「子供」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 子供とは

2016-08-28

きみの名は。ネタバレ感想

これ、RADWINPSのミュージックビデオだわ。

何曲そのまま流すんだよ、やっぱり委員会方式よくない、レコード会社ねじ込んでくるからこういうことに……って思ったけど

途中からミュージックビデオとしてみればいいんじゃないかと思い始めた。

秒速も山崎まさよしミュージックビデオだったしね。



観客の半分以上が若い女性客で驚いた。

高校生中学生くらいの女子グルーブが多かった。

あとはカップルが多かった。

男子グルーブはちらほらしかいなかった。

全体的に年齢層低めだったな。



ユキちゃん先生

自分の中で一番盛り上がった。

四国行ったんじゃなかったのかよ!

って思ったんだけど結婚して移住したんだろうか。

なぜ飛騨にいるんだろうか。

謎は深まるばかり。



映像

雨の描写とかは言の葉の庭のほうが美しいかもしれないが、天体ショー的な派手な描写では勝る。

人間アニメーションの動きが抜群にいいが、CGモデルトレースしているっぽい。めちゃくちゃ注意すると一部CGっぽさが気になる。

爆発シーンはゴジラ見た後だと……詳しい人お願いしま

こういうバランスで星を追う子供的なの見たかたかもしれない。



飛騨高山最高

はいい。美しい。

森林限界とかカルデラとか。いやあれ全部隕石跡なのか。



セルフパロディ

自己言及的。「新海の映画」の中でどこかで見たようなシーンとセリフが多すぎる。

具体的には「秒速五センチメートル」と、「空の向こう、約束場所」「星を追う子供

進化を感じない。前二作のほうがあがいてる感があったが。

大御所じゃないんだからもっと挑戦してほしい。

予算かけて売れ筋映画を撮るっていうのは挑戦なのかもしれないけど。



サービス

女子中高生向けなのにサービスシーンやたら多い。けどエロさを全く感じないので女子的にはOKなのかもしれない



自分の)年齢を感じる

秒速は心に突き刺さったのにこれには乗れなかったのは、年をとって大切なものを失ったからなんでしょうか?

と。ちょっと思った。



結論

庵野エヴァ以外をシン・ゴジラでまともに撮ったように、新海さんもこれまでの殻を破ったものを見たかったな

細田・庵野・新海。映画を完全にアニメ業界支配してしまった。

時代は変わったなぁ。


オタク監督出世しすぎじゃね?

しかも皆オリジナルだっていう。

漫画原作映画を作ってる実写畑の人たちは今の現状をどう思ってるんだろうか。

子供向けのアニメ興行ランキングの上位を占めているとかいレベルじゃなくて、大人向けまでアニメ出身の人が支配し始めてる。

宮﨑駿が唯一無二だったころは数年に1作品けが突出しているっていう状況だったけど。

トランスフォーマーアドベンチャー絶対国内で盛り上がらない

シーズン2が国内放送中だけど誰も見てねえ!

からもっと皆が見て盛り上がる方法を考えてみた。

でも考えれば考えるほどに、トランスフォーマーアドベンチャー国内オタクの間で話題になる方法がないというか、絶対に盛り上がるわけがないって結論に至る。

まずこのアニメ海外アニメ吹替で、幼児向けのいわゆるジャリ番だ。この時点でもう視聴者が限られてくる。

エロカワお母さんキャラ萌えロリキャラ目当てじゃないジャリ番オタってどのくらいいるんだろうな。

2016年アニメまとめみたいな記事を載せてるニュースサイトブログでは、軒並スルーされていた。

その上にアニマックスで見る組と、YouTubeで見る組と、もう見た(海外版違法視聴)組の三種類がいて、話題に時差がある。

シーズン1の前半・シーズン1の後半・シーズン2と、3ヶ月分を3ヶ月~半年空けて放送しているのも、国内の視聴スタイルとは合わない。



視聴者アニオタからトランスフォーマーオタに限っても厳しい。

なにせ今年は映像展開と並行して展開されている別の企画大人ターゲットに入れたリメイクシリーズ好調だ。

大人としても子供向けの『アドベンチャー』に構うより、旧作リメイクを追いたいだろう。それが人情ってもんだ。俺だってフォートレスマキシマススーパージンライで変な声出たよ。

それに国内版『アドベンチャー』には前作『プライム』の続編ではないという致命的な弱点がある。

前作『プライム』は暗く大人びた画面作りと、シリアスで時に残酷ストーリー展開と、マニア好みの壮大な裏設定を匂わせた結果、少なくとも大きなお友達からは絶大な支持を得た作品だ。

一方の『アドベンチャー』は明るくコミカル演出と、ほぼ一話完結で分かりやすい話、裏設定は採用するが表面的にはそれを見せないなど、原語版からして子供に向けて作っている。

しか国内版『アドベンチャー』では、更に前作との繋がりを無かったことにしている。こんな普通の子供向けアニメトランスフォーマーの死骸に人間を埋め込む話で大喜びする大人が好んで見るとは思えない。

あーどうにかして盛り上がってくれねーかなー! 要介護プライムの話とかしてーのになぁー! ウインドブレードいいよねしてぇなー! ハイパーサージってなんだよあれ。

登山経験ある奴からのパッと見の24時間テレビ富士登山感想

スペック:大学時代月1で登山する(登山系の中では)ゆるめのサークル所属

富士山登ったことない。テン泊で65リットルくらい?のザック背負って北アルプス登ったくらいの山にわか高校の体力テストDだったのでそれでもきつかった。

ぱっと見思ったのは「健常者の大人ですら登山しんどいのに、それを1合目から、大雨の中子供に歩かせるのはどうなの」ということだ。


「天候」

まず気になったのは天候である。大雨で登山はまず足元が滑りやすくなるため危ない。プラスして長時間低体温症で動けなくなる…なんてこともあるだろうし危険である

そして何より楽しくない。ウチなんかは緩いサークルだったので登山で綺麗な景色が見たいーって思う人が殆どで、雨が降って景色が見れないと「最早修行だなwww」と笑っていた。自分もそう思う。そんな修行子供体験させるというのはあんまりにもな所業である

また、自分たちサークルでは夏登山8月前半、遅くても中盤までに終わらせるようにしていた。理由は後半になると台風先生にやられる確率が上がるからである。まあ早くても運が悪いとやられてたんだけど。ひどい大雨なら中止…なんてことも良くあったが、テレビが関わっている企画果たして中止が易々と出来たのだろうか





難易度

あと気になったのは難易度の高さである富士山サークル女性の先輩曰く「酸素ボンベがなければやられていたぜ…!」だったという。酸素が他の山よりも薄いことがダイレクトに体力を奪ったらしい。「ヤマノススメ」という登山漫画でも女の子富士登山中に高山病罹患し泣く泣く富士登山を諦めるというエピソードがあった。(まあ漫画からって言われたらそれまでだけど)そんな大人、十代の少女でも苦労する山を恐らくそんなに体力のない子供に登らせて大丈夫だったのだろうか。

下山問題もある。登山は山頂登って終わりではない。下山結構な体力を使うのでけして楽ではない。体力ない奴だと足がガクガクになる。また下山は登りの方がやって来たら端に避けて、登山者が通過するまで待たないといけないのだがこれも何回もやられると足がやられるし、下るのに時間がかかってしまう。自分北アルプスを1日で一気に下った時に最後の方で尻餅をついてしまったのだが、足に力が入らずしばらく立ち上がれなくなってしまったという感じだ。足が弱くて座ったら立ち上がれなくなってしまった祖母介護したことがあるが、その時の祖母気持ちが分かったような気分になった。本当に力が入らなかった。




安全

さらに山には「救急車」を気軽に迅速に呼べない。例えばしんどくなったとしても、サークル登山とかで尚且つまだ歩けそうなら車道がある道までとか歩かないといけない。最悪ヘリコプターのお世話になる。24時間マラソンは辛くなったら即辞めれるし救急車も呼べるからまり死の危険はないが、山だとそういう救援がすぐにやってこられないので死の危険度は上がっている。子供なんて大人より体力なくて体調崩しやすいのに救急車呼べない状況に落とすのはヤバイ気がする。

因みに体力テストDだった自分下山してからだが、疲労で38度の熱を出したことがある。

24時間の子供が心の底から富士山大好き!制覇したい!という子供だったら救いはあったのかもしれないが…ていうか思ってもそんなん安全考慮して止めろよとも思う。


そもそも24時間子供ハードなことさせる企画自体やるのに良い気分はしない。もしそれでも24時間登山子供やらせたいなら、「登山が好きな子供に、もっと低い山で、天候の良い日に(台風の来ない時期に)登らせる。そしてその録画を本放送で流すべき」だろう。天気の良い日に登らせた方が登山きな子供だったら景色見れて喜ぶかもしれないし、大雨真っ白な画面よりはテレビ映えもするだろう。

しかし大菩薩下山ですら大学時代足がガックガックになった身としては、やっぱテレビ企画という失敗があまり許されない奴で子供登山させるのなんてやめた方がいいと思わざるをえない。まあ何言ってもやめなさそうだけど。



余談だが北アルプスとかでも親子でイキイキと歩いてる登山者かいて、後ろで死にかけてた自分はいやあ子供って体力ある子はほんとすげーなと尊敬しました。

http://anond.hatelabo.jp/20160827221613

新海誠が描くのは恋愛でなく妄想からですよ。

彼の世界ではきっと、子供コウノトリが運んでくるのです。

子供の頃にイメージごっこ、妄想遊びをやったことがない、知らない人種がいる。

自分からすると信じられないことで、概ねそういう人達はいわゆるリア充よりの気質を持っている。

それがイケメンであったりする要素は加味されない。

ただ社交的でつじつま合わせがうまく、現実以上のことは何も起こらなくて、平気でイメージ人種バカにするといった具合だ。

この人達、今あるものに馴染んでゆくことはとても上手だ。

だけども今あるもの以上のことに希望を持たないし、想像もできない貧弱な感覚もつ人達でもある。

おまえそんなことやってんの、ありえねーというレッテル貼りも非イメージ人によくある傾向で、枠内の補強された自分を信じて疑わない。

まさか自分世間に合わせるのがうまくて、そのおかげで自分というフレームは強化されて強く見えるだけかもしれない、という想定すらできない。

ただ世界からはみ出している人達と、世界に乗れていて疑わない自分、という意思なきレール上の世間意思が横たわっている。

イメージのない人は世界というより世間のものになっており、自分というもの世間ノーマライズされていることを疑問視しない。

まして自分から世間に合わせようと努力したりもする。そこに子供の頃持っていた感覚が失われているという郷愁は一ミリもない。

郷愁がある人は子供を取り戻そうとして言いようのない苦しみに襲われるが、想像しない世間に合わせる人は未来がなくレールだけがあるので何も苦しまない。

その代わり彼らは生きながら死んでるし、それなりの楽しさをこんなものだろうとそこそこ満足しながら社会をいい加減に回してゆく。

この世はある一定ルールが正しいという鳥かごの中にある。多くの死体が口をそろえてそういえばそうなるという世界しかない。

もう夏休みが終わりですね

子供を「しつけ」と称して山に置き去りにして大騒ぎになった家族のこと、覚えてる人はいないよね?

「まだ若いんだからなんでもできるじゃん」

若い頃のネガティブ自分に会ったら、思わずそう言ってしまうと思う。

大人になると、個人の力の限界や、他の人との差はそのなに大きなものではないと知る。

世間でいいとされているものは必ずしもそうではなく、感じ方もひとそれぞれで自分に合ったもの選択すればいい。

”今の記憶を持ったまま”若いころに戻れたら、どんなに素敵なことかと夢想する。

 

しかし、よく思い返したら、若いころはいっぱいいっぱいだった。

優劣の差が明確につけられるし、自己肯定感なんて無かった。

弱いと切り捨てられるから堪えるしか無かったし、外の世界も同じようなものだと思っていた。

自分が好きなものは好きだと思ってはいけないものだと思っていた。

感情を偽らなくちゃいけないから、道理で動かない人間に対して攻撃になってしまっていた。

 

今でこそ、外の世界に出たからこそ、子供時代が狭い世界であり、特殊世界だと理解できている。

だが、狭い世界で生きている人間にそのことを理解させるのは難しい。

仮に、ある人物がいきなり現れ、

「この世界は実は仮想世界なんだ。今すぐ死ね現実世界に戻れて、もっと生きやすいし楽しいよ」

そう言われて信じられるだろうか。

いじめに遭ったことどもに対して、「狭い世界からもったいない」、「逃げればいい」、そうアドバイスする気持ちもわかる。

それも彼らにとっては信ぴょう性のない言説に過ぎないのだ。

自己肯定感の低い者に対して、可能性なんてもの自分がっかりさせる得るギャンブルに過ぎないのだろう。

 

結局のところ、若いからなんでもできるかどうか、それを理解するには時間がかかってしまうのだ。

もちろん個人差はあるだろう。

しかし、落ち込んでいる若者に、「若いからなんでもできる」と言うのは戯言でしかなく、

彼らを励ますという目的を達成するのであれば、それは説得力はなんたるかを考える必要があるのだ。

 

 

たけを

小説版君の名は。」読んだ。ラノベだった。

要するに子供向け。

映画版がどれほど違ってるのか知らんけど、学生カップルが見るならきっと楽しめるのだろうと感じた。

 

リアリティが無いとかストーリーが浅いとかい批判も「ラノベから」の一言で済む話。

映画の予告を見た時点でこれは俺にターゲティングされた作品じゃないなとは分かっていたものの、

ちょっと話題になっている感があったので一応ストーリーを追ってみたらまあ案の定といったところ。

先送りグセ

本日10時に義両親がくるのに家の中ひっくり返ってる

子供と一緒に寝落ちしちゃって、運良く3時には起きてたのにそこからsns2ちゃん巡回しかしてない

部屋片付けて、お昼ごはんの下ごしらえまでしておかなければいけないのに、私ときたらいつもこうだ

挙句、昨晩は風呂にも入っていない

うおおおおおおお

結婚してもしなくても子無しが正解。

自分が生まれて育てられてきておいて何だが、今の日本社会は産むのも育てるのも生きるのもしんどいのに、わざわざ子を持つ理由がない。



本能とか子孫繁栄かいうやつは理性がなさすぎ。

つべこべ言わず産んでから考えて生活してる人が大半だと思うが、それで何が得られて何を犠牲にしているか考えても同じこと言うだろうか?



こういった時の反論の1つに、子供かわいいとか育てて一人前というような「経験してみて初めて分かって、自分も成長する」のような宗教観に近い自己啓発論。



自分の息子・娘が何事もなく、己が思う真っ当な人生を送れるとでも思ってるのが甚だしい。

君たちは自分の息子・娘が性欲を満たすために暴走したり、メール無視されたから殺してやったり、マットやコンクリートに沈めたり、誰でも良かったから殺してみたかったとか、金に困ればすぐ股開いてビデオ撮らせるとか、無関係だと思っているのか?

犯罪でなくても、タバコの火で部室燃やしてしま指定校推薦で入った高校なのに甲子園行けず無期停学になりましたとか、深夜のスーパーで騒いだネタ炎上してニートになるとか、ありえないと思っているのか?

そういうのは自分とは無縁だと信じて疑わない人に限ってN=1の再現性のない子育て論を大事に抱えてる。



またバカな子無しが適当なこと書いてると思う者もいるだろうが、それが子ありの人なら、明日ご子息・ご令嬢が犯罪なり揉めごとを起こして警察学校から連絡がこない理由があるかね?

今どきは15歳まで医療費無料だったり子供手当など支給されたこともあったり、少子化公立学校なら一人当りの単価が高い授業料税金負担してたり、昔より税金が使われているのに、自分の息子・娘が社会不良債権にならずに税金年金を納められるほど、(それぞれが思う)まともな教育を受けて仕事につけられるかね?

まともな教育仕事につけたとして、自分の息子・娘だけはなぜ社会不良債権にならずに真っ当な人生を歩めると思っているのか、その根拠が知りたい。



年金を納める話をしたが、子無しの分際で年金もらおうなんてクズだと意見もあるだろう。

そもそも子がいたって、あなたの子供は年金納められるだけの価値を生み出してる子供なんですか?って話だ。

例えば、年収たかだか300-400万だと納める税金年金より当人に使われる税金の方が多く、同等額の税金を納める人は人口の数%なのに、それでも子無しが社会に貢献していない論調勘違いが過ぎる。

しろ税金で生かしてやっているのこちら側だ。

税金優遇を受けているのに社会還元できませんて、そんな人に税金使うな。

私立Fラン大学であろうと、文科省から助成金受けて高等教育受けさせてるのニートのままにさせておくな。



あと、実質的介護の話で、自分が老いたり介護必要になったら家族な手助けが必要だというが、子ありの君たちは介護させるために子を持つのか?

子に自分介護を当てにしながら生きているのか?と問いたい。

子ありほど独身や子無し世帯バカにしている風潮にしているが、こちら側からすれば、今の日本において子ありほど人をバカにした生き方はない。



子供かわいい

小さい子供でも高校生でも自分の子供なら尚かわいいと思うだろうが、生活子供リスクしかないし、他人の子供は迷惑存在しか過ぎない。

不倫殺人と同じだと思う

そういう気持ちを吐き出したくて、初めて書く。


数年前、配偶者不倫が原因で離婚した。

すごく大好きで、うまくやっていると思っていたのに、ある日、不倫相手から私へメールがきた。

お前の旦那不倫してる。お前は惨めなやつだよ。これを見ろって、ベッドでいちゃつく女と元夫の写真が添付されていた。

ついでに、女のフェイスブックには、「道ならぬ恋に落ちてしまったわ」、みたいな内容のポエムと、

捨てられたのにガタガタいうあの醜女(私のこと)は本当にみっともない、みたいなことが書かれていた。


しかった。辛かった。

でも、元夫が心の底から謝れば許していたと思う。

でもダメだった、子供が出来たんだって


私の魅力がないせいなのか、どうすればよかったのか、最も信頼していた人に裏切られるなんて私は生きている価値もないのだな、

あいつらを呪い殺せないかな、そんなことばかり一万回以上、毎日考えた。

今でも、その時のことを思い出さない日はない。


ずっと一緒に暮らしていけると思っていたのに、家族だと思っていたのに、ある日突然、さようなら

例えるなら、親兄弟、友人、信じている人全員から突然、お前なんかいらない。もう二度と会わないと言われて、

それが本当に実行されたてしまったような、恐怖。


あの時、あの女からメールが来た時に私は一回死んだのだ。

心の傷が治ることはない。今でも血を流し続けている。ただ、傷口から目を背けられるようになっただけ。

あいつらは私に指一本触れていないけれども、殺人に等しいことをしたのだ。

たとえ慰謝料という名の僅かばかりの金を払ったとしても、何を償えるというのか。


あいつらはもう私のことなど忘れて楽しく暮らしているのだろう。

たとえ思い出しても、若かりし頃の恋の障害、甘酸っぱい思い出としてしか思い出さないだろう。

そして私は、一人でどうにか生き返ろうと、今もあがいている。

しかしたら、生き返ることができずに、このまま肉体としても死んでいくのかもしれない。


不倫するやつは一番身近な、自分が守ると誓った相手も平気で捨てる。

欲望制御することができない。きっと、本当の殺人だって、何かのきっかけがあればやるだろう。


から、私はテレビや身近で不倫話題が出た時には、積極的批判するようにしている。

飲み会で、実は不倫している、みたいな話を誰かがしようものなら、真顔で「最低だね。人間のクズだね。」て臆面もなく言うようにしている。


それで、1人でもこんな思いをする人がいなくなれば幸いだから

2016-08-27

ハリウッド水準作に一瞬で吹き飛ばされたシン・ゴジラ

シン・ゴジラ最大の失敗は、ゴジラ人為的ゴジラだったことだ。

放射線被害で妻を亡くした牧教授なる人物が、日本への恨みを晴らすために

海底深くに眠るゴジラを起こしてしまったのがゴジラ出現の原因だが、

この設定によって、ゴジラ神秘性が徹底的に失われてしまった。

シン・ゴジラ人間に屈しても仕方が無いスケールの小さなゴジラなのだ

加えて、背中や尾からビームを出すのは弾幕STGの敵キャラのようなフィクション性で、

生物の実感が無い。

 

二番目の失敗は、一般市民死体を出さなかったこと。

一般市民凄惨な死に様や死体を見せないと、ゴジラ人類を恐怖に陥れている感じがしない。

事実シン・ゴジラでは日本官邸ゴジラしか存在しないかのような箱庭感があった。

 

芸能人アニメライターらがシン・ゴジラを絶賛する一方、インテリ教養人らは慎重な態度を見せている。

この市井の反応がシン・ゴジラ価値を表しているのではないか

 

 

シン・ゴジラの出来にもにょる一方、ゴーストバスターズ面白かった。

主役の四人は存在感が抜群で、この四人で女版Aチームを作ってほしいぐらいだ。

クリスティン・ウィグは可愛いし、ケイト・マッキノン目力鼻力が強くてかっこよかった。

終盤のゴースト大量出現からマシュマロマン出現の流れは3Dじゃないと楽しめない感じの作りで、

2D字幕の私は置いてけぼりをくらったし、ゴーストが消えて街が元通りに再生するのは

御都合主義が過ぎると思ったが、その他は概ね満足した。

このレベル作品が当たり前のように出てくるアメリカに、卑しい日本が勝てるはずが無い。

 

キャラクターの魅力も段違いだったな。

日本エリートは爺臭いスーツで歯が汚くて個性が無くてとにかくかっこ悪い。

それに引き替えゴーストバスターズは、大学をクビになりながらも子供のころからの夢を選んで

ビビッドに生きている。地下鉄職員レスリー・ジョーンズも、自分人生を変えるきっかけを

見つけたら即座にゴーストバスターズ転職したし、その主体性と行動力が本当にかっこいい。

俺の生き方価値観ゴーストバスターズに近いから、俺は彼女らに肩入れせざるをえない。

http://anond.hatelabo.jp/20160827113920

幸せと感じることは日常的にいたるところで感じれるが数年間忘れられない幸せを書く

それは近所のスーパー自転車で買い物に行ったとき自転車置き場で起こった。

入り口には小さい子供2人を連れた若奥さんがいて買い物袋をかごに入れて1人の子供を前のシートに乗せてる最中にもう一人の子供は子供であるがゆえに落ち着きがなく子供であるがゆえに周りは見えずぼけーっと立ってた。そして俺は自転車置き場の奥の方に空きがありそうだから奥の方に停めようと思ってた。途中ではあるが疲れたのでこの辺で終わりにしようと思う続きはまたいつか

空気うまい」が理解できない

北海道で生まれ育った。子供の頃は、地元の山に行くと大人たちが「空気うまい」とよくいった。

実家は山の目の前にあるため、山に登っても空気がどう違うのか理解できなかった。

山に登っても土臭いだけ。親に聞くと、「同じ北海道だ、どこいっても大して変わらん。山に登って大袈裟に言ってるだけだ」という。

二十歳を過ぎると、東京での就職が決まった。俺より先に大学進学のため上京した地元の友人たちは、口を揃えて「東京の空気は汚い」「北海道に帰ると空気のうまさを実感する」という。中には「北海道から羽田空港に着き、飛行機を降りた瞬間に空気が変わるのがわかる」という奴までいる。

空気がどう変化するのか楽しみに東京へ向かった。羽田空港に到着すると、さっそく外にでて思いっき深呼吸した。

北海道と何も変わらない。別にガス臭くもないし、空気が重いとも思わない。気持ちよく深呼吸できる。

誰だ、東京の空気は酸素が薄いとか言ったやつは。

都心に行けば空気が違うのかと思い、渋谷新宿池袋に行っても変わらない。

唯一、友人が住む江東区に遊びに行くと、住宅街の中なのに側溝から強烈なドブ臭さが放出されていたが、別に側溝から離れれば北海道と何が違うのかわからない。

俺の就職先は超ブラックで、実家には2、3年に一度の正月しか帰れない。年末年始ゴールデンウィーク、盆など連休シーズンは全て繁忙期であり休むことはできず、他に連休をくれるわけでもない。2、3年に一度、正月に「たまには実家に帰ってもいいよ」と言われて特別に帰らせてもらう。

上京して2年後の正月実家に帰らせてもらった。東京の空気にもしっかり馴染んでから北海道に帰れば空気の違いがわかると思ったが、やっぱり違いはわからなかった。

東京の夏は北海道と比べ物にならないくら暑いが息はしづらいとは感じないし、

東京空気が汚いとはいえ同じ日本だ。中国ほど大気が汚れているわけでもない。

東京の食い物はまずいとも聞いていたが、元々北海道にいた頃も近所のスーパーの激安品しか食っていない。子供の頃から東京で売ってる食品と同じものばかり食って育った。北海道スーパーにある野菜も、結局は千葉県産群馬県産などが並び、東京スーパーと変わらない。北海道産野菜があっても、よくわからないブランド品ばかりで高価なので買う訳もなく、いつも安い千葉県産中国産を買う。食品物価が大きく変わるわけでもない。

結局、北海道に住んでいても地元の新鮮なものは高くて滅多に食えるものではない。寿司だって北海道にいる頃から100円回転寿司しか食ったことがないので、東京の100円回転寿司北海道で食っていた回転寿司と変わらない。(かっぱ寿司だけはゲロマズで食えたものではなったが、会社のやる気がないだけだろう。)北海道に住んでいながら、食の環境東京と全く変わらないので、東京に来ても変化や不便はなにもない。

やはり日本国内で「空気うまい」「東京料理はまずい」というのは、大袈裟に言ってるだけだと思う。

東京にもう7年住んでいるが、たまに北海道に帰っても「北海道特別空気が良い」とは思わないし、「北海道料理特別うまい」とも思わない。

http://anond.hatelabo.jp/20160827164240

これ、純粋に分からいから分かる人に教えてほしいんだけど、

(1)高濃度テストステロンを「投与」された結果、攻撃的になって事件起こしたら誰がどういう罪になんの?

・本人も知らない場合…たとえばオリンピック選手コーチから筋肉増強のため「合法的栄養剤だよ」と騙されて注射されてた場合とかなら?

(2)第三者が、本人にテストステロンがどばどば出るような食事生活を送らせることで、攻撃的な性格にした結果、その人が事件を起こしたら?

・これも本人があずかり知らないところで、たとえば妻がDVを起こさせ有利な条件での離婚を企んでそのようにしていたとしたら?

(3)生まれつきテストステロンがどばどば出る人が攻撃的な性格に育って、事件を起こしたら?

・ちなみに、事件抑制する治療を受けたところ、実際すっかり穏やかな性格になったとする。本人は「子供に適切な診察と診療を受けさせなかった」として虐待のかどで両親を訴えるつもりとする。

(4)器質的には特に目立った問題がないが、性格面で子供のころから妙に性欲が強く自制心が弱い子がいたとして、そのまま成長して事件を起こしたら?



同じく「ある人に生まれつきの問題があり健全社会生活を送ることが困難である場合、いつ誰がその人の『ハンディ』を修正する責任負担するのか。両親?本人?周囲の人間? それとも社会全体?」という問にはどう答えるのが正しいのか。ケースバイケースなのか。


(追記)

すごく早く回答がきてびっくりしました。ありがとうございました。3人のトラバを見ると、要は「薬物の影響下であっても自由意志存在が認められない程度でない限りは本人責任」ということになるんですね。人間の理性や「自由意志」に対する法の期待ってなかなかすごいものなのですね。「気分」なんてもの人間が左右されることは想定していないという。

後者問題(ハンディ責任は誰に?)についても同じように考えることになるんでしょうか(自由意志存在意志支配可能なことについては100%本人責任?)。今回の事件犯人である彼の性格一種の「障害」とみなすことはできないのか、その場合一般障害責任を本人に100%背負わせないように、本人以外にも責任分散させるという考え方はないのかな、と思ったんです。

(追記2)

テストステロン男性ホルモンだよ。体つきごつくなり筋肉ついて性格好戦的になるとか言うよ。

ホモ痴漢された記憶 ~自分は35%のホモとは同僚にすらなりたくない側である

最初に断っておくと、これは直近でも10年以上も前の話で、今ほどホモ市民権を得ている時代の事ではない

現在の俺は三十路も後半のオッサンだが、1020代の頃はジャニーズばりの童顔イケメンで女にもモテ

しかし童顔イケメンが好きなのは、何も女ばかりでもなかったらしく嫌な思いもかなりした

その記憶を並べてみたい。

ホモ理解しろって連中は、ぜひ、こいつらの相手をしてやってくれ


1度目、おっさんパンツを脱がされる

小学生の頃のこと。いたずら好きな子供たちであつまって、いつものように性質の悪い遊びをしていた。

大人にそれを見とがめられて怒られていた時、俺だけ「服を脱げ」と怒鳴られた。

訳が分からないが怖いので、とりあえず言われた通りにした。

初めは尻を何度か叩かれたんだけど、おっさんの手が俺の股間に伸びて触れ始めた。

子供には何の事だか分からないけどひたすら怖くなって、そのまま裸で走り出して家に帰って大泣きしながら母親に話した。

その後、おっさんを見る事はなかった


2度目、書店にてホモ雑誌片手に追跡してくる豚禿げ

俺がまだ中学生だったころ、高校受験の為に塾へと通っていた時の事

当時の彼女と同じ塾に通っていた俺は、塾の後に書店によってサッカー雑誌立ち読みしたりしつつ、彼女が出てくるのを書店で待つ日がよくあった。

いつものようにサッカー誌を立ち読みしていると、隣に禿げ散らかして肥ってるオッサンが来て、同じように雑誌を読み始めた。

良くあることで、最初は何にも気にしてなかったのだが、しばらくすると違和感を覚える。

それは、豚禿げが明らかに自分が読むためではなく、俺の視界に入るように雑誌を広げていることに気づいたから。

嫌でも視界に入るものを見るとホモエロ雑誌、胸糞悪くなって立ち読み場所を変えると、ついてきて同じことを繰り返す。

まら雑誌を畳んでどこかへ消えようとした時、腕を掴まれて「こういうのに興味はない?」とき

「か、彼女が居るんで!!」と大声で叫んで、腕を振りほどいて逃げるのが精いっぱいだった。

ホモナンパとか生まれて初めての経験で、死ぬほど怖った



3度目、映画館から出たら腕を組んでくる肉ダルマ

時代は変わって、高校生の時のこと。映画鑑賞にハマっていた俺は、レイトマラソンで公開されていたマイナー映画を一人で見に行った。

そんなに多くの人が居る訳でもない映画館なのに、わざわざ隣に座ってくる男があったが、たいして気にもせず映画を2本見て外へ出た

すると、先ほどの男、よく見ればかなり筋肉質の男が、後ろから腕を組んでくるではないか

びっくりして、「え?何?なんなんだよ!」的なファビョり声を発すると、更に腕をがっしりと掴んで「これから一緒に遊ぼうよ」とかニヤニヤしてぬかす

「やめてくれ!誰か!」と叫んで、思いっきり突き飛ばして腕を振りほどいて、全力疾走した。

サッカー試合でのスプリントより数段速かったに違いない。

ホモナンパは、何度味わっても本当に怖い。



4度目、満員電車で股間を擦りつけてくるリーマン

同じく高校時代電車通学をしていた時の事。朝の満員電車に揺られていると、腿から尻に何かを擦りつけられている違和感を覚える。

傘か鞄かと思ったが、それほど堅いものではなく、指ほど細いものでもなく、腕ほど太い訳でもない。

これまでの経験もあり、即座に気づいた。振り向いてネクタイを掴んで、「分かってんな?次で降りるぞ」と怒鳴り、引き釣り下して駅員に突き出した。

会社には言わないでほしいと泣きつくリーマン無視して、後は警察と駅員に任せた。

その後、示談で話は終わり、俺は片道10㎞以上を自転車通学するようになった。

この時履いていたズボンには精液がついていて捨てた。


5度目、襲い掛かってくる後輩

時は変わって大学時代、部の後輩に恋愛相談を持ち掛けられて承諾し、俺の家で飲んでいた時の事。

カミングアウト告白を受けたが、彼女もいるしだいたい生理的に無理だし、これまでの経験から絶対にあり得ない、と回答した。

部をやめた方がいいか?と聞くので、

「辞めなくてもいいが、俺がお前と話すことはないし、声をかけられても無視をする。何があったのか?と問われれば、俺の経験も含めて、ありのままを話す」

と答えた直後、殴りかかってきた。何発か殴られる程度は構わないかと思って、防御に徹してると怒りの暴発ではなく、犯そうとしてるらしい。

押さえつけて頭を冷やさせ、退部届を書かせた。以降、顔は見ていない


6度目、ホモ上司の恐怖

疲れてきたのでやめとくw


LGBT職場にすらいて欲しくない

何度もホモに何かをされてきている。痴漢だったり、強姦未遂だったり、セクハラだったり。

これらの経験から、俺はホモ死ぬほど嫌いだし、ホモだと分かれば全力で区別差別とは言わない)する事にしている。同僚としても知人としても扱わない。奴らは汚物で性欲の塊。

昨日も朝日新聞の、LGBT職場に居て欲しくないという意見が35%というアンケートに、多くのブックマーカーが「理解してないから」だと食いついていた。

俺はホモがどういう連中かを、嫌というほど理解させられてきたよ。

分かり合え理解しろと言うなら、君らがまず汚物もの性欲を処理してから言ってくれ。

それとも、君らは俺が襲われたホモたちに体を差し出して理解を深めてきたのか?

俺が味わってきた不快感よりも嫌な思いをして、それでも尚、ホモを受け入れてるのか?

追記

敢えて書いてないけど、他にも色々と大小あったわけだよ。女との間にも、恋愛ではアレコレあったけれど、別で書いたように青春の1ページに収まる思い出に双方出来てると思う。

俺程度でこのざまだからジャニーズ事務所アイドルたちなんかは、もっと酷い目にあってるんだろうなと思う。

女も男もアイドルは大変そうだわ

http://anond.hatelabo.jp/20160827130127

こないだの貧困JK騒動みたいに「スナック感覚で善人ヅラ出来る案件」には角砂糖に群がるアリのようにうようよ出てくるよな

ちょいとそれに突っ込むと、お菓子を取り上げられた子供のように烈火の如く怒り出すし

君の名は。見た。薄気味悪い感動系の駄作

すごいめちゃくちゃで、ふわふわとした話を圧縮して(いるかのように騙されながら)、勢いで見せられたという感じである

思いつくまま適当文句を言います。誤字脱字はスルーしてください。読みやすさは保証できません。

単純に、これ、この二人の恋愛物語が、なんでこういう話でないといけなかったんだろうって思ってしまった。現実世界写実的アニメビジュアルで美しい世界でやっていればいるほど、プロットが進めば進むほど、リアリティがなくなって、ふわふわしてくる。秒速5センチとかは、ファンタジー要素は、クズ主人公理由もなくモテること以外は別段、物語存在しないから、ああいうクズのナルシシズム物語として説得力があったが、君の名は。みたいに大きな舞台設定をコントロールする力量がないからもうひたすらめちゃくちゃで、あきれる。なんか最後の方とかエヴァもどき精神世界みたいな描写とかもあったし。2016年あん描写見て、何を説得したいのか謎だった。もっと普通のドラマ描写を作って言いたいこと言えよ。

もし、これがテレビアニメ1クールだったら、予算も時間も潤沢でなく、画面にオーラもなくお得意の映像美もろくすっぽ使えないだろうから物語面が強調されて、みんながアレコレと粗を突っつくので「すごいきれいな映像の映画を見た!」っていう勢いがなくなり、凡作認定されていただろう。元々新海誠みたいなのって、エヴァンゲリオン村上春樹を創作のよりどころにしているような、たいして才能のない作家であって、自意識過剰独りよがりな恥ずかしい妄想物語を構築しようとする奴が一人で短編アニメをそういう感性で作ってそれが玄人筋セカイ系だのと変な刺さり方をしたせいで、なまじポエムとかキラキラした画面作りがうまかったせいで長編アニメ映画作家としてのレールに乗ってしまったのが間違い。このあたりの、「アニメーション映画作家」のブランド化を擁立する回路と発想の貧しさってかなり根本的にどうしようもないことになってると思う。漫画みたいにさ何十人何百人と作家がいるんならいいんだけど、新海誠って、ただ異様に夢見がちで異様にロマンチストなだけでしょ? それがこのひとの作家性でしょう? 東宝が大衆向けに成立させるためにいろいろテコ入れ指導しただけで、悪いところは何にも治ってないよ。寝取られ趣味指導されてセルフパロディで両想いハッピーエンドなんてところは作家の力量の場所じゃないだろう。

君の名は。にしたって文芸的な発想として、基本的にやってることは、ぶっちゃけ今やってるアニメだとリゼロあたりとほとんど変わらない。何か一つか二つ、使い古された仕掛けを元ネタとして、そこに自分の価値観人生観恋愛観青春家族観女性観男性観などを展開していく土台にするわけだけど、この映画雰囲気しかない。ひたすら美しい彗星を見上げるキミとボク、っていう。あそこから恋愛物語を出発させていくんだけど、それが、あの映画。40過ぎた男が「オリジナルで」やるのが、あれ。背景美術の美麗さ、超豪華アニメーター陣の画面の力をとっぱらえば、何がある? 単なる借り物の想像力自分語りしているだけでしょ? その自分があまりに貧相なんでもうつらいつらい。

 

ポスト宮崎? つまり20年後の国民的な映画作家? 本当にこの人でいいの? まあジャニーズ帝国みたいにジブリ帝国だった時期があるせいでこういうことになってしまったんだろうけど、画面作りに非凡な才能があるというだけで、大した教養もない奴を神棚に飾らなければならないカリスマ祭り上げる発想が薄気味悪いし居心地悪いしもう最悪。

コイツ一度でもテレビアニメの平均的な予算と時間やらせたほうがいいわ。君の名は。ではこれまでついてきてくれたアニメーターたちを切り捨てて東宝マネーであてがわれた超豪華なメンツアニメーター引き連れて興行収入はこれまでの最高が1,5億を初日だけで軽々と塗り替えるくらいの大宣伝攻勢。プロデューサーたちは頑張ったよねえ。シン・ゴジラより興行収入あげちゃうかもしれないんだから。宣伝はうまくいったよね。口コミはどうなんだろうなあ。シンゴジラみたいになるのかなあ。どう考えても駄作だけどなあ。

本編のうざったさは、まず、入れ替わりの際の決まりごとの曖昧さ、具体的なルール法則性の明示のされなさ。これにいらつく。元に戻れば記憶が薄れるとか、バカにしてるだろ。

他人と入れ替わったのに学校に行きバイトに行き、お互いの素性を知っても連絡を取ろうとしない。そんな日常を代行するくらい打ち解けても自分が生きている時間や日付に気付かないという脚本がわざと主人公たちをバカにしていて、もう序盤で冷めていた。写実的アニメのくせしてこのラインリアリティの話なんだなと。思春期の男女が入れ替わって? 家族や友人がそれまでと変わらずに? 陰口叩いてくる同級生の威嚇のために机を蹴っ飛ばすの? ホント大丈夫? そのレベルリアリティでやってくの? 女子力が高い男子高校生女子大生が仲良くなる過程のディテールもろくにかけないかランチして笑ってればいいの? 


前半のガバガバリアリティ死ぬほど退屈で、アホらしかったわ。憧れの年上のお姉さんのマネキンっぷり、生々しさの演出タバコって失笑しかない女性観。もう一段階読み込むと、バカな男たちが惹かれる顔と身体だけの女として、あの先輩を描いているかもしれない。青春の幻影的な? まあ嘘だけどね。魅力的な現代的な女性像なんて新海誠に誰も期待してないでしょう。もう単純に、長澤まさみばりにいい女っていう記号しかない。

主人公をめぐる人間関係にしたって、後半の探索を円滑に進めるメンツの確保のためでしかなくて、ハリボテ感がすごいんだよね。まあこういう部分はオリンピック見ても分かるように日本中スクールガールスクールボーイコンプレックスで単に学園物っていう牢獄にいるようなもんだから、ガキっぽい世界観になるのは国民病なんだけど、ただの事実として、選択した物語ギミックにふさわしい舞台設定の調整と情報量コントロールがド下手。何か原作をつけてアニメを作ったこともない、TV放送で1話20分で回したこともないんじゃそうなって当然だよ。

まあこういう勢いで迫力を出している、野生のバカであるがゆえの新海誠という作家性があるのも事実とはいえ、君の名は。を名作として崇めようとするのはやめたほうがいい。新海誠文芸的にはリゼロと同レベルなんだから。あのバイト先のレストラン、高級シャレオツぶってるけど、客の民度から察するに最低ランクでしょ? パンケーキのお店のほうがランクはるかに上なんでしょ?  物語の動かし方がつまようじドキュン活用することでしかからないんでしょ? やばいよ、あれは。つうか長澤まさみがなんか機転を利かすのかと思ったら謝るだけだったし、ガチ思春期男子が顔と身体だけであこがれてる女性っていうイメージなのかもしれないなあ。まあどうでもいいが。

最初から最後まで、子供っぽいふわふわした基準リアリティ物事が進んでいく。入れ替わりギミックぼんやりした設定だけじゃなくて、人間関係とかもヒロインにおいてすら、投げっぱなし。思わせぶりなセリフで色々匂わせるんだけど、それだけ。冒頭で、ヒロインとおばあちゃんが父親とうまくいっていないという物語的な課題提示しているのにほっぽりだす。ヒロイン家系巫女能力があることだけほのめかして、クライマックスの筋に絡まない。ものすごい空虚存在でしょ、父親が。碇ゲンドウ的ですらない。母親なんて排除しちゃってるもん。




後半の畳みかけるような展開は、正確に把握できたかどうか自信がないけど、もしかしたら、きっちりつじつまが合うように作られているのかもしれないけど、仮にそうだとしても、見ている側との意思疎通がほとんど感じられない。何がどうなれば物語としてオーケーなのか、ゴールが正確に提示されないでしょ? 酒を飲んだら入れ替わりが発生するとか、そんなん言われても、法則性はないのでどうとでもなる展開でさ。

んで助けに来て、おばあちゃんは入れ替わりに気付いても、彗星の話は信じないとか意味不明だろ。父親を説得にも失敗して声を荒げたら「お前は誰だ?」というところでやっぱりあの家系は死んだ母親ふくめて代々そういうことがあったんだと示唆されるわけだけど、なぜか場面転換して逃げ出すように「俺じゃ説得できないのか」って好きな女性の父親とのコミュニケーション放棄して、なんか展開おかしいなあと思ったけど、彼女とバトンタッチで世代を超えて組糸の家族和解テーマかと思ったらそっちも何もない。わだかまりを解消するとっかかりが示されるわけでもない。

土建屋放送部とか、人間関係と設定がご都合主義なのはまだ許せても、カタルシスが用意できてない。子供と大人が揉めて、対立して、そこで何かしらのきっかけでうまくいきはじめて、カタルシスが生まれるはずなのに、あれ、なに? 避難訓練て。リゼロみたいに、自分が頑張ってますってアピールするためだけにあの状況があったの? 大人たちは? 


現実なのかよくわからない「たそがれ」の場所幻想的な背景の中でマジックで「好きだ」ださいわ~、普通書かれたらその場で見るだろ。ださいわ~。

何もかもが薄っぺらい夢見がちなファンタジー

そのへんのラノベアニメにないもんっつったら時間メタファ~()であるあの伝統工芸とかなんだろうけど、物語の中のアリバイ作りとかになっちゃってない? 組糸にしたって、ただのドラマティックな恋愛の盛り上げ役っていうかさ、あのアニメの中の世界であの伝統芸能がどういう存在でこれからどうなっていくのか、とか故郷を災害で失い、跡形もなく消し飛ばされた人々は、東京でつつましく暮らして結婚とかしちゃいますよ? 憧れの先輩も結婚とかしちゃいますよ 君たちも幸せになろう? 頑張っていこう?

は?

震災記憶自意識過剰文学青年出会って作品にしちゃう最悪のケースの一つ。自分たちを彩る美しい壮大な光景君の名は。の描く震災は、ロマンティックで残酷な恋愛が体験できるアトラクションなんだよ。BGMはRADWIMPSでさ。

要するに、子供の幼稚な恋愛の話しか興味がないし、子供の幼稚な恋愛の話しかできないの。この人は。庵野が言うコピー世代っていうのよりもう一段階ひどい。子供世界観しか物を語れないうえに、何か題材を選んだとしても、それを自分の自意識ファッションみたいに扱ってしまう。

なんか、今回の新海誠とりまメディアとかアニメファンの状況が、裸の王様誕生した瞬間を目撃したような気分になる。





追記

トラックバックで白状がどうとか頭のおかしいこと言っている人がいますなりすまし変人です。書いてることも奇妙でどういう意図があるのかよく分かりませんが。

3000万円をかけた究極のプレミアムガチャ

高畑容疑者事件を見て思ったのは、

子供を産むって自分の一生と3000万円をかけた究極のプレミアムガチャなんだなっていうこと。

どんなに誠心誠意育てても何かミスったり、あるいは生まれつきその子に何か矯正出来ない問題があると、アウト。

さな子供が「いくつ?」と聞かれた時に

年齢を聞かれているとわかるのだろうか

「何歳?」と聞けばいいのに、と建もの探訪を見ていつも思う

昨日久しぶりにミュージックステーションみたら

まりにもジャニーズの扱いがすごくてびっくりした。

え、今もこれが普通なの?

そら、子供の頃からMステジャニーズ枠があることはなんとなく気がついてた。

毎週1組以上必ず誰か出てたし。特に一曲目。

そういうものだと思ってた。

キスマイが出てたのよ。昨日。

1組で3曲歌ったよ。

他のアーティスト1曲づつよ。なんで?

セットも他のアーティストよりめちゃめちゃ豪華なのw

途中でステージ移動して、二つ目のセットで歌い出した時は笑ってしまった。

歌いだすっつってもサビの合唱口パクやったけど。

他のセット無しで短くエディットした曲歌わされてるアーティストファンとかは怒らないの?

別に私もキスマイイケメン性的魅力があることは否定しないし、

事務所権力も強いだろうけど、それでこんなにあからさまなえこひいきされてたら漫画やったら悪役やでw

途中の振り付け特集VTRジャニーズ事務所アーティストばっかり出てきて、不正ランキングなの丸出しだったし。

いまだにこんなことやってるんだな。ってびっくりしました。終わり。

「先日休暇を取得しまして、あっ、ホワイト正社員趣味登山お金を使えるくらいには生活に余裕があって有給も取りやすいんです、でそれで、妻と子供らと富士山に登ってきました。楽しかったですよ。」

っていうのが今の日本最高峰マウンティングなのかね。日本最高峰フジヤママウンテンだけに。

2016-08-26

梅沢富美男って、65なんだな。

俺が子供の頃(20年以上前)の65くらいのミソジニージジイが言ってそうなセリフを、今の65の梅沢富美男が言ってんのかーっていう。このくらいの年のどうしようもないミソジニーおっさんが言いそうなセリフ20年であまり変わってない??

http://anond.hatelabo.jp/20160826222637

幸せとは何か」って考えるのは大事。というか考えないと自然と「結婚して子供を生む。かっこいいクルマを買う。豪華な家に住む。仕事に打ち込める環境がある。」が幸せだと思うようになる。何でかっていうとここは資本主義の国だから。大量消費・拝金主義世界から。周囲がそういう考えである以上、自分もそれに染まってしまう。



ただやっぱりこういう考えってのは異論があって、拝金主義批判がされてる映画漫画小説というのは多数ある。映画なら『ウルフ・オブ・ウォールストリート』、『ファイト・クラブ』、『生きる』等。小説なら各種バルザック作品トルストイ作品等。漫画アニメなら『ナニワ金融道』、『もののけ姫』等。

ちなみに聖書なんかも拝金主義批判的。大事なのは罪を許されて神の許に行くことであって、金や地位幸福となんも関係がないとされているね(この点、キリスト教国のアメリカ拝金主義蔓延してるのは皮肉だけど)。




結局、この辺の作品を見るなり読むなりして自分で考えることじゃないかな。その美人の「幸せ」ってのも結局大量消費・拝金主義に沿ったものからね。