「2008年」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 2008年とは

2017-02-23

アルファブックマーカーは誰だ2017

Life like a clown 「アルファブックマーカーは誰だ」 http://d.hatena.ne.jp/tt_clown/20081016/p1 を参考に

このエントリでは当時10ブクマ以上付いたエントリについて1〜10番目にブックマークした人の統計が行われていた。

手元にあるデータでそれと似たようなことをやってみた。

アルファブックマーカーは誰だ」の人たちはまだ10番目以内のブクマを続けているのだろうか?

2008年10ブクマ以上直近9,587エントリからデータ2017年は1,400件のホットエントリからデータなのでサンプル数に6.8倍の差があるのでそこは差し引いてみてほしい。

大抵の人はペースを落としたり、引退したりする中、b:id:REVb:id:advblogは9年前とほぼ同じペースでブクマを続けている鉄人ブックマーカーらしいということが分かった。

ユーザー 2008年10月 2017年1月
b:id:Ubuntu 5339 0
b:id:andsoatlast 1422 18
b:id:westerndog 1353 1
b:id:yachimon 643 3
b:id:RanTairyu 530 0
b:id:yamifuu 523 10
b:id:fs001493 486 0
b:id:kitakyudai 458 0
b:id:zyugem 427 8
b:id:REV 421 46
b:id:sankaseki 414 3
b:id:nkoz 392 10
b:id:Doen 368 0
b:id:kanose 325 4
b:id:ululun 319 0
b:id:advblog 307 50
b:id:kosyu 294 0
b:id:ruku 293 0
b:id:zephyr_82 288 0
b:id:yukitanuki 281 0
b:id:b4-tt 279 0

参考: 補足)はてなブックマークホットエントリ入りしたドメイン2005年2008年 http://anond.hatelabo.jp/20170220185611

ホットエントリに付いた公開ブックマーク10番目までに名を連ねた方 2017年1月

かつてのb:id:Ubuntuのような圧倒的なブクマ数の人はいなくなり、多くの人は入れ替わった。

ユーザー 回数
b:id:pikarin1404 191
b:id:a-aaa 159
b:id:meromeropi888 135
b:id:tarosukegr 114
b:id:kenzy_n 83
b:id:jt_noSke 80
b:id:ochiaihideki 65
b:id:netcraft3 64
b:id:mur2 52
b:id:advblog 50
b:id:REV 46
b:id:azumaon 46
b:id:gaojin2180 45
b:id:yasuhiro1212 44
b:id:death6coin 42
b:id:ksk130421 41
b:id:dogear1988 38
b:id:Hiro_Matsuno 37
b:id:QJV97FCr 35
b:id:cj3029412 34
b:id:kumatarou3rd 34
b:id:Unimmo 31
b:id:aoiakitaaoi1 31
b:id:yas-mal 30
b:id:kash06 29
b:id:tanemurarisa 29
b:id:c_shiika 27
b:id:freelifebyhiro 25
b:id:straychef 25
b:id:toshi19650104 25

ここと同じデータを使ったエントリ http://anond.hatelabo.jp/20170223203211

追記

集計方法は変わっているが2011年版もあった。

Life like a clown 「アルファブックマーカーは誰だ 2011」http://d.hatena.ne.jp/tt_clown/20110226/1298683934

参考: 補足)はてなブックマークホットエントリ入りしたドメイン2009年2012年 http://anond.hatelabo.jp/20170220190017

2017-02-22

はてなブックマーク実際のユーザー2008年5月

http://anond.hatelabo.jp/20170222214739ホットエントリブクマする層のみを追跡したが、実際何人いるのか数字を見かけた記憶がない。

2008年記事によるとアカウント数は15万人だったらしいが、あまり突き詰めて分析していなかったようだ。2008年5月から記事アクティブユーザー8,147IDの約1年後、20,011IDの約2年前の話ということになる。



naoya氏のインタビュー記事「今夏に新はてなブックマーク登場--その進化情熱

2008年05月13日 08時00分 https://japan.cnet.com/article/20372715/

 いま、登録ユーザーさん、要ははてなブックマークアカウントを持っている人が15万人ぐらいで、アクティブ率は正確にはわからないんですが、半分弱ぐらい。何をもってアクティブにするかという問題もありますが、6, 7万人くらいの人がアクティブに利用していて、あとはてなブックマークを見ているだけの人が300万人ぐらいいます

 その300万人というのも、月間ユニークユーザーというデータですので、ピンキリですね。検索エンジン経由でやってきてちょこっと見たというだけの人と、ブックマークはしないけれど毎日見ている人とでは全然違うと思いますが、把握している範囲ではそういった感じです。



2008年だが別の角度からはてなブックマーカー分析されている方がいた

Life like a clown 「アルファブックマーカーは誰だ」 http://d.hatena.ne.jp/tt_clown/20081016/p1

最初10ユーザーに注目して分析が行われている。



はてなキーワードnaoyaの項目がnaoyaではなく元ZOOダンサーになっているのが時の流れを感じる。 http://d.hatena.ne.jp/keyword/naoya

はてな社員は項目にならないのかとも思ったがreikonreikon解説されている。はてな社内ではタブー扱いなんだろうか?

2017-02-20

補足)はてなブックマークホットエントリ入りしたドメイン2005年2008年

http://anond.hatelabo.jp/20170220005414 の1年間隔のデータ

エントリの5年毎のデータじゃ思い出を振り返るには分解能が足りない気がしたので1年間隔で補足します。興味ない人にはスパムエントリ並にうざいのだろうから申し訳ないけど、その当時を見てたらただの数字の羅列には見えないのですよ。近々はてブシステムに大幅な改修が入るらしいから今やっとかないと来月も同じように見られるとは限らないしね。

はてなブックマークホットエントリ入りしたドメイン 2005年2008年

2005年3月 2006年3月 2007年3月 2008年3月
386ドメイン 439ドメイン 312ドメイン 280ドメイン
www.itmedia.co.jp(165) d.hatena.ne.jp(175) d.hatena.ne.jp(114) d.hatena.ne.jp(191)
japan.cnet.com(66) japan.cnet.com(49) blog.livedoor.jp(63) blog.livedoor.jp(78)
d.hatena.ne.jp(36) www.itmedia.co.jp(38) www.popxpop.com(59) www.itmedia.co.jp(50)
internet.watch.impress.co.jp(34) blog.livedoor.jp(30) www.itmedia.co.jp(50) www.asahi.com(40)
hotwired.goo.ne.jp(32) internet.watch.impress.co.jp(21) gigazine.net(43) gigazine.net(31)
headlines.yahoo.co.jp(28) phpspot.org(20) phpspot.org(29) coliss.com(28)
www.asahi.com(28) plusd.itmedia.co.jp(18) anond.hatelabo.jp(23) anond.hatelabo.jp(26)
itpro.nikkeibp.co.jp(26) japanese.engadget.com(17) www.youtube.com(19) www.ideaxidea.com(23)
pc.watch.impress.co.jp(21) www.asahi.com(17) www.atmarkit.co.jp(16) alfalfa.livedoor.biz(18)
pcweb.mycom.co.jp(21) itpro.nikkeibp.co.jp(15) www.designwalker.com(16) japan.cnet.com(18)
blog.livedoor.jp(20) www.atmarkit.co.jp(15) japan.cnet.com(15) phpspot.org(17)
www.watch.impress.co.jp(17) www.ringolab.com(13) journal.mycom.co.jp(15) e0166.blog89.fc2.com(13)
www.ringolab.com(15) www.mainichi-msn.co.jp(12) portal.nifty.com(15) sankei.jp.msn.com(13)
nikkeibp.jp(14) jkondo.hatenablog.com(10) netafull.net(13) wiredvision.jp(13)
www.atmarkit.co.jp(13) www.excite.co.jp(9) itpro.nikkeibp.co.jp(12) itpro.nikkeibp.co.jp(12)
www.forest.impress.co.jp(13) www.forest.impress.co.jp(9) blog.goo.ne.jp(10) www.atmarkit.co.jp(11)
shinta.tea-nifty.com(12) www.nyasoku.com(9) guideline.livedoor.biz(10) blog.goo.ne.jp(10)
www.geocities.jp(11) q.hatena.ne.jp(8) www.ideaxidea.com(10) www.designwalker.com(10)
www.hatena.ne.jp(10) hotwired.goo.ne.jp(7) labs.unoh.net(8) japanese.engadget.com(9)
slashdot.jp(9) pcweb.mycom.co.jp(7) q.hatena.ne.jp(8) ascii.jp(8)
finalvent.cocolog-nifty.com(8) takagi-hiromitsu.jp(7) www.100shiki.com(8) urasoku.blog106.fc2.com(8)
japan.internet.com(8) www.future-planning.net(7) www.watch.impress.co.jp(8) www.moongift.jp(8)
www.mainichi-msn.co.jp(8) www.hatena.ne.jp(7) zapanet.info(8) www.nicovideo.jp(8)
allabout.co.jp(7) bb.watch.impress.co.jp(6) 2log.blog9.fc2.com(7) business.nikkeibp.co.jp(7)
bb.watch.impress.co.jp(7) caramel-tea.com(6) business.nikkeibp.co.jp(7) web-tan.forum.impressrd.jp(7)
blog.bulknews.net(7) fragments.g.hatena.ne.jp(6) www.forest.impress.co.jp(7) www.yomiuri.co.jp(7)
blog.japan.cnet.com(7) gigazine.net(6) www.j-cast.com(7) guideline.livedoor.biz(6)
kiri.jblog.org(7) headlines.yahoo.co.jp(6) ameblo.jp(6) jkondo.hatenablog.com(6)
naoya.dyndns.org(7) kengo.preston-net.com(6) e0166.blog89.fc2.com(6) labaq.com(6)
www.excite.co.jp(7) naoya.g.hatena.ne.jp(6) internet.watch.impress.co.jp(6) www.j-cast.com(6)
www.future-planning.net(7) neta.ywcafe.net(6) web-tan.forum.impressrd.jp(6) www.kajisoku.org(6)
www.nikkansports.com(6) pc.watch.impress.co.jp(6) codezine.jp(5) dain.cocolog-nifty.com(5)
www.yomiuri.co.jp(6) portal.nifty.com(6) www.aoky.net(5) finalvent.cocolog-nifty.com(5)
antipop.zapto.org(5) satoshi.blogs.com(6) www.asahi.com(5) news23vip.blog109.fc2.com(5)
blog.goo.ne.jp(5) shinta.tea-nifty.com(6) www.simplexsimple.com(5) plusd.itmedia.co.jp(5)
blog.tatsuru.com(5) www.geocities.jp(6) blogpal.seesaa.net(4) portal.nifty.com(5)
k-tai.impress.co.jp(5) www.youtube.com(6) css-happylife.com(4) satoshi.blogs.com(5)
www.cnn.co.jp(5) ameblo.jp(5) cyblog.jp(4) takagi-hiromitsu.jp(5)
www.nikkei.co.jp(5) blog.goo.ne.jp(5) dain.cocolog-nifty.com(4) wsoku.blog44.fc2.com(5)
artifact-jp.com(4) jibun.atmarkit.co.jp(5) loconet.web2.jp(4) www.afpbb.com(5)
hail2u.net(4) nikkeibp.jp(5) plusd.itmedia.co.jp(4) bb.watch.impress.co.jp(4)
homepage.mac.com(4) www.geocities.co.jp(5) satoshi.blogs.com(4) blog.creamu.com(4)
kengo.preston-net.com(4) www.yomiuri.co.jp(5) tech.nitoyon.com(4) builder.japan.zdnet.com(4)
takekuma.cocolog-nifty.com(4) beta.g.hatena.ne.jp(4) www.geekpage.jp(4) fujipon.hatenadiary.com(4)
www.100shiki.com(4) blog.japan.cnet.com(4) www.heiwaboke.com(4) headlines.yahoo.co.jp(4)
www.geocities.co.jp(4) column.chbox.jp(4) www.kajisoku.com(4) journal.mycom.co.jp(4)
www.sem-research.jp(4) dogfood.g.hatena.ne.jp(4) www.kitami.tv(4) lifehacking.jp(4)
dain.cocolog-nifty.com(3) ekken.blog1.fc2.com(4) www.sankei.co.jp(4) netanabe.blog78.fc2.com(4)
homepage1.nifty.com(3) hatena.g.hatena.ne.jp(4) www.tatamilab.jp(4) www.4gamer.net(4)
japanese.chosun.com(3) plaza.rakuten.co.jp(4) www.tez.com(4) ameblo.jp(3)
kotonoha.main.jp(3) web.archive.org(4) coliss.com(3) jp.techcrunch.com(3)
my.casty.jp(3) akihitok.typepad.jp(3) hatena.g.hatena.ne.jp(3) koerarenaikabe.livedoor.biz(3)
nais.to(3) arena.nikkeibp.co.jp(3) headlines.yahoo.co.jp(3) ktdisk.hatenablog.com(3)
sagittarius.dip.jp(3) blog.tatsuru.com(3) jp.techcrunch.com(3) labs.unoh.net(3)
sasapanda.com(3) blogpal.seesaa.net(3) la.ma.la(3) mainichi.jp(3)
www.sankei.co.jp(3) bogusnews.seesaa.net(3) medt00lz.s59.xrea.com(3) mereco.hatenadiary.com(3)
www.tokyo-np.co.jp(3) dain.cocolog-nifty.com(3) mellowmoon.blog93.fc2.com(3) netafull.net(3)
www.zakzak.co.jp(3) fujipon.hatenadiary.com(3) tangerine.hateblo.jp(3) pc.watch.impress.co.jp(3)
x51.org(3) nb.nikkeibp.co.jp(3) www.akiyan.com(3) waranote.blog76.fc2.com(3)
  news4vip.livedoor.biz(3) www.future-planning.net(3) workingnews.blog117.fc2.com(3)
  takekuma.cocolog-nifty.com(3) www.gizmodo.jp(3) www.excite.co.jp(3)
  ttchopper.blog.ocn.ne.jp(3) www.virtual-pop.com(3) www.forest.impress.co.jp(3)
  ultrabigban.cocolog-nifty.com(3) www.yomiuri.co.jp(3) www.gizmodo.jp(3)
  www.100shiki.com(3)   www.watch.impress.co.jp(3)
  www.fmmc.or.jp(3)    
  www.h-yamaguchi.net(3)    
  www.hyuki.com(3)    
  www.ideaxidea.com(3)    
  www.lucky-bag.com(3)    
  www.sv15.com(3)    
  yukawasa.hatenablog.com(3)    
  zerobase.jp(3)    

(※カッコ内は回数)

毎年3月の全ホットエントリhttp://b.hatena.ne.jp/hotentry/20050215 から取得。タイルレイアウトで取得したので1日49件×31日で月間合計1519件弱のデータを基にしている。重複はuniqで取り除いてある。

モンスターハンターの売上とゲーム機における対立煽りについて思ったこと

ナンバリング作品ポータブルシリーズのみ調べた。(後半はほぼポエムだ)

売上はカプコン公式サイトにある「ミリオンセールスタイトル一覧(http://www.capcom.co.jp/ir/finance/million.html)」を参考にした。

ミリオン未満のものはVGChartzを参考にした。あくまで参考程度に。

ちなみに日本だけでなく海外売上も含む。

(VGChartzは出荷数であって販売数ではないため正確ではないとの指摘もある。実際カプコン公式ミリオンセールスデータとかなり食い違う)


据置機におけるモンスターハンター

2004年モンスターハンター」 (PS2) 50万本

2005年モンスターハンターG」(PS2) 23万本

2006年モンスターハンター2」(PS2) 63万本

2009年モンスターハンターG」(Wii) 25万本

2009年モンスターハンター3」(Wii) 190万本

2011年モンスターハンターポータブル3rd HD Ver.」(PS3) 50万本

2012年モンスターハンター3 HD Ver.」(WiiU) 69万本


携帯機におけるモンスターハンター

2005年モンスターハンターポータブル」(PSP) 130万本

2007年モンスターハンターポータブル2nd」(PSP) 240万本

2008年モンスターハンターポータブル2ndG」(PSP) 380万本

2010年モンスターハンターポータブル3rd」(PSP) 480万本

2011年モンスターハンター3G」(3DS) 260万本

2013年モンスターハンター4」(3DS)410万本

2014年モンスターハンター4G」(3DS)410万本

2015年モンスターハンターX」(3DS) 420万本

2017年モンスターハンターXX」(3DS) 3月発売予定



(※これ以降ポエム


…うむ。

やはり日本ゲーム機市場のまさにモンスタータイトルに相応しい記録だ。

(数値並べただけで調査もクソもないというツッコミNG


モンハンはやっぱり携帯ゲーム機を愛す日本ゲーム市場象徴的な存在なのかなあと私はしみじみと感じる。



そもそもモンハンシリーズの売り上げを調べたのは、ここ最近に「モンハンPSに返せ!」と主張する人をツイッターで見かけたのがきっかけだった。

モンハンPSOライクなPS2オンラインゲームから始まったわけで、当時はPSPからモンハンを始めたキッズを嫌がるPS2ユーザーもいたかもしれない。

モンハンP2Gから始めた小学生中学生になった時期にちょうどモンハン3DSへの移行が発表されて「何で任天堂なんかに!?」と憤慨していたりして。というか僕がその世代なのでそういう人を目の前で見てきた。高校生になっても「モンハンはやっぱりPSPだと思う」とか言う人はいた。僕の世代小学校中学校時代ゲームプレイする男子は少なくとも半分以上がモンハン経験者だった筈である。(僕は実質未経験者です)

中にはPSPからPSVitaへ移行し、ゴッドイーターソウルサクリファイス(他にも討鬼伝ラグナロクオデッセイフリーダムォーズ(?))などのモンハンライクなゲームに移行した人もいるし、かえって本来の源流であるPSO2Vitaから入った人もいたような。もちろん3DSモンハンを購入した人もいたし、3DSVitaのどちらも持っていた人も少なからずいた。


まあ、みんなが楽しめればそれでよいのです。ゲーム機ゲームソフトの種類に関わらずそれぞれが楽しめればよいのです。それがプレイヤー精神の血となり肉となるのです。

ただ他人の楽しみ方を否定するのがよろしくないのです。人間には他人が決して立ち入ってはいけない心の聖域があるのです。


話はモンハンに戻るが、今年中にニンテンドースイッチ向けにモンハンXXのHD版(移植)が発表されて、2~3年以内にニンテンドースイッチ向けにモンハンの完全新作が出ることになるだろう(素人予想だけど、多分当たる)。そしたら多分「3DSユーザーを見捨てるのか」みたいな声が出てくる。キッズだけではなく大人でも言う人がいるかもしれない。

振り返ってみれば3DSが発売されたのも2011年2月のことである。もう6年以上も前のことだ。3DSからモンハンを始めたキッズも成長して中学生から高校生ぐらいにはなっていることだろう。ネット上でゲームまとめサイト及びゲーム迷惑サイト(実質フェイニュース)で得た生半可な知識披露していきがっているかもしれない。(PSVitaだって6年前に発売されたのだ。PSVitaへのリリース希望するのはさすがに論外だ。少し考えれば無理な話だとわかる筈。)ゲームテクノロジーは毎年進化するのだから、いい加減開発者にとっても性能的に力不足だろうからゲーム機世代交代に則るのも当然の話である(少しばかりは任天堂から要請もあるかもしれない)。


ニンテンドースイッチで発売されればようやくモンハンユーザー念願の「テレビで一人でじっくり遊ぶ」と「携帯機をみんなで持ち寄って遊ぶ」を両立できることだろう。スイッチは「任天堂機は性能のせいでグラがしょぼい」と主張する人間を黙らせる程度の性能は持ち合わせている。

もちろん恩恵を受けるのはモンハンだけではない。スプラトゥーン2マインクラフトなどのキッズに人気のあるタイトルもそういった需要を満たすものだ。そもそもキッズに人気のあるタイトルキッズのみならず大人の間でも人気なものである


まあ、2017年とは言わずとも2018年にはニンテンドースイッチPS4も両方売れて盛り上がって、2007年以降下がりっぱなしの家庭用ゲーム機ゲームソフト市場規模回復してほしいものだなあと思ふ。

皆で幸せになろうよ

2017-02-15

山本一郎やまもといちろう)氏の過去発言

FLASH』(光文社2008年9月2日号 No.1017

山本一郎切込隊長ネット人民共和国Ver2.0」vol.40



「でも本当の注目は社民党だぜ。 <略>

護憲平和主義だと言うのは構わんが、何食わぬ顔で北朝鮮拉致とか協力しやがって。テロ片棒担ぎ放題じゃねえか。どのツラ下げて理想語ってるんだ。」



何食わぬ顔で北朝鮮拉致とか協力しやがって。テロ片棒担ぎ放題じゃねえか。



これ事実無根だったら完全にアウトな発言でしょ。

それとも事実だったから、社民党は黙認したのかな。




町山智浩氏と山本一郎氏がツイッター上でバトルを繰りひろげていたが...。

(ある時点で山本氏沈黙してしまったため、町山氏が一方的批判しているようにみえるが。)

町山氏は山本氏過去ネット上でのネトウヨ発言ヘイトスピーチ発言)を批判していたが、

ネットの中だけでなく、大手出版社光文社から発行されていた雑誌FLASH』の連載記事の中で上記のような問題発言をしていた。


本人および光文社冗談ですまそうとしているのかもしれないけど、冗談ですむ発言だろうか。

山本氏現在フジテレビワイドショー「とくだね」でコメンテーターをしているそうだが、もしこれからテレビに出演するのなら

公党を誹謗中傷した過去発言をきちんと謝罪したうえで出演するべきではないか

それ以前にフジテレビは、商業出版された雑誌で上記のような発言をしていた人物を出演させることについてどのように考えているのか。

是非、ご意見を聞かせて欲しい。


もっとも、社民党北朝鮮拉致に協力していたのが事実なら、そのような政党現在も堂々と活動していること自体、大問題だけれども。

2017-02-14

メジャーリーグはどこの国の人がどのポジションで出場しているのか

メジャーリーグはどこの国の人がどのポジションで出場しているのか 集計期間1995年2016年
生国 出場 先発出場 投手登板 捕手出場 内野手出場 外野手出場 DH出場
アメリカ合衆国 1,096,833(73.2%) 722,470(72.3%) 300,024(75.4%) 81,876(68.5%) 328,182(68.5%) 294,307(78.0%) 40,323(70.2%)
ドミニカ共和国 145,315(9.7%) 95,185(9.5%) 41,119(10.3%) 4,415(3.7%) 59,620(12.4%) 27,999(7.4%) 7,003(12.2%)
ベネズエラ・ボリバル共和国 87,793(5.9%) 64,640(6.5%) 14,651(3.7%) 12,039(10.1%) 39,038(8.1%) 16,925(4.5%) 2,177(3.8%)
プエルトリコ 58,326(3.9%) 44,090(4.4%) 6,515(1.6%) 14,625(12.2%) 19,292(4.0%) 12,117(3.2%) 2,649(4.6%)
キューバ 20,000(1.3%) 16,036(1.6%) 3,674(0.9%) 1,254(1.0%) 9,092(1.9%) 3,554(0.9%) 1,929(3.4%)
カナダ 19,226(1.3%) 12,744(1.3%) 5,596(1.4%) 1,794(1.5%) 4,915(1.0%) 4,884(1.3%) 831(1.4%)
メキシコ 15,188(1.0%) 7,814(0.8%) 8,354(2.1%) 615(0.5%) 4,700(1.0%) 776(0.2%) 402(0.7%)
日本 14,417(1.0%) 9,427(0.9%) 5,240(1.3%) 453(0.4%) 1,779(0.4%) 5,998(1.6%) 592(1.0%)
パナマ 10,773(0.7%) 6,611(0.7%) 2,845(0.7%) 1,812(1.5%) 1,982(0.4%) 3,277(0.9%) 247(0.4%)
コロンビア 5,950(0.4%) 4,987(0.5%) 636(0.2%) 56(0.0%) 4,790(1.0%) 348(0.1%) 22(0.0%)
キュラソー 5,314(0.4%) 4,174(0.4%) 566(0.1%) 0(0.0%) 1,559(0.3%) 2,739(0.7%) 245(0.4%)
大韓民国 3,673(0.2%) 2,500(0.3%) 1,508(0.4%) 0(0.0%) 700(0.1%) 1,215(0.3%) 127(0.2%)
オーストラリア 3,602(0.2%) 1,110(0.1%) 2,311(0.6%) 112(0.1%) 590(0.1%) 268(0.1%) 139(0.2%)
ニカラグア 2,631(0.2%) 1,548(0.2%) 1,083(0.3%) 0(0.0%) 649(0.1%) 797(0.2%) 4(0.0%)
ドイツ 2,351(0.2%) 1,281(0.1%) 903(0.2%) 29(0.0%) 886(0.2%) 343(0.1%) 28(0.0%)
ジャマイカ 1,617(0.1%) 1,422(0.1%) 258(0.1%) 0(0.0%) 0(0.0%) 722(0.2%) 562(1.0%)
アルバ 1,054(0.1%) 910(0.1%) 367(0.1%) 0(0.0%) 473(0.1%) 190(0.1%) 8(0.0%)
台湾 872(0.1%) 339(0.0%) 726(0.2%) 0(0.0%) 99(0.0%) 16(0.0%) 0(0.0%)
ブラジル 692(0.0%) 593(0.1%) 42(0.0%) 384(0.3%) 29(0.0%) 217(0.1%) 22(0.0%)
オランダ 681(0.0%) 569(0.1%) 50(0.0%) 0(0.0%) 527(0.1%) 90(0.0%) 2(0.0%)
アメリカヴァージン諸島 660(0.0%) 345(0.0%) 6(0.0%) 0(0.0%) 75(0.0%) 275(0.1%) 110(0.2%)
ベトナム 520(0.0%) 30(0.0%) 518(0.1%) 0(0.0%) 0(0.0%) 0(0.0%) 0(0.0%)
イギリス 326(0.0%) 8(0.0%) 325(0.1%) 0(0.0%) 0(0.0%) 0(0.0%) 0(0.0%)
サウジアラビア 189(0.0%) 3(0.0%) 165(0.0%) 0(0.0%) 8(0.0%) 0(0.0%) 1(0.0%)
フィリピン 111(0.0%) 13(0.0%) 111(0.0%) 0(0.0%) 0(0.0%) 0(0.0%) 0(0.0%)
ベルギー 108(0.0%) 63(0.0%) 0(0.0%) 0(0.0%) 21(0.0%) 71(0.0%) 7(0.0%)
シンガポール 93(0.0%) 47(0.0%) 0(0.0%) 0(0.0%) 14(0.0%) 48(0.0%) 2(0.0%)
インドネシア 80(0.0%) 1(0.0%) 80(0.0%) 0(0.0%) 0(0.0%) 0(0.0%) 0(0.0%)
イタリア 61(0.0%) 47(0.0%) 0(0.0%) 0(0.0%) 48(0.0%) 7(0.0%) 0(0.0%)
バハマ 22(0.0%) 5(0.0%) 0(0.0%) 0(0.0%) 0(0.0%) 6(0.0%) 1(0.0%)
香港 15(0.0%) 0(0.0%) 15(0.0%) 0(0.0%) 0(0.0%) 0(0.0%) 0(0.0%)
グアム 13(0.0%) 7(0.0%) 0(0.0%) 0(0.0%) 10(0.0%) 0(0.0%) 0(0.0%)
アフガニスタン 8(0.0%) 0(0.0%) 8(0.0%) 0(0.0%) 0(0.0%) 0(0.0%) 0(0.0%)
スペイン 7(0.0%) 0(0.0%) 7(0.0%) 0(0.0%) 0(0.0%) 0(0.0%) 0(0.0%)
合計 1,498,521 999,019 397,703 119,464 479,078 377,189 57,433

(1995年以降2016年までhttp://www.baseball-reference.comデータから。この表では日本まれアメリカ国籍の方、Jeff McCurry, Steve Randolph, Craig House, Keith McDonald, Dave Robertsは日本で集計。他国も同様。試合中にポジションを移動した選手ダブルカウントされているのでポジション別集計については参考程度に。)



メジャーリーグには日本人が参入してからの21年間に34カ国の人々が出場してきた。この中には母国野球文化の中で育ってアメリカに渡った選手もいれば、母国を離れてアメリカで育ってメジャーリーガーになった選手もいれば、アメリカ人の親が仕事海外にいた時に産まれたというだけで海外出身扱いになっている選手もいるようだ。

野球がどのように世界に広がっているのかを見るために比率が少ない国の選手を見てみたい。

スペイン

ダニエル・リオス(Danny Rios)選手のみ。両親は野球の盛んなキューバ出身スペインで産まれる。2歳でアメリカ移住して大学までアメリカ教育を受けた。2008年ヤクルトスワローズ11試合登板

アフガニスタン

ジェフ・ブロンキー(Jeff Bronkey)選手のみ。アフガニスタン人の父とアメリカ人の母の間にアフガニスタンカブールで産まれる。アメリカ高校卒業

イタリア

アレックス・リッディ(Alex Liddi)選手のみ。イタリアまれイタリア育ち。2005年MLBヨーロッパアカデミーに参加。

インドネシア

トム・マストニー(Tom Mastny)選手のみ。両親がインドネシア旅行中に産まれただけ。アメリカ育ち。

サウジアラビア

アレックスウィルソン(Alex Wilson)選手。親(多分アメリカ人)がアラムコ石油に勤めていてサウジアラビア生まれる。2歳からアメリカで育つ。

クレイグ・スタンベリー(Craig Stansberry)選手。親がサウジアラビア仕事をしている時に産まれる。1ヶ月でアメリカに戻る。

イギリス

Lance Painter, Phil Stockman, Chris Reed, Danny Coxの4名。

フィルストックマン(Phil Stockman)選手について見てみると、イギリスまれオーストラリア育ち。オーストラリア大学野球をやっていた。現在オーストラリアのチームでプレー。

ベトナム

ダニー・グレーブス(Danny Graves)選手のみ。父はアメリカ人軍人ベトナム人の母との間に生まれた。生後14ヶ月でアメリカ移住アメリカ高校卒業



関連エントリー http://anond.hatelabo.jp/20170214000243

チーム別日本人メジャーリーガー出場数 1995年から2016年まで

日本人メジャーリーガーがどのチームで何試合出場したかを集計した。でかすぎて増田では見づらく、そぐわないのだけど、作った勢いでサブミットさせてもらう。

2008年ごろまで順調に拡大してきたが、近年は少し停滞気味だと感じられる。投手については頭打ちではあるか゜安定した需要があるようだ。

よくある集計と整合性を取るためこの表ではJeff McCurry, Steve Randolph, Craig House, Keith McDonald, Dave Robertsのみなさんは集計から除外した。

野手投手込みの全選手の合計
リーグ, チーム 95 96 97 98 99 00 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 チーム毎合計
A, Baltimore Orioles 12 43 43 98
A, Boston Red Sox 8 13 45 98 93 142 81 18 48 144 135 104 103 1032
A, Chicago White Sox 59 166 138 90 24 477
A, Cleveland Indians 14 1 57 28 59 1 160
A, Detroit Tigers 49 34 83
A, Kansas City Royals 22 32 15 7 34 12 132 254
A, Los Angeles Angels of Anaheim 50 61 64 66 46 145 61 42 248
A, Minnesota Twins 12 68 3 83
A, New York Yankees 13 29 32 163 162 162 51 157 95 142 102 182 195 24 31 1540
A, Oakland Athletics 40 10 141 5 196
A, Seattle Mariners 1 6 16 63 226 271 257 236 209 305 296 274 217 162 161 186 33 28 20 151 3118
A, Tampa Bay Rays 19 123 152 69 34 397
A, Texas Rangers 38 63 34 4 61 80 32 22 2 17 353
A, Toronto Blue Jays 19 10 2 96 82 23 232
N, Arizona Diamondbacks 16 16
N, Atlanta Braves 34 74 108
N, Chicago Cubs 150 152 130 87 15 28 8 14 584
N, Colorado Rockies 29 3 32 104 168
N(現在A), Houston Astros 96 132 27 255
N, Los Angeles Dodgers 28 33 33 12 62 63 52 17 72 63 76 21 31 32 35 630
N, Miami Marlins 153 143 296
N, Milwaukee Brewers 29 15 21 22 18 30 151 155 441
N, Montreal Expos 11 55 63 35 15 179
N, New York Mets 35 46 31 123 25 62 114 115 38 28 87 45 7 34 790
N, Philadelphia Phillies 45 92 137
N, Pittsburgh Pirates 19 54 9 82
N, San Diego Padres 73 66 81 220
N, San Francisco Giants 118 60 15 93 286
N, St. Louis Cardinals 19 43 109 143 134 130 578
N, Washington Nationals 11 11
年毎合計 28 34 131 154 251 248 528 624 635 853 971 851 1169 1264 989 844 806 697 684 656 428 494 13339

投手だけの集計
リーグ, チーム 95 96 97 98 99 00 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 チーム毎合計
A, Baltimore Orioles 12 43 43 98
A, Boston Red Sox 8 13 45 98 93 142 81 18 48 144 135 104 103 1032
A, Chicago White Sox 59 31 90
A, Cleveland Indians 14 1 57 28 1 101
A, Detroit Tigers 49 34 83
A, Kansas City Royals 22 32 15 7 34 12 122
A, Los Angeles Angels of Anaheim 50 61 64 66 46 61 42 390
A, Minnesota Twins 12 12
A, New York Yankees 13 29 32 14 2 35 32 52 24 31 264
A, Oakland Athletics 40 5 45
A, Seattle Mariners 1 6 16 63 69 114 98 75 47 30 33 28 20 33 633
A, Tampa Bay Rays 19 19
A, Texas Rangers 38 63 34 4 61 80 32 22 2 17 353
A, Toronto Blue Jays 19 10 2 31
N, Arizona Diamondbacks 16 16
N, Atlanta Braves 32 74 106
N, Chicago Cubs 15 28 8 51
N, Colorado Rockies 29 3 32
N, Los Angeles Dodgers 28 33 33 12 62 63 52 72 63 76 21 31 32 32 610
N, Miami Marlins 1 1
N, Milwaukee Brewers 28 15 21 22 18 30 134
N, Montreal Expos 11 55 63 34 15 178
N, New York Mets 35 46 31 25 28 28 87 45 7 34 366
N, Pittsburgh Pirates 19 9 28
N, San Diego Padres 73 66 139
N, San Francisco Giants 60 60
N, Washington Nationals 10 10
年毎合計 28 34 131 154 250 248 248 330 207 307 264 153 238 326 275 316 290 262 268 299 160 216 5004

関連エントリー http://anond.hatelabo.jp/20170214000243

前のエントリーはてブがついて、コメントでイニング数の集計が見たいという意見が見られたが、今回はイニングのデータを取ってないのでいずれ気が向いたらにさせてほしい。

2017-02-10

Twitterを始めて10年経った

Twitterを始めて10年経ったとTwitterから通知が来た。

10年間ほぼ毎日何食べたとかどこに行ったとか呟いているのは、我ながら10年変わらなすぎではないかと思う。

Twitterの前は何をしてたのか、というとmixiGREE更新してたしその前は勿論ブログもっと前はジオシティーズで「DIARY」というページを作って書いていた。ダイアルアップだったかメモ帳に書いてアップロードしてた。

だいたいいつも内容は自分日記インターネットで気になった記事にひとこと自分コメントをつけたのを羅列しただけのものなんだけど、記事クリップ2008年くらいかはてブに集約するようになったのでTwitterには書いてない。なので、本当にくだらないゴミみたいな呟きのみをずーっとしているということだ。

インターネット自分ログが残るというのがとても好きだ。時々何年も前の自分ログを見て苦笑したりこんな事を考えていたのかと新しい発見があったりもする。

たまーーにコメント貰えるとじんわり嬉しいし、10年ずっとフォローしてた人も同じようなことを未だにやってるインターネットが私は好きだよ。

2017-02-02

女性向け同人流行年表12~16

12 黒子のバスケジャンプ

13 進撃の巨人マガジン

14 ハイキュー!!ジャンプ)・弱虫ペダルチャンピオン)・Free!!(アニメ

15 刀剣乱舞ゲーム

16 あんさんぶるスターズ!ゲーム

16年おそ松さんアニメ)は基準に8sp不足

年表入りの基準

96年以前:体感主観

97年以降:週刊少年ジャンプアニメアニメ化後にブレイク500sp以上、

その他300sp以上、ジャンルコード新設

※97年C52からビッグサイト東1~6西1~2ホール使用3日間開催が開始

※16年C90から工事使用ホールが毎回変動しているため総参加サークル数も毎回増減しています

オンリー流行年表


08 家庭教師ヒットマンREBORN!戦国BASARA

09 

10 Axis powers ヘタリア

11 忍たま乱太郎イナズマイレブン

12 TIGER & BUNNY黒子のバスケ

13 

14 進撃の巨人弱虫ペダル

15 ハイキュー!!刀剣乱舞

16 おそ松さんあんさんぶるスターズ!

年表入りの基準

全国大会Rが開催された2008年以降

少年ジャンプアニメアニメ化後にブレイク1500sp以上、その他900sp以上

※00は09/2/8全国の1390spが最大

ヘタリア擬人化)の全国初開催はアニメ化後の09//6/21大阪な為1500sp基準

TB11/10/30貴方が1480spで未達な為12年へ

※進撃は13/8/25全国が1440spで未達な為14年へ

※Free!!は2013/10/20貴方オンリーが900sp98%で翌週の10/27火花全国プチが734サークル

弱虫ペダルは14/7/6全国が1721spで基準クリアしたが、 ハイキュー!!は14/6/22全国995spのあと14/1/25まで全国が無くクリア出来なかったため別年

anond:20121119190913

いつまでたっても山口組と手が切れない岸信介の孫・安倍晋三

いつまでたっても山口組と手が切れない岸信介の孫・安倍晋三

http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-1623.html

安倍晋三祖父は、ご存知・岸信介です。

岸信介は、広域暴力団山口組市場を奪いあうようにして満州で阿片を売りまくり戦後A級戦犯容疑者となって逮捕され死刑執行される予定でしたが、その後、東西冷戦激化によって、アメリカに利用価値を見出されて釈放された男。

安倍晋三は、そんな祖父の代からのつながりで、今でも暴力団山口組と手が切れず、事実過去何度か、その関係報道されてきました。

週刊ポスト2012年10月26日号で、逮捕された「山口組の金庫番」と一緒の写真スクープされ、少なから政権奪取に燃える安倍にとってはダメージとなっているようです。

週刊ポストは、「黒い交際写真の謀略」と、「謀略」の文字を加えることになって、安倍擁護であるかのように見せかけています



画像クリックで詳しい記事

この額縁に入れられた写真の右側のひと目で暴力団関係者と分かる白いスーツの男は、韓国籍山口組関係者、永本壹柱という男。

写真は4年前の6月に、議員会館安倍事務所で撮られたもので、今は、世田谷の永本壹柱の豪邸に飾られているもの

安倍晋三が、統一教会合同結婚式に祝電を送ったことは事実だし、安倍の2000坪もある通称パチンコ御殿」といわれている邸宅土地が、パチンコチェーン店経営する元在日朝鮮人現在帰化からほとんど無償永久的に借り受けていることは有名です。

このように、「安倍朝鮮コネクションと山口組との関係は」、もうどうやっても切れない関係にあるのですが、どういうわけか、過熱しないのです。

これが、民主党議員なら、マスコミはたいへんな騒ぎにするでしょう。

ちなみに、左側のアメリカ人は、前にも、ちょこっとだけ書いたマイク・ハッカビー(Mike Huckabee)議員です。




この人は、前アーカンソー州知事で、2008年大統領選にも出馬した福音派牧師さんです。

なぜ安倍の後援者が、聖職者ハッカビーと、韓国籍山口組暴力団の永本壹柱を引き合わせたのか謎です。

この写真が表に出てきたきっかけは、永本が今年3月逮捕されたこによるものですが、それにしても、安倍自民党総裁に決まった後に。

永本壹柱の自宅に招かれたマスコミの誰かが発見したのが、つい最近だったから?

でも、この写真が撮られてから4年も経つのに、なぜ、今頃になって?

週刊ポストが、本当に安倍晋三イメージダウンを狙っているとすれば、自民党総裁選の直前に出すべきでしょう。

中吊り広告見出しの「謀略」という、とってつけたような文字

週刊ポストは、安倍総裁に決まるまでこの写真の公開を手控えていたのではないか

そして、いずれ出てしまうのであれば、解散総選挙の前に出してしまえば、安倍自民党政権へのダメージは低く抑えることができるだろう、そんな読みがあるような気がします。

まり橋下徹に致命的なダメージを与えた週刊文春週刊朝日も、ノコノコ今頃になって暴力団との黒い交際写真を出してきた週刊ポストも、狙いはどうであれ、結果的には「安倍政権誕生」に誘導するものです。

もし、この一連のスキャンダル背後関係があるとすれば、それは自民党が仕掛けたというより、野田佳彦政権に見切りをつけた財界アメリカ勢でしょう。

それ以外にありえません。

自民党週刊誌を使った「B層洗脳戦術」は、今でも国民に使われている

さて、東電とズブズブの石破茂幹事長ですが、とうとう、これも暴力団との黒い交際が発覚した田中慶秋法相を辞任に追い込めそうです。田中慶秋法は、現在入院中です。

さらに、ここでも週刊文春活躍目覚しく、今度は城島光力財務相稲川会暴力団フロント企業から応援を受けていたことをすっぱ抜きました。

最初は、「私が暴力団関係者から選挙応援を受けたという、という文春の記事は、推測や伝聞で虚偽、著しい名誉毀損だ」とお怒りのご様子でしたが、今はトーンダウン。

どうせ、野田佳彦は、政党助成金がもらえるまで解散を延期できればいいのだから、この二人の議員スキャンダルなど、開き直った野田にとっては痛くも痒くもないはずです。

自民党幹事長石破茂にとっては、これは追い風です。

しかし、石破のほうも、自身代表を務める党支部在日韓国人経営する会社から献金を受け取っていたことが発覚、民主党閣僚を追及する矛先が鈍ってしまったようです。

第一田中法相暴力団との黒い関係を言うなら、祖父の代からのどす黒い暴力団との関係を断ち切れない安倍晋三は、いったいどうなるのか、ぜひ石破茂の納得のいく説明が欲しいところです。

安住淳民主党幹事長代行は、民主党の一期、二基の各議員を集めて、選挙活動資金として一人当たり300万円ずつ支給したと言いますから、暮れが押し迫ってからか、年明け早々か、間違いなく衆議院解散総選挙が近いようです。

あと5人離党すれば過半数割れで、完全に民主党の息の根を止められると胸勘定をはじている自民党ですが、彼らはますます過去の人となりつつあるようです。

数の論理イデオロギー論理ではないところで、国民政治参加は始まっているのに、何も気がついていないというのは、この政党が終っていることを意味しています

自民党が再び「時代を取り戻す」ためには、福島第一原発事故の元凶を作り、アメリカに言われるまま、震災復興もままならないほど借金を膨らまし続けてきた責任を自ら問い、それを有権者の前で説明することです。

そうすれば、一気に支持率回復するのに、まだ「B層愚民化戦略」を実行した小泉政権時代世耕弘成に知恵を借りているようでは、この政党時間問題消滅するでしょう。


国民の生活が第一」の中村てつじ中村哲治議員が、小泉時代世耕の「B層洗脳計画書」の存在暴露しています


「いわゆるB層について、これが原資料です。

2005年6月22日衆院郵政理事会資料小泉政権郵政民営化広報のため「B層」をターゲットにしてビラを作成。その意図小泉政権が隠していたことについてマスコミほとんど報じませんでした」。

クリックで「日本国民B層洗脳計画」のフローチャート

世耕弘成参議院)は、「放射能汚染されたホウレンソウをどんどん食べてください」と、去年3月から4月にかけて、宮根誠司番組に何度も出演して、国民内部被曝させることをやっていた伊藤哲夫教授のいる近畿大学理事長を努めている男です。

伊藤哲夫が所長を努める近畿大学研究原子炉には安倍晋三が訪れています

安倍は、「原子力」というより「核」フリークです。

自民党は、まるで機関車トーマスのような、一丸となって怒涛のごとく原発を推進する政党であることは、これだけの大事故を起こした今でも、まったく変わっていません。

マスメディアも、自民党原発政策について報道すると支持率がガタ落ちになることがわかっているので、週刊ポストの「安倍暴力団コネクション」などのゴシップスキャンダルの類を意図的に流して、国民の関心を他所に向けているのです。

これぞ「肉を切らせて骨を切る」戦法。

形を変えたものの、今でも「B層洗脳」は功を奏しているようです。

自民党が、すでに国民利益に合わない政党になっていることに気がつかないのは、とりもなおさず自民党議員自身なのです。

何年も更新されてないサイト、いいよね

2006年とか2008年更新が止まってるサイトとかブログ

fc2無料ホームページだとポイント高い。

背景黒で無駄な装飾ないやつね。掲示板が設置してるの。

他の調べ物しててたまたまめぐり合ったサイト更新が数年前で途切れていると、よっしゃってなる。

あと二次創作サイトめぐりも好き。

そういう意味だと、増田も似たような空気かもしれない。

2017-01-26

2006年付近:はてだ界隈を中心としてSEPGなどイノベーションに目を輝かせた人たちが集まる。アルファブロガー()全盛期でTV出演など華やか。

2008年付近:よそにいたので知らない。

2011年付近池田信夫はてなをやめる。有名人が次々脱退。

2013年付近シロクマなど文章力では秀でた人材が若干は残った。しかし段々と中身がないものが多くなる。

2015年付近青二才イケハヤなどが特に話題になる。裸の王様だが当人たちは有能である錯覚プライドと中身が釣り合わない。

2016年付近:偉そうで中身もなくプライドが高い、人を口撃する人だけが残留はてダの衰退ではてなブログのゆるさが許容され始める。

2017年付近:中身のない人ですら敬遠するはてなへ。

2017-01-22

罵ってるやつはたくさんいるが、件のAV女優自殺言及しているのはあまりなかったから書いたのだ。別件で2008年記事に今更はてブがついているのは見た。

http://anond.hatelabo.jp/20170122000907

2017-01-21

キンコン西野さんって

ゴッドタンに出てるときちょっと面白いよね

あと有吉のつけたあだ名「元気な大学生」ってほんとすごい

何がすごいってこのあだ名が付けられたのって2008年頃の話でもう8年も前の話なのに未だにこのあだ名がしっくりくるところだよね

2017-01-20

から

から

1990年代半ばのバブル崩壊

1997年の、自公橋本龍太郎政権増税ショック

2008年自公麻生政権でのリーマンショック

円高株安になるのは、安全通貨として円買い、

なんてのは、されてないんだよ。

今、

2016年1月の、7日連続東証株価続急落、

1992年からバブル崩壊時にすら

起きなかった、

この東証株価続落で起きてるのは

日本株から外国人投資家の逃亡。

日本株のほぼ半分は外国人が持ってる。 

600兆円規模と言われてたが

単純にいえば300兆円は外国人が所有してる。

これをどんどん売り出して

日本金融資産から逃げてんだよ。

日本株を買うとき

リーマンショック後、東日本大震災

福島第一原発連鎖爆発事故後の、

円高(このとき円高は、保険会社が、

賠償金としてドル売り円買いにしまくったから)と株価低迷時に、

株を底値で買い付けた時の円レートで株を売る」っていう、

為替ヘッジを多くがかけてるから

日本株を売るとそれが解除されて、

一時的に、円高圧力になる。

少なくとも日本人日本株

どんなに売っても円高にはならない。

だいたい、去年の、

自公安倍ワタミノミクス政権増税ラッシュ

東芝粉飾決算スキャンダルが起きたあたりから

外国人が徹底的に日本株を手放してるだけ。

至極当たり前のことだけどね。

2017-01-17

http://anond.hatelabo.jp/20170117065710

起点は2008年以降だって言ってるだろクソカス。何年アニメ見てものを言ってるんだ。

2017-01-14

http://anond.hatelabo.jp/20170114155348

明確な目標があるのに、もったいない

ネットだと、情報が多すぎるのかな

javascriptかな?と思ったけど、ruby

ifもforもでてこなくてスマ

eachが形を変えたforです

いろんなとこからコピペ量産して、2時間近くかかりました^^

api取得はすぐだったけど、json、hash、arrayでごにゃごにゃ)

rubyソース

# ライブラリ
require 'net/http';
require 'uri'
require 'json'

# 検索文字
$q = 'http://ci.nii.ac.jp/books/opensearch/search?q=%E7%B3%9E&format=json'

# web-apiから取得
# https://support.nii.ac.jp/ja/cib/api/b_opensearch
def search(q)
    uri = URI.parse(q)
    json = Net::HTTP.get(uri)
    result = JSON.parse(json)
end

=begin
取得データ1件サンプル
{"title":"糞土",
"link":{"@id":"http://ci.nii.ac.jp/ncid/AN00094249"},
"@id":"http://ci.nii.ac.jp/ncid/AN00094249",
"@type":"item",
"rdfs:seeAlso":{"@id":"http://ci.nii.ac.jp/ncid/AN00094249.json"},
"dc:date":"1953",
"dc:creator":"糞土会",
"dc:publisher":["糞土会"],
"prism:publicationDate":"1953",
"cinii:ownerCount":"8"},
=end

# データ整形
#
# 入力データ構造
# {"@id":"http://ci.nii.ac.jp/books/opensearch/search?q=%E7%B3%9E&format=json",
#  "@graph":[ { "items":[ ,,,
#
# 出力(ハッシュ)
# {title => dc:date ,,, }
def format(hash)
    title_date = Hash.new

    # ハッシュキー"@graph"の値の配列の先頭のハッシュキー"items"のハッシュ配列を取得
    items = hash['@graph'][0]['items']

    # タイトル出版年を取得して、戻り値ハッシュへ追加していく
    items.each do |item|
        title = item['title'].chomp
        date  = item['dc:date']
        title_date.store(title, date)
    end

    return title_date
end

# 並び替え
def sort(hash)
    hash.sort_by do |key, value|
        value
    end
end

# 出力
def print(hash)
    hash.each do |key, value|
        puts "#{value}年 #{key}"
    end
end

# メイン関数
def main
    # web-api検索して、
    result1 = search($q)
    # データを整形して、
    result2 = format(result1)
    # 出版年で並び替えて、
    result3 = sort(result2)
    # 出力する
    print(result3)
end

# 実行
main

rubyスクリプトの実行結果

C:\Users\unko\Desktop\prog>ruby webapi.rb
1848年 人欲辨 (じんよくべん)
1870年 雀糞論説
1920年 青瓷説
1933年 管内ニ於ケル鶏糞ノ利用状況
1947年 糞尿譚 : 小説1953年 糞土
1955年 黒い裾
1955年 形成
1959年 石糞
1972年 糞 : 海田真生個人文芸誌
1972年 乳幼児糞便図譜
1987年 糞尿と生活文化
1991年 皇居と糞尿と大嘗祭 : 皇居「糞尿」裁判を支える会ニュース
1995年 糞袋
2000年 糞尿史 : 遷都は糞尿汚染からの逃避だった
2005年 「糞尿」大全
2007年 糞虫たちの博物誌
2008年 うんちのはなし : う~んとげんきになる
2009年 糞神

2017-01-03

変わってしまった嵐(ペンの指す方向)

キャッシュが残ってる> http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:blIvDuDYfZoJ:chaiy.hatenablog.com/entry/2016/12/27/221556+&cd=1&hl=ja&ct=clnk&gl=jp


*****

正直、迷った。この記事を公開するべきか、しないべきか。決して読んでいて気持ちのいいものではないし、ただの一個人勝手意見から。でも、心にしまっておくのも限度がある。私の周りでも似たような意見を持つ人が多く見られた。どうせなら言いたいことは全てはき出してから新年を迎えたい。

この記事は「今の嵐は嫌い、昔の嵐は好き」というほぼアンチ化しているファン卒業間近の私が今の嵐について書いたものである。嵐大好き!という方は気分を害される可能性がありますのでご注意下さい。

私はグループ内での信頼や絆、目標価値観、考え、そして思いを知るのがとにかく好きだ。その為、よくテキスト重視で雑誌を買ったりする。

どんなに大きな壁が待ち受けていようとも決して諦めず傷だらけになりながらも頂点を目指す、そんな人間味のあるグループに惹かれる。

また、ライブ演出構成が好きな分拘りも強いし、ここはもっとこうした方がいいんじゃないかと気になる事があればすぐさま友人と語り合うほどだ。メンバーの発した言葉や行動に不快を覚えれば叩く事だってある。それほど性格も口も悪い。

これから綴る文章はそんな私の個人的意見にすぎない。共感を求める訳でもなく、喧嘩を売るつもりもない。どう思うかは自由だ。ただ、近年思っていることをこの場に書き留めておきたい。

私は昔の嵐が好きだ。詳しく言えば10周年前後の2007~2012年。この頃が好きなファンも多いだろう。

1999年デビューした嵐。当時5人中3人が辞めたかったと話している。チケットが売れずに悩んだり、自分がどこに向かっているのか分からなくなったり。これからの嵐について深夜遅くまで語り明かした日もある。嵐という立場自分に大きな葛藤を抱き、悩み、苦しみ、藻掻き続けた5人は「トップになる」というひとつの夢を掲げ這い上がってきた。その小さな努力の積み重ねが形となり、2008年頃、抜群の歌唱力トーク力を兼ね備えた親しみやすグループとして世の中に浸透していった。

そんな嵐のことをメディアは「仲がいい」と表現した。確かに5人の仲の良さは大変微笑ましいもので、歌っている時に目を合わせて笑ったり、ふざけ合ったり悪戯をして楽しんだり。その反面やる時はやる。ファンの為に真剣仕事に取り組むその姿はかっこいいとしかいえなかった。

嵐はアットホーム関係性で見ていて和やかな、穏やかな気持ちになるグループだ。さりげない気遣いや思いやりを持ち、5人でいることへの感謝気持ちを忘れずに仕事をしている。お互いがお互いを必要として「嵐」であることを誇りに思っているのだ。

その純粋な思いは5人のイメージや才能を圧倒的に開花させ、国民アイドルとまで上り詰めた。

ライブが出来る喜びや有り難さを実感しながら作り上げる嵐のコンサートは誰が見ても幸せ空間といえるものだった。一緒に楽しんで一緒に笑顔になる。きめるところはきめ、魅せるところは魅せる。何しろ飽きさせない、つまらないと思わせない。グループとしてうまくバランスがとれていたせいもあり心の底から楽しいと思えたライブができあがっていたのだろう。

しかし、近年の嵐はどうも違う。こればっかりはどうしても挑発的な言い方になってしまうがいくつか例をあげて話したい。

まず一つとして仕事に対してのやる気のなさが取り上げられる。これは特に最近になって目立つようになってきた。リハが始まる直前まであぐらをかき、スタッフに「次○○(曲名)やる?」と聞かれても「やらない」と即答。これは本人達の気分もあるだろうから仕方が無いのかもしれない。

また、一部のメンバーに限るが、収録中にも関わらず寝ていたり、頬杖をついて人の話を聞いていたり。それを他のタレントに注意され頬杖はやめても指をトントンすることから苛立っている様子が伝わった。

二つ目は態度。クランクアップした役者さんに向けて花束を投げて渡したり、ゲストの前でもだらっとした格好で座っている姿が映っている。そんな行動を一部のファン可愛いといっているが私はそうは思わない。少なくとも花束を投げて渡すというのは非常識にも程があると思う。それでも可愛いという人は自分がその渡された役者立場になってみて考えてほしい。

三つ目は失言。「金いらない」「いつになったら飽きるの?」「チケット争奪戦が楽しみ」分かっている。バラエティからふざけて言ってるだろう事も、ウケを狙って言ってるであろう事も。そんなこと分かっている。けど金いらない発言は流石にいらっときた。ファンは夢を買っているのだ。歌って踊って夢を見させてくれるアイドルが好きで、応援したくてお金を払っているというのに。そんなこと言うんだったら仕事なんてしなきゃいい。申し訳ないがそう思った。

また、去年に続き今年もコンサートという場でファンガチ切れ。そんなに言いたいことがあるんだったらいっそのことはっきり言ってほしいものだ。今の嵐はいちいち文句をつけなきゃやってられないのか。

挙げ句の果てには散々今までファンと呼んでいたのをついには客扱いされるようになってしまった。これは四つ目の点として「近年のコンサート」の話にもなるのだが、私たちファンは彼らを明るく照らし、演出の一部になり、一緒にステージを作り上げる。確かにそうだ。だが、私としては一緒に楽しみたい。例として言えば2010年、11年の「Scene~君と僕の見ている風景」や「BeautifulWould」があげられるだろう。会場が国立というせいもあるかもしれないが同じ歩幅で、同じ距離感で、同じ方向を向いていたあの頃は本当に良かった。誰が見ても楽しいと思えるコンサートになっていて彼らと気持ちを共有して見ている景色が同じだった。それが私は嬉しかった。

けれど今、私はあの頃のようには思えない。ペンライト演出が年々パワーアップしていってるのはいいが少々拘りすぎではないか演出に頼りすぎていないか制御ライト制御強制されてる気がしてあまり好ましくない。2014年デジタリアン使用されたファンライトに到ってはただ演出の為だけに作られたようなものだ。だってあれ、光が嵐に向けられてるんだものステージにいる者だけが見れる、つまり映像映えするように、ということなんだろう。だからファンライトファン=ライト)なのかもしれない。


このようなことから、私は嵐がどこを目指しているのか段々分からなくなってきていた。以前よりファンを大切にしていないと感じる人も中にはいるのではないだろうか。

更に近年の嵐について調べあげ、具体例をあげたいと思う。

・どんだけ売り上げ伸ばしたいね

今回のアルバム発売後、事務所から通常版購入特典として「嵐から皆様へ感謝気持ちをご用意させていただきました」というアナウンスがあった。なぜ初回を購入した人には送られず通常なのか。それは売り上げ向上の為なのだ

実を言うと最新のアルバムシングル共に売り上げが落ちている現状である

◆嵐1stアルバム現在Are You Happy?」までの売上数

<img src="http://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/c/chaiy/20161210/20161210174346.jpg" alt="f:id:chaiy:20161210174346j:image" title="f:id:chaiy:20161210174346j:image">

◆嵐シングル 2015年Sakura」~現在Power of the Paradise」までの売上数

<img src="http://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/c/chaiy/20161211/20161211201115.jpg" alt="f:id:chaiy:20161211201115j:image" title="f:id:chaiy:20161211201115j:image">

原因としては昨年と今期のメンバーによる熱愛報道ライブの内容、CD・DVDを買う需要制、また年齢が年齢の為、若手グループ担降りしているのが主な理由だと考えられる。先ほど書いた通り、失言の多さややる気の無さが気になって離れた人もいるだろう。

そんなこんなで今事務所は売り上げを伸ばす為に必死になっているのだ。何としてでも今までの売り上げ数に並んでおきたい、そんな概念があるように見える。だから発売から一ヶ月以上たっていても新たな「嵐クローバー」というキャラクター&CMを作り宣伝し続けていたようだ。

更には現在行っているライブのMCにてほぼ全公演でアルバムを買ったか買ってないか、買ってないなら是非お買い求め下さいと、まるでセリフのように呼びかけている。上からの指示で言っているのか本人がただネタとして言っているのか分からないが、何としてでも売りたい、そういう風に捉えられる。

ハワイネタ&一位の内容

11月VS嵐にて「もう一度見たい名場面集」という企画があった。そこに第二位としてハワイで5人だけで語り合った回がランクインした。確かに素晴らしい回だった。15周年を迎えた今の彼らが本音で話し合う、それは私にとっても凄く好きな内容で、当時思っていたことや、もし嵐になっていなかったらなど5人の気持ちを知れて嬉しかった。

だがしかし、もうハワイネタはいいんじゃないだろうか。「辞めたかった」そう打ち明けられた時の2人の顔。気付いていただろうか。とても哀しい目をしていた。あんな顔、もう二度と見たくない。嵐で頑張っていこうと決意した2人にとっては、突然突きつけられた衝撃の言葉に動揺を隠せなかったのであろう。

そして、名場面集第一位メンバー同士のキスシーンだった。何故これが一位なのか投票した人に伺いたい。赤さんが「俺らのファンきも(笑)」と思っていてもおかしくない。いや、思っただろうな、きっと。

ファン<招待客のコンサート

去年のドーム公演にてある女性アイドルグループを招待し、その子達に向かってファンサービスをしていたという目撃情報ファンの間で話題になった。その公演はDVD化され、ファンサービスをする様子も映り込んでいる。これに対してファンは双方に激怒したのであった。

そして先週のドーム公演にはあるメンバーと共演した女優さんが来ていた。勿論そちらも満点のファンサービスを振る舞っていた。

毎回嵐のコンサートは招待客が多いので有名だ。共演者関係者、更にはメンバーが連れてきている人も入っている。招待客にはファンサービスするくせに肝心のファンにはスルー。一部ではビジネスコンサートなんて言われている。共演者を見るよりも、何倍もの倍率の中やっとの思いで当選して、年に一度会えるか会えないかプラチナチケットを手に入れてここまで会いに来たファンを見るべきではないのか。ファンサービスするべきではないのか。誰の為に行っているコンサートなんだろう。

・今更銀テの話

アリーナツアーでも話に上がったそうだが、先日のコンサートにてファンが銀テ取りに夢中になっていると「銀テじゃなくて俺ら見てよ」「取りすぎ」「1個でいいだろ」という発言があった。今更何を言ってるんだ。いちいちつっこむ私も私だが銀テ取るのも取らないのも客の勝手だろう。以前「銀テにロゴ入れ始めたのは全部客に取らせて掃除を短縮している」というのを聞いたことがある。それを取るなと?逆に銀テ発射されても誰一人取らずに嵐を見てたら。想像するとあまりにもシュールすぎる。ファンを見ないくせに俺らを見ろと。もう少しファンとちゃんと向き合って欲しい。

・回りくどいぜ兄さん

何でもかんでも遠回しに説教してくる。

例えば。「どうせネットでばらされるなら先にセットリスト公表しちゃおうか」つまりネタバレすんなよ、と言いたいんだろう。ならそう言ってくれればいい。某グループファンに「楽しみが無くなるのは嫌だからツアーネタバレ禁止」とちゃんと呼びかけている。だからファンは守ってる。何故嫌みっぽく煽ってくる。はっきり言えばいいのでは。

調子乗りすぎ、自慢しすぎ

メンバー特定されてしまうが、やたらと「第39回」と推してくる。正直言ってしつこい。受賞したからっていい気になりすぎじゃないか?前回の受賞者は自慢もせず何度もその話をあげることは無かったのに。

アルバム曲定番シングルコンサート

嵐のコンサートに行ったというと誰もが凄いね!という返事が返ってくる。私の職場では「宝くじ当てるのと同じくらいだよね?!」なんて言ってくる。確かに嵐のコンサートは入手困難な超プラチナチケットといわれる程大人気だ。現在の嵐ファンクラブ人数は200万超え。数字だけ見ると爆発的な人気を誇っているように見えるがこの中には退会した人も含まれている為、実際はどのくらいの人数がいるのか気になる。

肝心のコンサート内容は簡単に言えば「アルバム曲定番曲(感謝カンゲキLove so sweet、Oh yeah辺り)+制御ペンライト=嵐のコンサート」となっている。ただ演出が凄い、それだけ。以前の楽しさはどこに消えたんだろう。いつもと同じ曲、同じ順番、更に説教付き。演出に頼らず、一度素で勝負したらどうだろうか。

・本当に仲が良いのか

例えば2010年君と僕の見ている風景」特典映像の強化合宿。私はこの映像が大好きだ。ロケバス自由に話す5人。寝るところをじゃんけんして決める5人。赤さん一人だけ皆と並んでないのが寂しくて結局一緒に並んで寝ちゃう5人。着地するときに支え合う5人。くだらないことで笑い合う5人。楽しそうにレコーディングする5人。私にとって手放せない大切な1枚だ。

その頃と比べると今は本当に仲が良いのか疑ってしまう。カットという言葉がかかれば真顔、無言。前はこんなんじゃなかった。勿論大人になったせいもあると思うが5人集まることが「仕事化」している気がして。いや、仕事ではあるんだけど。それぞれに壁が出来ている気がする。嵐はお互いに気を使っている、だから揉め事が生まれないなんて言ってたけど果たしてそれでいいのだろうか?気を遣ってると自分気持ち意見が押しつぶされるのでは。本当に思ってること、言いたいことが言えないのでは。こればっかりは私は一般人だし嵐でないのでわからないが。何にせよ、今の嵐でちゃんと話し合った方が良いと思う。このままじゃバラバラになっていく。

説教コンサート、口の悪さ

去年のツアーにて「なんだよ、原点回帰しただろ」「原点回帰意味知ってるか?」等。そして今年はアンコールの声が小さいと怒られ「いつも出てくると思われても」なんて言われ、面白かったから笑ったのに「は?」とキレられる。

今の彼らはアンコールで出てきて当たり前、という風に思っているところがある。それに、しようがしないが、これも客の勝手だろう。アンコールするほどの価値がないと思ったらしない。この間の公演でもWアンコールを用意してたにも関わらずアンコールの声が無かった為、それにて終了となった。どうせ客としか扱ってないのなら、アンコールがどうとか、声が小さいとか、セトリがどうとか文句言わないでほしい。

他にも書きたいことは山ほどある。これでもかというくらい、次から次へと言いたいことが出てくる。

アイドルは人気になればなるほど、提供してくれるものと、こちらが求めているものに誤差が生じてくる。求められている事全部に耳を傾けるのはとても難しい事だ。

それに、嵐は世間に美化されすぎた。「嵐」の○○が好きで、「嵐」の○○だから使われて。正直、名前の頭に「嵐」をつけなきゃ誰なのか分からない。誰もが皆コンサートに行きたがるけど、結局は「嵐のコンサートに行った」「嵐に会った」そういう肩書きが欲しいだけなのでは。

もう疲れた

どうして説教されなきゃいけないんだろう。どうして楽しいはずのコンサートで涙が出るんだろう。哀しくなるんだろう。

どうしてもやもやしたまま帰らなきゃいけないんだろう。

こんな思いをする為にファンになったんじゃない。ただ、あの頃のまま一緒に歩いていきたかったのに。ペンの指す方向に、先陣切って歩いて行くあなたたちについていこうと思えたからついてきたのに。あなたたちが見せてくれる夢を見たくて買ったのに。

どうして。どうしてこんなにつらいんだろう。

苦しい。

変わってほしくなかった。

変わらずにいてほしかった。

ちゃんと愛してほしかった。

何度目か分からないこの気持ち

でも。もう既に心は決まっている。

さよならまであと少し。

http://anond.hatelabo.jp/20170103074312

2008年  595.50km

2009年 1618.10km

2010年 1699.50km

2011年 1311.0km

2012年  119.0km

2013年  69.50km

2014年  35.50km

2015年  269.30km

2016年  582.50km

2017年   6.40km

 

 ≒ 6,300km

 

まだまだだな・・

2016-12-31

ストライクウィッチーズより空戦描写で劣るブレイブ、空戦魔導士

2008年アニメに負けるって何だよ。OP戦闘シーンを見る度げんなりするわ

思うに人物3DCGはやっぱりまだ早いんじゃない?蒼き鋼のアルペジオ亜人でいけるかと思ったけど、ブレイブウィッチーズベルセルクを見るにやっぱりまだ時期尚早だと確信した

ネウロイやその他機械ならともかく、ウィッチ手書きで戦う姿で見たかった

それが無理なら、顔だけ手書きで体はCG手法じゃだめなの?一時期よく見たのに流行らなかったのは単純に手間が掛かるから

ニパのおっぱい

2016-12-30

http://anond.hatelabo.jp/20161230190419

10年前に学生だった世代学生時代につかってる。

ネットで目立って流行し始めたのは今年になってから


参考)荻上チキネットいじめ――ウェブ社会と終わりなき「キャラ戦争」』 PHP研究所2008年

2016-12-23

5年くらい時代が進んでない気がする

1980年台 覚えてない

 

1990年初期 バブル崩壊

1995年 大震災 エヴァ アムラー

1997年 ワンピース テレビバラエティなどが最盛期 モー娘。

1998年 ハンターハンター

1999年 宇多田

2000年 ミレニアム ネオ麦茶 ITバブル崩壊

2001年 911テロ 千と千尋 アフガン

2003年 世界に一つだけの花

2006年 ハルヒ ライブドア・ショック PS3

2007年 ニコ動Youtube 動画時代

2008年 リーマンショック

2009年 政治とか荒れる・民主 就職ヤバイ AKB総選挙 オバマ

2010年 アバター3Dがどうの

2011年 大震災 まどマギ 地デジ ジョブズ死去

2012年 スマホ全盛期~ 民主

2013年 おもてなし アナ雪 PS4 艦これ

2014年 小保方 マイクラ

2015年 イスラム国

2016年 SMAP Brexit トランプ 君の名は

 

年取っただけかもしれんが

なんか薄いんだよね

平和なんだろうが

 

政治・・・ずっと安倍

経済・・・可もなく不可もなく

流行・・・中ヒット

ヲタ・・・アニメ映画漫画、中ヒットは量産だが社会現象までいかない

技術・・・スマホクラウド絡みくらいか

スポーツ・・・10年以降で誰でも知ってる人って錦織くらい?

災害・・・東日本大震災ネタいつまでやるんだよ

ネット・・・5年前と何か変わった?

音楽・・・ずっと死んでる

 

この5年はスマホ絡みばっかだった気がする

ドローンアクションカム、VR、SNSLINEみたいなところも

 

 

情報面について個別主義が進んだからかもしれん

流行が作りづらい

災害政治経済戦争たまたま起こらなかっただけ?

電子書籍なんかは何かが変わったという感じもしない

 

個人的にはここ5年仕事しかしてなかったからいいんだけどさ

 

来年は何か変わるかなぁ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん