「モヤモヤ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: モヤモヤとは

2016-07-22

私20代前半、彼20代後半。

年の差は3~5歳なので、まあよくいるカップルだと思う。

付き合い始めてから半年以上1年未満。熱々ではなくなったけど、冷めきった訳でもない。


彼の周りが今結婚ラッシュで、毎月1回は式に出席していて「ご祝儀貧乏だ~」って嘆いてる。

そんな周りに影響されているんだと思うけれど、最近結婚したい」という話が頻出する。


それ自体私自身うれしい話で、現実的に考えてもいいんじゃないかと思っていた。

ただ、まだ浮かれ気分が残っている時期だし、お互いの仕事も忙しく環境の変化もあったりで

真剣に考えていたかといわれれば、決してそうではない。




最近彼が「できちゃった婚でいいか結婚したい」という旨の発言をし出した。

「それだけは絶対に嫌だ」と伝えたものの、本気と捉えていないんだと思う。


彼は、行為ときに「自ら」避妊しなくなった。



彼に任せきりにしていた私も悪い。それは本当に反省しているし後悔している。

「された」と気付いた時点で「やめて!」と言ってやめさせているし、私自確認するようになったけれど、

事あるごとに「出来ちゃったら結婚すればいいじゃん」だの、

子どもが出来たらどうするの!と怒ると)「俺と結婚するの嫌なの?」と言ってくるようになった。それとこれとは話が別だ。



私はまだ社会人として未熟で、最近やっと戦力として扱われるようになってきた。

それが嬉しいし、周りの人達にも恵まれているし、今の場所でしっかり頑張りたい。

でも、仮に「できちゃった」ら、私はそれを手放さなければいけない。


彼の仕事は全国転勤があって、近々地方へ行くことも決まっている。

そんな中、「できちゃった」ら彼は一体どうするつもりなんだろう。

私を連れていくつもりなんだろうか。私が結婚した後、今の仕事をどうするのかの話も、全くしたことがないのに。

それとも、私を残して行くつもりなんだろうか。


そして、これは古臭い考え方だということも重々承知の上で、

私は「できちゃった婚をした娘」にはなりたくない。両親が絶対悲しむ。

もう大人なんだからそれは自己責任だ、と最終的に許容してくれるとは思うけれど、

それでも私は両親にとって「孝行娘」で居たい。

きちんと彼を紹介して、結婚をして、数年後出産。なんていうのは夢を見すぎなんだろうか。



なんてことをここでモヤモヤグチグチ言っても仕方がないので、今度彼に話をしようと思う。

責めたような口調にならないように、あくまで彼の考えはどうなのかを聞けるように

頭の中をきちんと整理していこう。

俺がブコメした時にはトラバは無かった

絶対にパクっていないと断言したい。が、証拠がない

そこまでしてスターを集めたいとは思わない

トラバした増田も俺のブコメをパクッたのではなく偶然かぶっただけだろう

でもモヤモヤするからブクマにもタイムスタンプがあればいいと思う

2016-07-19

援交未遂補導した女子高生の言ったセリフにショックを受けた

自分立場は隠して書きますが、先日援助交際(の未遂)で補導した女子高生と会話する機会がありました。

その少女に言われた一言があまりにショックで、未だにモヤモヤとした気分を引きずっています



その一言とは、「個人でやるウリ(売春)って犯罪じゃないんでしょ? わたし何で捕まったの?」

私は何も言えなくなりました。そうなんです。日本刑法上、個人売春は(広義には)犯罪ではありません。

少女犯罪者として補導されたのではなく、建前上は「保護」されたのです。

私は立場上、少女援助交際、すなわち事実上売春をしようとしたことを注意しようとしましたが、

倫理的に咎めることはできても、法的な論拠をもってやめさせることはできなかったのです。

少女の家庭に多少の事情があることは察せられましたが、それとこれとは全く別の問題です。

そもそも、どんな事情があれ、教育を受けている未成年売春に関わることが正しいことだとは思えません。



この少女買春しようとした男性は、教育に携わる人物でした。他県で少女と同じくらいの歳の生徒を指導しています

未成年相手方にした以上は犯罪者であることに疑問の余地はありませんが、男性もまた似たようなことを語っていたようです。

しかしたら少女は、この男性に個人売春違法でないことを教わったのかもしれません。

もっとも、男性少女以外にも複数の(主に成人)女性を対して買春行為を繰り返していたようで、

行為の際には未成年であることを承知していたものの、少女出会ったことは偶然であったと主張していました。

(近年の援助交際では典型的なケースですが、出会い系アプリ使用しての出会いだったようです)



世界的に見れば、先進国の多くでも売春合法化される流れがあります未成年売春ですら合法化されています

しかし、これは日本で言うところの管理(ないし許可制売春であって、個人売春ではありませんし、

管理売春合法であっても(無許可の)個人売春については非合法の国も少なくないようです。

先ほど述べた少女発言にもあるように、日本蔓延する個人売春のもの違法化しない限り、

未成年でありながら自らの意思売春する少女たちの背徳的・反社会的行為を防ぐことはできないと思います

少なくとも、未成年は「保護」された制限行為能力者である以上、自らの意思であっても

売春従事することは許されるべきではないと考えます。皆さんはどう思われますでしょうか?

ノイホイの記事週刊金曜日)周辺で起きてること

ホント「触るな危険」になってきたな。

日頃、だれか彼かに持ってるモヤモヤを、事件を利用してぶつけようとするから

客観性のないグチャグチャしたものになっていく。

2016-07-15

わが子の将来を考えると死にたくなる

こども3人、平日はパートに出ている主婦

夫は仕事で帰りが21時を過ぎるので、育児にはほとんど関わらない。

夫は家事は一切やらない。

子供があまりにもわがままで、生活のすべてにおいて疲れる。

朝は起こしても起きない。

無理に起こせばぐずる。

着替えをいやがる。

ごはんをいやがり、お菓子を食べたがる。

単純に好き嫌いが多く食べられるおかずが少ない。

出したものを片付けない。

歯みがき、手洗い、風呂をいやがる。

眠れないと言って深夜までぐずる。

ぐずり、かんしゃくが多く程度がひどい。

ものを投げる、こわす、叩く、大声を出す。

気分次第ではできる日もあればできない日もある。

子供の機嫌がいいときは拍子抜けするほど生活が楽になる。

から晩までできないこと続きの日には本当に疲れ果てる。

それでも、そんなものだと思ってがんばっていたが、上の子小学校に入った頃から、本気で悩んでいる。

学校へ行くのをいやがる。気分次第で行く日もあるが、行きたくない日もある。

行かない日の「行け」「行かない」のバトルの後でパートに行くのがとてもつらい。

学校から帰ったらすぐゲーム

宿題の催促は無視

宿題を無理にやらせようとすると反抗し、そのあとの生活がこじれる。

楽しめるものゲームか、それに関する動画などのメディアしかない。

例えば体を動かす遊びとか、なにかしら料理だか工作だかやらせると、はまることもあるが長くは続かない。

読書は面倒だと言うのでせめて漫画でもと与えるが、漫画さえ読むことが面倒という。

休日に一緒に遊べる友達がいない。

最近では、ニートになりたいとか言い出した。

それでも休日ゲームばかりではよくないと思ってやめさせるが、「ひま、なにすればいい?」とつきまとう。

他の遊びなどを提案してもすべて拒否

もう知らないと無視すれば反発し、叩いたり蹴ったりしてくる。

そこまで家の中が荒れるとあとはお出かけでもして気分転換しかない。

そんな休日が続けば、平日にやり残した家事を片付けることもできない。

平日は上の子宿題をさせることと下の子の「遊んでかまって」攻撃に応戦するので精一杯で、掃除に手が回らない。

洗濯物の量が多くて、しまいきれないものが散らかっている。

の子が小さいのでおもちゃが床に散乱して片付けに手間取る。

掃除しないと、探し物が増え、よけいに生活しづらくなる。

結局、上の子ゲームをさせ、下の子のかまって攻撃を受け流しながら家事をこなすので精一杯の休日が多い。

正直、休日くらいは夫がこども3人の遊びにつきあってくれたら非常に助かるのだ。

でも「仕事で疲れている。ストレスがたまっている。ひとりの時間がほしい」と言われると強く頼めない。

できないものを無理強いしてもケンカするだけムダと思って強くは言わないけど、夫が無関心すぎるのではとか、努力不足かもとか疑い始めると、はらわたが煮えくりかえる

が、夫にも子供にもぶつけるわけにいかずひとりモヤモヤする。

夫に任せたところで、私でも手を焼く子供たちと過ごして、疲れないわけもない。

夫に育児疲れでイライラされて仕事に支障が出ても困る。

結局は自分も夫も、子供といて疲れる時点で育児に向いてなかったのだ。

もっとうまい育て方があるのだろうが、それもわからないまま、できないことが多い子に育ててしまったわが子の将来を思うと、不憫でならない。

試行錯誤してきたが、結局は厳しすぎたのか甘やかしすぎたのか、なにが悪かったのかもわからない。

まりにもわがままや反抗が多いので、子供の可愛さより大変さが上回ってしまうことが多い。

そういう大変さには理解共感もできないと書いた母親のように、要領よくこなせて、なにも意識しなくても子供普通生活を送れる人が、本当にうらやましい。

きっと余裕のあるお母さんの育てる子供は安定して幸せだと思う。

二人目の育児休業中ということは、一人目の時も育児休業をとって仕事を続けてきて、正社員ということだろう。

自分パートでもギリギリで両立している。正社員育児両立する人には本当に尊敬しかない。

http://anond.hatelabo.jp/20160714095611

しろそういう人が世の中をうまく回してくれていて、自分たち夫婦がどんなにニート予備軍な子供を育てても世の中にとってはなんの役にもたたないじゃないかと思える。

私たち夫婦結婚前はお互いに仕事をして、ごく普通に生きてきたと思っていたので、そんなに問題のある人間とは感じていなかった。

から恋愛に至ったし、恋愛の先に結婚があって、子供が生まれても普通に生活していけるものだと思っていた。

夫は今でもそれなりに楽しい生活だと思っているようだが。

私にはこのままではうちの子ニートになるしかないように思える。

私に依存しているのだろうか。

私が死ね子供たちは児童養護施設にでも入れてもらえるだろうか。

上手に育ててあげられない自分に育てられるよりはむしろその方がよいのかもしれないとすら思えてくる。

羊水赤ちゃんの尿

ってあんまり知られてないのか?

この間、子供連れてオープンカフェで朝飯食ってたら、隣の大学生っぽい二人組が羊水腐る発言しててさ。
うちの子はまだ赤ん坊だけど、あんまり子供に聞かせたくないな〜。注文したばっかでこっちは出れないから、早く出ていかいかな〜って思いながら聞いてたんだよ。

二人とも食べ終わってるのに、ダラダラ話し込んでて。
特に片方の発言は、男尊女卑だらけでネットに影響されてる感が半端なかった。
嫌だなあって思いながら聞き流してたら「羊水腐った婆が〜」とか「JK羊水ならグビグビいける」とかキモい発言が飛び出してきて、思わず「は?」ってなったんだ。


いや羊水ってさ、あれほとんど赤ちゃんの尿じゃん。
尿に浮かびながら飲んで、また出してって消化器官と排泄器官育てるじゃん。
羊水って、女の中に常にあるものだって勘違いしてるのか?
妊娠しないと出てこないって、あんまり知られてないこと?
そもそも「JK羊水」ってなんだよ。JK妊娠してる前提?JK赤ちゃんの尿飲みたいの?
もし本人だったら、JKが生まれた時に流れてどこにもないけど、どうやって飲むんだ?


