「真剣」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 真剣とは

2016-06-25

http://anond.hatelabo.jp/20160625172705

新人問題起こしたら採用下側の責任も問われるぞ。

から真剣に雇うんだ。

2016-06-23

2時間10万円の風俗嬢のつくりかた(前編だと思う)

皆様は今、手元に自由に使っていい10万円があったら何に使いますか?

ずっと欲しかった靴や洋服、鞄も買えます時計も高級ブランドでもなければ買えます

ぷらっと国内旅行だって行けますミシュランガイドに載るような有名高級店のディナーだって食べられます。思いっき趣味に没頭することも出来ます

それを、たった一人の女と、たった二時間を過ごすためだけに使う人もいます。いわゆる高級風俗の頂点、ソープランドです。

私はかつて、そういった店で働いていた風俗嬢です。

短大卒業後、自分のやりたいことをやるために(あと奨学金を返すために)時間も賃金も融通性の高いこの職種を迷わず選びました。

学生時代から、親の援助の一切ない一人暮らしをしていたこともあり、風俗へと進むのは自然な流れでした。最初居酒屋バイトで頑張っていたのですが、オープンラストで週6で入っても、生活はカツカツ、授業は休みがちになってしまたからです。

最初からソープだったわけではなく、どこにでもよくあるデリヘルです。10代というだけで、とくに技術もなくても指名が飛び込んできました。私は、本当に誰にでもできる簡単仕事だと思ってました。初めて身体を使って働いたお金は、一枚一万円のストールを買いました。帰り道のデパートで。とてもほしいと思ってたわけじゃないけど、とにかく何か買い物がしてみたかったのです。

話が逸れたのでもとに戻します。卒業後、私は地元を離れる決断をし、どうせなら一番短い時間で一番お金がもらえる仕事がしたいな、とインターネット風俗求人検索をしました。

すると、一風変わったサイトに辿り着きました。どうやら、ソープ街が独自に立ち上げたサイトのようで、一般客向けのコンテンツがずらりと立ち並ぶなか、求人広告もあり、街中の案内所や喫茶店レビュー記事らしきものもありました。求人を探していたはずなのに、思わずひとながめしてしまうほど。

その中でも、10日間で100万円を稼げるという、とんでもない求人広告を掲げているお店がありました。当時の私は、1日せいぜい稼げて3万円、普通なら2万いくかいかないかで、最悪0円で帰る日も月に2、3日はある並の風俗嬢でしたから、たったの10日間で100万円なんて想像もできませんでした。

仕事内容がきついのだろうと詳しく調べると、ソープランドには3種類あるらしく、生本番が基本の高級店、衛生器具着用もできる中級店、ヘルスとそんなに変わらない値段、時間で利用できる大衆店というカテゴライズで、どうも見た目の問題や店の内装問題というよりは、生で本番ができるかできないかが大きな分かれ目になっているようでした。

私は悩みました。さすがに、ビルを飲めば妊娠しないとはいえ、様々な病気リスクも高く不衛生になりやすい生本番を、許容してもいいのかと。もうとうに貞操観念などはなくなってましたが、それはさすがに畜生道が過ぎる気もしたのです。

でも、10日間で帰っていいですよというそ広告は、とても魅力的でした。なんなら旅行に行くくらいの気持ちで行けばいいかと、私はとりあえず電話してみることにしました。年齢を告げると、じゃあ明日そちらにお伺いしますね、とあっさりと言われました。明日?私の住んでいる県とそちらは新幹線で5時間以上かかるのに?とびっくりする気持ちでいっぱいでしたが、とりあえず来てもらえるならそれに越したことはないので来て頂きました。

面接に来てくれたのは、朗らかなおじいさまといった印象のスキンヘッドの老人でした ダブルスーツを着ていたし、カラーシャツだし、どこからどう見てもヤクザなのに、全然凄みも怖さもなく、優しい方だったのを覚えています面接喫茶店世間話でもするみたいに行われました。事前にかなり下調べしていたので、仕事内容もツアー内容も頭に叩き込んでいました。初回は往復交通費まで出るとのことで、私はもう別に明日からでも行ってもいいかな?半月くらい家を空けるなんて、一人暮らしだしなんてことないなと思い、そのおじいさまに、「じゃあ、明日行きます」とお返事しました。すごくびっくりしてました。普通一週間は悩んで、それでも来ない子のほうが多いのに…と。ヤクザさんのびっくりした顔は今後の人生で二度と見れるかどうかなので、心に深く刻んでおこうと思いました。

そして、私は本当に軽く小旅行するような気持ちで、ソープ街へと旅立ちました。隣にはヤクザさん。そして海外に行くようなスーツケースを携えた冴えない私。どう考えてもミスマッチです。でも楽しかったです。ヤクザさんはずっとノートパソコンで何か作業をしていたので、私ものんびり過ごしました。グリーン車に乗るのなんて人生で初めてでした。道中の飲み物食べ物も、全部ヤクザさん持ちでした。

そして街の最寄り駅に付き、お迎えの黒塗り高級車に荷物を詰め込み、いざ街へと向かいました。さすがにドキドキしてきました。ここまで怖い人は誰一人出てきませんが、多分全員本当は怖い人です。行った先にも怖い人しかいないと思うと、さすがにめげそうでしたが、あれだけグリーン車で好き放題食べた手前、一本くらいはこなさないと怒られそうで耐えました。

ほどなくして、店に到着。ちょうどお客様をお見送りする最中の嬢様とかち合ったのですが、唖然お召し物がどこからどう見ても令嬢としか思えないきちんとしたスーツ。極上の笑顔、そして滲み出る気品。こんな女の人がスタンダードなのかよこの店、とんでもないところに来てしまったのか??と途端に自信がなくなりました。

でも、応接間に通された私は、さらに驚きの発言をされるのです。

会長が2つ返事でOKしたので、最高級店で働きましょう。」

え??と首をかしげると、ヤクザさんはにっこり笑い、いくつかお店がある中でも、ここは中級、あなたは礼儀も正しいし受け答えもしっかりしているので、一番稼げるお部屋を差し上げますよ、と言うのです。

私の頭のなかによぎったのは「無理」の二文字です。

どう考えても今しがた出てきたお姉さまのほうが美しさは上なのに。受け答えなんてしっかりしてるつもりもなく、ただおとなしくしていただけなのに。ただ、私の意志で店は選べないようなので、仕方なくそこには従いました。

ただ、私自身にも思いもよらなかったのはここからの展開です。

まず、髪型を変えるとのことで、近くの美容室に送り込まれました。見たこともないような高級な美容室で、何かちょろちょろとボーイさんが伝えると、私はなすがままされるがまま。2時間後には見たこともないような、それこそオスカー女優かよ!って思うような髪型に大変身。そのあとメイクの人がやってきて、やはりなすがままされるがまま。1時間後にはミスユニバースかよ!って突っ込みたくなるような顔に変身しました。これは本当に私なのか。

そしてスタジオ直行。そこには、天使かよ!って突っ込みたくなるような純白のレースビスチェブラジャーガーターベルトTバックフルセット。どう考えても全部で10万円くらいします。そして、昔浅野温子が着ていたみたいな、しかし古臭くはない白のピチピチのボディコンスーツ、しかし胸元は露わに空いてますさらに言えば、何カラットなんだこれというダイヤらしき巨石が付いたネックレスイヤリング、そしてミュール。それを着ろと言うのです。もう、袖に手を通すだけでガクガクでした。

撮影店長が担当してくれました。手足の指の向き一つにまで指示をされ、私は全身が吊るかと思いました。グラビアアイドル普段こんなことをやっているのか、画面の中ではニコニコ笑ってるけど笑えないぞこれ、きつい!って思ってたら店長にきついけど頑張って笑顔ね~と言われたので頑張って笑いました。一時間ほど、ポーズを変え場所を変え、服も脱いだり着たり。肩紐を外しそうで外さなポーズが一番きつかったです。重力はさすがに操れませんから

そんなところで今日は終了。明日から3日間は丸一日研修からね、休憩なしだから頑張ってね~と言われ、仮住まいとなるワンルームマンションに送り込まれました。ケータリングが充実していて、あのサイト評価の高かったお弁当屋さんもおうちに呼べました。早速注文しました。信じられないくらいおいしかったです。

そんなこんなで爆睡。お迎えの車がくる30分前まで寝てました。

そして研修1日目、実際使う部屋を案内され、私はここに来て抜かれっぱなしの度肝をさらに抜かれました。

なんだここは、王室か。

部屋の半分が浴室で、見たこともないような大理石調の重厚な丸風呂に、絢爛豪華な蛇口。あれです、ライオンのお口。風呂の外は広い浴場になっていて、いわゆるすけべ椅子というもの産婦人科でしか見たことがないような謎の椅子、そして美しく磨かれたマットがありました。

そのわりにはベッドがえらい質素で、ただのタオルを敷いた台でした。これは風営法上ちゃん理由があってのことと後で知るのですが、ベッドだとアウトらしいですね。その他の装飾品はすごかったです。ランの花が普通に飾ってありました。あとベッドのまわりが全部鏡になってました。

先生という人がくるまでの間、私は冷蔵庫からりんごジュース(当然果汁100%)を飲みながらただただびびってました。これ、装飾品代だけで一人10万円とらないと元とれんのとちがうの…??と思いながら正座で座ってました。

そんなこんなで先生がいらっしゃいましたがびっくりです。だって普通のご老人なんだもの!!どこにでもいそうな、ちょっと白髪混じりの顔のきついおばあちゃんの登場に、私はまたしても度肝を抜かれました。

おばあちゃんは、開口一番私にこう言いました。

「アンタ、運が悪かったね。あたしは他の先生と違って厳しいから、覚悟してやんなさいよ」

もう泣きそうでした。怖い。多分ここまできて一番怖い。しかも講習代で普通に財布買えるくらい取られてるから詐欺だったらどうしようとか、やっぱり一本こなさないと死ぬまで追いかけられるかもしれないとビクビクしながらとりあえず1日目は座学と部屋のセッティングを8時間かけてしました。

とりあえず、ここはこのソープ街の中でも屈指の高い店、嬢は与えられた2時間を女優として演じきること。どんなに接客が続こうと、髪の毛一本でも乱れてはいけない、下着は間違っても汚れたのは使い回しできない、自分の匂いは決してお客様に残さない、お客様を見下ろすことがないよう、常に膝で歩け、膝から下はないものだと思え。食べ物の匂いや性行為の跡は常に全部リセット。髪の毛一本濡れててもダメ。ただし、2時間の間はなりふり構わず望むことはなんでもやってあげなさい。自分の楽は捨てて、常にお客様に尽くしなさい。毎日経済新聞とニュースはチェックしなさい。頭の悪い嬢では務まらいから常に努力しなさい。稼いだお金の半分は、自分の身体と衣装に使いなさい、普通のOLの月収を1日で稼ぐというのは、そういう投資のためだ。できれば10日に一回美容室に行き、3日に一回はエステに行きなさい。外を歩くときジャージスウェットなんかではダメ、常に人に見られているという意識をもちなさい。どんなにみすぼらしい生活をしてきたとしても、ここでは良家のお嬢様気持ちで振る舞いなさい。相手を立てることを忘れず、最後の一分まで気を抜くことなく、それが「2時間で10万円」という女の価値だ。

……聞いててクラクラしました。それができないなら帰れというのです。もう泣きそうでしたが講習代だけでも元をとらないと説教されて終わりです。私は出来る保証もないのに、はいと答えました。そこで1日は終了。明日までに渡されたマニュアルを隅々まで覚えることが課題でした。これはもうやるしかない。寝る直前までマニュアルを読み続けました。

2日目、私は先生について浴場の実技研修を行いました……が、何かあるたびにビシバシたかれる。やれ二本足で立ったとか、やれお尻を向けたとか、靴下の脱がせかたがなってないとか、お互い裸の1対1の真剣勝負です。

中でもきつかったのはマットです。まずそもそもまともに立つのですら困難なヌルヌルマットの上で、自由自在に動いて、最後はセックス騎乗位でこなしお客様いかせなければならないのです。普通に何度もマットから滑り落ちましたし、手順や体重のかけ方を間違えると即座にビンタが飛んでくるのでさすがに私、こっそり泣きました。温度も暑すぎず温すぎずを保つために、私は熱湯を使ってローション溶きをしなくてはいけなくて、火傷するんじゃないかと思いました。

ただ、これも6時間もやれば慣れるもので、何とかマット洗体の手順は間違えずに出来るようになりました。ここで二日目終了。

3日目は朝から筋肉痛でした。でももう怒られたくなくて必死でおばあちゃんの身体の上を何度も滑り、何度も身体を舐め、3時間後、これで最後だから確認テストやでと言われたラストプレイ、ふと気付きました。

先生普通に寝てた(笑)

寝るなよ!!こっちは真剣なんだよ!!講習代返せ!!とまでは思わなかったです。私も疲れるけど、こんなの教える方も疲れますよね、わかります

そしていよいよマットの訓練がおわり、先生は私にこう言いました。

「もうあんたは、どこの店に行ってもナンバーが取れるよ。あたしの言ったことをサボらずきっちりやればね。お疲れ様。」

そう言って、頭をトントンと撫でてくれました。不覚にもぼろ泣きしました。人生で多分一番厳しい修行だったけど、多分一番為になる時間だった。私、引退してもう3年は過ぎましたが、今でも対価と報酬については本当に真剣になれる。自分のもらっている給料は、どんなに安くてもお客様がいてはじめてもらえるもの。暇だからって遊んだりサボってはいけないわけで、仕事にきている時間は精一杯やることが当たり前なのだと。当たり前のサービス完璧にこなして初めて頂ける対価。当たり前の難しさ。でもそれだって習慣にすればなんてことなく、自分のものになるのです。

ある意味、そう言った点ではかの道を選択したのは悪くないのかも、って今でも思えるのはそういう点です。

なお、先生の言うとおりのことを出来ることからバカマジメにこなした結果、マジでナンバーはとれました。私は綺麗でもなく可愛くもないですが、空間がくれる魔法と、10万円の報酬に見合う接客を真面目にこなしただけで本当にとれました。

お客様とのやりとりも印象深いものが沢山ありますが、またしても長くなったのでまた今度。

では、最後にまた改めて質問を。

あなたは、10万円あったら、何を買いますか?

たまには羽目を外してこんな遊びも、悪くないですよ。

2016-06-22

同人活動云々への補足

件の記事http://anond.hatelabo.jp/20160622100234】の増田本人です。

ちょっとした日々の愚痴のつもりがわりと反応を頂いていてびっくりしています。あまりにも賛否両論というか、迷惑をかけてしまった、不快に感じられた方もいるようなので、少しだけ補足させて下さい。

タイトルの付け方や、アドバイスなどという言葉を使ったことにより、同人既婚者代表みたいな書き方に見えてしまうように感じる方もいるようです。配慮が足りず申し訳ないです。あくまでも私のしくじり体験愚痴日記であって、思うことがあったり共感を感じるような方には同じしくじりをすることがないといいなぁ、位の気持ちで書きました。

文章が長いのは、そもそも誰かに読んでもらうことを意図してなく勢いで書いたからです。でも思ったより多くの方に読んで頂き、結婚マイナスイメージを植え付けてしまったのは自分でもよろしくなかったと反省してます

増田が伝えたいことを3行で書いてくれた方もありがとうございます。嬢の崩壊日記と受け取った方もいれば、趣味の極振りで身を滅ぼした話と受け取った方も、結婚の失敗談と受け取った方もいるようです。私がこれまで何も考えず人に迷惑ばかりかけて生きてきたメンヘラなのは事実なので何も言えません。これから反省して同じ過ちを犯さないように努力するしかないです。

ただ、私個人としては、人生懺悔と共に、強すぎる承認欲求評価への依存、これは自分が思ってる以上に根が深いから、自覚のある方は考えたほうがいいかもよ?ということが言いたかったのだと思います自分でもよくわかりません。多少夫への恨み節も混じってますし。(笑)

経済的DVという意見に関しては、ちょっと違うと反論します。これはむしろ主人の金銭感覚を信用して管理して頂いてる行為であり、私自自分金銭感覚がぶち壊れている自覚があるので全く問題ありません。問題があるのは私です。風俗金銭感覚壊れますね。

あと、母親子供を最優先すべき、という部分に対しての反論も重く受け止めました。私の母親があまりにも私を蔑ろにしたのがそもそもの承認欲求の拗らせ原因なので、自分はもし子供を持つなら子供を一番だと思いたいが故のただの個人的意見です。しっかり子供愛情を注いだ上で、さらに大切なものを持っている方を悪く言う意図ではありません。申し訳ございませんでした (母親への想いに関しての記事もそのうち増田として供養したいと思います。)

沢山の意見トラックバックコメントTwitterに至るまで目を通させて頂きました。何か感じて意見してくれた人、皆さん全員にありがとうございます。怖い思いをさせた方は本当にすみません

ちなみに、増田の主人にもこの文章を読んでもらいました。お前自伝出してみればいいんじゃないの?って一言言われただけでした。あとお前俺のこと相当信用してるけど何かの拍子で全部お前の人生周りに言うかもしれんぞ?とも。もしそうなったら客と結婚した私が悪いよ、って返事したら、金銭感覚ぶち壊れてる風俗嬢結婚した俺も悪いなって言った後ゲス極の両成敗口ずさんでました。ちょっと泣いた。

どうでもよさそうだけどせっかくの質問頂いたので気が向いた部分に追記

○何の仕事やってたのか気になる→2時間10万円を頂くような高いお風呂屋さんです。金銭感覚という点ではやばいことになりましたが、自分の頂く対価を真剣に考えるという意味では良い勉強になったので、永遠28歳の鬼講習も交えてそのうち書きたいテーマです。

育児日記ワンチャン→笑いました。やりません。

漫画にしたら?→今回の記事話題になり身内の意見まで目にしちゃったんですが、どんなに仲の良い友人でも切り離して他人人生になった瞬間批判対象になるのだなー、と思ったので身バレこわいのでやりません。秘密にしとくことで守れるものもある。

リミットつけてお願いしてみては?→真剣に打開策考えてくれてありがとうございますインターネット公表する分には全く文句は言われないので、オフは諦める、というのが私の中の結論です。

○どうして俺と出会わなかったんだ→笑いました。来世で会いましょう。

○とりあえず嬢と結婚できるのはわかった→吹きました。頑張って。

以上です。またしても長々と失礼しました。

http://anond.hatelabo.jp/20160622100234

ちょっとからいから答えて欲しいのだけど、

もし旦那理解ある人で、好きに活動させてくれたら幸せ状態になれるの?

 

「3年だけやらせて!それからは一切やめるから!」と真剣相談してみたら?

3年経ってやめる気なければ、もう離婚したら良いじゃん。

2016-06-21

言葉問題だと思ってたけどそれ以前だった

大学生男です。

中学高校と同じ部活だった友達女の子がいる。

の子言葉の使い方っつーか意味が時々かなり独特なんですよ。

話が噛み合わないなーって思った時に、この言葉ってこうだよねって確認すると、その子の中では違う意味だったりする。

そんで、その子が親ともめてるらしくて愚痴を聞いてたんだけどさ、親が自分の事を全然わかってくれないって言ってんのね。

から俺は真剣に考えて、また独特な言葉の使い方してんじゃねーの、わかってほしいんなら自分言葉意味を調べてから話したら?つったわけ。

そしたらマジ切れされたよね。余計なアドバイスすんなって。

あーはいはい話聞いてほしかっただけなんだね。

つか何でもめてるのかって援交がバレて怒られてるっつーね。

そりゃ言葉意味以前の問題だわね。全然ダメアドバイスして悪かったわ。

って、お前援交してたんかよ。知らなかったよ。

ダメだもう、話しててもこいつと3万弱でヤれんのかとかしか思えない。

友達やめるわバイバイ

就職活動を終えて。

就活が失敗して死にたい

と言ってる人がいると聞いて、

少し考えてみたことを書いてみます

ちなみに大学4回生就活生です。

6月半ばに第一志望の会社内定を頂いたところです。


私の本命企業経団連には関わっていなかったので1月から第1時期の選考スタートしておりました。

もちろん私はみんなと同じように3月から就職活動を本格的に始めていたので、今の会社出会った時は第三時期の選考スタートしていました。4月から選考が始まって、6月の半ばついこの間に最終選考合格しました。

まるで勝ち組のようなストーリーですが、

私は特に意識高い系ではないので就職活動にそこまでやる気もなく、かといって働きたくなーい就活ヤダヤダーなわけでもなく、みんながしてるからしよーというお気楽な感じで受けておりました。

ただむやみやたらに受けるのは時間お金無駄だと思ったので、

というか単にめんどくさかったので

本気で興味がある業界

本気で働きたいと思える会社しか

受けませんでした。

エントリーしたのは10社くらいで、

ESで落ちたのが1社、

2次選考で落ちたのが2社、

日程がかぶった等で途中で選考を辞退したのが3社、

最終まで進み内定を頂いたのが4社

ですね。

お祈りメールにはそれはそれは落ち込みましたが、でも本気で心の底からそこの会社に入ってその仕事がしたかったのかと自分に問うたらそうでもなかったり、、という感じでした。

第一希望には受かったのでオールオッケーです。

自慢がしたいのではありません。


何が言いたいのかというと、

こんなことで死なないでください。

就職活動しんどいことばっかりですが、ただの人生の一部ですよ。

そして受験じゃないから失敗とか成功とかないと思います

私は落ちた時も自分が悪いだなんて思ったことなかったです。

だってちゃんと自己分析もしたし企業分析もしたもん。

それで落ちたなら、あーこの会社と縁がなかったんだなー

しろ私と相性が悪いなんて残念だな、とさえ思ってました。

高飛車に生きてます

傷つかなくていいかオススメです。


1つでも内定があったら成功なんですか?

勝ち組なんですか?

大成功勝ち組は、本気で自分が働きたいところから内定を頂いて、いざ入社してみても自分想像通りもしくはそれ以上にやりがいのある仕事で、大変だけれど仕事楽しい!!と思えて初めて成功者だと思います

私たち就活生は成功失敗の判断領域には達していないですよ。

から死にたくなる必要はありません。


死にたくなるほど頑張ってるんですよね。

努力方向性が少しだけ違うところを向いているのかもしれません。

もう少し自分に目を向けてみて下さい。

内定さえもらえればどこでもいい、と思ってたらどこからも受からないです。

絶対そうです。

自分が働いてるはイメージが持てるところを受けてください。

絶対成功します。

そしてもっと真剣

過去自分を見つめ直して、

未来自分を見据えてください。

何もすごい経験なんてなくても私は受かりました。

サークルも入ってないしゼミ研究もしてないし留学も行ってないしインターンシップも行ってません。

面接で話したのはアルバイトのことくらいです。

自分の生きた言葉で喋れたら経験はなんでもいいと思います

自分のことだけ考えてたら受かりますよ。

落ち込んでもいいですが、やけくそになったらだめです。



まとまらなくてすみません



でも就職活動で死にたくなる人がいるのは悲しいです。


こんなことで死なないでください。

ガチ人生かかってる重要な時期ですが、暗い気持ちでやっても何もうまくいきません。

あと人のせいにしてもうまくいきません。

選考に落ちたとしてもあなたは悪くないし経団連も悪くないです。


絶対絶対絶対こんなに世の中に会社があるんだからあなたが行きたいと思えて、あなた必要としてる会社があります

絶対あります

死ぬくらいなら就活やめてワーホリにでも行ってください。

誰でも行けますよ。

とにかく死ぬ必要はありません!!

まだ20代前半でしょ?

人生から始まるんですよ、

目の前の就活だけじゃなくて人生規模で物事を考えてみて下さい!


ちなみに私は大学受験、失敗しました。

死にたくもなりました。

本当に飛び降りようとしようと頭の中で考えてめんどくさくなってやめました。

そしてそんな無駄なことであと80年くらいの命粗末にできねえと思って今生きてます

一緒に100歳まで生きましょう



長ったらしい駄文失礼しました。。。

2016-06-19

幸福

自分幸福を分けるに「家族」、「趣味」、「社会的成功」の3つに分類できると思う。

趣味」は幅広く、自分自身快楽や欲求を満たすことである

自分にとっては今は物語に触れることや、

ソーシャルゲームリズムゲームPCを触ることも入る。


「家族」自分の両親、親類との関係自分の家庭を築くこと、友人関係も含まれる。

大切な人を見出し、その人と家庭を築き、子供をなすこと。

自分の周囲の人間幸福であることによる幸福である


社会的成功」は広く社会の中でどのような人間であるのかということである

簡単には出世であるかも知れないが、自分がやりたい仕事社会と関わることや、会社に関わることがあげられる。

自分が関心を持てるITの分野で、自分の出来る能力だと今は感じている経理能力を活かして、誇りの持てる仕事をすることである


これらの自分にとっての幸福はどれも重要である

一方で短い人生優先順位をつけることは必要である

またこれらの幸福定義は今はこれが幸福かもしれないが、今後変化していくかもしれない。

それで構わない。その時の自分目標を捉えて合わせていくしか無いのだから

しろ今のような若い時期はそのような価値観の変容が起きるような経験を積むべきなのかもしれない。


これらの幸福を実現していくために、何が必要になるのか、そのためにどういった行動を取っていくのか。

考えて実行していく。


これまでは優先順位付けを疑って、他を蔑ろにしているように感じて動けなかったけど、

それぞれの幸福独立しているようで関係しあっている部分があると感じることができた。

から一つづつ真剣に取り組んでいこう。

http://matome.naver.jp/odai/2141603248340938201

うーん何が真実なんだろうね。

小保方の上司の盗用っぽい動きとか、急に他の大学真剣に取り上げて権利取得しようとしたりとか、陰謀論だと一笑に付してるのは日本だけだと思うんだけど。

このケースって野口英世の頃からじゃなかったっけ。もっとから

http://anond.hatelabo.jp/touch/20160618211423

じゃあ死ねばいいじゃん。

いやこれは下卑な煽りなんかではなく、真剣提案

いまの世の中で人間らしい暮らしをさせて貰えるのなんて、ホワイト大企業レールに乗れた人か、真に人より秀でた才能を持つ人くらい。

あなたがそのどちらでもないのなら、この先、就活なんて比にならない苦痛に常に晒される。

苦痛に気付けないくらいに忙殺される。死ねない理由を背負ってしまう、背負わされてしまう。

死にたい理由じゃなくて生きたい理由を探したら?そして生きたい理由がないのなら死んでしまえばいい。

命を投げ出すことが悪だとは思わない、生きることが死ぬことよりも辛いなら、死を選ぶのは合理的だろう。

気持ち悪い生命讃歌なんて無視してしまえ。

軽い軽い命がけ

真剣さとかまじめさをアピールする際に安易に命かけちゃうから

うまくいかなったら切腹というのはある意味当然の帰結ではある。

死ななければ自分のこれまでが全否定なんだよ。

それだけ真剣なんだよ。命かけてるんだよ。



普通の人には「勝手ハードル上げて勝手にこけて勝手自殺してる」ように見えちゃうんだよ。

「お前がそういうのを期待したから、俺はそれに応えたんだ。必死でがんばって生きてきたんだ」って大声で叫んでも誰も「お前のことなんて知るか」で終わる。

勝手に期待されて、勝手に落胆されて、その期待に応える最後の手段自殺しかない、という思考回路になってる。

うまくいったところで「こんだけ尽くしたのにー、報いてくれない」って、期待した奴を恨むことになるので、どの道将来不安が付きまとう。



もちろん、上記の最終目的は「自分のため」である相手支配して、自分に対して利するように行動するのである

それがいつしか自分を殺してでも相手コントロールするというわけわかめな状況になる。

自分コントロールできたもんじゃない。



とりあえずおいしいものでも食べてこよ、

推しの若手俳優誕生日プレゼント何にしようか悩んでる

世界で一番好きな若手俳優誕生日が8月で、多分例年通り誕生日イベントというものがあって、

そこで渡す誕生日プレゼントを何にしようかぼちぼち考え始めてる。

んだけど、何をあげたらいいのかさっぱり分からない。

推しは20代半ばくらいの年齢で、服とかあんまり頓着しないタイプからか、

これまでは誕生日に限らずあげたら結構何でも着てくれてた。

ていうか多分「この間の舞台千秋楽劇場プレゼント受付に預けてたプレゼント、ちゃんと届いたよ」

的な意味で、どんなものでもあげたら最低一回は着てくれて、写メ撮ってTwitterに上げてくれたりとか、

稽古場に着て行って仕事仲間の写メに巧妙に写り込んだりとか、

なんらかの形で私信をくれてた。

今年の冬なんてすごかったですよ。

アウターとセーターあげたんだけどさ、どっちもそれなりに気に入ってくれたのか、

アウター地方公演に持って行って毎日着てくれてたり、セーターもそれ着て雑誌テレビ取材受けたりしてて。

ただ、初夏にあげたやつはまだ一回も着てもらってない。

半袖だったけどさすがにそろそろ着れる気候になってきたし、もう手元に渡ってるとは思うんだけどなー。

あんまり好みじゃなかったのかな?

それとも、もう服とかもらいすぎていらないってなっちゃったのかな?

ファンが増えてきたから、そーいう私信みたいなことはけじめとしてもうしないのかな?

服なんて本当にほしいものは自分で買うだろうし、推しはクレクレするタイプの若手俳優じゃないので、

これまでわたしが服をあげるときは「認知がほしい」とか「推しに気に入られたい」とかの気持ちじゃなくて、

あくまで「この服絶対推しに似合う!わたしスタイリストだったらこれ着せる!着てるとこ見たーい!!」

っていう自己満気持ちだったから。

からもう着てくれないなら服はあげなくてもいいかなーって思っちゃう

でもじゃあ何あげればいいのかなー。

多分、誕生日イベントは毎年通りだったらプレゼントを手渡しする機会があるはず。

そこでまさか、数百円のパックとかバスボムとかキャンドルとか

オタク女がなんかオシャレだと思ってあげるけど俳優本人はたくさんもらいすぎて持て余してるグッズ

あげるわけにもいかないし。

はいらないなら靴は?と思ったけど、靴ってブランドや形によって全然サイズ変わってきちゃうから難しい。

時計とかバッグとか?一人暮らしだし家電とか?うーーーーん…。

彼氏誕生日プレゼントもこんな真剣に考えたことないのに、

わたしは一体何をやってるんだと思うんですけど、真剣な悩みです。

これを見てる若手俳優オタクのみなさん、推しの誕生日には何をあげますか?

また、これを見てる20代半ばの男性の皆さん、推しと同世代の男として、何をもらえたら嬉しいですか?

また、これを見てる若手俳優男性たち、ファンからもらって嬉しいもの要らないものは何ですか?

教えてーーーーーーー。

2016-06-16

彼氏がお肉を焼いてくれる

焼き肉がすきだ

とくに自分でお肉を育てるのがすきだ

家族焼き肉に行く時には

網の上にそれぞれのテリトリーがあり、

お互いのお肉にさわらないのがルール

赤みを少しばかり残すように

一枚一枚丁寧に焼くのがおいしい



家族以外の人と焼き肉に行くと、

それぞれにちがうお肉の焼き方があることがわかる

お肉をどう焼くかということには、

価値観のちがいまでとは言わないが

なんとも、人間の根っこにかかわる何かを感じる



そんなふうに焼き肉に対して

あーだこーだ思っていたが

最近彼氏にお肉を焼いてもらうことが多くなったきた

お肉の焼き具合が絶妙なのか

次のお肉を網にのせるタイミングがよいのか

かいことはよくわからないのだけど

彼氏に焼いてもらうお肉は、なんだがおいしい



彼氏がお肉を焼いてくれるのがうれしいので

お肉を焼いている姿を動画に撮る

真剣に肉の焼き具合を見ているところがいい

焼けるとにこにこして小皿にのせてくれるところもいい




本当にいい動画なんだよな



今日もつかれたけど、それ見て寝るわ

2016-06-15

喪女の悩み

スペック

彼氏いない歴=年齢(あらさー

院卒理系

はじめて年下の子に誘われた

彼氏ではない)

彼氏ではないので、ついていくのを躊躇ったが

好奇心が勝って、結局一晩を。。

セフレなんて都合のいい関係になるのか、真剣だったらこんなことならないよなーとか

その年下の子が、社内で困っている

性欲が高すぎて、あの日を思うと勤務中でもうずいてくる

今まで喪女すぎてそんな悩みなどなかったのに

こんな経験をすると、まわりの男性すべてが対象に思えてやばい

なんなら、月1ペースのオナが毎日になるほど

どうすれば元通りの男性かぼちゃに戻れます

JFAグラスルーツ。4種の末端から見える景色

http://www.jfa.jp/football_family/grassroots/gr_play/

JFAグラスルーツ『補欠ゼロ賛同パートナーHP

思った通り、地域でもスタッフの数や体制が整った「強豪チーム」の名前ほとんど。そりゃそうだ、コーチの人数も、練習場所試合の会場も相手運営ノウハウもしっかりしてる。複数カテゴリで同等の相手を見つけられる選手層の厚さを持ってる。こういう取り組みも、早くからアンテナ張ってたりあるいは地区協会からあらかじめ粉かかってる。

本当にサポートして欲しいのは地元小学校で細々続いてきた少年クラスなのにな。セレクション最終選考クラスから、軽度の発達障害を疑うレベルまで居て、ようやく8人ギリギリで在籍していて、コーチ複数学年掛け持ちで相手にしてくれるチームの選択肢が近隣小学校少年団くらいしかなく年1回の市大会や県大会ボッコボコにされちゃう楽しいのかなんなのか。

そんなチームが、いちばん最初ボールを触る、グラスルーツなのに。チームの運営指導の骨幹、選手の育成メニュー課題が山積しているのは、上記に挙げられたチームより下のチームなのにな。残念。

地元の小さな少年団は合併、縮小する一方。ここに長年取り組んできた地元大人たちへのリスペクトは無いんだよね。なんかモヤモヤするんだよ。いろんな弊害もあったろうけど...。新しい、地域クラブチームの皆さんは本当に良い指導をされていると思うし、尊敬します。結果も出てるしね。目指せ全国!!海外!!

何か疲れるわー。この勝利至上主義大会遠征引率も疲れるわー。ウチそんなテンションサッカーしてないもん普段。「真剣じゃない」とか叱られるんだろうけど。大会エントリーしなきゃ良いんだよなぁ。この辺がチームグダグダになってるとこでもある。ほら、迷走してるでしょ?さぁ、協会の偉い人、一緒に考えてくれる?

少子化の進行とともに4種の再編は加速度的に進むんだろな。昔ながらのお父さんコーチや近所のサッカー好きオヤジの屍を踏んで。

親切

http://cild.hatenablog.com/entry/2016/06/15/123620

筆者の年齢からしても、途中のNATIONALはどう見てもネタなのだが、ブコメで、

Panasonicはかつてナショナルでした。

真剣に教えている親切な人がいて、こういう時、反応が難しいなって思った。

「知っています」とか「ネタです」と書くと、相手に「ネタマジレスすんなや」って言ってるみたいだし、

何も反応しないと、あたかも本当にナショナルを知らなかったみたいに見えてしまうし。

はてなならいいが、これがツイッターのリプとかだと、自分だったらどう反応するかなぁ……。

こういうの、時々あるよね。

ネタで書いたら、本当に親切に教えてもらっちゃって、なんかむずむずすること。

あなた他人から好かれたい、賞賛してほしいと思っており、それにかかわらず自己批判する傾向にあり

また、あなたは弱みを持っているときでも、それを普段は克服することができます

あなたは使われず生かしきれていない才能をかなり持っています

外見的には規律正しく自制的ですが、内心ではくよくよしたり不安になる傾向があります

正しい判断や正しい行動をしたのかどうか真剣な疑問を持つときがあります

あなたはある程度の変化や多様性を好み、制約や限界に直面したときには不満を抱きます

そのうえ、あなた独自の考えを持っていることを誇りに思い、十分な根拠もない他人意見を聞き入れることはありません。

しかし、あなた他人自分のことをさらけ出しすぎるのも賢明でないことにも気付いています

あなたは外向的・社交的で愛想がよいときもありますが、その一方で内向的で用心深く遠慮がちなときもあります

あなたの願望にはやや非現実的な傾向のものもあります

2016-06-14

金はないが結婚するには金が必要らしい

2年付き合ってる彼女に言われたんだけど結婚するには金が必要らしい。

300万くらい。

まだ真剣に話し合ってないけれど彼女ナシ婚をするとコンプレックスになるだろうからやらないといけないなと思う。

とりあえずは話し合いだろうけど、式は絶対あげる方向になるだろうからそこんとこ考えるとしんどい

自分結婚してこどもも欲しいからちゃんと向き合う良いタイミングなんだろう。

自分事情来年4月までは正社員になって貯金するという選択肢がないかアルバイト資金を貯めることになるかな。大変だ。

ゲイだが女と結婚した

自分物心ついた頃から同性を好きになる人間だと自覚があった。

思春期ときはそのことに真剣に悩んだこともあった。告白どころかアプローチも許されない辛さは筆舌に尽くし難いものだ。

一時期はゲイコミュニティに顔を出していたこともあったし、ゲイ恋人いたこともある。

でも、彼らのように極端にゲイであることを全面に押し出し生き方をする勇気も気力もなかった。

そうして、自分はある時に割り切った。ゲイであることをアイデンティティに結びつけるのはやめよう、と。



あるとき、感じのいい女性出会った。もちろん、性的な意味で恋愛感情ではない。あくまで人として好感を抱いていただけだった。

いつしか彼女自分恋愛感情を抱くようになったらしく、友人関係を続けていくうちに彼女の側から告白された。

自分彼女自分ゲイであることを打ち明けた。すると、彼女はそれでも自分が好きだと言ってくれた。

から自分の中で何かが変わるかもしれないと思い、付き合ってみることにした。



やはり何も変わらなかった。彼女セックスをしてみようとするが、性的興奮を覚えることはなかった。

ただ、二人で裸でじゃれ合うことは苦痛ではなかったし、

彼女性的刺激を重要視するタイプではなかったので裸で抱き合うだけで満足なようだった。

そうしてプラトニックともそうでないとも言えない奇妙な関係を続けていくうち、いつしか彼女結婚することを思い立った。

確かに彼女性的関係として愛情を感じることはない。

ただ、人として信頼できて、一生を共に過ごしていくことができる人という確信を覚えたからだ。



恋人になる告白彼女からだったが、結婚プロポーズ自分の方からした。

彼女は泣きながら「私でもいいの? 本当にいいの?」と喜んでくれた。自分は性を超えた深い愛情彼女に感じた。



自分は親や兄弟ゲイであることはカミングアウトしていなかったので、

家族彼女を紹介したときはまるで普通の男が普通婚約者を連れていったときのように喜ばれた。

そうしたことが続くうちに、自分社会に受け入れられていく実感を覚えた。

式を挙げる頃には、もうゲイであることはどうでも良くなっていった。腐れ縁の友人との縁を切ったような感覚だった。



自分典型的ゲイではないかもしれないし、ゲイの中にはウソでも女性と抱き合うことに嫌悪感を覚えるタイプいるかもしれない。

でも、自分は一人の同性愛者として、同性愛であることを重要視しない生き方選択した。

確かにこれから子どもことなど、いくつかの問題にぶち当たることもあるかもしれない。

それでも大半の問題彼女との話し合いで解決できるだろうし、ゲイであることから距離を置いたこ生き方を後悔することは決してないだろう。

2016-06-11

エンターテイメントがしぬかもしれないはなしその2

エンターテイメントがしぬかもしれないはなしの続き。

前回は2000年2010年あたりのアイドルジャニーズお笑いジャンルでなにが起こっていたのかということをさらっと(わたしの十代の記憶と共に)振り返った

では現在虫の息である若手俳優の世界でなにが起こっていたのかということも一応書き記しておく

まさに2.5次元ミュージカル王様(なぜ若手俳優の舞台はつまらなく、客席が埋まらないのかおたく真剣に考えてみたブログ参照)であるテニミュが初めて上演されたのは2003年のことである

当時の話はパイセンたちからのお話でしか聞いたことがないけれど、はじめは客席が埋まらないのでキメ様のライブをおわりにやったりして、キメ様のおたくとかでがんばって埋めていたらしい

ちなみにみんな大好き氷帝学園、いまをときめく斎藤工が出演していた氷帝公演が行われたのは、2005年の話であるから、テニミュ(若手俳優)の世界も前述の通り、やっぱり2010年向かって右肩あがりの時代だったんだと思う

それでは今度こそ2010年以降、おたく世界になにが起こってきたのかをふんわり考えてみようと思う

現状として、大きくふたつの問題がエンタメおたく界の中に発生している

ひとつは、村社会としてのおたく世界におけるおたく高齢化社会、ふたつめは、生産的おたくの少数化である

このふたつは繋がった大きなひとつの問題である


⚫︎「おたく高齢化社会」とは

その名の通り、おたく高齢化が進んでいるという話である

変な話だと思うかもしれない。今日本は国として、ずっと偏見を持たれて消極的に虐げられてきた「おたく」という異常な世界ひとつ国民性としてピックアップしていって、それを日本の特色としてビジネスにしようとしている

そして、おたくではない人たちがおたく世界に土足で踏み込んできて、自分たちが興味を持った部分のみを取り上げて「これがおたくなんです!」とテレビ雑誌なんかで言っちゃってる

元々こういうサブカル推しの政策になるまでにおたくになっている人たち(わたし含め)は昔の閉鎖的なおたく世界の中での「みんな違ってみんなとりあえずよし」というのに慣れているからあんまり気にしてないかもしれないけれど、

新規参入してきたおたくの人たちはひょっとしたら、マスコミたちが取り上げた「おたく世界ひとつの側面」を見て、自分でなにか実体験として掴み取ることもせずにこれがおたくなんだとぼんやりと捉えているだけなんじゃないかとわたしは危惧している

おたくというのは長らく村社会である

村のコミュニティーの中に入れていようが、村八分されていようが、そこに存在する限り、とりあえず全員村民である

例外ももちろんあると思う。

例えばワンピースが好きだったとして、毎週ジャンプを買い、単行本を買い集め、アニメを視聴し、自分なりに設定についての考察を行う

これをネットなどに発表することなく、誰に見せることもなくひたすらノートに書き綴っていたら、自己完結しているので、他者から村民として認知されることはないと思う

けれど、この人が例えばホームページを立ち上げて自分なりの考察世界に発表したら、例え誰かと交流を持たなくても、わたし村民として世界に存在していることになると考えている

他のワンピースおたくは誰かしらそれを読むだろうし、感想メールする人もいるかもしれないし、リンクフリーと書いてあったら、リンクページやブログにその考察サイトのURLを貼るかもしれない

かたや、HPを立ち上げたもののアクセスがなかったら、自らサーチに登録するかもしれない

こうして、村の中へと入っていくのである

村の中には色んな人がいる。

一流企業で働いているエリートもいれば、ニートに近いフリーターもいるし、学生もいれば、子持ち主婦もいる

けれど、暗黙の村の掟というものがおそらくどのジャンルおたく世界にも存在して、もちろん可視化されたものではないので、最初はわからないのだけれど、どの村にも、RPGゲームで話しかけてくる村民みたいなやつがいて、

これはこうすればいいんだよ、これがどうなんだよ、とふんわりと村の掟を教えてくれていた

物事というものは、完全にゼロから創造されることはない

そこになにかが存在して、そして、基礎とされるルールが存在して、初めてそこからなにかが生み出される

ことにおたくという生き物は、おたくという側面においてイチからなにかを創造する生き物ではないと考える

何かが存在して、それになにかアレンジを加えて、別のなにかに変化させるのがおたくだと思う

なにが言いたいかというと、アイドルがいて、おたくがいる

漫画があって、おたくが読む、舞台が上演されて、おたくが観る

おたくというのは、創造されたなにかを完成させる上で不可欠な存在ではあるが、まずはじめは受け手

受け手として、その世界に存在するにあたって、どんな世界にもルールがある

けれど、情報化社会の中で、おたく世界の中の村という概念が何年も前から崩れている

これは、若い子に限ったことではない。

マスコミが取り上げたおたく世界を見て、おもしろそう!と新規参入してきた年配おたくも同様である

そうすると、どういうことが起こるのかというと、新規参入おたくたちはSNSなどのツールばっかりは立派に持っているのだけれど、RPGゲームで話しかけてくれるおたくがいないものだから、

レベル上げの方法を知らずにずっとマサラタウンの横の草むらでコラッタキャタピーや同じようにそこに留まって地図を持たないおたく同士で、これがおたくなんだー!たのしー!となっている(もちろん例外もいる)(自ら見つけていけるんだから、わたしと違ってまじ天才的だと思っている)

村民おたくマサラタウンおたくとのおたくの分離化が進む中で、旧型のおたく高齢化が止まらない

⚫︎「生産的おたくの少数化」とは

どのジャンルにもいると思うのだけれど、ツイッターに常駐していて、キチガイを名乗っている若い自称おたくの子たちがわりと一定数いる

これは本当にかわいそうだ。

なぜならなんの生産性もないツイッターに常駐して時間を無駄に浪費しているということはおたくでもキチガイでもなんでもなくて、生産性の低いただのかまってちゃんだからだ

けれど、それでも時間が潰せるものだから、若い子たちはきっと常駐してしまうんだと思う

ツイッターがリアの頃に普及していなかった世代からすると、完全に異常なので、正直積極的にリプを飛ばして関わり合いになろうとは思わない(自分のことを棚に上げてこんなことを言っているがわたしも相当別のベクトルやばいヤツなので、関わり合いにならない方がいいと思う)

わたしが若い頃は、ツイッターがなかったので、ひまだったらもっぱらブログを更新するか、様々な匿名掲示板を眺めるか、仲間内でチャットメールをするか、などしか暇つぶしツールがなかったのだけれど、完全に村社会だったので、

なぜかそんなわたしを見ておもしろそうと思ってくれた色んなお姉さんが色んなことを教えてくれて、暇つぶしの中でも生産性のある暇つぶしツールを与えてくれたというか、

ジャンルおたくの先輩として、例えばこのライブはどのアーティストのどのライブの影響を受けているから、そっちも見ていた方がいいだとか、

この作品を見て、こういう感想を持つなら、きっとこの作家のこういった本が好きだろうから、読んでみたら?だとか様々なアドバイスをもらった結果、

10年以上かけて、こんな神の視点からブログを書くような高尚おたくに育ったのである

(十代の頃から3歳から10歳以上年上の友達とばかり遊んでいたので、地方の女子高生の身分で東京女子大の講義にこっそり潜りこんだりしているような変な女子高生だった)

はっきり言って、おたくおたくとして存在している時点で9割は凡である

だから、自分でなにかを創造することはできないと思った方がいいし、レベル上げの最も簡単な近道は先人に教えを乞うことである

テニミュに関してだってそうである

素晴らしいことなのか、残念なことなのか、若い子たちはどう捉えるかわからないが、テニミュというコンテンツが好きでファーストから通っているおたくはたくさんいる

DVDで当時の公演を振り返ることは不可能ではないが、ネルケは財布をしめていくことを決して許さないので、きっと過去の公演のDVDまで買いあさるなんてなかなかできることではない(それに残念ながら逮捕者がでている公演のDVDは発禁になっている)

ひとりそういうババアおたくと仲良くなって、そういう話を教えてもらって、自分の中にインプットして、そこに自分なりの仮説と解釈を加えるだけで、高尚おたくになれるのに、

ツイッターを眺めていると結局同世代同士でつるんでいるのが多い気がする

その点において、タレコミとかで叩かれているような痛いおたくの子たちの方が結局現場で昔からいるババアたちと顔を合わせて、情報戦で勝てないババアたちといかにうまくやっていくかという課題と直面しているので、

よっぽど要領がいいというか、低姿勢で吸収力があるなあと個人的には思う(ババア側の人間)

⚫︎なぜ生産性の低いおたく多数派だとダメなのか

ここまで読んで、どうして生産性の低いおたくだとだめなんだ、ツイッターで同世代で楽しくつるんでなにがだめなんだ、痛いワタシみたいな高尚おたくになる必要性がどこにあるんだ、と思った人が多数だと思う

なぜダメなのか、

まずひとつめは、マサラタウンの草むらには何年もいられないということ

ふたつめは、マサラタウンの草むらにいただけではポケモンプレイしたとは言えない

ので、布教ができないということである

例え話だとぴんとこないかもしれないので、それぞれについて解説していく

まず、ファンではなくおたくとして存在する以上、ただ消費するのではなく、消化(昇華)できるおたくにならないと、自分でなにがおもしろくて今コレに時間とお金を費やしているのか、わからなくなるとき絶対くる

おたくを自称するくらい、何かが好きなのだから、どうして自分はそれが好きなのか、それにはどんな魅力があるのか、その魅力は他のものと比べてどう秀でているのか、せめてこれくらいは言語化できた方がいい

というか、これをきちんと言語化できる人は、ロジックリーなんかに頼らなくてもたいていのことは物事の本質と原因を分析できる人になるから、生きていく上でもたぶん役に立つから便利だと思う

言語化するには、その世界を知る必要がある。

何年もおたくをやっているババア絶対たいていは厄介なので、積極的に関わり合いになれとは言わない

けれど、ロム専だとしても(もはやロム専という言葉は死語かもしれない)(黙って眺めてヲチっているという意味だと思ってください)自分でなにか発信している人は見ていた方がいい

そこには自分と異なる考えがあるので、自分の考えと比較対照することができ、自分の考えがどういったものなのか、再検討することができ、より強固なものにすることができる

なんでそんな難しく考えなきゃいけないんだろう、ただの趣味なのにと思う人もいるんだろうなあと思う

けれど、よっぽどの天才ではない限り、エンタメを作る側もいきなり完璧なものを作り出すことはできない

特に制作側の人間はおたくが少数派なので、おたくの「これがこうだったらもっと好きになれるのに」ということをことごとく外すことにおいて、才能に溢れている

自分が何かを楽しみ続けるとなったとき、舞台だったらアンケートを書くなり、アイドルだったらツイッターで運営のエゴサにひっかかるようにあーだこーだ言うなり、直接現場制作に話しかけるなりしないと、

自分の中で、あれ?と思ったもやもやは解消されない

そういうことをしないとエンタメ側もレベルアップしないんだと思う

だいたい、大きくなりすぎたエンタメが衰退する理由として、ひとつエンタメおもしろくなっていくということに関して現状のツールでは絶対限界がくるときがあるということ、

そして、大きくなりすぎたエンタメは、ビジネス化されすぎていて、「こうなったらいいのにな」というおたくの考えの届かないことろへいってしまっていることがあげられるんじゃないかとわたしは思っている

おもしろエンタメがあると、どうしてもそこにお金が集まってしまうので、ビジネス化されてしまうのは、仕方のないことなんだと思う

けれど、今の日本においてそれが悲惨なのはたまたま様々なエンタメジャンルが同じようなタイミングでピークを迎えてしまい、エンタメ世界が、大爆撃でもあったのかという惨状になってしまっていることだ

しかもその間におたく側も情報化社会の中で変形していって、おもしろエンタメを育てていく体力のあるおたくが少数派になってしまった


アイドル世界戦国時代が終わって、きっとこれからあの2009年2010年ドラマに溢れたAKBのような盛り上がりを見せてくれるアイドルはもうしばらく現れない

仕事や現実疲れたアイドルおたくを癒すために様々なハコやショッピングモールで特典券を武器に細々と生きていくアイドルたちとおたく世界になってしま

モーニング娘。ミスタームーンライト愛のビッグバンド以降ハロプロ世界に帰ってしまったように、元々アイドルおたくだったひとたちのためのエンタメとしてきっとこれからは存在していく

お笑いも今、バラエテイこそあるものの、若手が芸を披露する場がほとんどない

お笑いは漫才やコントをやって、初めてお笑いとして成立する

バラエテイでの面白さなんてその場にはまれば誰でもおもしろいので、お笑い芸人である必要性などなにもない

芸人はなんでもやって当たり前なんだから、それと比べて木村佳乃がなんでもやった方

おもしろいに決まっている

お笑いジャンルは今、現場難民(芸人側の) に溢れている結果、おもしろい漫才どころではないんじゃないかという印象だ

ジャニーズも、嵐の人気はおそらく今よりでることはないだろう

そんな中で、わたしたちの青春だった若手三組がそれこそ大爆撃を受けたみたいにメンバーが半分くらいに減っている中で、じゃあその下にくる平成ジャンプが元気なのかというと、最近伊野尾がようやくそ美少年さを世間に認識され始めたが(といっても伊野尾わたしと同い年なのでもう少年ではない)

まだ平成ジャンプブレイクするという実感はない

セクゾもメンバーが増えたり減ったりするので、正直ジャニヲタあがったババアはついていけない。デビューしたユニットでそんなことありえます?よくわからない

じゃあウェストはというと、今の関ジャニくらいになれたらいいねーくらいの認識でしかない、わたしの中では

ファンのひとは怒るかもしれないけれど、こう見えて一応彼らがジュニア時代に松竹や梅芸でお仕事していたときにそれなりに見ていたので、ブチギレするのは超古参のお姉さんたちだけで勘弁してほしい

関西ジャニーズの抱える問題と可能性と闇については触れ出すと話が終わらなくなるので割愛

けれど、上記ジャニーズたちが決して売れないと言っているのではなく、現状の悲惨なエンタメ界を今すぐ引っ張っていく力があるかと考えたときに今すぐは無理だという話なので本当に怒らないでください

若手俳優の世界はおそらく痛みを伴う革命でも起きない限り、もう無理である

アミューズドリフェスとかやり始めちゃった時点で、あー事務所もそう思ってんのかなーとわたしはおもったぜ

大したビジネスでもなかったのに、いろんな大人がよってたかってダメにした感がある

たぶんこれからたくさんの失業者が発生するというか、まあ引退する子たちがどんどん増えていくと思う

まあ若手俳優はあんまり稼げるお仕事ではないので、その点においては大丈夫かなあと思っているけれど、元ジャニヲタとしてはジュニアが引退したのちに逮捕される流れにはうんざりなので、ちゃんとそれぞれに生きていく道があればいいなと思う

それがエンタメ世界だったらどんなにいいことかとは思うけれど、今若手俳優の世界にはそんなに飯のタネがないので、なにも言えない

結局、若手俳優のあとに台頭してきた読モジャンルも、KPOPも若手俳優よりも早くマイナー世界へ帰っていってしまったので、

今どこでなにが元気で盛り上がっているのか、わたしの目には見つけられない

それがおそろしくて色んなおたくにこの話をして、今なにが盛り上がっているんだろうと聞いても、みんな首をかしげる。

広告で働いている男の子にもこの話をしてみたけれど、スポーツなんじゃない?と言われてしまった。

残念ながらわたしスポーツには一切興味がない。あとオリンピックに向けてスポーツが盛り上がるというのは、長らく当たり前のことなので、それはこれまでのエンタメに取って代わるものではないし、

そもそもエンタメではないんじゃないかという疑念が拭いきれない

だいたい女ヲタ世界において、あの人どこにいったの?という話をすると、二次元だと聞くことが最近は多い

けれど、二次元絶対すぐ今の異常な熱は終わるんじゃないかと思っている

なぜなら今の二次元の盛り上がり方はグッズ収集だが、グッズの収集という盛り上がり方は、これ以上の発展があるんだろうかとハタから見ていて思うから

わたしは本当に理解できない、これだけお金をかけるくらいこのキャラが好きなんです!みたいな競争をするくらいだったらホストじゃだめなんだろうか、きっと何回か寝れる

若手俳優のおたくをやっていて同じことを何十回も言われるので、もちろんそれじゃだめなことはわたしもよくわかっているが、俳優と違って二次元キャラ特別扱いしてくれないし、そもそも概念でしかないので、非常に難しい盛り上がり方だと思っている

しかし、その一方でわたしみたいな変なタイプじゃない女子の欲求を満たしていることも理解している

みんなでこアニメならこのキャラが好き!みたいに推しを分けてみんなで朝から池袋やらスカイツリーやらTSUTAYAやらに並ぶのが楽しいんだろうなというのは知識としては知っている

団体行動好きの女子にはたまらない「みんなで一緒になにかをしている!」感なんだろうなと思う

だからかなり前の記事になるが日経MJとかはグッズ収集女子を特集する際にもっとそのへんに重きを置いて取材をするべきだったと思ったよ

そもそものそういった子たちの行動心理ってたぶんそこなんだから。

現地で交換したりとか、そういうのが楽しいんだと思うよ。

表面上はキャラへの愛でこんなことになっちゃうくらいこのキャラが好きなわたし!ということになっているが、実際半分くらいはグッズ収集に付随する様々なことを楽しむタイプの女子が大多数のはずだ、女の子は自分を思い込ませるのがうまい

でもそれはもはやアウトドア的な楽しみ方であって、エンターテイメントではない

水道橋に行けばいつでも誰かしら友達がいる!みたいなテニミュなどのアウトドア的側面がピックアップされた趣味だと思う

このままエンターテイメントはなにも新しいものが生まれることなく、これから冬の時代を迎えて、大勢がなにかに熱狂することがない時代になるのだろうか

わたしはそういった大盛り上がりジャンルに身を置いているタイプではなかったけれど、このままなんの盛り上がりもない状況というのはとても不安になる

そして、なによりエンタメを作ってきた側のひとたちが、この危機的状況に気づいているのかしらと非常に不安になる

おたくからするとこれは結構やばい状況である

わたしエンターテイメントがなかったらこの年まで生きてこれなかったかもしれない。

本当にどこかで尽きて死んでいたんじゃないかと思う

今の若い子達にわたしエンターテイメントに救われたようになにか別の救いがあるんだったらいいのかもしれないけれど

ストレス社会と呼ばれて久しい日本で、現実逃避ツール代表であるエンタメがしにそうだ

そして、みんな違ってみんないいという考えを浸透させたせいなのか、国民が多様化すると見せかけて、思考停止した人たちを量産しているだけな気がする

若い子たちと働いていて本当に思うのだけれど、「どうしてこうなんだろう」ということを考える力に欠けている子達が多すぎる

このままだと日本のエンタメどころか、日本自体がいつか沈没するんだろうなと思う

このままだと日本は確実にヤベエ

そんなもうすぐアラサーババアのつづった生産性のない、エンターテイメントがしぬかもしれないはなしでした。ちゃんちゃん

2016-06-10

昭和のオッサンと会話が通じない理由真剣に考えた

昭和のオッサンが考えてみた理由



1,PC世代携帯電話世代

2,そもそもジェネレーションギャップで話が合わない

3,ゲームスマホゲームボーイ

4,ネトゲの台頭、オッサンネトゲよく分からない

5,ぶっちゃけ2010年まで有ったゆとりのせいで若者の考え方がゆるやか

6,30歳程度で前頭葉が弱り始めるためワガママになる

7,臭い

8,ネット世代リアル世代

9,オッサンLINEを使いこなせていない

10,読んでいる漫画が違う、電子コミック、実本等の違い

11,電話に対するウザさ、オッサン普通だと思っていても若者には重荷



http://anond.hatelabo.jp/20160605042713

2016-06-09

http://anond.hatelabo.jp/20160605231804

きょうだい精神疾患有り、暴力有り、生活保護暮らしているはずだが住所は知らない。多分母親は知っている。

・両親が宗教に入っている。結婚の際夫婦での入信を勧められたが断った。

そこまで強い勧誘はなかったが、子供が生まれたら子供だけでも、名前を書くだけでも、と言われた。断った。

DV男だった父親自殺他界

母親とは時々連絡を取り合っている。借金はないはずだが、老後は介護することになると思う。



こういう状態結婚して10年になる。正直言って配偶者には引け目を感じている。

配偶者実家小金持ちで何の心配もなさそうだし、親戚や友人も金持ちの人が多いし。

付き合っている頃からぽつぽつ話していたので結婚の時に改めて話すことは特になかった。

配偶者は同情してくれている。義理の両親には全部は話していない。話す必要も感じていないので。



きょうだいとは一生会うつもりはない。

戸籍の附票で住所を調べられないように手続きをしている。

きょうだいが何か事件を起こしたら離婚はやむを得ないと思っている。

幸い今のところ大きな問題は起きていない。



まずは彼女に話してみたらどうだろうか。

彼女大人なのだから自分判断するだろう。



実家人間が金の無心をしてくる、既に現在増田金銭的な援助が必要状態である

職場電話してくる

勝手に家に押しかけてくる

・妹が自立出来ない状態にある (将来的に増田が援助することになる可能性が高い)

いくら話してもマルチをやめない

こういうことがもしあるんだったら、真剣に縁を切る方向で考えた方がいいと思う。

これらを避けられるのであればそこまで悲観する必要はないかも知れない。

結婚式に親を呼んだり、結婚後家族を連れて実家帰省したりするのは諦めた方が良さそうだが。



いざとなった時は何を切っても彼女(望むのであれば子供も)を守る心積もりはしておいた方がいい。

増田が腹をくくれば、あとは彼女自分で考えて決めるのではないだろうか。

スプラッターホラー好きな人に尋ねたい

知人に、スプラッタものホラーものが大好きな人がいる。

 

私は「こんなに血が出たら痛いだろうな」とか「後ろにいたら怖いな」などと考えてしまうので、すすんで見るタイプではない。

その人は「ホラースプラッターはムリしてカッコつけるために見ている、と言われるのが悲しい」と言うくらい真剣に見ている。

 

現実ではありえないものを見せてくれる点に惹かれるというのは理解できる。ただ、それ以上に恐怖感が勝る。

こういうもの好きな人は、どんな理由で好きになったんだろうか。とても気になる。

2016-06-08

特にオチはない

主張といってもピンキリで「自分ポジション宣言しかしない人がいます


何を語るにしても根拠が「自分がこっちだから」「あいつらは間違ってるからしかないと人のことです。こういう人は「対比する相手」がいないと自分の正しさを主張できない。



論理単純明快どころか論理のものがありません。結論しかありません。ここまで中身すっかすかならバカでも言ってることは理解できるでしょう。

こういう人はWebの一部の界隈では「炎上的な」人気は得やすい。敵か味方かでしか考えられない人はいます。そういう、自分ポジションさえ同じなら論理なんていらないって人は、深く考えずに賛成してくれるでしょう。

逆に、論理を重視する人は、その論理不在の結論だけの文章にいら立ちを感じて批判するでしょう。でも、自分の正しさを疑わず自分のを批判する奴のことは無視し続ければいい。 




しかし、ポジションの表明しかない人は、同じポジションの人にしか支持されない。いつまでたっても「マイナーな人」「ニッチな人」にしかなれないと思います

そして、「ポジションを明確にする」ことによって支持される人は、それだけだとポジションが違う人からにはまったく支持されないし嫌われます



それでいいと割り切ってるならよいんです。やぎろぐさんとかイケダハヤトさんは、あくまで「ポジションをとること」だけを重視している。むしろそういう「ポジションしか気にしない読者」こそを求めているのでしょう。とりあえず雑に「会社批判」や「定住生活」についてDISっていれば、その結論だけに飛びつく人は少なくない。「オンラインサロン」なんてやるのであれば、そういう人を相手にすることが商売としては大事だってことですね。


そこまで覚悟してやらないとダメでしょう。


ところが、彼らほど覚悟ができてない、自分の主張がただのポジショントークであるという自覚すら持てないほど頭の悪いブロガーがちらほらいます

ここで「人を批判するな」とか言い出したらこれはただのダメな人ですね。だったらまずお前がポジショントークしながら人を批判するのやめろ、って言葉が返ってくる光景が目に浮かびます自分に都合のよいポジショントークするだけでフィードバックも受け取らないんだから話になりません。そんなものはただの社会性のないガキの主張であって、こういう人が主張する「ぼくがかんがえたさいきょうのじゆう」は、「俺の好き勝手にさせろ。責任なんてとらねえ」という幼稚なものです。


ガキのたわごと真剣に受け取る大人はいません。「もうちょっとよく考えてから出直して来い」としか扱われないでしょう。




もちろん、本気で発言したらなんでもポジショントークになるとは思う。自分ポジションに基づかない発言に魂を込めることなどできないと思う。でも、そのポジショントークを「誰に」「どうやって伝えるか」は人によって大きく違うんじゃないでしょうか。

ポジションが違っても一定説得力がある」文章を書きたいなら、自分ポジションが違う人にいちいち喧嘩を売ったり否定しなくても読んだ人が納得できるように書いたほうが良いでしょう。


ま、こういう人は、文章を書くこと自体好きな人でしょうけれど。文章なんて、目立てばよくて、そこからバカが釣れさえすればよくて、炎上してロボットに好かれるほうがよくて、そんな考えの人は、主張なんてほんとはないんです。炎上しさえすればいいんです。そんなやつを相手にするほうが悪いんです。

人生キタキタおやじに助けられた

悲しくて泣きたいけど我慢しないといけないとき

急に恐くなって不安になったとき

魔法陣グルグルキタキタおやじのことを考えるとスーッと気持ちが穏やかになって

今までの人生何度も助けられた。

「今回はちょっとだめかな」と思っても、

「ヒヒラリヒヒラリヒヒラリラー」という節をスピードアップして

キタキタおやじの顔を真剣にするとなんとかなった。

からキタキタおやじには感謝している。

本当に勇者様なんだと思う。

2016-06-07

http://anond.hatelabo.jp/20160606201609

真剣に向き合うとは日本をより良い国にするために自民党真剣に戦うということだよ。

野党としての機能すら果たせない民進党政権とれるわけがない。

共産党のほうが野党としてまともに機能してるといわれる状態はひどすぎる。

民主党二大政党制を信じて立て直しをがんばるべきだった。

でもそれができない。なぜか。

それは民主党に国をどうしたいのか構想がなかったからでしょ?

から出てくる法案無秩序に反対することしかできなかった。

どうしたいかという意思がないんだしそうなるよね?

共産党野党として機能するのは少なくとも国をどうしたいのか構想があるからだ。実現できるかどうかは別にして。

安保法案だけをイシューとして戦いたいのだろうけど、1つのイシューで戦うにはベースとしてその他のこともそれなりに運営できることが条件だ。次の4年も続くことになるんだから。前回の政権運営の失敗を覆すほどの実力をつけたとは思えないし、政権とったら党内が意見相違でもめるのは目に見えてる。

なので勝てない。