「模倣」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 模倣とは

2017-03-19

http://anond.hatelabo.jp/20170319130331

そもそも流行った理由が「(作品について触れている)コミュニティが(傍から見ていて)面白い」だから

自分もその真似をして楽しもう、と思った人が多かったのだろう

たくさんの人がそのコミュニティのやりとりを再現して、それがまた新たな模倣者を生んで、流行が広がった



その流行拡大の傍ら、いわゆる「擬人化」(人ではないもの人間の姿を与えて描く)作品として、

二次創作が盛んに行われるようになった

艦これ刀剣乱舞あたりと同じだね)

プロも巻き込み、質の高い二次創作が増え、ますます人気が出てくる



そういう形での盛り上がりだから

本編だけ見ていても、何が良いのかさっぱりわからないという感想も当然あり得るだろう





ちなみに、これは本編をまったく見ずになんとなくの想像で書いた文章です

2017-02-28

はてなーのみんな!渡辺竜王に続く新しいサンドバッグが見つかったよ

その名は曜変天目研究者 長江惣吉!

http://www.huffingtonpost.jp/soukichi-nagae/youhentenmoku_issue_b_14672424.html

私の見る限り、「なんでも鑑定団」に登場した「曜変天目」なる茶碗は、偽物にすら達していない「紛い物」とでも表現するしかない現代中国製お土産品です。

時代曜変天目茶碗が作られた中国福建省の建窯近くの水吉鎮などで現在大量に作られているものです。現地に行けば数千円で売られています

皆さん、考えてみてください、私が紛い物と告発している茶碗が、もしも本物ということになれば曜変天目研究者としての私の信用は吹き飛んでしまます。それは私にとっての自殺行為です。

私はそんな愚かなことはしません。100%の自信があるからこそ告発をしています

世の中には私が実物の茶碗を見ないで紛い物と断じるのに違和感を抱く人もあるでしょう。どうして映像だけで紛い物と分かるのだ?と思われるでしょう。

しかし、あの茶碗は国宝の曜変とは見た目がまるで違います。鹿の映像を見て馬だと思う人がいるでしょうか?これはそのレベルの話です。この例えでいけば私は馬の研究エキスパートです、鹿が馬ではないことくらい映像を見た瞬間に分かります

ところがどっこい!

http://www.topics.or.jp/localNews/news/2017/02/2017_14882573150769.html

18世紀以降に開発された化学顔料はほぼ検出されなかったことが27日、分かった。番組での鑑定結果に異論を唱えていた専門家は、中国模倣品と斑紋が酷似していることを理由

化学顔料が使われている」と訴えていたが、その主張を覆す結果となった。



長江さんは苦しい言い訳



一方、陶器化学顔料が使われた模倣品だと主張していた曜変天目研究家陶芸家長江惣吉さん(54)=愛知県瀬戸市=は、今回の分析結果について「これだけでは真贋は分からない。

正確な分析に欠かせない器の洗浄が行われておらず、分析方法疑念も残る」と話した。

これ似てない?

LOTO7のPRサイト

http://www.takarakuji-official.jp/loto-cp/

香港映画喜劇王

http://movies.yahoo.co.jp/movie/%E5%96%9C%E5%8A%87%E7%8E%8B/160143/

中国模倣うまいとか盗作が多いだとか言ってたが

そろそろ立場は逆転するのだろうな・・・

2017-02-27

借金玉氏のやつ

今回の記事を読んだ人、読んでしまった人ってある程度職場自分への配慮に関する交渉力を持ってるADHDが多かったんじゃないかと思うんですよね。

会社員やってない人は読む必要性が薄いエントリだし、会社員やっているADHDは概ね会社である程度やっていけてる人(これは生存バイアスです)だから



別にADHD職場ジョブスになる必要はなくて、総合的なアウトプット定型発達者と同程度の水準か、最悪人員交代を求められる水準でさえなければ、この工程は苦手だから監督して欲しいとか、この業務を優先的に回して欲しい、くらいのことは言えるじゃないですか。

勿論ADHDとは何か、みたいな概念から理解してもらうのは無理でしょうけど。

実際のところ借金玉氏が念頭においているような完成度の高い定型発達者社会で戦って勝たなきゃいけないような環境に身を置いてるADHDってそんなにいない(というかもう死んでる)と思うんですよね。

からこそ借金玉氏のブログには意味があるとは思うんですが、インターネットでは存外に共感が得にくいんじゃないですか。



個人的にも借金玉氏の言うように定型社会配慮なんか期待せずにエミュレーション精度を高めつつ定型発達者模倣をしていくって方針ベーシックに据えるのが良いとは思うんですけど、

それはそれとしてADHDである以上完璧定型発達者の真似事が出来るわけでもないのである程度ヌル環境を探していく気持ちが会ったほうが楽だと思うんですよ。

もちろん定型発達者の物真似が上手くなることで生存できる環境は増えるでしょうし、それに越したことはないと思います

というわけでこれからブログ応援してます

2017-02-06

http://anond.hatelabo.jp/20170205234817

屍者の帝国は、円城塔伊藤計劃模倣して完成させたにすぎないので、

実質、虐殺器官harmonyの2作だけで考えるべきと思うけれど、

30代ではそんなもんじゃいかなとも思う。

あと30年書き続けていたら、もっといろんなバリエーションが出ていたんじゃないの?と思いたい。

2017-02-05

[]よくある質問

真面目に答えず、出来る限り嘘と虚構を織り交ぜて答えていきたい。

Q.力士以外が作る食べ物ちゃんこになりえますか。

いい質問だ。

答えはNOだ。

広島人の作ったお好み焼きは、お好み焼きではないだろう?

台湾人が作る中華台湾料理であることと同じ理屈だな。



Q.2次元結婚可能であるなら、離婚することもまた同様ですか。

NOだ。

なぜなら2次元との結婚3次元一方的ものからである

故に5次元突入し、時をさかのぼって因果律を超越するしかない。



Q.要約に是非は問えますか。

例えば、「好きじゃない。嫌いでもないが」と、「嫌いじゃない。好きでもないが」という文。

ほぼ同じに見えるが、どちらも同じ意味合いを持つとは限らない。

この微妙な匙加減によっても解釈が変わる以上、表面的な意味がほぼ同じであっても変えることは危険が伴うのだ。

個人勝手解釈する分には勝手にすればいいが、それが文脈当事者の主張をミスリードさせた結果そうなるなら悪手といえる。

かといって、悪いのは「要約」そのものじゃない。

「要約」に本質を見出す人間たちと、それを悪用する人間たちさ。



Q.宗教とは手に杭を打ちつけることですか。

NOだ。

宗教において殉じる事柄模倣ではない。

教えに従うことである

イエス・キリストアメリカにいるのだ。

2017-01-23

http://anond.hatelabo.jp/20170123113224

元増田ちょっと誤解しているところがあるようだが、超AIがなにか超思考をしたとして、物理的な結果は観察できる、

だが、なぜその結論に至ったか人間理解できないということだ。

たとえば、ある人物処刑するようにAIに命じられる。

だが、なぜか?と問うても「説明しても君たちには理解できない」と返すようなのが代表的超AIシナリオスタイルになる。

仮にこれが物語の中でわかるように解説されてしまうと、そもそも成立しないので、その意味では元増田のいう「物語の中の超AIは、説明できるなら超AIでもなんでもない」ということはたしかにそのとおりだと思う。ただの超人模倣である

5次元だの6次元だのになってしまうと、そもそも映像文章での表現には「それっぽいもの」でしかなくなる。


このタイプ映画では「オートマタ」がオススメ

http://automata-movie.jp

2017-01-19

anond:20170118212130

私はうっかり人間に生まれてきてしまった虫だと思って生きてる。

あるいは、虫から人間に変身した。カフカの逆バージョン

どうにかこうにか人間模倣をして毎日生きてるけど、どう塗装しても虫以下の人間性を長い間は隠しておけないので、いつも人間関係一過性

結婚できた増田はすごいよ。

2016-12-08

Everfilter がもし人工知能を真っ当に利用したものだとしたら、どう考えますか?

君の名は。」風の写真に変換するアプリということで話題になった Everfilter が公開停止になった。著作権侵害ではないかという指摘に対する運営会社対応である。以下の記事が詳しい。

私のみた観測範囲では、いまのところ以下のような結論が優勢に見える。

合成だとみなされた過程としては

という主張がなされている。特にこの記事が多く参照されたように思う。

以降、これらの主張がその通りではない可能生がわずかながらあること、もしそうだった場合には著作権侵害に対してどのような議論がなされるのだろうか、その思考実験をしてみたいと思う。

なお、あくまで仮説であってここまでの主張を否定することを目的にしているわけではない。もしかすればそうではない可能生が微レ存、ではそちらの可能生を考慮したら、どのような議論になるか考えてみると (不謹慎ではあるが) 面白い議論になりそうだ・・・というのが趣旨である

Google Research 論文提案する手法

先の shi3z 氏の主張はスタイル変換に DeepArt と呼ばれるアルゴリズムが用いられていることが前提となっている。確かに shi3z 氏が述べているように DeepArt ではスタイル変換で細部のディテールを残すことが難しいことが分かっている。

具体的には、生成された画像において、人物の顔、建築物の模様などのディテールが潰れてしまう。

一方、今年の 9月Google Research から提案された、スタイル転送の改良版アルゴリズムがある。

当方たまたま知人から教えてもらったものである。細部まで読んではいないが、おおまかに言うと、古典的テクスチャ合成の手法既存ディープラーニングベーススタイル変換アルゴリズム適用して改良することで、細部のディテールを残したままの変換が可能になった・・・という内容である

結果は 24ページ Figure 8 と Figure 9 にある既存手法との比較が分かり易いだろう。

上段の Figure 8 が既存手法 ・・・ おそらく shi3z 氏の記事にある DeepArt に近い手法。Figure 9 が提案手法である建物ディテール再現できていない既存手法に対して提案手法では建物ディテールを残すことに成功している。

また、もうひとつ特徴的なのが、空のように一様性の高い箇所においては元のスタイルが持つ模様のパターン酷似したパターンが描かれている点だ。このあたりは古典的テクスチャ合成を応用した影響だろう。

手法を用いた場合既存手法より高速に変換画像が生成されることにも言及されている。

Everfilter のアルゴリズム提案手法に近いものである仮定する

もし Everfilter のアルゴリズム提案手法に近いものであるなら、今回疑問視されていることの中に幾つか説明のつくものがある。

というものである

この辺りから、Everfilter は「ニセAI」ではなく比較的新しいスタイル変換のアルゴリズム実装した製品だった可能生が微レ存・・・と思い至ったわけである

もしも Everfilter がニセAI ではなかったら著作権侵害ではないのか?

当然、そこまでは言えないと考えている。

2016年現時点で著作権侵害親告罪なので、たとえどんな手法が用いられようがその出力に対して「お前のこの絵はこちらのパクりだろう」と指摘されたところで容疑がかかる。中身がディープラーニングであろうが、コピペであろうが、そこは変わらないと思われる。

インターネット上の議論に載せてみたいと思ったのは

といった論点である法律的な白黒は先に述べたように親告罪に照らし合わせて考えればよいので、ここは、世間一般の人々の感覚話題にしてみたい。

例えば、人間漫画家場合を考えてみる。

有名漫画家漫画を模写し続けることで画力を磨いた漫画家が描いた作品は、その有名作品に画風が似ることはよくあるだろう。その場合ストーリーや構図に類似性が見られず、かつ、画風も多少の癖の類似であれば許容範囲内というのが世間一般常識であるように思う。つまり、画風"だけ" に多少の類似があるものは認められそうだ。

では、有名作品データをもとに学習を行った人工知能が描き出した、画風 "だけ" に癖のある写真・・・というのはどう考えるべきだろうか。もちろん、画風に強すぎる類似性が認められる場合は、世間の風当たりは強いだろうが、では、どの程度の類似性であれば許容範囲内なのであろうか?

その類似性は大きくは

の二つからもたらせるものであるが、強い類似性を悪とした場合、では著作権のある画像から模倣した ・・・ 学習したことが悪なのか。まだ人類もその性質を解明し切れていないディープニューラルネットワークもつ性質が悪なのか。

(法律的判断ではなく) 感情的判断についてはもやはり、出力が問題であってどんな手法が使われているか関係無という態度が正しいのか。

話題は逸れるが、ニューラルネットワーク版の Google 翻訳が生成した文章著作権はどう考えるべきなのか。これも似たような問題であるGoogleウェブ上の大量のデータから学習していると思われるがもしそれが著作権フリーではないデータから学習だとした場合に、生成された翻訳文書Google著作権を持つのか、そうではないのか。

世間常識がどこに落ち着くのかはまだよくわからない。だからこそ、この議論コミュニティに投げかけてみたかった。

Google Research の論文で Everfilter が完全に再現されるかどうかは実験してみないとわからないことであり、また論文をの例を見る限り Everfilter 品質での出力を得るには相応のチューニング必要になるようにも見える。それが現実的に困難だった場合はやはり shi3z 氏の主張が正しい可能生も大きい。また、テクスチャ合成を応用したという点で著作権との相性が悪いアルゴリズムである、という考えもあるだろう。

shi3z 氏の主張を否定するために記述したのではなく、あくまで、人工知能が作り出したコンテンツを人々はどう捉えるのか、そこについてみなさんの意見を伺ってみたく起こしたエントリであることを強調しておく。

2016-11-21

2000年代後半以降のテレビアニメの延長線上に

いまのアニメ映画の流れはあると思う。


君の名は。」も「聲の形」も「この世界の片隅に」もけいおん!あたりからブームが起こった

美少女動物園日常アニメとかのテレビアニメからの流れがある。

あの時期、真摯作品に向き合った人達だけに今があるのだ。


ジブリアニメをもろに模倣して叩かれまくってもめげずに次の作品をきっちりハイレベルで作り上げてきたとらドラ大好き、イカ娘大好き釘宮病患者新海誠

・ややもすればキモオタ巣窟揶揄されてしまいそうな「けいおん!」を馬鹿にすることなく、女子高生日常を細部まできっちり作り上げた山田尚子

ステレオタイプアニメ玄人からすれば馬鹿にされかねないB級傑作漫画ブラックラグーン真摯に取り組み、マイマイしんこで全然ヒットしなくても腐らずに観客を信じた片渕須直


あの時代アニメ馬鹿にしてまともに向き合わなかったヤ○カ○先生反省するように。

2016-11-18

AIAIだけではゴーストは宿らない

タチコマはそうではなかったという描写神山版にあるけど、行動様式を真似る計算式だけではそれだけで終わると思う。

まり行動が発生する前の計算式が必要なんじゃないのかと思う。具体的にどうかと言われたらわからんけど。

似れば似るほどゴーストが有りげな感じがしてくるけど、それは結局高度な人工無能しかないのでは。

外装の真似ではなくもっと拙いレベルから模倣必要で、今やってる量子コンピューティングネズミの脳ほどの処理速度、

ってフレーズの方に未来を感じてしまう。あれは直ちにAIの話と直結しないけど。

2016-11-14

川上というか、ふたばから始まるあの系列文化一般には薄気味悪く感じられる、という部分も入ってそうな気がする。

から最後に、宮崎監督から何にたどり着きたいの、と言われる。

人間以外の何かに着地しようとする生理的嫌悪感老害問題ではなく、自然を描き続けた宮崎監督感性

人工物やCPU自然模倣し始める、ということに関して自身の感じる不気味の谷を越えられていない。

ゴースト問題について押井守と喧々諤々やってないはずもないし。

2016-11-06

11/12勉強反省(手順を覚えて行う1&2)

目標は振りを覚える。

練習内容

当日

比較検討

  • 別の実技では、見本動作を見て、実際に行い、My台本を作って練習
    • 回数を重ねるごとに完成度が上がっていく。
    • 理屈ではなく体で覚えたので知識のように思い出すことができない。
    • うっかりミスや手順飛ばしが見られた。原因は理屈で覚えてないからと推測
  • 今回は理屈で覚えた。
    • 動作のつなぎで連想が途切れて動作が止まることがあった。
    • 考えず一連の動きを繰り返すことでも学習効果的になる。

改善

  • 誰かに教えるつもりで覚える
  • 全体から細部へ落とし込む

やること


反省感想

  • 行ったことは直前に動画を数回見た軽い予習で計画準備は行わなかった。
  • しかし、型は1回目とほぼ同じだったので差分を覚えるだけだったので前回よりも難易度は低めだった。
  • 体が覚えているのか、明確に記憶を思い出す感覚が無いので、だんだん出来るようになっていくことが不思議であり不安だった。
  • 頭であーだこーだ考えて無くても、回数重ねるごとにできるようにはなっている。なんとなく次にやることがわかっていた。
  • 観察学習にも弊害がある(他人に影響されやすい)と思った。

工夫したポイント

  • それでも飛ばししまうことはあったが、忘れたところを意識して声出し改善を行うことでミスは減った。
    • 評価? 前回より頭に入りやすかったので、これらは訓練次第で身につく能力だと思った。

振り(手順)を覚えるのまとめ

2016-11-04

ナチス軍服で思い出したけどコンサートの照明とか結構ヒトラー演説模倣っぽい要素ある気がするけど特に問題視されてないよね

2016-10-30

文化祭のような気持ちで働けたらいいのにな

学生文化祭でやってることって、その大半が「何かの仕事模倣」なんだよな。しかも、全員がそれをするのに向いてるわけでも、めちゃくちゃやりたかったわけでもない。

だけどみんなで準備して、中には主に指示を出す人もいれば、言われたことだけやってる奴もいるし、でもみんな「いい文化祭にしたい」って思っててさ、当日にはお客さんを集める為に看板を持って校内を歩き回ったり、時には妙な要望をしてくるお客さんに「やってやろうじゃないの」って張り切ったり、迷うお客さんには交渉したりして、大体は楽しかった思い出だと思うんだ。

だけど、大人になって社会人として仕事をしてると、その多くが嫌々、仕方無くやってるみたいで、なんだか悲しいな。もちろん文化祭期間限定であるとか、違ってくる要因はたくさんあるんだろうけど、きっともっと楽しくやれるはず、って、思うんだ。甘いのかな。

2016-10-18

江戸時代文化を持ち出して「日本は昔から〜」とかいうの違和感ある。

例えば今の萌え絵文化起源江戸時代春画関係あるって考える理由はあるの?みたいなこと。藁人形論法とか言われるの嫌だから言っとくけど、あくまで「例えば」ね。

普通に起源をたどっていけば、萌え絵アニメで生まれものだし、日本アニメ海外アニメ模倣から始まったでしょ。その時点で起源海外に行ってしまうから江戸時代まで遡れるとは思えない。

江戸時代変態的な絵とか持ち出して「日本は昔から変態」っていうの見るたびに思う。いや断絶してるでしょ普通に考えて。

2016-10-03

4chan2chから影響を受けて誕生したというのはいい加減やめたほうがいいのでは

あれは2chではなくふたばチャンネル模倣したんだ。

2ch日本悪名高くて、ネット右翼などの関係からそうしたほうが論じやすいのはわかるが

自分発言の為に事実を捻じ曲げるのはやめろ。


できればふたばちゃんねるを模倣し、2chからも影響を受けた程度にしてくれ。

将来重大な誤謬を招きそうでこわいわ。

2016-09-22

なぜジブリ以外はジブらなかったのか?

基本、表現方法キャラの造形など模倣してなんぼではなかろうか。

しかし世の中にジブっているアニメといえばジブリしか作っていない。

もっと言えば宮崎駿しかジブっていないのである

なぜジブらないのか?もっともっとジブればジブりを宮崎駿引退後も見れたのではないだろうか?

からみんな!ジブれ!

2016-09-16

今更だがアニメの神ってディズニー模倣しようとした手塚比喩か?

だとしても俺手塚もそんなに好きじゃないから嫌いって言うけどな。

2016-09-14

元アイナナファン

アイドリッシュセブン、アイナナというコンテンツを知ったのは、好きなキャラにとてもよく似ている子がいる、という周りの声からでした。

それは決して「パクリ」と断罪するものではなく、むしろ好意的な喜びの声だったんです。好きなキャラに似ている他の作品キャラに惹かれる、これは最近まり珍しいことではないように思います自分の好みを「性癖」「属性」などの言葉で括り、そこに当てはまるキャラクター出会ったら「好きになれるかも!」と新しい作品に飛び込んでいく。好きになった歴代キャラクターを並べて自分の好みって分かりやすいな〜と思ってみたりする。私も覚えがあるし、オタクならほとんどの人がそうだと思います

どこかなにかがいつかのあの子に似ている。それがきっかけで、キャラ作品を好きになること自体はとてもありふれている。今。

アイドリッシュセブンは、それを肯定していた。

糾弾されている(もう一応の区切りは見えつつあるのか?)アイナナに対する疑惑は複合的です。

1.キャラクターが同コンセプトの他作品のそれと酷似している

2.カードの構図が他作品のそれと酷似している(関連してトレス疑惑も浮上した)

この二つを、コンテンツ全体のオリジナリティへの疑問に集約してしまうのは少し雑じゃないかって思っています

私が前段落で書いたのは、疑惑1への感想です。

まり男性アイドルものという飽和しかかった市場で、アイドリッシュセブンはそもそもオリジナリティ勝負しようとしてなんかいなかった。それぞれの好みや性癖に沿って流動するオタクの甘えを当たり前のものとして受け入れた結果、出来たものが今私たちの目の前にある「なんか見たことある誰か」なんだと思います

アイドリッシュセブンの目指すものがどのレベルなのか。世に出た瞬間からそれはあまりにも分かりやすかった。はっきり言うとオリジナリティを捨てている時点で、最近流行りの音ゲーアプリで一山当てよう!程度のコンテンツに見えました。誰かに似ていることをむしろ興味を持つきっかけにしてくれるような、ハッピー消費者対象にしたお気楽コンテンツ、それで良かったんです。

シナリオがいい、プレイしてみるとオリジナリティを感じるようになる、そんな声は実際周りから聞こえます。…いや分かる。アイドルっていいよね。キラキラして一生懸命ドラマがあって、見ていると本当に生きる活力が湧いてくる。アイナナのキャラクターにもそれぞれのドラマがあって、尊さを感じずにはいられないのでしょう。分かる。やってないけど。分かる。だってそれがアイドルだもん。分かる。ほんとそれ。

ただどうして私がプレイしてもいないくせにこんなダラダラと面白くもない文章を書き綴っているのかというと、先に書いた疑惑2を、疑惑1を論ずる材料にされることに怒っているからです。そうなんですもうめちゃくちゃ怒ってる。アイナナが大なり小なり先人のコンセプトを模倣して作られた作品であることを熟考せずアイナナに飛び込んでおきながら、疑惑が出た途端に手のひらを返してナイフ火炎瓶を持ち出した「元」アイナナファン、お前だよお前、そこのお前ら。アイナナが誰にでも分かるくらい他作品切貼りのその場しのぎB級コンテンツだということに気づかずプレイしていたことをまず恥じろそして黙れお前のセンスが悪かったんだ御愁傷様誰にでも失敗はあるんだから好きでいたいとかほざいてないでさっさとお前を甘やかしてくれるコンテンツに流れればいい。

から、お願いだから、うちのアイドルをこれ以上切り刻まないでください。

765プロの、315プロの、シンデレラガールズの、私の大切なアイドルたちを、被害者扱いするのをやめてください。

アイドルマスターアイドルたちを、ユーザー以上に愛し、作ってくれている運営に「お問い合わせ」するのをやめてください。彼らクリエイターの愛をアイナナへの糾弾に利用するのをやめてください。

アイマスPの課金はアイナナファンのお問い合わせ対応に割く人件費ではありません。

アイドルが好きです。

アイドルマスターが好きです。

どこかの誰かが同じポーズを取っていたってアイドルマスターアイドルたちの輝きは彼女ら彼らのものしかなかった。

からこそ、元アイナナファン運営を責め立てる材料に「ラレ元」や「ラレ元のファン」を使うときに一番怒りが湧きます

他人を気遣うふりをして、自分良識のある人間だと言い張るために他人被害者呼ばわりしないでほしい。私と、私の事務所にいるあの子達は何も失ってなんかいない。

「ラレ元」?そんな言葉オリジナリティ尊重してる気になっているなら、オタクなんかやめてしまえ。

この件で実際に悲しんでいるPがいるのは分かります。それは否定しません。

でもその悲しみをこれ見よがしに火炎瓶に投入するやつがいるなら、その悲しみに意味はないと私は思います

自業自得でありながらアイナナに失望したと嘆くチンピラは、同情するふりをしてアイドルマスターを素材扱いし、切り刻み、他人良心ナイフを研ぐんです。

アイナナの問題はアイナナとアイナナファンの間だけでやってください。そして双方ひっそりと消えてください。

アイナナが消えたって、アイナナを一度でも選んだようなオタクはどこも要らないよ。泥舟ごと沈んでしまえ。

2016-09-09

姪の女子力に恐怖した

4歳の姪っ子から手紙が届いた。

誕生日おめでとうという他愛のない内容だった。

もちろんまだ4歳なので、自分投函したわけではなく、母親(私の妹)がわざわざ代わりに送ってくれた。

4歳でもう手紙という発想があるのか~。最初はただ純粋に感心していた。

しかしこれが男の子だったら、手紙を書くという行動とはどうしても結びつかない。

実際、その兄である甥っ子が手紙を書く場面は見たことがない。

そういえば自分の子もの頃を思い出してみても、手紙をやり取りしているのは女子に限られていた。

かわいい文字ちょっとしたイラスト、そんなものが書き連ねられた便箋だかノートの切れ端だかが、(ほとんど女子的繊細さをアピールするためだけにそうしているのではないかと疑うほど)趣味良く折られ、

これぞ女子技量センス結集とばかりに授業中の教室を舞っている。

そんな光景を思い出した。

そしてそれは教室を舞いながら、その中身を知ることのできないその他大勢へ無言の威圧を放っていた。

(実際、中に重要なことが書かれていることは少なく、ほとんどそういう機能だけのものなのかも知れなかった)




何を間違ったか、そんなものが私のもとに届いたとき、私は戸惑った。

まず、手紙の内容があまり他愛のないものであること。わざわざそれを手紙に書く意図がわからない。

そして相手はいったいどんな応答を私に求めているのだろう。全くわからない。

次に襲ってくるのは、同レベル女子力でもってこれを打ち返さねばというプレッシャー

こんな一画一画を意識して書いたような文字、書けない。きれいに折る自信もない。

それらが私を戸惑わせた。

全力で“女子”を模倣し、なんとか打ち返した後には、消耗と、これで正解だったのだろうかという迷いと、たかだか手紙一つに翻弄されていることへの自己嫌悪が残った。

本来の私なんて、調理実習で作ったカレーをいち早く食べ終え、手持無沙汰な中、頭をぼーっとさせていたら、

「そんなに見つめられたら食べにくい」と、偶然目の前にいた武藤さんに告げられてしまうような、そんな人生だ。

自覚のない食欲が私にそうさせていたらしい)

そんな自分と、周りの女子との落差がありありと甦り、そしてそれと同じことが4歳の女の子手紙によって突きつけられている。




本当に彼女たちのこの女子力はどこから来るのだろう?

私や母、そのまた母である祖母まで遡っても見当たらない。

そんな女子的なムードを醸し出したり読んだりすることから全くかけ離れた血筋しかった。

の子の母である自身も、「私もあの感じないわぁ~」と言っていた。

また、妹の旦那さんのお母さんにしたって、カラッとサッパリした印象で、微細な女子ムードとはまた違ったタイプの人だ。

「見ているアニメの影響かもなぁ~」と妹は言うけど、アニメの影響だけであれほどのものが発揮できるとは思えない。

やはり、私からしたら充分女子力高めの妹由来ではないかと思う。




いずれしても、彼女が発揮するそれを前にして、私はこう思わざるをえなかった。

女子力というのは、アニメや周囲の女性などの外的な影響から独立し、彼女が望むと望まざるとに関わらず、存在するのではないかと。

そして今になって、私はやっぱり生まれ持って女子力の何割かが欠けているタイプだったんだな再認識させられた。(どうりでやりづらい半生だった)

よくネット上でもフェミがどうとか男女の話題があるけど、本人の意向とは関係なく、生理があり、月経周期ごとの体とメンタルの波があり、女子力があるんだなと思う。

(もちろん個人差のあることで、何割かの女子力が欠けた私がその証拠だ)

どんなに性差を均そうとしても、生まれ持って備わってるもの無視することはできないし、(よほど本人がホルモン療法を望まない限り)コントロールできないだろうと思う。

それを踏まえた上で、女性であることの不自由や、女子力が欠けていることによる不自由や、その他男女問わず、性に囚われる不自由、そしてその不自由の由来や責任の果てしない押し付け合いもいつか克服できたらいいのにな、などと無理やりスケールを引き伸ばし、焦点をぼかすことで現実逃避をしてもみるが、しかし実際のところ、私の問題は、この歳になってもまだそれへの恐怖を克服できていないことだ。そして4歳の女の子にそれを突き付けられたことだ。

別のシチュエーションだったら、あーめんどくせー、女めんどくせーで済ませて回避することもできるけど、今回はそうはいかない。

だってその女子力を宿す主は、4歳で、妹の子で、私を想って手紙を書いてくれたのだから

盆や正月に会う時には、まだ澄んだ目をくるくるさせながら、私に心の中を話してくれたり、問いかけてくれたりもするのだ。

ネット論者としてデビューして褒められることにどのような価値があるのか

早慶以上の大学院生の上澄み5%ぐらい、大学教員の上澄み2割ぐらいのは、

ネット上で論者として目立とうと思って戦略的に振る舞えば、

それなり以上に安定的に目立てる実力はあると思っている。

また、そのレベルよりもやや低め、あるいは結構低めのレベルの見識しかもたない人でもネット上で

煽り」の言説に特化していけば、目立つことっていくらでも可能になっている、

 

悩ましいのは、

そこそこにちゃんとトレーニングすれば、将来、それなりにきちんと期待できるぐらいの20代前半ぐらいの子

中途半端ネットで褒められたり、目立つ小技を覚えて、小さなコミュニティ内で目立っているのをよく見かけること。

あれって、どう評価すればいいのか、微妙だよなあ、と常々おもう。

 

ネット評価されることがうまく自信につながって、本人の成長にうまく活かされるのならばいいのだけれども、

低いレベルで安定してしまって自己模倣をしてしまう人もけっこういるからなあ。

 

まあ、別にネットでの評価だけじゃなくて、仕事での評価にせよ、学会での評価にせよ、友人から評価にせよ、

評価を得たところで満足してしまったら、そこで成長はとまる。もっとも、無限に成長しろと言いたいわけではないが。

だけれども、自分のある種の能力というのが、いまどのような状況にあるのか。

自分が本当に目指したい地平はどこなのか、ということを

何であれ、自覚的にきちんと自己評価をはっきりとするクセを付けなければいけないよな、としみじみと思う。

(これは半分は、自分への言い聞かせでもあるのだけれども。)

 

低いところでとどまると、せっかくポテンシャルがあるのに、ある水準以下にとどまる言説しか繰り出せなくなっていく。

若手論客的な人を横目にみていると、そういうことが頻繁に見受けられるので、ほんとに残念だよなと思う。

別に誰とは言わないけれども、まあ、若くて名前が出るような人はネット上で知ったかしてる有象無象なんかよりは

いくら馬鹿にされてても、たいがいはそれなりに教養もあるし、頭いいとは思うのだけれども

 

もっとも、知識人としてのキャリアでなく、実業家としてのキャリア人生の途中で切り替えたいと思う人もいるし、

そういう人は別に、好きなように人生あゆんでくれればいいとは思う。

 

まあ、本人の自覚問題だよな、とほんとに。

2016-09-07

http://anond.hatelabo.jp/20160907201321

まず、レタッチしてるだけではない

そして模倣レタッチはぜんぜん違う

次に、ラッセン批判されてるのは作品じゃなくて作品の売り方

最後に、新海誠は絵を売っていない。絵を使った映像作品を売っている

認識が浅い

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん