「変態」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 変態とは

2016-02-10

俺はそこそこな変態なんだけど

俺の変態な部分を俺として曝け出させてくれるような寛容さをどうしても求めてしまう。

通常の俺に変態が付随していると見なすのではなくて、

通常の中に変態内包されていると考える人々の前で、

俺は己のあらん限りを露出し、

そして何が恥かもわからないほどにプリミティブな新人類へと召喚するのだ。

恥も外聞もなくただただ無邪気な顔でシンプル論理からシンプル感情吐露

それほどまでに真白な純朴さをもってしても、

いや純朴さ故に逆に浮き彫りになる変態性欲という俺のアイデンティティーよ。

俺は自らのアイデンティティーを掌握したい。

掌握することでもって自分という存在耽美主義の何某かにメタモルフォーゼすることができる。

そう俺は自分耽美な何かだと思うくらいでなければ、

自らの倒錯した性的嗜好に対する不潔感にじりじり侵食されてバイキンマンになってバイバイキーン☆。

バイキンマンもそれはそれで変態で素晴らしいが俺はバイキンマンになるのがやっぱり怖いんだ。

俺という変態を、例えば何の変哲もないドアノブのようなものだと捉えるような世界観をもった人間の寄せ集めのなかで暮らしたい。

から俺は俺の変態を受け入れはしたいが、俺と似たような変態が集まって兜合わせするだけの集団入団することは望んでいない。

変態兜合わせ協会は恐怖を与えるだけの脅威だ。皆で仲良くお手々を繋いで南無阿弥兜合わせ。

南無南無南無南無と彼らは、ミサイルを打ち、原爆を打ち、テレビ番組に苦情を入れ、街中にサリンを撒き、アムウェイ説明会案内と聖書を軒先で見知らぬ人に押し付ける。

そんな奴らに関わってしまったら俺は幸せ変態になることができなくなってしまう。

平和草原を走るように変態になることと、

変態のように、珊瑚の間に潜るように、幸せになることと、

幸せになるために空を滑るように平和を願うこと。

みつどもえのKinky,Love&Peace.

略してK,L&P。タバコ銘柄みたい。

俺はこれから一服したのちプリキュアパンティを履いて寝る。

寝起きにはリードをつけて散歩に出かけたいが心もとないのでやっぱりやめとく。

2016-02-07

とある俳優さんとHしてしまった。

最近映画に初主演したとある俳優さんと。

なんでこうなったかはわからない。気付いたら彼の部屋にいて、なすがままにされてしまった。

彼のことは男性としては別になんとも思っていなかった。

悪役で出ることが多くて、変態の役もやってて、顔はきれいだが3枚目の俳優だと思ってた。

それが、なんでこういうことになってしまったのか。

彼は結婚していて、子供もいる。それなのに、なぜだ。

答えは簡単だ。

「Hしてしまった」のが「夢の中」だったからだ。

まり現実出来事ではないのだ。

私は先日股間がとても痒くなり、婦人科にかかり、性病検査をした。

その結果が出るまで、性交をしないようにと言われた。

そして、念のためにとカンジダ治療薬(性器に挿入するタイプ)を処方され、毎晩服用している。

当然、一人ですることもできない。

性欲がたまっているのだろう。

そのため、こんな不埒な夢を見てしまったのだ。情けない。

結果はあと数日で出る。

それにしても、彼氏をさしおいて普段なんとも思っていない(男性として)俳優さんとHする夢をなぜ見てしまったのか。

ほんと不思議でならない。深層心理では好きだったのかな?

今度テレビで見かけたらドキドキしてしまうではないか。

ごめんなさい、ヤスケン…。と、奥様と、お子様。

変な夢に出させてしまい、本当にすみませんでした。

男性性的に消費する女性を許せ

男性ヲタ女性受けする作品を、「女/腐向けアニメ漫画でクソ」と貶めがちになってしまうのは、女性によって性的に消費されることに慣れてない男性が多いからではないだろうか。

クラスタ内に駄目な奴が一定数いるのはどのクラスタも同じなので、ここでは’女はマナーが悪いから嫌い’という理由はないものとする)

(また、今回は異性愛限定するものとする)

男性性的に消費されるというのは、具体的に自慰のおかずにされるということでもなく、キャーキャーちやほやされるというだけに留まらない。

嫌な言い方をすれば、ニッチで、倒錯的で、フェチ極まる、変態性癖を持つ女性がそういう思惑をもってチラリと男性をみる、ということだ。

立ってる、友達と話をしている、楽しそう、上着を脱いだ、なにかに夢中になってる、くしゃみをした。

見かけだけでもいい。

制服を着ている、ひげが生えている、ハゲている、筋肉質、痩せている、指が長い、疲れた顔、老けている、若い

これらだけで「あーたまらん」と思う女性たちは当然ながら存在する。

そこに、あーたまらん→恋愛的な意味で好きになるという流れは必ずしも存在するわけではない。

自分意向に全く関係なく、観察され、勝手感情を抱かれ、観察が終わる。それも性的に消費されるということだ。

それが、二次元男性対象にすることだってあるだろう。相手実在しない分解釈無限大だ。

女性だって男性性的に消費する。

大抵の人は、他人の性行動を観たがらないだろうから、それみて男性が「キモい」と言うのは自由だ。

しかし、それは鏡の中の自分に向かって「キモい」と言うのと変わらないと自覚して言っている男性が一体どれだけいるのか。

(もちろん、男性に向かって同じように「キモい」という女性も同じ)

男性女性も消費するようなコンテンツ場合、ファンの中の男女が罵り合っている様子がよくみられるが、犯罪を犯さないかぎり、人の解釈性癖にあーだこーだいうのは無粋だとなぜわからないのだろう。

自分対象性的に消費してもよいが、相手自分対象になり得るもの性的に消費するのは許さないというのは自己中過ぎだろう。

人の性癖否定する前に、自分の中の性的な部分をもうちょっとしっかり認識しなおしたほうがいいんじゃないか。

そうすれば、人がなにをどう消費しようと、とやかくいうのはおかしいと気づきそうなもんだが。

「消費している姿をあまり目に入れたくない」くらいならまだ理解できるが、「消費していることを許さない」のは傲慢が過ぎると思う。

2016-02-06

http://anond.hatelabo.jp/20160206154851

男に望むのがその条件ならお前に必要な最低条件が以下



年収350万以上

・色白で痩せ型

Dカップ以上

・1人暮らし

・多少の変態プレイは可能(縛り、精飲、アナルファック)

・顔に欠点がない

2016-02-03

ゴキブリなんて90%くらい水分だろ

食べるのにたいして抵抗ないわ

個人的には手のひらサイズ蜘蛛が無理

あれを生でバリボリ食べてるアメリカ変態見たときはゾッとした

2016-01-29

エロ現場

昔、どんなところでやったことあるか?っていう変態話で盛り上がったことがあり。

俺を含めてまぁ普通なことばかりだったのだけど、一人だけ猛者が居た。

「真冬の深夜、雪舞うゲレンデでバックからやった」と。

衝撃すぎて、俺のやってたことはお子様レベルだと落胆した。

その後、変態という形容詞がぴったり当てはまる女と付き合うことになり四六時中やりまくっていた。

そんな関係なので段々とマンネリ、物足りなさが生まれる。

あるときその彼女長距離バス旅行に行こうということになり。

バスに乗ると客は俺たちを含めて4人だけ。

他の客二人は前の方に座っており、俺たちは後ろから2番目の三人がけのシートに陣をとった。

バスが出発し高速道路に入った頃、女がバス後部の全てのカーテンを閉め始めてニヤリと笑い俺の股間を弄り始めた。

運転手バックミラーに映らないようにシートを倒し声を殺し、寝たふりを決めてやっちまった。

真冬のゲレンデ超えが出来たかどうかはどうでも良く、今までで最高に興奮した。

その後違う女と付き合っても全くいかなくなり今に至る。

2016-01-27

賛成多数、汝を戦闘ブロガー認定する

 

 

「私はブログを愛していました。毎日真剣コミュニケーションしていたつもりです。周りにはいつもブロガーがいました。トラックバックソーシャルブックマークで繋がっていたんです。オタクサブカル主義者もいたし、道化変態もいました。ユーチューバ―のおままごとと違って、正真正銘の道化変態です。

 仕事が終わると、いつもラップトップに張り付いてアンテナをチェックしました。寸暇を惜しまブログを読み、ブログを書きました。私にとってブログとは、自由になるための手段でした。彼らもそう思っていたでしょう。しがらみに揉まれず、率直な意見をぶつけあう空間誹謗中傷批判区別のつかない人間もいましたが、自由のうちにそういうノイズが混じるのは仕方のないことです。それでもノイズを我慢してブログを続けられたのは率直に意見交換ができたからです。

 ときには自分自身への囚われから自由になれました。私は一人ではなかったからです。信頼できるブロガーから批判になら、私は耳を傾けることができました。他者批判は、自分自身防衛機制を照らす小さな灯です。あまり利口ではない私と彼らでも、知恵を出し合い、意見を出し合い、一人ではたどり着けない何かをアウフヘーベンできました。私にとって、web2.0とはそういう経験だったのです。

 ときに讃えあいとき批判あいときに潰しあい、そうやってブログを楽しんでいました。土日祝日ブログを欠かしませんでした。アカウント生命を賭けた戦も何度もやりましたし、痴情のもつれがブログクラッシュさせるところも何度も見ました。人間の最も汚い部分から最も尊い部分まで、すべてがそこにあったのです。

 あなた達にはご理解いただきにくいところかもしれませんが、ほんらいブログとは自由なのです。ガンジス川ほとりのように。そして私も!彼らも!ブロガー!!だったのです!」

  

 『市民諸君、この者を戦闘ブロガーと認めるか』

 

 Yes

 Yes

 Yes

 

 『賛成多数、汝を戦闘ブロガー認定する。“獰猛危険”の烙印を施した後、はてなシティ引き回しのうえ、“ゲットー”での謹慎蟄居を命ずる。今後は市民に対するいかなるコミュニケーション許可しない。良いな?id:○○○○』

 

 「なぜですか!私はコミュニケーションがしたいだけなのです!自由ブロガーの!ブロガー自由をお認めくださいませ!」

 

 『ならぬ。汝ら戦闘ブロガーは、今という時には不要存在なのだ。命(アカウント)があるだけでもありがたいと思え』

 

 「どうして手斧を投げてはならぬのですか!どうして討論してはならぬのですか!」

 

 『討論など今のブロゴスフィアには要らぬ。

  やれ!』

 

 「や、やめ、ギョワーーーー」 

 

 焼きゴテが押し当てられ、男の額には“獰猛危険!”という烙印

 倒れ込み、牢に投げ込まれる男。

 見世物ブックマークする群衆

 勝ち誇った表情のシティ司法長官

 

 『市民諸君!また一人の戦闘ブロガーを適正に処分した!シティの平和は守られ、ますます繁栄するであろう!』

 

  ※この台本フィクションです。登場する団体・人物などの名称はすべて架空のものです。

 

お姉ちゃんスマホ

中学生になって、周りはみんなスマホもつようになった。

学校休み時間

「XVIDEOの○○がさー」

「あーあれね!」

などと話しているクラスメイト話題についていけなかった。

僕はスマホをもっていないのだ。

親にねだったがスマホを買ってくれない。

僕は紋々とした日々を過ごしていた。

そんな自分を見かねたのか、年の離れた姉がスマホを貸してくれた。

僕は一心不乱にありとあらゆるエロ動画をむさぼった。

まりにも変態的な用語検索しまくっているので、カモフラージュとして

女子高校生 ふともも」という思春期男子検索しそうな履歴を残したりしている。

獣姦や死姦といったコアな検索履歴は当然消している。

http://anond.hatelabo.jp/20160126222520

2016-01-22

http://anond.hatelabo.jp/20160120032030

増田です。いまひとつはてな」の使い方が解らないので、こういうレスの仕方で良いか解らないのですが…ここに記します。

皆、色々反応有難う。他の動物にもそういう興奮を覚えたりする人いるんだって思った。馬とかさ。あとイルカって結構人間と似てるんだな…怖い所が。ちょっとびっくりした。村八分があるっ

て意外過ぎる。人間には優しいエピソードを沢山聴くのに。

他にもいろいろな視点意見、有難う。ドラえもんwwwケロロ名前だけ知ってたけど、なんか似たような(ちょっと違うのかな?)話があるのか…。

ああ、ブクマにもコメント頂けて、有難う!性的倒錯と言うんですね。そうなんですよ、こういう具体的な状況に対する名前が解らなくて…だってイルカですよ…もう…イルカに失礼過ぎる…。

あと、「~と同じで」という前情報は、私の中には有りました。ツイッターって、最初文字が表示されるじゃないですか。その下に引用添付された画像を拡大で観る…みたいな。恐らく、小学生…つまりロリコンかどうか的な話になるんだろうけれど…正直指摘されるまで解らなかった。私が最初そのツイッターを読んだ時、ソッチに対する興味は特にまり気にしてなかった状況と思う。むしろ「男ってやつは…イルカに対してなんて下らん情報を絡めてくるんだw」位に思ってた。一緒になって男子エロいもの視てキャッキャするような感じ。画像を拡大してクリックした理由は、ちょっと長くなるけれど…その画像云々の前に、ツイッターで読んだイルカオナニーする「ウナニー」って情報があってさw元々動物は好きだったしイルカも一緒に泳いだりしたいって言うのも将来の目的であったか個人的には好きだったから、あれで純粋に「イルカって面白いなあ」って思って興味はあった。それで「今度は何よ!見てやろうじゃない!」みたいな…。それで見たら、思った以上に綺麗なピンクで、もう美しい!って思っちゃったんだよ。汚い話、人間はどす黒いじゃない?自分小学生の頃はパンツに興味はあったけれど、中の具wは単におしっこするだけの汚い部分、位にしか思って無かった。でも。イルカの雌のソレは綺麗なんだよ、しかも締まりが良いって凄いし!…みたいなもう色々変態御免なさい。。。私やっぱり異常だ…。

2016-01-21

踊れないなら、ゲスになってしまえよ

なんていうかさぁ…うつ病じゃない人にはそういう態度を取るってことだろ。それってどうなん。

感情の赴くままにdisったと思ったらヘコヘコする。スネ夫かよ。取り繕ってるし言い訳がましいんだわ。



気持ち認知の歪みでゲイの実情が変わる訳じゃないだろう。そもそも、主旨がズレてる。俺自身がどうこうの話ではないし、今活動してるか否かも言っていない。宇多田ヒカル活動再開した。

増田最初に言った体を鍛えるという意味で答えたのに、意味すり替えられても困る。

モテに関わらず鍛えることが当然と化し、鍛えない者への同調圧力があるだろう。それに加担したくはない。ほんと多様性を認めようなんて綺麗事だよなって思うわ。有酸素運動ならいくらでもしてやるよ。

変態という言葉過剰反応してる増田固定観念に囚われているように見えるが。もっと自由な発想になってほしくて書いてみました。



ちゃんと読んでないのか読解力が無いのか知らないけど、なんていうかさぁ…ネタマジレス

念のため言っておくが他のトラバは俺じゃないからな。私以外私じゃないの。


http://anond.hatelabo.jp/20160121132248

http://anond.hatelabo.jp/20160119175701



本当にうつ病から問題ない。

そうだったのか。配慮が足りなくごめん。

うつ状態程度だとおもってました。

うつ病から認知が歪んで増田みたいな気持ちになってるのかも。

うつ病を良くすることを優先したほうがいいね

うつ病の原因の一つに「認知のゆがみ」があることが

ままあるので、うつ治療して前向きな気持ちになったら

自分のペースで活動していけばイイことあると思うよ。

姫路 心療内科前田クリニック うつ病治療方法(心理療法)

http://www.dr-maedaclinic.jp/da0702.html



体を鍛えないと相手にされない風習?右向け右に加担する気はない。俺は絶対に鍛えないぞおおおうおおおおおおお!!!!!!!!!

モテルためだけでなく、身体を動かすとストレス解消にもなるし、

肩こり腰痛心配も減るし、飯はうまくなるし、成果が出れば自己肯定感

あがるからおススメ。



付き合ったことないけど(手を繋いだことはあるぞ!)。

手を繋ぐ相手がいた時点で全然OKでしょー

まだまだ若いんだし、焦らないでいればいいこともあるよ(多分w)



結局のところ、年下好きのウケの増田文章をちゃんと読まずにブチ切れて書いたってことでFA

とりあえず2増田はきちんと読んだつもりでした。

年下好きのウケの増田事実なんだけど、ちょっと変態って言葉が多いから

もっと自由な発想になってほしくて書いてみました。



映画

プラダを着た悪魔。目が腐る程この文字列を見た。

同じくw

何なんだろうね、あれ…

トラバ不要の読み捨てで結構です。

明けない夜はない、お気楽にねー

2016-01-20

ぼくもランサーズラノベを作ってもらった

ノベル 雑記 コンテンツ

 

どうも増田です。

クラウドソーシングライトノベルを書いてもらったらどんな感じになるのかなって。それで募集かけたら心躍る作品が寄せられたので、ここで紹介したいと思います

利用したのはランサーズ。有名どころで。簡単なテンプレプロットだけを用意して「これを参考にして」って感じで依頼を出しました。

プロットはこんな感じ。

 

そして、いただたいた作品はこちら。

 

……暑い。暑すぎる。

もうどれだけ砂漠の中を歩いただろうか。朝と夜が何度巡ったか数えるのを止めてから、日付の感覚が無くなってしまった。それでも、重い足を引き摺って、俺は歩き続ける。しかし、太陽容赦なく俺を照り付ける。

 

もう、限界かもしれない。

 

と、諦めそうになったそのとき、揺らぐ視界の先に、ひとりの少女が見えた。

春風にそよぐ花弁のような、桃色の装束を纏った可憐少女

 

美しい。この手で、触れたい。

 

朦朧とする意識の中で、俺はそう強く思った。とうの昔に動かなくなっていてもおかしくない俺の足は、その少女に向かってよろよろと歩を進めた。

しかし、少女が俺の存在に気付き、視線を交わしたと思ったそのとき、どうやら俺の体に限界が来たらしく、そこで俺の記憶は途切れてしまった。

 

 

* * *

 

 

「あら、目を覚ましたわ。マルジャーナ!いらっしゃい!見て、目を覚ましたの」

 

薄く目を開けると、そこには途切れる直前の記憶の中にいる、あの美しい少女が、興味深いものを見るような目で俺を見つめながら、大声で人を呼んでいた。

マルジャーナと呼ばれた少女が慌しくやってきて、目を覚ました俺の姿を認めると、急いで水差しを持ってきてコップに水を注ぎ、俺に差し出した。

喉がカラカラに渇いていた俺は、思わずそれを奪って飲み干すと、「おかわり!」と叫んでいた。

 

「まぁ、野蛮ですこと。マルジャーナ、甕にいっぱい水を持ってきなさいな」

かしこまりました」

 

マルジャーナは二つ返事で踵を返すと、部屋を後にした。

 

「お……お前は、誰だ?」

「あら失礼、申し遅れました。わたくしの名はシャハラザード。この国……セルジューク帝国の皇女ですわ」

セル、ジューク……セルジューク!?ここがあの、セルジュークなのか!?ということは、お前は……!」

 

俺は飛び起きた。が、何日も寝ていたらしく、凝り固まった体を急に動かしたためか、腰からビキッと嫌な音がして、激痛が走った。

 

「いっ………てぇ!」

「大人しくなさい、野蛮人!」

野蛮人じゃねぇ……俺の名はアリババアリババディアーブだ」

ディアーブ……?どこかで聞いた姓ねぇ。どこだったかしら……」

「ふざけるな……3年前にてめぇが無残に処刑した、大盗賊ガラン・ディアーブの名を忘れたのか!」

「あぁ、あの盗人ね!わたくしの飼っている可愛いペット”のエサにしたのよ」

ペット……あの化物が!?

 

数年前まで、アラビア中を恐怖に陥れた大盗賊ガラン・ディアーブは、他でもない俺の父親だ。父親、と言っても血は繋がっていない。娼婦だった母親がどこの誰だかわからねえ男と勝手に作って勝手に生んで、名前も付けないまま捨てられた俺を、父・ガランは拾ってくれて、立派な盗賊に育ててくれた。俺はガランを心から尊敬し、親父と呼んで慕っていた。

しかし、近年急激に勢力を伸ばし、遂にアラビアを征服したセルジューク帝国は、あんなに大盗賊と恐れられていた親父を、いとも簡単に捕らえてしまったのだ。

俺はすぐに帝国へ復讐しようと40人の盗賊仲間をけしかけた。しかし、最長老の爺さんが、俺を止めた。

長老が言うには、セルジュークはアラビアはいなかった魔法使いの勢力で、親父もまたその魔法の餌食になり捕まってしまったらしい。

また、セルジューク帝の一族、特に処刑を実行した皇女シャハラザードは化物のような魔法生物を何百・何千と子飼いにしていて、王宮に忍び込もうにもそんな化物たちを何匹も倒さなければいけない。そのため、復讐にも準備が必要なのだ、と。

復讐のために俺達は、セルジュークの魔法のことを徹底的に調べ上げた。主義には反したが、自分たちでも身に付けることにした。そうした中で、親父は処刑として皇女子飼いの化物に食い殺されたこと、その処刑は王族のためのショーとして披露されていたことを知った。

 

そして3年。俺の40人の仲間達は復讐を企てる過程で、ある者は逃げ出し、ある者は野垂れ死に、ある者は殺され、そうこうするうちに、また俺はひとりぼっちになってしまった。

だが、子供の頃とは違う。俺には親父に貰った「アリババ」という立派な名がある。仲間達との思い出がある。だからこそ、ここまで来られたんだ。

 

「だから俺は絶対にこいつを殺し、この国を潰してやるんだ……」

「何をひとりで語ってらっしゃるの?」

「え!?

 

どうやら声に出ていたらしい。俺としたことが……。

 

「っ、痛……!」

「あら、やはり体が痛むようね。マルジャーナはもう少々時間がかかるようですし、わたくしが応急処置をいたしますわ」

 

そう言うと、シャハラザードは踏み台に乗り、背伸びをして棚の上を探り始めた。と、その時。

 

「キャッ…・・・!」

 

踏み台がぐらつき、シャハラザードは無様に床へ落ちてしまった。

 

「お、おい!慣れねぇことはする、な……っ!?

 

痛む体を押して身を起こすと、そこには筒状の装束を無様に捲れ上がらせ、こちらに尻を向けて床に倒れ込むシャハラザードの、

 

「ぱっ、ぱん………」

「い、イヤーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!!!!」

 

絹を裂くような悲鳴が、王宮に響き渡る。

 

「う、うるせえ!静かにしろ!」

 

俺の制止も空しく、シャハラザードが叫び続けると、先ほどのマルジャーナが猪突の如き勢いで部屋へと戻ってきた。

 

「シャハラザード様、どういたしまし……こ、このお姿は……まさか、貴様ッ!」

「おおお俺じゃねえ!こいつが勝手に……!」

 

と、その時、シャハラザードが装束を調えながらユラリと立ち上がり、

 

マルジャーナ、ごめんなさいね。わたくしとしたことが、取り乱しました」

「シャハラザード様、しかし……」

「分かっているわ、マル。セルジュークの女傑にとって、婚前の娘が許婚以外の殿方に下着を見られることは、すなわち死を意味します。この屈辱は、わたくしが、みずからの手で晴らします

「……!!!おい貴様、まずい、逃げろ……!」

「え、え!?

 

敵意を剥き出していたマルジャーナに突如「逃げろ」と言われ、俺は面食らった。

と、次の瞬間には赤い閃光が部屋を包み、気付くと俺の体は宙に浮いていた。

 

「花よ、鳥よ、風よ、月よ。セルジューク第三皇女・シャハラザードの名の下に、大罪人に死のダンスを」

 

シャハラザードが呪文を唱えると、部屋の四方から魔方陣が浮かび上がり、俺の四肢を固定して引き裂こうとした。

が、しかし。

 

「ハァッ!」

「な……ッ!?どうして、蛮族が魔法を……?」

伊達に3年も復讐のために魔法研究してねえよ!」

 

俺は3年間の復讐生活の中で、かなり複雑な魔法まで理解でき、分解できるようになっていた。セルジューク国民以外が自分の魔法を分解出来ることに、シャハラザードはかなり驚いているようだった。

 

「……なるほど、あなたの実力は分かりましたわ」

「分かったか!だったらこの場は一旦……」

「わたくしの持てる全ての魔力を、次の魔法に注ぎ込ませていただきます

「シャ、シャハラザード様!いけません、ご自分を見失っては……!」

「はぁぁあ……………」

 

マルジャーナの忠告に耳を傾けることなく、シャハラザードは全身に魔力を漲らせた。

魔力が赤い光となってシャハラザードの体の回りに揺らめくと、地面が強烈に振動し始めた。

 

「い、いけません!このままでは王宮が崩れて……キャァッ!」

 

振動で倒れてきた棚が、マルジャーナのすぐ近くを掠めて倒れた。

いけない、このままでは無関係召使たちまで巻き込んでしまう。

かくなる上は、いちかばちか……

 

「やめろォォォオオオオ!」

 

そう叫びながら、俺は皇女に飛び掛った。

俺は3年間の修行の中で、自分の手に触れた魔法を分解する能力を手に入れた。だから、術者であるシャハラザードの体に触れれば、あるいは彼女の大魔法をも沈静できるかもしれない。

 

「…………………………止まったか……?」

 

無我夢中でシャハラザードに掴み掛かり、床へ倒れこんだ俺は、状況が上手く把握できなかった。しかし、振動は止んでいる。どうやら俺の作戦成功したらしい。

が、何故だ?マルジャーナが俺を蛆虫でも見つめるかのような目で見下ろしている。

と、何だ、この右手の柔らかな感触は。

というか、何だ、この柔らかい床は。

 

「………ぅ、ひっく、ひぐ…うぇーーーーーーーーん」

 

突如、俺の体の下から泣き声が聞こえてきた。

から体を離すと、俺の腕の中に入るような形でシャハラザードが横たわっていた。

そして、俺の右手は、しっかりとシャハラザードの左の乳房を掴んでいた。

 

「っうああああああああああ悪い!本当に済まねえ!!違うんだ、俺はこの手に触れた魔法を分解できるから、その、違うんだ!断じて!そんな!つもり!でh」

「うるさいわよこの変態!!!!!!!!!!!!!!!

 

俺の息も絶え絶えの弁解は空しく、俺の右頬に物凄いスピードでシャハラザードの平手が飛んできた。あまりの衝撃に、脳が揺れる。

 

「そこは魔法じゃねえのな……」

 

そこで再び、俺の記憶は途切れたのだった。

 

── アリババと40人の盗賊と史上最凶の姫君と!? Øさんの作品でした。

 

 

 

まだその原因が風だったら、彼女がこんなに怒り狂うこともなかったかもしれない。あるいは水たまりに映ったのを偶然、たまたま、思いがけず見てしまったとしたら、こんなことにはならなかったかもしれない。白にピンクリボンが付いていたなんて、一瞬にしてこうも細部まで把握してしまう自分の性が誇らしい……じゃなくて、今は憎らしい。

「そこの男、待ちなさーい!」

烈火のごとく、この表現が最適だ。なんて考えている場合じゃなかった。彼女はおっとり清楚系の容姿から想像もつかないようなスピードで追いかけてくる。

「わざとじゃないんだー」

いや、まさか、あのタイミングで傍に女の子が立っているなんて気付かなかったんだ。

 数分前、胸ポケットに入れていたペンを街で落とした。ぼく以外の人間はこれを使って魔法を自在に操るんだけど、ぼくにはなぜか魔法の素質がない。普通の人は命の次くらいにこのペンを大事にしているらしいが、ぼくにとってはいたって平凡なペンぐらいの存在しかないので、外出時に胸ポケットに放り込むくらいにはぞんざいに扱っていた。

「なんだよ、まったく」

 こけはしなかったが、小さい段差につまずいた途端、学校支給されたこのペンがポケットから飛び出たのだ。ぼくはそれを、何の躊躇もなくしゃがんで拾った。そして、何の考えもなしに空を見上げた。その瞬間が、彼女との、いや、彼女の下着との出会いだった。

「許さないんだから、許さないんだから、許さないんだから、許さなーい!」

 だって飛行機が飛ぶ音がしたと思ったんだ。昔、人間飛行機とやらの飛ぶ羽のついた列車に乗ってあちこちを旅したという。でも現在は魔法を使って自分でどこにでも行けるので、飛行機はめったに見られない。何かのイベントでもない限り、事故の原因になるので披露されない。

飛行機飛行機を見ようとしただけなんですー!」

 魔力も体力もほとんどないぼくだが、真っ赤になって飛んでくる彼女から逃げるため、必死に走る。

 彼女ものすごい形相で追いかけてくる。もし今、彼女を横から見ることができれば、なびく腰まである長い髪はとてつもなく美しいだろう。けれど、真正面からしか今のぼくにはとうてい無理な話だ。

なんでぼくがこんな目に。ただペンを落としただけなのに。ペンのバカ野郎。たいして役にも立たないくせに。飛行機のバカ野郎。結局見れなかったし。

人をかきわけ、大通りを突っ走る。ぼくは魔力が極めて少ないので飛ぶことはできない。飛べたらとっくに逃げ切っている。

後ろを向くと、まだ彼女はあきらめない。なんて日だ。ピンクリボンが付いて、あっさりとしたレースのある白いパンツを見てしまったばっかりに……。

でも、もう限界。息がつづかない。ぼくは足を止めた。

 振り返ると、彼女はペンを高々と振り上げていた。そして、頌栄を始めた。もしかして、魔法を使うの? あきらかに虚弱なぼくに?

それに……、やばい、これってもしかして……。

「滅びよ! ゴルゴダのイカヅチ!」

やっぱりー! って、関心している場合じゃない。思わずぼくはペンを取り出し、落ちてくる雷を受け止めた。

 辺りにまばゆい光が広がり、すぐに消えた。

「えー、なんでー!?

あれ? たしかに持てる魔力の全てを込めてペンをにぎりはしたけれど、まさか無効化できるなんて。しかも、ぼくの学校でもできる人が少ないゴルゴダの魔法を……。

あなた! 今、何をしたの! 私の魔法を無効化できるなんて、できるなんて生意気よ!」

 彼女の髪が舞い上がっているのは、目の錯覚ではないだろう。そして、きっと漫画的な怒りを表す効果でもないだろう。これは、人が持てる全魔力を一度に使おうとした時に現れる、女性特有の……。

「み、見てしまったのは謝りますから。謝りますので!」

 ものすごい魔力だ。髪どころか、さっき覗いてしまったスカートまではためいている。

「許さないんだから、許さないんだから、許さないんだから、許さなーい!」

 彼女はまばたき一つなしに、また頌栄を始めた。いや、まさか。さっきのゴルゴダのイカヅチだって、人に向けちゃいけない魔法の一つだって、教わっただろ?

もしかして、ヘブントゥーヘル!?

 天国から地獄にたたき落とされるほどの衝撃だというこの世界最大級の大魔法。どうせぼくには使うことも、ましてや受けることも絶対ないだろうと、教科書には乗っていてもその存在くらいしか知らなかった魔法。

「だったら、なにー?」

頌栄と共に、彼女の足元に魔法陣が完成していく。見回すと、ぼく以上に街の人たちはパニックになっていた。それもそうだ、この街一つ消し飛ぶくらいの魔法なんだから

「やめろ、やめろ。や、やめてください!」

叫んではみるものの、彼女の耳には届かない。

「よくも私のパンツ見たわねー! それに、私の魔法を消すなんて、消すなんてー!」

 このままでは、ぼくの人生どころか、ぼくの街も終わる。

 あのペンさえ、彼女のペンさえ奪えれば、どんなに頌栄をつづけても魔法陣は消える。どうにかしなきゃ。どうにかして彼女から取り上げなきゃ。

 ぼくは走っていた。もうヘトヘトで足がもつれて仕方ない。けれど、彼女の方へと走った。もう時間がない。

 頌栄は最後フレーズに入った。ヘブントゥーヘル、発動まで後五秒……。急げ、ぼく。

 残り、四秒……。やっと魔法陣の中まで入った。すさまじい魔力に、全身の毛穴から汗が沸騰したかのように吹き出る。

 残り、三秒……。

「やめるんだ。ぼくが悪かったから!」

「そんなの当たり前でしょ!」

 残り、二秒……。

 彼女の握るペンに手をのばす。けれど彼女はそれを避けるように腕を振り上げた。

「ペンを離せ!」

「いやよ! 私に命令しないで!」

 一秒……。

 彼女が自分の胸の前でペンを抱きしめるように握り締めた。よし。そこなら届く! ぼくはペンに力いっぱい腕を伸ばした……

 あれ?

 ペンじゃない。

 でも、ヘブントゥーヘルは発動していない。おかしいな。ペンを奪わずに魔法が止まるなんて。

 足元の魔法陣は、きれいさっぱり消えていた。

「あー、よかった。ヘブントゥーヘルなんて発動したら、どうなってたか……」

 目の前の彼女は、ぽかんと口を開けて微妙だにしない。魔力を使いすぎたのかな。もしかして、もう気が済んだとか?

でも、あれ?

 なんだ、この手のやわらかな感触は……。思わずしかめるように、指先を動かしてみる。

 みるみる真っ赤になる彼女の顔。

「キャーー!」

 バシーーーン!

 叫び声とともに飛んできたのは、彼女ビンタだった。

「許さないんだから、許さないんだから、許さないんだから、許さなーい!」

 脳みそが、揺れる。なぜかこんな時に、ピンクリボンの付いた白いレースの下着を思い出す。素材はそう、綿じゃなくて、ツルツルした感じのサテンだった……。

 ぼくの鼻から鼻血が一筋、ツーっとつたった。

 

 ── 『ぼくと彼女のペンの誤り』 春野かなたさんの作品でした。

 

いかがでしたでしょうか。みなさん普段使いの場所で構えずに感想を書いていただければなと思います

 

参考情報

さて、依頼してみて分かったことをさも知っていたかのような素振りで書いていきます。そんなに長くないので、ご参考まで。

 

今回の依頼について

タスク方式」で依頼したため、応募は早い者勝ち執筆時間制限を掛けなかったので、とにかく名乗りさえ上げてもらえば、じっくりと時間をかけて執筆していただたける。無用制限はよくないね。低単価と短納期と高品質は、小学校算数でやった「はじきの法則」に似ている。金と時間ケチるなら品質はそれなりよ。とか言いながらもやっぱムリな場合、応募後に難癖をつけて受け取りを拒否することもできるけど、3,000字も書いてもらって後から無碍にするのはゲスい。

メッセージファイルのやり取りで、うまいこと交渉しつつ修正を掛けてもらうこともできるので、そうゆう事態のために単価はチョイ増しするのがよろしい。

今回の依頼件数は1件だけだったけれど、実は1人目の方の執筆中に書き上げてくださった方がいたので、そちらも買い取らせていただきました。その書き上がりが依頼登録から2時間後のこと。その後1人目の方がキャンセル、そして3人目の方が原稿をアップロードして募集終了になったので、もしかすると他にも構想を練っていた方がいらっしゃったのかも。選手層ぶあつい。募集条件外の取引なら新しい依頼を立てればいいだけだし、特定の人だけに直接依頼することもできるんです。ランサーズユーザー間の合意が全て(すいません利用規約もあります。お互いに得をするなら金銭授受さえランサーズでやれば)取引方法は自由なんです。

でも今回はつつがなく終わりました。お二人共ありがとうございました。

 

依頼してみたい人へ

欲しい点だけ指示して、後をぜんぶ丸投げするならランサーズおすすすめ。依頼者がこだわると、どこまでももつれるからね。

今回とは違う「コンペ方式」で依頼すれば、大勢の作品から1つ選んで「あとは要らない」って言っちゃうこともできる。でもガッツリ書いてもらってから無碍にするのはやっぱりゲスいので、ほんの一部ややや詳しいプロットを出してもらうのがいい。本格的に書いてもらうのはこの人と決めたひとりだけ。変則的募集方法でも事前に明示していれば問題なし。(ただし規約違反っぽい記述があると、誰かがランサーズ事務局通報しただけで中断させられることに。説明を求められちゃうので注意)

また合意さえあればいいので、どんなに低単価・短納期でもやる人間がいればおk。ありえない報酬でも実際に成約しているから現在の相場ができた、というわけなのです。公式サイトじゃないけどこの情報によると月25万円稼ぐ人は現在100人しかいないらしい。毎月収入がある人でも1,000人。まー請負には法定最低賃金とかないんで。むきゅー。なにやらその1,000人を1万人に増やしてかつ食べていけるまで増額するのが今年の目標だ、とも書かれているけどね。一方で総務省によると「右肩上がりの成長市場」らしいっすわ。安倍政権の「一億総活躍社会」の基盤になるかもと俺に期待されてるのがランサーズシステムなんです。いやいいんですよ一億総活躍社会には労働力人口の確保が必要なんだから。まっとうな額にするのは二の次。いやいや成長市場なんだから心配無用

あと依頼する側として気になるのは剽窃? 400字100円の原稿を何百件も募集するようなケースだとコピペチェックが問題になってくるらしい。超限界価格によって試されるのはスピード感マイルドに言うと生産性)だからね、ダメ元でコピペぶち込んで来る人もいる(という先入観がある)わけで。そこで法人にはランサーズ開発部謹製の「コピーコンテンツチェック」が提供されている。どんなデータに基づくのかは秘密だけど、コピペはこれで見つかる(という幻想を見せる)スグレモノだ。これで著作権侵害から損害賠償リスクを無くすことができる(と思われている)。実際に問題になってるのはデザイン方面依頼側の著作権侵害なんだけど。

 

依頼できるジャンルについて

件の記事についたブコメを読むと「ラノベも書いてもらえるんだ!」と思った方は多いらしい。でもなんでもアリなんですよ。ふふふ。こっち系の小説執筆依頼なら他にもありました。それに抱き枕の作画を依頼する人もいるんですよ。こちらは当方注目のクライアント様っす(完全受注生産でカバーの販売もしているみたいっす)。あとは二次創作イラストをポートフォリオとして公開している絵師さんもいるので、みなさんも2万円くらい用意して何か考えてみるといいですよ。相場の現実感を上げてください。

 

最後

あのと*科*超*の設定で落第騎士精霊使いの筋書きをなぞったようなテンプレプロットから、全く世界観の異なる2作品を作って頂きました。原稿をもらった後にも作者名掲載のお願いをしたりして、ちょっと日常には無い経験ができました。もし自分が受注側としてモノ書きをしていたら参考にしたいし「レクチャー」を依頼することもあったかも。実際「Skypeなどでアレコレ教えてほしい」という依頼はあるみたい(でもかなりの高ハードルなため、相応のハイジャンパーしか応募しない)。

久しぶりに見てみるとココナラも賑わってる様子。こちらは受注側が露店開いて待ち構えている(イメージの)サイト。「金払えばはてブ付けますサービスは一掃されてしまっていた。今回お世話になろうと思っていたのに。

 

(この記事本文はクラウドワークス執筆依頼させていただきました)

 

改訂履歴

 

〔本文はCC0募集した2作品はCC BY-SA

女向けエロ同人モブ攻め少なすぎ問題

女向けエロ同人ってなんでキャラ×キャラばっかでモブ攻めがないの?

男向けエロ同人モブどころか犯す側が透明化されてることも多々あるのに

自分はそのキャラエロいところが見たいんであって2人のいちゃいちゃが見たいんじゃないの!

好きなキャラ自分が知ってる別のキャラに犯されるとか一種NTRだろ!

攻めの人格改変して変態ゲスキャラにするくらいなら素直にモブ攻めにしてくれよ!

追記:

>無いと思うなら自分で描け 同人てそういうもんだろ

ないから脳内妄想自給自足してる。

自分創作を世に出したいという欲も技量もないから自分妄想をどこかに投稿したことはないけど、モブ攻め増やしたいならやっぱりどこかに公開するべきなんだろうか。

ああ、モブ攻めがデフォの男向けエロ同人が羨ましい。

デイリー

MX夕方ニュースを見ると毎日必ず数人の変態がどこかの市区町村で何かしてて、一千万人もいたら変態も相当数居るんだなあと実感する。

ただ彼女乳首を舐めて欲しいだけなのに

俺は乳首を舐められるのが大好きだ。「人生損してる」という表現は嫌いだけど乳首舐められの快感を知らない男は人生損してるよ。だからそういうのができる専門の風俗店に通い詰めてた。普通風俗プレイ不要からね。ただひたすらに嬢に乳首を舐めて貰いながら手コキしてもらうんだ。専門店で嬢もプロから「この変態乳首なめてほしいの? もぉ、しょうがないな~」と言いながら舐めてくれるのよ。これ書きながら物理的に盛り上がってきた。


ところで先月彼女ができた。大学サークルの後輩でクリスマス前に付き合いだした、可愛い彼女ができたか風俗はちゃんと卒業してその分のお金デート代に回した。


でも、乳首うずく。「舐めて!舐めて!」と眉尻を下げて叫んでいる。この前彼女とのセックスではじめてお願いしてみた。彼女男性経験が少ないのか、男が乳首を舐められて気持ちいいという現象理解が薄かった。乳首渇きっぱなしのまま、彼女とは気まずくなって互いに背を向けて寝た。かわりに潤ったのは俺の涙腺だった。


彼女乳首を舐めて欲しい、ただそれだけなのに。どうすればいいんだ。あの風俗店お気に入りだった嬢の舌使いを思い出して今日チクニーを終わらせた。そろそろ自分の涎で湿らす生活を終わらせたい。

面倒だから2増田をまとめて感想を書いてみました。



http://anond.hatelabo.jp/20160118180656

http://anond.hatelabo.jp/20160119175701



感想最初に書くと愚痴多すぎ&人のこと悪く言い過ぎw

相手世界)は変わらないんだから自分思考/認識の仕方を変えていかないと

本当にうつ病なっちゃうよ。

あと、ゲイ世界けが人生じゃないんだし、趣味とか他の楽しみも大切にね。

趣味(興味)繋がりのゲイ友とか探してみたら?



年齢

外見ではないけど。

身長と同じく、年上がいいウケと年下がいいタチが多い。1歳でも年上じゃないと嫌だ!とか。

年下好きのウケは大体が変態

これは詳しく聞きたい、てか問い詰めたい。

2増田合計で4回も「変態」って書いてるけど増田変態とはなんなのか。

年下タチが好きだと、どう変態なのか!

増田固定観念にとらわれすぎな気がするよ。



同じことをしたことがあって15人くらいから反応があったが、殆どおっさん・体目当て・変態変人だった。残りはナルシストわがまま写真を見せた途端、連絡が途切れる。俺がフルイにかけられてる。

増田20代前半、おっさん対象外ってことは30歳くらいまでがいいのかな。

それだったら身体を鍛えるとか、見た目に気を使ったほうがいいのでは。

どうしても若いときは、それらが気になってくるし。

身体を鍛えるだけなら一人で寡黙にやれるから、余裕があればおススメです。

てか、都市部に住んでて飲みに行ったりする余裕があるなら後はやる気次第でしょ。

活動家などは真面目で、恋人がいたり遊ばない人達が中心だ。当然といえば当然だが。

そういった方たちと友達恋人にならないのは何で?

結局、増田も選り好みする側の人間なんでしょ。



真面目に恋愛したい人がこんなに少ないと思っていなかった。知り合っても、性格がキツい人や価値観がズレてる人が多くて付き合うに至らない。タチだからなんとか知り合えてたってのもある。ウケなら更に悲惨だろう。

同じような人がいる場所があるのなら、ネットでも現実でも構わないからそこへ行きたい。

同じような人だけがいる場所なんて無いってーのw

ダメ元でいろんな人と会って、頑張って探すしかなのよ。

「タチだからなんとか知り合えてたってのもある。」ってことは、結局のところ増田も体目当てなところは多少あったんでしょ。

なんかむかついてきたw


中出し

多分ここ10数年の話。なにがキッカケかは知らないが、ネットで簡単に出会えるし、昔ほど死ぬ病気ってイメージじゃなくなったか危機感がないのかと。あと快楽HIV感染者・エイズ患者が増えている。

これは同感。

キッカケは多分、ゲイAVの影響かな。

あとはノンケみたいに家族がいたり、家族を持つこと自体イメージができないことと、

刹那的な人が多いからかなぁ。

HIV感染者は外科手術が必要になった時に面倒なことになるよ。

自分が手術する時は検査されました、結果は陰性)

最終的にどこかで手術はしてくれるだろうけど、入院中の看護師にも

感染者として対応されるからメンタル弱いと厳しいかも。


ゲイバー

真面目な人が多いバーを見つけたことはあるが、褌イベントをやっていてコレジャナイ感

イベントに行かなければいいのでは…

せっかく見つけたんだし、もう少し頑張ろうよ…

今日さ。初めて出会った、知らない女の子に3000円建て替えてもらった

俺は年男で4回目、彼女は多分20代

ちょっとしたお金のやり取りがある所で、彼女はそこで働いている。

手持ちのお金を忘れてカードしか財布には行ってない。

で「あーゴメン忘れちゃったから、銀行いってくるわ。ごめんね。荷物その間おいてくよ」って言って、行こうと思ったら、服引っ張られて「本当はダメなんですけど、あなたは変な人じゃないのは見れば分かるし、今日は外が寒いし、ATMも遠いからいいですよ、私が建て替えておきますよ(要約)明日来てもらえればいいですから。」と言ってもらったのでお言葉に甘えたちゃった。

明日返しにいくんだけど、もう20歳も下の女の子にそんなことされて、ギンギン丸。

俺のザーメンたっぷり入ったおみやげ渡したら変態から、なんかどうしよう。

キリン変態過ぎない?

キリンは気に入ったメスを見つけるとメスの性器に頭をこすりつけ、メスは気に入った雄ならばそのまま口めがけて放尿し雄はそれを飲むそうな。

あと雄同士で首を打ち付けあい戦うこともあるそうだが、戦いが終わるとお互いの首を愛撫しあってホモセックスを始めるそうな、雄の9割がたがホモらしい。

色々濃すぎるよなキリンは。

イルカのメスの生殖器に興奮する。これって何て名前変態

自分でもヤバイと思ってる。ツイッターのTLに流れてきたイルカのメスの生殖器

何か、小学生と同じ大きさ・構造・質感が同じ、みたいな類の内容だったと思う。

問題は、そこに添付されてたイルカのメスの生殖器画像。決して小学生のでは無いぞ!!!

そのイルカのメスの生殖器と指で開いた中身とかが色や質感がもーメッチャ綺麗なんだよ!

で、そのイルカ画像を見て興奮している自分がいた。キモいと思う。自分が。

アメリカ僻地家畜動物性交ちゃう外国人をたまに「ビックリニュースネタで目にするけど…当時はドン引きしたけど今なら解る。

ただ自分イルカのメスのみだけどさ…。まあ、だから何をするって訳でもないんだけど(当たり前だ!!)、こういう変態って名前あるのかな。

スカトロ女装フィストファ〇ク、変態的な性嗜好に色々名前あるけどさ、イルカのメスの生殖器に興奮する変態名って有ったりする?

因みに…自分は女。同性愛者ではないけど、もうイルカのメスの生殖器のせいで自信が無い。

2016-01-19

ゲイだけどゲイの実情を話してみる その2


昨日の続き。



活動家などは真面目で、恋人がいたり遊ばない人達が中心だ。当然といえば当然だが。

毎晩のオナニーのようにセックスし、騒ぎ、遊んでいる人々のことを話すとマイナスになる。でも、それが日本ゲイの大半だ。

セックスに困らなければ恋愛はいらないと思うのなら天国と言える。逆は地獄巡りだ。



俺はゲイの中でもマイノリティな方。マジョリティ正反対なことばかりな感じ。

真面目に恋愛したい人がこんなに少ないと思っていなかった。知り合っても、性格がキツい人や価値観がズレてる人が多くて付き合うに至らない。タチだからなんとか知り合えてたってのもある。ウケなら更に悲惨だろう。

同じような人がいる場所があるのなら、ネットでも現実でも構わないからそこへ行きたい。

某老舗ゲイ向けサイトや、某区議員が作った団体主催している友達作りイベントなるものはある。友達作りって言い方が白々しいけど。20人以上と初対面するのは場面緘黙症から厳しい。ウェーイ系だったら死ぬ


内面について


ノンケ共通する部分があれど、度合いが違う。缶チューハイウォッカくらい違う。ノンスタイル井上ナルシストなんて可愛いもんだ。


性格


利己

自己中心的自分勝手わがまま。とにかくわがままマジでわがままお姫様ってやつ。



自己愛

ナルシスト。私ほんとブスだわぁ~と言いながら決めポーズ写真SNSに載せる。twitter自撮り戦場自分のことが嫌いとディフェンスしてくる人もいる。



意思が弱い

ミーハー。流されやすい。性衝動セックス依存症に関連してると思う。



常に誰かと繋がってないと不安病

1人でいることを極端に恐れる。そして馬鹿にされる。マウンティング対象仕事終わりや休日に誰かと遊んでいるのはステータスであり、アピール合戦がすごい。精神的な闇を感じる。



受け身

セックスにはガツガツしてるけど受け身。自分からいかない。



嘘をつく

しかバレバレの。何故こんなにも多いのか。わけがわからないよ



まれている・流行っていること


遊ぶ

遊ぶので忙しいのがステータス。会う・飲む・出かける・パーティーをする・セックスをする。ウェーイ系の大学生と似た感じ。



下着系のフェチ

主におちんぎん周りの。パンツボクサー)・競泳水着・褌・ノーパンなど。パンツ以外がメジャーフェチなのかは知らん。

履いている姿を出会い系アプリSNSに載せる。

ゲイ向けの専門店が沢山ある。もっこりを強調させたり面積が狭いやつ。

専門のイベントもある。



中出し

多分ここ10数年の話。なにがキッカケかは知らないが、ネットで簡単に出会えるし、昔ほど死ぬ病気ってイメージじゃなくなったか危機感がないのかと。あと快楽HIV感染者・エイズ患者が増えている。



白猫プロジェクト

これもキッカケは知らん。本当に驚くほど流行っていたので興味のある人はtwitter検索してみてほしい。


出会い


ネットが主流。優良なとこは無料課金制で、有料のとこは怪しいというノンケと逆な感じ。

地方では出会えないから東京大阪に移り住むか休日に遊びに行く。

顔が分かることが絶対条件に近い。顔を見た瞬間に連絡をブチ切る人が沢山いるため。

出会いセックスと思っても問題ない。



出会い系アプリ

GPSで近くにいる人を探すシステム。実際にいない場所への変更は出来る。

身長、年齢、体重募集対象などのプロフィール検索はできるが、検索結果はサムネ距離が分かる程度で、サムネが良くないと誰も詳細を見ない。これがルッキズム

人気ランキングとかレベル付きのアプリもある。怖くてやめた。



twitter

自撮りアピールステータスの顕示、マウンティングが行われている。彼氏探しや体目当ての人もいるが、出会い系アプリよりは友達作り要素がある。



ゲイバー

行かないから詳しくない。足を運ぶくらい染まってる人が多い印象。店によって客の系統が異なる。

JKギャルが使うような携帯サイト作成サービスHPを作っていて謎だ。

真面目な人が多いバーを見つけたことはあるが、褌イベントをやっていてコレジャナイ感



クラブ

行かないから詳しくない。ゲイが好きそうな要素が多い。



イベント

行かないから詳しくない。基本的に騒ぐっぽい。同人誌即売会みたいにオールジャンルオンリーデブ専とか)がある。名称は知らん。



発展場

行かないから詳しくない。トイレ公園サウナとか。場所提供して素人同士でやる店がある。完全にセックス目的


セックス


とにかくビッチ

2桁後半~3桁が普通にいる。割合は知らない。怖いから知らなくていい。

ビッチなのが普通なため、自覚のないセックス依存症が沢山いる。性衝動が強い。



性風俗

風俗はあるものの、出会い系アプリや発展場など素人同士でヤれる環境があり、ウリ専?と客がやるのはノンケほど機能してないように思う。某国会議員はゲイけが悪いから売春していたのだろう。



援助交際

快楽があって妊娠もしない、それでいて金が貰える。やってる人は女性より多い印象。



その他


女装するゲイ

少ない。イベントネタとしてやってる印象。常に女装の人は更に少ない。

差別もある。ドラァグクイーンは好きだけど、一般女装気持ち悪いみたいな。



金遣いが荒い、無心。ノンケより多い気がしてる。



音楽

安室奈美恵浜崎あゆみ倖田來未韓国アイドルアメリカ歌姫系。



映画

プラダを着た悪魔。目が腐る程この文字列を見た。


ゲイ草食動物でありギャル

これが一番腑に落ちる表現


追記(01/20


ゲイ」のコミュニティについてあれこれ http://anond.hatelabo.jp/20160120180241

長いから本文省略。

なんていうか…ツッコミどころが多すぎて「なんも言えねえ」ってやつだ。この増田は「超気持ちいい」なのかもしれないが。途中まで書いて気力が無くなったのは秘密だ。

増田内面に触れていいのか分かんないけど、セクシュアリティだけでなくジェンダーについても悩んでいるように見えた。悩んでいた(る)こと、今でも囚われていること、自分に言い聞かせたいことを書いているのではないだろうか。癪に障ったら申し訳ない。



http://anond.hatelabo.jp/20160120143124

長いから本文省略。


これ優しいように見せかけてdisってるやつじゃね?

本当にうつ病から問題ない。

恋愛をするにはゲイ世界に行かなければ厳しい。彼氏がいればゲイ友達はいらない派だ。それに気が合わないから友達作りもしんどい

そう言われると変態ってなんだろうか。性欲中心でゲスの極みな人だろうか。変態に厳しい。固定観念云々と言われても実際にそういう人が多いと感じた。

世代しか興味が無い。前後5歳くらい。体を鍛えないと相手にされない風習?右向け右に加担する気はない。俺は絶対に鍛えないぞおおおうおおおおおおお!!!!!!!!!

ゲイバーなどに飲みに行ったことはない。活動家の人と簡単にお近づきになれん。

”だけ”とは書いてないでござる。知り合えたっていうのは物理的じゃないやつや。ネット上。ウケは多いから相手の倍率が高いやろ。むしろプラトニックでもいいくらいだ。付き合ってからしかしたくない。付き合ったことないけど(手を繋いだことはあるぞ!)。

俺の代わりに頑張ってくれ。

結局のところ、年下好きのウケの増田文章をちゃんと読まずにブチ切れて書いたってことでFA

ちょっとノリノリで書きすぎたわ。ごめんな。



おしまい


何日も書き続けるのは疲れるし、段々ふざけてきたので締めたいと思う。いや、最初からふざけてた。それくらいには絶対にこうだ!と思って書いた訳ではないってことだ。決め付けいくない!まぁ大体こんな感じではあるけども。

初めて増田を書いたから使い方を間違えてたらすまねぇ。文章の練習がてらだったが下手だったわ。いつか増田文学を書きたい。

タイプは凛としてて芯のある人だ。そんな人は希少だから一人で生きるだろうな。



http://anond.hatelabo.jp/20160118180656

2016-01-18

東京が雪で変態なんです!

バス事故遺族が叩かれてるらしいけど

どんな理由こじつけバス事故家族を失った人を死体蹴りしてるんだろう。

いつぞやの子供が変態に惨殺された親叩きみたいに、親がバス事故らせた黒幕犯人なんだよみたいな感じ?

くそ悪すぎるから見に行きたくないけど気になるわー。

なんか人間として終わってるよな。

ゲイだけどゲイの実情を話してみる


ゲイ差別されてもしょうがないとは思わない。

だが、差別するゲイは多いと感じている。マジでしんどい



ちなみに自分20代前半でゲイ活動歴は浅い。二丁目は行かない。

想像以上にシビア世界疲弊し、うつ状態なうだ。これがSEKAI NO OWARIか。



これから話すことは日本国内でのこと。海外は知らん。

無論、自分が感じたことを書いているので参考程度に。かなり厳しい話もするが、俺(ゲイ)の本音を読んでおけ。


まず、外見について


驚くほど外見に厳しい。ノンケの何倍か想像がつかないくらいに、だ。

イケメンとブスで態度を変える。暴言を吐く人もまぁまぁいる。ゴキブリ扱いと言える。

ブサイクと言うことは少なく、ほぼブスと言う。自己防衛のためにブスと名乗る人は多い。オカマと同じ防御方法



どんな人がモテる

体を鍛えてて爽やかな人。系統で言うと、三代目J Soul Brothers韓国アイドルっぽい人。鈴木亮平

臭い人は非モテではないにしろ、一部で人気って感じ。

スポーツやってる人もモテる筋肉運動ができる=キャー!だから。あとユニフォームフェチとか。

やんちゃ系は少しモテる内面女性性が強い人が多いから

モテる人が更にモテるミーハーから

ゲイという括りで見ると好みのタイプは広範囲だが、個々で見るとノンケよりストライクゾーンが狭い人が多い。

需要が少なくて非モテゴキブリ扱いでも、どストライクだ!って言う人もいる感じというか。



モテない人

長髪。オタ。細身。眼鏡。っていうか眼鏡かけてる人へのゴキブリ扱い&差別結構ある。謎。それ故のコンタクト率。

EXILE系。きっと爽やかさが足りないのだと思う。三代目JSB系に比べたらの話だが。

言動がカマっぽい人(あえてオネエとは言わない)や細身の人は20代前半までなら需要がある。ただし、オッサンか変な人か変態が中心で、若くて穴があればいいって人ばかりが寄ってくるだけだから実質モテない。それと顔に左右される。顔に左右される。本当に。



ガチムチぽっちゃりデブ

ガッチリしてる人は多分モテるガチムチは好みが分かれるが多分まぁまぁ。ぽっちゃりは知らん。デブは太り方で良いのと悪いのがいるらしい。少数派。ガリ専のデブとかデブ専のガリとか色々いて分からん。この辺は詳しくない。

追記

ノンケより太っている人の割合が高いってデータがあった気がする。



ジャニーズ系

需要供給も少ない。好きな人変態おっさんかバイが多い。



一重が人気で二重が不人気。つぶらな瞳というか、ドロップ型でタヌキ顔な感じ。切れ長は微妙

鼻はあまり重視されてない気がする。口は分からない。

まり、アッサリした爽やかな顔がモテる。目鼻立ちがハッキリとした濃い顔は一般イケメンと呼ばれる人でもブスと言われることもあるし、全くモテない人もいる。平井堅のことは知らない。

追記

ノンケより唇の赤みが強い人が多い。女性の唇的。

眉毛はほぼ整えてる。細い。

目が離れてる人が多い。データがあるかは知らんけど、ゲイ世界に来てから特にいたことの一つ。

目と眉毛の間隔が広くてもイケメンと言われる&モテる



短髪が主流でベリーショートより長いと長髪と言われる傾向。昔よりは長髪の人が増えたらしいが、それでも少なく感じる。まぁ大体がウケ。そしてゴキブリ扱い&差別もある。

ハゲは少ない気がする。

追記

短髪+デコ出しが主流。前髪が長いとゴキブリ扱い&差別がある。



体毛(ヒゲ、すね毛など)

熊みたいに毛深いのが好きな人と無毛か薄いのが好きな人の二極。中間は少ない。

嫌いな人は剃ったり脱毛する。男で脱毛する人の半分以上はゲイなんじゃないだろうかと思っている。



筋肉

モテたくて鍛える。ナルシストから鍛える。ヤりたくて鍛える。

20代半ばから鍛え始めてる人が多い印象。



おちんぎん

大きい方が人気なんじゃね?

ノンケより大きいという研究データがあるらしい。確かに大きい人が多い気はする。

追記

見せたがり。勝手画像を送ってくる人もいる。精神ダメージを食らう。



身長

160前半~半ばの人が結構いて、身長ノンケほど厳しくないと思う。

でも、自分より背の高い方がいいウケとその逆はよくある。

170後半以上のウケは不人気。



年齢

外見ではないけど。

身長と同じく、年上がいいウケと年下がいいタチが多い。1歳でも年上じゃないと嫌だ!とか。

年下好きのウケは大体が変態



内面性病恋愛事情その他についても書きたいところだが、疲れたのでこの辺にしておく。終盤が雑になったけど許してほしい。

続きを書く気はある。


http://anond.hatelabo.jp/20160118074337



追記(01/18)


少しだけ続きを書く。

ブコメトラバにどう返事すればいいのか分からん。ここに書けばいいのだろうか。



ゲイカップルイケメン同士、ブス同士でお互いに相応のレベルで結びつくのでしょうか・・・

イケメンイケメン好きとは限らない。ブスも然り。

ていうかカップルのものが少ない。ネットが普及してから減ってるらしい。たしか2~3割。



どれぐらいのウエイトを扱うのか知りたい。ゲイはベンチだけじゃなくちゃんと脚もやるのだろうか?

俺は鍛えてないからからない。出会い系アプリ等では腹筋や上腕の筋肉を見せてる人はまぁまぁいるけど、脚の筋肉を見せてる人は少ないと思う。バルキーマッチョは少ない。服の上から鍛えてるなって分かる程度の引き締まった体を目指してる人が多いんじゃないだろうか。



仕事できそうでなおかつ体重臭くなさそう(実際臭いかどうかでなくて

って感じするんだけどどうなの?

あと一重で爽やかっていうのがちょっとわけわかんない

仕事ができそうな人のことは知らんが、スーツ姿のサラリーマン好きな人はかなり多い。清潔感のある人がモテるから臭くなさそうってのはそうだと思う。

鈴木亮平画像検索すれば分かる。多分。



ゲイでもこういうのに染まれない・染まりたくない人はどうしてるんだろう?

まさに俺がそうだが、距離を置いたり関わるのをやめる。

セックスセックスセックス世界だ。

彼氏はほしいけど、大量の遊んでいる人達の中から真面目な人を探しだす作業死ぬほど辛い。っていうか死にたいと思った。

真面目に恋愛ができる彼氏を作るより、宝くじで一等が当たる確率の方が高いだろうな。

20代~30代で初めて告白したとか、彼女ができたって増田を見ると羨ましくて仕方がない。純粋恋愛がしたい。

ほぼ愚痴申し訳ない。



ビアンだと

つか、ノンケだって盛り場容姿や金やら、ステータス求めてる子たちのもんでしょ。

出会いと言っても友達探しのことも多い。

それと界隈に足を踏み入れ始めたばかりの若い子は遊んでるお姉様に食い荒らされること多い。

私の理解者がやっといた!→遊ばれてた、死にたい。ってなって落差キツイから気をつけてほしい

盛り場に行かないからその辺は知らないが、ゲイステータスは何かとても闇がある。自分に自信があるけど自信がないっていう矛盾がある感じ。

ゲイ友達探しと言う名の体目当てが横行していて、文字通りの友達探しをするのさえ難しい状況だ。

こっちのお姉様若い人を食い荒らしている。遊ばれてた、死にたいって流れも全く同じだ。



内面その他諸々(詳しくはあとで書く)→その2

ネガティブなことばかり書いたが、全て事実であり、現実だ。


追記(01/19)


ゲイ同士で会うってことは、自分以外全て恋愛相手っていうハーレム状態みたいなもんだろう?

極端な話だが。

ゲイ同士で合コンしようっていったら、全てのゲイライバルであり恋愛対象になりうるって考えるとかなり強固にコミュニケーションを取らないとバランス取りが結構難しい気がする。

ノンケだと、女子同士で示し合わしたり、男子同士で戦略建てたりとかできるけど。

実は示し合わせた相手が俺のことが好きだったとか普通に起こりうるわけじゃん。

それ、なんか相談しづらいよね。

コミュ強ならいいけどコミュ障はけっこうきつそう。

ところがどっこい、日本ゲイはウケ中心でハーレム状態とは言えない。それにストライクゾーンが狭い。

同じポジション同士で友達になるんじゃないだろうか。それかタイプじゃない同士。

確かにコミュ強じゃないとキツい。女性コミュニケーション文化?に近いかと。

大人しくて無口な人にはしんどい世界



でもノンケでも真面目な人間は少ないからセクマイかつ真面目な人を探すとなると難易度は激高い。

私は出会い系ではすごく真面目に文章書いて、そういうのに共感してくれる人のみ会うようにフルイをかけてる。

確かにノンケを見ても真面目な人は少ないと感じる。それでもゲイよりマシな比率だと強く思う。

同じことをしたことがあって15人くらいから反応があったが、殆どおっさん・体目当て・変態変人だった。残りはナルシストわがまま写真を見せた途端、連絡が途切れる。俺がフルイにかけられてる。


追記(01/20


>体を鍛えてて爽やかな人。系統で言うと、三代目J Soul Brothers韓国アイドルっぽい人。鈴木亮平

スポーツやってる人もモテる筋肉運動ができる=キャー!だから。あとユニフォームフェチとか。

ということはヤクルト山田哲人って結構ゲイに人気あるんだろうか

ゲイっていうとヤクルト館山畠山みたいに男臭い人がモテるイメージだったけど

ググってみたけど、ゲイにはあまり人気ありそうな感じではないと思った。

館山畠山は男臭いのが好きな人にはモテるんじゃないか?

野球には詳しくないのだけども、阪神鳥谷カープ菊池みたいな雰囲気の人はいるなって感じ。



熊田プウ助先生エッセイマンガとそれほど離れてない内容で確かに実情というかこういう実感はあるんだろうなあと。

名前しか知らなかったけどエッセイもあるのか。探してみる。



自分は二丁目の静かなお店でまったり飲むけどこんな地獄みたいな世界じゃないしそこそこ楽しい

静かな店もあると知って少しホッとした。

実家暮らしで夜に出かけられないのと、病的に人混みと初対面の人が苦手で新宿のものに行けそうにない。でも楽しいのなら行ってみたい。



ゲイ」のコミュニティについてあれこれ(トラバ)は長文の為、その2で。



内面その他諸々の続き→http://anond.hatelabo.jp/20160119175701

2016-01-17

ロリコン以外のマイナー変態趣味ゾーニングされてるっていうけど

たとえばネクロフィリア欲望って二次供給なさすぎて三次に向かうしかないから見えてないだけなのにロリコンよりゾーニングされてるってのは違うだろうと思う

それに、どんな「性癖」にも純愛から鬼畜までスペクトラムの幅があるわけで、成人男女の「普通のまぐわい」のハードコアなやつとロリコンや異種姦の純愛行為キスまで)なんかの比較をやっちゃうと、後者エロのつもりで製作してても非エロと受け取られてしまいかねなく、属性準拠ゾーニングでいつも問題になる(そのための認可団体設立天下りガーというお決まりの流れは言わずもがな




最近面白いと思ったのは、右派の有名政治家が臨終を迎えたあと埋葬されるまでの間、ほとんど遺族が付き添う中、関係者の手引きでわずかに生まれ死体と二人きりになれる時間を買った左派ブロガーというやつ

死んで無抵抗ホモフォビアの元知事を先着三名が「可愛がってあげる」という、見る人によっては単なる勧善懲悪ブラックユーモアとも取れるかもしれない内容で、ネクロフィリアの肩身が狭いいまの社会では「死んで無抵抗」という部分をせめて「昏睡状態」くらいにしとかないと流通に乗せられないが、それだと完全にターゲット層も作品意味合いも変わってくる(ネクロフィリアといっても千差万別あるが、この作品では男か女かより生きてるか死んでるかが大事な連中が買ったので、実は死体を売ったゲイ関係者ネクロフィリアをちゃんと理解せず、死人の尊厳を傷つけるための道具としてしか見ていないという皮肉がこめられている)

こういうのは鬼畜系とは言わないと思うのだが、異論ある方々も多かろう