「バカ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: バカとは

2017-01-20

どうして地方道路民度が高いの?

それは道路=日用インフラと言う認識が昔から強かったからだよ。

都会の鉄道利用者運行会社民度が高いのと一緒だ。


土曜か日曜か休日(私みたいな文筆業や自営業などは別ですが)に都会と地方道路を走って見たらわかるよ。「愛すべきバカ」「愛せないバカ」が地方より都市道路に多いと言う事実に気付くだろう。

http://anond.hatelabo.jp/20170119232805

この不快感を共有したいのとこういった愚かな恥ずかしい記事晒すことによってこういう人が減ってこんなバカ記事がなくなってくれれば嬉しいなという希望から書きました。不愉快に感じたなら申し訳ない。

2017-01-19

頑張って結婚を諦めよう

世の中には、「諦める」ということも大事

そういう意味では、僕は結婚する…というより、「肉親以外の誰かと一緒に暮らす」ということを諦める努力をしなきゃいけないなと思います

31年間生きてきて、彼女いたことすら無いという人間には、もう結婚自体無理だと。 肉親以外の誰かと一緒に暮らすことは無理だと。

そう、自分に頑張って言い聞かせないといけない時期に来ました。

学生時代全くモテなくて。

頑張って、それなりの所に勤めることができれば…なんて思った僕がバカだったのだろう。

仕事バリバリやれば輝けるような人になる…なんて思った僕がバカだったのでしょう。

これからは、1人で頑張って生きる努力をして、(言われなくても元々やってますが)精一杯親孝行しよう。

親が亡くなった後は、とりあえず四十九日法要が終わるまでは頑張って生きるけど、そのあとはとっとと身を投げて死んでしまおう。

まぁ、今の時点で死んでしまってもいいけれど、今まで生きている兄弟は僕しかいないし、それだけは辞めておこう。

炎上

1) 炎上屋が人を不快にさせる馬鹿げたことを発言します。

例)「非処女に生きる権利はない」

2) ネットイナゴたちが拡散します。

「すげーバカがいたwww

3) 炎上を目にした一般人不快になります
4) ごく一部の狂人馬鹿が 1) の意見を真に受けファンになります

「膜から声が出ていない」

「彼の言葉文字通り受け取るべきではない。

 彼の言わんとすることは、現代社会において貞節というもの価値をもう一度考え直す必要があるということだ。

 俺は知能指数が高いから分かる。」





炎上屋の意見無意味なので多くの賛同は得られませんが、多くの人の目に入ることで母数を増やし、

4) でファンを獲得することができればキャンペーン成功となります



これのなにが問題かというと、3) の一般人にとってはまず炎上自体不快炎上屋の言葉不快

それをSNSシェア機能押し付けられて三重苦となります



これを踏まえましてお願いしたいのは、炎上屋の言葉に反応しないことです。

彼の言葉正論反論しなければならないと感じるお気持ちはわかりますが、

炎上屋を利するだけです。後日適切なタイミングでの発信を願います

キンコン西田叩いたり水龍敬叩いたりよりさ・・・他にやることあるだろ・・・

家族社会もっとためになることとか

思いつかないのかよ

いつも人に無能だのバカだの言ってるのに

良い頭で考えた行動がそれなのかよ・・・

うみべの女の子

私には異性の友達で、親友と呼べるような存在がいる。

小学三年の時から腐れ縁で、中学高校と一緒で、クラスは離れたりしたもののいつも何かの縁で自分の近くにいた。委員会が一緒だったり、名前の順が近いため集会では隣にいたり、なぜか文化祭では二人が司会に選ばれたり。

私と彼は似てるんだと思う。

彼は自己中心的で、合理主義、冷酷無比だと自分を評しているが、まあその通りだと思う。しかしその実、人一倍繊細である自分に自信がなく自己肯定感が低いため愛されたいという願望が強い。自分に良い所なんてひとつもないと本気で思ってしまうほど自信がないのだ。でもその自信のなさを隠して不遜に振る舞ってしまうくらいにはプライドが高い。

そんな矛盾を抱えている。

私と彼は似ている。似ているからこそ、話していてとても心地よい。相手の考えていることが自分の考えていることと一緒なのが分かるから自分に一番馴染んだ他人、という感じがする。

でも似すぎているからこそ恋愛対象にはならない。自分を鏡写しにしたような存在と一生恋人として付き合っていくのはなかなかきつい。

彼は私に対して主に優しくない。わたしが失敗すれば容赦なくからかい

バカにする。容姿についてもいじり倒す。でも彼からいくらひどいことを言われようと、なぜか怒りは感じないのだ。怒るどころか、妙に嬉しくなる。こんな風に自分にあけすけにものを言える人なんて君だけなんだからな、という気持ちになる。

私も彼に対して同じようなテンションものを言う。素の自分でいられる。

今更気を遣う必要もないとお互いに了承し合っているのだ。

でも困ったとき寂しい時に側にいてくれたのはいつも彼だった。失恋した時、決定的なミスをしてしまったとき、一人で眠れない夜を過ごすとき。彼と他愛もない長電話をすることによってどれほど心が救われたか。そんな風に私の心を治療できるのは彼だけだ。

こんなに仲が良いなら付き合ってしまえば楽なんだと思う。その方が物事簡単に行く。でも恋愛対象として見るのは決して無理なのだ、そこが難しい。

こんな風にいつまでも敵であり味方であり戦友であり、親友であるような、二人にしかからない何かで繋がっていたい。切実にそう願ってしまう。

http://anond.hatelabo.jp/20170119154839

もう正しき人々はジャップランド絶望しかしてないし脱出してるんだろうな…。アメリカ保守バカもの時代が始まりそうだし…。

今なら男性が怖いって人専用に女性専用ホテルとか作ったらバカネトウヨがアパーホテルと関連付けて叩いてくるんだろうな……

http://anond.hatelabo.jp/20170119133118

どんな相手でも馬鹿と罵ったり仲間内でだけでバカウケする愛称つけて呼んだりなんてことせずに冷静に対話を重んじるはてな民を見習ってほしいものだ。

バカ仕事できない女子社員首にできない

やめたら全員の士気下がっちゃう

どうしたらいいのか

幼稚園ママうぜええ‼︎

なんだあの女子中学生まり思考回路‼︎

バカ?バカなのか⁈

社会人スキル低い母親が多すぎて疲れる。

大人になってくれ。

http://anond.hatelabo.jp/20170118121552

お前のようなバカ親のほうが今や絶滅危惧種だよ

そういう教育が悪影響を与えると最近の若者はよく知ってる

生きる力が強い(笑)

私立中学校にすら通わせられない親が正当化のためによく言ってるわ笑

あ、地方ではバカのほうが子供を産んでるって話?笑

バカの子は頭の弱いザコで底辺職として養分扱いだという事実は変わらないぞ笑

メイドラゴンなんで30分やってるん?

薄い中身を引き伸ばされても面白くないんだが

そりゃまあ京アニから薄め液はそれなりの物ですよ

でもさあそれは喩えるならうっすいカルピス砂糖水で薄めまくって一応は甘ったるい水になってもそれはカルピスとしての味はほとんどしない代物なんですよ

そりゃね元のカルピスが濃ければカルピスウォーターになれるよでもこれめっちゃベースカルピス薄いじゃん

30分持つような原液じゃないじゃん

それなら5分で作ろうよ

こんなダラダラ引き伸ばしたような作品にしても誰も得しないでしょ

原作イメージだって悪くなるでしょ

バカでしょ

アホでしょ

ドラえもんでしょ

価値観が合わないという言葉いまいちピンとこなかった

なんだ価値観が合わない、って。スカしてんなあ

方向性の違いと同じくらい、何言ってんのかわかんねえ

そんな感じだった

が、今、知人の金の使い方とその用途について

なんでこいつこんなバカみたいな金の使い方するかね、

そんなもの大金払って得る価値のあるもんなのかね、さっぱり分からん

と感じ、ああこれが「価値観の違い」ってやつか!と腑に落ちた

趣味自由だけど、信仰も信じる権威自由だけど

自分で稼いだ金だし好きに使えばいいと思うけど

それでも使い途に共感できるかどうか、というのは

割と大事ことなんじゃないかと思う

2017-01-18

http://anond.hatelabo.jp/20170118232655

やっぱりあんネトウヨじみたバカは徹底的に追いつめて、そういうことするとどういうことになるか教えてやらないとな

はてな一人一人の声は小さいけれど何度も何度も数で大量に責めて繰り返し繰り返しいい続けて反省したふりしてもその後も事あるたびに悪行を書き記してやって正義の炎で燃やし尽くしてやろうぜ

宇宙人みたいに生きてきた

小さい頃から、どこか周りから浮いている、人をイラつかせてしま子供だった。

大人たちに、「変わっている」とか「ちょっとおかしい」と言われてきた。

責任感がなく、ぼんやりしていて、空気が読めない。

人と話すのも、頓珍漢だったり幼かったり、独りよがりな受け答えをしていたようだった。

なぜだかわからないけれど、バカにされていじめられることが多かった。

今になって思うと、あの子と遊んじゃいけませんと言われるタイプだったと思う。

学校に行くようになっても変わらなかった。

同級生たちからからかわれ、先生には妙に嫌われたり目をつけられて、スケープゴートのように大勢の前で説教されることが多かった。

たまにこんな自分でも一緒にいてくれて、バカにするのではなく面白がってくれる人たちがいて、そういう奇特な人たちと仲よくなったけど、環境が変わると、その人たちとの距離感がわからなくなり、疎遠になる、ということを繰り返していた。

体育は大の苦手で、球技特にダメだった。ドッジボール最後まで残り、恐怖で逃げ惑う姿を笑われながらボールを投げつけられた。

勉強だけは比較的得意で、特に記憶系の教科は得意だった。

でも数学物理は、概念全然からなくて雲をつかむようだった。

父がアル中だったので、大学でなんとか家を出たいと思った。

から、苦手な数学物理は、たくさんたくさん問題を解いて、解法をたくさん記憶して、なんとか受験を乗り切った。

大学でも人とは仲よくなれなかった。大学受験燃え尽きてしまったのもあり、人と仲よくするパワーも残っていなくて、家賃生活費のためになんとかバイトして、あとは引きこもっていた。

就活はもちろんうまく行かなかった。一次面接でどの会社でも落とされた。面接では大人たちが自分の顔や受け答えを見て、渋い顔をしたり、首をひねったりしていた。

そろそろ、社会から必要とされないダメ存在だということに気づき始めていた。

自分の何がダメだかわからないけれど、自分は何かが他の人たちと違う。自分判断はいつも間違っている。自分宇宙人のようだった。

けれど、本当にラッキーなことに、一社だけ縁があった会社があって、宇宙人である自分は、なんとかそこに職を得ることができた。

その会社の中で、優しい人たちに見守られながら、それでも必死に、「普通の人らしい振る舞い」「常識」を身につけた。

からさまに自分からかったりいじめる人はいなくなった。眉をひそめられることも減った。

結婚し、子供もできた。

それでも、まだ、自分は人をイラつかせてしまう。

ああ、自分おかしいんだな、と思うことが日に一度はある。

自分おかしいんだな、と最も実感する時は、会話の中で妙な空気になった時だ。

自分は、会話で何を話したらいいかからず、例文を読み上げるように会話をする。

自分の心に浮かんだことは基本的には話さない。膨大な例文集の中から、今自分がいるシチュエーションに合っていそうな会話文を持ってくるのだ。

どうやらそれを間違えたらしい、と気づいた時、いつも絶望する。

また失敗した。

頭がおかしい、人をイラつかせてしま自分

最近自分は何のために生きているかからなくなってきた。

こんな、言葉も習慣もわからないままの宇宙人状態で、周りに合わせて生きていくことをまだまだ続けなければならないのか。

でも、型にはまるふりをしなければ終わりだ。

変わった、頭のおかしいやつ、として、また、いじめられるのかもしれない。

職も、せっかく得た家族も失ってしまうのかもしれない。

一人では生きられない。

宇宙人でも、一人では生きられない。

プログラミングって「得体がしれない」よな

プログラミングって、これから始めてみようっていうとき、なんだか「得体のしれない行為」っていう感覚がありませんか?


ぼく自身は、プログラムを書いてる側の人間で、いまでこそ少しはプログラミング本質的な難しさをわかってる気になってます。でもつい数年前までは、プログラミングは難しくはないけど得体がわからない、という感じでした。

そのへんのコードを組み合わせて動くものはできるけど、何がどうなっているのかは知らんし、ググって分からないものはできない、という方向で、「プログラミングは難しい」と思ってました。


最近になって、プログラミング義務教育必修化の話題とか、コピペプログラマー話題とかを目にするたびに、かつて自分プログラミングに対して抱いていた「得体のしれない行為」という感覚が思い出されてしまい、少しざわざわした気持ちになったので、ちょっとここに書きなぐらせてください。


だいたいが個人的な話なので、そういうのがうっとうしい人は無視してください。


ぼくが世の中にパソコンという道具があることを知ったのは、たぶん中学生ときです。30年くらい前。当時、電気屋の売り場ではけっこうな床面積を使ってワープロ文章入力する専用マシン)が陳列されてました。文章を書くのは好きだったけど、字を書くのが死ぬほどめんどくさかった自分は、ワープロさえあれば自分小説とか書くのになあと思いながら指をくわえて電気屋の店内をうろうろしてました。しかし、ファミコンすら買ってもらえなかった家計ではワープロなんぞ買ってもらえるわけもありません。そのうち巡回してた電気からワープロが消え、それに代わってパソコンのコーナーが広がっていきました。このパソコンというのは、よくわからないけどワープロとして使えるっぽいし、どうやらファミコンを持っていない僕にもゲームができるらしい、おれに必要なのはこれだ、というわけで、中学生だった自分パソコンという存在に興味を抱くようになったのでした。


はいえ、だからといってパソコンを買ってもらえるような家計ではなかったわけなので、カタログを熱心に眺めるだけの毎日が続きました。その当時の自分にとって、パソコンが欲しいといったら、それはNECを買うかエプソンを買うかという選択でした。冨士通からパソコンが出ていることは知りませんでした。マッキントッシュっていうやつもあって、このPerformaっていうやつはなぜか安いとか、よくわからないけどシャープとかソニー独自パソコンを作っているぞとか、そういう情報パソコンに対する認識のすべてでした。当時の自分にとってのパソコンは、電気メーカーから発売されている商品一種であり、ラジカセとかテレビと同列の存在でした。


なんでこんな話がプログラミングにつながるかというと、ひょっとして自分プログラミングにずっと感じていた「得体のしれなさ」の源泉の一つは、こんなふうにパソコン電化製品として見ていた当時の感覚の延長だったのかもなあと思ってるからです。


ラジカセなら、CDだのテープだのを入れて再生タンを押せば、そのハードウェア機能物理的に体感できます。それに対してパソコンは、プログラミングちょっとやってみても、その行為と、そのハードウェアとが、感覚的に結びつきません。もちろん、プログラミングというのは、物理的なデバイスに結びつけて考えなければできない行為ではありません。しかし、パソコンを「カタログ商品」として見るところから入ってるばかりに、そこでやるプログラミングという行為ハードウェアとの結びつきが見えにくい状態に、なんとなく居心地の悪さを感じていたように思うのです。


もし自分スタート地点が、パソコンを使って文筆やゲームをするところだったら、パソコンは文筆やゲームのための箱だったでしょう。その後でプログラミングを始めていたなら、プログラミングという行為を、文筆やゲームに関連した創造的な活動として学べたかもしれません。


ところが実際には、自分はつい数年前まで、パソコンという電化製品に対する漠然とした行為としてプログラミングを捉えてた気がします。


プログラミングを始めたのは、高校生になって誰も使わないFM77が部室に置いてあったので立ち上げてみたらF-BASICインタプリタが起動したからでした。とくに何をプログラミングすればいいかもわからなかったので、教科書雑誌コードを転記したり、ループで線画を書いたりして遊んでいました。大学に入ってからも、授業でFORTRANとかLispをやらされたけど、基本的自分目的をもってプログラミングするのは数値計算くらいのものでした。そのころになると、本で情報を探して(まだインターネット検索は使い物にならなかった)適当コードをつなぎ合わせるのがプログラミングだと思ってました。そんなん面白くないなあ、とも思ってました。


この感覚、完全に、いま揶揄されているコピペプログラマーのそれだったと思いますちょっと話はそれますが、ブロック遊びとか砂場遊びって、ほとんどの人はわりとコピペプログラミングと似たような感覚でやってるんじゃないでしょうか。パーツを勘で組み合わせたり、とにかく砂を盛っていったりすれば、家みたいなのができるよね、という感覚プログラミングは、自分にとってそれに近い作業でした。学生のころは、内心、自分にもパソコンサンプルコードさえあれば何かすごいものを作れるかもなあ、くらいに思っていたふしもあります


自分バカでした。パソコンがあるとかないとか、関係ないのです。パソコンさえあれば、なんて思う者に、本当のプログラミングがわかるはずがありません。


そんなこんなで、自分はまともにプログラミング経験しないまま社会人になったわけですが、幸いにもプログラミングに対するこの感覚は、仕事パソコンを日々使うようになってから徐々に変わっていきました。

具体的には、パソコンが、自分の中で「カタログ商品から武器」へと変わりました。それと同時に、プログラミングという行為が、武器開発という位置づけになりました。

武器というのは言い過ぎだとしても、ちょっとしたプログラミングは確かに業務上課題を打開しました。それなりに計算機科学教科書を読んで勉強をしたこともあって、いつのまにかプログラミングに対する「得体のしれなさ」も解消してました。


結局のところ、自分にとっては、プログラミングという行為の「得体のしれなさ」から解放されるまでにずいぶん長い時間必要だったことになります自分がそうだったからといって他人もそうだとは限らないですが、たとえば小学校で形だけプログラミングを教わっても、分かるとかわからないとか、好きとか嫌いとか以前に、なんかモヤモヤした気持ちになるだけの子もも少なくないんだろうなあ。それは不憫だなあ。


かといって、自分がいまプログラミングで少しは戦えてるのは、そのむかしパソコンに憧れがあって、得体がしれないなりにプログラミングをする機会が若いときたまたまあったからでもあるので、そういう機会になるなら小学校で形だけでも教えるほうがいいのかなあとも思います


オチがないので、このへんで。

まいどまいどセックスの度に失神されそうになったり過呼吸気味になったりして思うようにセックスが出来ない。

最近じゃセックスの時はコンドームより紙袋の準備を欠かさないようになってきた。バカらしい限りである

そんなに激しくしているつもりはないし、どちらかと言えばムード大事にしたスローセックスを心がけているつもりなのだけど。

どこかに本気でセックスできるメスはおらんかのう。

http://anond.hatelabo.jp/20170118160037

まーた正しい人のいう正しい事とバカのいう発言を一緒にするやつか 

生活保護なめんなよ」→「不正受給者へのメッセージから生活保護者をバカにしてる?そう受けとる人もいるかも知れないけど…(フッ」

ウケる小田原市死ね。え?小田原市のアホな職員に対するメッセージですよ?小田原市民をバカにしてる?そう受けとる人もいるかもね(フッ

http://anond.hatelabo.jp/20170118134338

横だけど、その増田作品のものの内容を楽しむのではなく

流行ものに乗っかって他人と一緒にバカ騒ぎをするのが楽しくて

作品はその為のネタに過ぎない類の人なんだろ

テレビなんかもネットで実況してないと楽しめない(んでネットに夢中だからそれそのものはろくに見てなかったりする)タイプ

http://anond.hatelabo.jp/20170118131149

バカにされてる理由嫉妬だと思うやつって例外なく頭悪そうだよね

http://anond.hatelabo.jp/20170118113656

はてなーって頭で考えることについては専門家考察でも「こんなの当たり前」「誰でもわかる」あるいは「的外れ」とか平気で言うくせに

実際に何かを作ったりすることを異常に過大評価する傾向にあると思う。

自衛隊員が端材使って焼き鳥調理台作ったってニュースホッテントリ入りしてたけど

そこらの鉄工所のおっさんなら誰でもできるようなことを「凄い!」「売ってほしい!」果ては「起業したほうがいい」とかいバカもいる始末

http://anond.hatelabo.jp/20170117173816

あなたみたいに丁寧に答えちゃう人がいるからだろうと思うけど。この元質問者バカでやる気が無いのに注文ばっかり多くて尊大っていう、人間として最悪だな。思想がかってるともてそうという、そもそもの見立てが間違っているんだから建設的な答えも何も無いだろうに。割とみんな率直に答えを書いていたのにな。

よっぽど熱心で本当に好きなのが伝わりでもしないと、女性が多いコミュニティに入り込む事が目的の男って警戒されると思うけどなぁ…当たり前だが、物事にはメリットデメリットもあるから、本当にファンになる位の姿勢があるならともかく、チャラいなんちゃって3代目風の男なんて笑われて終わりだと思うが。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん