「グループ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: グループとは

2016-07-23

日本人ベトナム人奴隷のように扱って問題になってるけど

日本ってカイジの帝愛グループみたいなの

2016-07-21

日本ネットをつかった高IQ犯罪者による殺人事件ってまだおこってない

ツイッターでのストーキングとか、Lineでのグループ内の揉め事の発展形でもなく、三十路の働きたくない無職複数集まって道歩いてたぜんぜん知らん女を拉致して殺人したもののでもなくて、昔ながらの探偵小説みたいに誰それをターゲットにし、SNSblogツイッターをつかって性癖かいろいろ暴露してネット世論操作して、一般大衆ターゲットに完全に非協力的になったのを見計らってから拉致監禁して身代金ネットマネー要求とかそういう感じのやつ。

身代金ちょっといから、デイトレーダーみんなでどこぞの株売ったり買ったりして、俺に利益がくるようにしろかいエクストリーム脅迫みたいな。




ま、これらは俺の中の白昼夢小説ネタの没稿ですけどね。

じっさいミヤネ屋でやる犯罪つったら、バカが頭に血が上ったやつばかりで、SACみたいにはいかない。

人助け?

ここ数ヶ月で、久しぶりに昔の友人と関わり、救われたので書く。

適当に書くので、接続詞とか色々おかしいかもしれません。

時系列メチャクチャですが、このグループ(?)にアルファベット順に加入して行く流れでした。全員高校の同期です。

事の発端は、Bがこっちに戻ってきたときに、感情を完全に失ってしまっていた事にあります

それを心配したAは、Bを必死に遊びにつれ回そうとしました。

最初はBもAの連絡を無視していたが、車で家に行ったりしてるうちに、何度か外に遊びに行くようになりました。

Bは初めて釣りしました。この釣りという遊びが、Bにとっては非常に気分転換になったそうです。

夜な夜なAの車に乗せられ、二人で釣りをして遊んでるうちに、どんどんBは明るさを取り戻し、大学にも通え、バイトも出来るくらいの精神状態になったようです。(どれくらいの月日がかかったのか分かりませんが)

そこから数ヶ月後、Cがパワハラが原因で退職鬱病発症し、休職期間に入りました。

元々非常に明るい性格をしていた彼ですが、人が変わったように暗かったらしいです。

それを知ったAとBが、Cを元気づけるために、同じように遊びにたくさん誘うようになりました。

釣りBBQ等を頻繁にやってたようです。薬を処方されていたようですが、薬に頼らず、友人と思いっきり遊ぶ事で心を晴らそうと努力したみたいです。

この用な生活半年近く続けて、無事明るい性格を取り戻していき、就職活動も出来るくらいになってきました。

ここまでの話は伝聞です、

さらに数ヶ月が経過し、私が鬱病に近い物を発症しました。

日々のうのうと生きてきた事に関しては自信があった私ですが、このときばかりは非常に重かったと思います

また、感情の起伏が激しくなってしまタイプでしたので、この友人達に対しても、非常に高いテンションで接する事もあれば、遊びの誘いを無視するような態度をとってしまった事もあります

今考えれば、嫌われてもおかしくないような態度を取っていたなと思います

こんな私も、彼らと一緒に釣りBBQボルダリング等をしに、つれ回してもらいました。

夜に俺が気分が沈んでいるときは、夜中に家まで車で来て、ドライブしながら話相手になってくれた事もたくさんありました。

これのおかげで、本当に助かりました。新しい趣味もたくさん出来たし、気持ちもずいぶん晴れて落ち着いたと思います

こんな起伏の激しい俺ですら、受け止めて遊びにつれ回してくれたり、厳しい目線アドバイスをくれたり、本当に薬なんかよりも心に効きました。

そんなこんなで、最初はAだけだったのが、人を助けて、また人を助ける事を繰り返すうちに、4人のグループとなりました。

ここで最後に、Bの就職活動が上手くいっていないという話が上がりました。

また、A君もフリーターをしているが、将来を考えるとそろそろ正社員になりたいという話をしていました。

Aは大学中退で、Bは文系院生という少し難しい立場でした。

私は、割と就活成功していた方でしたので、ここでなら彼らに恩返しが出来ると思いました。

まずはB君の手助けをはじめました

週に3回くらい、ファミレス等でESの深堀、面接練習等をしていました。私も面接官として話すために、彼ら以上に彼らが受ける企業について研究しました。

彼はここまで全滅だったため、夜中不安で手に付かないからと、Skypeで4時くらいまで面接練習をしていた日もありました。

その結果B君は無事第一志望の会社と、もう一つの会社内定を貰う事が出来ました。

次にA君の手助けをしようと考えました。就活が終わったB君も手伝うと参加してくれました。

手伝った内容はほとんど同じです。彼も無事に働き先が決まりそうな所まで来ています

このような二年間を通して、それぞれ皆かけている所があるが、お互いに出来る事を使って助け合って行く気持ちさえあれば、

壁を乗り越えさせてあげる事が出来るんだなぁと言う事を感じました。

今でも週1で夜な夜な肉を焼いてたわいもない話をする会などをしています

何が言いたいのか分からない文章になっていますが、日頃から人を助けるために全力で行動をしていれば、自ずと周りの人も自分が困ったときに助けてくれるんだ、という事をひしひしと実感した二年間でした。

高校生の頃から、人を助けるために行動するように徹底してたつもりだったから、今回私も助けてもらえたのかもしれません。

私もこれからまた彼らが困るような事があれば、全力で助けに行く事が出来るという自信を持っています

私も現在被害妄想等の症状で、信頼出来る友達ガッツリ減ってしまいましたが、信頼出来る友人に対して出来る事を考えながら生きていきます



駄文失礼

2016-07-20

この10年間で何故アニメオタクはここまで変化したか

今から10年前は、アニメオタクは「ヤバイ奴」だった。その頃はオタクから「アキバ系」へと名称が変化してきており、妙にテレビ秋葉原が取り上げられることが多くなってきていたが相変わらずワイドショーでは「秋葉原には見るに耐えないポルノが蔓延している!」と批判的に取り扱ったり、未成年による殺人事件があると短絡的にアニメゲームのせいにして、コメンテーター秋葉原映像を見て不快感を示していた。

ゴクドーくん漫遊記」という、アニメ化までしたライトノベル小説家デビューした中村うさぎ氏は、デヴィ夫人和田アキ子叶姉妹といった調子に乗った芸能人をコキ下ろす「屁タレどもよ!」というコラム集のなかで、なぜか芸能とは関係のないアニメオタクをボロクソに貶す章を書いていた。アニメオタク相手の商売デビューした人がかつての自身ファンをバカにするなんて、と思ったが文庫化の際にはアニメオタクの章は無くなっていた。

そんなアニメオタクを批判する風潮の中でも特に印象に残るのは室井佑月氏だ。秋葉原オタクを取り上げる番組の席には必ず室井氏がいて、「えー気持ち悪ーい」「上から目線で生身の女は嫌いとか言ってるけど、誰もアンタみたいな気持ち悪い男なんて相手にしないって!自惚れんな!」

エロゲーアフレコ現場を取材したVTRでは、明らかに40代らしき肥えたオバサン声優が「あん…あぁん…」と喘いでいた。それを観た室井氏は「こんなオバサンの声を若い女の子だと思って興奮してるんでしょ?オタクってバカだね!」

当時はオタクをバカにする役を一手に引き受けていた室井氏。わかりやすくオタクを小バカにするコメントができ、オタクを悪意的に取り上げたいテレビ業界からは意図した通りに動くので重宝されたのだろう。

スポーツ新聞コラムで、室井氏はこんなことを書いている。「電車男ブームで、自分たちモテる勘違いしたオタク達が女性を襲いそう!」

当時、電車男が映画・ドラマで大ヒット。ダサいオタクイケてる美女に恋をして、彼女を射止めようと必死に脱オタクを図る物語だ。電車男の中では、チェックのネルシャツケミカルウォッシュジーパン、頭にはペイズリー柄バンダナ、黒縁メガネ、両手に紙袋、背中には巨大なリュックサックというステレオタイプオタク像が描かれていた。

これは80年代後半から90年代初頭にかけて、テレビに引っ張りだこだった宅八郎氏の姿そのものである。宅氏がテレビバラエティ番組オタクタレントとして登場し、小学校低学年の女児のスカートを捲ろうと必死に女児を追いかける(今じゃ絶対放送できない!)などの企画で世間に「アニメオタク」という存在を知らせ、「おたく」という言葉を流行語にした。 それから15年経ち、2005年になって「オタク」から「アキバ系」へと言葉が変化しても、その中身のイメージ宅八郎からまったく進歩していなかった。もちろん、当時でも既に秋葉原にはそんなステレオタイプファッションオタクなんて一人もいなかったにも関わらず。

世間のイメージステレオタオイプだっただけでオタクは普通のファッションをしていたのに、電車男のヒットをうけて「脱オタクファッションガイド」というサイト書籍化されてこれもヒットした。「元オタク管理人ファッションを知らないオタク達に今時のイケてるファッションを指南する」という名目のサイトだが、この中でもオタク宅八郎ファッションで描かれており、管理人は絶対オタクじゃないだろうということはミエミエだった。

途中に登場するアニメネタも微妙に古いものばかりだし。この中でも「オタク卒業しないと、かわいい彼女はできないぞ!」と呼びかけた。

電車男ブーム当時は素人100人芸能人パネラー日本社会や政治について討論する、昔でいう「ココがヘンだよ日本人」のような番組にはオタク軍団50人が登場し、全員スレテオタイプ宅八郎ファッションだった。素人のフリをしているが、全員売れない若手芸人エキストラ俳優だ。

そんなオタク軍団の出番のテーマは「オタクよ!生身の女性と恋をしろ!」オタク軍団は生身の女性はシワだらけで気持ち悪いとか、アニメ女の子は自分を裏切らないとか、自分がモテないことをを棚に上げて身勝手な珍論を滑稽に熱弁する。そして司会者芸能人パネラーが指を指して嘲笑する。「討論」なんて大仰なものではなかった。

ネプベガス」という深夜のバラエティ番組では、これまたステレオタイプオタク像の素人出演者の男が何故かスタジオ美少女フィギュアを握り締めて立っている。そこに江頭が乱入し、オタクから美少女フィギュアを奪い取り、フィギュアを嘗め回した挙句、自身タイツの股間部分にフィギュアを突っ込んで逃げてしまう。そしてオタクが激怒して江頭を追い掛け回すというシーンは、番組の名場面として何度も紹介された。

電車男ブームを受けてもなお、バラエティ番組ではオタクステレオタイプな嘲笑やイジメの対象でしかなかった。 10年前当時は秋葉原アニメというものがやっとフィーチャーされてきたのに、やっぱりオタクは「社会不適合者」という印象のままだったし、ワイドショーはそういう扱いをしたがった。「秋葉原が今すごいことになっている」と少し好意的に報じているように見せかけて、VTRを観たコメンテーターオタクを批判したり「恋人が欲しければオタク卒業しよう」と言っていたのだ。

テレビでもそんな中途半端な扱いだった分、学校でアニメの話なんかしようものなら真っ先にイジメの矛先が向いた。女子から忌み嫌われ、スクールカーストの頂点にいる男子からは徹底的に無視された。

でも、学校でアニメの話をする奴なんて、眉毛が繋がり鼻毛も飛び出しヒゲもボーボーの顔面毛むくじゃら野郎とか、何日も風呂に入らず頭はベタベタで常に悪臭を振りまき、毎日洗濯していない同じ服を着ている奴とか、マトモな奴が少なかったのも事実だが。

それから10年、アニメに関する世間の評価が一気に変わった。あれだけアニメを批判的に取り上げていたワイドショーが、かなり好意的に取り上げるようになったのである

一番掌返して驚いたのが、「とくダネ!」の小倉さんである。10年前は「今このアニメのDVDが売れています」という話題のとき、周りのアナウンサーコメンテーターが「面白いですね」とニコニコしているのに小倉さんだけはモニターを睨み付けており、「何が面白いのか理解できません。」

秋葉原メイド喫茶流行っていると、秋葉原美少女フィギュアを買う客にインタビューしたVTRが流れても小倉さんはしかめっ面。「いい歳した大人がこんな幼稚なことをやってたら、日本はダメになりますよ!情けない!」

パソコン番組の司会をしてパソコン通信パソコンゲームについて熱く語っていた人なのに、こんなに許容の無い人だったとは。

なのにある日突然、とくダネの中で小倉さんが「腐男塾」というメンバーが全員アニメオタクという女性アイドルグループを猛プッシュするようになる。女性なのに男装をして一人称が「俺」というアイドル界でも特にややこしいグループなのに、小倉さんときたら「腐男塾の曲は今の日本を元気にしますよ!感動した!」

自身ラジオ番組の中でも腐男塾の楽曲はリピートされ、腐男塾の素晴らしさについて熱弁を奮う。ついには腐男塾ラジオゲストに招く。が、当然話題はアニメの話一色。

しかし小倉さんは「うんうん。アニメはいいよね。日本を代表する文化だよね」「アニメは日本の活力」「おじさんも、キミたちがオススメするアニメ見ちゃおうかな~。」あれだけアニメを批判していたのに…どうした、小倉!?

掌返したのは小倉さんだけではない。各ワイドショーは、10年前あれだけアニメを批判していたのに急にアニメ好意的に特集するようになる。

近年なんかは、毎年夏と年末は「コミケはこの季節の風物詩」と特集する。アニメが好きだという若いタレントコミケの魅力について語らせ、「コミケ外国人観光客が大挙するので、日本経済にとっても有益」と結論付ける。

昔は「コミケではこんなものが売られています」と、女性リポーターエロ同人を読み「信じられない!」と叫んでいたのが信じられない。

アニメは今の若者の間で大流行している」と報じる。昔はワイドショーインタビューされるオタクなんていうのは、みんな見た目が気持ち悪い男ばかりだったが、今のワイドショーインタビューされるアニメファンはみんな端正な顔立ちで、清潔感のある今時の若者ばかりだ。

めざましテレビやZIP!では、「今の若者はカラオケアニメソングばかり歌うらしい」とカラオケの個室内にカメラを設置し、リア充感溢れる爽やかな若者たちアニソンボーカロイドばかり歌う映像を流す。なんなら、そのVTRを観た若い女性アナウンサーが「私もこのアニメ大好きなんですよ!」なんてコメントする。

実際、カラオケ店に行って選曲履歴を見ると、アニソンボーカロイドばかりが出てくる。ちょっと前なんて、履歴にはエグザイル西野カナばかり残っていたものだが、エグザイルなんて履歴100件のうち2、3曲だけで、残りは全てアニソンという勢いだ。

10代から20代前半の若者とカラオケにいっても、ほんとアニソンしか歌わない。アニソン以外で歌うといえば、女の子アニソンの間にヴィジュアル系バンドの曲を挟むくらいだ。ヴィジュアル系バンドアニメオタクの趣味のうちのひとつと考えることができる。海外では日本のヴィジュアル系バンドアニメは、どちらもオタクの趣味という認識だろう。

彼らにはアニメ気持ち悪い趣味といった後ろめたさは微塵もなく、むしろ堂々とアニメを観ていると公言する。まるで、月9のドラマでも観ているかのように。

この10年でいったい、なぜここまでアニメの扱いが変化したのだろうか?

一番影響しているのは、スマホの普及だろう。ガラケー時代のリア充パソコンなんて触らないし、ネットなんてガラケーグリーモバゲーなどのショボい携帯サイトしか見ないという人だらけだった。テレビの印象も相まって、オタクアニメ気持ち悪いという印象のままだ。

筆者の個人的な思い出で申し訳ないが、リア充の友人へのメールネットのノリでつい語尾に「w」と付けてしまった。彼からの返信には、「ダブルってどういう意味?」今から5、6年前の話である

そんな彼も今ではツイッターフェイスブックで「w」を使いこなしている。ガラケーしか持たず、ネットスラングなんて見たことも聞いたこともなかった彼が、スマホを手にしてネットスラングを自ら使うようになった。

スマホが普及して初めてガラケーサイトから飛び出した彼らは、ニコニコ動画や「やらおん」「はちま寄稿」などのアフィブログなどでPC側のネットの世界を知ることとなる。

長年ネットをやってきたはてなユーザー2ちゃんねらーにとって、アフィブログなんてデマばかりの信用できない、他所からネタを丸パクリするだけしか脳のないネットのゴミということは知っているので、そこに書いてあることは信じないし自ら読もうとも思わないというリテラシーはできている。

しかし、スマホではじめてネットの世界に触れた人たちは、アフィブログヤフーニュースと同じような感覚で読み、鵜呑みにしてしまう。アフィブログなんて芸能ゴシップアニメのネタしか載ってないので、読んでいるうちにアニメへの嫌悪感違和感などはなくなってしまうのだろう。

ネットアニメの話題が多いので、アニメの話をするのはリア充にとっても生活の一部になってしまった。 また、スマホを手に入れるのと同時にツイッターフェイスブックといったSNSも始め、そこでバズっているバイラルメディアにもよくイイネ!を押す。

バイラルメディアなんて、それこそ我々にしたら10年前にとっくに使い古された噛んでも味のしないネタを今更引っ張ってきて羅列しているだけだが、ネットを始めたばかりの彼らには新鮮なおもしろネタに写るのだろう。

デスノートの作者はガモウひろしだった」なんて、今時そんな陳腐なネタで記事作るかね?と呆れるしかないバイラルの糞記事ですら、リア充のみなさんは「すごい話だ!」と感動してイイネ!している。今、2016年だぞ。

アフィブログバイラルメディアは、そういったネット初心者を餌にして食っている。

ニコニコ動画の影響力も凄まじかった。「歌ってみた」「踊ってみた」動画が若者の間でかなり流行し、いままでは動画サイトといえばYouTubeくらいしか知らず、エグザイルで踊る様子をアップしていたリア充たちが、ニコニコ動画の影響でコスプレをしてアニソンで踊るようになった。

アニメだって、今話題のものはググれば動画サイトに大量に違法アップロードされている。金を払わなくても、テレビを録画しなくても、スマホひとつあればいつでも手軽にアニメを視聴できる。

10年前はアニメに興味なんてなかった筆者の同級生女子たちは、ニコニコ動画ブームと共に急にアニメに夢中になりだした。急に「踊ってみた」「歌ってみた」動画をアップしだし、毎月500円払って顔出してニコ生まで始める始末。

昔はジャニーズロキノン系バンドを追っかけていた女子のSNSには、それら追っかけていたアーティストの名前は無くなり「歌ってみたの○○さんのライブに参加しました」「声優の○○さんの武道館ライブチケット、手に入りました」といった文字が並ぶ。

若い女子の間がアニメの話題一色になっては、男はアニメの話をしないとモテないという状況になった。というより、彼女がいれば自然とアニメについて詳しくなるだろう。

アニメは「気持ち悪い犯罪者予備軍の趣味」から、「若者のファッション」へと変貌した。2005年から2015年にかけての10年間は、アニメ史にとっても激動の10年間だろう。

といっても、2000年代初頭から当時の10代女子の間ではオタクアニメを受け入れる土壌は既にできていた。

2002年当時、クラス女子の間で、まるでキティちゃんリラックマなどのファンシーキャラを愛でるような感覚で、「あずまんが大王」のアニメを見るのが流行っていたのを記憶している。女子が「かわいいかわいい」と言いながら。

それでも、あずまんが大王を男子が観ているなんてことがバレたらやっぱり女子からは気味悪がられ、イジメの対象だったが。

またまた筆者の個人的な思い出話になって申し訳ないが、2002年当時の筆者の彼女の本棚から「苺ましまろ」が出てきて驚いた。オタクでもなんでもない、普通の女の子である本屋で偶然見つけ、絵柄が可愛いから愛読しているのだそうな。まさか彼女の本棚からロリコン漫画が出てくるとは…

生まれながらに少女漫画に慣れ親しんでいると、オタク向け美少女キャラクター違和感無く「可愛い」と認識できるのだろう。

また、2000年代前半にはジャニーズファンの若い女性の間で「テニスの王子様」が話題となる。ジャニーズ並みのイケメンたちが大量に登場すると、世のイケメンハンターの女性たちが熱く注目した。

それが自然にジャニーズファン以外の女性たちにも広がり、いつしか若い女性の間でBL漫画を読むのは少女漫画を読むこととイコールとなった。

今は、小学校高学年にもなれば女子ならばBL漫画を読んでいて当たり前である小学校から既にホモセックスの漫画を読むだなんて変な性癖にならないか心配だが、2000年代初頭にホモセックスBL漫画を読んでいた小中学生も今はアラサーとなり、普通に恋愛・結婚をし生活しているので大丈夫なんだろう。

世の流行するものは全て女性発信というが、そもそも女性にはオタク漫画を受け入れる土壌は十分にあった。「オタク気持ち悪い」はテレビが無理やり押し付けていた価値観で、ネットスマホが普及し、テレビの影響力が段々下がっていくにつれ、「オタク気持ち悪い」の印象も同時に薄れ、若者の情報源ネットのみになり、ネットではアニメの話題をよく目にするので生活の一部となり、女性がアニメにハマりだし、いつしか若者の文化となってしまった。

あれだけオタク犯罪者予備軍と批判していたワイドショー好意的に取り上げざるを得なくなったのだろう。

もちろん、AKB48の影響もバカにはできない。AKBがメディアに登場した頃は、まだ世間ではAKBは秋葉原アニメオタク文化とイコールで、気持ち悪いものとされた。

しかしAKBがテレビで普通のタレントとしての地位を向上させていくと、秋葉原イメージもジメジメした猥雑なイメージから一気にクリーンになり、結果としては秋葉原オタクへのイメージ向上につながった。

10年前はアニメオタクいじめていたような連中も今は「アニメ大好き」とか言ってるのは引っかかるが、若者ならアニメを見ていて当然といった風潮になった以上、もはや「アニメオタク」という言葉が薄れてきてしまっているので、仕方のないことだろう。

思春期になればJ-POP洋楽に懲りだすのは当たり前だったが、今の10代の学生はそれらを聴かず、アニソンボーカロイドばかり聴いているという。

人間というのは、15歳頃に聞いていたジャンルの曲は大人になってもいつまでも好んで聴くのだという。

もしかしたらこの先、昭和歌謡や最近やっと90年代2000年代の曲が流れるようになったテレビラジオの「なつメロ」番組で、今のアニソンボーカロイドが流れる日が来るのかもしれない。

その頃の若者の間では、アニメはどういった受け取られ方をしているだろうか。「気持ち悪い」か、「ダサい」のか、それとも今と変わらずアニメファッションのままだろうか。今から楽しみだ。

2016-07-17

安安の食べ放題

高校生グループに囲まれて食べる食べ放題

男は女に小食アピール

女は男にもっと食べたいアピール

両者の溝は深い

なんで女って他者への礼儀より身内の慣れ合いを優先するの?

こう書くと確実に「主語がでかい」とかしたり顔で書いてくるやつがいるので、タイトルも、この日記の中でも、「一部の女」ということにする。

にしても、ブコメでもなんでもそうだけど、特定ワードが出てきたら思考停止してそれにばかり反応する奴って何なんだろうね。ネトウヨなんて言葉が出たら大喜びで言葉定義で盛り上がってるよな。そのくせ「言葉定義は変わっていく」とか別のブコメには書いたりしてるんだぜ。馬鹿らしい。

さて、表題の件。

先日、女4人が並んで自転車歩道を向こう側から走ってきた。正確には3人が並んで、あぶれた一人は後ろから必死についていってるというよく見るアレだ。かわいそうな気持ちになるよな。見れば後ろの一人だけ髪型が違う。前の3人はお団子っぽい感じ。後ろの一人はボブ。まぁつまりそういうことなんだろうな。面倒なヘアスタイルが偶然揃うわけがねぇ。

その3人+1人を見て、「あぁ、これは絶対に避けてはもらえないな」と確信した。

そこまで硬い友情で結ばれている3人だから、何があっても「一人後ろに行く」という選択は取らないはず。かなり広い歩道だが、ちょっと避けるだけでは無理だとわかった。

俺は車道に出て避けようとした。

しかし俺が車道に近づいたことで、彼女たちは安心して歩道いっぱいに広がってきた。後ろの一人を前に出してやろうとはしなかったな。そういうもんだろう。

だが、俺が避けるのが少し遅れた。俺が持っていたカバン自転車に引っ掛かり、結構派手にぶっ飛んだ。

俺は止まり彼女らも止まった。

ぶつかったのは仕方がない。歩道いっぱいに自転車で並走するのもまぁいいだろう。

俺はしょうがねぇなと思いながら、カバンを拾おうとした。

その時、彼女達はどうしたか

ぶつかった女の子が、他の二人に「やだー!」などとシナを作ってゲラゲラ笑っているではないか。後ろの女の子はお決まりの、曖昧にお追従の笑いを浮かべるだけだったが。

で、結局まともな謝罪はなし。一人だけちょっと頭を下げてくれたように見えたが、それだけだ。俺も何も言わなかった。

この行動様式は至るところで見る。さすがに今回の4人のようなケースは稀だが、基本的に「他人へ応対すること」よりも、「身内での慰め合い」を優先することが多い。

これが女の子でなく男の子グループだったらどうだっただろう。

引っ掛けた男子が「すみません」と謝り、その後で仲間内で「お前何やってんだよw」だとか「広がりすぎたな」とか慰め合いをすることが多いだろう。

場合によっては「お前謝ってこいよ」と仲間から促されることもある。

で、この話を読んだら「男だって身内の慣れ合い優先するじゃねーか」と思った人はいるだろう。

そう、そういうケースもある。

その「身内の慣れ合いを優先する男」というのは、つまりヤンキーであるヤンキーは老若男女問わず、身内の慰め合いを優先する。

一部の大多数の女のこうした「応対すべき他者よりも身内の慣れ合いを優先する」性質は、ヤンキー的な性質なのだろう。

ところで、フェミ…なんていうとまた脊髄反射コメントが来るだろうからやめておくとして、女性を大切にする女性の方々的には、「歩道を横いっぱいに並んで歩く女性」の行動についてどう思っているのか聞いてみたいな。あれを良しとしているのか。それとも、「そんなのは一部しかやっていない」と言うのか。男から「あれ邪魔だよな」という声は聞くが、女性からはそういう声は聞こえてこないが。

どうなんだ?

とりあえず、同僚が手作りしてくれたケーキがぐちゃぐちゃになった怒りにまかせて書いた。許せん。ケーキ屋みたいに包装してくれて保冷剤も入れてくれたのに。

最近の若者というレッテルを貼られ続ける時代

つの時代になっても「若者」という存在は的にされる

自分も同じくその類である



最近親父と話していた時の話題が「若い奴がメールで用件を全て済ましてしまう」ということだった

今の時代メールというよりかはラインSNSといったツールが主流になってきているが使い方自体は変わらない

スマホの普及率が増えてこれまでPCを持っていない層がネットを気軽に使えてるようになったことが一つの要因だろう



その時の話で問われていたのは「話すことはせず、コメントをするような感覚で返事を送っている」ということだ

もしもこれを気付かずにしていると、送信者が苛立ち「どうして送ったのに見てくれないんですか!?」と親父が勤務している某建設会社ではあるらしい

これに対して親父は「しょっちゅう携帯電話を見ている訳がないんだから直接電話しろ」と言っているが伝わっていない状況である

これはこういった業界だけの話ではなく、日常生活においても支障をきたす案件である



自分場合、同年代大学生ぐらいしか観察できる対象がいないがそれでも分析できる余地はある

具体的に見えてきた例としてはグループで行わせる授業であった

ある課題に対して決められた人数でやっていくという形ではあったが、そこでライングループにとりあえず入っておいた



自分は現状報告の確認とかオフィスソフトで作った資料を送ったつもりではあるが、他のメンバーはチームの中で共有しようとは思わない感じだった

自己能力不足もあるが、「自分で作ったもの自分だけで管理しててくれ!」と解釈しそうになった

しかも本当にPCがないのか「画像で送ってほしい!」という返信まで来た

ここまでくるとそういった人間に合わせるしかないのかと思えてきたのだ



仕方ないがグループ自体としては、共同作業というより単独で作っておいてできる奴のシナリオ通りに進行していくという始末である

正直言ってこんなことで単位が取れるなら受講すること自体時間無駄だと思えてくる

グループディスカッションとかの現場も見てきたが、あれは口の上手いできる奴の独壇場なのだ

それ以外の奴らは意見を発することすらせず、他人利益を当たり前のように貰っている

これで定員割れとか中退率が多いと言われても否定する所が見当たらない

ジャニーズ動物占いしてみた

今回 60種類版の動物占い実施

Wikipediaジャニーズ事務所タレント参照。

ソロ活動元メンバージャニーズJr.はやってません。

名前動物占いの結果(色、動物

少年隊

錦織一清 赤狼

植草克秀ペガサス

東山紀之ひつじ

SMAP

中居正広 銀ゾウ

木村拓哉コアラ

稲垣吾郎サル

草剪剛 銀チーター

香取慎吾 茶狼

TOKIO

城島茂こじか

山口達也 金ゾウ

国分太一 赤虎

松岡昌宏 茶黒ひょう

長瀬智也コアラ

V6

坂本昌行たぬき

長野博コアラ

井ノ原快彦 黒虎

森田剛 茶虎

三宅健チーター

岡田准一 紫虎

KinKi Kids

堂本光一 茶黒ひょう

堂本剛 橙黒ひょう

大野智サル

櫻井翔コアラ

相葉雅紀 銀ゾウ

二宮和也 赤狼

松本潤ペガサス

タッキー&翼

滝沢秀明チーター

今井翼 茶黒ひょう

NEWS

小山慶一郎こじか

増田貴久サル

加藤シゲアキライオン

手越祐也チーター

関ジャニ∞

横山裕 橙狼

渋谷すばるサル

村上信五サル

丸山隆平 茶虎

安田章大コアラ

錦戸亮こじか

大倉忠義ライオン

KAT-TUN

亀梨和也ひつじ

上田竜也たぬき

中丸雄一こじか

Hey!Say!JUMP

山田涼介ペガサス

知念侑李ライオン

中島裕翔 紫虎

岡本圭人 青虎

有岡大貴ライオン

高木雄也ペガサス

伊野尾慧 茶虎

八乙女光こじか

薮宏太コアラ

Kis-My-Ft2

北山宏光 黒黒ひょう

千賀健永ひつじ

宮田俊哉サル

横尾渉ライオン

藤ヶ谷太輔チーター

玉森裕太 銀ゾウ

二階堂高嗣 紫狼

Sexy Zone

中島健人ひつじ

菊池風磨サル

佐藤勝利 金ゾウ

松島聡コアラ

マリウス葉 橙狼

A.B.C-Z

五関晃一 橙狼

戸塚祥太ライオン

塚田僚一 茶狼

河合郁人コアラ

橋本良亮サル

ジャニーズWEST

重岡大毅こじか

桐山照史 茶虎

中間淳太 紫狼

神山智洋ひつじ

藤井流星たぬき

濱田崇裕コアラ

小瀧望 茶黒ひょう


比較方法提案

動物属性

太陽グループ 自分軸 状況対応ライオンチーターペガサスゾウ

地球グループ 自分目標志向コアラサル

満月グループ 他人目標志向ひつじ黒ひょう

新月グループ 他人軸 状況対応こじかたぬき

関係

太陽地球満月新月

・色別

目標志向型⇒赤・橙、茶・黒、青・紫

状況対応型⇒黄・緑、金・銀

色の相性は

銀ー赤、青ー橙、黒ー黄、紫ー茶、金ー緑 が一番いい相性


私はジャニーズに詳しくないのでメンバー同士、誰が仲が良いとか分からないです。なのでジャニヲタの方々、これを見ていろいろな議論をしてくれたら嬉しいです。

また今回載せた比較方法はほんの一部で、動物同士・色同士の相性、色別の性格などは調べると沢山出てきます

5アニマルもやってみるとなかなか面白いので気になった方は調べてみてください。


※これはあくまでも占いです。

2016-07-15

マウントじゃなくて普通にからいかな?感覚

小室ってTMネットワークってグループシンセ担当だったのよ

ソロというかプロデューサー?し始めて小室プロデュースなんて言われたのが90年代ってだけで

2016-07-11

http://wired.jp/2016/07/10/kk-column-2-2/

こういう発想ではてな増田クオリティ底上げされるかといえば、されるはずがないことも立証されてんですよ。

仮にブコメが正しくても記事元は反論するし、そもそもブコメの正しさとやらがいかがわしい事この上ない。

Wikipedia成功した理由は何より「正式な場に見えたから」という空気問題だったような気がしてならない。

他のまとめwikiなんか見ていればわかるけど、やっぱりクオリティは一強以外担保されてない。

このことからしても仮にはてなwiki機構が取り入れられてもグループ機能みたいに乱立して底上げされない気風があるように思う。

はてなキーワードなんてよくも悪くも無難で充実してる印象もない。

そもそもここの住人は増田ですら個人的に取り上げられたいと考える奴が大量にいるので、みんなで一つという発想が我慢ならないはず。

2016-07-10

妊娠出産を機に二人の友人と疎遠になった

一人はすでに二児持ちのS子。

彼女結婚から子供が欲しくてたまらなかった。

二子も第一子の産休明け職場復帰後すぐ妊娠した。

二回ともできちゃったーと言っていた。

それは嘘だ。30過ぎてできちゃったはないだろ。

彼女保育園に確実に入れるようにタイミングをみて4月まれ6月まれを作った。

保育園激戦区で早生まれは不利だし、彼女の家から一番近い保育園月齢8か月だからだ。

一方私はなかなか妊娠できなかった。

二年くらい頑張ってやっとできた。

その間彼女が第二子妊娠し、子供の話ばかりするのが苦痛だった。

私の妊娠を報告してもおめでとうはなかった。

それどころか私の子の予定日を聞いて

うわーその頃大変だね、あれもこれも○月生まれだと大変だね。

ばかりだった。

子育ての先輩としてのマウンティングもひどかった。

妊娠中と産後に1回ずつ会ったがうんざりした。

ツイッターもそっとフォローを外した。

というかツイッターはやめた。

もう一人は既婚でまだ子供がいないM美。

彼女は私の妊娠を喜んでくれた。

早く自分子供が欲しいと言っていた。

だがなかなかできないと。

生理が不順なのに基礎体温も測らず、セックスも面倒だとも言っていた。

私はS子に感じていた羨ましさを思い出してあまり自分から妊娠出産の話はしなかった。

しかしやはりかM美は向こうから疎遠になってきた。

LINEグループでM美が発言する時は必ず私のいない時になった。

最近ではもうグループでM美は発言すらしない。

しかし他の共通友達とは会っているようだった。

やはり私がS子がうっとおしかったようにM美は私をうっとおしいと思っているのだろうか。

そう思うようになった。

今ではM美がどうしてるかも知らない。

2016-07-09

私の近くにいた陰謀論

 高校時代同窓に、陰謀論者の男の子がいた。

 系統としてはユダヤ資本が何百人会議世界金融しかしてその正体は敵か味方か爬虫類人というアレである


 はためには勤勉で真面目な少年だった。 

 体育会系でこそなかったものの外向的な性格で、友達も多かった。

 まれに「世界真実を教えてやる!」と友人を集めて9.11に隠された陰謀だとかホロコースト真実だとかを流布しようとすることを除けば、おおむね普通高校生だったと思う。


 彼は性別の別け隔てなく友達づきあいするタイプではあったが、私はあまり深く関わらなかった。

 今思えば後学のために彼の主張をすみずみまで拝聴しておくべきだったかな、と悔やまないでもないが、私は私で当時恋に勉強に何かと忙しい女子高生だったのだ。


 今はもうあの頃の制服は着られない……。


 しかし遠巻きに見ていてさえ、彼がなぜ陰謀論にハマっているのかわかる気がした。

 彼は生真面目な人間だったのだ。

 無遅刻無欠席だとか、進級に関係ない夏休み課題計画的にうっちゃったりせず全部やるとか、その程度の生真面目さではない。

 なにもかもキッパリパッキリしていなくては気がすまない人間だった。

 正義感も強かった。義心に溢れていた。

 自発的に近所の自然保護団体?(教育機関的な役割も兼ねているようだったが実態はよくわからない)に属しているようで、そのグループ活動でも少年部のリーダー的な役割を担っていた。そのことを知ったのは彼がEM菌普及活動講演会スピーカーの一人として登壇したからだ。

 クラスで、いや、学年でもあん人間は彼だけだっただろう。

 見た目は「いい人」だった。

 いや、事実「いい人」だったんだろう。

 クラス内の評価も「おおむね良い奴」だった。彼の口走る政治ネタは影では冷笑的に受け取られていたが、彼の眼前でバカするのはなんとなく憚れられる空気があった。

 哀れみでも、恐れでもなく、ただ「こいつは良い人」だからという遠慮があったんだと思う。


 彼は日頃から自分日本という国を良くしたいと公言していた。

 キャリア官僚として官庁就職し、ゆくゆくは中央政治に関わっていきたい。

 そう言っていた。

 まるで甲子園を目指す高校球児のような爽やかさだった。


 彼は学年一の秀才というわけでもなかったが、もちまえの生真面目と努力を惜しまない姿勢評価され、

 推薦でそれなりに優秀とされる大学へ進んだ。

 その後、彼がいかなる道程を歩んだかは知らない。

 私はフェイスブックをやってないし、彼の下の名前も忘れてしまったので、ググろうにもググれない。同窓会成人式ときに一度開かれたっきりだ。

 この前ふと気になって、高校大学と私と同学でその後某省でキャリア官僚になった友人に「あの子、どうなったんだろうね。もしかして、同期で入省したりしてない?」とたずねたが「いやあ、聞いてないなあ」とどうでもよさそうな返事をされただけだった。「もしかして、あの子のこと好きだったとか?」

 いや、そういうのじゃないけど、と私は言って、それでもうこの話題打ち切りになった。


 



 高校卒業式が近づいたある日のこと、帰り際に彼に呼び止められた。

 みょうに緊張した面持ちで私の経験則から言って、十中八九告白前触れだった。

 予感は当たり、彼は私に想いをぶつけてきた。付き合ってくださいと。大学は違うけど、遠距離になるけど、その、なんというか。

 私は最敬礼で「ごめんなさい」と言った。

 彼はしばしショックを受けて硬直したのち、こう問うてきた。

「え……なんで?」

 ここで、「なんで?」と訊くようなやつだからだ、と言ってやってもよかったのだが、その日たまたま私は虫の居所が悪かった。ので、ウソをついた。


 うち、爬虫類飼ってるからヒョウモントカゲモドキ


 なぜ、ヒョウモントカゲモドキという馴染みのないワードがあそこで出たのかはわからない。

 前日にNHKかなにかの動物番組たまたま出てきてそのキュートビジュアルが脳と網膜にやきついていたためだったろうか。にしても、その瞬間までにはまったく忘れていたのに。ヒョウモントカゲモドキ


 今では、私の部屋で私の帰りを唯一待ってくれるのもヒョウモントカゲモドキエクレア通称エーちゃん)。

 なぜなら、彼女もまた特別存在からです。

 こんなかわいい爬虫類になら征服されてもいいと思う。

予言05/32

PC明日スマホは昨日

釣り竿を持った警官路上にガムを見つけ出す

グループ長は思わず声を出さずに入られない



http://anond.hatelabo.jp/20160707123735

2016-07-08

のろけるなとは言いませんが・・・

とあるSNSグループしかも、イチイチ人の目のつくところでのろけるなよヽ(`Д´)ノ

うざいんだよ、いい加減にしろよバーーーーカ。



まぁ、若さゆえなんでしょうね、世間とか気にしないんでしょうね。

でもさ、気にしたほうがいいよ、仲いいんだねって思われたいかもしれないけど、

あなた発言、うぜーーーーーーーーーーーーと思う人多数ですから、残念ながら。

のろけるなとは言いませんが・・・

とあるSNSグループしかも、イチイチ人の目のつくところでのろけるなよヽ(`Д´)ノ

うざいんだよ、いい加減にしろよバーーーーカ。



まぁ、若さゆえなんでしょうね、世間とか気にしないんでしょうね。

でもさ、気にしたほうがいいよ、仲いいんだねって思われたいかもしれないけど、

あなた発言、うぜーーーーーーーーーーーーと思う人多数ですから、残念ながら。

2016-07-07

日本職場

素人でも駄目と分かる浅はかな経営戦略

ちょろまかされてるのがモロバレな労働条件

今や中国とか東南アジアのほうがまだマシな労働環境

ろくに教育もせずにすぐに現場に放り込む杜撰管理体制

何十年も変わらない時代遅れ作業方法

これら全てに文句わずノーミスでこなさなければ空気読めない発達障害扱い

それでいてお偉いさんの仲良しグループは何かあってもナアナアで済ませる

この国は阿呆戦争やって負けた時と何も変わっていない

18歳、19歳の有権者の多くが自民党投票しようとするのは当たり前。

スクールカーストを最も最近まで、もしくはその当事者として経験している彼らに集団的自衛権安保法制危険を訴えたとしても無駄だ。

身近にいる暴れん坊から我が身を守る最良の手段は、理性的な話し合いでも名誉孤立を守ることでもなくより強いグループに身を置くことだと知っているから。

ジャニオタ資格

ジャニオタ〟と聞いてどんな印象を受けますか?



もちろん字義通りジャニーズファンですよね。

そこから連想して、「イケメンが好きなんだろうな」なんて思うのは容易いと思います

青い鳥をしていると「派手でうるさそう」「アニメ否定的な人が多いんじゃないの?」とか、ジャニオタの中でも「このグループファン学生ばっかり!」「あそこのグループファンマナーが悪い!」なんて言う人も少なからずいると思います

別にそれはあまり関係ないんです、前置きです。



私は〝ジャニオタ〟と聞くと「きちんと学業なり仕事なりをまっとうしている人」というイメージを持っています



ジャニオタってお金かかるんですよね。

1年間でCDシングル2~3枚出して、CDアルバムも1~2枚出して、DVDも出して、コンサートだってあるし。

雑誌だって毎月出るし、年度末にはカレンダーも出るし、写真集だって出てくる。

CDも初回AだかBだかいっぱい種類があって、収録曲全部聴きたかったら全部買うしかないなんてこともしょっちゅう……っていうか毎回それです。

コンサートに行くにしたってまずチケット代、その手数料交通費、グッズ代、コンサートのために新しく買う洋服代。

1グループでこれですよ、書いてて嫌になるほどお金が飛んでいく趣味なんですよね。



からこそ、きちんと仕事をして収入を得ている人、バイトをこなす学生なんかが多いと勝手に思っています



仕事はつらいけどコンサート行くためにがんばろうとか。

バイト給料出たらあのCD買おうとか。

テストでいい点取ってお小遣いもらったか普段買わない雑誌も買っちゃおうかなとか。



なんていうか、少なからリア充してる人の趣味なんじゃないかなぁ、と。

ここで言うリア充恋人がいるだけではなく、現実生活が充実しているという意味も入っています



私もジャニオタです。

後述の事によってグループの印象を悪くしたら申し訳ないのですが、ジャニーズWESTが大好きです。



でも私はリア充ではないと言えます



しろ逆と言った方がいいのかもしれません。



大学生なのですが、授業は満足に出られず、精神科大学学生相談室と教務課と担当教授研究室を行き来する毎日です。

原因は私にもよくわかりません。今病院の方でテスト検査を受けている最中です。

毎日「ああ今日も授業に出られなかった」「どうして私は周りの人と同じことが出来ないのだろう」「なんで大学に入ったんだろう」「いや就職したってこんなんじゃクズすぎて即クビだな」と考えます

色々な方に手助けしてもらい、なんとか留年退学休学は免れそうというのが救いでしょうか。

「休学した方がいいのでは?」という意見も聞くのですが、そこは私だけでなく実家問題も関わってくるのでとりあえず4年間で大学卒業するということが私の人生の最善となっています

まあこんなんで大学卒業したって一般的社会人になれるとは全く思っていないのですが。



一人暮らしということもあり自己嫌悪に陥っても慰めてくれる人はいません。

実家から通える大学に行けよという声が聞こえてきそうですが、一人暮らしもまた実家規則なので許してください。さらに言えば同じ県内に住むことも許されていないのです。

実家の人は私の現状を知っているのですが、それでも私を家に連れ戻すなどせずに、一人で病院に行き一人で暮らし大学卒業しろと言いました。

なんかもう頭おかしいんじゃないかな、って思います

だって今の私ただの金食い虫じゃん。これほどまでに生産性のないクズを私は知りません。



それでも、ジャニオタなんです。



ジャニーズWESTが好きで仕方がないのです。



ジャニーズWESTを知ったときも私は不登校モドキでした。(公式用語で言う不登校定義には入っていませんでした)

初めて見た時は衝撃でした。

彼らが映るテレビの画面だけが、鮮やかな色彩を放っていました。

まぶしいほどの笑顔カメラに向ける彼らに、一瞬で夢中になりました。

それから私は貯めていた貯金ジャニーズWESTのために使うようになりました。

もう何が楽しくて生きてるのか分からずただ機械的に起きて食事を摂り眠る生活をしていたのですが、彼らのファンになってからは違いました。

「来月CDが出るんだ。それまで頑張ろう」とか「今日音楽番組に出るからちゃんとやるべきこと終わらせて早く帰ろう」とか、前向きに物事を考えられるようになりました。

その時の毎日の楽しさはすごいものでした。

不登校モドキだったのに積極的学校に行くようになりました。

毎日ゴロゴロしてる私がキラキラな彼らを見るのはなんだか罪悪感を覚えるな、と思ったゆえの行動でした。

そうしたらそれまで全然できなかった友達が、急にぶわっと増えました。

「なーんだ、私普通に生きられるじゃん!」と、思っていました。



まり毎日が楽しすぎて、忘れてたんです。



私のこの症状は一過性じゃないって、忘れてたんです。



思えば中学の時からずっとそうでした。

ある日突然学校に行けなくなり、しばらくしたある日突然何事もなかったかのように学校に行けるようになる人でした。

ジャニーズWEST出会って学校に行けるようになったのも、もしかしたらその時期と偶然一致していたからかもしれません。

それでも、それに気づいたときには私の中ではもうジャニーズWEST神格化されていました。



ジャニーズWESTに元気をもらって毎日生きてるんだ」

「あの時、学校に行けるようになったのはジャニーズWEST出会たからなんだ」

「私にとってジャニーズWESTは命の恩人なんだ」



今でもその思いは拭えません。

私にとってジャニーズWEST神様も同然なんです。

ああ、そうですね、去年天使衣装を着る曲がリリースされたのですが、まさにそんな感じです。



  『 そんじゃみんな ノルか?ソルか?

    任せときなさい!         』



  『 ちょっと待った、迷った時

    オレを信じろよ      』



もはや依存と言えるレベル



からこそ、今の私の状態が非常に心苦しくてつらいのです。



仕事を頑張っている彼ら。



家に引きこもりな私。







私のようなクズファンでも許してくれるかな。



こんな奴がファンなんて嬉しくないだろうな。




そもそも私にジャニオタ資格はあるの?



学校にも行けない、バイトお金を稼ぐことも出来ない、ファンレターひとつ送る勇気もない。





それでも彼らのファンでいることはやめられない。



唯一楽しいと思える時間が、ジャニーズWESTを見ている時だから






「きちんと学業なり仕事なりをまっとうしている人」には程遠い私でも、ジャニオタでいられるかな。

風俗店で働くことになるまで

最初に言っておくと僕は男性である

それに大しておもしろい話でもないのであまり期待せず、適当に読んでくれると助かる。

数年前、元々僕はパチンコ屋の店員だった。

しかし、今でも続いているがパチンコ業界はずーっと景気が悪く、一部の大手ホール以外はかなり苦戦させらています

まああれだけ規制だのなんだのとがんじがらめにされては仕方ない。

その流れに身を任せ、当時僕が働いていた中堅くらいのパチンコもついに閉店することに。

一応グループの他店へ希望すれば異動できる、みたいな話もありましたが折角だしちょっと考えて転職しようかと思っていました。

当時の僕は27歳。

そろそろ身を固めないとなぁ…と思っていた矢先の失業だったので別の店のパチンコ店アルバイトをする気にはならなかったし、そこもいつかは潰れて30過ぎてから放り出されてしまうのでは…と恐怖したのを覚えています

色々と求人を探しつつ、友人にも相談していると「風俗で働いたら?」と言われました。

「いやいや風俗って。そういう怪しいのはちょっと…」

というと

「そんな事は無い、今は風俗店でもキッチリやっているところはあるし金も稼げるよ」

と言われ転職サイトなどを閲覧。

(ちなみに風俗求人なんてフツーの大手求人サイトには載ってないので男ワークやミリオンジョブなんかの専門の転職サイトを見てね。)

見てみると結構いい条件が書かれている。

ホントは書いてるだけで実際はもっとブラックなんじゃないの~?」

とは思いつつもコッチも転職活動が上手くいってないのでまずは職に付こう!と思い切って電話した。

前職がパチンコ屋だと伝えると「でしたら向いてると思いますよ~」と言われた。

日面接のときに聞いたんだけどパチンコ屋の店員風俗店員って結構その二つを交互に働いてたりする人間が多いらしい。

接客態度や身だしなみ、体力が必要な事からそういった経験があると就職に関しては有利になるようなので、もしこれを見ているパチンコ屋の店員さんがもっと稼ぎが欲しいと思うなら一考の価値はあると思う。


働き初めてみれば、どうということはない。

拘束時間は中々に長いが、激務というほどではなかった。

バイト時代から比べると給料は倍以上。多少の労働程度喜んで受け入れる。

学歴は本当に関係ない。

僕は高卒だけど店長もやっているし、中卒の人間だってこの業界ではざらにいる。

いわゆる「低学歴」が高収入を目指すには正直イチバン近道なんじゃないだろうか。

格差

田舎12SEやってて年収250万円。非正規

今日都心にあるグループ会社で、似た業務求人正社員年収400万~で出てた。

見る限り俺のスキル問題なくできる内容。

それ見てから今の仕事へのモチベが0になっている。どうすればいいんだ。

2016-07-06

互助会はてなの内部に生まれた、いわば小さなはてなのものだった

互助会」と名付けられたそれは、いくら手斧を投げつけられても消えなかった。水面に映った自分に石を投げつけるが如く、ただただ無意味排斥が続けられた。

我こそは真のはてなー自称するグループが、「真正はてな村コミューン)」を名乗り活動を開始した。互助会である者、はてな的でないとされた者には、たとえコミューン構成員であろうとも、容赦なく手斧が振るわれた。

コミューンが「はてブロ及び一部のはてダ互助会の温床である」として排除にかかったとき ブロガーにより「自由はてな同盟」が結成され、これに抵抗した。だが同盟も、内紛と分裂を繰り返した。両者の争いは「左手右手が自らの内臓を殴り合っている」と揶揄された。

株式会社はてな上場廃止とともに、京都の寒村に静寂が訪れた。はてな的とされたものは、何ひとつ残っていなかった。ただただ、増田たちが脱糞を繰り返しているだけだった。

http://anond.hatelabo.jp/20160706160525

それは敵対グループを一括りに見てしま誤謬だろ。

敵対グループの中では意見統一されているはず、

敵対グループ構成員グループ内の出来事を知っているはず、

敵対グループ構成員が主張することは敵対グループ全体の主張であるはず…

NEWSが嫌いというか呆れたという話

ジャニーズグループNEWSの話です。

数年前に人気メンバーが抜けてそりゃ大変だわ、とまぁ同情してみてたんですけど、今だに脱退したメンバーに対してぐちぐち言ってて正直何なんだという感じ。

4人体制になってからも一番の話題が脱退ってこれまで何してたんだと。

振り返ってみると、脱退が決まった時も事務所からは1人をのぞいて解散を勧められたって言っていた。俺たちしんどいアピールのつもりかもしれないけど人気メンいなくなったら解散勧められるってデビューしてから何してたんだよ。良く恥ずかしげもなく言えるな。

メンバー事務所に何ができるか言われて小説書いた→小説を書けば2人が戻ってきてくれると思って書いたとか小説動機が変わってて呆れた。そもそも小説書いたらメンバー帰ってくるかもしれないとかどんな発想だよ。

その上最近では某団体を支持とか活字で残すしなんなんだよ。

アイドル政治について発言するなとは言わないけど、「どういう形にしろ若い世代政治に興味を持つことはいいことですよね」とかもう少し言い様があるだろと思う。自分特定団体名前出してどういう反応があるおか分からない、とっさに回避する方法をとれないって地頭の悪さが露呈して本当にがっかり。ああい雑誌仕事受けた時点でいろいろ警戒して欲しかった。脇が甘すぎる。

もう解散した方がいいんじゃないかな。

デイ・アフター・トゥモローってグループがあったんだけどもさ

misono以外元気にしてんの?

コスプレ界隈の闇

知り合いにアニメにゃ興味ないが人数合わせでアニソンイベントに呼ばれるから渋々アニソン回してるDJがいるんだが、

そいつから「俺の出てるアニソンイベントによく遊びに来るコスプレサークルサークルクラッシュした。恋愛禁止の掟があったのに、主催者の男がメンバー女の子に手を出した」と聞いた。

心底どーでもいい話だが、イベント中に喧嘩が始まって本当に厄介だし、ツイッターフェイスブックにその件のついての言い争いがタイムラインに大量に流れてきて辟易していると。本当にあのコスプレサークルに関わると面倒だと。

それを聞いて、そんなに嫌ならもうアニソンさなきゃいいじゃんと思ったが、コスプレの話で耳に入ってくるのってそういうセックストラブルの話ばっかだなーと思った。

そんな矢先に漫画家コスプレ女を妊娠させたなんて騒動ネットで盛り上がっていた。やっぱり、俺の耳にコスプレという言葉が入るときは必ずセックスがついてくる。

俺はオタクだがコスプレについては全くの無知。やろうと思ったこともないし、そもそも女だけの文化だと思っている。今までいろんなオタク男に出会ってきたが、コスプレをしている奴には一度も出会ったことがない。オタク女の知り合いにはコスプレしてる奴がたくさんいるので、やっぱり女の文化だと思う。

クラブアニソンイベントに遊びに行っても、「コスプレして入場すると500円引き」って言ってるのにコスプレしてくるのは女ばかりで、男は全員私服

オタク男が集まるような掲示板を覗いても、コスプレ話題コスプレ女を撮影する話ばかりで、自分コスプレをするという話は無い。まあ、オタク男ってのは大概見た目が醜いのでそもそもコスプレしようとは思わないだろう。

しかし、今まで三人だけコスプレするという男に出会った。それは三人とも見た目は爽やかイケメンでお洒落で、どうみてもオタクには一切見えない。モテるから女との付き合い方も非常にスムーズ

特に印象深いのは、専門学校時代同じクラスにいた石山くん。学校の中で一番お洒落で、顔がイケメンというか美少女系の顔。体つきも華奢で、お肌ツルツルピカピカの真っ白。髭も脛毛も薄い。女装したら絶対女の子しか見えない。例えるなら、「げんしけん」のコーサカくん、現実世界にコーサカくんが飛び出していたのかと思うっていうか、コーサカくんは石山くんをモデルにしてるんじゃないかと思う。

俺は男だけど石山くんとならセックスできる。チンポついてるだけでどうみても美少女なんだから

石山くんのSNSでの文体女の子っぽくて可愛い(´・ω・`)を多用して、一人称も「私」。SNS上で石山くんとやり取りしている様子を見た彼女が「えらく他の女の子と親しげだね…」と嫉妬してきたくらいだ、

石山くんの服のセンスヴィジュアル系だ。正直、今までヴィジュアル系の服を着る男に似合ってると思ったことは一度もない。総じて私服ヴィジュアル系の男は馬面なのはなんなんだよ。ウマががっこつけんなよ。でも石山くんは似合う。超似合う。ヴィジュアル系私服が許されるのは日本石山くんだけなんじゃないか

まりにも可愛くって、休み時間にはよく抱きついた。石山くんは若干嫌な顔をしながらも、無言で受け入れてくれる。それがまた超かわいくって、チューしたかったけどさすがにそれは理性が抑えた。

石山くんはこんな超絶爽やかイケメンから女の子にもモテる。街を一人で歩けば逆ナンされまくりだ。

なのに専門学校ではなぜかイケてるグループに属さずおれたちモテない童貞の吹きだまりグループにいた。それが何故かはわからない。

クラス女子は俺ら童貞とは話したがらなかったが、石山くんとはよく会話をしていた。クラスで一番女子スムーズに会話していた。

石山くんは放課後によく彼女学校に迎えにきてもらっていた。その彼女天使しか言い様の無い美少女で、まさに美男美女カップルとはこのことである。見てて惚れ惚れする。イケてるグループには憎悪しかないが、石山くんがどんなにかっこよくてモテ美少女彼女がいようが、嫉妬憎悪は全くない。むしろ俺と友人でいてくれてありがとうという感謝しかない。あと抱きつかせてくれてありがとう。でもSNSで可愛すぎる文体のせいで俺の彼女浮気してると思って大変だったよ。「こんな可愛い文章を書く男がいるわけがない」って、信じてもらうまで大変だったよ。

コスプレ界隈について感じる疑問や闇のあたりを書こうと思ったけど途中からおかしくなったことに気づいて書き直すのも面倒なので寝る