「必死」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 必死とは

2016-09-28

コスパ云々より、思い入れがなくなった理由を考えようよ

個人的には、結婚子育てコスパで考えること自体否定するつもりはない。

その人にとっては、所詮その程度の存在なんだな、と思うだけだ。

人間思い入れのあるものには金や時間をかけるし、少なくとも思い入れがあるうちは、惜しいとも思わない。

逆に言えば、大して思い入れがないからこそ、選ぶ際には必死コスパ考慮することになる。

婚活なんかまさにそれで、今まで何の縁もなかった人が相手だと、どうしても打算的になりがちだ。

誤解を恐れず言うならば、コスパが良いにせよ悪いにせよ、コスパを持ち出された時点でもう負けている。

もはやチェーン店牛丼程度にしか思われていないということだ。



もちろん、「金や時間に余裕がないから、結婚出産ができない」というのも正しいと思う。

やる気があろうがなかろうが、金がもらえればうれしいから、皆とりあえず反対はしない。

しかし、本当にやる気がなければ、金や時間を与えても、それ以上思い入れのあるものに消えるだけだ。

一昔前の車メーカーを思い出す。

彼らもかつては、若者が車を買わないのは金がないから、金がないから売れないんだとしか言わなかったが、

そもそも需要が減っている事実から必死で目を背けていたようにしか見えなかった。



現在若者が不遇なのは間違いないし、その是正少子化を抜きにしても達成すべき課題である

しかし、少子化解決したいなら、それに加えて考えなければならないことがあると思う。

そもそもなぜ、コスパを考えるほどに、夢も希望もなくなったのか?

2016-09-27

苦労自慢が羨ましい

苦労自慢が楽しそうで羨ましくて仕方ない

給料が低くて生活が大変だとか言いつつ、自分より仕事が出来ない様に見える上司を貶して酒を飲んで

わいわいと語り合ってる人が楽しそうで羨ましくてしょうがないんだ

考えてみれば中高生の頃も試験前になって慌てて勉強して試験前の徹夜自慢とかヤマが当たったのどうだのと、楽しそうに話してるのも羨ましかった。

赤点取って先生に泣きついたりして、先生と深くコミュニケーションが取れているのを見ては、とても羨ましいと思っていた。

俺にとっての試験なんて日々の予復習さえ出来ていれば90点以下を取る事なんて至難の技しかなく出来て当たり前で、そんな風に楽しむ余地ゼロだった。

先生担任でもなければ、無言で答案用紙を返してくれる存在しかなくて、会話した事のない先生の方が多かったよ。

英語先生が好きだったんだけど、赤点取った奴が楽しそうに、先生に向かって「○○ちゃん助けて!」なんて言ってるのが羨ましくてさ。

受験もそうだった。T大なんて受かって当たり前でしかなくて、A判定が出たとかE判定だったとか、そんな事で一喜一憂する楽しみもなかった。

合格した感動なんて一つもない。それが当たり前の結果だったから、まぁそうだろな、と思った記憶しかない。

就職も当たり前の様に、普通に目的だった第一志望に内定を貰った。

その企業に入るために1年前から準備してきたのだから、当然でしかなくて嬉しさなんて何もなかった。





大人になった今も、かつての学友などが、仕事の苦労や給料の安さ、職場環境を嘆くのを聞いてると楽しそうで羨ましいと思ってしまう。

日々、山あり谷ありで、そこには生きてると言う物語がある。

俺は、毎日、毎月、毎年の単位目標を設定し、数年後の未来を想定して、日々着実にこなしてきてるだけでしかない。

計画通りに30になる前に1千万に到達して、株で財産運用を行って増産しつづけてと、すべてが思い通りに進行している。

そこに、みんなの様に酒でも飲まないとやってられん、とか言うような苦労なんてないんだ。

上司職場環境がどうであれ、その中で自分遂行しうる目標基準は決められる。その目標職場環境下方修正された所で、大きな障害にはならない。

どんなものでも使い道はあるのだ。それが俺にとっての当たり前だった。

さな問題は日々修正すればいい。そこに波乱はない。

思えば、俺の人生はそういう計画立案と実行の繰り返しで、いかようにも積み上げてこれた。

いつだって今できる事を当たり前に行い、その積み重ねから予測される結果を、当たり前の顔で収穫してきたのが俺の人生だった。

日生れてきた我が子に語れる様な波乱万丈な物語もなければ、壁に阻まれた苦労もなくて

あらゆる結果は、それが当たり前の通過点でしかない。




中学の頃、野球をやってたんだけど、自分には才能はない=プロにはなれないと即断して、辞めてしまった事が悔やまれ

必死努力しても、順調に目的を達成できない悔しさを、一度くらいは味わってみるべきだった。あれは無駄時間ではなかったかもしれない。





でも、ただ一つ、嬉しかったことは我が子が生まれたことだ。これだけは、俺一人では決してなし得ない目標だった。

の子は、きっと俺の計画通りには、成長していかなんだろうな。だって、俺じゃないんだものな。

人生の中で現れた初めてのイレギュラーを心から歓迎したい。

上手くいかない事を一緒に楽しめたらいいなと期待が膨らむよ。

何か俺に出来ない事、ひとつ計画通りに進まない事を、我が子の前でみっともなく失敗できる何かを探してみようかな

うっかり! ドクター

研究するのがつらい。

工学系の研究を続けてD3になった、この秋で学位の内規条件もなんとかみたした。教授内緒就活してたので、内定ももらった。とても博士学生が行くとは思えない非研究職場だけど。大卒で十分だった。

