「博士」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 博士とは

2017-04-24

そういやアメリカプログラマ年収高いのは、情報学科の修士とか博士卒業してプログラマやってるやつが多いから、って話だったな。

文系プログラマかいるのかな。

GoogleとかMSはいないだろうが。

2017-04-19

動画関係で今朝早朝行った事柄

動画関係でやったことを振り返る!

Makebdavで、忠臣蔵の恋・孤独のグルメ博士数式を焼き付けた。

焼き付けたのはBDAV ではなくImgバーンだけどね。てへぺろ

視聴した。小一時間コマーシャル飛ばしたから少し短時間ですんだい。

h265エンコードエラー発生問題解決された。

良かった。Durationを30メガまで延長!これが奏功!した

あとアップローダー試してみたけど( ^ω^)・・・これは

やっぱり現実的じゃない。ディスクに焼き付けよう 仕方ないね

DvdstylerでTEDをいくつかオーサリングした。これは今日活用予定。

ガッツだぜ!しか字幕Xmlで別々になってるツベ動画があるんやな。

あれは不便。なぜハードコーディングせえへんねや?

もうもう。牛

2017-04-15

話題山川PMは優秀だ

微妙研究成果が権威をまとってやってきた~どう対峙すべきか

https://news.yahoo.co.jp/byline/enokieisuke/20170414-00069915/


話題山川PMは、京大博士(課程)。やはり優秀だと思う。

From brain to business : 脳の環境適応戦略から企業環境 適応戦略を紐解く 山川義徳

http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/136459/1/ynink00396.pdf

Neurosci Lett. 1999 Dec 24;277(2):103-6.

Contribution of mGluR1 to the basal activity of a mouse cerebellar Purkinje neuron.

Yamakawa Y, Hirano T.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10624820

京都大学理学研究科現在研究科長、理学部長との共著論文。大物研究者との共著論文しかも、著者は2名。

これは、学部修士の時の研究論文にしたものでしょうか。修士の時の研究英語原著論文になったというのがすごい(短いですが)。

京大の課程博士審査では、違う研究科での業績も、審査対象にできるんですね。

Biochem Biophys Res Commun. 2001 Sep 14;287(1):27-34.

Molecular cloning of Bombyx cerebral opsin (Boceropsin) and cellular localization of its expression in the silkworm brain.

Shimizu I, Yamakawa Y, Shimazaki Y, Iwasa T.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11549248

学生研究で、「セコンドオーサー」とは立派。

次は、Scienceの論文が見つからないので、見つけたい。

実験動物、虫、そしてヒトと、材料を変えていく柔軟さも、なかなか真似できない。

こういう人だからこそ、国から多額の研究費を使うPMとしてリーダーになれた。そして、偉い人がエンドースするのでしょうね。

2017-04-14

○○は実質△△ ソードアートオンライン劇場版オーディナルスケール

http://anond.hatelabo.jp/20170401115810

ソードアートオンライン劇場版オーディナルスケールは実質 ゴジラビオランテ


・だいたい娘を亡くしたマッドサイエンティストマッドテクノロジスト)のせい

博士教授)は自分研究を娘を蘇らすために行動していた

ラストの巨大モンスターには女性の顔付(※)

・巨大モンスターには植物成分があり、鞭状の、根のような蔦のような触手を使っての戦闘になる

・巨大モンスターが倒されると光の粒子が舞い上がっていく

最後に娘の幽霊的なエンティティが生きているキャラクターに向かってお礼を言って消えていく。もちろん蘇生することはない

(※ 公募原案ではビオランテ博士の娘の顔が現れることになっていた)

2017-04-12

就活してない!オレ死ね!!

なんで俺は博士に行くのを諦めたくせに、就活してないんだろう?

関係各所に迷惑をかけ続けているのに、なんでいまだにまともになれてないんだろう。絶望。立ち上がって走ってもまた人からバカにされてコケ続けて血まみれになるんだろうな。昔はこけてもすぐ立ち上がる自信だけはあったけど、またそうなれる日は来るんだろうか。生きているのが恥ずかしい。いつから現実逃避が上手くなってしまった。先送りし続けるばかりの人生

就活してない!オレ死ね!!

なんで俺は博士に行くのを諦めたくせに、就活してないんだろう?

関係各所に迷惑をかけ続けているのに、なんでいまだにまともになれてないんだろう。絶望。立ち上がって走ってもまた人からバカにされてコケ続けて血まみれになるんだろうな。昔はこけてもすぐ立ち上がる自信だけはあったけど、またそうなれる日は来るんだろうか。生きているのが恥ずかしい。いつから現実逃避が上手くなってしまった。先送りし続けるばかりの人生

2017-04-11

http://anond.hatelabo.jp/20170411222938

俺も直観だけで生きてきたんだが、

直感大学院博士課程にすすんで、奨学金を満額借りまくって借金1000万

直感就職もせずポスドクをずっとやってて、現在30半ば

直感で欲しいと思ったものはなんでも買って、カードリボ払いが残高100万ちょっと

直感で好きな子に告りまくってうまくいかず、魔法使いになってしまった



周囲からは酷い人生に見えるようだが、後悔はしていない

理屈で考えて出した結論は、後日、いろいろ考えすぎて理屈で後悔することになるが

直感で考えたことってのは、いわば自分本心から、全く後悔しないのな

これから直観だけで生きていこうと思ってる

2017-04-10

設定的にも初出的にも トランクスより、彼の祖父に当たるブリーフ博士の方が誕生が先ではなかろうか

http://anond.hatelabo.jp/20170410153151

意義あり! おしゃれでもなんでもない則巻千兵衛博士トランクスを履いていた!



と言おうと思ったがあの人も自己イメージは渋いオヤジだったっけ

2017-04-09

オタク(腐女子含む)がキモく感じるのは「見た目や顔」のせいではない。

ということを、この間BSスカパーでやってた「勝手アニメ大賞」という番組を見て強く感じた。

その番組芸人とかアイドルとかで、アニメに詳しいと自負するオタクテーマにあったアニメ表彰していく(たとえばアニメ初心者に見せたいで賞みたいな)という番組なのである。みんなオタクなので、一種キモさはみな持っているのだが、私が一番キモいと感じたのはNMB8の三田麻央であった。彼女AKBグループアイドルとして活躍しているので、少なくとも「ブス」の範疇には入らない(個人的に言えばかわいいと思う)のだが、その見た目が台無しになってしまうと感じてしまうほどやばいものを感じた。

彼女キモいと感じてしまった理由は、「しゃべり方」にあった。

いきなりワンオクターブ高くなって「そうそうそうそうなんですっーーー!!」というしゃべり方、これ一つでもう私はダメだった。

対照的だったのが、アニソン博士として紹介されていたピン芸人のあしとみしんごという人だった。彼は、見た目からして「ザ・オタク」という感じだったのだが、しゃべり口が落ち着いてて、話している内容はともかく、キモさをほとんど感じさせなかった。

オタク諸君は、自分が熱く語りたいと思った時こそ、落ち着いて、声を抑えてゆっくりしゃべってみよう。そうすることで印象はずいぶん変わってキモさを払しょくできるはずだ。

2017-04-07

2017年4月をもって28一留博士無職スキルゼロ就労童貞という肩書きと相成った。

人生の先行きが見えない。

2017-04-05

ADHDだけどわりとなんとかなってる、という話

定期的に出てくるADHD奴のチラ裏自分語りだと思ってくれ。

典型的発達障害子供の頃からいろいろな人に心配迷惑をかけて生きてきた。小学生くらいの頃は落ち着いてひとところにとどまっているということができず(多動)、見えているはずの電柱階段が脳では処理できずに、急に動いて電柱にぶつかったり階段から転げ落ちたりしていた(衝動性)。椅子を後ろに倒して後頭部を強打したり、自転車を漕いでいて車と衝突しそうになり岩と激突したりした。特にこの頃はそもそも脳と体が上手くシンクロできておらず、ずいぶん大きくなってからもご飯をぼろぼろこぼしながら食べていた。本当に親には迷惑をかけたと思う。

注意障害の方もかなりひどく、これは今でもそうなのだが、短期記憶の保持時間が極端に短い。だからさっきその辺においたメガネのことを忘れて見当違いのところを探し回ったり、傘を持って電車に乗って何も持たずに降りたりする。傘は99%くらいの確率でなくすのでもはや持ち歩かないのが基本。マフラー腕時計もつけられない。何かをやっていてもすぐに他のものに気を取られてそっちを深掘りし始める。宿題なんて当然家に帰ったらその瞬間に忘れるので、先生が出すであろう宿題予測して授業中に終わらせるように心がけていた。数学計算ミスをするので大体の問題は△だったが、長期記憶概念理解には優れていて、全体的な成績はそんなに悪くなかった。

まれてこの方ずっと低血圧で朝が極端に弱く、雨が降ると日中はずっとエンジンがかからない。あまり他者には興味がなく、自分思考想像の中に浸っていれば幸せだった。幼少期からとにかく読書が好きで、普段は多動のくせに本を読ませておけばじっとしていたという。

こういう人間だったから、当然企業就職することな不可能だろうと思っていたので、大学に進学してから研究者を目指していた。しかなんやかんやあって先生と衝突したりして、博士課程には進まずに一旦就職口を探す羽目になったのが修士終わりの頃のことだ。十中八九就職先が見つからずにしばらくニートとしてブラブラすることになるだろうと思っていたら、ひょんなことから一社だけ受かってしまった。なぜかは今でもわからない。

あれからしばらくたった。わたし企業勤めなど続くはずがないし、どうせすぐにやめるだろう、と思っていたが、意外と長いこと続いている。何より自由やらせてもらえる部署に移れたのが良かった。昨日は10時頃に起き、11時頃にブランチを食べて12時前に出社した。起きてからベッドから出れるようになるまでかなり時間がかかるのだが、脳は起動しているのでその間にメールを処理してしまう。飯を食ってコーヒーを飲んだら少し体が起きてくるので、出社して自分が今やっているプロジェクト分析時間を使う。合間につべ動画を見たり、Switchゼルダをやったりする。田舎からのんびりしているし、車で通勤できる(から、傘をなくさない)のがいい。最初東京だったのだが、あのごみごみした感じがどうしても合わずに結局東京から脱出してしまった。それに、その時の部署には常識人が多すぎてわたしは窮屈だった。

何がよかったのか、を考えるが、結局は縁と運であったような気がする。東京がいやになって会社をやめようと思っていたときに、今の上司が「それならこっちの部署に来るといい、空気うまいぞ」と言って引き抜いてくれたのだ。なぜかは分からないがわたしが好き勝手にやることを評価してくれる。興味のある分野の興味のあるトピック自分なりに分析しているだけなのだが、それでお金がもらえるのはありがたいことだ。自分社会に合わせなくても、わたし場合は、社会結構自分に合わせてくれた。それに対しては感謝しかない。どうにかして恩を返せないかとは思うが、どうしたらいいのかはよくわからない。

何処かで博士課程に戻ってせめて博士号くらいは取りたいとずっと思っているのだが、今の会社もそれなりに気に入っているので、両草鞋になりそうだ。あんまり忙しくはしたくないんだがなあ。

2017-04-04

大学学芸員図書館司書の授業やるのやめませんか?

学芸員図書館司書

大学で授業を取って資格をとっても何の役にも立たない2大資格である

そして、今年も人文に興味を持ってしまったウブな大学生が続々と、「なんとなく良さげ」であるだけの理由学芸員資格図書館司書資格の授業を取ろうか悩んでいる。

しかし、彼ら彼女らがそんな資格を取ったところで、なんの役にも立ちはしないのだ。

学芸員は、そもそも博士まで出ないとなりようがない。

図書館司書は働くことは簡単だが、最低レベル待遇で超薄給なのは周知の事実である

もう、やめませんか?

そうやって、生きていくことに直結しない人文の夢を見させるの。

人文で飯は食っていけません。

人文科学に興味を持ってしまう時点で、社会的弱者となることが決定している趣味嗜好をもっているわけですが、そんな彼ら彼女らに、「もしかしたら図書館博物館で働いて生きていけるかも」という夢なんて見させないでください。

勘違いさせないでください。

2017-04-03

http://anond.hatelabo.jp/20170401002737

そんなことより、博士たちが食べたカレーには肉が入っていたのかの方が気になる 

何のフレンズの肉なのか気になって仕方ない 

あと納得いかないのはヘラジカ平原ライオン勝負するという展開。ヘラジカ勝負するのはツンドラヒグマとだろ

2017-04-02

http://anond.hatelabo.jp/20170402095114

論語の焼き直しにすぎない教育勅語が出た理由

1.1か月後には、帝国憲法が発布される予定だった

2.その帝国憲法では、貴族院では普通選挙が行われないことが決まってた

 (貴族院選挙争訟の判決内容を不開示とする規則が、1か月前に勅令されてた)

主権在民」論が勢いづくと煩いと考えたのか、内閣メディア教育勅語というエサを投げてやった。それだけ。



クラブを作って無秩序法制をし、権利権限格差をつけて支配するのが、軍産共同体経団連(商工経済会)。

西側諸国はちゃっかり日本軍ベトナム戦争を起こさせ、ご褒美に憲法9条を投げてやった(ベ戦には徴用しないという約束で)。



今は宮内省宗秩寮の代わりに、内閣人事局官僚支配

国民主権は潰されているがごとし。法学博士も碌な人数がいないし、多国間条約批准も少ない。

日本社会はい国際標準にまで浮かび上がれるのかな。まあ西側軍産は、貴族以外の日本人はまた海に沈めたいみたいだけど。

オナ禁してわかった。精子くさすぎ問題

11歳で精通して以来14年ぶりに、18日間射精しなかった。

気持ち良く2発抜き、翌朝目覚めて風呂に入ろうとしたとき衝撃を受けた。

おれの精子本当にくさい。

毎日のように励んでいた頃は全く気付かなかったけど、本当に吐きそうになる。

口臭とか汗臭さとはまた違う、刺激臭。

イカくさいとか、金木犀香りとかでは表現できない身の危険を感じる臭い

慣れてしまうと気づけないけど、他の人は絶対に気づいている。

石鹸で一回軽く洗ったくらいでは落ちないから、ケアが雑だとすぐばれると思う。

今日の子生理くさいわーw」とか言ってるやつ、おまえのほうが精子くさいぞ。

今日〇〇君、精子くさいなー」って会話、絶対女子会でもしてるだろ。

 

余談

精子について書いてたらふと思いだした、インターネットコミュニティ歴史を以下に記録する。

アフィブログ騒動を経て今でこそ隆盛を極めている2ch嫌儲板がまだ過疎っていた7年前の話。

独特のまったりした雰囲気と、独自文化極左けいおんスレ花言葉さん、ペンギン博士フリゲスレハワイアン声優生理周期予想)があって居心地が良かったのだが、1日のレス数が100を切るようなあまりの過疎っぷりに危機感を覚えた有志が板起こし運動を始めた。

それがミニコミ誌Zartanの制作くそまらなった)、嫌儲の日といった催しにつながったのだが、最大の盛り上がりを見せていたのは天下一射精会だろう。

これは毎年クリスマスの0時から24時までに何回射精できるかを競う祭で、ライダーと呼ばれる男が30回前後射精していつも優勝していた。回数を競う一方で、日々の射精活動の成果を見せ合う芸術部門もあり、皆思い思いにフィギュアへのぶっかけ画像投稿していた。

その中でも特に称賛を浴びたと同時にドン引きされたのが、「ザータン」と「きのこの山の箱」だ。

ザータンとはザーメンタンクの略で、日々放出した精子を貯めたペットボトルのことだ。確かにこの方法ならティッシュの処理に困ることもないだろうが、黄味がかった精子が一杯に入った2Lペットボトル数本の画像を開いた時は思わず鳥肌がたった。

しかし密封保存されているだけまだましだろう。もう一方は、もう想像がついたとは思うが、射精の的となり干からびたザーメンの層が幾重にも重なって厚さ数センチに達した、きのこの山の箱だ。精子が染み付いたせいで箱全体がヨレヨレになり、箱の中の一種神秘的な白さを完全に失ったザーメンは腐敗した茶色固形物となって、掃除を怠った排水口の様だった。あれに比べたらザータンのほうがまだ清潔だ。画像を思い出すだけで、あの独特の、むせ返るような魚臭さを思い出す。

中に出されまくったまんこは、あの箱と同じ状態になっているはず。

まんこの臭さと中出しの回数は絶対比例している。

2017-03-30

けものフレンズ人気投票やったらめっちゃ票が割れる気がする、一強ってのが無さそう

人気がありそうなのぱっと思いつくだけでもサーバル、ハシビロ、博士助手、アライさん、フェネックキタギンキツネコウテイペンギントキアルパカ・・・ってやたら出てくるし

ここまで多くのキャラに魅力を持たせた作品って近年でもめずらしいよなあ

2017-03-25

なぜ多くの有名大出身者がバイオ博士に進み、路頭に迷ったのでしょうか?

Q‥なぜ2000年付近バイオブームがあったのでしょう。また、なぜ多くの人がバイオ博士に進み、路頭に迷ったのでしょう。近年のAIブームでData Scientistや機械学習エンジニア需要特に産業界で増加して、そっち方面博士に進む人が増えそうですが、彼らはよっぽどのことがないかぎり、路頭に迷わないどころか場合によってはTJOさんのように世界IT企業で高給にありつける可能性も大いにあります。かつてのバイオブームではそうした産業界へのニーズはなかったのでしょうか。産業界へのニーズがないのに良くわからないブームにおどらされ、多くの人が博士へ進み、勝手に路頭に迷ったのでしょうか。

--

A..真面目に回答すると、バイオブームは多分ヒトゲノム解読計画が発端だったのではないかと。かつてのバイオブームお題目こそ「バイオベンチャー創出」だったものの、明らかに大学研究所バイオ部門予算人材調達という利己的な動機のために当時のシニア研究者たちによって徹底的に利用されしゃぶり尽くされた感があるんだよね。そこでは最初から産業界から観点ニーズ無視され、とにかく大学研究所のためのブームとして利用され続けた。故に日本バイオ研究の大半は結局産業創出に殆ど繋がらず、そこで育成された博士ポスドクは皆あくまでもバイオ系のためだけに量産され他分野・他産業でも通用するような普遍的能力を持たない、本物の「学者バカ」にしかなれず、いざ大学研究所ポジションを見つけられない場合には速やかに全員食いっぱぐれる結果になったというわけ。ピペドがその最たる例。ちなみに惨憺たる結果に終わった日本バイオブームが唯一歴史に残る成果として挙げたのがiPS細胞だと思う

https://ask.fm/TJO_datasci/answers/139645776789

2017-03-24

ネトフリでマジンガーZ第一話みたけど

・悪の博士が敵ロボに命令すると基地が壊れそうになるところ(天丼する)

・きっちりマジンガーZの操縦方説明してから息絶える瀕死のおじいさんのところ

マジンガーZに乗るけど勝手に動き出して操縦不能になるところ

おもしろかった

これコントなんだなって気づいた

http://anond.hatelabo.jp/20170323162129

産業界で飼われている草食系畜産動物です。

日米欧、欧の中でも各国違う仕組みでシステムがまわっているのを見るけど、

なかでも日本は本当にうまく回っていない感は外から見ていても感じる。とても日本社会的な特徴がよく出ているかなとも思う。

例えば、高齢化社会の進展で社会保障費が増大する中、

財務省は、高齢者サポート以外の予算一生懸命締め付けるための因縁を各省庁につけて回っているんだけど、

文科省グローバル化とか大学改革とか、それを実施するためのお金として削られる分を取り返そうとしている。

 

財務省はそこに根拠を求めるから文科省が偉い教授陣に提案とかグローバル化ロードマップとかの作成をお願いする。

すると、

もっと偉い教授陣が集まる教授会で何が議論されているかと思えば、やれ大学改革だ、グローバル化だ、

大学院授業の実質化だ、オープンコースウェアだ、アクティブラーニングだ、学位プログラム化だ、

単位互換制度だ、デュアルディグリーだと、文科省の顔色をうかがいながら、

みたいな現象が起きる。

 

ただ、大学運営方針を決めたり戦略を作ったりすること自体世界中のどこでもやってる。

ここで、日本で一番特徴的だなと感じるのは、年功が高い人というか総合力を重視する規範ものすごく強くて、

そういったロードマップ作成を、年功の高い人だけでやろうとすること。

だいたい良い人材が腐らなければ、年々研鑽していくこともあって、

年功が高い人の方が(その組織委内での)総合力が高くなるのは当然の帰結だけど、

それでもある一点で評価すると年功の低い人でも年功の高い人を圧倒することは当然ある。

「他はだめだめなんだけど、ここは素晴らしい」という人材がいたとき

あいつは未だ未だ」「こういうところが足りてない」など、"欠点がない"ことを資質として求めちゃう

 

結局、戦略策定とか高尚とされるお仕事は年功高い人がとるので、大学業務リソースは変わらない中、よそ者とか若い人に、

生産性の低い学生留学生含む)を手厚く面倒みながら、自分事務書類に追われ、試験監督したり、

クラス連絡会とかオリエンテーションとか企画して、引きこもりで出てこない学生の両親に電話相談したり、

大学説明会オープンキャンパス市民講座とかに駆り出され、はては高校訪問などの営業まで

してもらわないといけない体制が出来上がる。

 

長期戦略を作る方の話に戻ると、年功が高い人になると、人生の"あがり"が見えている人が自然多くて、

10年後なんて俺には関係ない話」と口にしちゃう人がマジでいるし、

戦略策定も"欠点がないように"実施項目は並べるんだけど達成目標議論は避ける。

 

経産省資料

http://www.meti.go.jp/committee/sankoushin/sangyougijutsu/kenkyu_kaihatsu_innovation/pdf/004_04_00.pdf

ベンチャー活用」とか実施項目は踊るけど、その帰結については書いてないでしょ?

 

年功高い人の会議でも同様の議論(↓)があって、これまで前述のことは本当に陳腐だと感じられるかもしれないけど、

http://www.meti.go.jp/committee/sankoushin/sangyougijutsu/kenkyu_kaihatsu_innovation/pdf/006_03_00.pdf

 

結局のところ、地方は結局「若者」を排除して自ら衰退するですね。

私も逆の立場になってきたら、しっかり神輿に乗せてほしいし

 

さらにこういったものを作る有識者会議だと「高度な日本技術を輸出」とか、

日本に本当に有意性があるかどうか不明なことが世界を圧倒しており、

しか世界がそれを欲しがっているというクールジャパン前提の実行計画が立つ。

 

他方で、極端な例を挙げると欧州小国だと官僚組織部長(局長の次席)に30歳ちょっとで就くことがあったりして、

しか転職でだったりする(すなわち年功ゼロ)。

そういう人にうまく仕事をさせて、組織利益にしようという目標意識運営側に強い。

 

 

欧米だと博士課程の学生に勤続年数5-6年のサラリーマンと同じ年収を渡して仕事をしてもらうのもよく聞く話ですよね。

日本だったら、そんな社会経験ない人に良く任せるなーって感じするよね。

 

 

でも、欧米の友人もP300くらいの研究提案書(ロードマップ)なんて作ってポジション取りに行ってるし、

大学とかもっと上位の戦略策定している人たちは、

そうやって入手したロードマップを取捨選択編集統合してたり全体目標を作ってたりするんじゃないかなと思うけど、

そういう、屍累々の上に国家戦略的全体像を作る世界日本はなりたくないよね?

http://anond.hatelabo.jp/20170324123615

幸せの形は人の数だけある。夢半ばに斃れることだってそれが幸せである人もままいるわけ。

太古の昔、文字がなかったころでも人は自分寿命を超えるような時間のかかる壮大なプロジェクトをこなしてきた。ピラミッド建設なんかがそうだな。

そういった自分の器に収めることのできない壮大なプロジェクトは、予め次の世代人間が引き継ぐことを想定して実行されてきたわけよ。

一番最初プロジェクトを考えた人は絶対に達成することはできないんだ。

から、夢半ばに斃れることがなかば運命と化しているわけ。

でも、そのプロジェクトを後世に引き継いで後世の人々がそれを達成することが出来たらば、その人は幸せだったわけだろう?

まりそういうことさ。マシリト博士は、センベイ博士よりも大きな幸せを求めていたってことなんだよ。

マシリト博士とせんべえ博士

天才さでは同じくらいのようだが

世界征服的な目標のために絶えず努力しているのはマシリト博士

作中には驚くべくほどさまざまなマシリト博士の開発した製造物がでてくる

一方、せんべえ博士はアラレこそ作ったものの色ボケ

しか結婚して幸せそうなのはせんべえ博士

どうして努力は報われないのか

2017-03-23

現役工学助教が考える日本大学での生き残り方

博士課程修了後,総合大学工学系に助教任期付)として滑りこんで今年で2年目だが,流れに乗って所感を書いてみる.

会議は多い.ひたすら聞いているふりをして内職する.席取りは重要.出席及び陪席を求められている会議全体のうち,8~9割は私が居る必要はないと感じる.文科省相手に金を取るテクニックとか,それに応じた規則の整備とかは正直何を議論しているか全くわからないので,教授レベル事務トップで頑張っていただいて,議事要旨だけあとで回してくれれば十分

教員によって研究をどれくらいしているかは大きく異なる.年間1報未満の40代助教とかもざらにいるが,下手に下を見て流されると将来詰むのが容易に予想される

・お前ら何歳だよと思うくらい人間関係のいざこざは多い.愚痴を聞くのに耐えられるメンタル必要.ひたすら論理的思考を突き詰めるとあまり相談されなくなる

原則として土日は削り,かつ毎日65時間くらい大学に居る生活を続けているが,国際会議ジャーナル合わせて年間4報くらい.このペースならどうにか生き残れるかも?といったところ

・今は独身だが,相当理解のある人と結婚しない限り,こんな研究生活は続けられないと思う

勉強する暇は全くないので,学生時代にどれだけ基礎となる知識を詰め込めるかが鍵

2017-03-18

理系特に工学系の電気電子情報学科でてスンバラシイエンジニアになるのが素晴らしい道

とか言ってる高学歴はてなー大学院博士前期課程とき

まともなレールから踏み外した底辺やーいとか罵倒するとか矛盾していないかそれ。

工学系でスンバラシイエンジニアって修士じゃないといけないって聞いたけどデマなの?

どうせ学卒で、大学レベルに合ってないようなところに就職したらそれはそれで叩かれるってのに。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん