「だんだん」を含む日記 RSS

はてなキーワード: だんだんとは

2017-04-25

あの頃わたしは外部実況板にいた

Twitterを始めてから何年経つのだろう?と調べてみたら、8年が経っていた。

Twitterの前は、外部実況板がわたしネット上の居場所だった。


外部実況板というのは、2chの実況板・野球chから派生した外部の実況板のことで、昔は各チームごとに外部実況板があった。まだ、なんJなんてない時代のことだ。

野球chはスレ落ちしやすいし、また他ファンから煽り合いも多く、不人気球団のファンだったわたしには居心地が悪かった。


行きついたのが外部実況板である

特にわたしのいた外部実況板は野球の話ができる雑談板といった雰囲気で、試合時間以外はアニメゲーム話題が多かったし、采配批判選手批判も少なかった。


大学生だったわたしは一日中その板にへばりついていた。ひぐらしとかハルヒとかを見るようになったのは間違いなくその板の影響だったし、一人で観戦に行くようになったのもその板の影響だった。

世間ではTwitter流行りはじめていたけど、最初はその板がある限りTwitterなんかやらないな、と思っていた。


でも、なぜTwitterを始めたかというと、匿名でのやり取りが限界に来ていたんだと思う。

日中板にいると、コアなメンバーというのは決まってくるもので、○○が好きなあの人とか、○○の人とかだんだん互いを意識し始める。一方で馴れ合いキモいという人も出てきて、だんだん雰囲気がギスギスしてきた。最初ブログをみんなやりはじめて、2009年ごろからTwitterに移っていった。


あれから8年、Twitterもそんなにべったりやってないけど、今でもやりとりするのは最初フォローした、あの板出身メンバーが多い。みんなあのときほど、野球の話はしていない。わたしも昔ほど野球を見なくなった。でも、ときどきちょっとしたことでリプライをしては、あのふんいき(なぜか変換できない)を懐かしく思い出す。

乳毛がだんだんと太くなってるんだが

剃っても抜いても生えてくる。太くなって。

毛って科学医学的に解明されてないのかね。

出来れば生えなくしたい。

2017-04-23

正社員てそんなにありがたいの?

大企業社員ならまだしも、クソみたいな会社正社員だったら、アルバイト派遣と大して変わらない気がする。

長時間労働

サービス残業

パワハラ・異動・転勤等理不尽要求にも応えないといけない

給料は安い(時給換算すれば最低賃金以下)

終身雇用でもなく、中途半端成果主義給料も上がらない

節税余地がなく、給料から天引されてキッチリ100%納税

・値上がりし続ける社会保険料給料からガッツリ引かれる(額面同じならアルバイトの方が手取りが多いかも)

厚生年金が30年・40年後にキチンと機能しているかはかなり怪しい

福利厚生が充実していれば良いけど、全体の流れとしては縮小傾向



こんな感じの会社正社員であれば、アルバイトしながら副業してダブルインカムの道を探ったり、

派遣生活費は稼ぎつつ、スキルを付けて労働条件の良い会社転職出来る道を模索した方が良いと思う。



安定した立場とか、社会保険とか、福利厚生とか、正社員メリットってだんだんショボくなっている気がする。

しろ増税社会保険料値上げで手取りは減り続ける。



正社員てそんなにありがたいものなのかね

http://anond.hatelabo.jp/20170422000230

そんなに長文書必要ないよ

一人で開発するのに履歴とかコピーで十分 テスト環境は本番につないでもばれない規模だろうし 万が一世界にお披露目されてもだれも見てないレベル

二人でも申し伝えでなんとかなる程度なら共通認識で済む

三人以上が同じ状況を進行するのにサラリーマンみたく共通拘束時間での作業だったらぎりぎりいらない可能性があるけど

朝礼と終礼するくらいでなければ だんだん必要となるもんだから

会計簿記がいるとしても中小企業会計担当ふつうのおばちゃんだったりするのと同じこと

早すぎる出社時間

だんだん少しずつ早くなって、最近は1時間ちょっと前に到着。

道も空いてるし、出社時誰とも会わなくていいのがメリット

それで休憩室などの掃除とかすれば、好感度あがるかもしれないけど

実際は、始業まで寝るだけ

2017-04-21

虚言癖のある男のこと

中学生のころ、やたらと話のデカイ友人がいた。でも、田舎町だったし、その男の家はいたって平凡だったから、単に厨二病背伸びがしたいだけなのだと思っていた。

仲も良かったし、彼のことを本当に良い友人だと思っていた。

高校進学で、その男は別の高校に行ったかだんだん疎遠になったのだけど、たまに合うと挨拶くらいはしていた。

大学進学のち、ほとんど音信不通になって社会人になったころ、クラス会があって再開した。

公認会計士免許を取って、アマチュアバンドを組んでいてときどきライブもやっていて、今はなぜか○○○(車メーカー)のディーラーに勤めているということだが、それは実際の企業会計を学ぶための仮初めであって、いずれ開業するし近い将来に結婚も予定しているとのことだった。

アマチュアバンドライブの案内は来なかった

○その後、医大に入り直すという話だったが、それはやめてシェフ修行を始めたとのことだ。どうもパリ修行に行くとのことだった。

本人の言または本人から聞いたという仄聞の経歴または目標けが立派で、本人が何をしているのか実態不明だった。

セルフイメージを、もっぱら「職業」にもとめてばかりいた彼は、いったいなにをやっているのか不明だ。

彼の勉強成績はかなり低いほうだったし、目標けが暴走していたのだろう。最近流行っている「自分らしさ」もこんな風にならないことを願いたい。

2017-04-20

遊びにも飲み会にも誘われない…。

基本的に人と仲良くなることや雑談が苦手だ。ランチとかも基本的に一人飯。いちおうこの職場ではベテランの部類に入るので、本当は後輩ちゃんたちをランチに連れて行って、私がこの職場で知っていることを教えたり、後輩ちゃんたちが困っていることに対して相談に乗ってあげるべきなんだろうけど、どうもそういうのができない。

もう歳から行くと誰かが誘ってくれるのを待ってるんじゃなくて、自分から誘わないといけない歳なんだろうとは思うけど、職場飲み会にやむを得ず出席しても、特に席を動いて新人ちゃんや上司のところにお酒を注ぎに行ったり話をしに行ったりするような気配りができない。だいたい最初割り当てられた席にず~っと座って、周りが話しやす相手ならそれはそれでいいけど、そうでないと黙って聞き役に回るしかない。そういう場にいると「私はなんでここにいるんだろう?」という疑問すら感じる。

で、プライベートはその手のお誘いがないんだな。就職したばかりの時は多少同期や近場の若手たちと飲み会とか食事会とかあったけど、気が付いたらそんなメンバーとも疎遠になり、新しい職場に異動してもあまり誰かと親しくなるということがない。まぁこの歳になると新しい友達を作るのが難しくなるんだろうなと思うけど、しょっちゅう友達職場関係者と飲みに行ったりゴルフに行ったりしている人はいるわけで、「なんで自分けが…」と釈然としない気持ちになる。

まぁ同期や昔の職場の人々と連絡をとりにくい部署にいるし、仕事も不規則で土・日・祝に働いたりしているので不利は不利なんだけど、似たような環境でもうまくやっている人がいるのだ。私は特に女同士の付き合いが苦手で、表面的には優しくても、陰では「あの人変」とかいって決して食事や遊びの仲間には入れてくれない表裏がある女を見ると「何か気に入らないところがあるなら、はっきり言え~!!」と言いたくなる。

欠点を指摘されたら指摘されたで傷つくとは思うけど、何が原因で避けられるのか分からないのは気持ち悪い。だいたいそういう人は「自分で気づけよ」と思っているようだけど、そんなの自分で気づく人間だったら今こういう状況にいないわけだし、その人が自分常識だと思っていることに対してこっちが共感しないと「この人友達じゃない」認定を下すのはなんだかなぁ…と思う。自分常識他人にとっても常識だと思い込んでいる人間は嫌いだ。特にうちの職場だと文系(特に法学部出身ね)の立場が強く、そういう人が重要ポスト渡り歩くことになるので、自分思考回路が当たり前だと思い込みやすい。

私は結構エリート職場渡り歩いているので、本社の中ばかり見て、現場の状況は話を聞いて資料を読むだけのヤツに現場ことなんか分かるもんかと思っている。だんだんタイトルと中身がずれているけれど、もし私を誘いたくない理由があるなら言えよと言いたい。あと、存在自体を忘れられていたらそれはそれで悲しいけど、そういう理由なんだろうか?お願いだから誰か教えてほしい。

http://anond.hatelabo.jp/20170419230209

上京したての頃は自分結構「降りまーす」って言ってたな。

でも周りの人間は誰もそんなこと言わないし、だんだん恥ずかしくなってやめた。慣れたら言う必要もなくなったし。

マナー必要悪であって目的じゃないから、阿吽の呼吸でやり取りできればそれでいい。

ただ不思議なのは電車の中ではあれだけ無作法なのに、エレベーターの中では乗り降りのときにわざわざ「すいません」と会釈したり先に降ろしたり、バカみたいに丁寧なのは一体何なんだろう。

コンビニで扉を開けて待ってるとか、気疲れして鬱陶しい。

2017-04-18

http://anond.hatelabo.jp/20170418210557

横だがマジそれな

PTA消防団も困った時のお互い様システムなんだが、

権利ばかり振り回して義務放棄するフリーライダーがどんどん増えて、

挙句にはフリーライダーのくせに正当な権利の主張だと信じて疑わない正義クンがはてブでも蔓延している状態から

結局こいつらフリーライダー要求って「子育てのための奴隷が欲しい」って結論に行き着かざるをえないわけよ

敵をどんだけ叩いたところで敵は減らすことは出来ても子育てをしてくれる味方が増えるわけじゃないからな

カネも労力も支払わず子育てしたけりゃ奴隷しかいないだろ

からラディフェミなんかは移民とか言い出してるわけで



自分たち弱者だ、被害者だって喚き立てるのは勝手だが、

弱者からコストは一切払いませんっていう無茶な道理だんだん破綻しかかってきてるんだよね

ましてやアベノミクスとかぬかしながら景気が一切上向きにならないヘボ首相政権握ってるから

社会保障を賄う財源もどんどんシュリンクしているし

弱者の面倒をみる主体がいよいよ消滅しかかっている



現実逃避悪者批判するだけしかないってのがマッポニッポンの現状なのかもね

2017-04-14

33歳女が22歳男にうっすら片思い

33歳女は私のこと。

痛いやつとフルボッコでしょうけど。

サービス業

社員 バツアリな私。

22歳男は

職場の部下 アルバイトさん。

お客さんにも身内にも好かれる職場アイドル

皆でわやわや飲みに行くこともありつつ

二人で何の気なくご飯食べたり

一緒に帰ることありつつ。

つい最近まで片思い恋愛相談受けてたけど、なんかもう気持ちが落ち着いてきたらしい。

最近特によく話す。

LINEラリーもそこそこ頻繁に、長く続く。

正直、すごい話しやす

ほんとうにガッツがある良い奴。

昔は、あと10歳若ければ好きになるくらい良い奴!と思ってたけど、いつの間にか年甲斐もなくいいなと思い始めてる。

話しやすいのは私だけなんだろうけど。

向こうは上司から、気つかってLINE止めないんだろうけど。

とにかく、セクハラパワハラになるのだけは嫌だから気持ちがにじみ出ないように頑張ってるけど…だんだんキツくなってきた。

キモいよねー。

ボコボコに叩きのめして、諦めさせて下さい。

2017-04-13

性的搾取の温床だったインターンの話

当時大学1年生。

就活に直結するタイプインターンではなく、多分ちょっと特殊な「人間的成長」やら「社会勉強」を目的とした研修に、長期休みの2ヶ月丸々使って参加した。

今思えば本当に馬鹿だったんだけど、大学人間関係学業も上手くいっていなくて自分がグラグラだった私は、インターン先のボス(以下A)の洗脳にまんまとかかってしまった。

Aは弁が立って表面上はとても魅力的だった。この人についていけば何とかなると思わせる何かがあった。むちゃくちゃなスケジュールでも文句を言わず働いた(働いた、という言い方で正しいくらいの貢献は少なくともしていたと思う)。お前はまだまだだから俺が育ててやる、というAの言葉に乗せられて、規定プログラム期間が終わっても私はそこに通い続けた。

次第に泊まり込みで仕事をすることが多くなった。最初仕事場で寝袋で寝ていたけれど、ある日Aが体も辛いだろうし俺のところで寝ろというようなことを言い出した。さすがに最初は固辞していたけれど、盲信具合に拍車がかかっていたため、最終的には頷いてしまった。

ここから先は思い出すだけで吐き気がするくらいなので簡単に話すけれど、言葉通り一緒に寝るだけではもちろん終わらなかった。寝ている時に体を触られていることには気付いていたけど何も言えなかった。だんだん距離感あいまいになっていったある日、Aが言った。「彼氏が出来たときのために練習しとくか?」

まだ恋愛的にも性的にも経験値ゼロだった私は何を思ったのかその人に恋愛感情に近しいものを抱いてしまっていたようで、その先は転げ落ちるように早かった。

学業を疎かにしても何も思わず、何を目的にしてなのか自分でも分からぬまま、仕事をしにいってはAに抱かれる日々が1年弱続いた。私はそこに愛を見出したつもりでいたけれど、本当は分かっていた、私じゃなくてもいいんだってことは。他の女の影だって数え切れないほどあった。

他にもいろいろな要因があって、私はすっかりメンタルをやられてしまった私は、実家強制送還された。

その間、Aの周辺にいた人と話していて、Aは他の女性、というか周りの女という女に手を出しているような男だったことが分かった。ある人にはレイプまがいのことまでしていた。

しばらくAと離れたこともありやっと洗脳が解け、自分のアホさに嫌気が差すと同時に、Aへの怒りがふつふつと湧いてきた。

今もそれに端を発する不眠や鬱に苦しめられ続けているが、少し時間が経って、過去のこととして自分の中で整理がついたこともあって、ここに投稿してみた。自分にも非はあるし被害者ぶるつもりもないけれど、Aにはそれなりの制裁が加えられてほしい、と思いつつも何も出来ないから、せめて次の被害者が出ないことを祈るしかない。

http://anond.hatelabo.jp/20170413100038

めっちゃ分かる。

義母ラインが毎回時候挨拶からはじまり日常の雑感を経て要件に到るので画面いっぱいにメッセージがくる。

最初の頃はいちいち挨拶に返事をし、日常の雑感に返事をしてから要件について答えていたけど、だんだんめんどくさくなって今では要件についての返事しかしてない。

全然良い人で好きなんだけど、いちいち考えてるといつまでたっても返信できないしね。

2017-04-12

あると便利すぎる調味料

http://anond.hatelabo.jp/20170412001132

増田さんフォローありがとうございましたっ



本当は最初増田に書きたかったのだけど、あえてやめた内容。

何故かと言うと、ある日自分料理が美味しくないと感じた原因が、便利だからといってこれらばっかり使ってたら風味に飽きてしまっていたことだったから。

それくらいてっとり早く美味しくなるけど、そればっかりだと飽きる、というかそのうち胸焼けしてくるから注意ね。



めんつゆ

いわゆる和食の万能調味料

めんつゆとしてももちろん、肉じゃが、魚の煮付け、すき焼き鍋焼き焼きうどん親子丼カツ丼天丼牛丼など、とにかくなんにでも活躍する。

あとで紹介する粉末だしの素三兄弟と組み合わせることで、和風洋風中華風、といくらでも味を変えることができる。

ただし、どの料理も全部茶色い。とにかく何を作っても茶色い。せっかく三品作って食卓に並べても全部茶色い。今でも夢に出る。



味ポン

水炊きといえば格好がいいけど、鍋に水張って食材茹でただけでも美味しくしてくれるポン酢

さらフライパン一つで何でも炒めて、お皿に盛ったあとにかけるだけで何でもさっぱり食べさせてくれるポン酢

肉を塩コショウで焼いただけのものでもポン酢をかければ飽きずに完食できる。

一人暮らしの時あまりにも楽すぎて、こればっかりローテーションしてたらある日理由もなく涙が止まらなくなった。



ゴマダレ

サラダにかけてよし、麺類にあえてよし、肉に付けてよし、とにかくちょっとこってりしたい時に便利。

さらラーメンに入れたりカレーに入れたりと、隠し味としても万能。

病みつきなほどうまいけどカロリーやばいサラダで太る。



・みそ

味噌汁最強。

具材なんでも突っ込めば野菜でも肉でも魚介でもキノコでもうまい

お椀一つに生きていくために必要栄養素を全部入れることができる。しかも温かい

それ以外にも炒め物の最後に加えればコクが出るし、野菜スティックにつけても楽ちん。

ただし凝るとやばい。沼。散々取り寄せて最後自家製



ほんだし

コンソメ

鶏ガラ

粉末だしの素三兄弟

煮物スープにかぎらず、炒め物にも隠し味程度に入れると風味がそれっぽくなる。

それぞれ、和風ならほんだし洋風ならコンソメ中華風なら鶏ガラ

味のニュアンスを変えたいときは組み合わせても面白い

ただし、使い続けてくるとだんだんと物足りなくなって量が増えてしまう。

そうして気がつくと、旨味ではなくえぐみに感じられるようになってしまい、何を食べても同じ味にしか感じなくなる。

そうなるとまずチェーン店での外食不可能。町の中華料理店の前を通るだけで胸焼けがするようになる。

結局最後自分で取ることになって、干し椎茸からブイヨンからなにから鍋に何かしらの液体が24時間入りっぱなしになる。



それで辿り着いたのが酢。

酢って面白くて、少し入れたくらいだと全く酸味を感じることが出来ない。それなのに余計な匂いを消して全体の味をぎゅっと締めてくれる。

味見して何となく眠い味だなって思ったら、味見しながら大さじ一杯ずつくらい入れていくとこれだ!っていう瞬間が必ずある。

今では鞄の中にマイ酢が欠かせない生活。この店眠いなって思ったら酢。

黒酢とかワインビネガーはでしゃばりすぎ。絶対酢。やさしいやつもおすすめ

まり何事も程よく便利がちょうどいい。

みんなも料理を楽しんでね!

http://anond.hatelabo.jp/20170411161646

右派も、戦争可能にする状態をたった一度の立法で実現しようとは考えていない。

改憲でも、抵抗が生まれにくい分野から手をつけて国民改憲に慣れさせようと計画してるじゃないか

拒絶反応が起きないように少しずつ変えていくという相手戦略に対して、その都度警鐘を鳴らすのは当然。

それをオオカミ少年に例えるのは根本的に間違っている。

ブコメではオオカミ少年の例えを前提にして反論してるから、「左翼オオカミ少年を都合よく解釈している」と再反論されて議論脱線している。

あえて例え話にオオカミを絡めるなら、

オオカミははじめ遠くから村人に姿を見せ、だんだんと近づき、村人がすっかり慣れたところで羊を食べたが、村人は「オオカミから仕方ない」と、自分の子が噛み殺されても文句を言わなくなった。

という具合だろう。

電気を消さな旦那

うちの旦那電気を消さない。うっかり消し忘れることくらい誰でもある。そんなことを言ってるのではない。常に消さない。


かのことは普通に出来るが電気だけはどうしても忘れてしまう、というのならこっちも許せる。


だが、電気は消さない。

トイレのドアを開けっ放しで用を足し済んでも勿論閉めない。

ゴミゴミ箱に捨てない。床。

洗濯物は脱いでその場に放り出してある。

食後の皿は下げない。

靴は玄関に脱ぎ散らかす。靴箱に入れない。


どれも一つ一つは大したことないが、全部そのままにしていたら家がめちゃめちゃになる。全部私が代わりに片付けている。


そんな人間家事をやると思うか?やるわけがない。何にもやらない。


子どもがいない頃はそれでもよかった子どもが生まれからは疲れてるときにそういう小さいことを片付けるのがものすごいストレスになった。

何も掃除しろとか皿を洗えとか言ってるのではない。ただ洗濯機に脱いだ服を入れてほしいだけなのに。

もちろん育児だって手伝わない。


予想されるご意見としてちゃんと相手に言え、というのがあるだろうが言えば元増田のように金のことを言われたり家が汚くたって死なないなどと言われたりしてうんざりする。

死ななければ何だっていいのかよ。


それにいくらやってほしければ言えといったって、赤ん坊が泣くたびに泣いてるから抱っこしてくれ、なんてことを言ってるとだんだん空しくなってくる。

の子が泣いてたら言われなくたって様子見るくらいしてほしい。


まあ結論を言うとこういう人間は治らない。私は家庭内平和のために何も言わず我慢するようになった。

我が家には子どもが三人いると考えている。(旦那子ども二人)

2017-04-10

anond:20170410211926

自分がまさしく、百合界隈にいる女性同性愛者だからきになるのかもしれない。

自分コミケには行かないけれど、ネットで見る限り最近女性同性愛者の書き手にも

ファンタジーとしての百合を好む人も楽しめそうな、えげつない描写表現クレイジーサイコレズとか)を好んで書く人が多いし

だんだん垣根がなくなっているのかもしれない。

あなたバカにしていますよ、信頼していませんよ、という振る舞いであったり、相手が心細くなるような振る舞いを相手にしたら、その相手からは親切は望めないと思います

親切の範疇仕事が進められなくなったらだんだんとすぐ済むことがすぐ済まなくなって行きますが、それは自業自得だと思います。。

ADHDわたしと親


勉強よりも日常的なことができないと大人になって困る、勉強は基本放任・なによりも日常生活を、というのが両親の方針だった。まともだ。

幼い頃からちょっと理屈っぽく、勉強が好きで得意な子供だった。だから色々な人に頭が良くてしっかりしてて偉いね、と良く褒められた。

親とは仲が良かったけれど、褒められたことはほとんどなかった。遅刻癖、忘れ物が多い、部屋が片付けられない。やる気に波があって、何かにのめり込み込むと周りが見えなくなる。こんな有様だったので、勉強できても大人になってこれじゃ困ると怒られらことが多かった。

中学テストで1番をとったときも「良かったね、でも朝起きれなきゃ。いくらいい大学出ても就職してから困るよ。」と言われてなんだか嫌になってしまった。親は真っ当なことを言っているんだけど、でも褒められたかった。

だんだん勉強が好きじゃなくなって、高校適当に入った。後にやっぱり色々上手くいかなくなって、アイドル馬鹿みたいにのめり込んだり、犯罪に手を染めかけたりして(これは100%自分が悪いんだけれど)、高校は辞めた。


しばらくしてADHDなんじゃないかと親に相談した。「自分意識問題。みんな自分解決してるよ。甘えじゃない?」と言われた。なんかよくわかんないけど涙が出た。

別の用件でカウンセリングを受けた時に思い切って相談をして、検査を受けることになった。結果はADHDということだった。複雑な気持ちになった。


なんて昔話。

お互い嫌いじゃなくても親子でも合わないってあるんだよなぁ。難しいね

2017-04-09

50歳を目前にして空前絶後モテている。ハゲているのに。

古い小さなバーのカウンター隣の女の人と会話した。彼女は少し特殊仕事をしていた。

その分野に興味があったので、いろいろと質問したりして、話は盛り上がった。

彼女ママ友と3人で来ていたが、俺とふたりだけで20分ほどしゃべっていた。

足元を見るとハンカチを落としていたので「落ちてるよ」と言って拾って、顔を見ると

彼女の目が溶けていた。俺にも落ちてたのね。またモテしまった。ハゲているのに。


変なことが起きだしたのが、3、4年前。観光地に行ったときと、山登りに行ったときに、

2週連続で女の人に声をかけられた。

たくさん人がいるのに、俺のところにピンポイントで来たような感じだった。

どちらからですか?みたいな何気ない会話を2,3分しただけだったが、

どちらの女の人もとても美人な人だったのだ。

不思議現象だな、と思っていたのだが、決定的なことがあった。

立ち飲みの店で、友人の集まりに一人で参加した。彼らは共通の知り合いで、俺だけが

ゲストのような感じ。友人に紹介されて、簡単自己紹介などをして、飲んでいた。

隣にかわいい女の人がいて、ラッキーと思いながら、楽しく話をした。

店は混んでいたが、隣と肩がふれる程度。なのに彼女だんだん、俺にくっついてくる。

酔ったのかな???と思ってると、テーブルの下で突然左手を握られた。体が固まる。

その時はじめて「俺モテているんだな」と確信した。ハゲているのに。


それからモテモテる。初対面の人だけではなく、同窓会に行けば、お誘いの嵐。

幼馴染とヤボ用があって、ファミレスで話してると、髪の毛をサワサワして、服の胸元をずっといじって

もじもじするので、帰りたいのかな、とか考えてたけど、俺に気があったようで、後日飲みのお誘いをうけた。

ショッピングモールで偶然会った、高校の時のサッカー部マネージャーには、

一言目に「久しぶりっ!旦那単身赴任中ー」と言われる。

旦那単身赴任中なんです」は、これ以外にも2人に言われたことがある。


どう考えてもモテている。モテようと思っていないのにモテている。ハゲているのに。


モテようと思っていないのは、ハゲいるからだ。ハゲ歴も長いと、モテようなんていう考えは

どこかにしまったままで取り出せない。人を好きになる、ということも30年ぐらいない。

もともと惚れっぽくない上に、若くからハゲしまったので、感覚も思い出せない。

若くからハゲるということは、その後の人生ハゲのくせにモテようとか、ハゲのくせに誰かを好きになるとか、

そういう煩悩を消していく修行者のような日々を過ごすということでもある。

からモテようと思わなく、人を好きになることもないベテランになると、どんな美人相手でもまったく緊張しない。

美人と話ができる。ラッキー!」としか思っていない。そうすると話は盛り上がり、

気がつくとモテているという悪循環(好循環?)。ハゲているのに。


ただ、どれだけモテようとも、その先に進展しない。俺が好きにならないからだろう。

この人、俺のこと好きなんだな、と思っても、ただそれだけ。情にほだされることもない。

俺のこと嫌いなんだな、と思っても同じ。何も感じない。感情の起伏がない。そしてこれも原因は、ハゲ歴が長いからだ。

モテの場数を踏んでいくと、いつか女の人がいきなり服を脱ぎだしてくれるんじゃないか、と思っていた。

が、もちろんそういうことはなく、女の人はいろいろな形で好意を男に伝え、男がそれを受け止めて、

男側からアプローチしないと、はじまらないんだな、ということを学んだ。

大人のお付き合いは、そういうシステムになっているようだ。


冒頭の彼女は、ママ友彼女異変に気がついて、彼女を連れてそそくさと帰ってしまった。

いいよ。ラインの交換は済ませちゃったもんね。

どうしようかな。好きって言っちゃおうかな。言ったら、はじまっちゃうのかな。

でも言っちゃったら、本当に好きになってしまう気がするんだな。ハゲているのに。

けものフレンズ」のヒットがきもちわるい人たちの中身

http://anond.hatelabo.jp/20170401155725

言いたいことはすごくわかるけど、彼らにそれを求めてもしょうがないよ。

彼らの気持ちを代弁するなら、

「そもそも私たち自分面白いものを見つけられないから、流行ってるものに乗るしかできない」なんだよ。

その代わりに頑張っていろいろ流行のものに乗る努力をしてるわけね。

そういう時に、自分が乗っかれていないもの流行になったらどう思う?

まず最初危機感を感じるよね。あ、やばい乗り損ねたって。

ここでそれを認められる人たち、つまり自分普段どういう振る舞いをしてるのかを自覚できてる人ならまだましだ。

でも、このての人間は、普段からそうやって「流行に乗り続けてる」うちに、

だんだん自分流行理解してると思うわけね。後追いでのっかかってるだけなのに、自分感覚こそが正しいって錯覚しはじめるわけ。

このねじれが自覚できないほど頭の悪い人間けがけものフレンズ流行ってるの気持ち悪い」ってことを書いちゃうわけ。

から、こういう人間に、他に自分面白いと思う作品を紹介すればいいのにって言ったってダメなんだよ。

そういう風に思える元増田はごくごくまっとうな感覚だと思うが、元増田のように考えられるやつならそもそも「けもフレはやってて気持ち悪い」とか考えない。






そう考えれば「自分がのっかかれていない作品流行ってると気持ち悪いと言い出す人たち」に対してはどう接すればいいかわかるよね。

可哀想な子だなぁ、でいいんだよ。 





でもさー。

まーあにめくらいならまだいいのさー。

一番気持ち悪いのはさー。アベニクシーなはてなブックマークの連中だよねー。

あの連中は、気持ち悪いどころじゃすまなくて、自分たち意見が違う人間レッテル張って攻撃しだすからねー。

ネトウヨも大概酷いとおもったけどさー。

はてなブックマークの狂った人たちはそれ以上にひどいよねー。

2017-04-08

どうやって1500円分の現金を得るか?【解決しました】

【当座の月曜日までの分は、解決しました】

いわゆる互助会始め、みなさん、ありがとうございます

...これから、どうやって継続的に働いていくかは、判然としませんが。

  

====

仕事場へ行くための交通費がない。

服を買いに行くための服がない、ではないのだが。

土日なので、定期預金は崩せない。といっても残金は2000円w。

    

月曜日日雇いバイト交通費・片道750円が捻出できねーよ。

回数券の安売りでかっても、割引は20円ぐらいだろ。

やべーよ。

  

売れるような本もないし。CDだって数百円にしかならないよね。。

Amazonの500円分のチケットでは、何にもならないよな。

どうしたら、いいのだろうか。

わからんちん。

  

クレジットカードキャッシング利用かなー。これは最後の手段としたい

====

(いやぁー、ブクマも5つ以上ついてて草っすよ。とりあえず、クレジットカードキャッシングか、銀行の借り入れ制度利用のどちらかで検討をしたいと、思います

銀行の方は、土日は手数料216円がかかりそうですね。クレカの方は、期日までに一括で入金(返金)したら、ほぼほぼノーローンと同じですね)

====

id:mazmot > なんでよ? 2000円あるのなら750円出せるじゃない。ひょっとして定期預金2000円? それってあり得るの? そんな小額を定期にするなんて…。ちょっと意味不明

>仰るとおりで。自分金銭感覚の無さ、整理ベタさで。

あと、自暴自棄になっていて生きていく気力が全くなかったです。

メンタルやられてて、自分生活他人事のように眺めている生活が続いていてね。

色々ありました。

  

id:kaionji自転車、持ってないのです。バイト現場小高い丘っぽくて、Google先生によれば、自宅から直線で30kmの距離です。(あと、当方40代のおじさんです。過去2年、ほぼほぼ半日寝たきり生活だったので、しんどいですね...。)

====

追記の追記。

★しばらく、ひきこもりというか、メンタル病みながらも、細々とバイトもしていましたが。だんだん、辛くなって来まして、バイト先を変更することにしました。

ネタではなくて、マジで瞑想を勧めてくれた人が半年ほど前にいたので、匿名ダイアリーには、助けて貰っています

ありがとうございます

2017-04-06

忘れえぬ人々

ラジオ番組に送った長文をそのまま載せますね(未採用)。思春期あるあるなのかなあ。当時もちろん誰にも言えなかったし今まで誰にも言えてない。たまたま女子同志だっただけで男女間でも男子同士でもあり得る話だとは思う。

----------------

みなさんこんばんは。いつも本当に楽しく拝聴しています大好きです。35歳、女、既婚です。はじめてメールいたします。

私が中学2年生、14歳の頃の話です。

当時、私はゲーム大好きっ子で、今で言うところの「腐女子」であり、ゲームジャンルBL二次創作に手を染めておりました。夜な夜な推しキャラの絵を描き、さらに男×男のカップリング妄想し、その滾る思いの丈と自らの性の芽生えをミックスジュースにして同人誌というカタチにしたためていました。

定期的に地元同人誌即売会(以下イベントします)に出店して、そこそこに売れてファンレターのようなものをもらったり、同じ趣向の友人が沢山できてイベント以外でも会って一緒に遊んだりして、普段学生生活を凌ぐ楽しさでした。

彼女出会ったのはその同人活動きっかけでした。仮にSさんします。

Sさんは私の3つ上のオネーサン。同じゲームが好きで、知人に紹介してもらって意気投合。初めは文通メール文化はまだなかったので)からはじまり電話で話すようになり、そのうち個人的に二人で遊んだりするようになりました。私が年下ということも関わらず、対等に優しく楽しく接してくれて、一人っ子の私は趣味の合う素敵なおねえちゃんができたみたいでとっても嬉しかったことをおぼえています

Sさんとは、好きなゲームBL妄想で盛り上がる他にも、イベントで知り合った共通の友人であるコスプレイヤー男性に思いを寄せていることを打ち明けてくれて、ちょっと現実の恋バナなんかで盛り上がったりもして。

Sさんと二人で遊んでるうちに「M(私のこと)ちゃん、本当に可愛いねえ、すっごい好き」「私、本当にMちゃんのこと大好きなんだよー♡♡」など、ダイレクト愛情表現散見されるようになり、私ももちろんSさんのことは友人として好きだったので、その熱量違和感を感じながらも「うん、私もSさんのこと大好きだよ」と普通に返していました。

二人で遊ぶようになってから4ヶ月程経って迎えたバレンタイン当日。その年のバレンタインはど平日で、私は学校から帰ってきて家でせっせと同人活動にいそしんでいました。夕方7時くらいに家の電話が鳴り出てみるとSさんからでした。

「Mちゃんこからひま?そっちに遊びにいってもいい?」と。

Sさんの家から私の家までは徒歩とバスを組み合わせて40分ほどかかります

「うん、私は大丈夫だけどもう暗くなるし…これから来るの大変じゃないかな?家の人は心配しない?」

大丈夫だよ、どうしても今日会いたくって…」

何だろう?とは思いましたが深追いはせずに、私はSさんがやってくるのを待ちました。

私は母子家庭で二人暮らし、母は看護師夜勤もやっており、ちょうどその日母は夜勤シフトでした。帰ってくるのは深夜1時過ぎ。母が居ない夜に友達が遊びに来るという、ちょっとしたワクワク感と心強さのようなものもあり、遠いところ悪いなあと思いながらも深く考えずに来てもらうことにしてしまいました。

小1時間後、本当にSさんが家まで来てくれました。

「いらっしゃーい」と出迎えた私に「急にごめんね、ありがとう」と言ったSさんの表情はどこか固く、家にあがってからもどこか雰囲気がぎこちなく心配になる私。「平日にMちゃんち来るのはじめてだね」「ああ、そうだね、今日はお母さん夜勤でいないんだ」など他愛のない会話を交わしていましたが、やっぱり顔つきが冴えないSさん

「遠いところ来てくれてありがとう。でも、どうしても今日、って何かあったの?」

「あの…今日バレンタインから。これ、Mちゃんに。手作りしたんだ」

と、手渡されたのは可愛いラッピングが施されたバレンタイン手作りチョコレートでした。

「えっ、そうだったの!私なんにも用意してなかったよー!ありがとう、うれしい!」

素直に驚きと喜びを伝えたら、Sさんは泣きそうとも笑顔ともとれそうな複雑な表情で私を見つめたあと、強く抱きついてきて「Mちゃん、本当に大好き」と囁くように呟きました。

「う、うん?私も好きだよ…?」

「でもきっと、Mちゃんが言う“好き”と私の“好き”はちょっと違うと思うんだ」

「えっ?…」

そしてそっと私にキスしました。ほっぺにでも、おでこにでもなく、くちびるにです。これが私にとってのファーストキスでした。

とにかくびっくりしたけれど、不思議と嫌な感情特には湧きませんでした。その後何を話したのか、どうやってSさんが帰って行ったのかもよく覚えていませんが、すっかり元気な笑顔を取り戻したSさん玄関口で見送った画はしっかりと記憶しています

その次の週末、Sさんの家へ遊びに行くことになりました。

キスのこともあってドキドキはありましたが、あれは何かのきまぐれだろう、きっと普通に友達でいられるだろう、と思っていました。その日、Sさん宅では二人でゲームをしたり同人活動にいそしんだりとこれまで通りの楽しい一日を過ごしました。特にこの間のキス話題も出ませんでした。

私が「じゃあ、時間からそろそろ帰るね」と、帰り支度をしようとしたとき「やだ、帰っちゃやだ、大好き」と言ってまた抱きしめられて、キスされました。何度かキスをされるうちに、舌が入ってきましたが、私はまた拒否もせず、受け入れてしまっていました。

その日から一緒に遊んだ日の最後は、こんなふうに抱きしめられてキスされることが多くなってきました。私からしようとしたことは一度もありません。拒否をするほど嫌だったわけでもなく、実際キスという行為はやわらかくあたたか気持ちいいもので、拒絶することでSさんとの友情関係が崩れることを避けたかったこともあり、背徳感を抱えたままその関係を続けていました。

そんな関係が3ヶ月位経ったあるとき、私はとあるバンド出会い雷を打たれたように骨抜きになってしまいました。そのバンドのことで頭が一杯の毎日TV雑誌などを追いかけるのはもちろんのこと、同人活動土俵にもそのバンドを持ち込んで、また、同じバンド好きの新しい友達が沢山できました。私とSさんはともに受験生となっていましたが(私は高校受験Sさん大学受験)、電話は週に2、3回ほど、月に2回ほどは一緒に遊んでいました。ですが、Sさんは他の友人たちと一緒のときでも手をつないできたり抱きしめてきたりと過剰なスキンシップが多く、私はちょっとうざったいなあと思い始めていました。

だんだん私の興味がバンド一番になっていることに気付いて、Sさんはひどく寂しさを覚えてしまったのだと思いますバンド関係の友人と遊びに行くことにはじまり、そのうちSさんも交えて共通の友人と居るとき私が他の友人と話しているだけでも深い嫉妬をするようになりました。友人がいてもお構いなし、その場の雰囲気が悪くなるくらいあからさまに不機嫌になり、悲しそうな顔をするのです。周りの友人にも「SさんはMちゃんのこと好きすぎじゃない」「SさんってMちゃんにベタベタしすぎ」などとからかわれることも多くなってきて、私は正直もう面倒くさくなっていました。当時のモットーは友人関係は広く浅くみんなと公平に、束縛するのもされるのも本当に苦手でした。これ以上踏み込まれたくない、と私のSさんに対する態度はだんだん冷たくなり、そうなるとSさんがひたすら謝ってすがるようにさらに甘えてくることに辟易し、電話も合う頻度も自然と減っていきました。自分からきちんと嫌なことを嫌だとは伝えずに、冷たい態度をとることで私のことを嫌いになってもらってうやむやのまま自然消滅すればいい、と思っていました。私にとってSさんを傷つけ続けていることよりも、あの熱量の高い束縛から開放された安堵の方が大きかったのです。子どもですね。

その後、私はバンドに熱を上げつつも勉強を続け、無事志望校高校合格Sさんから東京大学への進学が決まったとの連絡が来ました。

Sさん東京へ行く前に駅前マクドナルドで待ち合わせて二人で会いました。10月頃、同人誌即売会ですれ違って話したのが最後だったので、ずいぶん久しぶりでした。お互いの合格を祝って、近況やこれから新生活についてぼんやりと話して、元気で頑張ってね、と言って普通に別れました。もちろん、好きだという言葉も抱擁もキスもありませんでした。

その後、一度だけSさんに会いました。私が19歳の夏でした。

私は高校卒業して東京専門学校へ進学しました。1年生の夏休みのことです。帰省して久しぶりに地元同人誌即売会へ参加しました。その後、居酒屋へ流れて友人たちと飲みに行ったのですが、そこに遅れて現れたのがSさんでした。3年以上振りの再会。私たちはぎこちない笑顔で「ひさしぶり」くらいの最低限の挨拶を交わして、私を避けるようにして遠い席に座ったSさん。それぞれ周りの友人たちと盛り上がり、Sさんとは全く話しませんでした。ただ、居酒屋の喧噪にまぎれてSさん自分彼氏の話で盛り上がっているのが、ぼんやりと聞こえてきたのでした。

現在、私は同人活動からも一切足を洗って、イベントなども10年以上参加していません。当時の友人たちとも疎遠になっていて、Sさんがどこで何をしているのかは一切わかりません。


毎年バレンタインの時期になると思い出す、私にとっての忘れ得ぬ人です。

長文乱文失礼しました。

2017-04-05

何のまとまりもない書き散らし

Twitter投稿している限り、必ず人の目に触れる。だからいつも人の目を気にしたモノを書く癖がある。ブログに書くにしたってもちろん人の目は意識するけど、投稿したことを言わなければ限りなく少ない人間しか目にしないからここに書き散らしておく。Twitter病み披露するよりよほどマシ。このあとの文章はまとまりがないから、見つけた人は期待しない方がいい。

自分病気なのかどうかで言えば自信はない。人より暗い考えはしているし、時折自分でもおかしいんじゃないかと思うことはあるけど、医師の診断を受けたわけではないからそのへんは不明自分が本当に病気なら、それを自覚するのが怖いのかもしれない。

人付き合いはかなり考えて選んでいる。自分に損か、得か、ある程度そういう勘定をする。気に入らない、面白くないと思った相手なら、絶対に関わらない。どうしても関わらなければいけない時は、不機嫌な顔や文章意識して表に出して対応する。すべての人に同じ対応をできる人類存在しなかろうが、俺はそのあたりを演技的にやっているフシがあると思う。実際の勘定より誇張して表現してる。

最近それが演技なのか本心なのかよくわからない。勝手にやってしまうなら本心なのだろうとも思うが、あえて人と険悪になろうとするのは人間としてどこかおかしいのではないかとも思う。よくわからない。機嫌のいい時はどんな相手でも愛想よく接するのに、次の瞬間には同じ顔で陰口を叩いたりするし、急転直下テンションがガタ落ちしていたりする。我ながら感情の振れ幅が大きい。

以前から感情の振れ幅が大きくなったと思っていたものの、近頃それは安定してきていた。でもぶり返してきた。いいかげん楽になりたい。死にたいとまでは言わないが、消え去りたいとはよく思う。

死にたいと思うほど人生絶望していないけど、生きたいと願うほど気力がない。このまま生き続けるか、何の苦しみもなく今すぐ死ぬかと言われたら、おそらく後者選択する程度。それはたぶん、比較調子がいいときでも同じだと思う。何もしなくていいなら、それが一番楽だ。

自分言葉が、思った通りの反応を示されると気分がいい。自分言葉が、思わぬ方向で人を傷つけるとおどろくほど消沈する。今ここまで落ちているのは、きっと後者のせいだと思う。

いつも自分のことは少し外側から見ている。人から見てどうだろうか、人から見て変ではないだろうか。常に考える。常に人から視線を考えてる。でも結局それは妄想で、主観的ものから、予想外の反応を受けることがある。そういう時、一番ダメージを受ける。

自分の思った通りに事が進まないから、自分が思った通りの反応を周りが示さないから、そんな子供のままの精神性が本当に憎らしい。俺は八方美人で、見栄っ張りで、おどろくほど臆病だと思う。

人が自分の思った通りに動くわけないのに、それをひとりで勝手に期待して勝手に落ち込んでる。馬鹿馬鹿しいと常々思う。

基本的にいつも一人相撲をしている。頭の中でぐちゃぐちゃと余計な事を考えて、ひとりで何もかも物事を進めて、実行すると一歩目でつまずいて動けなくなる。

ああダメだこれも本心じゃない。こういうことが言いたいんじゃない。

女性は苦手だ。自分の「かくあるべき」という姿を装って、その仮面の下でなら普通に会話ができるのに、それが剥がれると一気に何もできなくなる。何も喋れなくなる。何も出てこなくなる。Twitter過去の栄光に浸っていい気になって、女に慣れているような顔をしていて実際はこれだ。女性という存在が俺は本当に苦手だ。ああそうだ、これが言いたかった。この一番恥ずかしい部分をもう暴露たかった。

ぶっつけ本番で女性と会話ができない。あらかじめ用意した話題がないと何も喋れない。あらかじめ設定した自分の姿がないと目を合わせることも出来ない。素の姿を見せることが怖くてできない。Twitterでは口を開けば下品なことばかり言っているのは、あれは装ってるわけじゃない。本当に口を開けば下品なことしか言えない。もちろん普通の会話もできるけど、何かあればすぐシモにつなげる癖がある。

相手ならべつにそれでいいのに、女性相手になると頭はブレーキをかける。それ以上口を開くなと命令する。目の前の女性がそれを気にしようが、しまいが、全くそれが言えなくなる。女性に対して下品言葉をかけてはいけないと強烈に頭に刷り込まれてるんだと思う。原因はわからない。そのせいなのか、女性相手には自分のかくあるべきという姿を設定しないと会話が出来ない。口を開けばキツいシモを言葉にしてしまう恐怖がある。きっと。今までそんなことを考えたことはないけど、きっとそう。以前女の子に、俺の下ネタは生々しくてキツいと言われたことがある。アレがよほどこたえたんだと思う。

女好きというより、俺は女性依存しているんだと思う。目に入る女性は、油断するとすぐ自分の中でプライベートラインに入れてしまう傾向がある。それも怖い。二次元相手ならいくらそれをしてもただの変態で終わるけど、現実でそれをするわけにはいかない。でもしてしまう。だから「かくあるべき姿」を作って対応する。現実で話さない。自分仮面を通して喋る。その結果奇跡的にパートナーになってしまうと、徐々に仮面が剥がれて、ごく短期に別れることになる。

だんだんわかってきた。書いててだんだん見えてきた。一番暴露したくないことを暴露していくとだんだんまとまってくる。そうか俺はこれがしたかったのか。わかってきた。

悲しいくらいに下半身に直結した人間なのはよくわかった。それがわかっただけでもこのクソみたいな書き散らしにも価値はあった。とりあえず満足だ。

エッチなことされてる自覚がなくエッチに向かうおすすめ作品教えてください

男が女に対して(さりげなくエッチなことしてくけど、女は、あまり知識がないからか、ぼんやりしてるのか、うっすらおかしいと思っているのか、いずれにせよ、エッチなことされてるってちゃんとした自覚してなくて、でもだんだんと感じていって。。。というようなシチュエーションが好きです。

AVでもエロマンガでもそういうシチュエーションおすすめ作品教えてください。

http://anond.hatelabo.jp/20170405203548

増田は「最初我慢したら、ずっと我慢し続けないといけない」と思い込んでる

人間関係だんだん変化していくわけで

打ち解けてきたらだんだん言える本音も増えるって思えないの?

友達まりいない人?

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん