「なのだ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: なのだとは

2016-07-02

ワイドナショーについて

実況とセットでほぼ毎週楽しんで見ている。松本さんほんまハマタのこと好きすぎワロタとなるしょうもない番組

つい最近古市関係でボヤが起こった。が、この番組に対してブコメする労力ははっきりいってもったいない。それくらいのものだ。



この番組良識派なのが、本来良識サイドではない東野さんなのだ。この時点でお察しレベルである東野さんと言えば心がない芸人でおなじみだった。お子さんが飼っていた亀がなくなり、死体ゴミ箱に捨てたのは有名な話。離婚した元奥さんと再同居(後に復縁)し、実の娘さんに「東野さん」と呼ばれていたのである。はじめはダディーだったのに……。そんなあの東野が…真っ当の側だと……というのも面白さを際立たせる。

さすが松ちゃん見る角度違うわぁはたまにあるくらいで、ほとんどの場合松本さんそれはねーわーとまっつんのあれ具合を楽しむもの。ほぼ毎週、そのあたりを東野に突っ込まれているし、中居くんやウェンツがゲストの際にももれなく突っ込まれている。



先々週くらい大川総裁ゲストにやってきた。その際、総裁大川興業のことを語ったのだけど、それがまさにこの番組性質にしっくりくる。そうでなくてもとっても良い回だったので真面目な人からそうでない方までyoutubeなどで探して見てもらいたい。



総裁のお母さんは英語ドイツ語が堪能だったため、朝霞米軍キャンプで働いていた。情報がいち早く入る環境にいたお母さんは「これから日本は皆官僚になってしまう、みんな大学生になって頭が良くなるから日本全体が官僚組織になり、ドロップアウトした人たちは行き場がなくなる」と、総裁が幼い頃から話していたという。

それがあったか大川興業では、そういった人たちを引き受けているそうだ。引きこもりだった人、舞台には立てない人など。でも、観客として盛り上げることができるのだってその人の能力だと。

上記はキンコメ体操着泥棒をしていた人のニュースを受けての発言。彼が何らかの能力があれば大川興業で引き受けるとも言っていた。




レギュラーゲスト枠の古市(絶賛炎上)、堀潤乙武の3人トリオ良識ある番組ではほぼ呼ばれない。ちょっと道を外れた人たち。でも、テレビ的にはありな人たちだからこの番組は使う。視聴者は文春とか大好きなゲス層(サンジャポがうるさいから見ている面もある)なので、この3人がちょっと道を外れている人たちという認識を持っている。この番組はもしかしたらショーンKゲストに呼ぶかもしれない。それもありだよねって思ってるのがこの番組視聴者層だ。ちょっと道を外れた人を作る人も見る人も受け入れている。それがよさでもあるのだ。

2016-07-01

白票議論サヨク投票クレクレ問題しかいからやめ!やめ!

http://togetter.com/li/993792

また

政治に参加する人間の方が偉い(が、政権与党投票するようなヤツはバカ)」のはてなーがウジャウジャ涌いて出てるわ

賢い/バカ対立軸しか捉えられないかグダグダの言い争いが果てしなく続く

政治に興味を持ってもらうっつー目的であれば白票も悪くはないがな

ただそんなの有権者選択自由だろ、白票棄権与党投票も全て

「アベ政治にNO!暴走を止めろ!」だけが唯一解としか思ってないお前らこそが選挙不信の元凶だろ

選挙に関心のない連中から言わせりゃ「勝手にやってろ」くらいにしか思わんわ





ってかさ、

投票にみんなで行こう!」

と呼びかける奴らがすでにバイアスかかってんだよね

若者投票に行かないからいまの与党がのさばっているのだ」

って認識だろ

まり

投票率が上がれば今みたいな状況にはならないはずだ」

という無根拠な期待を暗黙裡に含んでいる

よしんば投票率が上がっても、実は自公が伸びるだけじゃね?という可能性を誰も信じてない

まりにも楽天的な見込みなのだ

からこいつらバカなんだよな



そう考えればさ、

結局のところこいつらが言う

「無投票層は選挙に行くべき!」

という主張は、ほぼほぼ

「アベ政治暴走を許すな!投票野党に!!」

って主張とニアリーイコールなわけよ

まり要は

サヨク投票しろ無党派層ども」

っつーことなんだよ




からなんてことはない、

投票問題で騒いでいるはてなーの大部分は、

投票層をダシにしたサヨク野党投票運動を繰り広げているに過ぎないんだよ

そして

「なぜ無投票ダメなのか」

という問いは、

「なぜサヨク野党投票しないのか」

という本音部分の主張の偽装に過ぎないんだよ


その証拠に、

投票率が上がっても自公与党の票が積み上がることをこいつらは絶対に良しとは言わないぜ

BREXITの例を引くまでもないが、

投票の数で負けて民度ガー愚民ガーとか言う負け犬根性の染み付いた連中だよこいつらは



っていうか、お前らみたいな奴らの正体が割れてるから

投票層の連中には一向に響かないんじゃねーの



第一、

与党もどうかと思うが野党はそれ以上にどうかと思う

というのが無党派層大勢だろ

案外きっちり反映されてるんじゃん

民意

こういう民意のある日本が嫌なら、出てくなり新政党立ち上げるなり革命起こすなりなんなりしてみせろってんだよ、



・・・・・おっと、

そういうことが出来ないから、白票バカにして溜飲を下げるくらいしか能がないんだったな

うっかりだったわ



結論

白票論争に毛ほどの価値無し。

以上!

イギリス離脱の件で一番驚いたのは

完全にネタ枠扱いなのだとばかり思い込んでいた、

メイロマ氏が普通に(どの程度正しいかは知らんが)

参考になる意見を出してきたことだった(情弱並感)

モバマスの現状が嫌い(手直し)

http://anond.hatelabo.jp/20160701172732

読みにくかったか勝手に整形させてもらったよ。



アニメが終了して半年以上になり、モバマス自分にとってとてもくだらないコンテンツに成り下がった。

なので個人的に嫌いな部分をあげたいと思う。

意識の高いプロデューサーの方々は「そう思うなら~」のコラ画像でも想像してくれればよろしいかと。



アイドルの扱いの格差

これは765やミリオンにも少なから存在する。

しかしながらCDライブと言った重要な部分に関しては平等である

ところがモバマスCDライブを行うために必須とも言える声優が当てられているアイドルが半分にも満たないのである

さらに言えばその声付き全員がそれらに恵まれたかと言うとそうではない。

もっといえばカードコレクション系のソシャゲ本体でありその中ですら適当な扱いを受けるアイドル大勢いるのである

数ヶ月ごとにSRとして出番をもらうアイドルと年に一回R、よくて強くないSRとして処理されるアイドルが同居している、そんな世界



ただしこの現状は「しょうがない」で終わってしまものでもある。

人気のあるキャラクターを軸に展開するのはコンテンツとして企業として正しいあり方なのだから

アイドル声優を付けたり、出てくるカードが全アイドル平等になりすべて強いSRにしたところで利益がでるどころか返ってマイナスになりかねない。

ぶっちゃけこのコンテンツが生まれた時点でのやむをえない欠陥といってもいいだろう。



運営による贔屓

人気=待遇=出番が基本のコンテンツであるが人気はないにも関わらず出番が増えていくアイドルが一部いる。

その代表として「本田未央」について言及したい。

一応言っておくと別に本田未央」が嫌いと言う訳ではない。

ただひたすら「本田未央」の運営の扱い方が嫌いなだけである



本田未央は他のアイドルとは違いやや特別立場で生まれた。

現在モバマスの顔ともいえるニュージェネレーションズ、NGメンバーの一人としてデザインされている。

ところが運営の予想と反して、渋谷凜島村卯月がある程度の人気を確保した中、本田未央総選挙で2回連続圏外となってしまった。

さらにはデレラジがスタートし、メンバー渋谷凜島村卯月・・・そして城ヶ崎美嘉だった。

NGいかと思いきやまさかの除外である

その後CD3弾で曲を手に入れたが「ちゃんみおは不憫」

そんな空気を纏ったままあの運命の第三回総選挙である



NG総踏みでの月末ガチャ

20位~30位、少なくとも50位内はいけるだろうという予想がプロデューサー間であった。

結果はなんと総合5位。

圏外からこの順位は今も昔も本田未央のみである

多くのプロデューサー賞賛をあげる中、この順位に納得できない者もいた。

なぜならあまりにも順位が上がりすぎたから。

他のガチャによる恩恵順位が上がったアイドル比較すると

赤城みりあ  第1回圏外  →  第2回37位
フレデリカ  第1、2回圏外  →  第3回40位
及川雫    第2回圏外(中間49位)  →  第3回19位(第1回23位)
島村卯月   第1、2回29位  →  第3回4位
本田未央   第1、2回圏外  →  第3回5位

確かにガチャによる順位の大きな向上は見受けられるが伸び幅があまりにも桁外れ。

NG揃っての月末だから未央にも入れたプロデューサーが今まで以上に多かったのかもしれないが・・・真相は闇の中である



なお、この後の本田未央を含めNG3人は必ず総選挙上位者になるようになり、アニメや外部展開によって本田未央の人気は本物になっていった。

しかし、この贔屓の裏では安定した人気を持っていたにも関わらず恵まれないアイドルがいることを忘れてはならないだろう。

それなのに総選挙すべて圏外のアイドルの抜擢をするのは理解に苦しむところである

しかも声付けただけでその他展開がない&遅いでは声が付いたアイドル立場もない。

そういうのは優先すべきアイドルが終わってからにすべきだろうと思う。

余談だが第4回総選挙期間でのボイスなし3人の月末ガチャという運営の声を付けたいアイドル押しは本当にドン引きだった。



アニメの出来と影響

モバマスアニメはとても影響力があったと思う。

それは765アニメ放送終了後、アニマス風の絵が増えたことを見ればなんとなくわかるだろう。

ただし出来に関しては2期が酷かった。

1期の時点、特に1話での期待感は素晴らしいものだった。

途中の本田未央の「私、アイドルやめる!」問題物語として十分考えられる、内面を描いたストリーの起伏として楽しめていた。



ところが2期では美城常務の登場により1期での積み重ねの崩壊

さらに内部の人間ライバルとして描こうとしているはずが敵にしか見えないという状態に。

ポエム合戦とも言われる掛け合いもあり、もはや美城常務評価点はユニットを組んだ事とも言われるありさまである。(これに関しては賛否が激しい)

また、渋谷凜のTPへの葛藤島村卯月の一人で勝手に落ち込んでいくのには共感や涙どころではない。(しかも泣きの演技力の低さ)

765のアニメでも谷間となる部分はあるが、これは谷間が長く続く。

暗く雨が降っている場面ばかりで、しかもそれはアイドルとしての問題のせいではなく、ほぼすべて美城常務のせいなのだからアイドルアニメ物語として入り込む事ができないのである

もっと追求するならば、これは「皆が主役」と謳っていたはずだが・・・



武内Pについては「オタクが喜びそうな寡黙だけど優しい不器用イケメンとまでいかないキャラ」と当時17歳の声優という話題性マッチしてでた人気だったと思う。結局は二次創作の肥やしになった程度の存在だろうか。

そしてアニメ終了後の影響だが、まず「プロデューサーという名の百合豚」が増えたことがもっとも顕著だろう。これに関しては下記項目と合わせて執筆したい。



百合花園と化したモバマスプロデューサー崩壊

ざっくり説明すると「プロデューサー存在が薄れ、アイドル同士の絡みが中心になってしまった」という状態モバマスは陥っている。

アニメ終了後の、「新田アナスタシア」のコンビがその代表とも言えるだろう。

その他にも出たカップリングTwitterpixivといった媒体百合百合しいイラストとともに蔓延していったのだ。

さらにその後、デレステが登場し今度は公式からそういった百合要素がプロデューサー存在と引き換えに分泌され始めた。

このような積み重ねの結果、「運営というプロデューサーによる百合営業を眺める」コンテンツになろうとしているのである

それはもうプロデューサーではなく百合豚のためのものである



さらに面倒な事に、「運営のやることが一番!文句があるならやめろ!」というプロデューサーもどきもかなりいるものから性質が悪い。

彼らが守りたいのは「アイドルマスター」なのか「自分達の遊び場」なのかはわからない。

モバマスに限らずだが、大規模な美少女ゲームにおけるユーザーの核には「○○好きな自分が好き、もっと自分を見て触れて構って」というのがある。

(皆が皆そのような人間だとは言えないけど)

ようはSNSとして美少女ゲームは絶大な力を持っているといえる。

なにせアイデンティティ他人と付き合うためのセールスポイント美少女ゲームに委ねているのだから周りにあわせざるをえない・・・

それが大勢いるのだから上記のような性質の悪い人間がでてくるのだろうと思う。



最後

以上が自分モバマスがくだらなくなった理由である

自分が「プロデューサー」という存在であることを感じなくなっていたのだ。

まあこの記事を見た方にはバカが癇癪を起こして自棄になっていると思ってもらうほうがあっているだろうか。

デレマスプロデューサーを名乗る皆様、どうか自分の持っている「今まで持ってきたアイドルプロデューサー関係像」を大切にして欲しい。

自分がその世界にいなくなった時、多分あなたは「プロデューサー」ではなくなるのだから

モバマスの現状が嫌い

アニメが終了して半年以上になり、モバマス

自分にとってとてもくだらないコンテンツ

成り下がった。なので個人的に嫌いな部分を

あげたいと思う。意識の高いプロデューサー

方々は「そう思うなら~」のコラ画像でも

想像してくれればよろしいかと。

アイドルの扱いの格差

これは765やミリオンにも少なから存在する。

しかしながらCDライブと言った重要な部分に

関しては平等である

ところがモバマスCDライブを行うために必須とも

言える声優が当てられているアイドルが半分にも

満たないのであるさらに言えばその声付き全員がそれらに

まれたかと言うとそうではない。

もっといえばカードコレクション系のソシャゲ本体であり

その中ですら適当な扱いを受けるアイドル大勢いるのである

数ヶ月ごとにSRとして出番をもらうアイドルと年に一回R、よくて

強くないSRとして処理されるアイドルが同居している、そんな世界

ただしこの現状は「しょうがない」で終わってしまものでもある。

人気のあるキャラクターを軸に展開するのはコンテンツとして企業として

正しいあり方なのだから。全アイドル声優を付けたり、出てくるカード

アイドル平等になりすべて強いSRにしたところで利益がでるどころか

返ってマイナスになりかねない。

ぶっちゃけこのコンテンツが生まれた時点でのやむおえない

欠陥といってもいいだろう。

運営による贔屓

人気=待遇=出番が基本のコンテンツである

人気はないにも関わらず出番が増えていくアイドルが一部いる。

その代表として「本田未央」について言及したい。

一応言っておくと別に本田未央」が嫌いと言う訳ではない。

ただひたすら「本田未央」の運営の扱い方が嫌いなだけである

本田未央は他のアイドルとは違いやや特別立場で生まれた。

現在モバマスの顔ともいえるニュージェネレーションズ、NG

メンバーの一人としてデザインされている。

ところが運営の予想と反して、渋谷凜島村卯月がある程度の

人気を確保した中、本田未央総選挙で2回連続圏外となってしまった。

さらにはデレラジがスタートし、メンバー渋谷凜島村卯月・・・

そして城ヶ崎美嘉だった。NGいかと思いきやまさかの除外である

その後CD3弾で曲を手に入れたが「ちゃんみおは不憫」

そんな空気を纏ったままあの運命の第三回総選挙である

NG総踏みでの月末ガチャ20位~30位、少なくとも

50位内はいけるだろうという予想がプロデューサー間であった。

結果はなんと総合5位。圏外からこの順位は今も昔も本田未央のみである

多くのプロデューサー賞賛をあげる中、この順位に納得できない者もいた。

なぜならあまりにも順位が上がりすぎたから。

他のガチャによる恩恵順位が上がったアイドル比較すると

赤城みりあ 第1回圏外 → 第2回37位

フレデリカ 第1、2回圏外 → 第3回40位

及川雫   第2回圏外(中間49位) → 第3回19位(第1回23位)

島村卯月  第1、2回29位 → 第3回4位

本田未央  第1、2回圏外 → 第3回5位

確かにガチャによる順位の大きな向上は見受けられるが

伸び幅があまりにも桁外れ。NG揃っての月末

から未央にも入れたプロデューサーが今まで以上に

多かったのかもしれないが・・・真相は闇の中である

なお、この後の本田未央を含めNG3人は必ず総選挙上位者

になるようになり、アニメや外部展開によって

本田未央の人気は本物になっていった。

しかし、この贔屓の裏では安定した人気を持っていたにも

関わらず恵まれないアイドルがいることを忘れてはならないだろう。

それなのに総選挙すべて圏外のアイドルの抜擢をするのは

理解に苦しむところであるしかも声付けただけでその他展開がない&遅い

では声が付いたアイドル立場もない。

そういうのは優先すべきアイドルが終わってからにすべきだろうと思う。

余談だが第4回総選挙期間でのボイスなし3人の月末ガチャ

という運営の声を付けたいアイドル押しは本当にドン引きだった。

アニメの出来と影響

モバマスアニメはとても影響力があったと思う。

それは765アニメ放送終了後、アニマス風の絵が

増えたことを見ればなんとなくわかるだろう。

ただし出来に関しては2期が酷かった。

1期の時点、特に1話での期待感は素晴らしいものだった。

途中の本田未央の「私、アイドルやめる!」問題

物語として十分考えられる、内面を描いたストリー

起伏として楽しめていた。

ところが2期では美城常務の登場により1期での積み重ねの

崩壊さらに内部の人間ライバルとして描こうとしているはずが

敵にしか見えないという状態に。ポエム合戦とも言われる掛け合いも

あり、もはや美城常務評価点はユニットを組んだ事とも言われる

ありさまである。(これに関しては賛否が激しい)

また、渋谷凜のTPへの葛藤島村卯月の一人で勝手に落ち込んでいく

のには共感や涙どころではない。(しかも泣きの演技力の低さ)

765のアニメでも谷間となる部分はあるが、これは谷間が長く

続く。暗く雨が降っている場面ばかりで、しかもそれは

アイドルとしての問題のせいではなく、ほぼすべて美城常務のせい

なのだからアイドルアニメ物語として入り込む事が

できないのである

もっと追求するならば、これは「皆が主役」と謳っていたはずだが・・・

武内Pについては「オタクが喜びそうな寡黙だけど優しい

不器用イケメンとまでいかないキャラ」と当時17歳の声優

という話題性マッチしてでた人気だったと思う。

結局は二次創作の肥やしになった程度の存在だろうか。

そしてアニメ終了後の影響だが、まず「プロデューサーという名の

百合豚」が増えたことがもっとも顕著だろう。これに関しては

下記項目と合わせて執筆したい。

百合花園と化したモバマスプロデューサー崩壊

ざっくり説明すると「プロデューサー存在が薄れ、アイドル同士

の絡みが中心になってしまった」という状態モバマスは陥っている。

アニメ終了後の、「新田アナスタシア」のコンビがその代表とも

言えるだろう。その他にも出たカップリング

Twitterpixivといった媒体百合百合しいイラストとともに

蔓延していったのだ。

さらにその後、デレステが登場し今度は公式からそういった百合要素が

プロデューサー存在と引き換えに分泌され始めた。このような

積み重ねの結果、「運営というプロデューサーによる百合営業を眺める」

コンテンツになろうとしているのである。それはもうプロデューサーではなく

百合豚のためのものである

さらに面倒な事に、「運営のやることが一番!文句があるならやめろ!」という

プロデューサーもどきもかなりいるものから性質が悪い。彼らが

守りたいのは「アイドルマスター」なのか「自分達の遊び場」なのかはわからない。

モバマスに限らずだが、大規模な美少女ゲームにおけるユーザーの核には

「○○好きな自分が好き、もっと自分を見て触れて構って」というのがある。

(皆が皆そのような人間だとは言えないけど)

ようはSNSとして美少女ゲームは絶大な力を持っているといえる。

なにせアイデンティティ他人と付き合うためのセールスポイント

美少女ゲームに委ねているのだから周りにあわせざる終えない・・・それが

大勢いるのだから上記のような性質の悪い人間がでてくるのだろうと思う。

最後

以上が自分モバマスがくだらなくなった理由である

自分が「プロデューサー」という存在であることを感じなくなっていたのだ。

まあこの記事を見た方にはバカが癇癪を起こして自棄に

なっていると思ってもらうほうがあっているだろうか。

デレマスプロデューサーを名乗る皆様、どうか自分の持っている

「今まで持ってきたアイドルプロデューサー関係像」を大切にして欲しい。

自分がその世界にいなくなった時、多分あなたは「プロデューサー

ではなくなるのだから

http://anond.hatelabo.jp/20160701150025

専業主婦は、旦那が昼間どんな労働を強いられているのか分からない。

まり専業主婦からみた旦那負担はどうしても軽く見えてしまう。

一方、専業主婦家事負担はとてつもなく大きい。

なんせ、朝から夜中まで絶え間なく、作業が発生する。

そして驚くべきことに、専業主婦仕事には休みが無い!年中無休なのだ



こんな生活を何年も続けていたら、どんなにまともな専業主婦でも、

土日のんびりしている旦那を見て、つい、「家事を手伝ってよ」と言ってしまうだろう。

揚げ物にレモンを絞るとき

これまでは何も考えずにいきなりぶっかけてたの。

ぶしゃっと。

汁もかかるんだけど、種も落ちるのよね。

からしかたなく、揚げ物に落ちた種をちまちま拾ってたのだけど。



絞る前に種を取っておけばよかったのね!

発想の転換!

コロンブスわ!

コペルニクスわ!

段取り八分食事でも同じなのだわ!



ストレス減らしておいしく食事

午後もがんばりましょう!

階段下が異次元につながっていないことを嫁が理解できない

人生初の家を建てる。

身内や会社からの援助を受けまくって、やっとこぎつけた都内狭小住宅計画だ。

仕事で車が必要なので、自然駐車場ビルトイン(1階がガレージになって、2階がガレージ屋根に乗っかる都市部によくある形)になる。

そうなれば大体2階にLDKがきて、3階に寝室やら子供部屋やらを作るのが一般的な形だ。

狭いなりに収納など様々な工夫をしなくてはいけないのだが、いきなり表題課題に直面している。

嫁が言うのはこうだ。

2階から3階に上がる階段の段の中に収納をつけよう。

あとは、2階のリビングから出し入れできる階段収納も作ろう。

気持ちはわかるのだが、階段の下は空洞であり、下の階から階段のための天井スペースだ。

そこを収納で使ってしまっては、下の階から階段で上がることができなくなってしまう。

だったら3階までの階段を違うところに作ればいいんじゃない?というが、そうなれば2階まで上がる階段天井スペースが無駄になってしまうことになるので、どこかの壁を潰して収納にしてしまったほうが早い。

しかいくら説明しようとも、図解までして説明しても納得が行かない様子で、工務店不動産の人から説得してもらってなんとか納得をしてもらった。

すると今度は2階のキッチンに床下収納が欲しいと言い出した。

リビングが1段下がってて、そこに収納があったら素敵よね。とか言い始める始末だ。

こやつ全く理解ができていない。

床下は異次元にでもつながっていると思っているのではないだろうか。

本人はすごい発明をしてしまった気分でいるのだが、お前ができるような発明ならプロはとっくの昔にしているはずである

これもプロ主婦ばかり褒めちぎろうとするテレビの悪影響なのだろうか。

とにかく空間把握が全くと行っていいほどできない嫁とこれから設計を話し合わなくてはいけないとなると頭痛が止まない。

妻はとうとう、1階を広くするために駐車場ビルトインにしなければいいんじゃない?とまで言い始めた。

1階の広さを猫の額ほど広くするために、2階3階の広さをどれだけ犠牲にすればいいと思っているのか。

それ以上に、これまで決めてきたこととその苦労を全てなかったことにするつもりなのか。

これは間違いなく、建て終わった後も納得が行かない部分全てが僕せいにされる流れだ。

工務店不動産の人の反応を見ると、きっとこういうことは実によくあることなのだろう。

家族のために必死に働いて頑張って家を建てるというのに世のお父さんはあまりにも不憫だ。

自民党のクソ改憲案をぶっ潰すために

最近の各種報道によれば、今度の選挙でいわゆる改憲勢力(自民公明、おおさか維新日本こころ)が議席3分の2をうかがう勢いなのだそうだ。

このままの流れだと近い将来自民党のクソ改憲案のような新憲法が制定され、日本は暗黒の中世国家になるだろう。

これを防ぐ為には何をすべきだろうか?

ひたすらに「護憲」を訴える、という方法もまあアリではある。現在日本国憲法の素晴らしさをひたすらに訴える、という正攻法である

しかしながら、この方法現在の流れを食い止めるのは相当に厳しいものがあるのではないだろうか。

新聞各紙のアンケートなどでは憲法改正には反対、という意見が若干多いが、大差をつけている訳ではない。その背景には、現在憲法国防大丈夫なのか?という疑問が少なくないからではないだろうか?

現在憲法改正しなくともしっかりとした国防は出来る」という意見にも一理はある。しかしそれで国民の大半の国防に対する不安を取り除けるのだろうか?

今こそリベラル左派は、現在憲法のうち9条のみを改正し、「戦争放棄」を「侵略放棄」に変えた上で、明確に国防軍の保持を認め、その上で9条以外の現憲法人権尊重する良い所は断固守る、という態度を示すべきだ。9条空想平和主義を信じているのは今や大半が高齢者だろう。

国防に対する不安を取り除けば、自民党改憲案のような愚劣なものを支持するのは一部の右派だけになるだろう。

中小IT企業デザイン会社財務状況 雑感

IT企業デザイン会社を一括りにするのは乱暴だけれど、ほとんどのデザイン会社

ITというかホームページとかを利用したブランディングなどを多くやっていたので、

あくまわたしレベルでは)事業性質的にほとんど一緒であった印象。

しか年商1000万から2億ほどの企業が多かった記憶

これまで◯年間で◯0社ほどの中小企業規模のIT企業デザイン会社会計顧問をしてきたけれど、

健全財務状況であったのは1社か2社程度だった。財務状況のよい会社は当然うまくいっているので

社員雇用条件もよかった。事業自体がうまくいっていれば社員にも還元できるのであろうし当然。

逆に財務状況が悪い会社はいわゆるブラック企業労働環境が劣悪だった。

これも当然といえば当然。払いたくても払えないのだから

でも不思議な事に、融資や増資などで資金調達成功し、財務状況(資金繰りレベル)が

良くなり、それなりに事業軌道に乗ったとしても労働環境雇用条件はよくなっていく様子はなかった。

IT企業デザイン会社は売上に対する仕入れや原価のほとんどが人件費制作であるにも関わらず、

販管費上でも原価上でもその比率が低かった。

何度か、子会社設立時や人員整理時に各社員給与労働条件確認したことがあったけれど、

この条件でよく働いてきたなと感心するものがあった。

中小IT企業デザイン会社経営者は、安く人を雇用することに関しては得意なのかもしれないというと

失礼だけれど、それだけ人を惹きつけているのかな?とも感じた。

しかし、結果、待遇が悪いと離職率もあがる。これはITというより、ホームページ広告を作る

デザイン会社に顕著であった。ある会社訪問する度に社員が変わっていてびっくりした。

人件費を抑えていても財務状況はひどかった。

財務悪化しているか労働条件悪化しているのか、元々労働条件が悪い状況であり且つ財務

悪化したのか。

また、役員社員年収にひらきがあった。社員年収経営者年収は最大で10倍ほど差があり、

そういう会社ほど年商1億ほどで、特にデザイン会社若い社員を多く採用し、離職率が高かった。

社長は増資するための貯蓄をしている様子もなく、会社資産を増やそうともしなかった。

とにかくお金の話がしづらい経営者が多かった。にも関わらず、資金繰りに詰まりショート寸前になると、

相談電話が毎晩のようにかかってくる。わたし仕事なので当然だけれど、これは大変だったが、

何ヶ月も前から警告していたのにも関わらずだったから、サポートする気力も萎えしまう。

---

比較対象として、工業製品下請け会社自動車修理などの会社は、経営者社員年収

開きが少なかった。ただ、経営者はほんとうに大変そうだった。いつも大変そうで、崖っぷち

なのだけれど、なんとか倒産せず、社員ほとんど変わっていない。

----

顧問しているあいだに実質倒産したIT企業デザイン会社は8社だった。残りは事業縮小あるいは

ペーパー会社として機能していたり、相変わらずひどい財務状況を続けてはいるがしぶとく経営している

ところもあった。決算時に役員への貸付金◯◯◯◯万円とか。

----

なにかとブラック企業が取り沙汰されているが、求職者面接時に経営者が同席していれば

財務状況はどうですか」と聞いてみるのも良いかもしれない。これを聞いて落とすようであれば

それまでだろうし、これが堂々と説明できないようであれば、ブラック企業である確率も高い。

一応、中小企業にも決算公告義務があるので公表できないというのは言い訳だろうし。

まあ、ブラックだろうがなんだろうが、やりたい仕事がそこにあるからやる、という感じで

本当に人を惹きつけられるような経営者は、なかなか会うことができないなぁと。

何を言いたいかからない日記になってしまったが、今後の参考のためにメモ

辞めたのだけれどね。わたしも。事務所を。

2016-06-30

若さ恩恵を受けた女性が、若さを失ってから社会に恨み言を吐く話

http://nyaaat.hatenablog.com/entry/2016/03/16/072339

このブログ主、おそらく30過ぎで非正規独身女性なのだが、「非正規童貞増田」を引き合いに出して、

就職にあたって若さが最重視されること」「結婚に当たって女の若さが最重視されること」への恨み言を言っている。


しか新卒至上主義にもスキルのない新卒者が就職やすいという利点だってあるし、

現に新卒カードのきかないヨーロッパでは若年失業率の高さが社会問題となってるわけで、そこはトレードオフ


そもそもこのブログ主新卒編集者として就職して、大学時代彼氏もいたわけだし、

就職における若さカードと、恋愛における若さカード恩恵を十分に享受していたわけではないのか?

少なくともブログ主が引き合いに出している「非正規童貞増田」よりずっと恵まれ立場にいたのだから

それを失ったのは社会のせいではなく、運の悪さや自分の立ち回りの悪さなどがあったからだろう。


こういう恨み言を言う女はこのブログ主以外にもネット上でたくさんいる印象があるのだが、

自分若い頃は若さ恩恵を十分に享受しておきながら、ルール自分に不利になった途端に文句を言い出すのは

違うと思うしみっともないとも思う。

だとさ日記-失恋編-

失恋しました。

前日に光れ、勇気ペンダントよ!と思って書いた駄文

こういうの翌日になってみると「本当に気持ち悪いよ……」となりがちだけど、

そこそこに読めたのでお焚き上げ代わりに公開するわー。

------------------------------------------------------------------------------------------------

40歳未婚の男が恋をした。

こんな気持ちは久方ぶり。具体的には10年ぶりくらいだろうか。

相手は同じ職場の一回り以上年下の子。いい歳をしてと自分でも思うのだが、焼け木杭に火が点いたらもう止まらない

こんなに狂おしい恋をしたのは生まれてはじめてだった。

彼女は親父ギャグにも笑って応えてくれた。

彼女ちょっとオタク向きなボケでも果敢に拾ってくれた。

彼女は足に障害のあるオレと毎日一緒に帰ってくれた。

彼女約束さえできれば食事に付き合ってくれた。

彼女は朝はこちらに気付いてか気付かずか先に行ってしまった。

彼女はその会話スキルでこちらが告白する隙を作らなかった。

最後のは恋愛経験値の足りないオレが見落としていたのかもしれないが。

病を擁してというか、肥満になりだしてから碌すっぽ恋を諦めていたオッサンは見事に翻弄されたのである

今のオレを笑うヤツはきっとケガをするどころの話ではない。

少し前、保険金目当てにどんどこ周りの男が殺されていた事件があったが、今のオレはあれを笑えない。

好きになったら多少のことはどうでもいいし、なんなら生命だって大した交換材料ではない。

能力、財力、アピール力。自信のないヤツは生命という、自分の持つ中で最高の価値のもの差し出すしかないのだ。

毒なのか実力行使なのかはわからないが、最後に見たのが思い人なら、それはなんと幸せことなんだろうかと思う。

しかし、明日彼女の最終勤務日である

別にオレが付き纏いすぎてクレームが出てやめていくというわけではなく、人員整理の結果、である

一緒の職場で働けなくなったことはとても悲しいが、チャンスでもある。

これまでは同じ職種なので一緒には休めなかったが、これから休みを合わせることができる。

大手を振ってお付き合いができる。……まだ告白成功できていないんだけど。

もう明日しかない。

これまでは賢しさからいらん段取とハッピーな結末を勝手夢想しては告白できずに「次、次」と先送りにしてきたへたれボーイだったが、今度ばかりはそうはいかない。

振られたらショックだが、告白もしないで終わるのはショック以上の後悔しか残らない。

オタク脳で申し訳ないが、恋愛SLGADV主人公は凄いと今更ながらに思う。

彼らが導き出した選択問題は択の中に正答があるのだから

これが正解ですよとなんとない雰囲気は教えてくれるのだから

当たり前の話だが、今になって本当に感心しているのだ。

最後なのだ明日こそは告白したい。

敗れないよう、自分を良く見せたいが、それでは確実に失敗するだろう。

自分がなぜあなたが好きで、どう思って、今後どうして行きたいか

とりとめのない希望であってもそれを言わないことには始まらないと思ってる。

自分への応援歌として。

アイドル政治

あの記事を読み終えてみて、真っ先に見なかったことにしよう、と私の中では決めたのだけれど、想像以上に色んな所に広がって色んな意見を見るので、私なりの考えをここに纏める

この話を広めたいわけじゃないし、出来れば「彼が○○寄りの人間だ」という偏見は一刻も早く経ち消えて欲しいのだけれど、面白おかしくまとめたネットニュースや、彼をさもヒーローのように扱って自らの広告塔としようとしている人間達よりかは誠実なのではないだろうかと思う。

便宜上「私」と名乗るが、私の年齢や性別職業支持政党などの色眼鏡を通した状態で読まれたくないので増田に失礼。

私も名乗らないと同時に彼の名前も出さないけれどちょっと調べたら分かっちゃうからフェアじゃないかな。それでも、一部を切り取ったネット記事だけでは無く本誌も読んで欲しいなぁとも思う。尤もあの雑誌自体誘導尋問のようなものなのだが。


アイドル」と呼ばれる業種の人間特定思想を支持した(という記事を書かれた)。

ただそれだけの話である。ただそれだけだけど、前例が無い上に私としては今後有ってはいけないことだと感じる。

多くの指摘にあったように、「影響力が計り知れない」からだ。

現に彼の所属事務所の先輩にあたる人の父親が、都知事選への出馬をするかしないか、という話題が大沙汰になったのも記憶に新しい。

「○○くんのお父さんだから投票しよう」「むしろ○○くんが都知事に!」なんて若い女性の声や、あろうことかマスメディアまでもが「あの○○の父親!」という煽り報道していて、この国の人間の愚かさを改めて痛感した。馬鹿じゃないの?

それと同じなのだ。ある特定思想に寄った意見を持ち発信すると、それに流される人間は少なからず居るということなのだ。

「よくわからないけど、Aくんが××って団体支持してるから××の仲間の▽▽党に入れよう」嗚呼!くだらない!私があの団体を支持するしないを関係なしにこういう事がどこかで起こっている可能性を想起して吐き気がする!

特定思想に寄ると、「Aくんは××を支持してくれた!素晴らしい!!」って無断で広告塔にされかねないしね。現にされてるのを見て、想像以上の事態に今現在困惑している。


からこそ、アイドルタレントといった影響力がある人間政治宗教の話をするのに反対だ。

そういった職業を選んだ以上常にニュートラルであって欲しい。

一個人としての信仰自由は認められて然るべきだけれど、"アイドル"という立場で一歩発信すると思想操作に繋がりかねない。

"アイドル"として出た雑誌じゃない?いやいや、同じ人間だよ。たとえ"作家""文化人"として呼ばれたとしても、自らの持つ影響力を考えて欲しい。現に今、彼を叩いている人はグループ名や事務所名を付けて叩いているのだから事務所グループに変なイメージが付く可能性もあるとわかって欲しい。

今回の件で彼のことを嫌いになる人や敵視する人が少なからず出てくることはとても残念に思うが、それほどまでの影響力だと自覚して欲しい。

彼だけの話に留まらず、同じ事務所選挙についてニュートラル立場報道する人間が何人もいること、彼らに対しても良からイメージが付きかねないということも自覚して欲しい。

"アイドル"に対してお説教染みたことを言うのはあまりに下らなすぎて反吐がでるけれど、あくまで私の意見だ。


また、ただ一つ、ここで断っておきたいのは、恐らく彼自身そこまで偏った思想の持ち主では無いであろう、ということだ。

あの政治団体名前を彼自身から出すような行為は恐らくしていないだろう。インタビュアーから「××についてはどう思いますか?」という問いかけがあって、初めて、「若者が声を上げている」という点を踏まえ意見を述べた、と読み取れる。

そうでなければ話の流れとしてあの単語が出てくるのがあまりにも唐突すぎて不自然なのだ

編集に悪意を感じるけれど、そもそも特定思想寄りの雑誌仕事を請けた時点でこうなることは予想出来ていたから、そこに関しては文句は言わない。

嗚呼!このタイミングで緊急復刊とかおかしいと思ったんだよな!アイドルとは縁が無い(有ってたまるか。彼は勿論のこと今後他のタレントであっても「アイドル」を名乗る以上このような特定思想に偏った媒体取材など受けないで欲しい)小難しい雑誌の記念すべき復刊号の有名企画自分の好きなアイドルが抜擢されて、喜んでる女の子たちの前では言えないけど!

普段からあいう左寄りの発言をしていてファン女の子たちを洗脳しているような人ではないよ、とだけ彼をよく知らずに件の記事を読んだ人たちに伝えたい。

そして、少なからず影響される人間も居かねないけれど、多くの彼のファンは彼に振り回されることなく、自らの支持を曲げることは無いのでひとまず安心して欲しい。現に私も彼がこれからどんどんある特定思想の話をし始めても、彼に「抱いてやるから▽党に入れてくれ」と言われても、私の意思を曲げることは無いし、今、彼の記事に名が上げられたことで問題となっている団体賛同することはこの先無いだろう。

あくまで上に述べたのは想定されるリスクの話だ。そこまでオタクも単純じゃない。


そこまで大事にすべき話題じゃ無いよ、ってことです。まあ叩かれて然るべきなので「全面的に彼は悪く無いもん!」なんて擁護しませんけれど。ちょっと愚直すぎたかな、もっと賢く狡く生きて欲しいね。まあ、そういう所が好きで応援してるのだけれど。

沢山叩かれて、いろんな人が議論して、それでも、本当の彼を見て「なんだ、勘違いしてた。案外いい奴じゃん」って思ってくれる人が居たらいいな。

悲しい

なんで世の中そんなに誰かを傷つけたり

責めたりすることに躍起なのだろう

家族

友達

同じことができるのだろうか

どうして見ず知らずの人間にそういうこと

できるんだろう

その人にも家族がいるってこと

考えないのだろうか

何でもっと仲良く笑顔の知らせを聞いて

みんなでニコニコできないのだろう

悲しい話を聞いたら励まし合って頑張ろうってならないんだろう

悲しい悲しい

でも

負けないぞ

今日も一日

がんばるぞい

プログラマ公務員

当方所謂駅弁大学工学部3年次。専攻は情報系。

3年になりプログラミングの授業が多くなって来てようやく気付いた。

俺はプログラミングがあまりきじゃないし、向いてない。

地方駅弁大学で平均以下のプログラミング能力なのだから社会では淘汰されるのではないか

将来、IT関連の職に就いて生き残れる気がしない



大学院生の話を聞いたり、IT業界活躍している人の記事を見たりすると、この業界で勝ち残って行くにはプログラミングが好きで、常に勉強していかなければならないようだ

今の自分にはそんなモチベーションはない

俺が一番に求めているのはライフワークバランス

てっぺん獲ろうとか、ガツガツ金稼ごうなんてはあまり思っていない

それなりのお金があって、しっかり休みがあればそれでいい

しかし、凡エンジニア実態薄給激務



入学前は情報系の研究に色々興味があったし、プログラミングも頑張ろうなんて思ってたけどもうこの業界への就職は諦めてしまったほうがいいのかな

はやく見切りつけて公務員勉強でもしたほうがいいのかも

公務員だって楽だとは思ってないけどプログラム書くよりはマシなんじゃないか

アイドル全般きじゃない

アイドル」といわれるものが好きではない。

他称による賞賛としての「アイドル」ではなく、職業としての「アイドル」だ。

はいっても、冷静に曲を聴くと「わりとちゃんといい曲だなあ」と思ったりする。

基本的に派手なショー的なものは好きなので、ライブも行ったら面白いのかもしれないと思う。

でも、好きじゃない。



何がこんなに嫌なんだろうなと思うんだが、

なんというか、思い出すのは、その昔バラエティでやってた「ポケビ」と「ブラビである

バラエティ番組の中で、彼らはときライバルとして競わされ、とき意味の分からない像を手売りさせられ、

「これに負けたら解散」「これができなきゃCD出させない」と散々に追い詰められていた。

当時子どもだった私は追い詰められる千秋ビビアンを心から気の毒に思っていたし、番組のゆくえにハラハラした。

そういう幾重の困難を乗り越えて出された曲も覚えて何度も口ずさんだ。

けど、不意に気がついた。

こんなの全部うそっぱちだな、と。

くだらない試合だの課題だの、それができなければこの世の終わりみたいに演出されてるけど、

そんなの全部番組のさじ加減一つだ。



彼ら彼女らはすごく一生懸命がんばっている(ように描かれている)けど、

そのがんばりは、言ってみれば、誰かがつくった回し車を一生懸命回しているだけだ。

あれだけボロボロになって涙を流してがんばってるのに、その努力の方向は「私たちはこんなにたくさん回し車を回せました!」なのだ

そんなの見ていられない、と思った。

歌いたいなら歌えばいいのに、なんでそれじゃだめなのだ

ASAYANが同じことをしてモー娘を売り出していたが、それは見てなかったのでよく知らない)



今となってはあそこまで露骨リアリティショーめいた見せ方をするアイドルも少ないだろうが、

結局、今もアイドルというものの売り方はそう変わっていないんじゃないか、と思う。

AKBにはAKBの中のルール規範があり、

ジャニーズにはジャニーズルール規範がある。

彼らは、基本的に、その狭い枠のルールの中で競い、勝ち取り、メディア露出する。

そしてファンたちもまた、そのルール規範を共有し、事情通がそれを解説したりする。

彼らがいま売り出されてるのはこうこうこういう理由なんだよ。



なんだか、スポーツを見せられてるような気分になってしまう。

どっかの眼鏡のふとったおっさんや、

90歳の少年趣味のおじいさんとその一族や、

そういう誰かがつくった、狭い世界の中の狭いルールで競うスポーツである

あそこで華やかにライトを浴びているのは、その、せっまい世界スポーツの勝者というだけだ。



彼らは歌唱力ダンスなど、本来の売り物については、非・アイドルに比べ多くを求められない。

というか、グループ内での優劣は苛烈なまでに強調されグロテスクなまでに書きたてられるのに、

グループの外の人間とは、比較されることもないし同じだけの技量を求められることもない。

あたりまえだ。彼らのスポーツグループ内でしかルールを共有されていない。

仮におなじ「アイドル」と呼ばれていたって、他のグループならば違うスポーツをしているのだ。



どこかのドラマに出たって、舞台に出たって、彼らは過剰な期待はされない。

外の人間も、「アイドル」という枠組み以上の技能がないことはある程度当然として受け止めるからだ。

けれどもなんだか釈然としない。

彼らが「アイドル」というマイナースポーツに興じているのは勝手だし、その勝者としてたたえられるのも勝手だが、

マイナースポーツの一流選手からといって、他のジャンルでまで彼らを尊重する理由があるだろうか。



ポケビブラビの対決に一喜一憂していたころ、私は「ウリナリ」というマイナースポーツルールを把握して、その枠組みの中にいた。

けれど、今のアイドルたちのルールにははまれない。なんだかばかばかしいからだ。

音楽ダンスバラエティドラマも好きだけど、そのどの分野もきちんと優劣を競い優れた結果を残してる人たちがいる。

内輪のマイナースポーツいちばんになることに全力を注いできた人たちに、特別用はないのである



かんけいないけど「タイミング」は未だにいい曲だな…と思うし

奥田民生カバーとか聞くと涙出てくる。



----------------------

トラバブコメに回答。



スポーツも嫌いなのか

正直あまり興味がないので詳しく知らない。

が、別に嫌いでもない。

スポーツは各種競技ルール制定に関して公正であろうとしてる(と、信じてる)し、

スポーツルール別に選手たちを遮二無二「努力」させて、その過程見世物にしようと言う意図で作られてないからだ。

サッカールールに準じて得点を得ようとする行為はべつに嫌いじゃないけど、

どこかの草サッカーが、試合の感動を高める目的

「これから試合まで、いちばん練習時間が長かったチームに、3点を追加する」みたいなハウスルールを作ったりしたら嫌いだと思う。



アニメアイドルは?

現実アイドルの有様を踏まえたうえで成り立ってるエンタメだと理解してる。

なので好きではない。

てか、このエントリを書こうと思った動機は、知人に某アイドルソシャゲを猛プッシュされ

「嫌だ、どうしても嫌だ、アイドルってだけで正直やる気なくす。でもなんでこんなに嫌なんだ」

と自問自答した結果を文章にしとこうと思ったからだ。



舞台ミュージカルで評判いい人だっている

知っている。それにもいくつか段階があって、

アイドル枠で客寄せに出てるだけかと思ったら意外と善戦してた」

アイドルファン向けの舞台だけど、作品として作り込まれてた」

アイドルかどうかにかかわらず役者として素晴らしかった」

などあって、一、二段階目はやはり「過剰な期待はされていない」し「アイドルという枠を出た実力は求められていなかった」結果だと思ってる。

三段階目にあたる人が全くいないとは言わないけど、全体としては少数、例外だと思う。

あとベテランレベルアイドルだったこと自体忘れ去られてる人か。

ただ、そもそも私は、活躍するアイドル出身の個人を否定する気はない。

だれか個人が嫌いなわけじゃなく、現代アイドルというシステムが好きになれないのだ。

(余談だが、蜷川氏なんてのはまさに商業理由からアイドル起用してた人なので、反論として出されるのに疑問がある。

 起用理由に関してであって、舞台上での個人の努力を疑うものではないけれど)



>曲は残る

そう思う。あと10年して、アイドルのありようとかがどうでもよくなったら、

その時はじめて、曲としてフラットに聞けるんじゃないかと思う。

アイドル以外にも聞く曲はたくさんあるので、

今あえて、製造過程に疑問の残るものを聞こうと思わないだけで。

2016-06-29

彼女が実は関西人だったので別れた。

まれた時から東京人だと思っていた。ナチュラルボーン東京人だと。メトロポリタンアンニュイハイソでビーバップ東京人だと思っていた。

でも、実は関西人だったなんて。思わずなんでやねん」という怒号が襖を揺すったほどだった。そのなんでやねん人生初のなんでやねんとしては、プロ関西人を思わせるほどで、身振り手振りはまるでフィギアスケートのような柔と剛を重ね備えた完璧なんでやねんだった。

そのなんでやねんのあまり発音のきれいさに、改めて自分関西人であることを悟った。その日から私は関西人になった。全てを受け入れた。NOVAにかよって関西弁練習さえもした。関西人とは関西人であるのではなく、関西人になるものなのだ。どちらかといえば関西方言を忌み嫌っていた私が実か関西人だったなんて。通りで、お好み焼きがやたら好きだと思っていた。お好み焼きにご飯を合わせて食べる側の生き方をしてきた。広島焼きに他意なき敵意さえ抱いていた。それは、私の血液に流れる関西人DNAによるものなのだ

吉本も録画するようにした。探偵ナイトスクープも見るようにした。雑煮白味噌にした。いざとなれば道頓堀から飛び込めるように、プールで飛び込みの練習もしている。一流の関西人になるために、私は日々、関西人努力を重ねる。いつか憧れの聖地オーサカにいけるように、私は日々、関西に祈りを捧げ続けた。

しかし、問題が1つある。彼氏関西人嫌いなのだ。いつも私はそれに乗っかり「そうよね。六甲おろし国家地域なんて激しすぎるわよね」と言っていたのだった。まさか、そんな私が関西人だなんて。

でも、避けて通れない。私は携帯で、彼氏電話番号を押す。自分関西人とわかってからの一ヶ月会ってない。

電話に出る彼氏他愛のない雑談。そして、私は言う。

「ごめん。私実は関西人だったんだ。そんな彼女嫌よね、別れましょう。でも、どうしてあなた関西人をそこまで嫌うの?」

「俺も関西人からやで」

なんでやねん!」

http://anond.hatelabo.jp/20160628063357

貧血体質なのだひじき鉄分が鉄鍋由来と知って

だれか鉄鍋で煮込んだおでんこんにゃく作ってください

こんにゃく好きなんです

増田を辞めたい。

 十年前にインターネットを歩いていたら黒尽くめのイヌ拉致されて、

 それからずっと奴隷増田として働かされている。


 上級増田たちは俺たちが稼いだ10users20usersの記事を吸い上げて、

 毎晩ザギンで500users級の豪遊をしているらしい。

 かたや俺たち最下層の奴隷増田は、エリート増田たちが当てた体験談釣り記事の「追記」を下請けする業務や、愚にもつかない脱糞ネタ記事新人増田底辺増田に唯一オリジナル記事投稿することが許されたカテゴリ)を投稿する日々だ。


 だが、もう限界だ。

 増田を辞めたい。

 しかし辞められない。

 辞めようとすれば上級増田と手を組んだブクマカたち(互助会なんてものじゃない。悪の枢軸だ)のはなった刺客によって、抹殺されてしまう。

 俺にはそこまでして脱走に賭ける度胸はない。


 俺たち増田武器は、増田記事だ。

 だから、こうして俺の告白を綴っている。これが俺にできる最大限だ。

 上級増田たちの息の掛かったもののに見つかれば、たちまち削除されてしまうかもしれない。


 もし、この記事がきみの目に触れたのなら、

 是非心に留めておいてほしい。

 あなたがたが日々消費している増田記事凄惨搾取によって成り立っているのだと。

 ホッテントリ記事一つあたり、平均で3.2人の底辺増田たちの生命が消費されているのだと。

 どうか、その重みを噛み締めながら、増田を読んでほしい。

 俺たちは命がけなのだ

ソシャゲ辞めたい。

ただただスタミナを消費するだけの毎日

ゲームで遊んでいるというより、ゲームに遊ばれているような気分だ。



かつてロシア誕生したというテトリスは、労働生産性を落として国家破滅に導くとしてその中毒性が危険視されたという。

現代におけるソシャゲはそれ以上の中毒性があり、現代人の脳を確実に蝕んでいるだろう。



客観的に見ればただアンインストールすれば済む話なのだが、そうすると今までそれにかけてきた時間無駄になってしまう。

期間限定イベントアイテムを稼いでおかないといけないとか考えてしまう。

だれか助けてくれ。

若い女が堅実に体を売って成功する方法

もちろん結婚というのが最良の選択肢

だが相手による。時間も大変費やす、ばくちだ。

その他の方法も考えた方がいいのでは。

風俗若いうちだけだ。もっと長期的な方法はないか

そう思って我々は秋葉原界隈をブラブラ散歩していた。

忍者の格好をしている少女がビラをまいていた。

ふむふむ。忍者カフェか。

そそられたのは、素肌に忍者の格好をしている点。

生肌にタスキみたいなものグルグル巻きにしているのだ。

背中があらわになっていて、なんだが汗がキラキラしていて、

それをペロペロなめたいと思った

舐めたらダメなのだが、どうしても舐めたい。

本当に本当にダメなのだが、舐めたくて仕方がない。

性欲は冷静さを失わせる。いかいかん。

で、表題の件ですがなんか無いでしょうかね。

寄稿した記事炎上した。初めて炎上して思うこと - ドイツ発 雨宮の迷走ニュース

http://www.amamiyashion.com/entry/2016/06/29/163158


ブコメ非表示にしているので、増田に書きます

標題記事を見て本当にびっくりした。

あ、炎上っていうのは

国際恋愛中のわたしが「日本人男性と付き合いたくない」5つの理由

これね。覚えている人も多いと思う、昨日の話だしね。

読んでもらえばわかる、と言うかタイトルだけでわかるけど、

これで炎上するとは思わなかったって相当の馬鹿しか思えない。

そうでなければ、相当正確の悪いやつだという帰結になるけど、それは後で説明します。


いろいろ言いたいことはあるけども、

あとあれだ。最後に付け加えたオチ

なんやかんや、やっぱりヨーロッパ人はかっこよく見えますしね!(ゝω・)vキャピ

国際恋愛中のわたしが「日本人男性と付き合いたくない」5つの理由 - AI TIME

これだ。これが絶対ダメだったやつだ。

これを見て、本物の馬鹿なのかな?と思ってしまった。

いやいや、そこでこんなに燃えるわけないじゃん。

というか、多分みんなそこにたどり着くまでにギブアップしてるから、その部分読んでないと思うんだ。

俺もバヌアツ氏の改変がなかったら読めてない。


さらに、こんなこともおっしゃる

正当化するつもりはないけど、ヨーロッパ系の人と現地で国際恋愛したことある人なら、共感できる内容だと思います。実際そういうコメントも多かったし。もちろん、みんながそうじゃないけど。

理解してくださる方たちもいました。

理解してくださる人として真っ先に上げてるのがはあちゅう

アッハイ

しか言いようが無い事象に、これは確実に釣りなのだという確信を深めるしかない。誰か助けて


で、ここまでの記事で「炎上しない」と思うのは、よっぽどの馬鹿か、わかっててやってる炎上狙いしかありえないわけですよ。

前者なら前者でいいので、そのまま消し炭になってください、というところです。

でもブコメ欄消してんのな。極めて卑怯である

確信犯ならなおひどくて、それ人のブログでやる?ってことですよ。

人様のブログ記事を書かせていただいている立場からすれば、あまりに心苦しい事態です。わたしのせいであいさんのコメント欄が荒れていると思うと、本当に申し訳ありません。

寄稿というのは、「そのブログ運営一助になれたらいい」「ほかの方のブログを借りて、わたし記事を読んでもらいたい」という2つの気持ちで書いています

なので、わたしに声をかけてくださったせいであいさんにご迷惑をおかけしたと思うと、とても申し訳ない気持ちになります

とか言ってるけど絶対嘘だわ。

まあありうる線としては、炎上の共謀共同正犯といったところですかね。

ソシャゲコラボって意味あんのかなあ

片方がソシャゲでないケースならまだわかる。知名度やら何やらでメリットもあるのだろう。

ここで取り上げるのは両方がソシャゲというケースだ。



もちろん、コラボをやればお互いのユーザー数は水増しできる。これが最大のメリットであり目的だろう。

しかし、そのために失うものが多すぎやしないかと思う。

例えば、コラボイベントにおいては、コラボミッションとか称して、コラボ先のゲームに○日ログインする、

レベルを○○に上げる、メインシナリオを○章まで進める、など様々なミッションが設けられる。

これで向こうのゲームにもはまって、お互いのプレイヤーが増えてくれれば大成功なのだが、

報酬に釣られて出稼ぎに来たプレイヤーには、そんな商売事情などどうでもいい。

とにかく手早く条件をこなし、一刻も早く元のゲームに戻ることだけが関心事となっている例がほとんどだ。

最優先でミッションをこなして、後はログインするだけというのが定番だろう。



しかし、それよりも問題なのは、ただでさえゲームとしての面白みに欠けることの多いソシャゲに、

楽しむ気すらないプレイヤー殺到することである

結果、ネット上には「クソゲー」「苦行」といった罵詈雑言ばかりがあふれることになってしまうのだ。

一時の数字のために、未来ユーザーゴリゴリ削っちゃってんじゃねえのかこれ、と思うのである

イケメンになんてなりたくなかった

自分で言うのもすごくはばかられるのだが、痩せてみたら自分はなかなかのイケメンだということに気付いた。

それまでは体重80kgオーバー根暗ぽっちゃりさんだった。

30を前に意を決して肉体改造に挑んで、週4でジムに通いつつ1年で15kg落として体脂肪17%くらいになった。

それほど筋肥大はさせなかったので、いわゆるホソマッチョくらいの筋肉量だ。



それで何が一番変わったかというと、女性とすれ違うときに目が合う回数が3倍位になったということだ。

しかも、太っていた時は汚物を見るような視線を投げかけられていたのが、痩せてから相手何となく顔を作ってから目線を送ってくるのが分かった。

道ですれ違うときに避ける方向が被ったり、ホームで少しぶつかったりしてしまった時も、以前なら舌打ちが聞こえてきそうな嫌な顔をされたのに、今でははにかみ笑顔会釈を返されるほどだ。

世の中顔じゃないと言ってる割にはそういう女性が多いことを知ってしまったことはなかなかのショックだった。



かと言って自分コミュ症だから女性に声をかけられるわけもなく、未だに太っていた頃と一緒でただ女性を眺めていることが好きだ。

ところが、痩せてしまったことによる弊害に苦しめられている。

女性とやたらと目が合うせいで、胸元を凝視できなくなってしまったのだ。

以前なら、女性から視線を感じることなんてほぼ皆無だったし、たとえ目が合っても大抵嫌そうに顔を背けるので、その後は胸元が見放題だった。

それなのに、今では一度目をそらした後にチラチラと見返されるようになってしまったのだ。

流石に痴漢で捕まるのは嫌だし、特定人物としてマークされるのも嫌だ。

肉体は一年で変わったが、精神構造はなかなか変わるものではない。

胸元ウォッチは僕の大切なライフワークなのだ



今、再び体重を戻そうかかなり真剣に悩んでいる。

安易肉体改造などするものではなかった。

いくら頑張ったって、周回遅れはそう簡単に取り戻せるものではない。

そんな内面も知らないくせに、見た目で安直に愛想振りまく女性は全員失明しろ

淫夢語を駆使するオーストラリア人

以前オーストラリア就活について書いた増田です

http://anond.hatelabo.jp/20151104184025

その中国系オーストラリア人の彼の就職が決まり最近うさかめはまっているそうなので記念カキコしてみる

  

彼は頭がいい

どれ程いいかというと、2ちゃんねるまとめサイト日本語を独学できて、その意味理解できるくらいだ

そのせいか彼は、なんJ語、中でも淫夢語を駆使してくる

「はっきりわかんだね」「ファッ!?」「オナシャス」などとスカイプ越しに言ってくる

 

それは別にいい

しかし、彼は外国人ありがちな激烈なゲイ差別者なのだ

それを思うと、なぜ彼はゲイビデオ由来の言葉を喜んで使っているのかともやもやする

一度「それはゲイポルノ由来の淫夢語で…」と弄ってみたい

しかし、それを言うと激怒されそうなので言えそうもない

 

一方で、彼の淫夢語を聞いて、エンタメによる語学の独学の落とし穴も見つけた

エンタメで使われる言葉スラングや崩れた言葉が多い

から背景等をちゃんと知らないと、特殊な話し方や表現普通表現だと思ってしま可能性がある

映画で学んだ英会話表現が、すごく特殊表現や人前では使いづらい表現かもしれない

とかく独学とは難しい