「イラストレーター」を含む日記 RSS

はてなキーワード: イラストレーターとは

2017-05-30

メイドインアビス4巻までを読んでの感想

つくしあきひと氏の絵を初めて見たのは15、6年前のことである


当時から彼は特異な才能を持ったイラストレーターの一人として知られていた。当時は彼を含む様々なイラストレーター達が、個性的イラストホームページ上にアップロードしており、言わばその時期というのはネット上で活躍するイラストレーターの方々にとっての『黎明期』であったのではないかと今にして思われる。

まりは僕自身もそんな黎明期――『夜明け』の目撃者の一人であったということだ、何てことが言えるのかも知れない。


まあ、『ワシが育てた』とかそういうことを言いたいわけじゃないけれど。


とにかく当時は、センスに溢れるイラストレーターさん達が、その実力をアンダーグラウンド世界において遺憾なく発揮していたということである。あるいは彼らは一種の探窟者であったと言うことができるかもしれない。今となっては(つくしあきひと氏を含む)その一部だけしか生き残っていないという辺りも、あるいは彼らと強靭な探窟者達との共通点と言えるのかも知れない。


さて。

というわけで第四巻を先程読み終わった。素晴らしい巻であった。

深淵を辿って降りていく人の中の、もっとも先を行くもの、白笛の『黎明郷』のエピソードが続いている。


度し難い、とは正にこのことだろう。黎明郷の生命力秘密というのが何なのかについては敢えて口にしないが、そう身体に相当な業(ごう)やらメカニズムやらを秘めているという事だけは間違いあるまい。

彼らのような人間現実にはそう存在しない。まあ一部の創作家とか、何らかの事柄に関する探求者といった人々は、ひょっとしたら白笛達のような度し難い探求者としての一面を持っているのかもしれないが、幸いながら僕はそういう人物との関わりを現実世界で持ったことが無い。大抵そういう人々というのは生活をする中で周囲の人間尊厳を食い潰していってしまものらしく、彼らの英雄譚を他人事として安全距離で聞いている内はむしろ幸せであるものの、まあ隣り合わせで生活していくとなってはこれは到底耐え難い事柄と言えるのだろう。パトロンや近親者を精神の淵にまで追いやった何人かの著作家のことを、僕としては数人思い出してみる次第である


ところで、彼ら『降りる者』の対比として容易に思いつく存在としては、『昇る者』――つまり登山家存在があると思う。作中において『黎明郷』の功績の一つに「新たなルート開拓」などが挙げられていたが、これは恐らく現実存在する登山家家業を匂わせるような表現だったのではないだろうか。


思うに、『探窟家』の存在が度し難いとするならば、『登山家』の存在もまた相当程度には度し難いと言えるのかも知れない。

例えば、世界中の八千メートル峰の全てを無酸素で登頂した伝説的な登山家ラインホルト・メスナー」は、登山中に弟を亡くし、自分自身も数本の指を喪った。挙句、そんな地獄登山から帰還した後で、実弟の死を巡ってメディアパッシングを受けている。

付け加えて言えば、登山家という職業は命を喪うに易い職業でもある。

エベレスト登頂ルートの途上には、幾つもの死体が未だ腐ることも許されず凍じ籠められている。


先日、伝説的な登山家の一人であるスイス出身のウーリー・シュテック文字通り伝説となってしまった。伝説登山もまた、探窟と同じくして度し難い……まっこと度し難いスポーツの内の一つなのだ、実際のところ。


さて、この作品はたくさんのインスピレーションを読者に与えてくれる。

何らかの深淵を追い求める中で、人は人間としての尊厳いかに保っていられるのか、あるいは、いかに失ってしまうのか。

そして、各々の探窟行の果てには何が待つのか。

『成れの果て』となってしまったたくさんの人々は、一体何を語るのか――


そういう意味でもこの作品は優れている。まるで膨大な歴史を辿り、旅をしているような感覚を味あわせてくれる――。弐瓶勉の『BLAME』を読んだ時の感覚と似たものがあるかもしれないが、あの作品とこの作品はまた別物である。こちらにはこちらのユニークさがあって、それが読者の好奇心を掴んで離さないのだ。


これからも彼らの数奇で危険に満ちた探窟行に期待したい。

2017-05-25

クイズあんにな狂想曲に割り込むイラストレーターは誰?

仁奈「にゃっほーい! 仁奈たち、あんにな! 歌うでごぜーますよ!」

杏「えーもう歌うの?」

仁奈「歌うですよ、杏おねーさん! 準備準備!」

杏「それよりさ、杏仁豆腐食べたくなってこない?」

仁奈「えっ?」

杏「杏仁豆腐食べたい!」

杏仁豆腐「食べないでください!」

解説

あんきら狂想曲を杏と仁奈が歌った場合

杏と仁奈のカップリングは杏仁と呼ばれており、あんきらに似た食べ物であるあん肝」が食べたくなる杏は

杏仁の場合杏仁豆腐が食べたくなってくる。

杏仁豆腐といえば、アイドルマスターではおなじみのイラストレーター杏仁豆腐さん。

そんな杏仁豆腐さんを食べようとする杏ちゃんは、棟方愛海ちゃんに負けないぐらい、女の子の柔らかい部分大好きなのかもしれませんね。(唐突に好きなアイドルの話をねじ込む)

落ちは、流行りのアニメけものフレンズの名台詞「食べないでください!」から

いや、名台詞ではないと思うけども。

2017-05-22

http://anond.hatelabo.jp/20170522075152

10年以上前ぶんか社の「本当にあった笑える話」の表紙デザインをやってた。

確かに仕事してた頃から中身を読んだ記憶が無い。

検索したら表紙のイラストレーターは当時から変わってなくてちょっとすごいなと思った。

ちなみにこの人の絵は線画だけ送られてきて色塗りはこっちの仕事だった。

多分10号分くらいは俺が色塗ったと思う。

2017-05-21

[]5月21日

○朝食:なし

○昼食:麻婆豆腐定食麻婆豆腐、ご飯、唐揚げ、杏仁((あんきら狂想曲のふしで)杏と仁奈で杏仁です、あー、杏仁っていうから杏仁豆腐が食べたくなってきたー 杏仁豆腐イラストレーター)「食べないでください!」っていうギャグを思いついたので誰かブラッシュアップしてください。)サラダたまごスープ

○夕食:ちゃんぽん餃子

調子

はややー。

体調が悪いわけでも、用事があったわけでも、眠たかったわけでも、他にしたいことがあったわけでもなく、

本当になんとなくぼーっと、インターネットをして過ごしてしまった。

それも、増田を書いたりブコメを書いたりするのでもなく、本当になんとなくぼーっとしてただけ。

よくない、こういうのよくない。

夜の9時ぐらいふと我に返って、これはよくない! と思い直して気軽に見れるニコニコアイマス動画を見たりしてた。

今日見たのは、四月の頭に完結した魔王エンジェル日高愛ちゃんの卓マス、前は連載を追ってたんだけど、途中であの独特のサムネイルのせいでどこまで見たかからなくなっちゃって見なくなったので、最初から見返してた。

もちろん数は少ないんだけど、未だに上田夢人アイマスDSアイドル二次創作見れるってのは、幸せコンテンツだなあ。

(いやまあ、DS最近また脚光を浴びてるわけだけど)