本当に意味わからん子供連れもたくさんいる場所で、あんな話をする神経もサッパリわからん羊水って検索したら一発なのに。ずっと手に持ってるスマホ検索すればいいのに。
この発言、いつか彼の黒歴史になるんだろうか。
そん時どんだけ恥ずかしい思いをするか、想像するだけでこっちがしんどいし、思いがけずキモい話を聞かされて、子供と過ごすさわやかな朝が台無しだ。

モヤモヤしてしょうがいから、ここに書き捨てる。

[]

今回はやわらかスピリッツ

柚子森さん その②

1話アラームを鳴らされそうなほど警戒されていたのに、2話で手を繋ぐというのは展開早すぎじゃあないだろうか。

時系列的にも、そこまで信頼関係築けている期間じゃあないよなあ?

幼女との掛け合いを描いたWEBコミックとして、他にはとなジャンの「ひゃくにちかん!!」があって、こちらは年上の学生側が男性幼女側が園児な分、「危うさ」を描くことにだいぶ注意を払っている印象(それをネタにすることも含めて)。

ただ、同性なこともあってか「柚子森さん」はそういう「危うさ」をむしろ前面に出しているコンセプトっぽいね

コンセプトが違うから一概にどちらが優れているとはいえないけれど、私としては1話と2話の構成を見る限りでは、あんまり上手いとはいえないかなあ。



でんぱ受信中!! 第13話

今回はでんぱ組MVの話。

読者がファンじゃなくても、作者のでんぱ組に対する愛を、その人なりの目線で追体験できるというのがこの漫画面白さだと思うけれど、今回はピンとこなかったかなあ。

でんぱ組MVを観たことある前提の話といった感じでノリきれなかった。

今回のを読んで、興味本位MV観てみたいかというと、私は微妙



ZZZのZ ~ねむりちゃんとおやすみ~ 第5話

5話まできて、私がこの漫画のコンセプトを誤解していることに気づいた。

メインキャラ二人を中心に、様々な状況や手段を用いて眠るっていう漫画なのね。

そこが主体で他はもう全部、ネタとして受け取ってくださいってことなのか。

深稲が授業中ほぼ眠っているのになぜ学年テスト1位なのかとか大した理由がないのね。

安眠方法漫画を通じて楽しく紹介するコメディーだというのなら、絶対もっとベター方法があった。

そよ子が深稲に興味を持ったきっかけとなる設定だからいくらコメディーだからってそこをウヤムヤにしたまま話数重ねられてもモヤモヤしたままなんだが。

しかも今回なんか、いよいよ生徒と先生まで授業中の安眠に巻き込んでんのに、深稲の言動が是のように描かれている世界観は不可解だ。

こういうコメディーだからって主役のやることは無条件で許される、みたいなの好きじゃない。

恐らく、主役の人格作りや物語運びが上手くないからだと思うけれども。



世界は優しさで溢れている。 特別編③

こういう友達間での、意味不明な取り決めってあるよね。



青猫について 第4話

現実的に考えたら女子が刀一本で大人の男をそんなバッサバッサと斬れますかいなといつも思う。

まあ、人が無残に死にまくる世界観漫画ってことは一話の時点で分かっているので野暮は承知だが。

さて、本編はいわゆるライバルキャラと、縁のある人物登場って感じだろうか。

数話後には普通に死んでてもおかしくなそうだから何とも言えないが。

青猫の振る舞いは殺し合いの目線で見れば非論理的で非合理なんだけれども、それが青猫の得体の知れなさと強さに遠因しているという表現はよろしいかと。

頭に刀ザックリは「おおっ!?」と思ったが、すぐに演出だと分かって「な~んだ」と思っている自分がいるあたり、私もこの漫画に毒されつつあるな。



お酒夫婦になってから 第47話

最近読んだ「セトウツミ傑作選」のエピソードで似たようなセリフがあったから、「僕しか見てないよ。」っていうのがギャグしか見えなくて困る。

スイカジュースとか飲んだことあるんだけれども、「お前ってやっぱり野菜なんやなあ」って気持ちにさせられる味なんだよね(有り体に言えば不味いってことなんだけれども)。

なので、スイカカクテルは私の中で正直微妙な印象。

それにしても、今回は水着回のせいなのか、心なしか嫁さんが扇情的だな。

そういえば、前この作者が描いていたのにも、軽くお色気要素あったんだよなあ。

当時は絵が荒かったかあんまり気が高まらなかったんだけれども、今は割といいかもしれない。

2016-07-13

夫婦愚痴って

ある程度しんどいんなら大事になる前に直接話し合ったほうがいいんじゃないの?結婚したてだからよく分かんないんだけど。

そういう対人関係モヤモヤってガンみたいなもんで、小さいうちは意外とあっさり解消できるけど、溜め込んで大きくなってくると邪推とか思い込みとか色々入ってややこしくなるでしょ

http://anond.hatelabo.jp/20160713172150

会社の態勢整えろって方向にはモヤモヤするってことだよね。じゃあ、どう態勢整えたらモヤモヤしなくなるんだろう。

ちなみに、うちはわりとホワイトだし厳しい納期はないけど、急ぎの客はいるし繁忙の波はある。急ぎの客が立て込んでる時に予定してた人員がいないと困る。

事前に言われてたり家庭の事情とかわかってる休みだったら「おう、留守はまかせろ」みたいな感じだけど、元増田が書いてたような感じだったらキレると思う。

態勢整えるにしても、そういう社員をみんなが許容できる雰囲気作れる自信はない。会社悪者にすればいいのかもしれないけど、会社の懐具合も見えてるしなあ。

http://anond.hatelabo.jp/20160713164133

モヤモヤはするがそれは会社の態勢に関してであって休んだ当人にはないわ。

社会人っつーかまともな大人なら当人を責めること=自分の首を絞めることだと理解できるからな。

別に大企業じゃないが休み理由を聞くことがNGくらいは全員しってるし、遊びでもどうでもいいわ。

http://anond.hatelabo.jp/20160713134054

全体的に見たけど「うちはこういう職場から忙しい時でも当日適当に休んでだいじょうぶだし、それで怒ったりモヤモヤする人もいないよ」っていう人が一人もいない気がする

理想論じゃなくて現実的な話、そんな職場存在するの?って思ってて聞いてるんだけど。

実際、ホワイト大企業なら好き勝手に前日「明日やすみまーす(理由はナイショ)」が通るんだろうか?

ちなみに、自分が知ってる限り大昔の郵便局がそういう感じだったらしくて、だから相当余裕をもって人員配置していたとか聞いたけど、結局、採算取れず民営化だよね。

2016-07-11

子供のころ、両親が突然無気力になって家事仕事放棄してしまうんじゃないかといつもビクビクしていた。特にいつも以上に機嫌が悪いときにそのままプッツンといってしまうんじゃないかとかと思った。両親に限らず、例えば学校先生なんかも突然「もういいや」と教えるのをやめるんじゃないかと思っていたし、アニメキャラ精神的にダメージを受けて意欲を失ってしまうシーンにはドキドキした。

それは中二病的なものではなく確実に不快もので、漠然としてるけどモヤモヤ無限に広がっていくような不安感だった。

それから15年ほどたった現在病気が直接のきっかけとはい仕事を辞めてしばらく経つ俺は、まさにこの状態に陥っていることに気が付いた。かつて他人に対して不安に思っていたことを自ら実現しているのだ。これに気付いたとき、まるで子供のころの俺が頭のどこかでこうなること予見していて、その不安他人を通して感じていたみたいだと思った。

ところで人は自分の中にない発想を他人の行動原理として想像することはできない。例えば童貞馬鹿にされるものという発想がない人は、自分童貞でも他人馬鹿にしてくるとは思わないし、他人に対しても馬鹿にしない。逆に言えば両親が怠惰生活に堕ちるんじゃないか不安に思っていた俺は、自分を含めて人はそうなる可能性がある(それも結構簡単に)という考えを信じていたことになる。だれしもがぎりぎりのところで頑張っていて、その張り詰めた糸が切れれば廃人になってしまうと。思えば当時も、ちょっとバランスが崩れれば今の生活が壊れてしまいそうな感覚を持ちながら毎日過ごしていた。まあ今となっては、その「人類皆ぎりぎり説」はあながち間違ってもいないと思うが。

子供の俺はその説を本やらテレビやらから種となるものを仕入れて発展させたのか、それとも自分の中にその可能性を感じとったのかはわからないが、こんな思い込みをしてたのは俺だけだろうな。

そんなどうでもいいことを考えた、無職の疎外感が増す月曜日

2016-07-08

元カノに恨まれている

自分からフッた彼女が今でも「お前が普通に暮らしているのが許せない」と言っているのを見てしまってモヤモヤする。

自分にとってははじめての彼女だったから、好奇心とかが行きすぎてやり過ぎてしまったり、自分の人付き合いスキルの未熟さで傷つけてしまったことはすごく申し訳ないと思ってるし、今も反省している。

だけど、男女関係ちょっとした緩さとかがきっかけで冷めてしまたから別れたのだが、それを全部自分被害者と思われてもなんだかモヤモヤする。「あれだけ手を出したくせに裏切った」なのかもしれないけれど、だからといって「普通生活」すらも許さないというのは、そんなに拗らせられても……と思う。

2016-07-06

アイドル好きなおんな(わたし)の執着

小学生の頃から男性アイドルがすきだ。

一度はもう疲れた、やめようと思ったのにまた好きになってしまった。

アイドル女性問題だとか、ファンサだとかにはあまり興味は薄いほうだったわたしアイドルを好きでいるのが辛くなったのは自らの執着のせいだ。愛と執着は紙一重だと思っている。いや、アイドルを長い間好きでいれば、愛は執着となりいつのまにか愛に隠れて育ってくるものだと思っている。

最初は××くんのことが好きだなぁ~~カワイイなぁ~~とただ思って、短所もかわいくて、ただその姿を画面越しだったり、コンサート会場で遠目にみるのが楽しくて仕方なかった。正直、アイドルを一番好きな瞬間とは好きになったその瞬間だろうと思う。あとは自分アイドルへの愛を育てていくんだと思う。好きだ好きだ好きだ好きだといっているうちに、いつのまにか、××くんの変化についていけていない自分に気がついた。人は多かれ少なかれ変化していくものだ。ある意味フィクションであるアイドルだって人間なのだから、もちろん同じことだ。わたしが好きだった××くんはその瞬間を生きていた彼だったのだと、気づくことになった。べつに、そっかぁ、そういうもんだよね、と離れたらよかったんだと思う。けれどわたしには愛に隠れて育っていった執着があった。離れてしまった気持ちとはうらはらに、そのアイドルを長い間考えてきたという執着があったのだ。TVをチェックしてイライラして、グッズや雑誌を買いながらどこか疲れていた。自分でもそんなのって自分馬鹿だなぁと思っていたのに、執着だけはたちきれずに、好きなアイドルをみてイライラする日々を送っていたのだ(自分気持ちイライラしていたのを、いつのまにか、アイドルイライラしていたという感じだった)。別の趣味をみつけて、アイドルを好きになるのはもうやめようと思いながら、××くんのことはまだ情報をチェックして執着していた。余計、もうやめよう、そう思いながら4年がたっていた。

もうやめるはずだったのに、またわたしは新たにアイドルを好きになっていた。けれど、そうしたら今まであった××くんへの執着はいつのまにか消えていた。映っていたらもちろんみる。でももうモヤモヤした気持ちにはならない。ただ好きだなぁっていうだけ。

もう執着するのはやめよう、ただ好きな気持ちだけでいよう、そう思いながら毎日彼の姿を画面越しに追っている。けれども、結局また執着してしまうんだろうなぁ。

長い間そのアイドル好きな人が好きな気持ちより愚痴や不満をぶちまけているとき、もうそれは執着じゃないの?と思う。よくしていきたいとか、期待してる、そう言うけど好きなんて言葉最近めっきり聞いてないよって。

アイドル好きでいるのに執着してきちゃったら百害あって一利なしだと思う。

執着は愛ではない。実生活ではわかるのに、アイドル好きでいるとわからなくなったりする。

また執着してしまうのだろう、そう思いながらもそれは忘れないでおこうと思っている。

2016-07-04

Twitterキャプチャ画像つけて実況するアカウント著作権問題

Twitterを見ていると、アニメテレビ番組の実況でキャプチャ画像等を垂れ流しているアカウント複数存在してる。

例としてあげちゃうけど、有名なのはやっぱり:Story_terror



法律上では引用要件を満たしていると思われるものは少ないし、存在しないと思う。

本来であれば著作権上、アウトのものであり、問題だらけであるはずなのに、

なんでそれアウトだよってTwitter側も権利者側であるテレビ制作者側もアニメだったら(c)なんとか製作委員会は取り締まらないの?



(1)アニメ画像つきのツイートが行われることでアニメ本編の宣伝効果になる

(2)アカウント特定し、1つ1つ告訴していくのには時間費用がかかる、告訴することでのメリットを感じない

(3)注意をするにも連絡先を公開しているようなアカウントは一握り。DMから送っても無視されてる


こんなとこ?


Youtubeアニメ動画本編をアップするのはさすがに発売されるDVD/Blu-ray有料配信などの売上に影響がでるし

違法アップロードはやめましょう^^」っていうテロップを延々と流しまくりはじめたけど、

静止画場合は影響少ないだろうし、グレーゾーンってことで目こぼししてるってことなの?



こういったTwitter上でのキャプチャ転載における逮捕注意喚起などの事例があったら読んでみたいから、もし知っていたらなんかトラバください。

というかがしがし取り締まってるよ!っていうのであれば知らなさすぎて申し訳ないレベルだわ。

漫画とか同人グッズとか、音源とかをTwitterにあげてたやつが公式アカウント

「それ違法から殺すぞ」みたいなリプ食らってたのは見たことあるけど、アニメキャプチャでは実例として自分は見たことがなくて。



アニメ業界的には、このような状況をどのように見ているのかが知りたい。

フェアユース思考としてTwitterでの実況についても寛容に見ていくつもりであるのか。

まあTwitterハッシュタグつけてキャプチャ画像あげてあれこれっていってるのはどうせ公式アカウントは追ってるんだろうけど、

たまに「キャプチャをあげるのは著作権法違反!」って権利者でもない人がリプとばしてるのとか見るじゃん。



しかにあげる方としては「いけないことをしている」つもりはあるのかもしれないし、「皆やってんだからやってもいいだろ」っていう感覚なのかもしれないが

そういう曖昧感覚のままでツイートさせていくのって、不健全というか、時代にそぐわないというか、二次創作世界とはまた違う権利世界お話から

これからも目ぇつぶってやっていくの? って思って。




二次創作ガイドラインを作ってるように、Twitterでの実況に関するみたいなガイドラインも設けて、

お好きにやってちょーだいくらい書いてくれたほうが時代にあってる気もするけど、どうなんだろう。


著作権という法律から見たのであれば、完全アウトなんだから

ちゃんとダメって言えよ。取り締まれよ。禁止しろよ。何野放しにしてんだよ。っていうこのグレーな状況に時折イライラしてしま自分と、

流れてくるキャプチャを見て、見てみるかーって思うアニメもあるので、140文字テキストだけよりも、キャプチャがあったほうが断然宣伝効果はあるから

キャプチャつけてツイートしたほうが、実際はいいんじゃないのって思う自分がいて、どっちにしろイライラする。




なんでこういう濁りというか、グレーなものが気になるんだろう。気にならなければいっそのこと清々しく幸せなのに。

キャプチャつけてツイート流してるっていう人の意見も聞いてみたいけど、どこで聞けばいいのかわかんないし。




キャプチャつけてツイート流してる人は単なる感想を述べるのにこのシーンを見ていますというだけで添付してるの?

みんなこのアニメをみてくれ!って気持ちツイートしているの? ただのRT乞食なの?

まとめブログ転載したりしてるのはさすがにアフィ目的なのわかりやすいけど、ただTwitterに流すだけじゃお金にはならないよね・・・

まあそのツイート第三者であるまとめブログTwitterアプリ引用をして貼っつけて、アフィリしている事例はよく見るんですけど。

検索上位によくあがってくるから、こういうのは取り締まれよとは言いたいが。



こんなの考えてるの自分だけかもしんないし、こんなのブログに書けないし、もやもやするしで、もし同じようなこと気になってる人がいればと思って書き散らかした。



追記:

なんかこれ前にもモヤモヤしたな、と思ったら、元々自分MIDI音源を聞くのが趣味で、MIDIサイト巡りをしてた時期があったんだけど、

JASRACが一斉取り締まりしてMIDIサイトがどんどん閉鎖したときのことを思い出した・・・

アニメ収益で悩んでるならTwitterキャプチャ写真投稿するの課金制とかにすればと思ったけどそんなんしないだろうな

そういう意味ではJASRAC著作権管理団体としてはちゃんとお仕事してんだなって思った・・・嫌いだけど・・・

2016-07-02

今は会えないと彼女に言われた

俺と彼女はお互い今年から働き始めた社会人1年目。

大学4年生の時から付き合っていて、付き合い始めてそろそろ1年になる。

大学は別なもののお互い東京大学に通っていて、彼女とは友人の紹介をきっかけに付き合い始めた。

学生時代は頻繁に2人で遊んでいたし、卒業後は彼女金融に入り神戸配属、俺はそのまま東京就職遠距離になってしまったものの、

4・5月は月に1回は会っていた。




6月は今週の金曜日彼女たまたま休みだったので東京まで遊びに来てくれることになっていて

1か月ほど前から楽しみにしていた。



しかし1週間前に「今は仕事で結果を出せていない。

数字を上げられていないこんな不甲斐ない状態じゃあなたに会いに行けない。」と突然LINEで連絡が入った。




「なんじゃそりゃ?」と思ったが、

彼女仕事金融営業であり、もともと真面目な性格、そしてまだ働き始めたばかりで不慣れな環境下にいることも重なって

結構ストレスを抱えているのかもしれない。



「分かった。ただ自分を追い詰めるようなことはしないでほしいし辛かったら相談してほしい。」

と返信。

そして7月の3連休の1日だけでもいいか神戸まで会いに行きたいと話を持ち掛けた。



これくらいは良いだろうと思ったが、彼女の回答はNO。

「私があなたに自信もって会えるようになるまで待ってほしい」と伝えられた。



う~ん、彼女の考えていることがよく分からない。

こんな様ではいつ会えるかも分からない。

仕事に追い詰められているのか?仕事に集中したいのか?もしかすると俺に段々と冷めてきたのか?他に気になる男ができたのか?



真相は分からないが、彼女がそう考えるならと「分かった」と答えておいた。



今も毎日連絡は取りあってはいるが、1週間たった今も正直ちょっとモヤモヤする。

2016-06-30

lgbtの「見せ方」について思ったこと。

なんとなく放送大学を見てたらlgbtのなんたらいう番組をやってた。男から女になった人と女から男になった人と司会の人で、まぁ内容としてはゴリゴリ勉強するというよりも鼎談みたいな感じのことをしてて。そこらへんはよかったんですけど。

出演者女性(元男性)が、派手な和装クラブママみたいな感じの人で新宿2丁目で働いてるらしいんですけど、番組最後歌謡曲を歌いだしたんですよ。いきなり。なんか「その演出いる?」と思って。なんか、いる? それいる? ってなって。

番組目的はよく知らないんだけども、「男らしさ」とか「女らしさ」とかい固定観念lgbtの人たちの足を引っ張る枷になってる部分もあると思うんですけど、「ゲイっぽさ」みたいのも固定観念じゃん。なんでそこをわざわざ強調する(ように見えることをする)のかなと思って。

死ぬほど当たり前のことを書くけど「男」の中にも色々いるわけじゃん。男がみんな車とロボットスポーツが好きな訳じゃないじゃん。ゲイの人にも色々いるわけじゃん。mtfの人も「派手な衣装メイク盛り盛りで人前で唄ったりするのが好きな人」ばっかじゃないじゃん。絶対に。

少数派、性的マイノリティのそういう生き方ex.新宿2丁目ゲイバーで働くmtf)があると知らしめる。それがひいては偏見をなくす道である。わかる。わかるが「マイノリティの中のマイノリティ」の生き方ばかりが取りざたされて、やたら目立ってしまうのは、「マイノリティの中のマジョリティ」にとって不本意なことではなかろうか。

直近の例では、とある裁判官の人が半裸の写真ネットに云々ていう、それは全然よくて。ああこの人はそういう人なのねって感じなんですけど。なんかそれをまた別の検事だかの人が支援かいってパンイチの写真アップとかしてて。それは余計じゃねぇの。普通に支援」を表明するだけじゃダメだったのって。

そういうの見てると「ゲイのおじさんて脱ぎたがりなの?」みたいなイメージなっちゃうような気がして。マイノリティの中のサイレントマジョリティではないが、ゲイのおじさんでも「自分の裸をネットにあげたくない人」の方が多いと思うんだけど(裏は取ってない)、そういう人の声ってわざわざ出てこないじゃん。ネットで裸を見せたがる人もいれば「好きな人の前じゃないと脱げない」ていう人も恐らくいるわけじゃん。

でも脱ぎたがりな人たちのそういうのばっかが見えてくる感じだと、ふっつーの、なんかもう着飾って人前で唄ったり、裸の写真をアップしたりしない、もう極めてありふれたふっつーの暮らしがしたいと思ってる人たちからすれば「自分は違うんだけど」みたいな、どうにもモヤモヤするというか、釈然としない気持ちになってんじゃないのかな、と思ったり。

果たしてゲイらしさ(とはなんだ、という話もあるが)をあえて強調することは、当人たちにとってなんか意味のあることなんだろうか。単にアイデンティティの発露(そういうクイアな部分が当人たちの精神的支柱になっているからもはや否定できないとか)なのかもしれないが。ゲイパレード映像に出てくるドラァグの人たちとかを見るたびになんとなく思う。あるいはそういう「おもしろいところ」から大衆に受け入れてもらおうという気持ちなのかもしれないが。それは諸刃の剣であるよな、という気もして。

念のため書いておくけどドラァグとか裸体をアップする人とかに「そういうのやめろ」と言いたいのではない。あの人たちは、それぞれそういう人ってだけのことであって好きにやったらよいと思うし。気になるのはそれを個人の特性と捉えず「mtfは全部ああいう感じの人なんだー」みたく十把一絡げに考えてしまう人が多いのではないかさらにそういった「らしい」部分を無意識に強調してしまうことが当事者の中でも少なくないのではないか? という点。

「そういう人もいるけど、そうでない人もたくさんいる」ていう意識一般的である状態に持っていかないといけないのでは? それにはふっつーの暮らしをしてるlgbtの人たちがたくさんいるってことをちゃんと伝えるべきなのでは、と思う。ところで放送大学番組に出ていたftmの人は、そこらへんにいそうな感じ(失礼)の兄ちゃんだった。「男から女になる」ことの難しさも一つの要因なんだろうな。

余談ではあるが以前からlgbtに対する風当たりの強さを理不尽に感じることが多くて、放送大学のやつがきっかけでなんとなく書いてみたんだけど、しかしこのエントリもまた自分自身の「差別意識」を赤裸々にするんだろうな。それを指摘されたい、という気持ちもまたあるので、ぜひ気付かせてほしい。

2016-06-27

http://anond.hatelabo.jp/20160627193126

からだが、先進国HIV感染者が増え続けているのって日本だけだっけ? そういう事実の上で元増田の扱われ方を見ると、何かモヤモヤする。

2016-06-22

夫のツイッター

私が見られる状態にも関わらず、夫がツイッターで「○○な女性とお知り合いになりたかった」

「こういう人がいたら惚れる」というような話ばかりしていて、

私と程遠いタイプの話ばかりだ。

だったらこの人なんで私と結婚したんだろう、とその度にモヤモヤする。

SNSで好みのタイプの話をするなんて、特にめずらしいことではない。

男性なんてそんなことばっかり考えているんだろう。

軽口だとおもって気にしなければいいのか。

本気か冗談か知らないが、私がツイートを見てどう思うか一切考えていないことは分かる。

2016-06-21

http://anond.hatelabo.jp/20160620223031

うち、別姓だけど、モヤモヤするなら止めたらいいんだ。

こういう「感覚の差」は、性別問題だけじゃ済まないぜ。わかってるだろうけど。保育園とか。

でも、案外、「夫のお母さん」が味方になってくれることもある。

あと、妥協はいわないけれど、「子どもができたら夫側の姓にする」で

納得しちゃう夫側は、少なくないんじゃないか



うちは、せめてそうしたらといわれたけど、そうしてない。

子どもも出来て、五年もたてば、誰だってあきらめる。

後々になって墓がなんとかとか意見がでたら、そのとき子ども本人が自分意思で変えたっていいわけだし。

それだって、百年ならまだしも、今の日本で三百年、五百年前の墓を守ってる家が、どれだけあるか。

どうせ消えちまうモノのために、これだけ不愉快な思いをせなならないなんて、こんなバカな話があるか。



(追記)

あと、税金は余分に払ってる。会社の手当も減額。子どもの分だけ。お上にたてつくとはそういうことだ。糞。

2016-06-20

名字を変えたくない

選択夫婦別姓制度を望む者です。


男女どちらの姓にもできるから今の制度でもちゃんと平等が守られてるっていうけど、「いつか自分の姓が変わる日が来る」なんて想像しながら育った男性が一体どれほどいるだろう?

私の姓はそこそこ珍しく、自分でいうのはなんだけどそれなりにかっこ良さがある。

例えば西園寺とかそういうのを想像してもらえればと思う。それに比べて名前は本当に平凡。花子レベル

婚約相手はその逆で、よくある姓に、かっこいい系の名前

ここでは仮に加藤清正としよう。

彼と結婚すると私はいきなり西園寺花子から加藤花子になる。

正直アイデンティティの8割くらい削がれる感じがする。

加藤姓の皆様には悪く思わないでほしいけど、率直に言って本当にイヤだ。

彼は三男だし、お兄さんにはもう息子がいる。私の姓で入籍したいと掛け合ってはみたけれど返事は冴えない。

姓と名のバランスを考えて親がつけてくれたので、変えてしまうのは気がひけるとか。


ハァ?なにそれ


そういえば私の名前が平凡なのも、「お嫁に行ったらどんな名字になるか分からいから」と両親が控えめに命名したからだ。

私が今の姓を名乗り続けることは誰にも望まれてない。

子供が産まれたら夫の姓を名乗らせると思うし、ご近所さんには私だって加藤です」って名乗ると思う。

それでも私は生まれた時の名前のままでいたい。

通帳やクレカパスポートを見た時、入籍前/入籍後で自分人生が分断されたように感じるのが怖い。

それで結局、まだ入籍してない。いつかはするとは思うけど、最近憂鬱にすらなってきた。

このごろはちょっとしたメンバーズカードの入会届けですら、「入籍たらこれも変更手続きしないといけないのか」と思うと億劫になる。

他人から見たらしょうもない悩みだとは思うけど、姓を変えずに済む人はいいよなと心底思う。

もちろん「愛する人と同じ名字になれるなんて最高じゃん」って思う人は同じ名字にしたらいい。

選択夫婦別姓は「どっちにしてもいい」って制度から

ただ、とにかく同姓にしたくない人の願いを否定しないでほしい。

私が結婚適齢期の間には無理かもしれないけど、近い将来こんなモヤモヤ気持ちになる人がいなくなってくれればいいと思う。


追記

思った以上に反応をもらえて驚いてる。誤解もあったみたいなので補足させてほしいです。

・ハァ?の件

これは彼の側が姓を変える気がないことじゃなくて、姓を変えない前提での名付けという生まれながらの改姓に対する自覚の差みたいなものについ憤って書いてしまいました。読み返したら感じが悪かったので少し後悔しています。結局私の姓で入籍しても彼に今の私のモヤモヤを肩代わりしてもらうだけのことなので、それはそれで私の望む所ではないです。


アイデンティティーが八割削がれる件

他人から認知される度合いが弱まるという意味で書きました。あだ名もだいたい名字からとられるし。あくまでそういった個人のラベル問題なので、イエ的なものへの執着とは別物です。


旧姓通称で使えばいいのではって話

それもそうなんだけど、旧姓証明できるものがどんどん減っていくのでどこまで押し通せるのかなと…。例えば新しい職場転職したあと、人事の人は面倒な顔をせずに本名と社内通称とを両方登録してくれるのかな、とか。

まだ色々書きたいことがある気がするんだけど、そのうちまた思いついたらこっそり増田に戻ってきます

マネーモンスターを見た(ネタバレがあるよ)