そうしたら、研究に集中できなくなった。D論書かなきゃと思っても、集中力が出ない。3分と持たない。この前まで必死で考えていた研究テーマに興味が持てない。もうどうでもいい。未解決でいいと感じる

もうやだ。だけど退学したいわけでもない。でももう研究はいいや。研究嫌い。

2016-09-26

子供がいない人ってもっと見下されていいんじゃない

例えば、30代で無職。体は至って健康。みなさんその人を見下しますよね。穀潰しwwニートじゃんwwwって。

さてそれはなぜか。社会に貢献していないからです。

社会ってのはみんなが頑張って働いて、価値を生み出して、その価値の一部を税金として納めて、やっと維持できるような代物です。みんなが働かずだらけたら成立しないわけですね。

もっと言えば、知的障害者社会の中で3人に1人もいたらその社会は確実に崩壊しますし、人工透析者が3人に1人いてもそうなるでしょう。

からU被告とかH氏の思想根底にあるのは、こういう社会お荷物人権保護とか言って過剰に保護してたら、社会のもの破綻して、頑張って働いてた人たち含めてみんなが割りを食うぞ、という危惧なわけです。社会のものが立ち行かなくなったらそれこそ大変ですからね、119しても救急車が来ないかもしれません。

結局、知的障害者保護施設で暮らせるのも、人工透析者が人工透析を受けられるのも、彼らの数が社会の「まともな」構成員に比べて十分に少ないからなのです。

さて、そういうわけで、社会を維持するためには、頑張って働いて価値を生んで納税してくれる「まともな」構成員を増やすことが重要になります

全員平等を謳った共産主義では、怠け者に罰を与える事でそれを達成しようとしました。怠け者はシベリア送りです。一方資本主義では、頑張った人に御褒美をあげることで達成しようとしています。みんな頑張って働いてお金を稼いで都心のタワマンの高層階に住もうぜ、と発破をかけて、働き者を増やそうとしているのです。

しかし、生活保護で最低限の生活保証されている、資本主義のこの国であっても、働かない者には罰があります。その罰が社会的評価です。

職にもつかず、生活保護で貰ったカネでパチンコを打ってぷらぷらしてる、そんな人間は、徹底的に人々から見下されます。当然ですよね、必死になって働いた俺達のなけなしの給料から払ってる税金が、アホ面した穀潰しパチンコ代に消えているわけです。なんだあいつ、死んじまえよ。こんな人間がどんどん増えたら社会全体が破綻するわけですから、そういった人間コミュニティから排除しようとするのは、社会的生物として至って正当な判断ではないでしょうか。

そして、人間社会的生物ですからコミュニティから排除されることを本能的にたいへん恐れます。それこそいじめを受けた子が自殺してしまうくらいに。

から、人が働く動機としては、遊ぶカネが欲しいということ以上に、村八分は嫌だ働かなくちゃ、ということがあるように思います文系が院に行かないのも、理系博士に行かないのも、他のみんなが就職するからなんじゃないでしょうか。

また、生産価値の高い職業に就くほど、社会的評価も付随して上がっていきます医者一流企業に就けば「立派な人」になれるのです。自己承認欲求の満たされ具合も上々でしょう。

こうして、みんな働いてますよ、働かないと差別されますよ、と唆されることによって、社会のうち大半の人が働いてる面があると考えます自分だけひとりぼっちになりたくないという人間心理を突くのは、社会を維持する上で非常に優れた戦略ではないでしょうか。

そして、私はこの戦略少子化対策にも適用できると思うのです。

少子化は、社会にとって非常に深刻な現象です。中国の脅威やテロの脅威など一瞬で吹き飛ぶ程度には深刻な脅威です。尖閣が取られようがビルが爆破されようが日本社会システムのもの崩壊することはないからです。

しかし、少子高齢化がこのまま進めば、2060年には65歳以上の高齢者率は驚きの40%です。現在社会保障の仕組みを維持することは難しくなります労働人口が減少しまから経済は停滞します。介護施設パンクします。暗黒時代です。そうかと思って移民を入れれば治安が悪くなります。また現在人口を維持するペースで移民を受け入れれば、2100年頃には移民のほうが日本人より多くなります

というわけで、子供社会にとって超重要資本です。これが途絶えたら社会は終わりです。もう暗澹たる未来がすぐそこまで来ています。これを打開するためには、すこし強硬手段を講じても良いのではないでしょうか。

フランスのように子育て支援を充実させるのも一つの手です。しかしそれだけでは多分足りない。出生率を2.1程度には上げておきたい。

じゃあ、子供がいない人を無職ニート並みに社会的差別したらどうだろうか。

子供という最大の資本を生んでいないのだから、働いていない人間と同程度の扱いを受けるのも仕方がないのではないか

結婚しない人生のあり方を肯定するなんてもっての外。独身者暮らしをまるで薬物中毒者みたいな悲惨な感じに演出してワイドショー特集したりとか、相手を選びまくって結局結婚しなかった人が悲惨な末路をたどるようなドラマとか流せば、未婚者を差別する社会下地ができるだろう。

そして、未婚者をSNSとか職場とかで八分にしよう。「30代独身女のヒステリーやばいwww」とかをはちま起稿あたりがまとめて、コメント欄でどんどん叩こう。30代で独身はありえない、非国民だ、そういった風潮が醸成されればなおよし。

そうすれば、みんな必死になるでしょ。自分趣味時間がどうこうとかキャリアがどうこうとかの問題じゃなくなる。自分コミュニティを失う恐怖。道行く人全員に嘲笑されている気がする。もう残った奴に不細工しかいなくても、結婚するしかない!みたいなところまで追い詰める。美男美女を見て、ありもしない甘酸っぱい恋愛に憧れを抱いている場合ではないのだ。恋愛に興味がない?そうか、クズめ。道端で干からびて死んどけ。

そして同じように3人子供がいないやつは甘え、3人も養えないとか底辺かな?と煽っていく。一人っ子愛情を注ぎすぎて破綻する家族関係とかの映像テレビで流しまくれ。もちろん子無し夫婦を叩くのも忘れるな。

するとどんどん周囲の人が結婚していく。ひとりぼっちになる恐怖。家族がいないひとりぼっちだけでなく、社会からもひとりぼっち。怖いなあ。絶望自殺ちゃうよね。だから結婚しなくちゃ。結婚したら、みんな3人子供を生むのがノルマらしい。じゃあ産むよね。みんなと同じが絶対いから。

……と、トントン拍子に行けばいいのですが、そんなにうまくは行かないだろうとは思いますしかし、子供社会にとって最大の資本である以上、子供がなければ社会から差別されても仕方ないのではないでしょうか。だって次世代社会に貢献してないし。

ただ困るのは、不妊治療しても子供が出来ない夫婦や、ゲイレズの方々、努力しても極端にモテない方々。養子縁組日本ほとんど進んでいないですし、極端にモテない人は残念としか言いようがないです。

関わりたくない人がいる。

先日、職場普段はあまり仕事しない人と組むことになった。(仮にAさんとする)

Aさんは、かなり細かいところまでこだわりを持って仕事をする。

仕事だし、それは当たり前のことなのだが、時にそれがAさん自身を追いつめたり周囲をうんざりさせたりしていた。

先日の作業で私がやるのは簡単作業のはずだったが、とある事態が発生したために簡単ではなくなったのだ。

作業するのに必要データが届かず、代案でやることに決まったときに、ああこれダメだと直感したのだ。

この感覚は初めてではなかった。

私が配属されたときに、Aさんが担当していた仕事を引き継ぐことになり、指示をもらいつつ必死に進めていたのだが、

Aさんは、なんと途中で体調不良ということで長期間休みに入ってしまったのだ。

その時点でまだ全体の3分の1しか引き継がれていない状態で、半ばパニックに陥りながら作業をしたのだ。

その時と違ってAさんはいるというのに、なぜか同じ感覚になった。

なんかややこしいことになりそう、と。

結果として、予感は当たった。

Aさんの指示と、作業内容がかみ合わない箇所がいくつも出てくる。

提出の段階になって、最初に言っとくべきだろうというようなことを言ってくる。

そのために見直しが発生し、時間が余計にかかる。

この人、わざとやっているんじゃないかとも思いかけた。

Aさんからは、作業の出来が悪いとのお言葉をいただいた。

私はAさんの顔を見ることができなかった。なぜか?

疲れ切っていたからだ。まあ、カチンと来ていたのもあるけど。

今回の件について話をしたいらしいが、どう答えたものか。

正直、もう、私が全面的に悪かったでいいから、話とかしたくないんだが。

私も、初めての人と組むときがあるからAさんの大変さはわかる。

でも、なんかAさんとは仕事したくない。

2016-09-25

長谷川豊が言うべきだったこと

正直、言葉狩りがどうとかは低レベルすぎて泣けてくる

  • 殺せと言う文言を入れた事は謝るべき
  • その上で主張の骨子は間違ってない事を改めて主張する
  • そしてアホは煽る

これが入ってれば、致命的な問題回避しつつ炎上も持続できるし、これでいい


例えば、

直接的に生死に関わる言葉を使った事は、仮に違法でなかったとしても不適切発言だった事は確かです。

この点については、世間をお騒がせした事と、また必死努力にも関わらず発病した透析患者の皆様に不安を与えた事は謝罪したいと思います

大変申し訳ございませんでした。



しかしながら、私が謝罪たからと言って、透析患者にかかる経費が削減される訳ではなく、

また自堕落人間自業自得透析患者になる事実に一切の変化はありません。

ただでさえ8万人もの患者の全員に年間に500万以上の治療費が生涯にわたってかかり続ける事は、日本の皆保険制度を脅かす要因の一つです。

その上、透析協会などと保険制度に巣食って利益を生まずコストを食い潰す団体までいる始末です。

この様な皆保険制度制度上、必要とされる莫大なコストを、どの様にすべきかという事は、我々日本人共通問題でしょう。

保険制度は素晴らしい制度であり、今後も維持し、子どもたちの世代へと引き継ぎたいと、多くの日本人同様に私も望んでいます

社会保障コスト問題という重要課題に対する議論を、私の不用意な発言で歪めた事をふがいなく思うとともに

多くの日本人にたいして申し訳なく思っています



今後も皆保険制度を維持するためには、コストの削減をしなくてはなりません。

少子化による税収の減少、老人の増加による医療費の増加は制度を維持するための楽観的予測を全て砕くほどです。

8万人が年間500万を必要とする事実をどうすべきかという議論は、皆保険制度崩壊していく過程で、必ず生まれるでしょう。

では、どうすべきかといえば、遺伝など十分に医学的にも統計的にもやむをえないと見なせる患者以外

自業自得」で発病したものは、他の病気同様に3割負担にする所から始めるべきでしょう。

なすべくなく保険制度崩壊させてしまえば、完全に補助が打ち切られ、透析患者殆どが死んでしまう事になるのです。

この様な重要議論を、私の失言を攻める事で歪める事も、どこまでを補助の対象とするかの議論を避ける事も

透析患者を殺す事と同義であると言ってもいいでしょう。皆さんは、殺人を犯したいのでしょうか?

しか一部の人間は、憲法25条を唱えれば、無限に金が湧いてくるとでも思ってるかのように愚かです。

彼らには、誰一人救うことが出来ない。

彼らの様に愚かでなく、責任ある大人として子供たちに引き継ぐ社会の姿を憂う皆さんに、

私は今後も問いかけていきたいと考えています



「殺せ」という感情の極まった一言で、世間をお騒がせする事になりましたが、

我々が誇りにし、頼りにしてきた皆保険制度を持続させるためには、今まさにコスト圧縮考慮すべき段階に来ていることを

皆さんにご理解いただければ幸いです。



最後ですが、遺伝などの要因で、必死努力もむなしく透析患者となった皆様に無用不安を与えました事を改めてお詫びします。

こんな感じやろ

聲の形」は感動ポルノのその後を描いた物語

自分聴覚障害者感動ポルノを描いてくれと言われたらこういう作品を描くと思う



主人公男の子クラスのガキ大将

ヒロインは耳の不自由女の子

ある日、主人公の通う学校ヒロインが転校し、そこから物語は始まる



主人公は耳の不自由ヒロインに対し好奇心からイジメを行う

ある者はそれに加担し、ある者は見て見ぬふりをする



しかしそのイジメエスカレートし過ぎた結果、大人の介入を招き、主人公は一人全ての罪を背負わされる

ヒロインへのイジメはその後も続くが、主人公クラスで完全に孤立する



仲の良かった友達に殴られ、上靴を隠され、イジメる側から一転、イジメられる側になった主人公

ある日、朝早く登校してみると、いそいそと自分自身の机への落書きを消しているヒロインを目撃する



やられるばかりでやり返すことのない、そんなヒロインを見て内心馬鹿にする主人公

自分はそんな事はないとばかりに、クラスメイトが上靴を隠す現場をおさえ殴り掛かる



しかし、あえなく返り討ちにあってしま

ズタボロになって横たわる主人公、ふとそこへあらわれるヒロイン

そっと主人公の元へ歩み寄り、笑顔で手を差し伸べる



「親切ぶるな!言いたいことがあるなら言えよっ!」

差し伸べられた手、それを拒否した主人公は叫ぶ



一ヶ月後ヒロインは転校する



明くる日の朝、机をみて主人公は気付く

あの日の朝、いやこれまでずっと、ヒロイン必死落書きを消していたのは彼女の机ではなかった、自分の机だったのだ……と



自分の愚かさに気付いた主人公

しかヒロインはもういない

行き場のない気持ちを抱えたまま、一月、一年と時はたち、主人公は次第に自分の殻へとこもっていく



友人もなく、楽しいことも、したいことも、自分にはただの一つも生きている意味がない

死のう……

いつしか主人公自殺を考えるようになっていた



死ぬ前に何がしたい?

そうだ、あの女の子に会いたい……

会って……俺は――



そして、ヒロイン行方が分かった日

主人公は全ての身支度を整えヒロインに会いに行く



そこへ近づくにつれ、鼓動が高鳴る、トクントクンと

そんな自分に動揺しながらも、一歩、また一歩主人公は歩を進める

そして――



髪は少し伸びてる

身長も、いや、でも俺の方が高い

服は?制服

良かった、学校に行ってるんだ

何か言わないと、何か……

そうだ……一体、俺は……何を――



ずっと望んでいたこと、しかし心の揺らぎを止められない主人公

成長したヒロイン、昔とは何もかもが違う

でも……

ただ一つ、かわらないもの……

そこにはあの頃と同じよう、ただ静かに、そしてやさしく微笑みを湛える笑顔があった……




「ともだちに……なれるか?」



主人公の口から出た言葉と憶えたての手話

はっと驚き頬を赤らめるヒロイン

その右手主人公の手のひらをぐっと握っていた





この物語にはヒロインの心の変化は必要ない

心の内側を描く必要もない

ヒロインはただ一人孤独に頑張り、ただひたすらに耐え、ただひたすらに優しく、最後主人公を受け入れるだけの人形で良い

なぜなら感動ポルノから



聴覚障害物語ギミックだ、主人公イジメ動機となる

そして障害というハンデを背負うヒロインが頑張る姿は読者の涙を誘う



障害者人格無視して、天使のように扱い、都合の良い部分だけを切り抜き

健常者が成長するための道具としてのみ使う



これが感動ポルノだと思う



ところで

聲の形感動ポルノ

ヒロインイジメたことで孤立した主人公が成長した後、ヒロインと再会し救われる、そして恋に落ちる

こんなもの感動ポルノしかない」

こういう声がある



しかしそれは違うと思う

聲の形はここで物語が終わるのではない

ここから物語が始まるのだ



殆どの人はわかっていると思うが上述した物語聲の形の導入部だ

確かにここで物語が終わればそれは感動ポルノだと思う

しか聲の形という物語はこの出会い、再会の部分から始まるのだ



そしてその後、感動ポルノでは決して描かれることはないであろうヒロイン内面、その葛藤

決して天使はいえないようなどす黒い部分、それらが主人公含めその他の登場人物と共に描き出される



主人公は確かにいじめっ子ではあるがいじめられっ子でもある

ヒロインは静かでやさしいだけの天使ではない、他人迷惑をかけ、沢山の間違いを犯す

主人公ヒロインに救われるが、同時にまたヒロイン主人公に救われる

聲の形で描かれる主人公ヒロインは分かりやす勧善懲悪のような関係ではない

脇を固める登場人物達についても同じだ



ただ、聲の形で描き出されるキャラクターはみな、はっきりいって変人ばかりだ

美しい物語ありがちな聖人はまったく出てこない

から聲の形が嫌いだ、物語が気に入らない、そういう声があるのは仕方がないだろう



しか感動ポルノではないと思う



聲の形本来ならば幕が閉じる、美しい物語の終わりから始まる



聲の形」は感動ポルノのその後を描いた物語だと思う

フリーになって気づいたこ

世の中こんなにバカを騙そうとする人間が多いとは思わなかった。

契約に無いことを平気で要求してきて、そんな仕事約束してませんよとメールしたら

「そうですよねー」ってと平然としてやがる。

少しでも気を抜くとその隙をついてこようと必死元請けが小さい会社だとその傾向が飛躍的に高くなる。

レベルの低い企業しか入れない奴はもうバカを騙すしか生き残る術がないようだ。

2016-09-24

思考停止バカウンコトイレしろ

ウンコトイレしろ」 こういう凝り固まった脳みその奴って出世できなさそうだよな。

こんなバカウンコしたい時にトイレ探し回ってるの見ると爆笑もんだわ。

トイレなんてただ座ってウンコをするための部屋にすぎないんだよ

喉乾いたら何が何でも喫茶店入らなきゃいけないって訳じゃないだろ

探せば自販機もあるしコンビニもある

喫茶店も座って落ち着いて飲み物を飲む部屋にすぎない

まりウンコしたくなったらトイレ必死で探す奴は選択肢を考えられない馬鹿

http://anond.hatelabo.jp/20160924084329

今でもあの区分があるのかどうか知らないけど、中学理科の第二分野、

その中に出てくる「維管束」の問題がなぜかぼくは苦手だった。



何度覚えたつもりになっても、いざ試験本番で、道管と師管の配置がごっちゃになってしまうのだ。



中を水が通っているのが道管で、栄養分が通るのは師管、という役割自体はちゃんと覚えていた。

それなのに、茎を水平に輪切りにしたとき、内側にあるのがどっちだったか100%間違えた。

基本的には成績がよく、主要5教科500点満点で450はまず切らない生徒だったぼくにとって

これは本当に由々しき事態で、何度も何度も繰り返し覚えこんだ。そしてそのたびに間違った。



あるとき友達とその話になって、本当にあれがどうしても覚えられないんだ、と愚痴をこぼした。

彼は笑ってこう言った。



簡単だよ。植物にとっていちばん大事もの、って言ったら水だろ?

 栄養分も大事だけど、花を育てる時にはまず水をやるじゃないか

 大事ものは中にしっかりしまいこむんだ。植物も人といっしょだよ」



から道管が内側なんだよ、という彼の声を、今でも思い出せる気がする。

それまで必死言葉でだけ覚えようとしていたぼくの頭に、

彼の説明はそれこそ荒れ地に撒いた水みたいにすぅっと染み込んでいった。



その次の期末考査、ぼくは胸を張って解答用紙に名前を書き込んだ。

から教わった知識はちゃんとぼくの血肉になった。

道管が内側、師管が外側。もう絶対に間違わない。

問題用紙が全員に行き渡り先生が開始の合図をする。

ぼくは勇んで解答用紙の端っこをつまみ、今までの雪辱を果たすつもりで一気にひっくり返した。



もちろんそこには維管束の問題があって、いつもどおりに図がついている。

問題文にはこうあった。




「図1は、植物の葉脈を垂直方向に輪切りにしたものである。AとBが示す管の名前をそれぞれ書け」




ぼくは満点を取り損ねた。

2016-09-23

まるで勘が鈍くて頓珍漢なのに 必死マウンティングしたがる人困る

http://anond.hatelabo.jp/20160923124336

fnwa セックスはしたいけど責任は取りたくないからだろ

リンク2016/09/23

それならレイプ漫画でいいじゃん

元増田が言ってるロマンはみっともないものだけど

お前の単純な頭で理解出来るものよりもうちょい複雑なみっともなさのものだよ



つかこういうまるで勘が鈍くて頓珍漢なのに

必死マウンティングしたがるどーしょもない人どうすればいいんだ

ネットならまだしも酒席の雑談でこういう人居てすごい困る

「なんでお前一人だけ説教するポジション取ろうとしてるんだ」

しかも話の理解全然ズレてる、みんなそういう話はしてない」

みたいな

私は鬱病になれない。

私は昼休み喧騒の中、ただ1人孤独であった。

眠くはないけど、机に突っ伏して寝たフリをするのが定番だった。私にはやることがある。眠いから寝るのだ。だから1人でいるだけなんだ。そう心の中で唱え、必死自分を慰める。

私の居場所はこの机しかない。この机だけが私の唯一の友達だ。そう思い大きく息を吸い込んだ。使い古された机の木の香りが鼻を通り抜ける。途端、私は切なくなった。ああ、そうか私はこの机の「唯一」にすらなれないのか。私なんて所詮、沢山使ってきた人の中の1人でしかなかったんだ。4月からずっと使ってるのに、ただ私の片思いだったみたい。誰かの特別になりたいんだ。

本当は、私がいる世界は優しさで溢れているのに、入っていくのが怖いんだ。

変わった人間なら興味を持ってもらえると思ってた。でもその興味に答えられるほどの中身がないんだ。でも普通人間にもなれなかった。あの娘の話をされても私はあの娘を知らないし、貴方の前髪なんてどうだっていいし、自分で曲を作らないアイドルに興味なんて持てない。

友達がいないのは、きっと他人に興味がないわけじゃないんだ。

本当はあの娘のことが気になって仕方がないんだ。2つ結びの、スカートを膝までのばした、不思議あだ名を欲しがっているあの娘のことが。

ああ、君を知りたい。

現代文教科書の表紙が好きだと言った君の、美しいと思うものを。

弁当に入ってるハンバーグを喜んでいた君の、好きな食べ物を。

目を合わせて話さない君の、考えていることを。

ああ、君と語りたい。

あの娘の噂話よりも、前髪の話よりも、アイドルの話よりも、ドーナツの穴について、動物園動物幸せについて、宇宙人について。

自分気持ちのままに素直に行動できない自分が嫌いだ。

いっそのこと鬱病になってみんなから心配されたい。

なにもできなくても許されたい。

父親は言った。

「お前は鬱病にはならない」

と。

2016-09-22

今日アベンジャーズ(2012,米)」みたんだが

今日アベンジャーズ(2012)ビデオで見てたんやが、物語最後の方(見てない人は読まないよーに)がめっちゃシンゴですやん。

でもってマンハッタン次元の扉が開かれてそれ見たゼーレみたいな連中が核を打ち込む決断したら、現場長官必死に止めるやん? それこそ、核積んで飛び立つ戦闘機バズーカ打ち込んでまで止めるやんけ! で、地球滅びるかもという瀬戸際なのに「(マンハッタンに核を打ち込むと)取り返しがつかない!」とかいって不確実な作戦(アベンジャーズに任せる)に賭けようとするやんけ! ほかの現場の連中も長官に従ってアベンジャーズに任せる流れやんけ。…「彼らはここがNYでも同じ決断をするそうだ」って言ってた赤坂さん?赤坂さん? なんか実はそうでもないみたいですよ? って言いたくなるやん?



ちょっとシンゴジ」で、ヤシオリに賭けようとした決断おかしいとか、そんな決断世界で支持されるわけないとか言ってたひと、アベンジャーズ見てどう言うんか教えて? それともあれは糞映画乙なんですか。それでも「そういう発想は一般にアリ」やと考える人は海の向こうにも一定数いる、ということだけは理解できたでしょうね。

ゴリラとのドライブうってつけの日

ドライブに行かないか?」と僕は言った。「ウホウホ」とゴリラと言った。

海を見たことがないゴリラのために、僕は海岸沿いの景色のよい道を選んで運転した。ゴリラは「ウホウホ」と無邪気そうに喜んだ。

しばらくしてゴリラバナナを僕によこした。一緒に食べよう、ということだ。ドライブしながら食べるバナナは、いつもより甘く、ほとんどバナナとは思えないほど美味しかった。

僕たちは食べ終えたバナナの皮をあたりかまわずから放り投げて、ドライブを続けた。

しばらくして、トウモロコシ畑を襲撃するイナゴの群れのように、夥しいパトカーが僕たちの車に近づいてきた。

停車した僕たちを取り囲んだパトカースピーカーから「手を上げて今すぐ車から出てきなさい」と声がした。警察官たちはひとり残らず銃をこちら側に向けていた。

やれやれ、仕方なく僕が車から降りると、一人の警官が「危ないからそこを離れなさい」と叫んだ。彼の銃口は車内のゴリラに向けられていた。警官たちはゴリラを射殺するつもりなのだ

僕は警官に顔を向けたまま「ここでおとなしく撃たれるよりは、いっそ逃げよう」ってゴリラに言った。

そう言い終えた途端、僕の体は宙に浮かび上がり、ヒルトン神宮球場スタンドに放つホームランのように、爽やかな午後の空に放物線を描いた。もちろんそれはゴリラが僕を持ち上げ、警察の包囲の外側へ投げ飛ばしたのだ。

着地すると同時に、警官たちの銃声とゴリラの咆哮が耳をつらぬいた。僕はどうすることも出来ず、必死に走り、その場から逃げだした。

それ以来、ゴリラ消息は分からなかった。僕は時折「あいつは無事に逃げられたのだろうか」と思いながら、それまでの生活に戻っていった。

ある日のこと、僕は新聞地方欄の片隅に、こんな記事を見つける。「ゴリラ捕まる、処刑今日

僕が街の広場に着いた頃には、すでに群衆が断頭台とゴリラを取り囲んでいた。

人混みをかき分けてゴリラに近づこうとする僕とゴリラの目があった。ゴリラは驚いた顔をして「俺のことはいいから、早くここから立ち去れ」と目で合図をした。

「そんなことは出来ない」と僕は目で答えた。ゴリラが僕にしたように、僕も自分の命を投げ打ってでもゴリラを助けないといけない。絶対に助けないと。

けれどもそう思えば思うほど、僕はベトナムの沼地に踏み込んだアメリカ兵のように動けなくなった。百人の小人が両手をつかまえて、体を左右から引き裂いているような心持ちだった。


「だから」と、僕は彼女に言った。「僕はゴリラドライブには行かないんだ。もうあんな目にはあいたくないからね」

何だかおとぎ話みたい」と彼女は言った。

「きっと楽しいけど、僕はゴリラドライブに行ったらいけないんだ。そういう運命なんだよ」と僕は答えた。

「じゃあ、これから私とドライブするのはどうかしら?」と彼女は言った。「もちろん、ゴリラほどには楽しくないかも知れないけれど、そんな悲しい思いはしないと思うわ」

「悪くないね」と僕は言った。

http://anond.hatelabo.jp/20160921123623

吐き出せないからここで言う

カメラ仲間で地元帰っちゃった子いるんだけど。

地方から就職でこっちにきて、友達欲しいからって撮影会参加してくれたんだよね。

割とすぐ仲良くなって色々話してた。

彼女と話ししてるとき学生のうちは学校頑張んなよー」っていう

たまーに上から目線なの気になってたんだけど

(こっち大学必死で通ってんや

専門卒にドヤ顔で頑張れとか言われなくても頑張ってる)

学生だし仕方ないかなって思ってた。

地元彼氏がいて仲よさそうだった。

でもこっちで出来た男友達とかと夜中出掛けてて。

ツイッターでは記念日ムービー作ったり、カップル自撮りしたり、結婚したいとか言ってたけど、

そう書きながらこの男の子とやってたのも知ってるし

複雑ーって思ってたら、地元彼氏がついにキレたらしくて別れた。

夜中遊んでるのとか好き好きツイッターで言ってたら当たり前だよね。

ダメージあったのかわからないけど、ずっと一緒だと思ってた…的な謎ポエムツイート。うぜえー。

一週間後くらいに付き合い始めましたーって言い始めて、フーンお好きにどーぞって思ってた。

でね、でね、同棲し始めたと思ったらね、1ヶ月後に別れたよ。

同棲ときながらその家で彼氏友達とやってたんだって

まじなんなん?真面目に相談乗ってた時間返せ。

別れた途端地元彼氏ツイートめっちゃ反応しだしてね!

これ、より戻したいんだなーって思ったw

上から目線なくせに、仕事辞めて社宅から追い出されて金入るまで乞食してたし。

正直股ゆるくても仕事出来るならその部分は尊敬してたのに、

辞めてから、実は大した仕事してなかったってのもたまたま知った。

まじでくそ。見損なった。

でもこいついるといい人寄せになるから仲良くしとく。

カメラつながりなのに、タイムラインSNOW自撮りばっかりなのも飽きた。

いちお、泣いて見送ったけど、二度とこの街に住まないで欲しい。

周りの人間関係崩されたくない。

2016-09-21

車内がぜんぶラブライブ!って書いてある山手線乗ってるけど

これ、幼児みたいな幼い踊りを幼児みたいな格好した大人の女性たちが必死にやっててキモいを通り越してまじで怖いんだけどなんなのこれ

すごすぎんなこれ。ダサいキモイし幼稚だし恥ずかしすぎんだろ

どっかの新興宗教とかと何も変わらないじゃん。

キツい

はてなーサーフィン

はてなーサーフィンしたら楽しいだろうな。

行くなら話題豊富はてブトップ画面がいいだろうな。

レッドスターなんかほとんど見たことないからウホウホ無邪気に喜ぶんだろうな。

で、一緒にグリーンスターなんかつけたりして。

いつもより辛口だねなんて言ったりして。

だけど、そのあとブクマタグをポイポイと投げ捨てたのはいけなかった。

びっくりしたんだろうね。後からきたブクマカが「増田うんこを投げてる増田がいます」って警察通報しちゃって。

警察もびっくりしたのか、たくさんのカラースターもってきて俺たちを取り囲んで、「手を上げて今すぐはてな村から出てきなさい」って。銃まで取り出して言うんだ。

仕方がないかキーボードから手を離すんだけど、警察は俺に向かって「危ないかPCから離れなさい」って言うんだ。きっとはてなーを撃つつもりなんだろう。

から俺は、「ここでおとなしく撃たれるよりは、いっそ逃げよう」ってはてなーに言ったんだ。

そしたらはてなーは俺を片手で持ち上げると、警察の包囲の外側へ思いっきり投げ飛ばしたんだ。

銃声と咆哮を後ろに聞きながら、俺はどうすることもできなくて必死に走って逃げた。

それっきり、はてなー消息は分からなくなってしまったんだ。

俺は、「あいつは無事に逃げられたのだろうか」なんて思いながら元の生活に戻ったんだけど、ある日、新聞を見たらこう書いてあるんだ。「はてなー捕まる、処刑今日

街の広場に着くと、もうだいぶ群衆が詰め掛けていて、真ん中には断頭台とはてなーがいるんだ。

俺は人混みをかき分けて近づこうとするんだけど、それに気づいたはてなーは驚いた顔をして目で合図をするんだ。

「俺のことはいいから、早くここから立ち去れ」って。

そこで俺はこう思うんだ。はてなーが俺にしたように、俺も自分の命を投げ打ってはてなーを助けないといけない。絶対に助けないといけないって。

だけど、今の自分にそれが出来るかというと・・・・・。

から、俺ははてなーサーフィンには行かない。

きっと楽しいけど、行ったらいけないんだ。

http://anond.hatelabo.jp/20160921123623

smap vest

オレンジ入ってないのね

残念すぎる!

高校生の時、女子に歌って~♪と言われたかレンタルして聞いて必死に覚えてカラオケで歌ったっけ・・・

ゴリラドライブ

ゴリラドライブしたら楽しいだろうな。

行くなら海岸沿いの景色の綺麗な道がいいだろうな。

海なんかほとんど見たことないからウホウホ無邪気に喜ぶんだろうな。

で、一緒にバナナなんか食べたりして。

いつもより美味しいねなんて言ったりして。

だけど、そのあとバナナの皮をポイポイと投げ捨てたのはいけなかった。

びっくりしたんだろうね。後ろの車が「車からバナナを投げてるゴリラがいます」って警察通報しちゃって。

警察もびっくりしたのか、たくさんのパトカーでやってきて俺たちを取り囲んで、「手を上げて今すぐ車から出てきなさい」って。銃まで取り出して言うんだ。

仕方がないから車から降りるんだけど、警察は俺に向かって「危ないからそこから離れなさい」って言うんだ。きっとゴリラを撃つつもりなんだろう。

から俺は、「ここでおとなしく撃たれるよりは、いっそ逃げよう」ってゴリラに言ったんだ。

そしたらゴリラは俺を片手で持ち上げると、警察の包囲の外側へ思いっきり投げ飛ばしたんだ。

銃声と咆哮を後ろに聞きながら、俺はどうすることもできなくて必死に走って逃げた。

それっきり、ゴリラ消息は分からなくなってしまったんだ。

俺は、「あいつは無事に逃げられたのだろうか」なんて思いながら元の生活に戻ったんだけど、ある日、新聞を見たらこう書いてあるんだ。「ゴリラ捕まる、処刑今日


街の広場に着くと、もうだいぶ群衆が詰め掛けていて、真ん中には断頭台とゴリラがいるんだ。

俺は人混みをかき分けて近づこうとするんだけど、それに気づいたゴリラは驚いた顔をして目で合図をするんだ。

「俺のことはいいから、早くここから立ち去れ」って。

そこで俺はこう思うんだ。ゴリラが俺にしたように、俺も自分の命を投げ打ってゴリラを助けないといけない。絶対に助けないといけないって。

だけど、今の自分にそれが出来るかというと・・・・・。

から、俺はゴリラドライブには行かない。

きっと楽しいけど、行ったらいけないんだ。

心に残る裏ワザとは何だ?

裏ワザ

ファミコンキッズ達にはわかる、あれだ。

個人的にはやっぱり「↑↑↓↓←→←→BA」なんだけど、あれは制作者が意図した裏ワザだよな。

本当の裏ワザとは、開発者すら意図しなかった動作をするような技をさすとおもう。


などと思い出したのは、アプリ作成していて1つしか登録できちゃいけないモノが、特定の手順を踏むと2つ登録できてしま事態にまさに今、直面したからだ。

必死になって直しつつ、

「でも、エラーが出てもゲーム自体が落ちずに、普通にゲーム進められてて凄いなぁ…」

なんて思ったり。助けて。

アトピー患者主人公漫画が読みたい

主人公は、幼いころからアトピーゾンビウイルスの痒みと痛みと醜い肌に苦しめられ、いじめ虐待を受け続け、さんざんな学生時代を送る。

しかし、ひょんなことから容姿に優れた可愛い女の子と仲良くなり、人生初のデート経験する。

そして、恋人関係になり、人生ピークを迎える。

だが、その人は恋愛詐欺師で、今まで必死に働いて彼女に買ってあげたものは全部質屋に入れられていることを知った主人公人生絶望して自殺する。

その後、彼女主人公葬式に行かないで、だまし取った金で容姿の優れた他の男と楽しそうにデートしていましたとさ。終わり。というストーリー漫画が読みたい。



今の漫画界は身体障碍者優遇しすぎている。

聲の形」では耳の聞こえない美少女であり性格もいい人がヒロインだ。

リアル」では容姿に優れた車いす男が主人公だ。





なぜ身体障碍者漫画の中心人物になれてアトピー患者はなれないのか。

答えは単純明快であるアトピー患者容姿が悪いからだ。

痒みや痛みで歪んだ表情、かさついてたりドロドロしていて赤くて不潔な肌、醜い皮膚を掻く動作

どれも人を不快にさせるものばかりだ。だから漫画の中心人物になることはない。

金を払って不快な気分に浸りたい変わり者は少数だ。




健常者が住んでいる惑星地球という名の健常者ランドでは、身体障碍者は金儲けの道具として使われ、醜い非健常者は迫害差別嘲笑を受ける。

漫画の中心人物になれる身体障碍者になりたかった人生だった。

2016-09-20

エテ公

センズリ覚えたエテ公みたいに必死に指でスマホしごいてんじゃねーよ。邪魔なんだよエテ公。

http://anond.hatelabo.jp/20160920080300

ある場面において被差別者として扱われてる人間差別だと必死に叫んでる横で何もしないくせにやり方に難癖をつけるだけのゴミがいる、という事実に対して被差別者だってあるとき強者になるんだから被差別者と俺を分けるな!というエクスキューズで何もしない正当化になってると考える焼却炉行きのゴミさんお疲れ様でーすw

http://anond.hatelabo.jp/20160920062311

そうやって言う人で被差別者のために戦おうとする人っていないよね

エクスキューズ差別はいけないことだと連発する割にやり方だけをあげつらうばかりだから説得力がないw

気に食わないもの否定しつつ自己防衛必死ゴミが信用されるはずがないじゃんw