「数字」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 数字とは

2016-06-26

分かる人には分かるレビュー

今回レビューするのは「」。匿名性の強さからまれた「増田書き手11人説」というネタを用いて、主要人物を全て増田と括っている一発ネタ出オチ作品読み切りで終わらせる分には「全部同じで分かりにくいなあ」というネタとして消化できなくもないのだが、なんと本作は連載である

さて、本作は一言表現するならば「分からない」作品だ。構成登場人物ネタ面白いかどうかも分からない。誰が誰なんだかさっぱりだし、何をしてるかも意味が分からないし、内輪ネタかどうか判断に困るし、分かったところで面白いかどうか判断に困るし、とことん「分からない」作品だった。分からなくても面白い作品や、分からないことがむしろ面白さになってる作品はいくつかあるけれど、これはそのどちらでもない。分からないし、面白くない。多分、作者本人も面白いと思って書いていないんじゃないだろうか。

まず上述のとおり登場人物区別が困難なので、構成理解するための読者の負担は計り知れない。後ろに(数字)をつけるというみっともない差別化を図るものの、焼け石に水である。そもそも(数字)をつけられても、読者はキャラクターを把握しきれていないのだからからない。もし、ちゃんと理解するなら0話で説明された設定を別ウィンドウで開いて、各話を読むことになるだろうけれど、果たしてそこまでして読みたいと思うような読者が何人いるか(少なくとも私にはそこまでする気力はなかった)。

からない作品だが、コンセプトは明らかだ。「内輪ネタを散りばめた、なんちゃって作品」で、これは最語まで一貫している。なのに失敗しているなら、それはコンセプトが失敗しているからだろう。最近だとアニメにもなっている「ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?」とかは、ネットスラングを知っていたほうが楽しめる作品ではあるが、知っていなくても楽しめるのは作品構成している主な要素が「内輪ネタ」ではないからだ。

本作の失敗は、内輪ネタを主な構成要素にしたことだ。内輪ネタというものは、知っていなければ基本的面白くない。もし、それを話の主体にすれば、話そのものについていけないことになる。当然、増田を利用しているからといって、はてブ増田で使われているネタを全ての利用者が把握しているとは限らない以上、意図的であろうがなかろうが、この構成は無謀でしかない。

作者が、この難点を理解していなかったといえば、恐らく理解はしていただろう。内輪ネタちょっと捻った表現をして、馴染ませようとしている箇所がいくつかあるからだ。そうすることで、それが内輪ネタだと分からなくても読み進められるように配慮したのだろう。だが、そもそもが「内輪ネタ」を主体にした作品なので、それを理解できない状態で読み進めても面白くない。むしろ、捻って内輪ネタ表現したせいで、本来なら理解できたであろう読者すらふるいにかけており本末転倒である。結果、誰も本作をちゃんと理解して読むことはできない。

総論として、出オチ作品を連載で続けた時点で無謀もいいところなのに、読者に優しくない書き方、内輪ネタの使い方を誤った救いようのない作品だ。仮にそれらを乗り越えて読んだとして、面白いかと問われると、これまた何とも……。批評を書くにあたって全文読んだんだけれど、ツラくて後半は流し読み気味だった。読者にあそこまで負担を強いる構成なのに、それに見合った面白さを提供してくれない。本当に疲れた。仮に評価できる点があるなら、難産で生まれたのが奇形児なのに、それを育てきった作者の根気だろう。むろん、奇形児を生むのもそれを育てる判断をしたのも作者自身なので、同情も賞賛もするものではないのだが。

周りの反応や結果もそれを物語っており、この作品賞賛する人も酷評する人もほぼいない。大半の人にとってそもそも評価対象としてみられていない証拠だ。作者の前作が、面白いかどうかを判断することが容易な程度には読者に優しかった点を考えれば、本作は文章が重たくてそもそも読む気が起きない作品といえる。「分かる人には分かる作品」は読者に寄り添わない点ではダメだが、分かる人にはカタルシスを与える点でダメとは言い切れない。とはいっても、本作は誰にとって「分かる作品」なのか分からないのだが。

2016-06-25

リーマンショックの時にFXで大きな損失出した俺がどうやって立ち直ったか書く

人助けだと思ってこの文章拡散して欲しい。

今回のイギリスユーロ離脱による騒動で大きな損失を出してしまった人に、変な気を起こす前に読んで欲しいと思って、この文章投稿する。

http://jp.reuters.com/article/tokyo-f-idJPKCN0ZA0VP

東京 24日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル安/円高の102.36/38円だった。英国投票離脱派勝利の思惑が強まりドル/円は一時99円に下落した。ポンド/円は約27円、ドル/円は約7円の値幅が出る乱高下の様相だった。


以前にもスイスフランのショックの時に大きな損失を出して自殺をした人がいたようだが、自殺なんてする必要ないんだ。

この文章は、そんなスイスフランショックの時に自殺を考えていた人たちに思いとどまってもらうために書いた。

力及ばず何人もの人が自殺してしまったが・・・

でも、やり直せる方法はあるんだ。知らないだけで、ちゃんとある

俺もリーマンショックの時に大損こいて借金作ったけど、最終的にゼロになって今は普通に楽しく生きている。

まだ諦めないで欲しい。この文章が本当に困っている人の目に届くことになれば、俺にとってこれほど嬉しいことはない。



絶対に伝えたいこと

気持ちは分かるが自殺するな。

2ちゃんでは「FXでは自己破産出来ない」との流言が飛んでいるが、弁護士の力量次第で行けるケース多し。俺は良い弁護士を紹介してもらって、実際に自己破産出来ている。

決めつける前に専門家相談してみること。今はお前ら絶対自暴自棄になって、冷静に考えられない。冷静な専門家判断してもらうのが優先。乗り気しなければFX関連の自己破産に強い弁護士の書いた文章読め。ここら辺読めば自殺しなくてもなんとかなると分かるはずだ。

  http://yokohama-hasan.com

  http://www.shomin-law.com/shakkinhasanmenseki.html

人生で一番辛かったことを思い出せ。その時は今までの人生で一番大変な出来事だったはずだ。でも今思えば過去の「あんなこともあったなあ」くらいのことになっているはずだ。今回の出来事が今のお前にとって人生で一番辛いことだろうが、ちゃんとやり直せれば、今回のことを同じように思えるようになる。






俺の話(蛇足だけど書いてく)

俺が◯千万損したのは、ハイレバFXがはやってたリーマンショックの頃。もう5年以上も前になる。詳しい数字地域は身ばれが嫌なので伏せさせてくれ。

あのころも、ショックの前までは、誰でも儲かるとかで一般人集めて業者セミナーやってた。当時は日本FX会社でも400倍のレバレッジ取引が出来た。

俺は、最初、いわゆるスイングトレードをやっていて、当時はスワップ狙いでドル円ユーロ円をロングして寝てれば誰でも儲かる時代が長く続いていた。

その後、もっとがっつりいこうと、400倍のFX業者に口座を開設して、デイトレードをはじめていた。(口座はMJとか色々持っていた)

俺は負けたこともなく、今思うと調子に乗っていた。400倍のレバレッジが聞いたポジションを抱えたまま、指標がいい方に触れて含み益になっているのをいいことに、持ち越したりもしていた。

そんで、リーマンショックが起きた。一気に相場が動いて、朝起きたら、口座がマイナス千万円になっていた。

資金を100万円から2000万円ちょいまで増やして、もっと増やそうと思っていたら、2000から一気にマイナスの○千万だ。

もうね、完全にぶっこわれた。

ロスカット設定もあるし、何かの間違いだと思ってFX業者電話したけど、免除はできないらしい。約款がどうこうとか言われたがよく覚えていない。

0になるわけではなく、マイナスから、いわゆる借金だ。家も賃貸だし、返すアテもない。自暴自棄になってる俺といても気分良くなかったのか、彼女も離れていって、仕事でもすごいしかられることが多くなってさぼったりして、やめてしまおうかと思ってた。

家では猫だけが慰めてくれたが、それも気休めで、何度も死のうと思った。




損を出してから、なんでこんなことになったんだろうとかずっと思ってた。

そして、一番つらいのが、誰にも相談出来ないこと。かっこつけてたのもあるが、こんなことかっこ悪くていえないとか一人で思い込んでいた。色々調べたりもしたが、FXの損は自己破産してもなくならない、2ちゃんでも自己責任ぷぎゃーってたたかれてさらに落ち込んでた。正直、自殺しようかずっと迷っていたし、目に移るものが本当にすべて曇って見えて、間違いなく鬱だったと思う。



転機があったのは、仕事とある弁護士とあってから

トラブルが起きて会社顧問弁護士と話をすることがあったんだが、昼飯を2人で食べることとなったので、そこで、知人が~ということで弁護士自分の状況はどうにもならないのかを少し聞いてみたんだ。

すると、驚くことに、たぶんなんとかなるぞって答えが返ってきた。詳しくはよくわからないが、ちゃんとやれば、0円なる、少なくとも数百万レベルには圧縮出来るらしい。

正直、FX業者からメールとか電話が来るたびに落ち込んでいて、すべて無視っていた。これから解放されて、◯千万円払わなくてよくなるだけも夢のような話で、その弁護士にすべて打ち明けた。

会社にはばれないようにやってくれるとのことだった。

弁護士費用必要だったんだが、給料があったので、そこから積み立てる形で分割にしてもらったり、色々よくしてもらった。結構時間がかかったのを覚えてている。

結果、俺は借金免除され、引っ越すこともなく、0からやり直すことが可能となった。

会社には自己破産したことは知られていないし、友人も誰もしらないだろう。給料で生きてはいけるし、落ち込んだ勢いで会社やめなくて本当に良かったと思う。

普通に仕事をして、友人と楽しく過ごして、猫と遊んで、という生活が今は本当に楽しい彼女とはよりを戻せなかったけどそれは仕方ない。

クレジットカードは作れないし、住宅ローンも組めないらしいが、死んでしまうより今がよっぽど楽しい時間が経てばできるらしいので、もしかしたらもうできるのかもしれないけど、まだいらない。

思えばFXやってたころから、金に目がくらんでいろいろなものを失っていた気がする。彼女が別れていったのも、今思い返せばFXをやってから徐々に俺の性格が変わってきたからな気がする。

今後FXは二度とやらないが、今回のニュースを見て自分のことを思い出したので書いた。

ぶっこいた人も、一攫千金を夢見て、それが失敗しただけ。

今までの人生で一番辛かったことを思い出して欲しい。確かに辛かったけど、今となっては「そんなこともあったなあ」くらいになってるはずだ。そんなもんなんだよ。人間、渦中にいる時ほど物事を辛く感じるもんだ。

俺の場合も、失ったものは大きく、振り返ると今でも胃が痛むことがあるが、5年以上もたつと慣れてくるもんで、人生色々な楽しみがあると思う。繰り返すが、絶対自殺しないでくれ。もう一回読んで欲しいことを書くぞ。


絶対に伝えたいこと

気持ちは分かるが自殺するな。

2ちゃんでは「FXでは自己破産出来ない」との流言が飛んでいるが、弁護士の力量次第で行けるケース多し。

俺は良い弁護士を紹介してもらって、実際に自己破産出来ている。

決めつける前に専門家相談してみること。今はお前ら絶対自暴自棄になって、冷静に考えられない。冷静な専門家判断してもらうのが優先。乗り気しなければFX関連の自己破産に強い弁護士の書いた文章読め。ここら辺読めば自殺しなくてもなんとかなると分かるはずだ。

  http://yokohama-hasan.com

  http://www.shomin-law.com/shakkinhasanmenseki.html

人生で一番辛かったことを思い出せ。その時は今までの人生で一番大変な出来事だったはずだ。でも今思えば過去の「あんなこともあったなあ」くらいのことになっているはずだ。今回の出来事が今のお前にとって人生で一番辛いことだろうが、ちゃんとやり直せれば、今回のことを同じように思えるようになる。


とりあえず一人で決めずに冷静な頭を持ってるやつに相談しろ。お前らはみんな大丈夫だ。俺が保証する。まだ人生はやり直せるんだ。諦めるな。早く立ち直れるように祈ってる。



※以下の記事のような「自己破産出来ない」という話が増田でも飛んでいるが、こういう記事拡散しないで欲しい。1つでも自殺を減らすために、ちゃんとした記事が広まって欲しい。

http://anond.hatelabo.jp/20150117190449

2016-06-23

情けねえな民進党

ネットで話題になっていたのをきっかけに、民進党Twitterを見た。

6月22日12:03に投稿された、「#これでいいの日本  3分の2。それは憲法改正につながる数字。」と書かれ、動画が貼り付けられたツイート

https://twitter.com/MinshintoNews/status/745452007389986816

ツイートに貼られたURLを辿っていくと見られる「これでいいの日本?」というサイト

http://koredeiino-nihon.jp/

そこには「まず、2/3をとらせないこと。」「わたしたちは、このボーダーラインだけは、絶対に死守しなければならない。」と書かれていた。


なんだ民進党。防戦か?

自民党政権奪われて今は敗者、失うものなんて特にないはずなのに、全然攻めてない。

民進党だったら、こういう日本を創る」「自民党とは違う、こういう政策から景気が良くなる」とかじゃなくて、

「みなさん、自民党ってなんかイヤでしょ?憲法改正とか言ってるしさ。憲法改正しないためには、自民党なんかに投票しちゃいけない。だからさ、ほら、民進党投票しようよ?」って具合のことしか言ってない。


そんな後ろ向きで良いの?

5〜6年前はその戦略でうまくいったからこそ、民主党政権を奪取出来たのかもしれない。

でもさ、そんな後ろ向きな政権民主党に嫌気がさして、国民自民党を選んだわけじゃない。


「2/3をとらせない」なんて、自民党批判しか出来ないような政党国家運営なんて任せられないよ。




10年ほど前、郵政民営化を訴えた小泉純一郎は長期の政権を獲得した。

この時、皆が熱狂小泉政権応援していたのは、「日本を良くすると思われる政策を懸命に訴え、それを実現していこうとする熱い姿」に心を打たれ、「日本はこれからよくなっていくんじゃないか小泉総理に任せれば景気も回復されるかもしれない」という期待感に心が躍ったからじゃないかと思う。


2020年東京オリンピック賛否両論色々あるけれど、オリンピックが決まった時も皆が熱狂していた。2020年というちょっと先の未来に想いを馳せながら、それぞれに希望を持っていたように思う。


熱狂したいんだ。

何かが変わる、何かが良くなるといった希望を持ちたい。


沈滞した日本全体の将来を考え、日本未来を描いていく、それが政治家仕事じゃないのか。

日本を良くしていきたい、そんな熱い志を持ってなるのが政治家じゃないのか。



残念ながら、今の民進党にはそんな気概は感じられない。

「まず、2/3をとらせない」なんてお題目には熱狂出来ない。夢も希望も感じられない。

ただの消去法じゃないか


そんなことしか言えないなんて、情けないよ。

具体策と共に、日本を良くする政策の話が聞きたい。

そういう話が出来ない党には、政権なんて任せられない。

これ→【PR】 47歳なのに25歳に見られる女性がやってる、小さな習慣 (RJ on villa)

なんで数字を盛り過ぎるのかなあ

「47歳なのにアラフォーに見られる女性がやってる、小さな習慣」ぐらいにしとけばいいのに



どうしても25歳にしたいならしょうがないけど、

47歳が25歳に見えたらかなりの超常現象から、それを実現するには小さな習慣では無理でしょ

領地から浚ってきた十代の乙女達の生き血を毎晩風呂や輸血に使ってます」とかそれぐらいの習慣が必要でしょ



はてなが表示してくるPRってなんだか間抜け詐欺みたいなのばっかりや

好きな作品が出来て、絵が好きになって、自分が嫌いになった話

とある低年齢層向け(いわゆる女児アニメ)のアイドルアニメが好きになった。

それまで子供向けアニメというのは子供だった当時も含めて殆ど見たことが無かったが、

その濃い内容に釘付けになった。

丁度仕事もキツくて精神的にも肉体的にも限界だった時に出会ったそのアニメは、

出会ちょっとから始めた絵を描くという趣味に彩を与えてくれた。

楽しくて楽しくてしょうがなかった。

何せ、描けば描くほど同好の方々が集まり、各々の絵を見せ合って楽しんでいるのだ。

それまでグレーだった人生が一気に色づいた。

評価されることの無い人生に、数字という形で少しずつ自分を上げてくれた。

はいっても多くてツイッターのfavが10絵描きとしては下の下。それでも楽しかった。

知り合いも増えて、同人誌も出した。自宅製本から印刷所へ持ち込む位まで努力した。

それとは反比例するように、あることが起きた。

孤立

あるときを境に、それまで仲良くしてくれていた友達からの反応が一切無くなった。

理由は分かっている。

疲れるとネガティブツイートをしてしまったり、自分の考えをポンポン言ったりしていたからだ。

きっとミュートされたんだなと、すぐに分かった。

1人2人と反応が無くなる人が増え、最終的には今そのジャンル活動している絵描きさんからの反応が、

ほぼ一切無くなった。

一時期は頑張ってfav20くらいまで行けるようになったが、今では多くて5。

イベントでお品書き告知をしても、RTが一桁。favはギリギリ二桁。

当然、同じジャンルの人からの反応は無い。

反応の無くなった友達からは、他の人たちのお品書き告知が40,50とRTされていく。

今年の春あたりから、徐々に辛い辛いという気持ちが大きな部分を占め始めた。

絵を描くのは好きだし、そのアニメも好き。それは今だって変わらない。

アニメ自体は春に終了してしまったが、熱は醒めていない。

だって描き続けている。描くのが好きだ。技術を磨いて、今まで描けなかった事が描ける様になる。

楽しい。嬉しい。

そして自信作が仕上がってアップロードする。

最高に可愛く描けた!

同じくらいのクオリティでかつてfav30は行った絵も、同じジャンルの人からは総スルー

1人で壁に向かってはしゃいでいたという事実と、

TLに流れて来た友達達のオフ会写真

(呼ばれてないなぁ。)

そう思いながら、スっと笑顔を消して、イベントに出すための本の編集を続ける。

「同じジャンルで新しい友達を作れば良い。」

そういうアドバイスを受けた。もうとっくにやっている。

が、その新しい友達も、「元」友達の下へ行ってしまう。

数字なんて気にしなくて良い」

そういうアドバイスを飛ばす人は、絵を上げればラフであろうとポンと100fav行くような連中ばかり。

「もう絵を辞めてしまえば?」

何度も言う。絵を描くのが好きだし、作品も好きなんだ。


そして自分が嫌いになった。

どうしようも無くなって、好きに描いて、アップロードしては沈む毎日を過ごして。

絶対可愛く描けている。だから見て欲しい。見て共感してもらいたいから描いている。

誰も見てくれない。

一体どうすればいいんだろうか。

聞いたってムダだ。

無責任な「ならやめれば良い」という言葉が投げつけられるのは、目に見えている。

2016-06-22

野球防御率っておかしくね?

点を取られたほど数字が多くなるんだから、どっちかっていうと「防御できなかった率」だよね。

だいたい百分率とかじゃないのに「率」ってついてるのも変だし。

ミニベロママチャリ比較する

ミニベロを買った。小径車、つまりタイヤの小さい自転車だ。

街中で見かけていてなんかかっこいいなと思っていたが、乗り心地などが気になっていた。

乗りはじめてから数か月経ったので、感想等をまとめてみようと思う。

※買ったのは3万円弱で、タイヤ20インチ

デザインが気に入って買ったのがたまたま折りたたみだったので、折りたたみではないミニベロ使用感若干異なると思う。

比較対象ママチャリ

※街乗り専用。



●購入前のネットの評判

ミニベロギアじゃないと、ひと漕ぎであまり進まない

持っていたママチャリと同じ6段ギアがついていた。ママチャリと同じ数字に合わせると確かに進みはよくない。

ギアを一段だけ重くして漕ぐと、ママチャリとほぼ同じ漕ぎ心地で違和感特に感じなくなった。

タイヤが小さいので小回りが利く

特に感じない。ママチャリと同じ。

・段差などで振動が伝わりやす

これも特にママチャリとの差はなし。



●乗ってから気づいたことなど

坂道が楽

上にも書いた通り、ギアママチャリに比べて一段分くらい軽いのと、

ひと漕ぎが小さい、軽い(ママチャリ比)といったあたりから坂を降りずに登れるようになった。

ママチャリだと3分の1くらいしか登れない坂も、立漕ぎせずに上まで登れた。

ちなみにひと漕ぎが小さい分、立漕ぎはあまり意味がなかった。

ハンドルの高さ調整ができない

ハンドルサドル距離に注意

これは多分折りたたみだけだと思うんだけど、ハンドルの軸部分を折り曲げるからハンドルの高さ調整ができない。

できても数センチのとか。

あと試乗してみてハンドルサドル距離が開きすぎていてすごい前屈にならないと乗れないのがあった。

今のはちょうど肘が伸びきるくらいの感じ。

とにかく一旦乗ってみて、自分の体形に合ったのを選ぶのが重要

・安いのが少ない

ママチャリだと1万円くらいで売ってるのもあるけど、ミニベロだと安くて2万くらい?それに種類が少ない。

それと、カゴやライト、チェーンなどが標準でついていないものが多いので、揃えると安くても五千円くらいはするかと。




まとめると、基本的にはママチャリと同じ。

坂は上りやすい。

自分の体形と好みに合ったものがあれば、あとは値段次第で買ってもよし。

2016-06-20

http://anond.hatelabo.jp/20160620224443

内輪受けというけれど、確実に票を得るためにはそうならざるをえないんだよ

「外」の連中なんて一過性話題に食いついて騒ぐだけで、支持基盤にはならねーんだから

政治数字だよ

ある日、長めの増田を書いた。

ブクマがたくさんついた。

ホッテントリに上がった。

気付けばブクマが3桁に突入していた。

いろんなブコメトラバをもらった。



そんなつもりじゃなかったとか、説明不足だったなという部分に指摘も入る。

わず追記したくなるが、後出しでダラダラと補足や説明を書いても変に言い訳じみて見えるだけだろうと思いタブを閉じた。

誠実でありたい、誤解されたままでいたくないという気持ちは、この場に持ち込むには重すぎる自己保身に思えた。

なにより、そんなものでせっかくほどほどにまとまっている文章に追記を添えると、なんだか美しくなさそうな気がした。

説明不足は反省しよう。 回りくどい文章にならない塩梅はとても難しいけれど。

勘違いは、どうもゼロにはできなさそうだとわかってきたから、多くなさそうならあまり気にしないようにしよう。

その代わり、次はもっとわかりやす文章を書こうと、いつも意識し続けよう。

そうし続けることができる程度には、何百もの人が自分文章に目を通してくれたことを示す数字は、私にとって未知で刺激的だ。





ある日、短い増田を書いた。

疲れてグルグルする頭の熱を落ち着かせるために書き散らした、大変頭の悪そうなエントリだった。

何度見ても、グズグズに煮溶けた脳みそをそのままキーボードに叩きつけたような文章だ。

数日後、ブコメが1件ついていた。

あんものを見て、なにやらクスっとしてくれたようだった。



どちらも、とてもありがたい。

もちろん読んでもらえるだけでとてもありがたいのだけれど、私は単純なので目に見えるとやはりうれしい。

きっと私は自意識肥大化した承認欲求モンスターなのだろう。

そのくせ、他の皆のように輪に入ったり、舞台に踏み出す勇気は持てないでいる。

なんの反応も得られないのが当たり前だと保険をかけて、こんなところに住み着いている。

それでも今の私に、ここはとても居心地がいい。

今日ありがとう。もうしばらくお邪魔します。

2016-06-18

たまに見かけるブコメ冒頭の数字って何?

たとえばこれみたいなやつ

http://b.hatena.ne.jp/entry/291018478/comment/garage-kid

何かのツール経由でブクマすると自動生成されるとか?

それと、数字にはどういう意味があるの?

頻出の質問だったら申し訳ないんだけど、検索してもわからなかった

MLB】盟友グリフィーJr.氏 イチロー日米通算記録に「“世界記録”は名案」(Full-Count)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160617-00010007-fullcount-base


日米の記録と世界記録

多くが忘れてるが張本も日米通算で記録を抜かれた際、NPB記録はあくまで私ですからイチローを認めていない。

あとご存じの通り彼はMLBNPBよりクソだと思ってるから来年にはMLB単独でもイチロー安打数抜かれそうだけど、それも認めなそう。

実際問題それぞれリーグが違うのだからNPB記録は張本、MLB記録はピートローズというしかないというのが正しいかもしれない。

から世界記録イチローというのが最も正しいだろう。

それにMLBシーズン中に違うリーグ移籍すると年間成績が別々に取り扱われるくらいに記録の集計にデリケートから

国もリーグも違うものは尚更同じ記録扱いにされることを簡単に納得しにくいだろう。


日米のレベルの差と記録の難易度は必ずしも関係しない

賛否両論あれどイチローが日米両リーグに跨がって活躍したことはどちらか単独で記録を作ったのは良かったことだと思う。

イチローのようにそれぞれの国で5年から10年以上にかけて長年プレーしながら通算で記録を達成することはNPBだけもしくはMLBだけで記録を達成するより難しいことだと思われる。

日米のリーグ差の問題はあるが率や安打数においてはリーグとの相性も加味されるし、試合数の差も考えると同等程度か、レギュラーをとれる一流選手であればMLBの方が安打数は多く積み重ねやすいのではないかと思う。

イチローも言っていたがNPBだけで4256安打打つことが一番難しいかもしれない。

NPB記録保持者の張本勲が唯一の3000本以上で通算3085安打王貞治世界記録の868本塁打を打ったが2786安打

755本塁打ハンク・アーロンは通算3771安打。714本塁打ベーブ・ルースは2873安打

そのデータを見るとNPBの方が当時はより球場も狭く投手レベルも低いのでMLbより本塁打数を重ねやすいというのは分かるものの、その点からいうと安打数においてアーロンルースより王の方が少ないというのは少し違和感があるし、20世紀前半以前のMLB記録を抜いて考えるにしてもMLBでは3000安打達成者は最近でもジーターらを始め何人か生まれている。

MLBでは4~6番が主で、イチローのように打席が多く回りやすい1~3番の打順試合に出ることが少なかった松井秀喜でもMLB打率.305を記録した2005年には200本に迫る192安打を記録している。

松井日本ではシーズン167安打が最高だったが、MLBで怪我するまでの1~3年目は全試合出場していることもあり、安打数は日本時代キャリアハイより多い170本以上を毎年記録している。

したがって、それなりに打率を残して試合に出続けられる選手ならばMLBの方が安打数は積み重ねやすいのではないかという可能性が考えられる。


日米のリーグレベルの差の疑問点

日米の単純な野球レベル差というのも議論余地が多少残る。本塁打は明らかに日本の方が打ちやすいことが通算上位の安打数における本塁打率の差からも分かる。

ただそれもトップ中のトップになると四球責めになりやすNPBよりは同じ四球責めを喰らうにしてもやはり試合数が多いMLBの方が有利となるが。ソーサマグワイアボンズ日本でやったら毎年のように60本打てたかというと四球責めで減っていただろう。

実際ボンズは476打数で73本塁打の翌年から勝負を避けられて400前後打数で40本台に減っている。

日本だと試合数が少ないしさら勝負を避けられて250打数で40本とかになっていたかもしれない。


通用しやす選手と当たり外れ激しい選手

また、MLBトップなら誰でも日本MLB時代と同等以上に成功するかというとそれも難しい所がある。

オールラウンドに打てる巧打力があればどのリーグでもそれなりの率を残せるが、得意なコースや球種に偏りがあると日本ではあまり打てないということがありうる。

現役メジャーリーガーでもパワーヒッター系よりミート力の高い中距離打者の方が日本では成功率が高い印象がある。

彼らは信じられないほどの成績を残したりもしないが失敗例は少ない。フリオ・フランコシェーン・マック、元西武フェルナンデスなど。

1980~90年代は日米の年俸が近かったせいもあって意外と今よりもMLBの本当のレギュラークラスが多数来日している。

彼らは十分に日本でもレギュラーとして通用した選手が多いものの、センセーショナル活躍をしたかというと、そういう例は少ない。

特にフランコMLB首位打者獲得を経験しており、全盛時に来日したMLBでもトップクラス選手だが日本での2シーズンは.305 10本、.290 18本とさほど目立つ成績ではなかった。

本拠地千葉マリンロッテ所属したせいで本塁打が少なくなった影響はあるかもしれないが、ほぼMLB時代と同じくらいの成績になっている。

シェーン・マック来日前までのMLB通算打率が.2994というバリバリの一流レギュラー選手だったが、日本では2年間で通算.284と打率を落としている。本塁打数と長打率は増やしており安定して活躍したが、NPBMLBそれぞれの通算長打率OPSを見てもあまり差がない。

それらの成績を見るとNPBMLBよりレベルが遥かに劣るとは考えにくい。

また、マックは彼以外の日本成功する外国人選手共通点でもあるが、野球に取り組む姿勢に非常に優れていたらしい。

野球に取り組む姿勢の良さは、日本からMLBに行く日本人選手成功と失敗を分ける要因にもなっていることがいえるように思う。

その姿勢問題でよくネタにされるグリーンウェルバランスのいいタイプの中距離打者だったはずだから、真面目に取り組めばNPBでも通用したと思う。


投手やパワーヒッター系は当たり外れが激しい

日米でも、それぞれ何故か片方で通用しながら片方では通用した選手というのがいる。

日本から帰国後にMLB最多勝を獲ったガリクソン帰国後にMLB本塁打王を獲ったフィルダーなど日本で何かを掴んで覚醒して両国活躍した選手もいたが、その逆は比較的少ない。

井口城島福留西岡などは故障や衰え、メンタル問題などでMLBを去った後も日本活躍したといえるのだが、しか日本での全盛時に比べると物足りない。

岡島五十嵐などはMLBで一皮剥けて何かを掴んで帰ってきて日本でも活躍したが、大家マック鈴木などは結局日本では殆ど活躍できなかった。

日本に出戻りではないが韓国パク・チャンホも衰えていたとはい日本では通用しなかった。その後韓国でも通用しなかったようである

あとは中島松坂などを見ても、今はもはやアメリカ帰りが日本簡単活躍できる時代でもないし、MLBで1.5流程度にやれたら日本韓国では1流以上というわけでもないようである


レベルよりも適性と相性

今までで最も日本に衝撃を与えた外国人選手は多分ホーナーなのだろう。

マイナー経験なしでメジャーデビューしたエリートで、そのまま主軸で活躍していたメジャーリーガー来日し、その肩書き通りに凄まじい成績を残した。

恐らく最もNPBレベル相対的に高かった1990~2000年前後よりさらに日米のレベル差が激しかったと目される当時(1987年)で.327 31本。

故障離脱があり93試合での成績だからかなり凄いのだが、当初は4割60本くらい打たれてしまうのではというほどの期待と恐怖があっただろうに結局はその程度の人間らしい成績に収まったともいえる。

バースマートンペタジーニカブレララミレスロバートタフィ・ローズなどMLBでは大した成績を残していないながら日本レジェンド級の成績を残した選手が多いので日米のレベル差は激しいと考える人も多いが、

逆にMLBで彼らを遥かに上回る成績を残して日本にやってきながら日本では彼らに全く及ばない成績に終わっているメジャーリーガーも上述の打者達のように多く存在するため、レベル差というより相性の問題もかなり大きい気がする。

日本でいえばMLBでも通用した田口壮新庄は、アメリカでさっぱりだった中村紀洋中島裕之以上の打者といえるのか…など。

歴代最強助っ人バースは速球が苦手で変化球が得意だったらしく、そのおかげでMLBより速球投手の少ない日本適応して史上最高の助っ人と呼ばれるような成績を残すことになった。

一方、当時そんなバースに速球で真っ向勝負を挑んだ津田江川勇気と度胸が賞賛されていたみたいだが、そういう事情を考えるとむしろ速球が持ち味の投手が速球が苦手な打者に速球で挑んだのだからただのセオリー通りなのでは…という気もする。

打者に速球は怖いという先入観から変化球勝負で逃げたつもりが逆にバースにとっては都合が良かったというのが活躍の要因かもしれない。

もっとも、日本ではバースが苦にするほどの速球を投げる投手も限られているので速球勝負でも打たれていたのだろうが。


俺流の慧眼

落合はその当時ですらMLBで4番を打っていたホーナーよりMLBで実績のないバースの方がNPBにおいては成績を残せる打者だと評していたらしいが、そのあたりの本質を突ける度胸と観察眼は凄いものがある。

MLB移籍前に日本で圧倒的な成績を残していたイチローだったが、当時は日本専門家の話でもMLBでは打率3割を打つことすら難しいとの声が多かった。

そのMLB移籍前のイチローとの対談において、落合メジャーに行ったらどの打順を打ちたいかという話題を振ったことがあった。

その際、イチローが「メジャー自分より凄い奴がいたら7~9番を打つ」と謙遜することを言ったのに対して、

落合は「(イチローより凄い奴はメジャーにも)いない」と突っ込んでいたのだった。


アジア人選手可能

日本人韓国人選手も今よりももっと多くの選手を輸出すれば、日本韓国では大したことなくてもMLB成功する打者が現れるのではないか

既に投手はそういう例が多数あるし、打者においても韓国チェ・ヒソプMLBレギュラー半でいながら2年連続15本塁打と健闘する成績を残した上でKBO(韓国)のチームに入団したが、韓国では期待に近い成績を残したのは1~2年だけで他はパッとしない成績しか残せないまま引退してしまった。MLBと比べたNPBよりもさらレベルが低いと目されるKBOですらMLBの実績の割にKBOでパッとしない例が散見することからも、少なくとも日米韓数字の見かけ上のレベル差はここ数十年でかなり縮まっていると思われる。

もちろん、主に内野守備球場など、総合的なプレーのスケール文化レベルにおいては向こう三十年以上埋まることがないと思えるほどの差があるが。


韓国レベル簡単には決めつけられない

韓国人選手NPBで通用しなくてもMLBで通用しそうなタイプ打者が多いように感じる。

イ・スンヨプキム・テギュンNPBよりMLBでの方が安定して成績を残せそうなタイプに感じていた。起用してもらえたらというのと、テギュンの場合環境への適応課題だが。

実際に今年は韓国人野手が何人もMLB移籍して打率の面で物足りなさはあるが長打の面では驚くくらいのレベルで健闘している。パク・ビョンホは打率は2割前後ながら既に11本塁打イ・デホは起用が少ないながら10本塁打打率も3割近い。怪我から復帰したカン・ジョンホも打率2割後半で9本塁打

あとはNPBでも活躍したとはいえ、信頼感抜群のクローザーだったとまでは言い難かったオ・スンファンMLB奪三振率が12以上で防御率も1点台で十分通用しているのを見ても、もはや日米のレベルの差は相性と調子が一番大きな要素になる程度なのではとすら感じる。

日本でも落合清原など外角を得意にして速球を得意にしていた打者MLBでやっても面白かったのではないかと思う。両者の日米野球での成績は散々だが、実は松井秀喜日米野球ではあまり打っていないながら通用したので、さほど直接的には関係しないように思う。

また、両者は飛び抜けた才能と技術の塊だから対応力があったのではないかとも思われる。特に体格的にもMLBの強打者に引けを取らない清原は何かの拍子によっては、むしろNPBで才能だけで適当に続けてしまった後の現状より成績的にも素行的にも好転していた可能性すら考えられる。実際清原が若かった頃はMLBからも注目されていたらしい。

しか関西出身野手アメリカ挑戦惨敗率の高さを考えると、清原メンタル的に微妙だったかもしれない。


イチローの唯一無二の偉大さ

つまるところ、全てのリーグ活躍した選手こそ最も優れている選手といえるのであって、MLBナンバーワンになった選手NPBでも必ずナンバーワンかというと怪しいのである

しかしたらマグワイアソーサボンズらはNPBでは松井中村紀、カブレラローズらより打てなかったかもしれないし、松井中村小笠原松中らはKBOではイ・スンヨプイ・デホよりも打てなかったかもしれない。

最近キューバトップクラス打者が何人かNPBに来たがさほど凄まじい活躍をしたといえるほどでもない。

グリエルは62試合で.305 11本、デスパイネも1年目は45試合で.311 12本だから凄さを見せたといえるが、2年目は103試合で.258 18本。十分通用はしているものの目を見張るような成績ではなく、単純にこのレベルの成績の選手MLBに行くと簡単に主軸を打てそうという想像はつかない。セペダに関しては逆に何故あそこまで打てなかったのか意味が分からないが…。

じゃあキューバ打者が大したことないのかというと、彼らとキューバ時代は同等程度の成績だったセスペデスやアブレイユらが亡命して、MLBの主軸として活躍できている。

グリエルデスパイネの成績から考えるとキューバ日本投手の相性があまり良くないのではないかと考えられる。つまりMLBで3割30本近い成績を残しているセスペデスやアブレイユでも、NPBではより成績を落とす可能性が低くないと思われるし、したがって、MLBの超一流なら高確率で、NPBで同程度から同等以上の活躍ができるとは決めつけられないのではないかと考えられる。

ピート・ローズだって試合数が少ないNPBで仮にやっていたらその期間はMLBと同等以上の安打数を稼げなかったことは間違いないし、それどころか、仮に1~2年間NPBにいたとして、通用しなかったりレギュラー争いで他の選手に敗れたりして100本も打てないまま日本を去っていたかもしれない。

推測や期待はロマンがあって面白いが、実際にやって証明した例に比べてしまうと、やってない以上はやってみなければ分からない要素がかなり大きい。

からこそ、NPBMLB両方のリーグで実際に何年もプレーした上で、両方で歴代最高峰の実績と印象的なプレーの記憶を残したイチロー現代野球では歴史上唯一といっていいくらケチの付け所のない世界歴代最高の選手だといえる。

また、それこそがNPB単独通算でもMLB単独通算でもない日米通算最多安打というイチローが残した実績の唯一無二の偉大さを表しているのである

2016-06-16

大手不動産屋の詐欺に遭いかけた

全国に数百店舗を持つ大手不動産屋での賃貸契約詐欺られかけた。こういう詐欺まがいの契約ってよくあるのか?

ことの経緯は単純。内見した物件が気に入ったので、店舗で色々な詳しい説明を受けて、審査に入る。

数日後、審査が通ったと言われ、契約を結びに行く。契約書を慎重に読むと、前回の説明と、さりげなく数字が違う。

具体的には、最初は「退去したい場合は1ヶ月前に管理会社通達」と言われていたのが、本契約書では「2ヶ月前」になっていた。経験上、なんやかんや引っ越しを確定させてから退去の通達をするので、その後の家賃無駄になる。なので、これは家賃を1ヶ月分余計に取られることになる。これは悪どい。

前回の説明も、フランクものではなく、「重要事項説明書」として不動産業者、店舗店長説明者の印鑑が押されたものとして渡されている。こちらも署名捺印をした。

しかし、今回の契約書が本物の契約書なのでそちらが優先されると言う。気づいたから良かったが、気付かなかったら知らないうちに2ヶ月前通達契約をしてしまうところだった。

ちなみに礼金無料物件である家賃はやや高くても、礼金無料ならいいか、と思って選んだ物件だが、退去時に1ヶ月分余計に取られてしまうのであれば結局同じだ。悪どい。

今回は契約せずに帰ってきた。物件はそれなりに気にっているが、こんな詐欺まがいのことは到底許せない。どうしたものか。

正社員新卒就職率90%超えてる日本はすごい!

http://yutoma233.hatenablog.com/entry/2016/06/16/000000

括弧の中の実績の数字

正社員転換・待遇改善実現プランの主要な目標

新規大学卒業者の正社員就職割合:95% (平成27年3月卒:92.2%)

新規高校卒業者の正社員就職割合:96% (平成27年3月卒:94.1%)

んなワケねーだろ。

3月時点で就職を諦めずにいた者(決まってなくてもw)だけがこの統計厚労省就職状況調査)に入ります

普通の人は3月になった時点で非正規で食いつなぐか就職浪人を考えるだろ。

はてなスターをあげたくなるスター数TOP3

http://www.kinoblo.com/entry/konopagemo.hitotsuno.insyousousa

27614人分のアニメキャラ誕生日を集計したら、恐るべき印象操作が見えた件。 - されどきのぶろ。


はてなスターに置き換えて考えると、自分スターを追加したことによって、存在感のある数字になればいいわけよね。

+1してスッキリ気持ちいいいいいって数。

というわけで勝手にTOP3決めました。

3位…10+1で添え字になる)

2位…99

1位…63

2016-06-15

http://anond.hatelabo.jp/20160615140359

統計として減っているという事実と、事件が常に身近にあることへの体感的な不安ってのは矛盾しない

それが数字と実感(実態)の乖離になるって話だろ

通知アイコンの赤い丸に白い数字

http://anond.hatelabo.jp/20160611215507

  ずっと点いてる。点を「つ」って読むの納得いかない。 - sabacurry のコメント / はてなブックマーク
  スター長者「アレ消えることあるの?」 - feita のコメント / はてなブックマーク

上記二人やスターをたくさん稼ぐ人と違って自分には1日2~3回がいいところ。

丸囲み数字だって朝起きた時の③が自己最高記録。

IDコールなんて1回もない。

から右上の赤い丸が点灯するたびに嬉しくなってすぐに確認してしまう。

そして付けてくれた人のブクマページをざっと見て、共感したり面白いブコメスターをつけてしまう。

からもらったスターの割にはスターフレンドは多いと思う。(フレンドが増えてもなぜか嬉しい)



で、元増田読んだ時に気付いたんだけど、これってお返しスターって思われるのかな。

お返しのつもりはないんだけど「このスター互助会め!」って思われているのかな。

それどころか「うざいなあ、非表示にしてやる!」って思われているのかな。

ちょっと不安になってきた。

スター付けてくれた人ごめんなさい。

瞑想運動には具体的な数字を出さないくせに野菜だけ量を指定する人

しかも緑黄色野菜と淡色野菜をどれだけ摂ればいいのかもわからないという雑さ加減

2016-06-14

http://anond.hatelabo.jp/20160614081213

パズルピースはあわないところには絶対まらないっしょ


数字って単位はどう繋げても円にならないってだけの話


円、ってかいたら端数は発生しないってこと


人はどうやっても神にはなれないし 君を泣かせたあいつの正体を僕は知っててひきとめたのを君は振りはらった遠い夜

グリーンコープ犯行告白した

 

グリーンコープは、サマーギフト商品で「東北5県」と表記したことについて、弁解した。

「もともと東北6県と表記していたが、福島の品物がギフトに含まれていないので、東北5県と表記しただけだ」

という趣旨

 http://www.greencoop.or.jp/news/gnn/201606/20160614-2/

 

しかし、実は、「もともとサマーギフト福島県の品物が含まれていないこと」が問題なのだ。なのに、それについては、何も説明していない。

 

はいえ、頭隠して尻隠さず。その隠された真の理由は、上記文書の後半の【補足】を読めばわかる。

福島商品放射線だらけで危険なので、取り扱いは出来ません」

ということだ。直接そう書いてあるわけではないが、間接的にはそう書いてある。

以下では解説しよう。(引用は上記ページから。)

 

グリーンコープ東京電力福島第一原発事故によって、今でも大変な状況にあると思っています。今も多くの方が被災の影響で5万7千人以上の方が避難されています

これは、次の報道対応する。

  原発 福島に負の連鎖 県外避難5万7000人

 

県外避難5万7000人という数字を強調するということは、「県内にいる人々は危険地域に留まっている」という認識だ。これはつまり、「福島放射線だらけで危険土地だ」(だからそこで作った農産物危険で食べられない)という意味だ。

 

福島栽培された食用ひまわりの種をグリーンコープ組合員宅や各施設に届け、種をまいて栽培し、ひまわりの種を収穫して、また福島に送り、食用ひまわり油製造できるようにしています

福島栽培された食用ひまわりの種を、そのまま福島で育てずに、他の地域栽培して収穫するわけ。

→ これはつまり、「福島栽培した農産物危険です」という意味だ。

 

グリーンコープはこの食用ひまわり油販売して、その収益福島の子どもたちが放射能心配のないところで遊びまわれる活動費の一部に活用しています

子どもたちが放射能汚染心配のないところで元気に遊んでもらいたいと思い、2014年から年に10回ほど猪苗代シェアハウス子どもたちを連れていくことで子どもたちがのびやかに成長できるようにしています。(ぽかぽかプロジェクト

福島の子どもたちが放射能心配のないところで遊びまわれる

子どもたちが放射能汚染心配のないところで元気に遊んでもらいたい

→ これはつまり、「福島の子どもたちが遊び回っている土地放射能心配のあるところだ」という意味だ。

 ※ 「放射線」でなく「放射能」という言葉を使っている点に注意。

   放射典型的な見本。

 

結局、グリーンコープは、「福島放射線だらけで危険土地です。だからそこで作った商品は取り扱いできません」と言っているわけだ。

だったら、最初から、その本音をはっきり言えばいいのに。こんなふうに変に隠すのは、舛添そっくりだ。

 

グリーンコープが本当に反省しているのなら、今すぐ、福島県農産物を取り扱うべきだ。

しかし、それは決してできないだろう。「放射線が少しでも含まれているものは、取り扱いません」というのが、グリーンコープ方針からだ。放射脳というのは、そういうものなのである。隠せば隠すほど、露見する。

 

 


 

福島県における現状の放射線量は、下記ページでわかる。

   → http://ramap.jmc.or.jp/map/map.html

 

人の住んでいない一部地域では、いまだに高い線量が観測されるが、人の住んでいる地域では、何ら問題のないレベルに下がっている、とわかる。

というか、初めから、何ら問題のないレベルと言えた。問題がある地域飯舘村原発近辺)からは、さっさと退避していたからだ。

初めの線量については、過剰反応する人もいたが、今ではそのときの数値をも大幅に下回っている。今では放射線について騒ぐ必要はまったくない。なのに、「福島県の子供はまともに遊べない」なんていうふうに述べて、福島県危険視することは、風評被害をもたらす。

 

http://anond.hatelabo.jp/20160611152752

奴らも一枚岩ではないからな。

保護されて当然の絶対弱者立場を有利と取るか家畜の安寧と取るかは人によるんじゃないか

個人的には弱者権利振りかざして済む時代はとっくに終わったと思う。

つまるところ弱者カリバーは強者に泣きついてるわけだよね。なんとかしろと。



逆に男にとっての今の状況ってどうなのよ。得してるの?

弱者男性検索したとき666悪魔数字が出てくる現象はなかなか興味深いのだけど。

2016-06-13

理系大学生のボヤき

今日中間試験だった

確率統計だったから張り切って教科書を読み直して、範囲連続確率の平均分散とか復習して臨んだ

そしたら出てきたのは過去問数字変えただけだった

しかも授業中どちらでもいいと言っていた「ヒストグラム度数分布表示を分数で表すか小数で表すか」についても

過去問通りにすること」と開き直られる始末

挙句の果てには100点中20点が全然数学関係ないクイズで満点が取れてしまう酷い仕様

[help][rain][girl][wait][birthday]に共通する事柄は何か

…は?

「全部英単語である

これしか答えようがなかった

そして後から勘のいい学友が一言

「あれはビートルズの曲の名前らしい」

軽く吐き気がして、それから机を一しきり殴りつけた

旧帝大以外の理系大学に行くとこうなるぞ。受験生諸君気を付けたまえ。

うんこを漏らしたことの無い奴はとにかく薄っぺら

主語が大きいと言われればそれまでだ

しか観測範囲内ではほぼ100%人間的な深みの無いペラペラ人間ばかりだ

統計をとれば確実に数字として表れるだろう

そんなことをしたら非脱糞者が差別されちゃうから誰も調査しないんだろうけど

AmazonURL異変

と大それたタイトルをつけたが、気になったので仕方ない。



ふとAmazonリンクを踏んだら(アフィじゃないリンク)変な17桁の数字が増えてた。

http://www.amazon.co.jp/http://www.amazon.co.jp/123-1234567-1234567 みたいな感じ。

私はこういうところは気になるのだが、いかんせん技術方面についてはテンで駄目だ。


一応Google検索Twitterで私と同じ疑問を持った方を調べたが見当たらず。

キャンペーンなら告知ぐらいしてよねッて感じだ。



世の中の「意味がありそうだけど、自分自身理解できない」っていう事象が怖い。

2016-06-12

互助会を辞めて1ヶ月が経った、あるいは、互助会の辞め方潰し方

http://anond.hatelabo.jp/20160514205310

の続き



互助会めいた活動を続け、アクセスは飛躍的に伸びていった。

ある記事については、互助会によるブーストによって数百のブクマを集めることに成功比較メジャー検索ワードブログが上位に表示されるようになった。

こうなってくると、アクセスの流入元の構成も変わってくる。

はてブ依存していた当初と違って、グーグルヤフーからアクセスも増え、アクセス数は高い数字で安定するようになった。



アクセス元に占めるはてブ割合が減っていくにつれ、めでたく互助会卒業できた、、、というわけではない。

検索エンジンでの表示順位は、時間の経過で変わっていく。

互助会を辞めてしまっては、アクセス数が維持できない。

結局、うわべだけのお追従コメントをつける日々が続くのだった。



だがある日、互助会を辞める日が来ることになる。

互助会を、というよりもブログを辞めたのであった。

いくらブクマがついても何人が本当の読者なのか、どのコメント本音コメントなのか分からず、色々とむなしくなってきたことがきっかけであった。

前回の増田記事に、100以上のブクマがついて踏ん切りがついたこともある。

ブログアカウントごと削除し、その日以降、互助会ブクマ義務からは開放されることになった。



いまの気持ちは、とても晴れやかなものだ。

これからは、自分の好きなページに自由コメントをつけてブクマができるのだから



いまも時々、ホッテントリに元互助会仲間の記事が入るのを見かける。

ブクマしてるのもおなじみの面々、ブコメの内容は薄っぺらいことこの上ない。

自分もやっていたことだから、彼ら彼女らを責めようとは思わない。

もし苦痛を感じながら互助会をやっているのなら、そこから開放されることを願うくらいである。



ブログを削除した後、ブログで一番気に入っていた記事を、増田にそのまま投稿してみた。

ブログでは、20くらいしかブクマがつかなかった記事だったが、増田では、約300のブクマがついたのには驚いた。

ある意味互助会よりもよっぽどブーストが効いている。

(ただし、ブログ記事互助会活動をする前の初期の記事なので単純には比較できない。なお、増田にあげた記事はこちら http://anond.hatelabo.jp/20160610233341

最初から増田をやっていればよかったのかもしれない。



さて、互助会活動をはじめたブロガーが辞めるタイミングを考えてみると、

ブログの削除は除くとして、)

ブクマ数・アクセス数が安定し、互助会に頼る必要がなくなった(互助会メリットが減った)

互助会活動によってかえってアクセス数が減る、又は、悪評が立つ(互助会デメリットが増えた)

ということが考えられる。



メリットデメリットを上回る限り、互助会がなくなることはないだろう。

逆に言えば、メリットを減らし、デメリットを増やせれば、互助会崩壊するかもしれない。



メリットを減らすのはある意味簡単である

運営対策をとれば良い。

しかしながら、その見込みは現状では薄い。

ブクマしない、どうしてもするなら二階以上に、というのもメリットを増やさないという限度で意味はある。

だが、二階以上のブクマでも、ブログアクセスを与えることには違いない。

また、一階のブコメを見るとお追従コメントが並び、知らない人から見るとすばらしい記事かのように見えるのも問題である

その場合には、正当な批判をしているコメントスターをつけておく必要がある。

また、0~2ブクマの良記事積極的ブクマしていくことにも意味がある。

きちんと記事評価されるなら、わざわざ互助会をする必要はなくなるのである

そうはいっても、現実的には、現状を劇的に変えるのは難しいだろう。



メリットを減らしにくいとすれば、メリットを上回るデメリットを与えるしかない。

互助会をするとかえってアクセスが減る、ということが実現できれば良いが、そんな方法ちょっと思い付かない。

そこで考えられるのは、互助会活動によるレピュテーションリスクを大きくすることである

互助会活動をしているユーザーを、徹底的に名指しで批判する。

この行動が広まっていけば、互助会活動は縮小する可能性がある。

すでに大手となった者やブログ生活をかけている者には、あまり意味がない。

大手には互助会以外の信者・固定ファンがついていて批判にも動じないだろうし、批判嫉妬だと脳内変換して処理することもできるからである

生活をかけている者は、なりふりかまってられないので効果が薄い。

しかし、大手を支えてるのも結局は零細ブロガーたちである

そして、アクセス数の少ない零細ブログに対する批判は、ブロガーにかなりきく。

そもそもがブクマのお追従コメント以外の反応があることは稀であり、少数の批判だけで、ユーザーからフィードバックに大きな割合を占めることができるからだ。

生活がかかっているのでもない限り、多数に批判されながらブログを続けるのは、なかなかにきつい。

ブログをやるくらい自己顕示欲の強い人間ならなおさらである

零細が互助会を辞めれば、それに支えられている大手ブログもその影響から逃げられない

将を射んと欲すれば、まず馬を射よ。

大手に対抗するにはその足元から崩していくほかない。


長々と書いてきたものの、対互助会は、勝ち目が薄い。

ライトユーザーからすれば、なんとなくつまらない記事ホッテントリに多くなってきたな、というくらいのもの

労力をさいてこれに対抗する動機があるのは、一部のヘビーユーザーだけだからだ。



それでも、いつの日か、良い記事が適正に評価され、互助会過去遺物として語られるときが来ることを願いたい。



※この日記フィクションです。

[]よくある質問

真面目に答えず、出来る限りと嘘と虚構を織り交ぜて答えていきたい。

Q.「○○が××だと言っているのと同じ」といった返しにモヤモヤするのはなぜですか。

基本的に、「相手論理が間違っている」と言いたいときに使う比喩表現だな。

私もその返しはよく使うが、「何がどう間違っているかはうまく言語化できないけれど指摘したい」とき特に便利だ。

で、そのモヤモヤの正体だが、「正確ではないが、だいたい合っている」からという説が有力だ。

例えば、君が「1+1=3」だという間違いを展開させたとしよう(実際はもっと複雑だったり、君が間違っていないケースもあるだろうけれど、今回はこのまま話を進めるぞ)。

さて、この「1+1=3」という間違いを、「2+2=6だと言っているのと同じ」だと返されたらどうだろう。

「だいたい合っている」けれど正確ではない。

「いや、そこは2だろ。1多いぞ」っていうのと、「いや、そこは4だろ。2多いぞ」という指摘は同じではないのだが同じに見えてしまうんだ。

後は掛け算の順序が云々とか、なぜか人と人を掛け算したりとかもするが、人間はあまり数字に強くないからなあ。

では「あなたのその比喩は正確ではない」と指摘することに意味があるのかといえば……どうだろうな。

この返しを使う側としては、そもそも「正確」であるかどうかは問題ではなく、「あなた論理は間違っていますよ」という思いを伝えたいだけだから

まあ、そのために比喩を用いるのが論理屋の愛嬌だな。