「本能」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 本能とは

2017-04-26

http://anond.hatelabo.jp/20170426212659

女に飯をおごりたいってのがまったく理解できない。見栄を張ることが本能なのか?

そんな意味のない金を出すぐらいならオナホ買うわ。

正直、学生の食欲と性欲は満たされるべきだと思う

一人暮らし学生がどうして明日食事不安を覚える生活をしないといけないのか。

男子学生だと、女の子と会食するするときには、相手に奢りたくなるのが人情というもの

それとも、そういう本能否定する気なのか?

あと、男子にとって一番つらいのは自慰をする時間

本当は自慰なんかしたくないんだよ。性欲がなければ人生、どれぐらい楽なのか。

ただ、子供は欲しいか去勢とかしたくないし、男子学生には無償ラブドール支給するとか、そういう施策をしてほしい。

当然、給付型奨学金大前提からね!

学生の本分は学業なんだから、食欲・性欲のために金に困ることがないようにしてくれ!!

2017-04-24

感想文と呼ぶこともできないなにか

山月記の李徴みたくなるんじゃないかってすごく不安だ。

彼ほど人を見下して生きてはないけど、何かしら理由をつけて人と交わろうとしない、御託は色々並べるけど、結局李徴と同じ、臆病な自尊心 のため。

高校国語の授業で山月記をやったとき、ひやっとした。彼は極端だけど、自分は彼に似てる。今まで本で出会った登場人物の中で一番共感したのが李徴だ。彼の漢詩のどこか微妙なところって、共感性がないところだと私は思った。風流を読んだ歌や恋愛の歌は多くの人が理解やすいんだと思う。けれど孤独な彼の歌は、その中に他者存在がなくて、かわいそうな自分を単に詠んだだけなんだ。しかも多くの人はわからない経験

彼は友人と交わり切磋琢磨しあわなかったことを後悔している。今の私にはすごくわかる。友人と交わるってすごく大事なことだ。特に、夢が見つかったとき

1人きりで頑張れるのは本当にごくわずかな人なんじゃないか。誰か話せる人が欲しいな、って揺らぎが来てしまうんじゃないか。でも、孤独ばかりでいた私は、友達と交わす言葉話題もわからない。よりいっそう孤独を感じる。本で読んだけど、人間には「仲間になりたい」っていう本能があるらしい。だから、独りって寂しくて不安で当たり前なんだ。自分のことは大嫌いだし、できれば私を目に映さないで、なんて図々しくも考える一方、心と心で通じあえたらいいのに、とも思う。

このまま、孤独孤独から脱出の中で苛まれながら生きていては、李徴みたく人間としていられなくなってしまう気がする。社会性を、少しずつ積み上げて、孤独から早く脱出したい。

2017-04-23

http://anond.hatelabo.jp/20170423015643

から今までそれやってたら防戦一方でちっとも好転しなかったわけで

結局ああいう屑共って自分らも痛い目見ないと、延々とノーリスクから叩き続けるだけなんよね

いじめと同じだから、録な反撃もできない雑魚だと思われた時が一番ヤバい

特に女はリアルじゃ力で勝てないから、ネットみたいな言葉だけの空間じゃ、攻撃本能解放されやす

2017-04-22

ビッグハードウンコが体を裂く

虚空を貫く稲妻のように、私の体を痛覚が走り抜ける

神経が痛みを感じるよりも早く、私の肛門本能理解した

「このウンコビッグハードだ。私はこのウンコを生み出す痛みに耐えられない」

私が便座の上で悶えたのは、その数秒後だ。ウンコ空気に触れるその刹那まで、私の体は痛みを感じることすらないのだ。

そして私の体はあらかじめわかっていた痛みに悶える。雷雨をいち早く察知する漁師のように。大海原でそれを避けることは誰にもできないのだ。

痛みの後に押し寄せてくるのが、臭いだ。

ウンコが着水するそのゼロコンマ数秒の間に、匂いの粒子は私の鼻に到達する。

こんな臭い物体を身に宿して、誰もが自分を地べたを這っている。

まるで自分普通の人だと訴えるように。自分は今まで臭いウンコをしたことがないように。

しかし、現実問題として私のウンコ臭い。昨日食べたシーチキン匂いがする。確かに咀嚼されたはずのシーチキンは、姿を変えてTOTO便器の上に鎮座している。このシーチキンも、何ヶ月か前はあの大海原を自由に泳いでいたはずなのに。

なにも私のウンコになんか生まれ変わる必要はなかったのに。

シーチキンにとってせめてもの救いは、転生したその姿がビッグハードウンコだだったことだ。

宿主に呻き声を上げさせる、ソリッドなウンコだ。

あんな柔らかく芳醇なシーチキンが、どうしてこんなに固く拳を握りしめて、私の肛門を裂くんだろう?

どうして私の肛門もっとタフになれなかったのだろう?

まあ、もう手遅れだ。なんにせよ、ビッグハードウンコは私の体を裂いたのだ。

毛布に横たわり、私はあのビッグハードウンコのことを考える。

あれだけ硬いウンコならば下水管を流されても、ウンコとしてプライドを保ち続けるのではないか

そして、そのウンコはいつか大海原に到達し、回り回ってまた再びシーチキンになるのではないか

そのとき私は、自分が生み出したビッグハードウンコに気がつくことができるのだろうか?遠い日に離れ離れになった恋人たちが、お互いの体臭を嗅ぎ当てる様に?

全てはまた遠い未来の話だ。さよならビッグハードウンコ。次に出会う時は、もっと健康消化器官を持って、適切な固さと控えめな匂いで生まれ落としてやりたい。

2017-04-21

上品な人なんて存在しない

みんなセックスしてるんだもん

本能のままに従って。下品だよ

人間皆汚くて気持ち悪い。

2017-04-17

http://anond.hatelabo.jp/20170417115950

肉体から生理的要求でもなく社会的都合でもない、純然たる「欲求」がない、と言いたいんだろうが、ここで抜けているのは人を人たらしめる根源たる「精神欲求」だ。

で、その精神欲求とはすなわち「知識欲」。 何かを知りたい、もっと色々できるようになりたい、状況を解決したい、知らないことを体験したいというような、肉体から来るのでも社会から与えられるのでもない、心というか精神から直接くる欲求研究者とか開発者冒険家なんかはこの感覚を知っている人が多いと思う。動物人間を決定的に分けるのがこの欲求の有無だ。

これを持っている人とそうでない人とでは、当然ながら自力人生を充実させる、何かを推し進める能力に雲泥の差が出る。人間文明を発展させるのはこの欲求を持っている人達だろう。

それ以外の元増田みたいな人はまあ、せっかく人間なのに動物と同じく本能からと外部から欲求しか知らず、うかつにも真顔で「ぼくにはよっきゅうがない」とか言っちゃうアニマル系働きアリ勢ということになるかと思う。

ちょっと人類としてはお粗末だけど、まあ働きアリもいてくれないと困るからね、いいんじゃないですかそのままで

http://anond.hatelabo.jp/20170417115403

最近研究で、人間は壁くらいしか絵を描く場所がなかった時代より前の時代の方が、セックスはほぼ全てレイプで、乱行は当たり前だったらしい

女性レイプ願望は、その時の本能の名残で、男のぺニスに凹みがあるのは、乱行レイプを楽しんだ後に、子供ができないよう精子を掻き出すためだったとか

まり人間は性の代替行為を覚えてから、やっと自分の性衝動を抑える術を学んだわけ

この世に私の欲しいモノは1つも無い

大げさだけどだいたいこんな感じ。

 

俺はカレーが好きだが一生食べれなくても後悔するってほどでもないし、

実際カレーに飽きてからは8年くらい食べてない。

食べたら美味いとは思うけどただそれだけ。

恐らく一生じゃがいもや豆のスープしか食えなくても文句わずに食ってるだろう。

 

欲しい物がないっていうのは社会や肉体から欲しいと思わされているということに気付いたということ。

気づいたというのは乱暴な言い方だが、切り離されてしまったという表現が正しいかもしれない。

家族が欲しい、子どもが欲しいというのは肉体である本能から欲求で俺の自意識が欲しいと思ったわけではない。

自意識本能から影響を受けて子どもが欲しいと思ったからであって「オレ」という意識子どもが欲しい理由がない。

腹が減る、眠くなる、喉が渇く。

これも全部本能から要求であって自分の心はそんなこと1つも望んでない。

できるなら食べたくない、起きていたい、水も飲むのが面倒。

でも肉体が要求してくるので答えなければならない。

 

社会的にも健全社会人として労働を求められ、消費を求められる。

仕事趣味食事交通ボランティア、交友、勉学などの選択肢を並べられてどれか選べと迫る。

俺は休息を選ぶ。

これが一番したいことではなくこれらの選択肢の中でやりたいことが1つもないからだ。

むろん、肉体のために金銭必要なので最低限の仕事勉強はする。

ただそれだけだ。

私が心から何を望みたかったのかまるで見えてこない。

何か大きい挫折があったわけでも、成功があったわけでもなく、

普通の幼少、普通学生時代普通社会人になった。

普段の振る舞いもごく普通である

普通に仕事をし、普通に交友を持ち、普通に愛すべき人を愛している。

だがいい加減、世界から肉体から要求されたことに応えることに疲れていることに自分は気づいている。

どうしようもなく無感情・無表情な疲れだ。

事態好転することがないと確信しているから、絶望希望もない。

絶望とはそこに夢があり、希望を持っていたからこそ陥る状態であり、まだ救いがあるはずだ。

自分には救いはない。

自分という肉体がこの世界にある限り、決して報われることがない、それは、俺が欲しい選択肢がこの世界にないからだ。

この世に、私の、欲しい物は、何も、何一つ、無い。

死の恐怖に震えさせるのも肉体から要求であり、強い願いであから、死にたくないと思わされ、呪いのようにそれを受け入れる。

社会通念上、規範を守り、善人であるよう、人を愛し、人を助け、まっとうに死ぬように仕向けられて、

よしんば犯罪者落伍者になったとしても、それはそれで、この世の理から外れることはならず、そのような者として、よくある一生を終える。

過去に誰かがそうしてきたように救われない結末を迎える。

 

こんな悩みを誰が聞いてくれるだろうか。

今、この世を楽しく、悲しく生きている人間、友人、家族恋人に、どうして伝わろうか。

私の能面のような気持ちで生きた者たちは、表に出せば不適合者だと言われ、無駄にしていると笑われただろう。

それはこの世の価値否定することに他ならないため、彼らの反応は当たり前であり、誰も解決できないため、無意味であることも正しい。

 

だが、それでも、無表情な心が私を見ている。

それを私はあなたの隣で隠しながら生き続けるのだろう。

きっとこの先も。

ずっと。

2017-04-14

生殖に関して自然信奉なのはなんで

生殖というか繁殖の話になると、自然だの本能だの言い出す人がいるじゃん。

こういうトピックだとやたらと湧いてくる。

帝王切開

無痛分娩

同性愛

子供が欲しくない

結婚したくない

人間文明は、生物的な束縛から解放されるために進歩しているはず。

夏でも冬でも日が昇っても昇らなくても定時に出勤してタイムカード押すよね。

虫歯になったら麻酔して削るし、盲腸は手術で切除するよね。

それって生物本来本能でもないし自然の姿でもないでしょう。

これで足りなくても、他にもいろいろな例を挙げることはできる。

しろ社会では本能よりも理性を優先することが求められる事例が多いと思う。

なのに、生殖の話になると途端に反文明的反理性的になるのが不思議なんだよね。

繁殖人類に残された最後のナニカなのだろうか。

2017-04-12

戦争が始まると聞いて

妙にセックスしたくなってきた。本能なのかな?

http://anond.hatelabo.jp/20170412020011

猫に幻想を持ちすぎ

昔は生まれ子猫ビニール袋に詰め込まれて山に捨てられたり、川に流された

そんなことは古い人間には当たり前で、頭のねじなんて外れてなくてもできるような日常光景だった

親猫は子猫を連れてどこかに消えるのは本能で、よくあること。多分子猫を探しに行ったか隠し子を連れ出したんだろう。

2017-04-08

結婚メリットについて考える

私は三流私立大学卒業後、中堅企業総合職で働いているアラサーOLです。去年結婚しました。

私が男性の目にどのように映っているかというと、おそらく「自立してる」風だと思います。なぜなら、薄給ながらも総合職男性と同等に稼いでいるから。そして男性に頼るのが苦手だから。するとどのようなタイプが寄ってくるか。女に依存されるのが大嫌いな男です。

彼らは表向きは男女平等を謳っていますが、正体はただのケチな割り勘男です。男女平等から割り勘がいい。仕事も頑張ってほしい。でも、心の底では、料理上手で男を立ててくれるのがいいと考えているのです。要するに自分の都合の良い部分だけ平等にしたいだけのことです。

まあでも人のことばかり悪くは言えません。フェミニストを装った私も、家事平等にしつつ、金は男が多く負担したらいいなどと考えているからです。いや別に基本は割り勘で構いませんが、たまには奢ってほしいな☆というお姫様願望が捨てきれないのです。

社会人になって何人かと付き合いましたが、全員このタイプでした。一円単位まで割り勘です。結婚した今も、家計は完全折半しています。当然ながら家事も完全に折半です。ルームメイトのごとく、本当に何もかも折半です。互いに男のロマン、女のロマンは捨てきれていませんが、それが叶うことはなく、また叶えてあげようという気もおこりません。ケチな二人は一生分かり合えることはないでしょうね。

本当の男女平等って一体何なんでしょう。こんなことなら、経済力家事能力依存しあう昭和従来の関係の方が、男女は上手くいくのでしょうか。

このような話をすると、何で結婚したのとよく言われますが、本能に負けたとしか言いようがありません。30手前になると、一生結婚できなかったらどうしようと妙に不安になるものです。多分、相手もそうだったんだと思います。そうでもなきゃ結婚なんてしません。だって結婚ってデメリットばかりなんですもの

そんなんではいけないと思い、自分を納得させるために結婚BCP対策などと理屈付けたりもかつてしましたが、何もかも折半依存し合えない以上、何の対策にもならないことに気づきました。家族でありながらも所詮赤の他人であり、非情関係なのです。将来が不安なら貯金して保険にでも入った方が、よっぽどリスクヘッジになるでしょう。

人という漢字は支え合ってできていると金先生が言っていたと思いますが、支え合うというより、左側が右側の上に乗っかっている形になっているじゃないですか。私たち夫婦はまさにそんな感じです。我こそが左側で、寄り掛かかって自分が得したいと考えているんだと思います。これでは喧嘩になるに決まっていますね。

私は同じ男をいつまでも好きでいることは出来ないことを、何度も恋愛を繰り返してわかっていました。私は交際相手に対する不満がどんどん蓄積してしまうのです。その器は一年半分の大きさしかありません。100%自分の思い通りに動く人間など存在しませんから、必ず器が満タンになり溢れ返る時が来るのです。それがわかっていたからこそ、あきらめて終止符を打ちました。

ちなみに結婚相手とは交際一年半以内に結婚しましたが、器が溢れるのはやはり交際から一年半後でした。面白いことに、ソニータイマーのようにいつもぴったりとその時がやってくるのです。

親や友達や同僚とは長い付き合いができるのに、交際相手にはなぜか不満が蓄積してしまます。原因は相手ではく私でしょう。結婚のものに向いてないんでしょうね。でも後悔はしていません。こうなることはわかっていて結婚しました。そのくらい、女の結婚できない恐怖は凄まじいものなのです。

もっと私に強い心があればなぁ…。あるいは生まれるのがあと50年先だったら、もっと未婚率も離婚率も上がって、結婚なんかしなくても平然としていられたかもしれません。

法的に血縁に何の価値も持たせなくすることは可能だろうけど

遺伝子を継いでいく生物本能社会の理性で割り切って克服できるようになるものなんだろうか

2017-04-04

支援者は嫌ならすぐ切り捨てるくらいでいい

http://anond.hatelabo.jp/20170402141024

私は中学から相談員診療内科への受診を続けている。しかしこの悪くない人を探すのが本当に難しい。

怒鳴ったり否定してきたり見下してくる、そういう素振りをしてきたらそれは即やめていいのだ。

それは本当に自分が偉いと思って威張ってる奴だ。

看護師仕事で関わるけどプライベートでは絶対関わりたくないって言われてる奴でも精神科をやってるおかし病院もあるのだ。

対人恐怖が悪化するとか、悪夢に出る人間の数が増えるとか、そんなことになって欲しくはない。

貴方自分が本当に大切でいいのだ。自分の命を守るのが生き物としての本能なのだ。何十ページの道徳の本よりもそれが真実でいいのだ。

上の言葉が信じられなくなってからは生き地獄が待っている。

いじめボロボロになってる時に、運悪く性格悪い支援者にぶち当たる余裕なんてない。

起きた事実に重ねて悲しいことが起こり、新しく苦しい症状が増える可能はいくらでもある。他人事と思っているかもしれないが、常にそういうものとは隣り合わせにある。

とくに危惧するべきは親の存在だ。

私の親は二次被害担当をしている最悪の存在であり、悪口を言われれば幻聴否定され、カウンセラートラブルがあれば私が悪人にされ、常に明るくなれそんなんじゃ駄目だと精神を追い詰めていた。

一般論にせよありがちな言葉にせよ、自分気持ちを見てくれてすらいない親というのは本当にいるのだ。

もし医者と話す機会があるなら、親が着いてきても、医者と二人きりで話すことが大切だ。

2017-04-02

http://anond.hatelabo.jp/20170401222028

精力減退を実感して、本能的にがんばる理由がなくなるからだろ

2017-04-01

内容は多分思い込みですけど当たってる思い込みも一部あろうかと思います

「傷つくからけもフレ批判しちゃだめ」という空気空気なのでデータなし)について。

過剰に褒めるってことは勇気がいることなんすよ。落語心中が本当に良かったということを伝えるために、

一応落語本体理解した上で語ったほうが丁寧だとか、そうでなくてもどこが良いのかを説明した方がいい。

義務ではないけど批判材料になるなんてことはそれこそネットでは日常茶飯事なんだから

この問題は延長線上に言葉狩りと同質の問題をはらんでる狂気的なもんだと思う。

自分AKIRA大好きだけど批判的な目線がないかといえばあるよ。相手御大だし大尊敬してるけど。

あとけもフレの問題に関して俺も最初は茶化しながら見るもんだと思ってて、元増田の言ってることはもっともだと思ってたんだが。

ブーム違和感しか無いので検索するわ自分でも考えてみるわもした。けどわからん理解できんのよね。

ファン批判に対してメンゲン反応並にすごい抗体反応示すのも思索対象で、

これはやっぱりみんな回復の気配がない日本世界不況のことを頭の隅に押し込んでんだろうなとか。

そうするとディストピアの上澄みの優しさを傷つけられるのは、自分たち生存に関わる危機的状況だと本能判断するっていう。

傷に対する攻撃ってもの基本的防衛反応しか無いのは周知だと思うんすよ。

けもフレ層は無傷で見てるんじゃなく、傷を埋めるために視聴してるって見解が的を射てるんじゃないか自分なりに思うわけです。

ここで不思議なのは、彼らに同化意識があまりないってこと。

憧れには同化意識がつきまとうんだけど、けもフレ層は同化も出来ない、客観視も出来ないところで眺めている。

夢中にはなるけど自分たちがあの住人になろうなんてことはちょっと叶いそうにもなく、

結局フレンズ世界観園長立場保護するというスタンスで、周囲に告知したり攻撃したりしてる。

この構造って何かって考えるとジャニオタドルオタに近い構造を持ってるなって。

ユートピアの住人になれない自分たちの代わりに代償してくれる存在見出し親衛隊やってるっていう。

あーなんか少し分かってきてスッキリした。

2017-03-31

http://anond.hatelabo.jp/20170331135152

プリンセスには、ひたすらかわいくてかわいくて誰からも愛されるお姫様

かわいさに加えて賢さと強さをも兼ね備えた女王様のちっちゃい版があって

どちらをより好むかは本能で決まっている。ふしぎ。

死にたくもなし生きたくもなし

20歳ごろまで、夜に眠りにつく直前に恐怖で飛び起きることがあった。夢うつつにふと「死」の恐怖が浮かび上がるのだ。怖くていてもたってもいられなくて「やだやだやだやだ」「こわい」と声を上げることもあった。大概その直後には眠りについて、翌朝家族に「何か寝言言っていたよ」と言われるのだけど私には夢うつつから恐怖に飛び起きる記憶があった。

また、交通事故も怖かった。ネット上の議論だったかそれこそはてブだったか、覚えていないのだけど、特殊技術に対する安全性についてのコメントで「そんなこと言ったら、交通事故が怖いなら道路を歩くなという事になるじゃないか」という主旨のものを読んで、本当にその通りだ道路なんて歩きたくないと思った。交差する横道の全てからものすごい速さで自動車が飛び出してくるような気がして注意を決して怠らなかった。

一方でその頃、生きることもつらくて仕方がなかった。愚痴にもならないような小さな人間トラブルや、ありふれた苦労が辛くて仕方がなかった。進学や進路も、正直アテがあったのだけれどそれでも「私は本当にそれで幸せなのか?」と考えたとき選択肢として自殺はあった。

自殺を選ばなかったのは、ただただ死ぬのがなんだか怖いからだった。生き物としての本能から仕方がないと思った。

それから年月はだいぶ経って、最近の私は死ぬことがかつてほど怖くない。そりゃあ怖くないわけじゃないけれど、寝る前に叫んだり、夕飯を食べながらもしかしたら今日一緒に帰宅した友達が今夜突然死する可能性もゼロじゃないと想像したり、そういうことはなくなった。

大人になったのか、と漠然と思っていたのだけど、思い返せばただ生きる辛さが紛れてきた時期と一致しているような気もする。今の私は、あの頃「まぁきっとあの辺に落ち着くんだろうな」と思っていた所に就職して、相変わらずドラマにもならない苦労があるけれど、対処法も身につけてきて、まあ色々あって(ひとつ思春期が終わったホルモンバランスの落ち着きなんかもあるだろう)、そんなに前ほど辛くない。

あの恐怖は逃れ方がわからなかったが、生の辛さへのカウンターだったのか。

草食化の一番の理由は血や死を身近に感じないせいだと思う。

ニュースとかで隠さないで流すようになれば本能的に子作り増えるんじゃないかと。

そして理想より現実を取る若者が増えて萌えバブル崩壊するんだ。

童貞がなぜ非童貞ではなくフェミ文句をつけるのか

あれは発破かけてるんや。

フェミさん、非童貞が嫌いなら俺を救ってくれ。

でも救ってくれないなら非童貞につくわ。得だから。」

ってだけの話。

ここに気づかない限り男社会構造は変わらん。

例えばフェミニストじゃない女性がなぜ積極的マッチョを持ち上げるのかと言えば、自分を救ってくれるからなんだよね。

いわゆる甲斐性ってやつ。

ところがフェミニスト女性にはこの甲斐性が一切ない。

大雑把に人間を分類すると

マッチョ男性マッチョじゃない男性フェミニスト女性フェミニストじゃない女性

になるんだけど、フェミニスト女性は味方がフェミニスト女性しかいない。

マッチョは他2グループを全て味方につけてる。

なぜなら支配する代わりに恩賞を与えるから

男性にはそれなりのポストを与えるし、女性結婚して生活保障を与える。

ところがフェミニスト女性は持っていても溜め込んで一切他者に与えようとしない(これが新自由主義フェミニスト親和性があるとしばしば言われる由縁。自力で這い上がって来いと再分配を否定する

それどころかマッチョ男性から普通女性と一緒になって甲斐性なる物を貰おうとしてる(←正直これが一番まずいと思う。それどころかマッチョじゃない男性叩いとるやんけw

これ以上先に進むなら女性自身が与える側にならなければならない。


ほとんどゲーム理論様相を呈してるけどまぁざっくり言うとこういうことだよね。

マッチョじゃない男性フェミニストじゃない女性

フェミニスト女性は何かメリットを与えてくれるのか?」

と値踏みしてる状況。

でも最近フェミニスト女性根本的にネオリベ的で自助努力を促すばっかりなのでついていけない。

このままついていけば最終的に切り捨てられて自殺するのが明らかだから

集団自殺は誰もしたくないわな。


どうも男性と違って女性には無能男性恋愛関係に持っていくのは女性動物本能から難しいようだ。

これは北欧女性の傾向から見てもほぼほぼまりつつある。

男性女性に比べてブサイク死ねといいながら金を払う動物的特徴がある。

なのでフェミニスト女性はせめて金を吐き出しまくるとか、非童貞組織の長として引っ張っていく気概必要だと思う(女性リーダーになるだけじゃ駄目よ。フェミニストじゃない女性マッチョ男性フェミニスト女性比較してマッチョ男性につくから

宮崎駿がドーラとかに憧れる気持ちわかるわぁ~

2017-03-29

[]けものフレンズ12話「ゆうえんち」

サーバルが目を覚ました

かばんを助けに行こうとするサーバ

でも一緒に作戦遂行してたフレンズたちは「あきらめろ。作戦すすめよう」って言う

でもボス緊急事態からってことでサーバルに話しかける

かばんをよろしく」って

そんで助けにいくことに

でもひぐまとサーバルだけだとやっぱりきつい

そこに空から影が!!!

みみずく?このはずく?とふくろうだかが獣の本能解放して助けにきてくれた

でもそれでもやっぱりしんどい

今こそ本能解放するんだってみみずくたちが声かけてこれまで出てきたフレンズたちが総動員で総攻撃しかける

そんでかばんが消化されかけて虹色の玉になってるのを救出

からかばんにもどった

消化されたフレンズはもとのけものにもどるけど、かばんはもとがヒトだったからかわらなかったらしい

パークの危機が去ったということでゆうえんちであそぶフレンズたち

かばんにプレゼントということでsafariバスを改造したいかだプレゼントされる

そんでまた旅立つカバン

でもサーバル(たち?)も、かばんの後ろからさふぁりばすの後部を改造していかだにしてかばんについていってた

さっそく海上あらたなふれんずと遭遇!?

OPイントロが流れる

まだ旅は続く~完~

ライブシーンでのモブカキワリは最終回のための労力バランス考えてたんだね!と思うくらい総出演で動きまくってた

ちゃんとしゃべってたし(かねともじゃない、トキの仲間のほうのふれんずだけセリフなかったかな?)

予算かかってんなーとか考えてしまった

攻撃のところでOPかかったけど、instだったのがわかってるー!って思って地味にうれしかった

歌入ると盛り上がるのいいけど、歌とセリフがかぶって肝心のアニメ本編が聞きづらくなるのがいつも地味に気になってたんだよね他のアニメ

謎は残ってるとこもあるし、背景説明とかの入れ方があまりにも説明的過ぎたりするように感じたところもあったけど、

1話だと棒だとしか思えなかったサーバルちゃんにここまで癒されるアニメになろうとは想像もしなかった

ただかばんとボスけが旅するってのだと魅力はめっちゃ減ってたと思う

サーバルちゃんをサブ主人公にしてずっと同行させたのはもうほんと大正解だった

しかモデリングえっちすぎるのがきになるな・・・

いや俺的にはうれしいけど、これを子供に見せるとかいってる人間いるの見るとちょっとどうかと思うわ

肉感的すぎる

あーこれでけもフレ終わりカー

2017-03-27

顔が良くない人と付き合ってて幸せ

今までひたすら顔がタイプ女性と付き合ってきた。いわゆる面食いで、いつもモデルみたいな女を連れてた。でもやめた。今、生理的に無理な範囲じゃないくらいの、あまり顔の良くない彼女と付き合っていて非常に幸せである

正直、生理的に無理じゃないくらいなので、特に欲情もしない。今までだと、何かいざこざがあっても「あーかわいいから許す。とりあえずえっちしよ」みたいな解決策に陥りがちだった。その手段に行かない。つまりは、本能ではなく、日々性格一本勝負で一緒にいたいのかを考える。本能に甘えないので、理性的になる。

穏やかな適度な不細工なので、男からの評判は悪い(写真を見せたときの反応でわかる)が、子ども女性おっさん、老人受けが最高に良い。払っても寄ってくる敵が減り、味方が増える。親、同僚、上司などなどに紹介するときも、敵対感や妙なポジション争いがない。周りに気を使わなくて良くて、楽だ。

ある程度太っているので、やわらかい。すごくやわらかい。膝上に転がり込むと、クソ部下のせいで荒んだ心が癒される。俺がご飯を作ると、とても喜ぶので、たくさんご飯を作ってあげたくなる。そして、今日も俺はつい俺が食えない量の副菜をたくさん作り、彼女はそれを平らげてしまう。餌付けが楽しい

この人とは一緒にいたい。ずっと一緒にいたい。お互いあんまりキドキはしないけど。ま、いっか。毎日キドキしてても大変だし。

2017-03-25

http://anond.hatelabo.jp/20170325102024

結婚して子供もいるようなばくさい民が低辺なわけない。

本能にしたがって生きてる分、下らないジャンク知識に従う大多数の負け犬はてなーより強者だよ。

高学歴童貞フリーターの三強揃ってるはてな民はおおいが、

ばくさい民は少なくとも童貞は少ない。さら中小零細では正社員

やつらは高々一強だ。

はてな民高学歴でもないのにちょっとだけ学校の成績が良かったためにバクサイ民を見下している。

客観的に見れば大多数のはてな民の方がヤバイ状況だけどね。

2017-03-24

責任能力

名大生が無期懲役になったんだ。素晴らしい。

責任能力の有無が判決を分けるらしいけど、責任能力のない人は無罪ってどうなのか。

文字通り責任を負う能力すらないのだから本能のまま再び罪を犯すでしょ。

それでもいいってことですか?

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん