「大勢」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 大勢とは

2016-06-30

http://anond.hatelabo.jp/20160630005144

なんか分かる。

普通男性っていうカテゴリーですら、昔は日本男児はこうあるべきってのに縛られたりしてたしね。

ゲイの人は派手でオネェ言葉を明るくしゃべる場合はなんとなく受け皿があるけど、そりゃ暗いゲイもいるわけで。

そういう人はマイノリティの中にも存在するこうあるべきっていう姿からも外れちゃって辛そう。

派手でオネェ言葉っていうのはそうしなければ生きられないからしてるっていうところがありそうで、

目立つから観測されやすいだけでそれがスタンダードではないような気がするから

それによってその他大勢が生きづらくなるのもなんだなって思う。

だけど、派手なオネェ言葉キャラは、まずは世間認知させるっていう大事役割も担ってるわけで。

まぁそっちは大分浸透してきたから、そろそろスタンダードマイノリティケアにも目を向けた方が良いような気はする。

2016-06-29

疾患や薬剤の作用面白おかしネタにするとは

さきほどツイッターとあるツイートを見かけ、大変驚いたと同時にすごくやるせない気持ちになったので少し書かせてください。

そのツイートというのが、

とある向精神薬(検索避けのため薬品名は伏せます)を服用すると副作用として男性でも母乳が出たり、女性のように胸が膨らんだりします!とても現実味のある方法なので腐女子の皆さんはぜひこのネタで受けにミルクを出させてあげてください!Let's母乳

といった内容でした。

どうでしょうか。正直ドン引きしか言いようがありません。

これをツイートされた方は実際にその薬で治療を行っていてその副作用もご自身経験されたそうですが、

向精神薬というものがどういう状態の人が服用するのか、『副作用』という言葉意味男性の乳汁分泌・女性化乳房がどういう意味を持つのか、この薬を服用していてご自身でその作用を実感されているなら嫌というほどわかっているのではと思うのですがその上でこうしてネタにできるというのは不思議でなりません。

よく創作のための雑学bot~のようなものでも少し医学的な分野に触れた内容は見受けられますが、こういった具体的な疾患や治療、薬剤に関してその作用や症状などを面白おかしく扱うというのはあまりにも倫理観に欠けるのではないでしょうか。

ここでは名前を伏せましたが実際のツイートには薬剤の名前がハッキリと入っており、検索するとその作用や処方状況、服用している方の相談ブログ等も見ることができます

その中でこのようなツイート話題となり、検索結果の上位に上ってきたとしたらどうでしょうか。実際にうつ病等で向精神薬による治療必要となりこの薬を処方された患者さんが、他に使っている人の感想副作用を知りたくて検索をかけてこのツイートに行きついたらどう思うでしょうか。または女性化乳房や突然の乳汁分泌に驚いて、病院に行くのも恥ずかしくてネットで調べようと思った男性がこのツイートを見たら。どう思うでしょうか。

自分病気が、または身体の異常がこのように面白がられてましてや性的コンテンツとして消費されている現実をどう感じるでしょうか。

なにもうつ病向精神薬に限ったことではありません。

いつだか、こちらも女性ツイートで、

前立腺は歳をとると大きくなるって聞いたから、若い人よりもおじさんの○○(キャラクター名)の方がお尻の感度がいいんだ」

といった発言を見かけたことがありますが、こちらも同じですよね。

前立腺は確かに加齢とともに生理的変化として肥大しますがそのせいで排尿に関する問題を抱えて悩む方もたくさんいらっしゃいます

ましてや前立腺癌というもの存在します。おしっこの出が悪いなら前立腺癌ではないかと言われて不安になった方が検索してみてこれが目に入ったらどうでしょうか。

少なくとも私なら、自分病気不安の種をこんな風に面白おかしく書かれ性的コンテンツネタにされていたらいい気分はしません。

今回例として挙げたのはどちらも腐女子男性の体について触れ、ネタとして扱ったものですが、もちろん逆もあるでしょう。

男性女性病気や疾患、体調の変調について興味半分で触れ、性消費のネタとすることも少なくはないと思います

あくまでも今回私が問題と感じたのは『実在する疾患や障害の症状、その治療行為及び薬剤等を面白おかしネタとして扱う』ことに関してです。

信者及び対象となる方の性別や年齢・遍歴・疾患・国籍人種等は問いません。誰が誰のどんな疾患(症状/治療/薬剤…)に対して行っても等しく問題であると思います

自分経験者だから良い、つらさがわかってるから良い、面白がるつもりはなかった…等、どんなことを言っても受け取る患者さんはそうは思いません。

医療者であればこのような発言いか不適切患者の心を傷つけるか、また自身立場を脅かすものであるかわかると思いますが、そうでない方には自分が発する疾患等についての情報の重大性がわからないのも仕方ないのかもしれません。

ですが、他者病気、すなわち困難や苦痛をまるで笑い話のように扱うことが良くないことであるのはわかってほしいと思います

実際に検索をかけてみたところ、当該薬剤の使用経験のある方の「向精神薬飲まなきゃいけないほど精神がまいってる時にこの副作用はつらかった」「かなりうつ病が進行してる状態から性的な欲求は起こらない、それどころではない」といった苦言が見受けられました。ツイートされてからわずか数時間の間に何件もこういった意見が出されています

医療者のように法的な責任を負えとは言いません。教育も受けていなければ免許を持つわけでもないのでその必要はありませんが、ともすればうつ病精神疾患患者団体から訴えられたりしてもおかしくはないと思います

当人は「(疾患や薬剤の効能について)考え方は人ぞれぞれだから仕方ない、私はそう思わなかったからこういうツイートをしてしまったが、自分がこう考えるから他人もこうだというのは無理がある」「私の考えとあなたたちの考えは違う」「文句を言ったりブロックするのは自由だが考えを押し付けるな」と述べられておりますが、この件、すなわち医療に関してばかりはそうもいかないのが難しいところなのだということを、今回このツイートをした御当人にも、そしてこれを読む人にもわかっていただきたいと思います

病気に関しては、当事者の受け取ったことが全てなのです。痛みがその本人にしかからず数値化できないのと同じように、病気障害のつらさやそれをどう受け取るかも確かに人によって違います。ですが、「人によって違うから面白く扱っても許される」ということではないのです。個別性があるなら、大勢に向けて誰か一人の尺度で発信してはいけない、もしするならそれは責任を負わなければならないということです。医療者の常識押し付けるような形となるのは心苦しくもありますが、病気で苦しむ人がいる以上知っておいてほしいとも思います

それがわからないのなら、軽率にこういった医療行為及びそれに関連した物品薬剤企業等に関する発言はしないで頂きたい。責任を取れないのは仕方がないが、だからといって何でも言っていいわけではないということです。

病気は誰でも当事者になる可能性があり、誰にとっても不安苦痛をもたらします。

そのことさえ忘れないで頂ければ、このように疾患や障害治療薬剤やその患者等を面白がって消費するような発言はできないと思います

また、そのような発言拡散する方たちに同じことが言えます。誰かがRTや共有などでその発言を広めることによって、これを不快だと思う方のところに届く確率は間違いなく上昇します。

発信しないことと合わせて、こういった疾患・障害治療に関する不適切発言は広めないこともお願いしたいです。

どうしても発信したい、そういうのが好きな方に教えたいと思うのであれば、せめてアカウントを非公開にするだとか、DMやその他クローズド手段にて個人的にやりとりする程度の配慮はあってもよいのではないでしょうか。

自分発言が誰からアクセス可能ものであるということをきちんと弁えて頂きたく思います

長くなってしまった上、ともすれば特定の一個人を攻撃するような形にはなってしまいましたが、今回あまりにも問題があると思ったため書かせていただきました。

これを機に少しでもそういった発言の減ることをいち医療従事者として切に願っています

いたずらに患者さんの不安を煽ったり、不快にさせるようなことはやめていただきたい。たとえあなた医療者でなく、その疾患に関係がなかったとしても。

病名や障害名、薬剤や治療法が存在する以上、それに苦しめられている方も必ず存在します。そしてインターネットはその患者さんとそれらに関係のないあなたを一瞬で結びつけることのできるツールなのです。どうか、どうかそのことを忘れないで欲しいと思います

ここまでお読みいただきありがとうございました。

2016-06-26

EU推し=グローバリズム推し」だと思っていたが

ネットだと、日頃はグローバリズム批判する向きが大勢を占めてるように映ってたんだけど、の割に今回の英国EU離脱について喝采を送る声がほとんどないのはなぜなんだぜ。

行列の出来る店に集団で行く奴がわからない

一緒に座れる可能性が低いし長居できないし大勢で行くと余計に待つことになるし良い事が全く無い。

どうしてわざわざ行列店に集団で行けるの?

2016-06-24

http://anond.hatelabo.jp/20160624182459

若年層では残留派が優勢らしいよ

しかし当然ながら選挙権のない年頃の子供も大勢いる訳で

そういう子供達にまで今回の投票責任を負わせるのはどうなんだか

なんでつまらないやつに限って声がやたらとでかいの?

よく一緒につるむやつが本当につまらない。とりあえずでかい声を出しておけば面白いと思い込んで叫びまくるバカ大学生からハブにしようだとかはないか自分が受け入れてもらえていると思ってはめ外してか詰まらなことを叫みまくる。ある日の昼休憩にゼミのみんなで昼食を買いにいったんだが、その時にそいつが他の人も大勢いる中で「テクノブレイク!!!テクノブレイク!!!」と叫び始めた。幼稚園児くらいの子も近くにいるのに、だ。「やめろよ」って言ってんのにそれを突っ込みだと勘違いしてかまた大きな声でつまらないことを喚きだした。

なんでこういうやつって自分が嫌われてるのわからないの?バカなの?そういう常識のないこと言うなって教わらなかったのか?親の顔が見たくなるわ。本当に消えてほしい。お前は存在公害なんだよ。気付いてくれよ。

うおおおおお~~株で損した~~ああ!!

っつっても八千円だけどな。

ささやかギャンブルとして、今日は500円儲かったな、ありゃ今日は800円損したか

おおよっしゃ今日は1200円ん!!

といった具合で慎ましやかに一喜一憂してた。

8割遊びで、2割はもし万一大当たりして2倍になったら売ってやろw、という気持ちで居た。

もちろん倒産して全額紙切れになってもまあいいやと思えるタネ銭での遊びだ。



でもそんな穏やかな遊びでも八千円のマイナスって笑っちゃったよ。

これが笑いじゃ済まされないヤバイことになってる人も大勢いるんだろうな。

今日くらいの損をぶっこいても余裕の気持ちで笑える範囲でやるのが一番健全だなあ。株は。

AV出演強要って本当にあったのか?

最初に断っておくが、AVは嫌いだし、AV擁護するつもりはないし、AV禁止したっていいと思ってる。

だが、最近目につき強要キャンペーン不愉快イライラするから少し増田に書いておく。

AV業界のことわかってない人多いと思うけど、2000年ころからAV女優は余っていてそう簡単仕事をもらえる状態ではない。

大勢が応募してくる中で事務所メーカースタイルよくてかわいくてちゃんと芝居ができて性格が良くてタフな子を選んでる。

やれるかどうかよくわからないと思ったら素人モノで何本か試してみる。それで行けそうだとなったら名前つけてデビューさせることもある。

名前のついている女優というのは選び抜かれた精鋭なんだよ。

だけどそんな名前のついた女優でもそもそも供給過剰だから少しでもトラブったら干される。

代わりはいくらでもいる。無理やりやって警察に駆け込まれたら下手すりゃ集団強姦罪刑務所行き。そんなリスク犯すとは思えない。

ところが、例の元女優は100本以上も出演しているとされる。名前公表していないので確認できないが、おそらく事実だろう。

これほどたくさん出演出来ているということは、その撮影トラブルがなかったということを間接的に示している。

そして、この元女優はかなりの額を稼いでいると思われる。売れっ子なので安くはないだろう。仮に1本平均で30万円として3000万円以上になる。

それだけのお金をもらっておいて被害者だの家畜だの奴隷だのというのはいくらなんでも現役の女優に失礼ではないか

ということで、強要されましたという主張はいくらなんでも通らないんじゃないかと思う。警察強要罪では逮捕していない。妥当判断だろう。

そもそも、強要されたものでないのとしても今のAVは許容されるのか。

今のAVモザイクに隠れて本番行為をしているのだからどう考えても公然わいせつ罪だ。すべてのAVメーカー刑事告発すればいい。

AV健全化させたいのなら人前でセックスさせてそれを録画し販売する行為非人道的からやめろと正面から主張すべきだ。

縛り上げて殴る蹴る踏みつける糞尿精液を食わせる、そんな行為はどこからどう見ても虐待だ。仮に同意があって許されるものではないと正面からはっきり声をあげるべきだ。

これを気に少しでも健全AV業界になりますように。

2016-06-19

http://anond.hatelabo.jp/20160619182406

お前ははてサを知らなさすぎる

現在はてサで最も影響力のあるid:haruhiwai18さんやid:Arturo_Uiさんならブコメ一発で大勢ネトウヨを皆殺しにできるしid:GI17さんやid:bogus-simotukareさんのようにネトウヨが増えれば増えるほど力を増す能力者もいる

はてサ内弁慶なのではなく帝国主義的な外部への侵略をよしとしないだけ

そもそもニッポソ自衛隊がはたしている役目すらはてサ言論パワーで完全に置き換えることができる

人類はてサに論戦で勝てる者はいいかはてサによる統治が実現すればアメリカとき逆立ちしてもかなわないスーパーパワーを持つ国家誕生することになるのだが、反米からこそ自分たちが第二のアメリカにならないよう力を抑えている

まずははてサの主要アカウントお気に入りに入れてブコメ毎日音読することから始めてみてはどうか

2016-06-18

漠然とした結婚願望の正体

「結局のところ、性欲がないと男は女と付き合えないし、結婚もできないのだろうか」という疑問が、ふと生じた。

正直なところ、俺は漠然とした結婚願望はあるが、そういう「行為」について願望はほぼない。ていうか「子作り」と割りきりたい。

しろ、性欲旺盛な他の男がいたら、俺の代わりに子供を作ってくれ。俺の子として育てたい。極論をいうとそんな感覚ですらある。

じゃあなんで結婚願望があるのか考えたが「もう学生じゃなくなる=就職しなきゃ」の感覚に近いかもしれない。

「もうそろそろいい年齢=結婚しなきゃ」なんだろうな。

世の中に無職ニート大勢いるけれど、たぶん俺はその状況に陥って平気でいられないタイプなんだろうな。

ある程度の年齢で、結婚できる見込みがないから、社会的に認められないような不安があるんだろうな。

そう考えると世の中まだ、結婚するのは「普通」という感覚なんだろう。

というか、その感覚なくなったら、この国は滅ぶわな。

もうちょっと前の、結婚しないことがほぼ許されない風潮のあった時代なんかは、世間体だけのために結婚したけど、まあそれなりに幸せですって感覚の人も、結構いたのかな。

現実

なんのためにアイドルファンやってるかって、全力で現実を忘れるためにやってる。

現実の中には、自分容姿や、お金や、性格も含まれている。アイドルの前でファンは、自分容姿お金性格も忘れて、一流の容姿の異性と疑似恋愛している。

それが、アイドル現実世界で1人の人間として、容姿お金性格も整った異性と熱愛発覚した時の、現実み。

あれはすごい。

突然画面が暗転して現実を見せられる。

最初は怒る。なんだこれって。いくら金貢いだと思ってる返してくださいね分かりますよねとか追い詰めた気でいる。

実際に追い詰められてるのは自分

現実に。

現実を忘れてる間に、本当に容姿(肥満、老化)や、お金(退職失業借金)や、性格(コミュ障)を損ない、現実を見せられて初めて気付く…。

アイドルが全てになったら、ファンやり続けるしかないけれど、アイドル人間からいつ終わってもおかしくない。

アイドルアイドル自身にも現実がある。

毎日現実自分ではない言動を繰り返し、恵まれ容姿を決して結ばれることはない大勢の人に捧げ続ける。現実幸せになろうとすると世間が怒り、ファンはいなくなる。

ファンはいつまでも自分に夢中でいてくれる訳じゃない。年齢を重ねるだけで、少しでも容姿にかげりが出るだけで、終わってしまう。

書いていて気付いたが、現役アイドル現実も手に入れた人が1人だけいる。SMAP木村拓哉だ。43歳、妻子あり、しかイケメン代名詞かつアイドル、彼を一目見れば、現実疲れた女性の心が潤う。

でも彼だけだ。彼もまた、現実で戦い、血を吐くような努力や苦渋を、見せない。

自分アイドルも、現実を忘れて一時を過ごす空間。それが全てであってはいけないと言うなら、きっとそれは、アイドル自身が一番感じていることなのかもしれない。

2016-06-17

武者小路レイスっていう名前カリスマ的なアイドルが出てきたとして

なんせカリスマ的だからの子には当然熱狂的なファン大勢ついて社会的現象になるよね。

すると、その熱狂的なファンたちはレイシストって名乗るし、世間レイシストと呼ばざるをえないよね。

これは大問題になるぞ…。

2016-06-14

http://anond.hatelabo.jp/20160613112157

まあネタ切れだよね。

「○|○|」のときみたいに「なんであれがマルイなのよ!」っていう都会に対する心から叫びが足りない。

原作1巻で終わっていれば名作だったタイプ

OVAなら上下巻か、3巻ぐらいまでなら名作だったタイプ

原作が一人では絶対限界が来るので、やるなら大勢で「みんなが思ったことあるネタ」出ししていかないと続けられないと思う。

2016-06-13

http://anond.hatelabo.jp/20160613130536

はてながやってる匿名ダイアリーってすごくいいよ!

大勢増田たちがハマってるよ。

もうね、増田の良さは文章では説明しきれないので、みんな「増田はいいぞ」って言ってるよ!

2016-06-12

http://anond.hatelabo.jp/20160604234004

「もしかしたら王道・基本の意味自分と違う捉え方をしている気がしました。自分は娯楽作品としての基本、つまり大勢の観客の視聴に耐え得るストーリーのしっかりした手の込んだ作品を考えていますTVアニメ劇場版はいえ、最低限のストーリーの質を要求するのもこの点からです」

時間のうち1時間30分が戦闘シーンという特殊作品基本的映画に求められる要件要求しても意味がないような……?この映画ファンサービスの要素が強いということを理解したほうがいいんじゃないの?

とりあえず同様のファンサービスが主な目的とした劇場版アニメを色々と見てみたらどう?けいおんまどマギラブライブあの花タイバニマクロスサイコパスアイマスとかあるけど。

サミット終わって

なにごともなくサミットが終わった。伊勢志摩ではサミット後にこれを利用して、なんとか利益につなげようとアイディアを巡らしているし、県内ニュースといえばほとんどがサミット関連が続いている。

こうしてみると、サミットに限らず最近どうにも利益への変換方法観光しかない事態に気付いた。じっとテレビニュースを見ていると「観光客の出足に期待」との一言が多い。北海道新幹線にしても、熊本地震にしても、箱根火山レベルオバマ大統領広島訪問文化遺産指定産業遺産、いろいろ。

そんなに観光旅行をするのかな、と疑問だ。すくなくとも私はここ数年していない。旅行をしたい希望は薄く、非常に薄くあるのだが、具体的に目的地もなく、アナザースカイ、小さな村の物語をみたくらいで満足してしまう。なんなら正直散歩くらいでも旅行欲は満たされてしまうのだ。(余談だけどたぶんVR機が普及したらこういう旅行映像が求められるんじゃないかと思う)

自分の中の観光旅行の優先度と、観光産業の期待の熱量の差が大きすぎるように見えるのだ。正直、そんなに興味を惹かれないのだ。その程度の情報増加で時間資金観光旅行にあてようとは到底考えられないのだ。

あと、このきっかけで旅行に行ったとしても「テレビで見た」との感想で終わるように思える。たぶん、私がモンサンミシェルを見て抱く感想は「テレビと同じだ」なんじゃないかな。

また漂泊の思い止まず、といった焦燥もない。そういうのは贅沢の範疇かな、と今は思う。

そう、贅沢なのだ観光は贅沢で、私の暮らしにその程度の贅沢の余裕がないのだ。金にも時間にも体力にも意識にも。私の贅沢したい欲は、たまに車を走らせてへんばもちを買うくらいで十分に満たされるのだ。

国内のそこかしこで、あれほど大勢の人たちが観光に頼みをつないで、その期待は満たされているのだろうか。それとも世の人たちは私とは違い、みなそれほどまでの観光旅行欲を持っており、その欲に従っているのだろうか。

2016-06-11

エンターテイメントがしぬかもしれないはなしその2

エンターテイメントがしぬかもしれないはなしの続き。

前回は2000年2010年あたりのアイドルジャニーズお笑いジャンルでなにが起こっていたのかということをさらっと(わたしの十代の記憶と共に)振り返った

では現在虫の息である若手俳優の世界でなにが起こっていたのかということも一応書き記しておく

まさに2.5次元ミュージカル王様(なぜ若手俳優の舞台はつまらなく、客席が埋まらないのかおたく真剣に考えてみたブログ参照)であるテニミュが初めて上演されたのは2003年のことである

当時の話はパイセンたちからのお話でしか聞いたことがないけれど、はじめは客席が埋まらないのでキメ様のライブをおわりにやったりして、キメ様のおたくとかでがんばって埋めていたらしい

ちなみにみんな大好き氷帝学園、いまをときめく斎藤工が出演していた氷帝公演が行われたのは、2005年の話であるから、テニミュ(若手俳優)の世界も前述の通り、やっぱり2010年向かって右肩あがりの時代だったんだと思う

それでは今度こそ2010年以降、おたく世界になにが起こってきたのかをふんわり考えてみようと思う

現状として、大きくふたつの問題がエンタメおたく界の中に発生している

ひとつは、村社会としてのおたく世界におけるおたく高齢化社会、ふたつめは、生産的おたくの少数化である

このふたつは繋がった大きなひとつの問題である


⚫︎「おたく高齢化社会」とは

その名の通り、おたく高齢化が進んでいるという話である

変な話だと思うかもしれない。今日本は国として、ずっと偏見を持たれて消極的に虐げられてきた「おたく」という異常な世界ひとつ国民性としてピックアップしていって、それを日本の特色としてビジネスにしようとしている

そして、おたくではない人たちがおたく世界に土足で踏み込んできて、自分たちが興味を持った部分のみを取り上げて「これがおたくなんです!」とテレビ雑誌なんかで言っちゃってる

元々こういうサブカル推しの政策になるまでにおたくになっている人たち(わたし含め)は昔の閉鎖的なおたく世界の中での「みんな違ってみんなとりあえずよし」というのに慣れているからあんまり気にしてないかもしれないけれど、

新規参入してきたおたくの人たちはひょっとしたら、マスコミたちが取り上げた「おたく世界ひとつの側面」を見て、自分でなにか実体験として掴み取ることもせずにこれがおたくなんだとぼんやりと捉えているだけなんじゃないかとわたしは危惧している

おたくというのは長らく村社会である

村のコミュニティーの中に入れていようが、村八分されていようが、そこに存在する限り、とりあえず全員村民である

例外ももちろんあると思う。

例えばワンピースが好きだったとして、毎週ジャンプを買い、単行本を買い集め、アニメを視聴し、自分なりに設定についての考察を行う

これをネットなどに発表することなく、誰に見せることもなくひたすらノートに書き綴っていたら、自己完結しているので、他者から村民として認知されることはないと思う

けれど、この人が例えばホームページを立ち上げて自分なりの考察世界に発表したら、例え誰かと交流を持たなくても、わたし村民として世界に存在していることになると考えている

他のワンピースおたくは誰かしらそれを読むだろうし、感想メールする人もいるかもしれないし、リンクフリーと書いてあったら、リンクページやブログにその考察サイトのURLを貼るかもしれない

かたや、HPを立ち上げたもののアクセスがなかったら、自らサーチに登録するかもしれない

こうして、村の中へと入っていくのである

村の中には色んな人がいる。

一流企業で働いているエリートもいれば、ニートに近いフリーターもいるし、学生もいれば、子持ち主婦もいる

けれど、暗黙の村の掟というものがおそらくどのジャンルおたく世界にも存在して、もちろん可視化されたものではないので、最初はわからないのだけれど、どの村にも、RPGゲームで話しかけてくる村民みたいなやつがいて、

これはこうすればいいんだよ、これがどうなんだよ、とふんわりと村の掟を教えてくれていた

物事というものは、完全にゼロから創造されることはない

そこになにかが存在して、そして、基礎とされるルールが存在して、初めてそこからなにかが生み出される

ことにおたくという生き物は、おたくという側面においてイチからなにかを創造する生き物ではないと考える

何かが存在して、それになにかアレンジを加えて、別のなにかに変化させるのがおたくだと思う

なにが言いたいかというと、アイドルがいて、おたくがいる

漫画があって、おたくが読む、舞台が上演されて、おたくが観る

おたくというのは、創造されたなにかを完成させる上で不可欠な存在ではあるが、まずはじめは受け手

受け手として、その世界に存在するにあたって、どんな世界にもルールがある

けれど、情報化社会の中で、おたく世界の中の村という概念が何年も前から崩れている

これは、若い子に限ったことではない。

マスコミが取り上げたおたく世界を見て、おもしろそう!と新規参入してきた年配おたくも同様である

そうすると、どういうことが起こるのかというと、新規参入おたくたちはSNSなどのツールばっかりは立派に持っているのだけれど、RPGゲームで話しかけてくれるおたくがいないものだから、

レベル上げの方法を知らずにずっとマサラタウンの横の草むらでコラッタキャタピーや同じようにそこに留まって地図を持たないおたく同士で、これがおたくなんだー!たのしー!となっている(もちろん例外もいる)(自ら見つけていけるんだから、わたしと違ってまじ天才的だと思っている)

村民おたくマサラタウンおたくとのおたくの分離化が進む中で、旧型のおたく高齢化が止まらない

⚫︎「生産的おたくの少数化」とは

どのジャンルにもいると思うのだけれど、ツイッターに常駐していて、キチガイを名乗っている若い自称おたくの子たちがわりと一定数いる

これは本当にかわいそうだ。

なぜならなんの生産性もないツイッターに常駐して時間を無駄に浪費しているということはおたくでもキチガイでもなんでもなくて、生産性の低いただのかまってちゃんだからだ

けれど、それでも時間が潰せるものだから、若い子たちはきっと常駐してしまうんだと思う

ツイッターがリアの頃に普及していなかった世代からすると、完全に異常なので、正直積極的にリプを飛ばして関わり合いになろうとは思わない(自分のことを棚に上げてこんなことを言っているがわたしも相当別のベクトルやばいヤツなので、関わり合いにならない方がいいと思う)

わたしが若い頃は、ツイッターがなかったので、ひまだったらもっぱらブログを更新するか、様々な匿名掲示板を眺めるか、仲間内でチャットメールをするか、などしか暇つぶしツールがなかったのだけれど、完全に村社会だったので、

なぜかそんなわたしを見ておもしろそうと思ってくれた色んなお姉さんが色んなことを教えてくれて、暇つぶしの中でも生産性のある暇つぶしツールを与えてくれたというか、

ジャンルおたくの先輩として、例えばこのライブはどのアーティストのどのライブの影響を受けているから、そっちも見ていた方がいいだとか、

この作品を見て、こういう感想を持つなら、きっとこの作家のこういった本が好きだろうから、読んでみたら?だとか様々なアドバイスをもらった結果、

10年以上かけて、こんな神の視点からブログを書くような高尚おたくに育ったのである

(十代の頃から3歳から10歳以上年上の友達とばかり遊んでいたので、地方の女子高生の身分で東京女子大の講義にこっそり潜りこんだりしているような変な女子高生だった)

はっきり言って、おたくおたくとして存在している時点で9割は凡である

だから、自分でなにかを創造することはできないと思った方がいいし、レベル上げの最も簡単な近道は先人に教えを乞うことである

テニミュに関してだってそうである

素晴らしいことなのか、残念なことなのか、若い子たちはどう捉えるかわからないが、テニミュというコンテンツが好きでファーストから通っているおたくはたくさんいる

DVDで当時の公演を振り返ることは不可能ではないが、ネルケは財布をしめていくことを決して許さないので、きっと過去の公演のDVDまで買いあさるなんてなかなかできることではない(それに残念ながら逮捕者がでている公演のDVDは発禁になっている)

ひとりそういうババアおたくと仲良くなって、そういう話を教えてもらって、自分の中にインプットして、そこに自分なりの仮説と解釈を加えるだけで、高尚おたくになれるのに、

ツイッターを眺めていると結局同世代同士でつるんでいるのが多い気がする

その点において、タレコミとかで叩かれているような痛いおたくの子たちの方が結局現場で昔からいるババアたちと顔を合わせて、情報戦で勝てないババアたちといかにうまくやっていくかという課題と直面しているので、

よっぽど要領がいいというか、低姿勢で吸収力があるなあと個人的には思う(ババア側の人間)

⚫︎なぜ生産性の低いおたく多数派だとダメなのか

ここまで読んで、どうして生産性の低いおたくだとだめなんだ、ツイッターで同世代で楽しくつるんでなにがだめなんだ、痛いワタシみたいな高尚おたくになる必要性がどこにあるんだ、と思った人が多数だと思う

なぜダメなのか、

まずひとつめは、マサラタウンの草むらには何年もいられないということ

ふたつめは、マサラタウンの草むらにいただけではポケモンプレイしたとは言えない

ので、布教ができないということである

例え話だとぴんとこないかもしれないので、それぞれについて解説していく

まず、ファンではなくおたくとして存在する以上、ただ消費するのではなく、消化(昇華)できるおたくにならないと、自分でなにがおもしろくて今コレに時間とお金を費やしているのか、わからなくなるとき絶対くる

おたくを自称するくらい、何かが好きなのだから、どうして自分はそれが好きなのか、それにはどんな魅力があるのか、その魅力は他のものと比べてどう秀でているのか、せめてこれくらいは言語化できた方がいい

というか、これをきちんと言語化できる人は、ロジックリーなんかに頼らなくてもたいていのことは物事の本質と原因を分析できる人になるから、生きていく上でもたぶん役に立つから便利だと思う

言語化するには、その世界を知る必要がある。

何年もおたくをやっているババア絶対たいていは厄介なので、積極的に関わり合いになれとは言わない

けれど、ロム専だとしても(もはやロム専という言葉は死語かもしれない)(黙って眺めてヲチっているという意味だと思ってください)自分でなにか発信している人は見ていた方がいい

そこには自分と異なる考えがあるので、自分の考えと比較対照することができ、自分の考えがどういったものなのか、再検討することができ、より強固なものにすることができる

なんでそんな難しく考えなきゃいけないんだろう、ただの趣味なのにと思う人もいるんだろうなあと思う

けれど、よっぽどの天才ではない限り、エンタメを作る側もいきなり完璧なものを作り出すことはできない

特に制作側の人間はおたくが少数派なので、おたくの「これがこうだったらもっと好きになれるのに」ということをことごとく外すことにおいて、才能に溢れている

自分が何かを楽しみ続けるとなったとき、舞台だったらアンケートを書くなり、アイドルだったらツイッターで運営のエゴサにひっかかるようにあーだこーだ言うなり、直接現場制作に話しかけるなりしないと、

自分の中で、あれ?と思ったもやもやは解消されない

そういうことをしないとエンタメ側もレベルアップしないんだと思う

だいたい、大きくなりすぎたエンタメが衰退する理由として、ひとつエンタメおもしろくなっていくということに関して現状のツールでは絶対限界がくるときがあるということ、

そして、大きくなりすぎたエンタメは、ビジネス化されすぎていて、「こうなったらいいのにな」というおたくの考えの届かないことろへいってしまっていることがあげられるんじゃないかとわたしは思っている

おもしろエンタメがあると、どうしてもそこにお金が集まってしまうので、ビジネス化されてしまうのは、仕方のないことなんだと思う

けれど、今の日本においてそれが悲惨なのはたまたま様々なエンタメジャンルが同じようなタイミングでピークを迎えてしまい、エンタメ世界が、大爆撃でもあったのかという惨状になってしまっていることだ

しかもその間におたく側も情報化社会の中で変形していって、おもしろエンタメを育てていく体力のあるおたくが少数派になってしまった


アイドル世界戦国時代が終わって、きっとこれからあの2009年2010年ドラマに溢れたAKBのような盛り上がりを見せてくれるアイドルはもうしばらく現れない

仕事や現実疲れたアイドルおたくを癒すために様々なハコやショッピングモールで特典券を武器に細々と生きていくアイドルたちとおたく世界になってしま

モーニング娘。ミスタームーンライト愛のビッグバンド以降ハロプロ世界に帰ってしまったように、元々アイドルおたくだったひとたちのためのエンタメとしてきっとこれからは存在していく

お笑いも今、バラエテイこそあるものの、若手が芸を披露する場がほとんどない

お笑いは漫才やコントをやって、初めてお笑いとして成立する

バラエテイでの面白さなんてその場にはまれば誰でもおもしろいので、お笑い芸人である必要性などなにもない

芸人はなんでもやって当たり前なんだから、それと比べて木村佳乃がなんでもやった方

おもしろいに決まっている

お笑いジャンルは今、現場難民(芸人側の) に溢れている結果、おもしろい漫才どころではないんじゃないかという印象だ

ジャニーズも、嵐の人気はおそらく今よりでることはないだろう

そんな中で、わたしたちの青春だった若手三組がそれこそ大爆撃を受けたみたいにメンバーが半分くらいに減っている中で、じゃあその下にくる平成ジャンプが元気なのかというと、最近伊野尾がようやくそ美少年さを世間に認識され始めたが(といっても伊野尾わたしと同い年なのでもう少年ではない)

まだ平成ジャンプブレイクするという実感はない

セクゾもメンバーが増えたり減ったりするので、正直ジャニヲタあがったババアはついていけない。デビューしたユニットでそんなことありえます?よくわからない

じゃあウェストはというと、今の関ジャニくらいになれたらいいねーくらいの認識でしかない、わたしの中では

ファンのひとは怒るかもしれないけれど、こう見えて一応彼らがジュニア時代に松竹や梅芸でお仕事していたときにそれなりに見ていたので、ブチギレするのは超古参のお姉さんたちだけで勘弁してほしい

関西ジャニーズの抱える問題と可能性と闇については触れ出すと話が終わらなくなるので割愛

けれど、上記ジャニーズたちが決して売れないと言っているのではなく、現状の悲惨なエンタメ界を今すぐ引っ張っていく力があるかと考えたときに今すぐは無理だという話なので本当に怒らないでください

若手俳優の世界はおそらく痛みを伴う革命でも起きない限り、もう無理である

アミューズドリフェスとかやり始めちゃった時点で、あー事務所もそう思ってんのかなーとわたしはおもったぜ

大したビジネスでもなかったのに、いろんな大人がよってたかってダメにした感がある

たぶんこれからたくさんの失業者が発生するというか、まあ引退する子たちがどんどん増えていくと思う

まあ若手俳優はあんまり稼げるお仕事ではないので、その点においては大丈夫かなあと思っているけれど、元ジャニヲタとしてはジュニアが引退したのちに逮捕される流れにはうんざりなので、ちゃんとそれぞれに生きていく道があればいいなと思う

それがエンタメ世界だったらどんなにいいことかとは思うけれど、今若手俳優の世界にはそんなに飯のタネがないので、なにも言えない

結局、若手俳優のあとに台頭してきた読モジャンルも、KPOPも若手俳優よりも早くマイナー世界へ帰っていってしまったので、

今どこでなにが元気で盛り上がっているのか、わたしの目には見つけられない

それがおそろしくて色んなおたくにこの話をして、今なにが盛り上がっているんだろうと聞いても、みんな首をかしげる。

広告で働いている男の子にもこの話をしてみたけれど、スポーツなんじゃない?と言われてしまった。

残念ながらわたしスポーツには一切興味がない。あとオリンピックに向けてスポーツが盛り上がるというのは、長らく当たり前のことなので、それはこれまでのエンタメに取って代わるものではないし、

そもそもエンタメではないんじゃないかという疑念が拭いきれない

だいたい女ヲタ世界において、あの人どこにいったの?という話をすると、二次元だと聞くことが最近は多い

けれど、二次元絶対すぐ今の異常な熱は終わるんじゃないかと思っている

なぜなら今の二次元の盛り上がり方はグッズ収集だが、グッズの収集という盛り上がり方は、これ以上の発展があるんだろうかとハタから見ていて思うから

わたしは本当に理解できない、これだけお金をかけるくらいこのキャラが好きなんです!みたいな競争をするくらいだったらホストじゃだめなんだろうか、きっと何回か寝れる

若手俳優のおたくをやっていて同じことを何十回も言われるので、もちろんそれじゃだめなことはわたしもよくわかっているが、俳優と違って二次元キャラ特別扱いしてくれないし、そもそも概念でしかないので、非常に難しい盛り上がり方だと思っている

しかし、その一方でわたしみたいな変なタイプじゃない女子の欲求を満たしていることも理解している

みんなでこアニメならこのキャラが好き!みたいに推しを分けてみんなで朝から池袋やらスカイツリーやらTSUTAYAやらに並ぶのが楽しいんだろうなというのは知識としては知っている

団体行動好きの女子にはたまらない「みんなで一緒になにかをしている!」感なんだろうなと思う

だからかなり前の記事になるが日経MJとかはグッズ収集女子を特集する際にもっとそのへんに重きを置いて取材をするべきだったと思ったよ

そもそものそういった子たちの行動心理ってたぶんそこなんだから。

現地で交換したりとか、そういうのが楽しいんだと思うよ。

表面上はキャラへの愛でこんなことになっちゃうくらいこのキャラが好きなわたし!ということになっているが、実際半分くらいはグッズ収集に付随する様々なことを楽しむタイプの女子が大多数のはずだ、女の子は自分を思い込ませるのがうまい

でもそれはもはやアウトドア的な楽しみ方であって、エンターテイメントではない

水道橋に行けばいつでも誰かしら友達がいる!みたいなテニミュなどのアウトドア的側面がピックアップされた趣味だと思う

このままエンターテイメントはなにも新しいものが生まれることなく、これから冬の時代を迎えて、大勢がなにかに熱狂することがない時代になるのだろうか

わたしはそういった大盛り上がりジャンルに身を置いているタイプではなかったけれど、このままなんの盛り上がりもない状況というのはとても不安になる

そして、なによりエンタメを作ってきた側のひとたちが、この危機的状況に気づいているのかしらと非常に不安になる

おたくからするとこれは結構やばい状況である

わたしエンターテイメントがなかったらこの年まで生きてこれなかったかもしれない。

本当にどこかで尽きて死んでいたんじゃないかと思う

今の若い子達にわたしエンターテイメントに救われたようになにか別の救いがあるんだったらいいのかもしれないけれど

ストレス社会と呼ばれて久しい日本で、現実逃避ツール代表であるエンタメがしにそうだ

そして、みんな違ってみんないいという考えを浸透させたせいなのか、国民が多様化すると見せかけて、思考停止した人たちを量産しているだけな気がする

若い子たちと働いていて本当に思うのだけれど、「どうしてこうなんだろう」ということを考える力に欠けている子達が多すぎる

このままだと日本のエンタメどころか、日本自体がいつか沈没するんだろうなと思う

このままだと日本は確実にヤベエ

そんなもうすぐアラサーババアのつづった生産性のない、エンターテイメントがしぬかもしれないはなしでした。ちゃんちゃん

イジメ

http://b.hatena.ne.jp/entry/b.hatena.ne.jp/entry/cild.hatenablog.com/entry/2016/06/10/082755

これ、そんなにか?て思ったは

ブスって言葉だったりであれだけど、ちょっと寄ってたかってブクマがあれだったので、本文をよくあれして要約してみた。



女性結婚において、顔や見た目が良いほうが有利だと世間では思われがちだが、実際はそうではない。

周りを見渡すと、顔の良し悪しと結婚率はまったく関係がないように見える。

結婚、ひいては人間としての魅力という観点では、顔や見た目は全く関係がないのではないか

美人とは言えないような人でも、きっとステキな魅力があるに違いない。

人は見た目では測れないのだなぁ。」



まぁ、うん、確かにそうだね、って感じでは?

美人とブスという構図においては、美人さげのブス上げといった内容。

その構図自体への言及が間違い。ブスが傷つくからやめなはれ。

障碍者と健常者、老人と若者とか、何でもイイけど、強者弱者的なものへの言及すべからくアウト、というならアウトなんだろうけど。


まあ、ウェブにおいて信用とはログである(散るログだけに)といえばそうなんだけど、なんか、

ちょっと普段から変わり者って扱いをされてる人が、一見あれな言葉(「ブス」と「結婚」)を使うだけで、

「まーたあいつが変なこといってるぜマジうけるwwうぇっwwwうぇっwww」

てな感じで、数名からストンピングされて、その遠巻きからその他大勢

「またそいつなんかやったの?なにやったか知らないけど、そいつに触ると菌がうつるから触るのやめなよwwきったねwwww」

って囃し立ててる感じ、マジあれだわ、教室のあれ。

ほんでこんなこと書くと「本人おつ」とか言われる感じ。


インターネットさいこ

2016-06-09

同担拒否をしてしまった話

様々な場所で「ジャニーズ」における話や文章を見聞きした。

そのどれもに感心させられ、理解を深めた。

そこで、数年前に自身経験した出来事を語りたいと思う。

私はあるグループが好きで応援をしていた。

応援といっても、ファンクラブに入会し年一回のコンサートに応募したり、出演する歌番組を録画したり、DVDを購入したり、そのグループ番組をたまに見たりするだけで、活動の全てを把握し追っている人に比べれば緩いものだったと思う。

過去自身がそのような熱狂的な応援の仕方をしていたこともあったが、上記のような状況に落ち着いた。

応援の仕方が落ち着いたといってもグループに対する熱が冷めたわけではなく、そのグループのことが大好きだった。

よく、ジャニオタには「相方」という存在がいるが、私にとってそれは母だった。

母もジャニーズが好きで、一緒にコンサートに行ったりDVDを見たりした。

親子なので気を使わず、言いたいことを言えるのはとても心地が良かった。

しかしある時、いつものようにコンサートの案内が来て母と申し込もうとしていたら、プライベートで仲の良い友達から、急に私が応援しているグループの一人を好きになったので、コンサートに連れて行って欲しいというお願いをされた。以降、その友達が好きなジャニーズを仮にAと表記する。

Aは所謂、私の「担当」であった。その友達は、今までジャニーズを好きになったことはなく、ジャニーズコンサートに行ったこともなかったが、遊ぶ時に度々Aの話が多くなるのは感じていた。その度に私はAの性格や、昔の情報を教えてあげた。

友達は喜んで、更にAに入れ込んでいった。

そんな状況での頼みだったので、特に何も思うことなく快諾し、コンサートに申し込んだ。

無事当選し、チケットが届いたが、席は非常にメインステージから遠い場所であった。

それを友達に伝えると、とてもショックを受け、お金を出してでもいい席に入りたかったと私に伝えた。

私は会場に入れるだけでも幸せだと感じていたので困惑した。

いい席をお金を積んで買ったりする人がいるのは把握していた。

グレーゾーン行為ではあるし、行為に対する個人的な考えはあるがここでは割愛する。

その行為に手を出すつもりはさらさらなかったので、友達がそのようなことを言い出すのは驚いた。

結局その友達は口にしただけのようで、その席に入ることを選んだ。

ここで少し違和感を感じたが、友達ということもあり大目に見ていた。

次に違和感を感じたのは友達応援の仕方であった。

友達は度々Aが好きだ好きだと言った。

初期のうちは応援に熱が入るのは自身も分かっていたので、友達のAに対する思いを黙って聞いていた。

しかし、次第にAと付き合いたい、Aと出会いたいと言い出すようになった。「リア恋」「ガチ恋」というやつだ。

実際に自分もAに対して「リア恋」「ガチ恋」のような感情を抱いたことはある。もしかしたら今も自覚はないだけで、それと同じような感情を持っているのかもしれない。

だが、私はアイドルであるAを応援しているので、プライベートを貰いたいという思いは初期の熱があった頃を過ぎた今、落ち着いていた。ふざけてAと結婚したいと母に言うことはあったが、どこか夢心地での発言であって本気でそうなるとは考えていなかった。

しかし、友達は本気でそう発言していた。付き合いたい、出会いたい、結婚したい。自分いかにAを好きかという話をされる度、苛つきが増した。

また、友達応援の仕方にも疑問を感じた。Aが出る番組は録画するが、DVDCDは一向に購入せず、ネット上で映像を見ていた。

Aについて、色々なことを語るが、その全てが最近の状況を参照したものだった。長年Aを応援している私にとっては賛同し難いことばかりであった。

極め付けに、友達はAを私と同じ呼び方で呼んでいた。Aには大勢ファンが呼ぶニックネームがあったが、私は少し異なる(といってもごく一般的普通呼び方)で呼んでいた。

くだらないが、これらのことで友達に嫌気がさしていた。自分の器の小ささを感じたが、どうしても苦痛であった。母と応援していた頃の気楽で楽しい気持ちが薄れていた。

そして気付いた。これが「同担拒否」をする理由であると。以前、同担拒否をする意味を語っていた素晴らしい文章を読んだが、それに当てはまっていたのだ。

応援の仕方は、自由だ。だけど、私の応援友達応援の仕方は種類が違う。担当Aの好きな部分も、好きになり方も、見ている部分も全て違う。そして、Aのことが好きな分、独占欲(呼び方や歴の長さ)が出てきてしまう。そんな自分も嫌だった。

そのような気持ちを抱えて行ったコンサートはあまり楽しくなかった。友達がAの事について話しかける度嫌な気持ちになってしまった。コンサートが終わった後、友達ファンクラブに入会した。そして、私に一緒にコンサートに行こうと誘ってきた。

私は友達と共にAを応援することはしたくない。大きすぎる価値観の違いに疲れてしまうからだ。価値観が似ていたら、何か違っていたのだろうか、「独占欲」はなかったのだろうか。

現在その友達とは疎遠になったが、グループのことは変わらず母と応援している。私は、一人でひっそりと応援をしていくのが向いているのかもしれない。現実では、関わる人は通常程度にいるが、ジャニーズ世界では母しかいないのは、それを証明しているかのようだ。

2016-06-08

研究者だけどしんどい

長年、競争相手ほとんどいない学際分野で研究してきた。当時のボスとほんの数人しか相手にしてくれなかったけど、科学のため社会のためになると信じていた。地味ながらも理論をコツコツ積み上げていい仕事をしてきたと思う。でも数年前に、アメリカ研究者がこの分野である発表をしてからいろいろ変わってしまった。ある大きなプロジェクトと絡んでいたこから急に大きな注目を集めるようになって、あっという間に大勢研究者がこの分野に押し寄せてきた。莫大な予算プロジェクト世界中バンバンたって、高額の機器を使った夢みたいな大規模実験がされて、論文がIFの高い雑誌にたくさん出ている。すでに高齢ポスドクと呼ばれる歳になっていた私も、この流れである研究機関に職を得た。だけど、流れに乗ってしまったことを凄く後悔している。私は欧米グループ研究の粗さや足りない穴は理解できるが、彼らの大規模な研究の中ではそんなもの些細な問題になってしまう。私が考えることなど、その数十倍データで潰される。そして彼らの研究の流れが速すぎてついていけない。こんなだから私を拾ってくれた人たちの期待に応えられない。その後ろめたさがあるから毎日いいようにこき使われる。ますます研究ができなくなる。学会でもまともに相手にされない。自分無能ぶりに絶望して、何もする気が起きない。

少ない予算をやりくりしながら、古い機材を借りてひっそりやっていたころは楽しかったな。誰もやっていないことをやっているワクワクとか、自信とか誇りとかそういうものがあった。

もう戻れないんだろな。いっそ全部、辞めちゃおうかな。

ファンキー加藤不倫が信じられない

あんなにまっすぐで一生懸命前を見て歌うような人がどうして人を悲しませるようなことをしたんだろう。

ファンモンの時から彼の歌とパフォーマンスが大好きで、ソロになってもずっと応援してきた。

ライブも何回も行ったし、彼の出るテレビ番組もずっと見てきたから彼のことは人一倍詳しいつもりだ。

彼のすごいところは何せ歌がうまいところだ。

今まで色々な人の生歌を聞いてきたが、大抵の人は生歌独特のムラのようなものがある。

しろそれが味に感じたりするので一概にいい悪いという話ではない。

でも、彼は違う。

彼はライブパフォーマンスであっても、一切のムラがないのだ。

実際にライブでも聞いたし、テレビの生パフォーマンスでも何回も見てきた。

それをあれだけの運動量と、あれだけの表情の中で維持できるのだから普段から並大抵じゃないトレーニングをしているはずだ。

わたしが今まで聞いてきた中で生歌独特のムラがなかった人間は、彼以外には洋楽の超大物シンガーだけだった。

運良く手に入れることのできた日本公演チケットで見た彼女歌声は、むしろ音源を遥かに超えるほどの圧倒的な表現力と歌唱力だった。

彼はそれほどではないにせよ、いつでも音源と変わらない安定感がある。これはすごいことだと思う。

そんな彼が人を裏切るようなことをするわけがない。

彼は騙されたに違いないんだ。相手女性には彼と大勢の彼のファンに謝ってほしい。

彼のような真っ直ぐで正直な人間を騙すなんて本当に許せない。

うちの娘が可愛すぎるんだが。

子育てに苦労している方は大勢いるであろうからなかなか大っぴらに自慢などできるわけもないので増田に書いておく。



娘はもうすぐ2歳になる。

親の目から見れば自分の娘が良く見えるのは当然だがとにかく外見もかわいい愛嬌あるし、頭が良いし手もかからない。



いきなり話は逸れるが、産まれから今まで夜泣きほとんどしたことがなく、したとしても大して苦労もせずに泣き止むし

寝かしつけるのに苦労などしたことがなく、早ければ数分で何もせずにいつのまにか寝ているという有様である寝不足無縁。

愛情があるから苦労を感じないとかそういうレベルでなく、周囲の子育て経験者の話やネット書籍情報比較しての話。

食事でも好き嫌いアレルギーもなくいつもよく食べるし、軽い風邪外大きな病気ほとんどしていない。

早い段階で意思の疎通も可能になり、すでにかなりの言葉を覚えているのでさらに楽になってきた。

イヤイヤ期らしき素振りも見せることはあるが、今のところ家でも外でも問題にならない程度である

危険もの等は自然とわかるのか、走っている車には怖がって近寄らないし、高い所は怖がってしっかりつかまっていたりする。

(もちろん過信はせず常に細心の注意は払っている)

トイレトレーニングも順調に進んでいるし、失敗した時は教えてくれて自分オムツ持ってきてくれる。

服を着たり靴を履いたりというのも自分でできるけど、急いでいるときは親がやっても文句言わないので助かる。

歯磨きも好きで自分で磨いた後おとなしく仕上げ磨きをさせてくれる。

保育園もすぐに喜んで行ってくれるようになったし、祖父母に預ける時も泣いたりしないが、帰ってくると大喜びしてくれる。

あと何があったかな。まぁとにかく楽だよという話。



で、両親や祖父から見てかわいいのは当然として、年配の親戚連中からも今までの血縁で一番かわいいと言われるし

同じくらいの子がいる親戚からもうちの子よりかわいいといわれる始末。

散歩に行けば通りすがりJKからオバちゃんまでかわいいかわいいと寄ってきてお菓子ぬいぐるみをくれたりするし、

買い物や食事に行けばコンビニ店員にもすき家店員にも大好評である

子連れのお姉さんやその辺のおじさんなんかに、いきなり写真をとってもいいですかと聞かれるし、

ごみを歩けばすれ違いざまに、今の子めっちゃかわいいと言っているのが聞こえてくる。



服装や髪形にはそれなりに気を使っているが、高級ブランドを着ているわけでもなく、親戚のおさがりやフリマ等で手に入れたものも多い。

冷静に考えると、娘は二重まぶたでもないし、かわいいかわいいけどものすごい美少女ってわけでもないと思う(両親ともそこまでじゃないし)。

目が大きいのとパーツのバランスが良いのと、あまり人見知りせず愛嬌があるのが大きいのかなと思う。



まだまだこれから成長の過程で、人並み以上の苦労をする可能性も十分にあるし、顔だちも変わってくるとは思うので

将来のことはわからないが現在の可愛すぎる娘についてここに記録しておくことにした。

2016-06-07

不倫理解のあるアテクアピールマジキモイ

ベッキー叩きもキモかったけど

けじめも付けずにだらしなく浮気して挙句パートナー裏切ったバカをもてはやすバカ何なん?

不倫は文化とか言い出しかねない

少子化対策に貢献というコメもあったが、

まあ皮肉なんだろうが真顔で言ってそうなバカも少なからずいるのがゾッとする




なんつーかさあ、

はてなーって弱者の味方のフリして実はだらしがないヤツに甘すぎねえか?

まあはてなーがだらしがないくせに理屈だけはいっちょまえなバカ大勢いるからだろうとは思うが

2016-06-05

美人は凄く好かれてて人気ものだよね大勢女の子友達いるし男女両方に好かれてる

美人美人理由で虐められるなんて絶対無

ブスがブスが理由で虐められて一生地獄なのが真実

不細工オス共が不細工遺伝子残すから父に似てしまって不幸な女性が生まれるんだよ

屑オス共がブスが虐めっ子美少女が虐められ子が大好物なのは

大嫌いなブス叩けて正義の味方できて楽して美少女手に入れられるから

マヌケちゃんの藁人形論法について

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3

相手意見の一部を誤解してみせたり、正しく引用することなく歪める、または一部のみを取り上げて誇大に解釈すれば、その意見反論することは容易になる。この場合第三者からみれば一見すると反論妥当であるように思われるため、人々を説得する際に有効テクニックとして用いられることがある。これは論法としては論点のすり替えにあたる誤謬であり、無意識でおこなっていれば論証上の誤り(非形式的誤謬)となるが、意図的におこなっていればそれは詭弁である

らしいな。

どうも「相手意見の一部を誤解してみせたり」は少なくともマヌケちゃんの特徴なんだが、ここんところマヌケちゃん的にどうなんだろ。

  1. 相手が示した意見を歪め、あるいは一部のみを取り出して解釈し、それを相手発言たかのように言い返す。
  2. さら発言引用する形で一見では否定しがたい自論を作り出し、自らの発言正当性を補強する。
  3. 相手意見同調する不完全な擁護意見を持ち出し、充分な主張・再反論がされたようにみせかける。
  4. 発言の中から一見関係ありそうな問題や考え方を取り出し、さも相手側の意見はこれを象徴するものとして非難する。

01番はやられたな。02番は相手がアホだったんでできてないっぽい。03はその他大勢荒らしの得意とするところ。

04は一番多かったな。基本レッテルははりしかしない。



というわけで相手藁人形論法揶揄するマヌケちゃんは藁人形論法の使い手でした☆