「人生」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 人生とは

2017-03-28

経済的問題で友人の結婚式に出席できなかった

http://anond.hatelabo.jp/20170325194531

このエントリを見て思うのは、経済格差は確かに友情を維持していくのに問題となりうるということ。

大学時代の友人と、まさにこのような関係に陥って結局友情を途絶えさせてしまった経験自分にもある。

大学卒業後、正社員として働いた彼女

大学中退してフリーターをしていた私。

彼女から結婚の報告を受けたのは、長らくのフリーター生活中に借金を重ね、自転車操業も立ち行かなくなり債務整理をした頃だった。

遠方で行われる結婚式

交通費の半分は向こうが持ってくれるといえども、往復で2万くらいはかかる。

祝儀に3万円。出席するなら服装髪型、靴やバッグなどに一番少なくしても1万円くらいはかかるだろう。

結婚式の招待状を出してもよいか、と聞かれて即答できなかった。

貯金がないどころか、借金がかさんでいるから行けないと正直に言うのが恥ずかしいし、せっかくのハレの行事に水を差すような気がした。

返事を少し待ってもらって、行けないことを伝えた。ありもしない用事でっち上げた。

せめてもの気持ちとして、ご祝儀に1万円を送った。

それから数年、年賀状をやり取りし、彼女には子供も生まれた。

年賀状に書かれた「今年こそは会いたいね!」という彼女手書き文字を見ると、心が痛んだ。

人生の節目でもある結婚式に出席できなかったという後ろめたさ。

それに耐えられなくなり、年賀状の返事も出さなくなった。連絡は途絶えていき、友情は残らなかった。

人生テンパイリー

あんまり深く考えんな

とりあえず取れるときに点稼いどけ

息子と君が代

息子はもうすぐ5歳になる。

私は母親で、息子と毎日遊ぶのが楽しみだ。息子の最近ブームはお相撲四股を踏み、ハッケヨイノコッターッと相撲をとる。息子は相撲をするのが楽しすぎて、ヨダレを垂らしながら本気で向かってくる。負けると悔しいと言って泣くから、こちらが手加減して負けてあげるまで相撲をとる。(八百長

先日、優勝した稀勢の里表彰式録画を息子と一緒に見ていた。君が代斉唱で涙を流す稀勢の里の姿にジーンとしていると、突然息子が怖い〜と泣いて逃げ出した。何が怖いの?と聞くと、「お歌が怖いの〜」だと。

息子よ。

これから人生で、いくらでも君が代を唄う機会はあるよ。ましてや相撲国技からお相撲さんになったら、君が代を唄えなきゃいけないよ。お相撲さんにならなくても、学校スポーツ大会君が代を唄う機会は数多くあるよ。確かに暗い雰囲気の曲だけども、厳かで母は結構好きだよ。今度お風呂で一緒に唄ってみようね。

http://anond.hatelabo.jp/20170328133327

零くんだけは人生の苦悩との戦いを免除されてるからな。三姉妹といちゃいちゃしてればOK。

この点は稲中以降の古谷実作品ヒミズシガテラ)に似ている。

http://anond.hatelabo.jp/20170327190718

「本人が充実した人生を送るか」が大事

自分自身で選んできたものが「生きた証」になる。

仕事は大抵「死んでも代わりがいる」ので

しかしたら、生きた証と感じにくいのかもしれない。

家族や友人、個人時間を通して見つけた

死して尚、続いていく何かが「生きた証」として実感しやすいのかも。

自分自身で選んだものが「仕事」ならそれはそれで良いとは思う。

http://anond.hatelabo.jp/20170327190718

視野が狭いね若いのかな?仕事はね、遊びであり、楽しみであり、趣味なんだよ。

仕事なんてその人が死んだら別の人がやるだけで、いくらでも代わりがいる」ってのは当然だとしても、「だから仕事のために無理をしてプライベート健康犠牲にしたりするのは無駄」って理論はまったく成り立たない。仕事オンリーワンを求めてる人なんて、むしろ、いないでしょ。

子供を育てるのと同じくらい、部下が育ったり、チームで目標を達成したり、みんなで飲みに言ったり、たまに意見を衝突させてでも会社をよくしていこうとしたり、それ自体人生の楽しみなんだよ。

そうやって仕事に向き合ってれば、貴方は悲しくもなんともなくても、その人の死を悲しむ人達いるかもしれないんだよ。家族けが悲しむなんて、世界がせまいじゃない。

http://anond.hatelabo.jp/20170328105003

確かに凄いけど、ほぼ全員当人だと思ってるし、映像未来永劫オカズにされるし、ファン自然とそういう目で見る。

ドMだったら最高の人生だな。それこそイベント毎に濡れるだろうな

そうじゃなきゃ、面の皮厚いとか言っても確実に潰れるよ

新田恵海って煽りじゃなく凄いと思う

みくちゃんの一件、あれを他人の空似で押し通してしまうあの胆力にびびる。

女ってああいとき本当にツラの皮厚いよね。

男だったらまずアレは耐えられないと思う。

俺もあんくらいタフなメンタルが持てたら人生いくらでもやりようがあるのに。

http://anond.hatelabo.jp/20170328075034

人生自分がどうしたいかってことが大事なわけで。

誰も好きにならない人生がいいと思うのなら、それでいいんじゃないの。

http://anond.hatelabo.jp/20170328065712

中段付近理由で、コンビニ受け取りですら面倒な気分のときもあるので。

特に退職後の人生を生きてる人は億劫でしょ。

現代語訳/ 星野源「恋」

クズのようなあなた

クソみたいなお仕事タイムが終わりました

さあ帰りましょう


あなた人生意味などないです

日々はただ無常に過ぎていきます

それでもお腹が減ります

家に帰れば全自動で夕食が用意されています


あなたはお父さんとお母さんが

セックスして生まれました

みんなそうやってできました


夫婦でいると初々しかったころの気持ちを忘れてしまます

ただ側にいたい その気持ちを思い出してみてください

褥をともにすればまた取り戻せるでしょうか

冷めてしまった私とあなたの熱情を


恋の形態はうつろいでいきます

あなた初恋の人を幻影をおいつづけるかもしれないし

二次元存在に恋い焦がれるのかもしれない

所詮恋とは一人相撲です


夫婦でいると初々しかったころの気持ちを忘れてしまます

ただ側にいたい その気持ちを思い出してみてください

褥をともにすればまた取り戻せるでしょうか

冷めてしまった私とあなたの熱情を


夫婦なのだから色んな出来事があるでしょう

長く一緒に住んでいれば住んでいるほど


夫婦でいると初々しかったころの気持ちを忘れてしまます

ただ側にいたい その気持ちを思い出してみてください

褥をともにすればまた取り戻せるでしょうか

冷めてしまった私とあなたの熱情を

あなたと私でオリジナル関係を築きましょう

他の誰のものと同じじゃない、唯一の関係です


あと、ここにいる女、ぜんぶ俺の。

タバコを吸い始める理由

ってなんだろうな

人によって違うんだろうけど、周りからみたら同じにしか見えないようだし

ま、根本は同じなのかもしれないけど

実は俺も喫煙者だが、未成年のころはこんな体に悪いもの一生吸わないと心に誓っていた

友達はみんな吸ってて、勧めてもくるが、かたくなに拒否してた

大学入って、飲み会があって、一本吸うって言われて調子に乗って吸ってしまったのがいけなかった

そのまま数本すって、よかったらやるよって1箱くれた

20本も吸えば完全にニコ中になる

そこから俺の喫煙者人生が始まってしまった

そのとき何ですってしまったのだろうか

二十歳過ぎてたは関係ないと思う。俺はそんなにマジメじゃない

酔っぱらって気が大きくなってたとしか思えない

タバコをかたくなに拒否しつつも、じつはカッコいいとあこがれていたのか

もう15年も前の話だから、そのときの心境なんて覚えてねーや

やっぱ悪ぶりたいファッションで軽い気持ちで吸ったのかなあ

その可能性が高いんだけど

サーバル氏の一生

サーバルは分別くさいから魅力ないけどな。気を使う性格だし、現代にいたら一番売れ残りそうな感じがする。

友達がうまく結婚してんのに一人で「すごーい……」とかいいながらアメリカホームドラマ見てる感じ。

ただ人受けは良いのでキューピッド役として引っ張りだこ。

友人の結婚式スピーチ自虐ネタ披露していい人ぶるんだけど、同僚の気になってた男を取られて泣き寝入り

同僚も同僚で、かわいいしいい子なんだよ、と現実には見てみないふり。

友人は出産自慢でクリティカルダメージを与えるんだけどサーバルは効いてないふり。

そのうち老け込んできて後輩のお世話とかやってるうちにどんどん人生の意義とかわかんなくなっちゃって。

宗教の勧誘とかなんか聴き込んでしまうんだよね。やがて誘われて入会という。

そこでみんなが言うのがサーバルちゃんいい人だったのに、みたいな柔らかな殺意

優しさが自分を殺す性格してるよ、あの人。

2017-03-27

イエーーーーーーーーイ

今までの数年間が嘘だったみたいに今はイエーーーーーーーーイ


ひたすらイエーーーーーーーーイ


なんて楽しいんだろう毎日

人生ってこんなに楽しいんだ

生きてることがもう最高に幸せ

なんなんだろう

この急激な心境や環境の変化は


イエーーーーーーーーイ

イエーーーーーーーーイ

イエーーーーーーーーイ

http://anond.hatelabo.jp/20170327183559

俺の経験を書くね。俺の友達の話だ。友達っつっても超仲良かったかと言われても微妙なんだけど。まぁ、何かあればそこそこ世間話ができるクラスメイトだったのは確かだ。高校卒業してから同窓会という名の飲み会でも顔を合わせてはお互いの近況について話をした。明るくそつのない印象は高校時代と何も変わらなかった。まさか彼女あんなことになるなんて誰も想像すらしてなかった。

様子が変わったのは大学卒業して社会人になってからだった。元々スリムだった彼女だったが、しばらくぶりに会った彼女は頬がこけ、まるで別人のように痩せてしまっていた。あまりの変貌ぶりにその場では何も言えず、後から彼女友達に何があったのかを確認した。そいつも詳しくは知らないようだったが、どうも彼女拒食症じゃないか、というのが通説だった。食べ物ほとんど食べられず、食べてもすぐに戻してしまう、とか。ストレスが原因でかかることが多いらしいが、彼女が抱えたストレスがなんだったのかは誰も知らなかった。一説には彼女が勤めていたIT関係職場問題があったとか、長らく続いていた恋人と別れたのが原因じゃないか、とか。結局のところ、俺にはわからなかった。

ある日、彼女友達からLINEで「彼女が亡くなった」と連絡があった。風邪から肺炎になったのが直接の原因だったらしい。

俺は葬儀に出席した。高校の知人を中心に、こじんまりとした式だった。出棺の前、花を棺に投げ入れる時、彼女の顔を見た。綺麗だった彼女の顔は見る影もなかった。落ち窪んだ目は閉じられながらもそれを拒否するかのように少しだけ開いていた。彼女の光のない瞳を俺は見た。背筋を寒気が走った。

「みんな大人なっちゃうんだね」

亡くなる前、彼女を含む数人で遠出をした時、消え入りそうな声で彼女は言った。その車内で起きていたのは運転手である俺と助手席に座っていた彼女だけだった。「しゃーないよね」と返すのがやっとだった。彼女は助けを求めていたんじゃないか。俺が手を差し伸べられていたら。もう二度と光を映さな彼女の瞳を見た時、その時のことを思い出さずにはいられなかった。

元増田に俺が言えることは何もないんだが、俺は彼女最後の顔を見て、月並みだが、人生が変わったんじゃないかと思う。命について、真剣に考えることが増えたんだ。

彼女の顔は今でも鮮明に思い出せる。きっと一生、忘れることはないと思う。

関サバ水揚げ以降、気持ちの発露ができなくなって辛い

ものごころついて以来、サバ漁師である自分違和感を感じながら生きてきた。自分みたいな「他県のサバ漁師」が、さも「関サバ一本釣り漁師であるかのように装ってはいけない気がして、大分県にも瀬戸内海にも関あじにも、近寄らずに生きてきた。中身が違うのにパッケージだけ関サバ詐欺だと思ってる。

ときどき、今までの自分人生や、漁師であることへの違和感を吐き出したくて、どうしようもなくなる。でも、自分が言いたいことに近いことや共感できることが書いてある書き込みには、大抵、「関あじと違うワタシ乙w」「典型的偽装関さばw」「はいはい関サバ関サバw」「めっちゃ陰湿なザ・偽装w」みたいな反応がつく。日本海も魚網も許されない雰囲気蔓延してて、怖い。

自分人生の全てが「関さばというもの」に絡め取られてて、嵌っても「関さば」だし、はみ出ても「さば」だし、一本釣りにはバリエーションが認められなくて、全てがただ「関サバ」に収束していく感じがして、息苦しい。

サバ叩き以降、気持ちの発露ができなくなって辛い

ものごころついて以来、女である自分違和感を感じながら生きてきた。自分みたいな「女の出来損ない」が、さも「ふわふわで甘々のオンナノコ」であるかのように装ってはいけない気がして、化粧にもお洒落にもスイーツ文化にも、近寄らずに生きてきた。中身が悪いのにパッケージだけ飾ったら、詐欺だと思ってる。

ときどき、今までの自分人生や、女であることへの違和感を吐き出したくて、どうしようもなくなる。でも、自分が言いたいことに近いことや共感できることが書いてある書き込みには、大抵、「みんなと違うワタシ乙w」「典型的な女w」「はいはいサバサバw」「めっちゃ陰湿なザ・女w」みたいな反応がつく。愚痴ることも違和感を表明することも許されない雰囲気蔓延してて、怖い。

自分人生の全てが「女というもの」に絡め取られてて、嵌っても「女」だし、はみ出ても「女」だし、女にはバリエーションが認められなくて、全てがただ「女」に収束していく感じがして、息苦しい。

http://anond.hatelabo.jp/20170327165309

"治験なんて危険性のあるもの" を表社会で大っぴらにやったら、治験副作用人生台無しにされた人とか一杯表にでちゃうじゃん?

マスコミもこぞって治験危険性を訴えまくるじゃん?

誰も治験しなくなっちゃうじゃん。

なあ、俺も白木屋コピペと同い年になったな

浪人入社初任給→あれから10

って設定なので、考えてみると33歳だ

ちょうど俺と同い年



初出が2008年ごろのようで、当時大学院生だった俺はあのコピペを見て、「お前」側、つまりフリーターのほうになってしま未来を恐れていたっけ

そして、語り手側の、いかにも真っ当そうな社会人になれることを切に願ったっけ




そして今、こいつらと同い年になって、改めてコピペを読んでみて、わかったことがある

この語り手は、会社でうまくいってない

下手すると彼女もいない




7,8年前の何者でもなかった俺は、表面通りの理解をして、イタイ妄想を語る旧友がすごく格好悪くてダサいような気がしていた

でも、今は、久々に会う旧友と安い店で飲んで、現実逃避したような話の内容に優しい言葉ひとつかけてやれないこいつの余裕のなさが格好悪く見える

そりゃあ、心配して厳しい言葉かけてハッパかけてやる気持ちわからんではない

でも、こいつの言ってるのはそれじゃないだろ?

ダサいお前を見てて不快しか言ってなくないか

それにこのフリーターは、アカポス版みたいな人を見下した夢物語語ってるんじゃなくて、「金余ってしょうがねーんだ」しか言ってない

もう10年、「金余ってしょうがねーんだ」みたいな強がりしか言ってなくて、大口叩いているわけじゃないんだ




「体壊したんだろ?もっと安心できる業態はないの?正社員にはなれないの?」

くらい、言ってやったことはあるんだろうか

高い店行こうぜが言えないくらそいつ経済状態心配なら、美味いもの手に入ったから俺の家来いよ、って振舞ってやればいいんじゃないのか?

そんな友人らしいこともせず、不快不快で返すような余裕のなさはなんだ?




お前こそ、正社員で金は不安ないのかもしれないが、人生うまくいってないだろ

会社で満足する仕事できてるか?

出世たか?成果出したか

結婚は?子供は?




もういいだろ、10年近くコピペ白木屋で友人にキレ続けるのは

偉そうに他人人生説教垂れるなんて、隣の席で浮かれているガキどもだけに許されるストレス解消法なんだよ

よく考えたら

30代40代くらいのおっさんおばさんが互助会ブログを見つけてはわざわざメタブするという「適切な」はてな仕草して「これはひどい互助会だ…」とか書いて批判している姿を想像すると笑えるな。

はてな古参とかこういうことしがちだけど、長年同じコミュニティに居座った結果、はてな警察みたいなこと始めてメタブして「これはひどい互助会だ…」と批判してるって、面白い人生だな。

女と幼少のころからまったく接点がなく手をつなぐ可能性のない層がいることを知っておいてほしい。

見た目がキモくて行動がちょっとキモくて考え方がキモい層だ。

アイドルイベントとかオタクイベントに行くと何人か必ずいる。

可能性がゼロの層と女と世間的ができる層にどれほどの違いがあるのかわからないけど、可能性がゼロの層はまったくのゼロだ。

俺はもう47歳だがまったく女と接点がない。

女というのは画像とか動画出会う生き物だ。

お酒の席では必ず孤立してしてる。

孤立してしまうと周りが気を使うのではじまってすぐくらいで眠いし帰ると言って帰ることが多い。

もちろん誰も引き止めない。

ついでにいうと同性ともほとんど接点はない。

オタクイベントにいくと俺と似た様な雰囲気のやつがいて仲間がいたってちょっと安心する。

しかけたりはしない。

ゆいいつの友達がいる。こいつももちろん女と接点はない。小さい時の同級生オタクイベントで偶然会ってしゃべるようになった。

47年の人生で親以外の女と会話した延べ時間って二人足しても1時間もないだろうなって話してる。

昨日はコンビニでおつりもらった時に女の店員と手が触れ合ったぜって話してる。

モテいかと言われたらそりゃモテたいと思う。

まあでも現実を受け入れると気分は楽になる。

俺を選ぶ女はこの世にはいない。

簡単な話だ。

http://anond.hatelabo.jp/20170327113217

充分モテてる

その後がありえるからね。

男のモテないは人生の中でそんなこと絶対ありえないし。

http://anond.hatelabo.jp/20170327045518

2ch関係なく人生の大概がそうだよ。経験したことばっかになってつまらなくなってくる。

人間本質社会の大変革でもないかぎり、根っこが一緒なんだから同じような事が続くよ。

まだそれを知らない人は入ってくし、飽きた人はでていく。それだけ。

中には飽きないで面白がり続ける人もいる。それは各人の頭が違うんだから仕方ない。

色々ぶち壊したいのなら、根っこに挑んで改革する。

自分だけの話でいいなら、諦めるか、自分の心を満たす別方法を考える。

お好きなものをどうぞ。

就活によって虎にメタモルフォーゼしてしまった先輩の話

サークルの先輩になるが、就活中にいろいろと思い悩んだ結果、とうとう発狂して虎にメタモルフォーゼしてしまった男がいた。

彼は極めて優秀な男で、幼少期からご近所でも評判の秀才だった。

大学も一流国公立に現役合格

なので、彼自身としてもエリート意識というか、周りの奴らとはひと味ちがうんだよなーみたいな気分があった。

そんな彼だったのだが、就活をしている最中に突如失踪し、そのまま行方不明になってしまったのである



失踪一年後。

飲み会帰りで酩酊状態にあったわたしは、軽くリバースしようと思って路傍の植え込みに近づいた。

すると、そこから一匹の虎が何の脈絡もなく登場。

虎はガオーとわたしを威嚇したので、ビビった。

しかし、そのガオーをよく聞いてみると、そこには往年の先輩を思い出させるような音色が多分に含有されていたため、わたし勇気を出して話しかけてみた。

すみません。ひょっとして、先輩じゃないっすか?」

すると虎先輩は悲しそうに縞模様を震わせながら、

「如何にも自分は先輩である

と答えた。

以下は本人が語ったところの、彼が虎になってしまった経緯である



先輩は順風満帆人生を送っていた。

講義最前列で聞いて教授お気に入りだったし、サークルでも部内の恋愛事情などによく精通していたし、ツイッターフォロワーもかなり多かった。

しかし、就活が始まってみると、困難に直面した。

自分アピールポイント」と言われても、はっきり答えることができなったのである

もちろん彼は自信家だったし、自分教室後方に跋扈するアホより遙かに優れた人間である確信していた。

だが、いざアピールポイントなどと真正から切り出されると、臆病な自尊心というか尊大羞恥心というか、フォロワーが増えるに従って加速度的に複雑化した自意識が、イージーな解答を阻んだ。

その結果、彼の答えは謙虚を装いつつも隠しきれぬプライドが透けて見えてくる、ウザい感じのものになりがちだった。



それに対し、彼が平素よりバカにし続けていた学生はどうだったか

彼らは、先輩基準では凡庸しか思えないようなアピールポイントを堂々と答えた。

先輩はそれを内心バカにしていたが、彼らの堂々と答える姿が妬ましくもあった。

そして、蓋を開けてみれば、内定をよりゲットしていくのは彼らだったのである

周りが東証一部上場企業内定を続々奪取してゆくのを見て、彼は思い悩んだ。

その挙句、ある企業面接中に発狂して部屋から逃走した。

丸の内面接会場から横浜辺りまで猛ダッシュしていると、両手を地面に近づけたい欲求だんだんと生じ、小田原辺りに至ると全身がむずむずして毛の生えてくる感覚があった。

正気に戻ると、虎になっていた。



一息つくと、先輩は続けた。

「お前に最後の願いがある。

これはオレが考えた最後ツイートだ。

オレの代わりに投稿しておいて欲しい。

このまえ聞いた、高校生くらいの雌虎が餌場で話してたことを元にしている。

140字に収めるにはかなり苦心したよ。

自分で言うのもなんだが極度に面白い

今までにないリツイート数になるだろう。

これを公開せねば死ぬ死ねん」

わたしは必ず投稿すると約束した。

「もうそろそろ時間だな……。

あそうそう、うちのオフクロ、多分けっこう心配してると思うから、元気にやってるって伝えといてくれ。

じゃあまたいつかな!」

そう言って先輩はしっぽをぶんぶんさせながら、遠くへと走り去っていった。



先輩のツイート世界中で評判となり、相当なリツイート数を誇った。

やはり先輩は優秀だった。

しかし、母親に対するメッセージ最後に0.05ツイート分ってのはどうなんだろうか。

我が子の失踪を大いに心配し、町内に迷子貼り紙までしていたのに。

先輩はやっぱりちょっと自己中な奴だったな、と最近は思ったりもする。

後悔する人生生きろ。

「後悔したくないから」という言葉を聞くが、後悔の何がダメなのだろうか。自分の不甲斐なさを感じるから。変えられない過去に囚われてしまうから理由の多くはそんなところなのだろうが、自分選択理由を「後悔したくない」という理由で片付けたあなたの考え方は、いささか気に入らない。後悔について真剣に考えてきたのならば、そのような答えにならないから。



「あの時ああすれば良かった」と思うことは、生きていれば幾度となくあるだろう。だが、それがいったい何だ。その時のベスト選択をした結果、そうなっただけだ。そして、その時のベストと「今の」ベストが違っていただけだ。それは、当時と今では手持ちの情報カードが違ったり、自分自身の成長という事実からくる「違い」だ。後悔すらしない人生に、何かの価値があるのだろうか。後悔の量は、成長の量と同義だ。



その点からみると、後悔は生きている証だ。ただ生きて日々を消費しているだけではなく、その日その日を大切に生きた結果が後悔だ。後悔を避けて、自分のその時のベスト選択を遠ざけて、そうやって生きた結果に何の意味があるのだろう。一度でいい。ちゃんと後悔と向き合うべきだ。あなたが避けてきた後悔は、そんなに怖いものではないから。次につながる大切なものから。後悔を避けた選択を続けても、何も得るものは無い。後悔を避け続ける人には、何の成長も無い。



後悔を避けさせる大人を信じてはいけない。彼らはあなたの成長を考えていない。その一瞬の心の痛みを避けさせることだけを近視眼的に考えるだけの、表面上の幸せだけを求める人だからあなたのことを真剣に考えるならば、私ならばこう言う。大いに後悔しろ、そして必死生きろ。どうしても耐えられないのであれば、その辛さは一緒に分かち合うから



後悔の無い人生など何の価値も魅力も無い。そうやってうじうじ悩んだり、辛さを感じたりすることこそ人生本質であり、人の魅力を作るものであり、他の何にも変えがたい経験としてあなたの成長を支えるものだ。だから、大いに後悔しろ。今のあなた選択は、正しいから。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん