「責任」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 責任とは

2016-07-30

http://anond.hatelabo.jp/20160729212345

女の人って自分から結婚して欲しい」とか「責任とってよ」みたいなことをいうのが辛いのかね。

今、『私の気持ちを察してくれないので、悲しい』という気持ちを分からないなら、結婚してからも苦労する。

新しい自分を見つけたいという「増田気持ちを分からない」彼女の方が悪いのでは?

男なら好きな仕事に就け。

金銭面の条件が上がれば、女なんていくらもついてくるぞ。

2016-07-28

リストラされない、責任を取らされるというリスクを背負わない役人

どれだけ失敗しても解雇されない役人

リストラされない役人

給料が下がらない役人

役人の頭の中に頑張ろうなどという言葉は入っていない。

無能無能無能無能無能無能無能無能無能無能

なので政治が悪くなる。

馬鹿なのだ

http://anond.hatelabo.jp/20160728233421

その庶民に持ち合わせていない感覚監査委員会が補うのである

直接選挙で選ばれた監査委員会が行う判断責任国民にある。

国民自ら政治を考えることで日本国民12から卒業できるのである

何度も言うけど政府民営化するべき

もう今の日本政府役人から選ぶ方式では世界についていけない。

優秀な日本人外資に逃げ切る前に政府民営化してエリートを囲うべきである

もはや無能国民無能代弁者しか政治家として生き残っていない。

我が国は佳境に立たされている、この先、死、死、死、死、死、あるのみである

政府は潰れ、死ぬべきである

組織としての責任を何十年も果たしていないのである

国債国債国債国債国債国債である

血を一滴も流すことなく、国民から雑巾のように搾り取るばかりである

消費税消費税消費税消費税消費税消費税である

具体的な解決策は、何一つないのである

 

リスクを背負わない無能が政を行うようではこの沈没状態からいつまでも抜け出せない。

政府民営化するべきである

政治を行うことができる企業政治をさせるべきである

自分達の便利な生活のために原発を利用してきたくせに一旦事故が起きたら東電だけに責任があるかのように言い切り、

被害者である福島県を『ケガレ』として差別し、無関係を装うんだから救えない

独身は生きがいがないと思っている増田の、追・追記を見た感想

タイトル言葉遣い下品で誤解を与えたんですかね

違うのではないかと思います増田が考えている「他者像」が薄っぺらすぎるので炎上しているのではないでしょうか。



>ご飯が美味しかったり、夕焼けがきれいだったり、ピカチュウ捕まえたり、アイスのくじが当たりだったり、出世したり、海外出張がうまくいったり、転職成功したり、素敵なタワマンに引っ越せたり、大から小まで幸せって

>例えば病気とか、親戚や親の不幸とか、仕事残業連日で辛いぜ~とか、今日カンファレンスはうまく発言できなかったな~とか

薄っぺらいですね。

そういった極めて具体的で、他者との比較優位しか幸せや不幸を語れないことを、個人的はいい年して少し恥ずかしい人だな、と感じます

更に言えば、薄っぺら幸福像・不幸像しかない者が、他人に「私にとってあなたステータスだと辛いんだけど、生きがいってあるの?」と聞くのは、個人的には、相当不遜だなとも思います



>ましてや結婚してない人が不幸だなんて一言も言ってない

言っていますね。

私的には一人で生きていくのって結構大変で、だから独身の人って結構辛いんじゃないかなって想像する

言っています。辛いと想像していると。



邪推邪推を重ねますが、恐らく、未婚のご友人に聞いて、はかばかしい返事が得られなかったことなども影響して

自分アイデンティティ立脚点自分自身の中にないことに不安を抱いた結果の、他者への攻撃的な発露につながっている可能性がありませんか?

一方で、ご友人方が、ひょっとして能天気自分薄っぺら価値観押し付け増田イラッとして

攻撃的に「別に結婚が生きがいのすべてとか思わねーし」と言いかえされている可能性もあります

未婚のご友人方に、ストレスをぶつけられているのかもしれませんが、そのストレス源になってる自覚も、同時にしておいた方が良いでしょう。



総合すると、やはり、人格が未熟で責任無自覚だなぁという印象です。

このままだと、本当に「家族にべったり依存する毒親」になる可能性がそこそこあるかもしれませんね。

お前、離婚する可能だってゼロじゃないのに、大丈夫か?と言っておきます。あえて死別可能性については申し上げませんが。って言っちゃったけどね。

http://anond.hatelabo.jp/20160728000910

宮森はやとは、劉邦みたいなものとして評価すべきなのではないか

昨日横山光輝の「項羽と劉邦」ってマンガを読んだ。

そして、宮森はやととは劉邦タイプ人間なのだと感じたので書いておく。




https://camp-fire.jp/projects/view/7679

これを見てみよう。

キャンプファイアーで各インセンティブの項目と、それぞれについたパトロンの数を見てみよう。

宮森自身には何も提供できるものがない。彼にできるのは、意味の分からない自分語りをすることと、歌を歌うだけだ。

のものは全部他の人間提供している。彼は何もしない。できない。

みやもリターン】音痴みやもあなたのために一曲魂を込めた唄を歌い、それを動画にして送ります

人生に悩んだ時に聞いてください。

選曲は、ファイト中島みゆき)、ロックンロールは鳴り止まないっ(神聖かまってちゃん)、卒業尾崎豊)、バラ色の日々(THE YELLOW MONKEY)、Grateful days(Doragon Ashから選べます

  1. ハイパーリバ邸メンバー全員の感謝動画+ハイパーリバ邸アートにお名前刻印(小)+クラウドファンディング活動報告にお名前掲載

宮森自身は徹底的に何もできない無能である

だが、それで全然かまわないのである。むしろ、そのことに意味がある。

ハイパーリバ邸に関して、宮森がやる気をだして自分で何かしようとしたら駄目になるだろう。かれは徹底的に何もしないほうが良い。

彼はただ何かをやろうと音頭をとるだけだ。旗印になるだけだ。真っ先に俺はこれをやりますって言ってあとは他人に丸投げするだけだ。

かいことなんてなにもわからない。責任も取れない。つっこまれたら血ヘドを吐いて寝込むしかできないのだ。だって自分無能なのだから





だが、この音頭を取るだけ、旗印になるだけ、ということができる人間が少ないのだ。

普通人間は、論理的に考えようとするからだ。 プライド邪魔してバカなことができない。

能力はあってもなかなか自分が矢面に立ったり、自分が先陣を切るのはためらってしまう。失敗した時にうけるダメージを考えてしり込みしてしまう。

そういうときにこの男が必要になる。

この男は自分が何もできないことを気にしない。 大勢の前で自分がやりたいことを叫ぶことをためらわない。 そういう人間が他にあまりいない。

だったら、それがやりたいけど要は勇気がないやつらは、この男のもとに集まらざるを得ない。




そこそこ有能だが、自分に自信がなくて一人では動けない奴らが、宮森はやとという無能な頭を使って、自分たちがやりたいことをやる。

そういう空っぽの器が宮森はやとという存在である

宮森自身には何の価値もない。ただの無能クズ人間だ。 そんなことは見ればわかる。

でも、ならばその無能クズ人間の周りに、なんで人が集まるのかということを考えなければならない。







ところで。

宮森が一人で50円でなんでもやりますといったとき意味が分からなかった。宮森自身は本当に救いようがないアホだと再確認した。

お前、自分自身ではなんもできねえ無能クズだろうが。奈に勘違いしてんだ。

お前ができるのは庭の草むしりとへたくそな唄を歌うだけで、それも仲間内しか求められてないんだよ。

お前自身が何かやろうなんて思ってんじゃねえよ。

そして、余計なことをして、旗印のもとに集ってきてる人たちにまで迷惑かけてんじゃねえ。

宮森のもとに集まる人間には、有能だがきっかけがないだけの人もいる。

だが、それ以上に、宮森と同レベル無能で、だが、宮森のように勇気もなくてただ宮森にあこがれる馬鹿がいる。

50円騒動では、前者はやはり有能で沈黙を守ったが、後者が黙っていられなかった。仕方ないよな、馬鹿から

こいつらが宮森さんは悪くない、悪いのはあいつらだと連呼すればするほど、宮森の無能さが浮き彫りになった。

これは、有能なやつらにも悪影響を与えただろう。 

勤勉な無能は害しかさない。宮森の周りのバカは、宮森のことが大事ならお前らは黙っているべきだった。だが、自分馬鹿であるということすら理解できていなかったようだ。




劉邦時代と、宮森との違いは、劉邦時代だったら有能な奴しか発言権権力を持たなかったことだ。

だが、今は宮森の周りにいる有能な人間だけでなく、無能人間まで自由発言できてしまう。

おそらく、こいつらの存在が宮森にとって致命的ながんになり、これにより崩壊することだろう。

俺は宮森はやとのことは高く評価するが、だからといってこいつの人間性は嫌いだから、できれば失敗してのたれ死んでほしい。

宮森のまわりの無能バカは頑張って宮森をかばってるつもりで後ろから弾を撃ちたまえ。

障害者大量殺害って神奈川責任じゃね?

かい事件があると当たり前みたいに初動をミスる県警

この前も老人ホームで3人突き落とされて殺されてたし

同性愛者は異常動物発言市議かなんかもここだし

やったら弱者マイノリティを叩く風潮があるよな

共産党議席とれないし

自己責任論の小泉進次郎河野太郎や菅官房長官とかもここ

みんなの党議席もあるし

http://anond.hatelabo.jp/20160728000910

追記を見て、他律的な人生なのねと。

自分人生自分責任でやろう、という意識が低いんだろう、ということと、それに関して無自覚なんだなと思った。

そして、自分に対して無責任であることに、無意識無自覚からこそ

他者攻撃する一方で自分への攻撃忌避したいという、矛盾を平気で併存させることができる。



多くの人は、増田と同様、誰かを存在意義にして生活している。多くの場合配偶者や子が存在意義になる。要するに増田はごく普通の人だ。

一方で、自分存在意義を、血縁人間以外にしている人だって少なくない。

友人だったりペットだったり、他人だったり(社会活動家なんかはこのジャンル)、モノ・コト(趣味とか)だったり。

更に一方で、自分存在意義を、自分自身の中に探すことができる人もいる。芸術家とか。



自分存在意義見出し方が、どういう方法であれ、上下関係はない。

自律的であれば偉いわけでも立派な訳でも全くないし、他律的で家族第一であれば善良なわけでもない(増田が他害的な発言無意識にせよしてしまったように)。

拙いのは、自分と違う方法の人を、理解しない態度だと思うよ。

無自覚である人が陥りがちなんだけど、子供が生まれた時に、自分子供人格を、切り離して考えられなくならないようにね。

http://anond.hatelabo.jp/20160728101041

ワシ文盲から増田がなんていってるのかよく分からんのや。「他の質問」ってどれの話や。

ってか、増田リンクにも書いてあるだろ。「しかるべき範囲でのみ請求可能」って。

それが、たびたびワードとして出てくる「最大で損害額の半分」なんだよ。これは実際の判例でも大体それくらいって認識のもと、話が進められる。

http://homepage3.nifty.com/matsu_hou/kouen3.html

ここなんかを見ると満額の請求が通ってるケースもあるみたいだけど、まあこれは例外だろうな。

つうても「最大で半分」位なので、よほどの事がなければそれより大分下回るだろうことにはなるので安心しても良い。

しかし、どんなときでも従業員が負わなければいけない責任は必ず0ではない、ということだけは認識しておいてくれるといいかな。

若いころって毎日楽しい」と言う大人(7/29追記)

中学生のころ、部活で軽いいじめに遭っていた。いじめなんていうほどのものでもない、と言われたらそれまでかもしれないけど、「された側がそう感じたらいじめはいじめ」という論理に従えばいじめになるだろう。実際、それが原因で部活を辞めた友達もいた。

友達も少なかった。25分の昼休みを誰とも話さずに過ごすこともあった。授業の間の休み時間はすることがないからとりあえずトイレに行っていた。そんな生活から部活いじめられていることを話せるような人もいなかった。

本当に辛かった。自分で選んで入った部活いじめにあっているということの責任自分にあるような気がして、親にもなかなか話せなかった。今日こそ誰かに話そうと思いながら朝を迎えて、結局何もできずに一日が終わり、ベッドの中で泣く、そんな日が続いていた。

今思うと、よく毎日ふつう学校に通えていたな、と思えるくらい、何も楽しいことがなかった。ただ、勉強がある程度できた(といっても田舎公立中学校の中で上位だったというレベルの話だけど)ので、テストでいい点を取ることだけを楽しみに学校に通っていた。

そんな生活を送っていたある日、自分中学校卒業生であるという男女二人が学校に来て、体育館で講演をしたことがあった。

その二人はシンガーソングライターとして生計を立てているらしく、どちらかがギターを弾いて、もう一人が歌う、そんな形の二人だったと思う(当時の自分音楽ほとんど興味がなかったのでよく覚えていない)。何曲か披露したあとで、後輩である自分たちメッセージを届けようという思いだったのだろう。

おそらく女性のほうだったと思う。こんなことを言った。

中学生であるみなさんのように若い頃は、毎日楽しいことばかりで、未来希望に満ちていると思います。今が一番楽しい時期です。今の生活を思いっきり楽しんでください」

この言葉に、当時の自分奈落の底に突き落とされるような思いをしたのを、今でもよく覚えている。

今のこの何も楽しみのない生活が、楽しいことばかりの毎日なのか、と。

これから人生で、今が一番楽しくて、これからはこれ以上に辛い生活が待っているのか、と。

今になってみれば、自身の思い出を美化しようとする大人価値観押し付けしかない、そんなものは気にする必要はない、と思えるけど、当時の自分にとってはその言葉が全てであるように感じられた。

そのあとの自分人生は、その言葉のようにはならなかった。高校に入ったら友達ができたし、放課後他愛もない話で盛り上がって、気が付いたら2時間以上経っているような経験を通して、「友達と話すのはこんなに楽しいものなのか」と気づいたのも高校生になってからだった。

大学生になってからも、辛いことはあったけど、今になって振り返るといい思い出だったと思うし、少なくともあの暗黒の中学校時代とは比べ物にならない。

高校大学は「自分の母校」と誇りを持って言えるけど、中学校についてはそうは言えない。

自分のなかで中学校の3年間というのはそういうもので、その生活さなかに「今が一番楽しい時期」と自分価値観押し付けてくる大人に辛い思いをさせられた。

中学校時代が一番楽しかった、という人はたくさんいるだろう。というか自分のような人間のほうが少ないのかもしれない。

それにしても、自身楽しい生活を送ったからといって、そのことを美化して押し付けてくるような大人に、自分絶対になりたくはない。

その言葉で、当時の自分のように未来絶望してしま少年少女いるかもしれないから。


(7/29追記)

まだ匿名日記を書き始めて間もないのに、予想以上に多くの人に読んでもらっている。今までtwitterはてなブログでもここまで反響があったことはないので、自分の書く文章を読んでくれる人がこんなにいるとは嬉しい限りだ。

その中でも特に驚いたのが、「中学時代なんて楽しくない、大人のほうがずっと楽しい」と共感してくれる人の声の多いこと。

偶然なのかもしれないけど、自分の周りには「中学時代に戻りたい」と言っている人が何人かいる(その逆はあまりいない)ので、感覚としてはブコメの反応は意外だった。

その中の一人、自分の姉は、「そこまで大学に進学して何かを勉強したい、いい大学に入りたい」という意思も強くないのに地元進学校に進学してしまったせいか、「高校はあまり楽しくなかった」「中学のほうが友達がたくさんいた」と言っていた。対して、自分は、ある程度いい大学工学部に入りたいという気持ち高校入学ときにはあったし、一つの話題についていろいろな視点から話をするのが好きだった(入学当時は自分でも気づかなかったけど)ので、そういう話のできる友達がいる進学校雰囲気がとても合っていたのだと思う。勉強部活一生懸命取り組んでいる人が尊敬されて、友達も多い、そんな環境にいられたことは今になってもよかったと振り返っている。姉のほうは、勉強ばかりやっていて、身だしなみに気を使わないような人を少し敬遠するようなところがあったので、そういう意味であまり合わなかったのかもしれない。

このような経験を踏まえて自分がもし現役の中学生高校生を前にしたときに何ができるかというと、「今が楽しい時期だよ」と言うことは当然しないし、「大人楽しいよ」と言うこともしない。ただ、よりよい未来のために今できることに励んで欲しい、と言うことくらいしかできないだろう。

※「追記から突然、。じゃなくて,.になっている」という指摘をされたので修正しました(学生の頃、レポートを書くために,.がデフォルトで表示されるようにPCを設定していて、そのPCを使って追記したため)。

2016-07-27

あと父親知能指数高いけどブサイク母親は顔はまあまあいいけどバカ

これからまれ子供ブサイクバカ

汚れた遺伝子子供人生を潰すし血を劣化させるから責任とれよな

マイナンバー

うちの会社勘定奉行に丸投げかー

まぁどうなるか判らないし、責任取りたくないわな。

奉行マイナンバーを提出するのに通知カードスキャン必要だったので

久しぶりに通知カード引っ張り出した。

そういえばマイナンバーカードSSHログインするなんてBlogを読んだなーと思ったので

引っ張り出したついでにマイナンバーカード申請もしてみた。

iPhone6自撮り写真提出って本当にこんなので良いのかね?

まぁきっとカードが届くのは半年以上先でいろいろ忘れてると思うけど。。

http://anond.hatelabo.jp/20160727125509

てことは、明示しておかなければうやむやだーね。

ほかの学生実験できなくなるからうんぬん、なんてのは、実験器具が経年変化そのほかで破損することを考慮して在庫を確保していなかった大学責任も大いにあるよな。何年大学経営してきているんだっての。

http://anond.hatelabo.jp/20160727125802

それをワイに聞かれても知らんし、顛末自体は「はいはい責任感じてくれるのはいいか実験進めましょうね」で終わってるんやから、まあチャメシ・インシデント的な話じゃん。

http://anond.hatelabo.jp/20160727123204

実験器具が通常の使用中に破損する可能性があるのは当然予見できることであり

予備を用意しておらず授業が行えないならば100%学校責任に決まってるじゃん。

anond:20160727122235

損害賠償民法でいう)は他人の「権利」を侵害したもの賠償せよという。

709条

https://ja.wikibooks.org/wiki/%E6%B0%91%E6%B3%95%E7%AC%AC709%E6%9D%A1  より引用

故意又は過失によって他人権利又は法律上保護される利益侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。

 

この場合他人はだれか。教授じゃなくて大学です。ヒーターは大学の所有物です。

大学授業料うけとって学習させてるんだから織り込み済み。

その大学側の人間である教授が適切に対処します(大学から研究予算を采配する役目を託されている人=教授)。

行人あなたから金をうけとったり払ってるわけじゃないから、なんの「織り込み」もないですけどね。

http://anond.hatelabo.jp/20160727121345

報酬が無いことと損害賠償責任が発生しないことは全く無関係だと思うが。

道路歩きスマホして人にぶつかって怪我負わせたら治療費払う責任が生じるだろ。

それと同じで、ある程度破損に対する策を講じていたにも拘わらず設備が壊されてしまった場合普通に立場関係なく責任は発生するが。

それが実験のものであれば、半分はそこの管理者のものになるってだけで、残り半分は学生にある可能性も結構あるぞ。(注意したのに雑に機器を扱ってた場合なんか)

anond:20160727001746

・前提として日本研究室では所属する修士過程学生給与なり研究報酬はでない(よね、まだ。出るのアメリカだけでしょ?)。

・なぜかというと、学生に「学習させる」立場から

・むしろ学習中の学生」はものを壊す、研究が下手でライバルの後手に回るなどのリスクがあるから

 労働法があるにもかかわらず無給で働かされることがゆるされている。(利益追求団体じゃなくて学術施設だし!)

学生が物を壊すことの責任は「学習」をさせた指導教授にある。(雇用契約書もないんじゃなー)

・したがって研究室運営予算、つまり研究予算から次のヒーターを出しなさい。

以上。

なお、給与が出ている場合も、たとえば仕事で億単位の損害を与えかねない場面というのはよくあることだが、

もしそれが起こったときは、その損害は会社が引き受ける(倒産しても)。有限責任からね。

会社に与えた損害の給与天引き違法給与は決めたとおり満額、現金で払うことが雇用者義務

個人事業じゃなくてよかったよかった。

個人事業でも個人破産とかまあいろいろあるんだけどね。

どっちもムキにならないで早めに就職しとけば。

あと困ったとき法テラスな。

http://anond.hatelabo.jp/20160727115058

アルバイトで皿割って給料から引かれる、みたいな話は良くあるのにそれが大学だと発生しないといえる理由は?

20万円の品だろ。高価だけど小額資産に入る部類だから保険なんかは掛けてない可能性は結構あるわけだ。

2000万円とかのクラスになれば過失で壊れても保険で何とかなるから請求は発生しないので、実質的には問題となるケースはないだろう。

でも20万円で保険かけてなかった場合はそのまま備品のロスだよね。その損害は誰がどういう名目で負うの?

手取り30万円前後管理者扱いになる人が全額負う訳? 自分で壊したわけでもないのに。

それも違うよな。

誰かが支払いを負わなければならないわけで、その支払いを誰に押し付けようとしてるんだい。

半分は管理者責任とする(破損の状況によってはそれでも過剰に多いとは思うけどな)のはいいとして、もう半分は壊した人及びその研究を行っていた現場チームで連帯責任とするのがスジじゃねえの。

お金無限には無いんだぞ。「請求が発生することは無い」としても、その損害は誰かが埋めているんだ。

そこに自身責任を感じて執行に移しても全然おかしくないというか寧ろ筋が通ってる話ではあるけどな。

http://anond.hatelabo.jp/20160727110928

損害賠償可能性は否定しないが、悪意を持って破壊したのでもない限り、普通はそんなことで学校学生責任を求めることはない

http://anond.hatelabo.jp/20160727001746

私氏の気持ちもH氏の気持ちも両方理解できる。

H氏はおそらくずっとヒーターを壊してしまったことに責任を感じていて、そのメールでそのことを咎められたと少なからず感じたに違いない。そして、「贖罪自身犠牲を伴わないといけない」という考えの持ち主なのだろう。

悪意を持って意図して壊したのならともかく、事故ミス機械が壊れてしまうのは教育現場でも仕事でも良くあること。そういうもの学校企業補償するものっていう常識を知らなかったのだとも思う。

それにしても後輩を相談なしに巻き込むのは問題だと思う。

私氏の怒りも理解できる。自分が同じ状況になったら、怒りはしなかもしれないが、全力で否定して阻止すると思う。

http://anond.hatelabo.jp/20160727110928

から、過失割合によるゆうてんやろ。

バイトだろうが学生だろうが法的にも損害賠償責任は認められてるで?

ただし全額ではない。フル責任業務中にトラック民間人轢き殺した)だったとしても損害に対して半額ってのが通例や。

なんでもかんでも「お客様」気分で責任回避できる訳やない。悪いことしたら謝らなあかんのやで。

例えそれが過失だったとしてもな。

あと、軽く調べてみたら学生損害保険みたいなのあるのな。

通常はみんなその保険に加入させられててそこから支払われるようになってるんちゃうか。

保険入ってなきゃ、まあ直に請求は行くわな。

http://anond.hatelabo.jp/20160727002352

いやいや、そんな研究室存在したらブラック研究室のものだろ。

研究室でなくても、あなた職場では従業員備品を壊したら弁償させてるのか?業務上リスク管理者責任

大学ならなおさら学生従業員ですらない。

小野田さん帰国 42年後の真実

置き去りにされた歴史というのは小野田さんら残置諜者となった残留日本兵の扱いも同等に扱われるべきだろう。

彼らは日本敗戦を迎える可能性が高いことを、当時の実際の戦況情報提供された上で予め知らされたが、

表向き降伏をするが軍部は潜伏して存続するという間違った情報を与えられた上で、

孤立無援の状況になるが、現地でできる限り長く生き延びてゲリラ戦を展開し、

潜伏している軍部後方支援をするという任務があったわけで、

本当に敗戦していたことを知っていて勝手ゲリラ活動をして人を殺していたわけではない。

日本は国として被害に遭われた方々と小野田さん以下の残留日本兵に対しても謝罪をして当然で、

残置諜者として戦後ゲリラ戦を展開させた責任を、フィリピン正式謝罪するべきだったところを、

内々に手打ちにしたかたちになったのだとすれば、

その曖昧な幕引きの結果として、ルバングで起こったことが残留兵が勝手にやったことのように受け取られ続け、

また実際の被害者謝罪もお見舞いも行き渡らないということに、とても憤りを感じる。

既に戦後であったのに、膨大な年月を皆死ぬ思いをして現地で命を削って、

その結果として現地で被害に遭われた方々がいて、これら全て日本責任じゃないか