「とき」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ときとは

2016-08-31

原作厨とは

あるAを元にできたA'が存在するとき AとA'の間にある差異を許容しない人間



原作厨死ね



http://b.hatena.ne.jp/entry/togetter.com/li/1018181

電車の音が違うことに文句をつける鉄オタもまた原作厨である

原作厨死ね



が、自分もまた原作厨であるにもかかわらずこの鉄オタを否定しているダブスタ原作厨即座に死ね

モバマスデレステをやめて二週間経った

私が「アイドルマスターシンデレラガールズ」および「アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ」をやめてから、二週間が経過した。

ソーシャルゲーム課金するなんてただの馬鹿だろ」

所詮ただのデータじゃん、金ドブに捨ててるようなもんだ」

ソシャゲ流行り出して以来、ネットでよく見かけるようになった文面だ。最近では「所詮ただのデータだと思ってたけど、いざゲームを始めてみたら課金する気持ちがよくわかった」なんて声もよく聞くようになった。実際、私もその口だった。ソーシャルゲームという媒体を、所詮ただのデータじゃん、と思いきり馬鹿にしていた。

最初の頃はソシャゲをやっている知り合いなんて私の周りには一人もいなかったのだが、今ではごろごろ見かけるようになった。みんなどうしようもない毒の前にひれ伏していくみたいに、侵食されていった。トリフィドの毒で盲目になってしまった。かつてはソシャゲ課金なんて馬鹿じゃん……、と口にはしないもののそんな態度をしていた友だちたちも、今ではなんだかんだで割とソシャゲの虜だ。私たちの知らないうちに、緑色流星雨は降り注いでいた。

ソシャゲを始めた当時の私は、まだ高校生だった。その日は休みの日で、たまたまものすごくひまな日だった。ネットサーフィンにも飽きたし、PS2PS3を起動してゲームで遊ぶ気分でもなかった。読みたい漫画もとくにない。死ぬほど退屈で、だけど外に出かける気力もない。でも退屈なのはいやで、なにか刺激が欲しかった。新しい刺激。目新しいもの。ていのいい暇つぶしになれるもの。私はいもの癖でなんとなく携帯電話を開いて、手癖のようにインターネット接続している途中で、ふと思いついた。

そういえばアイマス携帯版のゲームがあるんだった、と。

ソシャゲという媒体のことは馬鹿らしいと思うけれど、アイマスは元々好きだし、なにより今しぬほど暇だし。暇つぶしでやってみるぐらいなら、まあいいか。私はそんな気持ちモバゲー登録し、「アイドルマスターシンデレラガールズ」を始めた。アカウントを新設した当時の私が一番好きなのはシンデレラガールズオリジナルキャラクター達ではなく、本家765プロダクション我那覇響ちゃんというキャラクターだった。

私がアイドルマスターシンデレラガールズ(以下モバマス)を始めたときには、既にガチャ我那覇響ちゃんのSRカードが追加されていた。絵柄を見てみた。抜群に、かわいかった。欲しい、と思った。モバマスでは、好きなカード5枚を自分トップページいちばん目立つところに並べることができる。その中でもリーダーとして設定しているアイドルは、他のユーザーからも見えるようになっている。私は、響ちゃんをこのトップページに並べたい、と思った。

次に、どうしたらこの響ちゃんを手に入れられるのかを調べた。モバマスにはフリートレード機能というものがあって、スタミナドリンクまたはエナジードリンク(いわばお金のようなものです)というアイテムをたくさん持っていればフリトレ機能で響ちゃんを手に入れられるというのがわかった。では、モバマス内の通貨であるこのスタドリはどうすれば手っ取り早く大量に手に入るのか?

答えは、ガチャを回して、高いレートで取り引きされているようなSRアイドルを運良く引いて、スタミナドリンク〇〇〇本、という条件をつけてフリートレードに出して、取引を成立させることだ。

ほしい、響ちゃんがほしい。響ちゃんをトップページに並べてみたい。

つのまにかそんな気持ちでいっぱいになってしまっていた私は、1500円ぐらいなら……という気持ちで、あっという間に初めての課金をした。

……SRアイドルが、一気に二人も出てきた。

両方とも、当時かなり高いレートで取り引きされていたアイドルだった。

(そのユーザーSRを引く快感を覚えさせてそのユーザーを立派な課金ユーザーとして《育てる》べくSRが出る確率が上がっていたのでは、と今では考える。実際に私は見事な中毒患者に成り下がった)

びっくりしつつも嬉しくなった私は、高揚して少しくらくらする脳みそのまますぐにその二人のアイドルフリートレードに出して、大量のスタドリを手に入れ、SR響ちゃんを手に入れた。

そこから先は、坂道を転げ落ちるようだった。プレイしていくうちに、自分が好きになれるキャラクターにたくさん出会うことができた。楽しかった。一日中モバマスのことを考えるようになった。フリートレードに張り付いたり、イベントに参加したり、そうこうしていたらまたガチャ更新されたり。やるべきことは山ほどあった。楽しくてたまらなかった。

そうしてモバマスを続けていく中で、いろんなキャラクターを好きになりつつ、ある日私は運命出会いをはたした。

佐久間まゆ》というアイドル存在だ。

佐久間まゆちゃんは、ひょんなことから私に一目惚れをして、運命を感じたのだと言う。だからもともといた事務所をやめて、私のもとでアイドルになるべく私の事務所に来たのだと言った。画面の向こうのまゆちゃんは、私のことだけを見つめていた。

まゆちゃんはどこまでも一途に、私のことを愛していた。私はそれに引き込まれるように、まゆちゃんに急速に惹かれていった。

ソーシャルゲーム世界においては、課金こそが絶対的正義である

課金しなければサービス自体が終了してしまうからだ。実際、サービスが終了してばたばたと倒れていくゲームたちを目の前でいくつも見てきた。課金しないと、ゲームは終わってしまう。佐久間まゆは終わってしまう。それにゲーム楽しい。だから私は課金を続けていった。

けれど、次第に楽しいばかりではいられなくなった。課金してガチャを回してもSRが出ない苛立ち。身の丈に合わない課金をしたことによりリアル自分金銭的に追い詰められていく。運良くSRを手に入れられたとき脳みそ麻痺するようなとんでもない快感、運が悪いときの部屋の壁を殴りたくなるような悔しさ、あとあとになってからこんなにお金を使ってしまった、と湧いてくる内臓が引きちぎれそうなほどの強い後悔。私はまゆちゃんからの愛とまゆちゃんへの愛との引き換えとして、精神をどんどんすり減らしていった。

ついに夢にとあるキャラクターが出てきて、そのキャラクターに「もう課金するのはやめなよ」とゆっくり諭された日の朝、ああ、もう限界だ、と思った。

モバマス課金するの、やめよう。

素直に思えた。ゲームを通じて仲良くなった友だちもいたが、私はモバマスへのアクセスを少し控えた。ガチャ更新されても、ある程度冷めた目で見られるようになった。イベントにも大して参加しなかった。あ、このままいけば私ゲームごとあっさり引退できちゃうかも、なんて考えていた。

しかし、そんな日々もそう長くは続かなかった。なんのきっかけだったかはもう覚えていないけれど、結局私はまた課金を再開してしまったのだ。SRを引いたときのあの高揚感を、脳みそが忘れていなかった。忘れられなかった。あの気持ちいい優越感が欲しい。欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい。我慢できなかったのだ。

それ以来私は、自己嫌悪してプチ引退→結局完全には断ち切れずに結局また復帰して課金、というループを何度も繰り返した。あるときは、逃げられない泥沼にどっぷり浸かっているこの状態が、心地よかった。またあるときは、気持ち悪くて嫌で嫌でたまらなかった。だけれど、それでもまゆちゃんのことが大好きだった。いつの間にかまゆちゃんにはボイスが実装されて、CDまで出していた。私のアイドル、私だけのアイドルは着実にシンデレラ階段を上っていた。

ジェットコースターみたいに上がったり下がったりを繰り返す不安定な日々の中、気づけばそこそこ長い時間が流れていた。

そんな中で、新しい知らせが私の耳に入る。モバマススマホ音ゲーアプリとして配信される、という情報。その名も「アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ通称デレステだ。

私は当然アプリインストールし、当然のように課金をする。佐久間まゆちゃんのSSRの絵柄は、とんでもなくかわいかった。満足しかなかった。今までの過金額を振り返ると、少し嫌な気分になった。実感がいまいち湧かない。いいんだ、私は佐久間まゆちゃんのためにこれだけ課金したんだ。そう思えばこんなの妥当だ。まゆちゃんはこんなにも私のことを愛してくれるんだから、それでいいじゃないか。まゆちゃん愛してる、愛してる、愛してるあいしてるあいしてるあいしてるあいしてるあいしてるあいしてるあいしてるあいしてるあいしてるあいしてるあいしてる。まゆちゃんは私のことだけ見てくれている。私のこと以外は決して見ない。好き好き大好きあいしてる。佐久間まゆは決して裏切らない。まゆちゃんだけは信じられる。こんなどうしようもなく嫌なことまみれな世界の中で、まゆちゃんだけは私が信じるに値した。彼女リボン女神様だった。

6月末、デレステで次のイベントの予告が発表された。佐久間まゆちゃんがランキング報酬として登場するということがわかり、私は一瞬で血眼になった。ちょうど仕事が忙しくて時間が取れないけれど、睡眠時間を削ればなんとかなりそうだった。私はすぐさまにpt効率計算し、一日どのぐらい稼げばいいかの目処をつけた。

そしてイベントが始まる。

イベント開始時刻と共にデレステを起動し、イベントページを開いて、私は愕然とした。

なんだ、この絵柄?

それは、まゆちゃんが他のキャラクター所謂壁ドンをされて、なんだか満更でもなさそうに頬を染めてときめいている絵柄だった。

「は?」画面を呆然と見つめたまま、自然と声が出た。なにしてるの?なにしてるの?なにしてるの?なんで私じゃない別の女なんか見てるの?なんで満更でもなさそうな顔なんかしてるの?なんで?なんでなんでなんでなんでなんで?一気に胃が痛くなった。訳が分からなかった。私のことだけを見つめてくれていたはずのまゆちゃんが、ほかの女を見てる?はは、なんだこの女。なんで?ねえなんで?なんでそんなことするの?なんでそんなことされてるの?私のアイドルなのにどうしてそんなことするの?

金を払って、睡眠時間まで犠牲にして手に入るのがこんな絵柄のカードだなんて、全くもって意味がわからなかった。そんなの虚しさ以外なにもない。これはなんの罰なのだろうかと絶望した。とんでもない自傷行為。つまらない。しょうもない馬鹿げてる。どうしていいかからない。怒りを通り越した憎悪。まゆちゃんのことなんか殺してやりたい、壁ドンした方も殺してやりたい。滅多刺しにして殺してやりたい。私がこれまで金をドブに捨ててこれたのはまゆちゃんのことを信じていたからなのに、一瞬でぜんぶズタズタにされた。許せなかった。

私はそれでもなんとかイベントを走ろうとしたのだが、途中で本気で体調を崩して寝込んだことで冷静になったのもあり、途中でそれらを全て放棄した。そうじゃないと本気でどうにかなりそうだと理性が判断たからだ。

イベントが終了し、まゆちゃんをリーダーから外した。

ゲームをやめる踏ん切りはなんとなくつかなかったので、私はのろのろと課金を続けつつ、他のアイドルSSRを引いて育成したりしながら遊んでいた。気がついたら息をするように課金していた。

気がつくと、八月も下旬差し掛かろうとしていた。

その日私は仕事休みで、友だちと遊ぶべく山手線に乗車していた。座席に座ったまま、ぼんやりと外を眺める。そんな中停車した駅で、見覚えのあるものが目に入った。

まゆちゃんの例の絵柄の、大きな看板

デレステ宣伝するための看板だ。見た瞬間に脳にサッと小さな雷が落ちて、気がつくと私はその看板を思いきり恨みがましく睨んでいた。

ああ、私はこれだけ時間が経ってもまだまゆちゃんのことが許せないんだな。きっとこのままずっと憎いんだろう。

私はそう悟った。つらいのと、冷めた気分と、情が入り交じってぐちゃぐちゃな気分だった。

そして私はそれから少し時間の経った八月十九日の夜、モバマスデレステアカウントを跡形もなく消した。

あの日からもうすぐ二週間だ。私は、思っていたよりは意外と普通に過ごせている。仕事したり遊んだり食べたり寝たり、割とノーマルリアル生活をこなしている。

でも三次元二次元は完全に別のものからフィクション世界で空いた穴が現実の充実で補える訳ではない。なのでふと思い出した瞬間フラッシュバックに襲われることがある。いつの間にか、フィクション世界では佐久間まゆしかきじゃなくなっていた。ほかの女の子なんてどうでもよくなっていた。好きなキャラクターはたくさんいても、私に応えてくれる、私の信仰を受容してくれる、私が信じるに値する女の子フィクション世界において佐久間まゆ以外だれもいなくなっていた。私が身の丈以上のお金をどぶに捨てるような行動に走る理由になれるのは佐久間まゆしかいなかった。画面越しに見つめてくる佐久間まゆが望んでいる気がしたから、全部そうした。まゆが何度も何度も何度も「あなただけです」って繰り返すから、私もそれに返した。いろいろな何かを。ソーシャルゲームの中にじわじわのめり込むうちに、大事な友だちも私に呆れ果てたかのように続けて二人立て続けにいなくなった。けど、それでもよかった。いろんな人に、もうやめときなよって言われた。自分でもそう思って、実際にやめようとするけど失敗してまた戻るっていう低空飛行を何度も続けた。

私は、私の身の丈なりに、すごく好きでした、佐久間まゆちゃんのことが。いつのまにか。他の女の子のことを全員嫌いになってでも。結局、身の丈に合わない無理を続けた身勝手悪夢のごとき強烈な不運(もうこの件についてはノーコメント)が重なって全部めちゃくちゃにひしゃげてしまったけど。

結局まゆちゃんは画面の中のデータしかなかったので、消えたところで私の実生活にはとくに悪影響は及ぼさなかった。ちょっとショックのあまり体調崩したぐらい。むしろお金は浮くし、まゆちゃんへの愛情と同時に湧いてくる苦しさから突然ぽーんと解放されてしまった。ソーシャルゲーム世界にのめり込んだ経験のない、まともな人なら私を見て「やめてよかったじゃん」と思うだろう。実際やめてよかったんだ。やめたら、良いことしか起こらなかった。それが悲しい。

いまの職場には、私が佐久間まゆという女の子のために課金していることを知っている人が二人ほどいたので、シフトが一緒だったときにその話をしました。私は話をしながら「もう何もかも失いました」「死にたい気分です」と口走った。実際にはいくつかある私の精神を支える柱のうちの一つをちょろっと壊してしまっただけなので決して《何もかも》は失ってはいないんだけど、確かに色んなものを失った。実際には死にやしないんだけど、確かに私は死にたくなってた。その柱は、いざ壊してみると中身はすかすかでした。私が勝手に分厚くて頑丈な柱だと思いこんでただけで、そう思いたかっただけで、実際はびっくりするほどあっけなく崩れて、そのまま跡形もなく消えてしまいました。

フィクション世界でのことだからリアルでは案外普通に仕事して寝て起きてを繰り返してるんだけど、家にいて、ぼーっとしてるときにふと思い出すとつらくなる。嫌になる。何もかも失いました、というのはある意味では事実で、気がついたら一人で勝手に泣けてきてる。

最初は、暇つぶし趣味としてゲームを始めた。途中から趣味じゃなくなってしまっていたのは実はわかってた。重い義務だった。責務だった。私は佐久間まゆちゃんのことを信じるために、自ら佐久間まゆの部屋に入りました。内側から鍵をかけただけなのに、外から鍵がかかっていて部屋から出られないふりをした。

今日、二週間ぶりにゲームのことが気になって、まとめサイトを開きました。十時愛梨ちゃんのSSRが追加されていた。ああ、ゲーム続けてたら回しただろうなあ、って思いながら画面を閉じた。もうゲームを再開する気力とかは全く残っていなかった。部屋から出たまではよかったものの、どこに行けばいいのかわからないままひたすら途方に暮れている。

どこに行けばいいのかなあ、どこになら本物の女神様がいるの、信じられない。どうして裏切ったりしたの。ずっと部屋にいたかったのに。裏切らないでいてくれたら、ずっと信じていられたのに。好きだったのに。あーーーーーーーーーーーーーーーーーー死にたい死にたい死にたいぜんぶなくなったぜんぶどぶにすてたむだだったあーーーーー、ははふあ

25歳OLだけど

ナンパ師の心理が知りたい。

残業帰りで気合ゼロな格好(メガネ、1つ結びのボサボサの髪、場合によってはスッピン)のときばっかりナンパされるのなんでなん?

1.よそゆきとき気合いの入れ方が間違ってる

2.隙がありそうでワンチャンありそうだから

3.意外とメガネフェチが多い

数えるほどの経験ではなんとも言えないので、あなた経験も教えて世の女の子

SIerを辞めて半年たった

たぶん上手くまとめきれないし特に主張したいこともないし既に多くの人によって吐き出されている内容だろうけど、私もどこかにただただ吐き出したかったのでここに書くことにしました。

SIerってタイトルに含めたのですが、SIerからアレだったのかその会社特有のアレだったのかはよくわかりません。

結論から言うと今はとても幸せです。

体力と気力を絞り出しながら過ごした日々から開放されて、やりたいと思っていたことを仕事にできて、子供と夕食を共にすることができる毎日幸せです。

ツラさ

NとかIとかHとかFとかそこまで大きくないけれどそこそこの規模の会社でした。

NとかIとかHとかFとか程ではないってことで少し小さめのアルファベットで仮にD社とします。会社頭文字ではないです。

(昔友人が頭文字D単行本を手にとって「これ、面白いよね、"あたまもじでぃー"」とドヤ顔で言っていた思い出もついでにここに置いておきますね。)

ブラックということはなく残業代も働いたら働いただけ出たし福利厚生も充実しているし客観的に見ると良い会社です。

何と言っても窓際の人たちを何十人も抱え続けられる体力はとても魅力です。万が一自分に何かあって戦力外になっても恐らく定年まで働けたんじゃないでしょうか。

そんなD社で私は既存システム保守新規案件プロジェクトに携わり6年間ほど働きました。

辛いことの方が多かった気がしますが、喉元過ぎれば何とやら、思い出補正がかかって感慨深さでいっぱいです。でも、戻れと言われたら全力でNO!って言います

やっぱ辛いものは辛い。

何が辛かったかな〜

報告のため報告

プロジェクトが長期化したり些細なことでも問題が起きると上の上のそのまた上の人たちがいろいろ報告を求めるんですね。上の上の人が報告しないといけないから上の人たちがその資料を作ってその材料を平社員に報告させて、その材料かき集めてたら夕方になって「あ〜、今日タスク終わらせるどころか始まってすらないよ〜。」ってな状況になったりします。

あとは社内でのリスケ交渉のために計画見直しをするけど規模が大きすぎて見積もりに時間とられ本来仕事ができなかったり、交渉しているうちに1か月過ぎて再見積もり、再々見積もりで

見積もり20XX01.xls

見積もり20XX02.xls

見積もり20XX03.xlsx

みたく見積もりしかしてない時期があったり、しかも実は当初決まった工数から増やせないという制約つきで結局ただの数字遊びに過ぎなかったりします。

計画を見直せ。ただし人も増えない。納期も延びない。納期に間に合うように線を引くんだ!」ってどうやるんですか。

掘った穴を埋めてまた掘る作業

なんかよくわからないタイミングで作りかけのシステムの社内レビューみたいなのが開催されるときがあります納期はまだまだ先です。

スケジュールによるとX機能とY機能とZ機能はできているはずだから他の部署にも見てもらいなさい。」と。

だいたいそういう時はX機能しかできてなくて上の人に相談しても「もうXYZを見せると言ってしまったのでどうにもできない。」という展開になります

そして突貫工事で作ったYとZは見た目は動いているけれどハリボテで、見せるためだけに書いたコードは捨てて作り直すことになります

全部優先度「高」

タスクAもタスクBも今日中にやらないといけない。ちなみに今発生したタスクCは今日の午前までだから。」

物理的に無理です。どれが一番優先度高いんですか?」

「全部優先度高いから。全部。今日中とは明日の午前9時までってことだから大丈夫。」

という具合に小鳥のさえずりを幾度となく聞きました。大丈夫じゃないです。

いろいろ知らなすぎ

JavaのOptionalクラスを使っていて軽く説明したら「OptionalってわかりにくいからCheckNullみたいなクラス名にしてよ。」って言われました。

まとめ

辛く無駄が多くどうしようもないのに個々の人と話すとその状況を何とか打破したいって言っている人が多いんですよ。

でも集団になると途端に変な方向に歩き出しちゃうんですよね。まるでコックリさんやってるみたいな感じ。

個人じゃどうにもできないから、最終的には辞めるっていう選択肢しかありませんでした。

はいえ、上のようなことは転職を考えるきっかけになっただけで転職する決断をしたのは次の会社なら自分がやりたいことができると思ったからです。

その決断もかなり慎重にしました。D社にも夢と希望を持って入社した結果がこれなので。

いから辞めることを優先して行き先を妥協しても結局後悔するだけです。

おかげで今は充実した毎日を過ごせています

おわり

Kindleの1-Click購入仕様が納得いかない

この間、Kindleで本を買うぞ!と思って1-click購入ボタンを押した。

Kindleではどうやらこの方法しか本が購入出来ないらしい。


アフィリエイトで手に入れたギフト券の残高が1000円近くあった。

それは他のものを買うとき用に残して置きたかったのだが、

なんと1-clickを押した瞬間自動的強制適用されてしまった!!!!!

おい!!!


仕方なく返品して、Amazonカスタマーセンターに問い合わせてみた。

ギフトを使いたくない時は、他の商品で使いきってからKindle商品を購入して下さい」とのこと。

そんなアホな話ある?

Fカップ女子高生トラウマ

私は現在女子高校生だ。一応、世間では名門と言われる関東お嬢様学校に通学中。

ここで、皆さんに質問です。

毒親・毒親戚から、逃れられるにはどうすればいいですか。

私は、私の父に精神虐待中学受験の時に受けていた。泣くまで怒鳴る、殴るは、当たり前。何度死のうかと思ったことか。日々を歩んでいくのが絶望的だった。

これが、小学三年生中学一年生まで続いた。

また、同時期に父方の家が前々からはまってた新興宗教に見事にはまり、「空に〇〇様がみえる!」とか普通に言っていた。

叔母にはよく、ナンキン大〇〇の時に捕まった外国人処刑方法について色々とレクチャーしてもらった。

母には、相談したが「弱い人間ね!もっと強くなりなさい!」と言われただけだった。

そのおかげで、小学5・6年からは、人とロクにコミュニケーションをとることができない子供になっていた。

中学入学後、「私は生まれ変わるんだ。」「友達いっぱい作るぞ!」と意気揚々と乗り込んだものの、

結果は御察しの通り、人には受け入れられず、ぼっちになり、逆上し、ストーカーになりました。

その後、2年ぐらい経ってからカウンセラー先生にお世話になり、傷が癒えてきだとは思いますが、

たまにフラバって、号泣するときがある。

明日、何しようかな。

音が合ってないといえば

超電磁砲の2期で幻想殺しだっけかが一方通行をぶん殴ったときSE金属バットホームランみたいな「カキーン」だったのすごい違和感あった

君の名は。』が持つリアルさ、あるいはどうしようもない現代性。

もういいか~い?

ま~だだよ~。

かくれんぼのこのルーチンワード、おそらく日本人のそのほとんどが人生に数度以上は発したことがあるこの二つの言葉

そして、劇場でみんなが感動的な気分に浸って聞いていたであろう「なんでもないや」の歌詞はというと

http://www.uta-net.com/song/213756/

使われている言葉イメージだけでいうと半分くらいは、もう、思春期というよりも、ほとんど小学生であるRADWIMPSはこれまで名前しか知らなかったバンドだ。今までどんな歌を歌ってきたのか私は知らない。だがこのサントラに関してならば、新海誠ほとんど一緒に制作したようなものときいている。納得だ。これは完全に『君の名は。』が描くSFジュブナイル児童文学シチュエーションとしての歌詞になっている。そして、これがクライマックスに流れる。それが新海誠という作家メッセージなのだろう。彼には子供から大人へといった枠組みが存在しないのかもしれない。徹頭徹尾子供のままなのだ

新海誠の描く『君の名は。』の作品世界基本的にあらゆるもの子供の切実である、ということなのかもしれない。そして、この切実というのは、世評に多い311以降というスパンではなく、現代日本という国そのものなのだ。実際、私たちはこの5年間だけがつらかったわけではないのだから。多少の波はあっても、20年以上、苦しみ続け、今もそれは続いている。このどうしようもない圧倒的な現実性現代性を前にした時の子供化、幼児化こそが新海誠が新作で選んだ態度だと思う。

言の葉の庭』まではまだちょっと大人であろうとしていた節がある。しかし『君の名は。』においてはもう完全に子供化、幼児化を自分作品に許した。そのようにして作られた作品がとんでもないほど、オタク一般人という枠を超えて受け入れられている。もちろん中心は若者たちだ。

個人的には、震災以降を受け止めようとする映画としては、その部分の精神性においては最低のものだと感じたが、それすら、切実な防御としての最低さ、自分勝手さに思えてくる。

それでも多くの人が、あの映画肯定したいと感じている。この現象は、もうあまり現代的としか言いようがない。

作品で描かれている内容がどれだけひどくても新海誠アニメというフィルターを通すと、もう、世界のすべてがまるで夢のようなリゾート地のように見えてくるのだ。彼の作品は、現実逃避のための観光地のように感じられる。この感覚は、いささか自己分析が過ぎるかもしれないが。

若者たちの多くが私のような自己分析リゾート感覚として映画に行くわけではなかろうが、それでもCM予告編がかなり魅力的に見えたのだと思う。そして実際、作中の出来事にしても、まるで旅行雑誌恋愛パワースポット特集みたいな感じで思わず笑ってしまうのだ。だが、もう、なにもかもを忘れてこの子供っぽいカワイイ恋愛に全力投球してしまおう! という決意表明リビドーフィルムには溢れていた。

OPも爽やかでよかった。

http://www.uta-net.com/song/211495/

ここで言われる前世というのは、今この現実のことで、その現実から映画という現実逃避においてなら革命前夜の勢いで世界サヴァイヴしていけるようなそんな気分。分かりやすエモーショナルさがあって、気分が高揚した。

個人的には、飛浩隆の『グランヴァカンス』とか『ラギッドガール』というSF小説があるのだが、あの世界を想像した。自分の好きな仮想現実リゾートゲストとして休暇に行くような感覚。その仮想現実ではゲストは年齢も性別も、どういう世界でどういう役割なのかも決められるのだが、新海誠映画はその仮想現実に出かけるような気分にさせてくれる。子供化、幼児化することの退廃性や、うしろめたさなども含めて、私にとって映画体験というのはそういう部分がある。


現実逃避としての子供化は、オタク一般人もおそらく関係がない。私も含めて、本人たちは自分がこういった幼児化を特別おかしいことだとは思ってはいないのだ。何かつらい時期があったとしても、それを忘れさせてくれるほど、忘れざるを得ないほどのスピード趣味にのめり込むことが許されているし、もちろん恋愛したっていい(片想い含む)。20年30年間をそうやってサヴァイヴしてきたのが今の若者たちなのだ

一部で、ポスト宮崎駿場所新海誠はふさわしくないのではないか? と話題になっているが、確かにある種の退廃性があるのは事実なのだろう。しかし、現代日本若者の抱える切実な防御としての幼稚さを良くも悪くもここまで表現してしまえるアニメーションの作り手は新海誠だけかもしれないとも思う。何しろ、本編のあの内容で「3.11があって、人々の願いや祈りを物語にこめたんです。」と発言してしまうような男なのだから

とてつもないアホさと才能を兼ね備えているとしか言いようがない。

そんな男の作る物語に心を揺さぶられるのが、今の、これから日本若者たちリアルなのだから

君の名は。』は世界中で配給されるそうだ。クールジャパンネクストフェイズオリンピック開会式宮崎駿新海誠ダブル演出するしかないだろう。






完全に余談だが、恋人と見に行ったので、その日の夜は、めちゃくちゃセ○クスした。

彼女はべつに泣いてもいなかったし、「すごい子供っぽい映画だった」とお気に召さなかったようなのだが、私がまるで思春期少年のような態度になっているので、それにときめいてくれたのかもしれない。ありがとう新海誠

・「しんかい監督なのか「にいみ」監督なのかでいつも迷っちゃうんだよねと思いながらググッたら正しいのは「しんかい」さんなのに本名は「にいつ」さんだった。えええ…。

・雲の向こう以下略がめちゃくちゃ好きだけど秒速には虫唾が走る自分ストライクゾーン判定が分からない。(正確には一度めは超ハマったのに二度目で嫌悪ばかり沸いた。理由は控えるけど。)

・そんなストライクゾーン曖昧な内なる審判員が、新作に対してこれはアウトじゃないか行くのやめとけって言ってきてるけどどうだろうか。審議中。

・代わりに「転校生」のDVDでもみて新版旧版比較とかしてた方が普通に楽しいんじゃないかという気もしている。

・がんばったで賞的な扱いで上がってきた人ってイメージ自分の中からなくなっていることに気づく。めでたい。でも初作品をBSで放送してたのチラ見したときに両親には「なにこれ」とドン引き気味の一言で切り捨てられてしまって一般人こええなって思ったのが印象先行している。今回オタ層じゃないっぽい感想が上がってるのそれ思い出してこわい。

イースのOPのやつ好きだった。工事もね。

・前の作品とき賞取ってたのにみんなここまでのテンションじゃなかったじゃないスか…なんで今回なの。地上波CMの力なの。いざ売れると世間に裏切られた気持ちになるオタク

・雲の向こうほんとすき。なんでかすき。セカイ系だし何言いたいんだお前いみわからんって思うけどすごい好き。幼心の消失って感じで。これはなにと明言されていない分、自分の中にある切れ端を俯瞰体感で重ねてしまって、どうしてか好き。

あの頃で止まったままの時計

大学時代は、ある特殊趣味に興じるサークルに入っていた。趣味を中心に過ごす日々はとても楽しくて、コレこそ人生という感じだったし、そこでは今まで続くありがたい友好関係を得ることができた。

大学卒業して早数年、時間が過ぎて友人たちは大学生から会社員になった。そして僕もチョット変わった仕事をして、生活するようになった。仕事自分に出来そうなことを選んで始めたものの、それなりに辛い。仕事で付き合う人間関係も辛い、というか表面だけのペラペラで心許せない感じが心を蝕んでいくのを感じる。大学卒業後、趣味は実質休止状態になっている。いまでも大学時代からの友人がときどき趣味に誘ってくれて、そのときだけは楽しめるが、一人でガンガン楽しんでいた大学時代情熱は失われてしまった。

あの趣味は、今でも、好きです、本当に。

チョット休んでいるだけなんだ。あるときから、全く仕事にも興味が持てなくなった。仕事はメシを食べるため、そう割りきって始めたつもりだったが全方位から圧力を感じながら仕事を続けることが苦痛になってきた。

大学時代を共にした友人たちは、それぞれの人生を歩んでいった。サークルでも世渡り上手なA君は学生から社会人へ華麗なジョブチェンジを果たし、難なく生き抜いているように見える。不器用なB君は、就職先で困った先輩に当たっていつも愚痴を言っているが、僕は一番共感できる。忍耐強いC君はブラック企業就職し、円形脱毛症になった。繊細なD君は、激務から心の病を発症退職した。

仕事やりがいとか、生きがいとか求めるのはどうでも良い。僕がほしいのは、生きていくのに必要金銭、そして人生を楽しむ精神的な余裕なんだ。願わくば、あのとき一緒に過ごしてくれた友人たちに平穏生活が訪れますように。

今の僕に残されているもの、それは思い出だけになってしまった。音楽を聞きながらあの頃を思い出して毎週末泣いている。みんな遠くにいってしまって、みんなボロボロになった。そして僕はなにもなくて、朽ちていくばかり。

2016-08-30

つらつらと思いついた屁理屈を書く。



政治的中立」を厳密に求められるのであるならば、選挙投票に行くわけにはいかない。

選挙に行く=どこかしらの政党/候補者投票する=政治的中立ではないということだから

白票/無効票を投じたとしても、それを証明する手段がない。

まり選挙に行くこと自体個人的には政治的中立ではないことを表明することになるのだ。

教育の場で教師権限を振りかざして一方的もの見方しか教えないことが問題なのだ。多方面から見ることを検討させなくてよい理由にはならない。



学校式典時の国家斉唱時の起立を拒否するのは思想信条自由から保護されるべき」

ならば、授業開始時に起立・礼・着席って号令に合わせなくても良いんだよな。礼を強要するのは思想信条自由侵害していないか

給食ときに合掌して「いただきます」「ごちそうさまでした」って言わなくても良いんだよな。合掌とか宗教じゃないの?

朝、校門前に立つ先生に「おはようございます」ってあいさつしなくても良いんだよな。あいつの強要とか、パワハラじゃないの?

→礼節を学び実践する場で思想信条自由をもちだすことほど無駄で滑稽でナンセンスものはない。

http://anond.hatelabo.jp/20160830223159

そういうときも"It's not your business"で良いのだろうか

http://anond.hatelabo.jp/20160830204208

「このままでは地球温暖化が進み南極の氷が溶け水位が上昇し全人類ヤバい

「このままでは地球氷河期になったとき食料の備蓄が無さ過ぎて人類ヤバい

「このままでは地球に巨大隕石が落ちてきたとき宇宙居住区を持たない人類絶滅してしまう」

 

「このまま戦争ばかりしていてはこれらの問題対処できずに人類は滅びてしまうので東京核爆弾を落とす」

イコール

シン・ゴジラが目覚めたら人類存亡の危機なので東京核爆弾を落とす」

 

滅茶苦茶なこといってるって分からんの?

まずシン・ゴジラが目覚めたら人類滅亡根拠は?

というかゴジラ目的がはっきりしてないのになんで絶滅リスクに?いつから

人類に敵意があるわけではなくてたまたま道中に街があって歩いてたら

人類攻撃してきたから反撃しているだけとは考えないの?それじゃおかしいの?

科学的な見解っていってもゴジラという前例のない生命体に対して

アメリカが少し前に研究していたくらいの知見しかないのに滅亡のリスクだと決めつけに掛かってる、

そして周りがウンウンそうだねえウンウンそうだねえと無邪気に全面的に信じてるのが

まず1つ目のフィクション

 

次にそのアメリカ主体研究機関が出した結論国連が手放しに賛同して、

他国研究機関にろくなサンプルを渡さないで出した結果に疑問も抗議もなしに予測を信用しきってるのが

2つ目のフィクション

 

そして仮に滅亡の危機が信じられるデータだったとしても

それを元にアメリカ主体国連が導き出す対策核爆弾だけだったということ。

日本主体対策室はヤシオリ作戦情報を早々に公開して協力を仰いだのに

ヤシオリ作戦バックアッププランプランBとして用意するべき代替案が何もアメリカ主体で出てこなかったことが

3つ目のフィクション

 

4つ目のフィクションは何度も海と陸を往復して海中で生息して動き回ってたゴジラは既にゴジラ細胞をばらまきまくってるので

目に見えているゴジラ単体を核で焼き尽くしても今後第2・第3のゴジラがくる可能性は非常に高く、

それに対して毎回核による殲滅作戦を行っていては汚染拡大が大問題になる。

核以外でゴジラを止めるプランを立ちあげなければどちらにせよゴジラ世界人類は詰むと予見できるにもかかわらず

米軍・米政府ともに核しか頭になく、対ゴジラプランのひな型さえ考えていない。

兎に角組織が幼稚化されてしまっている。

便器携帯落とした

うんこしたあとね。流す前ね。

昔落としたときは「やべ早く救わないと!生きてるかな!?」って感じだったんだよね。

今の時代は防水とか当たり前ですからうんこに沈む携帯見て「うわー・・・」ってなるんだね。

よく携帯便器より汚いとか言うけどさ、うんコーティングされてるしもうどうでもいいよね。



から私は、Xperia

十数年前、俺はある趣味BBS常連だった

そこには俺より長く居る人も含め10人余りのこぢんまりとしたものだったが、あるとき荒らしと思しき書き込みが現れ始めた

それは他の利用者罵詈雑言を吐いたりするようなものではなく、ただひたすら意味不明な(それでいて特徴的な)文章毎日何度も投稿するというものだった

管理者NGワード指定をしようにも、とにかく精神分裂病患者のように支離滅裂文章なので防ぐ事も出来ず、IPアドレス指定書き込み禁止すると即座にIPアドレスを変更して投稿を続けるという悪質なものだった

管理者はやむなく別の掲示板レンタルし、元々の常連達にメールなどで回覧荒らしアドレスを知られることなくそこで平和な日々を取り戻した

荒らしはというと、そんな事も気にせずほとんど誰も書き込まなくなった掲示板荒らし続けていた

それから一年か二年過ぎた頃、管理者が「このBBS常連オフ会というものをやろうぜ」と言い出し、時間場所の都合のついた常連の一部が賛同、そして開かれる事となった

その際、荒らしが居る方の掲示板にも「念のため」とオフ会の告知をしていたのだが、それがまずかった

その荒らしオフ会に現れたのだ

荒らしオフ会会場(管理人の自宅近くの居酒屋)に到着する直前に掲示板荒した際のハンドルネームを名乗り、まるで我々と同じ古株のように振る舞い始めようとした、その時、隣に座っている常連の一人(常連達の中でも最古参で、身長190cm体重105kgの巨漢だ)が、その荒らし顔面に渾身の力をこめて鉄拳をめり込ませていた

まるでボウリングボールのように床を数メートル転がった荒らしは、鼻から血を吹き出しながら「な、何するんだ!」と喚いた

古参の巨漢はその様子を見て、ニッコリと微笑み「ああ、安心したわあ」とつぶやいた

そして腰を抜かしているらしい荒らしの前に立ち、ゆっくりとしゃがんで荒らしの顔を覗き込み、こう言った

「お前さ、俺たちが荒らすのやめろと何度言っても止めなかったじゃん?お前に何て言ってもお前全く反応しなかったじゃん?だからさ、お前って本当は人間じゃないんじゃないかって、俺らの間で噂になってたんだわ。いやあ安心したわ。普通人間が殴られた時と全く同じ反応したって事は、お前ってやっぱり人間だったんだなって。いやあ、よかったよかった」

予約したのが広い個室だったことが幸いし、店員には発覚しなかった

荒らし行為はその日から止まった

とうぜんだが、その掲示板に書き込む者もいなくなった

twitterやめた!

今しがた仲良くしてたと思ってた人たちが鍵垢でフォローし合ってるのを発見してしまった

心が折れた

うまくできなかった私が悪いのだけど可視化されるときついなー

泣きそうだけどある意味スッキリ

さよならtwitter

わたし、アイナナやめないよ

スマホアプリゲームアイドリッシュセブン1周年を迎え、続編やアニメ化も決定し、更なるコンテンツ拡大が見込まれている。

私もたった1ヶ月半前からではあるけど、アプリダウンロードして、ストーリーに思い切りハマって、めったに課金しない私が課金までした。

でもここ数日、SNSでなにやら噂が飛び交っている。


まず1点目は、盗用疑惑のこと。

2点目は、ゲームプロデューサーである根岸綾香P(と種村有菜先生)の、自己投影のこと。


噂の域ではあるけれど、正直これを知ったとき、うわぁ…っていう感想だった。

でも、みんなマネージャーやめます、なんて、それでいいのか。

私はまだ、諦めない。


初めに言いますが、私はアンチではないし、コンテンツ継続してほしい(多分、余程じゃないとサービス停止とかならないと思うけど)派です。ただ、運営にはもうちょっとしっかりしてほしいから、この記事を書いています運営はできれば広報ナギを雇ってくれないか


まず盗用については、リリース当初からうたプリその他のパクリだのなんだの言われていた。確かにこのカラーリングとか、ナギやら三月やら陸のキャラ設定なんかもうたプリによく似てる。他ゲームとの近似検証も見た。個人的にはかなり黒に近いグレーかと(でもバンナム内なら多少はね?)。ただ、当初から言われてたしおいおい今更かよ…って思ってたんだけど。

でも、どうも運営は「盗用はしてません!スタッフはアイナナを愛してます!」というテンプレ回答しか送って来ないようだ

(まあ対応に追われてるのはわかる。ちなみに回答メール無断転載は禁じられている)。

しかし、たとえ盗用、トレスが本当だったとして、こんなとこで「パクリですごめんなさい!」って言う訳ないのだ。

じゃあどんな回答が100点なのか?それは私もそういうプロじゃないのでわからないんだけど、一辺倒「してません」で納得する人はいないだろうなと。盗用のつもりはないとしても結果的に似てしまったこと、他のコンテンツファンに対してもそのことで不安不快な思いをさせたことについて謝罪するというのがセオリーじゃないかな。

作品を落とす訳じゃないけど、盗用問題は少なからず他作品も挙げられる(アイナナはかなり多いけど)。有耶無耶にしたくない気持ちもすごくわかるんだけど、ぶっちゃけ運営でない限り主観でどうこう言って白黒つけるのには限界があると思うし、ここまで白を断言してきた運営オセロのようにひっくり返して黒って言うことはまず無いと思う。だからグレーの中でももっと綺麗なグレーを見せてよ、大人なんだからさー!

もし盗用してるのなら、今後は一切やめていただきたいのがみんなの本音だと思う、言うまでもないけど。

現行カードも差替えして、可能ならクオリティが上がるのなら文句はだいぶ減るとは思うけど、コスト面もあるだろうし、すぐは難しいと思う。

で、次。こちらは最近になって挙がった話題ですが、根岸Pのこと。先日のニコ生(君とアイドリッシュナイト)を見て、あー癒し系の人やな〜って思ったし、ほんわかしてて好印象だった。

…んだけど、どうやらこの根岸P、個人的ネット上で自分キャラクター(二階堂大和)の夢小説を書いてたり、そこで使用もしている自分ハンドルネームゲームの本編で使ったり、公私混同というか、職権乱用というか、作品私物化というか、要は好き勝手してた部分がある、らしい(自分の目で見た訳ではないので、あくまで噂、以下同様)。あときこの声優をやってるらしいとか(事務所で飼っているペットうさぎ、きなこの声優は名前公表されていない)。

個人的ドン引きまではいかないけど、エッ…てなるような内容の噂だし、まず良い印象は持てない。まだ私が夢女子とかガチ恋勢とか、大和推しじゃないだけダメージは少なかったと思う(腐女子MEZZO"推し)。

ただ、こういうゲームに限らず、作品って誰かの妄想で出来てる訳で。美少女ゲームだっておじさんが作ってるんだし、乙女ゲーム脚本や、BL小説はおばさ…お姉さんが書いている。

スタッフとして見せちゃいけない妄想の端くれ(個人としてやってる分には、夢小説はもちろん否定しない)が見えちゃったことについては、偉い人から注意されただろうし猛省すべきではあると思うけど、根岸Pがやってきたこと全てに対し全否定したり、裏切られたと思った人は、今まで注ぎ込んだ愛を溝に捨てたと思っちゃうのは勿体無いんじゃないかな。ぶっちゃけ根岸Pの功績ってどんなのかよくわからないけど、表立ってわからない努力だってあると思うんだ。ここで三月の名前を出すのは間違ってるかもしれないけど、彼だってファンには理解されにくい才能、努力をなんとか自分の力に変えてる。MC以上に裏方の仕事だったら尚更なんじゃないかな。

…とは言っても、こればかりは生理的に無理!!な人が多数いると思う。せめて本編作中に出ている如月あると(根岸Pのハンドルネームと言われている)や、ダグラスルートバンク(根岸Pの名前が元と言われている)がこれからストーリーで出ないようには配慮してほしい(壮五はダグラスがいないと悲しむかもしれないけど…)。理ちゃんは主要キャラからそうはいかないかな…。きなこの声優が根岸Pなのだとしたら、明かさないままか、知らないうちに本職の方に変えておくのが賢明だし、根岸Pはマネージャーにそばつゆをかけられないよう、もう表に出ないでいて欲しいと思うんですけど。いや本当割と危ないと思うので。個人的に恨みは無いけど。

触れてこなかったけど、種村先生については、こんなものだろうなと思ってるんで割愛します。

マネージャーマネージャー根岸Pでも種村先生でも無いんだ。それをわかってほしい。

昨夜いてもたってもいられず、運営に思い切り長文でメールしました。多分すごく問い合わせだらけで手一杯なのは承知の上で。何か少しでも思いが伝わるかどうかはわかりません。

作品が良いだけに、期待も大きいし、こういう問題も取り沙汰されると思ってる。だからなんとか這い上がってほしい。なんとかしてほしい。

ただのファンだけど、マネージャーでもあるんだ。

アニメブレイクして、長期的なコンテンツになってほしいんだ。


九条天のセリフに、次のような言葉がある。

「ボクが一番許せないことは、ファンに恥ずかしい思いをさせることだ。TRIGGER九条天なんかを応援してるのかって、笑われるような目に合わせたくない」

どうか私たちも笑われる目に遭わせないでほしい。頼む!

台風が来たり大雨が降ると昨年の鬼怒川大氾濫のときに見たニュースを思い出してしまう。

思い出してしまうというより一生忘れない。

避難する家族が飼っている犬と猫を置いていったのだが、

その家族は少しでも高いところへとトラックの荷台へと犬を繋ぐ。

猫は自宅の2階へ置いてゆく。

家族が思った以上に水位は上昇し犬は溺れ死んだが、繋がれていない猫は助かった。

犬の名前ラッキーだった。

皮肉すぎるわ。

私の産後クライシス

前提として、我が家の夫は、激務を理由にまともに育児参加せず、想像力欠如により私の負担に寄り添うことをしない。

ただ、家で起きている間は娘を最優先してくれるし、言えばやれる範囲育児家事をし、そもそも不在なことが多いため、喧嘩するタイミングもない。

私の体調さえよければ一人育児に余裕がある状況だと思う。


私なりに夫婦円満育児を進められるように善処したが、夫の歩み寄りがない以上、二人の問題を一人で解決することは不可能に等しいと判断

現時点で、夫に頼ることは諦めています。期待すれば裏切られることが多くて疲れてしまうから

あんなに大好きだったのに…と考え出すと悲しくなるので、考えない。育児協力が足りずストレスの源になっている今の夫は、私が大好きな夫とは別のナニカだと思うようにする。もしかしたら、夫にとっても今の私は、夫が好きだった私ではないかもしれない。


そして、子供が増えた今、家庭は過渡期にあり、混乱が生じるのは当然のことと受け入れる。

『鬱の間は何かを決断してはいけない』を参考に、夫に対する評価を定めることを保留する。


育児を最優先に、家事はしなくても死にはしない』、とはいえ、最低限の家事をしなければ復帰も難しい。

今は、育児を最優先に、夫婦仲は最低限を維持を目標にする。お互い嫌いになってしまう前に。ストレスのない範囲で。無理にギスギスしようともラブラブしようともしない。

自分に余裕ができたときに改めて夫婦仲について向き合う予定。


そんなこんなで、娘のかわいさは共有するし、面白いことがあれば笑う、家事をしてくれたらお礼を言う。そしてイラッとする夫の言動スルーする、という生活を送っています

あくまで私は、ですが、ある程度割り切ることを決めてから無駄気持ちが揺さぶられることが減り楽になりました。


きちんと話し合いをしないせいで、私の鬱憤は溜まる一方で、それこそ一生忘れられず埋まらない溝になるかもしれない。

ただ我が家はそもそも話し合いをする時間もなく、これまで話し合いで私のストレスが解消されたことがないため、とにかく自分の考え方を変えることで少しでも楽になれないか模索しているのです。

http://anond.hatelabo.jp/20160830150153

分かってしまったときからが おじさん/おばさん の始まりである

24時間テレビ安易批判する人へ

ネットで苦言呈する人は元々24時間テレビが作る感動を必要としてない人たちで偽善しか見えないのだと思う。もちろん偽善だしね。

はてなリベラル層は人権意識が高いか感動ポルノ必要としないかもしれない。バリバラみたいな番組に出れる他者依存しないで共存して生きていける強い障碍者にはそりゃ感動ポルノ不快だとわかる。

でもぶっちゃけこの国の障碍者に対する人権意識は低いんだよ。

感動ポルノ批判するだけして感動ポルノコンテンツなくしたとこで障碍者人権に対しての意識が向上するわけでもなく24時間テレビ後に少し障碍者に対して優しくなる人が減るだけだ。

障碍者家族に持つとわかるだろうけど本当に驚くほど酷いことや酷い発言を投げかけてくる人たちは沢山いる。

でもそれらの層は感動させてくれた人には攻撃をしない。毎年やることで弱い障碍者には利があるんだってわかってほしい。

小難しいことをいろいろと言うより障碍者大変だね感動したってなればガムをリュックにつけられたりしなくなるんだよ。

はっきり言うと世の中の大半は馬鹿で出来てる。そして馬鹿のなかで弱者が生きていくときにあの番組は助かるってことを知っててほしい。

例のあれ

自分はすごく面白かったんだが、「面白かったね~」って言ってたら「あーーww俺あの映画いっきらいだわwww」とわざわざ口出ししてくるひとが居て、好きな映画だったはずなのにもうそれで色々と萎えて、楽しかった思い出が全部ぶっ飛んでしまった。もうあんまり思い出したくない。

すごく悲しかった。

まあ自分で気付いていないだけで、同じようなことをわたしもきっとこれまで繰り返してきたんだろう。対人コミュニケーションとは傷付き傷付けられることだし、多くの場合勝手に傷付けられる方が悪い。繊細ヤクザという言葉もあるし、そうならないよう、自分もっと愚鈍であらねばならない。そう思って溜飲を下げようとしている。

--

そういう自分脆弱さが本当に憎らしい。

本当はその楽しかった思い出を、向こう半年くらいは反芻しながら生きていくつもりだったのに。今はその作品について思い出そうとすると、あのときの場の変な空気とか、自分の子供っぽい激情とか、数刻後にどっと押し寄せた疲れと悲しみが思い出されるので、後悔しかない。↑のひとに対して多少ムムときたのは否定しないが、自分への怒りと後悔の方がそれに勝る。自分もっと他人価値観尊重したうえでコミュニケートできるような人間であれば何も問題はなかった。

--

TBのひとありがとう

完成後にああだこうだという

やれ配役がどうとかあそこの台詞は、演出は、とか。

脳内監督プロデューサーごっこもいいんだけどさ、

作品というのはあるバランスでできあがっているもの

レゴみたいに簡単にパーツを取っ替えできるものじゃない。

たとえて言えば、自然石を積み上げて作った塔みたいなもの

アンバランスに見えるところまで含めて完成しているのであって

一つ石を抜いただけで、全体がガラガラ崩れ落ちる、

ワンシーンを抜いただけで印象がガラッと変わる。

そんな繊細さをもった全体なんだよね。



そして、あくまであの映画はあの配役であの演技・演出で、

期限内、予算内で完成し公開され、そして大ヒットした。

それが事実の全てであって、それが監督以下スタッフの総力に対する評価だよ。

あとからいろいろ言っても、何の意味もないよ。



海外版を作るのは、それはそれで結構だけど、

最初から海外意識した版を作ったら大コケしてた可能性も当然ある。

それに、個人的には、ハリウッド方式世界展開を目指すやり方が

日本映画にとってベストだとも思わないんだよね。

それが必然と思うとき監督意志でそうすればいい。

世界展開のために」する配慮なんてものが、いまの日本映画でうまく機能するとは思えない。

今回の映画別に世界向けに作らなかった。ただそれだけのことで、

それ以上はもう「余計なお世話」だと思う。

もしそのイチャモン正当性を持たせようと思うなら、

もう「自分でその配役で撮ってみろや」以外に言うことはないよ。



そういうもろもろの意味で、今回「製作委員会」とやらがなくて本当によかった。

そう思わされたよ。

http://anond.hatelabo.jp/20160829171356

http://anond.hatelabo.jp/20160830001959

あれ?このオチに至るまでの流れ、何度も読んだ気がするなーと思ったら

この一ヶ月間「VRはクソ。整形したい」っていう同じ内容の謎の主張を何度も何度も繰り返してたニキビ跡くんじゃないか

すいすいすいようびと、むきゅー、むきゅー?とか言ってるクソ気持ち悪いゲーム日記タイトルでわかるので防げるのだが

お前のは最後まで読まないとわからないので時間ものすごく無駄。どうせ同じ主張繰り返してるんだし、読まなくていいようにこれからタイトルに[ニキビ跡]とかつけてくんない?

俺は個人的に君のことをニキビ跡くんと呼びたいのだが

確認のため増田内を「ニキビ跡」で検索したら、既に「バカ大学くん」ってあだ名つけられてんのな。

これから増田書くときタイトルに[ニキビ跡]、冒頭で「ども!バカ大学くんです」って書いといて。

でも、毎度毎度同じことしか書いてないくせにそのたびホッテントリ入りするのは素直に羨ましいよ。

一体はてなーの何処に響いてるのかは全く謎だが。

ムカデ出た

小指くらいのかわいいもの……と言ったところであのうじゃうじゃした生き物が可愛くなるはずもない。

パソコンラックの奥の柱をぞろぞろと這い上がるところを発見したときはヒィッ!!!と声が出た。

天辺の板の裏側を這おうとして失敗したそいつは、床まで落ちてカツンと硬い音をたてた。

こいつを放置して寝るわけにはいかん。こいつが寝ている俺の体表を這うなど、考えるだけでおぞましい。

外は雨。窓を開けたくない。かと言ってトイレに捨てるのもダメだ。流したら便器の中で泳いでいた。

どうすればいいかは後にして、俺は箒を持って立ち向かったが、やつは机の下の僅かな隙間などに隠れて、俺を攪乱。

姿を再び確認したのは30分後。机の引き出しを片っ端から外した、その空洞内でだった。

箒で掃き出してやろうとしたのだが、これが大失敗。やつは箒の毛の中に入り込んだのだ。

俺は覚悟を決めた。両手にゴム手袋を着用し、新聞紙を敷いて、箒をその上に置く。

そして左手ムカデを捕まえて、右手に持った白サフを噴射!

顔料・樹脂が溶け込んだ有機溶剤を浴びて、しだいに動きがにぶくなっていく。

溶剤くさい新聞紙を折り畳んで、1分弱。やつは動かなくなっていた。俺は勝ったのだ。

ありがとうMr.ホワイトサーフェーイサー1000。ありがとうMr.ホビー。ありがとうGSIクレオス