それと、少しだけゲームをした。

Xbox360

○SINE MORA

もう一回だけ! と思い高難易度ストーリープレイ

やっぱ無理だなあ、蜘蛛ボスが倒せないや。

全く関係ないけど、ふと「Xboxゲーム操作キャラクタをまとめた辞典コンテンツが作りたい」という謎の欲求が湧いてきた。

増田網羅性がないから何かレンタルwikiとかブログとかでまとめたいな。

いや、なんでそんなことがしたいのかが、自分でもよくわからいから、一回やってみたら飽きそうだけど。

3DS

ポケとる

メインの未捕獲を何匹か捕獲

しょうじき、悪ポケ全員レベル10って目標は先が長すぎるから、やる気がおきないや。

サメハダーレベル20が完成したし、有用な悪タイプポケモンは大体レベルマックスから、もういいかなあ。

どっかでイーブイガツンと課金して、スキルパワーあげしたらもう満足して終わろうかなあ。

相当長いことこのゲーム遊んだし、もうそろそろ。

iPhone

コマスター

ログボのみ。

2017-05-20

http://anond.hatelabo.jp/20170520011343

出た!「純粋動機じゃないように俺の目に映るからダメ理論

職業としてキャリアとか給料を考えながらアシスタントイラストレーターをやるのは良いけど

漫画家は魂をぶつける仕事からそんな損得で動く(ように俺に感じさせる)のは許せない!みたいな感じか?

2017-05-16

http://anond.hatelabo.jp/20170515194949

元増田です。

仰ることはその通りだと思うんですが、それも結局イラストレーターさんの主観なんですよね。全員がそう思ってるわけじゃない。「露骨だ」と感じるボーダーラインは人それぞれ、一律じゃないんです。

鼻息おじさんだって、駅まで必死に走ってきた人と悪意の人をどう見分けますか? 圧力おじさんだって、何かの理由必死に体勢を直そうとしてるだけかもしれない。変な話、その日の心理状態や、その男性の「外見」にだった主観簡単に左右されてしまうと思います

そういう「悪意は見抜ける」と仰る人が非常に多いですが、僕は「それは全ての人に出来ることじゃない」と思います。どれだけ痴漢非難されようと痴漢行為を働いてしま男性が根絶されないように、です。

そういう人にあたってしまリスクは(ゼロにすることはできないまでも)出来る限り下げたいと思うのは人として自然なことじゃないでしょうかね。

2017-05-15

イラストレーター自称なら「絵師」より「絵描き」のほうが多いと思うよ。「絵師」ってまあだいたい他称よね。

http://anond.hatelabo.jp/20170515213740

横だが絵描き層とアニオタ層は基本別なイメージ

絵描きとか絵師とか言われるのってプロイラストレーターか、同人でもコミティアとかがメインのオリジナル創作者では

アニメ二次創作しかしない人が絵師とか言われる事あるの?

http://anond.hatelabo.jp/20170515204849

から使う人によってだいぶ意味が違ってくる言葉なんだけど、

でもプロに対して使うのであれば中村佑介くらいは普通に入ってくるよ。

そもそも今はオタク向けイラストレーターがめちゃくちゃ多いんだから

ボリュームゾーンがそこになるのは当然だよな。

http://anond.hatelabo.jp/20170515183826

本来浮世絵師とかではなく)現代イラストレーターを指して「絵師」と呼ぶのは、あくま俗称スラングなので、そりゃ公の場では使われないし、プロ自称にもならないわな。

http://anond.hatelabo.jp/20170515142153

あのイラストレーターツイート趣旨は、

「このくらい露骨な人じゃない限り、満員電車不可抗力に体が触れるのなんか気にしないよ」ということだと思った

デリケートな部位への接触を避けようとする努力が見えるなら、女性だってうそういきなり糾弾しないのが普通だと思う

もちろん、運悪く普通じゃないちょっと精神問題を抱えたような女性に体が当たってしま可能だってあるけど

逆に、社内の男性全員があのレベルに見えてたとしたら、それこそ恐ろしくて通勤なんて無理だろう

http://anond.hatelabo.jp/20170515183101

いや、定義問題じゃなく、中村佑介ってイラストレーター認知されていても「絵師」と認知されてもないし、自称もしてないじゃん…

http://anond.hatelabo.jp/20170515154757

絵師」という言葉は「超絶上手いプロイラストレーター」って意味から「ノンプロ同人絵描き」って意味まで幅広いので一概に言えない。

いや全然トップがしょぼくスター存在する分野もあれば、トップだけ輝いていて後続がついてきていない分野はクリエイティブ以外でも山ほどあるな。あと報酬の話しなんてしてない。増田は一体誰に向かって話をしているのかね? そもそも絵師に対するいかがわしくないイメージも、いかがわしいイメージ世間一般はもっていない。絵師という言葉とそれにまつわる世界観が共有されていないのだからね。駅乃みちか事件などを引き合いに出すならこの件からはそれる。あれはイラストレーターであって絵師ではないし、萌え絵町おこし問題になっていないものも多数あるからだ。他者を例に上げて全体の平均をとるならば、この言い分にも文句はあるまい?

http://anond.hatelabo.jp/20170515164454

で、いつまで遊ぶの?

付き合ってやってもいいけど2日とか勘弁な。

いつか痴漢にさせられて殺されると思って電車に乗ってる

これ(http://anond.hatelabo.jp/20170515015337

)とかこれ(河南好美 イラストレーターさんのツイート: "痴漢冤罪やら被害妄想やらのワードがチラチラ見えたので描いてたら止まらずこうなった。これくらい…と思われるかもだけど、ある意味ガッツリ痴漢以上の狂気を感じて怖いんだよ〜。 ちなみに全て東京よりはマシな満員電車であまり自由のきかない状況です。どうか炎上しませんように。 https://t.co/aaAIts2T4q")を見た人にわかってほしいのは、当たり前だけど「こういうやつばっかりじゃないよ」ということ。

だけど、実際に満員電車男性の隣になってしまった女性の目から見れば、こういう男とそうでない男の差なんてわかんないんだろうな。内心がどうあろうと、見た目はどれも「けがらわしい男」でしかない。

僕はそんな「けがらわしい男」の一人だが、満員電車で隣り合う女性視線が怖くて仕方ないよ。毎朝、電車に乗る時は女性の少ない車両を選んで乗る。細心の注意を払っても、流れで隣り合ってしまう時はある。そういう時は怖くて仕方がない。「ラッキー」なんて思ったことは一度もない。

両手を上げて、可能な限り息を止める。カバンは足の間に挟むか、網棚の上。掴むのはつり革よりも鉄の棒だ。その方が急な揺れに対応やすい。縮こまり、接触面積を極力減らす。相手に対して背中を向けられればベストだが、身をよじれないほどの乗車率になればそうも言ってられないことも多い。

こうして万全の態勢を整えても、不意の揺れで少しの圧がかかれば、途端に不審の目を向けられる。痛い視線。それが刃物であれば刺さりそうな。

少し声を上げるだけで、この女性は僕を殺すことができる。それはおそらく、ナイフで僕の心臓を突き刺すよりも簡単なことだ。「けがらわしい男」はいつ殺されても文句は言えない。この空間はそういう空間だ。生殺与奪の権利を見も知らぬ人間に握られて恐ろしいと思えない奴はどうかしてる、とすら思う。

「一瞬たりとも劣情を覚えたことがないのか」という問いに「ノー」と言えば嘘になる。目のやり場に困る女性いるからね。しかし、その劣情が生理現象を引き起こせば、それはいとも簡単に僕を殺していい理由の一つになってしまう。

僕には妻と娘が二人いる。究極的に僕は死んでも構わないが、残された家族名誉のためにも、まかり間違ってもそんな理由で殺されるわけにはいかないのだ。毎朝、女性が突き付けるナイフを紙一重でかわし続ける以外に道はない。

劣情を実現したいなんて望みはとうにない。なんならもう死ぬまで家族以外の女性と関わり合いになんてなりたくもない。

僕が望むのは、命の危険を覚えずに通勤できる環境だ。それを叶えるのは男性専用車両の導入なのかもしれないし、地方への転勤かもしれない。ナイフをかわし続けるのはもうごめんだ。

http://anond.hatelabo.jp/20170515035245

お題箱とか言ってるが、内実はリクエストボックスで、依頼にほかならない

0円で労働力ダンピングする(カスゴミレベル画力とは言え)事が当たり前になる

これは全てのイラストレーターへの冒涜であり、唾棄すべき犯罪行為

俺はそこを嘆いてるんだが

2017-05-13

http://anond.hatelabo.jp/20170513163951

プログラマーといっても、要するに設計士とかイラストレーターと一緒で、雇われて言われた通りやるだけなら低収入オリジナル作品で売れるなら高収入

小学校先生現実路線で低い方を見てるんだろうけど、小学生の夢を後押しできないようなのは大人とは言えないね

2017-05-09

http://anond.hatelabo.jp/20170509175626

絵描きという意味でのイラストレーターじゃなくてさ、Adobe製品イラストレーター技術者っているじゃないですか? 彼ら技術者のなかでもかなりの割合を占める仕事って、実は「不動産サイトで最寄り駅から物件までの地図イラストレーターシンプル化して起こす仕事」なんすよ。で、これってGoogleMAPもAPL結構減ってきちゃってて、たぶん、AIがある程度進歩すれば、実際の地図のものではなく、概略図や、曲がり角にコンビニを書き込んだような案内図も自動生成できるようになるよね。こういう職種が一番リアルタイムヤバイと思う。

http://anond.hatelabo.jp/20170509172700

低賃金労働者の職を奪わない、なんてことはないと思うけどね。

ただ一昔前に言われてたような低賃金単純労働ロボットによって奪われていき

我々高付加価値人間様による知的でくりえいちぶな仕事しか生き残れないのだ!みたいな

無邪気な願望は今や完全に否定されてると思う。

コンビニ店員より先に医者弁護士イラストレーター機械仕事を奪われて消えて行っても何も驚かない。

2017-05-08

ソシャゲに金出すより画集とかentyとかの方がイラストレーターに貢献できるような先入観があるけど

実際この先入観は正しいのかどうなのか

2017-05-06

おっさんが描けない=簡単に済ませたいから、に違和感

おっさん描くか少女描くかは何を今まで練習して実践してきたかという問題しかない。

おっさん描いてきた人が急に可愛い少女を描こうとしてもきびしい感じになるのは明白。

なんか硬そうな少女描いちゃったり。ハイクにもいたよ。

可愛い女の子が描けんとか嘆いてるホモ絵師や、筋肉質になってしまうという嘆きを自作少女にぶつける人間が。

(断っておくと両者とも比較的絵が上手い人だった。たぶん今はいない)。

アニメーターになるとどの比率で何を描くか、というバランス問題しかないので問題はない。

ところが漫画家イラストレーターはにおいてはこの問題が人によってはっきり出てきてしまう。

理由殆どの画業が「あらゆる画風で新たに描く」ことに慣れていないから。模写じゃないよ。

あらゆる画風というのはあらゆる比率であり、あらゆる比率は奥行きの肉厚から距離範囲までカバーする。

少女一つでも画風が変わったら完璧に真似るのが大変だし、応用範囲内でやれる人は元々おっさん美術解剖を理解している。

違うことをやってるように見えても応用問題

レパートリー問題なので、少女が難しい人やおばさんが簡単な人まで差異がある。

簡単から少女ばかりでおっさんを描かないんだ、という意見が間違ってるわけではないけど、偏りすぎ。

http://b.hatena.ne.jp/entry/anond.hatelabo.jp/20170504230339

ちなみにこの問題弐瓶勉シドニアの騎士を描き始めた頃に特に強く感じた。

二瓶先生は圧倒的に熊とクリーチャーおっさんが上手で、少女微妙だった。

見る側の慣れはかなりある

描けない連中に迎合するのやめてくれよ

芸の道は一生だろうが、ニワカや下手糞に媚びる意味は全く無いだろ

しろそういう奴らが職業イラストレーターを汚してるんだ

デッサンが正しくない奴は何やっても駄目

最近、「イラストなんて好きに描けばいいんだ」みたいな風潮が有るが、

デッサンが正しくない奴は何をやっても駄目。

そもそもそんな事言う奴は頭がおかしくて、年収リーマン程度止まり

プロ増田みたいに1000万プレーヤーイラストレーターになるには

正しいデッサン絶対必要

ほんと、程度の低い自称プロが増えて困るわ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん