「人生」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 人生とは

2017-05-30

困らないんだから従え論法による押し付け個人人生を貧しくしているんだと思いますけどね

今日の午後、獣医さんがうちに来る。

電話でお願いした、飼い猫の安楽死のために。

猫は肺繊維症と言う病気で、もうしばらく自宅の酸素室で過ごしている。

治療法は無く、徐々に呼吸ができなくなり、最後呼吸困難で死んでしまう病だ。

症状は悪化し、今では酸素室内でも苦しそうで、悩みに悩んでこの形をとる決意をした。

酸素室に24時間入れておけば、おそらくあと少しは生きながらえるだろう。

でもその先には、やっぱり死しかない。

狭い所に閉じ込めて、出してと鳴いても叶わず、ただ肺の機能が低下し死ぬのを待つだけ。

私の人生の半分近くを一緒に過ごした、とびきり可愛くてこれ以上無く大切で目の中に入れても痛くないほど愛している猫だからこそ、いよいよ呼吸が出来なくなり苦しみ踠いて窒息死させることは出来ない。

私はずっと泣いてばかりいる。それがまったく意味のないことだとわかっていても、もう明日にはこの猫がいないのだと思うとどうしても涙を止めることが出来ない。

まだ一緒にいたい、一緒に眠って起きて、体を撫でて、名前を呼びたい。

でもそれは私の希望と言うだけだ。

猫は人の言葉を話せないから、この選択が正しいのか間違いなのか正解は出ないけれど、この猫の飼い主として生きて来たか脳みそ振り絞って猫にとっての最善がいったい何なのかを考えるしか出来ない。

最後誰にも言えないから、ここでだけ叫ばせてほしい。

本当に本当に大好きだよ、死なないで、治る薬があればいいのに、なんでこんな辛い病気なっちゃったの、まだ一緒にいたいよ、明日明後日一年後も隣にいてほしかったよ。

人の彼女を寝取ろうとした人間の戯言 2

まず彼女とKの関係は大きく改善され、彼女もKを好きだとはっきり言えるようになった。「今までで一番好き」だと。そしてKが彼女のことを一番に思ってくれることを感じるから本当に今幸せだと。今までKに対して抱いていたモヤモヤを僕のおかげで形にすることができ、そして本当の意味で互いに好きだと言い合えるようになったと。

それと同時にKは僕が彼女に手を出したことを知ってもう二度と関わりたくない、顔も見たくないと言っていることも知った。もう長い長い、本当に長い付き合いだった大切な友人が消えた。覚悟はしていたけれど、本当に心が痛んだ。ズキズキと痛んだ。そして僕がKの彼女に手を出したと言う情報は一部の間で広まっていて、僕は同期数人の信頼を失い、また友人を失った。

僕は彼女に対し、今でも好きだということを伝えた。伝えなかったら絶対に後悔しただろうから。それに対して返って来た答えは、「それは嬉しいけど、今はもう自分のKを好きだという感情がゆるぎなくなっていて、今まで見たいな不誠実なことはできないから、君の感情を受け止めることはできない」との答えだった。だから、「受け取っておく」と言う表現で終わった。

全てが終わったんだと僕は思った。僕は最大限の努力をもって、そして最大限の自己犠牲によって、当初達成する予定だったKと彼女関係改善を見事達成し、それどころか彼女の中の「好きという感情は何なのか」という疑問に対する大きなヒントを与えることに成功した。そして二人は真実の愛で結ばれたんだ。めでたしめでたし

僕は当初達成する予定だった目標を達成したに過ぎない。そう、そうなんだ。僕は立派に任務を果たした。

僕は彼女のことが本当に好きだったし、どんな話題に関しても面白い着眼点を与えてくれ、聡明な彼女のことを一種尊敬の念も含めて本当に心から愛していたし、彼女も僕のことをほぼほぼ好きになりかけていた気がしたけど、そんなもの幻想だったんだ。

彼女大学受験に関しても心から応援していたし彼女の夢を語る横顔も、彼女自分の状況に苦しむあの涙も、楽しそうに笑うあの笑顔も、そして時に僕を強い言葉で注意するあの強い眼差しも、何もかも僕は受け止める努力をしたけれど、そんなものは全部最初からあくまで添え物の一つでしかなかったんだ。

あくまで僕は主役じゃない。主役級の脇役に過ぎなかった。

もう終わったんだよ、僕と彼女は。

だってそうじゃないか。どんなに幸せイチャイチャしてても、喘ぎ声の中にKの名前がなんども混じってたじゃないか彼女は僕とKのことを何度も間違えたじゃないか。結局僕は永遠の二番手に過ぎなかったんだよ。なんでそれに気づかないふりをしてたんだ、僕は。結局代用品だったんだよ。そこにツッコミを入れると虚しくなるから、結局僕が代用品に過ぎないことを思い知るだけだから、見て見ぬ振りをしただけじゃないか。ヒントは最初から出てたんだ。

僕はやるべきことをやって、その結果いろんなものを失った。僕と彼女関係は友人関係に戻ったに過ぎないけれど、思い出までリセットされるわけじゃない。複雑な感情を抱えたまま元に戻れと言われて、仕方なく引っ込んだに過ぎない。

僕はカッコつけて、「君が幸せならそれでいいよ」とか言って、「君が僕に身を引けというのなら素直に身を引くよ」なんて言って。本当はそんなはずないのに。一歩たりとも引きたくなんかないのに。本当に好きで好きで仕方ないのにな。なんでそんなこと言ったんだろうな。多分嫌われたくなかったんだよな。優しさなんて糞食らえだ。なんでそんな状況に至ってもまだ僕は彼女に優しくしようとするんだ。

「今も僕は君のことが好きだ」って、なんだそれ。未練タラタラのしょうもない男じゃねえか。本当に本当に大好きなんだよ。どうすればいいんだよ、この感情は。

彼女との思い出は僕の中でずっと色褪せないし、忙しくて本当につらかった時も長期休暇で帰省してまた彼女と会えると思ったらどんな苦労も乗り越えられたし、僕はそのために必死になって頑張っていたのに。大学を辞めたいと思っていた僕は必死勉強する彼女を見て大学卒業するために努力したし、仕事だって残業休日出勤も耐え忍んだのに。彼女と見たい映画もあったし、彼女仕事愚痴だって話したかったし、彼女学校の話や思い出話を聞きたかった。

僕は遊びなんかじゃなかった。本気だった。でも同時に、彼女を落とす直前まで行ったのにそこであともう一押しができなかった。最後最後日和った。イチャイチャしてる時も、「早く私を落としてよ」って言われてたのに、最後の一手が指せなかった。

世界に女が何人いるかなんて考えても仕方ない。ここまで僕が好きになった人はいないし、一つ一つ、日常のつまらないことすらも共有し合って心から面白いと思えたのも彼女だけだ。他の女性とそんなことしたって、ただ退屈なだけなんだ。

でも僕は変なところで真面目と言うか、まあヘタレから、Kと彼女関係を引き裂くために努力することは絶対にできなかった。そんなことは僕の良心が許さなかった。その中途半端さ、中途半端な優しさが、結果として全てを失う結果を招いたんだ。

人の彼女に手を出しておいて何言ってるんだという話もあるだろうけれど、そんなこと言えるのは同じ状況に陥ったことがない人だ。ただのイマドキのJK興味本位で会ってみたら、そのJKが本当に僕と気があう人だったんだ。そんな状況で、しか彼氏との関係は冷え込んでいる。そこでそれでも手を出さずに努力できる人は尊敬するし、聖人だとも思うけれど、同時に僕は信頼できない人だとも思う。

女子高生だったから、可愛かったからじゃない。彼女彼女だったから、僕は好きになったんだ。

好きになってしまったことが悪い。でも好きになる以外選択肢がないと言う状況だったんだ。

ももう、全ては終わった。

もう僕はい彼女とまた恋人関係になっても構わないように、僕は自分人生を生きることにした。虚しい希望かもしれないけれど、今の僕にはその虚しい希望にすがりつくしかないんだ。彼女との関係が切れたわけでもない。僕はただ彼女に相応しい人間になることだけを目指そう。そうして生きていく中でいつかまたいい出会いがあるだろう。そう思うことにした。あの時の占いは正しかったのかなと思う。

こんなことになるぐらいならあの時連絡が来た時に無視していれば良かったとも思う。でもそうしたら僕は大学卒業することもないままフラフラしていただろうし、こんなにも自分が成長することはできなかった。父から「お前はこの数ヶ月でずいぶん成長した」なんて言われたけども、それだって結局は彼女出会たからだ。彼女にとって相応しい男になろうと必死努力した結果だ。

運命出会いなんて信じていなかったし、運命出会いなんて僕は一生使うことがない単語だと思っていたけれど、確かに彼女との出会い運命出会いだった。そして彼女出会えたことで僕は大きく変わることができた。

から僕は彼女出会ったこと、そして彼女に恋に落ちたことについて全く後悔はない。手を出したことについても何一つ後悔の念はない。

今はまだ全く諦めがつかないし、毎日LINEで「ただいま」って言う相手がいないというのは非常に寂しい。でもいずれこの寂しさにも慣れて諦めがつく。そうやって人は生きていくんだって。そうやってみんな少しずつ日常に戻っていくんだって。でもそうやって寂しさに慣れて諦めるということは、僕はそれをとても悲しいことだとも思ってしまうんだ。

それでも僕は、悪いですか?

http://anond.hatelabo.jp/20170530024908

人生平等じゃないんだからほっとけばいいんだよなこういうゴミ

お前が不幸なお陰で俺の幸福がある程度保障されてる側面あるしw

せいぜい霞でも食って辛うじて生きてろってなw

「こんなもんか」の魔力

若いとき余りにもいろんなことがしんどくてしんどくて、つい「こんなもんか」の落とし穴にはまってしまった。

友達に裏切られても「まあ人間なんてこんなもんか」、地震が起きても「まあ地球なんてこんなもんか」、兄弟に罵られても「まあ家族なんてこんなもんか」、大きい失敗しても「まあ俺はこんなもんか」。

極め付けは飼ってた猫が殺されたときの「まあ、人生なんてこんなもんか」。

悲しいは悲しかったけど、でもやっぱり「こんなもんか」って気持ちが強かった。

そうやって絶対未来に期待なんかしないで「こんなもんか」の世界から出ないようにして生きてきて、気づいたら世の中のすべての辛さや悲しみを「こんなもんか」で処理できるようになってた。

楽しいことなんて何もないし、もう「こんなもんか」で済ませるのはやめたいって思うけど、やっぱり一日一回は「こんなもんか」、「こんなもんだな」って思って安心したい自分がいてどうしようもない。

今頭でぐるぐるしてることをまとめないとどうも良くないから、ほんとにチラ裏代わりに使う。

しわざわざ読んだ人に返信とかつけてもらっても、読まないと思うからそこは勘弁してもらって。



現状はどういう状態だ。親子喧嘩しそうだ。こっちから親父に殴りかかりそうな方で。俺がそんなに腹立ててる理由はといったら、親父もまた何かに拗ねてるせい。

あの親父はもうこっちが物心ついた頃から、何か気に食わないことがあったら、ただふくれっ面でだんまり決め込んで話しかけても、無視とかどうでもいいことで怒鳴りつけて威圧する、でも絶対理由なんか説明しない、という手をずっと使っている。子供の頃は怯えるしかしょうがないし、こっちが怒って抗議しても殴り倒されるだけだった。今はさすがに殴り合いの勝ち負け入れ替わってるだろうから、怯えはしないけれども。

それが今回は、親父が拗ねてる理由がわかって、それがあまりにも矮小すぎるから、「またあのアホが拗ねてる」で流せない感じに俺の中になっちゃってるな。

前々から日月の2日で出かける予定にしていた。10年以上ぶりの旧友と会える機会だったから、無理してでもいきたかった。というところで土曜の午後に急に胃腸壊して高熱出して。日曜の朝まで寝込んで、どうにか起きてきて昨夜の残り物食べてたところに、親父が珍しく「大丈夫か」とか声かけてきた。確か「よくない」って答えたと思う。ところが、もう一度寝て昼に起きたら、悪くなるのも急だけど良くなるのも急で、かなり良くなった。だから遅刻になったけど旧友の集まりに出発した。

それが、俺が出た日曜の夜に、親父が珍しく見舞いに食べ物買って帰っていたらしい。肉まん。なんで病人肉まんわからんが、ともかく親父が珍しく我が子をいたわろうとして空振りしていたらしい。

それで俺が月曜の夜に帰ってきて、土産の茶菓子広げて母親お茶飲んで、そこに親父が風呂から上がってきたと思ったら、あからさまにふてくされて、広げてる土産わざわざ無視して、いつも風呂上がりにしょうもないひな壇バラエティだらだら見るくせに、「寝る」とだけ怒鳴り気味に言って、母親お茶入れてるっていったのに「いらん」と怒鳴り返して寝室に消えた。

直後には俺も母親も、あの親父が何拗ねてるのかさっぱりわからんかった。けども、親父が肉まん買ってたことからようやく話が繋がって、一気に俺が腹立てていると。俺が日曜に抜けたくない用事があったことを親父は知らないというのはあるけど、それにしても、俺が回復したことは、あの親父が肉まんワンパック買ってきたことより価値ないのかね。見舞い空振りしてそこまで拗ねるなら、あいつの中ではそうなんだろう。病気の治るタイミングまであの親父の思う通りでなければいかんのか。

恥ずかしい話なんだけれども、俺はもうアラフォーなっちゃって、親父は60過ぎてるんだけれど、その歳でこのレベルだぞ。なんというか、若い人がこのみっともない話を見て、「俺は大人になりきれてないかもしれない」といった悩みへの気休めになってくれたりしたらせめてもの救いだけど、とりあえず当人は死にたくなるわ。

親父が拗ねて見せる手を使う時に、こうも拗ねてるきっかけがはっきり見えるのって、ほとんど今回が初めてというくらい珍しい。子供の頃だとそんなに頭が回らなかったり、あまりにも繰り返されるから萎縮して原因追求までできなくなってた。それから、俺が成人してから母親や弟も含めて家族全員をひたすら理不尽脅迫し続ける家庭内暴君になったこともあって、その時に俺が本気でキレてしまって。まあ、もう威圧の裏打ちしてる暴力通用しないと思い知らせちゃったから、あれからは流石に、ほとんど家族威圧しなくなってた。それで今回は俺相手には久しぶりに、単独の原因で単発の威圧をかけてきてたから、すぐ理由がわかったように思う。

しかしわかってみりゃこのレベルだった、ってのにめちゃくちゃ腹たってきて。生まれときから実家離れてた一時以外はずっとやられてきたあれは、こんな教育とも躾とも言い様がない、ここまで矮小レベルで、ただ単に暴力で怯えさせられてあいつの憂さ晴らしにされてただけのことだったのかと。

不幸自慢するにはもっと上がいっぱいいるのはわかるけど、その地方で「ガラの悪い町」といって必ず名前が出るような町にわざわざ引っ越してきたよそ者の子として生まれてきた俺は、もう幼稚園からずっと、先生が率先してやるレベルいじめはひどかった。それで家に帰れば家庭もひどいもので、祖父借金作って借金取りやら保証人しょっちゅう脅しにきて(80年代の取り立て)、親父はこんなの。祖母にだけは可愛がられたけど、そのせいで母親からは「おばあちゃんにあげた子」とか言われ、好き嫌い言ったら裁ちばさみ投げつけられて足元の畳に突き刺さったことがあるくらいヒステリックに罵られ続けた。祖母なくなったの俺が8歳の時だから、以後ただただ周囲の全ての人間に踏みにじられ続けた感じ。

まああの親父も、自分父親のせいでめちゃくちゃになってた家庭を守るのに必死で、子供気持ちまで顧みてる余裕なかったのはわかる。あの状況をどうにか片付けて、大学まで入れてくれたのは尊敬するものはある。俺ならできんで首吊ってる。全て片付いた後に、あの時代の敵に向けていたような態度を身内に向けるようになったのは、こっちからすりゃ理不尽で恨み持ってるけど、まあ、親父からすれば感謝が足りんように見えてるんかもしれない。

しかし俺はもう、中学までで擦り切れてダメになってたなあ。他人というのは、とにかく理由不明の悪意をひたすら叩きつけてくるものしか、実際そうだったから学べなかった。中学卒業までだけで10年、5歳から記憶あるとして人生の2/3、それだけ他人から理不尽に耐え続けたけど、何もなかった。ただボロボロになっただけ。高校をどうにか切り抜け、大学は入ったけど結局潰れた。

特に親父みたいな、目的理由説明せずに罵声浴びせる奴に耐えることができない。そんなやつはどこでもいるから、職場適応できない。うまく行けた職場過去に二箇所だけ。当然非正規から、結局放り出された。

そんな40前がその日暮らしで実家に居座ってたら親父もイライラもしようが、それを30年以上かけて作り上げた当の本人に怒る権利なんかあるか、むしろ詫び入れて責任取れともいいたくもなり、そういうところで怒り膨らんだ感じもある。

うん、書いてたら落ち着いてきたな。落ち着いてもどうにもならんが。

安倍ちゃんの友達になっていい女を忖度プレスしたいだけの人生だった

痴漢冤罪はもう改善しないんだろうな。

無能鉄道会社警察には少しも当事者意識などなく、むしろ未だに冤罪上等の対応をしているようすら見える。

まり今後も確実に冤罪は数多生み出され続けるだろう。ここまでくると彼らは冤罪共犯だ。

犯罪者が悪いだの男女が手を取り合ってだのというクソみたいな正論を語る馬鹿がいるが今や何の価値もない。

結局男には過剰警戒と言われようが何と言われようが今も昔もおそらく未来永劫冤罪地獄入り口たる女(後、鉄道会社もの駅室)を最大限避けるしかそもそも冤罪対策がないから。

え?痴漢が怖い女を無視してる?そういう女は女性専用車両があるからそっち行けばいいだろう。つかほんとそっち行ってくれないかな。

何一つ状況が改善することはなくどこぞの過払い金レベル弁護士食いつきネタになってしまった。

過払い金ブームもひと段落しているから、今後これは弁護士搾取ネタの一つになるんだろうな。

話題痴漢冤罪保険とやらの約款を読んだが、保障内容はかなり微妙でこんなんでぼったくられるのかと思いながらも多少の対策にはなるのかもしれんとも思う。

つうか今一つ頼りにならなそうなものに頼らなきゃならない時点でもう状況は絶望的だが。

冤罪を食らったら…結局人生詰みだろうな。

2017-05-29

なんでかなー。

小さい頃からなのだけど、思い続けると叶ってしまラッキーな体質らしい。

まり熱心に思い続けることはないのだが、大抵のことは叶えてしまっている。

好きな人も射止めて来たし、欲しい収入を得られる希望仕事にも就けた。

最近になって引っ越しも条件に合うところに引っ越し出来たし、

プライベートも、仕事も充実してるような気がする。

なのになんでなのかな。

なんか、全然満たされないんだよね。

こうなりたい!と思い続けてる間、時間も労力もかけてたはずなのに、全然達成感とか無い。

ラスボス倒す段階になると途端にやりたくなくなるRPGみたいだ。

そういう人生なのかもしれない。

中学から悩んでいた空気呑気症(腹鳴とgul音)が若干良くなった件

自分の腹鳴と腸で勝手に鳴るオナラみたいな音の対策が見つかった。

  • 口を閉じるために奥歯を噛み締めて唾液がでて空気を飲み込みやすかった。
    • 意識的に噛み締めないよう歯を浮かせる。
  • 足を組むことで姿勢筋肉が衰えて猫背で腸を圧迫していた。
    • 浅く腰掛けて背筋を伸ばして座る。
  • 胃腸の消化が良すぎてすぐお腹が空くので消化の遅いオートミールにして腹持ちをよくした
    • 血糖値上下がゆるやかになって腹持ちがよくなって腹の音がなる時間をのばせた

この3点だった。

メンタル面も疑ったけど家でも出まくるので

腹鳴と腸の音は原因がいろいろあるので、自分思い当たる所をやってみたら当たった感じ。

がんばっても鳴っちゃう時は鳴っちゃうけど手立てがあるだけ気持ちが楽になった。

しかし、この症状は鳴らそうとおもってないのに鳴っちゃうから恥ずかしさで人生一部分諦めるほどつらさがあるのになかなか認知されない。

症状から原因のあたりをつけて試してみる事は割りと有効かもしれない。

そろそろ認めよう。日本人年収が低いのは、能力が低いからだよ。

能力がない

まず、我々日本人は他の国の人たちと比べて、別に能力高くない。

勤勉じゃないし、語力も学力も低い。

ディベート力も交渉力もない。

微妙に金持ってたりするからハングリー精神もない。

やる気もない。


性格も悪い

なお、悪いことに性格も悪い。

正直、自分もあまり認めたくなくなかった。

日本人性格悪い。

最近客観的に見たら、すごい悪いことがわかった。


僕たちは性格が悪いが、経営陣、給料を払う側も同じように性格が悪い。

から、彼らは給料必要以上に払ってくれない。


経営陣が特別性格悪いのではない。僕達と同じように性格が悪いのだ。


よって、例えば、君が経営陣になっても、

やっぱり給料社員に多く払われないだろう。

性格いからな。


じゃ、どうすんだ?

日本他人に稼ぎを依存すると辛そうだ。

一人で稼ぐか、自分が稼ぎ頭になるのが簡単だよ。

それなら、給料交渉とかできるし。


僕達、日本人もっともっとお金にガメツクなるべき。

自分のおかげで、いくら収益上げたかもっと金くれ、って言うべき。


でも、業界によってはそれもできない。

ツライ。

人生ってお金だけじゃないけどさ。


他の日本人に期待すると、あまり良くないことになりそうだよ。

どうして俺じゃないんだ

から自分に対するだめな事の基準が多すぎた

自分をいつも批判していた。

親に愛されたかたか自分性格強制した。

自分性向を受け入れてくれる環境余地もなかったので

自分を嫌いになるしか無かった。

自分を認められないか体験をして失敗をしてしまう事が

イコール自分がクソである事を証明している事になって

しまうので行動できず、いまでも成功体験を積めず、

人に嫉妬し、孤独自分嫌いで人生が辛い。

毎日死にたいと思っている。

http://blog.tinect.jp/?p=40073

リンクの子供は愛されていて、

こんな風に子供の事をちゃんと

考えながら教育をしている親に

育てられた人間が羨ましい。きっと自分

好きなまま育っていい大学にいっていい就職

について、幸せな家庭を築いて生きていくのだろう。

羨ましい。

なんで俺じゃなくておまえなんだ。

人生ではじめて通報された

公園砂場をほって、海水浴みたいに埋まっていたら、

近所に住んでいる女性から通報された。

警察がやってきて、いわゆる職務質問をされた。

いくつ?:40だよ

職業は?:会社員に見える?無職だよ。

なんで砂に入ってるの?:砂に入ったらだめならそう書いてくれ。

若い警察官ちょっと呆れた様子で、親が泣いているよと言ってきた。

親とか関係ないだろうが、くそがと正直思った。

それに、おれを砂場に埋めてくれたのが母親なんだよ……。

特殊仕事をやっているが、もうやめたい

家が代々受け継いできたとある伝統芸能的な仕事をしているがもうやめたい。

これが歌舞伎とかならば良かったのだろうが、

わたしのやっている分野は誰も知らない

しろ人知れずやっていることに価値をつけているので、

知られてはいけない。

よくこんなんで飯が食べれますねとみなさんは思うと思うが、

助成金で食べさせたもらっているようなものだ。

こないだ母にもう辞めたい、わたしの代で終わりにしたいと訴えたところ、

泣きながら殴りつづけられ、父に助けられた。

お前が辞めたら、今までのご先祖様が1,000年も続けたことが全て無意味になるんだよ。

これは母親から呪詛だ。

ならば、わたしがその呪いを受けようではないか

母には「わたし結婚しないから」とだけ言い返した。

母は、泣きながら「もう一人生む」と言い返してきた。

また勉強をせずにダラダラと一日をすごしたので

流石にやる気がなさすぎると思う

きみが大学目的はなんだった?

中高で嫌な思いをして結果全く勉強せずに親の仕事も継がずに、昔からなりたかった医学部も行かずに今の大学を選んだのはなんだった?

簡単だったからか?

このレベルならまた楽をして一番になれると思ったからか

一番を取って何が楽しいのか?

人の上に立ち人を見下すことがそんなにも楽しかたか

寮生活で身につけたのは人の嫌な部分を見つけることか?

簡単に一番になれてうれしかたか

また逸れた

この大学入ってどうだった?きみがとった成績は一番になれるものか?一番どころか落単しまくってるだろ

技術力がついたか

確かに同級生を軽く小馬鹿にするくらいにはかけるようになったよなあ

だけど本当にできるやつからしたら滑稽でしかないほどの中途半端知識

いや全くできてねえよ

それ以前におまえほとんど勉強してねえだろ

一日何時間勉強したよ

てめえの妹は中学受験に失敗してから日に8時間以上はザラにやって医学部受かってるんだよ

てめえは何時間勉強したよ

妹が勉強してる時間おめえは何してたよ

友達もできず、部活も行かず、はたまた学校まで行かずそのうえ勉強までもしない

ほんとゴミだよなあ

そのくせ自分はできるだなんだと騒いで

親に無駄な金使わせていろんな問題起こしまくって

ほんと存在自体がじゃまなんじゃねえの

多分お前はまた大学やめたいと言ってると思う

原因は単位取れなかったか

その原因は勉強しなかったか

その原因はやる気がないか

その原因はお前がお前の人生を生きている自覚がないか

お前それじゃ今いる大切な彼女からも振られるぞ

そしてまた病むのか??

お前が病んだところで誰も助けてはくれないぞ

お前友達いないもんな

せめて生産的なことしろ

せめて少しはマシなことしろ

せめてお前がやらなきゃいけないこと自覚しろ

せめて目の前の単位すら諦めるなよ

せめて自分の好きな子が嫌な顔するようなことするなよ

せめて勉強くらいしろ

また後悔するんだろうな

ゴミクズからしかたないか 

ちゃんと単位取れよ

無駄に見え張って楽するなよ

おまえができてねえことはおまえが一番知ってるだろ

ちゃんとやらなきゃいけねえのはお前だ

誰も困らない

だめなら早く消えてしま

早く寝て勉強しろクズ

また喚くくらいならまともにやれよゴミクズ

また勉強をせずにダラダラと一日をすごしたので

流石にやる気がなさすぎると思う

きみが大学目的はなんだった?

中高で嫌な思いをして結果全く勉強せずに親の仕事も継がずに、昔からなりたかった医学部も行かずに今の大学を選んだのはなんだった?

簡単だったからか?

このレベルならまた楽をして一番になれると思ったからか

一番を取って何が楽しいのか?

人の上に立ち人を見下すことがそんなにも楽しかたか

寮生活で身につけたのは人の嫌な部分を見つけることか?

簡単に一番になれてうれしかたか

また逸れた

この大学入ってどうだった?きみがとった成績は一番になれるものか?一番どころか落単しまくってるだろ

技術力がついたか

確かに同級生を軽く小馬鹿にするくらいにはかけるようになったよなあ

だけど本当にできるやつからしたら滑稽でしかないほどの中途半端知識

いや全くできてねえよ

それ以前におまえほとんど勉強してねえだろ

一日何時間勉強したよ

てめえの妹は中学受験に失敗してから日に8時間以上はザラにやって医学部受かってるんだよ

てめえは何時間勉強したよ

妹が勉強してる時間おめえは何してたよ

友達もできず、部活も行かず、はたまた学校まで行かずそのうえ勉強までもしない

ほんとゴミだよなあ

そのくせ自分はできるだなんだと騒いで

親に無駄な金使わせていろんな問題起こしまくって

ほんと存在自体がじゃまなんじゃねえの

多分お前はまた大学やめたいと言ってると思う

原因は単位取れなかったか

その原因は勉強しなかったか

その原因はやる気がないか

その原因はお前がお前の人生を生きている自覚がないか

お前それじゃ今いる大切な彼女からも振られるぞ

そしてまた病むのか??

お前が病んだところで誰も助けてはくれないぞ

お前友達いないもんな

せめて生産的なことしろ

せめて少しはマシなことしろ

せめてお前がやらなきゃいけないこと自覚しろ

せめて目の前の単位すら諦めるなよ

せめて自分の好きな子が嫌な顔するようなことするなよ

せめて勉強くらいしろ

また後悔するんだろうな

ゴミクズからしかたないか 

ちゃんと単位取れよ

無駄に見え張って楽するなよ

おまえができてねえことはおまえが一番知ってるだろ

ちゃんとやらなきゃいけねえのはお前だ

誰も困らない

だめなら早く消えてしま

早く寝て勉強しろクズ

また喚くくらいならまともにやれよゴミクズ

http://anond.hatelabo.jp/20170528175740

人生100%関わるに違いない知識徳川歴代将軍名前がなんで同列なんだよ。

義務教育レベルで習ったことも覚えてられないようなバカ知識重要度を勝手判断するな。

大学の授業が薄っぺらすぎる

東大とかみたいにレベル高いところに通っているわけではないし、言ってしまうとMERCH以下の偏差値しか無い大学に居るので「お前が馬鹿からそう思うだけ」と言われたら説得力のある返しができないのだけれど、それでも大学の授業が薄っぺらいと主張したい。

今年で大学生活も3年目に入り、順当に行けば後期には単位の取得が完了するペースなのだが、得たものが一切ないといえるほど大学での授業内容が頭に残っていないのだ。

単位取得はしているけれど成績という観点から見ればC評価が多く、ギリギリ赤点を避けている現状なので授業内容が頭に入ってないんだろうとも考えられる。

けれども単位取得の肝を担っている学期末テストの内容が『授業中に再生した動画言及した企業マーケティング戦略は何だったか?』というのはひどすぎるのではないだろうか。

自慢ではないがマーケティングについては当大学内で比較した場合に限るけれど、ある程度の知識を私は持っていると自負しているが、流石に特定企業が行っていたマーケティング戦略なんて動画を見ていなかった私に解けるわけがない。

せめて、商品販売個数を計測する戦略とか書いてくれれば何となく当たりをつけることは出来るが一切とっかかりになる情報がないので授業出席者しか解けないのだ。

授業に出席しないものは、いかなる知識保有していようとも単位は上げませんと言っているようなものである

そもそもの話私が大学に行かないのは、授業時間90分のうち、教授雑談が半分以上を超えていてどのタイミングで本旨に触れるかわからいかである

教授ゼミ生と一緒に福岡に行った時に食べた食事がとても美味しかった話など、至極どうでもいいのでとっとと必要な話をして終わらせてほしいというのはおそらく講堂にいる生徒全員が等しく思っていることだろう。

適当面白みのない授業を展開する教授ばかりではないのはだが、どちらが多いかと言われれば上記のようなゴミ教授ばかりである

こうやって教授批判するかの言葉を連ねると「彼らは有名大学を出ていて高知能、その話を楽しめないキミは低知能」とマウントを取られる。

しか東大を出ているとか、有名大学の院を出ているとか私からすればどうでもよいことなのだ。授業がつまらないという事実は私の中で変わることはないのだから

やっていることは市販されている本(自著であることが多い)を朗読しているだけで、自宅で必要な部分は覚えられる。そんな「教授いる?」と感じるような講義内容でどこに「教授は頭いいなぁ」と感じる要素があるのか。私が異端なだけで世の中の人資格肩書だけで知能を判断する、判断基準が外部にしかない人ばかりなのだろうか。

つまるところ大学というのは教育ビジネスであり、肩書を得られるのを対価に金を払って、脳死しながら授業を消化し続ける場所なのだ

私が声を大にして言いたいのは「大多数の人間にとって大学は一切必要ない」ということ。

企業大卒要求していて、大卒給料が高いかしょうがないので大学に行って卒業しようと考えているだけで、そこで何を学べるかはどうでもいいのだ。

しかし私はそこまで割り切ることができず、大学を学ぶ場所と考えてしまったいたからこうして不満が爆発しているのだと思う。

私は運がいいことに文系大学に進学しているが、小さい頃にパソコン祖父から貰い、そして2つ上のいとこがネット関係に非常に強かったため影響を受けIT関係に強くなった。

そして大学ではこれまた運がいいことにビジネス精通した人間たちと仲が良くなり、今後の希望を得た。

情報量を多くする気はないのでこれを読んだ奇特な人は「騙された人間」と私を罵るかもしれないが、それはどうでもいいことだろう。

私の周りは大学に通うことを強く勧めたが、結局それは私に合わず、彼らに合わなければ日々鬱屈とした思いを抱えながら、ただ授業を消化する人生を歩んでいた。

アドバイスに従った結果、得られたのは大学と私が合っていなかったという知見だけである

このことからアドバイスと称して意見をぶつける人間は、個人を見ていない」というのが判明する。

彼ら助言をする人間最大公約数的な、大体の人間にとってベストではないがベター程度にはなるはずという意見をぶつけることで自身人生正当化をしつつ、悦に入ってるだけなのだ

確かに最終的に選択をしたのは私であるが、どれだけの人間が周りの人全てが自分と反対の意見を述べている中、自分の考えを押し通すことが出来るのか。

私は大学生になり人に恵まれたおかげで、本当の考えを通せたのであって、高校生の頃であれば貫くことはできないだろう。

結局、大学の授業が薄っぺらいというのはこの「多様性を認めず一般論を勧める人間」が大学への進学を勧めているかなのだ

から教育という存在はまるで利権を貪る団体のように怠惰でありながら肥大してしまった。

大学というのはそもそも専門性の高い話を学び、その専門的技術社会のために使うのを目的とした教育機関だ。

特に能のない私のような人間大学に行ったところで卒業したという事実を抱えて企業に入り、一切学んだことを使わないで終わるのが関の山である

学歴社会は確かにフィルターとして有効な部分もあるが、その企業学歴フィルターをかけているのが世間にバレればまるで現在検索エンジンがハックされるようにそこに向けて最適化されてしまう。

まり大学進学するものは優秀で専門性の高い人間から採用するというのが前提にあって学歴フィルター機能していたのに、そこがハックされてしまったがためにバツグンな効果を発揮するとはならなくなった。

ハックされていない採用基準意図した人材を取得できるため優秀であるが、認知されてしまえばそこに注力できる人間採用する弱い基準となってしまう。意図しない人材を確保することになる。

起業家の話を聞いてみると「東大生のほうが統計的に話がわかる」と語る。

まり学歴フィルター大卒区別するのでなく、東大生などの超難関校とそれ以外で区別するようにしたほうが建設的だ。(給料も含め)

そうすれば無駄大学に通う人間も減るし、ビジネス大学も少なくなる。大卒枠を争って貧困に悩む人間も減る。

私が問題提起したいのは以下の2点。

・何も考えずに一般論で「大学はいったほうが良いよ」と個人を見ずに語るやつは口を閉じよう

企業大卒学歴フィルタリングしても効果が薄いので、給料から難関大学基準はMERCHかそれ以上?ここはわからない)とそれ以外で分けるべき。もしくは意図した人材採用できてかつハックされていない新しい採用基準を見つける。

こうして大学が少数精鋭になれば教育者も生き残りをかけて力を尽くし、怠惰で肥えた教授も減ることだろう。

私はとにかく薄っぺらくて意味のない授業が大学から消滅してほしいので、教育機関こそ激戦のビジネス社会のように苦しみながら競争して欲しいと思っている。

確かに科学の力というのは重要だとは思うが、現在私の身の回り生活に欠かせないと思うものを作っているのは企業であり大学で教鞭をとる人ではない。私が知らないだけで企業にその教授も協力しているのかもしれないが、それなら大学ではなく企業研究させてもらえばいい。

まり「安定してるー」とアホ面下げて年に数回、偉そうにゴミみたいな本を書きながら教壇に立つ輩は荒波にも稀ながら淀んだ精神を磨き上げるべきだということ。

そもそも大学はいま腐るほどあるわけだけれど、その全てが科学において必要ではないだろう。それならばなおのこと競争化させて精鋭化させなければいけない、なぜ「研究」という話になった途端嫌儲精神が発作的にでてくるのか。

何度も書いている気がするけれど、その大学競争化をする上で最も邪魔なのは一般論を振りかざして大学に行かせようとする無能な働き者と大卒フィルタリングする企業だ。

個人を見ないで、自分人生訓を元にとりあえず精神アドバイスするやつは総じて糞だし、対してその人を案じているわけではない。

こうした一般論で武装した人間に対して、正論に感じようが自分感性と考えを元に対抗できるように成長することが、幸福につながるだろうしひいてはこの薄っぺら大学の授業の減少につながる。


以上が大学の授業が薄っぺらいと感じたことから私が考えたことでした。

評価怖い

饅頭怖いじゃないけども

絵を描いてる。評価されないと結構辛いし、誰も見てくれないのは嫌だなと思う。

それでもまあコンスタントに描いてると見てくれる人がちらほら出てくる。評価がつくようになる。

そのうち安定して評価が貰えるようになる。

すると描いてネットに上げるという作業億劫になり、怖くなる。

これは絵だけについてじゃなくて、私の人生って全部こうだ。

早くここから脱却したい。

色んな職業に就きたかった

動物園飼育員になりたかった。

医者にになりたかった。

やくざになりたかった。

弁護士になりたかった。

音楽家になりたかった。

フーテンになりたかった。

画家になりたかった。

野球選手になりたかった。

宇宙飛行士になりたかった。

詐欺師になりたかった。

ギャンブラーになりたかった。

ホームレスになりたかった。

喫茶店マスターになりたかった。

バーのマスターになりたかった。

なりたいものはたくさんある。でも自分人生は有限だ。

そしてこれらを全て実現するより今の職でまあまあ安定して稼げるし、実際その道を選んだ。

でもなりたかった。

遠い未来人類老いず働かず、自分のやりたいことを探し生きがいとして幾つもの役割を見つけられる時代が来る。

あと500年後、あるいは100年後かもしれない。

そんな時代が羨ましい。

自分が凡人だと認めるのは辛い

自分が凡人だと認めるのは、とても辛い。

今まで何をやっても、そこそこ出来る人間だったから、現実を認めるのがなかなかできない。

経歴は省略するが、大手企業に入る切符をもっていたのにもかかわらず、俗に言うベンチャー企業就職し、数年が経つ。

当然活躍できると思っていた。が、現実はそうではなかった。

世の中には自分より優秀な人間は腐る程存在した。まさに井の中の蛙だった。

与えられた仕事をこなすのと、自分仕事を作りだすのでは、質が全然違う。

私は典型的な前者だった。後者人間にはなれなかった。

正直、働く前からなんとなく気づいていた。自分は前者だと。だが、認めたくなかった。認めたくないからこそ、ベンチャーに入ったのだ。

入社して数年、必死に抵抗したが、もうだめだ。認めるしかない。

そんなどうしようもない喪失感とともに、

大手に入ってればな、、、」

とか今更思ってる自分が更にダサい

学生時代の同期が、安定した会社に入り、自分よりいい給料をもらっている。

から大手就職しなかったことを未だに責められる。

それなりの給料をもらい、知名度のある会社に入り、中の上の生活を送る。

私のような人間は素直にこんな人生を送るのが一番向いていたのかもしれない。

2017-05-28

三十路を前にしてマニュアル(MT)スポーツカーを買って大後悔した話

そもそも免許を取ったのが 26歳、それまで東京都下に住んでいるが車なんていらないと思って生きてきた。
彼女に振られたのをきっかけに暇な週末を使って免許をとり、レンタカーなどを利用して写真趣味にしていたら車にどっぷりハマり、マイカーの購入を決意。

色々迷った挙句に憧れの SUBARU WRX STi VAB(以降 WRX) の購入を決意するも、MTしかラインナップにない。
でもサーキット走ったりしたかったので、AT限定解除して購入することに。

教習所では場内4限練習して試験受けたら終わり。5万円ぐらい。
なんとか1回で合格したがここから地獄だった。

今思うとAT限定解除マジで危ない。
最初免許取る時に
MT乗りたいけど、すぐには乗らないから購入直前にAT限定解除した方が感覚忘れずにすぐ乗れるしAT限定でとろ!」
なんて考えてたのが大間違いだった。

MT乗りはクラッチ操作を何かと感覚から。とか慣れ。とか言って具体的な操作方法全然教えてくれない。
でも、それもあながち間違いじゃなくて、操作いえる操作クラッチ踏むだけ。あとは感覚的に力の入れ具合を調節してクラッチを繋ぐしかいから本当に慣れるしかない。

その感覚を4限で会得するのは無理!
しかWRXスポーツカーのわりにクラッチが軽くなったとはいえ、半クラ区間は短いし、かなり上の方で繋がるし、車重も軽いという訳ではない(約1.5t)。
納車待ちしてる時間がないのを理由新古車で買った WRX中古車から勤務先の駐車場まで持って行くのにどれだけ緊張したか

いつエンストするかわからいからずっと運転ストレス
マイカー買ったらきっと楽しいんだろうなぁ」なんて思ってたけどそんなことはなく、地獄のような日々
発進時エンストしないようにゆっくり発進しても迷惑がかからないように信号を読み少し早めに発信するように心がけ

信号の度に信号が変わらないように祈り(停車すると不安な発進が待ってるから
どこか移動するとき坂道ができるだけ少ない道を Google Map で探しまくり
通勤に使ってるから毎朝「今日はやっぱりバス会社に行こうかな・・・」なんて考えつつ

とにかくエンストして道路の真ん中で止まって、迷惑をかけるんじゃないかとヒヤヒヤしながら乗っていた。
マジで MT を買ったのを後悔した。
普通の未婚のサラリーマンなので人生で一番大きな買い物だし、銀行からお金は借りてるし、そんなの無理だけどなんとか無かったことにできないかなんども考えた。

まあ、そうやって逃げるのは当然無理なので、仕事終わりや休日の深夜
車の数が減ったタイミングを見計らって周りに住宅のないところである程度の角度の坂道がある場所を頑張って探して、坂道発進練習しまくった。

いくらググってもまともな操作方法情報はなかなか出てこない。
Yahoo 知恵袋に至っては、MT操作に戸惑っている人に対して「感覚から」「下手くそAT乗れ」とかしかレスが付いてない。

仕方ないので、ただひたすら練習
夜中真っ暗な道で、雨の日もずっと練習
何度クラッチが焼けるような匂いがしたか
深夜に犬の散歩してる人の目がどれだけ痛く感じたか弱気すぎ

辛い気持ちを抑えて、ストレスに耐えてなんとか1ヶ月ぐらいした頃から渋滞にハマっても難なく走れるようになった。

今となってはあれだけ WRX を買ったのを後悔してたのが嘘のように普通に楽しく運転できるし、クソ遅いけどサーキットも2回ほど走った。
ヒールアンドトゥーなんて全然できないから、シンクロ頼りの半クラシフトダウンを使ってるぐらいのど素人ではあるけど、
人を載せるときは丁寧にクラッチを繋いでATと同じようなスムーズ運転もできるようになった。

それからもうすぐ1年。
WRX の1年点検を前になんとなく思い出を書き残しておこうと思って書いてみた。

クラッチ操作のヒント

これを書く前に練習中のメモが見つかったので、そのメモを見ながら自分なりに得たヒントをいくつか残しておきます

今後MTに乗る人手がかりになってもらえたら嬉しいです。

半クラには強弱がある。

当然なんだけど、当然すぎたからか誰も教えてくれなくて最初気がつかなかった。
強めの半クラで発進時につなぐとエンストするし、エンストしなくてもガクつく。

エンストした時はクラッチが強めに当たってた。というのが大半な気がする。
エンストしたときは次はもう少し弱めに "当てよう" と心がけるといいと思う。

エンジンをふかせば止まらない

当然だけど、エンジンの回転数がある程度上がって入れば、急激な発進にはなるけどエンストはしない。
からエンジンの回転数をかなり上げた状態クラッチを一気につなげば車はエンストせずに発進する(タイヤが空転するような危ない急発進になるので真似しないこと)。

よく、ブンブンアクセル煽りながらクラッチを繋ぐのはこれを応用した発信方法

これは、自分の頭のイメージなので参考になるのか全くわからないけど、クラッチの当たり方を想像するとき
電動ドライバーの先にバフをつけそのバフの面をお皿の面に当てるような状況をイメージしている(バフ = 柔らかい円盤状の布みたいなの)。
軽く当てるとドライバーの回転速度に関係なく、ゆっくりお皿を回すことができるし、強く当てればバフの回転速度に近い状態まで回すことができる。
軽く当てた状態で断続的にドライバーの回転数を変えてもお皿の回転数は大きく変化はしない。というのが何と無く想像できるだろうか。
これと同じような状況が半クラッチ操作にも起きている。

半クラ位置確認

平らな場所で、クラッチをゆーっくり繋ぐと車が動き出すところがある。
これが弱めの半クラッチ。そこから車のスピードが上がるのに連れて少しずつクラッチを強めに繋いでいけば、確実にエンストせずに発信できる。が、これは時間がかかる。

駐車場から出るときなど、感覚的に弱半クラ位置を思い出すのに活用するといい感じだった。

練習中なども闇雲にクラッチをつながずに、弱半クラッチ位置を定期的に思い出すのにこれを使ってた。

アクセルクラッチの強弱の関係

半クラッチと、強半クラッチ状態ではエンジンにかかる負荷は当然のことだけど違う。
から、弱半クラッチと強半クラッチの時で同じようにアクセルペダルを踏んでると、強半クラッチの時の方がエンジンの回転数は落ちている(= タイヤの回転数に近くなる)。

半クラッチ状態エンジンの回転数が落ちすぎるとエンストするので、弱半クラッチで動き出したからと安心してクラッチを強目に繋ぐとエンストする。このあたりの関係性が多分感覚にわかってくると結構強い。
なんでエンストしたのかよくわからないときはこの辺りがヒントになった。

とにかくクラッチを労わらない

クラッチが減るのを心配して、半クラッチ時間を減らそうとか、半クラで回転数を上げすぎないようにとかそういうのは最初考えない。考えて弱気になればなるほど、エンストして発信がうまくいかずに、クラッチを逆に痛める。

最初は慣れたらクラッチ交換してやら!ぐらいの気合で、バンバン煽って半クラ多用しまくって行くぐらいで、感覚を掴んでいったほうがいい。

坂道発進の時などは特にクラッチから多少焦げ臭い匂いがしても気にしない。
クラッチを痛めたかなぁと思ったら、数秒クラッチを切って(踏んで)クラッチを冷やす
できれば、そのあと車を止めてクラッチを冷やしてあげる。
坂道発進練習中なんかはずっと続けずに数回やったら休憩を取るように心がけてた。

失恋をして気づいたこと。

何度か失恋をして気づいたことがある。きっとみんなが思うことで何も面白いことはない。

初めて恋をしたのは6年生の時。地味でも派手でもない普通男の子中学に上がってからお前としゃべりたくないみたいな話を風の噂で聞いた。泣いた。後に両思いだったことも風の噂で聞いた。

その後高校大学普通に進学し色々あって、彼氏もできた。特に何もないので19歳まで割愛する。

19歳夏。運命かと思う人に出会った。付き合いたいだなんて思ってなかったが、今考えると一目惚れかもしれない。飲み会で同じ席に座った先輩のUさん。話している姿を見てさらに惹かれた。少しでも相手にしてもらいたいと思ったから可愛くなりたかった。あの人の好きな女の子になりたいと思った。

20歳3月頃。4月から社会人になるバイト先の先輩と急接近して、GWに付き合うことになった。スポーツマンで爽やかで別に嫌いじゃなかった。別に好きでもなかったが、告白されたので付き合った。

20歳6月。1年ぶりにUさんに出会った。去年と変わらずフリー。相変わらずかっこよかった。去年よりいっぱい話して、連絡先も交換した。それから毎日Uさんと連絡をし合った。回数は少ないけど長文。なんか賢そうな文章だなあという頭の悪そうな感想をもった。

2週間後、大勢飲み会の後に2人で飲んだ。朝まで飲んで、いつの間にか彼のお家に行っていた。当時、処女であった。結婚する人としかしたくないと思ってた。いっぱいチューして同じベッドに寝転がって、告白された。朝、帰るときも私は処女だった。

1週間後、Uさんと付き合うことになった。バイト先の先輩とは前日にラインで別れを告げていた。振り返ってもこの事に罪悪感は感じていない。最低だと思うが、私は好きな人幸せになりたいと思ったし、その人が私を好きなら私の幸せを望むだろうと楽観的だった。

21歳になった頃、初めて他人自分の中に受け入れた。21年間で一番幸せを感じた。彼には私しか見えてなくて、私にも彼しか見えてない。大袈裟かもしれないが、世界には2人しかいなかった。それが続くことを信じてやまなかった。

彼とは2回目はなかった。2ヶ月後くらいに別れを告げられた。SNSで「酔ったら誰でも可愛く見える」と呟いていた。好きだけど、そうじゃないと言われた。よく考えると彼とシラフで会った回数は数える程度だった。彼にとって私は彼女であったが、それ以上に「穴」だったのかもしれない。1回きりということは穴すらも満足させられなかったのかもしれない。お酒を飲んでいないと何の魅力も私にはなかったらしい。それを知っても私はあの時を後悔できない。あの時一番大好きだった人で初めてを過ごすことができて、幸せだった。恋愛でこんなに自分が変わってしまうことや、人にも自分にも向き合う必要を感じさせられた。彼の存在は私のこれからにおいて、とても大きな物になっている。

その後何人かと付き合ったが、どれも比べてしまって続かなかった。

21歳6月。紹介で1つ上のOくんと出会った。好きなもの趣味も合って、優しくて穏やかな性格だった。夏に告白してくれた。

21歳秋。告白の返事もしてないまま、30歳のKさんと知り合い、関係をもった。ご飯を食べて相手の家でするだけ。毎日連絡をくれた。恋人ごっこは何も考えなくて良くて楽だった。

21歳冬。Oくんと付き合うことにした。Kさんはすぐに切ってそれっきり何の連絡もしていない。Oくんのことは男性として好きか分からなかった。きちんと誕生日を祝ってくれたりクリスマスを過ごしたり、普通デートをしたのはOくんが初めてだった。今までの人と比べられないくらいOくんは「普通」の人だった。

現在半月前にOくんと別れた。交際期間149日。別れの2週間前には初めてホテルに行った。恋人とするのは久しぶりだったが、何の感動もなかった。優しい言葉をかけてくれたのは嬉しかった。

恋人ではないKさんとの関係を持つことで、こういうことをしても心が埋まることはなくて、埋まるのは物理的な穴だけだということを知った。彼氏のOくんとした時も、Uさんの時ほどの感動を覚えることはなく、埋まるのは穴だけだった。特に絆が強まった気もしなかった。むしろ、そろそろ終わるんだろうなと悲しくなり、不安も募って、辛かった。Kさんとする方が楽だったかもしれない。Oくんは何も悪くない。

別れた原因は小さいことだった。1週間もライン電話も返事なしだが、SNSは使ってる。だいたい毎日ラインをしていたのでとても不安だったのに、SNSには楽しそうな写真が載っていた。今までの私なら見なかったことにして、何も言わずに待っていた。でも、どうしてか我慢ができず、終いには自然消滅したいならはっきりしろと迫った。夜中に電話がきて、私達の関係は終わった。私はOくんをとても信頼していて期待して甘えていた。向こうも最後までいったことで私に対して緩みが出てたと思う。私は彼を理解たかったが、歩み寄ることを拒否されたらどうにもならない。お互いがお互いのことを考えられなかった。好きか分からないくせに、別れたくなくて泣いた。

Oくんと別れたくなかった理由を考えた。彼は良い大学に行っていて、家族構成職業も良かった。顔も不細工ではなかった。ただ、優しくて穏やかだと思っていたが何が優しさか分からないし、穏やかというより面倒事は起こしたくない、という感じだった。私は「できる」彼氏を失いたくなかっただけだった。彼の事は最後まで恋愛として好きか分からなかったが、好きだと思っていた。別れも辛かった。自分自身将来有望彼氏との自分未来を壊してしまたからだ。戻ろうと言われれば戻ると思う。でもきっとOくん自身が好きだからではない。

彼氏ができたらそれが私のスペックのように感じてしまう。何もない私に付加価値が付いたような。それがなくなるのが悲しい。自分可愛いやら好きやらと言ってくれる人がいると自分自身価値があるような気もしてくる。別れて、心がぽっかり空いたような気分。それは彼自身や彼との未来を失った悲しみではなく、自分付加価値としての彼を失った悲しみ、承認欲求を満たしてくれる彼を失った悲しみだ。あったものがなくなったから悲しいという当たり前の理由だった。Oくんじゃなくて、誰でも同じように感じていたと思う。

恋人がいない自分にはどこか欠損があるように感じてしまう。恋人がいることは私にとって心の拠り所になる。励ましの言葉や、連絡で支えてくれるのを期待してるわけではない。服を選ぶ時、美容院に行く時、料理を作る時、決められないか恋人基準に考えてみる。誰かのために何かをする私が好き。誰かに必要とされる自分でいたい。私には価値がある、生きていていいよって思いたい。結局、私は自分のことしか考えていない。別れて自分未来が見えなくて不安になっているだけ。そこにOくんは絡んでいない。

先にも書いたが、Oくんは普通の人だった。それが心地よかった。今までギャンブル好き、バンドマンなど難がある人と付き合ってきた。適当に扱われるのが当たり前で、それを我慢して彼を支える健気な私を演じていた。悲劇のヒロインになりたがっていたのだろう。Oくんと付き合うことで普通に愛されるのは幸せなことだと知り、普通未来を考えた。無意識のうちに安心、と言えば聞こえは良いが実際には依存だったのだろう。普通の彼と別れて、私自身が普通ではないような気がして辛かった。

Oくんと別れてから3日間は彼を思ったが、その後、彼を思い出すことは難しかった。憎い、嫌い、地獄に落ちろ、やっぱり好き…何の感情もなかった。これが無関心なんだろう。今後も失恋を繰り返すだろう私のために、このような文章を残すことを決めた。この文章を書いてる間、Uさんを久しぶりにしっかりと思い出し涙が出た。彼に未練があるわけではなく、きっと感傷に浸っている。その涙くらい許されるものであってほしい。この感情はOくんには生まれなかった。彼の代わりはいっぱいいる。

「君も型ハズレの恋愛をしたらいい」とKさんに言われ、馬鹿を言うなと返したが今になってその言葉が正しいのではないかと思う。

最後に、Uさんは自分には恋愛は向いてないと私に言ったが、私の後に付き合った彼女と1年を迎えている。私は149日で終わっている。向いていないのはどちらだったのだろうか。

末筆ながら、UさんとOくんが健康幸せに溢れた人生を歩まれることをお祈り申し上げます

どうか、お幸せに。

  • - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(追記)

しばらくは誰かの為に、ではなく自分の為に生きていきたい。将来の仕事も考えなければならない時期だ。何かを決める時も自分がしたいことをしよう。コメントして頂いた「こうしたらどうなるかな?」は今まで考えたことがなかった。私は何も考えていなかったことに気付かせていただいた。

そんなことを言っているが、キープの公務員を昇格させようと思っている。もちろん彼のことは恋愛として好きかは分からないが、彼氏がいないことが不安で仕方ない。私の心の平穏の為にも、とりあえず誰でもいいから繋いでおきたい。

学んだことを何も生かさず、一歩も進まず、私はこれからも思慮の浅い人間であることに変わらないのだろう。

親に無条件な愛でもって育てられた人には敵わないなぁ

死んでしまいたくなる気持ちを持たないで済む人生ってどんなだろうなぁ

子供だ幼いって言われるけど、ちゃんと大人になったら、こんなこと思わなくなるのかなぁ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん