「必死」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 必死とは

2016-07-30

知的障害がどうのというのが話題個人的には『だいすき!!』というドラマを思い出す。

見るつもりでもなんでもなかったドラマだが、支える側(肉親など)の人間の心の機微であるとか、障害を持つ人のできることを必死でやろうとするひたむきさに心を打たれた。

知的障害をもった男女が性行為をし、妊娠出産するというところから始まる。

まれた子は健常者。成長していくにつれて「うちのお母さんは友達のお母さんとは違う?」と気づいていく。その過程の子供の心の変化、親として奮闘する主人公を丁寧に描いたとてもいい作品だった。久しぶりに見たいな

2016-07-29

甥っ子が性犯罪者の予備軍にしか見えない件

*一人でも多くの意見が欲しいので再投稿します。

今年で高校三年生の甥っ子が心配で仕方ない。

異性との交際歴は多分まだない。

からかって聞いてみても、本人必死になって否定するし。

好きなものラノベ

ヲタからダメなんて言わないけど

ここ最近飯食いに行こうが花見に行こうが

ずっとひとり離れたところでiPhone覗き込んでラノベ読んでる。

人の輪に入るのが苦手っていうか嫌いみたいで

正月家族が揃ったりする場でもひとり部屋に閉じこもってラノベ

学校でも孤立してるみたいで、唯一の友達ママ

夏休みだってのに友達からの誘いは全くないらしく、

母親USJに行ったり、母親職場に付いていったりしてるらしい。

何度かそれとなく進言したんだけど、自信家の姉にとって

息子は唯一の泣きどころなのか、何か言おうものなら

もすごい剣幕で言い返してきて手の打ちようがない。

親がダメならと甥っ子のLINE

ママにも言えない悩みとかあったら言えよ」って送ってみたけど

何件か送って全部既読スルーだった。

そんな甥っ子が満面の笑顔になったのが、知り合いの娘を抱っこした時だった。

5歳の女の子に異常なほど興味を示して

「俺が抱っこしてあげる!」って聞かなくて

「じゃあお願い」って預けたらもう離そうとしない。

頬ずりまでしてずっと薄ら笑顔浮かべて

いくら甥っ子とはいえ、背筋が寒くなった。

知り合いの母親は当然空気を察知してて

ありがとうございました」とだけ言って

やんわりと自分のもとに戻したんだけど

その時の寂しそうな顔といったら。

いつか幼女誘拐とか監禁とか、大きな犯罪を起こしそうで気が気じゃない。

でも母親は頑に周囲の意見には耳を貸さない。

人それぞれの成長の速度があるんだからほっといてくれの一点張り

どうしたらいいんだろう。

事が起こってからでは遅いんだけど。

インターンのさ、「動きやす服装」って難しくない?

パンプスは靴ズレするしスーツは嫌々言ってたけど、自分でふさわしい服装考える方が圧倒的に面倒だった。

必死で「インターン 動きやす服装 女」でググってるけどあんまりいい記事ないな。

現場に行くから汚れてもいい服装?難しい。もうジャージでいい?ダメか。

知的障碍者への差別意識から逃れたい

あの残忍な事件の後、犯人への憤りと知的障碍者への差別意識自身感情シーソーのように揺らぎ続けている。

人間として強い怒りを犯人に感じながらも、池田殺傷事件秋葉原通り魔事件ほどに被害者の無念や遺族の悲しみを思い犯人を憎むことはなかった。犯人へ怒りを感じても憎しみは感じていない自分がいた。

昔、書店で働いていた頃によく来ていた知的障碍者男性にいきなりあなたはブスですねと叫ばれたことがある。長い時間ブスブスブスブス言われ続けた。ブスはいないでください、ブスはいないでくださいと連呼された。わたしと他の店員たちは何も聞こえないように作業を進めた。

幼い頃から容姿からかわれいじめられ続けてきた。わたしの顔は確かに醜い。それを何とか他の面を伸ばして生きることで克服しようともがきながら生きてきた日々だった。

店内の他の客の視線を集めるなかで、駄々をこねるように言葉を発し続ける男性に湧いた増悪と焼けつくような痛みは今も心の奥で燻り続けている。

殺害された方々はその言葉わたしに投げつけた男性ではない。わたしが彼らを殺した健常者ではないように、まったく別の人間だ。彼らに何の咎もない。

それでも、知的障碍者は人を死ぬほど傷つけようが理解も出来ず責任能力も問われない人たちなんだ。あの人たちには確かに人を傷つける力があるのに簡単に人を傷つけてくるのに、といった意識わたしの正しく事件を捉えたいという意識邪魔をしてくる。

犯人の主張を知らなかったならこんな思いはしなくてすんだのかもしれない。心の奥の傷が共感を誘ってくることに今、必死で抵抗している。

http://anond.hatelabo.jp/20160729031955

はてな民コメントしてます

たとえばid:hazumaとかはニコニコ生放送

桜井誠いいですねー(笑)」と

酒に酔ってコメントしてました(笑)

 

桜井誠必死になって桜井誠臭を消すために

桜井誠臭のある政策を表向き隠しまくって出馬したあたりが

「いいですねー(笑)」というコメント

つながったんじゃないかと思ってます

 

でもまあid:hazumaコメントするまでもなく

ピエロでしょうな

桜井誠

2016-07-28

必死過ぎるw

偏差値意味もわかってなさそうなのに偏差値教育否定して一人で喜んでいるw

苦楽死を合法化しよう

・苦楽死について

まずカプセルを飲ませます

このカプセルは非常に小さく、ずっと体内に滞留しま

また特殊な素材でできており、いつカプセルが壊れ中身が出てくるのかはだれにもわかりません

さらに中には非常に複数の成分が入っているため、中身が出たときにどのような症状で亡くなるかもわかりません

まり薬を飲んだその日のうちにぽっくり逝くこともあるでしょう

しかしたら50年後くらいに眠るように亡くなるかもしれません

それは誰にも分らないのです



この薬は「いつ来るか分からない死」に怯えさせるためのものではありません

いつか必ず来る死を意識しながら生きるための薬です

生きることに絶望した若者がここにいるとしま

彼は裁判所自分はこんなに不幸で、こんなに生きることが辛いと必死で訴えます

見事希望が叶い、彼は苦楽死の薬を飲みました

本当は安楽死眠るように死にたかったのですが、法律がそれを許してはくれませんでした

薬を飲んだ彼は数日の間、何も飲まず食わずで寝て過ごしま

何日か後、目を覚ました彼はまだ生きている自分に気が付きます

自殺する勇気もないからこの方法を選んだのに、自分はまだ生きているのか

飲んだ日に死ぬ人もいるという話らしいが、とりあえず自分はまだ生きられているんだな

でももしかしたらあと10分くらいで急に死ぬのかもしれない

それだったらすぐ死んだほうがよかったな

そんなことを考え、冷蔵庫にあるもの簡単料理作りました



それからひと月ほど経ち、彼はまだ生きていました

しか貯金はほぼなくなっています

彼は考えます

この先どうするべきだろう

自殺する?

いや、やはりそれは怖い

何も食べずに餓死するか?

それもだめだ、そんな勇気はない

しかたない、生きるしかないのか

いつ来るかわからない死におびえながら

とりあえずバイトするか

またいつものコンビニでいいか

……いや、明日死ぬかもしれないのだ

どうせならやりたかったことをやってみよう

だめで元々、もう半分死んだようなものなのだから

彼は街のカフェアルバイト面接を受けました

ここはとてもおしゃれで雰囲気がよく、彼のお気に入りでした

そしてここには好みの店員がいたのです

彼は面接自分の話をしました

人間開き直るととても魅力的に見えるものです

法律で禁じられているため薬のことは言えませんが、明日死ぬかもしれないと思っている彼は、自分のことを包み隠さず相手に伝えます

そんな彼の誠実さ、実直さが店長に伝わり、みごとカフェで働けるようになりました



何か月か経ち、彼は好みの店員さんと仲良くなっていました

しかしまだただの友達です

告白する勇気がありません

それに自分明日死ぬかもしれない

もしこの人と付き合い、結婚したとしても迷惑をかけてしまうかもしれない

そう考えるとどうしても一歩が踏み出せませんでした

彼はある時こう考えました

自分明日死ぬかもしれないのだ

もうちょっと自分勝手に生きてもいいのではないか

彼女には迷惑をかけるかもしれない

それでもこうやってウジウジ考えたまま死ぬよりは、言いたいことを言って死んだほうがましではないか

彼は彼女に想いを伝えました

何も隠すことはない、何も恥じることはない、伝えたいことをすべて口からしました

その想いは届き、二人は付き合うことになりました



それから数十年

いろいろありました

結婚出産、いいことだけではなく喧嘩しました

何度もぶつかり合いました

そんなとき彼は「明日死ぬかもしれない」と思い、自分の後悔のないように生きてきました

そして彼はいま、自宅のベッドの上にいます

もうほとんど体を動かすことはできません

幸か不幸か薬は今日まで効くことはなかった

そんな彼の手を握るのは、ともに人生の苦楽を味わってきた妻

目を開ける力もなくなり彼はそっと息を引き取ります

薬の効果か、それとも……

グレーすぎる友達

友達がいる。元々女友達も少なくて、よく会う友達は数人、知り合い程度の人間は連絡無精で気付いたら大体疎遠になってることが多いから、非社交的な私に。そして最近別れた彼氏が束縛男で、その際男の子の連絡先を消したため、現在連絡取れる男の子は数人。

その中のA君は仲良いグループの1人で、私が彼氏と別れて仕事も辞めて、東京に戻ってきてからよく会うようになった。みんな大学は別だけど同じサークル友達。1年くらいは距離があって疎遠だったけど最近は2週に1回はみんなで飲んだり遊んだりしている。楽しい

関係ないが最近まで束縛が激しいモラハラ男と付き合っていた。私もよくある共依存になりかけていて、好きでしょうがなかった。何をされても許してしまったし、彼以外いらないと本気で思ってた。でも最後に手を出されて、ようやく気づけたから別れた。

その人と付き合ってる間も最後までLINEが削除出来なかったのはA君。彼と別れている時、実家に逃げている時には連絡をとった。自分の状況を話して笑ったり、お互いの近況を話したり。

A君は友達だ。けど、常に自分にとって欠かせない存在になっていて、それが友達なのか恋愛なのか分からない時がある。お互い本当に気があうと思う。はじめて会った時から気心知れたような感じで、自分が男だったらこんな感じだろうなって。

後、ダメなとこもいっぱいあるけど、人として優しくて正直なとこが好きだ。ちょっと変なとことか、元カノ引きずってるとこ、猫みたいに離れたり近寄ったりするところ。たまにすごいドキッとするようなことを言う。でもツンデレ

好きだけど、じゃあ本当に好きかっていうと微妙彼氏として付き合うかどうかって、うーん付き合いたくない。

まずセックスしたくない。正直、酔ってキスはしたことあるけれど、それだけ。お互い寂しかったねって結論になって、笑い話になってる。

その先のこと考えると、ちょっと気持ちいかな。想像出来ない。

それに、彼氏って別れるものだけど、A君はおじさんとおばさんになっても友達でいたい。腐れ縁みたいに、結婚式に行きたいし、離婚しても離婚しちゃったよーって笑いたい。でも付き合ったらそれが出来なくなる。お互いの恋愛を話しあうのが楽しいのに、なくなってしまう。

でもたまに、A君への気持ちが濃いグレーになる。でもそれすらお互い同じらしい。A君もそういう時期があって、つまり私のこと好きかもしれないと悩んだ時期。それは友達がこっそり教えてくれたけど、その時はそのまま疎遠になって、私に彼氏が出来た。

今はどうなのか分からない。私が好きって言ったら、A君はどう思うのかなあ。でも好きなんて言えるけど、付き合うとかは勇気がない。

それは向こうも同じ気持ちだった場合、付き合うなんて本当考えられないよなあ。上手く言葉で言えないけど。

彼の方は2年前に彼女と別れて、つまり私が出会ってからずっと女っ気がない。たまに風俗に行くらしいけど、それ以外本当に聞かない。

この際、彼女でも出来たらいいのにって思うけど、いい感じの女の子すらできない。割とかっこいいのに、なんか拗らせてるものがある。

でも彼女が出来たら、彼女の束縛であえなくなるかもしれないと思うと、ずっと作らないでほしい。

この感情最近持て余す。そのせいか、会うと素っ気ない態度とってしまったり早く彼女作りなよとか言ってしまう。いやそれでいいんだけど、素直になれない。向こうも友達紹介しようと言ってくるし。むしろ私が彼氏好きな人が出来ればいいけど、それもまだ難しい。

面倒だ、この感情。私はただ友達として付き合っていきたい。変に意識してしまう。他に相手がいないからなのか。多分そうだと思いたい。

でも元彼と付き合ってる時も常に、別れたらあの人に会えるって気持ちが少しあった。もちろん別れなきゃ会えないから。

友達にそんな感情持ってることが嫌になる。好きだけど必死否定してるのかなと思うけど、でも元彼への感情とは全然違う。

無意識キープみたいにしてるのかな。だったらむしろセックス出来る。A君の場合は出来ない。

てか長い。ながすぎる。送ってしまえばいいかなこれ全部。

久々に緊張で全く喋れなかった

緊張で息が詰まって泣いてるような間の取り方になってしまった

相手への印象を考えたくないほどにボロボロの発表をしてしまったと思う.

中学生の時は学級委員をやってて、人前での発表も全然平気だった.先生から1人だけ発表の内容ではなく仕方について工夫を褒められたこともあるし、むしろ発表は得意だった.

高校生の時は演劇をやった.知らない人の前で演技することも最終的には慣れっこになった.うちは他校と合同発表会みたいなのをしてて、会場での運営は生徒自身がやるような形だった.だから受付や司会も自分らでやらなくてはいけなくて、俺は司会も何回かやった.その場で即興で話を組み立てて喋ることだって慣れた.

高校卒業の時は人前で喋ることに対して恐れは0になっていた.

大学生になった.俺は引きこもった.理由は書くと長くなるけど簡単に言うと精神的に鬱っぽくなって身体に影響出ちゃって大学に行くに行けなくなった.それが2年ほど続いた.つらかったけど少ない友達や、引きこもる前に行ってたサークルの仲間とたまに会っていたか死ぬほどつらくはなかった.

徐々に外に出る練習もして、この春からやっと授業に出られるようになった.何とか通えていた.

期末試験シーズン、俺は取ってる少人数の授業で発表をやることになった.この授業は半期かけて各自が調べたことを最後に発表するってやつだ.

俺は引きこもっていたとはいえ、その間もたまに友人と会った時は全く問題がなかった.身体的にも、精神的にも高校の快活な時と変わりがなかった.

から発表も嫌じゃなかったし、むしろ楽しみだった.俺が見事な発表をかましてやるぜって意気込んでたくらいだ.

なのに昨日の発表当日.俺は全然喋れなかった.

30分前から緊張が襲ってきて、授業5分前ぐらいから呼吸も荒くなってきた.

おかしい.落ち着け..俺は発表得意じゃないか.こんなの錯覚だ.落ち着いて発表しよう...

そう思っていたけど、出来なかった.

発表が始まった最初一言から頭が真っ白になった.

「あっ...すみません緊張しちゃって..」必死苦笑いを浮かべるけど一向に落ち着けない.

喋ろうとしても言葉に詰まる.全然息が吸えないから喋りが続かない.

泣きたくなってきた.これじゃ小学生の発表苦手な子みたいだ.

発表は散々だった.俺は授業が終わってみんながいなくなった教室で座り込んで立ち上がれなかった.

人前なんてへっちゃらだった.得意だった.なのにたった2年、人前に出なくなっただけでここまで喋れなくなるのか.

俺は絶望した.これまでの人生大事に育ててきたスキルものの見事に溶けて消えていたんだ.他にこれほど得意な能力なんて俺にはない 俺のこれまでの人生なんだったんだ.二十数年生きてきた努力が全部消えちまったよ...

死にたい.もう人前に出たくない.

一生引きこもっていたい.でも引きこもっていたくない.

昔のように明るい俺に戻りたい.

人前で緊張せずに喋れる俺に戻りたい.

もう全てが暗くなった.

結局、多くの人は生まれに抗えない

貧乏クズな親からまれたけど金持ちの善人になりましたなんて話が持て囃されるのは結局、それがシンデレラ王子様と結婚しましたレベル夢物語からなんだよな。

雷に何度もあたったとか、宝くじ連続であたったとかそういうスーパーラッキーギネス記録として素晴らしいんであってそれを「この世界摂理」って事にしてちゃおかしくなるんだ。

だけど世の中にはなんだか頭のおかし人間が多いらしく、「そういう事」を「普通に起こせる事」だと認識して、親を言い訳にするなとか生まれが何だとか平気で言っておいて自分は生まれ呪縛から出てこないままでいる奴らがウジャウジャいる。

そうしてそういう頭のおかしい奴らの言動を利用して自己責任社会を作り上げた連中が、下層階級まれ人間を「そうか、俺が自分可能性を引き出せないのが全部悪いのだ」と納得させようと躍起になっている。

嫌な世の中だ。

自分人生限界認識するだけで逃れられる苦しみ、自己嫌悪、そういった物に苦しんでいる人間大勢いる。

中にはそういった気持ちから逃げ出すために自分より少し下の人間を必死にけなして気を紛らわせている奴らまでいる。大勢いる。

それを見て生まれついての勝ち組はほくそ笑みながら、「これらの成功は私個人の努力の賜物なのです」とふんぞり返る。

階級社会の真の地獄とは、それを下地においた自己責任社会の中にあるのだろう。

2016-07-27

http://anond.hatelabo.jp/20160727100337

そうだよ。昭和の時期のな。

GHQ冷戦にと生きていくのに必死だったのだろうがね。

ポケモンGO効率上げるの必死なのに

仕事効率を上げるのにはまったく関心がないクズたち。

http://anond.hatelabo.jp/20160727032110

それはそうだな。だからこの社会には必死こいて維持するほどの価値はねーと思うわ。

ファンのあれこれ

最近、あるメンバーファンTwitterでの呟きが少し引っかかる。

メンバー最近○○くんに(だけ)冷たい」

メンバーが○○くんが喋ってても遮る」

メンバーもっと○○くんのことを理解して頑張りを広めて上げるべきだ、頑張れメンバー。」

「○○くんを除いて仲良しみたいに見える」

「どうしてもっと〜…」

「どうして○○くんが□□って言われてるときに笑うの?理解できない」

「☆☆くんや◇◇くんが居た時は○○くんの頑張りを評価してくれた」

挙げるとキリがない。

メンバーメンバーメンバー

貴方が好きになった人はそんなに代わりに誰かを下げた評価をしないと輝けない人ですか?

ファンの目の前で、評価して貰えないとダメな人なんですか?

彼は確かに「承認欲求」が高い人だとは思うけどファンがいるところ、ファンが分かるところで「おれのこと評価して」「もっとファンの前でおれのことほめて」って言ってたら精神年齢かなり低くないですか?

他のメンバーに「しゃがれ」とか散々言っているのを見る度に私は内心ヒヤヒヤして少し、傷ついてたし、言われた彼がちょっと悲しそうに笑う姿を何度も見たけどそれは覚えてないのかな。

私は関西人から好きな人オチとして扱われていたら「オイシイ!」って思う。

(関西人で違う意見をお持ちの方がいたらすみません)

「やめてよ、○○くんが可哀想

っていう意見も分からなくはないけど、今ここでオチとして扱われることで次のお仕事に繋がることもあるんじゃないかなと思います

そりゃたまには見てるこっちが心配になるときもあるかもしれないけど、本人が「僕傷付きました」とは言ってないならそれは「頑張れ」、いま頑張ってるんだろうね、でもいま私はこれ以外にきみを励ます言葉を知らないよ、って。「頑張れ」って応援します。

話してるのに遮られてたら

「あっ、今の話面白くないやつなのかな?」「スベる前にカットインしてくれてありがとうメンバー

って思う。「いやそれ面白くないからでしょ。仕方なくない?」って思っちゃう…私だったら。

テレビ番組とかってファンじゃなくても楽しめるものにしないといけないからできるだけ面白いトークをしないといけないと思うんです。「○○くんの話が聞きたい!」その気持ちも分かります。でもファンならその番組以外でも聞ける、ラジオ等。

「裏方として頑張ってる○○くんのこともっとメンバー評価するべき!」

って意見。そうだね、評価してあげるのも大事、でもそれって評価したらメンバーかなり上から目線に見えませんか?

あと、私は裏方として頑張ってくれてる○○くんの事、『‘‘自ら”裏方のお仕事も率先してやってくれている』という認識なので「おれ、裏方やるから!頑張るからほめて!」ってそういう意識でやってるとは思ってません。彼はプロなんだから

褒めてほしくてやってないでしょう?

きっと。


○○くんを除いて仲良しに見える?

アイドルメンバーとずーーーーーっと仲良しこよしして横一列に並んで歩んでいかなければならない?

「ほら、俺らちょっと先に行ってるからお前も後追いかけて来いよ!」って切磋琢磨しながら進むアイドルダメなのかな。

あと、「○○くんは純粋アイドルなのにこんなことさせないで!そんなキャラじゃない!」って何?誰の中のイメージ

キャラクターを掴もうとして頑張っている彼に、自分の中だけのイメージをぶつけて「違う!」ってちょっとひどいなって思ったりもします。

今はアイドルという肩書きだけじゃやっていけなくなっている。アイドルということ以外に何か個性や魅力がある方が仕事に繋りやすい。

今、活躍しているメンバーは、

アイドルであること以外の武器を身につけていて、彼もそれを感じ取っていて、新しいキャラクターを見つけようと必死に、前を行くメンバーに追いつくように頑張っている。のにファンからは「違う」と言われる。

他のメンバーと比べられて「他のメンバー中途半端アイドル以外の仕事をするな、本職の人に失礼だろう。○○くんを見習え。」って、自分ファンが書いてる。

私がアイドルなら、○○くんならこんなことを自分ファンが書いてるって知ったら恥ずかしいし、メンバーのことを悪く言われてたりしたら悲しい。

もうアラサーで、10年以上一緒にいるメンバーと「仲良くしろ」って、もうすこしアイドルの仲良し文化自由があってもいいんじゃないかと思います

メンバーが○○くんのことを尊敬してないと思いますか?尊敬できないってグループを抜けた人もいたね。でも今ある4人は尊敬できるから残ったんじゃないの?尊敬できないならその時に抜けてるんじゃないかな。

「抜けたメンバーグループにいたときは○○くんのこと評価してくれた。」って。

そう思うなら文章そっくりそのまま手紙に書いてファンレターでも書いて送ればいいんじゃないかな。

今、頑張ってる彼の頑張りを潰すのが彼本人のファンだなんて本末転倒じゃないのかなぁと。


羽ばたきたいって思ってる鳥が、かわいいかわいいって鳥カゴの中で可愛がられてるだけじゃ羽ばたけない。

羽ばたいている鳥に 鳥カゴのなかで頑張って羽ばたこうともがいてる鳥のこと褒めてあげなよ!そしたら羽ばたけるでしょ!って、違うと思う。

家族こじらせた

典型的機能不全家庭と、典型的子ども放置系家庭の家が近かったのが、全て悪かった。

自分は、どことなく家での居心地が悪かった。

幼なじみ兄弟たちは、自営業の両親が夜中にならないと帰ってこないことが、兄弟が何人いようと寂しかった。

需要供給完全に一致してた。小学生にあがってしばらくしないうちにはもう、一日中幼なじみの家に入り浸ってた。

小学生になったからって、情操教育に手を抜いたら駄目なんだね。

自分は、帰るべき安心できる「巣」の認識がごちゃごちゃになった子どもだったと、今では思う。

どっちが本当の家か、どっちが本当の家族か。

名目上の家庭と、心がある家庭が別々になってた。

夕方になると自分だけ別の所に行かなきゃいけないのが嫌だった。自分だけ一緒に夕飯が食べれないのが悔しかった。みんなと一緒に雑魚寝して眠れないのが寂しくて仕方なかった。

でも、そんな混ぜこぜの慣れ合いが許されるのは小学生まで。中学にあがる頃には、幼なじみたちも成長したのか、もう兄弟だけで充分みたいだった。

最初からそうだったんだけど、段々自分だけ「よその家の子」になって、「兄弟」じゃなくなっていった。あんなにずっと一緒に居たのに。血はつながってないけど兄弟だって言い合ったのに。

幼なじみ兄弟から「本当の兄弟じゃないから」って扱いに下げられて、何処にも居場所がなくなって、焦った。

かといって血縁がある本当の兄弟の方は、情がなかったと言えば嘘になるが、もう家庭という土台部分が駄目過ぎた。人数が居た分兄弟だけでも成り立つようになった幼なじみの家と違って、うちの家は親兄弟がいくつになろうが、血縁のある他人のままだった。

幼なじみ兄弟の輪にもう入れてもらえないなら、自分も本当の家庭に戻るべきなのかとも考えた。

家庭全体は駄目だとしても、せめて兄弟間だけでも本当に家族になれればと、馬鹿みたいな恥ずかしい努力もした。けど、自分みたいに家の外に支えを見つけられなかった他の兄弟は変にこちらに依存してきただけで、多角的関係なんか全く築けなくて、気持ち悪くて、嫌になって、やめた。

子どもだったし、不器用だったし、こちらがいろいろ自分勝手にし過ぎたせいでもあった。

結局、家族という群れの認識をこじらせた自分は、本当の家族の中にも戻れず、幼なじみの家にも当然行けず、どちらも捨てる為に地元を出て、今は東京にひとりで住んでる。

存在を忘れられたくなくて、惨めだろうが必死幼なじみ兄弟に食いついてたこともあった。でも、大学に入って少し地元から距離ができた隙にやっぱり忘れられてしまった。幼なじみ兄弟たちは、大人になった今でも近くに住んで協力して暮らしているのに、自分に対しては東京に長く遊びに来るときにすら連絡ひとつくれなかった。というかそもそも、こちらから連絡しないかぎりもう連絡なんか来ない。幼なじみ兄弟のうちひとりが結婚して、お祝いを用意したから渡すよ・受け取るよという約束もしたが、それも忘れられてて、プレゼントはずーっとうちに放置されたまま。

とっくの昔にウザがられているのはわかっている。小さい頃の慰め合いにいつまでも固執する自分が悪いのだ。

でも、自分にとっての家族兄弟は、幼なじみたちだと刷り込まれしまったんだ。全てがおかしいと気付いた時にはもう修正できなかった。

あんなに懐深く招き入れておいて、やっぱりいらないって急に蹴り出したことを、少しは酷いと思ったっていいだろ。

自分にはもう家族ってのがよくわからない。作れる気がしない。距離感がわからない。

本当の家族も、幼なじみたちも、自分も、たぶん誰も悪くないんだけど。どうしてこうなっちゃったかな。

ただ、ずっと一緒に居たかっただけなんだけどな。

どうしようさっき生まれてはじめて告白されてしまいました

こんばんは。

どうしてもどこかで相談したいけど怖くて知人には言えないので、匿名ってずっとずるいと思ってたけど吐き出させてください。

大学2年生です。来週から夏休みになります

相手サークルの先輩で、時々他のメンバーも入れて複数人で遊ぶことはあったんだけど

今日部室棟で自主練してたら(オケに入ってます)二人になってしまって

なんとなく流れで二人でポケモンGOやりに外を出ました。

大学構内には深夜にもかかわらず、そこそこの人がいて

でも先輩と時計台かいろんなポケストップを周っているうちに、人の気配が少ないところに出てしまいました。

私はドードーを捕まえるのに必死だったんだけど

なんか急にドンって衝撃がきて、先輩がいきなり抱きついてきたんだけど

いきなり「お前をゲットしたい」って言われて

タイトルにも書いてるけど、私告白とかはじめてで、彼氏とかもいたことがなくて

パニックなっちゃって、ギャーギャォンみたいな声出しちゃったんです。

それで気付いたらズリの実を先輩がくれて、今はモンスターボールの中だよ畜生、快適さ。

被害者のお涙頂戴報道」がない

言われて気がついたが亡くなられた障害者の方々のお涙頂戴報道ほとんど見ないな。

秋葉原の時はあんなにいいこだったのに!的な被害者エピソードをたくさん見かけたけども、今回は見ない。

なんでだ?と思ったがそりゃそうだよな、施設に入居するレベル障害者もの

結果的犯人と同じセリフになるが「障害者は死んだほうがいい」と言わんばかりの障害持ちなんだよな。

からお涙頂戴エピソード報道できるほど良い話がない。

施設に入居するレベル障害者は本当にやばい

町中でたまに大声で喚く障害者の息子を必死で押さえつける母親とかを見かけるけど、

あんなのが可愛く見えるレベル

一度見に行ったことがあるけど本当に「この人たちは何のために生きてるのか」と言わんばかりのレベル

報道がないのは、単に、報道するネタすらないって話だと思う。 

2016-07-26

http://anond.hatelabo.jp/20160726185738

監査機関

公約を守れているか

公約以外で国民の不利になるような政策をしていなかったか

評価したらいいじゃん

それで利益に減額として受け取れる利益はn*1.0を最大としてn*0.8とかn*0.6とか決めるようにすれば

国民から評価を得るために必死政策もこなしてくれると思うんだよ

監査機関構成員選挙で決めれば代理性も今よりずっと近くなると思うんだ

 

n=国家事業による収益(A)-国民利益(B)

x=公約結果に対する評価国民利益

n(A-B)*x=企業利益

 

で、どっちも満たすことで最大限の利益が獲得できる

例え公約がまずくても収益がしっかりとれていたら国民利益を得ることができる形にしたらセーフティになる

2016-07-25

もっとポケモンにハマっておけばよかった

当方34歳男のゲーマーだ。

初代のポケモンが出たとき高校生だった。ポケモンが発売され、高校教室休み時間中にポケモンプレイする連中がいたが、周りの目は「高校生にもなって馬鹿みたい」というようなものだったと思う。そういうのを馬鹿にしていたイケてる連中は、ポケベルPHSを使って友人とコミュニケーションを取り、授業中は机の下でミニテトリンをして遊んでいた。かくいう僕も、赤と緑の2本展開という初の試みから醸し出すビジネス臭に嫌悪感を抱いていた。そもそも月々数千円の小遣い、自由に使えるお金が非常に限られている中、僕はPlayStationに移行しようとする業界の流れに乗るため、必死で購入資金を工面するのがやっとで、携帯ゲームまでは手が回らなかった。電池代も馬鹿にならないし、画面の質も悪かった。今思うに、当時はまだ携帯ゲームハードルは高かったように思う。またモンスターを育ててバトルするというコンセプトは自分の好みに合わず、結局ポケモンスルーしてしまった。

その後、数々新作がリリースされるも、新作ごとに追加され、ますます手を出しづらく得体のしれない存在になるポケモンについて行けず、ますますシリーズに触れる機会を失っていった。スマブラに登場したりもしているので、何匹か名前は知っている程度のにわかだったが、特段気にもしていなかった。

そしてこの騒ぎである。コンセプトはとても興味深く、心から楽しみたいのに、心から楽しめない。どのキャラにもそれほど思い入れがないのだ。ゲームは好きだし、触れる機会はたくさんあったのに、スルーし続けていた。いろんなキャラを知っているようで、でもあまり知らない。やっぱりシリーズ通してプレイしている人や直撃世代熱狂にはかなわない。自分の好きだったゲームモンスターが街中で出現なんて、そのすごさが想像できるだけに、にわか自分がもどかしくて仕方が無い。こんなにすごいゲームが登場して社会現象になるくらいなら、もしそれを知っていたなら。もっとハマっておけばよかった。この複雑な心境、他で例えるなら、年下の近所の幼なじみアイドルとして芸能界デビュー、じっくり芸歴を重ねて日本代表する女優、そしてハリウッド進出し、もっとから仲良くしておけばよかった的な感じだろうか。

http://mogmog.hateblo.jp/entry/2016/07/25/021253

この記事とか、本当にうらやましく思う。自分がもう少し下の年代だったら、もし発売当時小学生だったらハマっていただろうか。もし発売当時大学生で、お金と友人という環境がそろっていたらプレイしていただろうか。そしてポケモンGO熱狂していただろうか。「ゲームアニメ漫画時間をかけるなんて人生無駄」なんて主張は間違っている。そのファン層が大きければ大きいほど、ファンとつながるきっかけになる。時間投資する価値は十分ある。街中で友達どうして楽しむ、自分よりも年齢の若い人たちがあふれている中を横目で見るたび、わき上がる妙なむなしさ、そしてひねくれた自分にいらだつのだった。

2016-07-24

もしこれが歩いてると道端でしげたかお嬢鯖がもらえる増田GOだったら

お前らが歩きスマホ必死擁護してる姿が目に浮かぶから

まったく説得力・・・・・・






























・・・・・・・・・アマルパーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーール!!!!!!!!!!!!!!!





http://anond.hatelabo.jp/20160724153959

「余裕がある人綺麗だな♪」って化粧品CMキャッチコピー煽り性能

キャッチコピー見た瞬間、すぐくぐってしまった。 

これで論争起きてないの?!って思って。




これはもう「余裕がない人って見苦しいーサイアクー↑」みたいにしか

聞こえなかったんですけど、これって普通ですよね??

煽ってんのかい??お?っていうね。

その余裕ってなに?お化粧に人生の大半使うこと?とか。

頑張ってて、余裕がないのはそんなに見苦しいかバカにしてんの?とか、






なんでこんなキャッチコピーでいけると思ったのか、

考えても、考えても、わからない。

思い付くのは炎上ねらいくらしか




結局、リアルなんて何にも知らない人が牛耳ってるからなのかなー…

お前はこうあれ、みたいな思想がにじみ出てる。



滅びればいいのに。






■追記

言葉足りてなかったみたいなので捕捉。




定義にはこだわってないけど、一般的にどう捉えられるか気になってた。





男性女性見方変わりそうだけど、

このワードを思い付く思考回路って、

どうしても↓みたいな様子を連想してしまったんだけど、

その辺私だけですかね?






家事系(+仕事)押し付けて、「余裕持てよ、キレイじゃないぞ」と逃げる

仕事の大変さ全部(+収支)押し付けて、「余裕もちなよ、カッコ悪いよ」と逃げる






どっちかと言うと女性よりになってしまうけど

日常回すのに必死になってボロボロになってる奥さんに

キレイじゃないぞ、余裕持てよ」って言ってボディブローかましつつ、

手伝わないような





そんなイメージ

私の体験したオカルト体験をここに記す④

体験した出来事に対する主観と、憶測を記す。もしよかったら①から読んでほしい。

http://anond.hatelabo.jp/20160724155200

狐に憑りつかれて5日後くらいからの一連の出来事

起床時に銀狐が人型に化けたものに覆いかぶされてキスされそうになっていた。その時はいくらなんでも妄想が過ぎると思い「ハハハ、ご冗談を」と意識から追いやって事無きを得た。が、昼間になっても銀狐の態度がおかしく、まさか可能性を熟考したその日の夜。



案の定、狐は獣だった。眠いから止めてと言った程度に拒否したものの一応は同意の上で、最後までやらせなかったが、魂だか霊体を犯されて喘がされた。許可したら孕まされるかもしれないという不安で暫く頭が一杯だった。

その後、狐は反省した様子でしゅんとしていたが、翌日も朝晩に襲われた。ガツガツするものから交尾したいなら他の狐としてろ」と文句を言ってみたが、聞いちゃくれなかった。さほどよくもない有害指定図書みたいなことを散々されて筋肉痛になった。数回のうち1回は獣姦だったことを特記しておく。



思い当たるふしと言えば、銀狐が初日から犬が匂いをつけるように首筋へ体を擦り付けるような所作を繰り返していたこと、稲荷神社神様が陽物の石像を見せてくれたことくらいしかない。




都合よく夢に稲荷神社神様が出たから、襲われたとて絶対妊娠だけはしたくないと全身全霊で必死に訴えた。麗しい女神様は、親指と人差し指で作った輪っかに人差し指を突っ込む所作をしてから「え~?」と残念そうに渋々願いを聞き入れてくれた。




なぜ全力で訴えたかと言うと、民話に残る異類婚の逸話で女が人間である場合は全てろくな結末を迎えていないからだ。女にとって良い結末は1つも見つけられなかった。それに、そうなったとき自分が無事である保証や、損得や状況に対する説明が皆無だったから、どうしても受け入れるわけにはいかなかった。




この1件で銀狐に不信感を抱き、以後はさせつつも一線を引いて様子を窺うようになったり、何だか知らない変なのを怒らせてけしかけられた有象無象に輪姦されたり、白大蛇に犯されたりしたけれど、体は清らかなままで、私は元気です。




後日、別の神社近辺へ最近引越した途端に事業軌道に乗り始めた友人が、自分にも心当たりがあるとこっそり教えてくれたので、みんな言わないだけで比較的よくある出来事なのかもしれない。




ざっと調べたところによると、色情霊という種類のオカルト現象があるらしい。私の場合、服を脱がされたり手の跡が残るなどの物理的な痕跡は皆無で、腹筋の筋肉痛寝不足、少し淫乱になった程度の被害しか起きていない。

私の体験したオカルト体験をここに記す③

体験した出来事に対する主観と、憶測を記す。もしよかったら①から読んでほしい。

http://anond.hatelabo.jp/20160724155200

芝の神社仏閣巡りと厄除け祈祷の話。

夕方日没黄昏、ちょうど逢魔が時の頃に具合が悪くなるようになった。ふわふわして自分足音が聞こえなかったり、重力感触、足が地面を歩く動きが感じられなかったり、悪心が酷かったりする。窓の無い部屋に居れば大丈夫のようだが仕事に支障がある。対策として日光を浴びて、米食をしっかりとることを始める。根拠稲荷神なら米が良いはずだという短絡思考だ。しかし、食事を取ると異様に疲れる。時間が掛かる。



うつつに、白い籠に覆われて、体が透けて溶けてなくなり、ぶよぶよした膜のような体が骨も残さず上から下に剥がされた。芯みたいな私だけ残り、それ以外が無くなった。それから稲荷神社意識が繋がり、私は赤い線が縦に1、2本通った白い着物みたいな和服を着ていた。神様夕方や夜に出る有象無象てんぷら油を固めるように固めてポイすると良いと教えてくれた。



連日のしんどさから一人のときはべそべそ泣いていた。時々、狐が心配して頭を撫でてくれる。



真夜中にLINEで喚いて相談した友人(その節はありがとうございました)から清明神社に行ったらどうかと教えてもらったけれど遠いので、取り急ぎ東京で一番強そうな徳川将軍家に頼ることにした。増上寺と芝東照宮


東照宮近辺で何かに呼ばれている気配があって引き寄せられてそちらへ歩いたら、小山の上、鬼門辺りに小さなボロボロ稲荷神社があった。ガラガラ鳴らすための鈴の紐が切れて落ちている。地図鳥居マークがあるけれど名前が書いていない。近くの案内には円山随身稲荷大明神と書いてあった。社の中から具合悪そうな狐が闇堕ちに必死で堪えている様子で辛そうにこちらを見てきた。ご挨拶くらいしか出来ない力不足申し訳なく思う。誰でもいいから早く助けてあげてほしい。



山を下りて、引き寄せられるまま更に歩くと宝珠院という辨才天に辿り着いた。北条氏みたいなトライフォースの紋が目立つ。歓迎されているようで陽気な雰囲気だと感じた。



増上寺の勝守はステロイドくらい強そうな雰囲気。芝東照宮の厄除守も並々ならぬ感じ。勝守(弓矢)も効きそう。新しいお守りは勢いがある。気軽に持っていい物ではなさそうだが、持ち歩き始めてから逢魔が時の頃に具合悪くならなくなった。強い。有難い。







電話予約をした指定の日に地元神社厄年厄払いへ。調べたらお祓いの際はスーツのような正装をすべきらしい。堅苦しくない程度にそれらしい服装に着替えていざ。イメージでは夢で見たのと同じ、裾が広がるタイプワンピースのような白い着物を着ている。



祓い最中に何か見えないか頑張ったけれど見える物は何もなし。

動作では、最初に見えない引力で右手左手の順に組んでいた手をほどかれて膝の辺りに姿勢を直すよう誘導された。祝詞で住所氏名を唱えた辺りで、前から押されてどんどん後ろに仰け反るくらい体が傾いて、肩甲骨のあたりから歯のような根のある何かを、親知らずを抜くようにメリメリと3つくらい抜かれた。抜けた後に穴が開いているような気がしてしばらく落ち着かなかった。合間に神様大丈夫だよと笑っていたように感じた。



ストレッチ系のマッサージを受けた後くらいにはスッキリたか効果があったと思う。

もしこれが歩いてると道端でアクメがもらえるエネマグラGOだったら

お前らが歩きオナホ必死擁護してる姿が目に浮かぶから

まったく説得力がないんだよなあ



http://anond.hatelabo.jp/20160724153959

もしこれが歩いてると道端でスターブクマがもらえるはてなGOだったら

お前らが歩きスマホ必死擁護してる姿が目に浮かぶから

まったく説得力がないんだよなあ