「価値」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 価値とは

2016-05-27

色々確認してきて思ったわ、もう増田価値はないな

圧倒的にマジョリティ意見圧力が強すぎてな

強者だらけだったり

自分の言いたいことだけ繰り返してたり

ダブスタ平気だし

 

なにこれ2ちゃんねると一緒ですやん

さいなら

 

あー人が少なく知的利用者に溢れていた頃の増田をもう一度楽しみたいぜ

http://anond.hatelabo.jp/20160527144927

そりゃ、一度きりの経験で期待外れだからって勝手に見切るべきではないし、

相手のあることだから彼女人格無視するべきでもなかった。

ぐうの音も出ねえ正論だよ。

けど、この増田趣味封印してまで普通であろうと頑張ってきたんだぞ。あまりにも冷たすぎやしないか

だいたい、一発やってヤリ捨てなんて、10代や20代ならいくらでもあることだろうが。

そりゃ30代でやるべきことじゃないよ。

でもその段階に達してない奴らにいきなりそんなこと言ったって、どうしようもねえじゃないか



とかくこの世は童貞に冷たい。

この増田も、世間というものに無理して寄り添う価値はないと改めて確認したことだろう。

http://anond.hatelabo.jp/20160527151153

これが「セックスしてきたけど大したことなかったわwww」的な感想文で終わってたらこんなブックマーク数になってない。

こんなに蠅トリできたのは余りにも臭すぎる(赤裸々すぎる)から

 

この増田が先の大して気持ちよくなかったわ的な脱童貞感想と何が違うのかというと、

なぜセックス恋愛に対して幸せに感じないのかその理由

元来、恋愛に適さな人種が確かにいてそのタイプとして心中を丸出ししてしまったことだ。

そしてそれが恋愛脳に笑われるどころか「もしかしたら恋愛が最高だと考えていたけど他の人間には当てはまらないのではないか?」という

そういった静かだが自分人生観価値観を、恋愛自身から出てきた小さな疑問によって根底から崩しに掛かってることに

それが膨らみつつあることに本能的にブクマカたちは気づいてしまった。

下手したら俺が信じて積み上げてきたジェンガを、これから死ぬまで積み上げてゴールするつもりのジェンガを、

この増田に、こいつに崩されるかもしれない、と。

 

からこそここまで過剰すぎる防衛反応と混乱やスカしにしても必死過ぎる熱の入ったトラバが集まった。

自分にとって取るに足らない存在というのは無視することができるが外敵と認めざるを得ないようなら話は別だ。

 

主題でもないのに なぜ女が可哀想扱いされているのか?】

女が可哀想というコメントはまず十中八九、女だ。

女が価値を感じるのは自分いかに男の財布を集めることができるかだ。

女がアニメ漫画アイドルAV女性を病的に嫌うのは、男の財布を盗られるから、だが

このカメコのように恋愛が財布の紐を緩める鍵になってないと女の魅力と目的カメコには通じないことになってしまう。

財布にアクセスできないことを、自分境遇に置き換えて共感して、可哀想、という気持ちにまでたどり着いた。

女に興味ないカメコの財布なんてどうやったって女の魅力じゃアクセスできないからな、あとは人格否定したり女を被害者にする一方だ。

http://anond.hatelabo.jp/20160527144927

無理だろ。

全力パンチしてるブクマカたちにとっては自分の持つ「神話」が絶対的正義であり生涯命をかけて守り続けないといけない価値観なんだから

恋愛否定自分という人格すべての否定になってしまうんだから当然持てる力総てを賭してなるべく高い点数のパンチ力を出さないと精子に関わる。

「そういう見方もありますね」なんていう大人ぶったスタンスだとこの増田の放った盛大なオナラ臭い自分の脳を浸食してくる恐れがあるからまずは否定から入る。

 

彼らは決して遊びでたたいてるんじゃなくてこのカメコという無視できない大きさの、恋愛価値を見出さない外敵人格に対して

恋愛こそが全て・性欲こそが全て・愛こそが全て・幸せは全て人間同士の交流からまれると信じて疑わない自己人格を守らなければいけない。

放置しておくにしてはあまりにもこのカメコの言ってることはワンサイドからの強烈なメッセージになってる。

抗体としてアレルギーひとつでも出さないと即死するくらいの勢いだから叩かざるを得ない。

 

これは彼ら恋愛ブクマカたちの生存競争であり聖戦なので理知的かどうかは関係がないし、少数派多数派関係ない。

とにかく自分生存権を勝ち取るための闘い。

メッセージ

エンタメの対極にあるものとはメッセージであるような気がしている。もちろんメッセージ性が皆無のものは少数であるから,この場合メッセージとは「説教くささ」くらいのニュアンスだと思ってもらいたい。メッセージ性が強いもの精神負担がかかるのだ。イライラしたり悲しくなったりしてしまう。単純にワハハと楽しむのには,メッセージ性は少ない方がいい。たとえばアニメ漫画などで背後に高度なメッセージ性を備えた傑作などもあるけれど,でもそういった作品だってその作品の「面白さ」の本質は,そういったメッセージ性ではなくもっと原始的な点にあると思うのだ。とかくこの世の中はメッセージに溢れている。自分だってもっと気安く生きていたいのに気がついたらこうしてメッセージを発している。メッセージを発するのは楽しくはない。そこにはリスクがあるからだ。メッセージ性の少ないアウトプットもっとしたいと思う。でも文章でそれをするのはあまりに難しい。文章を書くと,気がつくとそれがメッセージになってしまう。そしてそういったメッセージは多くの場合価値だ。だいたい漠然とした不特定多数しかつめらしく自分の思っていることを訴えたところでなんになるというのだ。そんな時間があるならば自分の身近な場所にいる人間に正しく言葉が通じるよう努力する方がよほど有益と言うものであるもっとやまなしおちなし意味なしな馬鹿みたいな文章をかけるようになりたいものだ。

http://anond.hatelabo.jp/20160527022408

信心たるもの自分で見つけ出せなかった言い訳を本件の文意に見出すのは良い態度と言えない。

それぞれが信じている各ワールド幻想めいた真実があるではなく、不動の価値に自らが接続されるべきである

それはけして硬いものではなく柔らかいものだ。



というより元増田の宙に浮いたふんわりした不安定雰囲気に反発を覚える。

それはお前一個の世界麻薬めいた幻想に満ち溢れているからお前にとっての伝説になっているだけで、

自分のやってきたことは事実であるとして奮闘した人々のことを反面小馬鹿にしているようにしか見えない。

まり人間はもともと矮小で神もおらず、信心思い込み神聖中二病だという発想だ。

みんなそんなもんでしょ、という尊大で狭量なおごりでしかない。

自分を変える影響力を持った人に出会ってないだろ。書籍ではなく現実にだ。

http://anond.hatelabo.jp/20160527114711

自己卑下こじらせすぎて「自分所属する女は仕事ができなくて当然」とか自分を標本にしたラベル貼りができてんじゃね?

それに世の女性バンバン仕事して偉業残してたら、仕事できない女増田価値が今以上に相対的に下がって自分が取るに足らない役立たずだってことを自覚することになっちゃうじゃん。

こういう女はどうせって思ってる女は潜在的に「男性に力づくでものにされたい」みたいな漠然とした強姦願望とかも持ってたりするので迷惑なんだよね

生きてていいから黙っててほしい

神話を失ったひとと失ってないひと

 つまりマイナス自尊心と言うべきなんだろうけれど、いわゆる「神話」みたいなものを持っている人は多数派であり、そして自分のように「神話」を失ってしまった人間というのは少数派なのだと思っている。

 つまり神話というのは誰かにとっての信じるに足る世界なのであり、自分自身根拠裏付けみたいなものなのであり、つまり自分世界価値存在すると信じられるだけの証拠みたいなものなのであって、そういうもの殆どの人は持ち続けているような気がするのである

 だからこそ、そういった人々は無邪気に生きていて、自分自身存在価値あるものであると思うことができて、大体今のまま生きることを望んでいる――そんな気がするのである

 勿論、これは歪んだ自己認識であり歪んだ世界認識であるわけで、つまり偏見なわけだけど、でも、そんな気がするのである

 自分に関して言えば、「神話」を失ってしまったのは僕が十五歳くらいの時で、確かその時くらいか阿呆みたいに文章やら文芸作品やらを書き始めていたと記憶している。その二つが完全にリンクしているわけでは無いにせよ、ある意味ではそれはシンクロしていたし、ちょっとした引き金のようなものになっていたのではないかと思っている。いずれにしても、僕にとってその時神話は失われてしまっていて、じゃあ神話が失われてしまった後の世界にはもう神話と呼ぶべきものは何一つ存在しないのかと言えばそうではなくて、新しく選ばれるのを待っている神話の気配がそこには息づいていて、でもそういうものに関しては僕は殆どの部分で拒否していて、ちょくちょく受け入れたりはするものの、基本的にはかつて存在していはしたものの今となっては失われてしまった神話回復と復権だけが生きる目的になってしまっていたわけで。というわけで、現在僕の世界には古い時代神話が少しだけ息を吹き返していて、そのお陰で僕は少しだけ安心して昔みたいな世界を生きることができているというわけなのであった。

 思うに、若いから今にかけてまともな恋愛ができなかったというのは、その所為もあるのかもしれない。つまり恋愛とは一種の「物語」の共有であると僕は思っているのだけれど、つまり、お互いが信じている何らかの価値とかそういうものを擦り合わせて、「あ、大体自分達の『物語』は同じっぽいぞ」というテレパスを感じた時点でまともな(世間では「まともだ」と思われている)恋愛というのが始まるということではないかと思っている。で、僕はそういう誰かと共有するべき物語というか神話というか何というかを持ち合わせていなかったので、どうにも自分の隣に立っている女の子が異星人か何かのように思えたりして、それでどうにも上手くいかなかったのではないか。いや、たくさんの女の子を愛したのだ。愛だけはたくさんあったのだ。僕の中には、新しく息づこうとしている神話が幾つか生まれつつあったのだ。でも、それは女の子たちが持っている物語とは全く違ったものだった。女の子が求めている物語と、僕の持っている神話というものは随分違ったものだったのだ、結局のところ。

 まあ僕が恋愛下手であるというそれ以上の結論存在しないんだけれど、それでも、同じような物語をお互いに「持っている」と感じることができたのであれば、その恋愛は割と上手くいくものなのではないか、とそんなことを思う。


 というわけで、僕は誰かと共有するあてのない物語を書き続けている。

 何かを失ったり、何かを手に入れたりする人々の話を書き続けている。

 それらが日の目を見ることはひょっとしたら無いのかもしれない。

 それでも、僕は書き続けている。

 それらの物語を、他の、誰かと共有するために。いつの日か、自分にも価値があったんだと思うことができるようになるために。


 神話を失っていないひと達へ。

http://anond.hatelabo.jp/20160525163132

自分に自信があるかどうかだと思うな。いわゆる自己肯定感というやつ。

自分相手を信頼してるし、相手自分を信頼していると信じているだけで。

もし相手に裏切られたとしても自分価値が無い訳ではないと思えるからさなくても平気なんだな。

相手自分普段から愛情表現をしている必要はあるけど。

2016-05-26

http://anond.hatelabo.jp/20160526183523

>「政府」「企業」など強い存在への期待値が高くて、強者に対してなぜだか侮蔑的侮蔑理由曖昧

侮蔑とまともな批判区別がついていない、強者に対して味方することでホルホルしたいキチガイ可能性があるのでなんとも

>「障害者」「貧困層」など弱い存在にやたら肩入れする割に、行動では弱者と関わらず避けてる。

スタイル抜群の若い美女長身爽やかイケメンなど、身体が魅力的な人を「どうせ中身が無い」と批判

>魅力的な身体に生まれると得る機会を失う「中身」って何?

バカの周りにはバカしか集まってこないって話にしか見えない

>生きているなかで「好きな人に貢献できると嬉しい」という感覚が無いみたいで、

個人を優先するかどうかは個人の価値観なのにも関わらず他人に押しつけこれが正しいと裁いている時点でゴミ人間であるという自己紹介

生活健康など「常識」化している価値侮蔑

バカの周りにはバカしか(ry

>深い思考物事を捉えるセンスなどに自信がある様子で、そこを認められたい欲求が痛いくらい強い。

自分の知識コンプレックスをこじらせた人間がこういう捉え方をするパターンよくある

権威とかお金とか美とか、外からわかりやす価値を持ってる人に内面を認められたがる。外からわかりやす価値を持ってない人のことはスルー

フットワークが重い。怠惰フットワークが軽い人を脳筋扱いして侮蔑したり嫌ったり。

>愛想の良い人のことを「媚びてる」「要領だけで生きていけていいよね」と侮蔑批判。愛想が良いのも価値なのに。

学生でもないのにスクールカーストにとらわれ続けている。誰のこともけなす。本当に褒めない。

バカの周りには(

>口角が下がっていて、表情が乏しくて、笑顔の口元が歪んでる。ニヤリって感じで笑う。

下ネタの言い方が笑えない。男子小学生的な爽やかに笑えるものじゃなく、粘着質で生々しくて、話を振られると逃げ場が無い。

恋愛・性に自信持ってる感じ。人間心理に詳しくてコントロールが上手いみたいな自己認識を持ってる。メンヘラ女を侮蔑しつつ興味しんしん

キモいヤツの周りには(ry

人間観察が好きで、人の人格について色々文句言うのが好きで、仕組みを改善する方向に思考が行かない。

問題提起して頭が良い人として注目を集めるのが好き。気力・体力・根気が無い。改善行動が出来ない。だから結果に繋がらない。

>すぐモチベーションクタッてなる。ひがみっぽい。見下すようなことを言って人の足を引っ張る。

>人が楽しんでると上から発言をして水を差す。人の気力を削ぐ。人をネガティブの巻き添えにする。

バ(ry

結論

>人文系学問って、人の内面を充実させる学問だと思うんだけど、そういう学部出身者に迷惑内面の人が多いのはなんで?

認知の歪んでる自分反省できないバカである君の周りにはバカが集まるからそう思えるだけ。以上。

>人文系の、ざっくり「人の内面」と言われるようなスキルって、専用の時間を設けて学んで学べるものなの?

内面のすぐれた人間になるの?

>もともとそういう人に選ばれる傾向が強くて、そういう人を救うわけでもなく育てるわけでもなく、そのまんまの状態社会排出する、

時間だけ浪費させる土管なんじゃないの、人文系学部って。

理解不能。人文系大学入学した方がいいのでは。なんのために人文系を学ぶのか、本質や仕組みを考えたことがない証明

>人文系学部から資本主義世界に不本意ながら出てきた人って、接することで私が偏見の塊になるくらい、

>幼稚で無責任怠惰で冷笑的で、口先だけで、後ろ向きで、人の見方が表面的で、自分についてのことばかり考えていて、

>仕組みについて考えるべきときでも人格の話をすぐしたがって、議論無為ループさせて、成功した人の足を引っ張る人ばかりだったよ。

ブーメラン刺さってるのに気付かないバカの周りにはバカしか(ry

http://anond.hatelabo.jp/20160525163132

すごいなーと思う

他人の行動や言動を試し行動のひとことで切り捨てて無価値化する論法互助会レベルと呼んでも過言ではないのに

誰もツッコまない時点ではてな馴れ合いゴミ文化の醜さがよくわかる

文系一般人がきっつい件

蓄積された人文系学問の意義を否定したいわけではないけど、社会学部文学部出身で、研究ではなく就職に進んで、

本人的には「大人になりたくないけど折り合いつけて生きてる」みたいな感じの人に、きっつい人が多いなと思う。

おしゃべりだけしてる分には面白い人なんだろうなと思う。ブログツイッターフォローするだけなら良いのかも。

ただ「一緒に仕事をしたくない人」とか「一緒に生活をしたくない人」と言うと伝わりやすいかな。

 

繊細で、問題には敏感に気付くけど、それを解決するのは自分ではない誰かだと、当たり前みたいに思ってる。

政府」「企業」など強い存在への期待値が高くて、強者に対してなぜだか侮蔑的侮蔑理由曖昧

障害者」「貧困層」など弱い存在にやたら肩入れする割に、行動では弱者と関わらず避けてる。

スタイル抜群の若い美女長身爽やかイケメンなど、身体が魅力的な人を「どうせ中身が無い」と批判

魅力的な身体に生まれると得る機会を失う「中身」って何?

生きているなかで「好きな人に貢献できると嬉しい」という感覚が無いみたいで、

「貢献してくれる人は便利(冷笑)」か「貢献してくれる人が居ないので社会はクソ(憎悪)」のどちらか。

下に見られたりスルーされたり嫌われると必要以上に落ち込むし、好かれても好かれたことをネガティブに捉える。

生活健康など「常識」化している価値侮蔑メインストリーム逆張りをしたがるだけで筋が通ってないから、よく手のひら返しをする。

深い思考物事を捉えるセンスなどに自信がある様子で、そこを認められたい欲求が痛いくらい強い。

権威とかお金とか美とか、外からわかりやす価値を持ってる人に内面を認められたがる。外からわかりやす価値を持ってない人のことはスルー

フットワークが重い。怠惰フットワークが軽い人を脳筋扱いして侮蔑したり嫌ったり。

愛想の良い人のことを「媚びてる」「要領だけで生きていけていいよね」と侮蔑批判。愛想が良いのも価値なのに。

学生でもないのにスクールカーストにとらわれ続けている。誰のこともけなす。本当に褒めない。

口角が下がっていて、表情が乏しくて、笑顔の口元が歪んでる。ニヤリって感じで笑う。

下ネタの言い方が笑えない。男子小学生的な爽やかに笑えるものじゃなく、粘着質で生々しくて、話を振られると逃げ場が無い。

恋愛・性に自信持ってる感じ。人間心理に詳しくてコントロールが上手いみたいな自己認識を持ってる。メンヘラ女を侮蔑しつつ興味しんしん

人間観察が好きで、人の人格について色々文句言うのが好きで、仕組みを改善する方向に思考が行かない。

問題提起して頭が良い人として注目を集めるのが好き。気力・体力・根気が無い。改善行動が出来ない。だから結果に繋がらない。

すぐモチベーションクタッてなる。ひがみっぽい。見下すようなことを言って人の足を引っ張る。

人が楽しんでると上から発言をして水を差す。人の気力を削ぐ。人をネガティブの巻き添えにする。

 

文系学問って、人の内面を充実させる学問だと思うんだけど、そういう学部出身者に迷惑内面の人が多いのはなんで?

スポーツとか経済活動とかマッチョジャンルに身を置いて、内面磨きには専用の時間を割けなかった集団のほうが、

よっぽど対人経験値が高くて人を見る目が円熟してて、相手の心や相手の都合を大事にした、大人な関わり方が出来る人の数が多い。

なんていうか…人文系の、ざっくり「人の内面」と言われるようなスキルって、専用の時間を設けて学んで学べるものなの?

何かに夢中になってたら経験値が増えていて、気付いたら得られているスキルが「内面」なんじゃない?

繰り返すけど、人文系学問の意義を否定したいわけじゃない。体系化する行動を行った人は多くのものを得てると思う。

でもそれを読んで感想を喋ることで、内面のすぐれた人間になるの?

文系学部から資本主義世界に不本意ながら出てきた人って、接することで私が偏見の塊になるくらい、

幼稚で無責任怠惰で冷笑的で、口先だけで、後ろ向きで、人の見方が表面的で、自分についてのことばかり考えていて、

仕組みについて考えるべきときでも人格の話をすぐしたがって、議論無為ループさせて、成功した人の足を引っ張る人ばかりだったよ。

もともとそういう人に選ばれる傾向が強くて、そういう人を救うわけでもなく育てるわけでもなく、そのまんまの状態社会排出する、

時間だけ浪費させる土管なんじゃないの、人文系学部って。

 

hilda_i 高校の時の進路指導では馬鹿セーフティーネットみたいな扱いになってた、かわいそうな人文系

語学が堪能、法曹志望、などの積極的理由が無い文系は成績が悪い人のセーフティネット扱いになりがちだけど、

偏差値の低い法学部経済学部に行って、営業マンになって、大学で学んだことを特に生かしているわけでもなくコミュ力で生きてる人たちって、

フットワークも軽いし、発言のぶん手を動かしてるから感じが悪くない。だから嫌われないんだと思うけど。

偏差値低い文系バンド活動やって遊んで単位ギリギリ卒業する「就職のために大卒になりたかっただけ」層で、

営業マンとして活躍してる人ってたくさんいる。成績悪かった=人として終わりとは思わない。

理系ネットでは理屈っぽく文系叩きとかするかもしれないけど、リアルでは黙ってるから実害感じない。

それに理系が貶すとき人格否定よりも構造への問題提起が多くて、「どうすれば解決できるか?」という話にちゃんと進む。

社会学文学部の人に「うるせえ。手動かせ。死ぬまで大学に居ればいいのに」って感じの人が多い。本人も大学から出たくなかったんじゃないの。

 

blueboy それは人文系というより「無能であることにコンプレックスを抱いている」というタイプの人。学科にはあまり関係ない。

文系特別多いと感じてるけど、たしかに「経験スキルを積み上げてない人の特徴」かもしれない。

あの人たちがやってるのは、知識を身につけてるんじゃなくコンテンツ消費してるようにしか見えない。

学者の主張を「なるほどね(笑)」ってしてるだけ。どこに居ても客なの。

就職して労働者やってる時間でも、同僚に対する姿勢が客なの。「せいぜい僕を楽しませてくれよ」って感じなの。

 

akihiko810 私の悪口を言うのはそこまでだ(白目) マジレスすると文学は、不条理である人生世界の「味わい方」を学ぶ学問であって、それによって内面は豊かにはなるが「対人的にいい人」にはならない

ずっと大学生でいてくれ。バイトすらしない大学生純粋お客様だ。お客様は「味わい方」だけ考えてればいいです。

 

弁護ブコメが多いけど、あんたらもこういう人間結婚して生活を共にしたいかとか、一緒に働きたいかっていったら、

実害が発生するから嫌だと思うけど。特にこういうのに部下になられたら死ぬ。社内で「ワーク0、ライフ100」のバランスで生きようとするから

欠点フォロー長所を伸ばそう」っつっても手を動かせない人をどうすればいいっていうの?

 

文系メリットって、本人が楽に卒業できることだけじゃん。

4年間だらだらできる。

学生同士の、全力で遊べ!リア充しろ!みたいな暑苦しい圧力もない。

とにかく何の圧力もなくて、無気力で居られる。思う存分、時間をドブに捨てることができる。

から社会に出たときホワイト企業責任少ない平社員でもストレスを感じて、

大学時代と比べて愚痴ばっかり言って働かないし、働く人を小馬鹿にする。

ほんと、どうして働く人を小馬鹿にするかね。政府企業依存して生きてるくせに。

「間接的に世の中の役に立ってる」とは全然思えない。人をネガティブの巻き添えにするだけ。不快しかなってない。実益もない。

文系学部っていう装置が、4年間、学生を救いも育てもしないなら、収容所みたいなもんじゃないの。

ニートでいいよこんなの。出てくんな。

http://anond.hatelabo.jp/20160526142619

価値は顔次第なのでいい顔の人にだけ教育すればよいのだけど

そんなことは断じてない

そんな勘違いをしてると言うのはあんたがよほど年若い中学生ぐらい)か世間をよく見てないだけ

顔面偏差値お世辞にも高くなくておまけに化粧気もなくてコミュ障で同性の友達2、3人とかでも

うまくして一人捕まえて人生安定させてる人はいるし、複数名に…(これはヤリマとか言われて人生詰む方向あるので省略)

顔のせいで価値が一切キャンセルされるなんて学級に1人いるかいないかの本当に気の毒な顔の人

昨日底辺ネットライターの思うことを書き散らした底辺ネットライターですが

http://anond.hatelabo.jp/20160525122627

この記事です。

ごいたくさんブクマコメントもらって、嬉しかった。全部読んだ。

コメント中に「ブログ始めたら」というアドバイスが多かったので、ブログ始めた。

http://teihen-writer.hatenablog.com/entry/2016/05/26/132553

とりあえず書いてみたものの、どうやって読者を集めたらいいのかわからない。なので、こちらに始めましたと報告してみることにした。

増田を利用するのは卑怯のような気がした。けれど、今まで散々嘘を書き散らしてきたんだ。多少の卑怯ぐらい今さらだって言うんだ。

なりふり構わずにやってみることにした。今の私は相当にカッコ悪いだろう。

どうしようもなくなるぐらいカッコ悪くなったら、アカウントを削除して逃げようと思う。

過去の大それたことですら今の私を追いかけてこないのに、はてな村界隈にしか見られないであろうブログ世界の片隅で消えたところで、誰も何とも思わないだろうとやっと思えた。

覚悟ができたとも言えるのだろうか。

こんなちっぽけなことに覚悟必要なのか?と思われるのかもしれない。私もそう思う。

私は小心者で小物でどうしようもないほど庶民なんだ。

若い頃は「私が何かをしようと思ったところで、世界なんて何も変わらないのだから、好きなことを好きなだけやってやろう」と思って、好きなことを好きなだけやっていた。

別に悪いことはしていない。自分の描く理想未来を、親の意見無視して追いかけた程度のこと。

本当に何も変えられなかったこの力のない手が、今さらブログを書き散らしたところで何も変えられないだろう。

から私は書き散らすことにした。

昨日の増田でたくさんのコメントを読んだこともこの覚悟ができたきっかけの1つです。

私の文章に、批判非難であろうと、まっとうな反応を返してくれたことが嬉しかった。

久しぶりに呼吸の仕方を思い出した気がした。

ブログを書いている時、とても心が泳いだ。

悲しくなったり嬉しくなったり、あっちこっちに心が動いて、自分でも手が付けられない感覚に陥った。

でも、それが無性にしかった。

できたら昨日の増田みたいにたくさんの人に読んでもらいたい。

書いても読んでもらえなかったら、と思うと、少し恐ろしい気持ちになる。

ブログの方に書いたのだけど、ブログを書くということに、私は恐怖感のような気持ちを伴う。

でも、ブログを見られたらという恐怖よりも、ブログを見られなかったらという恐怖の方が大きい。

自分気持ちを書き殴って、見られなかったら、私はとうとう自分価値を見出せなくなりそうだ。

昨日、家のベランダから下を覗き込んだ。ここから落ちたら死ねるのか、と考えたから。

でも、下に車が停めてあったのを見て、「ここから落ちて死んだとしても、夫があの車を弁償することになるな」と思ってやめた。

何かと理由を付けて、私はいつも何かをすることをやめる。

底辺ネットライターを辞めないことだって、いろいろと理由を付けている。

自分を納得させているのか、周りを納得させているのか、わからないけれど、私は言い訳のようなことばっかり言って、いつも何かをやめる。

この増田投稿するのも「なんとなく卑怯な気がする」と思って、やめようと思った。

けど、卑怯でもいいか宣伝したい。文章を書いて見てもらいたいと思った。

たか文章を書くだけのことに命をかけているような振る舞いをして、私は多分少しすごく頭がおかしいんじゃないかとも思う。

私は今の状態から抜け出したい。この苦しい現状から抜け出したい。

自分の好きなことを書き散らして、小銭が稼げるようなったら、どれだけ私の世界は美しくなるだろう。

そんなちっぽけなことで世界が美しくなるなんて、と笑う人もいるかもしれない。

でも、私にとってはとても重要なこと。得意で好きなことをして、海をすいすいと泳ぐような気持ちで日々を過ごしていけたら、ただの日の光はどれだけ美しく見えるだろうか。

溺れている時はただの出口への小さな道しるべでしかなかった日の光が、きっとキラキラと輝いて私の心を満たしてくれるんだろう。

しかし、底辺なのでうまくブログで稼ぐ方法もよくわかっていなかったりする。

私の知っているアフィリエイターたちはブログで稼ごうとはあまりしていないので、そういったノウハウあんまりない。

ブログで稼ぐとしたらアフィリエイトだよね?というレベルだ。

これから勉強していこうと思う。

就活つかれた

うまく喋れなかったらもちろん落ちてるし、うまく話したと思っても落ちる。そしてそれまでその会社に費やした全ての時間と金無駄になる…。

つらい、どんどんつらい記憶が心に溜まっていく。そしてそれらの記憶はふとした時に記憶によぎり、自分を苛む。もともと人と会話した後、思い返して死にたくなる人間だ、面接の後はその比じゃない死にたさが待っている。

しかも人との会話は明確に結果が返ってこない(話がつまらないと面と向かって言われることは少ない、だからまだ希望を持っていられる)が、これは不合格という結果が突きつけられる。人間失格

しかも諦めるという道がない。諦めたら無職だ。それがやばいのは誰でも分かる。

しかし気力が追いつかない。常に頭の中では「安らかになりたい」と願っている。それは死の中にしかないだろうが、決して死にたいわけではない。安らかになりたいだけだ。

家に帰ると姉が「早く仕事をやめて結婚したい」と喚いている。就職している自分仕事を辞めたいと言っている姉の共存する皮肉

就活やめたい。自分よりもっと辛い目にあった人は沢山いるだろう、甘えと感じる人もいるだろう。だが自分ダメ人間なのでこれくらいでも弱音を吐いてしまうのだ。

家には要介護祖母がいる。家族で世話をしている。娘夫婦の金を勝手に使ったりする元々人間的に難のある祖母で、その実娘である母は嫌々世話をしている。齢90くらいだがまだまだ元気なようだ。といっても歩いたりは出来ないし、元々の性格が難があるので祖母友達家族もそのうち誰も積極的に会話しなくなった。インターネットは勧めたが食わず嫌いしてしまう。孤独に退屈そうに部屋で生きている。そんな姿を見ていると長生きというもの価値が見えなくなる。肺結核にでもなって30歳くらいで亡くなることができたらどんなに人生先のことも考えず気楽に生きれるか…。さすがに不謹慎が過ぎる意見だとは自覚している。

今日も自ら命を絶つ度胸もなくこの世を呪いながら生きている。疲れたなあ

http://anond.hatelabo.jp/20160526141959

価値は顔次第なのでいい顔の人にだけ教育すればよいのだけどそういうことはおおっぴらにやると差別になるので映画小説などで文化的教育していく方策が取られている

男にとってはセックスさせてもらえるのってかなり強い承認から

まんこがついてる人間は男に対してすごい武器を持ってるといえる。

悪くないと見込んだ相手に適切なタイミングセックス提供して励ましたりすると

相手をすごく元気付けたり救ったり伸ばしたりも出来るうえ

一気にその相手大事な人になれたりもする。

それだけで人生が開けたり浮き上がったりする。

でも提供相手を間違うとシングルマザーになって人生詰んだりもする。

けど使わないでおくと資産価値的には数千万ぐらいあるかもしれないものを腐らせてる感じ。




こんな重大な資産運用を誰も教導せず個々人の才覚に任せてるって頭おかしくないか





http://anond.hatelabo.jp/20160522144101 こんな増田の言うことを真に受けてはいけない

その人とかがまさに

運用しないで価値を生まずに来た人」

運用手腕も鍛えられなかったので初戦で人生賭けた1発勝負になって失敗した人」

なんだけど。

慶応卒で勉強仕事も出来そうだけどこっちの運用レベル1だった人。

そんなもの運用しなくてもやれるぐらい他の能力が優れてたんだろうけど

なのに人生決める画面では結局これの運用に頼って、そしたらやっぱりレベル1だったという。




レベル1でいきなり上手く出来る(相手の選定含め)センスのある人もいるんだろうけど

個々人のセンスや器量に任せてれば上手く行かない人も大量に出るよね。

BUMP OF XEVRA

print out大事

ホッテントリを待たないでブクマした愚かなドリーマー

数えたらキリがない程のメンヘル互助会でさえも

愛して迎え撃った呆れたビリーヴァー

目を開いたその中に見える確かな愚かさが

空になったワード理由を注ぐ

そうしてまた僕は誰かの背中を刺していく

たった一つ諌めるお気に入り失うんだ

精一杯ネット粛清

過ちを指摘するネガコメすら価値のある財宝

print out 病院

憐れみ絶望も拾っていく呆れたビリーヴァー

誰もが皆それぞれのコメを書く

それぞれの見た眩しさが愚かさなんだ

そうだよまだ僕は僕の大脳を持ってる

たった一言書く為に

いつだって命懸け 当たり前だ

精一杯ネット粛清

診断も決めつけも自分だけに意味のあるコメント

print out 恐ろしい

暴言の日々全て拾っていく呆れたビリーヴァー

精一杯運営に抵抗

決して消えはしないネットゴキブリを照らし出す灯台

print out 恐ろしい

荒らしの中嬉しそうにブコメした愚かなドリーマー

誰もがXEVRA

永遠のXEVRA



http://anond.hatelabo.jp/20160520124353

ギャバンシャリバン価値がわからず、ニルスの不思議冒険太陽の子エステバンが大好きだった。

近未来世界観はつるつるした金属感や流線型雰囲気が嫌いで、スチームパンクが大好きだった。

ミニ四駆が大嫌いでフェアレディZ価値がわからなかった。B'zを聞いている奴らの価値がわからなかった。

2016-05-25

[] 三百代言

意味

詭弁を弄すること。また、その人。また、弁護士をののしっていう語。

明治時代の初期に、資格のない代言人弁護士)をののしった語からいう。

▽「三百」は銭三百文の意で、わずかな金額価値の低いことを表す。「代言」は代言人弁護士旧称

  

用例

日本労働者は三百代言にも劣った陰険な心を持っとるのか。(木下尚江・火の柱)

  

出典:新明解四字熟語辞典

http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/idiom/%E4%B8%89%E7%99%BE%E4%BB%A3%E8%A8%80/m0u/

人工知能って感情やら人格やらの前に人の外付け記憶(知識)媒体みたいな方向性に行くと思うんだよね

早く知識とかの価値ゼロになってほしい

勉強したくねー

http://anond.hatelabo.jp/20160524012315

おつりが帰ってこない一億円の商品券うまい棒1本買うみたいなことじゃないかなぁ。

うまい棒が一億円の価値があると思ってるんならそれでいいし、外野もったいないって思うのもわかる。

地位とか名誉とか権力とかの話

ネットが普及してから個人主義時代になって、自分努力や実力を他人評価してほしいとか、有名になりたいとか、簡単に言うヤツが増えてきて、そのたびに何とも言えない気持ちになる。

俺は以前になんとなくやったことが偉い人に見初められて、たった数か月で突然業界内の有名人になったことがある。その話をすると大抵羨ましがられるんだが、実際には苦労の連続だった。



まずそれまで一緒につるんでいた仲間たちは、手のひらを返したように散っていった。あからさまな嫉妬と悪意のある嫌味でずいぶんバカにされた。当時はリア充だったはずなのに、応援してくれたのは唯一地元親友のみ。友情ってなんだろうなーと思った。

それ以上に辛かったのが、経験ゼロ状態即戦力として投入されたこと。嬉しかったのは最初だけで、すぐに苦痛になった。慣れたら慣れたなりの要求も上がってくる。それでもまあ、評価されたことは嬉しかったし、業界のために尽力した。がむしゃらに勉強もした。

地道な努力かいあって実力が通用するレベルに達してくると、今度は更に上にも一目を置かれるようになった。ところが今度は自分業界へ引き上げた人から嫉妬嫌がらせされるようになった。

だが、ある程度有名になると一個人が悪意を持って消そうとしてもなかなか消せるものではない。実力と共に着実に味方を増やしてきたので、潰されそうにはなったけど、結果的に潰されることはなかった。

だけどまあ、そんな醜い足の引っ張り合いを目のあたりにするとそんなところにしがみ付いている自分バカバカしくなってサクッと全部捨てた。未練もまったくこれっぽっちもなかった。苦労せずに手に入れたものはどんなに価値があるものでも執着がないって不思議だよな。



他人に褒められたから喜ぶってバカだなあって思う。他人から評価って結局他人が都合の良いものを都合の良いように評価しているだけなんだから、その評価にとらわれて喜ぶとか自信を無くすとか自分にとって無意味なんだよ。

自分が精一杯やった結果ならば、それでいいじゃん。その結果が自分の実力なんだから、それ以上なんてないだろ。今は結果に結びつかなくとも、確実に自分の血肉になってるから次のチャンスに繋げればいいじゃん。

勝手他人評価なんか気にすんな。自分主体絶対評価ほど、充実して安定した毎日はないぞ。

人生価値

人生価値葬式に来てくれる人数で決まると言う人たちがいる。そんな人にはなりたくない、なってはダメだ。

からも看取られず独りで死んでいく人にお悔みを申し上げる、そんな人に私はなりたい。

相手に対して興味を持ってみようというアドバイス

 かなり古い増田レスする。

 元増田です。あんど、かなり私見に満ちたレスになるのでそこは最初申し訳ないと言っておきます

ところで本題とは離れるが、「興味を持て」というアドバイス。これ、小さい頃から折に触れて言われるけども。

「あたかも興味を持っているが如く、よく観察して知ろうとせよ」なら、素直にハイ分かりましたって言える。

しかし、「興味を持て」となるとなかなか難しい。好きでもないものを好きになろうとするって、どうやるのか。

 「他人に興味を持て」っていうのと「好きになれ」ってのは別のことだよ。

 最終的に結果として好きになるってことはあるし、そうなると情報収集がはかどるってのは事実なんだけど、好きになる必要はない。むしろ、好きになろうとすれば面倒くさい(よって嫌気がさす)ので、好きになろうとしないほうが結果はうまくいく。

 「他人に興味を持て」ってのは「好きになれ」という意味であるという前提で増田は悩んでるみたいだけど、「興味を持て」は、文字通り「興味を持て」でそれだけの意味なんだ。好悪とは関係ない。感情というよりも、実は、かなり技術問題だ。今回はその技術を私見べったりで説明してみたいと思う。

 まず、一番最初にチェックすべきなのは自分の心身の健康だ。興味を持つってのはエネルギーを使うので、新進が健康じゃないと実行できないし、途中で疲れる。健康大事だ。健康的でそこそこ余裕のある生活を送るべきなんだけど、それはほかにもたくさん記事があると思うので、そっちに譲る。いえるのは、週一くらいで目的もなく散歩だの自転車お出かけだのできる程度は、キープすべきだと思う。

 次にマインドセットだ。

 相手人格とか性格とか個人に興味なんて持たなくていい。それは価値が低いし応用範囲も狭い。そもそも、好きな相手だったら、ノウハウも何も必要なく、魂の命じるままに相手に詳しくなっていくでしょう? 「興味を持とう」ってのは相手物事に関心が無い場合か、どちらかといえば嫌いや苦手なものばかりな時に使う技術だ。にもかかわらず、行為を出発点にするなら、増田はまっているワナ同様身動きできなくなるだけだ。

 重ねて言うけれど、相手人格性格入り口として不適当だ。同様の理由として、相手趣味や、好きな芸能番組や、そういうのも、全部不適当だ。

 じゃあどういう風にすればいいのか? ってことだけど、別の切り口から興味を持つべきだ。「やっている仕事学問でもいい)」「出身地」「家族構成」だ。この三つは汎用性があって、興味をもてるし、広がりがある。

 まずは相手仕事を知ってみよう。

 この切り口の素晴らしいところは、相手人格と(とりあえずは)切り離されているという点だ。最初のとっかかりとしてはフラットともいえる。

 たとえば「Aさんが嫌い。だけど(社会生活人間関係を考えると)興味を持ってみるべきだとおもう」という状況で、「Aさんは布団の販売員」だったとして「布団の販売員は嫌い!」とは、普通ならない。たとえAさんが嫌いでも、全国の布団の販売員全員が嫌いなんてことは、ふつうないだろう。

 布団の販売員という仕事にはそれなりに興味深い部分や面白いところは見つけられるはずだ。自分のやってる仕事と全く重ならない新しい発見かもしれないし、業界や業種を超えて似たような苦労をするという教官かもしれないけれど、ちゃんと話を聞けば布団の販売員面白い

 どんな仕事でも、この世に存在するってことは、それなりの需要があって、そこに人間を配置する意味がある。ベルトコンベアの上で倒れたドモホルンリンクルを治す工場だって意味があるし、聞いてみれば、それなりのエピソードがあるはずだ。自分の知らない仕事の話は、たいてい楽しいし興味深い。もちろん全部が全部楽しいわけじゃないけれど、どこかしら、小さな部分であれ、興味が持てる部分がある(ないとしたら掘り下げが甘いとこの段階では思っておこう)。

 似たような発想で「出身地」もある。例えば増田東京まれ東京育ちだとして、新潟出身の人の地元話は、知らないことや知ってることがあるだろう。給食修学旅行の先が全く別かもしれないし、田舎暮らしという面白い経験を持ってるかもしれない。

 家族構成もそうだ。兄弟姉妹の有無や、祖父祖母との同居など、誰もが抱えつつもバリエーションがあって、新しい発見があるというポイント重要だ。

 Aさんが嫌いだとしても「行き遅れの妹が家でニートしてる人全員キライ」とは、ふつうならない。その部分に興味を持つことはできるはずだ。

 一方で「趣味の話」や「コレクションの話」なんてものは、一般にはお勧め話題のように思われているが、実は相手に興味を持とうという段階では役に立たない。語ってるほうは気持ちいかもしれないが、こちらはそもそもAさんに興味がないわけで、そこで趣味の話をされても、よほど話し上手でもなければ楽しめない。自分がその趣味の知識がなくてもつまらないし、たとえ知識があったとしてもわかってるうんちく語りなんて楽しいものじゃない。必要なのは理解は十分にできるが実地の部分は知らない好奇心を持てる話題なのだ。なので、お勧めは「やっている仕事」「出身地」「家族構成」だ。誰でもその三つは持ってるし、話を聞いてる最中自分の似た経験比較して考えたり質問したりできる。

 一般的仕事人間関係や、学生サークル関係、ご近所づきあいなどにおいて「相手に興味をもってよく見てみろよ」なんていうアドバイスの射程距離は、上記のレベル好奇心や興味で十分だ。個人にたいする好き嫌いなんて関係ない。完全に社交技術とかマインドセット問題で、やり方わかってれば確実にできる。

 でもその先にももちろん道は続いている。

 たとえば「いまいちいけ好かないAさん」がいたとしても「新潟出身の話をしてるAさん」や「布団販売員の話をしてるAさん」は、さほど嫌いにならないで済むかもしれない。

 興味を持てるとっかかりが入手できれば、新しいAさん像にたどり着けるかもしれないのだ。

 これは重要な点だ。そもそも、人間、ない面でも外面でもそんな一枚岩でぶれない存在じゃない。挨拶するたびに中身が入れ替わるけど顔が同じだから同一人物判定してる程度の、もやもやあいまい存在だ。Aさんは嫌いだとしても、その一部分くらいは好きになれる。嫌いなAさんっていうのは、「まだ接点をうまく探せていない」だけだ。嫌ってるAさんは、Aさんの一部でしかない。

 もちろん、だからって、好きになる必要なんて1mmもない。

 Aさんが自慢たらたらでおっぱいをじろじろ見てくる髪の毛の薄いハゲであるってのも、それはそれで事実であるかもしれないからだ(架空の人物に対してひどいなすみません)。

 でも、だからといって、その理由で「Aさんのすべてが完全に興味の持てない最悪の屑である保証はない、むしろ、どこかしらは面白い何かも含んでるんだろうな――って思ってたほうが、精神衛生上もいいし、話しかけるときストレスも下がって得だ。「得だからやる」程度でいいんだ。好きにならなきゃいけないとか、いい子でいなきゃいけないとか、誠実でなきゃいけないとか、そんなの後回しでいい。最初技術オンリー人間理解でかまわない。

 好きになるとか友人になるとか、この段階から見れば、まだまだずーっと先の話でいい。

 まとめ

・興味を持つと好きになるは違う

・好きにならないまま損得で興味を持ってよいしそのほうがいい

仕事出身地家族構成世代あたりを切り口に相手の部分部分に興味を持てばよい

・全体としては嫌いでも一向にかまわない

・部分部分で自分コミットできる部分を探す

以上です。

この記事に対するレスですよ↓

http://anond.hatelabo.jp/20160405233848