過ごすが、また再開

ネットで調べてたら(テレビ見れる環境じゃなかった)、どうやら近隣の自衛隊基地での演習らしいとTwitterで流れてきた

で、行政ウェブサイトや市内ニュース探しても、どこにもその情報載ってないのね(未だにTwitter知恵袋ソースしかなく、正式情報はない)

そんなんでええんか

市内中の人が疑問に思ってたぞ

10年前くらいにも同じような問題があったらしくて、天候や雲の影響で音が遠くまで響くことがあるそう

そんな時は、緊急速報のような一斉メールで「轟音は自衛隊の演習が原因なので安心して下さい」とか伝えてくれよ

最低限、市のウェブサイトには掲載して欲しいぞ



こんな一日だったが、今気になっているのは、「戦争!?」とか「危険が迫ってるのか!?」っていう考えが自分や周りに全くなかったこと

どう考えても明らかに異常な轟音が連続で鳴り響いていて、原因もわかんないのに、皆いつもどおり普通に生活してる

案外戦争が始まる時ってこんな感じなのかもしれないですね

2016-08-28

http://anond.hatelabo.jp/20160828223101

相反するように見えて、それでも双方に通じる「アメリカ価値観」てのはそれ以上に大きいんだ

意見対立戦争、ていかにも同調圧力王国日本人の考え方だな

近いうちに戦争でもあるんじゃね

そのうちアメリカヒラリークリントン共和国ドナルドトランプ王国の二つにわかれて戦争し始めると個人的に信じてる

戦争っていうか内戦だけど


リベラル右翼対立って「かなり深刻」だよね

すっげー憎みあってるし、いくらネットとかで議論してもまったく分かり合えないじゃん。どれだけ言葉を尽くしても。

右翼リベラルの間に対話余地なんてもはや存在しないんだなあ、と

既に他の解決方法なんてなさそうだし

言葉相手折伏できないんなら、あとは殺しあうしかないんじゃん?

http://anond.hatelabo.jp/20160827133226

こういう感想を読むと、改めて、シン・ゴジラゴジラ映画として正統派なんだと思う。

311以前までは、「初代ゴジラ」が少し不思議だった。敗戦から10年も経ってていない時代に公開された映画

多くの都市を焼き尽くした空襲記憶も人々に生々しい上、伊勢湾台風などの巨大災害犠牲者も多かった。

それなのに人々はなぜ、娯楽としての破壊神必要としたのか? 現実で十分だった筈なのに。

からこそだったのだと、今は実感として思う。

戦争災害で為す術もなく破壊された日常現実を一観客として俯瞰することを多くの人が必要としたんだと。

ハッピーエンドとまではいかぬにせよ、カタストロフに抵抗し勝利した物語記憶を上書きし、受け入れがたい現実をやり過ごそうと、今の我々のように藻掻いていたんだろうかと。

からシンゴジラのヒットがすこし恐い。あまりに今の日本の願望が描かれすぎていて。

いやエンタメ理想を描くことはナニも悪くないのだが……現実と被りすぎるだけに、熱狂しすぎるのは危ないなと。

単なる怪獣映画にせよ、よく出来てる娯楽の影響力は大きいからね。

http://anond.hatelabo.jp/20160828144020

Yahoo!トピックスに載ってた記事にツッコんだだけだから

相対的貧困」とは、その社会において、平均的な暮らしを送ることができていないことを指す。たとえば戦争で焼け出された難民のように、食べるものや着るものに困窮している「絶対的貧困」とは違う。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160828-00010001-bfj-soci&p=2

http://anond.hatelabo.jp/20160828120007

仙人のような奴だな。

仁義なき戦い』の脚本家笠原和夫は「日本戦争に負け、経済戦争にも負けた。この先何を目的にこの国はやっていくのか見当もつかない」と言い残して死んだ。

だが結局日本人は性懲りもなくカネのことだけを考え続けて中国にまで負けてしまった(宮崎駿がこの点をボロクソにけなしている)。

リーマンショックで少し目が覚めたのかマルクスブームなんてものが起こったりしているが、日本人は変わるのか、変わらないとすればどうなっていくのか見据えてもらいたい。

2016-08-26

夫の育児休暇いらなくね?

ニュース見て認可保育園戦争が激し過ぎて女すら産休のみで育児休暇取らないんだろ?

なんで夫の育児休暇要るんだよ

2016-08-24

http://anond.hatelabo.jp/20160824092103

こういう話の戦争の例は極端だと思う

メートルしかない横断歩道でも、信号に従う自分を誇らしげにしている人。

決められた事に従う事に何の疑問も持たない人。

をここまで印象悪く言っていいのだろうか

ルールマナーを振りかざす人

メートルしかない横断歩道でも、信号に従う自分を誇らしげにしている人。

決められた事に従う事に何の疑問も持たない人。

そういった人々は、守らない相手をなぜか非難する。

守らない事でさほど害がなかったり、むしろ合理的であるような事でも、守る事が偉いと思っているからだ。

正しい事さえしていれば、守ってもらえると。そして、そうでない輩を大っぴらに批判する事ができるし、優越感、守ってて偉いねという承認欲求も満たされる。

優先席マナーも、それが本当にペースメーカーに悪影響なのか知ろうともせず、ただルールから盲目的に従い、あまつさえ他人強要してくる。私は正しい事をしてるんだと鼻息荒く。

こういう人が、戦争の時に決められたルールに従い、非国民などと声高に叫んだタイプであろう。

一億火の玉時代にいたら、秩序を乱すという理由でさぞかし他人やり玉に挙げていたであろう。

予備自衛官確保へ

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160821/k10010644541000.html

戦争反対を声高に主張する左翼はこれを権力の横暴だの安倍戦争をどうのこうのと言うのだろうが、

そこまでして軍人を集めなければならない理由が伏せられていることの方に脅威を感じるんだが

そうすると俺は右翼ってことになるわけ?

2016-08-23

通常兵器効果があるなら最大火力?

から「後から判明したこと」から遡って「なぜあのときああしなかったの?」と言うのは無しでいこうよ。小学生じゃないんだからちゃんとストーリーの中での必然性を語ろうよ。



エネルギー切れるまで打たせろ」→ゴジラが一通り東京荒らし尽くして制止している状態が「休眠」であると「仮定」できるようになって初めて言えること。それ自体ゴジラ停止から数日後でしょ。

無人機使ってから誘導兵器云々」→だからそれも後出し軍隊同士の戦争じゃなく「どんな進化するかわからない不明生物」との戦闘なんだって相手の出方が全く予想できない状態で「相手停止!一斉攻撃!」なんて指揮したらそれこそ負けフラグのものでしょ。ましてそこに「群体化・有翼化」なんて可能性が出てきたら、確実に「通常兵器による攻撃差し控えよう」という判断になるわ。

「休眠してる間に次なる進化可能性を誰も考慮してないの?」→だから、それがあったからこその国連の「核攻撃やむなし」って判断でしょ。ちゃんと見てた? その考察あったから安田くんも「そりゃ選択肢としてはある」って言ったんだよ。むしろ、群体・有翼化して四方八方に飛び散るかもしれない(そして各地で再び巨大化するかもしれない!)生き物に対して、あなたが「物量作戦空爆が上策」と思ってるのが不思議で仕方ないよ。

結果論結果論、そして穴だらけの考察あなたの書いてることは、普通に全てシナリオの中で解決がついてることばかりだよ。あなたが「おかしい」と感じるのは、端的に言って読解力不足のせいなんだよ。

ハッキリ言うけど、そもそもあなた最初は「群体・有翼化」の話が作中で出ていたことを完全に見落としてたでしょ? そのレベル記憶作品の「あれがおかしい、これがおかしい」と言うのはちょっとどうかと思うよ。

それにね。「シン・ゴジラ」のラストは、「みんなでゴジラ倒したったwwwやったぜww」じゃないんだよ。あなたはそれさえ分かってないんじゃないの? ラストシーン尻尾の大写しは、最後最後で「ほんとにギリギリ幸運による成功だったに過ぎない」「一歩間違えたら最悪の事態だったかもしれない」「しかもその悪夢はまだ終わってないかもしれない」ってことをあの映像で観ているものに見せつけて、最後にゾッとさせる系のエンディングだったんだよ? 人類ゴジラ禍をまだ全然逃れ得ていないし、だからそもそも「あの攻撃が後から見てもベストでした」なんてこと、映画の中でも誰も言ってないしそういう作りにもなっていない。ただ「その時点その時点で得ていた情報の中で、各自が最適を選びながらがんばった」という話だったんだよ。各自の行動に、ストーリーご都合主義的で不自然かつ間抜けな見落としはほとんどない。そういった完成度の高さも、あの映画評価されてる一因なんだよ。

もちろん、本当のところ映画制作の都合上「そう言いつつも、この絵を見せたいからこうしたんだよねー」という部分は、そりゃある。映画からね。「リアル」と「リアリティ」は違うからね。ただ、その嘘の見せ方自体もかなりうまかった。納得して許せるなと思えるレベル。その意味で、あの作品の防御力はゴジラ並に堅い。だから、あの映画に切り込みたいならもっと違った角度、切り口、意表をつくアプローチ必要なんだよ。

http://anond.hatelabo.jp/20160823104151



なお、タイトルの「通常兵器による最大火力」について一言考察。ここからはオマケ。

アメリカには「通常兵器有効」だというデータはあったのだろうけど、それに加えて、ゴジラレーダーのような能力を備えることまで予測していたのかもしれないね。でないと『同質量の金と同額』とまで言われる世界一高価なステルス爆撃機B2を(しかも3機も!)投入するのは不自然から。そして爆撃に使用するのは外しようのない、最大火力の誘導兵器である地中貫通爆弾バンカーバスター

まり、この時点ですでにアメリカは「普通に適切と考えられる最大の兵力」を投入してるんだよね。しか当事国同意を得ないうちに素早く。アメリカいか危機感をもち早期収束を焦っていたかが分かるね。しかし、そんなアメリカですら残念ながら予測できていなかったことが二つあった。「ゴジラ攻撃の対空レーザーへの進化」加えて「バンカーバスターで貫くことはできても死なないどころか怒らせただけというゴジラ身体構成(結果、馬鹿みたいに被害火災とおそらく放射能汚染)が拡大)」という2点。この2点のミスは致命的でかなり痛い。結果、米軍全体でも21機しか保有しないB2のうち3機(しめて約5000億円?)とその搭乗員を失い(エリート爆撃機乗員6名以上…プライスレス)、同盟である当事国の首脳陣をほぼ全滅させ(プライスレス)、同首都に壊滅的な打撃を与え(東北震災の約10倍としてざっと数百兆円? 円と株の暴落による世界経済への影響は…少なくとも米国債ドル暴落にも歯止めかからないレベルの打撃はまさにプライスレス)…。これ、単なる「攻撃作戦失敗」の域を越えてるよ?! いくら大統領に巨大な権限があるとしても「判断ミス」追及されたら辞任どころか死刑になってもおかしくないくらいの大失態だよ? ゴジラ対処する必要がある超非常事態からこそギリギリ責任問われずに済んでるけど。結果、アメリカ自分判断では動けなくなり、国連主導の解決策に移行するしかなくなった。その国連判断が、中露という地勢的に近隣な国々を中心とした「核攻撃止むなし」という結論であって、「通常兵器でなんとかしようとしてた前半」と「核攻撃止むなしの後半」では主体が変わってることもけっこう重要ポイントですね。

http://anond.hatelabo.jp/20160823112518

オリンピック本来目的は、戦争行為の代償なんですよ。

他国戦争して勝ちたがっている国民はどの国にも大勢居て、そいう国民気持ちを抑えるために、

国同士が戦争をする代わりにオリンピックで競い合ってるの。

から、国費を軍事防衛費に使うのと同じように、国費で選手という武器を育成しているわけ。




もし、本当にオリンピック純粋スポーツの祭典なら、

別に入場なんかせずに、競技別にした方が自然だし、

いちいちどの国が何個メダルを取ったかなんてニュースにならないよ。

メダルはその選手のものであって、国は関係無くなるのだから

ちょっと待て、「野火」こそ過大評価されすぎだろ

シンゴジラとか邦画論争と関係なくてすまんが、逆張りではなく、「野火」は面白くなかった

なぜあんなに好評なのか謎である



良くなかった点のまとめ


映像

NHK再現ドラマっぽいハイビジョン感というか、RGBギラギラな緑(自然)にギラギラな青(空)

そこにわざとらしく墨を塗られたようなボロい日本兵がくっきり映る

それはそれでいいとして、時間の経過を表すために挟まれる、内容とまったく関係無い「移り変わる雲」「夕陽の海」とか、ダサい上にダルい

映像オーバーラップ手法とか、あえてやっているとしても何の効果も感じない

内臓飛び出たり四肢が舞う感じの殺戮シーンも、特に印象に残るほどではない



・演技

これといって迫力あるシーンがない

(わりと重要な役である若い役者の下手くそさは再現ドラマ感を際立たせ、

ブランキードラムの格好付けたキャラクターには既視感がある

リリーフランキーも、別にいいとこなかった

山本浩司ちょっと好きなんだが、ちょい役すぎてすぐ消えた

若い役者リリーの役、山本のほうが良かったのでは)



ストーリー

普通だった

予想通りの話(別に急展開を望むような題材ではないが)

ただ、上記の映像と演技がベースで話も普通だとすると、どこを見ろということである



そしてやはり今年「ゆきゆきて神軍」を見たのだが、面白かった

一部ファン神格化されてるサブカル映画ってイメージだったので、全然期待せず見たのが逆に良かったのかもしれない

内容としては「野火」の後日談的なドキュメンタリーとも言えるわけだが、

戦争でのやましいことを忘れて生きようとするおじいちゃん達と、それを許さぬ奥崎さんとの取っ組み合いの喧嘩とか、

こっちのほうがちゃんと地獄を感じる


http://anond.hatelabo.jp/20160822214815

2016-08-21

誰がどんだけ死のうがどうでもいい

自分が接点を持つ人以外はすべてモブキャラだと思って生きている。接点ない人達はいるのもいないのも同じ。だからテロで何百人死のうが、戦争で何十万人死のうが、ふーんとしか思えない。なんでみんな他人の死に怒りや悲しみを感じる事ができるんだろう。家族や知人なら分かるよ? でも赤の他人じゃん。



テロとか戦争とか航空機事故とかって、自分日常を彩るニュースとしての価値なら多少は感じるけど、少なくとも悲しみを感じるような類のものじゃない気がするんだけどなぁ。

http://anond.hatelabo.jp/20160820215813

まあ、ヒトモドキ程度の価値だろうなあ。

少なくとも同じ人間とは見做してはいけないし、戦争になったらまず大卒より先に殺されるべき種類

2016-08-20

ハウルの動く城

カルシファー:くさい。生きものと鉄の焼ける臭いだ。

   半身鳥の魔獣と化したハウル暖炉の前の小さな腰掛に座り、脚を投げ出して、うめき声をあげる。だんだんに人の姿へと戻る。息をつく。

カルシファーあんまり飛ぶと戻れなくなるぜ。(そばにあった薪をたぐり寄せ)すごいだろ。ソフィーが置いてくれたんだ。

ハウル   :ひどい戦争だ。南の海から北の国境まで火の海だった。

カルシファー:おいら火薬の火は嫌いだな。やつらには礼儀ってものがないからね。

ハウル   :同業者に襲われたよ。

カルシファー荒地の魔女か?

ハウル   :いや。三下だったが、怪物に変身していた。

カルシファーそいつらあとで泣くことになるな。まず人間には戻れないよ。

ハウル   :平気だろう。泣くことも忘れるさ。

カルシファーハウル国王に呼び出されてるんだろう?

ハウル   :まあね。風呂にお湯を送ってくれ。

カルシファー:え。またかよ。

足るを知ってはいけない

自分が十分に裕福であることを自覚して、

それで満足して向上心が無いのはダメだよね。競争社会的に。

常に自分は貧しい、不幸だ、惨めだ、だから努力して手に入れる全てを。ってやるのが

あるべき社会の姿なんでしょう。

から今時の若者に「お前らは貧乏だ。不幸だ。惨めだ。」ってメッセージを送って発奮させないとダメなの。

本当の貧乏とか飢餓とか戦争とかどうでもいいんだよ。

2016-08-19

http://anond.hatelabo.jp/20160818213556

よし、ならば具体的に戦争を考えてみよう。

どこの国の人間を、自分たち経済的利益のために侵略するあるいは敵対する?


日本は約3割が高齢社会から今の疲弊した現役世代の男が3900万人くらいが戦場に行って

ww2を参考に考えたら 総人口の4%、つまり635万人くらいが死ぬ。(まあ実際には民間除くと兵の死亡は少ないかもしれない)

16%が死ぬ

残りの3364万人もまあ下半身なかったり腕もげたり足もげたりします。伝染病などにもかかりまくりです。

近代戦でも補給が絶たれたりすれば一気に免疫が下がり病気餓死に至ります

別に火薬を使った攻撃は全く廃れてないので、腕や下半身がもげるのは現代でも変わらないでしょう。

で現地で、自国侵略してきた日本人決死排除しようとする兵や家族を殺します。

一生懸命暮らして築き上げた家や家族を守ろうと相手必死です。

当然日本人と同じように彼らに家族パートナーや友人たちとの愛があり絆があります

それを経済的利益のために殺しまくっていくうちに精神的に壊れていく人もいます

特に大義なき戦争では自国家族などから兵が責められるなどのこともあり脳が壊れていきます

一方残った民間人は全ての活動制限され戦争のために奉仕することになります日本資源はないですから

さらランダムに住居や職場破壊されます

破壊される一方で迎撃ほとんどできません。過去日本戦争では少なくともその余裕がありませんでした。

知り合いが死に、或は自分家族が死に、手足はもげお腹は減り不安陰鬱空気の中生きていきます

それでも勝つかもしれません。

http://anond.hatelabo.jp/20160818213556

よし、ならば具体的に戦争を考えてみよう。

どこの国の人間を、自分たち経済的利益のために侵略するあるいは敵対する?


日本は約3割が高齢社会から今の疲弊した現役世代の男が3900万人くらいが戦場に行って

ww2を参考に考えたら 総人口の4%、つまり635万人くらいが死ぬ。(まあ実際には民間除くと兵の死亡は少ないかもしれない)

16%が死ぬ

残りの3364万人もまあ下半身なかったり腕もげたり足もげたりします。伝染病などにもかかりまくりです。

近代戦でも補給が絶たれたりすれば一気に免疫が下がり病気餓死に至ります

別に火薬を使った攻撃は全く廃れてないので、腕や下半身がもげるのは現代でも変わらないでしょう。

で現地で、自国侵略してきた日本人決死排除しようとする兵や家族を殺します。

一生懸命暮らして築き上げた家や家族を守ろうと相手必死です。

当然日本人と同じように彼らに家族パートナーや友人たちとの愛があり絆があります

それを経済的利益のために殺しまくっていくうちに精神的に壊れていく人もいます

特に大義なき戦争では自国家族などから兵が責められるなどのこともあり脳が壊れていきます

一方残った民間人は全ての活動制限され戦争のために奉仕することになります日本資源はないですから

さらランダムに住居や職場破壊されます

破壊される一方で迎撃ほとんどできません。過去日本戦争では少なくともその余裕がありませんでした。

知り合いが死に、或は自分家族が死に、手足はもげお腹は減り不安陰鬱空気の中生きていきます

それでも勝つかもしれません。

税金の使われ方グラフ国債社会保障

公民資料私たち生活と税

https://www.nta.go.jp/tokyo/shiraberu/gakushu/kyozai/chiba02.pdf

国債が歳入の41%を占めている先進国政府の税収として極めて異常な状態

 

対してアメリカ合衆国の歳入

http://www.dir.co.jp/research/report/place/intro-usa/20140605_008612.pdf 

データは古いが

その他すべてが国債であっても8.6%である

 

我が国財政は既に破綻状態突入している。

しかしながら、なぜ亡国とならないのかというと国民が耐え忍んでいるかである

バブルが弾けてからこの状態が何十年と続いている。

その際の負債を支払わず役人政治家2世3世たちは今ものうのうと政治をしている。

ようは国民全員から分け隔てなく国債によって税収が上乗せされているのだが、

その国民疲弊しているにも関わらず死なないおかげで消費税を引き上げることも可能だし、

国債を膨らまし続けても政府が潰れないのだ。

今の日本国政府無抵抗主義サラリーマンたちの手によって支えられているといって過言ではない。

またアメリカではサービス産業にはチップ文化があるため弱者立場に置かれやすサービス従事者たちは税を免れる道が残されている。

しかし、チップ文化がない日本ではどれだけ個人努力したところで耳を揃えて税収され一生彼らは逆転することはない。

弱者強者も等しく同じ負担をしいれば死ぬのは弱者だけである

バイト派遣正社員の扱いや保障が違うのも異常であるがこの概念が導入された際に、

時の労働組合大企業国内奴隷が欲しかったため政府に今の体制を飲ませた。

今の日本の不幸の始まりを作ったこいつらは今ものうのうと生きている。

 

国民生命を守るとうたわれた社会保障も本当に守られるべき弱者は守られていない。

生活保護も切り捨てに掛かろうとしている。

本当に受給必要かどうかを明確に判断するマニュアルすら無いまま進められている。

既に現金必要のない老人にも社会保障されている。

身寄りのない老人の箪笥預金が消える先は国だ。

障害者にしても心的障碍者に対する冷遇は今も続いている。

鬱による自殺は減ることな自殺者も一向に減る気配がない。

 

私は恐ろしい。

反旗を翻さずにお互い無関心で死に突き進む日本人が恐ろしい。

国の理不尽で無策で無能政治によって年々膨らむ税に物言わずに律儀に支払続けている国民たち。

お国のために死ぬという精神性は決して滅んでいなかったのである

大々的な戦争が無くなった現代においての戦争代替物とは経済格差である

今、日本戦争状態突入しているにも関わらず、それに目に見える形で認識できていないため他人事の態度をしている。

我々は死に向かっている。

私は死に向かっている。

あなたは死に向かっている。

彼は死に向かっている。

彼女は死に向かっている。

独立した個性ある一人の人間として全員一人ずつ一人で死に向かっている。

空いている落とし穴に気付かずに。

 

憎め。

反骨しろ

悪は、右翼左翼与党野党各省含む日本政府関係者全て。

悪は、奴隷を欲しがった労働組合大企業幹部

悪は、奴隷PRした電通報道業界

悪は、抵抗しない国民たち自身

憎め。

憎め。

憎め。

憎め。

今の生活を変わるために憎め。

http://anond.hatelabo.jp/20160818213556

ブコメにもあるけど、北朝鮮韓国、もしくは韓国vs中国あたりの戦争でクソ国同士が潰し合ってくれるのが一番いい

細けえこたあ気にすんなよ! (お茶碗のなかにコメを残しながら)

http://togetter.com/li/1013448

一体どうして、コメを残すことだけにこんなに敏感なのか私には分からない。コメを作った人に感謝してコメを残すなという指摘をよく聞くけど、コメ以外だって作ったヒトがいるわけだからコメけがこんなにセンシティブである必要はないと思う。トマトだってキュウリだって豆腐だってみんな作ったヒトがいるはずだから等しくリスペクトされても良いと思う。

それから、その場に居ないようなヒトに感謝を表して手間をかけるというのは、なんだか気持ち悪いと思う。誰かのことを考えてコメを残すなというときに、百歩譲って納得できるのは、皿を洗うヒトの手間を考えなさいということならまだわかる。米粒が茶碗に残っていると洗いにくいので、綺麗にしましょうといえば確かにそうだと思う。

かつて食料が貴重な時代が有ったという説明はなんとなく理解できそうだけど、「戦争世代」の「もったいない習慣」が淘汰されつつあるのに、コメ問題だけ70年の時を超えて生きながらえているのはなんでなんだろう?

正直、コメに関することは若干宗教っぽい正義を振りかざしているように見える。だれかこの方面から分析した意見があれば教えてください。

2016-08-18

戦争はいいぞ

戦争はいいぞ。

できれば日本から遠くで起きてもらったほうが良い。

戦争は砲火を交えてあらゆるもの破壊する。

経済も住処も人命も破壊され、焼け出された人々は難民となって周辺国へ落ち延びる。

グローバルにつながっている現代において地球は狭くなった。

シリア内戦の影響で何十万人と中東欧州へと移動があったのも記憶に新しい。

しかしこの程度の戦争だと戦乱による消費低迷が激しい。

ウクライナ内戦では国家総生産が3/4まで消滅した。

これでは巡り巡って日本にも影響するだろう。それはよくない。

よってもう少し遠くで起きてもらいたい。

土星など良いのではないだろうか。

土星でもまだ近いだろうか?

海王星の向こうでもいい。戦争をやるのは宇宙人がいい。

我々地球人は水を売るのだ。流れ弾に怯えながら売るのだ。

質量弾が琵琶湖に墜落して水が消失すると予想されたので、丸ごと売ってやるのだ。

いややっぱり戦争はろくなもんじゃないな。

戦争なんてやめたほうがいいぞ。