「不思議」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 不思議とは

2016-06-27

http://anond.hatelabo.jp/20160626224953

ビックリするほど腐女子関係ないな。

惰性で上っ面の付き合い続けてそれが限界に達しただけの

それこそ腐るほどありふれてるコミュ障仲良し()グループ終焉

どうしたらそこまで的を外した思考が出来るのか不思議すぎる。

http://anond.hatelabo.jp/20160627005214

あれの「詩」を「ヲタ趣味」と現代的に読み替えると、何だか自分青春時代彷彿とさせるから不思議ラストでxevra先生出会っていれば、主人公も死なずに済んだのに。

2016-06-26

近所の人と子猫を救出した

我が家駐輪場でここ数日、子猫を見かけていた。

野良猫が5匹の子猫を産んだのでいつも見て癒されていた。

そして、今日夕方のこと。

家の近くの側溝の蓋の上で猫がにゃあにゃあ鳴いていた。

近づいてみると、親猫が側溝に落ちた子猫心配して鳴いていたようだ。

側溝構造は、鉄格子がハマっているタイプではなく、コンクリートの蓋がはまっているタイプ

子猫側溝の蓋の持ち手の間の隙き間から落下した模様。

隙間から子猫のつぶらな瞳と目が合い、夫が助けなきゃと言い出した。

夕方から格闘がはじまった。

まずは隙間に誘導し、手で掴み上げる作戦を決行するが逃げられ失敗。

次は側溝の蓋を開ける作戦に、でも蓋と雑草が絡み付いていて固く閉じられている。

一箇所だけ雑草が無く開けられそうだが蓋が重くて夫と私の腕力では持ち上がらない。

時間くらい格闘して、もう無理だなぁと思って諦めることにした。

野生ってこいうことだよね、かわいそうだけどという話をして。

でも、夕食をとりながら夫が子猫の瞳が忘れられない。ここで助けないと後悔すると言い始めた。

そして19:30頃に救出作業を再開した。

側溝の蓋は持ち上がらないので懐中電灯で光を当てて手が入りそうな隙間まで誘導して持ち上げる作成を決行。が、うまくいかない。

私は家の中に何か使えそうなものが無いか探しに戻った。特になかった。

現場に戻ったら、捜索隊が一人増えていた。

夫が近所の通りかかった人に声をかけたようで手伝ってくれていた。

通りがかりの方の力を借りて側溝の蓋を1枚開けることに成功した。

が、子猫が奥に逃げてしまい助けられ無い。

開けたところまで誘導する作戦がはじまった。

帰宅中のところ声をかけた通りがかりの方もずっと手伝ってくれた。

つの間にか通りがかりの方の奥さんと子供(なぜかツナ缶4つ持参)まで来て、頑張って誘導を試みた。

その間、私は親猫を捕まえて連れてきて、親猫の鳴き声で誘導しようと試み、引っかかれて出血した。

親猫はマジ殺すぞみたいな顔で睨んできた。怖かった。

話は戻るが、誘導が二進も三進もいかない。

そこで、最終兵器をの出すことにした。エサで誘導する作戦だ。

猫は好きだが野良猫にエサをあげることは断固拒否してきた夫がついに禁断の手にでたのだ。

夫のおやつ魚肉ソーセージ誘導を開始した。

これが上手くいき、蓋のあいたところで子猫キャッチし、ずっと見守ってた親猫の近くに放すことができた。

名も知らぬ近所の人と本当に喜んだ。

19:30から作業再開して、救出が21:30、長かった。

手伝ってくれた方と猫トークをして、その後お礼を言って解散した。

家に帰って夫が、きっと猫には感謝されないだろうな、と言った。

私は、それでも誰がなんと言おうと助けることができてよかったよ、と言った。

夫は子猫が助かって本当に嬉しそうだった。不思議と私も嬉しくなった。

友達によくメンヘラと言われるJKひとりごと

メンヘラだな〜って言われるけど自覚がない。メンヘラってアレでしょ手首切って止まらない〜ってTwitterにあげる人でしょ??(偏見)わたしはそんなことはしないけど自他共に認める死にたがりだし病んでる自覚もあるのでもしかしたらそうかもしれないなあとさいきん思う。書くと落ち着いて精神安定するからぼろぼろだと思うしひとりごとしか聞こえないかもだけど書くね。生理前なのも手伝ってかここ2日あたりやばいので書く。

なんかもう首がむずむずするというかなんというか圧迫感?違和感?があって、肩を上げてなきゃ気持ち悪いのであげてたら傍から見たら変な人だし猫背になったしさらに暗く見える。しかも調べたら精神的なものとか出てきてマジモンのメンヘラやないか自分ドン引きしてる。もうかれこれ3年くらいこの癖?精神的アレ?知らないけどこれが抜けないのでさいきん肩がバッキバキでつらい。なんやねん。

ていうかなんかもう辛すぎてはやくどうにかしてほしい。死ぬでもこの性格を治すでも転生するでもなんでもいいから神よなんとかしてくれ。ていうかはやく死んで妹にわたしのこれから人生に親が使ってくれるはずだったお金を譲ってしあわせに暮らしてほしい。妹は頭が良いし顔もそっくりだと言われるけどわたしにはあんまり似てなくて可愛く見えるし、この子が1人っ子だったらどんなに良かったかと思ってしまう。わたし私立バカ大学への進学代に使うくらいならこの子大学院やら有名私立やらに使ってやってほしい。常に申し訳なく生きてるくせに物欲だけは人並み以上にあって、娯楽がなければ死んでしま人種なので、親の金をばりばり食う金食い虫になってるし早く死んだほうがいい。とか言ってなんで死ねないのか自分でも不思議であるわたしが死んだら臓器でも角膜でも挙げられるものならなんでも求めている人にあげたい。わたし他人の役に立てると考えただけで嬉しくて信じられなくてちょっと泣く。たぶん大きい病気はしたことないし精神はアレでも肉体は健康的だと思う。わたしがいるせいで妹に使うお金が少しでも少なくなっていると思うと申し訳ないしもったいないなと思う。それにほらうちの両親なんていうか晩年婚っていうのかな若くないから老後にも当ててくれよ……。でも姉が自殺とか家のメンツ立たなくね?どうなの?事故とかでいいんだけどな……でもこんな残念すぎるわたしだったらコインロッカーに捨ててるようなコインロッカーベイビーズにも愛情を持ってくれている父と母は泣くだろうか。なんやかんや言いつつもわたしをたすけてくれる妹も泣くのだろうか。わたし記憶に残るのだろうか。

頭も顔も残念な女子高生に!未来はあるのか!明日はあるのか!いやない!俺達に明日はない!明日には死ぬ勇気が溜まってるといいなと思いながら寝る。自分でも文まとまってないしやばいと思う。まあいいや。おやすみなさい。

近所に水場なんて無いっぽいのに、ノラネコは飲み水をどうしているのか不思議だった

というかカリカリ食ってる時にむせても水をやっても飲みやしねえ

昨日ぐぐったらそもそもネコは水をあまり飲まないらしい

それで尿道結石になるってんだから困ったアホだ

グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国欧州連合から離脱

と報じた方が、事の本質が解りやすいのではないだろうか。

要するに、Aは一枚岩の個ではなくて寄せ集め集団に過ぎないってことが、「イギリス」という謎の表記で隠されてしまい、事態本質的理解を妨げる要因になっていないだろうか。

 

ところで、以前から所謂王室の属領(Crown dependency)のマン島ジャージー代官管轄区ガーンジー島などは欧州連合に加盟していないそうだ。

グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国の中にも、そうなりたいと考える地域や人がいても不思議はない。

 

連合王国の一部なのか属領なのか、その定義次第で欧州連合の加盟状況が異なることが許容され得るなら、今のように連合王国全体として離脱または加盟維持のどちらかに白黒つける必要など無いのではなかろうか。

連合王国国内法で、欧州連合から脱退したい地域便宜上属領扱いとするだけで、事態は収拾できないのだろうか。

などと思ったりもするのだが。

キングオブコントときキングオブコメディ

ネタ前のVTRで言った言葉

「しあわせにしてください」

なんか不思議だなぁと思っていた。




「僕たちの笑いで!」「テレビの前のみんなをしあわせにするよ!」

じゃ、ないのだ。そんなおこがましいことは言わないのだ。




自分たちが、幸せになるために がんばってたんだなぁ。

2016-06-25

乳輪の不思議

おっぱいに乳輪があってもなんとも思わない(むしろ興奮する)のに、

顔に乳輪のようなアザがあったら萎えると思う

なんでかねえ

違いが分からない

http://anond.hatelabo.jp/20160625113627

そうなんだ、不思議だね。そう考える人はこの国に多いの?

海外では逆に剃ってない方が恥とされるわけだが、この正反対感覚の違いはどこから来るのか

2016-06-24

おれはカクヨム落選した人間だ.。だが撤退はしない。

http://togetter.com/li/991000

このまとめを読んで思ったことをつらつら書こうか……と思って帰ってみたら大幅に補記されてる! でも全部読み通す気力はないので(ごめん!)、とある更新部分までを読んだ段階での、生煮えのおれなりの感慨を書く。


おれもカクヨム小説の大賞を狙って投稿した人間だ。ジャンルは「恋愛ラブコメ」だった。

おれは結果としてカスリもしなかったようだ。でもおれは大賞を取った作品に対して、是非はクリエイティヴな「批評」として論じたいが、読まれた功績は素直に認められる。負け惜しみとか妬みとか嫉みとか、そういうものはない。

何故なら、おれは全力を出し尽くしたからだ。おれの持てる全ての力を振り絞って、作品に対して集中して書き切ったからだ。

おれもウケを狙ってショートショートを書いてみたりしたよ。カクヨムではそういうのもウケるみたいだからな。でもボロクソに言われた。

言われたことももちろんショックだったんだけれど、おれがショックだったのはそういう批判ではなく(批判する権利は誰にでもある)、その批判に応えられなかったからだ。作品がその批判に対抗出来る力を持っていないと思ったからだ。安直動機で書いたことを見抜かれたからだ。

読者は貴重な時間を費やして読んでくれるんだ。批判もまた、その好意の裏返しだ。それに対してきちんと応えられないウケ狙いの安易作品を書くことがどれだけ下らないことか、その時良く分かったよ。

逆に言えば、批判否定されてもそれに応えられるだけのものとは、大賞の受賞を逃しても納得出来るだけの、自分は精一杯全てを出し尽くしたと言い切れるもののはずなんだ。おれは大賞を狙った十万字の小説に対してそれだけの情熱を注げた。それは断言出来る。

おれは読んでないからなんとも言えないが、イスカリオテ湯葉さんの作品もきっとそれだけのありったけの力を振り絞って書いた作品なんだろう。だからまれるだけの力があるんだろうな。それは結局実力の差、あるいは時の運、その他諸々が絡み合って出された当然の帰結なんだ。

おれは『カッコーの巣の上で』という映画が好きだ。あの映画で、閉鎖的な病院から抜け出すべく水飲み場の台を持ち上げて窓ガラスを壊そうとするマクマーフィという男が登場する。そいつは結局その水飲み場の台を持ちあげられない。でも、最後にひと言言うんだ。「でも努力はしたぜ/チャレンジした」と。

おれの今の心境も同じだよ。おれは努力した。全力を振り絞って書いた。なけなしの力を、これ以上ないというほど、血を吐くような思いで書き切った。だから落選したが、ボロクソにも言われたが、不思議と傷はついてない。むしろ爽やかな気分だよ。やり切った、って充実感/達成感がプライドとして守ってくれるからな。

おれは努力した。燃え尽きたよ。これからまた小説を書くのかどうかは分からないが、おれはカクヨムという場は好きだ。だから撤退はしない。


っていうことを書こうと思って(そういう部分だけ読んだんだよ!)家に帰ったら、なんか怒りをこじらせた挙句の果てにご覧の有様だよ! でもここまで考えたことをムダにはしたくないので、敢えて増田で書き捨てる。ごめんな!

ワンピースってソシャゲみたいだな、と思った。

毎回毎回、続きが気になるところで終わる

次回が楽しみだな、という気持ちにはさせてくれない

次が読めないイライラけが募る

ソシャゲと大きく違うのは、課金すれば次のが読めるわけではないところくらい

のものすごいストレスと、

じゃあストレスになるんなら読むのやめりゃいいじゃん、とは全くならないところ

このあたりのさじ加減が、ソシャゲとびったりハマルな、と、そう思ったんだ




不思議ハンターハンターは全くそんな感じをさせないんだな

長期休載は本気でふざけんなと常々思っているし信者のような気持ちは全く無いんだが

ワンピ気持ち悪くてハンタはOKなんだ


なんだかもしかするとこれが新人類旧人類の違いになるのかもしれないとさえ思えてきた

http://anond.hatelabo.jp/20160624104119

ああ〜なるほどです!

ものすごくイメージやすいですね、ありがとうございます

色々考えてたら不思議な事だらけで面白いですね、ブラッホール

finalvent氏の現状について

ツイッター何気なくつぶやいたことがはてブで叩かれている。

はてなブックマークは、特定党派圧力ツール化してる部分も目立つんで、まあ、もう終了してもいいんじゃないか。」

http://b.hatena.ne.jp/entry/twitter.com/finalvent/status/745059869078622208

陰謀論めいており、確かに、そりゃどーなの、という感じがする。

氏のツイッターの呟きは、これ以外も何やら説教臭く、

ニッチすぎて本当かどうか検証する興味も湧かないうんちくも多く、

まり面白くない。

盛者必衰の理。これも時代の流れなのであろう。

氏のブログは、もともと、

海外ニュース報道をいち早く翻訳して分析するあたりに

強みがあったように思うのだが、

ツイッターが普及して海外ニュースへのアクセスも一段と容易になった。

それで、ブログ記事価値が下がったのかもしれない、と思う。

はてブ集客でかつての勢いはない。

また、氏のツイッターがあまり面白くないことは述べたとおり。

他の幾人かの有名ブロガーのようにツイッター経由で勢いを維持することもなかった。

不思議ブロゴスとか、Yahoo!ニュースとか、ハフィントンポストとか、ニュースサイト記事も書いていない。

そんな具合で、地位相対的に下落していったのかな、と思う。

そういう中での「もう、はてブイラネ」発言だと思うと、

ちきりんと同じ文脈でのはてブ卒業宣言になるので、なんか、しっくりくる。

金は持ってそうだし、もう終了してもいいんじゃないのか。

http://anond.hatelabo.jp/20160624030546

後半に書いたやつだと顕名になるんだよ。

リーの中に、匿名トラバと、ID付きトラバ(ブコメコンバートしたもの)が混在する。

ブコメページは非表示だけど、増田ページをみれば誰がどうブコメたか見れる、っていう不思議状態になるわけ。

そうやってツリー表示の中でしかブコメを見れなくすることで、殴り合いの土俵から逃げられなくするのさ。

増田AMP対応とかやってる暇があるなら、こういう改修をしてほしいね

2016-06-23

女子中学生が眩しすぎる

通勤の道すがら、いつも同じ時間に反対側に向かって歩いてくる女子中学生がいる。

力強い眼差しで真っ直ぐ前を見て、いつも少し早めの歩調を崩さずに歩く。

僕はもうすっかりおじさんで、彼女くらいの娘がいてもおかしくない年齢だ。

運動には気をつけているので歳の割には若く見られる方だが、彼女からすれば醜い生き物にしか見えないだろう。

彼女中学生であることはその着ている制服でわかる。近くにある公立中学のものからだ。



彼女学校に向かう時はいつも一人だ。

一見不機嫌そうな無表情で、前だけをみて歩いている。

顔立ちは今時のアイドルといった可愛らしさではなく、マニアックシンガーソングライターのような大人びた雰囲気を持っている。

回りくどい言い方をしないのであれば、私が好んでやまなかったfra-foaという解散したロックバンドヴォーカルにそっくりなのだ

ただ顔立ちが似ているというだけではない。

彼女視線や歩調から感じる意志の強さや、それでいて身にまとう儚げな空気感のようなものまでが生き写しといっていいほどだった。

僕が彼女存在意識するようになったのは、そのことに気付いてからだ。

だが相手中学生だ。

間違っても間違いを起こす訳にはいかないし、そんな汚れた目で彼女のことを見ているつもりもない。

から僕は、僕の存在彼女人生の汚点にならないように、彼女とすれ違う時はできるだけ彼女意識していないように、彼女の印象に残らないように振舞っていたつもりだった。



そこは500mくらいの真っ直ぐな一本道で、僕はいつも左側を歩くのだが、彼女ははじめのうち向かって右側を歩いている。

そうしてその道を100mほど進むと、彼女は決まって左側に道路を渡ってくる。

彼女が右側から左側へと毎回渡ってくる理由は、彼女がその道に入るのに右に伸びる側道から入ってくるからで、その道を抜けた先にある学校は左に伸びる側道の先にあるからだ。

ただ、なぜか理由はわからないが、彼女はいつも決まって同じタイミング道路を渡った。

長い一本道でなので、多少出発時間前後しても大体どこかしらですれ違うことになる。

まり、すれ違う場所によって、彼女は右側だったり左側だったりするのだ。

はじめは彼女を少しでもそばで感じたいという気持ちに負けて、彼女が左側を歩いている時にすれ違えるようにとタイミングを見計らったりしたこともあった。

しかしそんなことが続けばいらぬ疑いをもたれかねない。

そのために、むしろ早すぎたり遅すぎたりして彼女とすれ違わない日も作るようにもした。

彼女と同じ左側ですれ違える時は、正直に胸が高鳴ることを感じていた。

そんな自分彼女にとっておぞましい存在であることは自覚しているつもりだった。



そんなことを半年ほど繰り返したある日のこと。

その日、彼女はまだ僕と反対側、道の右側を歩いていた。

いつものように彼女存在を気づかないふりをしようと歩いていたのだが、距離が近づいてくるとふと違和感を覚えた。

彼女の顔がこちらに向けられているような気がしたのだ。

気のせいかもしれない。そう思い込みたいだけかもしれない。相手に見られてる気がするだなんてよくあることだ。

自分にそう言い聞かせようとしてみた。

しかし、あっけなく好奇心に負けた僕は、とうとう彼女のほうに視線を送ってしまった。

するとどうだろう。

いたことに僕の陰鬱で卑屈な視線は、彼女の真っ直ぐな視線真正から衝突を起こしたのだ。

僕はその視線に押されてすぐに顔を背けてしまった。

彼女記憶に、おぞましいものをおぞましいものとして残してしまたかもしれない。

僕は好奇心に負けてしまったことを強く後悔をした。

それでもまだ感じる視線を払いのけるように、僕は前だけを見てひたすら歩き続けた。



次の日、昨日のことは何だったのか考えながら再び僕はまっすぐな道に差し掛かった。

すると、僕はいもの様に真っ直ぐ前を見ながらこちらに向かってくる彼女を見つけた。

その時彼女はまだ道の右側を歩いていた。

そんな彼女の顔に何気なく視線を向けてみると、その視線はまたしても彼女視線真正から衝突することになった。

僕はすぐに視線を逸らした。

まだ近いとは言えない距離にも関わらず、彼女視線は間違いなく僕に向けられていたのだ。

理由もわからず僕は真っ直ぐ前を見て歩き続けた。

もうすぐで彼女左側に渡ってくるポイント差し掛かった時のことだ。

僕は視線を動かさないようにしているつもりだったが、今度は彼女の方から僕の視線に入ってきたのだ。

そうして今度は明らかに、はっきりと彼女が僕を見ていることが分かった。

僕はできるだけ動揺をさとられないように、あたかも別のものに興味を示したかのようにして視線を泳がせるのが精一杯だった。



一体どういうことだろう。

誰かと勘違いしているのだろうか。

いくら冷静に理由を考えようとしても、彼女の真っ直ぐな視線に矢のように射抜かれてしまった心臓は落ち着きを取り戻せないままでいた。

その時、遠い昔に忘れていたような感覚が、どす黒く薄汚れた内臓をかき分けてこみ上げてくることが分かった。

自らのおぞましさを恐れずに言うなら、これは恋だ。

その言葉が僕の口から発せられることが、どれだけ気持ち悪いことなのかは承知しているつもりだ。

しかし他に説明のしようがないのだ。

まぎれもなく目覚めてしまったのだ。僕の奥底で息絶えたはずの甘酸っぱくも苦々しい感情が。

とうの昔に、薄汚れた性欲によって噛み殺されたはずの純粋気持ちがまだ僕の中に生きていたのだ。



それからというもの、すれ違う度に彼女視線を強く感じた。

勘違いだと思い込ませようとしながらも、好奇心に負けて彼女視線を向ける度に、真っ直ぐな眼差しが僕を射抜いた。

彼女は何を思って僕のことを見ているのだろうか。

動物園動物を見ているような感覚なのか、それとも万人に対し同じように興味を持ち合わせているのだろうか。

どちらにしても僕のようなこんな醜い生き物にしてみれば、彼女存在視線もあまりに眩しすぎるのは確かだ。

僕はとうとう堪え切れず、出発時間を大幅に早めることで彼女とはもうすれ違わないことを選択した。



誓って言えることは、彼女に対して性的な興味は一切持ち合わせていないということだ。

自分でも不思議と、いやらしい目で見ようと言う思いすら浮かばないのだ。

もし彼女と何がしたいのかと聞かれれば、僕はただ一緒の時間を楽しみたいと迷わずに答えるだろう。

夕暮れの土手に座って、ただ何もせず色を変えていく空をみあげているだけでいい。

二人の間を同じ風が通り過ぎていく切なさを噛みしめたいだけなのだ

ただ、もし贅沢を言えるなら、せめて手だけはつなぎたい。

彼女の体温、皮膚、骨の感触を確かめてみたいのだ。

それ以上のことは一切望まないし、望もうとも思わない。

目の前にある美しさに、ただひれ伏して打ちのめされたいだけなのだ



どうしてこんなにも醜くおぞましい生物に成り下がった僕から、こんなにも純粋で苦しい想いを成長は消し去ってくれなかったのだろうか。

彼女が近づくことも遠ざかることも、今の僕にとっては苦しみでしかないのだ。

色々なことに慣れ、無感動で欲望だけに突き動かされている獣と化している今の僕には、あまりにも耐え難い苦痛だ。

ただ、一つ理解して欲しいことはこれは僕の欠陥ではないということだ。

人間がもともと持っている欠陥に、僕は振り回されているだけなのだから

会わない日が続けば、いつか必ずこの苦しみからは開放されるはずだ。

そう信じていた。



今朝、僕は大幅に寝坊をした。

からは大粒の雨がアスファルトを叩く音が響いていた。

すれ違わないという決断をしてからもう数ヶ月は経っただろう。

彼女は進級したはずだし、もしかしたら中学卒業してしまたかもしれない。

もしそうならば、僕はまた以前と同じ時間に出勤ができるし、彼女視線から身を隠す生活を続ける必要ももうなくなるのだ。

それを確かめるべく、僕はあの頃と同じ時間に家を出た。

そうしていつものように長い一本道に差し掛かると、僕の視線には道路の右側を歩いている見間違いようのない彼女が真っ先に飛び込んできた。

期待していなかったといえば嘘になる。

喜びと焦りが同時にこみ上げては僕の呼吸から自由を奪った。

遠くから少しずつ近づいてくる彼女を、視線の芯に捉えないように、それでいて視線からさないように注意深く追い続ける。

そうして彼女は、いつもの様に左側へと渡ってきた。



視線をさとられないように、それでいて不自然にならぬよう、僕は傘を前に傾けると少し顔を隠した。

歩調にあわせては時折上下する傘によって、お互いの顔は見え隠れを繰り返した。

前よりも少しほっそりと、色白になったように見えた気がした。

それによって、彼女が持つ儚げな雰囲気はより美しさを増したかのようだった。

それ以上覗きこみたくなる好奇心を理性で必死に抑えた。

これまでもう会わないという決断を守り続けてきたではないか

そのまま、あと少し耐えれば今日までの努力は報われるのだ。

しかし、そうしてすれ違おうという時だった。

突然牙を剥いた抑えていたはずの好奇心によって、僕の決意は湿気たクッキーよりも容易く噛み砕かれてしまった。

僕は傘を上げると、堪えきれずに彼女視線を送り、今の姿を焼き付けようとした。

そして、それを待っていたかのように彼女の顔を隠している傘がふわりと跳ね上がった。

気付いた時にはすでに、透き通るような輝きの瞳から迷いなく向けられた真っ直ぐで力強い眼差しによって、しかもこれほどまでに間近かな距離から今だかつてないほどの強烈さで 、僕は脳天を射抜かれていたのだ。



一瞬の出来事だった。

彼女は何事もなかったかのように、いつも通り学校への道を急ぐ。

歩きながらも、僕の目から理由もわからず涙がこぼれた。

すでに遠く後ろを歩いている彼女には知られることはない。

僕は、何か言いようのないもの支配されていく恐怖と喜びとが、同時に全身を蝕んでいくのに身を委ねることしかできなかった。

はてブ不思議

自分の気に食わない意見には重箱の隅を激しくつついてまで批判するのに、

自分と同じ意見には明らかな粗もスルーして同意するところ

なんとか大学物理学教授とか素直になんでも聞いて見たくなるけど

モンテッソーリ教育の国際免許持ってる教育学者って聞くと胡散臭く感じる。

教育界に関しては権威が付けば付くほど胡散臭くなる不思議

オタクっぽいバックパック

もろオタクっぽいバックパック背負ってたんよ。黒くてデカいやつ。

一眼カメラレンズ2本くらい入るようなやつ。

鏡に写る自分の姿はまさにオタクのもの

てか、この格好で都心歩いたらガチ職質ホイホイだね。

こんなバックパックはどうやってもオタクに見えちゃうよね。

そう思っていた。



去年のはじめ頃からダイエットを始め、減量にプラスになるかと思って筋トレジョギングも始めた。

13kg痩せて、生まれて初めて腹筋が割れた。割れ目が、割れ目が出来たよママ

あと、猫背矯正できて、まるで身長が伸びたように視線が高くなった。



先月、しばらくぶりに港を写真撮影をしに、あのバックパックを背負って横浜に行った。

ふと街中のウィンドウに写る自分の姿を見て驚いた。え、全然オタクっぽくないやん。

てか、このバックパック格好いいじゃん。

え、え、え、これがカメヲタ仕様の格好をした俺なの? おかしくない?



結論。バックパックは悪くなかった。

男のファッションは、アイテムより、まず体がどのくらい鍛えられているかの方がよっぽど大事だった。

ちゃんと鍛えていると、全身ユニクロでもなぜか格好がつく。不思議しょうがない。

とらのあな 20店舗

アニメイト 100店舗以上



これでなんで同人をオタが全員受け入れていると思えるのか不思議

名探偵増田

今朝のこと。

本降りの雨の中、駅へと向かう道中での出来事だ。



細い道から駅へと続く一本道に出ると、目に飛び込んできたカップルに対して僕は猛烈な違和感を覚えた。

おたがい年は30前後だろうか。

どちらも小奇麗にスーツを着こみ、はたから見ればありふれた社会人カップルである

しかし、この本降りの雨の中にもかかわらず、二人は決して大きいとはいえない女性ものの傘の中に身を寄せ合うようにして歩いていたのだ。

傘は出来る限り女性に寄せられてはいたが、二人の外側の肩はどちらもびしょ濡れだった。



そこで疑問が生じた。

この雨は朝早くから降っていた。つまり玄関を出るときには降っていたはずだ。

猿同然の性欲を持つ学生同士であれば朝からイチャつくの不思議ではない。

しかし二人の落ち着いた格好を見る限り、そうは思えなかった。

夕方には雨が止む予報だったか男性が持っていくことを渋ったのだろうか。

それにしてもそれほどまでに肩が濡れることを女性強要するとも女性が承諾するとも考えにくかった。

なぜ小綺麗なスーツの袖をびしょ濡れにしてまで、二人は小さな傘一つに身を寄せあわなくてはいけなかったのだろうか。



そんなことを疑問に考えながら歩いていると、ふとそのカップルが会話を始めた。

すると更に猛烈な違和感が僕に襲いかかってきた。

女性から男性に向けた言葉タメ口であるにも関わらず、男性は終始、敬語で返答をしているのだ。

ここは住宅街で今は通勤時間だ。

二人は家から駅に向かっていると考えるのが自然だが、その会話からみる関係からは二人は同じ場所に住んでいる間柄ではないということになる。

それならば考えられる理由は一つ。

二人が出発した家は女性のみが住んでいる家だということになるだろう。

それこそが傘が一つしかない理由だったのだ。



目の前の会話において未だに一方が敬語であるということは、二人は別々の場所に住む仕事上の関係であるにも関わらず、昨晩はわけあって一夜を女性の部屋で過ごすことになった。

しかし、今朝はあいにくの雨だ。

一人暮らし女性の部屋には当然男性物の傘はない。

また、たとえ女性物の傘がもう一本あったとしても、男性が一人でさすには抵抗があったのだろう。

しかも予報では夕方には雨は止んでしまう。

コンビニで新しい傘を買っても夕方には荷物になってしまうことにも抵抗があったに違いない。

その結果、二人は一つの女性物の傘に二人で入るという選択に至ったことで、後ろを歩く僕にその理由を悟られるに至ったのだ。

きっと、男性は下着や靴下に至るまで昨日と同じものを着ているに違いない。



しかし、一つ解せないことがある。

一方が敬語を使う間柄であるにも関わらず、なぜそれほどまでに二人は寄り添って歩いているのだろうか。

外側の肩をそれ以上濡らさないようにとするには、内側の肩があまりにもくっついているのだ。

恋人同士というには会話に距離ありすぎる。

仕事上の関係というには肩同士の距離が近すぎる。

一体二人はどんな関係で、なぜ昨晩を女性の部屋でともにしなくてはならなかったのか。

女性の部屋では昨晩何が行われたのだろうか。果たしてスーツを脱ぎ捨てた後も上司部下の関係は崩れなかったのだろうか。それとも男性スキルギャップ萌えトラップの餌食になってしまったのだろうか。

疑問はまだ尽きない。

http://anond.hatelabo.jp/20160622173246

コメにも書いてしまったけど、なんで羽織袴にしないのかと長い事思っている。

しかしたらオリンピック側で規定があるのかもしれないがアフリカ諸国なんかはいつも民族衣装で出てくるし、

日本世界に誇る民族衣装羽織袴/着物がなぜ採用されないのか不思議でたまらない。

私が考える理想オリンピック式典衣装はこうである

男子選手羽織袴、黒紋付羽織統一。(皆さんご存知と思いますが、紋付羽織袴は最高級の礼装)

女子選手振袖もしくは訪問着統一希望者は女袴を着用(袴はとても歩きやすい)既婚未婚はあまり関係なく本人が着たいものをチョイス。

女子選手着物はなるべく作家にバラバラに作らせる。この事により作家は名を売ることができるうえ、全国でそれぞれの伝統産業発注が行くことで地方お金がおちる。(伝統産業青色吐息なので、微々たるものだがないよりマシ)

着物は各個人のサイズに合せて作られるが、サイズをきちんと明記したうえでネット上でオリンピック終了後にチャリティオークションを行う。

選手の中には長身の人などもいるが着物は仕立て直すことが可能オリンピック選手が着たというプレミアからそれなりに買い手はつくだろう。

もしくは希望があれば選手自身が買い取り。

日本人は昨今ずいぶん体格が向上してきたが、それでも上背があり手足の長い諸外国選手と比べたらプロポーション微妙な人も多い。

しか着物はその弱点をいとも簡単に覆い隠してしまう。

男性が紋付羽織袴を身につけると、だいたい3割〜5割増しでイケメンになる。紋付羽織袴の凛とした風格は素晴らしいものがある。

とにかくかっこいいのである文句なしにしっくりくる。

一方、女性選手のほうは、色とりどりでかつバラエティに富んださまざまな着物が登場するので、さながらファッションショーのごとき雰囲気となる。

外国の人々は日本衣装の多彩さと斬新さに目を見張るであろうこと間違いなしである

着物をまとった人がいるとその場がパッと華やぐが、数十人単位であでやかな着物で登場するのはスーツなんかよりよほどいい。

別に着物業界応援したいわけではないんだが、選手団が着ていることで「着物、いいな」と思う人が増え、経済効果を産むかもしれない。

作家には新たな注文が舞い込むかもしれない。

いつもダサダサスーツを着ているよりよほど日本という国が印象づけられる。

国をあげての祭典なんだからこのくらいやってほしい。

2016-06-22

自分は大爆笑なのにブクマが一つもつかないのは本当に不思議



feita 自分の書いた文章爆笑どころか笑った記憶がない。

自分にすら受けないものを世に出して恥ずかしくないのか

午前中は精神の具合が悪い

時々午前中に精神の具合が悪くなる。

つらかったことをたくさん思い出したり、死にたいと思う。

そして12時になってお昼ご飯を食べるといきなりおさまる。

けがからない。

毎日規則正しい生活をして、7時間睡眠をとり、ご飯と味噌汁和食朝ごはんを食べている。

どうして午前中だけこんなに死にたいときがあるんだろうか。

しろ弁当になにか入っているのか。

不思議

恋愛無理ゲー

無理ゲー理由が3つある。



まずモテないという問題がある。

それはどうでもいい。物好きはどこにでもいる。無理ゲーというほどじゃない。



次に、好意を寄せられると怯んでしまう、という問題がある。

親身になってくれるのは嬉しいんだけど、そういった意味での好意をはっきりと示されるのはなんかだめだ。



最後に、私自身が、好きな相手との恋愛関係を望んでない、という問題がある。

恋愛とかするなら、互いにどうでもいいと思っている相手がいい。

別にきじゃないのになあ、とか言い合いながら、一緒に北海道とか旅行したい。



ていうか恋愛に興味がないのかもしれない。

相手ジェンダーとか関係なく普通に人を好きになるけど、恋人じゃなくて、むしろ親しい友人になりたいという気持ちがある。

どうしろというのか。死ねばいいのか。



話が合って、なんでも討論できるざっくばらんな友人が欲しい。



恋愛無理ゲーだし、恋愛理解できない。

友達失恋してずっと落ちこんでるけど、まあそれは当人性格問題もあるんだけど、不思議な感じだ。



私がもし好きな人に嫌われたら、まず落ちこんで、次にそれを抑圧するために、好きな人を内心で攻撃する。

そうやって自己正当化して、相手を嫌いになって、感情の波が落ち着いたら、また好きになる。



そこで終わりだ。

感情が一度落ち着いているので、思い煩うことはないし、その人に対する印象もまあまあフラットになっている。

ていうか、これが普通な気がする。どうなんだろう。



恋愛は難しい。

2016-06-21

http://anond.hatelabo.jp/20160621152011

不思議なんだが、よく自殺しないなあ。

なんで自殺しないでいれるのか教えてほしいわ。