「必死」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 必死とは

2016-12-04

なんだか、今日はバズ狙いの釣り記事が多い

ぜんぶ釣り記事だと思う

http://anond.hatelabo.jp/20161203200232

自己像があまりに明瞭、というかシンプルすぎて、うすっぺらい物語登場人物しか見えない。

長々と自分語りを書いた最後に読者へ向けた説教入れるって、もしこれが実話ならナチュラル傲慢すぎてやばない?

馬鹿な女ネタ鉄板

http://anond.hatelabo.jp/20161203210820

改行なくしてまくし立てるようにしたり、どうでもいい予防線を連打したり、とにかく自己肯定感を守ることに必死であることを醸すための演出が過剰すぎる。

馬鹿主婦ネタ鉄板

http://anond.hatelabo.jp/20161204181701

まず趣味の筆頭にアニメを持ってくるやつはパソコンに金をつぎ込んだりしない。

オタク喋りをイメージさせたいのか読点が多すぎる。

だいたい出会い系複数同時並行が最適な戦略だし自然とそうなるものなのになぜか3人しか出てこない。

童貞ネタ鉄板

性格悪いだけ。真面目でも正しくもない。

文を読む限りでは正しさについても大して考えていないな。ぬるすぎ。

他人マウント取るために使って、他人からマウント取られるのが怖くて、マウント取られまいと必死に真面目に振る舞ってただけ。

そうこうしているうちに自分の中の自分との間でマウント合戦が繰り広げられて、自己嫌悪

言葉定義も使い方も全てが酷い。真面目に考えていないのがバレてる。

まあ、あなたが何かに気づいて、感動したことは素晴らしい体験だったんだろう。

ただ、“私たち”って何だよ。

この私が気づいたことだから、見下していた皆様にも使えると思います!ってか?

自分性格の悪さを「真面目」「正しさ」だとかに置き換えて現実逃避してるようじゃ、一緒だと思うけどね。

ムカつくから書きました。世の真面目な人間や、正しさについて考え、戦っている人間と同じにされちゃたまったもんじゃない。

http://anond.hatelabo.jp/20161203200232

2016-12-03

http://anond.hatelabo.jp/20160314202843

借金もなく卒後は中小企業必死で潜り込んでどうにか貯金ぐらいはあるけど、

やはり彼氏のいる人に彼氏のできたことのない人の苦しみなど分からないもんだな。

必死脳内妄想で条件追加して互角のつもりの時点でもう駄目なのは明らかなんだよなあ

はてなかいゴミ会社社運を賭け増田を使って必死印象操作をする理由

国家など上級職が感情で動いていることを知っているからこそ

自分たちに悪いことをされないように必死こいて毎日増田印象操作

激臭

保育園落ちた日本死ね」の死ね比喩なの?【追記あり】

【追記】タイトル引用記事に対してふと思っただけで、本筋じゃないです。文中の戯れ言と相まって過剰反応されたので、戯れ言は末尾におく構成に変えてみた。【追記終わり】

2016年流行語トップ10に入ってしまいましたね、この言葉。そして、予定通りの賛否両論が再燃。

例えば、こんな感じで。

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/12363503/

【以下、末尾の戯れ言へ移動。】

でもこれって結局、件の言葉への賛否に基づいてポジショントークしてるだけじゃないかと。もっというと、その言葉を支持してきた人が必死に援護してるだけの構図にみえしまった。。

しかし、日本死ねに賛成してた人でも、流行語大賞には「えっ!?」ていう人も多いのが、今回は少し違うのかなと。

もちろん受賞者選定への賛否の話とかもあるけど、まずは、言葉のものへの賛否から【追記】今回の流行語大賞トップ10に対する賛否両論までの状況を【追記終わり】整理してみたくなったので、勝手にしてみた。

日本死ね」への賛否

保育園落ちた日本死ねという言葉に対して、賛成反対の理由を考えると、思いついただけでも本当に様々。

〈賛成〉

以下、子供の有無関係なしで

〈反対〉

以下、子供の有無関係なしで

これだけ色々な理由賛否両論一言で物知り顔コメントするのはいくらなんでも乱暴でしょうと。

特に、賛成している人の中にも、問題提起としてありだから賛成、でも、表現として不適切だという人がいるということは重要。例えば、上でいう、表現は別の人、支持派評論家の一部なんかが、それ。

まとめると、日本死ねに賛成する人も一枚岩ではないということ。

なお、斜めから見ると、その提起した内容が反対し難いために、過激で汚い言葉も受け入れさせた一方、その表現からしっかり反対派も焚き付けて、政治利用までつなげた、非常に優れた炎上マーケティングなんじゃないかなと。受賞者がどこから関わったかは知らんけど。

流行語大賞に選ばれたことへの賛否

そういう背景を踏まえると、問題提起として日本死ねに賛成してた人でも、流行語大賞トップ10入りです、おめでとうございます!とか言われると、「えっ!?」てなる人出てきますよ、そりゃ。

一方、支持派評論家としては、今まで散々、賛成意見を論じてたわけで、今更、「流行語大賞は別」とは言い出しづらいんじゃないかと。

かといって、「死ねとか子供に聞かせたくない」という親の意見を無下にはできないと。

そうなると、評論家の腕の見せどころですよね。いやいや解釈が違うんだと。あれは比喩表現なんだと。て、ならねーわ!

個人的には、表現が汚いことを真正から認めちゃって、「ゲス不倫」なんて汚い言葉選ぶような賞なんだし、そんな権威づいたもんじゃないんだと、単に、話題になったワード選んで世相を表してるだけなんだと言っちゃえと思うけど、メリットもなく選考委員喧嘩売るわけないか

受賞者選定への賛否

で、ここからさらに、日本死ね賛成派から造反者がでます。それが、受賞者の話。

匿名ブログなのに、「何で受賞者なしじゃダメなんですか?」と党首伝家の宝刀ブーメランだったのかと。

例えば、表現は悪いけど世相を表してるし、しょーがないんじゃないと思ってた穏健派だって政治色打ち出されたら違和感抱くの無理ないでしょ。あくまで世相を反映した言葉であって、それにかこつけて国会にもちこんだあんたはお門違いだろ!と。

まぁ、単にアンチの多い政党であるため向かい風参考レベルの逆風というのも否めないし、ネトウヨなら‥、おや、誰か来たようだ

戯れ言

いやぁ、まさか死ね」が比喩表現とは知りませんでした。

そもそも死を望むことや死を命じる言葉比喩として成り立つとは思いもよらなかったわー【追記】←はただの勘違いだったかタイトル変えよ【追記終わり】。何なら、某元アナウンサーにも、「泣くなら殺せ」も比喩にすぎないんだと、援護してほしかったのにー。

【追記】こちらも本当に殺せという意味でないとの発言者意図からすれば比喩になるけど、擬人法使ってないかダメとか怒られるの?【追記終わり】

おしまい

自担週刊誌にも人気になってしまった

時間が経てば落ち着くかと思って特に吐き出すこともなく終息するのを待っていたのですが、時間が経てば経つ程、何だか腹が立ってきて、年末歌番組コンサート純粋に楽しめる気がしないので、気持ちの整理をする為に少し書きたいと思います


ここ1、2年で露出が急激に増えた私の担当くん。革命なんて言われて、いちファンとしてこんなに嬉しく有難いことは無いくらい劇的にお仕事が増えました。

麗しい容姿トキメキ、緩いコメントに癒され、時に懐かしい黒髮時代に想いを馳せながら、HDD雑誌の整理に追われる日々……。

その充実感は彼の言動からもひしひしと伝わってきていました。


所謂見切れの時代、どうすればアイドルとしてひとつ抜きん出ることが出来るかを必死に考えもがいていた彼。

そんな彼を世間は「強かだ」と評し、誰もがそのポテンシャルの高さに期待を寄せて、彼もまたそれ以上の結果を残していく。彼の評判を聞く度に、ファンとしても鼻が高く、もっと彼の魅力をたくさんの人に知って欲しいと心から思って応援していたのです。


……と、まぁ彼の魅力や影の努力などはご興味のある方は既に知っていると思うので割愛で……



ここ数ヶ月で2度も週刊誌に載ってしまった件について思うことです。


正直怒っています

掛け持ちで申し訳ないですが、先日、人生で初めて「自担結婚」というビッグビックリイベントに遭遇しました。

結婚に関してきっと喜べない方もいると思いますが、私はめちゃくちゃ祝福しています。本当に良かった!おめでとう!(でもほんの少しだけ寂しい……)

ベスアのあの幸せな画に涙を流しました。そんなお祝いムードをこんなに短期間で打ち消された事に、とても腹が立っています

あとメンバー誕生日でしたしね。楽しくお祝いしたいところにこの情報……。



そして呆れています

熱愛に関して、別に誰と付き合っていても私はそこまで気にしていません。

二股に関しても(記事をよく読んでないのですが)二方とのお付き合いの真偽は定かでは無いので、とりあえず置いておきます(仮に事実ならモラル的にもアウトですけど)

ただ、絶対に警戒して然るべき時期(前回の件が表沙汰になった直後)にこのような脇の甘さを見せられては、反省していない!と取られて当然だな、と擁護のしようもありません。

twitterで憤りを言葉にされている方は、撮られた内容よりも『撮られてしまった事実(タイミング含む)』に怒っているのだろうなとその発言を見ていて思います

10周年を目前とした明らかに人気が出てきたこの大事な時期に、週刊誌の格好の餌食になることは明白で、そういった危険自覚して行動して欲しい、それができていないから「最近調子に乗ってる」と言われてしまうのです……。



擁護派はちょっと論点がズレてる?

twitterで私は信じてる〜とか本当のファンなら叩かないで〜と言っている人は、怒っている人が何に対して腹を立てているのかを読み違えて、食ってかかっているような気がします。

例え両方と男女関係に無くとも、誤解を招くような付き合い方をする事自体が、明らかに彼(等)の落ち度であるわけです。タレントにとってもファンにとっても基本スキャンダルは無い方が良いじゃないですか。しかも数週間前に騒がれた後なんですから



ファンが騒ぎすぎ

こんな記事を書いておいて、って感じなんですけど、この件に関して騒いでる人って主にファンでは……と思った次第です。

意外と普段なんとなくテレビをつけて彼を見ている層は、そこまで関心を示していないような気もします。ナーバスになりすぎて逆に煽っているのは私たちなのかもしれません。

ただ、心情的には怒ったり悲しんだりして当然なので、騒ぐなとも言えないですけど。



理想アイドルでいて欲しかった

これはあくまで私の超個人的アイドル観なんですが、プライベートはどうであれ、ファンに見せる姿は徹底的にアイドルでいて欲しい!のです。

実際には誰かとお付き合いしていようとも、私たちに向けた、彼なりの理想アイドル像を信じていたかったな、と。

(アイドルスキャンダルはつきもの、と言われてしまったらそれまでですが)

インタビューなどの言葉の端々からも、彼の聡明さや、健全で手の行き届いた素敵な家庭環境イメージしていただけに、1度目の失敗から成長(反省)が見られなかった彼の行動には疑問しか湧かないです。

そして今まで彼から与えられていた情報で出来た私の理想は儚く脆く打ち砕かれたのでした……(助平なのは分かってたけどw)



そんなこんなで、担降りしませんが、暫くは顔見る度に脳裏にいらん情報が浮かんできそう。


大きい事務所からタレントが手を焼かずとも裏で色々と処理されていくんだろうけど、もういい大人なんだから自分言動と影響力には責任を持って欲しいです。

熱愛自体はそこまで重い問題でも無いので、今回のザワつきがどれだけ重大な事なのか彼に伝わりにくいのでは、と危惧しています。だからこそ確実にペナルティーを与えてくれと思う人の気持ちも分からなくはないです(流石に今度こそちゃんと反省してくれよ、マジで)

とにかく多くのファンが心を痛め、ため息を漏らした事を、彼には重く受け止めて頂きたいです。

そして10周年は一緒に盛大に気持ち良くお祝いしたいです。

2016-12-02

この世界の片隅に」はドキュメンタリーかも知れない(ネタバレなし

評判が異様に高かったので観てきました。観終えて真っ先に思ったのは「えっ、どこが面白いの?」というたくさんの疑問でした(苦笑)

このお話は、戦前そして戦中に生きた「すず」という少女物語です。すずはちょっとぼーっとしていますが、いつも笑顔を絶やしません。そんなすずは昭和19年に見初められた見知らぬ男の人のとこへ嫁いでいきます。そして、どこで会ったかも覚えていない男の人の一家と暮らすことになりました。

こう書くと戦中の「暗いお話」で、昔の風習に流され嫁いでいった「不幸なお話」のようにも思えますが、ぜんぜんそんなことはありません。むしろ、戦中を必死に生きる人たちの中で、おとぼけすずの楽しい日常が描かれていきます。この作品コメディでもあるんですよ。なにせ自分が嫁いできた家の名字も知らなければ住所も分からないのです。途中何度も笑いそうになりました。

しかし、コメディからといってもクスってなる程度でそこまで強烈なものでもありません。基本はのんびりした主人公すずの、のんびりとした日常描写です。日常系アニメとか間延びし過ぎて苦手だし、大して笑えないコメディなんて観たくもないです。のんびり主人公日常なんて、そんなの映画にされたら堪らないよ! と思う暇もなく、気づいたらあっという間に120分が終わっていました。

……あれ? 何が起きてるの?

映画館から出で最初に思った「どこが面白いの?」という感覚。にも関わらず、120分間片時も画面から目を離すこともなく、一瞬も他のことを考えもせず、映画に釘付けになった事実

これはなんだ? なんなんだ? そうだドキュメンタリーだ!

この作品に分かりやす物語性を期待すると「あれ、どこが面白いの?」という感想になってしまますが、これをドキュメンタリー視点から眺めるとガラりと評価が変わります

緻密なまでに調べ上げられた背景や情景。人物生活描写。昔のことの知識がないのに、自然と伝わってきますきっと当時の人達は本当にこうやって暮らしてたんだと。そして何より、生き生きとそこに存在するすずを初めとする登場人物たち。これは声優の演技でもあり、アニメとしての芝居の持つパワーでもあります

アニメ映画である限りすべては嘘であり、物語以前に、山も空も町並みも人物戦闘機もすべてが嘘なのです。そう全部嘘なのです。嘘なのに画面の隅々まで嘘が全くないのです。映画館座席に座り、上映が始まり終わるまでの120分。すずは本当に目の前に生きていたし、本当に瀬戸内風景がそこに映し出されていましたし、その間に戦争が始まり戦争が終わります

この圧倒的なまでのリアリティに支えられ、すずはその場に存在しているのです。

続き→http://nabe2.blog.abk.nu/0239

日本死ねへの批判

流行語大賞に「保育園落ちた日本死ね」が受賞したおかげで、このことを快く思わない一派が必死批判してるけど、どれも言葉が汚いか民進党議員が受賞対象になったことを叩く内容ばっかりで、内容については一切触れられてない辺り、当時から言われてたけど、汚い言葉使いを叩く以外、叩ける要素が本当にないんだろうな。

オマケに極力内容に触れないために「保育園落ちた」の部分をカットして、「日本死ね」の部分だけ、取り上げて叩いてる始末だし。

いやあ、自分あんなに隙のない文章を書いてみたい。

思い付きと勢いで書くと、どうしても所々に粗が出るからね。

見直してないから知らんけど、たぶんこの文章もそうなんだろうな。

おめーらは努力してんのかよ?

電通とかブラック企業とか得意げに叩いてるけどさ、

おめーら努力してんの?

配慮してんの?



ブラック労働話題になるたびにリツイートするお前!お前だよ!

お前はなんで昼間ツイッターにかじりついてんだよ。

本腰入れてれば定時で終わった仕事じゃねえの?

それを昼間だらだらツイッターで遊んでおいて、

夜中になって「今日も帰れない」とか、休日に「自宅勤務」とかつぶやいてんの、ばかじゃねーの?



お前は1人で仕事してるんじゃねえんだよ、勤務時間中にお前が進めないと、俺らがしわよせを食うんだよ。

俺たちは常に巻いて巻いて巻いて進めて、それで必死で定時を守ってる。

なのに、お前が昼間遊んじゃった罪悪感から夜中や土日に勝手に働くワガママに、なんで俺たちが巻き込まれなければいけない?



俺は思う。

つぶやかれた残業ほとんどは怠惰によるものだ。

ほんとにヤバいとき、お前はツイッターなど開けないはずだ。

勤務時間10個以上つぶやいているお前、お前だよ。

お前はエクセルよりパワポよりフォトショより、ツイッターを開いているだろう。




ブラック労働に敏感な割に、お前は配慮ということを知らない。

必要もないのに深夜や夜中にメールを飛ばす。

100歩ゆずって土日や深夜に勤務が必要だったとしよう、

だが、他の社員に早急に作業してもらう必要がないのであれば、今すぐメール電話をする意味はあるか?

月曜朝に出社してから伝えればいいものを、まるで自分の手柄を報告するかのように伝えたがるお前よ、配慮を知れ。

イレギュラーイレギュラーとして扱うことから労働者の抵抗は始まるのだ。忘れるな。




他人無駄に働かせない配慮を、努力を、お前らはしているか

ブラック企業に抵抗する日々をお前らは送っているか

社会企業けが悪のように喚き散らかすお前ら、お前らがイチ歯車としてできることをしているか



この気持ち君に届け

年収は?

夫婦バイト2人の小さな会社


バイトに無理な残業はさせられないか

忙しい時は、夫婦で頑張るしかない。

その為、休みは少ない(バイトは土日祝お休み


友人からの誘いも「忙しいから無理」と断ることは多い。

っていうか、その友人とは1年に1回ぐらいなら会ってもいいが

頻繁に会いたいとは思わない。

花畑の話を聞かされて疲れるだけなので・・・


今回も「忙しいから無理」と断ったら

「いっぱい、働いてガッポガッポ儲かってるんだね」

年収は?」

仕事あっていいよねー」

「で、年収は?」

と、やたら年収を聞いてくる。


とりあえず、普通サラリーマンぐらいって

誤魔化したけど、食い下がってきてウザかった。


仕事あっていいよねー」じゃねーよ。

こちとら、会社を潰さないように、必死営業して

仕事とってきてるんだよ。

簡単会社経営できると思ってるのにムカついた。

待ってるだけで仕事が入ってくると思っているのかしら??


銀行消費税法人税等を納税してきた記念日記。

9期目突入、今期もがんばるぞー。

2016-12-01

嫌いを探してる

結婚予定だった大好きな彼氏に「結婚するつもりなくなった」と振られたけど家の関係で1LDKでルームシェア状態。笑ってほしい。

単純な考えで申し訳ないですが、今嫌いになるために必死に嫌い要素を集めている。



・洗い物が雑(こんな洗い残しある!!!????)

・下着を勝手に干す(私の下着は自分で干してたけど振られた後、私の分もまとめて洗ったのか勝手に干された)

ケータイいじりながらごはん最近は帰ってこないけど)

・片手をテーブルに上げずにごはん最近は帰ってこないけど)

・若干クチャラー最近は帰ってこないけど!!!!!!

自分と同等の体力が相手にあると思っている(付き合ってた頃のデートとか。かなしい)

おはよう・いってきます・ただいま系のあいさつが無い(振った女には礼儀なんぞいらん)

唐突引越予告(「12月中に出ていくから」「え、私次の部屋探すから無理だしここ2か月前予告じゃん」「えっ」)

・振られて毎晩会うのしんどいわ、ちょっとだけでも実家帰ってもらえないかと言ったらぶち切れ

(「実家が近くにあるからってすぐ帰れるわけない、というか俺の部屋物置になってて帰れない」)

・上記後ご機嫌斜め、ごはんいるいらないの連絡すらない(同居でも振った女はどうでもいいってか)

・くさい(くさい)



私のことは棚上げで悪いとこばっか書いてやったからな!!!ばーか!!!!!!!!!

2016-11-30

年下の同僚がクソすぎて本気で反吐がでそう

今まで生きてきた中でいろんな人と関わってきたけど、どうしても反りが合わないって人は何人かいた。

性格や習慣の違いとかあるからこういうことやるのは許せないってのはあるし、それを平気で行ってる人はいるわけで、

中にはなんでかしらないけど嫌悪感でいっぱいになる人も数える程度にはいた。

ただただしゃべり方が気持ち悪い、態度が気持ち悪い、しぐさが気持ち悪い、不思議だけどただただ気持ち悪くて話しかけるのも話しかけられるのも嫌っていう。

ただそういう人とは関わり合いしなければいいだけで、近くに一定以上寄せ付けなければそれでよかった。

が、社会人になるとそういうわけにもいかない、仕事として割り切って対応するしかない場合もある。

嫌いなクライアントでも笑顔対応しなければならないし頭下げなければいけない。

帰りに一杯ひっかけてバッティングセンターいくなり風俗言って一本ぶちかますなりしてスッキリして明日を迎えればいいんだから


でもさ、その相手が外部ではなく内部だと地獄だよね。

ちょっと前にチーム配置換えがあったんだけど、その中のメンバーが本当にクソすぎて毎日イライラが止まらない。

・とにかく口が悪すぎる。

一応そのチームをまとめる立ち位置にいるが、その立ち位置に胡坐かいてるのかしらんけど、年上の私にキレたヤンキーですか?ってくらいひどい口調で話す。

何かその人の感にさわったことがあったんだろう、それを指摘するときにひどいもんだ。

「おい、こっちこいよ!」とか、「てめぇがわりいんだろうが」とか、「おめぇの意見はきかねぇよ」とか、んー、舎弟にでも相手してるのかな?

当方体育会系で育った身分から、そういう無礼な態度はとにかくイラっとするんだよね。

立場としては上だったとしても、その態度はどーなんかと。

本当にしゃべりたくない、かかわるのも最低限にしてるけどなんだかね。

メンバー卑下することしかせず、称えることをしない

チームの売り上げを上げたいから協力してほしいみたいだけど、こういう態度ばっかりしてるやつとは一緒にやる気も起きないわ。

そもそも作業メインな立ち位置のやつにいきなり

「お前らも作業ばっかりしてたら目標達成できねーから、ウチは社内ニート雇ってる余力ねーからな、何とかして仕事取ってこい」

とか言うだけ言って、実際仕事取るための動きとか具体的方向性何もねーのな。バカじゃん???

そんな中、俺がとあるつてからひょんなはずみで仕事がもらえそうってことになった時、こいつ何にも言わなかったからなww

ほんとさー、なめてんのかな??

そんなに自分のやりたいようにしたいんなら全部外注で一人でまわしてくれよ、そのほうが効率いいっしょ。

たまたま共通話題があったからそれに関して話したときも、作風がどうの監督がー制作会社の風潮がーどうのーと何を能書き垂れてるんだろうと。

挙句にその視点は間違ってるだの語りだすあたり、夜な夜な2chの実況スレコテハン付の批判厨なんじゃないかな、どうでもいいけど。

絶対こいつ結婚どころか恋人すら作るの無理だろうな。

メンバーのいうことを聞かない、答えない、信じない

朝体調が悪くて遅刻する羽目になったんだけど、私典型的頭痛もちでたまにひどい頭痛に襲われて動けないときがあるのよ。

ただいつものことで薬飲んで軽減してくればいけるからちょっとだけ遅れるかなーって感じだったんだがね。

「そんなことより今すぐ病院いけ、診断書とってこい」

とか急にいうわけ。

体感でも病院行くほどじゃないし薬効いてくれば大丈夫だっつってんのに聞きやしない。

挙句

体調不良責任もてよ、それとも仮病なのか?」

とか言い放っちゃう

もうねー、俺もいい大人から必死我慢したけど、正直ぶん殴ろうかと思った。

何でこんな奴がまとめ役になってんだろうと、それを判断した部長もどういう判断だったのかは知らないけど、

こいつ人をまとめる柄じゃないよ、仕事をまとめるのもままなってないやつがトップでどうするのよ。


こいつのせいで毎日気分どん底ですよ、あまりイライラ毎日で隠し切れないから回りにも悪く見られがちになってるし、

精神的なやつで体調崩さないか心配だわ。

もう今のうちからチーム異動打診しとこ。

っていうか、こいつが今後俺の査定に入るとなると間違いなく給料なんて上がらないか転職先さがそ。

退職理由あいつがくそすぎるからって言ってやろうかしらねー。

まぁ今までのことは部長とかにクレームあげてるからあいつも落ちればいいんだけどね。

あー、ほんとクソだわ、クソクソ。

とある企画イベントDQNな人とグループを組んだ話

2.5日で各グループ企画を作ってプレゼンし合うイベントに行ってきました。大変でした。私は4人のグループを組んだのですが、1人、とても気むずかしい方がおられまして。大変でした。

ちなみに全体では22人で、5つのグループに分かれました。

異変は1日目から起きました。何も決まっていない状態だったので核となる部分だけでも仮決めするべきだと思った(そして最初アンケートネットに打つつもりだった)のですが、「僕は仕事時間外は絶対仕事しないことにしているんです」

見ると彼の表情がプルプル震えています。どうも感情的になってしまっているようです。こんなに簡単に?

これは無理かなとも思ったのですが、他のメンバーの助けもあり1時間かけて核となる部分を決めて、みんなが帰ったあと私はアンケートを作り、友だちに拡散してもらいました。

2日目は平穏でした。私は、時間通り終わらせることに腐心しました。

3日目に事件は起きました。実は3日目はいちばん年輩のメンバーが不在で、彼としては言いやすかったのでしょう。

あなたは人に指摘されたらコロコロ意見かえるいちばん大切なのは自分でしょう?チームから出て行ってくださいよ」

いやー、指摘を受けてコロコロ変えて良いものを目指すのが主旨のイベントだったのですが・・・それにいちばん大切なのはお客さんでしょう?

他のチームは楽しそうにやってました。特に隣のチームが楽しそう。分担を決め、生き生きと作業している。本気で出て行くことを考えました。

うちのチームは・・・問題人物はずっとスマホをいじっているし、もう1人の人も何かタブレットに打ち込んでいる。年輩のメンバーはいない。

孤独。私1人で発表時間までにサービスを作り、検証までしなければならなかったのです。

必死作りました。発表時間の30分前にようやく人に見せられるものができ、4人の人にインタビューして肯定的評価が2人いらっしゃったので「ああ、これなら発表できる」と思ったときには、もう会場の発表準備は終わってました。

自分たちのチームの番になり、3人で前に出ようとすると行きたがらない問題人物。強めに「来て下さい!」と言って何とか前に出させました。

発表は問題なく終わり、審査員の反応も悪くはなかったです。ああ良かった。しかしこの企画イベントは、この先2年くらいは行きたくないです。トラウマになってしまいました。本当に大変でした。

不登校になった話

どこかに気持ちをぶつけたかった。

調べたら匿名ダイアリーが出てきたので書きます

規約など一通り読みましたが、暗黙のルール等に違反していたらごめんなさい。

まりいい表現出てきません。






私はどこから間違ってしまったんだろう。

小さい頃から日常的に死にたいと思っていた。

小学2年生あたりからずっと思っていた。

当時の日記にもそればかり書いた。死にたい死にたい、と。

自宅の二階から飛び降りたこともあった。

手足の打撲で済んだのは運が良かったのか悪かったのか。

陰口や無視日常茶飯事だったが、いじめがあったわけではない。

ただ息苦しかった。世知辛かった。



中学校に入って間もなく、私は不登校になった。

理由があったわけでもない。

ただ心から学校行きたくないと思った。

同じ服を着た知らない人がたくさんいる。それが何故か怖いと思った。

意見が合わないと白い目で見られ、無理に合わせても白い目で見られる。

息苦しかった。

もちろん友達はいたが、ごく少数で、その友達とも次第に話さなくなっていった。

最初心配していた両親からも厳しい視線を向けられた。

あなたが生きていることが恥ずかしい」

「産んだとき幸せだと思えたのに」

「私を馬鹿にしている」

毎日言われた。それでも学校には行けなかった。

それじゃあ制服を着るだけなら、と思って着てみた。

手足が震えた。震えているせいでうまくホックがとめられない。

無理にホックを留めたがすぐに頭が痛くなり、過呼吸を起こした。

対処法は知っていたので、咄嗟キッチンまで這って行き、ビニール袋でなんとか息をした。



その1ヶ月後くらいに、両親に心療内科に連れていかれた。

ああ、私は病気だと思われていたのかと、その時初めて知った。

もう少しカウンセリングに近いもの想像していたが、実際はいくつか問診を受け、シートを記入しただけだった。

その時医師に言われた。

学校を面倒に思っているんだね、毎日行かないと後悔するよ」

今でも忘れない。

医師不登校の私をこう思っているのかと絶望した。

一度たりとも学校を面倒に思ったことはなかった。

毎日きちんと行けたらこんなところに連れていかれるはずがない。

知っているような口を聞かないでくれと思った。



二度と心療内科には行かなくなり、学校夕方にたまに行くだけになった。

そのうち2年になった。成績は死んでいた。

3年になった。気づけば受験生だった。

成績も出席日数も明らかに足りない。

この時期は受験生みんなが慌てるが、私は何もしなかった。

1年の教科書問題を解いてみたりしたが、まったくわからなかった。

学校に行かなかったことは後悔していないけれど、提出物とテストを受けなかったのは後悔した。

結局定時制に行くことにした。夜間ならなんとかなるかもしれないと思った。

受験寸前になって必死勉強し、問題集もだいたい解けるようになった。



たびたびニュース不登校話題が上がる。

不登校登校拒否をする子供を持つ親の記事も読んだ。

「私は子供気持ち理解しているけれど、子供は私の気持ちを分かってくれないんです」

「どうしてこんなに心配しているのかを理解してほしい」

まり覚えていないが、そんなようなことが書いてあった。

この親が心配しているのは世間体じゃないのか。

子供気持ちを本当に理解しているのか。

自分のことで精一杯だから不登校になるのに、親の気持ちなんて分かるわけない。



私はまだ子供だから、何も分からない。

けれど子供ながらに悩んで、考えて、出した答えが登校拒否だったら?

親が無理に行かせる理由がどこにあるのか。

無理に学校に通わせられ、疲れ果てて卒業式直後に自殺した先輩を知っている。

死に対する恐怖に、心の疲労が勝ってしまった結果だと、私は思う。

心の疲労はスタンプカードのようなものだと聞いたことがある。

しかにそのとおり、たまっていくだけで消えていかない。

誤魔化すことはできても、消費はなかなかできない。

スタンプカードがいっぱいになったら私もきっと自殺していただろう。

遺書は公開されなかったが、同じ境遇でなくてもとても苦しんでいたのは想像できる。





まとまらなくてごめんなさい。




不登校登校拒否をするみんなが生きやす世界になりますように。





追記 12/1

たくさんの反応ありがとうございます

どうしてもお礼が言いたかったので追記としました。

誰かに聞いてもらいたくて書いたのですが、こんなにたくさんの意見を頂けるとは思いませんでした。

ひとつひとつ言葉が暖かくて、読んでる最中涙が止まりませんでした。

私の周囲に不登校を受け入れ、理解してくれる方が少なかったので、こんなにも受け入れてくれる方がいたんだと感動しました。

はい中学三年生です。

定時制に向けて受験勉強していますが、通信制高校に勧めてくれる意見が多々あり、少し考えてみようと思います

それだけでなく大学に行ったほうがいいとのコメントも頂き、真剣に考えるきっかけになりました。


この文章を読んでくれた方の中にも、同じ年代の方がいるのではないかと思います

理解してくれる方がこんなにいたこと、世界はとても広いこと、それが希望になればと思います

こんな子供の書いた文章真剣に読んでくださり、そして暖かい言葉をかけていただき、本当にありがとうございます

おっさん女の子を持ち上げてミニカルト化するという、よく見る光景

ちょまど界隈の炎上で感じたIT業界ジェンダー問題について

http://www.utali.io/entry/2016/11/29/182019

この女性については、僕はこの記事で知ったので、あまりこのことについて深くは知らない。なので、彼女については言及しない。でも、よく見る光景だ。特定コミュニティ女性が入り、周囲(たいていは30以上のおっさん)がチヤホヤし、その周辺にいる人がウンザリして溝ができていく。

おっさんが性欲を隠して女の子チヤホヤする。仕事を与える。特別扱いする。女の子はそれに気づかないふりをする。これは周辺から見たらとてもウンザリする。いい年したおっさん公私混同して女の子に入れ込んでいる姿。それを利用している女の子のしたかさ。指摘されたら必死擁護するおっさん。そのことにだけ言及しない女の子。こうなるともうコミュニティ崩壊していく。

こういったときに「これは特別扱いされているな」と簡単判断する方法がある。その女の子が男だったとしたら、今のポジションが与えられていただろうか? 周りは同じように接するだろうか? そう考えると自ずと答えは見えてくる。

アンチもこじらせているので、批判女の子に向けられる。そうなると、おっさんは性欲を隠して女の子擁護する。必ず言われるのは「彼女は頑張っている(からそういうことを言うな)」という言葉だ。何かプロダクトや実績で黙らせるわけじゃないので、こういった擁護はよけいにヘイトを溜めがちだ。女の子もこういった擁護に乗っかってアンチを咎めたりすると、アンチますます活性化する。それらをまるごと含めて周辺にいる人からは「気持ち悪い集団」にしか見えない。理性的な人はここで距離を取り始めるので、まともな人はどんどん離れていく。残るのは中心にいる女の子気持ち悪いおっさんばかり。カルト化は加速していく。

そして、こうなったらもう誰にも止めることはできない。おっさんが「性欲でチヤホヤしています」と認めることはないし、でもそうとしか見えないかアンチも沈静化しない。女の子対処しようがない。

そのうち起こるのが、女の子対外的に発信することがほとんどなくなって、自然消滅的に言及されなくなっていくこと。そのときツイッターフェイスブックも、個人に紐づくものはすべて活動がなくなっていく。いわゆる「消える」ってやつだ。対照的おっさんアカウントを見に行くと、変わらず元気に発言していたりする。また別の女の子を持ち上げたりもしている。僕はこれを悲劇だと思うんだけど、みんなはどうかな。

どうやったらこれを防げるのだろうか? 簡単なことだ。仕事に性欲を持ち込まない。若い女性無料キャバクラだと思わない。「あわよくば」を考えない。評価は実績を見て判断する。特別扱いはしない。それだけ。そして、たいていの人はそれができているので、できていないおっさんを見るとイライラしてしまう。

社会人として普通の振る舞いをするだけで、こういった出来事は抑えられるはずなんだ。でも、今後もこういったことは繰り返されるだろう。おっさんに性欲があるかぎり。悲しいね

ちょまどを炎上させてる犯人

http://www.utali.io/entry/2016/11/29/182019

こういう姫的な扱いをされてる女性ってのは本当に叩かれやすい。

例えばオタサーの姫なら、可愛くもないのにチヤホヤされてウザイ

会社ならば実力もないのに女というゲタを履いて評価されてズルい、

おまけにそれを自分の実力と思い込んでて愚かだ、

政治世界でも女は当選やすいから不当だ。

 

こういう流れで、まあ叩かれる。

よく言われるのは「美人はブスに嫉妬されてブスに叩かれてかわいそうだ」という主張。

だが、実態として、アンチ内の男女比率は1:1、もしくは男性の方が若干多いのだ。

 

女性容姿子供彼氏のことで女性嫉妬するが、男性仕事地位に関することで男女関係なく嫉妬するなんて言われている。

例え優秀な女性であっても、すごく回りくどい方法で取るに足らない人物に仕立て上げようとしたり、

女性であるがゆえに不適格だというレッテルを貼るのに必死男性は少なくない。

オタサーの姫にしても、実はあまり女性は叩いていない。

ああなりたくはないとは思い見下していても、自分から話題にあげ、わざわざ殴りに行くようなことはしない。

 

女性チヤホヤされたい願望を抱いている人は多いが、実は男性でもそういう人は少なくない。

そんな願望が満たされない男性が、チヤホヤされている人物嫉妬し、関係ない分野に足を運び攻撃をする。

彼らの中では公平性を達成するためという大義名分があり、正義感でやっているつもりであっても、

その行動の燃料となる部分では嫉妬の炎が渦巻いていたりする。

 

こういう女性特に美人)が叩かれている案件をみていると、まるで男性無関係でブスの嫉妬で終わらせようとする流れがある。

だが、真実はそうではなく、男女ともに批判していて、男女ともに醜い嫉妬にとらわれているのだ。

自分の中の醜い感情理解し、それを制するように働きかけることができる人が増えることを願う。

2016-11-29

http://anond.hatelabo.jp/20161129165629

「餅を合法化しろ!」とか言ってるやつら必死過ぎw 餅依存症は怖いな

うちのジジイ死ぬ前に「餅食いたい」とか言い出してたし。あれホント危ないよ。体験談

初めて芸能人に会った日の話

土曜日の朝、小学3年生の僕らは大いに興奮していた。

まだ週休2日制ではなく、土曜日学校に通うのが当然だった時代。朝、突然に級友のしんちゃんによってもたらされた衝撃的なニュースに、クラス中が騒然となった。

  

今日公民館テレビに出てる芸能人が来るんだってよ!お笑い!!!

  

大事である人口1万人にも満たないこの小さな町に、演歌歌手以外の芸能人が来るのだ。帰ったら急いで家族にも伝えないと!あと、色紙だ!色紙以外にサインを求める事はマナー違反だというのは田舎小学生でも知っている。家に色紙があるか確認しなければ。その日は授業の内容など全く耳に入らなかった。僕としんちゃんは開演時間も入場料もわからないそのイベントに、何故か参加出来るという確固たる自信を持って、下校後のミッションを練り上げていた。

  

「じゃ、30分後に公民館前に集合な!」終業のチャイムと同時に僕らは散開した。

  

公民館前に到着すると、そこはもう沢山の人であふれ返っていた。昼間からこんなに人が集まるなんて、芸能人ってやっぱりすげー!!興奮する僕の横で、しんちゃんがぽつりと言った。

  

「あれ?何か大人ばっかりじゃね?」

  

言われてみれば確かに大人がずいぶん多い。大人8に対して子供2くらいの割合だ。しかも、中高生ほとんど居ない。子供小学生幼稚園児が大半だった。そして次の瞬間、唐突に思った。

  

「これ、僕たち中に入っていいのかな?」

  

今更である。もちろん入場料やチケットの類は持っていない。田舎小学生現金を持ち歩く習慣など無い。持っているのはマッキー1本と色紙1枚のみ。少しずつ不安が大きくなり、入り口から中の様子を伺っていると、親戚のおじさんと目が合った。おじさんはこちらに気付くと手招きした。どうやら入っていいらしい。

  

「早く場所とれ!座るところ無くなっど!(笑)

  

おじさんの明るい声に背中を押される形で僕らはホールに足を踏み入れた。

  

暗いホールにぎっしりと並んだパイプ椅子。席はほぼ埋まり、少し蒸し暑かったステージには演台と大きな花瓶。左手司会者と思われる女性資料を持って立っている。

  

「何か校長先生とか出て来そうだなw」

  

しんちゃん言葉クスクスと笑いながら、僕達はその時を待った。これからここにお笑い芸人が来る!面白い事が起こるんだ!!!

  

定刻となり、司会者挨拶からその会は始まった。何人かの偉そうなおじさんが代わる代わる話をした。その話は校長先生の話より退屈だったけど、僕達は芸能人への期待で何とか持ちこたえていた。子供の興味と集中が途切れそうになる間際、司会者が高らかに宣言した。

  

「さぁ、それでは皆様お待ちかね、本日スペシャルゲストをご紹介しましょう!!」

  

僕らは背もたれから背中を引き剥がしステージの右側を凝視した。

  

次の瞬間、そこにはスーツに身を包んだ一人のおばさんが立っていた。薄いピンクスーツ。左の胸にはブローチがキラりと光っていた。にこやかに手を振ってステージ中央へ進んで行くおばさん。挨拶をして、さっきまでのおじさんたちと同じような話をするおばさん。突然泣き出すおばさん。泣きながら微笑むおばさん。誰かに感謝しているおばさん。拍手喝采を受けるおばさん。深々とお辞儀をしてステージを後にするおばさん。

  

僕らは最後最後まで期待していた。笑っていいともバラエティー番組で見せる、女の人があまりしちゃいけない様な格好から繰り出すギャグを。トーク番組披露するような、面白いエピソードを。きっと、どこかで、必ず、会場を沸かせるギャグ披露してくれることを。

  

公民館を出てしばらくしてしんちゃんがぽつりと言った。

「…面白いこと、1っこも言わなかったな。」

「うん…。」

僕は手に持った色紙とマッキーを見つめながら何となく相槌をうった。

朝、学校で感じた胸の高鳴りは何だったのだろう。僕はどうしてあんなに必死になってお母さんに色紙をねだったんだろう。

横を見ると、しんちゃんの悲しそうな顔が目に入った。朝一番に「芸能人が来るってよ!」と教えてくれたしんちゃん。あのときキラキラした瞳の輝きを思い出すと胸がチクリと痛んだ。

  

「俺知らなかったけど、芸能人ってテレビに出てない時はけっこう普通なんだな!!」

しんちゃんは、この沈んだ空気を打ち消そうと、精いっぱい明るく言った。その明るい声が、なおさら僕を悲しくさせた。

  

しんちゃんさ…」

「ん?」

「今からしんちゃんちでファミスタやろうよ!!!

僕も精いっぱい明るく言った。

  

「いいよ!!でもピノ禁止な!!」

しんちゃんキラキラした眼で答えた。僕らは全速力で駆け出した。

  

これが、僕が初めて芸能人久本雅美に会った日の話。

自担結婚した

自担結婚する。

なんの予兆もなく突然突き付けられた現実だった。



私が彼をいわゆる「自担」としジャニオタの道を歩み始めたのはつい2年ほど前のことだ。

そんな「新規」の私が彼について語るなどおこがましいという意見があるのは重々承知している。

それでも私自身の気持ちの整理のためにもどうかここで私の思いを吐き出させてほしい。



私は幼い頃から今に至るまで、二次元を主としたオタクでありアイドルというもの嫌悪感すら抱いたこともある。

そんな私が初めて好きになったアイドル

みるみるうちに私がのめり込んだことは想像に難くないだろう。

過去CDDVDをはじめテレビラジオ雑誌などありとあらゆるメディア情報を集め、自担だけでなく他のメンバー舞台ミュージカルにも赴いた。

一時期は冗談抜きにバイト代ほとんど全て彼らのために使ったほどだった。



私が初めにその情報を目にしたのはTwitter上でのことだった。

いつも通りの起床時間にいつも通り朝食を食べいつも通り家を出て電車に乗った。

そしてTwitterを開いた時にはもう皆が驚きと祝いの言葉を並べていた。



月並み表現だが、頭が真っ白になった。



想像したことがなかった訳では無い。

相手がいるという噂を聞いたこともあったし、年齢的にもそろそろ落ち着いてもいいのではないかと友人と語ったことすらあった。

その時が来たら私は心から彼の幸せを祝えると思っていたのだ。

現実での私はただ唖然とし情報源必死に探すことしか出来なかった。

確証のない情報に踊らされたくなかったという気持ちももちろんあったが、何より信じられなかった。

信じたくなかったのだ。

調べてみるとすぐに情報源ファンクラブ会員に郵送されて来た会報であることがわかった。

写真を載せることができない会報情報源なら、この目で見るまで確証は得られない。

続々と周りのフォロワー会報を受け取り情報真実である歓喜あるいは落胆を滲ませ呟く中、それでもまだ認めたくない自分がいた。



帰宅後、まるで死刑宣告を待つような気分で自宅のポストを覗いた。



そして死刑は告げられた。



大げさだと思われるかもしれない。

しかしあの時私に訪れたショックはあまりに大きく、私自身そのことに驚いた。

彼のことを恋愛感情として好きで、結婚することを夢見ていたのかという問にははっきりと否定を示しておく。

彼とその相手はお似合いだと思うし、そこに私が取って代われるとは到底思えない。



しかし私は確かに思ったのだ、「裏切られた」と。

まり一方的で身勝手感情だと我ながら思った。

きっと私は心のどこかでファンのことを考えたらアイドルは決して誰か一人のものになるべきではないし彼はそういうアイドルだと思っていたのだ。

もちろんこれは決して既婚者であるアイドルファン蔑ろにしているという意味ではなく、ただ私はきっと彼が他のアイドルとは違うと信じたかったのだろう。



もちろん彼が自分幸せを見つけ新たな道を歩み出すことはとても喜ばしいことだしファンとして素直に応援したいと思える。



しかし私は彼の幸せ結婚であっては欲しくなかったのだ。



ただ、彼からの一番の報告が他でもないファンにだけ届けられる会報でされたこと、それも籍を入れるその日に日付指定ファンに伝えてくれたこと、どこの週刊誌にもすっぱ抜かれる前に真っ先に自分言葉ファンに伝えてくれたことが嬉しかった。

そしてデビュー以来恋愛報道はたったの1度だけ、その相手との結婚であることに気付いてやっぱりあぁこの人が好きだなと素直に思った。

今回のことは私に様々なことを考えさせることとなり、まだ整理し切れていない部分もあるが結局私はまたこれからもずっと彼だけを「自担」として応援し続けるのだろう。

子どもできたら結婚するって

たまにいるけど、出来婚したあとに、「もともと、妊娠したら結婚しようって言ってたから。」

とか言う人いるよね。あれなんなの。しかもいい歳した大人に多いけど。

言ってて恥ずかしくないのかな。出来ない限り結婚するほどでもないってお互いに思ってて、

ただ単に、けじめがつけられないだけなのに、“私たち普通の出来婚とは違う”ように印象づけようと必死な感じ。

子ども言い訳に使うなと言いたい。

念のため、私は出来婚を否定しているのではありません。

2016-11-28

生きる上で必要欲求すらあってはならないと扱われる社会

あいつは真面目だから睡眠時間削って必死で働いてると思ってたのに、普通に時間も寝てやがって失望した」

みたいなことをガチで言ってる人がいる社会、ほんと終わってるなと思った。



そいつ理想睡眠時間が何時間なのか知らんが、平均的に必要とされる睡眠時間を確保したいて欲求すら、

持ってはいけない、まじめな人なら持たないはずだって扱われるとか異常としか言いようがない。

ガルパンいうわりにパンツ全然みえへんやんけ

必死こいてしらべたらTV放映時はスタッフのいたずら?かなんかでいっしゅんだけ映ったやと?

アホ化!!!あんなのパンツやない!

パンツを食べる時はね誰にも邪魔されず自由でなんというか救われてなきゃあダメなんだ 独りで静かで豊かで・・・

保活は死活~居宅内で働く個人事業主の訴え~

自営業フリーランスなど、個人事業主で居宅内労働者の認可保育園入園指標が低い理由は?

それは、自治体保育課の職員無知からにつきる。居宅内労働者育児仕事が両立できるという、空想論を信じている事が一番大きな原因だろう。

私は居宅内で仕事をする個人事業主である

上に3歳と、下に0歳の子供がいる。

子供出産し、産休後すぐ仕事を再開した。生後2ヶ月未満の赤ちゃんを預けられる保育園は限られており、空きもなかった。

個人事業主には『育児休業制度』がない。そういう法律が作られていないのだ。もし、産後仕事を休むとすると、それは『育児休暇』となる。

育児休業と育児休暇の違いは何か?

育児休業』は、労働基準法により定められている被雇用者のみが利用可能制度だ。出産し、育児の為に仕事を休む事ができる有難い制度育児給付金まで貰える。だいたいの雇用者は約一年近く育児休暇を取得して保育園入園を果たし復職する。

一方、『育児休暇』とは。

自営業フリーランスなどの個人事業主が『勝手育児のため仕事を休んでいる状態』を意味する。制度ではない。休んでいる間の収入は0。そもそも個人事業主に、育児の為の法律存在しない。

まり産後不自由なく育児に集中できる被雇用者に対し、個人事業主は、産後すぐ業務を開始せざるをえないのだが、なぜか保育園入園指標が高く設定されているのは、産休育児休暇も満足に取れ、なおかつ手当まで出る、いたれりつくせりの被雇用者のみなのだ


おかしい。

居宅内労働個人事業主は、これほどまで差別扱いを受けなければならないのか。

なぜか?

その裏には、自治体ならではの理由があると考えられる。

それは、法律に守られている方を優先しないと、『法的トラブルに巻き込まれた時が面倒だから』ではないだろうか。

なので、法律自体存在しない個人事業主の子供を保育園入園から蹴落とす事など、自治体にとっては痛くも痒くもない。待機児童の多い地域なら、なおさら個人事業主の子供を優先する気など最初からないのだ。

個人事業主や、居宅内労働をする者の指標の低さを自治体(市・区役所)の窓口や、電話質問してみると、職員は口を揃えて言う。「そういう決まりから」と。それで終わり。

窓口に来る保護者平等になんて見ていない。

ちなみに、私も役所職員から言われた言葉は、「家で仕事してるなら子供見ながらできるでしょ。自由きくんだし。」だ。噂だと思っていたら、本当に言われた。

何度でも言うが、自由がきくなら最初から保育園に申し込まない。自由がきかないから、同時に保育と仕事が成り立たないか子供を預けたいのだ。

また、職員は「一時保育を利用したら?」と軽々しく言う。職員達は、自分達の管轄する地域の認可・認証無認可保育施設の一時保育枠に空きがめったに存在しない事、0歳は受け入れていない事を全く把握していない上に、保育施設に対する知識が無さすぎなのだ。この現状を私が説明すると「え?そうなんですかー?」と他人事の返事。

そして、いか個人事業主自由がきかない立場なのか、全く理解されない。

仕事内容には、外部との打合せもある。クライアントオフィスに出向く事も多々ある。そこに、子連れで行けということか?

ぐずる子供を抱き抱えながら仕事しろというのか?

書類は破かれ、パソコンキーボードは滅茶苦茶に叩かれ、筆記用具を口に突っ込まれ…その度に離席して、仕事電話子供の泣き声でかき消され、魔が差して我が子をぶん殴りたくなる気持ちが抑えれなくなる。しかし、居宅内労働者実態を知ろうともしない行政の連中は、「仕事しながら子供を見れないのは、要領が悪いだけだ。」としか考えていないのだ。

例えば、こんな話。

0歳児と3歳児を抱えながら働く女性が二人いるとする。

一人は、会社員育児休暇中。上の子保育園児。祖父母が近くに在住。上の子のお迎えは、祖父母がしてくれる。夫はだいたい早く帰宅するので子供の面倒を見てくれる。時間に余裕があり、温かい料理を作って家族全員で笑いながらの食事。夫が子供風呂に入れてくれ、自分は後から一人でゆっくり入浴。子供は21時には就寝。女性自分時間を満喫し、23時には就寝。

アベノミクス理想としている家庭像であり、女性像だ。

もう一人は、居宅内労働個人事業主。こちらも上の子保育園児。身内は全て遠方の県外に在住。夫は激務で家に帰ってこない日がほとんどだ。仕事をしながら、子供の世話も家事も全て一人でこなさなければいけない。今日仕事3分の1も進んでいない。日中0歳の子供はずっと昼寝をせず、一人遊びも5分が限度。母乳ばかりを欲してはぐずり、何度も仕事する手を止める。子供仕事道具に手を伸ばしてくる為、スムーズ業務が進まない。ほとんどが育児時間を割かれる。じっくり子供と遊ぶ時間も余裕もない。御飯を作る時間もない。今日自分と上の子コンビニ飯。下の子毎日パウチ離乳食。お風呂に入れる時間なんなてない。もう何日コンビニ飯だろう。お風呂最後に入れたのいつだっけ。23時、子供を寝かしつけるにも寝ない。もう2時間は過ぎた。イライラして怒鳴りつける。上の子の頭を叩き、下の子に無理矢理添い乳をして必死に寝かせる。もう頭が回らない。ようやく二人共眠った。仕事の続きをしようと布団から出ると、0歳の子供が泣き出した。あぁ、また仕事が進まない。また寝かしつけをしなければ。時間けが過ぎていく。納期が間に合わない。今夜も自分はまともに眠れない。大きな仕事をしたくても、こんな環境じゃ受注できない。また吐きそうだ。毎日吐いてる。死にたい死にたい

認可保育園、なんで一時保育が1歳からしか受け付けてないんだよ。認証保育園、なんで当日に通常保育の園児が欠席した時しか預かってくれないんだよ。ベビーシッター、高額すぎて払えば生活ができない。消費者金融に手を出せってことか?ファミリーサポートサポート会員が少なすぎて助けて欲しい日時が合わない。生きてるのが辛い。

理想だらけのアベノミクスの裏にある、暗くて黒い家庭と、独りきりで追い詰められる女性の現状だ。政府が知らない、ある家庭の実態

さて、問題入園の優先度が高いのは、上記のどちらの女性の子供か?

正解は、前者の女性の子供。

理由は、この女性が『居宅外被雇用者』で、保育利用基準指標が高いから。

『居宅内個人事業主である後者は、どんなに産休後すぐに仕事を頑張っても、どんなに身を粉にしても、家庭環境地獄のように荒んでいても、精神崩壊ギリギリライン子育てをしていても、保育園入園優先順位にそんな事情は一切関係ない。保育園利用基準を低く設定されているが為に、申込児の中から一番優先度が低い扱いになる。全ては、指標の高い順なのだ


生活が、どんなに荒んでいても、母親の姿が見るに耐えられない状態でも、ワンオペマザーでいつ倒れてもおかしくない状態でも、毎日子供コンビニおにぎりしかあげられない状態でも、育児放棄に近い状態でも、認可保育園への入園に優先されるのは『居宅外雇用者母親の子供』なのだ。それほど『居宅外被雇用者』の指標は高く、『居宅内労働個人事業主』の指標は低く設定されている。

指標が全て。

個人事業主として働く人間は、自治体偏見で設定されている低い指標から逃れられないのだ。どんなに頑張っても投げつけられるマイナス指標

「今年頑張ったら、来年こそは入園できる!」なんてことはないのだ。待機児童になり、一年死に物狂いで子供を見ながら頑張って仕事をしても、同じく待機児童になって育児休業期間を延長した子が優先されるのだ。なぜなら、いくら仕事を続けた所でも、居宅内で育児をせざるを得ない為にマイナス指標が発生し、結果、総合指標個人事業主は負けるのだ。

理不尽

こんなにも生活に差があるのに、保育の必要性が高いとされるのは、『居宅外雇用者母親の子供』。



それが、待機児童ワースト1の世田谷区式認可保育園入園優先方法なのだ。多分、他の区や他県も優先方法はたいして変わらないだろう。

自営業フリーランス保活ブログや、自営業の方が役所に送った保育園不承諾についての意見等たくさん目を通してきたが、皆口を揃えている。「不平等だ」と。「育児休業中の会社員には勝てない」と。自分は今、預け先がないまま必死で働いているのに。そして区からは、子供の預け先が確保できないのに「自宅で育児してますね。はいマイナス6ね。」と、理不尽マイナス指標を投げつけられるのだ。

では、育児放棄すればいいのか?預け先もない、仕事は進まない。だったら、育児放棄して仕事に集中すれば、保護者が保育をしていない状況だと判断してくれるのか?どこまで自営業を追い詰めるのだ。有料での預け先すら空きがない現状なのに、そこを無視してマイナス点をつけるなんて不公平すぎる。預け先があれば、とうに実行している。ないのだ。探しても探しても、ないのだ。ようやく0歳児の一時保育をしている無認可施設を見つけたが、満員かつ、0歳はこれ以上受け入れないと、どこも揃って言うのだ。

数年前からメディアにも出ている、子連れ可能コワーキングスペースも利用してみた。結果は全く仕事にならなかった。いくら子連れ可能ワークスペースだろうと、子供の世話は自分でしなければならない。結局、居宅外で仕事をするにも、子供が一緒だと逐一仕事邪魔をされて業務にならないのだ。

普通主婦業でも、夕飯作りや掃除最中子供邪魔すると「家事ができない」と嘆く人が多いが、

子供を見ながら仕事をするのも同じなのだ。全く仕事ができないのだ。


私は再び待機児童になれば、廃業せざるをえない。

私に仕事の依頼をくださるクライアント申し訳がないが、働けないのだ。

そして、子供をこれ以上産む気にはなれない。兄弟がいる場合、下の子待機児童になって働けなくなると、上の子保育園に通園していても退園になるからだ。

こんなに不満を抱える個人事業主がたくさんいる。保活に対して不平等経験をした個人事業主達で立ち上がり、納得のいかない保育園選考基準指標のあり方に対しての署名運動や抗議を、区や政府に対して起こす必要は十分にあると思っている。

居宅内労働者の大変さを、もっと知ってほしい。もう、役所政府も、目を背けないでほしい。だから日本女性は輝けないのだ。働く女性、働く母親理解していない奴らで保育や育児に関する政策を作るな!

ちなみに私は、保育園をただ増やすだけのやり方には反対である保育士待遇を良くする事、保育の質を守る事、働く親、働きたい親と、その子供達に平等な保育環境を与えてくれる事を望んでいる。土地関係上、保育園が増やせないなら、代案を。政府的外れ対策は、無駄が多すぎるのでやめてほしい。現場の声を聞け。

来年、再来年に用意してほしいのではない。

今、必要なのだ

今回もまた不承諾通知が届いたとすれば、それは区から「死んで下さい」と言われているのと同じ宣告だ。

人間らしく、生きたい。

私も、子供も。

今年の話題アニメ三本の恋愛について

相手が美形じゃなかったら発展しなかったであろう、というツッコミはこの物語には通じない。

何故なら完全フィクションであり、現実には起きえない現象に巻き込まれからだ。

二人は赤い糸で繋がっている。ある世界を救ったりもする。

すなわちそれは運命。二人が美形なのも、運命だ。美形でなければならなかったのだ。

まぁ人は理屈こねなくても恋をするもんである、というリア充常識をはっきり描いている。

滝くんと三葉どうぞ結婚してください。

クリスマスには秒速5センチメートルです。



これはリアル世界で起こっていることを前提としているので、相手が美形じゃなかったら発展しなかっただろうというツッコミが成立する。

しろそこを乗り越えられていないのは、正直作品メッセージとして扱った題材が題材なだけに残念である

ただ主人公必死過去を清算しようとする行為ヒロインがそんな主人公になびいてしまったところ。

まさしく少女漫画王道花より男子」の道明寺つくしに対するアピールと同じであるし、

少女漫画好きが、この恋愛観を求めているということは紛れもない事実であろう。ちょっときゅんとするとこもあった。

しかしやはり現実的に、二人には後々別れてほしいと思いますまる。



三作の中で二人の出会いもっとファンタジーっぽく、しか関係は三作の中では一番リアル

相手が美形じゃ無かったらツッコミ」だが、周作がまずリアルに置き換えたら美形かどうか怪しいし、すずさんも超美形部類ではなさそう。

周作が実際のところ顔がどうであれ、すずには選択肢が無かった。(周作は幼いすずの顔を見ているのだが…うろ覚えだろう。まぁ超可愛いけどね)

周作の過去やらすずの幼馴染やら、清算する暇も無かった出来事が二人を苦しめたりもするが

その苦しんだ結果が夫婦仲を深めていって…熱々カップルを見せつけられてしまった。

三作の中で一番リア充映画である。きすもしてるしせっくすもしてる。痴話げんかもするし愛情表現たっぷりである

義姉並みにリア充爆発しろリア充爆発しろ、と思ってたら空から爆弾が降ってくるので注意。

夫婦仲良く長生きしててください。




番外編

おっぱい。あららららぎさんが羽川を選ばない理由はなんとなくわかった。



今更感がある

あの世界は軽率に新種が産まれてそう