「一年」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 一年とは

2016-05-29

夏目漱石の「私の個人主義」について

読書会夏目漱石の「私の個人主義」を紹介するための、原稿です。

<コ:ミ <コ:ミ <コ:ミ

夏目漱石の「私の個人主義」という本を持ってきました。

漱石といえば、「吾輩は猫である」や「こころ」が特に有名な小説家です。

彼は日本代表する小説家というわけで、

書簡集。つまり手紙文語本になっていたりします。

私の個人主義」は講演をまとめた本です。

169ページなんですが、5つの講演が収録されています

1つの講演は30P~40Pですので、ページ数から考えると、

比較的読みやすい部類に入るかと思います

タイトルの「私の個人主義」というのは、大正3(1914)年11月25日学習院で行われた講演のタイトルです。

漱石1916年12月に亡くなったので、亡くなる2年前程前の講演です。

5つのから、「私の個人主義」について、内容をご紹介します。

学習院で行われた講演ということで、若い学生対象にしていたようです。

彼の反省と学びについて、紹介しています

漱石学生だった頃、卒業する直前までどんな職業につくのか決められなかったそうです。

たまたま学習院教師に推薦してもらえる事になるのですが、

結局、他の人が採用されます

漱石は「今と違って就職は大変楽でした」と語っているのですが、

高等学校と高等師範から、同時に声がかかります

彼はどちらにも半分承諾するような事を言いました。

いい加減な事をしたわけです。

呼びつけられて、怒られるのですが、結果高等師範に行く事になりました、

行ったはいものの、「自分の不向きである」という思いがあり

一年松山にある中学校に赴任します。

が、松山にも一年しかいませんでした。

以降、熊本に落ち着く事になります

熊本教師を続ける中、文部省からイギリスへの留学を勧められます

彼は断ろうと思いました。

なんの目的も持たずにイギリスに行ってもしょうがいないと思ったわけです。

結局、教頭先生に勧められ反対する理由がないということで、イギリスに行くことになりました。

「そんなあやふやな態度で世の中へ出て、教師になったというより教師にされてしまったのです」と言っています

彼の心境は非常に苦しいものでした。

「腹の中は常に空虚でした」とか

「この世に生まれた以上何かしなければならん。といって少しも見当がつかない」

色々な言葉を使って繰り返し苦しさを訴えています

彼はイギリスに行った以上は!と努力しました。

そして、今までは他人本位で、そこいらをでたらめに漂っていたから、駄目であったという事に気が付きます

彼は自己本位という言葉を手に入れました。

この喜びを

「そのとき私の不安は全く消えました」や

「ようやく自分鶴橋をがちりと鉱脈に掘り当てたような気がしたのです、」など

色々な言葉で繰り返し嬉しい気持ち表現します。

そして、学生に対して、同じような悩みがあるのでは?と強く訴えます

貴方がた自身幸福のために、それが絶対必要じゃないかと思うから申し上げるのです。」などと言うのです。

自己本位必要なのでは!?という漱石の熱い語りは、もしかしたら彼のイメージと異なるかもしれません。

彼が人に流されて生きてきた。

その腹の煮え切らない不愉快気持ちと、そこから解放された実感は私にはよく理解でき、感動すらしました。

ここまでが第一部の内容です。

個人主義自己本位というと、自分勝手にふるまうような事をイメージされるかもしれません。

漱石はその事を否定します。

自分自我尊重するのであれば、他人自我も認めなければならないといいます

講演を聞いている学習院学生というのは、今よりも強い意味を持っていました。

お金権力を持つ事になる人たちでしたから、

気に食わない相手を懲らしめるために人を買収したり、妨害する事が可能なわけです。

彼は所属する団体立場に基づき判断せず、理に適っているかどうかで判断する事が必要だといいます

彼の考えは、自分存在尊敬し、他も同じように尊敬する。

団体を作って、権力お金のために盲動しない。というものでした。

素晴らしい考えだと思いますが、漱石は淋しい気持ちがある事を吐露します。

理に適っているのかで行動を決める事、そして他を尊重する事から

ある時は、人がばらばらになってしまうと言います

漱石の中期~後期の作品個人主義の目覚めとこの淋しさを書いたと理解しています

特に、後期の作品にあたる「こころ」は淋しさががよく出ていると思います

淋しいというしこりが残る形ではありますが、個人主義という考え方を

論理だけでなく、感情をまじえて教えてくれるというのが私の個人主義漱石の魅力だと思います

以上

2016-05-28

早く人工知能

俺の100万を一年で1億にしてくれて、また、その先も延々運用し続けて、俺を食わせてくれる世界がこないものか。

2016-05-26

守護ヤバイ

ヤバイ守護ヤバイ。まじでヤバイよ、マジヤバイ

守護ヤバイ

まず権限広い。もう広いなんてもんじゃない。超広い。

広いとかっても

日本6ぶんの1個くらい?」

とか、もう、そういうレベルじゃない。

しろ無限。スゲェ!なんか単位とか無いの。何坪とか何㌶とかを超越してる。無限だし超広い。

しかも膨張してるらしい。ヤバイよ、膨張だよ。

だって普通親王任国とか膨張しないじゃん。だって自分の任地の領国がだんだん伸びてったら困るじゃん。国庁とか超遠いとか困るっしょ。

遥任地が伸びて、養老一年とき陸奥一国だったのに、三年のとき陸奥国石城国石背国三カ国とか泣くっしょ。

から国衙領とか膨張しない。話のわかるヤツだ。

けど守護ヤバイ。そんなの気にしない。膨張しまくり。最も遠くに割拠する島津氏とか観測してもよくわかんないくらい遠い。ヤバすぎ。

無限っていたけど、もしかしたら半分かもしんない。でも半済って事にすると

「じゃあ、一円知行の半分ってナニよ?」

って事になるし、それは細川頼之にもわからない。ヤバイ管領にも分からないなんて凄すぎる。


http://anond.hatelabo.jp/20160524182202

一年間くらいネットやめてみようかな

ここ十年以上毎日ネットしてるけど、一年くらいやめてみるのもいいかと思い立った。

人生長いし、なにか変化も必要だろう。

さっさとWindows10アップデートしてください。さもなくばインターネット接続しないでください。

Windowsユーザじゃないのでよくわからんのだけど、なんでWindowsユーザは新OSが出るたび頑なにアップデート拒否するの?


「新OSは使い勝手が〜」とか毎回聞くけど、どのみち最終的にはアップデートせざるをえないんだからさっさとすればいいのに。

「使ってるソフト対応してない」とかもよく聞くが、Windows10が出てからもう一年近く経つのにまだ対応していないような低クオリティソフトウェアを使っているのは色んな意味でマズすぎ。


使い勝手問題はまあ個人の勝手ではあるが、それよりセキュリティ意識ゼロなのが本当にヤバイ

OSから各種ソフトウェアまで常に最新バージョンに保つ気がないなら、インターネットには接続しないでいただきたい。

インフルエンザ流行っている時に、予防接種も打たず、満員電車に乗ってくしゃみや咳を他人に吹きかけるようなものです。

2016-05-23

生きるのが面倒になった(駄文

まず前提としてのスペックに触れておく。

三十路

・男

実家寄生

一人暮らし経験なし

仕事は糞ブラック(2社目)を一年前に辞めて現在無職

恋愛経験なし

見て分かる通りのクソ雑魚ナメクジだけど、大変有難いことに両親は何も言ってこない放置っぷり。

しかしさすがにこのままじゃマズイという危機感もあり、ここらで人並みの人生に近づいてみようかと思った。

要するにやりたいことは下記の3つ。

彼女作ってお付き合いをしたい。

ブラック度の薄い、それなりの会社就職

一人暮らしをしたい。

まず一番やりたいことは①であるが、無職実家無職三十路じゃ誰にも相手にされないことが推測されるのでとりあえず②就職をしなければならない。

だが実際に行動するには苦労が伴うことが予想される。今までの人生を振り返って自分で見たくもない過去他人に見せるために履歴書作成したり、

仕事なんてせずにのんびりダラダラ過ごしていたいのに、やる気アピールをする職務経歴書作ったり、

面接に落ちる度に心が折れて一週間程度の休養が必要になったり、まあそんな必死こいた就職活動を経て就職を決めることができたと仮定する。

そうしたらこタイミングで③一人暮らしを始める。これは就職決定から勤務開始までの猶予期間中に実施しなければならない。

この猶予期間をどれだけ取得できるかは会社との交渉が必要となり、大変に面倒なことが予想される。

引っ越しなんて働き始めてから適当タイミングですれば良いじゃないかと囁く声もどこからか聞こえては来るのだが、

この会社が糞ブラックだった場合、そんなことをしている身体的かつ精神的余裕がなくなるため専念する期間が必要となるのだ。

私の脳の作業領域が狭く、マルチタスクを苦手としていることも原因ではある。

何とか猶予期間を勝ち取ることができ、さら引っ越しも無事に完了したとする。

そうしたらとうとう①彼女作りを始めたいと思うが、これに至っては何をどうやっていいのかすら見当もつかない。

二次元恋愛シミュレーションゲームぐらいしか参考にするものがない、恋愛経験なしの三十路童貞にとっては完全に未知の領域となっている。

そんなところまで考えて思ったのが生きるの面倒くせえなあってこと。

みんなこんな面倒なことやってて凄いなあ。

それともみんなはこんな面倒なことだと感じずにフツーにできてるんだろうか。

例えば俺が精神障害で、他の人とは違って頭がおかしいってことなんだろうか。

でも精神科に行って障害者認定されたところで別に何も得しないからなあ。

障害者手帳とか貰って、障害者枠で就職して、結婚とかできるか?

そんな障害者旦那にした女の人は可哀想だろ。差別とか偏見とか言われるかもしれないけどさ。

あーあ、俺って何がしたいんだっけ。

あぁそうだ彼女作って人並みの人生を送りたいんだった。

でも無理なんだよな。

あーあ、生きるの面倒くせえなあ。

http://anond.hatelabo.jp/20160522144101

読んでて切なくなりました。

同じアラサ―の女子です。

私も友達婚活してる人が周りにたくさんいるので感じる事を書きます

一年でも半年でも結婚するときゃするんです。

最近友人の妹(31)は交際2か月で結婚しました。婚活を頑張っての結果です。

お見合いサイト相談所に登録して50万位かけたそうです。相手は優良企業出世の見込める方。

結婚男性主導で進みます。これは仕方がない事なのでここに なんで?! と思い続けると時間を失います

女性にも権利はありますが、これを唱えてる暇はないのが現状です。(グローバルで考えてもやっぱり男性女性プロポーズの図式です)

希望を捨てず結婚したいなら、相談所+自分で行動するのみです。

飲み会合コンも余ってる人をかき集めてマルチ商法のごとく広げて行くことをお勧めします。

自分に合う人はいないと見切りを付けないでその中で一人でも見つけて、そこからまた飲み会を開いてもらいましょう。

数打ちゃ当たれ・・・です。

過去を振り返ってもしょうがないので前を向いて頑張りましょう(^^)

わたしも、友人もみんな同じような人がいますよ。一人じゃないって少しは元気出してくれるとうれしいです。

2016-05-22

宝石同盟

会社からの帰りにふと思い立ち、宝石を買うためにスーパーに寄った。買い物カゴを手に取り、奥の方に進んでいくと、肉コーナーと鮮魚コーナーの間に、ルビーエメラルドやメノウなどが並んだ宝石コーナーがある。私はそれらの宝石を品定めしながら、帰ったらどのように料理しようか考えていた。私は、宝石の中では翡翠が一番好きである。甘いような、少し酸っぱいような味は和食にもよく合うし、冷蔵庫で冷やしてそのまま食べても美味しい。しかし、残念な事にここのスーパーには翡翠は置いていなかったので、色々悩んだ結果、ガーネット真珠サファイアを買うことにした。

ガーネット柘榴石という別名の通り、少し茶色がかった透き通った赤色で、球状の粒が塊になっている。しかし、味はザクロのように酸っぱくもなく苦味もないので食べやすい。干し柿の甘さに似ている。

真珠はプニプニとした食感が好きな人もいれば嫌いな人もいるが、ちょうど半額のシールが貼られていたので買う事にした。

サファイアは、妻が一番好きな宝石だ。食べると口の中を風が通り抜けるような、爽やかな味がする。あまり食べ過ぎるとしばらく舌が青色になるのが難点ではあるが。

私はこれらの宝石と、ついでに石英シロップもカゴに入れ、レジに向かった。今日は少し暑いし、宝石あんみつにすれば美味しいだろうと思った。

ここ一年ほど、定期的に宝石を買って帰る習慣が身についていた。きっかけは、結婚生活始まって以来の妻との大喧嘩だった。一週間ほど無言の生活が続いたあと、会社帰りに私が宝石を買ってきて、お互い黙々と食べた。次の日には自然と仲直りしていた。

それ以来、私たちの間に見えない亀裂が出来そうな時、どちらからともなく宝石を買ってきて、二人で食べるようになった。私の中ではこれを宝石同盟と呼んでいる。

家に帰り着くと、妻は待ちくたびれたのか、ソファで眠っていた。

テーブルの上の買い物袋を覗くと、トパーズと、私の好きな翡翠が入っていた。

私はケーキを食べます

私は一年の内に一度だけケーキを食べます

私は、二人の子供と、元妻とケーキを食べます

私がその日以外に子供達に会うことは認められていません。

私は甘いものが嫌いです。

私はケーキを食べる日を一年中待ち続けています

2016-05-21

大学一年

2016年4月22日

四月も半ばを過ぎて、だいぶ経った。先週までの肌寒さが残る夜とは打って変わって、夜の9時になっても生暖かい空気が、地面やその上の空間に満ち満ちていて、これから図書館勉強するという友人と別れて一人で自転車を押しながら歩く私の周りをゆっくりと包み込んでいた。その暖かい空気のせいなのか、大学の構内では未だに活気を失わずにいる学生が、一人や、あるいは集団でそれぞれの目的を果たすために歩き回っては、時折明るい声を上げていた。

南門までの道は両側に桜の木が続いている。地面にはもう最後になったであろう花びらが幾つか落ちていた。それらが夜の中、照明に照らされて所々輝いていた。私は花びらを避けながら、あるいはわざと踏みながら、門の方へと歩いていった。

門の向こう側には大学構内からの光は届かない。見ると、門の境界線の辺りで内側の明るさと外側の暗さがくっきりと分かれていて、さながら違う世界を形作っているように見えた。

私は、外側の暗闇を見続けていた。すると、私の頭の中に、もしかしたら門の向こう側はただ暗闇なだけではなくて、本当に何も存在していないのではないか、という考えが浮かんでいることに気がついた。

門に近づくにつれて、向こう側の暗さが私を圧迫し始めたように感じた。外側の、さらに外側の、永遠に続いている闇が、すなわち何も無いという存在が、この境界線殺到していて、明るさの中にいる私を待ち構えていると思った。

このまま境界線を越えていいものだろうか、私は少し逡巡したが、歩く速度を落とそうとは思わなかった。外側が闇の世界なら、何も無いなら、そこに到達した時、私もまた消えて無くなるのだろう。そう考えた瞬間、何故だろうか、私は、私自身が無くなっても構わないと思った。むしろ、そうなりたいとさえ願っていた。


いたことに、境界線はあっさりと私の通過を許した。

まったくの闇に見えた場所は、当たり前だが道路住宅公園が続いていて、光源のほとんど無い中でも私の前に薄ぼんやりと、その存在を確かに示していた。その中に、私も当たり前のように存在していた。

後ろを振り返ると、大学の構内が、明るさと暖かい空気そのままで私の前に現れた。

明日もここへきて、ここで時間をすごし、そして同じように内側から外側へ、明るさから闇の中へ、有から無への境界線を越えるだろう。それをこれから幾度となく繰り返すのだ。その先には何が待っているのだろうか。私にはまったく見当もつかなかったが、今はただそれを受け入れることしかできないのだ。きっとそういうことなのだろう。

私は自転車に跨って帰り道をゆっくりと走り始めた。これから何度も繰り返す明日に備えるために。

2016-05-20

オッス!オラ売れない創作同人

絵を描いても、小説書いても、漫画を描いてもだめだった!

 

 

でも、フリーゲームブームにのっかって自分ゲームを作った。

孤独だった……なんせ作り終わるのに一年半もかかったし、ゲームなんか作り終わるまで誰にも見せられないし。

その上出来上がった頃にはバブルは弾けただのなんだの言われてて、確かにあんだけ盛り上がっているように見えたコンテストの諸々が、

今年に入っていきなり縮小傾向だった。

わたし一年半は一体。

 

 

しかし、今まで感想皆無、ともだちには「は?」な反応だったわたし萌え

それらを一年半かけてぐちゃみそに煮こんだゲームが、なんとそこそこ感想を貰えた。

感想って……うれしいな……

なにより、流行とかジャンルとか関係なく、自分萌えをブチ込んだモンに対しての感想っていうのがすごい嬉しい。

 

 

これからゲーム制作は衰えて行くのかもしれないが、わたし次回作をつくるぞ!

2016-05-19

365日(うるう年は366日)24時間休みなしの仕事がほんとにある

だが安心して欲しい。いわゆる普通労働者ではない。

請負業務である

またその人の裁量によっては休みだって作ることは出来る。

どんな仕事かというと、とある有名ビジネスホテル支配人である

なお、仮眠時間だってちゃんとあるわけだが、ホテルに常駐なので休憩時間とは言えないだろう。

但し、業務を請け負った支配人さらに人を雇えば自分は休める、というわけだ。

ところが実際に、365日24時間休まなかった人がいるのだ。

正確に何日連続して休まなかったのかは聞かなかったが、1年休まなかったとは言っていた。

実は、最初は奥さんと二人でやり始めたのだけど、半年経って離婚してしまい、その後は一人でやらざるを得なくなったそうな。

人を雇えばいいのに、フロントアルバイトを数人雇った程度で、自身は一日たりとも休まなかった。

それには理由があって、3年で何千万か貯めるという目標をどうしても達成したかたから、だそうな。

流石に一年経つくらいで、色々と問題が起きて、ホテルオーナー会社から「一人は止めて下さい」と頼み込まれる形で支配人応援が追加された。

私は仕事でそのホテルに出入りしていたのだが、いつ行ってもその支配人がいるのでどうもおかしいと思って支配人から直接そういう話を聞いたんだな。

 

私がそのホテル担当から外れて数年後、人づてに聞いた話では、きっちり目標達成して、そのお金で今はなんかのお店をやってらっしゃるそうである

2016-05-18

肉フェス食中毒が出たら、援交相手地下アイドルだとわかった件

肉フェス食中毒が出たら、援交相手地下アイドルだとわかった件

 

概要タイトルですべて。

 

ちなみに相手女子大生未成年ではない。

 

この一年ほど、出会いカフェの類に通ってる。

ご飯ででる人もいれば、割り切り、いわゆる援交もある。

食事場合は、連絡先を交換することも多いのだが、割り切りの場合は、だいたい一回限りの場合が多い。

だが、ごくまれに連絡先を交換することもある。

 

彼女はそんな一人だった。

最初に会ったのはたぶん、3月頃。

お店で見た瞬間、ああ、かなり美人だと思った。

 

出会いカフェは色んな女性がくる。

ごくふつう女子大生OLもいれば、キャバ嬢もいるし、風俗の子もいる。

いわゆるネカフェ難民みたいな子もいる。

ちなみにそういうのは、本人は言わないが見た目と会話でだいたいわかる。

ネカフェ難民の子は、割り切り希望が多くて、値付けも安い。

出るとホテルではなくレンタルルームに行こうとする。

ああ、話題がそれた。

 

その彼女は、夕方頃に来店した。

すらりとしたスタイルと、色白できめ細かい肌、手入れの良くされた髪型メイクは、他の子よりも確かなアドバンテージだった。

風俗とかキャバっぽさはあまりなく、金のある女子大生かなって印象だった。

10人程度との抽選となったが、たまたま運良くトーク(個室で1対1で話すこと)ができた。

社交辞令程度の挨拶が終わるなり、彼女

「割りをしよう」

といってきた。

いくらか、と聞くと、かなり割高な金額をいってきた。

そのままでは受け入れがたい額だったので、割引などの交渉をして折り合いをつけて出ることになった。

 

その時、彼女は奇妙なことをいってきた。

ホテルで待ち合わせにしてほしい」

デリではないので、こういうことを言う子はまずいない。

たまに、知りあいが多いので、ちょっと後ろを歩かせてほしいと言う子はいる。

しかし、ホテルで待ち合わせは初めてだ。

はいえ、部屋の中で待ちぼうけにされても困るので、ホテルロビーで待ち合わせにした。

すっぽかしにあうかとも思ったが、彼女はちゃんときた。

一緒に部屋に入り、普通にコトをすましたあと、彼女の方からLINEの交換をいってきた。

少々セックスの仕方が自己中な感じがあったので、会わないでもいいかなと思いつつ、まあ、連絡先くらいなら良いかと思ったので、交換した。

彼女からは、それから一週間後くらいに、今日、会える? と連絡がきた。

たまたま都合が合ったので、会うことにしたのだが、今回もホテルで待ち合わせだった。

彼女はベッドの上で、少し前まで妻子持ちの男とつきあってたこと、大学卒業までに纏まった金額をためたいこと、なんかをしゃべっていた。

そして、僕に「いま、結婚して!といったら、してくれる?」と冗談なのか本気かわからないことを言ってきて、僕は曖昧な表情で「1、2回セックスしただけの女と結婚は難しいな」と苦笑した。

それから彼女からのお誘いは数回あったが、いずれも予定が合わず、いつの間にかフェイドアウトしていた。

 

そして、ゴールデンウイーク明けに、鶏ささみ寿司食中毒がおこった。

僕は適当はてブをしながら、Twitterを見ていたら、ふと気になるツイートが流れてきた。

アイドルライターが、肉フェスささみ寿司を(おそらく仕込みで)宣伝する、数人のアイドルツイートRTしていたのだ。

彼女だった。

他人のそら似ではない。だってアイコンLINEのそれなのだから

驚きすぎた。次の瞬間、彼女ツイートを追いかけていた。

彼女所属するグループは、多少、アイドルはしってる僕でも聞いたこともないマイナーグループなようだ。

せいぜい100人程度を相手に歌い踊るタイプ地下アイドルらしい。

かろうじて、新曲オリコンギリギリ引っかかるくらいってところか。

ちなみに僕と会った2回の日は、それぞれ、学校のあと買い物した、仕事終わりに街をぶらぶらしたとあった。

まあ、男と援交したなんて書くはずもないか

 

かといって、その後、彼女に連絡をとるなんてしてないし、これからもするつもりもない。

Twitterアカウントフォローしてない。

まあ、Twitterでも顔を出してるわけではないので、しても気付かれることもないと思うが。

 

しかし、援交なんてリスキーなことをアイドルがようやるなと、無駄な感心はした。

芸能界の闇みたいな裏営業はないのかね。

いや、それしつつ、援助してくれる男を探してんのかもしれんが。

2016-05-16

大好きだった女の子ゲスバンドマン二股を掛けられたという話

大学一年生の頃に好きだった女の子。小柄で可愛らしく、誰にでも明るく優しく接する健康的な女の子だった。

中学高校女子校育ちで、大学入学までは、同年代男性と話したこともないような女の子であったが、同じインディーズバンドが好きだったこともあり、話が弾んで、一気に仲良くなった。一緒に話をしているだけで楽しく、眩しい笑顔に僕はどんどん惹かれて行った。ある日、ここで攻めねば男が廃ると思い、彼女自分の思いを告げた。結果は見事に玉砕。誰にでも明るく接することができる彼女の優しさを、僕だけに向けられたものだと勘違いしてしまった。もはや友達続行は不可能かと思っていたが、不思議なことに、冗談めかしく「いつになったらオレと付き合ってくれるの?」なんて言い続けているうちに、それまで以上に仲良くなることが出来た。今は友達かもしれないが、僕は誰よりも彼女が好きだし、その思いはいつかきっと伝わる、と考えていた。

そんな思いが届かぬうちに、彼女にある日突然彼氏が出来たことを打ち明けられた。相手は僕たちが好きだったインディーズバンドボーカルライブ帰りに声を掛けられ、そのまま打ち上げについて行ったらしい。彼女も僕が好きだったそのバンドも、僕を残して突然遠くに行ってしまった。かつては僕の青春の全てだと思っていたくらいに好きで、毎日のように聴いていた彼らの音楽。初めて聴いた時、あまりメロディと愛に溢れた詞の美しさに思わず涙したものであったが、聴くたびに彼女ボーカルセックス想像して吐きそうになってしまい、いつの日か殆ど聞かなくなってしまった。しかし、心にぽっかりと穴があいしまったような苦しさとは裏腹に、大学彼女に会えば、屈託のない純粋笑顔で「来週末は彼氏旅行に行くんだ!いいでしょ!」などと僕に語りかける。きっと彼女は、あの私たちの好きなバンドボーカルと一緒に旅行に行くんだ!羨ましいでしょ?といったノリで僕に話してくれているのだろうが、当時の僕には、羨ましいなあオレも連れてってよ、と戯けるのが精一杯だった。きっと悪い夢でも見ているんだろう、とそんな風に考えていた。

そして彼女彼氏が出来てから3ヶ月経った1月のある日の夜、期末レポート作成のため図書館に向かう途中の街灯の下で、彼女が泣きじゃくっているのを見かけた。話しかけるべきか否か、こちらが様子を伺っていると、彼女は僕に気づくや否や自分の方から駆け寄ってきた。そして僕は突然彼女に抱きしめられた。僕は驚き慌ててしまい、何かあったの?とデリカシーも何もない直球の質問を思わず投げかけてしまったのだが、話を聞けば、彼氏二股が発覚したとのこと。愛に溢れた歌詞を書くことが出来るボーカルの彼ならば、ここで気の利いたセリフひとつでも言えるのかもしれないが、その時の僕は、僕の手を握ったままのその手で涙を拭く彼女を見つめながら、力なく、そっかあ、と言ってあげることしか出来なかった。僕の青春のすべてだと思っていたバンドボーカルが、僕の好きだった女を奪って、その女を悲しませて泣かせている。僕があんなに愛していた彼女が、あんなに独り占めしたかった彼女が、僕の手をぎゅっと握りながら、心の苦しみを打ち明けている。ああ、きっと僕は悪い夢でも見ているんだ。「ごめんなさい、あなた気持ちに今やっと気づいたの。」何で謝るの?ああ、きっと悪い夢を見ているからかな。「私のこと好き?」あ、うん。すごい好きだよ。「私もあなたのことが好き。」夢みたいだな。こんなに可愛い子に好きだって言って貰えるなんて。「ねえ、キスしようよ」…しかし、その言葉を聞いた瞬間、何故だか自分でも信じられないくらいに、さっきまでの愛おしい気持ちは胡散霧消し、僕の熱は急激に冷めてしまった。自分が2番手扱いを受けたという不満から来るものでもなければ、あ、この女オチたな、といった満足感でもない。一気に夢から目が覚めたのか、新しい悪夢が始まったのか、とにかく、今までとは違う世界に一瞬で切り替わったような感覚に陥った。今僕の目の前にいる彼女は、僕の好きだった彼女とは別人にしか思えなくなってしまった。僕の好きだった彼女はもうどこにもいないような気がして。僕はただ、ごめん、と一言だけ言って、足元に置いていたカバンを拾い上げ、一人暮らしアパートに帰ることにした。ポカンとする彼女をその場に置いて。

この事件があって以来、彼女とは疎遠になってしまった。僕が彼女に振られた後は、それまで以上に仲良くしてくれたのに、今度は僕が彼女を振ったら、全く連絡を取らなくなってしまった。僕は本当に器の小さい男だ。あれから14年経った今も当然連絡は取っていないが、3年前に学生時代の連れと飲んだ際、どうやら1人目の旦那離婚したらしいという噂を聞いた。連れは「お前あの子好きだったよな。あの時もお前が付き合ってればな。本当悪夢だよな。」と言っていたが、言いたいことはあったものの僕も、まあ確かに悪夢だな、と言うに留めておいた。可愛い女の子ゲスい男に二股を掛けられたという話を聞くたびに、まだ悪夢から覚めていないことを確認させられている。ちょっとタイムリー過ぎて嘘みたいな本当の話。いや夢かもしれない。

2016-05-15

いよいよスピンできなくなってきたApple

ポエマーの方もついに出てきて面白くなってきた感じではあるが、

もう少し広げて考えると、本社日本サイドもリーク含めて上手にスピンしてきたAppleだけど、もうそろそろシステムが回らなくなってきたということか。


みのもんた」なんか「朝ズバ」で、新しいiPadが出るたびに、一年前にやっていたのと同じように驚いてみせていたけど、その時点でやらせと気づいていた人も多かったと思う。

もしかしてビッグウェーブさんも、最初自由意志だったかもしれないけど、途中からは仕込みになったのかな。



今はどこもやっていて、立ち位置の分からない「エバンジェリスト」というのを始めたのもAppleだったような気がする。

この前の本社会議室エンジニアが「自殺」したとかいう件はその後どう処理されたのだろう。



「悪の帝国」と言われたマイクロソフトバルマーという人が嫌われ役を買っていたように思うが、それでも開発者エコシステムへの参加者)には優しかったような気がする。

今のiOSアプリ審査なんか、リジェクトされる理由意味不明。公開されている基準整合性のない理由ばっかり。

それでいて、それなりの権限があるはずの人は表に出てこなくて、権限のない下っ端の担当に無理させている。




ジョブズの言った、"The Computer for the Rest of Us"は成功したのかもしれないが、



Appleハードごと定期的に買い換えさせる商法に疲れてきて、

もう、今のでいいよ、別に新しくなくてもいいよ

という感じになってきている。



新しくない物を新しく見せかけるのに無理が出てきており、

ついにiPhone SEのように開き直った物も出てきた(ユーザー要望などは聞かずにユーザーの求めている物を生み出すのがAppleではなかったか?)

案外、帝国崩壊も早いかも。



まだAppleで消耗してるの? ってイケハヤさんが言い出すまであとどれくらい?

2016-05-14

http://anond.hatelabo.jp/20160514222923

■持病がばれて内定を取り消された

私は先月、てんかんの持病で内定取り消しになりました。

正式入社する直前、アルバイトで行っていた際に職場で倒れました。

最初に今回の原因は薬の飲み忘れであり、自身にも非があったことは認めます

発覚後、人事の方には「正直に言ってほしかった」と諭されましたが、

そんなんが通用する世の中なら苦労しません。

言ったら言ったで採用してくれたのでしょうか。

それと同時に、このまま切るのは怖いと思ったのか、パート一年社員という提案をしてきました。

ただ、その通りになるかは保障できないといった趣旨を何度も念押しされました。

例え社員になれたとしても、この先どうなるかわかりません。

それでもリスク承知で持病のことを隠し、就職活動に臨む選択しました。

言えば当然採用が不利になり、障がい者枠で探せば条件や待遇が厳しくなります

これが現実なのです。

でもこうなった以上、これからは持病のことを理解してもらえる企業を一から探そうと思っています

弱者に優しくない国、日本

何が一億総活躍社会だ。笑わせるな。

まだまだてんかんを含め障がいに対する偏見理解が少なくて残念です。

見た目にはわからない障がいも非常に厄介です。

このような現状が多くの方に伝わり、今後改善されることを切に願います

もっと日本やアベへの怒りが足りないぞ

最後日本やアベ死ね付け足してやり直せ

モコロPVが少なくて驚いた.あとホッテントリからはたいして流入がない.

地元オウンドメディア「ジモコロ」を一年運営した結果

http://www.e-aidem.com/ch/jimocoro/entry/1nen_anniversary

というエントリが公開されて,ジモコロPVが公開された.

1年間の累計PVが6,230,233.

1位の記事でも,252,400PV

あれだけSNS等でバズっているように思えるのに,たったこれだけのPVしかないなんて驚きだった.

オウンドメディアPVってこんなもんなんだろうか.

あと,メディアの中で働いていて思うのは,はてブホッテントリに入って相当数のブクマがついてもTwitterなどに比べて流入は少ないこと.

おまえらあとで読む」とか言って読んでないだろ.

「お前、容姿のように性格も歪んでいる」

大学の授業中に、同じクラス人間に「お前、容姿のように性格も歪んでいるな」と言われた。

あぁ、容姿は歪んでいるのだろう。

ドロドロな皮膚やら、大きい頭やら172くらいしかないしんちょうやら形の悪いパーツ。

彼はEDMを聞くような頭の悪そうな人間ではあるが容姿がマトモである

自分は彼と同じ知能の悪い大学の3流学部にいるグロメンなのだ

一年前にグループワークで自分たちの班の発表に対してイケメン自分顔面格差が良かったと書かれたコメントペーパーを受け取ったことがある。

しかしたら彼が書いたのかもしれない。

容姿が醜いために、性格問題にされるのはいものことである

性格問題なんて、どこまでも容姿問題なのだ

容姿がマトモだったら、マトモな大学だって行けた。

金持ちになるチャンスが近づいているなかで、頭が悪いが再受験でもしようか。

持病で出来るかわからない整形でニキビ跡やらパーツやらマシにするのを考えなければいけない。

2016-05-11

姉のことが嫌いかもしれなくてつらい

姉小5私小2いとこ3歳くらいのときに、いとこのこと見ててあげてね~って言われて遊んでいたら、まあやっぱり幼いんでブロックしたいーとかこれでは遊びたくないーとか駄々をこねるんだけど、そうしたら姉がいとこに対し「別に誰もあんたと遊びたいなんて思ってないから!!」ってブチ切れて、この人大丈夫だろうか?って思ったのがずっと引っかかってる。

3歳下の私でさえ、言っていいことと絶対に言ってはならないことの区別ってつくのに、その絶対に言ってはならないことを口に出す姉はなんなんだろう?って。

その後しまったーみたいな感じもないし、謝ることもないし、私に対しこっちで遊ぼうって言っていとこをハブるようにして終わり。

この出来事は母には絶対うまいって思ってて、胸にしまい続けてるけど苦しい。



子どもだったからかな?と思ってたけど、姉が二十歳ぐらいのころに子どもを産んで、母にああしたほうがいいよとかこうしたほうがいいんじゃないとかアドバイスされていて、母が口やかましいのはあるけどまあ仕方ないよねって私は思ってたんだけど、姉は愛し方がわかってないって言われたと思ったのか、「あんたに愛されてると思ったことなんてない!!」って切れて、もう本当になんなんだろうこの人って思った。

育児疲れだよって言われたらそっかって思うし、私には理解できない苦労があるんだろう育児にはって思うけど、でもそれって言っていいことなの?ってずっとぐるぐるしてる。



その数年後にも、母に「もう私に関わらなくていいから。あんだって私のこと愛してないでしょ?」と言って、なんなんだろう?って思った。

姉はシンママで、決して裕福ではなくて、だから働かなくちゃならないか子どもの面倒を母に見てもらったりしていて、母を突き放して苦しむのは結局姉なんだけど、でも数年に一度母にきつくあたらなくちゃならない。

あたられた母は我慢して、しばらくしたらほとぼりが冷めるからって言ってる。

姉は母のことをすごく嫌っていて、そこは私にはわからないところだけど、母は「愛とか言われたらわかんないけど、姉のことは大切なんだよね。いたかったり苦しかったり、そんな目には合ってほしくないって思うんだよね」と私に言う。



姉は自分が悪いと思うことってなくて、前に財布が見当たらないとき、母が「(母の)車になかったの?」と言ったら、「窓からのぞいたけど見当たらなかった」と。夜だし、姉の財布は黒いし、窓からだけじゃ不十分じゃない?というのは母も思ったようで、「もう一回見てこようか?」と聞くと「別にいから」と断った。

母があとで母の車の中を見たらやっぱりそこにあって、母が電話をかけ「あったよ」と言うと「私が見たときはなかった」。「財布が一人で歩いて行っちゃったのかな~」って母がからかうと、ブチ切れて電話を切る。

その後しばらく連絡が取れなくなり、ようやく電話が来たと思ったら「なんで謝らないの?」。姉にとっては、そもそも自分が見落としているってこよは消え去ってる。



姉は高校卒業し働き始めたけど、そのことを「私が進学やめるって言ったら、母が「よかった~お金からなくて済んだ!」って言った」と言うけど、母はそんなことを言った記憶はなく、私にとっても母はそういうことを言う人ではなく、そして、姉は以前、「(元夫)が進学やめたって言ったらさ、お義母さんに「よかった~お金からなくて済んだ!」と言われたらしいよ、ひどいよね」と言っていた。

でも姉は自分記憶絶対の自信を持っていて、絶対に間違っていることなんてありえないと信じている。



姉は子どもに肘をついて食事をするなと言いながら自分は肘をついて食事をするし、子どもが話しかけてきたら機嫌の悪いときにはうるさい!と怒鳴ってしゃべらせないし、でも機嫌のいいときベタベタくっつくし、行動が矛盾していて機嫌ですべてが左右されて、子どもがかわいそうになる。

姉の家は一年ゴミが散乱して汚くて、きっとそのせいで子どもが咳をしていても改められない。

外面はとてもいいから買い物に行くと店員さんにやさしさの塊で出来てますみたいな話し方をするし、同僚や友人彼氏の前ではコミュ力の高いちょっときついけどしっかりしてて仕事のできる人って感じの演出で、外から全然からなさそう。



姉のことが嫌いなんだと思うけど、でもやっぱり私だって母と同じで痛い目に遭えとかそんなことは思えないし、姉は私には優しかったり気を遣ってくれたり優しい面がないわけじゃなくて、でもどうしたらこの人から逃れられるんだろうって思ってしまう。

つらい。

甥にも姪にもなにもしてあげられないし、姉はずっとそのままで子どもたちはどうなっちゃうんだろう。なにもできなくてごめんって思うけど、でもごめんって思うのも甚だしいかなとか思うし、もう本当にどうしたらいいんだろう。

ごめん。つらい。

ハッピーバースデー

ペットを迎えて1年が経った。

子供の頃も飼ってたしきっと可愛いと思ってたら、これが凄く可愛い

毎日同じような構図の写真を取り、カメラロールは2000枚を超えた。

少額だがいつもアプリ課金する金をペットへのおもちゃ代に回すようになってしまい、ランクは下がり床はおもちゃだらけになってしまった。それを知った友達は俺がペット課金しだしたと笑っている。

今日は彼が家に来て一年目の記念日有給とって専用ケーキを買ってお祝いをしている。

うわー!今日可愛いな!

カメラ目線うめー

ケーキ興味無いっすか!

でもケーキと並んでる姿が似合ってて可愛いよ!

可愛い。こんなに可愛い子と一緒にいられて良いのだろうか。

子供の頃も天使みたいに可愛かったが、一年経って大人になった今も変わらず可愛い

来年も再来年も、ずっとお祝いしていきたい。

2016-05-10

http://anond.hatelabo.jp/20160509230853

地方住み学芸員として、なんとか声をかけられないかと悩んで投稿します。

かなり忙しくしているようだけれど、普段生活学芸員としての活動が、館の業務だけに終止しないように気を付けるべきと思いました。

学会に参加したり、出身大学先生や先輩後輩と交流したり、あるいは地域内外の専門が別の学芸員との研修会的なものに顔を出したり。

遠ければメール手紙だけのやり取りでも良い。関係性を館とだけにしないように。

とにかく学芸としての活動を、能力の発露の場所を、所属館だけとの関係にしないように。

これって地方ゆえに難しいのだけれど、だからこそ遠出したほうがいい。いろんな館に行っていろんな人にあった方がいい。

本来非常勤職員ってのは正規職員に比して勤務時間が短い分、上記の人との交流研究勉強(あるいはそうした学術的なことに関するアルバイト)の時間が持ちやすいのだけれど、投稿を見ればその長所ともいえる部分が削がれてしまっている。

そういう意味では臨時職員任期一年であるならもうそこはやめた方がいい。求められる技能に比べて、時間給与おかしい。

他の枝でも言及されるように、アートはいろんな携わり方がある。

ある意味こだわらないことが大切で、こだわらないためには選択肢を増やすことも大切で、だからいろんなところに顔を出していろんなことをしている人と出会って、考える材料を溜めることが大切。

そういうことをするためには、今の職場環境は圧倒的に不利と感じます

的外れな話になっているのではないかと懼れていますが、少しでもよきアカデミシャンとしての活動を為されることを祈っています! 体壊さないようにご自愛ください

2016-05-09

濡れた紙飛行機

親が離婚して母方のじーさんの体の具合がよくないからってので田舎移住した。

一年後ぐらいにじーさんは死んだんだけど、初めての人骨のショックも冷めやらぬ数週間後、

雨の日に同級生教室で俺が作った紙飛行機飛ばして遊んでたら、同級生が投げた俺の飛行機が窓の外に飛んでいって花壇に落ちた。

「あっ、ごめん」と言われたので、「いいよー、拾ってきてね?」と言ったところ、その子が急にキレはじめて、あれよあれよという間に罵られまくって、

「じじいが死んだんだからお前なんか都会へ帰れ!」とまで言われて、はぁ?って思った記憶が不意にフラッシュバックした。

多分玄関を出た時に感じた今日の温度とか湿度が、その時の教室にそっくりだったんだと思う。



女子職員室に通報して、その子先生にしこたま怒られて、俺はまあ謝ってもらったし別にーって感じだったんたけど、

その後ピタっと遊ばなくなって、声かけてもにらんでくるだけだし、廊下ですれ違う時に時々無言で腹パン入れてくるしでなんかちょっと怖かった。

っていうか未だに紙飛行機の件で彼がキレ始めたスイッチが俺にはよくわからない。

転校直後にその子と遊び始めた頃、クラスの他の子から遠まわしに「あの子ちょっと……」って言われて、

よくわかんないしイジメとかは加担したくないから気にせず遊び続けてたけど、その一件以後の流れでちょっと納得して自然距離を取るようになってしまった。

結果的クラスで唯一親しく遊んでた俺が離れて、彼のその後の小・中学校生活を暗くしてしまったんじゃないかと今でもちょっと申し訳ない気持ちになる。

もっと積極的対話を試みて、相手感情が爆発したポイントを探ったりしていれば、関係がこじれてしまうこともなかったのかなー、とか。

自分発達障害が発覚して、本とかで色々なケースを見知った今にして思えば、彼もそのテの性質があったり、不自由さを感じてたのかなー、とか。

まあ、俺が彼に何かしてあげられた可能性があるのは"その時"だけで、今いくら思っても何の意味もないのだけれど。



100%いらない世話だけど、彼がどこかで元気にやってることと、

俺はそうなれなかったけど、腹を割って話せる友人が彼に出来ているといいなと思う。

セキュリティ技術者になるための一番の近道は論理的思考を鍛えること

今のセキュリティ対策は、一年後にはまた違う対策必要になる。

常にイタチごっこ。

追随していくには基礎体力としての論理力がどうしても必要となる。

FACTから仮説を構築し、検証してブラッシュアップさせる力だ。

社会人になれば技術はいくらでもつけられる。

だが、基礎体力というべき論理力は簡単には身につかない。

プログラムコンテストレッドコーダーになるのもよし、

CTFで上位にはいるもよし。

今は、何かに打ち込め!

そして、何かを極めろ。

逆に大学で学べることなんてたかが知れている。

そしてそれはすぐに廃れる。

から大学では知識をつけるのではなく、能力を磨け。

2016-05-08

色んな人と会って話をしてみたい

普通に就職して

平日5日間働いて、土日を仕事のために休んで

こんな生活を続けて早一年

毎日が全く面白くない、面白い人達を沢山知って色々な生き方を知りたい

生き方のヒントが欲しい。面白い人達と知り合うにはどうしたらいい?

食品昆虫混入くらいで騒ぎすぎじゃね?

化学薬品とかならともかくナチュラルな素材で気付かずに食っても死なないレベルなのに、ヒステリックすぎるわ。

不幸にも昆虫入りがあたってしまった人は、その食品一年分くらいのお詫びでいいじゃん。