「イベント」を含む日記 RSS

はてなキーワード: イベントとは

2016-07-26

結婚してからちょっとモテるようになったすべての男たちへ

結論から言う。

おまえが今モテているのは、おまえの実力ではない。


おまえが今モテているのは、おまえの奥さんがおまえを育ててくれたおかげだ。


おまえの奥さんが、

男一人で入るにはちょっと恥ずかしい店、に一緒に入ってくれたからだ。

興味のない話にも、ちゃんと相槌を打って聞いてくれたからだ。

お前の粗末なモノにも、ちゃんと気持ち良いフリをしてくれたからだ。

結婚という一大イベントを、一緒に乗り切ってくれたからだ。

辛い時も、悲しい時も、おまえの隣にそっと寄り添ってくれたからだ。


数年前まで自信なさげに歩いていたお前が、今こうして堂々と街を歩けるのは、

お前の奥さんがそうやって自信をつけてくれたからだ。


もう一度言う。勘違いするな。それはお前の実力ではない。

目の前のおっぱいに手を出す前に、そこんところを良く考えるのだ。

2016-07-25

位置情報ゲーム規制必要だと思うよ

普通公園なり路上なりに人を集めてイベントをうとうとすれば許可必要なわけ。

何百人も集まるような規模なら安全確保などについて計画を立てて出さなきゃいけないし、何か起きた時の責任も負う。

例えばCygameが許可も取らずに「○○公園に集まった人にグラブルのレアキャラプレゼント!」とかやって何百人も集めて混乱を生じさせてたら

絶対批判を受けるわけじゃん。特にソシャゲ嫌いのはてなーなんて猛烈に批判するのは確実じゃん。

位置情報ゲームにおいてどこかにレアを出現させることはやってることはまったく同じなのに

ゲームの中のことなんで知りませーん、何か起きても勝手に集まった奴らのせいでーすで済ますのは明らかにおかしいでしょう。

2016-07-24

http://anond.hatelabo.jp/20160724174212

ポケモンGOの基本性質からすれば、例えば特定田舎町に行かないと手に入らないモンスターとか仕込んで、その町に人が訪れるようにするとかいう仕掛けも、やろうと思えばできるんだろうけどね。

流行が続けば、金出して地元イベントに誘致なんて動きも出てくるかも。

2016-07-23

娯楽のない田舎モテないコミュ症が生まれると地獄

俺は北海道田舎に生まれ育ったが、それでもまだ駅前地元では街と呼ぶ)に近いほうの住宅街に住んでいたので、娯楽には困らなかった。

映画館ゲーセンも大規模な本屋もあるし、服を買うのも困らないし、チョイスの良い古本屋もあるので欲しい絶版本もすぐ手に入る。レトロゲームが好きで古いファミコンを買うのも、古本屋でどうにかなった。年に何回かは東京からお笑い芸人バンドが来てライブもある。同人イベントもあるし、アニメショップもある。

友達がいなくて一人で趣味に没頭するしかない奴でも、一応なに不自由なく暮らせた。

東京でいう、八王子町田に住んでる感覚だ。(もちろん北海道田舎なのでそれらの街より小さいが。)

最近高校時代の友人が自転車にハマっているというので、特に目的もなく適当自転車ブラブラしようと誘われた。同じ高校だったが、校舎が別だったので校内で会うことはなく、放課後によく一緒に遊んだやつだ。

大人になってからは車移動しかしなくなっていたので、自転車で車じゃ通らない道を走るのは新鮮だった。

すると友人が「あの山の麓を目指そう」と言う。遥か遠くに山が見えるのだが、とても自転車で行ける距離ではない。しかし暇なのでついていくことにした。

住宅街が無くなり、やがて畑しかなくなり、たまにコンビニがポツポツあるくらいで、建物農家の家くらい。たまに牛もいるぞ。「たいひあります」という看板がやたら多くなり、畑や牧場も無くなると「不法投棄監視されています」というノボリだらけになった。道路脇にはタイヤブラウン管テレビ便器などが転がっている。「監視されています」って、どこにもカメラは見当たらない。

ついにコンビニすら見当たらなくなった。畑も牧場もないが、たまに一軒家は見かける。こんな何もないところに住もうと何故思うのか、謎である

時間くらい自転車を漕いだだろうか。途中、急勾配が連続して自転車には辛かったが、山が目の前になった。街にいたときは、遥か遠くにあって行こうとも思わなかった山が目の前。

その麓には、家が何軒かある。そのうちの一軒が友人の高校の同じクラスの奴の家だという。

ドアのチャイムを押すと、同じクラスだったという彼が出てきて、家のなかに招いてくれた。

家は平成以降に建てたであろう、割と新しい綺麗な家だ。

「ここまで自転車できたの?大変だったろう」と冷えたポカリスエットを頂いた。ここまで来るのに汗だくだ。車に慣れてしまい、社会人になってから運動なんて一切していないので、自転車時間は本当に堪えた。キンキンに冷えたポカリスエットが沁みた。

ポカリスエットを頂きながら、彼の学生時代の話を聞いた。

高校時代は片道三時間かけて高校まで行っていた。彼は慣れていたが、街側に住む連中は自転車なんて精々乗って一時間である

高校時代に一度クラスの連中が彼の家まで自転車で行こうとしたらしいが、あまりの遠さに断念したという。

あんな急勾配を繰り返しながら、毎日片道三時間かけて自転車高校まで通っていたのである。頭が下がる思い。

冬は雪が積もるのでもちろん親の車で送り迎えだった。バス停は一応近くにあるが、一日に二回しか来ないので使い物にならないという。

一応、小中学校は歩いていける距離にあるが、そんな山の麓の何もないところの小学校なんて、同級生は五人しかいない小さい学校だったという。

そんなコンビニ一軒すらない田舎子供が暮らすといっても、娯楽がなにもない。ゲーセン映画館もなにもないので、家で少年ジャンプを読むかゲームをするかしか無いという。

そんなものはもちろんすぐ飽きる。結局、娯楽がない田舎で育つと、セックスしかやることがないという。

遊びに行こうにも、街に行くには自転車で片道三時間小学生には無理だ。コンビニ一軒すらない山にいるしかないのだ。公園もない。結局は、セックスしか娯楽がない。

彼の童貞喪失は小4。同級生女子とだそう。一度セックスを覚えてからは、同級生女子全員とやり、5年、6年の女子全員とセックスしたらしい。

まり小学校中学年になれば全員穴兄弟棒姉妹になるという。小学校中学校時代毎日セックスした。

この話を他の男にすると、みんな羨ましがるという。でも彼は「田舎だし、仕方ないことであって、決して自分モテる訳ではない」と謙遜する。

俺を自転車でここまで連れてきた友人も死ぬほど羨ましがっていたが、俺は羨ましいどころか聞いていて辛かった。辛くしかなかった。

もし俺がそんな学校に通わなければならないとしたら、女子は誰も俺の相手をしてくれずに童貞のままだろう。

小学校低学年のときは仲の良かった男子も、中学年にもなればセックスに夢中で俺の相手はしなくなるだろう。

誰も俺の相手をしなくなり、完全に孤立してしまう。

津山30人殺しだって、村の夜這いシステムから除害されて起きた事件だろう。もし俺がそんな田舎に生まれていたら、完全に(殺人まではしないけど

)そうなっていた。

街側の学校で育ったから、女子から一切相手にされず女友達が一人もいないモテない俺でも、男友達はどうにか作れたが、本当に山に家が無くて良かった…と戦慄しながら彼の家を出た。

ああ、そうか。また三時間かけて帰らなきゃならないのか…

2016-07-22

http://anond.hatelabo.jp/20160722171512

全額自分手弁当でやればできたんじゃね?

ウン百万円をそんなイベントに使って毎日コメと塩で過ごすのならば、しないほうがマシだろ。

甲斐性の無い自分の稼ぎを恨め。

ボランティアについて考察

http://www.asahi.com/articles/ASJ7663TXJ76UTQP026.html

ブコメ読んで気になったので持論を整理した.


ボランティア本質は志願者の自主性であり,募集者と応募者の契約だと考える.従って,どんなに条件が厳しく,かつ無償ボランティア募集をしたとしても,その募集違法性がなく,かつ自主的に応募する者がいる限り外野が何かを言うことは基本的意味がない.

また,募集者側が一方的に莫大な利益を得て,応募者に配分されなかったとしても,契約が成り立っている以上そのことを批判するのは筋が通らない(納得できないのであれば応募しなければいいため).

しかし,同時に以下のような議論は別途成り立つと考えられる.

A. ボランティア精神を煽ることは本質的おかし

前述の通り,ボランティア本質は志願者の自主である

従って,他者に対してボランティアすることを指示したり,強制したりすること,及びボランティア精神が足りないと嘯くことは原義に反する.

そのような場合は「無償労働」「奉仕」「奉公」のようなより適切な表現をすることが望ましい.

同時に,オリンピックのような大規模かつ成功させることが必須となるイベントにおいては,国民ボランティア精神のような曖昧ものに頼るのことはそもそもおかしい.

仮に無償ボランティアであることを押し切った結果人材不足となりイベントが失敗に終わったとしても,その責任は全て運営者に帰するものであり,ボランティアを呼びかけられた側に一切の非はない.

B. 無償ボランティアは関連分野の衰退に繋がる

生活がかかっておらず,時間に余裕がある学生によく見受けられるが,無償あるいは格安でいいから働きたいという人がいることがその関連分野の衰退に繋がるということがボランティアに限らず考えられる.

これはある意味ではダンピングであり,「他の人は同じことをもっと安くやったのになぜやってくれないのか」という一部のクライアントが常用するロジックに繋がっていく.

そのような意味では,労働に対しては(正当な)報酬が支払われるべきという資本主義原則に則り,募集者,及び応募者を批判することは正当である


C. 無報酬責任所在曖昧になる

報酬を支払うということは労働に対して責任を負わせ,報酬を貰うということは労働に対して責任を負うことである

応募者の精神という比較曖昧ものに則った無償ボランティア必然的責任所在曖昧になるため,追加労働契約履行等の「お願い」は出来ても「強制」は困難である

そのようなリスク回避したい場合,そもそも無償ボランティアに頼るべきではない.


D. 応募者の見識に対し,助言として批判することはできる

法に従っており,募集に対し自主性をもって応募者が契約を結んでいる限り,根本的にはそのことに対し何かを言うことは意味がない.

しかし,その契約が応募者の見込み違いや錯誤によるものだとすれば,外部のものが応募者に対し制止の助言をすることはそうおかしいことではない.

直感的に言えば,奴隷募集に対し自主的に応募した応募者に対し,本当に奴隷になっていいのか,奴隷を甘く考えていないか,あるいはBのような関連分野に対する影響を指摘することはできる.


E. そもそもボランティア無償であるとは限らない

冒頭の朝日新聞のような場においては「そもそも、ボランティアとは、社会のために自ら進んで、無償で働くもの。」と言われることが多く,日本においても大多数の認識はその通りであると考えられる.

しかし,非営利団体営利目的としなければ金銭のやり取りをしていいように,自主性という原則さえ守られていれば,交通費宿泊費といった実費のやり取りをすることや,最低限の報酬を支払うことも立派なボランティアであると考えられる.

2016-07-21

まだ東京自転車に乗って消耗してるの?

地方に来てみなよ、歩道歩行者なんかほとんどゼロ しかもだいたいみんな自転車通行可だよ?

車の所持は一人一台が常識 自転車を積めばいろんなイベント遠征できるよ?

海辺林道景色ほとんど一人占めできるよ?

あ、東京には選択肢()がたくさんあるんだったね 車を持つのは悪いことだったね ごめんごめん・・・

いつからコミュニケーション至上主義になったのか謎だったけどよくよく考えてみたら

・飲みにケーション

合コン

連れション

コミケ

みたいなみんなと一緒イベント大好きな日本人から特に変わってなかった

http://anond.hatelabo.jp/20160720221102

予算ぐらい書け

電車乗って横浜出る

シーバス乗って山下公園→なんかイベントやってら見る

中華街散策ウィンドウショッピング

ランチ食べ放題

・關帝廟でお参り

ちょっと贅沢するなら面白水族館アートリックミュージアム

山下公園の方に戻って大桟橋見学

対してみるもの無いのでそのまま赤レンガ→ワールドポータ→コスモワールド

夕方か夜になってるはずなので大観覧車乗っていい感じになる

時間あるならクィーンスクエア散策

 よく広場大道芸とかやってるからチェック

 ついでに食事も済ませる

ランドマークタワー展望階(有料)

事前に予約してある横浜インターコンチネンタルにお泊り

歩いてばっかなので相手の人の脚力次第

のん商業施設ふらつくだけのデートしてたけど3回で飽きたわ

駅で別れた後に一人で食事して見たいもの見て買いたいもの買ってスッキリした

金かけずに遊ぶって、それ楽しいんかって思う

だったら仕事してたほうが楽しいわ、金はかからないどころかむしろもらえるし

そりゃ金が全てじゃない、相手との関係性にもよる

けど金をかけない事を大前提に持ってきたらそもそも楽しむどころじゃないと思うわ

彼女彼氏かしらんけど、一緒にいきたいとことかやりたいこととか話してみたら?

その上でおうちデート・ご近所デートがいいってんならそれでいいし

多少費用のかかることなら金ためてからってことで先の計画にして

関連する別の場所なりイベントなり行くとかさ

一緒にいるだけで楽しいような関係ならどこ行くのも何するのも楽しいのかもだけど

そうじゃない状況で金無しデートプランで楽しめるってけっこう難しいと思う

つーか自分は早々に飽きて会うこと自体めんどくさくなったわ

2016-07-20

http://anond.hatelabo.jp/20160720141006

コミュニケーション能力がない自分を変えるための努力なんて血を吐きながらやってきた

中学生くらいまで赤の他人と全く話せず友人が少なかった自分が今ではちょっとした知り合いってのを多く持って気軽に話せるようになったし、赤の他人に対しても普通に接することができるようになった

でも自分本質は変えられなかったんだろうな

知り合いが主催するオフ会に参加してほぼ全員と話してみた

イベントに参加するときも近くの人と話して仲良くなったり

街コンってのにも参加してみた

色々なことをした

すべて意味なんて無かったのか

あっちの求める他のスキルなんて実務経験やら資格

資格勉強の合間にとった

実務経験は積むための最初のとっかかりすら貰えない

これも甘えって言われるんだろう

自分の親がこんなブログ書いてたの知ったら死ぬ

育児に詰む。

http://orangestar.hatenadiary.jp/entry/2016/07/19/223314

誰も育児カンタンで超余裕だなんて言わないけど、この人は詰む詰む言いすぎで酷すぎて笑う。

ツムツム大安売りだな。

同じ2人の子育て真っ最中のおれとして思うのは、

結局さ、こういう記事書く人って、この記事自体に売名、承認の欲求とか小銭稼ぎの願望が透けて見えるからおれは気にくわないんだよ。

本当にそんな大変だったら、それをどうにか改善する努力をして、その結果を記事にするんだったら分かるんだよ。それもしないで、呪いのような愚痴を撒き散らして、そんなもん一生懸命書いてる暇あるなら休むなり誰かに相談するなりすりゃいい。

それなのにやることが「ブログ」ってのがスッゴいバカバカしいんだよな。結局小遣い稼ぎたいだけかと。承認欲求が恥ずかしいくらいにスケスケなの。ほんとに大変ならやるべきことはそれじゃないんだよ。

これさ、あんまり比較にならないかもだけど、例えば“ペット” についてこんな、「タイヘンダータイヘンダー」な記事書く人なんかほとんどいないわけじゃん。

それはさ、「なら飼わなければいいじゃん」と言われて終わってしまうからで、あんまり悲劇のヒロインになれないからだよね。

それが “こども” となると、下手な反論は許さず無敵で最強の “悲劇のヒロイン” になれるんだよね。だからこどもに関するこの手の記事が多いのが本当にクソい。

実際は、まあこどもだからがちゃがちゃといろんなことがあってやることは増えるけどさ、もうね、そんなの一瞬で忘れくらいにかわいい幸せを感じるから、こんな記事書いてしまう人って限界ギリギリなんじゃないかって思うよね。これは怨念に近いよ。寝たら忘れるよ、この程度の大変さえなんか。実際、大したこと無いんだから

ブログが無い時代の人たちがみんなストレスバッタバッタと死んでたなら仕方ないんだけどさ。「いやそれ、屁理屈こねくり回してるだけで、それただのおまえの承認欲求から!」みたいなのばっかだよね。

おれは、こんなクダラナイ排泄物みたいなもんで、「人生の目的である」と言ってもいいくらいの超絶楽しいスペシャルビックイベント、“育児” にミソ付けられるのがたまらなく嫌なんだよ。

あとね、世の中で一番強力な子育てサポートシステムは、両親サポートママさんネットワーク

この2つさえしっかりおさえればほとんどどうにかなる。

特にママさんネットワークは難しい部分もあるけど、友達がいればかなり助け合える。人はやっぱり助け合いながら生きていくもんだと毎日実感するよ。

それができずにこんな呪いブログ書く人は、まあ当然大変なんだろうけど、こどもがかわいいならこどものためにいい加減気づけって思う。やるべきことはそれじゃないだろ。

こどもが物心ついたとき自分の親がこんなブログ記事書いてたの知ったら超絶ショックだしキモイし怖いし悲しいしで、ほんと家出どころじゃない、死ぬかもしれないなと思うよ。

しかも売名と小遣い稼ぎもかねてこんなの書いてるのが自分の親だと知ったらまじで死ぬわ。恥ずかしすぎるし悲しすぎるし。   mn3

2016-07-19

http://anond.hatelabo.jp/20160719224141

さらTwitterでのありむーはてな時代は割りと抑え気味だったDV体質を全開にする時があって怖い

艦これイベントで上手くいってない時の艦娘への罵詈雑言とか見てるとこの人絶対恋人を作ってはダメだと実感できる

彦根みたいなど田舎でも氷川きよしとか有名人コンサートしてくれるんだけど、

こんなど田舎に連れてくるイベント関係の人とかどうやって有名人を説得するんだろう。

普通は金積まれたってこないよね?ど田舎から客が入るかどうか超怪しいんだし。

オレが氷川きよしコンサートを見に行くことはないけど、それでもこんなど田舎に来てくれてありがたいと思うよ。

http://anond.hatelabo.jp/20160718081608

ベンチャー入ってスタートアップに行ったけど、そもそも新卒だろうがなんだろうが、よっぽど優秀じゃないとスタートアップは入れないぞ。

一応日本におけるスタートアップベンチャー違いを説明しておくと、

スタートアップは、破壊的な価値を持ったプロダクト及びサービスを作ることで、ベンチャーキャピタルから廃課金をもって、急速な成長によって上場を目指す集まりのこと。なお課金が無くなると死ぬ

ベンチャーは、スタートアップほどじゃないけど、

冒険心をもって、大企業より柔軟に改革でき、事業継続していくことができる会社



スタートアップはそこまで優秀じゃない人材を採って育成するなんて余裕ないし、人数が増えれば増えるほどコミュニケーションロスが増えて、方向性が定まらなくなるから、基本少数精鋭。

スタートアップならバイト体験してみることをオススメする。

大企業と異なり、実際の業務に近いことができる。まずはそこから

特定の分野が好きで仕方がなく、プライベートが無いくらい関連イベント行ったり勉強するくらいで、極めた能力があるならスタートアップオススメ

ある意味覚悟必要

尖った能力あるならスタートアップいいと思うけど、無くてやりたいことがあるならベンチャー、なければ大企業かな。

大企業経験はないから一概には言えないけど、やりたいことのマッチングがあまり機能せず、やりたいことできず数年でやめるパターン良く聞く。

なんでもいいので能力つけて独立したいなら大企業のほうが良いかと。

逆に、これがやりたいです!というものが明確なら、ベンチャーでそれが出来るところに行けばよい。

2016-07-18

アニON男性差別が酷い

私はアイカツ!が好きだ。私は今や少ない第一話からリアルタイム視聴者の一人で、アーケードゲームにも金を注ぎ、円盤も全て買っている。無論私のようなファンは沢山いて、様々な形でアイカツ!買い支えてきたのだろうと思う。実際、アーケード使用するカードだけで数十万は使っている。もちろん、この程度の金額ファンの間では珍しいものではない。



さて、アイカツ!は3年半に及ぶ放送を経て最終回を迎え、この春からアイカツスターズ!(以下、スターズ!)なる後継番組が始まった。後継番組はい監督を含めたスタッフも変わっており、アイカツ!との直接的な繋がりは(今のところ)ない。



この先はアイカツ!ファンからと言って必ずしもスターズ!のファンとは限らないという事を頭に入れて先を読んで欲しい。



ところで、ナムコ主催アニソン好きが集うアニソンバー・カフェ「アニON(アニオン)」というものがある。明日からアイカツ!およびアイカツスターズ!コラボイベントを行うらしい。その男性差別があまりに酷い。URIを張っておく。


アイカツスターズ!&アイカツ!オールスターズ!LIVEステーション | アニソン好きが集うアニソンバー・カフェ「アニON(アニオン)」


(1) カフェタイム
スターズ!の曲が流れる
(2) ラブリーパーティータイム
アイカツ!スターズ!の曲が流れる ※男性のみのご入場はできない。
(3) LIVEタイム
アイカツ!スターズ!の曲が流れる ※オタ芸やる人が来る。

表にまとめるとこうなる。

楽曲オタ芸の有無)  親子  独身女性  独身男性
アイカツ!オタ芸なし)  (2)  (2)  ×
アイカツ!オタ芸あり)  (3)  (3)  (3)
スターズ!(オタ芸なし)  (1), (2)  (1), (2)  (1)
スターズ!(オタ芸あり)  (3)  (3)  (3)

親子と独身女性は(1),(2),(3)の全てに参加できる権利を有しているため、アイカツ!の曲を聴きたい場合オタ芸なしの(2)と、オタ芸ありの(3)を選択する事ができる。一方で、独身男性アイカツ!楽曲を聴こうとするとオタ芸ありの(3)しか選択肢がない。

要するに、男性ファンは割高な料金を支払った上にやかましいオタ芸の中でしかコンテンツを楽しむ事が許されないって事なんだが……。



は?



はあああああ??????



どうかんがえてもおかしい。独身男性ファン独身女性ファンに何の差があるの?



なんでこんな明らかな男性差別がまかり通るのか、心底理解できない。担当者は頭沸いてるのか?



性別で差をつける理由を明記しないと誰も納得しないでしょ。




この仕打ち、怨めしい。

ネット辞めたのは、理由いくつかあるんだけど、ネット政治談議しててもしょうがないなと思った。

ネットでわーわー言っている人って、横着に見えちゃう

体動かさないとだめだって

実際署名イベント陳情などを手伝ってみると、そういうのに慣れた市民がいて、こういう人が実際に動かしていくんだなって思った。

いま私がやるべきなのは家事であり、仕事であり、身近な人間関係大事にすることだ。

生活こなして余った余暇しか何かできない。

同人におけるコミュニケーションって?

同人活動をして10年。

絵を描くことから始まって、ペーパーを作った。

お金に余裕が出来た頃には、地元イベントに参加をして段々大きいイベントにも参加した。

今は年も落ち着いて、オンリーイベントだけ参加している。

参加回数減ったけど、絵を描く事や新刊を楽しみにしている声が嬉しくて、

描きたい物を書き続けている。これだけでも凄く幸せなことだ。

けど、未だに課題なのはサークル参加におけるコミュニケーション」だ。

この10年間、サークル参加は隣人同士挨拶をするのは定番マナー)だ。

おはようございます、宜しくお願いします」

おはようございます、こちらこそ宜しくお願いします」こんな感じに。

今はどうだろう。挨拶をしない人もいる。

若い人の参加が増え、待ちに待ったイベントに参加できてワクワクしているのも分かる。

その気持ちが高まってか、隣人同士の挨拶はしない人もいる。

机についたら目を合わせずいそいそと準備をする。こちらから声を掛けても会釈程度。

これではコミュニケーションが取れない。

また逆な事もある。

とてもコミュニケーションがあり、明るく元気な声を発する隣人もいる。

こっちも元気にはなるが、明るい子の周りに沢山の友人知人が集まりジャンルの話に黄色い声がとぶ。

正直うるさい。

おかげで、自分のスペースで買い物してくれる人の声が聞こえないこともある。

こんな時、あなたはどうする?

気にしない?黙ってる?注意する?

標題の件の「同人におけるコミュニケーションって?」はこういう事だ。

でも、これは前半に過ぎない。

本題は「サークル参加者のアフター(その後)」である

縁があって、いろんな人にお出かけの声を掛けてくれる。

好きな物を好きなだけ話し、こうあって欲しいとうCPについて語り合い、繋がりのある話をした。

それはさぞかし楽しい一時を過ごした。

だが、その話は半分もなれば話を尽きる。

この後、何を話したらいいのか分からない。

プライベートの話をするべきか?仕事の話をするべきか?

からない。

私はそれしか思いつかないのだ。

以前、頑張って出したネタは「最近買ったアニメグッズは?」だった。

それは間違いだった。

課金してガチャで漸く推しキャラが出た」

トレードバッチを10個も買って漸く推しが2個出た」

声優イベントで特製グッズを買いました」

正直、その情報がどんな物が具現化できず分からないのと、私は金銭的に困難な生活をしていたため、

グッズを数十個買うというは出来なかった。

から「え?買ってないんですか?」って言われると解答に困った。

この気持ち子供の頃、流行だったオモチャ自分だけ買ってくれず、仲間はずれになったときと同じだ。

話について行けず、孤立した。

要するに、本名も知らずその場でばったりで仲良くなった人に

どこまで話を掘り下げていいのかわからないのだ。

そして、そのような話を振ったとして不快な思いをして別れるのは避けたかった。

それが気になって、どうも話を掘り下げる事に躊躇してしまう。

最近SNSイベントで知り合った人と食事料理ライブなど行く姿を見掛ける。

羨ましいことだか、そこまで仲良くなるのは凄い事だし、これからも仲良くしてほしい。

人にもよるのかもしれない。何でも話す人、抵抗のある人、色んな人がいる。

その中で、気の合う人や一緒に制作物を作る人を見つけ出すのは奇跡に近いとも思うほどだ。

でもその人の「好きなこと」「嫌いなこと」は読めない。

だって友達ではないのだから

あなたは初対面の人とどんな事を話しますか?

ジャンルの話で盛り上って、その後何を話しますか?

何をしますか?

その後、どんな関係気づきますか?

初対面の人相手に、にこやかかつ丁寧に応対するようなって困ったこと

もともと人とコミュニケーションを取るのが苦手で、集団の中で凄く大変な思いをしてきた。

今は自覚的に訓練を重ねたのである程度は人とコミュニケーションを取ることも出来るようにはなってきている。

はいえ、かなり急造のテクニックなので深い付き合いをしようとするとボロが出て来てしまう。

なので厳密に言えばあまり人脈はない。


そんな程度のコミュニケーションスキルを持つ私なのだが、職場に新しい人が来た時や何らかのイベントで初対面の人相手にはなるべく丁寧に対応するように心がけている。

自分と同じような思いをしてほしくはないという思いかなのだが、ここで一つ困ったことがある。


こういった対応をすると私が想像する以上に親切な人にみえしまうようだ。

最近気づいたのだが、高確率で私に質問をしてきたり同意を求めてきたり、さり気なく隣にいたりするようになることがちょくちょく出てきた。

しかし、彼らに言っておきたい。

ええ、実は私人付き合い下手くそなので私と一緒に行動してもメリットめっちゃ少ないですよ。

友達も少ないですよ。

と。

なんか騙してるようで気が引けてきた。

ちょっとこういう対応をやめようかなと密かに思っている。


※追記

人脈の多寡による人間性の上下というより、実質的問題として私一人では手助けすることが出来ない人が出てくるんですよ。

例えばそういった方が何か困っている際に私一人では助けることは出来ません(私にはそういう能力はないし、そういった能力を持っている知り合いも少ないため)

それを例えば集団の中で私ではない中心人物と普段からコミュニケーションを取るようにしていると助かることもあると思うわけです。


なので次善策としてさり気なくそちらの方に誘導するかあるいは助ける頻度を落としてピンポイントで助言するようにする。

という手を今思いついた。

でもよく考えたら中心人物がパンクしそうだ。

2016-07-17

主催

数年前、SNSとあるコンテンツが好きな仲間を探していた時に、気に入った人間にはしつこくダル絡み、自己評価低い割に漫画家目指すなどと声だけ大きく、そのくせ絵は下手クソで、同居する家族のことを口汚く罵ったかと思えば、(存在するかもわからない)恋人恋人が、とリア充アピールは欠かせないような奴が、そのコンテンツオンリーイベント主催をすると意気込んでいた。

参加費取ります!やっぱり取りません!などと繰り返して最終的にどうなったかは覚えていないが、告知不足や責任能力の無さが露呈し、その主催含め4サークルくらいあったのが、2サークルくらい辞退して、主催主催お気に入りの2サークルしか残らなかった。

本出します!とも言っていたが、普段でも漫画はおろか絵すらほとんど投稿しないような奴だったので結局出せず、貴重な1サークルは、小学生が描いたような線画と平面塗りのゴミみたいなポストカードを金取って置いていたらしい。

何度か同人誌を出し即売会に慣れているもう1つのサークルは、本やグッズを売っていたようで、そのサークルのおかげもあってかそこそこ客は入ったようだが、尚更ゴミポスカだけの主催は恥ずかしくなかったのかな、とか、付き合い以外で売れたのかな、とか思ってしまう。

とにかく、その場のノリで主催やろうと思うのは間違いだし、イベント経験がないなら他の人に委ねるという選択肢もあったはずなのに、自分がやらなきゃ誰もやらない!と勝手に思い込んで暴走した挙句辞退者続出してスペースをゴミポスカで埋めるのも自業自得

ただモテたかった

私はただモテたいだけだった。

灰色中学時代イベントで売り子して友達とも遊ばずにオフ会を重ね、学校にもまともに行かずにTwitter見てpixivみて溜めてたアニメを消化して、それはそれで充実していた。学校に行かない私は嫌いだったけどオタクをしてる私は好きだった。

エスカレーター式に高校に入り、大学という単語がちらついてからというもの勉強することを覚えた。中学時代ひきこもりで過ごしてきた私は特にオタクでなく、休みがちな子というのが周りの印象で、高校に入ってからはほぼ皆勤の“普通”になった。

私の学校にはオタクが多く、オタクに優しい環境でむしろリア充と呼ばれるキラキラ系がラブライブを試しにやってみたりするような学校だったが、オタクがバレるのが怖くて何も知らないフリをした。

そんな私に転機が訪れたのが、ある1人の男友達オタクだと打ち明けた時だった。彼はゴテゴテのオタクで周りからいじられるタイプで彼の好きな人というのは一瞬で広まるような、そんな人だった。その彼の好きな人というのが、私だった。

勿論振った。全然きじゃなかったから。しかし、友達だとおもってた人から好意は、戸惑いと微かな優越感を私に与えた。

それから私は全ての優先順位モテに置き、過ごしてきた。隠れオタクというのは、魅力的らしく、「実は私も…」と打ち明ければ一瞬で仲良くなれた。非オタクにはそれがバレなければ良いだけの話だった。

結論から言うと比較的私はモテたし仲良しの男友達も格段に増えた。

モテるのは簡単だった。恋しやすい女になればいいだけ。話しすぎるほど男好きでなく、全く話さない陰キャでもなく上品に笑い、適度に目立ち、太らず、髪の毛を巻く。ちょうどいい女に私はなった。

しかし手にいれたものは上辺だけのLINEInstagramだけだ。

ちょうどいい女になっても、好きな人にだけは告白されなかった。好きな人友達告白されて結果的失恋した。

前みたいに自分を好きになれなくなった。勉強を頑張るのも西野カナを聞くのも私が、私でないようなもので、心をからにして、行う。

もう今更どうしようもないので明日からも私は恋しやすい女として生きていく。

2016-07-16

ツムツムのイベント

1週間で終わりかと思ったら、3週間あんのね

いま最終ステージなので、うまくいけば3連休中にクリア

もたもたやってもあと1週間もあればクリア可能

でも、なかなかやりごたえがある

2016-07-15

[]7月15日

○朝食:ビタミンゼリー

○昼食:おにぎり三つ(納豆納豆味仙とのコラボおにぎり

○夕食:納豆ご飯、野菜ジュース、黒ごま根菜サラダ納豆を買ってきたばかりのヤングガンガンの上に零すという絶望的なミスをしてしまい、少し呆然としてしまった)



調子

むきゅー!

仕事は何やら遠方でトラブルがあったらしく、それが波及してくる可能性があるそうだ。

しかし、それが波及するまで時間があるので、今のうちの防波堤を作ろう、という作業をしている。

こうして予測ができるトラブルは有り難いね



あと、たくさんお便りを頂いているので、三連休の内にゆっくり返信したいと思います



ポケモンGO

まだリリースはされていないものの、話題になっているので色々調べていた。

が、どうもカントーポケモンしかいない上に、メガ進化も未実装のようだ。

となると、僕が愛する悪ポケモンは、

ブラッキー進化前のイーブイ

メガギャラドス進化前のギャラドスコイキング

の三匹しか登場しない上に、まだ悪がついていない。



うーん、これは残念だけど、あまり興味がもてない。

ゴロンダ系列が登場するガオーレの方がまだ興味があるし、

ポッ拳にはダークライ参戦だし、

コマスターダークライイベント中だし、

ポケカではイベルタルがBreakだし、

明日から映画で悪ポケのゲッコウガが配布だしって、

なんか悪ポケ盛り上がってるね、第7世代の悪ポケはまだ未発表だけど…



と、ここまで書いて気付いたけど、僕にとってポケモンは「キャラゲー」で、

僕が好きな悪ポケモンたちが出ないと興味が持てない。

しかも、その上それを手に入れるために、コマスターみたいに課金したり、

ポケとるみたいな期間限定だったりしても、やっぱり興味が持てないのかも。

のわりに、本編のダークライフーパはちゃんと持ってる辺り、ダブルスタンダードかもなあ。

から、ORASのデオキシスみたいに、DPリメイク新月ダークライは幻から格下げして欲しい。



逆転裁判6

DLCシナリオ探偵パート一日目。

参加者全員が騙してる、ってとこまでで裁判パートの一日目が終わる気がするね。

いやまだ、本当に全員が騙してるかどうかわかんないけど。

サイコロックもまだだし、もうちょい探偵パートかかりそうだな。

http://anond.hatelabo.jp/20160715050400

甘々と稲妻アニメ化タイミングを間違えたと思う。

原作最新刊はつむぎが小学校入学したところで終わっているんだが

そこで作品として完結するのが一番綺麗だと思うので、アニメ

1期ほど前に放送して、そのラストくらいのタイミング

原作を完結させて最終巻を出すべきだった。



今後を無理に描いても小鳥が進路決めるくらいしかイベントが無いし、

小鳥はもう高3なんだからもうどうやっても1年以上は続けられない。

高校卒業してからごはん会を無理に続けるとなると、物語的には

もうこれ以上ない蛇足だし。

2016-07-14

18歳選挙権で忘れられた人たち

今回は選挙権20歳から18歳に引き下げられた、ってことで、メディアはどこも18歳の投票行動に注目していた。期日前投票で一番最初投票した高校生を取りあげてみたり、18歳のアイドル宣伝する話を取りあげてみたり。

確かに、選挙権の年齢引き下げは大きなニュースだ。注目したくなるのもわかる。年齢が引き下げられたので投票について考えて欲しいとイベントを頻発するのもわかる。

でもね、今回の選挙が初めての国政選挙だったのは18歳の高校生だけじゃなかったんだよと。

それをなんとなくわかっている人は、18歳選挙権、と言わずに、18歳、19歳と並立して語ったりしてたが、それだけじゃない。

前の選挙は2年前の年末20歳、21歳な人にだって初めての選挙だったんだ。

こういう狭間はどうしても出来るものだけど、だからって新しく引き下がった年齢部分の人だけになんかイベントをするのってなんだかモヤッとする。