なんかモヤモヤした。

全体的に面白かったんだけどね。

ハラハラしてなかなか引き込まれたし。

カイルモリーにボロクソ言われるところとかも

泣かしどころかと思ったらそっちか!ってなったし。

でもなんかオチスカッとしない感じだった。

最後の流れ

リーカイル連邦公会堂へキャンビーに会いに行く。

生放送中のカメラの前でキャンビーの悪事が暴かれる。

カイル警察に撃たれて死亡。

エピローグ

みたいな。

なんつーかカイルは救われてないんじゃないのかと。

結局キャンビーは社会的制裁は受けるっぽいけどカイル死んじゃってるしね。

キャンビーが言うように確かに法律を犯してるわけじゃなくて

でもそのキャンビーのしたことによって被害を被る人が出てきて

でも株価が上がってればその人達だってなんの文句もなくて。

最後プラスチック爆弾ベスト(実際はただの粘土)を着せられた

キャンビーに向かってカイルが言うんだ、謝れ、って。間違ってたと言えって。

銃を突き付けられ、起爆装置リモコンを目の前にかざされ、脅された状態

キャンビーは悪かった、wrongと叫ぶ。

それを聞いたカイルは納得したかのように、目的が達成されたかのようにリーの方を振り向き

起爆装置キャンビーへ放り投げる。(スイッチから手を離すと爆発する設定だったが実際は粘土なので爆発はしない)

瞬間、周りを取り囲んでいた狙撃から発砲され、カイルは命を落とす。

カイルはそれで満足だったのかなぁって思ってしまった。

キャンビーの企みによって全財産を失わされ(自業自得の面があるにせよ)

テレビ局に乗り込んでキャスター人質にとってまでやりたかったことが

悪かった、といわせることだったのかなぁと。

エピローグニュースで、キャンビーが起爆装置を放り投げられた時に慌てふためくカット

コラ動画としてvine拡散しているというニュースがあった。

今っぽいなぁと思った。キャンビーがしたことに対して、規制を強めようという動きが出るとか。

なにかしらの運動が起こるとか。そういうんじゃなくて、面白おかし編集して

嘲り笑う対象にするだけで終わり。(海外なんちゃら法で罰が与えられるってニュースもあったけどさ)

みんななんとかならないかな、と思っているんだけど、なにもしない、なにもできない。

ちょっと馬鹿にして、すっきりするだけ。そんな印象だった。

リーカイル連邦公会堂へ向かうところも印象的だったなぁ。

周りには野次馬がたくさんいて、番組でやっていたダンスを踊っていたり、カイル応援していたり。

またウォール街占拠だ!って息巻いていたり。

でもカイルが、イヤホンリーに渡しに来たロンを撃ってしまう。

そしたら蜘蛛の子を散らすように野次馬が逃げ惑う。

カイルはその中で、違うんだ、間違っただけなんだ、と独り言ちる。

なんかね、群衆無責任さを実感させられるような感覚だった。

やっぱり、解決してないんだよね。この一つの事件としては一定収束をむかえたけどさ。

ジョディ・フォスターが答えを示してないって言ってたっけ。うん、問題提起映画なんだなぁと。

ティが言う、来週はどういう番組にしようか?

この先どうなるんだろうね、どうしたいの?って聞かれてるみたいだった。

やっぱうまく言葉に出来ない。なんか良い感想書いてくれる人いないかなぁ。

2016-06-16

http://anond.hatelabo.jp/20160616141856

いやだから上手くなってどうしたいの?

そこがわかないかモヤモヤするんだけど

2016-06-15

ヒーローショーのルールマナーの話

今回の件でデパート屋上とか住宅展示場でやってるようなヒーローショーって、

ルール」はなくて、「マナー」に委ねられてるんだなぁって改めて考えさせられました

別に全てのショーにルールがないと言っているわけではないし、MCのお姉さんが話すことはルールだと思っています


好きなヒーローのかっこいい姿を見たい、それだけなのにマナーのことでモヤモヤしたりするのは嫌だから

10時の時報ヨーイドンチケット取りをする、「ルール」のあるショーが好きです。光と音も多くてかっこいいし。


撮っても撮らなくても、目の前にいるヒーローのかっこいい姿は変わらないと思います

今回の件は、何を見たくてショーに行くんだっけっていうことを考え直す機会になりました。

JFAグラスルーツ。4種の末端から見える景色

http://www.jfa.jp/football_family/grassroots/gr_play/

JFAグラスルーツ『補欠ゼロ賛同パートナーHP

思った通り、地域でもスタッフの数や体制が整った「強豪チーム」の名前ほとんど。そりゃそうだ、コーチの人数も、練習場所試合の会場も相手運営ノウハウもしっかりしてる。複数カテゴリで同等の相手を見つけられる選手層の厚さを持ってる。こういう取り組みも、早くからアンテナ張ってたりあるいは地区協会からあらかじめ粉かかってる。

本当にサポートして欲しいのは地元小学校で細々続いてきた少年クラスなのにな。セレクション最終選考クラスから、軽度の発達障害を疑うレベルまで居て、ようやく8人ギリギリで在籍していて、コーチ複数学年掛け持ちで相手にしてくれるチームの選択肢が近隣小学校少年団くらいしかなく年1回の市大会や県大会ボッコボコにされちゃう楽しいのかなんなのか。

そんなチームが、いちばん最初ボールを触る、グラスルーツなのに。チームの運営指導の骨幹、選手の育成メニュー課題が山積しているのは、上記に挙げられたチームより下のチームなのにな。残念。

地元の小さな少年団は合併、縮小する一方。ここに長年取り組んできた地元大人たちへのリスペクトは無いんだよね。なんかモヤモヤするんだよ。いろんな弊害もあったろうけど...。新しい、地域クラブチームの皆さんは本当に良い指導をされていると思うし、尊敬します。結果も出てるしね。目指せ全国!!海外!!

何か疲れるわー。この勝利至上主義大会遠征引率も疲れるわー。ウチそんなテンションサッカーしてないもん普段。「真剣じゃない」とか叱られるんだろうけど。大会エントリーしなきゃ良いんだよなぁ。この辺がチームグダグダになってるとこでもある。ほら、迷走してるでしょ?さぁ、協会の偉い人、一緒に考えてくれる?

少子化の進行とともに4種の再編は加速度的に進むんだろな。昔ながらのお父さんコーチや近所のサッカー好きオヤジの屍を踏んで。