「感謝」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 感謝とは

2016-09-28

結婚式がとにかく憂鬱

実家暮らし彼女なし趣味なし。

学生時代社会人になってから存在感なしだが、なぜか結婚式に呼ばれ

どうせ自分なんて結婚できないし、ご祝儀代も返ってこないだろうな

などとせこい事思いながらも、せっかく自分なんかを誘ってもらったんだからお金時間も有り余ってるし、なるべく感じよい感じを取り繕って欠かさず級友同僚の結婚式には参加してきた。

そんな自分がなにかいろいろ人生手違いがあり、今度結婚することになった。

相手美人でもなんでもないが、価値観もすごく合うし、自分なんかには勿体無いくらい良い子だ。

これまでの人生、主役になって注目されたり、人から祝ってもらうなんてことは皆無だったし、貴重な休日を潰して高いご祝儀代をもらうのは心苦しから、できれば結婚式はしたくなかったが、彼女結婚式絶対するということで結婚式をすることになった。

なんであんなに高いのか?

金が全くないわけではないが、決して裕福ではない自分結婚式の1日のために、その後の結婚生活お金を切り詰めて生活していくのもなんか馬鹿らしいな

とかケチ臭いことを思いつつも、

増子(仮名)のやりたいことはなるべく叶えてやりたいし

と思い自分もなるべく積極的な感じで準備に参加しようと思った。

しかし、自分が喜んで結婚式に参加した友人のなかから特に付き合いが良さそうな人にお誘いのメールをしたところ、自分なんかに本当におめでとう。喜んで参加します。とありがたい言葉をくれるありがたい友人もいる反面、一切反応がない友人が思ってた以上の割合いて、感謝よりもやっぱり自分なんかがって気持ちが大きくて心が折れそう。

不思議なのは返事がない友人が恨めしいみたいな気持ちは1ミリもない。

自分なんかの結婚式楽しい式にする自信もないし、結婚式お決まり台詞

今日は楽しんでってください

ってのも今は言う自信がない。本当に結婚式憂鬱だ。将来の妻にこの気持ちを見透かされないか心配だ。

2016-09-27

http://anond.hatelabo.jp/20160927071136

茨の道であれば無い方が良いのか

茨の道であっても生きていることに感謝するのか

 

世代に出来ることは、出来うる限り茨で無い道を作ることであって

次世代選択肢を奪うことではない

2016-09-26

ペット避妊手術をするなら、てめぇの子宮を抜いてからしろ

犬や猫、果てはウサギなどのペット避妊手術をする女飼い主が増えている

特にウサギに至ってはメスが妊娠しない場合、約50%と高い確率子宮がんになるなどと、どこぞで吹き込まれたらしく

長生きしてほしいから」とか言う理屈をこねつつ動物病院一人暮らし動物を飼ってる女がやって来る訳だが、

子宮がなきゃ癌にならねぇのは、てめぇら腐れマンコも一緒だぜ?

使わなければ子宮がんリスクが高くなるのも、てめぇら腐れマンコも一緒なんだぜ?

3回以上の出産するとリスク高まる子宮頸がんだって子宮がなきゃ癌にならないんだぜ?

ペットの為にも、てめぇらも長生きしなくちゃいけないんじゃないの?

まずは、てめぇら腐れマンの子宮を抜いてきちゃあどうよ




動物ってのは牛豚鶏羊の食肉用動物からペットに至るまで、人の為にその命を犠牲にしてくれている

彼らに感謝して、愛情を注いで、時にはパートナーとして共に歩む事は人生を豊かにしてくれるだろう

食卓に上がる為に育てられてる豚だって畜産農家愛情込めて育てている

盲導犬災害救助犬の様な、人の人生を救う動物には、子ども一人を育てられる程の金すら使われる

その愛情は、血を分けた我が子に注ぐものなどと、その本質は同じもの

どこの親が、自分の血を分けた子供の子宮がんリスクを抑えて長生きさせるために、避妊手術を受けさせるんだろう?

てめぇらがやってんのはそういう事で、だから、腐れマンコがペットを飼うという行為は、どんなオナニーよりも醜くて

動物を飼うと言う意味が限りなく軽くて恐ろしくすらある

実際、女の一人暮らしが飼ってる犬は、くっそ甘やかされてて躾もなってないアホ犬しか見た事ねぇ




ペットと同じ痛みを味わって、一緒に長生きする為に、同時に避妊手術受けるなんてどう?

ペットへの愛情の深さをこれ以上ないほど完璧アピールできて、犬のママ友間で圧倒的差別化が出来るよw

どうせ一人暮らしペットを飼ってる地雷なんぞ、滅多な事じゃ拾って貰えねぇから子宮なんか要らんだろうし

三十路も後半になれば諦めがつくんでないの?w

http://anond.hatelabo.jp/20160926011936

俺はあげた。1,500円だったけど。

5年ぐらい前だったかな。

免許証あずけるとか必ず返すからかいってたけど、どうせ返ってこないだろうわずかなお金のためにこちらの個人情報を渡すのも嫌だったし、1,500円ぐらいのことで免許証他人に預けるぐらい困窮してるならこれはもう施しだとおもってお金あげた。

免許証確認しなかったし名前も住んでいるところも聞かなかった。

その青年はとくに感謝するわけでもなく金を受け取ったらまた夜の街をどこかへふらふらと歩いていった。

しかしたら時々俺のような頭のぬるいカモがいるので手当たり次第に声をかけていただけかもしれない。

あるいは本当に返すつもりで声をかけたのに、乞食のように一方的に金を恵まれ侮辱されたと内心怒っていたのかもしれない。

しか交通費うんぬんがまるっきり嘘だとしても、あげた金をあとから惜しむような気持ちにはならなかった。

善行をしたという気分ではまったくなかったけど、その年の近い男はもしかしたら違う道を歩んできた自分自身の姿のようにおもえたから。

1,500円は当時フリーターをしていた自分にとっては2日分の食費、本当はたかがといえるほど少額でもなかった。

ともあれ、形だけでも返してもらう約束をしてお金を渡してたら、きっと後々まで金を貸したことを思い出しては裏切られたように感じてムカついていたとおもう。

両親が離婚している人の結婚式

家族同士の挨拶結婚式はどうすればいいのでしょうか?

両親は性格の不一致で別れました。二人が同じイベントに出席することは考えられません。

しかし私は父にも母にも同じように感謝しています

似た状況で挙式した方がいらしたらorご存知でしたら、どう対処なさったか教えていただけませんか。

2016-09-25

転職ドラフト経由でY社の内定貰ったけど

提示された金額指名時の金額と大きく違っていて辞退することになった。

こんな事を書くと関係者からは余裕で特定されると思うが、それでも問題提起たかったので書く。



転職ドラフトという、企業Webエンジニアプロフィール職務経歴書を見て年収付きで指名を出すというサービスイベント)がある。

「今までの転職活動選考の最終段階になって初めて年収提示されるためミスマッチが起きやすい。転職ドラフトではリアル年収最初に分かりその上で選考に進むか判断出来る!」というエンジニア目線がウリらしい。

https://job-draft.jp/



面白そうだと思ったので登録してみたところ、大変有り難い事に500万~600万で6社ほどから指名を貰えた。

その中で興味のあった大手Y社の指名承認し、面談会社説明を聞いたあと改めて履歴書や経歴書を送りエントリーし、適性試験や数回の面接を経てとうとう内定を貰った。

中途でしかドラフト経由なのにこんな新卒みたいな選考があるのかと思ったが、大手とはそういうものなのだろう。



ところが、内定通知と同時に提示された年収が想定していた額とかなり違っていた。

Y社からドラフトでの指名額は550万で、転職ドラフトルールでは指名額の9割以上を保証という事だったので、最悪でも495万以上のはずであると思っていた。

実際に提示された金額は4,288,000円、月給では268,000円。



人事担当者説明では、この金額にみなし残業時間25時間分が付き実際には4,912,228円になる。

更に社員の月平均残業時間30時間場合なら5,037,064円、参考までに月45時間残業した場合には5,411,608円になりますとの事。

わざわざ45時間残業した場合金額まで細かく教えてくれるなんて、まるで「ね?これでほぼ指名時の金額になったでしょ?」と言われているような気がした。

※もちろん実際にそう言われたわけではない。



いやいやそれは転職ドラフトルール違反ではないのか?と思い、転職ドラフトに問い合わせた。

すると、転職ドラフトからは「各社員一律に必ず支給される報酬年収額に含めることができるという基準のため、みなし残業分が指名額に含まれているのはルール違反ではない」という回答が来た。

みなし残業分を含めても9割の495万に届いていない事のみ問題なのでそれは指摘しますとの事。

なるほど...そういうものなのか...?



まり転職ドラフトとしてはたとえ600万(別途残業代を全額支給)という指名と600万(実際にはみなし残業45時間を含む)という指名判別できずに並んでいたとしても問題ないという認識なのか。

「各社員一律に必ず支給される報酬」とは言っても、両者では実際に月45時間残業した場合収入額は大きく異なるため、みなし残業制による残業手当というのは役職手当や住宅手当などとは全く性質が異なるものに思える。

これはみなし残業制を採用していない優良な企業にとって非常に不利な状態なのではないか

(ちなみに「一律に必ず支給される報酬」というのが指針であるならば、提示額は標準的評価だった場合金額であり賞与について人事評価事業部予算によって基準額を下回る場合もあると説明されたのは問題がないのか)



Y社では私が提示されたものよりもう一つ上の役職になるとみなし残業時間が45時間になると説明されたので、一見かなり高額な年収指名された方でも、9割以上ルールと合わせると実際には数百万単位で少ない基本年収場合もあるという事になる。

Y社は第2回ドラフト参加者493名中90名もの大量指名を出しており、大手企業がこのような形で他の企業登録者マッチング機会を失わせるような行為を行っているのはどうかと思う。



Y社の採用情報ページには手当の欄に「時間外勤務手当」としか記載されておらず、みなし残業である事は確認出来なかった。

そもそもみなし残業手当を含めても550万を大きく下回っているし、1次面接でも2次面接でも希望年収について繰り返し聞かれ、「ドラフト指名頂いた金額問題ありません」と答えたのだから、その額より下回るのであればその時に何か言って欲しかった。

Y社のサービスや他の福利厚生などは魅力的で元々強く入社希望していたので迷ったが、提示された額では現在よりもかなり収入が減ってしまうし、ここで受け入れてしまったら不満のあるやり方までも認めてしまう事になると思ったので、内定を辞退させて頂いた。

まさか転職ドラフト金額が折り合わずに辞退する結果になるとは思わなかった。

最初から450万という指名額であったら、他の指名を優先したかもしれないし、その金額でも納得して採用に進んだかもしれないが、どちらにしてもこのような結果にならなかっただろう。



少し前だがNHKでこんな記事があった。(記事自体は消えているのでブクマページ)

http://b.hatena.ne.jp/entry/www3.nhk.or.jp/news/html/20160209/k10010403791000.html



こういうエントリもあった。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/uenishimitsuko/20160211-00054308/



額は違うものの上記でいう「見せかけ高給」と同じような事ではないのか。

というような内容を転職ドラフトに返信したところ、「再検討し、規定や表示を改めるべきでないかと話を進めております」と回答して頂いた。



いや、分かっている。

現状日本Web企業ではみなし残業制や裁量労働制実質的残業代削減施策として広く利用されていて、むしろやってない企業ほとんど存在していないとすら思える状態だ。

実際には転職ドラフトに参加している他の全ての企業もみなし残業であるかもしれない。

からY社や転職ドラフトのみに不満を持ってもあまり意味がないのだろう。

これは日本全体の問題で、当然のようにみなし残業込みで基本給が語られ、残業常態化し、みなし残業時間限界まで設定するのが最適解でそうしていない企業が不利になるような状態是正されて欲しい。

色々な事情で本当にみなし残業制が双方に取ってメリットが大きい場合もあるだろうが、せめてみなし残業制や裁量労働制などを採用している場合は必ず応募前にその詳細が分かるようにして欲しい。



偉そうな事を書いたが、そもそもスターエンジニアなわけでもない私のような底辺正社員で550万も貰えるわけないだろとか、有名企業に入るチャンスを貰えただけでも有り難いと思えとか428万でも十分高いだろとか自分でも思うし書いていて恥ずかしくなってきた。

今まで知り合ったエンジニアも多くの人が残業代が出なくても遅くまで働いていたり、有給全然使わなかったり、休日にこっそり資料を作っていたりした。

それでもエンジニアは恵まれている方で、他の職種の人は資格必要なような大変な仕事でも最低賃金のような金額かつみなし残業制でも真面目に働いている。

私はこんな細かい事ばかり気にしていちいち腹を立てているから駄目なのだろうか...。

今はサラリーマンじゃない働き方でそれなりの収入を得ているので、もうしばらくはこのままでいいかと思った。



個人的には早く週休3日が当たり前の世の中にはなって欲しいが、それよりもまず長時間労働やそれを前提にした給与制度改善されて欲しい。



■追記

https://job-draft.jp/articles/94

転職ドラフト側が事実公表し、今後の日本転職市場労働環境にも良い影響を与えるかもしれない改善アクションを起こしてくれた事には心から感謝します。

残業に対する問題提起なのに休日や深夜に対応させる事になってしま申し訳なかった。

Y社に対してはもう何も感情がない。

2016-09-24

役人とは、他人人生管理する仕事である

とある件により、「クレーマー問題が再浮上している。今から書くのは、一種の「クレーマー擁護である。ただし、電車問題関係ない。

自分は、今、貧困問題に関わる活動に参加している(ちなみに、いわゆる「デモ」は参加していない)。当然生活保護受給者ホームレス人達と毎週のように接している。汚い身なりだし、クセも強いけど、普通はかなりいい人で、よく笑いながら一緒に過ごしている。もし同じ中学クラスとかだったら、仲良く過ごせたかなーと思える人達ばかりだ。

ところが、そういう人達が、役所に行くと、途端にクレーマーに変貌したりする。実際に知っている人でも、ホームレス役所から住宅を割り当てられたというのに、物件が気に入らず散々ケチをつけて、意地はって路上に入るくらいだった。なんでそんな風になっちゃうのか。

99.9%の人にとって、役所というのは、単に手続きをとる場所に過ぎない。パスポートをとったり、結婚したり、身内が亡くなった時に出向いて、いいところ一時間くらいの付き合いで終わる場所だ。けれど、これが貧困障害家庭内問題(親、子の暴力など)に遭遇した途端、最後の拠り所になる。そして、その拠り所に何かを否定される(申請した手続き拒否される)というのは、政治的死刑宣告に等しい。

というのも、現代役所というのは、人が生まれた時から死ぬまでを徹底して管理する存在からだ。そこから否定されるということは、世の中に存在してはいけないと言われるのと同じだ。

僕の知っている人でも、若いホームレスで、自分関係する団体出会って、ようやく次のステップに行けると思った時に、「役所に行く」と言い残して、その後失踪した。おそらく何か拒否されたのだろう。無事見つかったものの、以前から患っていた鬱を悪化させたみたいだ。

ニュースでも、「旦那暴力に耐えかねて飛び出したけど、その直後に孕んだ子供手続き旦那の娘になると知って、旦那との関係を持つことを恐れて、無戸籍のまま放置した」「生活保護申請を断られ、一家心中しようとしたけど自分だけ生き残った」なんて話を聞くが、そういう際の「役所に断られた絶望感」というのは、経験しないとわからない。自分も、著しい困難にぶつかり、「役所の手を離れると、世の中こんなに住みづらいのか」と実感した。自分に関しては、かなりイレギュラー手続きもとってもらい、役所の人にはとても感謝している。

クレーマーになるか自殺を試みるかは人よりけりだけど、役所との関係はそんなに変わらない。よくある「生活保護打ち切り宣言したら途端に暴れ出した」なんてのは、ある意味断られた方に同情してしまう。

最近は「行政サービス」なんて言い方をすることもあって、自分たちを「サービス業」と任じるような人もいるけど、本当はそうじゃない。彼らは「人間管理者なのだ。それがどうしたと思うかもしれないけど、少なくともそういう論点を持たない限り、行政クレーマー問題は終わらない。それがいやなら、公務員にならない方がいい。

うまく描ききれてないけど、僕の言いたいこと、わかってくれる?

旦那友達が好き。

旦那友達が好き。



旦那結婚して5年経つ。

たまに旦那友達が私達夫婦を遊びに誘ってくれる。

(旦那旦那友達大学で知り合ったようだ。)



某日、旦那友達旦那と私と3人で遊ぼうと言われた。

代官山のおしゃれなカフェが1時間待ちだった。

待ってる間カフェに併設されたカラフル雑貨屋さん

ふらふらしていると旦那友達雑貨を見ていて

何だか色々話してしまった。

コーヒーの種類、挽き方、食器の話、経済

電車政治の話、最近ニュースとか。

難しい話なんだけど、うんうん聞いてしまった。

理解できるように言葉を変えて話してくれた。

から見てると私と旦那友達夫婦で、

旦那がその連れ添いという感じだった。



何とかカフェ入店した。

ケーキを食べる時、何度も美味しいねって言われた。

菓子を少し分けてくれた。

旦那はずっと携帯電話を触っていた。



旦那のこと、すごく愛してる。

この人は私の手が届く範囲の中で多分1番素敵な男の人だった。

から結婚しようと言われた時、迷わなかった。

旦那に何の不満もない。むしろ感謝さえしてる。

愛してる。私も幸せ



でも旦那友達と会ってしまうたび

この人は素敵だ。好きだ。

こんな人と結婚できたら幸せだろうって思う。

ちょっと目を合わせられないくらい、好き。



気持ちを伝えるとか、

旦那抜きで会ったり、不倫とかは絶対にない。

今の平穏生活を守りたい。



でも、また会いたいなぁ....。

2016-09-23

愛とは何か

1.

高校のころ伊藤整愛について書いた評論を読まされたことがある。

十年以上も前のことだし記憶あいまいなのだが、内容は「西欧キリスト教)でいう無償の愛とかいうやつは日本では無理www反論ある奴はクソブス女でも愛せるのか言ってみろ!おらっ!」みたいなものだったと思う。

高校生だった自分は「ああたしかにそうだ」とえらく納得し、愛というもの絵空事のように感じて、男女間にあるのはただ性欲と情だけなのだという彼の論旨を素直に受け容れた。

2.

しか大学に入ってこの考えにほころびが生じてきた。

大学天使のような女の子が居たのだ。彼女は今でいうスクールカーストの上位層だったのだが、誰とでもわけ隔て無く接し、卑劣裏切り行為をした相手に対しても幸福を祈るというような少女だった。

いま思えば彼女クリスチャンだったんじゃないかと思う(そういえば名前聖書に出て来る女性風の名前だった)のだが、当時の自分には彼女が全く理解できず、上述した伊藤整評論の内容を軽く非難めいた口調で説いたりしていた。

いま思えば赤面もの行為なのだが、彼女はそれをニコニコしながら聞いていた。

3.

そして最近キング牧師愛について説いた説教を読む機会があった。

これも一読しただけでうろ覚えなのだが、要約すると「『愛』と『好きになること』は別物である。神が私たちに『敵を好きになれ』と言わず『敵を愛せ』と言ったことに感謝すべきだ。私たちは、憎む敵を好きになることができなくても、彼のために祈ることはできる」という趣旨だったと思う。

これを読んで今まで持っていた伊藤整流の「愛」観が崩壊した。伊藤整通俗的な「愛」のイメージ問題を論じていたのではないか

4.

がっくりして人生を振り返ってみると、自分はどうも愛と無縁な生活を送ってきてしまったらしい。

大学天使のようだった彼女はいま何をしているのだろう。きっと愛に満ちた生活を送っているに違いない。

学校一言も発することのできなかった暗黒時代

いま思い返してもただただ悲しくなるが、

小3から小学校卒業まで学校の連中と

文字通り一言も交わしていなかったという暗黒時代がある。




きっかけは、親が強制的少年野球チームへ入団させたことだった。

野球のものは好きだったが、ああいう「集団で何かをやる感じ」とか、

「ノリを求められる雰囲気」とか、とにかくああいうのが大嫌いだったんだ。





少年野球への入団は当時の自分にとって相当な精神ダメージとなり、

周囲に大きな壁を作り始めた。

チームのやつらとは当然口を聞かなかったし、

次第に学校友達とも話さなくなった。

少年野球の奴らに、学校で話していることがばれると

なんかやばい気がしたんだ。





喋らなくなるとそれはそれで厄介な状況になる。

「無口」「無口」「無口」

周囲に罵られる日々。

表情もなかったし、あれは軽度の鬱だったろう。

小3まで遊んでいた友達とも疎遠になっていった。





ある日、ひとりだけいた友達と話しているところをクラスメイトに見られてしまった。

増田くんが喋った!!!!」なんて大騒ぎされるもんだから

それでまた心を閉じてしまう。

そのうち学校ではその親友とも話せなくなった。

まさに八方塞がりである






それでも小学校卒業を迎えるころになんとか立ち向かおうと奮いたち、

中学のころには少し話せるようになった。友達も少しできた。

中学校卒業を迎えるころには、高校ではもっと話せるように頑張ろうと奮起し、

相変わらず友達は少ないながらもまともに会話できるようになっていった。

大学に上がるころにはもう調子に乗っていて、

今でも飲み屋馬鹿騒ぎしたり旅行にでかけたりできるくらいの大切な親友ができた。

彼女もできた。







社交性を取り戻したといったけど、正直なところ今でも

人に壁を作る癖は治っていなくて、心を開くのに最低2年はかかる。

グループ」に属するのも慣れなくて、

社会人にあがってから孤立した状態で、

数人の心許せる同期と飲みにいくような具合である





そろそろオチをつけたいわけだけど、

あの無理やり入らされた野球、結局高校まで続けていたんだ。

鬼監督には罵られるし、先輩にはボロカスに言われるし、

後輩には馬鹿にされるし、同期ともノリについてけなくて孤立して、

あの雰囲気はどうしても好きになれなかったけど、

野球は好きで、ずっと続けた。






そのおかげで半端ない体力がついたし、

高校野球をそれなりに厳しい環境で耐え抜いたみたいなところは、

なんの取り柄もない自分評価してもらえる唯一のポイントになったりもしてる。






親も、息子にまともな社交性を身につけさせたいと思って入らせたらしい。

というわけで、今は親にも野球にも誰にも恨みもなにもなくて、

結局は自分生来ネガティブ性格根本的な問題なんだと思う。





ひん曲がった性格だけど、こんなんでも付き合ってくれる友人にはとても感謝している。





いま同じように学校で周囲に馴染めない子やもしかしたら話すこともできない子も

いるかもしれないけど、こんな自分でもまともに社会でやってけてるわけだからいまは耐えよう。

殻にこもったままでいい。自分がその気になったときまで待てばいい。

その時に思いっきり殻を破ってやればいい。心臓バクバクするけど財産になるよきっと。

彼氏と家でゆっくりしようと思ったんだけど

デートはいつも外食で、毎回彼はオゴってくれる。私よりも彼のほうが給料が良いからって、いつも出してくれる。感謝してますありがとう

でもいつもそれだと彼の財布も大変だし、私も何か彼のためにしてあげたいと思ったから、「家で料理作って待ってる」って言っちゃったんだけど、何作ったらいいかからなくて。

小さい頃、お母さんがよく作ってくれてたスーパーで売ってる皿うどんの麺だけ買って、餡はクックパッドで調べて作ってみた。なかなか良くできたと思うんだけど、彼は酢とコショウをたくさんかけてた。

で、食べ終わったあと彼が「麺、売ってるヤツだよね?」って。麺からはお母さんも作ってなかったし、え、って。

彼の家には調味料ほとんどなかったし、お酢だって私が買ってきたんだよ!お皿も大きいのないなかで一番大きいのにギリギリ載せて。お肉は20%オフになってたのもあったけどちょっとでも新鮮なほうがいいかなと思って普通の値段のにしたの。

自炊って大変だな。頑張るね。でも一緒に家でゆっくりできてうれしかったよ。またご飯作らせてね。いつもありがとう

http://anond.hatelabo.jp/20160922224826

長谷川某はイケハヤのように海外からもっとスマート炎上せよ

http://blog.livedoor.jp/hasegawa_yutaka/archives/48487334.html

http://blog.livedoor.jp/hasegawa_yutaka/archives/48497760.html

(閲覧注意)


ヨッピーだったら炎上しないのかなあと思いつつ、もしそうだとすればはてなーも堕ちたもんだけどさ。

まあ、ヨッピー他人を口汚く罵ることはなさそう。自分がいつその状態に落ちるかわからいから。「元アナウンサー」という肩書の有無でこうも評価が変わるとなると、やはり日本は先手必勝なのだなあと思うわけです。「とと姉ちゃん」でも「自己実現欲求のために働いているのに、貧乏だと後ろ指を指される」という一言があって、日本の「ちょっと人と違うことに嫉妬して叩く」というのも変わらないのだなあと。




そんな話がしたいのではなくて。

Weblogの方も一通り読んで、大体の主張理解。ただ、僕は長谷川某が耳を傾けるに値しないという先入観で読んでいるから、原則伝わらないと思うけど。



 某のスタンスとして『炎上ってとても素晴らしい。だって拡散できる。』というのがあるわけで、炎上はある種意図的にやったと解釈。だとすれば、一次炎上すれば、某は目的を達成したわけで、その後のTwitterブコメにムキになって反論することはないのだと思うのです。だって、『ピーチクパーチクとうるさい人』扱いだろ。つまり取るに足りない有象無象だと思っているのです。

 別に彼らを無視するのはかまわないし、無視すべきだと思う。ネトウヨがうざいように。でも、某はそれも執拗に叩くのです。『なんなら、私を応援する現場医師たち、15人くらい、呼んできてやろうか?参考になる話、たくさん聞けるぜ?』『ネットで私の悪口を書くしか能のないバカたち』などと。



 これは某が本当に『あなた方の現実はちゃんと分かっています。』と言いたいなら、彼らにムキになって相手にすることはないと思うのです。すればするほど、某も彼ら同様に「悪口を書くしか能のないバカ」扱いされてもしゃーないなと思うのです。かくいう私も度重なる某の煽りに対し、「長谷川某?あーまた人格破綻者がなんか言ってるわ」などと先入観で見てしまう。残念ながら、今回の一件も、たとえ某がどれだけ『ご自身に全く非もない中、腎臓を悪くされ、人工透析を行っている患者・またご家族の皆さん。』の苦しい思い、悲しい思いを取材していたとしても「人格破綻長谷川某がなんか言ってるわ」と私は思ったので、「ご家族の皆さん」の思いは1mmも伝わらんかったんですよね。

(つーか、ちゃんと取材しているならわざわざ『あなた方の現実はちゃんと分かっています。』って予防線張らなくてもよくね?だって長谷川さんは私たちのために、あの憎き不摂生透析患者を叩いてくれている。ネットはいくら叩かれようと、わかってるよ」と"あなた方"はわかっているのだから、それをわざわざアピールせんでも。)



 これはすごくもったいない。これこそ日本の損失。



 まず、仮にも記者自称するなら、伝えたいことが聞いてもらえない、伝わらないって致命的なことだと思うんですよね。存在価値の有無を問われるレベルで。






 ただ、某には感謝しているんですよ。だって、「日本若者たち生活が「崩壊している」から言っている」「私たちの子供が大人になった時、あまりにも絶望的な国・日本を引き継がなければいけなくなってくる」から吠えているそうなんですから。私も30歳なので世間的には十分若者、なので某は私の味方のはずなんです。全然味方感ないけど。



 いや、某が勝手日本正義感ぶってくれるのはありがたいんですよ。一銭の得にもならないのに、むしろバカどもからいわれのない謗りを受け続けても(いくら無視しても物理的な被害可能性とか、精神的な澱はやっぱり溜まってくると思います家族親族への謗りとかも)吠え続けているんですよ。でも、それだけエネルギー使うのもったいないと思うんですね。少なくとも家族はいい顔をしないでしょう。

 なので、某にはマジでシンガポール香港移住して、浮いた取材に係るエネルギーを私腹肥やすほうに使ったほうがいいと思うんですね。「まだ日本で消耗してるの?」などど言いながら。だって「こんなクズ保険年金システム国家」なのですから。少なくともあなた家族絶対winですし、あなたに多くのエネルギーを使って叩いている人々も別の活動能力注げるからwin。朝から次の朝まで延々と仕事してる厚労省職員精神的な苦痛を受けずに済むしwinなんですよ。



 おお!完璧だ。



 なので、某は心から海外移住おすすめしたい次第です。




追記。

なんか隊長っぽくなった。

自業自得かどうかの判断システム」はどうやってやるんだ?という叩きもあるけれど、これはある程度まではできるように思う。まず先天的糖尿病患者ex.1型)は排除それから遺伝子検査腎臓を患いやす遺伝子を持った人も排除できるだろう。(遺伝子検査の精度はさておき)また、生活習慣のチェックリストや、これまでの健康診断結果を基に評価するという方法もできそうだ。(個人情報保護法を乗り越えるのは少し大変だが。。。)これまでの診療歴を見てもいい。ストレスチェックよりかは遥かに評価簡単そうだし。

 とはいいつつも、

 1.評価基準ってあるのか?ないならエビデンスに基づいた基準を最低でも学会レベルで定めないと。

 2.システム構築に係る費用って、現状の透析システムを続けるのと比べてどれぐらいペイするの?

 主張するなら、せめてこれぐらいのデータはほしいよねえ。

http://anond.hatelabo.jp/20160922234600

手料理を作ってもらったら、感動するんじゃなくて感謝するんじゃないの?

もっとも、増田の挙げたケースだと俺も感動はしないと思う

2016-09-22

今日料理作って待ってるねといってた彼女

明らかにインスタントものらしいか焼きそばを作って待っていた。

軽く「コレって売ってるやつだよね?」と尋ねたら、ちゃんと野菜も肉も買ってきたし使ってるのは麺だけなので料理してると思うと言っていた。

しかしこれを料理として許したら、インスタントラーメンネギと卵を入れただけでも自炊扱いになってしまう。

どこから自炊なのかその境界線を知りたい。





追記)ブクマありがとうございます

ちなみに彼女が使っていたのはシマダヤのかた焼きそば2食入りで、あん付属のもの使用していました。

野菜スーパー最初から切ってある野菜炒めパック、肉は豚のこま切れでした。

フライパンは使っています包丁は使っていません。





追追記)再びブクマコメントありがとうございます

会社から帰ってきたらこんなに反響があってびっくりしました。

今更付け足すこともないのですが一応言葉足らずなところもあったので補足しておきます

この話の趣旨ブクマカの何人かが指摘してくださっていたように、彼女手料理&お出迎えなんて夢のシチュエーション!うっひょう!な気分が、5~10分くらいでできてしまうような簡単料理をチョイスされてしまったことに少なからずショックを受けたということです。

お約束どおり料理をして待っていてくれた彼女のことは感謝しています

その上で、どうして自分はこんなにがっかりしちゃったんだろう、どんな料理作って待っててくれたらこんなテンション下がらなかったんだろうと思ってこの話を書きました。

彼女にも読んでもらいましたが笑ってました。あんまりかいこと気にしない性格なんだなということが今回の件でわかった気がします。

あとちょっとおもしろかったのが、僕が「かた焼きそば」と書いたところを「皿うどん」と表現されている人が何人かいたことですね。

皿うどん」という名称関西方面とか長崎の方の人が使うんでしょうか?発見でした。

自分なりの結論としては、同じような市販品を使った料理でも、クックドゥ中華とかなら全然しかったと思います

パスタはありかな?と思いましたが、レトルトソースかけただけだったら多分同じくテンション落ちてたような気がします。

彼女料理が苦手な人ではない(はずな)ので、単にめんどくさくてかた焼きそばにしたみたいです。

もし次に作ってもらえる時がきたら、そのときはどんな料理でも全力で美味しがることにします。

どうもさまざまなご意見ありがとうございました。

http://anond.hatelabo.jp/20160917222724

遅くなってすまない、元増田だ。



私の思っていたことを大体汲み取ってくれた感じの反応なので、素直に感謝する。

実際のところ、私も元増田で挙げたものについては全く別の作品であるということは理解している。頭でね。

ロキノン系がただの雑誌の話だというのもわかっているし、アジカンセカイ系なんて言われた時には自分自身「違うわい!」と叫ぶ。

少なくとも「君と僕のセカイ」ではないというのは確かにそうなのだ



しかし、その一方である感覚が問いかけてくる。「ちょっと待て、こいつらには何か同じものが込められている気がしないか?ほーら、共通点があるだろ?」と問いかける。

こんなにも違うはずなのに、何か同じもの見出している感覚がある。

シン・ゴジラ」と「君の名は。」は全く別の作品なのに、「同時期に公開された」というだけで共通点を見出そうとする人たちがいる。何か似た感じが込められているような気になっている。そして、「震災からの影響」だったり「セカイ系から離脱」だとかよくわからんこじつけも出てくるのだ。



今になって見ればそれくらい冷めた目でそれらを眺めることが出来るが、00年代の当時は私もまだ若かった。

から、やはり共通点見出したくなってしまったのだろう。



私が求めていたのは、「これらに共通するものを教えてくれ」ではなく、「なぜ同時代の全く別のもの共通点見出ししまったのか」「その勘違いはどういう理屈で起きたのか」といったことについての謎解きである



まあ、もうどうでもいいんだけどね。今はメロンパンを食べながら相撲を見つつ書いている。

人に死ねと言える人間が信じられない

なんでそんなひどい言葉を言えるのだろう。

言ってる自分が恥ずかしくならないのだろうか。

あのような人たちを見るとアトピーゾンビはまだ心が腐ってないんだなと安心する。

まともな心を持っていてよかった。感謝感謝

2016-09-21

正常を実感するために異常行動をとる

休みの日はわざと徹夜などの異常行動をとり、平時の正常状態比較する。

正常状態いかに正常かを実感し、普段の行動を自己承認する。

健康感謝するためにわざと不健康になるのだ。

母が死んだ

一人で住んでいた母が死んだ。

死んで5日経って見つかった、孤独死だった。 

死ぬ10日前くらいには電話で話してて、いつもどおり、喧嘩をして切った。

 

最後の会話は、

俺「そんなこと言われる筋合い無いよ。切るからね。」

母「なにそれ…。」

だった。

 

遺体確認で見た母親は少し腐敗が進んでいて、触れることさえできなかった。

葬儀屋に預けて、次に見たときにはもう骨だった。

 

それからのことはあまり記憶は無いけれど、

なんとか諸々の手続きを片付けながら一ヶ月とちょっと経ったらしい。 

仕事にも戻って、普段通りの生活になり、ゲームなんかもするようになった。

普段通りの生活になればなるほど、母が居ない事実が嘘に思えてしまう。

また電話がかかってくるんじゃないかなんて考えてしまう。

 

生きてた間は嫌いだったはずの親は、やっぱり大きい存在で、失いたくない存在だったんだなと実感する。

50で死んでしまった母親に、まだ何も返せていない気がするし、何もしてやれなかったななんて思って、

でも後悔してもどうにもならないことってあるんだなぁみたいな。

今なら死後の世界とかを信じたくなる気持ちがわかる。

 

この後悔をどこまでも引きずって生きていくんだろうか、俺は。

母親に面と向かって感謝言葉とか言ったり、結婚式とか孫の顔見せたりしたかった。

二度と会えないんだよな、もう。

2016-09-20

若手俳優オタに軽蔑されたジャニオタの話

多分、ていうか間違いなくどうでもいいし、こんなことを長い間気にしている私が悪いのであろうが、でも誰かに相槌を打って欲しくてここにきた。だから痴呆のおじいちゃんの話を聞く気持ちで読み流してほしい。




高校の時、ある女子アイドルが好きな友達が居た。その子セーラームーンCCさくらおジャ魔女どれみなんかも好きで、漫画もたくさん読んでたか普通の女オタクたまたま特定アイドルも好きだったって感じなんだと思う。

その頃の私はびっくりするほど無趣味で、好きな友達学校が離れたことからすごく塞ぎ込んでいた。今思うとなんで友達になったんだろうってぐらい暗かった。何にも楽しいことがない日々を憂鬱に過ごしていた。

ある日、話の流れでその友達が好きなアイドルの話になった。テレビで見たことはあったから「楽しそうでいいよね」って言った。別に嘘ではなかったけど社交辞令みたいなもので、特段そのアイドル思い入れはなかったけど友達好きな人達ではあったから褒めておいた。ら、異様に食いつかれて物凄い勢いでダイレクトマーケティングされた。次の日には「いつ返してくれてもいいから!」ってDVDを2本渡された。

正直引いた。引いたってかびびった。怖かった。

それでも、毎日暇だったしせっかく友達が貸してくれたんだからと思って見た。


結果、どハマりした。正直言うと後半は泣きながら見た。

見た次の日にその子に報告しに言った。そのアイドルたちがどんなに素敵で美しくてかっこよくてかわいいか教えてくれてありがとう気持ちでいっぱいだった。近くに同じアイドル応援するファンがいなかったらしい友達はハマったことをとても喜んでくれて、分かち合える人がいてくれて嬉しい、一緒にコンサートに行こうね!って言ってくれた。私も嬉しかった。


毎日ぶすったれてたのが自然笑顔になった。そのグループが出る番組は調べて全部予約してた。推しが出ててレンタルできるDVDは全部借りた。最寄りのツタヤにあったやつはほぼ見たと思う。結果、生きるのが楽しくなった。推しが同じ世界にいる、それだけで幸せになった。

そうしたら、いろんなところに良い影響が出た。

ニコニコしてるだけで友達は増えたし、いろんなことが上手く回るようになった。アイドルとその友達感謝した。、

そうして1年ほど経った頃、アイドルの繋がりで出来た友達から「そういう雰囲気が好きならこのアイドルもどう?」とまた別のアイドルグループを紹介された。名前は言わないけど、ジャニーズのあるグループだった。

何の気なしに中古DVDを買ってみたら、とても面白かった。

その女子アイドルも変わらず好きだったけど、このグループも魅力的で素敵だった。

そしてある日、軽い気持ちでその子に話した。進級してクラスは違ったけど、廊下で会えば雑談をする仲だったし、アイドルの話もかわらずよくしていた。今、このグループも好きになってきてるんだよね、と。

ドン引きされた。

ジャニーズ?」って言われた。「私、そんな男の人に興味ないから…」って軽蔑しきった目で言われた。

心底バカにしていますって顔だった。

彼女はその女子アイドルの妹分にも手を出していたから、別に他のアイドルが嫌いなわけではないのだと思っていた。

から、ハマってくれるとまでは行かなくても話ぐらい聞いてくれると思ってた。

変な間が空いたから、男の子アイドルの何がいけないか分かんなかったけど、ごめんって言った。

「ううん、いいのいいの…でもあたし、芸能人の男の人に興味ないから」って言われてそうなんだって相槌を打ちながらショックを受けた。これって軽蔑される趣味だったんだなと思った。

結局、私はそのジャニーズアイドルを好きなことをもっと近しい友達親友家族しかしないまま高校卒業した。

卒業間際、たまたま彼女と話をした。

春のコンサートが決まっていたから、どこの公演に行く?って聞いてみたんだと思う。

そしたら「もう会員期限切れちゃったかチケット取ってない!あ、余ってたら呼んでね!」って返された。

しかった。でも、この人にはもっと楽しいことができてしまったんだなあ…と感じただけだった。

嘘です。

バカみたいに金かけてたファンクラブのダッセェグッズどうすんだろうなコイツ…今回の倍率知ってんのかお前…と思ってました。

事実私の3倍以上はかけてたと思う。言っても、私も高校生にしては結構頑張ってた方だと思うから金額は察して。

んで、大学へ進学したのが去年の春。

大学進学を機にリアルでもツイッターを始めたら、彼女からフォローが来た。別段フォロリクを拒否する必要もないので許可した。

ら、

若手俳優オタになってた。


ズゴーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


なんなん?!?!なんなんお前?!?!「芸能人の男の人に興味ないから…」ってあの女オタクありがちなアピールはなんだったんだ!!!!!!!!傷ついた私の気持ち!!!!!!!!!!!!うおーーーーーい!!!!!!!!!!!!Hey,Siri!!!!教えて彼女の考えの変化!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

めちゃくちゃ脱力した。しかもその子応援してる俳優さんはほぼほぼ2.5次元舞台しか出ていないらしい。四捨五入したら30近いんじゃないかその人。今その段階で大丈夫なの?まあ私の知ったこっちゃねえし私に言われたくもないだろうけどよ!!!

「男」を応援した私をバカにした彼女は今、その若手俳優さんにほぼリア恋っぽい。

なんでそんなことがわかるかというとツイートから多々恋心がにじみ出ているかである特定されないようにそれについては記述を避けるが、その他にも「出待ちしちゃった…(><)」「今日学校休んで当日券狙う!」とか大変香ばしいツイートを垂れ流している。

正直めっっっっっっっっちゃ面白いヤラカシ、自ジャンルにいたら最悪だけど他ジャンルにいたら超面白いんだな。

どう考えても、自担の方がその若手俳優さんよりファンいるしお金持ってるし権力も持ってるし演技力ビジュアル歌唱力もあると確信できるぐらいに成長しているから、こんなにうじうじする必要はないんだと思う。それに彼女が降りてから女子アイドルはメキメキ成長して見違えるようであり、それをもったいないとすら思う。

なんでこんなにモヤモヤしてるかって、女として見下されたからなんだろうと思う。

ジャニーズ応援するなんて、バカな女だ、と彼女の瞳は物語っていた、

自担が貶められ気がしたし、私の株もドトーンと下がった気がした。けどそんなことない。

相手ジャニーズだろうと若手俳優だろうと女子アイドルだろうと応援する気持ち序列はない。良いも悪いもクソもねえよ。

男だろが女だろうが応援したいと思える人が素敵なことに変わりはないんだから別にそれをバカにするのはおかしい。

その人が大切にしているものバカにするってことはその人の完成をバカにしてるのと一緒だって早く気づいた方がいいよ。

あと、その出待ちとか絶対にその好きな人迷惑かけてるからやめなよ。学校は好きにしたらいいけど。金払ってるのお前の親だし。

めんどくさくてしつこいオタクだなあとは思うけど、いじめられっ子の執念深さに免じて許してほしい。

つーかアイドルだろうと俳優だろうとなんだろうとファンになったら負けだよ!その人に感情も財布も握られてんだから



なんか長い文章になってしまった。ここまでウンウンしてくれた人がいたらありがとう

それでは、彼女から定期的にくる「東京おいでよ!時間が合えば一緒に舞台でも見ない?」って言うラインに「ごめんね、今月は忙しくて…」って返信しながら昨日のMステ編集します。あーあ、早くコンサートまらいかな。

http://anond.hatelabo.jp/20160920153436

深夜アニメ誕生により、規制にとらわれない自由奔放な作品が多数生まれた現状を思い起こすと

私はあなた感謝したいくらいだ。

その辺の女がスシ数個分の米を残した残さないでいちいち感謝の心がとか育ちが~とかグダグダいうのアホとしか思えん

みんなコンビニとか飯屋とか食品業界毎日馬鹿みたいに膨大な食料を捨ててるのを許容してんだろうが

飯なんてその程度の価値資源ってことじゃねえか

2016-09-19

映画 君はゴジラの聲

みんなが盛り上がっていたので、ファインディングドリー以来、久しぶりに劇場に足を運んだ。以下ネタバレ含む感想

君の名は。

良いところ

・くっついた

新海誠は、恋愛映画最後に二人をくっつけた方がいいとようやく気づいたらしい。

・人以外の絵が綺麗

彗星とか。ご神体盆地の外縁から景色みたいな壮大な絵を無理矢理シナリオに盛り込むのも良い。

悪いところ

・隣の席のカップルおっさんの方

上映開始前に下らない話を大声でひたすらに続けてくれたお陰でテンション最悪。おっさん本人は片割れに対するひょうきんな俺アピールのつもりだったのかもしれないが、あれは公害以外の何物でもなかったし、おっさんじゃない方保護者としておっさんを即刻つまみ出すべきだった。上映中もうるせーし何だったんだあの豚。

・手の動き

金麦の生まれ変わりが板書してるところ超キモい

主題歌

前前前世がどこで流れてたのかわからなかった。寝てないのに不思議

シン・ゴジラ

良いところ

行政機関の内部描写

実態に即しているか不明だがリアリティを感じた。各人物無能有能度合いも極端でなく、戯画化の度合いがちょうど良い。このパートあんまりにも面白かったので、特別事件が起きない架空内閣の成立から解散までをだらだらやってくれるだけの映画を見たい。誰か撮って欲しい、もしくは既存作品を教えて欲しい。

自分東京在住

各シーンを地理的に把握することが容易で、感情移入も楽だった。蒲田が吹っ飛んだ時は、蒲田在住の姉に心の中で感謝した。

ゴジラが怖い

今までに見たのはビオランテ~デストロイアまでの作品だけで、その実内容を殆ど覚えていない。ただゴジラを怖いと思ったことは1度もなかったし、戦隊のロボ戦と区別していなかったと思う。翻って今回、ゴジラが動き、道路家屋が吹き飛ばされ、都心が赤く染まる光景は心底恐ろしかった。多分それまでの過程作品リアリティレベルを上げるよう苦心した結果だと思うんだけど、これが本当に新鮮で驚いたところ。ジュウオウジャーも週一くらいのペースで大惨事が起きてるんだけど、あれはリアリティを低く保ってるからストレスにならないんだなと改めて気づいた。

悪いところ

石原さとみ

石原さとみ別に悪くない。通勤中東メトロ看板で顔を見かける度にストレスが和らぐし、総監督もそういう狙いがあったんだと思う。

聲の形

良いところ

OP

冒頭は石田カレンダーカウントダウンを始める下りから。その後は軽快な音楽にのせて石田島田島田じゃないやつの関係性をモンタージュ表現しながら右から左ジャンプしてる例の構図でタイトル。最高。

・永束

一番最初に×が剥がれる人物。登場時点で石田に十分感情移入していたため、終始好感の持てるキャラ。永束も石田によって救われているはずなんだけどそれをあまり意識させない。いわゆる天使

・結絃

みんな誉めてるけど気にせず誉める。完璧仕事をした。君の名は。ではどうでもいい仕事をしていたけど差し引きでも大幅にプラス

・取捨選択

この映画石田主人公で自他との関わりがテーマになっている。元々原作者恋愛ジャンル標榜していないが、映画さらにその手の描写オミットしている。例えば植野石田に対する感情原作と変わりないのだが露骨表現をほぼ削り落としている。寝込みも襲わない。それはラストの違いにも象徴されるように石田西宮間でも同様であり、結果として上手くテーマフォーカスすることに成功していると思う。恋愛コミュニケーションの一形態ではあるけれど、一形態しか過ぎないので。石田西宮の行動についても、原作では読者が意図解釈しづらかった部分がスムーズに把握できるつくりになっている。シナリオ各所でなるべく台詞での説明を廃して絵と音で観客に理解させようという姿勢が見てとれて、全7巻の原作を2時間に落とし込む上での問題を上手く解消している。キャラの細かい仕草に気を使って意味を持たせているので何周しても損はしないタイプ映画川井描写が減った結果存在が若干マイルドになり、西宮への叱咤を観客が受け入れやすくなった。植野も同様。真柴は少しかわいそうだが本領を発揮されても困る。原作自体が優れた作品だったが、それを2時間映像作品として昇華した結果一回りも二回りも質が上がった。意義のある映画化だったと思う。

悪いところ

・鯉

パンを食べさせ過ぎて怒られそう。

評論家

評論家ねぇ...

申し訳ないが、君の評論には興味ないんだよ。

こちらが興味あるのは事実だけ。

事実に対しての解釈はこちらで考えるから結構

何故、君の意見なんか聞かねばならんのだ?

そもそも君は一体誰なのかね。

何処の馬の骨ともわからんつの批評なんか聞くに値しないだろう。

まぁそれが君の仕事で、それでオマンマ食ってるんだからしょうがないだろうけれども。

それを公共電波で延々と垂れ流すことにどれほどの意味があるというのだね。

私の講釈はタメになるってか?

君の講釈坊主説教とさして変わらんよ。

当たり障りのない占いみたいな内容だ。

でも世の中に不要というものはないんだよな。

世に存在する全てに作用がある。

こうやって私が評論家について評論することも君があってのことだ。

感謝しているよ。

サンキューベリーマッチョ

http://anond.hatelabo.jp/20160919151229

なら日本弱者も「まだその程度の位置で済んでいること」の運の良さに感謝して

ぎゃあぎゃあ支援やらなんやら求めることを自制するべきでは

レールに沿った人生だなんて羨ましい

レールに沿った人生なんてこの世には無いよ。

もし有るとしたら「親の言う通りに進んで親の跡を継ぐ」とかそういう人生のことじゃないかな。

でもね、それだってよーーーっぽどやりたい事がある人とかじゃなければ人生の後半では感謝するはず。

安定なんて無いんだよ、どこにも。

もしレールが有ってそれが見えて乗れるなら、乗っておいた方が将来絶対安心から。迷うのはわかるけどね。

今「レールを敷いてあげるからその通りに人生を歩みなさい」って言われたら、私は喜んで乗るわ…