「記事」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 記事とは

2016-07-26

http://anond.hatelabo.jp/20160726153201

うそう、言っちゃえば非モテ救済論。読み取ってくれてありがとう。俺は元の記事攻撃性は疎外ゆえの孤独に起因する部分もあるのだろうと好意的解釈したが、確かに実際のところはわからんね。

相模原知的障害者殺人事件で少し同意してしまった部分がある

容疑者が「家族同意があれば知的障害者安楽死させろ」と官邸に訴えたという記事があったが正にソレだと思う。

電車路上知的障害者を見かけるが、警察通報される事案だろってのを何度も見かけた。

電車では幼い子ども連れの親子に話しかけて母親最初普通の人だと思って接してたらいきなり子どもに「うんち出たの?」と聞いて母親ドン引きして子どもを引き離したり、路上を歩きながら常にブツブツ呟いてる60代の婆さんがいて稀に発狂するし。

こんなのが警察に捕まったら困るのは保護してる親、で心労で将来を悲観して殺人にまで発展することだって年に何度か起きてる訳だから知的障害者安楽死させるのには同意だね、だって社会保障という名の多額の税金だって投じられてるんだし。

http://anond.hatelabo.jp/20160726105655

俺は興味はファッション文化から疎外されてきた人が如何にしてファッション文化ソフトランティングしていくかにあったのだが、君の興味は自分化中心的な差別の克服とかにあるんだな。

うーん、そこまでの苦行だろうか?

なるほど、ここの部分で俺と認識が違ってるらしい。

元増田にとってファッションとは意味不明ジャンルであると同時に、「敵方論理」でもあるわけじゃん。つまりファッションを学ぶことは元増田にとって、君の言う「文化」を異にするリア充的な「敵方」への服従なわけ。だから学ぶ途上で強い心理的抵抗が働くはずなのね。仮想敵攻撃する記事を書いちゃう程度にね。そういう意味でも「苦行」。「なんで俺が敵の論理に染まらなきゃいけないんだ」みたいなね。そこんとこに関しては君が言うとおりで元増田は「こじらせてる」。じゃあさ、その「こじらせてる」人がどうやったらファッションを体得できるのか。なるほど学術研究ほどの知的負荷は掛からいかもしれないが、そのかわり心理的には強い抵抗がかかっている。敵の論理に染まっていくってための作業ってのは元増田に限らず誰にとっても簡単なことではないと思うんだよね。

その歩み寄りはいい悪い抜きにして仲良くなりたいと強く思っている方がするしかないでしょう。

なるほど。たしか相手と仲良くしたいなら相手を悪く言ったり仮想敵化して攻撃してはいけないね。ただし元増田場合はそもそもが「ファッション女子」などから自文化中心主義的な排斥を受けてきているという複雑な側面もあるわけで、これって「仲良くしたいなら歩み寄れ」という正論だけじゃ解決しない気はするな。

最近ふと芥川龍之介自殺の原因というの記事を見てたら20人近く扶養親族がいた上に、

そのうちの親族の一人が火災保険目当てで家事を起こした疑惑を持たれて鉄道自殺してたらしい、

で持ってその賠償金芥川龍之介が負う事になったんだとか

http://anond.hatelabo.jp/20150730144927

わざわざ東海から遠征したくらい、俺の中では有名な場所なのだが。

にしても、なぜ1年前の記事が今頃……。

2016-07-25

もっとポケモンにハマっておけばよかった

当方34歳男のゲーマーだ。

初代のポケモンが出たとき高校生だった。ポケモンが発売され、高校教室休み時間中にポケモンプレイする連中がいたが、周りの目は「高校生にもなって馬鹿みたい」というようなものだったと思う。そういうのを馬鹿にしていたイケてる連中は、ポケベルPHSを使って友人とコミュニケーションを取り、授業中は机の下でミニテトリンをして遊んでいた。かくいう僕も、赤と緑の2本展開という初の試みから醸し出すビジネス臭に嫌悪感を抱いていた。そもそも月々数千円の小遣い、自由に使えるお金が非常に限られている中、僕はPlayStationに移行しようとする業界の流れに乗るため、必死で購入資金を工面するのがやっとで、携帯ゲームまでは手が回らなかった。電池代も馬鹿にならないし、画面の質も悪かった。今思うに、当時はまだ携帯ゲームハードルは高かったように思う。またモンスターを育ててバトルするというコンセプトは自分の好みに合わず、結局ポケモンスルーしてしまった。

その後、数々新作がリリースされるも、新作ごとに追加され、ますます手を出しづらく得体のしれない存在になるポケモンについて行けず、ますますシリーズに触れる機会を失っていった。スマブラに登場したりもしているので、何匹か名前は知っている程度のにわかだったが、特段気にもしていなかった。

そしてこの騒ぎである。コンセプトはとても興味深く、心から楽しみたいのに、心から楽しめない。どのキャラにもそれほど思い入れがないのだ。ゲームは好きだし、触れる機会はたくさんあったのに、スルーし続けていた。いろんなキャラを知っているようで、でもあまり知らない。やっぱりシリーズ通してプレイしている人や直撃世代熱狂にはかなわない。自分の好きだったゲームモンスターが街中で出現なんて、そのすごさが想像できるだけに、にわか自分がもどかしくて仕方が無い。こんなにすごいゲームが登場して社会現象になるくらいなら、もしそれを知っていたなら。もっとハマっておけばよかった。この複雑な心境、他で例えるなら、年下の近所の幼なじみアイドルとして芸能界デビュー、じっくり芸歴を重ねて日本代表する女優、そしてハリウッド進出し、もっとから仲良くしておけばよかった的な感じだろうか。

http://mogmog.hateblo.jp/entry/2016/07/25/021253

この記事とか、本当にうらやましく思う。自分がもう少し下の年代だったら、もし発売当時小学生だったらハマっていただろうか。もし発売当時大学生で、お金と友人という環境がそろっていたらプレイしていただろうか。そしてポケモンGO熱狂していただろうか。「ゲームアニメ漫画時間をかけるなんて人生無駄」なんて主張は間違っている。そのファン層が大きければ大きいほど、ファンとつながるきっかけになる。時間投資する価値は十分ある。街中で友達どうして楽しむ、自分よりも年齢の若い人たちがあふれている中を横目で見るたび、わき上がる妙なむなしさ、そしてひねくれた自分にいらだつのだった。

http://anond.hatelabo.jp/20160724235331

ここまで極端では無いけどファッションコミュニケーション障壁になるというこの感覚はすごくある。

ファッションって達成する目的があるようなものでは無いから、興味が無かったりそもそもファッション投資出来る環境で無ければ全く関わらずに過ごしていくことも出来る。



記事で「女性には先天的もの」と言っていたけど多分これは語弊があって、女性はこの感覚を養う環境比較的整っているというほうが近く感じる。

先入観もあるけど女の子はやっぱり子供の頃から気を配る印象があるし、女親もそれなりに手をかけてあげるだろうしむしろ自分の楽しみとして

洒落させてあげることすらあるだろう。そもそも金のかけ方が全く違う。

男についてはこの辺りが全く無い。自分は偶然元記事と同じ 27 歳だけど、少なくとも小学生の頃に男でお洒落意識のある同級生はいなかった記憶があるし

服を買って貰うくらいならむしろそれよりもミニ四駆ゲームソフトなど欲しいものがあり過ぎた。

小学校女の子同士でファッションコミュニケーションは成り経つかもしれないが、男では成り立たない。



そしてこれがなんらかの要因で、自分スクールカースト底辺だったからだけど、周囲がファッションに関心を持つ頃に

それに関わること無く過ごしていくことで必要性を見出せなくなる。

周囲の環境も同じような人で構成されていくようになるから困ることも無い。



ファッション人にせよそうでないにせよこれで住み分けが出来てしまってる人は問題無いというか関係無いんだけど、稀にそうでない場合が出てくることがある。



例えば、あくまで例だけど、採用面接に向けてスーツを着るとする。スーツなんて誰でも着れるだろ、なんでもいいだろという話だろうけど

この誰でも、何でもはファッション人かそうで無いかで恐らく価値観が全く違う。自分の例で言うと多分ワゴンの 2 万しないようなスーツ

着ていたし、ネクタイも色とか適当で締めれればいいと思っていてタイピンは上着着てれば見えないか不要だと思っていた(いる)。

共感する人もいるだろうし常識が無いという人もいるだろう、多分後者のほうが圧倒的に多いはずだ。

もっと言うと住み分け的にはこういう人種スーツ要求されないような職種に着くのが正しい。が、そうでない事情が発生するとこういうケースが起きる。



例えば、恋人が出来た場合ファッション趣味らしいがそれを自分要求してくることは無い。無いんだけど、それと自分意識しないかは別だ。

自分学生の頃から衣替えも不要な程度の衣類を着回している。一緒にいて恥ずかしい思いをさせないんだろうか。

出来ることは改善したいがそういう環境で生きてきておらず知識が無い。価値観が無い。常識が無いと思われるのでは。

妄想乙など余計な茶々が入ると面倒なので書くと、これはほぼ実体験でこれを含めた様々な劣等感に苛まれているうちにふられた。



ファッションについての義務教育をやれとは思わないが、本人が決定出来ない環境でこういった障壁が出来るのは厳しいものがある。



だいぶ元記事から曲解している自覚はあるが、こういう障壁に直面した時に攻撃的な解釈をすると元記事のようになるんだろう。

先にも言った通り住み分け出来ている人間からはこういった価値観理解されず、どちらかに倒した言及しかされないので分かり手が少ない。

トラックバックブコメも(気持ちは分かるが)全体的に人格攻撃ばかりで本質的言及が無かったので気になり、慣れないながら投稿した。

童貞ミソジニーと、女性童貞蔑視は同根

増田で定期的に投下される「童貞ネタ」でモヤモヤしていたことを把握できたので、記事投稿してみる。

ツッコミどころ満載だと思うから、変だと思ったらどんどん指摘してもらって構いませんw



増田で投下される自称童貞記事って、ひどいミソジニー臭がすることが多い。

ブコメではそれに過敏に反応して、記事一言一言に噛み付いて、「それだから童貞なんだ!」とディスる

はてな名物マウンティング合戦というわけだ。



特に女性と思しきトラバ主やブクマカ達は、やや滑稽なほど童貞増田に対する激しい差別的感情を露わにする。

記事に書かれていないことまで邪推して、「あなたは○○な人物だからダメなんだ!」と強い語調で猛省を促すわけだ。

はてな民に限らず、多くの女性モテない男性に対してやや否定的感情を持っていると言われている。

モテる男性から酷い目に遭わされ続けていても、それでもモテない男性に対して視野を広げることはしない。

(でも、人間ってそういうものから個人的にはそれは悪いことではないどころ、それが自然だとすら思う)




ところが、よく考えてみたら、増田によく出没する自称童貞さん達と、

そうやって童貞増田を激しく糾弾する女性ブクマカ達って同じ人種なんじゃないか、と思うようになった。



というのも、自称童貞さん達はまだ女性交際したこともないくせに、

「女は○○が悪い。だから女はクズだ」と女性全体を切断処理する。傍目には「すっぱい葡萄論理」を展開しているようにしか見えない。

一方、童貞糾弾派の女性たちも、実際に童貞さんと実際に相対したわけでもないか、そうだとしても極少数のサンプルだけを判断材料

モテない男は○○」と決めつけている。ようは、童貞さんも童貞糾弾派も、頭の中の害悪的なイメージと戦っているだけじゃないだろうか?

童貞さんの「女」と、童貞糾弾派の「童貞」は、とにかく「悪い批判すべき奴」という意味代名詞程度の役割しかなくて、

「女は○○だから悪い」や「童貞は○○だからダメ」という言説は、単純なトートロジーになっていて、それ故に常に正しくなってしまう。

逆に言えば、自分理屈から抜け出しなくなってしまう。



いわゆる「主語が大きい問題とも言い換えられるし、この記事内容自体結構ブーメラン刺さっているところではあるんだけど、

人間は思いのほか個人差が大きい生き物だし、同じ社会的属性を持った人たちが皆、同じ特性を持っていると考える方が無理があるんだよね。



実は最近ちょっと前に話題になった『ルポ中年童貞』(幻冬舎)という新書を読んで、

その中に「外見に自信がないせいで同性愛に走った」という男性のケースが紹介されているんだけど、

それを読んでいるとき、「いや、これは童貞云々が問題じゃなくて、本人がセクシュアリティバイ同性愛寄り)に気付いていなかっただけじゃない?」と思い、

そのケースを敷衍して考えた結果、「やっぱり童貞問題は十把一絡げに語れないなあ」という思いを強くしたんだ。



自分自身を言えば、初めてセックスしたときに何か「ああ、俺は童貞卒業したなあ」なんて実感は全くなくて、

しろ、(後の妻になる)彼女風邪をこじらせて酷い肺炎になったとき、急遽会社有給取って休んで彼女看護していたとき

ふと「あれ、俺ってこんなに他人に何かするような人間なんだ」って自分ビックリして、今思えばあの時に初めて

人として変われたな、真の意味子どもじゃなくなったな、って実感があったよ。

非難くらい受けろよ

節税駆使し財産、「非国民」の非難…「勉強しただけだ」:朝日新聞デジタル

http://b.hatena.ne.jp/entry/www.asahi.com/articles/ASJ6P7WZNJ6PULFA046.html

言っているヤツらの殆どは、この人程の資産も無い人たちだろう。どうして、好き放題に蓄財して、非難までされたくないとほざけるかなぁ…いいじゃん、批判されるくらい。ゲームに勝ったのはどっちか言うまでもないだろう。

朝日新聞も「グンクツの足音が…」みたいな結論にしようとして、腰砕けになったみたいな記事になっている。

アポロ11号に関する陰謀論者の心理って、

現在人類が月に行く能力があるかどうか?」についてどう考えるの。

あると考えるなら、いつ行ったかどうかなんてどうでもよくて、

1969年に行ったってことにしておけばいいし、

ないと考えるなら、2016年現在科学に関するニュース記事ほとんど信じられなくなって、

自己矛盾で内部崩壊しそうなもんだけど。

ブログの利点

自分の思ったことを記事にすればストレスの発散になる。

読んでくれる人が多いと承認欲求も満たされる。

常識とは違う意見だったり、人格が疑われる記事を書けば炎上してしまうが、それがPVにつながりお金にもなる。

意図と違い炎上しても、俺の手のひらで踊るやつらwと嘲笑うこともできる。

 

批難されてもされなくても、書き手メリットがあるのがブログ

あみんなも始めよう。

エクセルワープロ的に活用しよう!

http://allabout.co.jp/gm/gc/297737/

こういう記事ドヤ顔で載せちゃうってどんな気持ちなんだろうな…



内容の序盤に「書きたい文書を書きたい場所から書ける!!」ってあって、「一太郎買え」って思ってしまった。

http://anond.hatelabo.jp/20160725105240

レスって問題が大きいか記事として増えるだけで

世の中、レスにはレスになる理由がある

自分の周囲は旦那浮気レス

子育て時代旦那無理解&ぶしつけ発言レス

みたいな感じ

しか旦那は、自分理由がないとして周囲に吹聴する

ポケモンGOに対抗できるアプリは!」とか「ポケモンGOに勝つコンテンツ力とは」みたいな記事過去に盛んだったコンテンツポケモンGOを比べているのを見ると何でも掛け算する腐女子に見えてきた。

まとめブログの「最高す○るお姉さん見○けた○だけどwwww」って記事が「最高すぎるおっさん」に見えて思わず二度見してしまった

http://anond.hatelabo.jp/20160725001827

あと車ペナルティ実装されてる

40~50kmで走行中にポケスポットくるくるできる

どこがペナルティ

 

ネット記事の、卵の距離のことだろうけど

都知事選の情勢の記事読んでると20代以上の傾向は調査してるみたいなんだけど

10代の傾向はどこも記載がない。

参院選では、ある程度10代の投票行動についての記事は読めたのだが

都知事選では全くだ。

意図的無視してるのか、それともリーチ出来てないのかしらんけど

もしリーチ出来てないんならRDDに変わる手法検討するべきなんじゃないか

俺のウォッチ不足なのかな。

開票後に10代の投票結果について書くかどうか、なんか書かなそうな気がしている。

なぜ偉大な思想家日本人邪悪な本性を見抜けるんだろう

↓こんな記事を見つけた↓やっぱり当時から日本の悪評は有名だったのでしょう

フランスの偉大な思想家モンテスキューは「日本人性格は非常に変態ヨーロッパ人にしてみれば、日本は血なまぐさく、変態で、殺りくを好む民族だ。日本人は頑固で、自分勝手で、自信過剰で、愚昧で、無知で、上には媚びへつらい、下に残虐だ。日本人はすぐ人を殺すし、すぐ自殺する。自分生命はおろか、他人生命など心中にない。ゆえに、日本は混乱と仇討ちに満ちている」と評した。

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/9277537/

2016-07-24

アフィの政治記事

まぁ政治に限らんけど

あんなので扇動されてバカじゃねぇの(嘲笑)

自殺しろゴミクズ

スマホアプリはてブは見るけど、PCでははてブ見ない

スマホLINEはてブしかすることがないから、外出先ではてブ開いてて「これ時間無駄だな」と思うことが多々ある。

もはや習慣化されてる。

あと外出先ではべつにおもしろくないのにスマホ開いてる。なんだこれ。

本持って行っててもそう。落ち着いて本読めないしまスマホでいいかとなる。本の難易度が高いとき特に



翻って、PCでははてブなんてわざわざ見に行かない。

PCでは何してるかというと、Youtubeみたりプログラミングしたり。

熱中してると普通に時間も吹っ飛ぶ。

Youtube自分おもしろいなと思う動画をしばらく見てると、スターネットワーク的なかんじで見るものが無くなってしまうので、最近はもっぱらプログラミングしてる。



ゲームはめんどくさいのでしてない。

トップ層になるためにものすんごいリソースを割かないといけないのが見えていて、そしてそれに対する効用承認欲求の満足だとか金銭だとか)が小さそうで、めんどくさいって思う。

結局突き詰めると、数学スポーツになるし。

ゲームより勉強のほうが好きだ。



まあそれはともかく、

はてブホットエントリにあがってくる記事って、ゴミ記事が大半だけど、たまにいい記事があるから、そういうののキュレーションサイトがあればそれを見るんだけど。

誰かそういうの作ってくれ。お金うから

なんかまとまりのない文になってしまった。

さない私の性知識について

長年の不登校の結果、私は性教育ほとんど受けてこなかった。

小学生のころに一応ちんちんがどうこうっていう話を担任先生から受けたはずなんだけれどあんまり覚えてない。そもそもその時点で私はインターネットポルノにどっぷりだったので、あんまり真面目に聞いていなかったように思う。

不登校が始まったのは中学生からで、その後高校卒業まで一般的学校には通わなかったので性教育は受けていない。でも前述のとおり私はおさないころからポルノ文化にどっぷり浸かっていたから、ある程度の知識はあるつもり。だった。

一昨日私がエロ漫画を読んでいたときに、「子宮ちんちんがちゅっちゅしてるう」というセリフが出てきた。おきまりのやつである。その後に「膣(ナカ)に出すぞ!」というセリフも出てきた。いつもならなんとなく読んでいたのだけれども、ふとひっかかった。膣ってなんだっけ?

いつも膣と書いてナカと読んできていたので、膣=まんこの中というイメージしかなかった。ていうか子宮ってなんだ?いや子宮が何なのかはわかる。大事赤ちゃんのお部屋(エロ漫画から引用)だ。じゃあ膣は?膣はなんだっけ?

私は自分にびっくりしてしまった。もう10年以上もポルノ文化に浸っていたにもかかわらず、膣の役割=ちんぽのためのオナホくらいの認識しかなかったのだ!!でもよく考えればそれは当然のことだった。今調べたところ膣の役割は、生理の血とかを出すこと、ちんこを入れること、産道になることの3つだった。私はごく健全性癖の持ち主なので、読んでいるエロ漫画にはちんこを入れる役割しか出てこなかったのだ。

ほかにも、エロ漫画世界では確実に孕ませるために子宮口に亀頭をくっつけて射精することがよくあるのだけど、私は「じゃあ逆に考えれば子宮口より手前で出せば妊娠率は低いんだろうなあ」と思ってきていたのだけれど、でも冷静になるとこれも間違った認識な気がする。

勉強してこなかったのだから知らないのは当たり前なのだけれど、私は自分の体のことを何にも知らないんだなあ!とかなりびっくりしてしまった。改めていろいろ考えてみると、私は赤ちゃんがどうできるのかもよく知らない。おちんぽみるく赤ちゃんのお部屋に出すとできるくらいのイメージしかない。

まあだからといって改めて勉強するのかと聞かれたら多分しないと思うのだけれど、はてブ眺めてたら性教育記事が上がってきてたのでなんとなく書いてみた。

http://anond.hatelabo.jp/20160724135337

課金しても時短要素がなくて、ひたすらゲームプレイをブン回す必要がある」というと、

他のタイトルだと艦これとかグラブルあたりだろうか。

まあ、グラブルはガチャで儲けてるからいいとして。

艦これは昔の記事だと母港(所持数)拡張とかの課金が多かったらしいが、今でも同じかはわからん

女に「いい人」と思われるって難易度が高くね?

何日か前に「いい人というだけでは、ゲームでも現実でももてない」みたいな記事ホットエントリ入してた。

「いい人だけではモテナイ」みたいな記事って昔からあるけど、なんで「いい人」と思われるのが前提なんだろうな。

オレなんか、いい人とか性格いいなんて言われたこと一度もないわ。

http://anond.hatelabo.jp/20160724093525

テレビ局員やネット上にもいる似非コメンテータ連中は、自分たちが関連ポスト仕事あやかりたくて、あ仲間某候補者応援番組応援記事に熱心だな。

写真の配置やタイトル付けといった、明確な指摘を受けにくくしつつ。芸能人に表情を作らせたり、自分らの放映の都合で抜き取った「第三者の声」を採用したり。

マスコミのふるまい研究にもってこいの時期だね。局をあげて応援している奴が落選して、「視聴者なんぞ我々の自由操作できる」と万年国民をナメてきている彼らが鼻水を流すのは一興。