「文学」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 文学とは

2016-07-27

わたしの中の増田さん

私です。この増田を書いている私です。今年で大体3年目になります

週に一度は100ブクマ超えます。月に二度は500ブクマ超えます。年に二度は1000ブクマ超えます

でも、最高は1500ブクマくらいで、年間ランキングにはなかなか含まれません。

書いている内容は自分でも多様だと思います。いつか増田卒業するとき自分の書いた増田ランキングでも作れたらいいなと思ってます

でも、一番うれしいのは増田文学が伸びた時です。文学は読むのも書くのも好きだからです。

大きな数字にはなかなか至りませんが、自分にとっては記録を伸ばすことよりよっぽど価値あるブクマです。



初めて100近くブクマがついた時は、10分おきに増えていくブクマを眺めてニヤニヤしてました。

私にとって増田コミュニケーションであり対話です。いつもコメントありがとうございます

反対にブコメは週に数回しかしません。スターほとんど付かないしほとんど付けません。

から、IDを白日のもとに晒したところで知っている人はほとんどいないと思います

いつもコメントをもらってばかりで申し訳ないとは思っているのですが、誰かの増田を読むと文体の影響をすぐに受けてしまタイプなので、読みたくても躊躇してしまうのです。

そういう増田さんは多いのではないでしょうか。



どんなブコメも好きだし嬉しいと前置きをした上で、スターが沢山ついているブコメより余計なことを言わずにちょこんと寄り添ってくれるようなブコメが好きです。

どこの誰かもわからない相手を思いやり、しっかりと考えてくれる優しさを感じるからです。

私自身が誰かに知らるより、私の書いた増田に何かを思い、言葉を残してくれることが私にとっての幸せです。

増田作家ブクマ家があって初めて成り立ちます

増田代表するつもりなんて微塵もありませんが、これからもどうぞ宜しくお願いします。

2016-07-26

口は災いのもとと云う

Facebookだとかの自己顕示欲系のSNSとか、掲示板とかブログとかLINEとか、ふと思ったのだが、他人が人に犯罪を“そそのかす”ような作用でもあるのかな?闇の掲示板では、金を払って殺人を依頼するなんてのもあったが、ネット言語は、活字として現されるが、その言っていることは、すべて口語だ。その場で言い放たれてしまうおしゃべりと同等だ。それが活字として視界にも残る。すべての元凶なんだ。コンピュータ世界

昭和ノーベル文学賞作家である川端康成小説雪国」の冒頭の一行「トンネルを抜けるとそこは雪国だった」の“てにをはから、書き出しを国境の長いトンネルを抜けるととするかどうかとか、その一行をああでもない、こうでもないと一年も二年も呻吟したそうだ。それが言ってみれば文語文章のことば、文学!。

人の口に戸は立てられない。口ほど恐ろしいものはない。は昔から言われる慣用句

クチコミであるから直に出る言葉が踊るネット世界は魔界だよ!。魑魅魍魎が住む

伏魔殿。怖い怖い怖い怖い怖い怖い…。くわばらくばわら…。

2016-07-23

キリスト教徒になってわかったこと

いろいろあってキリスト教徒になりました。

んで気づいたんですけど、日本人って無宗教の人が多いじゃないですか(主語がでかいですか、すいません)。

そうすると、拝金主義とか消費社会に対する批判に触れる機会が文学映画ぐらいしか無いんですよね。

小説ならバルザックとかトルストイ漫画なら岡崎京子とか青木雄二映画ならフィンチャーとか。あとはまぁマルクスですか。

でもこれらって大人になってからじゃないと読めないじゃないですか岡崎京子とかナニワ金融道子どものころに読んでるかもしれないですけど、その根底消費社会拝金主義批判がある(岡崎京子ならたぶんゴダールの影響、青木雄二なら自身経験に加えてマルクスの影響)って気付ける小学生ってなかなかいないと思うんです。

拝金主義消費社会批判に幼いころから触れないもんだから、金こそ全てみたいな価値観蔓延やすくて、よくないと思うんです。増田毎日投稿される労働者の苦悩みたいなの見てると切に思います

その点聖書って子どもでもよく分かる話で「金が全てじゃないんだよ」って教えてくれるんで、いいと思います。どうですか増田見てるお父さん方(布教)。

そういやこの前、カイジを読んだ学生で、利根川演説に感動したって言ってる人がいました。利根川さんはその思想に基づいて行動した結果、焼き土下座させられてるんですけど、いいんですかね。

2016-07-22

日本終わったな

邦楽 = アイドル以外売れない 終わったな

文学 = 村上春樹が死んだらカリスマ不在 終わったな

政治 = 都知事選みりゃわかる 終わったな

経済 = 何しても給料は増えないし、これから少子高齢本番 終わったな

科学 = すさまじい投資中国が圧倒的になる未来が見えてる 終わったな

企業 = 大企業病ばかりの上に東芝シャープみたいに誤魔化しまくって延命 終わったな

地方 = 自治体から風土まで消滅予定 終わったな

人権 = 左派全滅の上、先祖帰り願望者増加 終わったな

外交 = アメリカが絶賛パワーダウン中 終わったな

都市 = 少子化本番な上、一極集中で住居・育児環境悪化少子化スパイラル 終わったな

なんだよ…

どうすりゃいいんだこの世紀末

1999年の時はノストラダムスも楽しめたのに

もはや希望が見いだせない

2016-07-21

文学が偉いのはアニメ作家ノーベル文学賞獲ったことがないことから証明されてるから

文学アニメバカにしていい

もっと文学は偉そうにすべきだ

大衆迎合するな

見下せ

孤高でいろ

そして消えていけ

http://anond.hatelabo.jp/20160721142731

マジレスすると娯楽系小説一般文学カテゴライズはしねえだろ。

割と明確な基準はあるぞ。

トップセラーだったもの

時代的な価値のあるもの

・原文が日本語以外のもの

・史科学的な価値を有するもの

位は踏まえねば文学たらんよ。

文学業界アニメ業界喧嘩してるけど

他の業界はほんと喧嘩しなくなったよねー。

マクドナルドモスバーガー喧嘩しないし、

セブンイレブンローソンファミリーマート喧嘩しないし、

西友イトーヨーカドーイオン喧嘩しないし、

放送業界、電機業界、銀行業界、自動車メーカー食品メーカーしかり。

共存共栄」とか「住み分け」とかやってる方が気持ち悪いのであって、

余計な一言煽り合ったり、互いに批判したりしてこそ、健全資本主義社会と言えるのではないか

最近、世の中が停滞しているように感じる原因はそこにあると思う。

文学ってのはもっと豊かで人を幸せにするもんだろ

それは問題を取り違えてるよ。

あのコピーから感じ取れる主張は、少なくとも俺にとっては「文学アニメより高尚です」という主張ではなくて「文学ファンは(ですらないと俺は思ってる。このサイト、要するに利権業者広告代理店発注したものだろ?)アニメファンより高尚です」というものだ。ようするに「文学が高尚であってくれないとそれをネタ商売ができねえ、都合が悪い」という意思だ。

この主張の差は、小さくはないよ。

そしてそれに対して、「いやいやそんなことはねーだろよ」と俺は思ったんだよ。

「そんなことはねーだろ。少なくとも、他ジャンル(今回はアニメ)を揶揄しないと自意識を保てないようなファン自尊心ってどんなもんよ?」と。

そもそもの話、多くの文学者アニメを下になってみてないわけよ。文学をそこまで高尚だと思ってすらいないわけ。高橋源一郎は「君が文学を苦手に思ったとしても文学面白はいつかきっと君に届く。安心しろ」と「文学がこんなにわかっていいかしら」の中で言った。書き手がそうであるのに、たかだか文学賞選考委員新聞などの、いわゆる外野が、書き手ファンの間に割り込んできて「ティチングしてやる」という、その態度が醜悪だと思ったわけよ。そこにあるのは権威化して利権を得ようとする私欲だけだ。

少なくとも俺は、文学ファンとして、このサイトは許容できないよ。俺の大好きな文学は、こんなふうに、他を引き合いに出さなきゃコピーひとつ作れないようなものじゃない。文字文章の力を信じて、独力で読者の心に豊かさを届けられるものだよ。そんな文学が、俺は大好きなんだ。

http://anond.hatelabo.jp/20160721015413

じゃあ最近作家だと誰が文学なの?

最近

http://anond.hatelabo.jp/20160721021822

ところが日本文学畑には村上春樹文学ではないとされ無視されてきた歴史があるのです・・・

確かにアニメ現実とかけ離れてるし、心情描写とかも少ないか

人間の事を知りたいんなら文学の方が楽しいと思う

下手な小説よりはエヴァとかウテナとかまどマギとかの方が面白いと思うけど大抵のロリロリハーレムエッチアニメはクソだと思う

アニメは突出してるのはめちゃくちゃ面白いけど駄作もかなり目につく

アニオタ文学語って文学畑の連中の鼻をへし折ってやろう

文学アニメどっちが高尚かは作品によるとしか言えないんじゃない?

アニメからいいとか文学からいいとかそんなの存在しないと思うけどな

大抵は文学だと思うけども

オススメ小説教えて

俺は文学の方が上だと思ってるけどね

文学を知らなければ、どうやって人生想像するのだ(アニメか?)」http://www.jinsei-bungaku.jp/

この一文で「アニメ蔑視してる!」って思う人ってさ、日頃から文学アニメだったら、文学の方が高尚だな」と思ってんじゃない?

文学を知らなければ、どうやって人生想像するのだ(哲学か?)」って書かれて「哲学蔑視すんなよ!」って言わないよね。



文学は高尚で、アニメもまあまあだけどそこまで高尚じゃねえなあ」と思ってるところに、高尚(だと思ってる)世界の人が「アニメか?」って言ったから、「俺たちを下に見んなよ!」って反発すんじゃない。

もし「文学アニメも同じ芸術である」と思ってるなら「アニメか?」と言われたときに、「それぞれ役割うから。両方嗜むのがベストだよねー、うんうん」と同じ高さに立つ仲間から発言として受け入れるんじゃないの?



このコピーを書いた人も迂闊なのかも知れないけど、問題受け手の中にある「文学アニメなら、文学の方が高尚だ」っていう意識なんじゃないの。

書いた人を責めてもいいけど、その前に自分の中にある「文学の方が高尚」っていう意識をなんとかした方が良いんじゃないかな。

まとめ

(1) 「文学アニメは同じ芸術だ」と思っている人
アニメか?」と言われても蔑視されたと思わない。なので、この文は問題ない。
(2)「アニメより文学が高尚だ」と思っている人
アニメか?」と言われると「蔑視だ!」と反応してしまう。しか自分だって文学の方が高尚」と思ってアニメ蔑視してるんだから、この文自体問題ない。

無一の息子の文学だが

呼んだか?

http://anond.hatelabo.jp/20160720233326

2016-07-20

お前ら! 文学読んでるか!

 文学

人生に、文学を。」の文章は、実は高名な作家に依頼して考えてもらったのではないだろうか。

あれを「不特定文学愛好家の発言」や「文学を知らないコピーライター発言」と捉えると高慢に思えても、

特定作家個人の発言」と捉えると印象が和らぐような気がする。気取りすぎな感じはあるにしても。

文学ってどうせ村上春樹なんでしょ

読む気が起きない

人生に、文学を。

心に、冒険を。

夢を、抱きしめたくて。

人生に、文学を。

CLANNAD に、Fate を。

人生文学

なんで東急系の東急不動産が協賛企業一覧に?

鉄道が「おそ急」つっておそ松さんコラボしてるのに、一方の不動産では「アニメ(笑)」って支離滅裂じゃないか